清野 泰

所属部署名分子プローブ開発応用領域
教員組織分子プローブ開発応用領域
教育研究組織高エネルギー医学研究センター
職名教授
更新日: 19/12/05 15:55

研究者基本情報

氏名

    清野 泰
    キヨノ ヤスシ
    KIYONO Yasushi

所属

  •  分子プローブ開発応用領域 教授
  •  ライフサイエンス支援センター センター長

学歴

  • - 1998年02月京都大学 博士後期課程医療薬科学専攻
  • 1995年04月- 1997年03月京都大学 修士課程薬品作用制御システム専攻
  • 1991年04月- 1995年03月京都大学 薬学部

学位

  • 博士(薬学)

経歴

  • 2006年04月福井大学高エネルギー医学研究センター 准教授
  • 2002年04月- 2006年03月京都大学医学部附属病院 助手
  • 1998年03月- 2002年03月京都府立医科大学 助手

所属学協会

    日本薬学会 一般会員,欧州核医学会 一般会員,米国核医学会 一般会員,日本核医学会 編集委員,日本分子イメージング学会 一般会員,Society for Molecular Imaging 一般会員,日本核医学会,日本薬学会,米国核医学会,

研究活動情報

論文

  • Metabolic tumor burden predicts prognosis of ovarian cancer patients who receive platinum-based adjuvant chemotherapy.
    Yamamoto M, Tsujikawa T, Fujita Y, Chino Y, Kurokawa T, Kiyono Y, Okazawa H, Yoshida Y
    Cancer Sci 107(4) 478-485 2016年04月 査読有り
  • Assessment of the tumor redox status in head and neck cancer by 62Cu-ATSM PET.
    Tsujikawa T, Asahi S, Oh M, Sato Y, Narita N, Makino A, Mori T, Kiyono Y, Tsuchida T, Kimura H, Fujieda S, Okazawa H
    PLoS ONE 11(5) e0155635 2016年05月 査読有り
    Okazawa H
  • Establishment and characterization of a novel orthotopic mouse model for human uterine sarcoma with different metastatic potentials.
    S.Kawabe, T.Mizutani, S.Ishikane, ME.Martinez, Y.Kiyono, K.Miura, H.Hosoda, Y.Imamichi, K.Kangawa, K.Miyamoto, Y.Yoshida
    Cancer Lett 366(2) 182-190 2015年10月 査読有り
  • Predictive value of early stage uptake of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine in cancer cells treated with charged particle irradiation.
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, ME.Martinez , H.Okazawa, Y.Kiyono
    J Nucl Med 56(6) 945-950 2015年06月 査読有り
    Y.Kiyono
  • The co-occurrence of zinc deficiency and social isolation has the opposite effects on mood compared with either condition alone due to changes in the central norepinephrine system.
    H.Mitsuya, N.Omata, Y.Kiyono, T.Mizuno, T.Murata, K.Mita, H.Okazawa, Y.Wada
    Behav Brain Res 284 125-130 2015年05月 査読有り
  • Prognostic value of dual-time-point 18F-FDG PET for idiopathic pulmonary fibrosis.
    Y.Umeda, Y.Demura, M.Morikawa, M.Anzai, M.Kadowaki, S.Ameshima, T.Tsuchida, T.Tsujikawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, T.Ishizaki, T.Ishizuka
    J Nucl Med 56(12) 1869-1875 2015年12月 査読有り
  • High-throughput screening with nanoimprinting 3D culture for efficient drug development by mimicking the tumor environment.
    Y.Yoshii, T.Furukawa, A.Waki, H.Okuyama, M.Inoue, M.Itoh, MR.Zhang, H.Wakizaka, C.Sogawa, Y.Kiyono, H.Yoshii, Y.Fujibayashi, T.Saga
    Biomaterials 51 278-289 2015年05月 査読有り
  • Comparison of image quality with 62Cu and 64Cu-labeled radiotracers in positron emission tomography whole-body phantom imaging.
    M.Kobayashi, T.Mori, T.Tsujikawa, K.Ogai, J.Sugama, Y.Kiyono, K.Kawai, H.Okazawa
    Hell J Nucl Med 18(2) 103-107 2015年05月 査読有り
    H.Okazawa
  • The co-occurrence of zinc deficiency and social isolation has the opposite effects on mood compared with either condition alone due to changes in the central norepinephrine system
    H.Mitsuya, N.Omata, Y.Kiyono, T.Mizuno, T.Murata, K.Mita, H.Okazawa, Y.Wada
    Behavioural Brain Research 1(284) 125-130 2015年02月 査読有り
  • Assessing Tumor Hypoxia in Head and Neck Cancer by PET With 62Cu-Diacetyl-Bis(N4-Methylthiosemicarbazone)
    Y.Sato, T.Tsujikawa, M.Oh, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Kimura, H.Okazawa
    Clin Nucl Med 39(12) 1027-1032 2014年12月 査読有り
  • Brain imaging for oxidative stress and mitochondrial dysfunction in neurodegenerative disease
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Q J Nucl Med Mol Imaging 58(4) 387-397 2014年12月 査読有り
  • エンドトキシン保存検量線の他施設での利用の可能性の検討
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡  文, 清野  泰, 藤林 靖久
    核医学 51(4) 383-386 2014年11月 査読有り
  • 膵β細胞イメージング
    清野 泰, 木村 寛之
    胆と膵 35(4) 379-384 2014年04月 査読無し
  • Neuronal plasticity in depressive or manic states - New assessment of our hypothesis: Mania is an extension of depression from the perspective of neuronal plasticity
    N.Omata, T.Mizuno, H.Mitsuya, K.Mita, Y.Higashi, T.Kamichika, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada
    Med Hypotheses 24(3) 891-8 2014年01月 査読有り
  • The Potential of o-Bromo-trans-decalinvesamicol as a New PET Ligand for Vesicular Acetylcholine Transporter Imaging
    Mohammad Anwar-ul Azim, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Daisuke Miwa, Yoji Kitamura, Kazuma Ogawa, Akira Makino, Yasushi Kiyono, Kazuhiro Shiba
    Synapse 68(10) 445-453 2014年01月 査読有り
  • エンドトキシン測定法における検量線の保存利用の妥当性: 測定値の真値からの乖離と分散の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 靖久
    核医学 50(4) 289-296 2013年11月 査読有り
  • Mania:Not the opposite of depression, but an extension?Neuronal plasticity and polarity
    T.Mizuno, N.Omata, T.Murata, H.Mitsuya, N.Maruoka, K.Mita, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Ikeda, Y.Wada
    Med Hypotheses 81(2) 175-9 2013年08月 査読有り
  • Development and evaluation of a radio bromine-labeled sigma ligand for tumor imaging
    Kazuma Ogawa, Hiroya Kanbara, Yasushi Kiyono, Yoji Kitamura, Tatsuto Kiwada, Takashi Kozaka, Masanori Kitamura, Tetsuya Mori, Kazuhiro Shiba, Akira Odani
    Nucl Med Biol 40(4) 445-450 2013年05月 査読有り
  • Fatty acid synthase is a key target in multiple essential tumor functions of prostate cancer: uptake of radiolabeled acetate as a predictor of the targeted therapy outcome
    Y.Yoshii, T.Furukawa, N.Oyama, Y.Hasegawa, Y.Kiyono, R.Nishii, A.Waki, AB.Tsuji, C.Sogawa, H.Wakizaka, T.Fukumura, H.Yoshii, Y.Fujibayashi, JS.Lewis, T.Saga
    PLoS One 31(8) e64570 2013年05月 査読有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET for Differential Diagnosis and Quantitative Evaluation of Mesenchymal Uterine Tumors: Correlation with Immunohistochemical Analysis
    Z.Zhao, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    J Nucl Med 54(4) 499-506 2013年04月 査読有り
  • Region-specific causal mechanism in the effects of ammonia on cerebral glucose metabolism in the rat brain
    N.Maruoka, T.Murata, N.Omata, H.Mitsuya, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada
    J.Neural Transm. 120(3) 375-382 2013年03月 査読有り
  • Effect of dietary zinc deficiency on ischemic vulnerability of the brain
    N.Omata, T.Murata, N.Maruoka, H.Ikeda, H.Mitsuya, T.Mizuno, K.Mita, M.Asano, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada
    Neuroscience Letters 531(1) 42290 2012年11月 査読有り
  • Norepinephrine Transporter Imaging in the Brain of a Rat Model of Depression Using Radioiodinated (2S, aS)-2-(a-(2-iodophenoxy)benzyl)morpholine
    N.Kanegawa, Y.Kiyono, T.Sugita, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Sajji
    Molecular Imaging 11(4) 280-285 2012年07月 査読有り
  • 新しい膵β細胞イメージング
    清野 泰, 藤林 靖久
    月刊糖尿病 4(6) 76-81 2012年06月 査読無し
  • Positron Emission Tomography Radiopharmaceuticals for Sex Steroid Hormone Receptor Imaging
    Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    Curr Med Chem 19(20) 3266-3270 2012年06月 査読無し
  • Oestrogen-related tumour phenotype: PET characterisation with 18F-FDG and 18F-FES
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, H.Maeda, T.Tsuchida, T.Mori, Y.Kiyono, H.Kimura, H.Okazawa
    Br J Radiol 85(1015) 1020-1024 2012年06月 査読有り
  • Different distribution of 62Cu ATSM and 18F-FDG in head-and-neck cancers
    A.Kositwattanarerk, M.Oh, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Mori, Y.Kimura, R.Maruyama, Y.Fujibayashi, S.Fujieda, H.Okazawa
    Clin Nucl Med 37(3) 252-257 2012年03月 査読有り
  • Appropriate parameters of ordered-subset expectation maximization algorithm on measurement of myocardial blood flow and oxygen consumption with 11C-acetate PET
    M.Kobayashi, T.Mori, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, R.Maruyama, Y.Higaki, N.Shikano, R.Nishii, K.Kawai, T.Kudo, H.Okazawa
    Nucl Med Commun 33(2) 130-138 2012年02月 査読有り
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced intracellular state due to mitochondrial dysfunction: studies with mitochondrial DNA-less rho0 cells and cybrids carrying MELAS DNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T.Saga, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 39(2) 117-185 2012年02月 査読有り
  • Cerebral oxygen metabolism of rats using injectable 15O-oxygen with a steady-state method
    M.Kobayashi, T.Mori, Y.Kiyono, V.N.Tiwari, R.Maruyama, K.Kawai, H.Okazawa
    J Cereb Blood Flow Metab 32(1) 33-40 2012年01月 査読有り
  • Role of PET/CT in gynecological tumors based on the revised FIGO staging classification
    T.Tsujikawa, T.Tsuchida, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Kimura
    Clin Nucl Med 36(9) e114-118 2011年09月 査読有り
  • Nanoimprinted scaffolds provide a novel 3D culture model facilitating spontaneous tumor cell migration and well-regulated spheroid formation
    Y.Yoshii, A.Waki, K.Yoshida, A.Kakezuka, M.Kobayashi, H.Namiki, Y.Kuroda, Y.Kiyono, H.Yoshii, T.Furukawa, T.Asai, H.Okazawa, J.G.Gelovani, Y.Fujibayashi
    Biomaterials 32(26) 6052-6058 2011年09月 査読有り
  • Kikuchi-Fujimoto disease; PET/CT assessment of a rare cause of cervical lymphadenopathy
    T.Tsujikawa, T.Tsuchida, Y.Imamura, M.Kobayashi, S.Asahi, K.Shimizu, K.Tsuji, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Kimura
    Clin Nucl Med 36(8) 661-664 2011年08月 査読有り
  • New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a bacterial infections imaging agent
    M.E.Martinez, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, M.Kobayashi, T.Mori, Y.Tokunaga, V.N.Tiwari, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, T.Ido
    Nucl Med Biol 38(6) 807-817 2011年08月 査読有り
  • 感染症診断のための分子イメージング剤の開発
    法木 左近, 稲井 邦博, 清野 泰, M.E.Martinez, 藤林 靖久, 井戸 達雄
    映像情報Medical 43(9) 734-736 2011年08月 査読無し
  • 子宮・卵巣がん
    岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 辻川 哲也, 清野 泰
    PET Journal 14 38-40 2011年07月 査読無し
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET for evaluation of brain ischaemia and misery perfusion in patients with cerebrovascular disease
    M.Isozaki, Y.Kiyono, Y.Arai, T.Kudo, T.Mori, R.Maruyama, K.Kikuta, H.Okazawa
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(6) 1075-1082 2011年06月 査読有り
  • 婦人科癌
    辻川 哲也, 土田 龍郎, 吉田 好雄, 黒川 哲司, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 木村 浩彦
    臨床放射線 56(6) 730-740 2011年06月 査読無し
  • Internal radiotherapy with copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) reduces CD133+ highly tumorigenic cells and metastatic ability of mouse colon carcinoma
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, T.Asai, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 38(2) 151-157 2011年02月 査読有り
  • Development of an H215O steady-state method combining a bolus and slow increasing injection with a multi-programming syringe pump
    M.Kobayashi, Y.Kiyono, R.Maruyama, T.Mori, K.Kawai, H.Okazawa
    J Cereb Blood Flow Metab 31(2) 527-534 2011年02月 査読有り
  • Functional oestrogen receptor alpha imaging in endometrial carcinoma using 16α-[18F]fluoro-17β-oestradiol PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Kurokawa, T.Kudo, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Eur J Nucl Med Mol Imaging. 38(1) 37-45 2011年01月 査読有り
  • Early response assessment in prostate carcinoma by 18F-fluorothymidine following anticancer therapy with docetaxel using preclinical tumour models
    N.Oyama, Y.Hasegawa, Y.Kiyono, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi, Dotta E. Ponde, Carmen Dence, Michael J. Welch, O.Yokoyama
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(1) 81-89 2011年01月 査読有り
  • Additional value of 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol PET for differential diagnosis between uterine sarcoma and leiomyoma in patients with positive or equivocal findings on [18F]fluorodeoxyglucose PET
    Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, T.Kurokawa, H.Okazawa, F.Kotsuji
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(10) 1824-1831 2011年01月 査読有り
  • 人工赤血球を用いた脳酸素代謝測定
    岡沢 秀彦, 清野 泰, V.N.Tiwari, 森 哲也, 小林 正和, 藤林 康久
    人工血液 18(3) 97-101 2010年12月 査読有り
  • Imaging with radiolabelled anti-membrane type 1 matrix metalloproteinase (MT1-MMP) antibody: potentials for characterizing atherosclerotic plaques
    Yuji Kuge, Nozomi Takai, Yuki Ogawa, Takashi Temma, Yan Zhao, Kantaro Nishigori, Seigo Ishino, Junko Kamihashi, Yasushi Kiyono, Masashi Shiomi, Hideo Saji
    European Journal of Nuclear Medicine & Molecular Imaging 37(11) 2093-2104 2010年11月 査読有り
  • 腫瘍:低酸素イメージングの臨床応用と課題
    岡沢 秀彦, 清野 泰
    Bio Clinica 25(9) 790-793 2010年08月 査読無し
  • Clinical implication and prognosis of normal baseline cerebral blood flow with impaired vascular reserve in patients with major cerebral artery occlusive disease
    M.Isozaki, Y.Arai, T.Kudo, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Kubota, K.Kikuta, H.Okazawa
    Ann Nucl Med 24(5) 371-377 2010年06月 査読有り
  • Copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) accumulates in rich regions of CD133+ highly tumorigenic cells in mouse colon carcinoma
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, A.Waki, T.Mori, H.Yoshii, M.Oh, T.Asai, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 37(4) 395-404 2010年05月 査読有り
  • Comparison of the transcellular transport of FDG and D-glucose by the kidney epithelial cell line, LLC-PK1
    M.Kobayashi, N.Shikano, R.Nishii, Y.Kiyono, H.Araki, K.Nishi, M.Oh, H.Okudaira, M.Ogura, M.Yoshimoto, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, K.Kawai
    Nucl Med Commun 31(2) 141-146 2010年02月 査読有り
  • Automatic labeling method for injectable 15O-oxygen using hemoglobin-containing liposome vesicles and its application for measurement of brain oxygen consumption by PET
    V.N.Tiwari, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 37(1) 77-83 2010年01月 査読有り
  • 18F-FDGを用いた脳PET検査の健常者データベースにおけるTransmission撮像および減弱補正法の影響
    小林 正和, 杉本 勝也, 丸山 力哉, 辻川 哲也, 工藤 崇, 清野 泰, 小野口 昌久, 川井 恵一, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    日本放射線技術学会雑誌 66(1) 42-48 2010年01月 査読有り
  • PETによる脳循環エネルギー代謝研究
    岡沢 秀彦, 清野 泰, 磯崎 誠, 井川 正道, 森 哲也, 米田 誠
    脳循環代謝 21(2) 42291 2010年01月 査読有り
  • Pathophysiologic correlation between 62Cu-ATSM and 18F-FDG in lung cancer
    T.G.Lohith, T.Kudo, Y.Demura, Y.Umeda, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    J Nucl Med 50(12) 1948-1953 2009年12月 査読有り
  • 機能画像の基礎
    岡沢 秀彦, 清野 泰
    臨床放射線 54(12) 1593-1602 2009年11月 査読無し
  • Multipoint analysis of reduced 125I-meta-iodobenzylguanidine uptake and norepinephrine turnover in the hearts of mice with 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydroxypyridine-induced parkinsonism
    N.Fukumitsu, M.Suzuki, T.Fukuda, Y.Kiyono
    Nuclear Medicine and Biology 36 623-929 2009年08月 査読有り
  • Imaging of HIF-1-active tumor hypoxia using a protein effectively delivered to and specifically stabilized in HIF-1-active tumor cells
    T.Kudo, M.Ueda, Y.kuge, T.Mukai, S.Tanaka, M.Masutani, Y.Kiyono, S.Kizaka-Kondoh, M.Hiraoka, H.Saji
    J Nucl Med 50(6) 942-949 2009年06月 査読有り
  • Cytosolic acetyl-CoA synthetase affected tumor cell survival under hypoxia: the possible function in tumor acetyl-CoA/acetate metabolism
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, Y.Kiyono, A.Waki, M.Kobayashi, T.Tsujikawa, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Cancer Science 100(5) 821-827 2009年05月 査読有り
  • 脳卒中と分子イメージング
    岡沢 秀彦, 工藤 崇, 小林 正和, 清野 泰, 米田 誠, 藤林 康久
    脳神経外科学速報 19(5) 536-543 2009年05月 査読無し
  • Development of microwave-based automated nucleophilic [18F]fluorination system and its application to the production of [18F]flumazenil
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(4) 403-409 2009年05月 査読有り
  • Preparation and evaluation of ethyl [18F]fluoroacetate as a pro-radiotracer of [18F]luoroacetate for the measurement of glial metabolism by PET
    T.Mori, Li-Quan Sun, M.Kobayashi, Y.Kiyono, H.Okazawa, T.Furukawa, H.Kawashima, M.J. Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(2) 155-162 2009年02月 査読有り
  • Development of [90Y]DOTA-conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases
    K.Ogawa, H.Kawashima, K.Shiba, K.Washiyama, M.Yoshimoto, Y.Kiyono, M.Ueda, H.Mori, H.Saji
    Nuclear Medicine and Biology 36(2) 129-135 2009年02月 査読有り
  • Functional images reflect aggressiveness of endometrial carcinoma: Estrogen receptor expression combined with FDG-PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Kurokawa, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    J Nucl Med 50(10) 1598-1604 2009年01月 査読有り
  • Tumor uptake of radiolabeled acetate reflects the expression of cytosolic acetyl-CoA synthetase: implications for the mechanism of acetate PET
    Y.Yoshii, A.Waki, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, T.Kudo, H.Okazawa, MJ Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(7) 771-777 2009年01月 査読有り
  • Vasodilatory effect of adenosine triphosphate does not change cerebral blood flow - A PET study with 15O-water
    R.Hussain, T.Tsuchida, T.Kudo, M.Kobayashi, T.Tsujikawa, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Ann Nucl Med 23(8) 717-723 2009年01月 査読有り
  • 脳卒中治療に関連した分子プローブの開発と臨床応用の可能性
    岡沢 秀彦, 小林 正和, 辻川 哲也, 工藤 崇, 清野 泰, 藤林 康久, T.G.Lohith, V.N.Tiwari
    脳卒中 30(6) 817-821 2008年11月 査読無し
  • 第8回若手研究者奨励賞最優秀賞の受賞について
    清野 泰
    日本心臓核医学会ニュースレター 10(2) 13 2008年08月 査読無し
  • Evaluation of radioiodinated (2S,αS)-2-(α-(2-iodophenoxy)benzyl)morpholine as a radioligand for imaging of norepinephrine transporter in the heart
    Y.Kiyono, T.Sugita, M.Ueda, H.Kawashima, N.Kanegawa, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Saji
    Nucl Med Biol 35(2) 213-218 2008年02月 査読有り
  • 子宮腫瘍性疾患におけるエストロゲン受容体とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 吉田 好雄, 工藤 崇, 清野 泰, 黒川 哲司, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    臨床放射線 53(10) 1238-1243 2008年01月 査読有り
  • ノルエピネフリン・トランスポータをイメージングする分子イメージングプローブの開発:機能性精神疾患の病態解明を目指して
    清野 泰
    北陸アイソトープ研究会誌 9 33-38 2007年12月 査読無し
  • Applicability of a high resolution small semiconductor gamma camera to small animal imaging
    Y.Kiyono, Y.Kuge, Y.Katada, H.Kawashima, Y.Magata, H.Saji
    Nuclear Medicine Communications 28(9) 736-741 2007年09月 査読有り
  • 分子イメージングとがん治療戦略:イメージングによるインビボ組織染色を目指して
    久下 裕司, 佐治 英郎, 玉木 長良, 趙 松吉, 関 興一, 上田 真史, 清野 泰
    INNERVISION 22(7) 42 2007年07月 査読無し
  • Is MIBG a substrate of P-glycoprotein?
    Y.Kiyono, T.Yamashita, H.Doi, Y.Kuge, Toshiya Katsura, K.Inui, H.Saji
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 34(4) 448-452 2007年04月 査読有り
  • Gamma delta T cells kill myeloma cells by sensing mevalonate metabolites and ICAM-1 molecules on cell surface
    R.Uchida, E.Ashihara, K.Sato, S.Kimura, J.Kuroda, M.Takeuchi, Eri Kawata, K.Taniguchi, M.Okamoto, K.Shimura, Y.Kiyono, C.Shimazaki, M.Taniwaki, T.Maekawa
    Biochemical and biophysical research communications 354(2) 613-618 2007年03月 査読有り
  • 動脈硬化病態の解析と分子イメージング:プロスタグランジン合成酵素を標的として
    久下 裕司, 佐治 英郎, 清野 泰, 横田 千晶, 玉木 長良, 関 興一
    INNERVISION 21(7) 18 2006年07月 査読無し
  • V1a vasopression receptors maintain normal blood pressure by regulating circulationg blood volume and baroreflex sensitivity
    TA.Koshimizu, Y.Nasa, A.Tanoue, R.Oikawa, Y.Kawahara, Y.Kiyono, T.Adachi, T.Tanaka, T.Kuwaki, T.Mori, S.Takeo, H.Okamura, G.Tsujimoto
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(20) 7807-7812 2006年05月 査読有り
  • Synthesis and evaluation of radioiodinated (S,S)-2-(α-(2-iodophenoxy)benzyl)morpholine for imaging brain norepinephrine transporter
    Naoki Kanegawa, Yasushi Kiyono, Hiroyuki Kimura, Taku Sugita, Satomi Kajiyama, Hidekazu Kawashima, Masashi Ueda, Yuji Kuge, Hideo Saji
    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 33(6) 639-647 2006年01月 査読有り
  • Reduced 125I-meta-iodobenzylguanidine uptake and norepinephrine transporter density in the hearts of mice with MPTP-induced parkinsonism
    N.Fukumitsu, M.Suzuki, T.Fukuda, Y.Kiyono, S.Kajiyama, H.Saji
    Nuclear Medicine and Biology 33(1) 37-42 2006年01月 査読有り
  • Synthesis and evaluation of radioiodinated cyclooxygenase-2 inhibitors as potential SPECT tracers for cyclooxygenase-2 expression
    Y.Kuge, Y.Katada, S.Shimonaka, T.Temma, H.Kimura, Y.Kiyono, C.Yokota, K.Minematsu, K.Seki, N.Tamaki, K.Ohkura, H.Saji
    Nuclear Medicine and Biology 33(1) 21-27 2006年01月 査読有り
  • Influence of the polyol pathway on norepinephrine transporter reduction in diabetic cardiac sympathetic nerve; implications for heterogeneous accumulation of MIBG
    Yasushi Kiyono, Satomi Kajiyama, Hiromi Fujiwara, Naoki Kanegawa, Hideo Saji
    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 32 438-442 2005年 査読有り
  • Evaluation of radioiodinated (R)-N-methyl-3-(2-iodophenoxy)-3-phenylpropanamine as a ligand for brain norepinephrine transporter imaging
    Yasushi Kiyono, Naoki Kanegawa, Hidekazu Kawashima, Yoji Kitamura, Yasuhiko Iida, Hideo Saji
    Nuclear Medicine and Biology 31 147-153 2004年 査読有り
  • A new norepinephrine transporter imaging agent for cardiac sympathetic nervous function imaging: radioiodinated (R)-N-methyl-3-(2-iodophenoxy)-3-phenylpropanamine
    Yasushi Kiyono, Naoki Kanegawa, Hidekazu Kawashima, Hiromi Fujiwara, Yasuhiko Iida, Hiroshi Nishimura, Hideo Saji
    Nuclear Medicine and Biology 30 697-706 2003年 査読有り
  • (64)Cu-ATSM therapy targets regions with activated DNA repair and enrichment of CD133(+) cells in an HT-29 tumor model: Sensitization with a nucleic acid antimetabolite.
    Yoshii Y,Furukawa T,Matsumoto H,Yoshimoto M,Kiyono Y,Zhang MR,Fujibayashi Y,Saga T.
    Cancer lett. 376(1) 74-82 2016年06月 査読有り
  • Increased oxidative stress is related to disease severity in the ALS motor cortex: A PET study
    M.Ikawa,H.Okazawa,T.Tsujikawa,A.Matsunaga,O.Yamamura,T.Mori,T.Hamano,Y,Kiyono,Y.Nakamoto,M.Yoneda
    Neurology 84(20) 2033-2039 2015年05月 査読有り
  • Estimation of arterial input by a noninvasive image derived method in brain H215O PET study confirmation of arterial location using MR angiography
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    Phys Med Biol 62(11) 4514-4524 2017年06月 査読有り
    Okazawa H
  • Mania is an extension of depression from the perspective of neuronal plasticity - Evaluation of our hypothesis through the affective spectrum
    Omata N, Mizuno T, Matsumoto H, Mitsuya H, Mita K, Kiyono Y, Wada Y
    Med Hypotheses 102 87-88 2017年05月 査読有り
  • Highly sensitive telomerase assay insusceptible to telomerase and polymerase chain reaction inhibitors for cervical cancer screening using scraped cells
    Yaku H, Yoshida Y, Okazawa H, Kiyono Y, Fujita Y, Miyoshi D
    Anal Chem 89(13) 6948-6953 2017年07月 査読有り
  • Assessment of intratumor heterogeneity in mesenchymal uterine tumor by an (18)F-FDG PET/CT texture analysis
    Tsujikawa T, Yamamoto M, Shono K, Yamada S, Tsuyoshi H, Kiyono Y, Kimura H, Okazawa H, Yoshida Y
    Ann Nucl Med 31(10) 752-757 2017年09月 査読有り
    Tsujikawa T
  • 18F-FDG PET radiomics approaches: comparing and clustering features in cervical cancer
    Tsujikawa T, Rahman T, Yamamoto M, Yamada S, Tsuyoshi H, Kiyono Y, Kimura H, Yoshida Y, Okazawa H
    Ann Nucl Med 31(9) 678-685 2017年11月 査読有り
    Tsujikawa T
  • 18F-FDG/18F-FES standardized uptake value ratio determined using PET predicts prognosis in uterine sarcoma
    Yamamoto M, Tsujikawa T, Yamada S, Kurokawa T, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H, Yoshida Y
    Oncotarget 8(14) 22581-22589 2017年04月 査読有り
  • Pixel-by-pixel precise delay correction for measurement of cerebral hemodynamic parameters in H2(15)O PET study
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    Ann Nucl Med 31(4) 283-294 2017年05月 査読有り
    Okazawa H
  • PET probe detecting non-small cell lung cancer susceptible to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor therapy
    Makino A, Miyazaki A, Tomoike A, Kimura H, Arimitsu K, Hirata M, Ohmomo Y, Nishii R, Okazawa H, Kiyono Y, Ono M, Saji H
    Bioorg Med Chem 26(8) 1609-1613 2018年05月 査読有り
    Makino A
  • Noninvasive method for measurement of cerebral blood flow using O-15 water PET/MRI with ASL correlation
    Okazawa H, Higashino Y, Tsujikawa T, Arishima H, Mori T, Kiyono Y, Kimura H, Kikuta K
    Eur J Radiol 105 102-109 2018年06月 査読有り
    Okazawa H
  • Evaluation of Ga-DOTA-(D-Asp)n as bone imaging agents: D-aspartic acid peptides as carriers to bone
    Ogawa K, Ishizaki A, Takai K, Kitamura Y, Makino A, Kozuka T, Kiyono Y, Shiba K, Odani A
    Sci Rep 7(1) 13971 2017年10月 査読有り
  • Radiobrominated benzimidazole-quinoline derivatives as Platelet-derived growth factor receptor beta (PDGFRβ) imaging probes
    Effendi N, Mishiro K, Takarada T, Makino A, Yamada D, Kitamura Y, Shiba K, Kiyono Y, Odani A, Ogawa K
    Scientific Reports 8(1) 10369 2018年07月 査読有り
  • Comparison of Radioiodine- or Radiobromine-Labeled RGD Peptides between Direct and Indirect Labeling Methods
    Ogawa K, Takeda T, Yokokawa M, Yu J, Makino A, Kiyono Y, Shiba K, Kinuya S, Odani A
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin 66(6) 651-659 2018年06月 査読有り
  • Development of a novel radiobromine-labeled sigma-1 receptor imaging probe
    Ogawa K, Masuda R, Mizuno Y, Makino A, Kozaka T, Kitamura Y, Kiyono Y, Shiba K, Odani A
    Nuclear Medicine and Biology 61 28-35 2018年06月 査読有り
  • Count-based method for specific binding ratio calculation in [I-123]FP-CIT SPECT analysis
    Rahman MGM, Islam MM, Tsujikawa T, Kiyono Y, Okazawa H
    Ann Nucl Med 33(1) 14-21 2019年01月 査読有り
    Okazawa H
  • 18F-FLT PET/MRI for bone marrow failure syndrome-initial experience
    Tsujikawa T, Tasaki T, Hosono N, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Zanotti-Fregonara P, Yamauchi T, Okazawa H
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年02月 査読有り
    Tsujikawa T
  • No significant difference found in PET/MRI CBF values reconstructed with CT-atlas-based and ZTE MR attenuation correction
    Okazawa H, Tsujikawa T, Higashino Y, Kikuta K, Mori T, Makino A, Kiyono Y
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年03月 査読有り
    Okazawa H
  • Psychosis is an extension of mood swings from the perspective of neuronal plasticity impairments
    Mizuno T, Matsumoto H, Mita K, Kogauchi S, Kiyono Y, Kosaka H, Omata N
    Med Hypotheses 124 37-39 2019年03月 査読有り
  • 18F-FDG PET radiomics アプローチ:子宮頚がんにおける特徴量の比較とクラスタリング
    辻川 哲也、Rahman Tasmiah、山本 真、山田 しず佳、津吉 秀昭、清野 泰、木村 浩彦、吉田 好雄、岡沢 秀彦
    臨床核医学 51(4) 60-61 2018年07月 査読無し
    Tsujikawa T
  • The vertebral 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake predicts the hematological toxicity after systemic chemotherapy in patients with lung cancer.
    Umeda Y, Tsujikawa T, Anzai M, Morikawa M, Waseda Y, Kadowaki M, Shigemi H, Ameshima S, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H, Ishizuka T.
    Eur Radiol. 29(7) 3908-3917 2019年07月 査読有り

著書

  • 循環器専門医に必要な検査必須知識
    工藤 崇, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    執筆、編集
    第4章画像所見の読み方、活かし方 「PETでなにがわかるか」
    メジカルビュー社 2013年03月
    9784758314053C3047

講演・口頭発表等

  • 低酸素環境下のがん細胞に対する粒子線治療の効果予測に関する基礎的検討
    清野 泰、村田桃子、久米 恭、森 哲也、浅井竜哉、岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り
  • Predictive value of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake in colorectal cancer treated with carbon ion irradiation under hypoxic condition.
    Kiyono Y, Kume K, Mori T, Okazawa H
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り
  • 核医学分子イメージングによる細胞増殖機能の評価はがん治療に役立つ?
    清野 泰
    金沢大学薬学シンポジウム2014 2014年12月 選考無し 0
  • 18F-FLTを用いた粒子線治療効果予測のための基礎的検討
    清野 泰, 林超, 久米 恭, 森 哲也, Martinez Pozo Miguel Ernesto, 高田卓志, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • 婦人科腫瘍のエストロゲン受容体ダイナミックPETと動態解析~静態画像(SUV値)が意味するもの~
    辻川 哲也, 牧野 顕, 森 哲也, 清野 泰, 吉田 好雄, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • オージェ電子を用いたナノ粒子型内照射治療薬剤に関する基礎検討
    牧野 顕, 鹿沼俊樹, 坂下広幸, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • PET薬剤のフィルター完全性試験における工程管理値の検討
    森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 日本核医学会
  • Increased cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis: a 62Cu-ATSM PET study
    K.Miyazaki, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, T.Hamano, Y.Nakamoto, Y.Kiyono, H.Okazawa, M.Yoneda
    The 11th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine 2014年11月 選考有り 0
  • 他の施設で作成されたエンドトキシン保存検量線の利用妥当性の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 康久
    第54回日本各核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • Hypoxic volume measurement using Cu-ATSM PET may be a predictive index for prognosis of advanced head-and-neck cancers: Comparison with FDG-PET.
    H.Okazawa, T.Tsujikawa, M.Oh, Y.Sato, T.Mori, S.Fujieda, Y.Kiyono
    World Molecular Imaging Conference 2014年09月 選考有り World Molecular Imaging Conference 2014
  • FDG-PETによるvolume-based parameter測定は卵巣癌の予後予測に有用か
    山本 真, 黒川 哲司, 辻川 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    第62回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2014年09月 選考無し 0
  • Polymeric micelle type dual imaging probe for PET and optical imaging techniques
    Akira Makino, Ayaka Tomoike, Hiroyuki Kimura, Masahiro Ono, Goro Nishimura, Yasushi Kiyono, Hideo Saji
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • 卵巣癌におけるFDG-PETのTLGの有用性
    山本 真, 黒川 哲司, 辻川 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    JSAWI2014(The 15th Annual Symposium Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 2014年09月 選考無し 0
  • Comparison of target sites for exploring an effective nano-irradiation therapy using Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • Predictive value of early stage uptake of 18F-FLT in colorectal cancer treated with charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, H.Okazawa, Y.Kiyono
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • Evaluation of cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis using 62Cu-ATSM PET.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, M.Yoneda
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine
  • Volume-based hypoxic parameters of 62Cu-ATSM PET as prognostic indicators in head and neck cancer
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M. Oh, Y. Sato, T.Tsuchida, A. Makino, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Okazawa
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • Evaluation of target sites for nano-irradiation therapy with Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • Development of a low cost flexible module system for F-18 labeled PET tracer production
    T.Mori, K.Takaki, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Efficacy of 64Cu-ATSM internal radiotherapy against CD133+ cancer stem cells in colon carcinoma: improvement of therapeutic effect with nucleic acid antagonists
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Matsumoto, M.Yoshimoto, MR.Zhang, Y.Kiyono, H.Yoshii, Y.Fujibayashi, T.Saga
    SNMMI 2014 Annual meeting 2014年06月 選考有り 0
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    日本分子イメージング学会第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 低価格高汎用性を目指したF-18標識薬剤自動合成システムの開発
    森 哲也, 高木 健志, 近藤 篤彦, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    日本分子イメージング学会第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • βアミロイド斑イメージング用トレーサー、[18F]FBOX-2合成法の検討
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 清野 泰
    日本分子イメージング学会 第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 0
  • Increased cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis: a 62Cu-ATSM PET study
    M.Ikawa, H.Okazawa, T.Tsujikawa, T.Muramatsu, T.Kishitani, T.Kamisawa, A.Matsunaga, O.Yamamura, T.Mori, T.Hamano, Y.Kiyono, Y.Nakamoto, M.Yoneda
    2014 AAN 2014年05月 選考有り 0
  • 62Cu-ATSM PETによる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の評価
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 辻川 哲也, 米田 誠, 森 哲也, 清野 泰
    第73回日本医学放射線学会総会 2014年04月 選考有り 日本医学放射線学会
  • Evaluation of radiobrominated (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Mori, Miguel Martinez, T.Asai, H.Okazawa
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Imaging of changes in norepinephrine transporter in depression model rats with a radiobrominated (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine.
    M.Kashiwahara, N.Omata, T.Mizuno, T.Asai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Evaluation of target sites for nano-irradiation therapy with Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • 効率的なAuger電子内照射治療のための治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    日本薬学会第134年会 2014年03月 選考有り 0
  • Regional changes in cerebral oxidative stress of neurodegenerative disease evaluated by 62Cu-ATSM PET
    M.Yoneda, M. Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    International Workshop for Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies.
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考無し BIRC, Univ. Fukui
  • Usefulness of total lesion glycolysis in FDG-PET studies for predicting the prognosis of ovarian cancer patients.
    M.Yamamoto, T.Kurokawa, Tetsuya Tsujikawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Yoshida
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考無し BIRC, Univ. Fukui
  • Regional changes in cerebral oxidative stress evaluated by 62Cu-ATSM PET in patients with amyotrophic lateral sclerosis.
    M.Yoneda, M. Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    International Workshop for Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Usefulness of total lesion glycolysis in FDG-PET studies for predicting the prognosis of ovarian cancer patients
    M.Yamamoto, T.Kurokawa, T.Tsujikawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Yoshida
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology(Fukui2014) 2014年03月 選考無し 0
  • Evaluation of radiolabeled o-bromo-decalinvesamicol (OBDV) as a PET ligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT).
    Mohammad Anwar-ul Azim, T.Kozaka, I.Uno, D.Miwa, Y.Kitamura, K.Ogawa, K.Kawai, A.Makino, Y.Kiyono, K.Shiba
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Disappearance of depression-related behaviors by extension of duration of social isolation; is mania beyond depression?
    N.Omata, T.Mizuno, H.Mitsuya, K.Mita, H.Okazawa, Y.Wada, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E. Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考無し 0
  • Evaluation of new precursors for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, S.Noriki, K.Inai, T.Ido, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Fully automated production of [18F]fluoroacetate on a compact FDG synthesizer
    T.Mori, R.Arai, D.Blampain, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考無し University of Fukui
  • Development of a flexible synthesis module system for F-18 labeled PET tracer
    T.Mori, T.Takaki, Y.Fujibayashi, T.Asai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り University of Fukui
  • 62Cu-ATSMを用いた低酸素イメージングによる頭頸部癌の予後予測
    辻川 哲也, 呉 明美, 佐藤 義高, 森 哲也, 清野 泰, 藤枝 重治, 岡沢 秀彦
    分子イメージング研究戦略推進プログラム成果報告シンポジウム 2014 2014年02月 選考無し 分子イメージング研究戦略推進プログラム
  • ナノ粒子の特性を活かした分子プローブの創製
    牧野 顕, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第三回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会 2014年01月 選考無し 0
  • Which target site is effective for nano-irradiation therapy using Auger electron?
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • HPLC and HPLC-ESI-MS/MS methods for the determination of 2-acetamido-2-deoxy-D-glucopyranose analogues
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, S.Noriki, K.Inai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • PET imaging of cerebral oxidative stress in neurodegenerative disorders
    M.Yoneda, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, T.Hamano, Y.Nakamoto, Y.Kiyono, H.Okazawa
    5th World Congress on Targeting Mitochondria 2014年01月 選考有り 0
  • Cu-ATSM uptake may predict prognosis after treatment in advanced head-and-neck cancers: Evaluation of resistant hypoxic tissue with tumor-to-muscle ratio
    Y.Sato, M.Oh, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda, H.Okazawa
    RSNA 2013 2013年12月 選考有り RSNA (北米放射線学会)
  • 筋萎縮性側索硬化症の脳内酸化ストレス・イメージング
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 松永 晶子, 山村 修, 濱野 忠則, 辻川 哲也, 森 哲也, 清野 泰, 米田 誠
    第25回日本脳循環代謝学会 2013年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • 62Cu-ATSMおよびFDG集積による進行頭頚部癌の予後予測の検討
    佐藤 義高, 呉 明美, 辻川 哲也, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第53回日本核医学会総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • Auger電子を利用した内用療法のための治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林靖久, 岡沢 秀彦
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 0
  • 院内製造PET薬剤の品質管理におけるエンドトキシン試験法に影響を与える因子の検討
    森 哲也, 脇 厚生, 高岡 文, 白石 浩巳, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • エンドトキシン測定法における検量線の保存利用の妥当性:測定値の真値からの乖離と分散の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 靖久
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • 汎用型PET薬剤自動合成システムの開発と実用性試験
    森 哲也, 高木 健志, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • Biodistribution of self-assembled nanoparticulate, Lactosome" by different two radioisotope modification methods"
    A.Makino, A.Tomoike, H.Saji, Y.Kiyono
    246th ACS National Meeting & Exposition 2013年09月 選考有り 0
  • 人工赤血球を用いたラットO-15 PET循環代謝測定法
    岡沢 秀彦, 小林 正和, 森 哲也, 清野 泰
    第9回小動物インビボイメージング研究会 2013年08月 選考無し 小動物インビボイメージング研究会
  • サイクロ廃棄の経験と放射化物の対応について
    森 哲也, 清野 泰, 牧野 顕, 杉本 勝也, 安達 登志樹, 岡沢 秀彦
    PETサマーセミナー2013 2013年08月 選考無し 日本核医学会PET核医学分科会
  • 病理形態学的なアプローチによる感染症診断分子イメージング剤の開発
    法木 左近, 稲井 邦博, Martinez Pozo Miguel, 清野 泰
    第102回日本病理学会総会 2013年06月 選考有り 0
  • Tumor-to-muscle ratio of Cu-ATSM uptake may reflect outcome of treatment in head-and-neck cancers: Predictability of resistant hypoxic tissue.
    Y.Sato, M.Oh, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Imaging of changes in norepinephrine transporter in depression model rats with a radiobrominated (2S, αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine.
    Y.Kiyono, M.Kashiwahara, N.Omata, T.Mizuno, T.Mori, T.Asai, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Predictability of later developed relapse in endometrial carcinoma in young women with functional imaging parameters of FES/FDG SUV ratio after hormone treatment.
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Predictability of later developed relapse in endometrial carcinoma in young women with functional imaging parameters of FES/FDG SUV ratio after hormone treatment.
    Y.Yoshida, H.Okazawa, A.Shinagawa, Y.Kiyono, T.Mori, T.Kurokawa
    2013 ASCO Annual Meeting 2013年06月 選考有り 0
  • Effects of the combination of zinc deficiency and social isolation on depression-like state in rats
    T.Mizuno, N.Omata, T.Murata, H.Mitsuya, N.Maruoka, K.Mita, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada
    WFSBP2013KYOTO Congress 2013年06月 選考有り 0
  • Auger電子による内照射治療を目的とした治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田理絵, 森 哲也, 吉井幸恵, 浅井竜哉, 藤林靖久, 岡沢秀彦
    第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2013年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMを用いたがん幹細胞局在領域イメージングと内用放射線治療:64Cu-ATSM治療によるがん幹細胞死
    吉井幸恵, 古川高子, 清野 泰, 吉井 裕, 吉本光喜, 藤林靖久, 佐賀恒夫
    第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2013年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMを用いたがん幹細胞局在領域イメージングと内用放射線治療:64Cu-ATSM治療によるがん幹細胞死
    吉井幸恵, 古川高子, 清野 泰, 吉井 裕, 吉本光喜, 藤林靖久, 佐賀恒夫
    第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2013年05月 選考有り 0
  • Fully automated production of [18F]fluoroacetate on IBA Synthera platform
    T.Mori, R.Arai, D.Blampain, C.Gameiro-Paris, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    20th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2013年05月 選考有り Society of Radiopharmaceutical Sciences
  • FLTおよび64Cu-ATSM PETを用いた腎細胞癌治療における分子標的薬の早期治療効果判定のための基礎的研究
    大山 伸幸, 長谷川陽子, 高原典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • FLTおよび64Cu-ATSM PETを用いた腎細胞癌治療における分子標的薬の早期治療効果判定のための基礎的研究
    大山 伸幸, 長谷川 陽子, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • 18F-fluorodihydrotestosterone(FDHT)によるアンドロゲン受容体を標的とした前立腺癌診断の基礎的研究
    高原 典子, 大山 伸幸, 長谷川 陽子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • PETトレーサー16α-[18F]fluoro-17β-estradiolを用いたアンドロゲン除去療法がおよぼす前立腺癌細胞におけるEstrogen受容体発現の変化に関する基礎的検討:第2報
    長谷川 陽子, 大山 伸幸, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol-PETを用いた子宮筋腫と子宮肉腫の新たな鑑別診断法
    黒川 哲司, 津吉 秀昭, 品川 明子, 知野 陽子, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    第1回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2013年02月 選考無し 0
  • プラチナ抵抗性再発卵巣癌においてゲムシタビンの治療効果を予測する新規バイオマーカーの開発~18F-fluorothymidine(FLT)PETを用いて~
    津吉 秀昭, 黒川 哲司, 品川 明子, 知野 陽子, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    第1回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2013年02月 選考無し 0
  • 亜鉛欠乏や社会的隔離がノルエピネフリン作動性神経系を介して情動に与える影響
    水野 智之, 小俣 直人, 三屋 博宣, 丸岡伸行, 三田 香代, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 村田 哲人, 和田 有司
    第31回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話 2012年11月 選考有り 0
  • 機能性精神疾患の病態解明に資するノルアドレナリン神経機能イメージングプローブの開発
    清野 泰
    第34回日本生物学的精神医学会 2012年09月 選考無し 0
  • Predictability of treatment effects with Cu-ATSM PET in head-and-neck cancers: Comparison with FDG-PET.
    H.Okazawa, Y.Kimura, M.Oh, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    2012 World Molecular Imaging Congress 2012年09月 選考有り 0
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET and its predictability of treatment effects in head-and-neck cancers: Comparison of 62Cu-ATSM and 18F-FDG PET.
    佐藤 義高, 呉 明美, 木村 有一, 清野 泰, 森 哲也, 藤枝 重治, 岡沢 秀彦
    分子イメージング研究戦略推進プログラム(J-AMP) 成果発表シンポジウム2012 2012年08月 選考無し 文部科学省
  • Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Evaluation of 5-[77Br]bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a radiopharmaceutical for DNA targeted nanoirradiation therapy.
    Y.Kiyono, R.Ikeda, T.Mori, Y.Yoshii, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Evaluation of radiolabeled acetate uptake as surrogate marker for fatty acid synthase expression and therapeutic effects of orlistat in human prostate carcinoma cells.
    Yukie Yoshii, Takako Furukawa, Nobuyuki Oyama, Yoko Hasegawa, Yasushi Kiyono, Ryuichi Nishii, Yasuhisa Fujibayashi, Tsuneo Saga
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Evaluation of 64Cu-ATSM for an internal radiotherapy agent against CD133+ cancer stem cells with human colon carcinoma: 64Cu-ATSM treatment caused cell apoptosis.
    Yukie Yoshii, Takako Furukawa, Yasushi Kiyono, Hiroshi Yoshii, Mitsuyoshi Yoshimoto, Yasuhisa Fujibayashi, Tsuneo Saga
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Predictability of 62Cu-ATSM uptake to evaluate resistant hypoxic tissue and effects of treatment in head-and-neck cancers
    H.Okazawa, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    SNM 2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Developement of an automatic Copper-62 ATSM preparation module in asceptic condition.
    T.Mori, K.Takaki, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM 2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 診断および治療を目的とする放射性臭素標識プローブの開発
    清野 泰
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考有り 0
  • 5-[77Br]bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの内照射治療薬剤としての評価
    清野 泰, 池田理絵, 森 哲也, 吉井幸恵, 浅井竜哉, 藤林康久, 岡沢秀彦
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考有り 0
  • アンドロゲンレセプターイメージングを目的とした F-18標識FDHTの簡便合成法の開発
    森 哲也, 清野 泰, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Cu-ATSM PETによる過還元状態(酸化ストレス)イメージングの基礎的研究
    井川 正道, 吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 靖久, 米田 誠
    第53回日本神経学会学術大会 2012年05月 選考有り 0
  • 酢酸PETによる脂肪酸合成酵素標的がん制御治療の効果予測:脂肪酸合成酵素の腫瘍増殖における役割に関する新知見
    吉井 幸恵, 古川 高子, 大山 伸幸, 長谷川 陽子, 清野 泰, 西井 龍一, 脇 厚生, 吉井 裕, 辻 厚至, 曽川 千鶴, 脇坂 秀克, 藤林 康久, 佐賀 恒夫
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考無し 0
  • 脳血管障害患者のmisery perfusion評価における62Cu-ATSM PETの有用性に関する検討
    磯﨑 誠, 岡沢 秀彦, 新井 良和, 清野 泰, 竹内 浩明, 菊田 健一郎
    第37回日本脳卒中学会総会 2012年04月 選考有り 0
  • PETを用いた抗ガン剤感受性評価のための基礎的検討
    高原典子, 長谷川陽子, 長瀬桂子, 大山 伸幸, 横山 修, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第100回日本泌尿器科学会総会 2012年04月 選考有り 0
  • 放射性臭素標識プローブの開発:診断から治療へ
    清野 泰
    震災復興分子イメージング化学シンポジウム 2012年03月 選考無し 東北大学分子イメージング研究推進室
  • 小動物イメージング:何ができるのか?何が必要か?
    清野 泰
    第7回長崎核医学研究会 2012年03月 選考無し 0
  • Relationship between effects of treatment and Cu-ATSM uptake in head-and-neck cancers: Predictability of resistant hypoxic tissue in cancers.
    H.Okazawa, Y.Kimura, M.Oh, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2012) 2012年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • マウス脊髄損傷モデルに対するPK11195 トレーサーを用いた活性化ミクログリアの組織学的検討
    渡邉 修司, 内田 研造, 中嶋 秀明, 法木 左近, 清野 泰, 岡沢 秀彦, Alexander Guerrero, 馬場 久敏
    第27回日本整形外科学会基礎学術集会 2012年01月 選考有り 0
  • 内用療法を目的とする5-[77Br]bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの開発
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • [1-11C]酢酸PETによる脂肪酸合成酵素標的がん制御治療の効果予測
    吉井 幸恵, 古川 高子, 大山 伸幸, 長谷川 陽子, 清野 泰, 西井 龍一, 辻 厚至, 曽川 千鶴, 脇坂 秀克, 藤林 康久, 佐賀 恒夫
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • Evaluation of 5-[77Br]bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a radiopharmaceutical for DNA targeted internal radiation therapy.
    Y.Kiyono, R.Ikeda, T.Mori, Y.Yoshii, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2012) 2012年01月 選考有り 0
  • PET薬剤の学会製造基準に準拠した衛生環境モニタリングの実際
    森 哲也, 脇 厚生, 野島 靖子, 田中 暁典, 松本 泉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 日本核医学会
  • 気分障害の病態および気分安定薬の作用機序に関する基礎的考察
    小俣 直人, 村田 哲人, 丸岡 伸行, 三屋博宣, 水野 智之, 三田 香代, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 和田 有司
    第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会 合同年会 2012年01月 選考有り 0
  • FESを用いたアンドロゲン除去療法が及ぼす前立腺癌のエストロゲン受容体発現の変化に関する基礎的検討
    大山 伸幸, 長谷川陽子, 高原典子, 森 哲也, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • 18F-fluorodihydrotestosterone(FDHT)によるアンドロゲン受容体を標的とした前立腺癌診断の基礎的研究
    高原典子, 大山 伸幸, 長谷川陽子, 森 哲也, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • Assessment of 16α-[18F] Fluoro-17β-Estradiol as a New PET Tracer for Evaluating ER Expression of Prostate Cancer Following Androgen Ablation Therapy.
    Y.Hasegawa, N.Oyama, N.Takahara, Y.Miwa, H.Akino, T.Mori, Y.Kiyono, O.Yokoyama
    32nd congress of the Societe Internationale d’Urologie(SIU) 2012年01月 選考有り 0
  • シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発にむけた基礎的検討
    神原弘弥, 小川数馬, 清野 泰, 森 哲也, 柴 和弘, 北村陽二, 小坂孝史, 黄檗達人, 小谷 明
    第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2011年12月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states in mitochondrial disorders: studies with mtDNA-less ρ0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T.Saga, Y.Fujibayashi
    2011 World Molecular Imaging Congress 2011年09月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states in mitochondrial disorders: studies with mtDNA-less rho0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T. Saga, Y.Fujibayashi
    2011 World Molecular Imaging Congress 2011年09月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobrominated (2S,aS)-2-(a-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine for imaging brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Takuda, K.Sano, R.Ikeda, T.Mori, M.Martinez, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2011年08月 選考有り 0
  • Automated synthesis of [18F]fluoroacetate using a compact FDG synthesizer
    T.Mori, R.Arai, B.Lambert, C.Gameiro-Paris, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2011年08月 選考有り Society of Radiopharmaceutical Sciences
  • Development of a flexible automatic synthesis module system for PET probe preparation
    T.Mori, R.Watanabe, Y.Kiyono, Y.Yoshii, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • Additional diagnostic value of [F-18]-fluoroestradiol PET in patients with uterine smooth muscle tumors.
    Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Kurokawa, T.Tsujikawa, T.Mori, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting (第58回米国核医学会議) 2011年06月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobromine-labeled 5-bromo-4'-thio-2'-deoxyuridine uptake in ACHN cells after treatment with 5-fluorouracil:Comparison with 3H-FLT uptake
    N.Takahara, Y.Kiyono, Y.Hasegawa, Y.Yoshii, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, O.Yokoyama, N.Oyama
    SNM 2011 Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • A novel application of radiolabeled Cu-ATSM as an indicator of intracellular over-reduced states in disorders with mitochondrial dysfunction: Studies with cybrids carrying mitochondrial DNA mutation from MELAS patients.
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • In ultra-short ECG gated acquisition of C-11 acetate PET reliable for simultaneous MBF, oxidative metabolism and myocardial function assessment?
    T.Kudo, K.Sarasawa, A.Nakano, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • In vivo evaluation of radiobromine-labeled 5-bromo-4-thio-2'-deoxyuridine as an imaging agent for tumor proliferation.
    Y.Kiyono, S.Sano, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states due to mitochondrial dysfunction: studies with mtDNA-less rho0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    M.Yoneda, Y.Yoshii, M.Ikawa, T.Takeda, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Euromit8 2011年06月 選考有り 0
  • 汎用型放射性薬剤自動合成装置システムの開発:低酸素イメージング薬剤62Cu-ATSMの自動製剤化
    森 哲也, 高木 健志, 中小路 聡直, 伊藤 陽, 清野 泰, 浅井 竜哉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 脳内ノルエピネフリン・トランスポータのイメージングを目的とする放射性臭素標識PETプローブの開発
    清野 泰, 角田 拓也, 池田 理絵, 佐野 圭祐, 森 哲也, Miguel Martinez, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • ミトコンドリア病MELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積にカンする検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • ミトコンドリア病MELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積にカンする検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • FLT PETを用いたsunitinibの治療開始早期における抗腫瘍効果判定のための基礎的検討
    長谷川 陽子, 大山 伸幸, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 清野 泰, 藤林 康久, 横山 修
    第99回日本泌尿器科学会総会 2011年04月 選考有り 0
  • Development and evaluation of a radiobromine labeled sigma ligand for tumor imaging
    K. Ogawa, H. Kanbara, K. Shiba, K. Kiyono, T. Mori, Y. Kitamura, T. Kozaka, T. Kiwada, A. Odani
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobrominated (2S,aS)-2-(a-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Kakuda, R.Ikeda, K.Sano, T.Mori, M.Martinez, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り 0
  • シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発
    神原 弘弥, 小川 数馬, 清野 泰, 森 哲也, 北村 陽二, 小坂 孝史, 柴 和弘
    第51回日本核医学会学術総会 2011年01月 選考有り 0
  • 脳内ノルエピネフリン・トランスポータイメージングPET薬剤としての放射性臭素標識(SS)-BPBMの基礎的評価
    清野 泰, 角田 拓也, 池田 理絵, 佐野 圭祐, 森 哲也, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会学術総会 2011年01月 選考有り 0
  • Predictive value of tracer accumulation to evaluate effects of cancer treatment studied using 62Cu-ATSM and 18F-FDG PET in head-and-neck cancers.
    H.Okazawa, A.Kositwattanarerk, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM '11) 2011年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 頭頸部腫瘍における[Cu-62]-ATSMおよび[F-18]-FDG集積の比較
    岡沢 秀彦, 清野 泰, 森 哲也, 工藤 崇
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • 超短時間心電図同期Acetate PETによる心筋血流・代謝・機能同時測定の試み
    工藤 崇, 中野 顯, 荒川 健一郎, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • PET薬剤供給体制の強化を目指した減菌濾過フィルター完全性試験装置の開発
    森 哲也, 高木 健志, 清野 泰, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞並びにMELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • Development of automatic synthesis of 16β-[18F]fluoro-5α-dihydrotestosterone using a plastic cassette-type FDG synthesizer
    T.Mori, C.S.Dence, M.J.Welch, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 放射性臭素標識5-bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの増殖能イメージングプローブとしての基礎的検討
    清野 泰, 佐野 圭祐, M.E.Martinez, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2010年12月 選考有り 0
  • Evaluation of brain ischemic regions in patients with cerebrovascular disease using PET and hypoxic imaging tracer [Cu-62]-ATSM.
    H.Okazawa, M.Isozaki, T.Kudo, Y.Arai, Y.Kiyono
    Radiological Society of North America 96th Scientific Assembly and Annual Meeting (RSNA 2010) 2010年12月 選考有り Radiological Society of North America
  • Design and application of a flexible synthesis module system for PET probes
    T.Mori, R. Watanabe, Y.Yoshii, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2010年12月 選考有り 0
  • Investigation on accumulation and therapeutic effect of64 Cu-ATSM in mouse colon carcinoma model: the relation to CD133+ highly tumorigenic cells
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2010年12月 選考有り 0
  • Cu-ATSM is a novel indicator of intercellular over-reduced states in mitochondrial dysfunction: fundamental evaluation using mitochondrial DNA-less(ρ0)cells and cybrids carrying causal mitochondrial DNA mutation of MELAS syndrome
    Y.Kuroda, Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, T.Furukawa, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine and The 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine 2010年12月 選考有り 0
  • 腫瘍増殖能イメージング薬剤としての放射性標識5-bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの基礎的評価
    清野 泰, 佐野 圭祐, 中山 陽介, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞局在領域イメージング:内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 渡辺 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, M.J.Welch, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 0
  • 15Oガス標識ヘモグロビンを用いた脳循環代謝測定の検討
    小林 正和, 森 哲也, 清野 泰, 大江 和代, 高橋 典也, 岡 優治, 灘村 崇裕, 及川 広志, 川井 惠一, 岡沢 秀彦
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 日本核医学会
  • 高汎用性PET薬剤自動合成装置システムの構築-64Niメッキ装置および64Cu自動分離精製装置の開発-
    森 哲也, 渡邉 亮, 吉井 幸恵, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 日本核医学会
  • Assessmento of therapeutic effect of sunitinib to renal cell carcinoma using animal model
    Y.Hasegawa, N.Oyama, N.Takahara, Y.Miwa, H.Akino, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, O.Yokoyama
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り 0
  • 3D tumor spheroids constructed with nano-sized pattern scaffoldings: a novel model for molecular imaging research
    Y.Yoshii, A. Waki, K.Yoshida, A.Kakezuka, M.Kobayashi, Y.Kuroda, Y.Kiyono, H.Yoshii, T.Furukawa, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • Development of radiobromine-labeled thymidine analogue as a tumor proliferation imaging agent
    Y.Kiyono, K.Sano, T.Mori, M.E.Martinez, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り 0
  • Development of flexible automatic liquid handling modules for PET probe preparation
    T.Mori, R.Watanabe, Y.Yoshii, Y.Kiyono, T.Asai, Y.Fujibayashi
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り 0
  • 水に対するX線・陽子線照射によるフリーラジカルの発生
    吉井 裕, 吉井 幸恵, 久米 恭, 長谷川 崇, 藤井 裕也, 浅井 竜哉, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 山本 和高, 藤林 康久
    原子衝突研究協会第35回年会 2010年08月 選考無し 0
  • 非生物由来ナノパターンを用いた新規三次元培養法によるがん細胞スフェロイド形成と低酸素環境の検討
    吉井 幸恵, 脇 厚生, 黒田 悠生, 吉田 かおり, 欠塚 杏奈, 清野 泰, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第14回 日本がん分子標的治療学会学術集会 2010年07月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobromine-labeled 5-bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a tumor proliferation imaging agent.
    Y.Kiyono, K.Sano, Y.Nakayama, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez Pozo, K.S.Mandap, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Automated synthesis of 16β-[18F]fluoro-5α-dihydrotestosterone using a cassette-type FDG synthesizer
    T.Mori, Y.Kiyono, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa, C.S.Dence, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り 0
  • Evaluation of 64Cu-ATSM for an internal radiotherapy agent: 64Cu-ATSM treatment reduces CD133+ highly tumorigenic cells and metastatic ability of tumors
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    The Society of Nuclear Medicine (SNM) annual meeting 2010 2010年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine (SNM)
  • Different distribution of 62Cu-ATSM and 18F-FDG in head-and-neck cancers
    H.Okazawa, M.Oh, T.Kudo, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Early response assessment in renal cell carcinoma by 18F-fluorothymidine following anticancer therapy with sunitinib using xenograft model.
    Y.Hasegawa, N.Oyama, N.Takahara, Y.Miwa, H.Akino, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, O.Yokoyama
    2010 SMN Annual Meeting 2010年06月 選考有り 0
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞(ρ0細胞)を用いたミトコンドリア機能不全と64Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 黒田 悠生, 米田 誠, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • がん幹細胞の低酸素・栄養飢餓生存性とがん幹細胞生存環境マーカーとしての64Cu-ATSMの可能性
    鈴木 佑哉, 吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • ナノパターン足場構造を用いた三次元がん細胞培養法: 分子イメージング研究における新規モデル
    黒田 悠生, 吉井 幸恵, 脇 厚生, 吉田 かおり, 欠塚 杏奈, 小林 真喜, 清野 泰, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞(ρ0細胞)を用いたミトコンドリア機能不全と64Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 黒田 悠生, 米田 誠, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 腫瘍の増殖能イメージングを目的とする放射性臭素標識ヌクレオシド誘導体の開発
    佐野 圭祐, 中山 陽介, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久, 清野 泰
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 0
  • New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a baterial infections imaging agent
    M.E.Martinez Pozo, Y.Kiyono, T.Ido, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, T.G.Lohith, V.N.Tiwari, Y.Fujibayashi
    第5回日本分子イメージング学会学術集会 2010年05月 選考有り 0
  • Development and Evaluation of Radiobromine Labeled Thymidine Derivative for Proliferative Tumor Imaging
    Y.Kiyono
    CIS Workshop2010 2010年05月 選考無し 0
  • C-11 Acetate PET超短時間心電図同期収集による心筋代謝・血流・機能同時イメージングの試み
    工藤 崇, 中野 顯, 皿澤 克彦, 森 哲也, 清野 泰, 李 鍾大, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第5回 日本分子イメージング学会 総会・学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • PET画像診断法を用いた腎細胞癌に対する分子標的治療薬の早期治療効果判定の基礎的検討
    長谷川 陽子, 大山 伸幸, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 清野 泰, 藤林 康久, 横山 修
    第98回日本泌尿器科学会総会 2010年04月 選考有り 0
  • 低酸素状態の腫瘍細胞に対するX線照射と陽子線照射の効果
    吉井 裕, 吉井 幸恵, 久米 恭, 長谷川 崇, 藤井 裕也, 浅井 竜哉, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 山本 和高, 藤林 康久
    日本医学物理学会 2010年04月 選考有り 0
  • Development of norepinephrine transporter imaging probe
    Y.Kiyono, N.Kanegawa, T.Sugita, K.S.Mandap, T.Mori, H.Saji, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Development of microwave-based autmated nucleophilic[18 F]fluorination system and its application for the production of[18F]flumazenil
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Internatioal Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Automatic labeling method for injectabel 15O-oxygen using hemoglobin-containing liposome vesicles and its application for measurement of brain oxygen consumption by PET
    V.N.Tiwari, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Measurement of cerebral blood flow and oxgen metabolism of rats using injectable O-15 oxygen and steady-state method combinig bolus and incresscent injection
    M.Kobayashi, V.N.Tiwari, Y.Kiyono, R.Maruyama, K.Kawai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Development of radiobromine-labeled 5-bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a tumor proliferation imaging agent.
    Y.Kiyono, K.Sano, Y.Nakayam, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez, K.S.Mandap, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    23rd Annual Congress of The European Association of Nuclear Medicine -EANM'10 2010年01月 選考有り The European Association of Nuclear Medicine
  • Evaluation of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose as a infections imaging agent for PET
    M.E.Martinez, Y.Kiyono, T.Ido, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, V.N.Tiwari, Y.Fujibayashi
    23rd Annual Congress of The European Association of Nuclear Medicine -EANM'10 2010年01月 選考有り The European Association of Nuclear Medicine
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET to delineate misery perfusion in patients with major cerebral arterial occlusive disease.
    H.Okazawa, M.Isozaki, Y.Arai, Y.Kiyono, T.Kudo, T.Mori, K.Kikuta
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2010) 2010年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 新規三次元培養法を用いたがん細胞スフェロイド形成と低酸素環境の検討
    黒田 悠生, 吉井 幸恵, 吉田 かおり, 欠塚 杏奈, 清野 泰, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 脇 厚生, 藤林 康久
    第7回がんとハイポキシア研究会/癌学会合同研究会 2009年12月 選考無し 0
  • Radiosynthesis of F-18 labeled glucosamine derivatives for imaging of bacterial infections.
    M.E.Martinez Pozo, T.Ido, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, M.Kobayasi, Y.Fujibayashi
    第9回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2009年11月 選考無し 放射性医薬品・画像診断薬研究会
  • 放射性薬剤自動製造装置の開発と応用
    渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 幸恵, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉, 藤林 康久
    第9回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2009年11月 選考無し 放射性医薬品・画像診断薬研究会
  • 64Cu-ATSM imaging for cancer stem cell-rich regions: in vivo and in vitro characterization
    Y.Yoshii, Y.Kiyono, A.Waki, R.Watanabe, Y.Suzuki, T.Mori, H.Yoshii, T.Furukawa, T.Asai, T.Kudo, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    2009 World Molecular Imaging Congress 2009年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • Automatic synthesis of 16beta-[18F]fluoro-5alpha-dihydrotestosterone using cassette-type [18F]FDG synthesizer
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa, Carmen S.Dence, Michael J.Welch, Y.Fujibayashi
    2009 World Molecular Imaging Congress 2009年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • 低酸素イメージングの臨床的意義
    岡沢 秀彦, 工藤 崇, 呉 明美, 清野 泰, 吉井 幸恵, T.G.Lohith, 藤林 康久
    日本放射線腫瘍学会第22回学術大会 2009年09月 選考無し 日本放射線腫瘍学会
  • Does different distribution of 62Cu-ATSM and 18F-FDG reflect resistant tissue of cancers?
    M.Oh, T.Kudo, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, R.Maruyama, H.Okazawa
    2009 World Molecular Imaging Congress 2009年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • 放射性薬剤から放出されるオージェ電子のエネルギー分析
    吉井 裕, 藤井 裕也, 吉井 幸恵, 清野 泰, 浅井 竜哉, 藤林 康久
    原子衝突研究協会 2009年08月 選考無し 0
  • Developement of steady-state method combining bolus and increscent injection with a multi-programming syinge pump.
    M.Kobayashi, Y.Michibata, R.Maruyama, Y.Higaki, Y.Kiyono, T.Kudo, T.Tsujikawa, Y.Yoshii, A.Waki, K.Kawai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Brain PET 09 (9th International Conference on Quantification of Brain Function with PET) 2009年07月 選考有り International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism
  • Radiosynthesis of 1,3,4,6-tetra-o-acetyl-2-deoxy-2-([18F]fluoroacetamido)-D-glucopyranose for imaging of bacterial infections
    M.E.Martinez Pozo, T.Ido, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.Mandap, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    18th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2009年07月 選考有り 0
  • Functional estrogen receptor alpha imaging PET with 16alpha-[18F]fluoro-17beta-estradiol in endometrial carcinoma
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Kudo, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Measurement of cerebral oxygen metabolism of rats using injectable O-15 oxygen and steady-state method.
    M.Kobayashi, V.N.Tiwari, R.Maruyama, Y.Kiyono, T.Kudo, T.Tsujikawa, K.Kawai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Mechanism of renal FDG transcellular transport and cellular accumulation using LLC-PK1 cells
    M.Kobayashi, H.Araki, K.Nishi, N.Shikano, Y.Kiyono, R.Nashii, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, K.Kawai
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Hypoxia imaging agent 64Cu-ATSM visualizes cancer stem cell-rich regions within tumors
    Y.Yoshii, Y.Kiyono, R.Watanabe, A.Waki, T.Mori, Y.Yoshii, T.Furukawa, M.Oh, M.Kobayashi, M.Welch, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism
  • Application of radioiodinated(2S,αS)-2-〔α-(2-iodophenoxy)benzy1〕morpholine to neuroendocrine tumor imaging
    Y.Kiyono, R.Nishii, J.Balatoni, Y.Yoshii, M.Kobayashi, Y.Magata, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, J.Gelovani
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism
  • New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose, a potential bacterial infections imaging agent
    M.E.Martinez, T.Ido, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • Functional estrogen receptor alpha imaging PET with 16alpha-[18F]fluoro-17beta-estradiol in endometrial carcinoma.
    辻川 哲也, 工藤 崇, 吉田 好雄, 清野 泰, 脇 厚生, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    日本分子イメージング学会 第4回総会・学術集会 2009年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞ニッチイメージングと内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 呉 明美, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • がん幹細胞の低酸素・栄養飢餓耐性:がん幹細胞生存環境マーカーとしての64Cu-ATSMの有用性に関する基礎検討
    鈴木 佑哉, 吉井 幸恵, 清野 泰, 渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, MJ Welch, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞ニッチイメージングと内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 呉 明美, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 高再現性64Niメッキ装置及び64Cu自動分離精製装置の開発
    渡邉 亮, 吉井 幸恵, 森 哲也, 浅井 竜哉, 清野 泰, 中小路 聡直, 藤林 康久
    第4回分子イメージング学会 2009年05月 選考無し 0
  • O-15 酸素ガス人工赤血球の定常投与法を用いた正常ラットの脳循環代謝測定
    小林 正和, V.N.Tiwari, 丸山 力哉, 中小路 聡直, 清野 泰, 辻川 哲也, 脇 厚生, 工藤 崇, 西井 龍一, 川井 惠一, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • Hypoxic metabolism as a target for tumor imaging
    Y.Fujibayashi, Y.Yoshii, T.Furukawa, T.Mori, Y.Kiyono
    韓国分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMイメージング: 低酸素・栄養飢餓とがん幹細胞との関係に関する検討
    吉井 幸恵, 鈴木 佑哉, 清野 泰, 脇 厚生, 渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, Michael J. Welch, 藤林 康久
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • FDG自動合成装置を用いた[18F]FDHT合成法の開発
    清野 泰, 森 哲也, 辻村 修一, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • 頭頸部腫瘍と肺癌におけるCu-ASTMとFDGの対比検討
    工藤 崇, 岡沢 秀彦, 清野 泰, 藤林 康久, 佐賀 恒夫, 福村 利光
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • 定常投与法による[15O]標識人口赤血球の脳循環代謝測定
    小林 正和, 清野 泰, 工藤 崇, 辻川 哲也, 脇 厚生, 吉井 幸恵, 西井 龍一, 小野口 昌久, 川井 恵一, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • Preparation and biological evalution of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a mondified microwave reactor system
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • 多段階薬剤流量調節型シリンジポンプを利用した15O標識水の持続投与システムの開発
    小林 正和, 道端 祐貴, 檜垣 佑輔, 清野 泰, 工藤 崇, 辻川 哲也, 吉井 幸恵, 川井 恵一, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • PET用低酸素イメージング薬剤64Cu-ATSMによるがん幹細胞イメージング
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • Evaluation of radioiodinated (2S,AS)-2-[A-(2-iodophenoxy)benzyl]morpholine as an imaging probe for neuroendocrine tumor
    Y.Kiyono, R.Nishii, J.Balatoni, Y.Yoshii, M.Kobayashi, H.Okazawa, J.G.Gelovani, Y.Fujibayashi
    2008 Worl Molecular Imaging Congress 2008年09月 選考有り 0
  • Assessment of emission-based segmented attenuation correction method without transmission scan on small animal PET
    M.Kobayashi, Y.Higaki, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, Y.Yoshii, Y.Michibata, K.Sakai, M.Watanabe, K.Kawai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    2008 Worl Molecular Imaging Congress 2008年09月 選考有り 0
  • 16alpha-[18F]fluoro-17beta-estradiol PET is useful for non-invasive estrogen receptor alpha imaging in endometrial carcinoma
    T.Tsujikawa, T.Kudo, Y.Yoshida, Y.Kiyono, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    2008 Worl Molecular Imaging Congress 2008年09月 選考有り 0
  • Hypoxic metabolism as a target for tumor imaging/therapy
    Y.Fujibayashi, Y.Yoshii, T.Furukawa, T.Mori, Y.Kiyono
    The 36th Annual Conference International Society on Oxygen Transport to Tissue 2008年08月 選考無し Eiji Takahashi
  • 経口投与された亜鉛-ジチオセミカルバゾン(Zn-DTS)錯体の血糖降下作用に関する研究:糖尿病モデルマウスでの検討
    上田 真史, 土井 久子, 清野 泰, 安部 潤, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第19回日本微量元素学会学術集会 2008年07月 選考有り 0
  • 新規小動物用PET装置SHR-41000の現状と使用経験
    小林 正和, 檜垣 佑輔, 工藤 崇, 清野 泰, 辻川 哲也, 渡辺 光男, 川井 恵一, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    日本核医学会第67回中部地方会 2008年07月 選考有り 日本核医学会中部地方会(福井大学)
  • 子宮内膜腫瘍性疾患におけるエストロゲン依存性とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 工藤 崇, 吉田 好雄, 清野 泰, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    日本核医学会第67回中部地方会 2008年07月 選考有り 日本核医学会中部地方会(福井大学)
  • Emission segmented attenuation correction method without transmission scan can accurately measure tracer concentration on small animal PET.
    M.Kobayashi, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, M.Watanabe, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 55th SNM Annual Meeting 2008年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Effect of transmission protocol on statistical analysis of brain 18F-FDG PET; Comparison between pre- and post-injection transmission scans.
    M.Kobayashi, T.Kudo, T.Tsujikawa, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Human Brain Mapping 2008 2008年06月 選考有り Human Brain Mapping
  • FES and FDG-PET imaging reflects clinical and histopathological findings in patients with endometrial carcinoma
    T.Tsujikawa, T.Kudo, Y.Yoshida, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    The 55th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine 2008年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 心筋ノルエピネフリントランスポータ結合型放射性薬剤の開発
    清野 泰, 杉田 卓, 上田 真史, 河嶋 秀和, 金川 直樹, 久下 裕司, 藤林 康久, 佐治 英郎
    第18回心臓核医学会総会・学術大会 2008年06月 選考有り 0
  • Tumor acetate imaging: a new paradigm for understanding tumor-specific hypoxic metabolism
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    The Society of Nuclear Medicine (SNM) annual meeting 2008 2008年06月 選考有り 0
  • Preparation and biological evaluation of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a modified microwave reactor system
    K.S.Mandap, T.Ido, S.Kasamatsu, T.Mori, Y.Kiyono, T.G.Lohith, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    55th SNM Annual Meeting Scientific 2008年06月 選考有り 0
  • カロテノイドを用いた光線力学療法に関する研究
    藤井 裕也, 吉井 裕, 吉井 幸恵, 藤井 歩, 古川 高子, 浅井 竜哉, 清野 泰, 藤林 康久
    日本植物学会北陸支部平成20年度大会 2008年06月 選考有り 0
  • 放射性ヨウ素標識(SS)-IPBMの神経内分泌腫瘍イメージングへの応用
    清野 泰, 西井 龍一, 向出 誠一朗, 吉井 幸恵, 小林 正和, 岡沢 秀彦, 浅井 竜哉, Juri Gelovani, 藤林 康久
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • EGFR-TK阻害剤の治療効果予測を目的としたI-mIPQA-PET診断薬の基礎的検討
    加川 信也, 西井 龍一, 清野 泰, 小川 数馬, 東 達也, 岸辺 喜彦, 岩崎 甚衛, 吉本 光喜, 川井 恵一, Juri Gelovani
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • Preparation and biological evaluation of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a modified microwave reactor system
    K.S.Mandap, 清野 泰, 小林 正和, T.G.Lohith, 森 哲也, 笠松 眞吾, 井戸 達雄, 藤林 康久
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • Rhesus Macaqueを用いた[18F]Fluoroacetate PETイメージング
    西井 龍一, 東 達也, 加川 信也, 清野 泰, 小川 数馬, 岸辺 喜彦, 岩崎 甚衛, 川井 恵一, 藤林 康久, Juri Gelovani
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • 新規小動物用PET装置を利用した正常ラットの脳血流量測定
    小林 正和, 檜垣 佑輔, 中小路 聡直, 渡辺 光男, 清野 泰, 辻川 哲也, 吉井 幸恵, 工藤 崇, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 子宮内膜癌におけるFES集積とエストロゲン受容体サブタイプとの関連
    辻川 哲也, 工藤 崇, 吉田 好雄, 清野 泰, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第3回日本分子イメージング学会 2008年05月 選考有り 0
  • 低酸素イメージング剤64Cu-ATSMはがん幹細胞局在領域を描出する
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 呉 明美, 渡辺 亮, 小林 正和, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 古川 高子, 藤林 康久
    第3回日本分子イメージング学会 2008年05月 選考無し 0
  • 放射性ヨウ素標識(SS)-IPBMの神経内分泌腫瘍イメージングへの応用
    清野 泰
    日本分子イメージング学会第3回総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • 子宮内膜腫瘍性疾患におけるエストロゲン依存性とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 工藤 崇, 清野 泰, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第67回日本医学放射線学会総会 2008年04月 選考有り 日本医学放射線学会
  • ノルエピネフリン・トランスポータ結合型イメージングプローブを用いた神経内分泌腫瘍イメージング
    清野 泰, 西井 龍一, 向出 誠一朗, 吉井 幸恵, 小林 正和, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, Juri Gelovani, 藤林 康久
    日本薬学第128年会 2008年03月 選考有り 0
  • 2型糖尿病モデルマウスにおけるZn-ATSM錯体の血糖降下作用に関する検討
    土井 久子, 上田 真史, 清野 泰, 安部 潤, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本薬学第128年会 2008年03月 選考有り 0
  • プリオン病診断を目的とした異常型プリオン蛋白イメージングプローブの探索
    祖母井 香織, 小野 正博, 新 竜一郎, 西田 教行, 河嶋 秀和, 佐治 英郎, 清野 泰, 藤林 康久, 原武 衛, 中山 守雄
    日本薬学第128年会 2008年03月 選考有り 0
  • 高感度in vivo細胞追跡システムの検討
    鎌田 和加子, 馬原 淳, 清野 泰, 森 哲也, 藤林 康久, 山岡 哲二
    第7回日本再生医療学会総会 2008年03月 選考有り 0
  • 子宮内膜癌の免疫組織学的検討-FES集積とER subtypeの関連を中心に-
    辻川 哲也, 工藤 崇, 吉田 好雄, 清野 泰, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 米倉 義晴
  • 高放射能ハンドリングに適した研究用ロボットシステムの開発
    藤林 康久, 渡邉 亮, 吉井 幸恵, 森 哲也, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 米倉 義晴
  • 新規小動物用PET装置における15O標識水を用いた脳循環代謝測定の検討
    小林 正和, 檜垣 佑輔, 工藤 崇, 清野 泰, 辻川 哲也, 吉井 幸恵, 川井 恵一, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 日本核医学会
  • 心臓イメージングプローブ
    清野 泰
    第48回日本核医学会総会 2008年01月 選考有り 米倉義晴
  • EGFR-TK阻害に基づく癌分子標的PET診断薬I-mIPQAの基礎検討
    西井 龍一, 加川 信也, 東 達也, 清野 泰, 小川 数馬, 長町 茂樹, 岸辺 喜彦, 岩崎 甚衛, 川井 恵一, J.Gelovani
    第48回日本核医学会総会 2008年01月 選考有り 米倉義晴
  • 低酸素検出薬剤64Cu-ATSMによるがん幹細胞イメージング
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 呉 明美, 渡辺 亮, 小林 正和, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 古川 高子, 藤林 康久
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 0
  • Radioiodinated (2S,αS)-2-[α-(2-iodophenoxy)benzyl]morpholine as a PET tracer for neuroendocrine tumor imaging
    Y.Kiyono, R.Nishii, J.Balatoni, T.Mori, J.G.Gelovani, Y.Fujibayashi
    Seventh Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry 2007年09月 選考有り 0
  • ノルエピネフリン・トランスポータを標的とする腫瘍イメージング剤の開発
    清野 泰, 西井 龍一, 森 哲也, 小林 正和, 吉井 幸恵, 岡沢 秀彦, Gelovani Juri, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • 低酸素特異的安定化タンパク質を用いた担癌マウスでのイメージングの検討
    工藤 喬, 上田 真史, 久下 裕司, 桝谷 真貴, 小西 宏明, 清野 泰, 近藤 科江, 平岡 眞寛, 佐治 英郎
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • エステルの性質を利用した多目的腫瘍イメージングPETトレーサーの開発
    森 哲也, 清野 泰, 小林 正和, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • Non-invasive imaging of histone deacetylase activity using positron emission tomography (PET) with [18F]FAHA
    R.Nishii, U.Mukhopadhyay, H.H.Yeh, S.Soghomonyan, Y.Kiyono, A.Volgin, M.M.Alauddin, W.B.Tong, J.G.Gelovani
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • 低酸素特異的安定化タンパク質を母体とした低酸素核医学イメージング剤の開発に関する基礎的検討;担癌マウスにおける体内挙動の評価
    工藤 喬, 上田 真史, 桝谷 真貴, 小西 宏明, 久下 裕司, 清野 泰, 近藤 科江, 平岡 眞寛, 佐治 英郎, 杉田 卓
    日本薬学会第127年会 2007年03月 選考有り 0
  • 心臓ノルエピネフリントランスポータ機能診断を目的とする放射性ヨウ素標識レボキセチン誘導体の開発
    杉田 卓, 清野 泰, 上田 真史, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本薬学会第127年会 2007年03月 選考有り 0
  • 高分解能小型半導体ガンマカメラのラット腎機能解析への応用
    清野 泰, 杉田 卓, 高井 希望, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 0
  • 2プロモーター型ベクターを用いた遺伝子発現イメージングの基礎的検討
    小西 宏明, 山下 朋子, 清野 泰, 河嶋 秀和, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 0
  • A-85380誘導体を用いた99mTc標識脳内ニコチン性アセチルコリン受容体イメージング剤の開発
    木村 寛之, 上田 真史, 小川 数馬, 河嶋 秀和, 清野 泰, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 0
  • テクネチウム-99m(99mTc)標識脳内ニコチン性アセチルコリン受容体イメージング剤の開発に関する研究:A-85380誘導体の合成と評価
    木村 寛之, 上田 真史, 小川 数馬, 河嶋 秀和, 清野 泰, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第6回放射性医薬品・画像診断研究会 2006年09月 選考無し 0
  • 3'-deoxy-3'-[18F]fluorothymidine-PETによる粒子線治療の効果予測に関する基礎的研究
    清野 泰, 林 超, 久米 恭, 森 哲也, ME. Martinez, 岡沢 秀彦
    日本分子イメージング学会第10回総会・学術集会 2015年05月
  • Predictive value of early stage uptake of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine in colorectal cancer treated with charged particle irradiation.
    Y.Kiyono, C.Lin, K.Kume, T.Mori, ME.Martinez, H.Okazawa
    62nd Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • 3'-deoxy-3'-[18F]fluorothymidine-PETによる粒子線治療効果予測の有用性に関する基礎的検討
    清野 泰, 林 超, 久米 恭, 森 哲也, ME. Martinez, 岡沢 秀彦
    放射性医薬品・画像診断薬研究会 2015年09月
  • 気分障害モデルラットにおけるノルエピネフリン・トランスポータイメージングプローブの集積変化
    清野 泰, 小俣 直人, 三屋 博宣, 水野 智之, 岡沢 秀彦
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • Estimation of noninvasive arterial input in brain O-15 water PET study
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • PET/MRによる定量的脳血流測定法の検討
    岡沢秀彦, 東野芳史, 辻川哲也, 森哲也, 牧野顕, 清野泰, 菊田健一郎
    第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り
  • Influence of the polyol pathway on norepinephrine transporter reduction in diabetic cardiac sympathetic nerves: implications for heterogeneous accumulation of MIBG
    清野 泰
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り 日本核医学会
  • ノルエピネフリン・トランスポータイメージングプローブを用いた腫瘍イメージング
    清野 泰, 西井 龍一, 森 哲也, 小林 正和, 吉井 幸恵, 岡沢 秀彦, Gelovani Juri, 藤林 康久
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り 日本核医学会
  • 腫瘍内HDAC activityイメージングPET薬剤[18F]-FAHA基礎的検討
    西井 龍一, 清野 泰, 加川 信也, 岸辺 喜彦, 長町 茂樹, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り
  • HDAC activityイメージングPET薬剤[18F]-FAHAの脳内集積検討
    加川 信也, 西井 龍一, 清野 泰, 岸辺 喜彦, 長町 茂樹, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り
  • 酸素依存的分解タンパク質を利用した低酸素イメージング剤の開発;担癌マウスでのプレターゲット法の評価
    工藤 喬, 上田 真史, 久下 裕司, 桝谷 真貴, 小西 宏明, 清野 泰, 近藤 科江, 平岡 眞寛, 佐治 英郎
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り
  • Evaluation of quantitative accuracy using the transmissionless-based emission segmented attenuation correction method in small animal PET
    M.Kobayashi, H.Okazawa, M.Oh, T.Tsujikawa, T.Mori, K.Sakai, M.Watanabe, Y.Kiyono, T.Kudo, K.Kawai, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2007年09月 選考有り
  • Imaging of changes in norepinephrine transporter in depression model rats with a radioiodinated (2S,αS)-2-(α-(2-iodophenoxy)benzyl)morpholine
    Y.Kiyono, N.Kanegawa, T.Sugita, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Saji
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り
  • Development of [18F]ethyl fluoroacetate as a tracer of oxidative metabolism in the brain
    T.Mori, L.Sun, M.Kobayashi, Y.Kiyono, T.Furukawa, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り
  • The new norepinephrine transporter imaging agent for the assessment of cardiac sympathetic nervous function
    Y.Kiyono, T.Sugita, M.Ueda, H.Kawashima, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Saji
    17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2007年05月 選考有り
  • 分子イメージングとは?
    藤林 康久, 古川 高子, 清野 泰
    オミックス医療が拓く未来2007シンポジウム 2007年01月 選考無し
  • 脳内ノルアドレナリン神経機能の非侵襲的分子イメージングのための分子プローブの開発
    清野 泰
    平成18年度特定領域研究「統合脳」5領域冬の公開シンポジウム 2006年12月 選考有り
  • 簡易的な定量性確保を目標としたmicroPET性能評価
    小林 正和, 岡沢 秀彦, 森 哲也, 辻川 哲也, 清野 泰, 川井 惠一, 藤林 康久
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 日本核医学会
  • Evaluation of radioiodinated (2S, αS)-2-(α-(2-iodophenoxy)benzyl)morpholine as a radioligand for assessment of cardiac norepinephrine transporter function
    Y.Kiyono, T.Sugita, M.Ueda, H.Kawashima, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Saji
    The Fifth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging 2006年09月 選考有り
  • Development of [18F]Ethyl fluoroacetate as a tracer of acetate metabolism imaging in whole body
    T.Mori, M.Kobayashi, L.Q.Sun, H.Kawashima, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    The Fifth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging 2006年09月 選考有り
  • エステル官能基の特性を利用したF-18標識脳血流トレーサーの開発
    森 哲也, 小林 正和, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第6回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2006年09月 選考有り
  • Evaluation of radioiodinated(2S,αS)-2-(α-(2-iodophenoxy)benzeyl)morpholine as radioligand for assessment of cardiac sympathetic nervous dysfunction
    Y.Kiyono, T.Sugita, N.Kanegawa, Y.Kuge, H.Saji
    Society of Nuclear Medicine 53rd Annual Meeting 2006年06月 選考有り
  • Evaluation of meta-iodobenzylguanidine for a P-glycoprotein substrate
    Y.Kiyono, T.Yamashita, Y.Kuge, T.Katsura, K.Inui
    Society of Nuclear Medicine 53rd Annual Meeting 2006年06月 選考有り
  • Synthesis and biological evaluation of Tc-99m-cyclopentadienyltricarbonyl- technetium-labeled A-85380 as a ligand for imaging central nicotinic acetylcholine receptors
    M.Ueda, H.Kimura, H.Kawashima, K.Ogawa, Y.Kiyono, H.Nishimura, Y.Kuge, H.Saji
    Society of Nuclear Medicine 53rd Annual Meeting 2006年06月 選考有り
  • [99mTc]cyclopentadienyltricarbonyl technetium A-85380 誘導体の合成と評価:SPECT用脳内ニコチン性アセチルコリン受容体イメージング剤の開発
    木村 寛之, 上田 真史, 小川 数馬, 河嶋 秀和, 清野 泰, 久下 裕司, 佐治 英郎
    第16回金属の関与する生体関連反応シンポジウム 2006年06月 選考有り
  • 低酸素特異的安定化タンパク質を母体とした新規低酸素核医学イメージング剤の開発に関する基礎的検討
    工藤 喬, 上田 真史, 近藤 科江, 清野 泰, 久下 裕司, 平岡 眞寛, 佐治 英郎
    日本分子イメージング学会設立総会・第1回学術集会 2006年05月 選考有り
  • 脳内ノルエピネフリントランスポータイメージング剤123I 標識(S,S)-[123I] -2-[α-(2-iodophenoxy)benzyl] morpholineの開発
    杉田 卓, 清野 泰, 木村 寛之, 河嶋 秀和, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本分子イメージング学会設立総会・第1回学術集会 2006年05月 選考有り
  • 遺伝子治療における2-プロモーター型ベクターを利用したレポーター遺伝子イメージングの有効性の基礎的評価
    清野 泰, 山下 朋子, 河嶋 秀和, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本分子イメージング学会設立総会・第1回学術集会 2006年05月 選考有り
  • 131I-metaiodobenzylguanidineのP糖タンパク質の基質としての検討
    清野 泰, 山下 朋子, 桂 敏也, 久下 裕司, 乾 賢一, 佐治 英郎
    日本薬学会第126回年会 2006年03月 選考有り
  • 視床VPL核に存在するニコチン受容体の疼痛抑制作用への関与
    上田 真史, 飯田 靖彦, 西村 洋, 清野 泰, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本薬学会第126回年会 2006年03月 選考有り
  • 99mTc-MAG3を用いた体外計測によるラットの腎機能解析法の確立
    杉田 卓, 清野 泰, 高井 希望, 久下 裕司, 佐治 英郎
    日本薬学会第126回年会 2006年03月 選考有り
  • Is meta-iodobenzylguanidine a substrate of P-glycoprotein?
    Y.Kiyono, T.Yamashita, Y.Kuge, Y.Fujibayashi, H.Saji
    The 9th Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology 2006年01月 選考有り
  • 高転移性子宮肉腫モデルの確立とその解析
    河邉 真也, 水谷 哲也, 石兼 真, ME.Martinez, 清野 泰, 三浦 浩一, 細田 浩司, 今道 力敬, 寒川 賢治, 宮本 薫, 吉田 好雄
    第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学大会合同大会 2015年12月 201512
  • 62/64Cu-ATSMを用いた腫瘍診断イメージングの画質比較
    小林 正和, 水谷 明日香, 高橋 浩太郎, 森 哲也, 辻川 哲也, 清野 泰, 須鎌 淳子, 川井 恵一, 岡沢 秀彦
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • Assessment of hormone sensitivity in uterine leiomyoma patients using 18F-FES PET
    T.Tsujikawa, Y.Chino, A.Shinagawa, M.Yamamoto, A.Makino, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Yoshida, H.Okazawa
    SNMMI 2015 Annual Meeting 選考有り
  • Evaluation of a new precursor for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    ME. Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, H.Okazawa, Y.Kiyono
    第10回日本分子イメージング学会学術集会 2015年05月 選考有り
  • Evaluation of nigrostriatal oxidative stress intensity in patients with Parkinson’s disease using [Cu-62]ATSM PET and FP-CIT SPECT.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa , T.Mori, A.Makino, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2015)  2015年10月
  • Evaluation of Striatal oxidative stress in Parkinson’s disease using [Cu-62]ATSM PET.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Brain & Brain PET 2015 (XXVIIth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function) 2015年06月
  • PET/MR装置による臨床画像の初期経験
    岡沢 秀彦, 辻川 哲也, 及川 広志, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰
    日本核医学会第82回中部地方会 2016年01月
  • Prediction of head and neck cancer outcome evaluated by tumor redox status using 62Cu-ATSM PET.
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M.Oh, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    The 62th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • パーキンソン病(PD)における脳線条体酸化ストレス強度の評価
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 辻川 哲也, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰, 米田 誠
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • 実演:クリーンルームに入室と無菌操作のお作法
    森 哲也, 脇 厚生, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    PETサマーセミナー2015 in 東京ベイ 2015年09月 選考無し 日本核医学会PET核医学分科会
  • Hypoxic intensity and tumor burden measured by 62Cu-ATSM-PET in head and neck cancer patients: Comparison of prognostic prediction with FDG-PET
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M.Oh, Y.Sato, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Kimura, H.Okazawa
    第74回日本医学放射線学会学術集会 2015年04月
  • Development of a low cost multipurpose system for F-18 labeled PET probe synthesis
    T.Mori, M.Kunieda, H.Okazawa, Y.Kiyono
    The 62nd Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • PET probe detecting acquired drug resistance against EGFR targeted molecular therapy
    A.Makino, A.Miyazaki, A.Tomoike, H.Kimura, M.Hirata, Y.Ohmomo, M.Ono, H.Okazawa, Y.Kiyono, H.Saji
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2015 2015年10月
  • 施設間で利用可能なC-11標識薬剤用エンドトキシン試験保存検量線の検証
    森 哲也, 脇 厚生, 西嶋 剣一, 本城 和義, 岩隈 佳寿子, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 靖久
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • Evaluation of in vivo dynamics of the polymeric micelle by using two different radioisotope modification approaches
    A.Makino, A.Tomoike, M.Ono, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Saji
    The 9th Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry 2015年11月
  • Development of a low cost multipurpose synthesis system for F-18 PET tracers
    T.Mori, M.Kunieda, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono:
    Ninth Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry (JCSRC2015). 2015年11月
  • Micelle type dual imaging probe for positron and near-infrared fluorescence imagings
    A.Makino, A.Tomoike, H.Kimura, M.Ono, H.Okazawa, Y.Kiyono, H.Saji
    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) 2015年12月
  • Clinical benefits of precise delay correction for CBF measurement in O-15 water PET study.
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H.
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 低価格化を目指したPET薬剤自動合成システムによる[F-18]FDHTの合成
    國枝正基, 森哲也, 近藤篤彦, 藤林靖久, 岡沢秀彦, 清野泰
    日本分子イメージング学会 第11回総会・学術集会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 学会製造基準の更新監査実施報告
    森 哲也, 矢野良一, 伊藤 陽, 牧野 顕, 辻川 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 汎用型PET薬剤自動合成装置システムの開発
    森 哲也, 國枝 正基, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • マクロ~ミクロ画像による脳内水動態の解析
    岡沢秀彦, Islam MM, 辻川哲也, 清野 泰
    第3回「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会 2017年03月 選考無し
  • 高分子ミセル「ラクトソーム」投与によるラットの免疫応答とインビボイメージングへの影響
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    第11回日本分子イメージング学会学術集会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Development of a PET probe detecting tumors, which are responsive to gefitinib treatment
    Makino A, Miyazaki A, Kimura H, Hirata M, Ohmomo Y, Nishii R, Okazawa H, Kiyono Y, Ono M, Saji H
    Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016 Annual Meeting 2016年06月 選考有り
  • 高分子ミセルキャリア「ラクトソーム」に対するラットの免疫応答とABC現象について
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    第16回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2016年10月 選考有り
  • EGFRの二次変異を検出する新規PETプローブの開発
    牧野 顕, 宮崎杏奈, 木村寛之, 有光健治, 平田雅彦, 大桃善朗, 西井龍一, 岡沢秀彦, 清野 泰, 小野正博, 佐治英郎
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 高分子ミセルプローブによる高コントラストイメージング法の開発
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    日本薬学会第137年会 2017年03月 選考有り 日本薬学会
  • 高分子ミセル型ポジトロン+近赤外蛍光デュアルイメージングプローブの開発
    牧野 顕, 友池 文佳, 木村 寛之, 小野 正博, 清野 泰, 佐治 英郎
    日本分子イメージング学会.第10総会・学術集会 2015年05月
  • 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー、[18F]FBOX-2の自動合成
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月 選考有り
  • PET機能画像は子宮肉腫患者の予後を予測する -エストロゲン受容体とFDG PET-
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 森 哲也, 牧野 顕, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • FES-およびFDG-PETによる 子宮肉腫の予後予測
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 牧野 顕, 森 哲也, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第11回 日本分子イメージング学会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Functional images predict prognosis of uterine sarcoma patient: Estrogen receptor expression combined with FDG PET
    Tsujikawa T, Yamamoto M, Chino Y, Shinagawa A, Tsuchida T, Mori T, Kurokawa T, Kiyono Y, Yoshida Y, Okazawa H
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • FP-CIT SPECTにおける半定量法の検討
    岡沢 秀彦、Rahman MGM, Islam MM, 辻川 哲也、清野 泰
    第60回日本脳循環代謝学会学術集会 2017年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • 低酸素がん細胞に対する粒子線治療の効果予測に関する基礎的検討
    清野 泰、村田 桃子、牧野 顕、久米 恭、森 哲也、浅井 竜哉、岡沢 秀彦
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • Predictive value of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake in colorectal cancer treated with proton irradiation under hypoxic condition.
    Kiyono Y, Murata M, Makino A, Kume K, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り 日本核医学会
  • Prognostic value of FES PET in patients with endometrial cancer
    Tsujikawa T, Yamada S, Tsuyoshi H, Kurokawa T, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Yoshida Y
    第12回分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET/MR imaging of gynecologic tumors:Initial experience in 5 cases
    Tsujikawa T, Tsuyoshi H, Yamada S, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Kurokawa T, Kiyono Y, Yoshida Y, Okazawa H
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り
  • Development of a new fluorine-18 labelled probe targeting norepinephrine transporter
    Makino A, Martinez ME, Okazawa H, Kiyono Y
    22nd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences(ISRS2017) 2017年05月 選考有り
  • ナノ粒子をキャリアとしたイメージングプローブによる高コントラストイメージングのための基礎検討
    牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第12回日本分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • ナノ粒子プローブの薬剤投与からイメージングまでの時間短縮法の検討
    牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • 高分子ミセルの細胞内在化に関する基礎的検討
    牧野 顕、神谷 華映、森 駿太、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    日本薬学会第138年会 2018年03月 選考有り 日本薬学会
  • Automated Synthesis of[18F]FFNP and[18F]FES with a low cost module systems
    Mori T, Kunieda M, Asai T, Okazawa H, Kiyono Y
    22nd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences(ISRS2017) 2017年05月 選考有り
  • 低価格化を目指したPET薬剤自動合成システムによるF-18標識FES簡便合成法の確立
    森 哲也、國枝 正基、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    第12回日本分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • PET薬剤のろ過滅菌後におけるフィルター完全性試験の実績報告
    森 哲也、伊藤 陽、牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • 低価格化を目指した汎用型自動合成装置システムによる[F-18]FFNPおよび[F-18]FESの合成
    森 哲也、國枝 正基、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • PET/MRI定量評価のための動脈カウントキャリブレーション法の検討
    岡沢 秀彦、及川 広志、辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • アルツハイマー病患者における64Cu-ATSM PET酸化ストレスイメージング
    井川 正道, 岡沢  秀彦, 辻川  哲也, 森  哲也, 清野  泰, 米田  誠
    第57回日本核医学会総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • O-15水PET/MRIによる脳血流量の定量
    岡沢 秀彦、辻川 哲也、森 哲也、清野 泰
    第76回日本医学放射線学会総会 2017年04月 選考有り 日本医学放射線学会
  • Measurement of cerebral blood flow with H215O PET/MRI.
    Okazawa H, Tsujikawa T, Higashino Y, Arishima H, Mori T, Kiyono Y, Kikuta K.
    Brain & Brain PET 2017 2017年04月 選考有り
  • Measurement of cerebral blood flow using H215O PET/MRI with a noninvasive method.
    Okazawa H, Higashino Y, Tsujikawa T, Mori T, Arishima H, Kiyono Y, Kikuta K.
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り
  • A new method for [123I]FP-CIT specific binding ratio estimation in evaluation of striatal function
    Rahman M, Islam M, Tsujikawa T, Kiyono Y, Okazawa H
    The 65th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2018年06月 選考有り
  • 全身骨髄TK1活性を可視化する FLT-PET/MRIによる 骨髄不全症の病態解明
    辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、岡沢 秀彦、多崎 俊樹、細野 奈穂子、山内 高弘
    第26回 福井県核医学研究会 2018年04月 選考有り 福井県核医学研究会
  • Assessment of bone marrow proliferation in bone marrow failure syndrome by FLT-PET/MRI
    辻川 哲也、多崎 俊樹、細野 奈穂子、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、山内 高弘、岡沢 秀彦
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • 抗がん剤と治療用放射性同位元素を内包した内照射治療用ナノ粒子の開発
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • Cu-64標識ナノ粒子の簡便合成法の検討
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第13回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2018年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Development of thermo-sensitive polymer micelle for direct injection at the targeted tumor region
    Makino A, manabe T, Asai T, Okazawa H, Kiyono Y
    256th ACS National Meeting 2018年08月 選考有り 米国化学会
  • 組織内照射と局所での化学療法との併用療法を可能にする温度応答性高分子ミセルの調製
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第7回日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック若手研究発表会 2018年12月 選考有り 日本バイオマテリアル学会
  • Predictive value of 18F-FDG and 18F-FLT uptake in colorectal cancer treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Makino A,Kume K,Mori T,Asai T, Okazawa H
    The 65th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2018年06月 選考無し
  • Changes in the accumulation of 18F-FDG and 18F-FLT in colorectal cancer cells treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Kume K, Makino A, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 12th World Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology (WFNMB 2018) 2018年04月 選考有り
  • 学会製造認証基準に準拠した[F-18] NaFの製造および品質管理の検討
    森 哲也、清野 泰、大崎 勝彦、脇 厚生、岡沢 秀彦
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会

共同研究

  • 18FfluoroacetatePETを用いたアストロサイト機能に注目した脳外科疾患の解明 2014年度

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2012年度後期優秀論文賞2013年05月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2011年度前期 優秀論文賞2011年11月
  •  米国核医学 米国核医学2011総会 腫瘍臨床診断部門最優秀優秀ポスター賞2011年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2009年度教員学生等による優秀論文賞、最優秀論文賞2011年05月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2010年度後期 優秀論文賞2011年05月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2009年度後期 優秀論文賞2011年05月
  •  Society of Nuclear Medicine Outstandin JNM Articles for 2009 (Clinical Investigations)2010年06月
    J Nucl Med 2009; 50: 1599-1604
  •  日本心臓核医学会 第8回日本心臓核医学会若手研究者奨励賞最優秀賞2008年06月
  •  日本医学放射線学会 第67回日本医学放射線学会 Gold Medal2008年04月
    子宮内膜腫瘍性疾患におけるエストロゲン依存性とブドウ糖代謝の関連
  •  日本核医学会 第4回日本核医学会研究奨励賞最優秀賞2007年11月
  •  The 9th Congress of World Federation of Nuclear Medicine & Biology Best Poster Award, The 9th Congress of World Federation of Nuclear Medicine & Biology2006年01月
  •  日本薬学会物理系薬学部会 フィジカルファーマフォーラム2004奨励賞2004年03月

科学研究費補助金

  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2015年度
  • グアニン四重鎖構造を標的とするテロメラーゼ活性測定プローブの開発挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2014年度
  • 亜鉛欠乏および社会的隔離による情動変化に関する基礎的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小俣 直人 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岡沢 秀彦 2014年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2014年度
  • Development of F-18 radiopharmaceutical for PET imaging of infections基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:Martinez Miguel 2014年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2013年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岡沢 秀彦 2013年度
  • 亜鉛欠乏および社会的隔離による情動変化に関する基礎的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小俣 直人 2013年度
  • 18F標識酢酸誘導体を用いたグリア細胞エネルギー代謝機能測定への挑戦挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2013年度
  • 18F標識酢酸誘導体を用いたグリア細胞エネルギー代謝機能測定への挑戦挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2012年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岡沢 秀彦 2012年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:石田 泰一 2012年度
  • 戦略的治療計画のための特異的腫瘍機能画像法の開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岡沢 秀彦 2011年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:黒川 哲司 2011年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:石田 泰一 2011年度
  • 分子標的内照射治療における戦略的治療薬剤創製基盤の開発挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2011年度
  • 分子標的内照射治療における戦略的治療薬剤創製基盤の開発挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2010年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:石田 泰一 2010年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用した治療・モニター同時進行型内用放射線治療法の開発若手研究(A)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2010年度
  • 戦略的治療計画のための特異的腫瘍機能画像法の開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:岡沢 秀彦 2010年度
  • 細胞壁構成成分を指標とした細菌・真菌感染症の病態解析と分子イメージングへの展開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:稲井 邦博 2010年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:黒川 哲司 2010年度
  • 戦略的治療計画のための特異的腫瘍機能画像法の開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:岡沢 秀彦 2009年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:黒川 哲司 2009年度
  • 機能性精神疾患の病態解明を目的とするノルアドレナリン神経機能イメージング法の開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2009年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用した治療・モニター同時進行型内用放射線治療法の開発若手研究(A)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2009年度
  • 機能性精神疾患の病態解明を目的とするノルアドレナリン神経機能イメージング法の開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2008年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用したアルツハイマー病の新しい治療法の開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2008年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用した治療・モニター同時進行型内用放射線治療法の開発若手研究(A)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2008年度
  • 脳内ノルアドレナリン神経機能の非侵襲的分子イメージングのための分子プローブの開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2007年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用したアルツハイマー病の新しい治療法の開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2007年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用した治療・モニター同時進行型内用放射線治療法の開発若手研究(A)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2007年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:藤林 康久 2007年度
  • 脳内ノルアドレナリン神経機能の非侵襲的分子イメージングのための分子プローブの開発特定領域研究(継続領域)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2006年度
  • 2プロモーター型ベクターを利用した遺伝子治療の分子イメージング法の開発若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:清野 泰 2006年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:藤林 康久 2006年度
  • 亜鉛欠乏および社会的隔離による情動変化に関する基礎的研究基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小俣 直人 2015年度
  • 分子イメージング法を応用した子宮肉腫肺転移機構の解明と新治療法の開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:吉田 好雄 2015年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岡沢 秀彦 2015年度
  • グアニン四重鎖構造を標的とするテロメラーゼ活性測定プローブの開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清野 泰 2015年度
  • Development of F-18 radiopharmaceutical for PET imaging of infections基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:Martinez Miguel 2015年度
  • 社会的孤立の負荷期間延長は、うつ状態の増悪ではなく、躁状態を引き起こすか?基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小俣 直人 2016年度
  • 分子イメージング法を応用した子宮肉腫肺転移機構の解明と新治療法の開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:吉田 好雄 2016年度
  • Development of F-18 radiopharmaceutical for PET imaging of infections基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:Martinez Miguel 2016年度

厚生科研補助金

  • がん診療における分子イメージングの臨床応用に関する研究「P糖タンパクの分子イメージング法の開発」
    代表者:井上 登美夫
  • がん診療における分子イメージングの臨床応用に関する研究「P糖タンパクの分子イメージング法の開発」
    代表者:井上 登美夫
  • がん診断法としての分子イメージングの臨床応用に関する研究
    代表者:井上 登美夫

プロジェクト活動

  • 21世紀COEプログラム(プロジェクト1)
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:藤林 康久,清野 泰,

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 粒子線がん治療効果 PETで早期予測2015年04月 福井