髙田 宗樹

所属部署名知能システム工学講座
教員組織知能システム工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/05/28 17:15

研究者基本情報

氏名

    髙田 宗樹
    タカダ ヒロキ
    TAKADA Hiroki

基本情報

研究分野

  • 情報学 / 人間医工学立体映像, VR, AR /  国内共同研究 2011年 / 科学研究費補助金
    我々はこれまでに短時間(1~3分間)の立体映像視認が視機能、体平衡系等、生体に与える影響について調査,検討を行い、「眼疲労」や軽度の「映像酔い」の計量化に成功しているが、立体映像構成のガイドライン化には、さらに映像酔いが生じる機序の解明が必要である。本研究では、長時間(1~2時間)の立体映像視認が生体に与える影響について調査、検討を行い、安全な立体映像の視聴に関するガイドラインを提言することを目標とする。また、長時間の立体映像視認が視機能、体平衡系等、生体に与える影響について調査することで、「眼疲労」や「映像酔い」が生じる機序を明らかにする。

所属

  •  知能システム工学講座 教授

学歴

  • - 2002年名古屋大学 多元数理科学専攻
  • - 1997年名古屋大学 多元数理科学専攻
  • - 1995年名古屋大学 理学部 物理学科

経歴

  • 2006年04月- 2010年03月岐阜医療科学大学 准教授
  • 2005年04月- 2006年03月名古屋大学大学院工学研究科 COE研究員
  • 2004年04月- 2005年03月日本大学医学部社会医学講座 専修研究員

所属学協会

    形の科学会 その他,IEEE System, Man, and cybernetics SMC, special sessions’ committee その他,IEEE EMBC 編集委員,International Conference on Physiological Computing Systems その他,International Conference on Bio-inspired systems and signal processing その他,IEEE 一般会員,形の科学会 編集委員,International Society of Gerontechnology(ISG) 一般会員,日本衛生学会 一般会員,形の科学会 評議員,IEEE ICCSE 編集委員,日本自律神経学会 一般会員,日本人間工学会 一般会員,日本めまい平衡医学会 一般会員,日本物理学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Numerical Analysis of Stochastic Differential Equations as a Model for Body Sway while Viewing 3D Video Clips
    Fumiya Kinoshita, Hiroki Takada
    Mechatronic Systems and Control (formerly Control and Intelligent Systems) 47(1) In Press 2019年01月 査読有り
  • On Metric Space for Discrimination by Using an Artificial Algorithm Imitating the Empirical Rule – As an Example of Support to Clasificate REM Sleep Behavior Disorder
    H Takada, F Kinoshita, K Ikeda, T Imaeda, T Tanimura, Y Jono, M Nakayama, M Takada
    Forma 33(S) In Press 2018年10月 査読有り
  • Comparison of Electrogastrograms in a Seated Posture with those in a Supine Posture Using Wayland Algorithm
    Y Matsuura, H Takada
    IEEE Conference Publications: 2018 13th International Conference on Computer Science and Education (ICCSE) 2018年08月 査読有り
  • The Impact of 3D Games on Brain Blood Flow Dynamics and its Utilization
    M Takada, K Ito, T Tanimura, H Tahara, A Sugiura, H Takada
    IEEE Conference Publications: 2018 13th International Conference on Computer Science and Education (ICCSE) 2018年08月 査読有り
  • Local Cerebral Blood Flow during Biofeedback Training
    Y Matsuura, T Tanimura, D Iida and H Takada
    Journal of Sports Medicine & Doping Studies 8(3) 2018年 査読有り
  • Analysis of Electrogastrograms during Exercise Loads
    Fumiya Kinoshita, Kosuke Fujita, Kazuya Miyanaga, Hideaki Touyama,Masumi Takada, Hiroki Takada
    Journal of Sports Medicine & Doping Studies 8(2) 2018年07月 査読有り
  • Analysis of the body sway while/after viewing visual target movement synchronized with background motion
    Nao Amano, Hiroki Takada, Yusuke Jono, Toru Tanimura, Fumiya Kinoshita, Masaru Miyao, Masumi Takada
    LNCS 10908 3-14 2018年07月 査読有り
  • Effect of Controlled Consciousness on Sense of Presence and Visually Induced Motion Sickness while Viewing Stereoscopic Movies
    Akihiro Sugiura, Kunihiko Tanaka, Kazuki Ohta, Kazuki Kitamura, Saki Morisaki, Hiroki Takada
    LNCS 10908 122-131 2018年07月 査読有り
  • 運動負荷が胃腸活動および胃電図に及ぼす影響に関する研究
    木下 史也, 高田 宗樹, 藤掛 和広, 杉浦 明弘, 高田 真澄
    デサントスポーツ科学 39 103-113 2018年05月 査読有り
  • Changes in brain blood flow during stereoscopic video clips
    M. Takada, F. Kinoshita, K. Fujikake, M. Miyao, A. Sugiura, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2017 12th International Conference on Computer Science and Education (ICCSE) 65-68 2017年08月 査読有り
  • Forms Seen in Daily Life are Useful for Mathematical Education
    Takada, H.
    IEEE Conference Publications: 2017 12th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 69-72 2017年08月 査読有り
  • Numerical simulation of equilibrium systems while viewing stereoscopic video clips
    F. Kinoshita, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2017 12th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 73-76 2017年08月 査読有り
  • Experimental study on control of visually evoked postural responses by galvanic vestibular stimulation
    A. Sugiura, K. Akachi, A. Yoshida, C. Ito, S. Kondo, K. Tanaka, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2017 12th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 77-82 2017年08月 査読有り
  • Evaluation of cerebral blood flow while viewing 3D video clips
    M. Takada, K. Tateyama, F. Kinoshita, H. Takada
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2017) PartII(LNCS 10278) 492-503 2017年07月 査読有り
  • Temporal evolution in potential functions while peripheral viewing video clips with/without backgrounds
    M. Miyao, H. Takada, A. Sugiura, F. Kinoshita, M. Takada, H. Ishio
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2017) PartII(PartII) 471-482 2017年07月 査読有り
  • Effect of difference in information between vision and vestibular labyrinth on a human body
    A. Sugiura, K. Tanaka, H. Takada, M. Miyao
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2017) PartII(LNCS 10278) 187-198 2017年07月 査読有り
  • Numerical simulation of equilibrium systems while viewing 2D/3D video clips without perspective clues
    Y. Mori, Y. Maeda, F. Kinoshita, H. Takada
    Forma 32(Special Issue) S33-S36 2017年07月 査読有り
  • On mathematical models of two minute stereoscopic viewing on human balance function
    F. Kinoshita, Y. Mori, Y. Matsuura, M. Miyao, H. Takada
    Forma 32(Special Issue) S11-S17 2017年07月 査読有り
  • Theoretical expression of the balance function during galvanic vestibular stimulation in dual space
    Hiroki Takada
    Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal (ASTESJ) 2(1) 186-191 2017年01月 査読有り
  • Expression of balance function during exposure to stereoscopic video clips
    Fumiya Kinoshita, Masaru Miyao, Masumi Takada, Hiroki Takada
    Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal (ASTESJ) 2(1) 121-126 2017年01月 査読有り
  • 睡眠遮断時における体平衡機能に関する研究
    森柚樹, 木下史也, 高田宗樹
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 137(1) 163-167 2017年01月 査読有り
  • 若年者胃電図の数値解析とその数理モデル化に関する研究
    木下史也, 森柚樹, 松浦康之, 宮尾克, 高田宗樹
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 136(9) 1261-1267 2016年09月 査読有り
  • 視覚誘導性姿勢変化の解釈:臨場感または映像酔いを代表するのか?
    杉浦明弘,太田紫乃,志村美保,伊藤唯,髙田宗樹,田中邦彦
    社会医学研究 33(1) 35-47 2016年01月 査読有り
  • アルコール摂取時における座位重心動揺に関する研究
    木下史也, 森柚樹, 髙田宗樹
    社会医学研究 33(1) 123-130 2016年01月 査読有り
  • Instability of systems to control upright posture on gentle slopes
    M. Takada, A. Masegi, Y. Fukui, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2016 World Automation Congress (WAC) 1-6 2016年10月 査読有り
  • Visualization system for the information measured by motion capture system
    H. Sunada, K. Yokoyama, T. Hirata, T. Matsukawa, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2016 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 21-26 2016年08月 査読有り
  • Expression of balance function after exposure to stereoscopic video clips
    F. Kinoshita, M. Takada, M. Miyao, H. Takada
    IEEE Conference Publications: 2016 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 41-44 2016年08月 査読有り
  • Cerebral blood flow in the prefrontal cortex while reading a novel on a tablet computer and its effect on sleep: Temporary and remaining changes
    A. Sugiura, T. Eto, H. Takada, F. Kinoshita
    IEEE Conference Publications: 2016 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 35-40 2016年08月 査読有り
  • Expression for mathematical models of time series data in dual space — Expression of balance function during galvanic vestibular stimulation
    IEEE Conference Publications: 2016 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE) 3-6 2016年08月 査読有り
  • Changes in brain blood flow by the use of 2D/3D games
    M. Takad, Y. Mori, F. Kinoshita, H. Takada
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2016) PartII(LNCS9738) 516-523 2016年07月 査読有り
  • Relationship between feeling of presence and visually induced motion sickness while viewing stereoscopic movies
    A. Sugiura, T. Kojima, H. Takada, K. Tanaka, M. Miyao
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2016) PartII(LNCS9738) 347-355 2016年07月 査読有り
  • Changes of potential functions while maintaining upright postures after exposure to stereoscopic video clips
    F. Kinoshita, K. Iwata, Y. Matsuura, M. Miyao, H. Takada
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2016) PartII(LNCS9738) 279-286 2016年07月 査読有り
  • Measurement of lens focus adjustment while wearing a see-through head-mounted display
    R. Kimura, K. Iwata, T. Totani, T. Miyao, T. Kojima, H. Takada, H. Ishio, C. Uneme, M. Miyao, M. Takada
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2016) PartII(LNCS9738) 271-278 2016年07月 査読有り
  • Expression of balance function on slopes with tilt angles
    Kinoshita F, Mori Y, Fukui Y, Takada M, Miyao M, Takada H.
    Control and Interigent Systems 43(4) 2015年12月 査読有り
  • バイオフィードバックトレーニングが脳血流変化に及ぼす影響
    高田宗樹, 宮尾克, 塩沢友規, 渡邉智之, 高田真澄
    デサントスポーツ科学 36 78-89 2015年06月 査読有り
  • Peripheral viewing during exposure to a 2D/3D video clip: effects on the human body
    Takada, Masumi;Fukui, Yuta;Matsuura, Yasuyuki;Sato, Motohiko;Takada, Hiroki
    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE 20(2) 79-89 2015年 査読有り
  • 長時間の立体映像視聴が体平衡系および自律神経系に及ぼす影響
    木下史也, 森柚樹, 杉浦明弘, 山川達也, 松浦康之, 高田宗樹, 宮尾克
    日本衛生学雑誌 71(1) 30-36 2016年01月 査読有り
  • 彷徨えるロボット-群ロボットの自己位置同定
    竹下聡亮、高田宗樹、平田隆幸
    福井大学大学院工学研究科研究報告 64 25-32 2016年03月 査読無し
  • 日本留学に関する基礎的研究
    松浦康之、小森雄太、高田宗樹
    福井大学大学院工学研究科研究報告 64 33-41 2016年03月 査読無し
  • Effect of Unpredictable Motion Component in Video on Body Sway
    Sugiura A, Itou Y, Ota S, Shimura M, Tanaka K, Takada H, Miyao M
    Forma 30(1) 43-50 2015年09月 査読有り
  • A Temporal Analysis of Body Sway caused by Self-Motion during Stereoscopic Viewing
    Sugiura, A., Tanaka, K., Takada, H., Kojima, T., Yamakawa, T., Miyao, M.
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2015) PartII(LNCS9176) 246-256 2015年07月 査読有り
  • Effect of Background Viewing on Equilibrium Systems
    Takada, H., Mori, Y., Miyakoshi, T.
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2015) PartII(LNCS9176) 255-263 2015年07月 査読有り
  • Visual Pursuit of Two-dimensional/Three-dimensional Objects on Video Clips: Effects on the Human Body
    Takada M., Sakai, M., Miyao, M., Takada, H.
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2015) PartII(LNCS9176) 264-272 2015年07月 査読有り
  • Effects of Two-Minute Stereoscopic Viewing on Human Balance Function
    Yoshikawa, K., Kinoshita, F., Miyashita, K., Sugiura, A., Kojima, T., Takada, H., Miyao, M.
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2015) PartII(LNCS9176) 297-304 2015年07月 査読有り
  • Instability in systems to control upright posture
    Takada, H., Kinoshita, F., Fukui, Y., Mori, Y., Sugiura, A., Miyao, M.
    Proceedings of ICCSE 2015 225-229 2015年07月 査読有り
  • Simultaneous measurement of lens accommodation and convergence to objects
    Shiomi T., Hori H., Hasegawa S., Takada H., Omori M., Matsuura Y., Ishio H., Hasegawa A., Kanda T., Miyao M.
    Forma 29(Special Issue) S77-S81 2014年04月 査読有り
  • Tiny H8/3694Fによる接触通信システムのモジュール化-multi-CPU化による処理能力の向上へ-
    高井 裕紀, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    福井大学大学院工学研究科研究報告 62 1-7 2014年03月 査読無し
  • 立体映像視聴時における視覚誘導自己運動感に起因する重心動揺の特徴解析(視聴覚の基礎と応用,マルチモーダル,感性情報処理,一般)
    杉浦 明弘;田中 邦彦;若田部 駿;松本 千佳;吉川 一輝;高田 宗樹;宮尾 克
    映像情報メディア学会技術報告 38(46) 49-52 2014年11月 査読無し
    人は運動している物体を観察し続けると,実際に動いていなくても運動物体と同じ方向に動いている錯覚に陥ることがある.この感覚は,視覚誘導自己運動感といわれる.本研究では,3D映像視聴が視覚誘導自己運動感に与える影響を調査した.被験者には,0.3Hzで前後または左右に多数の球が移動している映像の2D版と3D版をそれぞれ3分ずつ視聴してもらい,重心動揺を測定した.その結果,映像視聴時間が長いほど映像への同調性は高くなった.また.3D映像視聴は2D映像視聴と比較して映像への同調性は高かった.そして,視覚誘導自己運動感は3D空間全体の動きに影響を受ける可能性が高いことが明らかになった.
  • Numerical Analysis of Body Sway while Viewing a 3D Video Clip without Perspective Clues
    Mori, Y., Maeda, Y., Takada H.
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2015) PartII(LNCS9176) 238-245 2015年07月 査読有り
  • Kinectを用いた剣道の基本技自動判別システムの構築
    飯田大介、後藤淳、高田宗樹、平田隆幸
    福井大学大学院工学研究科研究報告 63 13-21 2015年03月 査読無し
  • 国際的視点に立った福井県における高大連携数理教育の検討と実践-タイにおける高等教育と数理教育の現状を踏まえて
    松浦康之,高田宗樹,平田隆幸
    福井大学大学院工学研究科研究報告 63 55-61 2015年03月 査読無し
  • Comparison by simultaneous measurement of lens accommodation and convergence in 3D vision and their distributions
    Kojima T., Matsuura Y., Miyao M., Shiomi T., Takada H.
    International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics 3(6) 635-638 2014年01月 査読有り
  • Study of Surface Electromyography and Its Indices to Evaluate Muscular Control
    Takada H., Takada M., Matsuura Y., Miyao M., Shiozawa T.
    Forma 29(Special Issue) S29-S36 2014年04月 査読有り
  • Extracting and mathematical identifying form of stationary noise in X-ray images
    Sugiura A., Yokoyama K., Takada H., Ihori A., Yasuda N., Yoshida T.
    Forma 29(Special Issue) S37-S43 2014年04月 査読有り
  • Effects on visibility and lens accommodation of stereoscopic vision induced by HMD parallax images,
    Hasegawa A., Hasegawa S., Omori M., Takada H., Watanabe T., Miyao M.
    Forma 29(Special Issue) S65-S70 2014年04月 査読有り
  • Comparison of 2D and 3D vision gaze with simultaneous measurements of accommodation and convergence
    Hori H., Shiomi T., Hasegawa S., Takada H., Omori M., Matsuura Y., Ishio H., Miyao M.
    Forma 29(Special Issue) S71-S76 2014年04月 査読有り
  • Subjective Evaluation of Peripheral Viewing during Exposure to a 2D/3D Video Clip
    M. Takada, M. Miyao, H. Takada
    Proceedings of Annual International Conference of IEEE VR 2015 291-292 2015年03月 査読有り
  • A comparison of head-out mist bathing, with or without facial fanning, with head-out half-body low-water level bathing in humans-a pilot study
    Iwase, Satoshi;Kawahara, Yuko;Nishimura, Naoki;Nishimura, Rumiko;Miwa, Chihiro;Kataoka, Yumiko;Kobayashi, Chihiro;Suzuki, Takahiro;Shigaraki, Masayuki;Maeda, Yoichi;Takada, Hiroki;Watanabe, Yoriko
    INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY 58(5) 999-1005 2013年06月 査読有り
  • Simultaneous measurement of lens accommodation and convergence in natural and artificial 3D vision
    Shiomi T., Uemoto K., Kojima T., Sano S., Ishio H., 髙田 宗樹, Omori M., Watanabe T., Miyao M.
    Journal of the SID doi: 10.1002/jsid.156 2013年06月 査読有り
  • Comparison of form in potential functions while maintaining upright posture during exposure to stereoscopic video clips
    沓名 健一郎, 松浦 康之, Fujikake K., Miyao M., 髙田 宗樹
    Conference Proceedings of The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 7200-7203 2013年07月 査読有り
  • Accommodation training in foreign workers
    高田 真澄, 宮尾 克, 松浦 康之, 髙田 宗樹
    Conference Proceedings of The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 7196-7199 2013年07月 査読有り
  • 重心動揺検査における姿勢の数理モデル化
    福井優太, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    信学技報 113(373) 42195 2013年12月 査読無し
  • 立体映像視聴時における周辺視が身体に及ぼす影響
    山口 仁志, 酒井 正樹, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    信学技報 113(373) 42322 2013年12月 査読無し
  • 重心動揺検査における姿勢とその数理モデルに関する研究
    吉川 一輝, 木下 史也, 松浦 康之, 髙田 宗樹
    電気学会論文誌C 133(12) 2200-2204 2013年12月 査読有り
  • Quantitative Characterization of the kendo men strike from electromyography and kinesiology
    Takayuki Hirata, Jun Goto, Hiroki Takada, Yasuyuki Matsuura, Haruya Sunada, Kiyoko Yokoyama
    Proceedings of the 2013 International Budo Conference 50-51 2013年09月 査読有り
  • Effects of dry and mist saunas on circulatory and thermoregulatory functions in humans
    Iwase S., Kawahara Y., Nishimura N., 髙田 宗樹, Nagata M., Niimi Y., Miwa C.
    Health 5(2) 267-273 2013年08月 査読有り
  • Effect of Accommodation Training in Foreign Labor
    高田 真澄, 松浦 康之, 宮尾 克, 髙田 宗樹
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part1 233-241 2013年07月 査読有り
  • A Study of Accommodation Training by Stereoscopic Film Presentation
    Takada Masumi, Suriura Akihiro, 松浦 康之, Miyao Masaru, 髙田 宗樹
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part1 242-251 2013年07月 査読有り
  • Effects of Long-Time 3D Viewing on the Eye Function of Accommodation and Convergence
    Hiromu Ishio, Takehito Kojima, Takumi Oohashi, Yuki Okada, 髙田 宗樹, Masaru Miyao
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part2 269-274 2013年07月 査読有り
  • Form in Potential Functions While Maintaining Upright Posture during Exposure to Stereoscopic Video Clips
    松浦 康之, 宮尾 克, 髙田 宗樹
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part2 293-301 2013年07月 査読有り
  • Multi-evaluation Method of Visual Fatigue and Motion Sickness While Viewing 2D/3D Video Clips on a Liquid Crystal Display
    髙田 宗樹, 藤掛 和宏, 松浦 康之, 宮尾 克
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part2(LNCS8010) 318-326 2013年07月 査読有り
  • Effect of Display Size on Body Sway in Seated Posture While Viewing an Hour-Long Stereoscopic Film
    吉川 一輝, 髙田 宗樹, 宮尾 克
    Universal Accessin Human-Computer Interaction (UAHCI/HCII2013) Part2(LNCS8010) 336-341 2013年07月 査読有り
  • A comparison of head-out mist bathing, with or without facial fanning, with head-out half-body low-water level bathing in humans-a pilot study
    Iwase S., Kawahara Y., Nishimura N., Nishimura R., Miwa C., Kataoka Y., Kobayashi C., Suzuki T., Shigaraki M., Maeda Y., Takada H., Watanabe Y.
    International Journal of Biometeorology DOI:10.1007/s00484-013-0685-4 2013年06月 査読有り
  • Non-equilibrium in Foreign Currency Exchange Determination
    Hiroki Takada
    Forma 28(1) 21-24 2013年06月 査読有り
  • Effect of Gaussian Noise Amplitude on Translation Error Estimated by Double-Wayland Algorithm
    吉川 一輝, 髙田 宗樹
    Journal of Mathematics and System Science 2(8) 482-488 2013年02月 査読有り
  • On Mathematical Models to Control Three Upright Postures in the Elderly
    Fumiya Kinoshita, Yuta Fukui, Masumi Takada, Masashi Furuta, Takayuki Hirata, Hiroki Takada
    Forma 28(1) 17-20 2013年02月 査読有り
  • Comparison of simultaneous measurement of lens accommodation and convergence in natural vision and 3D vision
    Shiomi, T., Hori, H, Uemoto, K., Miyao, M, H. Takada, Hasegawa, S., Omori, M., Watanabe, T., Ishio, H.
    SID Symposium Digest of Technical Papers 43(1) 1178-1181 2012年06月 査読有り
  • Non-Linear Analysis of Stabilograms with Alcoholic Intake
    Takada H., Shimizu Y., Matsuura Y., Shiomi T., Miyao M.
    Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2012 Annual International Conference of the IEEE 4208-4211 2012年08月 査読有り
  • 立体映像追従が重心動揺に及ぼす影響
    吉川 一輝, 酒井 正樹, 酒井 達也, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    信学技報 112(344) 42008 2012年12月
  • アルコール摂取が座位姿勢制御に及ぼす影響
    稗田 裕太, 谷口 慎一, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    信学技報 112(344) 42132 2012年12月
  • 確率共鳴を用いた高齢者胃電図の数値解析
    笠松 千雅, 木下 史也, 松浦 康之, 髙田 宗樹
    信学技報 112(344) 42259 2012年12月
  • System to Control Upright Posture with Alcoholic Intake
    Takada H., Taniguchi S., Shimizu Y., Hirata T.
    Journal of Mathematics and System Science 2(7) 447-453 2012年12月 査読有り
  • Effect of Accommodation Training on Visual Function of Middle-aged People
    Y. Matsuura, M. Takada, M. Miyao, H. Takada
    International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics 2(6) 381-385 2012年11月 査読有り
  • Comparison of Fixation Distances in Middle-aged Subjects
    M .Takada, K. Uemoto, M. Miyao, Y. Matsuura, M. Satoh, H. Takada
    International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics 2(6) 389-394 2012年11月 査読有り
  • Numerical Analysis of Electrogastrogram in the Elderly
    H. Takada, Y. Matsuura, M. Miyao
    International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics 2(6) 404-407 2012年11月 査読有り
  • 高齢者における胃電図の数理モデルについて
    松浦 康之, 髙田 宗樹
    信学技報 112(205) 19-24 2012年09月 査読無し
  • Simultaneous measurement of visual accommodation and convergence during 3D sickness
    Takada H., Miyao M.
    13th International Multisensory Research Forum (IMRF 2012) 25(supplement) 79 2012年07月 査読有り
  • Stochastic Resonance as a Mathematical Model of an
    Y. Matsuura, M. Miyao, H. Takada
    Journal of Physical Science and Application 2(6) 186-194 2012年06月 査読有り
  • New Directions in the Use of a Sensor Output Signal Evaluation System for Biofeedback Training
    Takada H., Miyao M., Matsuura Y., Shiozawa T.
    Proceedings of World Automation Congress (WAC) 2012 2012年06月 査読有り
  • Effect of Accommodation Training on Visual Function
    M. Takada, M. Miyao, M. Satoh, K. Yoshiikawa, Y. Matsuura, 髙田 宗樹
    Journal of Sports Medicine & Doping Studies 2(3) doi:10.4172/2161-0673.1000112 2012年05月 査読有り
  • Evaluation of body sway in a seated posture after alcohol ingestion with an aim to evaluate motion sickness caused by three-dimensional images
    Y. Matsuura, M. Amemori, T. Shiomi, M. Miyao, K. Yoshikawa, 髙田 宗樹, T. Hirata
    Journal of Sports Medicine & Doping Studies 2(2) doi:10.4172/2161-0673.1000109 2012年04月 査読有り
  • Effect of a Stereoscopic Movie on Body Sway and Head Acceleration
    H. Takada, M. Miyao, M .Takada, Y. Matsuura, T. Yamamoto
    Computer Technology and Application 3(2) 159-168 2012年02月 査読有り
  • Distribution of cerebral blood flow during gum-chewing
    Y. Matsuura., T .Taniguchi, A. Sugiura, M. Miyao, H.Takada
    Forma 27 42008 2012年01月 査読有り
  • アルコール摂取時における座位重心動揺に関する研究
    髙田 宗樹, 雨森 正起, 松浦 康之
    電気学会論文誌C 132(10) 1558-1562 2012年01月 査読有り
  • Analysis of Electrogastrograms of Elderly Gastrectomized Subjects by Using Maximum Lyapunov Exponent
    髙田 宗樹, Yasuyuki Matsuura, Masaru Miyao
    Computer Technology and Application 2(12) 985-990 2011年12月 査読有り
  • 座位における重心動揺の基礎的検討
    雨森 正起, 吉川 一輝, 松浦 康之, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    信学技報 111(367) 33-37 2011年12月 査読無し
  • 非線形解析による高齢者の多チャンネル胃電図解析
    久保 亮太, 木下 史也, 髙田 宗樹, 松浦 康之
    信学技報 111(367) 39-42 2011年12月 査読無し
  • 最大リアプノフ指数を用いた食事負荷による胃電図解析
    木下 史也, 久保 亮太, 髙田 宗樹, 松浦 康之
    信学技報 111(367) 43-46 2011年12月 査読無し
  • 高齢者の多チャンネル胃電図と心窩部温罨法の影響
    吉川 一輝, 久保 亮太, 髙田 宗樹, 松浦 康之
    信学技報 111(367) 47-50 2011年12月 査読無し
  • Analysis of Electrogastrograms of Elderly Subjects
    髙田 宗樹, 松浦 康之
    the 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 537-540 2011年09月 査読有り
  • Comparison of severity of motion sickness induced by a 3-D movie on an LCD and an HMD
    髙田 宗樹, Y. MATSUURA, M. TAKADA, M. MIYAO
    Virtual and Mixed Reality - New Trends; Lecture Notes in Computer Science 6773 371-379 2011年07月 査読有り
  • On a Body Sway Model while Maintaining Upright Posture during Exposure to a Stereoscopic Movie on a Liquid Crystal Display
    髙田 宗樹, Kazuhiro Fujikake, Masaru Miyao
    Proceedings of the 2011 International Conference on Bioinformatics and computational Biology 731-737 2011年07月 査読有り
  • Analysis of Electrogastrograms of the Elderly Subjects using Maximum Lyapunov Exponent
    Matsuura Y., Miyao M., 髙田 宗樹
    Proceedings of the 2011 International Conference on Bioinformatics and computational Biology 424-428 2011年07月 査読有り
  • Stereoscopic Vision Induced by Parallax Images on HMD and Its Influence on Visual Functions
    Satoshi Hasegawa, Akira Hasegawa, Masako Omori, Hiromu Ishio, 髙田 宗樹, Masaru Miyao
    Virtual and Mixed Reality - New Trends; Lecture Notes in Computer Science 6773 297-305 2011年07月 査読有り
  • Simultaneous measurement of lens accommodation and convergence to real objects
    Tomoki Shiomi, Hiromu Ishio, Hiroki Hori, 髙田 宗樹, Masako Omori, Satoshi Hasegawa, Shohei Matsunuma, Akira Hasegawa,, Tetsuya Kanada, Masaru Miyao
    Virtual and Mixed Reality - New Trends. Lecture Notes in Computer Science 6773 363-370 2011年07月 査読有り
  • Effect of weak hyperopia on stereoscopic vision
    Masako OMORI, Asei SUGIYAMA, Hiroki HORI,, Tomoki SHIOMI, Tetsuya KANDA, Akira HASEGAWA, Hirotake ISHIO, 髙田 宗樹, Satoshi HASEGAWA, Masaru MIYAO
    Virtual and Mixed Reality - New Trends. Lecture Notes in Computer Science 6773 354-362 2011年07月 査読有り
  • Comparison of Accommodation and Convergence by Simultaneous Measurements during 2D and 3D Vision Gaze
    Hiroki Hori, Tomoki Shiomi, Tetsuya Kanda, Akira Hasegawa, Hiromu Ishio, Yasuyuki Matsuura, Masako Omori, 髙田 宗樹, Satoshi Hasegawa, Masaru Miyao
    Virtual and Mixed Reality - New Trends. Lecture Notes in Computer Science 6773 306-314 2011年07月 査読有り
  • モーションキャプチャシステムによる剣道打ち込み動作の解析
    砂田 治弥, 横山 清子, 松河 剛司, 原田 晋作, 高田 宗樹, 松浦 康之, 平田 隆幸
    信学技報 111(121) 31-35 2011年07月 査読有り
  • 実物体と2D 映像,3D 映像を用いた水晶体調節反応と輻輳運動の長時間同時測定 - 若年者と中高齢者の立体視機構の違い -
    塩見 友樹, 堀 弘樹, 長谷川 聡, 髙田 宗樹, 大森 正子, 松浦 康之, 石尾 広武, 長谷川 旭, 神田 哲也, 宮尾 克
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 16(2) 139-148 2011年06月 査読有り
  • サロゲート法を用いたディジタルX線画像の非線形性の検証
    杉浦 明弘, 横山 清子, 髙田 宗樹, 安田成臣, 堀井 亜希子, 木田浩介
    生体医工学 49(3) 490-500 2011年03月 査読有り
  • デジタルコンパスの蟻型群ロボットへの応用-方位センサによる自己位置同定の向上へ-
    波田 邦彦, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    福井大学大学院工学研究科研究報告 59 73-78 2011年03月 査読無し
  • Effects of graded load of artificial gravity on vestibulospinal and vestibule-ocular functions
    Tetsuya Yamamoto, 髙田 宗樹, Satoshi Iwase, Junichi Sugenoya
    自律神経 47(6) 485-491 2011年02月 査読有り
  • Verification of nonlinearity in digital x-ray images using surrogate method
    A. Sugiura, K. Yokoyama, 髙田 宗樹, N. Yasuda, A. Horii, K. Kida
    Proc. of SPIE-IS&T Electronic Imaging, SPIE 2011年02月 査読有り
  • Readability of character size for car-navigation systems
    Kazuhiro FUJIKAKE, Satoshi HASEGAWA, Masako OMORI, 髙田 宗樹, Masaru MIYAO
    モバイル学会誌 1(1) 42072 2011年01月 査読有り
  • 医療画像表示のための携帯情報端末の液晶モニタの物理特性の評価
    杉浦 明弘, 堀井 亜希子, 石川 陽子, 石川 晃則, 安田 成臣, 藤田 尚利, 渡辺 洋平, 吉田 貴博, 髙田 宗樹
    モバイル学会誌 1(1) 75-81 2011年01月 査読有り
  • 第80回日本衛生学会学術総会(仙台)でのミニシンポジウム「胃電図と衛生学」に関連したミニ特集について
    髙田 宗樹, 宮尾克
    日本衛生学雑誌 66(1) 53 2011年01月
  • 胃電図の衛生学への応用にむけて
    松浦康之, 山本哲也, 高田真澄, 塩沢友規, 髙田 宗樹
    日本衛生学会誌 66(1) 53 2011年01月 査読有り
  • 胃切除者の胃電図解析
    高田真澄, 山本哲也, 髙田 宗樹, 横山清子, 宮尾克, 松浦康之
    日本衛生学雑誌 66(1) 64-70 2011年01月 査読有り
  • 高齢者胃電図と心窩部温罨法
    山本哲也, 松浦康之, 髙田 宗樹, 岩瀬敏, 菅屋潤壹
    日本衛生学雑誌 66(1) 71-76 2011年01月 査読有り
  • Effect of strategic accommodation training by wide stereoscopic movie presentation on myopic young people of visual acuity and asthenopia
    Akihiro Sugiura, Tetsuya Yamamoto, Masaru Miyao, 髙田 宗樹
    Displays 32(4) 219-224 2011年01月 査読有り
  • Bioresponse to Stereoscopic Movies Presented via A Head-Mounted Display
    髙田 宗樹, Matsuura Yasuyuki,, Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru
    Proceedings of BIOSTEC 2011 433-437 2011年01月 査読有り
  • A Study of Stochastic Resonance as A Mathematical Model of Electrogastrogram
    MATSUURA Y., MIYAO M., YOKOYAMA K., 髙田 宗樹
    Proceedings of BIOSTEC 2011 450-453 2011年01月 査読有り
  • Effect of Hour-long Stereoscopic Film on Equilibrium Function
    Masumi Takada, Kiichi Murakami, Yoshiki Kunida, Takayuki Hirata, Yasuyuki Matsuura, Satoshi Iwase, Masaru Miyao, 髙田 宗樹
    Proceedings of IMID 2011 Digest 737-738 2011年01月 査読有り
  • Comparison of 2D and 3D Vision Gaze with Simultaneous Measurements of Accommodation and Convergence among Young and Middle-aged Subjects
    Masaru Miyao, Tomoki Shiomi, Hiroki Hori, Akira Hasegawa, Yasuyuki Matsuura, Hiroki Takada, Satoshi Hasegawa
    Proceedings of IMID 2011 Digest 737 2011年01月 査読有り
  • 心拍変動を用いた重力耐性の判別方法
    吉田豊, 横山清子, 髙田宗樹, 岩瀬敏
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 130(12) 2095-2099 2010年12月 査読有り
  • Evaluation of motion sickness induced by stereoscopic images using head acceleration and body sway
    髙田 宗樹, Yamamoto, T.,, Sugiura, A., Miyao, M.
    Proceedings of the IADIS International Conferences, Web Virtual Reality and Three-Dimensional Worlds 2010 539-540 2010年07月 査読有り
  • Effect of eyesight-recovering stereoscopic movie system on visual acuity and fatigue of visual inspection workers
    Takada, M., Miyao, M., Shiomi, T., Matsuura, Y., Omori, M., 髙田 宗樹
    Proceedings of the IADIS International Conferences, Web Virtual Reality and Three-Dimensional Worlds 2010 494-497 2010年07月 査読有り
  • 非線形解析による高齢者の経皮的胃電図-若年者比較-
    山本哲也, 松浦康之, 高田真澄, 髙田 宗樹
    岐阜医療科学大学紀要 4 105-108 2010年03月 査読無し
  • Double-Waylandアルゴリズムを用いた乱数の評価方法の考案
    髙田 宗樹, 杉浦明弘
    岐阜医療科学大学紀要 4 109-115 2010年03月 査読無し
  • 大学入学時のコンピュータ技能とインターネット利用に関する調査
    八田武俊, 渥美龍男, 髙田 宗樹, 吉田貴博
    岐阜医療科学大学紀要 4 42260 2010年03月 査読無し
  • サロゲート法を用いたディジタルX線画像の非線形性の検証
    杉浦明弘, 横山清子, 髙田 宗樹, 安田成臣, 堀井亜希子, 木田浩介
    信学技報 109(460)(MBE2009-10) 19-24 2010年02月 査読無し
  • Effect of accommodation training by stereoscopic movie presentation
    A. Sugiura, 髙田 宗樹, T. Yamamoto, M. Miyao
    Proc. of SPIE-IS&T Electronic Imaging, SPIE 75241H1-9 2010年01月 査読有り
  • 胃電図解析におけるリアプノフ指数の埋め込み時差依存性について
    松浦 康之, 髙田 宗樹, 横山 清子
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 129(12) 2243-2244 2009年12月 査読有り
  • 入学時における大学生のコンピュータ技能とその修得に関する要因の検討
    八田武俊, 渥美龍男, 髙田 宗樹, 吉田貴博
    岐阜医療科学大学紀要 3 49-53 2009年03月 査読無し
  • A Study of Stochastic Resonance as a Mathematical Model of Electrogastrography during Supine Position
    Hiroki Takada, Yasuyuki Matsuura, Kiyoko Yokoyama
    岐阜医療科学大学紀要 3 119-123 2009年03月 査読無し
  • ヘッドマウントディスプレイを用いた各種映像刺激による映像酔いの影響評価
    山本哲也, 髙田 宗樹, 杉浦明弘, 宮尾克
    岐阜医療科学大学紀要 3 229-233 2009年03月 査読無し
  • A simulated study of the deterioration in the equilibrium function with advancing age
    Hiroki Takada, Masumi Takada, Kunihiko Tanaka, Tomoki Shiozawa, Masashi Furuta, Masaru Miyao
    岐阜医療科学大学紀要 3(109-117) 2009年03月 査読無し
  • 数字検出課題と地図読み上げ課題による液晶ディスプレイの評価
    藤掛和広, 長谷川聡, 大森正子, 髙田 宗樹, 本多隆文, 宮尾克
    産業保健人間工学研究 2009年 査読有り
  • Dynamics Analysis of Electrogastrography using Double-Wayland Algorithm
    Matsuura Y., Yokoyama K., 髙田 宗樹, Shimada K.
    Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 1973-1976 2007年08月 査読有り
  • Proposal for a New Diagram to Evaluate the Form of the Attractor Reconstructed from Electrogastrography
    Matsuura, Y., 髙田 宗樹, Yokoyama K., Shimada K.
    FORMA 23(2) 25-30 2008年12月 査読有り
  • 液晶ディスプレイによる動画表示の評価における重心動揺計の利用
    藤掛和広, 髙田 宗樹, 大森正子, 長谷川聡, 本多隆文, 宮尾克
    人間工学 44(4) 208-217 2008年08月 査読有り
  • Effect of S/N Ratio on Translation Error Estimated by Double-Wayland Algorithm
    Hiroki Takada
    Bulletin of Gifu University of Medical Science 2 135-139 2008年03月 査読無し
  • 入学時における大学生のコンピュータ技能と他の教育科目との関連
    八田武俊, 渥美龍男, 髙田 宗樹, 吉田貴博
    岐阜医療科学大学紀要 2 43-47 2008年03月 査読無し
  • 段階的重力負荷が前庭小脳系に及ぼす影響(第2報)
    山本 哲也, 髙田 宗樹, 岩瀬 敏, 山口 喜久, 平柳 要, 高田 真澄, 田中 邦彦, 増尾 善久, 塩沢 友規, 中山 明峰
    岐阜医療科学大学紀要 2 123-126 2008年03月 査読無し
  • 確率共鳴による胃電図の記述
    髙田 宗樹, 松浦康之, 御橋広真
    岐阜医療科学大学紀要 2 127-133 2008年03月 査読無し
  • Evaluation of High-quality LCDs Displaying Moving Pictures by Use of the Form Obtained from Statokinesigrams and the Dynamics
    Kazuhiro Fujikake, Hiroki Takada, Masako Omori, Masaru Miyao
    FORMA 22(3) 217-229 2008年 査読有り
  • Indices to Detect Visually Induced Motion Sickness Using Stabilometry
    髙田 宗樹, Fujikake K., Miyao M., Matsuura Y.
    Proceedings of the First International Symposium on Visually Induced Motion Sickness, Fatigue, and Photosensitive Epileptic Seizures 178-183 2007年12月 査読有り
  • 表面筋電図を用いた筋パフォーマンスの評価指標とその経年変化
    髙田宗樹, 塩沢友規, 高田真澄, 宮尾克, 川崎仁志
    岐阜医療科学大学紀要 1 91-95 2007年03月 査読無し
  • 胃電図とR-R間隔変動の関連性の解析
    髙田宗樹, 松浦康之, 横山清子
    岐阜医療科学大学紀要 1 27-30 2007年03月 査読無し
  • 入学時における大学生のコンピュータ技能に関する調査
    八田武俊, 渥美龍男, 髙田 宗樹, 吉田貴博
    岐阜医療科学大学紀要 1 115-117 2007年03月 査読無し
  • 受動起立過程における動的脳血流自動能変遷の数理学的検討
    塩沢友規, 高田宗樹
    数理モデル化と応用 48(SIG2) 17-27 2007年 査読有り
  • 段階的重心負荷に伴う前失神時の心拍変動評価
    吉田豊, 横山清子, 高田宗樹, 岩瀬敏
    自律神経 43(6) 453-459 2007年 査読有り
  • 段階的受動起立時の動的脳血流自動調節作用の変容
    塩沢友規, 五味愼太郎, 古幡 博, 高田宗樹, 岩瀬 敏, 神谷厚範, 川崎仁志, 平柳 要, 岩崎賢一, 山口喜久, 谷島一嘉
    Neurosonology 19(1) 17-24 2007年 査読有り
  • アルコール摂取時の重心動揺における決定論性の評価
    清水祐樹, 高田宗樹, 北岡良之, 中山明峰
    Equilibrium Research 66(1) 1-8 2007年 査読有り
  • 健常女性を対象とした睡眠時における胃電図の周波数情報解析
    松浦康之, 横山清子, 高田宗樹, 岩瀬敏, 嶋田勝彦
    生体医工学 44(4) 560-566 2007年 査読有り
  • Double-Waylandテストを用いた心疾患の検知に関する研究
    山崎大志, 綱島均, 髙田宗樹, 山田功
    日本機械学会論文集C 73(734) 2647-2652 2007年 査読有り
  • 多チャンネル胃電図をWaylandアルゴリズムによって解析した一例
    松浦康之,横山清子,髙田宗樹,嶋田勝彦
    人間工学 43(4) 228-232 2007年 査読有り
  • Evaluation of high-quality LCDs displaying moving pictures by use of the form obtained from statokinesigrams
    K. Fujikake, M. Miyao, R. Honda, M. Omori, Y. Matsuura, 髙田 宗樹
    FORMA 22(2) 199-206 2007年 査読有り
  • Applications of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals
    Takada, H., Morimoto,T., Tsunashima, H., Yamazaki, T., Hoshina, H., Miyao, M.
    FORMA 21(2) 159-167 2006年 査読有り
  • ミジンコの負の光走性
    柴田浩二, 高田宗樹, 御橋廣眞
    形の科学会誌 21(1) 13-22 2006年 査読有り
  • To Set Up Standards for New Indices in Stabilometry
    髙田 宗樹, Kitaoka, Y., Miyao, M., Matsuura, Y.
    Proceedings the 5th International Workshop on Biosignal Interpretation 203-206 2005年09月 査読有り
  • 時間差分時系列のWaylandテストを併用した時系列における決定論性の評価
    高田宗樹, 清水祐樹, 保科宏幸, 塩沢友規
    形の科学会誌 19(3) 301-310 2005年03月 査読有り
  • Intensive cycle training with artificial gravity maintains muscle size during bed rest
    Akima, H., Katayama, K., Sato, K., Ishida, K, Masuda, K., Takada, H., Watanabe, Y., Iwase, S.
    Aviat Space Environ Med 176(10) 923-929 2005年01月 査読有り
  • Measurement of train driver's brain activity by functional near-infrared spectroscopy (fNIRS)
    Kojima, T., Tsunashima, H.,, Shiozawa, T., Takada, H., Sakai, T.
    Optical and Quantum Electronics 37(13-15) 1319-1338 2005年 査読有り
  • Diagnosis of Decay in Righting Reflex with Advancing Age
    Takada, H., Kitaoka, Y., Shiozawa, T., Miyao, M.
    Gerontechnology 13(4) 234 2005年 査読有り
  • 微細気孔を付加したFRP床材の足底部接触時における交感神経反応の減弱
    永田まゆみ, 岩瀬敏, 高田宗樹
    自律神経 42(2) 138-147 2005年 査読有り
  • Transient Changes in Autonomic Cardiovascular Function during a 4.1 MPa He-O2 Saturation Dive
    Hirayanagi, K., Nakabayashi, K., Okonogi, K., Shiozawa, T., Yamaguchi, N., Oinuma, M.,, Takada, H., Yajima, K., Ohiwa, H.
    Japanese Journal of Aerospace and Environmental Medicine 42(1) 42328 2005年 査読有り
  • 人間-機械系評価用列車運転シミュレータの開発と脳機能計測への適用
    綱島均, 小島崇, 塩沢友規, 髙田 宗樹
    日本信頼性学会誌「信頼性」 26(7) 617-626 2004年07月
  • ポテンシャルの形からみた時系列データの解析
    髙田 宗樹, 清水祐樹
    形の科学会誌 17(3) 179-189 2003年03月 査読有り
  • パソコンを使った授業への書き文字の応用
    沓名健一郎, 髙田 宗樹, 平形精一
    書写書道教育研究 17 31-38 2003年03月 査読有り
  • Characteristic changes of sway of center of gravity with advancing age
    Takada, H.,, Kitaoka,Y., Iwase, S., Shimizu, Y., Watanabe, T, Nakayama, M., Miyao, M., Mihashi, K.
    Env. Med. 47(42006) 85-89 2003年 査読有り
  • 重心動揺における幾何学的な指標の物理学的意味
    Takada, H.,, Kitaoka Y.,, Ichikawa, S.,, Miyao, M
    Equiribrium Research 62(3) 168-180 2003年 査読有り
  • Analysis of Sex, Age and disease factors contributing to prolonged life expectancy at birth, in cases of Malignant Neoplasms in Japan
    Watanabe, T., Omori, M., Fukuda, H.,, Takada, H, Miyao, M., Mizuno, Y., Ohsawa, I., Sato, Y., Hasegawa, T.
    J. Epidemiology 13(3) 169-175 2003年 査読有り
  • The number of Autocatalytic Reaction for a System of Oscillating Reaction
    Takada, H.,, Shimizu, Y., Miyao, M.
    FORMA 18(2) 67-82 2003年 査読有り
  • Characteristics on sway of center of gravity with aging
    Takada, H., Omori, M.,, Iwase, S., Kitaoka, Y., Miyao, Y.
    Proceedings of the XVth Triennial Congress of the International Ergonomics Association 7 500-503 2003年 査読有り
  • An Attempt at Preventing Asthenopia Among VDT Workers
    Omori M., Watanabe T., Takai J., Takada H., Miyao M.
    International Journal of Occupational Safety And Ergonomics 9(4) 445-454 2003年 査読有り
  • Verification of Air Temperature Variation with Form of Potential
    Yuuki Shimizu, Hiroki Takada
    forma 16(4) 339-356 2002年03月 査読有り
  • 腹部温罨法が便秘を訴える若年女子の胃電図に及ぼす影響
    河内伸浩, 岩瀬敏, 高田宗樹, 道上大策, 渡邉順子, 前直美
    自律神経 39(5) 433-437 2002年01月 査読有り
  • Visibility and Characteristics of the Mobile Phones for Elderly People
    Omori, M., Watanabe, T., Takai, J.,, Takada, H., Miyao, M.
    Behaviour & Information Technology 21(5) 313-316 2002年 査読有り
  • Influence of death from circulatory disease on life expectancy at birth in Japan
    Watanabe, T., Omori, M., Fukuda, H., Takada, H., Miyao, M., Ohsawa, I., Oshida, Y., Sato, Y., Hasegawa, T.
    J. Epidemiology 12(6) 450-456 2002年 査読有り
  • Mathematical Index and Model in Stabirometly
    Takada, H., Kitaoka, Y., Shimizu, Y.
    FORMA 16(1) 17-46 2001年06月 査読有り
  • 振動反応系における自触媒反応の必要性
    髙田 宗樹, 北岡良之
    形の科学会誌 16(2) 81-91 2001年01月 査読有り
  • 重心動揺の解析1:重心回転における特異角について
    四方絢子, 髙田 宗樹, 森滋夫, 四方義啓
    名古屋大学環境医学研究所年報 48 27-29 1997年03月 査読無し
  • Discovery of ‘perfect left convention’
    髙田 宗樹
    平成7年度文部省委嘱研究「教育上の例外措置に関するパイロット事業」報告書 120-126 1996年 査読無し
  • 王冠現象と変分問題
    髙田 宗樹
    平成6年度文部省委嘱研究「教育上の例外措置に関するパイロット事業」報告書 32-33 1995年 査読無し
  • Statistical analysis on the angle fluctuation of the direction of a single F-actin sliding on the surface-fixed H-meromyosin
    Yoshihiro Shikata, Ayako Shikata, Rieko Shimo, Hiroki Takada, Koshin Mihashi
    Proc. Japan Acad. 70B(7) 117-120 1994年09月 査読有り
  • 第83回日本衛生学術総会(金沢)でのミニシンポジウム「映像技術と衛生学」に関連したミニ特集について
    高田 宗樹;高田 真澄;塩沢 友規
    日本衛生学雑誌 71(1) 1-1 2016年 査読無し
  • 立体映像刺激による映像酔いの生体影響
    松浦 康之;高田 宗樹
    日本衛生学雑誌 71(1) 2-11 2016年 査読有り
    The use of stereoscopic images has been spreading rapidly. Nowadays, stereoscopic movies are nothing new to people. Stereoscopic systems date back to 280 A.D. when Euclid first recognized the concept of depth perception by humans. Despite the increase in the production of three-dimensional (3D) display products and many studies on stereoscopic vision, the effect of stereoscopic vision on the human body has been insufficiently understood. However, symptoms such as eye fatigue and 3D sickness have been the concerns when viewing 3D films for a prolonged period of time; therefore, it is important to consider the safety of viewing virtual 3D contents as a contribution to society. It is generally explained to the public that accommodation and convergence are mismatched during stereoscopic vision and that this is the main reason for the visual fatigue and visually induced motion sickness (VIMS) during 3D viewing. We have devised a method to simultaneously measure lens accommodation and convergence. We used this simultaneous measurement device to characterize 3D vision. Fixation distance was compared between accommodation and convergence during the viewing of 3D films with repeated measurements. Time courses of these fixation distances and their distributions were compared in subjects who viewed 2D and 3D video clips. The results indicated that after 90 s of continuously viewing 3D images, the accommodative power does not correspond to the distance of convergence. In this paper, remarks on methods to measure the severity of motion sickness induced by viewing 3D films are also given. From the epidemiological viewpoint, it is useful to obtain novel knowledge for reduction and/or prevention of VIMS. We should accumulate empirical data on motion sickness, which may contribute to the development of relevant fields in science and technology.
  • Kinesin-1 sorting in axons controls the differential retraction of arbor terminals.
    Seno Takeshi;Ikeno Tatsuki;Mennya Kousuke;Kurishita Masayuki;Sakae Narumi;Sato Makoto;Takada Hiroki;Konishi Yoshiyuki
    Journal of cell science 129(18) 2016年 査読有り
    :The ability of neurons to generate multiple arbor terminals from a single axon is crucial for establishing proper neuronal wiring. Although growth and retraction of arbor terminals are differentially regulated within the axon, the mechanisms by which neurons locally control their structure remain largely unknown. In the present study, we found that the kinesin-1 (Kif5 proteins) head domain (K5H) preferentially marks a subset of arbor terminals. Time-lapse imaging clarified that these arbor terminals were more stable than others, because of a low retraction rate. Local inhibition of kinesin-1 in the arbor terminal by chromophore-assisted light inactivation (CALI) enhanced the retraction rate. The microtubule turnover was locally regulated depending on the length from the branching point to the terminal end, but did not directly correlate with the presence of K5H. By contrast, F-actin signal values in arbor terminals correlated spatiotemporally with K5H, and inhibition of actin turnover prevented retraction. Results from the present study reveal a new system mediated by kinesin-1 sorting in axons that differentially controls stability of arbor terminals.
  • REM睡眠行動障害における筋電図解析
    中野 那津子, 木下 史也, 髙田 宗樹, 中山 明峰
    日本衛生学雑誌 73(1) 2018年 査読有り
    :Polysomnography (PSG), which records physiological phenomena including brain waves, breathing status, and muscle tonus, is useful for the diagnosis of sleep disorders as a gold standard. However, measurement and analysis are complex for several specific sleep disorders, such as rapid eye movement (REM) sleep behavior disorder (RBD). Usually, brain waves during REM sleep indicate an awakening pattern under relaxed conditions of skeletal and antigravity muscles. However, these muscles are activated during REM sleep when patients suffer from RBD. These activated muscle movements during REM, so-called REM without atonia (RWA) recorded by PSG, may be related to a neurodegenerative disease such as Parkinson's disease. Thus, careful analysis of RWA is significant not only physically, but also clinically. Commonly, manual viewing measurement analysis of RWA is time-consuming. Therefore, quantitative studies on RWA are rarely reported. A software program, developed from Microsoft Office Excel®, was used to semiautomatically analyze the RWA ratio extracted from PSG to compare with manual viewing measurement analysis. In addition, a quantitative muscle tonus study was carried out to evaluate the effect of medication on RBD patients. Using this new software program, we were able to analyze RWA on the same cases in approximately 15 min as compared with 60 min in the manual viewing measurement analysis. This software program can not only quantify RWA easily but also identify RWA waves for either phasic or tonic bursts. We consider that this software program will support physicians and scientists in their future research on RBD. We are planning to offer this software program for free to physicians and scientists.
  • 覚醒水準低下時における体平衡制御に関する研究
    森 柚樹, 木下 史也, 髙田 宗樹
    日本衛生学雑誌 73(1) 2018年 査読有り
    OBJECTIVES:Contingent negative variation (CNV) is an event-related potential proportional to vigilance degree. A CNV graph shows an inverted U-shape, and this bioreaction disappears after falling below a threshold of vigilance degree. Previous studies have shown that the event-related potential gained with time decreases with sleep deprivation, and a decrease in the vigilance degree has been confirmed using Flicker values (FV) and the Stanford Sleepiness Scale (SSS) score. The minimum integrated value was recorded 24 h after the onset of sleep deprivation. In a present study, we used 36-h sleep deprivation. The FVs, SSS scores, and stabilograms were obtained every 90 min for 52 h, except for the 12 h of sleep. We herein examine whether the biocontrol system is changed by sleep deprivation.;RESULTS:The time sequences in FV and SSS score showed that the degree of vigilance markedly decreased 22.5 h after the onset of this experiment, which supported CNV disappearance with sleep deprivation. The sway value with subjects' eyes closed was greatest 22.5 h after the onset of this experiment. Furthermore, there were no significant differences between the sway value during the above-mentioned sleep deprivation and that after 12 h of sleep. We considered that the equilibrium function and vigilance after 36-h sleep deprivation did not recover markedly well with sleep of sufficient duration. That is, the biocontrol process in the subconscious still proceeds after awakening.;CONCLUSIONS:In this study, we focused on bioprocessing, especially the equilibrium function, during sleep deprivation and investigated the relationship between the equilibrium function and sleep deprivation. We obtained evidence supporting CNV disappearance after sleep deprivation for 36 h. The equilibrium control system without CNV was compared with that with CNV.
  • 電子書籍使用が前頭前野脳血流におよぼす影響
    杉浦 明弘, 衞藤 拓也, 木下 史也, 髙田 宗樹
    日本衛生学雑誌 73(1) 2018年 査読有り
    OBJECTIVES:By measuring cerebral blood flow in the prefrontal cortex, we aimed to determine how reading a book on a tablet computer affects sleep.;METHODS:Seven students (7 men age range, 21-32 years) participated in this study. In a controlled illuminance environment, the subjects read a novel in printed form or on a tablet computer from any distance. As the subjects were reading, the cerebral blood flow in their prefrontal cortex was measured by near-infrared spectroscopy. The study protocol was as follows. 1) Subjects mentally counted a sequence of numbers for 30 s as a pretest to standardized thinking and then 2) read the novel for 10 min, using the printed book or tablet computer. In step 2), the use of the book or tablet computer was in a random sequence. Subjects rested between the two tasks.;RESULTS:Significantly increased brain activity (increase in regional cerebral blood flow) was observed following reading a novel on a tablet computer compared with that after reading a printed book. Furthermore, the region around Broca's area was more active when reading on a tablet computer than when reading a printed book.;CONCLUSIONS:Considering the results of this study and previous studies on physiological characteristics during nonrapid eye movement sleep, we concluded that reading a book on a tablet computer before the onset of sleep leads to the potential inhibition of sound sleep through mechanisms other than the suppression of melatonin secretion.

著書

  • みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度 2016
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    医学評論社 2015年09月
    978-4-86399-317-4
  • みるみるナーシング 公衆衛生2015
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    医学評論社 2014年09月
    978-4-86399-265-8
  • みるみるナーシング 公衆衛生2014
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    健康と環境、地球環境
    医学評論社 2013年11月
    978-4-86399-219-1
  • Electromyography: New Developments, Procedures and Applications
    Shiozawa, T., 髙田 宗樹, Matsuura, Y., Miyao, M.
    執筆、編集
    Sensor Output Signal Evaluation System for Biofeedback Training and its Apprication
    NOVA Publishers 2012年09月
  • みるみる 公衆衛生2013
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田 宗樹
    執筆、編集
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2012年07月
    978-4-86399-156-9
  • 最先端メディカルエンジニアリング
    髙田 宗樹, 宮尾克
    分担執筆
    バイオフィードバックトレーニングの評価技術とその応用 ~ヘルスケアのための人間工学技術~
    名古屋大学 2012年07月
  • Depth Map and 3D Imaging Applications: Algorithms and Technologies
    髙田 宗樹, Yasuyuki Matsuura, Masaru Miyao
    分担執筆
    Effectiveness of new technology to compose stereoscopic movies
    IGI GLOBAL 2011年11月
    978-1-61350-326-3
  • EMG Methods for Evaluating Muscle and Nerve Function
    髙田 宗樹, Matsuura Y, Shiozawa, T., Miyao, M.
    分担執筆
    Nonlinear analysis for evaluation of age-related muscle performance using surface Electromyography
    InTech 2011年12月
  • 公衆衛生2012
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田 宗樹
    執筆、編集
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2011年09月
    978-4-86399-102-6
  • Virtual and Mixed Reality-New Trends
    Hasegawa, S, Hasegawa, A., Omori, M., Ishio, H., 髙田 宗樹, Miyao, M.
    執筆、編集
    Stereoscopic Vision Induced by Parallax Images on HMD and Its Influence on Visual Functions
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2011年09月
  • Advances in Computaional Biology
    髙田 宗樹, Tomoki Shiozawa, Masaru Miyao, Yasuyuki Matsuura, Masumi Takada
    分担執筆
    Consideration of indices to evaluate age-related muscle performance by using surface electromyography
    Springer 2010年01月
    978-1-4419-5913-3
  • 公衆衛生2011
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2010年08月
    978-4-86399-039-5
  • 公衆衛生2010
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2009年10月
    978-4-87211-967-1
  • Virtual and Mixed Reality
    Fujikake, K., Miyao, M., Watanabe, T., Hasegawa, S., Omori, M.,, 髙田 宗樹
    執筆、編集
    Evaluation of body sway and the relevant dynamics while viewing a three-dimensional movie on a head-mounted display by using stabilograms
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2009年08月
  • Frontiers of Computational Science
    H.Takada
    執筆
    Springer-Verlag 2007年
    3540463739
  • 社会保障と公衆衛生2005
    塩沢友規, 髙田真澄, 髙田 宗樹
    分担執筆
    医学評論社 2004年11月
  • 公衆衛生と社会保障2006
    塩沢友規, 髙田 真澄, 髙田宗樹
    執筆、編集
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2005年10月
  • 公衆衛生と社会保障2007
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    執筆、編集
    医学評論社 2006年11月
  • ロバートソン自律神経学
    髙田 宗樹
    エルゼビア・ジャパン 2007年
    4860348656
  • 公衆衛生と社会保障2008
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田宗樹
    分担執筆
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2007年10月
  • 公衆衛生と社会保障2009
    塩沢友規, 高田真澄, 髙田 宗樹
    分担執筆
    地球環境、水・空気・土壌
    医学評論社 2008年07月
    4872118855

講演・口頭発表等

  • 数理モデルを利用した立体映像視認時における生体影響計測の高精度化について
    木下史也、 高田宗樹
    第88回日本衛生学会学術総会 2018年03月 選考有り
  • 映像中の不確定運動成分が引き起こす姿勢変化
    杉浦明弘、田中邦彦、髙田宗樹
    第88回日本衛生学会学術総会 2018年03月 選考有り
  • 背景ゆれを伴う立体映像視認時における体平衡系の数値解析
    天野直、高田宗樹、木下史也、條野雄介
    MEとサイバネスティクス(MBE) 2017年12月 選考有り
  • 歩行解析から抽出した関節点の動揺解析
    濱田梓之佑,條野雄介,平田隆幸,高田宗樹
    2017年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2017年12月 選考有り
  • 立体映像視認時における脳活動の局所同相性について
    山田航大,條野雄介,平田隆幸,高田宗樹
    2017年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2017年12月 選考有り
  • SDA 法を用いた体平衡機能の評価に関する研究
    山本将太,條野雄介,高田宗樹,平田隆幸
    2017年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2017年12月 選考有り
  • Double-Wayland アルゴリズムを用いた乱数の評価の研究
    田邉絵美華,谷村亨,高田宗樹,平田隆幸
    2017年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2017年12月 選考有り
  • 為替レート時系列を生成する数理モデルの本質的な変数の数の比較
    谷村亨、條野雄介、馬場大智、平田隆幸、高田宗樹
    第83回形の科学シンポジウム 2017年06月 選考有り
  • 瞑想が脳血流分布に及ぼす影響
    馬場大智、高田宗樹、平田隆幸、 條野雄介、谷村亨、御橋廣眞
    第83回形の科学シンポジウム 2017年06月 選考有り
  • ヒト静止立位における姿勢制御の年齢間比較に関する研究
    條野雄介、谷村亨、馬場大智、平田隆幸、高田宗樹
    第83回形の科学シンポジウム 2017年06月 選考有り
  • レム睡眠行動障害におけるRWA解析と治療評価についての検討-筋電図解析ソフト(改良版)を用いたRWA解析-
    中野那津子、梅村佳代、安東カヨコバールドワジ、岡崎涼、西本敏史、福井文子、有馬菜千枝、佐藤慎太郎、高田宗樹、中山明峰
    日本睡眠学会第41回定期学術総会 2016年07月 選考有り
  • 為替レートを生成するダイナミクスの曜日間比較
    谷村亨, 平田隆幸, 高田宗樹
    H28日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2016年11月
  • 運動負荷が胃の電気活動に及ぼす影響
    寺西康平、平田隆幸、高田宗樹
    H28日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2016年11月
  • 睡眠遮断時における座位重心動揺の数値解析
    川崎 真平、 平田 隆幸、 高田 宗樹
    H28日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2016年11月
  • ブルーライト低減時の電子書籍読書による脳血流変化に関する研究
    衞藤拓也,髙田宗樹,杉浦明弘
    平成28年度日本生体医工学会北陸支部大会 2016年12月
  • 立体映像視認の生体影響に関する追従視と周辺視の比較
    館山圭輔,髙田宗樹,木下史也,宮尾克,髙田真澄
    平成28年度日本生体医工学会北陸支部大会 2016年12月
  • 眼球付近の圧力環境が心循環器系に及ぼす影響
    大辻豪護,髙田宗樹,塩沢友規
    平成28年度日本生体医工学会北陸支部大会 2016年12月
  • ヒト静止立位における姿勢制御に関する研究
    條野雄介、高田宗樹
    MEとバイオサイバネティックス研究会 2016年12月
  • 血中アルコール濃度の体平衡機能低下に対する依存性に関する研究1
    森柚樹、木下史也、高田真澄、高田宗樹
    第16回人間福祉学会 2015年10月 選考有り
  • 大腿直筋を対象とするバイオフィードバックトレーニングが脳血流分布に及ぼす影響
    飯田大介、森柚樹、高田真澄、平田隆幸、高田宗樹
    第16回人間福祉学会 2015年10月 選考有り
  • 眼球心臓反射で生じる心拍とストレス指標の時間変化に対する評価
    山形洸二、木下史也、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • Kinect v2を用いた剣道教育支援システムに関する研究
    溝渕礼雄、平田隆幸、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 雪国からの数理教材
    高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 立体映像視聴時の背景揺れが体平衡系に及ぼす影響
    天野直、森祐樹、平田隆幸、高田宗樹
    平成27年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2015年11月 選考有り
  • 自律神経機能検査を用いた立体映像暴露時の生体影響評価
    松浦康之、加藤大翔、森祐樹、木下史也、高石鉄雄、高田宗樹
    第79回形の科学シンポジウム 2015年06月 選考有り
  • 映像中の予測不可運動成分が姿勢変化に与える影響
    杉浦明弘、伊藤唯、太田紫乃、志村美保、田中邦彦、高田宗樹、宮尾克
    第79回形の科学シンポジウム 2015年06月 選考有り
  • アルコール摂取時における重心動揺の数値解析
    森祐樹、木下史也、平田隆幸、高田宗樹
    第80回形の科学シンポジウム 2015年11月 選考有り
  • 姿勢変化時における胃電図とその数理モデル化に関する研究
    木下史也、森祐樹、松浦康之、宮尾克、高田宗樹
    第80回形の科学シンポジウム 2015年11月 選考有り
  • 書写書道教育の視点から見た左利き手書き書字のメカニズム
    沓名健一郎、高田宗樹
    第80回形の科学シンポジウム 2015年11月 選考有り
  • 斜面上における重心制御に関する研究
    柵木明、津町諒太、館山圭輔、森祐樹、平田隆幸、高田宗樹
    平成27年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2015年11月
  • 電子書籍による読書時の脳血流変化に関する研究
    衞藤拓也、高田宗樹、杉浦明弘
    電子情報通信学会MEとサイバネティックス研究会 2015年12月 選考有り
  • アップルWatchを用いた医療ビックデータを利活用するための研究提案
    木下史也、森祐樹、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • アルコール摂取時における小脳表面の脳血流変化
    森祐樹、木下史也、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • NIRSを用いた剣道の攻め入られ時における前頭前野の脳血流の計測
    飯田大介、後藤淳、高田宗樹、平田隆幸
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 剣道の身体運動時における筋電解析
    西畑大輔、高田宗樹、平田隆幸
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 社会性昆虫を用いた群知能によるクラスタリング
    棚橋玄之助、高田宗樹、平田隆幸
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 緩やかな傾斜での重心動揺計測-年齢比較
    柵木明、平田隆幸、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • NIRSを用いた3Dゲーム機が脳血流量に及ぼす影響の検討
    森祐樹、木下史也、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • タブレットPCを用いた読書時の脳血流量変化に関する研究
    衞藤拓也、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 運動負荷が胃電図に及ぼす影響について
    津町諒太、館山圭輔、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 筋活動低下を伴わないREM睡眠(RWA)の量的評価の検討
    今枝卓也、中山明峰、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • カオスを用いた群ロボットの振舞い
    岸下知樹、平田隆幸、高田宗樹
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • テニス指導支援システムに応用するための身体運動計測の検討
    佐藤祐紀、高田宗樹、平田隆幸
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年12月 選考有り
  • 睡眠遮断時における体平衡機能に関する研究
    森祐樹、山口仁志、高田宗樹
    第77回形の科学シンポジウム 2014年06月
  • 無線通信を有した群ロボットによる効率的な探索
    増田善紀,高田宗樹,平田隆幸
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 距離と方向が不完全な情報下での帰巣アルゴリズム
    清水達哉,高田宗樹,平田隆幸
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 剣道面打ち動作時の効率的な身体運用法-竹刀運動の力学モデルからの考察-
    西畑大輔,藤原匡晃,後藤淳,飯田大介,高田宗樹,平田隆幸
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 個性をもたせた群ロボットによる協調行動
    竹下聡亮,高田宗樹,平田隆幸
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 群ロボットによる効率的な探索-カオス時系列を用いた決定論的探索アルゴリズム-
    原翔太,高田宗樹,平田隆幸
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 睡眠遮断時における体平衡機能に関する数値解析
    森柚樹,山口仁志,平田隆幸,高田宗樹
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 立体映像の背景が体平衡系に及ぼす影響
    宮越穏健,平田隆幸,高田宗樹
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 立体映像の視聴時間の長さが体平衡系に及ぼす影響
    宮下功嗣,平田隆幸,高田宗樹
    平成26年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月
  • 遠近感の手がかりが立体映像暴露時の体平衡系に及ぼす影響
    前田佳紀、平田隆幸、高田宗樹
    電子情報通信学会MEとサイバネティックス研究会 2014年12月
  • 傾斜角度の異なる斜面上での重心動揺に関する研究
    福井優太、森祐樹、木下史也、高田宗樹
    電子情報通信学会MEとサイバネティックス研究会 2014年12月
  • 国際的視点に立った福井県における高大連携数理教育の問題点と教材の一例
    高田宗樹、高田知宗
    形の科学会研究会「かたちシューレ」 2015年03月 選考有り
  • NIRSを用いた剣道の攻めにおける脳血流の計測
    後藤淳、飯田大介、高田宗樹、平田隆幸
    日本武道学会第47回大会 2014年09月 選考有り
  • Kinectを用いた剣道支援システムの開発
    飯田大介、後藤淳、高田宗樹、平田隆幸
    日本武道学会第47回大会 2014年09月 選考有り
  • 剣道の攻めとfNIRSを用いた脳血流量計測
    後藤 淳, 飯田 大介, 中嶋 哲也, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    北信越武道学会研究発表 2014年02月 選考無し 0
  • Kinectを用いた剣道の技の自動判別
    飯田 大介, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    北信越武道学会研究発表 2014年02月 選考無し 0
  • 重心動揺検査における姿勢の数理的な検討
    福井優太, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    日本生体医工学会北陸支部 2013年12月 選考有り 一般社団法人 日本生体医工学会 北陸支部
  • 蟻型ロボットのフェロモンルート -フェロモントレースアルゴリズムの学習について-
    清水 達哉, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • 群ロボットによる目標探索における効率的な情報共有
    高田 宗樹, 平田 隆幸, 増田 善紀
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • 超音波距離センサを搭載した自律分散型ロボットの可能性
    竹下 聡亮, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • Kinectで計測した剣道動作の主成分解析
    後藤 淳, 飯田 大介, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • Kinectを用いた剣道の技の自動判別について
    飯田 大介, 後藤 淳, 中嶋 哲也, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • カオスアルゴリズムをつかった目的地探索
    原 翔太, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • 確率微分方程式におけるサロゲート解析を用いた非線形性の検討
    森 柚樹, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第76回形の科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 立体映像視聴時における胃電図への影響
    木下 史也, 松浦 康之, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第76回形の科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 長期為替レートにおける非線形解析
    鈴木 将平, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第76回形の科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 最近の円ドル為替レートの数理モデル
    髙田 宗樹
    第76回形の科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 姿勢変化後における胃電図の数値解析とその数理モデル化に関する研究
    木下 史也, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • 立体映像視聴時における座位重心動揺とその数理モデルに関する研究
    福井 優太, 吉川 一輝, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • 蟻型群ロボットの目的地探索実験におけるローカル通信の可能性
    高井 裕紀, 原 翔太, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考有り 0
  • ZigBeeを搭載した群ロボットを用いた目的探索における集中管理制御と自律分散型制御の比較
    増田 善紀, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考有り 0
  • 群ロボットによるランダムウォークとカオスを使ったターゲット発見実験におけるアルゴリズムの比較
    原 翔太, 高井 裕紀, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考有り 0
  • Kinectセンサによる剣道支援システムの構築-面打ち、小手打ち、胴打ちパターンの認識-
    後藤 淳, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考有り 0
  • 立体映像視聴時における重心動揺の数値解析
    吉川 一輝, 木下 史也, 髙田 宗樹, 宮尾 克
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考無し 0
  • アルコール摂取時における座位重心姿勢動揺パターン
    福井 優太, 谷口 慎一, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考無し 0
  • 立体映像刺激による映像酔いの影響評価
    松浦 康之, 髙田 宗樹
    第75回形の科学シンポジウム 2013年06月 選考無し 0
  • Kinectによる運動計測-剣道への応用-
    後藤 淳, 原田 晋作, 高田 宗樹, 平田 隆幸
    北信越武道学会研究発表会 2013年02月 選考無し 0
  • 加齢が咀嚼・嚥下動作における表面筋電図に及ぼす影響
    谷口 慎一, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    日本生体医工学会北陸支部大会 2012年12月 選考有り 一般社団法人 日本生体医工学会 北陸支部
  • 高齢者の重心動揺を記述する数理モデルとその数値解析
    吉川 一輝, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • 高齢者胃電図を記述する確率微分方程式の数値解析
    木下 史也, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • Kinectセンサによる運動計測
    後藤 淳, 髙田 宗樹, 原田 晋作, 平田 隆幸
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • 竹刀操作における筋肉の使い方 -筋電計測から何がわかるのか?-
    原田 晋作, 後藤 淳, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • サブCPU導入によるメインCPUの負担軽減
    高井 裕紀, 原 翔太, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • 自律分散型群ロボットにおける複数台動作の困難性
    竹下 聡亮, 清水 達哉, 原 翔太, 増田 善紀, 高井 裕紀, 波田 邦彦, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • 方位センサをもつロボットの比率が目的地探索の効率に与える影響
    波田 邦彦, 清水 達哉, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年11月 選考無し 0
  • 加齢が咀嚼・嚥下動作における表面筋電図に及ぼす影響
    谷口慎一, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    日本生体医工学会北陸支部 2012年11月 選考有り 一般社団法人 日本生体医工学会 北陸支部
  • 剣道面打ち動作の多面的計測からみた熟練度
    平田 隆幸, 原田晋作, 髙田 宗樹, 松浦 康之, 砂田 治弥, 横山 清子
    日本武道学会第45回大会 2012年09月 選考有り 0
  • 姿勢変化が高齢者の自律神経機能に及ぼす影響
    木下 史也, 松浦 康之, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第73回形の科学シンポジウム 2012年06月 選考無し 0
  • アルコール摂取時における座位および立位姿勢制御の比較
    谷口 慎一, 雨森 正起, 松浦 康之, 髙田 宗樹
    第73回形の科学シンポジウム 2012年06月 選考無し 0
  • 長時間の立位映像曝露が平衡機能に及ぼす影響
    吉川 一輝, 雨森 正起, 松浦 康之, 平田 隆幸, 髙田 宗樹
    第73回形の科学シンポジウム 2012年06月 選考無し 0
  • 多点同時計測による剣道面打ち運動の解析と熟練度
    原田 晋作, 砂田 治弥, 横山 清子, 松河 剛司, 松浦 康之, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    第73回形の科学シンポジウム 2012年06月 選考有り 0
  • マルチCPU化による群ロボットの処理能力向上の可能性
    高井 裕紀, 波田 邦彦, 髙田 宗樹, 平田 隆幸
    第73回形の科学シンポジウム 2012年06月 選考無し 0
  • Mathematical models in biosignals
    高田宗樹
    明治大学GCOE MASセミナー 2010年06月 選考無し
  • Effects of galvanic vestibular stimulation on statokinesigrams of the elderly
    髙田 宗樹
    第6回加齢工学国際会議 2008年 選考有り 0
  • Indices to Detect Visually Induced Motion Sickness using Stabilometry
    髙田 宗樹
    The First International Symposium on Visually Induced Motion Sickness, Fatigue, and Photosensitive Epileptic Seizures 2007年 選考有り 0
  • Double-Waylandアルゴリズムによって推定される並進誤差のノイズ安定性に関する検討-雑音項を伴ったvan der Pol方程式を用いて-
    髙田 宗樹
    第64回形の科学シンポジウム 2007年 0
  • A Method of Evaluating Mixed Reality of 3-dimensional Movie with Stereo Sound―An Application of Stabilometry
    髙田 宗樹
    Work With Computing System WWCS 2007 2007年 0
  • Galvanic Vestibular Stimulationを与えた際の動揺図にみられる確率共鳴現象に関する理論的考察
    髙田 宗樹
    第17回病態生理学会 2007年 0
  • Galvanic Vestibular Stimulationの印加がポテンシャルの形に及ぼす影響
    髙田 宗樹
    第63回形の科学シンポジウム 2007年 0
  • Evaluation of stability in surface electromyography for skeletal muscles during biofeedback training
    髙田 宗樹
    The 17th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health 2006年 0
  • 重心動揺検査によるメニエル病の早期診断に関する検討2
    髙田 宗樹
    第75回日本衛生学会総会 2006年 0
  • Quantitative Evaluation of Stability in surface Electromyography for Perineal Muscle during Biofeedback Training
    髙田 宗樹
    28th International Congress of Clinical Neurophysiology 2006年 0
  • 大腿直筋筋電図の数理解析とその経年変化
    髙田 宗樹
    第47回日本人間工学会大会 2006年 0
  • 段階的重力負荷が前庭小脳系に及ぼす影響
    髙田 宗樹
    第52回日本宇宙航空環境医学会大会 2006年 0
  • 高齢者における側臥位変換による仙骨部の反応性充血への影響
    髙田 宗樹
    日本看護技術学会第5回学術集会 2006年 0
  • Diagnosis of Decay in Righting Reflex with Advancing Age
    髙田 宗樹
    The 5th Conference on Gerontechnology 2005年 0
  • Applications of Double-Wayland Algorism to Detect Anomalous Signals
    髙田 宗樹
    International Symposium on Frontiers of Computational Science 2005 2005年 0
  • A Trial on Mathematical Comparison with Electromyography for Perineal Muscles in the Incontinent
    髙田 宗樹
    11th International Conference on Human-Computer Interaction 2005年 0
  • To Set Up Standards for New Indices in Stabilometry
    髙田 宗樹
    The 5th International Workshop on Biosignal Interpretation 2005年 0
  • 胃電計により測定した睡眠時胃腸活動の若年女性における分布
    髙田 宗樹
    第82回日本生理学会 2005年 0
  • Double-Waylandテストによって推定される並進誤差のノイズ安定性について
    髙田 宗樹
    計算科学シンポジウム(情報処理学会) 2005年 選考有り 0
  • Characteristics on sway of center of gravity with aging
    髙田 宗樹
    the XVth Triennial Congress of the International Ergonomics Association 2003年 選考有り 0

特許

  • 特許4859035:センサ出力信号評価システム
    H.Takada,T. Shiozawa,M. Miyao,
    特願2007-282733
    特番4859035

受賞

  •  Society for Information Display Distinguished student poster award Comparison of simultaneous measurement of lens accommodation and convergence in natural vision and 3D vision2012年
  •  日本自律神経学会賞(優秀論文賞)基礎部門2007年
  •  奨励賞(形の科学会)2002年
  •  高田賞(日本人間工学会東海支部)2001年
  •  高田賞(日本人間工学会東海支部)2000年

科学研究費補助金

  • 立体映像による眼疲労と3D酔いの原因の特定と対策の確立基盤研究(B)
    名古屋大学
    代表者:宮尾 克 2014年度
  • 映像視聴時の臨場感と酔いの関連性の解明基盤研究(C)
    岐阜医療科学大学
    代表者:杉浦明弘 2015年度
  • 立体映像視認時における周辺視が生体に及ぼす影響に関する実証研究基盤研究(C)
    福井大学
    代表者:高田 宗樹 2015年度
  • 立体映像視認時における周辺視が生体に及ぼす影響に関する実証研究基盤研究(C)
    福井大学
    代表者:高田 宗樹 2016年度
  • 立体映像視認時における周辺視が生体に及ぼす影響に関する実証研究基盤研究(C)
    福井大学
    代表者:高田 宗樹 2014年度
  • 立体映像の長時間曝露が生体に及ぼす影響に関する調査研究若手研究(B)
    福井大学
    代表者:髙田 宗樹 2013年度
  • 立体映像の長時間曝露が生体に及ぼす影響に関する調査研究若手研究(B)
    福井大学
    代表者:髙田 宗樹 2012年度
  • 立体映像の長時間曝露が生体に及ぼす影響に関する調査研究若手研究(B)
    福井大学
    代表者:髙田 宗樹 2011年度
  • バイオフィードバックによる高齢者の骨盤底筋群トレーニングに関する研究萌芽研究
    青山学院大学
     2005年度
  • 体平衡系の数理モデル化に基づいた立体映像酔いを誘発する視野領域の特定に関する研究基盤研究(C)
    福井大学
    代表者:高田 宗樹 2017年度

教育活動情報

担当授業

  • 応用基礎数学
  • 認知情報科学
  • 知能システム工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 知能システム工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 非線形システム論