木曽 久美子

所属部署名建築建設工学講座
教員組織建築建設工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 18/04/16 10:54

研究者基本情報

氏名

    木曽 久美子
    キソ クミコ
    KISO Kumiko

所属

  •  建築建設工学講座 准教授

学歴

  • 京都大学 建築学専攻
  • 京都大学 建築学科

研究活動情報

論文

  • スケッチマップにおける建築記号の多義性に着目した共起性の評価-フランシュコンテ大学を対象とした建築記号の解釈としての認知地図の分析-
    木曽久美子
    日本建築学会計画系論文集 vol.82(No.742) 3081-3091 2017年12月 査読有り
  • 多義性を考慮したスケッチマップにおける建築記号の共起性についての分析 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究(その3)
    木曽 久美子
    日本建築学会計画系論文集 vol.82(No.734) 917-927 2017年04月 査読有り
  • 共起確率値評価システムに基づくスケッチマップにおける建築記号の共起性の評価 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その2)
    木曽 久美子
    日本建築学会計画系論文集 vol.81(No.726) 1653-1663 2016年08月 査読有り
  • 共起性に着目したスケッチマップにおける建築記号群の描画確率の検討 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その1)
    木曽 久美子, 松下 聡
    日本建築学会計画系論文集 vol.80(No.718) 2803-2813 2015年12月 査読有り
  • Preliminary study on a method for space design analysis based on human behavior semiosis using a multiagent simulator
    木曽 久美子, 門内 輝行
    Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems VIII Agent-Based Social Systems Volume 13 87-102 2015年07月 査読有り
  • スケッチマップの構成要素の共起性に着目した大学周辺地域のデザインに関する研究
    木曽 久美子, 松下 聡
    Designシンポジウム2014 175-182 2014年11月
  • 地理情報システムを用いる大学周辺地域のスケッチマップの解読 ―大学周辺地域についての認知構造の解読(その1)―
    木曽 久美子, 松下 聡
    日本建築学会大会学術講演梗概集 617-618 2014年09月 査読無し
  • 発話分析に基づく人間行動の記号過程の解読とシミュレーション : 建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究(その3)
    木曽 久美子 , 門内 輝行
    日本建築学会計画系論文集 vol.78(No.687) 1003-1012 2013年05月 査読有り
  • 5271 地理情報システムを用いるスケッチマップの描画データベースの構築と共起ネットワークの作成 : フランシュコンテ大学周辺地域の認知構造の解読(その1)(都市・視覚,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会)
    木曽 久美子;ウォール アデリン;松下 聡
    学術講演梗概集 2015 541-542 2015年09月
  • 5272 地理情報システムを用いたスケッチマップの描画データベースおよび共起ネットワークの評価と分析 : フランシュコンテ大学周辺地域の認知構造の解読(その2)(都市・視覚,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会)
    ウォール アデリン;木曽 久美子;松下 聡
    学術講演梗概集 2015 543-544 2015年09月
  • 共起性に着目したスケッチマップにおける建築記号群の描画確率の検討:建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その1)
    木曽 久美子;松下 聡
    日本建築学会計画系論文集 80(718) 2803-2813 2015年
     This paper aims to show an analytical method of cognitive map that is expressive of the interactions between architectural/urban space and human beings, considering Human-Environment System design method as follows: 1) Propose an architectural sign model of cognitive map based on C.S.Peirce's concept of semiosis, 2) Create GIS database of architectural signs on sketch map around university area drawn by its students, 3) Assess the co-occurrency among those signs using the database of step 2, 4) Consider the probability of drawing the targeted architectural sign on sketch map via a logistic regression analysis using the results of step 3.
  • 共起確率値評価システムに基づくスケッチマップにおける建築記号の共起性の評価
    木曽 久美子
    日本建築学会計画系論文集 81(726) 1653-1663 2016年
     As with the last paper, here we focus on the cognitive map that expresses the interaction between architectural/urban space and human beings in order to develop a design method for the Human-Environment System in which all the elements including human beings continue to interact with each other. Sketch maps drawn by university students are analyzed as externalized drawings of the cognitive map as with the previous paper.
     This paper proposes a method to evaluate co-occurrence probabilities between architectural signs on a sketch map via logistic regression analysis and analyze the disposition of the architectural signs with their probabilities on a geographical map. A simulator created as below is used to identify the impact of the change of some characteristics of the architectural signs on their co-occurrence probabilities, considering their application in Human-Environment System design as follows.
     First, by focusing on the meaning aspects of the abovementioned interactions, the cognitive mapping process is understood as a thinking process through signs on the basis of the concept of semiosis proposed by C.S. Peirce. Therefore, the cognitive map is modeled from the interpretation of the architectural signs that represent the architectural/urban space using the concept of “architectural sign, ” “architectural/urban space, ” and “cognitive map, ” following Peirce's concept of “sign, ” “object, ” and “interpretant.” On this basis, the “co-occurrence” between two co-occurring architectural signs is understood as the relationship between “sign” and “object.” Then co-occurrence types of all the pairs of architectural signs are classified into three categories based on his concept of “icon, ” “index, ” and “symbol.”
     We then propose variables for the relationships among the co-occurring architectural signs to determine these signs' co-occurrence types. Then using the GIS database created from the drawn sketch map, the logistic functions are obtained via logistic regression analysis, which uses the proposed variables as independent variables. From these logistic functions, we can predict in which co-occurrence type the co-occurrence probabilities will be higher (or lower).
     Then we create a simulator on which architectural signs' dispositions with the co-occurrence probabilities are drawn on the geographical map using the obtained logistic functions. Thus, we analyze the impact of the change of some characteristics of architectural signs on the disposition of their co-occurrence probabilities on the geographical map.
     Each university is found to have a different co-occurrence tendency depending on the co-occurrence types of its architectural signs through the analysis. For example, in Matsuoka campus, which is located far from the center of the city and whose students use their own cars every day, the co-occurrence tendency of an architectural sign located along the bypass far from the university is unaffected by the change to architectural signs near the university; however, it is affected by changes to architectural signs along the bypass. In addition, some architectural signs co-occur with many others, such as those for convenience stores or supermarkets, the change of whose architectural characteristics can have a major impact on the co-occurrence tendency of the targeted area.
     The analysis method and results presented here show the possibility of considering the impact of architectural design on the cognitive map of the targeted area, which indicates a way forward for the Human-Environment System design.
  • 多義性を考慮したスケッチマップにおける建築記号の共起性についての分析
    木曽 久美子
    日本建築学会計画系論文集 82(734) 917-927 2017年
    As with the previous, co-occurrence probabilities between architectural signs on sketch map are evaluated using a simulator which mapstheir geographical dispositions, considering its application into Human-Environment System design as follows: 1) Propose architecturalsigns' co-occurrence semiosis model based on C.S. Peirce's semiotics focusing on its semantic polysemy, 2) Evaluate their co-occurrenceprobabilities in GIS database created in Part 1 and Part 2 via logistic regression analysis, 3) Draw dispositions of the co-occurrenceprobabilities on simulator created based on step 2, 4) Consider the application of the results into the Human-Environment System design.

講演・口頭発表等

  • 建築記号の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究
    木曽 久美子
    第16回MASコンペティション 2016年03月 選考有り
  • Étude préliminaire sur la méthode d'évaluation des croquis cartographiques basée sur la cooccurence des composantes architecturales - Étude à l'Université de Franche-Comté -
    木曽 久美子, ウォールアデリン
    Journée Francophone de la Recherche 2015年11月 選考有り
  • 地理情報システムを用いたスケッチマップの描画データベースおよび共起ネットワークの評価と分析 : フランシュコンテ大学周辺地域の認知構造の解読(その2)
    ウォールアデリン, 木曽 久美子, 松下 聡
    日本建築学会大会 2015年09月 選考無し
  • 地理情報システムを用いるスケッチマップの描画データベースの構築と共起ネットワークの作成 : フランシュコンテ大学周辺地域の認知構造の解読(その1)
    木曽 久美子, ウォール アデリン, 松下 聡
    日本建築学会大会 2015年09月 選考無し
  • ランドマークに着目した大学周辺地域の認知地図の解読 記号群としての認知地図の解読に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その1)
    木曽 久美子, 松下 聡
    日本建築学会近畿支部 研究発表会 2015年06月 選考無し
  • スケッチマップの構成要素の共起性に着目した大学周辺地域のデザインに関する研究
    木曽 久美子, 松下 聡
    Designシンポジウム 2014年11月 選考有り
  • 地理情報システムを用いる大学周辺地域のスケッチマップの解読 : 大学周辺地域についての認知構造の解読 (その1)
    木曽 久美子 , 松下 聡
    日本建築学会大会 2014年09月 選考有り
  • 地理空間情報データベースに基づく学生の大学周辺地域のスケッチマップの解読 : ロジスティック回帰分析を用いるスケッチマップ内要素の描画確率の検討
    木曽 久美子, 松下 聡
    日本建築学会近畿支部 研究発表会 2014年06月 選考無し
  • Preliminary Study on Method for Space Design Analysis Based on Human Behavior Semiosis Using Multi-Agent Simulator
    木曽 久美子, 門内 輝行
    AESCS 2013, The 8th International Workshop on Agent The 8th International Workshop on Agent -based Approaches in Economic and Social Complex Systems 2013年09月 選考有り
  • 聞き取り調査の発話分析に基づく人間行動の記号過程の解読 : 建築・都市空間における人間行動の記号過程の解読とそのシミュレーション(その1)
    木曽 久美子 , 門内 輝行
    日本建築学会大会 2013年09月 選考無し
  • ロジスティック回帰分析に基づく発話内容と発話場所との関係性の分析 : 建築・都市空間における人間行動の記号過程の解読とそのシミュレーション(その2)
    鶴田 爽 , 木曽 久美子 , 門内 輝行
    日本建築学会大会 2013年09月 選考無し
  • 聞き取り調査における発話分析に基づく人間行動の記号過程についての基礎的研究
    木曽 久美子 , 門内 輝行
    日本建築学会近畿支部 研究発表会 2013年06月 選考無し

科学研究費補助金

  • 人間行動の記号過程の解読に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究研究活動スタート支援
    代表者:木曽 久美子 2014年度
  • 人間行動の記号過程の解読に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究研究活動スタート支援
    代表者:木曽 久美子 2013年度