田村 圭介

所属部署名生命情報医科学講座 生命物質科学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/11/26 15:53

研究者基本情報

氏名

    田村 圭介
    タムラ ケイスケ
    TAMURA Keisuke

所属

  •  生命情報医科学講座 生命物質科学 教授

学位

  • 理学博士
  • 理学修士

研究活動情報

論文

  • サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト「放射線から見る科学と技術の最先端」実施報告
    内田 聡子, 小鍛治 優, 田村 圭介
    大学の物理教育 18(3) 113-117 2012年11月 査読有り
  • 演示実験に基づいた物理教育方法の試み
    田村 圭介
    砥粒加工学会誌 53(4) 42227 2009年04月 査読有り
  • Differential cross section and analyzing power of the ppp0 reaction at a beam energy of 390 MeV
    Y. Maeda, M. Segawa, T. Ishida, A. Kacharava, M. Nomachi, Y. Shimbara, Y. Sugaya, K.Tamura, T. Yagita, K. Yasuda, H. P. Yoshida, C. Wilkin
    Physical Review C 77 044004(11 pages) 2008年04月 査読有り
  • Wolfenstein parameters for s1/2 proton knockout (p,2p) reactions
    T. Noro, M. Kawabata, G. C. Hillhouse, S. Akimune, H. Akiyoshi, I. Daito, K. Hatanaka, M. Itoh, Y. Maeda, N. Matsuoka, S. Morinobu, M. Nakamura, A. Okihana, H. Sagara, H. Sakaguchi, K. Takahisa, H. Takeda, A. Tamii, 田村 圭介, H. Toyokawa, H. Yamazaki, H. P. Yoshida, M. Yosoi
    Physical Review C 77 44604 2008年04月 査読有り
  • A trigger system for measurements of proton-induced rare hadronic reactions around Tp=400MeV
    S. Minami, T. Itabashi, S. Ajimura, T. Fukuda, H. Hayakawa, T. Hayakawa, W. Imoto, T. Kanie, F. Khanam, T. Kishimoto, H. Kohri, K. Matsuoka, Y. Mitoma, Y.S. Miyake, T. Mori, K. Morikubo, R. Murayama, T. Nagao, H. Noumi, T. Numata, T. Ogaito, P.K. Saha, A. Sakaguchi, M. Sekimoto, Y. Shimizu, K. Sugita, M. Sumihama, K. Tamura, K. Terai, K. Wakae
    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A ] 584(1,1) 174-185 2008年01月 査読有り
  • Study of energy dependence of pion production by proton on copper target near 350 MeV
    E. V. Karpechev, A. B. Kurepin, A. I. Reshetin, T. L. Karavicheva, K. Fujita, K. Hatanaka, J. Kamiya, Y. Sakemi, T. Wakasa, H. P. Yoshida, Y. Shimizu, T. Fukuda, P. K. Saha, K. Tamura, T. Ishida
    Physics of Atomic Nuclei 71(1) 42012 2008年01月 査読有り
  • 演示実験に基づいた物理教育方法の開発
    田村 圭介, 大垣内 多徳, 内田 聡子
    文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」 新世紀型理数科教育の展開研究 平成14~18年度研究成果報告書 228-237 2007年02月 査読無し
  • 「福井医科大学」の教養教育評価
    犬塚 學, 田村 圭介, 山本 達
    大学評価・学位研究(独立行政法人 大学評価・学位授与機構出版) 1(1) 83-98 2005年 査読有り
  • New capabilities of the Grand Raiden spectrometer
    Wakasa,?T, Berg,?G.?P. A., Fujita,?H., Fujita,?Y., Hatanaka,?K., Hara,?K., Itoh,?M., Kamiya,?J., Kawabata,?T., Nagayama,?K., Noro,?T., Sakaguchi,?H., Shimbara,?Y., Shinada,?Y., Takeda,?H., Tamura, K., Ueno,?H., Uchida,?M., Uraki,?M., Yosoi,?M.
    Nuclear Physics A 721 1099-1102 2003年06月 査読有り
  • ANALYZING POWER OF THE REACTION ANTI-P P --> P P PI0 AT A BEAM ENERGY OF 390-MEV
    Maeda, Y., Segawa, M., Yoshida, H.P., Nomachi, M., Shimbara, Y., Sugaya,Y., Yasuda, K., Tamura,K., Ishida,T., Yagita,T., Kacharava,A.
    Nuclear Physics A721 629-632 2003年 査読無し
  • C-12,13 (P, PI-) O-13,14(G.S.) REACTIONS IN THE DELTA (1232) RESONANCE REGION
    K. Hatanaka, J. Kamiya, D. Hirooka, Y. Maeda, T. Noro, E. Obayashi, H. Okamura, H. Sakai, A. Tamii, K. Tamura, T. Wakasa, K. Yako, H.P. Yoshida
    Physical Review C 65 014609 1-5 2002年 査読有り
  • High resolution beam line for the Grand Raiden spectrometer
    T. Wakasa, K. Hatanaka, Y. Fujita, G.P.A. Berg, H. Fujimura, H. Fujita, M. Itoh, J. Kamiya, T. Kawabata, K. Nagayama, T. Noro, H. Sakaguchi, Y. Shimbara, H. Takeda, K. Tamura, H. Ueno, M. Uchida, M. Uraki, M. Yosoi
    Nuclear Instruments and Methods A 482 79-93 2002年 査読有り
  • High resolution WS beam line at RCNP
    Wakasa,?T. et al., Tamura, K. (18)
    AIP Conference Proceedings 600 458-460 2001年12月 査読有り
  • Better-resolution measurement of vertical scattering angle in a new ion-optical mode of spectrometer ``Grand Raiden''
    Fujita, H. et al., Tamura, K. (11)
    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A 469 55-62 2001年08月 査読有り
  • Weak production of @L hyperon by the pn->p@L reaction
    Ajimura, S. et al., Tamura, K. (21)
    Nuclear Physics A 691 312-317 2001年08月 査読有り
  • Isospin symmetry-structure study at new high-resolution course of RCNP
    Fujita, Y. et al., Tamura, K. (31)
    Nuclear Physics A 687 311-320 2001年04月 査読有り
  • Measurement of proton-proton bremsstrahlung at 389 MeV
    Yasuda,?K., Hotta,?T., Kato,?M., Kawabata,?M., Maeda,?Y., Matsuoka,?N., Matsuzuka,?T., Mizuno,?Y., Nomachi,?M., Noro,?T., Sugaya,?Y., Takahisa,?K., Tamura, K., Yoshida,?H.?P., Yoshimura,?M., Yokota,?Y., Yuasa,?Y., Imai,?K., Murakami,?T., Murata,?J., Nakagawa,?I., Tamae,?T., Tsubota,?H., Akiyoshi,?H.
    Nuclear Physics A 684(42008) 400-402 2001年03月 査読有り
  • Measurement of proton-proton bremsstrahlung at 389 MeV
    Yasuda, K. et al., Tamura, K. (13)
    Nuclear Physics A 684 400-402 2001年03月 査読有り
  • Measurement of Analyzing Power for pp-->pp π0 Reaction at 392 MeV
    Maeda, Y. et al., Tamura, K. (8)
    AIP Conference Proceedings 570 669 2001年 査読有り
  • Energy Dependence of 12,13C(p,π- )13,14Og.s. Reactions in the Δ1232 Resonance Region
    Kamiya, J. et al., Tamura, K. (9)
    AIP Conference Proceedings 570 674 2001年 査読有り
  • Performance of a cylindrical drift chamber for multi-GeV photo-induced experiments
    N. Matsuoka, Y. Yokota, K. Nagayama, Y. Maeda, K. Tamura, M. Yosoi, J. K. Ahn
    Nuclear Instruments and Methods A 455(2) 2000年12月 査読有り
  • Inclusive reaction 40Ca(p,p′x) at an incident energy of 392 MeV
    A. A. Cowley, G. F. Steyn, Y. Watanabe, T. Noro, K. Tamura, M. Kawabata, K. Hatanaka, H. Sakaguchi, H. Takeda, M. Itoh
    Phys. Rev. C 62(6) 064604 [5 pages] 2000年12月 査読有り
  • In-medium NN interactions and nucleon and meson masses studied with nucleon knockout reactions
    T. Noro, H. Akimune, H. Akiyoshi, I. Daito, H. Fujimura, K. Hatanaka, F. Ihara, T. Ishikawa, M. Itoh, M. Kawabata, T. Kawabata, Y. Maeda, N. Matsuoka, S. Morinobu, M. Nakamura, E. Obayashi, A. Okihana, K. Sagara, H. Sakaguchi, H. Takeda, T. Taki, A. Tamii, K. Tamura, H. Yamazaki, H. Yoshida, M. Yoshimura, M. Yosoi
    Nuclear Physics A 663-664 517c-520c 2000年01月 査読有り
  • Pion Production Mechanism in Nucleon-Nucleon Collisions
    K. Tamura, Y. Maeda, N. Matsuoka
    Few-Body Problems in Physics Supplement 12 470 2000年 査読有り
  • Pion production mechanism in nucleon-nucleon collisions
    K. Tamura, Y. Maeda, N. Matsuoka
    Nuclear Physics A 663 457 2000年 査読有り
  • Study of weak hyperon nucleon interaction by the pn -> pΛ reaction
    T. Kishimoto, A. Sakaguchi, S. Ajimura, Y. Shimizu, H. Kohri, S. Minami, T. Mori, M. Sumihama, H. Hayakawa, K. Morikubo, T. Noro, K. Tamura, T. Nakano, H. Noumi
    Nuclear Physics A 663 509 2000年 査読有り
  • Pion production mechanism in nucleon-nucleon collisions
    Tamura, K., Maeda,?Y., Matsuoka,?N.
    AIP Conference Proceedings 512 117-119 2000年 査読有り

講演・口頭発表等

  • 医学部における物理教育(大学開放事業における試み)
    内田聡子, 吉井 裕, 田村 圭介
    日本物理学会 2005年03月 選考無し
  • pn →pΛ 実験のためのワイヤーチェンバートリガーの検討
    杉田一紘, 岸本忠史, 坂口篤志, 松岡健次, 味村周平, 清水幸夫, 南志都, 板橋哲郎, 長尾崇志, 沼田孝, 早川知克, 寺井勝俊, 田村圭介, 大垣内多徳, 野海博之, 関本美智子, 福田共和, Pranab K. Saha, 井本済
    日本物理学会 2003年09月
  • 弱相互作用によるΛハイペロン生成実験 II
    南志都, 板橋哲郎, 味村周平, 岸本忠史, 坂口篤志, 清水幸夫, 杉田一紘, 早川知克, 松岡健次, 田村圭介, 大垣内多徳, 野海博之, 関本美智子, 福田共和, Pranab K. Saha, 井本済
    日本物理学会 2003年09月

科学研究費補助金

  • 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:田村 圭介 2014年度
  • 「‘見る’とはどういうことか?」から展開する科学教育・学習方法の探究と実践的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:内田 聡子 2014年度
  • 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:田村 圭介 2013年度
  • 「‘見る’とはどういうことか?」から展開する科学教育・学習方法の探究と実践的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:内田 聡子 2013年度
  • 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:田村 圭介 2012年度
  • 接続された実験による物理教育方法の研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:田村 圭介 2011年度
  • 接続された実験による物理教育方法の研究基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:田村 圭介 2011年度
  • 接続された実験による物理教育方法の研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:田村 圭介 2010年度
  • 接続された実験による物理教育方法の研究基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:田村 圭介 2010年度
  • 接続された実験による物理教育方法の研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:田村 圭介 2009年度
  • 演示実験に基づいた物理教育方法の開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:田村 圭介 2006年度
  • 演示実験に基づいた物理教育方法の開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:田村 圭介 2005年度
  • 「‘見る’とはどういうことか?」から展開する科学教育・学習方法の探究と実践的研究基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:内田 聡子 2015年度

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • わくわく物理実験室2015年08月 FBCラジオエコーメイト
  • 科学に興味を物理学の実験 27,28日に福井大医学部2007年01月 毎日新聞
  • 児童楽しく物理学ぶ 福井大で教室,学生指導2006年01月 福井, 県民福井
  • 電気、磁気、熱がこうなる 福井大医学部 物理の実験、児童わくわく2005年01月 県民福井、福井
  • 「炭素の不思議」と「物理実験」開講 福井大、22日から2005年01月 福井新聞
  • 科学に興味を物理学の実験 27,28日に福井大医学部2007年01月 毎日新聞
  • 児童楽しく物理学ぶ 福井大で教室,学生指導2006年01月 福井, 県民福井
  • 電気、磁気、熱がこうなる 福井大医学部 物理の実験、児童わくわく2005年01月 県民福井、福井
  • 「炭素の不思議」と「物理実験」開講 福井大、22日から2005年01月 福井新聞