高橋 哲也

所属部署名保健管理センター
教員組織保健管理センター
教育研究組織保健管理センター
職名准教授
更新日: 18/08/23 15:29

研究者基本情報

氏名

    高橋 哲也
    タカハシ テツヤ
    TAKAHASHI Tetsuya

所属

  •  保健管理センター 准教授

学歴

  • - 2004年福井医科大学 精神医学
  • - 1998年福井医科大学 医学科

所属学協会

    日本統合失調症学会 一般会員,日本精神神経学会,日本臨床神経生理学会,

研究活動情報

論文

  • Gender-specific associations of depression and anxiety symptoms with mental rotation.
    Oshiyama Chiaki;Sutoh Chihiro;Miwa Hiroyasu;Okabayashi Satoshi;Hamada Hiroyuki;Matsuzawa Daisuke;Hirano Yoshiyuki;Takahashi Tetsuya;Niwa Shin-Ichi;Honda Manabu;Sakatsume Kazuyuki;Nishimura Takuichi;Shimizu Eiji
    Journal of affective disorders 235 2018年 査読有り
  • Longitudinal changes in the mismatch field evoked by an empathic voice reflect changes in the empathy quotient in autism spectrum disorder
    Yuko Yoshimura, Mitsuru Kikuchi, Hirotoshi Hiraishi, Chiaki Hasegawa, Tetsu Hirosawa, Tetsuya Takahashi, Toshio Munesue, Hirotaka Kosaka, Haruhiro Hiagashida, Yoshio Minabe
    Psychiatry Research: Neuroimaging 2018年 査読有り
  • Delayed posthypoxic leukoencephalopathy following alcohol and psychotropic drug overdose: a case report.
    Ueno K, Takahashi T, Higashima M, Okazaki R, Takano S, Wada Y.
    Clin Case Rep. 6(6) 1158-1165 2018年05月 査読有り
  • Gamma-band auditory steady-state response after frontal tDCS: A double-blind, randomized,crossover study
    Yoshiaki Miyagishi; Takashi Ikeda; Tetsuya Takahashi; Kiwamu Kudo; Hirofumi Morise; Yoshio Minabe; Mitsuru Kikuchi
    PLOS ONE 13(2) 2018年02月 査読有り
  • Altered human voice processing in the frontal cortex and a developmental language delay in 3-to 5-year-old children with autism spectrum disorder
    Yoshimura, Yuko;Kikuchi, Mitsuru;Hayashi, Norio;Hiraishi, Hirotoshi;Hasegawa, Chiaki;Takahashi, Tetsuya;Oi, Manabu;Remijn, Gerard B.;Ikeda, Takashi;Saito, Daisuke N.;Kumazaki, Hirokazu;Minabe, Yoshio
    SCIENTIFIC REPORTS 7(1) 2017年12月 査読有り
  • Oxytocin effects on emotional response to others' faces via serotonin system in autism: A pilot study
    Fukai, Mina;Hirosawa, Tetsu;Kikuchi, Mitsuru;Ouchi, Yasuomi;Takahashi, Tetsuya;Yoshimura, Yuko;Miyagishi, Yoshiaki;Kosaka, Hirotaka;Yokokura, Masamichi;Yoshikawa, Etsuji;Bunai, Tomoyasu;Minabe, Yoshio
    PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING 267 45-50 2017年09月 査読有り
  • Band-specific atypical functional connectivity pattern in childhood autism spectrum disorder
    Takahashi, Tetsuya;Yamanishi, Teruya;Nobukawa, Sou;Kasakawa, Shinya;Yoshimura, Yuko;Hiraishi, Hirotoshi;Hasegawa, Chiaki;Ikeda, Takashi;Hirosawa, Tetsu;Munesue, Toshio;Higashida, Haruhiro;Minabe, Yoshio;Kikuchi, Mitsuru
    CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 128(8) 1457-1465 2017年08月 査読有り
  • Clonazepam improves dopamine supersensitivity in a schizophrenia patient: a case report.
    Fukai Mina;Hirosawa Tetsu;Takahashi Tetsuya;Kaneda Reizo;Kikuchi Mitsuru;Minabe Yoshio
    Therapeutic advances in psychopharmacology 7(3) 2017年
  • A pilot study of serotonergic modulation after long-term administration of oxytocin in autism spectrum disorder.
    Hirosawa Tetsu;Kikuchi Mitsuru;Ouchi Yasuomi;Takahashi Tetsuya;Yoshimura Yuko;Kosaka Hirotaka;Furutani Naoki;Hiraishi Hirotoshi;Fukai Mina;Yokokura Masamichi;Yoshikawa Etsuji;Bunai Tomoyasu;Minabe Yoshio
    Autism research : official journal of the International Society for Autism Research 2017年
  • Scopolamine Ointment for Clozapine-Associated Sialorrhea A Case Report
    T.Goto,M.Kato,Y.Matsumura,N.Omata,M.Yoshida,K.Watanabe,T.Takahashi,M.Higashima,Y.Wada
    JOURNAL OF CLINICAL PSYCHOPHARMACOLOGY 37(1) 106-107 2017年02月 査読有り
    T.Goto
  • Abnormal functional connectivity of high-frequency rhythms in drug-naïve schizophrenia
    Takahashi T, Goto T, Nobukawa S, Tanaka Y, Kikuchi M, Higashima M, Wada Y.
    Clin Neurophysiol. 129(1) 222-231 2018年01月 査読有り
    OBJECTIVE:The "dysconnection hypothesis" has been proposed as a core neural basis for schizophrenia. Although growing neuroimaging-based evidence suggests atypical functional connectivity in patients with schizophrenia, the results are inconsistent and the effects of antipsychotic treatment remain elusive.;METHODS:We performed resting-state electroencephalography (EEG) in 21 drug-naïve patients with schizophrenia (14 patients were re-evaluated after administration of antipsychotic treatment) and 31 age-matched healthy control subjects. We estimated functional connectivity, using the phase lag index (PLI), which captures the true synchronization of EEG signals.;RESULTS:The patients had reduced functional connectivity of the beta band across frontal regions and of the gamma band throughout the scalp when compared to the control subjects. In the schizophrenia group, symptom severity did not seem associated with functional connectivity. Antipsychotic treatment led to no alterations in functional connectivity.;CONCLUSIONS:Synchronous activity within and across brain areas over multiple frequencies reflect the integration of various types of information processing. Our findings of abnormal frequency- and region-specific functional connectivity patterns may provide further insight into the "dysconnection hypothesis" of schizophrenia.;SIGNIFICANCE:The PLI may serve as a useful measure for the characterization and understanding of the intrinsic pathophysiological mechanisms of schizophrenia, and as a reliable biomarker for this disease.
  • Enhanced brain signal variability in children with autism spectrum disorder during early childhood.
    Takahashi T, Yoshimura Y, Hiraishi H, Hasegawa C, Munesue T, Higashida H, Minabe Y, Kikuchi M
    Human Brain Mapping 37 1038-1050 2016年 査読有り
  • Synchrony of auditory brain responses predicts behavioral ability to keep still in children with autism spectrum disorder: Auditory-evoked response in children with autism spectrum disorder.
    Yoshimura Y, Kikuchi M, Hiraishi H, Hasegawa C, Takahashi T, Remijn GB, Oi M, Munesue T, Higashida H, Minabe Y
    Neuroimage Clinical 11(4) 300-305 2016年 査読有り
  • The lateral occipito-temporal cortex is involved in the mental manipulation of body part imagery.
    Kikuchi M, Takahashi T, Hirosawa T, Oboshi Y, Yoshikawa E, Minabe Y, Ouchi Y.
    Frontiers in Human Neuroscience 11 181 2017年 査読有り
  • Wide Range Multiscale Entropy Changes through Development.
    Polizzotto N, Takahashi T, Walker P, Cho R.
    Entropy 18 12 2016年 査読有り
  • Atypical bilateral brain synchronization in the early stage of human voice auditory processing in young children with autism.
    Kurita T, Kikuchi M, Yoshimura Y, Hiraishi H, Hasegawa C, Takahashi T, Hirosawa T, Furutani N, Higashida H, Ikeda T, Mutou K, Asada M, Minabe Y
    PLoS One 11(4) e0153077 2016年 査読有り
  • Reversible Splenial Lesion Related to Acute Lithium Intoxication in a Bipolar Patient: A Case Report.
    T.Goto,M.Ishitobi,T.Takahashi, M.Higashima,Y.Wada
    Journal of clinical psychopharmacology 36(5) 528-529 2016年10月 査読有り
    T.Goto
  • Atypical development of the central auditory system in young children with Autism spectrum disorder.
    Yoshimura Y, Kikuchi M, Hiraishi H, Hasegawa C, Takahashi T, Remijn GB, Oi M, Munesue T, Higashida H, Minabe Y, Kojima H
    Autism Research 9 1216-1226 2016年 査読有り
  • Mu rhythm suppression reflects mother-child face-to-face interactions: a pilot study with simultaneous MEG recording.
    Hasegawa C, Ikeda T, Yoshimura Y, Hiraishi H, Takahashi T, Furutani N, Hayashi N, Minabe Y, Hirata M, Asada M, Kikuchi M.
    Scientific Reports 6 34977 2017年 査読有り
  • The Contribution of Increased Gamma Band Connectivity to Visual Non-Verbal Reasoning in Autistic Children: A MEG Study.
    Takesaki Natsumi;Kikuchi Mitsuru;Yoshimura Yuko;Hiraishi Hirotoshi;Hasegawa Chiaki;Kaneda Reizo;Nakatani Hideo;Takahashi Tetsuya;Mottron Laurent;Minabe Yoshio
    PloS one 11(9) 2016年
  • Changes in EEG complexity with electroconvulsive therapy in a patient with autism spectrum disorders: a multiscale entropy approach
    Okazaki, Ryoko;Takahashi, Tetsuya;Ueno, Kanji;Takahashi, Koichi;Ishitobi, Makoto;Kikuchi, Mitsuru;Higashima, Masato;Wada, Yuji
    FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE 9 2015年
  • Effects of electroconvulsive therapy on neural complexity in patients with depression: Report of three cases
    R.Okazaki, T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, M.Higashima, Y.Wada
    J Affect Disorders 150(2) 389-92 2013年09月 査読有り
  • Clozapine-Related Negative Myoclonus Associated With Urinary Tract Infection A Case Report
    Takahashi, Tetsuya;Masuya, Yasuhiro;Ueno, Kanji;Watanabe, Kyohei;Takahashi, Masahiro;Morita, Machiyo;Higashima, Masato;Wada, Yuji
    JOURNAL OF CLINICAL PSYCHOPHARMACOLOGY 35(2) 205-206 2015年
  • Neurophysiological basis of creativity in healthy elderly people: A multiscale entropy approach
    K.Ueno, T.Takahashi, K.Takahashi, K.Mizukami, Y.Tanaka, Y.Wada
    Clinical Neurophysiology 126 524-531 2015年03月 査読有り
  • Changes in EEG complexity with electroconvulsive therapy in a patient with autism spectrum disorders: a multiscale entropy approach
    R.Okazaki, T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, M.Ishitobi, M.Kikuchi, M.Higashima, Y.Wada
    Front Hum Neurosci. 9 106 2015年02月 査読有り
  • Complexity of spontaneous brain activity in mental disorders
    T.Takahashi
    Prog Neuropsychophamacol Biol Psychiatry 45 258-266 2013年08月 査読有り
  • Assessment of EEG dynamical complexity in Alzheimer's disease using multiscale entropy
    T.Mizuno, T.Takahashi, RY.Cho, M.Kikuchi, T.Murata, K.Takahashi, Y.Wada
    Clinical Neurophysiology 121(9) 1438-1446 2010年09月 査読有り
  • Antipsychotics reverse abnormal EEG complexity in drug-naive schizophrenia: a multiscale entropy analysis
    T.Takahashi, RY.Cho, T.Mizuno, M.Kikuchi, T.Murata, K.Takahashi, Y.Wada
    Neuroimage 51(1) 173-82 2010年05月 査読有り
  • Age-related variation in EEG complexity to photic stimulation:a multiscale entropy analysis
    T.Takahashi, Cho RY, T.Murata, T.Mizuno, M.Kikuchi, K.Mizukami, H.Kosaka, K.Takahashi, Y.Wada
    Clin Neurophysiol 120(3) 476-483 2009年03月 査読有り
  • Application of a multifractal analysis to study brain white matter abnormalities of schizophrenia on T2-weighted magnetic resonance imaging
    T.Takahashi, H.Kosaka, T.Murata, M.Omori, K.Narita, H.Mitsuya, K.Takahashi, H.Kimura, Y.Wada
    Psychiatry Res 171(3) 177-188 2009年03月 査読有り
  • Effect of vitamin E treatment on progressive cognitive impairment in patient with adult-onset ataxia:A case report
    T.Takahashi, T.Murata, H.Kosaka, M.Yoneda, Y.Wada
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 33(1) 150-152 2009年02月 査読有り
  • Opposite effects of SSRIs and tandospirone in the treatment of REM sleep behavior disorder
    T.Takahashi, H.Mitsuya, T.Murata, J.Murayama, Y.Wada
    Sleep Med 9 317-319 2008年03月 査読有り
  • Successful treatment of blepharospasm with tandospirone, a 5-HT1A partial agonist: a case report
    T.Takahashi, T.Murata, Y.Wada
    Mov Disord 23(1) 151-152 2008年01月 査読有り
  • マルチフラクタルによる脳MRI画像上の加齢性及び病的白質変化の特徴抽出
    高橋 哲也
    Innervision 22(7) 32 2007年07月 査読有り
  • Multifractal analysis of deep white matter microstructural changes on MRI in relation to early-stage atherosclerosis
    T.Takahashi, T.Murata, K.Narita, T.Hamada, H.Kosaka, M.Omori, K.Takahashi, H.Kimura, H.Yoshida, Y.Wada
    Neuroimage 32(3) 1158-66 2006年09月 査読有り
  • REM睡眠行動障害に対するSSRIの治療効果─終夜睡眠脳波による検討─
    村山順一, 高橋哲也, 大森晶夫, 村田哲人, 和田有司
    日本薬物脳波学会雑誌 7(1) 30-32 2005年07月 査読有り
  • Changes in EEG and autonomic nervous activity during meditation and their association with personality traits
    Takahashi, T., Murata, T., Hamada, T., Omori, M., Kosaka, H., Kikuchi, M., Yoshida, H., Wada, Y.
    Int J Psychophysiology 55 199-207 2005年02月 査読有り
  • 瞑想の性質を特徴づける個人の特性不安水準―リラクゼーションと内向的注意のどちらかが主体かに関して―
    高橋哲也, 村田哲人, 浜田敏彦, 大森晶夫, 小坂浩隆, 吉田治義, 和田有司
    日本薬物脳波学会雑誌 6(1) 38-41 2004年07月 査読無し
  • Successful treatment of intractable hiccups with serotonin (5-HT)1A receptor agonist
    Takahashi, T., Murata, T., Omori, M., Tagaya, M., Wada, Y.
    J Neurol 251 486-487 2004年04月 査読有り
  • Individual trait anxiety levels characterizing the properties of zen meditation
    T.Murata, T.Takahashi, T.Hamada, M.Omori, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada
    Neuropsychobiology 50(2) 189-94 2004年02月 査読有り
  • Quantitative evaluation of age-related white matter microstructural changes on MRI by multifractal analysis
    T.Takahashi, T.Murata, M.Omori, H.Kosaka, K.Takahashi, Y.Yonekura, Y.Wada
    J Neurol Sci. 225(42006) 12236 2004年01月 査読有り
  • Quantitative evaluation of magnetic resonance imaging of deep white matter hyperintensity in geriatric patients by multifractal analysis
    T. Takahashi, T. Murata, M. Omori, H. Kimura, H. Kado, H. Kosaka, K. Takahashi, H. Itoh, Y. Wada
    Neurosci Lett 314(3) 143-146 2001年11月 査読有り
  • Differential amygdala response during facial recognition in patients with schizophrenia: an fMRI study
    H. Kosaka, M. Omori, T. Murata, T. Iidaka, H. Yamada, T. Okada, T. Takahashi, N. Sadato, H. Itoh, Y. Yonekura, Y. Wada
    Schizophr Res 57(1) 87-95 2002年09月 査読有り
  • Abnormal nocturnal blood pressure fall in senile-onset depression with subcortical silent cerebral infarction
    Hamada, T., Murata, T., Omori, M., Takahashi, T., Kosaka, H., Wada, Y., Yoshida, H.
    Neuropsychobiology 47(4) 187-191 2003年05月 査読有り
  • Association of abnormal diurnal blood pressure variation with the development of silent cerebral infarction in patients with late-life-onset depression
    Murata, T., Takahashi, T., Omori, M., Wada, Y., Hamada, T., Yoshida, H.
    Gen Hosp Psychiatry 25(4) 298-300 2003年07月 査読有り
  • 携帯型心電血圧記録器(ABPM )を用いた暗算負荷によるストレス評価の基礎的検討
    大竹由香, 浜田敏彦, 齊藤 実, 吉田治義, 村田哲人, 高橋哲也, 和田有司
    医学検査 52(8) 1038-1042 2003年08月 査読有り
  • White coat phenomenon, anxiety and endothelial function in healthy normotensive elderly subjects
    T.Murata, K.Narita, T.Hamada, T.Takahashi, M.Omori, H.Yoshida, Y.Wada
    Blood Pressure 15(2) 88-92 2006年02月 査読有り
  • 暗算負荷による自律神経機能及び脳波の変化と両者の関連性について
    浜田 敏彦, 村田 哲人, 高橋 哲也, 浜田 由香, 齊藤 実, 木村 秀樹, 和田 有司, 吉田 治義
    臨床病理 54(4) 329-334 2006年04月 査読有り
  • Plasma levels of adiponectin and tumor necrosis factor-alpha in patients with remitted major depression receving long-term maintenance antidepressant therapy
    K.Narita, T.Murata, T.Takahashi, H.Kosaka, N.Omata, Y.Wada
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 30(6) 1159-62 2006年08月 査読有り
  • Abnormal pontine activation in pathological laughing as shown by functional magnetic resonance imaging
    H.Kosaka, N.Omata, M.Omori, T.Shimoyama, T.Murata, K.Kashikura, T.Takahashi, J.Murayama, Y.Yonekura, Y.Wada
    J Neurol Nerosurg Psychiatry 77(12) 1376-80 2006年12月 査読有り
  • Association between trait anxiety and endothelial function observed in elderly males but not in young males
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, T.Takahashi, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada
    Int Psychogeriatr 19(5) 947-954 2007年01月 査読有り
  • Interactions among higher trait anxiety, sympathetic activity, and endothelial function in the elderly
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, T.Takahashi, M.Omori, N.Suganuma, H.Yoshida, Y.Wada
    J Psychiatr Res 41(5) 418-427 2007年08月 査読有り
  • The association between anger-related personality trait and cardiac autonomic response abnormalities in elderly subjects
    K.Narita, T.Murata, T.Takahashi, T.Hamada, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada
    Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 257(6) 325-329 2007年09月 査読有り
  • The association between autonomic response status and the changes in EEG activity during mental arithmetic task
    Y.Ohtake, T.Hamada, T.Murata, T.Takahashi, Y.Wada, H.Kimura, H.Yoshida
    Rinsho Byori 55(12) 1075-1079 2007年12月 査読有り
  • 認知機能・小脳失調の悪化に対しビタミンE補充療法が奏功した小脳萎縮症の1例
    井川 正道, 米田 誠, 高橋 哲也, 村田 哲人, 水野 智之, 小坂 浩隆, 和田 有司, 栗山 勝
    神経治療学 25(3) 298 2008年 査読有り
  • Adiponectin multimer distribution, not absolute amount of plasma, correlates with depression severity in healthy elderly subjects
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, T.Takahashi, H.Kosaka, S.Sudo, K.mizukami, H.Yoshida, Y.Wada
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 32(1) 124-127 2008年01月 査読有り
  • The clinical significance of abnormal diurnal blood pressure variation in healthy late middle-aged and older adults
    T.Hamada, T.Murata, K,Narita, T.Takahashi, Y.Wada, H.Kimura, H.Yoshida
    Blood Press 17(3) 134-140 2008年03月 査読有り
  • A patient with partial seizures manifested as panic attacks and auditory hallucination
    H.Kosaka, T.Murata, T.Takahashi, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada
    Epilepsy & Seizure 2(1) 28-33 2009年01月 査読有り
  • 青年期広汎性発達障害者の脳灰白質減少―VBM研究―
    小坂 浩隆, 大森 晶夫, 棟居 俊夫, 石飛 信, 高橋 哲也, 村田 哲人, 岡沢 秀彦, 定藤 規弘, 和田 有司
    臨床脳波 51(8) 483-489 2009年08月 査読有り
  • Smaller Insula and Inferior Frontal Volumes in Young Adults with Pervasive Developmental Disorders
    H.Kosaka, M.Omori, T.Munesue, M.Ishitobi, Y. Matsumura, T.Takahashi, K.Narita, T.Murata, DN.Saito, H.Uchiyama, T.Morita, M.Kikuchi, K.Mizukami, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada
    Neuroimage 50(4) 1357-1363 2010年05月 査読有り
  • Aripiprazole monotherapy in the treatment of vascular parkinsonism
    M.Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, M.Oonuma, T.Murata, Y.Wada
    Psychiatry and Clinical Neurosciences 65(6) 607 2011年01月 査読有り
  • 最近の社会における人々の振る舞いは、人の目にどう映るのか? -調査結果を通して-
    大森 晶夫, 塚本 利幸, 吉川 公章, 橋本 直子, 田嶋 長子, 深沢 裕子, 笹川 由佳, 小坂 浩隆, 高橋 哲也, 石飛 信, 梅澤 有美子
    福井県立大学論集(38) 42024 2012年02月 査読有り
  • Switching to aripiprazole in subjects with Pervasive Developmental Disorders showing tolerability issues with risperidone
    M.Ishitobi, M.Hiratani, H.Kosaka, T.Takahashi, T.Mizuno, M.Asano, T.Murata, A.Tomoda, Y.Wada
    Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 37(1) 128-131 2012年04月 査読有り
  • Effectiveness and tolerability of switching to aripiprazole from risperidone in subjects with autism spectrum disorders: a prospective open-label study
    M.Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, C.Yatsuga, M.Asano, Y.Tanaka, K.Ueno, R.Okazaki, M.Omori, M.Hiratani, A.Tomoda, Y.Wada
    Journal of clinical psychopharmacology 36(5) 151-6 2013年09月 査読有り

著書

  • マイルドフルネス・瞑想・座禅の脳科学と精神療法
    村田 哲人, 高橋 哲也, 和田 有司
    執筆、編集
    禅瞑想課題中の特殊な意識状態とその精神生理学的メカニズム
    新興医学出版社 2007年11月
  • ストレス科学事典
    寺井堅祐, 高橋 哲也
    執筆、編集
    脳機能測定
    実務教育出版 2011年06月

講演・口頭発表等

  • Dynamical brain: how brain complexity changes with aging and mental illness?
    Tetsuya Takahashi
    World Psychiatric Association's International Congress of Psychiatry 2017年06月 選考有り
  • 自閉症における神経ネットワーク障害の解明:脳磁図の複雑性解析
    高橋哲也
    発達神経科学学会 2015年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害児における神経ネットワーク障害の検討:脳磁図の複雑性解析およびグラフ解析
    高橋哲也 高橋哲也
    日本脳科学会 2015年11月 選考有り
  • Increasing Signal Variability During Development and Its Relevance to Autism Spectrum Disorders
    T.Takahashi
    WPAIC 2015 2015年11月 選考有り
  • アルコール過剰摂取および向精神薬大量内服後に生じた遅発性低酸素白質脳症の1例
    上野幹二、高橋哲也、松村由紀子、佐野友香、松本日和、東間正人、和田有司
    第111回日本精神神経学会学術総会 2015年06月
  • 地域健常高齢者における軽微な認知機能低下―ファイブ・コグとCANTABを用いた神経心理学的研究―
    田中悠二、東間正人、上野幹二、高橋哲也、大森晶夫、川口めぐみ、高森巳早都、水上喜美子、和田有司
    第111回日本精神神経学会学術総会 2015年06月
  • 健常高齢者の日常活動に影響する認知機能低下
    田中 悠二, 東間 正人, 上野 幹二, 高橋 哲也, 大森 晶夫, 川口 めぐみ, 中村 巳早都, 水上 喜美子, 和田 有司
    第34回日本社会精神医学会 2015年03月 選考有り 0
  • 看護学生における入学後の気質変化
    梅澤 有美子, 岡崎玲子, 高橋哲也, 大沼真紀代, 玉川美津恵, 栗田智未, 和田有司, 井隼彰夫
    日本精神衛生学会 2014年11月 選考有り 0
  • 大学健康調査による最近の医学生と看護学生における気質の検討
    大沼真紀代, 梅澤有美子, 高橋 哲也, 岡崎 玲子, 玉川美津恵, 栗田智美, 和田有司, 井隼彰夫
    第52回全国大学保健管理研究集会 2014年09月 選考有り 0
  • Neurophysiological basis of creativity in healthy elderly people:a multiscale entropy approach
    T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, K.Mizukami, Y.Tanaka, Y.Wada
    WPA2014(第16回世界精神医学会議) 2014年09月 選考有り 0
  • マルチフラクタルによるMRI深部白質の定量評価と頚動脈中内膜肥厚度を用いた初期動脈硬化性変化との関連性
    高橋哲也, 村田哲人, 大森晶夫, 成田耕介, 須藤 哲, 浜田敏彦, 水上喜美子, 木村浩彦, 高橋紘一, 和田有司
    第35回日本臨床神経生理学会 2005年12月
  • T2MRI深部白質のマルチフラクタル解析と頸動脈中内膜肥厚度を指標とした初期動脈硬化性変化との関連性
    高橋哲也, 村田哲人, 成田耕介, 小坂浩隆, 大森晶夫, 浜田敏彦, 和田有司
    第162回北陸精神神経学会 2005年09月
  • T2MRI深部白質の定量評価―マルチフラクタル解析―と拡散強調画像との比較
    高橋哲也, 村田哲人, 成田耕介, 大森晶夫, 水上喜美子, 木村浩彦, 高橋紘一, 和田有司
    第25回日本精神科診断学会 2005年09月
  • Increased aortic intima-media thickness and quantitative evaluation of white matter changes on MRI by multifractal analysis
    Takahashi, T., Omori, M., Murata, T., Takahashi, K., Wada, Y.
    The 63th Annual Scientific Conference of the American Psychosomatic Society, Frontiers in Psychosomatic Medicine 2005年03月
  • 初老期健常者における血圧日内変動異常の発症メカニズムとその臨床的意義に関する検討
    浜田敏彦, 木村秀樹, 吉田治義, 村田哲人, 成田耕介, 高橋哲也, 和田有司
    第51回日本臨床検査医学会総会 2004年09月
  • 白衣現象と性格傾向との関連性―健常正常老人における予備的検討―
    成田耕介, 村田哲人, 浜田敏彦, 高橋哲也, 大森晶夫, 小坂浩隆, 和田有司
    第159回北陸精神神経学会 2004年09月
  • 老年期発症うつ病と潜在性脳梗塞および血圧日内変動異常との関連性
    浜田敏彦, 村田哲人, 成田耕介, 高橋哲也, 和田有司, 木村秀樹, 吉田治義
    第51回日本臨床検査医学会総会 2004年09月
  • REM睡眠行動障害に対するSSRIの治療効果―終夜睡眠脳波による検討?
    村山順一, 高橋哲也, 大森晶夫, 村田哲人, 和田有司
    第7回日本薬物脳波学会 2004年07月
  • Changes in EEG and autonomic nervous activity during meditation and their association with personality traits
    Takahashi, T., Murata, T., Omori, M., Hamada, T., Wada, Y.
    International Congress of Biological Psychiatry 2004年02月
  • 不安と心血管因子の関連について-健常者での検討-
    成田耕介, 村田哲人, 浜田敏彦, 高橋哲也, 寺井堅祐, 大森晶夫, 和田有司
    第157回北陸精神神経学会 2004年01月
  • 瞑想の性質を特徴づける個人の特性不安基準-リラクゼーションと内的注意のどちらが主体かに関して-
    成田耕介, 村田哲人, 浜田敏彦, 高橋哲也, 寺井堅祐, 大森晶夫, 吉田治義, 和田有司
    第157回北陸精神神経学会 2004年01月
  • 瞑想の性質を特徴づける個人の特性不安水準-リラクゼーションと内的注意のどちらが主体かに関して-
    高橋哲也, 村田哲人, 浜田敏彦, 大森晶夫, 小坂浩隆, 吉田治義, 和田有司
    第6回日本薬物脳波学会 2003年07月
  • 禅瞑想課題(数息観)による脳波と自律神経活動の変化
    高橋哲也, 村田哲人, 大森晶夫, 小坂浩隆, 和田有司
    第99回日本精神神経学会総会 2003年05月
  • 一過性全健忘の一例-発作時の脳波および画像所見-
    阪口由紀子, 杉本貴人, 大森晶夫, 高橋哲也, 村田哲人, 和田有司
    第99回日本精神神経学会総会 2003年05月
  • 一過性全健忘の一例における発作時画像所見
    阪口由紀子, 杉本貴人, 大森晶夫, 高橋哲也, 村田哲人, 和田有司
    第154回北陸精神神経学会 2003年01月
  • 未治療統合失調症における脳波高周波数帯域での機能的結合性の異常:Phase Laglndexを用いた神経ネットワーク解析
    田中悠二、高橋哲也、信川 創、菊知 充、後藤嵩志、東間正人、和田有司
    第13回日本統合失調症学会 2018年.0月
  • 未治療統合失調症における脳波高周波数帯域での機能的結合性の異常:Phase Laglndexを用いた神経ネットワーク解析
    田中悠二、高橋哲也、信川 創、菊知 充、後藤嵩志、東間正人、和田有司
    第13回日本統合失調症学会 2018年03月

受賞

  •  福井大学医学部2010年1-6月における 優秀論文2010年06月
    Smaller Insula and Inferior Frontal Volumes in Young Adults with Pervasive Developmental Disorders.
  •  AOCCN (Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009 Travel Award 受賞2009年04月
    Decreased bilateral insulae volume in youth with pervasive developmental disorders.

科学研究費補助金

  • デフォルトモードからの散逸に基づいた課題処理における脳領野間ネットワークの解明基盤研究(C)
    代表者:山西 輝也 2018年度
  • 発達性ディスレクシアの神経基盤の解明と早期発見・介入の試み基盤研究(C)
    代表者:巨田 元礼 2018年度
  • キレる子どもの神経基盤の解明と有効な包括的対支援システムの構築基盤研究(C)
    代表者:川谷 正男 2018年度
  • 精神疾患と創造性:神経ネットワーク理論に基づく神経基盤の解明基盤研究(C)
    代表者:上野 幹二 2016年度
  • 神経ダイナミクスから社会的相互作用に至る過程の理解と構築による構成的発達科学特別推進研究
    代表者:浅田稔 2016年度
  • 神経ネットワーク障害仮説に着目した自閉性障害におけるオキシトシン作用機序の解明基盤研究(C)
    代表者:高橋 哲也 2016年度
  • 神経ネットワーク障害仮説に着目した自閉性障害におけるオキシトシン作用機序の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:高橋 哲也 2017年度
  • 統合失調症の認知機能に関する脳イメージング研究基盤研究(C)
    代表者:和田有司 2012年度
  • デフォルトモードネットワークにおけるBMIの応用に向けた脳波特性の研究奨励研究
    代表者:山西輝也 2016年度
  • 医学的評価に基づく自閉症児のきょうだい支援システムの構築基盤研究(C)
    代表者:川谷 正男 2016年度
  • 医学的評価に基づく自閉症児のきょうだい支援システムの構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:川谷 正男 2014年度
  • 自閉性障害の神経ネットワーク異常に関する研究:非線形解析による脳形態生理学的検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:高橋 哲也 2014年度
  • 創造性が高齢者の脳機能に及ぼす影響-脳波の非線形解析を用いた統合的研究-基盤研究(C)(一般)
    代表者:上野 幹二 2014年度
  • 神経ネットワークに着目した電気けいれん療法の作用機序の解明-脳波の非線形解析-基盤研究(C)(一般)
    代表者:岡崎 玲子 2014年度
  • 自閉性障害の神経ネットワーク異常に関する研究:非線形解析による脳形態生理学的検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:高橋 哲也 2013年度
  • 創造性が高齢者の脳機能に及ぼす影響-脳波の非線形解析を用いた統合的研究-基盤研究(C)(一般)
    代表者:上野 幹二 2013年度
  • 統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2012年度
  • 統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2011年度
  • 統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2010年度
  • 高齢者の認知機能障害の早期診断に関する多面的研究:形態・生理・機能学的アプローチ若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2009年度
  • 高齢者の認知機能障害の早期診断に関する多面的研究:形態・生理・機能学的アプローチ若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2008年度
  • マルチフラクタルによる脳 MRI 画像上の加齢性および病的白質変化の特徴抽出若手研究(B)
    代表者:高橋 哲也 2007年度
  • マルチフラクタルによる脳 MRI 画像上の加齢性および病的白質変化の特徴抽出若手研究(B)
    代表者:髙橋 哲也 2006年度
  • マルチフラクタルによる脳 MRI 画像上の加齢性および病的白質変化の特徴抽出若手研究(B)
    代表者:髙橋 哲也 2005年度
  • 精神疾患と創造性:神経ネットワーク理論に基づく神経基盤の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:上野 幹二 2016年度
  • 神経ネットワークに着目した電気けいれん療法の作用機序の解明-脳波の非線形解析-基盤研究(C)
    代表者:岡崎 玲子 2016年度

プロジェクト活動

  • 脳領域/個体/集団間のインタラクション創発原理の解明と適用
    :JST戦略的基礎研究推進事業(CREST)
    研究期間:2017年10月 - 2023年33月  代表者:津田一郎