松本 英樹

所属部署名国際社会医学講座 放射線基礎医学
教員組織国際社会医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名准教授
更新日: 19/07/23 18:47

研究者基本情報

氏名

    松本 英樹
    マツモト ヒデキ
    MATSUMOTO Hideki

所属

  •  国際社会医学講座 放射線基礎医学 准教授

学歴

  • - 1980年神戸大学 生物学
  • - 1978年愛媛大学 生物学科

学位

  • 医学博士
  • 理学修士

経歴

  • 1980-1994 奈良県立医科大学第一解剖学教室 助手 1994-1995 奈良県立医科大学生物学教室 助手 1995- 奈良県立医科大学生物学教室 講師 1995- 福井医科大学放射線基礎医学教室 助教授 1997 京都大学胸部疾患研究所環境生態学部門人間環境学 客員助教授

所属学協会

    日本放射線影響学会 その他,日本放射線影響学会 その他,日本ハイパーサーミア学会 監事,日本放射線影響学会 その他,日本放射線影響学会 副理事長,日本放射線影響学会 その他,日本放射線影響学会 評議員,日本ハイパーサーミア学会 評議員,日本ハイパーサーミア学会 編集委員,日本放射線影響学会 編集委員,放射線生物研究会 編集委員,日本ハイパーサーミア学会 その他,

研究活動情報

論文

  • Suppression of poly(rC)-binding protein 4 (PCBP4) reduced cisplatin resistance in human maxillary cancer cells
    Ito Y, Narita N, Nomi N, Sugimoto C, Takabayashi T, Yamada T, Karaya K, Matsumoto H, Fujieda S.
    Sci Rep 5 12360 2015年07月 査読有り
  • Nitric oxide-mediated bystander signal transduction induced by heavy-ion microbeam irradiation.
    Tomita M, Matsumoto H, Funayama T, Yokota Y, Otsuka K, Maeda M, Kobayashi Y.
    Life Sci Space Res 6 36-43 2015年07月 査読有り
  • Relative biological effectiveness of therapeutic proton beams for HSG cells at Japanese proton therapy facilities
    M. Aoki-Nakano, Y. Furusawa, A. Uzawa, Y. Mastumoto, R. Hirayama, C. Tsuruoka, T. Ogino, T. Nishio, K. Kagawa, M. Murakami, G. Kagiya, K. Kume, M. Hatashita, S. Fukuda, K. Yamamoto, H. Fuji, S. Murayama, M. Hata, T. Sakae, H. Matsumoto
    J Radiat Res 55(4) 812-5 2014年07月 査読有り
  • X-ray-induced bystander responses reduce spontaneous mutations in v79 cells
    M. Maeda, K. Kobayashi, H. Matsumoto, N. Usami, M. Tomita
    Journal of Radiation Research 54(6) 1043-1049 2013年11月 査読有り
  • Ionizing radiation leads to the replacement and de novo production of colonic lgr5+ stem cells
    K. Otsuka, N. Hamada, J. Magae, H. Matsumoto, Y. Hoshi, T. Iwasaki
    Radiation Research 179(6) 637-649 2013年06月 査読有り
  • Dose response of soft x-ray-induced bystander cell killing affected by p53 status
    M. Tomita, M. Maeda, K. Kobayashi, H. Matsumoto
    Radiation Research 179(2) 200-207 2013年02月 査読有り
  • 放射線誘発バイスタンダー応答による適応応答の誘導機構の解明
    松本 英樹, 冨田 雅典, 大塚 健介, 小林 純也
    京都大学放射線生物研究センター年報 2011 81-82 2012年07月 査読無し
  • 原発事故による緊急被ばくに対する救急処置薬の開発
    松本 英樹
    ケミカルエンジニアリング 57(6) 42009 2012年06月 査読無し
  • The combination of olaparib and camptothecin for effective radiosensitization
    K. Miura, K. Sakata, M. Someya, Y. Matsumoto, H. Matsumoto, A. Takahashi, M. Hareyama
    Radiation Oncology 7 62 2012年04月 査読有り
  • Mechanisms for the contributions of bystander effects to the responses induced by low dose/low dose rate radiation
    H. Matsumoto, M. Hatashita, M. Tomita, K. Otsuka, M. Maeda, T. Funayama, T. Sakashita, Y. Kobayashi
    高崎量子応用研究所研究年報2010 2012年01月 査読無し
  • Analysis of bystander cell signaling pathway activated by heavy ion-microbeam Ⅱ
    M. Tomita, H. Matsumoto, K. Otsuka, M. Maeda, T. Funayama, Y. Yokota, Y. Mutou, T. Sakashita, Y. Kobayashi
    高崎量子応用研究所研究年報2010 2012年01月 査読無し
  • Nitric oxide is a key molecule serving as a bridge between radiation-induced bystander and adaptive responses
    H. Matsumoto, M. Tomita, K. Otsuka, M. Hatashita, N. Hamada
    Curr Mol Pharmacol 4(2) 126-34 2011年06月 査読有り
  • 陽子線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明-それによるがん細胞死の促進機構の解明-
    松本 英樹, 畑下 昌範
    若狭湾エネルギー研究センター年報 平成22年度 13 41 2011年01月 査読無し
  • 放射線誘発バイスタンダー応答による適応応答の誘導機構の解明
    松本 英樹, 冨田 雅典, 大塚 健介, 小林 純也
    京都大学放射線生物研究センター年報 2010年 72 2011年01月 査読無し
  • Suppression of hitone deacetylase 3 (HDAC3) enhances apoptosis induced by paclitaxel in human maxillary cancer cells in vitro in vivo
    N.Narita, S.Fujieda, Y.Kimura, Y.Ito, Y.Imoto, K.Ogi, N.Takahashi, T.Tanaka, H.Tsuzuki, T.Yamada, H.Matsumoto
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 396(2) 310-6 2010年05月 査読有り
  • Molecular chaperone inducers facilitate the functional restoration of temperature-sensitive mutant p53 protein
    D.Kawashima, M.Soga, R.Takeuchi, H.Matsumoto, K.Ohtsuka
    Thermal Medicine 26(1) 42021 2010年01月 査読有り
  • 日本ハイパーサーミア学会第26回大会印象記
    松本 英樹
    Isotope News 18-19 2010年01月 査読無し
  • Analysis of molecular mechanisms for radiation-induced bystander effects using heavy ion microbeams
    H.Matsumoto, M.Hatashita, M.Tomita, K.Otsuka, T.Funayama, T.Sakashita, N.Hamada, Y.Kobayashi
    高崎量子応用研究所研究年報2008 2009年12月 査読無し
  • A new paradigm in radioadaptive response developing from microbeam research
    H.Matsumoto, M.Tomita, K.Otsuka, M.Hatashita
    J Radiat Res 50(Suppl.) A67-A79 2009年09月 査読有り
  • がん温熱科学療法の増感メカニズムの再考
    松本 英樹
    福岡医学雑誌 100(4) 95-103 2009年04月 査読有り
  • A new paradigm in radioadaptive response developing from microbeam research
    H.Matsumoto, M.Tomita, K.Otsuka, M.Hatashita
    J Radiat Res 50(Suppl.) A67-A79 2009年04月 査読有り
  • 低線量/低線量率宇宙粒子放射線に対する細胞応答の機構解明
    松本 英樹, 畑下 昌範
    公募型共同研究成果報告書 2009年03月 査読無し
  • Thermosensitization by parthenolide in human lung adenocarcinoma A549 cells and p53- and hsp72-independent apoptosis induction via the nuclear factor-κB signal pathway
    S.Hayashi, M.Hatashita, A.Hayashi, H.Matsumoto, H.Shioura, R.Kitai
    Int J Mol Med 21(5) 585-592 2008年04月 査読有り
  • Revisiting sensitization mechanisms in cancer thermochemotherapy:does the production of radicals hold the key to sensitization?
    H.Matsumoto
    Thermal Medicine 24(1) 13-25 2008年03月 査読有り
  • Hdm2 and nitric oxide radicals contribute to the p53-dependent radioadaptive response
    A.Takahashi, H.Matsumoto, T.Ohnishi
    Int J Radiat Oncol Biol Phys 71(2) 550-558 2008年03月 査読有り
  • バイスタンダー効果と放射線適応応答におけるNOラジカルの役割
    松本 英樹
    フォトンファクトリー研究会 マイクロビーム細胞照射装置を用いた放射線に対する細胞応答に関するワークショップ 2008年02月 査読無し
  • Nitric oxide radicals choreograph a radioadaptive response
    H.Matsumoto, A.Takahashi, T.Ohnisi
    Cancer Research 67(18) 8574-8579 2007年09月 査読有り
  • Intercellular and intracellular signaling pathways mediating ionizing radiation-induced bystander effects
    N.Hamada, H.Matsumoto, T.Hara, Y.Kobayashi
    J Radiat Res 48 87-95 2007年03月 査読有り
  • Vanguards of paradigm shift in radiation biology: Radiation-induced adaptive and bystander responses
    H.Matsumoto, N.Hamada, A.Takahashi, Y.Kobayashi, T.Ohnishi
    J Radiat Res 48 97-106 2007年03月 査読有り
  • 腫瘍細胞の放射線応答へのNOラジカルの関与
    松本 英樹
    第6回重粒子医科学センターシンポジウム 放射線がん治療を支える基礎研究 2007年03月 査読無し
  • Primary central nervous system lymphoma secretes monocyte chemoattractant protein 1
    R.Kitai, K.Ishisaka, K.Sato, T.Sakuma, T.Yamauchi, Y.Imamura, H.Matsumoto, T.Kubota
    Med Mol Morphol 40(1) 18-22 2007年03月 査読有り
  • アジアハイパーサーミア腫瘍学会第4回大会および日本ハイパーサーミア学会第23回大会合同大会に参加して
    松本 英樹
    放射線生物研究 2006年12月 査読無し
  • Enhancement of radiosensitivity by topoisomerase II inhibitor, amrubicin and amrubicinol, in human lung adenocarcinoma A549 cells and kinetics of apoptosis and necrosis induction
    S.Hayashi, M.Hatashita, H.Matsumoto, H.Shioura, R.Kitai, E.Kano
    Int J Mol Med 18(5) 909-915 2006年09月 査読有り
  • 細胞の放射線応答研究の新展開-放射線生物学に残された課題:放射線適応応答とバイスタンダー効果-
    松本 英樹
    放射線と産業111 2006年09月 査読無し
  • Enhancement of apoptosis by nitric oxide released from α-phenyl-tert-butyl nitrone under hyperthemic conditions
    Cui, Z.-G., Kondo, T., Matsumoto, H.
    J. Cell. Physiol. 206(2) 468-476 2006年02月 査読有り
  • 頭頸部癌におけるHDAC3抑制による分子標的増感治療
    成田 憲彦, 藤枝 重治, 松本 英樹
    放射線生物研究, 41(-2) 198-206, 2006年02月 査読無し
  • 放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の関与
    松本英樹, 立花章
    放射線生物研究センター年報2004 52-53 2005年12月 査読無し
  • Inhibition of histone deacetylase 3 stimulates apoptosis induced by heat shock under acidic conditions in human maxillary cancer
    Narita, N., Fujieda, S., Tokuriki, M., Takahashi, N., Tsuzuki, H., Ohtsubo, T., H.Matsumoto
    Oncogene 24(49) 7346-7354 2005年11月 査読有り
  • Modification of thermosensitivity by amrubicin or amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells and the kinetics of apoptosis and necrosis induction
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Zhao-Hui, Jin., Shioura, H., Kano, E
    International Journal of Molecular Medicine 16(3) 381-387 2005年09月 査読有り
  • Apoptosis induced by hight-LET radiations is not affected by cellular p53 gene status
    Takahashi, A., Matsumoto, H., Furusawa, Y., Ohnishi, K., Ishioka, N., Ohnishi, T.
    Int. J. Radiat. Biol. 81(8) 581-586 2005年08月 査読有り
  • 重粒子線癌治療におけるNOラジカルの役割
    松本英樹, 林幸子, 畑下昌範, 大西武雄, 古澤佳也
    平成16年度放射線医学総合研究所HIMAC共同利用研究報告書 184-186 2005年04月 査読無し
  • Molecular Mechanisms for Radiation-induced Bystander Effects
    Matsumoto, H., Hatashita, M., Takahashi, A., Kobayashi, Y., Funayama, T., Wada, S., Sakashita, T.
    TIARA Annual Report 2004 121-123 2005年01月 査読無し
  • がん温熱化学療法の増感メカニズムの再考―ラジカル産生が増感効果の鍵を握る?―
    松本英樹
    放射線生物研究 40 117-135 2005年 査読無し
  • Evidence for the involvement of double-strand breaks in heat-induced cell killing
    Takahashi, A., Matsumoto, H., Nagayama, K., Kitano, M, Hirose, S., Tanaka, H, Mori, E., Yamakawa, N., Yasumoto, J., Yuki, K., Ohnishi, K., Ohnishi, T.
    Cancer Res 64(24) 8839-8845 2004年12月 査読有り
  • Radiation-Induced Adaptive Responses and Bystander Effects
    Matsumoto, H., Takahashi, A., Ohnishi, T.
    Biol. Sci. Space 18(4) 247-254 2004年12月 査読無し
  • Radiation-induced Bystander Effect
    松本英樹
    癌の臨床 50(13) 1075-1079 2004年12月 査読無し
  • 放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の関与
    松本英樹, 立花 章
    放射線生物研究センター年報 2003 54-55 2004年12月 査読無し
  • p53-independent thermosensitization by mitomycin C in human non-small-cell lung cancer Cells
    Jin, Z.H., Matsumoto, H., Hayashi, S., Hatashita, M., Ohtsubo, T., Shioura, H., Kitai, R., Kano, E.
    Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys 59(3) 852-860 2004年07月 査読有り
  • p53の遺伝子型からみたがん細胞の炭素線感受性
    高橋昭久, 大西武雄, 松本英樹
    HIMAC10年の歩み -HIMAC10周年記念 研究成果要覧- 131-135 2004年07月 査読無し
  • High-LET radiation enhanced apoptosis but not necrosis regardless of p53 status
    Takahashi, A., Matsumoto, H., Yuki, K., Masumoto, J., Kajiwara, A., Aoki, M., Furusawa, Y., Ohnishi, K., Ohnishi, T.
    Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys 60(2) 591-597 2004年01月 査読有り
  • 重粒子線癌治療におけるNOラジカルの役割
    松本英樹, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範, 加納永一, 大西武雄, 古澤佳也
    平成14年度放射線医学総合研究所報告書 2003年 査読無し
  • Antiangiogenic hypoxic cytotoxin TX-402 inhibits hypoxia-inducible factor 1 signaling pathway
    Nagasawa, H., Mikamo, N., Nakajima, Y., Matsumoto, H., Uto, Y., Hori, H.
    Anticancer Research 23 4427-4434 2003年 査読有り
  • p53-dependent hyperthermic enhancement of tumour growth inhibition by X-ray or carbon-ion beam irradiation
    Takahashi, A., Ota, I., Tamamoto, T., Asakawa, I., Nagata, Y., Nakagawa, H., Kondo, N., Ohnishi, K., Furusawa, Y., Matsumoto, H., Ohnishi, T.
    International Journal of Hyperthermia 19 145-153 2003年 査読有り
  • Indirect influences of radiation on unirradiated cells through irradiated cells
    Matsumoto, H., Ohnishi, T.
    Biological Sciencies in Space 17 257-258 2003年 査読有り
  • 放射線誘発NOラジカルによるバイスタンダー効果の分子機構
    松本英樹, 立花 章
    平成14年度京都大学放射線生物研究センター共同利用報告書 2003年 査読無し
  • p53
    松本英樹
    癌の臨床 49(12) 1519-1523 2003年 査読無し
  • 粒子線誘発バイスタンダー効果とそのメカニズム
    松本英樹
    Proceedings of the Special Talks in 2003 Colloquia of BESTEN (BEam Science & Technology for an Emergent Network) 2003年 査読無し
  • Effects of combined treatment with 40℃ hyperthermia and bleomycin on the accumulation of heat shock protein in murine L cells
    ZH.Jin, H.Shioura, E.Kano, S.Hayashi, M.Hatashita, H.Matsumoto, T.Ohtsubo
    Int J Oncol 20 137-142 2002年 査読有り
  • Induction of radioresistance to accelerated carbon-ion beams in recipient cells by nitric oxide excreted from irradiated donor cells of human glioblastoma
    H.Matsumoto, S.Hayashi, M.Hatashita, H.Shioura, T.Ohtsubo, R.Kitai, T.Ohnishi, O.Yukawa, Y.Furusawa, E.Kano
    Int J Radiat Biol 76(12) 1649-1657 2000年12月 査読有り
  • Nitric oxide is an initiator of intercellular signal transduction for stress response after hyperthermia in mutant p53 cells of human glioblastoma
    H.Matsumoto, S.Hayashi, M.Hatashita, K.Ohnishi, T.Ohtubo, R.Kitai, H.Shioura, T.Ohnishi, E.Kano
    Cancer Res 59(13) 3239-3244 1999年07月 査読有り
  • Thermosensitivity, incidence of apoptosis and accumulations of hsp72 and p53 proteins of murine L cells in wild type status of p53 gene
    S.Hayashi, E.Kano, H.Matsumoto, M.Hatashita, T.Ohtsubo, T.Nishida, H.Shioura, R.Kitai
    J Exp Clin Cancer Res 18(2) 181-189 1999年06月 査読有り
  • Intracellular signaling initiated by nitric oxide produced in heat-shocked human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, T.Ohnishi, H.Shioura, T.Ohtubo, R.Kitai, T.Ohnishi, E.Kano
    Nitric Oxide Biology and Chemistry 3(2) 180-189 1999年 査読有り
  • Sensitization to hyperthermia by intracellular acidification of C6 glioma cells
    R.Kitai, M.Kabuto, T.Kubota, H.Kobayashi, H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtubo, K.Katayama, E.Kano
    J Neurooncology 39(3) 197-203 1998年09月 査読有り
  • Suppression of heat-induced HSF activation by CDDP in human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtsubo, R.Kitai, K.Ohnishi, N.Hayashi, T.Ohnishi, E.Kano
    Int J Radiat Oncol Biol Phys 41(4) 915-920 1998年07月 査読有り
  • Suppression of heat-induced p53 accumulation and activation by CDDP or x-rays in human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtsubo, R.Kitai, K.Ohnishi, N.Hayashi, T.Ohnishi, E.Kano
    Int J Oncol 13(4) 741-747 1998年01月 査読有り
  • In vitro effects of hyperthermia combined with cisplatin or peplomycin on the human maxillary carcinoma cell line IMC-2
    T.Ohtsubo, H.Saito, H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, R.Kitai, T.Saito, E.Kano
    Int J Hyperthermia 13(1) 59-67 1997年01月 査読有り

著書

  • 新版 放射線医科学 ―生体と放射線・電磁波・超音波―
    松本英樹
    編集
    医療科学社 2016年10月
  • 低線量・低線量率放射線による生物影響発現
    大西武雄, 松本英樹, 小松賢志
    執筆、編集
    放射線誘発バイスタンダー効果
    (株)アイプリコム 2003年02月
  • 低線量・低線量率放射線による生物影響発現
    大西武雄, 松本英樹, 小松賢志
    執筆、編集
    (株)アイプリコム 2003年02月
  • 放射線医科学―生体と放射線・電磁波・超音波―
    大西 武雄, 近藤 隆, 平岡 真寛, 松本 英樹, 宮川 清, 宮越 順二
    執筆、編集
    放射線による情報伝達の変化
    学会出版センター 2007年03月
  • 放射線医科学―生体と放射線・電磁波・超音波―
    大西 武雄, 近藤 隆, 平岡 真寛, 松本 英樹, 宮川 清, 宮越 順二
    執筆、編集
    学会出版センター 2007年03月
  • ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック
    松本 英樹
    執筆、編集
    温熱による細胞死とその解析
    毎日健康サロン 2008年03月
  • がんの温熱免疫療法
    松本 英樹, 近藤 隆
    執筆、編集
    細胞レベルでの温熱の作用
    診断と治療社 2008年09月
  • An Emergency Plan That Could Save Thousands Based on Experiences of Hiroshima and Nagasaki
    ノーマン・エンディ, 松本 英樹
    共同編集、分担執筆
    何千人もの命を救い得る緊急被ばく時の医療プラン-広島と長崎の経験に基づいて-
    Amazon Service International, Inc 2012年04月
    1479206326
  • Cellular Response to Physical Stress and Therapeutic Applications
    H. Matsumoto
    執筆、編集
    Nitric oxide-mediated signal transduction induced by ionizing radiation
    Nova Science Publishers, Inc. 2013年
    978-1-62808-918-9

講演・口頭発表等

  • マイクロビーム放射線研究が解き明かすバイスタンダー応答の生理的な意義
    前田 宗利 ・ 松本 英樹 ・ 小林 克己 ・ 冨田 雅典
    日本放射線影響学会 第60回大会 2017年10月
  • マイクロビーム生物学による放射線生物学のパラダイムシフト~課題と展望~
    松本 英樹
    日本放射線影響学会 第60回大会 2017年10月
  • 福井大学医学部における放射線基礎医学の新たなコア・カリキュラム ~生体と放射線・電磁波・超音波~
    松本 英樹
    日本放射線影響学会 第60回大会 2017年10月
  • 「進行がん」を「慢性疾患」に
    松本 英樹
    日本ハイパーサーミア学会 第34回大会 2017年90月
  • 重粒子線がん治療における低線量被ばくによる正常組織幹細胞の動態解明
    松本 英樹
    平成28年度HIMAC共同利用研究成果発表会 2017年04月
  • 重粒子線がん治療における低線量被ばくによる正常組織幹細胞の動態解明
    松本 英樹
    平成26年度HIMAC共同利用研究成果発表会 2015年04月 選考無し
  • 陽子線とX線を併用した混合放射線療法の確立に向けた細胞生物学的検討.
    前田宗利、玉村裕保、松本英樹、高松繁行、久米恭、伊東富由美、佐々木誠、山本和高
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • ヒト培養細胞への陽子線照射で生じた HPRT 遺伝子座における突然変異スペクトル
    畑下昌範、高城啓一、久米恭、鍵谷豪、松本英樹
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • がん細胞の放射線応答における転写調節因子 Id1 の役割.
    安井博宣、竹内麻依、山盛徹、松本英樹、高橋昭久、稲波修
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • マウス骨髄幹細胞の炭素線および陽子線感受性.
    松本英樹、前田宗利、久米恭、平山亮一、鵜澤玲子、古澤佳也
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • マイクロビームを用いた細胞局所応答の解析とがん治療への応用
    前田宗利、冨田雅典、松本英樹、宇佐美徳子、久米恭、伊東富由美、小林克己
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • 放射線適応応答研究から緊急被ばく救命処置薬開発への展開.
    松本英樹
    日本放射線影響学会第59回大会 2016年10月
  • Nitric oxide-mediated bystander responses induced by physical stress protect cells against its damage.
    Matsumoto H
    International Congress for Hyperthermic Oncology 2016年04月
    アジアハイパーサーミア学会学会賞受賞講演
  • Suppression of the mutagenesis in bystander cells caused by selective cell killing via nitric oxide-mediated bystander response.
    Maeda M, Kobayashi K, Matsumoto H, Usami N, Tomita M.
    The 12 th International Workshop on Microbeam Probes of Cellular Radiation Response. 2015年05月
  • Biological implications of the low-LET photon-induced bystander responses.
    Tomita M, Maeda M, Matsumoto H, Usami N, Kobayashi K.
    The 12 th International Workshop on Microbeam Probes of Cellular Radiation Response. 2015年05月
  • A multitudinous development of microbeam radiation research in Japan.
    Matsumoto H, Tomita M, Maeda M, Hatashita M, Funayama T, Yokota Y, Kobayashi Y, Hirayama R, Konishi T.
    The 15th International Congress of Radiation Research (ICRR 2015) 2015年05月
  • Radiation-induced advantageous bystander effects and adaptive responses
    Matsumoto, H.
    The 2nd International Symposium on Biomedical Research Using Accelerator Technology. Analyses of Cellular Responses to Heavy Ions. 2005年11月
  • 放射線誘発バイスタンダー効果
    松本英樹
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議. マイクロビームによる放射線生物学の展開 2005年11月
  • 細胞間隙信号伝達(GJIC)とバイスタンダー効果
    邵春林, プライスケビン, 古澤佳也, 小林泰彦, 松本英樹
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議. マイクロビームによる放射線生物学の展開 2005年11月
  • Possibility of synergism on biological effects of space radiations under microgravity environment
    Ohnishi, T., Takahashi, A., Matsumoto, H., Ohnishi, K.
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議. Synergistic effects of space radiation and other factors 2005年11月
  • プロトンビーム照射による血管新生制御因子誘導のp53依存的制御
    畑下昌範, 高城啓一, 田中良和, 遠藤伸之, 鍵谷豪, 久米恭, 福田茂一, 林幸子, 松本英樹
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議 2005年11月
  • ヒト肺癌A549細胞におけるanthracyclin誘導物質Amrubicinの温熱増感効果
    林幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 塩浦宏樹
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議 2005年11月
  • Radiation-induced advantageous bystander effect and adaptive response through NO radical generations
    Matsumoto, H., Ohnishi, T.
    International Symposium on Low-Dose Radiation Exposures and Bio-Defense System. Radiation Exposures and Bio-Defense. 2005年09月
  • ストレス応答におけるNOラジカルの役割
    松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第22回大会. ストレスと生体応答 2005年09月
  • 放射線誘発適応応答へのNOラジカルの寄与
    松本英樹, 林 幸子, 畑下昌範
    第64回日本癌学会学術総会. 温熱療法他 2005年09月
  • NOラジカル発生剤によるp53非依存的温熱化学増感効果のメカニズム
    松本英樹, 中村加奈子, 野々垣禅, 三宅暁夫, 林幸子, 畑下昌範
    日本ハイパーサーミア学会第22回大会. 温熱増感 2005年09月
  • 低および高LET放射線低線量照射による放射線適応応答の誘導
    松本英樹
    第35回放射線による制癌シンポジウム・第44回日本医学放射線学会生物部会学術大会. 放射線感受性 2005年07月
  • NOラジカル発生剤によるp53非依存的温熱化学増感効果のメカニズム
    松本英樹, 中村加奈子, 野々垣禅, 三宅暁夫, 林幸子, 畑下昌範
    第21回東海ハイパーサーミア懇話会・第6回北陸高温度療法研究会合同研究会および講習会 2005年07月
  • ヒト肺癌A549細胞におけるAmrubicinol併用による温熱増感効果及びApoptosis誘導動態
    林 幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 金朝暉, 塩浦宏樹
    第7回関西ハイパーサーミア研究会・第13回高温度療法臨床研究会合同研究会 2005年06月
  • 重粒子線癌治療におけるNOラジカルの役割
    松本英樹, 林幸子, 畑下昌範, 大西武雄, 古澤佳也
    平成16年度HIMAC共同利用研究成果発表会 2005年04月
  • 抗酸化物質α-phenyl-tert-butyl nitroneによる温熱誘発アポトーシスの増強
    崔 正国, 近藤 隆, 松本英樹
    第7回癌治療増感研究シンポジウム.癌化学療法と温熱療法 2005年02月
  • 狭心症治療薬「硝酸イソソルビド」による温熱増感効果
    松本英樹, 林 幸子, 畑下昌範
    第7回癌治療増感研究シンポジウム.癌化学療法と温熱療法 2005年02月
  • Modification of thermosensitivity by amrubicin or amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells and its mechanism
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Jin, Z.H., Shioura, H., Kano, E.
    10th World Congress on Advances in Oncology and 8th International Symposium on Molecular Medicine.  2005年01月
  • 放射線誘発適応応答へのNOラジカルを介したバイスタンダー効果の寄与
    松本英樹, 林 幸子, 畑下昌範, 大西武雄, 立花 章
    日本放射線影響学会第47回大会 2004年11月
  • 温熱誘導細胞死のトリガーとしてのDNA二本鎖切断に関する証拠
    高橋昭久, 松本英樹, 大西 健, 大西武雄
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会,温熱の標的は何か? 2004年09月
  • ヌードマウス移植腫瘍における狭心症治療薬によるp53非依存的温熱増感効果
    松本英樹, 林 幸子, 畑下昌範, 金 朝暉
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会,温熱の標的は何か? 2004年09月
  • 放射線適応応答誘導へのNOラジカルの寄与
    松本英樹, 畑下昌範, 林 幸子, 金 朝暉
    第63回日本癌学会学術総会.放射線感受性 2004年09月
  • 狭心症治療薬によるp53非依存的温熱増感効果
    朝日智子, 田中悠二, 棚橋伊織, 吉田和世, 松本英樹, 林 幸子, 畑下昌範, 金 朝暉
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会 2004年09月
  • 温熱誘発アポトーシスにおける血α-phenyl-tert-butyl nitroneの増強
    崔 正国, 近藤 隆, 松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会 2004年09月
  • 温熱による細胞死の決定因子としてのDNA二本鎖切断
    高橋昭久, 松本英樹, 大西 健, 大西武雄
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月
  • Contribution of Nitric Oxide-Mediated Bystander Effect to Radiation-Induced Adaptive Response
    Matsumoto, H.
    BSR2004 The 8th International Conference on Biology and Synchrotron Radiation. Radiation Biology Symposium 2004年09月
  • ヒト肺癌A549細胞におけるamrubicinolによる温熱増感効果及びapoptosis誘導動態
    林 幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 金 朝暉, 塩浦宏樹
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会 2004年09月
  • Contribution of Nitric Oxide-Mediated Bystander Effect to Radiation-Induced Adaptive Response
    Matsumoto, H.
    International Workshop on Biological Responses to Low Dose Radiation 2004年08月
  • 温熱化学療法の基礎-狭心症治療薬による温熱増感作用-
    松本英樹
    第20回東海ハイパーサーミア懇話会・第5回北陸高温度療法研究会合同研究会および講習会.特別企画 加納永一名誉教授追悼・ハイパーサーミア講習会 -温熱化学療法の基礎と臨床- 2004年07月
  • グリセロールによる温熱誘発iNOSおよびHsp72蓄積誘導の抑制
    松本英樹
    第20回東海ハイパーサーミア懇話会・第5回北陸高温度療法研究会・合同研究会および講習会 2004年07月
  • 放射線誘発バイスタンダー効果の分子メカニズム
    松本英樹, 畑下昌範, 高橋昭久, 小林泰彦, 舟山知夫, 和田成一, 坂下哲哉
    第13回TIARA研究発表会.重イオンマイクロビームが拓く生命科学・バイオ技術 2004年06月
  • Heat-induced nitric oxide initiates thermosensitization through bystander process
    Matsumoto, H., Ohnishi, T.
    The Kadota Fund International Forum 2004. Applications of the Thermal Stress for the Improvement of Health. Basical Research (4) 2004年06月
  • 可逆的p53阻害作用を有する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計
    宇都義浩, 東 淳哉, 井関小百合, 貝谷梨紗, 永沢秀子, 堀 均, 松本英樹
    癌治療増感研究会第10回大会.低酸素細胞をターゲットとした診断と治療 2004年05月
  • Induction of radio-or thermo-resistance by nitric oxide-mediated bystander effect
    Matsumoto, H., Hayashi, S., Hatashita, M., Ohnishi, T.
    The 3rd International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide 2004年05月
  • p53-independent thermosensitization by nitric oxide-generating agent in human NSCLC cells in vitro and in vivo
    Matsumoto, H., Takahashi, K., Matsudaira, C., Yamada, N., Hayashi, S., Hatashita, M.
    The 9th International Congress on Hyperthermic Oncology. Radiosensitization by Moderate and Acute Hyperthermia Symposium 2004年04月
  • DNA strand breaks by heat
    Takahashi, A., Ohnishi, K., Ohnishi, T., Matsumoto, H.
    The 9th International Congress on Hyperthermic Oncology. Heat shock Factor in Biological Systems Workshop 2004年04月
  • 粒子線誘発バイスタンダー効果とそのメカニズム
    松本英樹
    BEam Science and Technology for a Emergent Network (BESTEN)研究会.放射線と物質、特に生体組織の相互作用 2003年11月
  • 肺癌放射線治療における亜硝酸薬による放射線応答の修飾
    塩浦宏樹, 吉田正徳, 村松樹里亜, 伊藤春海, 松本英樹, 加納永一, 丸山市郎, 山本和高
    日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 2003年11月
  • HADC3をターゲットとした頭頸部癌における分子標的治療
    成田憲彦, 松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会. 2003年09月 選考有り
  • 血管新生阻害作用を有するhypoxic cytotoxin TX-402のHIF-1阻害効果
    中島佳美, 永沢秀子, 美甘尚子, 宇都義浩, 堀 均, 松本英樹
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • p53の阻害を介して正常細胞へのダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の開発
    東 淳哉, 宇都義浩, 永沢秀子, 堀 均, 松本英樹
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • 温熱によるH2AXのリン酸化
    高橋昭久, 松本英樹, 大西 健, 大西武雄
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • NOラジカルによる温熱感受性増感
    松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会.ハイパーサーミアにおける分子生物学的アプローチ 2003年09月
  • 温熱処理による血管新生制御因子誘導におよぼすp53遺伝子型の影響
    畑下昌範, 林 幸子, 金 朝暉, 松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会 2003年09月
  • ヒト神経膠芽腫細胞における温熱処理による血管新生制御因子誘導のp53依存的制御
    畑下昌範, 林 幸子, 金 朝暉, 松本英樹
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • p53欠損ヒト肝癌Hep3B細胞におけるMild Hyperthermiaに対するマイトマイシンCの増感効果
    金 朝暉, 林 幸子, 畑下昌範, 加納永一, 松本英樹
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会 2003年09月
  • 変異型p53細胞におけるグリセロール処理による温熱誘発iNOSおよびHsp72産生の抑制
    松本英樹, 高橋和人, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会 2003年09月
  • ヒト非小細胞肺癌培養細胞およびヌードマウス移植腫瘍におけるNOラジカル発生剤によるp53非依存的放射線感受性増感
    松本英樹, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会 2003年09月
  • Contribution of p53 on the induction of VEGF by hyperthermia
    Hatashita, M., Hayashi, S., Jin,Z. H., Matsumoto, H., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. 2003年08月
  • Modification of radio- and thermo-sensitivity by amrubicin or Amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Jin, Z.H., Shioura, H., Ohtsubo, T., Kitai, R., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. 2003年08月
  • p53-independent thermosensitization by mitomycin C in human non-small cell lung carcinoma cells
    Jin, Z.H., Matsumoto, H., Hayashi, S., Hatashita, M., Ohtsubo, T., Shioura, H., Kitai, R., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. 2003年08月
  • Modulation of nitric oxide-mediated bystander effects by chronic irradiation with gamma rays
    Matsumoto, H., Hayashi, S., Jin, Z.H., Hatashita, M., Tachibana, A., Ohnishi, T., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. Bystander Effect. 2003年08月
  • p53欠損ヒト肝癌Hep3B細胞におけるMild Hyperthermiaに対するマイトマイシンCの増感効果
    金 朝暉, 林 幸子, 畑下昌範, 加納永一, 松本英樹
    第19回東海ハイパーサーミア懇話会・第4回北陸高温度療法研究会・合同研究会 2003年08月
  • NOラジカル発生剤によるp53非依存的温熱化学増感効果
    松本英樹, 高橋和人, 井上英信, 瀬戸彩乃, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範
    第19回東海ハイパーサーミア懇話会・第4回北陸高温度療法研究会・合同研究会 2003年08月
  • 温熱処理による血管新生制御因子誘導におよぼすp53遺伝子型の影響
    畑下昌範, 林 幸子, 金 朝暉, 松本英樹
    第19回東海ハイパーサーミア懇話会・第4回北陸高温度療法研究会・合同研究会 2003年08月
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    第19回東海ハイパーサーミア懇話会・第4回北陸高温度療法研究会・合同研究会 2003年08月
  • Radiation-induced bystander effect
    松本英樹
    日本医学放射線学会生物部会第33回放射線による制癌シンポジウム.21世紀の放射線治療:-四次元放射線治療の基礎と臨床- 2003年07月
  • NOラジカル発生剤によるp53非依存的温熱化学増感効果
    高橋和人, 井上英信, 瀬戸彩乃, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範, 加納永一, 松本英樹
    日本医学放射線学会第42回生物部会学術大会 2003年04月
  • 低線量率ガンマ線照射によるNOラジカルを介したバイスタンダー効果の修飾
    松本英樹, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範, 加納永一, 大西武雄, 立花 章
    日本医学放射線学会第42回生物部会学術大会 2003年04月
  • Selenomethionineは野生型p53細胞の放射線防禦効果を有するのか?
    辻  孝, 萩平貴美, 大西 健, 松本英樹, 大西武雄
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月
  • 放射線誘発ラジカルとp53
    松本英樹
    重粒子線癌治療装置HIMAC共同利用ワークショップ「共同利用生物実験10年のまとめと今後の課題」.炭素線を用いた研究 2003年01月
  • 放射線被爆した細胞からの情報によって被爆していない細胞でも放射線生物影響が現れる
    松本英樹
    日本宇宙生物科学会第17回大会 2003年01月
  • ヌードマウス移植腫瘍におけるNOラジカル発生剤によるp53非依存的温熱化学増感効果
    山田直樹, 松平千秋, 高橋和人, 井上英信, 瀬戸彩乃, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範, 松本英樹
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月
  • 温熱処理による血管新生制御因子誘導のp53依存的制御
    畑下昌範, 林 幸子, 金 朝暉, 松本英樹
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月
  • 低線量率ガンマ線照射によるNOラジカルを介したバイスタンダー効果の修飾
    松本英樹, 林 幸子, 金 朝暉, 畑下昌範, 立花 章, 大西武雄
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月

共同研究

  • 陽子線頭頸部がん治療における放射性口腔粘膜障害の発症動態および病態の解析 2017年度
  • 異種放射線の併用によるがん治療の高度化に向けた細胞生物学的検討(1) 2017年度
  • 低線量超感受性への放射線誘発バイスタンダー応答の寄与 2017年度
  • 低線量放射線による組織障害に対する生体防護機構の解明 2017年度
  • ニトロプルシドナトリウムの放射線誘発組織障害防護能の解析 2017年度
  • 陽子線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明(それによるがん細胞死の促進機構の解明) 2010年度
  • 一酸化窒素ラジカルを介した放射線誘発バイスタンダー応答と放射線適応応答の機構解明 2010年度
  • 陽子線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明(それによるがん細胞死の促進機構の解明) 2009年度
  • 一酸化窒素ラジカルを介した放射線誘発バイスタンダー応答と放射線適応応答の機構解明 2009年度
  • 低線量/低線量率宇宙粒子放射線に対する細胞応答の機構解明 2007年度
  • 陽子線誘発バイスタンダー効果と適応応答に関する機構解明 2007年度
  • 一酸化窒素ラジカルを介したバイスタンダー効果の機構解明 2007年度
  • 一酸化窒素ラジカルを介したバイスタンダー効果の機構解明 2006年度
  • 陽子線誘発バイスタンダー効果と適応応答に関する機構解明 2006年度
  • 重イオンマイクロビームを用いた放射線誘発バイスタンダー効果の分子メカニズムの解析 2006年度
  • 重イオンマイクロビームを用いた放射線誘発バイスタンダー効果の分子メカニズムの解析 2007年度

受託研究

  • 狭心症治療薬(SNP)の被ばく時緊急救急処置薬への実証研究 2010年度
  • 重粒子放射線誘発バイスタンダー効果に関する研究 2006年度
  • 重粒子放射線誘発バイスタンダー効果に関する研究 2005年度

特許

  • 特許特許第6099043号:造血又は腸管放射線障害防護剤
    松本英樹
    特願特願2031-060747
    特番特許第6099043号
  • 中性子線障害防護剤
    松本 英樹,
    特願特願2014-087177
  • 特許特許第5553306号:放射線障害防護剤
    松本英樹,
    特願2010-079150
    特番特許第5553306号

受賞

  •  アジアハイパーサーミア学会 アジアハイパーサーミア学会学会賞2016年04月
  •  日本放射線影響学会 日本放射線影響学会 学会賞2012年09月
  •  日本放射線影響学会 日本放射線影響学会JRR寺島優秀論文賞2011年11月
  •  日本放射線影響協会奨励賞 御園生賞1999年
  •  国際癌治療増感研究協会協会賞1999年

科学研究費補助金

  • 高エネルギー陽子ビームを用いた次世代型粒子線治療のための基盤研究基盤研究(B)
    代表者:櫻井 英幸 2014年度
  • G2checkpoint abrogationによる頭頸部癌抗癌剤耐性の克服基盤研究(C)(一般)
    代表者:成田 憲彦 2014年度
  • 高エネルギー陽子ビームを用いた次世代型粒子線治療のための基盤研究基盤研究(B)
    代表者:櫻井 英幸 2013年度
  • 放射線がん治療における陽子線特異的細胞応答の機構解明基盤研究(C)
    代表者:畑下昌範 2013年度
  • G2checkpoint abrogationによる頭頸部癌抗癌剤耐性の克服基盤研究(C)(一般)
    代表者:成田 憲彦 2013年度
  • 放射線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:松本 英樹 2012年度
  • 放射線がん治療における陽子線特異的細胞応答の機構解明基盤研究(C)
    代表者:畑下昌範 2012年度
  • 転写因子NF-ΚB阻害剤パルテノライドによる放射線増感とその分子メカニズムの解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2012年度
  • G2checkpoint abrogationによる頭頸部癌抗癌剤耐性の克服基盤研究(C)(一般)
    代表者:成田 憲彦 2012年度
  • 高エネルギー陽子ビームを用いた次世代型粒子線治療のための基盤研究基盤研究(B)
    代表者:櫻井 英幸 2012年度
  • 放射線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:松本 英樹 2011年度
  • 転写因子NF-ΚB阻害剤パルテノライドによる放射線増感とその分子メカニズムの解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2011年度
  • NOラジカル発生剤による放射線防護作用の機構解明挑戦的萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2011年度
  • 陽子線治療を組み込んだ集学的治療の推進のためのトランスレーショナルリサーチ基盤研究(B)(一般)
    代表者:櫻井 英幸 2011年度
  • 放射線がん治療における陽子線特異的細胞応答の機構解明基盤研究(C)
    代表者:畑下昌範 2011年度
  • 放射線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:松本 英樹 2010年度
  • 転写因子NF-ΚB阻害剤パルテノライドによる放射線増感とその分子メカニズムの解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2010年度
  • NOラジカル発生剤による放射線防護作用の機構解明挑戦的萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2010年度
  • 陽子線治療を組み込んだ集学的治療の推進のためのトランスレーショナルリサーチ基盤研究(B)(一般)
    代表者:櫻井 英幸 2010年度
  • NOラジカル発生剤による放射線防護作用の機構解明挑戦的萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2009年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2009年度
  • 転写因子NF-κB阻害剤パルテノライドによるアポトーシス誘導促進機構の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2009年度
  • 陽子線治療を組み込んだ集学的治療の推進のためのトランスレーショナルリサーチ基盤研究(B)(一般)
    代表者:櫻井 英幸 2009年度
  • 硝酸イソソルビドの放射線増感剤としてのエビデンスの蓄積基盤研究(B)一般
    代表者:松本 英樹 2008年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2008年度
  • 転写因子NF-κB阻害剤パルテノライドによるアポトーシス誘導促進機構の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2008年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2007年度
  • 転写因子NF-κB阻害剤パルテノライドによるアポトーシス誘導促進機構の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:林 幸子 2007年度
  • 硝酸イソソルビドの放射線増感剤としてのエビデンスの蓄積基盤研究(B)一般
    代表者:松本 英樹 2006年度
  • 放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の寄与萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2006年度
  • ヒト肺癌細胞におけるTopoⅡ 標的制癌剤による放射線増感効果の分子メカニズム基盤研究(C)一般
    代表者:林 幸子 2006年度
  • 放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の寄与萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2005年度
  • ヒト肺癌細胞におけるTopoll 標的制癌剤による放射線増感効果の分子メカニズム基盤研究(C)一般
    代表者:林 幸子 2005年度
  • ヒト肺癌細胞におけるTopoll 標的制癌剤による放射線増感効果の分子メカニズム基盤研究(C)一般
    代表者:林 幸子 2004年度
  • 放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の寄与萌芽研究
    代表者:松本 英樹 2004年度
  • 放射線治療におけるNOラジカルによる放射線誘発Bystander効果の役割特定領域研究
    代表者:松本 英樹 2003年度
  • 放射線増感剤としての活性窒素発生剤の応用とその作用メカニズム基盤研究(B)
    代表者:松本 英樹 2003年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 緊急被ばく救命処置薬/放射線障害予防薬としてのニトロプルシドナトリウムの再評価によるWHOストックパイルへの収載
    :平成28年度福井大学COC「地(知)の拠点整備事業」 
    代表者:松本 英樹
  • 血圧降下剤ニトロプルシドナトリウム(SNP)の放射線性口腔粘膜炎予防薬/治療薬としての新効能を目指した転用開発
    :福井大学産学官連携本部実用化研究助成
    代表者:松本 英樹
  • WHOストックパイル収載を目指した放射線障害防護剤としてのニトロ製剤の再評価
    :福井大学産学官連携本部実用化研究助成
    代表者:松本 英樹

プロジェクト活動

  • WHOストックパイル収載を目指した放射線障害防護剤としてのニトロプルシドナトリウムの再評価(Ⅱ) 
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:松本 英樹,木村 哲也,小淵 岳恒
  • ニトロプルシドナトリウムの放射線誘発組織障害防護脳の解析
    丸石製薬(株)
    研究期間:2016年03月 - 2017年02月  代表者:松本 英樹
  • 低線量放射線による組織障害に対する生体防護機構の解明
    (一財)電力中央研究所
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:松本 英樹
  • 腫瘍移植モデル動物に対する陽子線分割照射の影響評価および治療効果の検証
    (公財)若狭湾エネルギー研究センター
    研究期間:2016年04月 - 2017年02月  代表者:松本 英樹
  • 低線量超感受性への放射線誘発バイスタンダー応答の寄与
    国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  代表者:松本 英樹
  • 低線量放射線による組織障害に対する生体防護機構の解明
    (一財)電力中央研究所
    研究期間:2015年04月 - 2016年03月  代表者:松本 英樹
  • 天然化合物を利用した放射線障害予防食品の開発
    (株)ホソダSHC
    研究期間:2015年05月 - 2016年03月  代表者:松本 英樹
  • 低用量ニトロプルシドナトリウム(SNP)連続投与による中性子線障害防護効果の検討
    国立研究開発法人放射線医学総合研究所
    研究期間:2015年06月 - 2016年03月  代表者:松本 英樹
  • 陽子線分割照射によるモデル動物への影響の評価
    (公財)若狭湾エネルギー研究センター
    研究期間:2015年06月 - 2016年02月  代表者:松本 英樹
  • 放射線誘発バイスタンダー応答による放射線適応応答誘導時の発現遺伝子の網羅的解析
    国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
    研究期間:2015年04月 - 2016年03月  代表者:松本 英樹
  • ニトロプルシドナトリウムの放射線誘発組織障害防護能の解析
    丸石製薬(株)
    研究期間:2016年03月 - 2017年02月  代表者:松本 英樹
  • 陽子線がん治療における低線量被ばくした正常組織での組織幹細胞動態の解明
    若狭湾エネルギー研究センター:公募型共同研究
    研究期間:2016年07月 - 2017年02月  代表者:松本 英樹
  • 陽子線がん治療における低線量被ばくした正常組織での組織幹細胞動態の解明
    若狭湾エネルギー研究センター:共同研究
    研究期間:2015年07月 - 2016年02月  代表者:松本 英樹
  • 電力中央研究所共同研究
    研究期間:2006年08月 - 2007年03月  代表者:松本 英樹,冨田雅典,大塚健介,
    一酸化窒素ラジカルを介したバイスタンダー効果の機構解明
  • 宇宙環境利用に関する公募地上研究 (日本宇宙フォーラム)
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:松本 英樹,
    重粒子放射線誘発バイスタンダー効果に関する研究 (J050000893)
  • 日本原子力研究開発機構共同研究
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:松本 英樹,冨田雅典,
    マイクロビームを用いた放射線誘発バイスタンダー効果の分子メカニズムの解析
  • 放射線医学総合研究所重粒子線癌治療装置HIMAC共同利用研究
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:松本 英樹,大塚健介,
    重粒子に対する腫瘍応答および正常組織反応へのNOラジカルの寄与
  • 京都大学放射線生物研究センター共同利用研究
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:松本 英樹,
    放射線適応応答への放射線誘発バイスタンダー効果の寄与
  • 宇宙環境利用に関する公募地上研究 (日本宇宙フォーラム)
    研究期間:2005年 - 2006年  代表者:松本英樹,
    重粒子放射線誘発バイスタンダー効果に関する研究 (J050000893)
  • 放射線医学総合研究所重粒子線癌治療装置HIMAC共同利用研究
    代表者:松本英樹,
    重粒子線癌治療におけるNOラジカルの役割

教育活動情報

担当授業

  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 研究室配属
  • 医科学基礎総論(博)
  • 機能画像医学特論Ⅰ(博)
  • 機能画像医学演習(博)
  • 災害看護学特論Ⅰ(修)
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 研究室配属
  • 医科学基礎総論(博)
  • 医科学特論(博)
  • 機能画像医学特論Ⅰ(博)
  • 機能画像医学特論Ⅱ(博)
  • 機能画像医学演習(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 医科学基礎総論(博)
  • 機能画像医学特論Ⅰ(博)
  • 機能画像医学特論Ⅱ(博)
  • 機能画像医学演習(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 入門テュートリアル
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 研究室配属
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 医科学基礎総論(博)
  • 医科学特論(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 医科学基礎総論(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 研究室配属
  • 分子遺伝学
  • がん温熱療法
  • 医科学基礎総論(博)
  • 医科学特論(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • テュートリアル1
  • 研究室配属
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 研究室配属
  • 医学研究総論Ⅱ
  • 分子遺伝学
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 医学入門と医学概論
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 医学入門
  • 地域医療テュートリアル
  • 遺伝と遺伝子
  • 細胞の基本構造と機能
  • 遺伝と遺伝子
  • 生体と放射線・電磁波・超音波
  • 健康科学・医科学概論
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 機能画像医学特論Ⅰ
  • 機能画像医学特論Ⅱ
  • 機能画像医学演習
  • 災害看護学特論Ⅰ
  • 医科学基礎総論
  • 災害看護学特論Ⅰ
  • がん看護学特論Ⅰ
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 腫瘍制御特論演習
  • 腫瘍制御特論実習
  • 災害看護学特論Ⅰ
  • がん看護学特論Ⅰ

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 特集 グレーゾーン 第5部 科学者の模索 ② 「無傷の細胞になぜ異常」2016年07月 中国新聞
  • ニュースザウルス 2015年06月 NHK福井放送局
  • マイクロビーム放射線応対 国際ワークショップ2015年01月 Fukui convention Express
  • シリーズあすへ備える 「被ばくから命を守れ」2013年03月 ニュースザウルスふくい、NHK福井放送局
  • 「ヒトの放射線“免疫”一酸化窒素が鍵」2012年12月 福井新聞
  • 「緊急被ばくにSNP 放射線障害の治癒作用マウス実験で確認 生存率7~8割に上昇」2011年08月 化学工業日報
  • 「狭心症薬が防護 マウス実験 福井大、 治癒促進も解明」2011年08月 日経産業新聞
  • 福島放射線量「確実に減少」 福井大で公開講座2017年09月 中日
  • 福島事故後の放射線量説明 福井大公開講座2017年10月 日刊県民福井