藤岡 徹

所属部署名発達科学講座
教員組織発達科学講座
教育研究組織教育学部・教育学研究科
職名准教授
更新日: 19/06/05 10:22

研究者基本情報

氏名

    藤岡 徹
    フジオカ トオル

基本情報

研究分野

  • 人文学 / 心理学

所属

  •  発達科学講座 准教授

学歴

  • 2009年04月- 2012年03月筑波大学 感性認知脳科学専攻
  • 2007年04月- 2009年03月筑波大学 感性認知脳科学専攻
  • 2003年04月- 2007年03月信州大学 教育学部 教育カウンセリング課程

学位

  • 博士(行動科学)

資格

    養護学校教諭1種免許, 小学校教諭1種免許, 保育士

経歴

  • 2019年04月福井大学 学術研究院教育・人文社会系部門(教員養成) 准教授
  • 2016年04月- 2019年03月福井大学 子どものこころの発達研究センター 特命助教
  • 2014年04月- 2016年03月福井大学 医学部 精神医学領域 学術研究員
  • 2012年04月- 2014年03月平谷こども発達クリニック 心理スタッフ

所属学協会

    日本LD学会 編集委員,日本小児精神神経学会 編集委員,発達性ディスレクシア研究会 一般会員,障害科学学会 一般会員,日本児童青年精神医学 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Do Individuals With Autism Spectrum Disorders Help Other People With Autism Spectrum Disorders? An Investigation of Empathy and Helping Motivation in Adults With Autism Spectrum Disorder
    Komeda H, Kosaka H, Fujioka T, Jung M and Okazawa H
    Frontiers in Psychiatry 10(10) 376 2019年06月 査読有り
  • Quantitative facial expression analysis revealed the efficacy and time course of oxytocin in autism
    Owada K, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Eriguchi Y, Kawano N, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H.
    Brain awz126 2019年05月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症(ASD):病因仮説
    小坂浩隆・藤岡徹・丁ミンヨン
    最新医学 10 45-50 2018年10月 査読無し
  • Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: A randomized clinical trial.
    Yamasue H, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Owada K, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Eriguchi Y, Kawano N, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, and Kosaka H.
    Molecular Psychiatrym 2018年06月 査読有り
  • Symptoms in individuals with adult-onset ADHD are masked during childhood.
    Kosaka H, Fujioka T, Jung M
    European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience 2018年04月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症の認知機能―ASD特性を説明する理論にそって―
    藤岡徹
    LD研究 26(4) 474-483 2017年11月 査読有り
  • 発達障害の子どもから大人への連続性について
    小坂浩隆、藤岡徹
    最新精神医学 22(3) 197-208 2017年05月 査読有り
  • Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders.
    H.Komeda, H.Osanai, K.Yanaoka, Y.Okamoto, T.Fujioka, S.Arai, K.Inohara, M.Koyasu, T.Kusumi, S.Takiguchi, M.Kawatani, H.Kumazaki, M.Hiratani, A.Tomoda, H.Kosaka:.
    Sci Rep 6(37875) 2016年11月 査読有り
  • Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
    H.Kosaka, Y.Okamoto, T.Munesue, H.Yamasue, K.Inohara, T.Fujioka, T.Anme, M.Orisaka, M.Ishitobi, M.Jung, T.X.Fujisawa, S.Tanaka, S.Arai, M.Asano, D.N.Saito, N.Sadato, A.Tomoda, M.Omori, M.Sato, H.Okazawa, H.Higashida, Y.Wada.
    Transl Psychiatry 6(8) e872 2016年08月 査読有り
  • Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD.
    S.Arai, Y.Okamoto, T.Fujioka, K.Inohara, M.Ishitobi, Y.Matusmura, M.Jung, K.Kawamura, S.Takiguchi, A.Tomoda, Y.Wada, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka (CorrespondingAuthor).
    Brain Dev 38(5) 471-480 2016年05月 査読有り
  • Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    T.Fujioka, K.Inohara, Y.Okamoto, Y.Masuya, M.Ishitobi, D.N.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, T.X.Fujisawa, K.Narita, K.Suzuki, K.J.Tsuchiya, N.Mori, T.Katayama, M.Sato, T.Munesue, H.Okazawa, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka (CorrespondingAuthor).
    Mol Autism 7 19 2016年03月 査読有り
  • Advanced test of attention in children with attention-deficit/hyperactivity disorder in Japan for evaluation of methylphenidate and atomoxetine effects.
    T.Fujioka, S.Takiguchi, C.Yatsuga, M.Hiratani, K.E.M.Hong, M.S.Shin, S.Cho, H.Kosakak, A.Tomoda.
    Clin Psychopharmacol Neurosci 14(1) 79-87 2016年02月 査読有り
  • Effectiveness of oral tipepidine administration for children with attention deficit hyperactivity disorder: A 4-week, open-label, phase 1 clinical study.
    A.Tomoda, S.Takiguchi, T.X.Fujisawa, C.Yatsuga, H.Kumazaki, T.Fujioka, H.Suzuki, H.Matsuzaki, H.Kosaka, S.Tanaka.
    Psychiatry Clin Neurosci 69(10) 658-659 2015年10月 査読有り
  • Sex different abnormalities in the right second to fourth digit ratio in Japanese individuals with Autism Spectrum Disorders.
    Y.Masuya, Y.Okamoto, K.Inohara, Y.Matsumura, T.Fujioka, Y.Wada, H.Kosaka. .
    Mol Autism 6 34 2015年06月 査読有り
  • 発達性ディスレクシア児の学習面での問題に対する教員の認識についての検討~注意欠陥/多動性障害と広汎性発達障害の併存が与える影響について~
    藤岡 徹、村田 里佳、石坂 郁代、河野 俊寛、大石 敬子、滝口 慎一郎、平谷 美智夫
    LD研究 24(3) 347-355 2015年 査読有り
  • Effects of Methylphenidate in Children with Attention Deficit Hyperactivity Disorder: A Near-Infrared Spectroscopy Study with CANTAB.
    N.Matsuura, M.Ishitobi, S.Arai, K.Kawamura, M.Asano, K.Inohara, T.Fujioka, T.Narimoto, Y.Wada, M.Hiratani, H.Kosaka.
    Child Adolesc Psychiatry Ment Health 8 273 2014年12月 査読有り
  • 発達性ディスレクシアと診断された児童の併存症と初診時の主訴の検討
    藤岡 徹、石坂 郁代、河野 俊寛、大石 敬子、平谷 美智夫
    LD研究 23(2) 340-346 2014年 査読有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の意思決定に関する研究(2)~罰より報酬の大きいギャンブリング課題を用いた検討~
    藤岡 徹、宮本 信也
    小児の精神と神経 52(4) 323-332 2012年 査読有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の意思決定に関する研究~ギャンブリング課題を用いた検討~
    藤岡 徹、宮本 信也
    小児の精神と神経 51(3) 261-272 2011年 査読有り
  • 社会的行動の評価課題の作成:暗黙のルールを理解する能力を測定する試み
    藤岡 徹、森光 晃子、高橋 知音
    LD研究 20(3) 304-316 2011年 査読有り
  • レノックス&ウォルフ版改訂版セルフモニタリング尺度の改訂
    藤岡 徹、高橋 知音
    信州大学教育学部 信州大学教育学部紀要 120 71-79 2008年 査読無し

著書

  • LD・ADHD等関連用語集【第4版】
    藤岡徹
    分担執筆
    「ADI-R」「ADOS-2」
    日本文化科学社 2017年11月

講演・口頭発表等

  • Developmental changes of attention to social information in Autistic Spectrum Disorder from childhood to adolescence.
    Toru Fujioka, Kenji J TSsuchiya, Manabu Saito, Yui Sakamoto, Kazuhiko Nakamura, Damee Choi, Yoshifumi Mizuno, Shinichiro Takiguchi, Takashi X Fujisawa, Minyoung Jung, Hideo Matsuzaki, Akemi Tomoda, Ayumi Okato, Yoshiyuki Hirano, Tsuyoshi Sasaki, Tokiko Yoshida, Muneaki Matsuo, Daisuke N Saito, Mitsuru Kikuchi, Yoshihiro Maegaki, Taiichi Katayama, Hirotaka Kosaka
    The World Congress of Asian Psychiatry 2019年02月 選考有り
  • 視線追跡装置Gazefinderにおける社会的情報の注視と向社会性の関係
    藤岡徹・水野賀史・滝口慎一郎・友田明美・前垣義弘
    日本小児精神神経学会第120回記念大会 2018年12月 選考有り
  • 成人期高機能自閉スペクトラム症における社会的コミュニケーション能力に関する調査 -社会的コミュニケーション能力および対人的相互反応と社交不安症状と言語流暢性との関係-
    木村友香理・藤岡徹・丁ミンヨン・小泉径子・小坂浩隆
    第59日本児童青年精神医学総会 2018年10月 選考有り
  • 幼児期から青年期における自閉スペクトラム症児の社会的情報への注目の発達的変化
    藤岡徹・水野賀史・滝口慎一郎・藤澤隆史・松﨑秀夫・友田明美・菊知充・佐々木剛・岡東歩美・斉藤まなぶ・片山泰一・小坂浩隆
    第59日本児童青年精神医学総会 2018年10月 選考有り
  • Attention to eye in still face strongly related to sociality compared to other social information in children with Autism Spectrum Disorder.
    Fujioka T, Mizuno Y, Takiguchi S, Fujisawa TX, Tsuchiya KJ, Katayama T, Tomoda A, Hiratani M, Kosaka H.
    American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 64th Annual Meeting 2017年10月
  • 教科学習以外で生じる困難と支援
    藤岡徹、平谷美智夫、石坂郁代、河野俊寛、伊藤一美
    日本LD学会第26回大会 2017年10月
  • 選択性緘黙の併存が自閉スペクトラム症の社会的情報への注目にあたえる影響
    藤岡徹、新井清義、水野賀史、滝口慎一郎、藤澤隆史、土屋賢治、片山泰一、松﨑秀夫、友田明美、平谷美智夫、小坂 浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 被虐待児の社会的認知に対するオキシトシン投与の有効性の検討
    小泉径子、藤岡徹、滝口慎一郎、水野賀史、石川俊介、升谷泰裕、松村由紀子、岡崎玲子、野路恵里佳、友田明美、小坂浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 青年期後期~成人期自閉スペクトラム症における発話特徴の分析
    木村友香理、藤岡徹、岡本悠子、小泉径子、伊藤祐康、小坂浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 読字障害(発達性ディスレクシアDevelopmental Dyslexia:DD)308例より 第2報:DD308例の背景要因の検討 ―高い頻度の注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害の併存とそれを意識した病態理解と治療・療育の重要性-
    平谷美智夫、服部恵、仲嶺実甫子、滝口慎一郎、巨田元礼、川谷正男、藤岡徹、荻野和雄、小坂浩隆、友田明美
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 限局性学習症の“限局性”について考える~全般的な知的能力との関係との関係を中心に~、
    藤岡 徹、平谷 美智夫、石坂 郁代、河野 俊寛、伊藤 一美
    日本LD学会第25回大会 2016年11月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症児の適応能力と社会的情報への注視時間の関連性
    藤岡 徹、新井 清義、藤澤 隆史、土屋 賢治、片山 泰一、友田 明美、平谷 美智夫、小坂 浩隆
    第57日本児童青年精神医学総会 2016年10月 選考有り
  • オキシトン単回投与が非協力者の魅度評価にえる影響
    小泉 径子、松村 由紀子、石川 俊介、升谷 泰裕、岡崎 玲子、岡本 悠子、藤岡 徹、滝口 慎一郎、友田 明美、小坂 浩隆
    第57日本児童青年精神医学総会 2016年10月 選考有り
  • 注意欠如多動症サブグループごとのContinuous performance task成績の時系列的検討- the Advanced Test of Attentionを用いた検討-
    藤岡 徹、滝口 慎一郎、平谷 美智夫、小坂 浩隆、友田 明美
    第7回ADHD学会 2016年02月 選考有り
  • 発達性ディスレクシア2例と書字表出障害1例:発達性ディスレクシア・注意欠如多動症・自閉症スペクトラム障害の相互関係を考察する
    平谷 美智夫、巨田 元礼、川谷 正男、山口 大輔、藤岡 徹、滝口 慎一郎、松浦 直己、河野 俊寛、石坂 郁代、大石 敬子
    第7回ADHD学会 2016年02月 選考有り
  • 発達性ディスレクシアと診断された224例の背景要因の検討
    巨田 元礼、川谷 正男、山口 大輔、藤岡 徹、滝口 慎一郎、河野 俊寛、石坂 郁代、大石 敬子、平谷 美智夫
    第7回ADHD学会 2016年02月 選考有り
  • 学習障害のある児童が見せる臨床症状の経年的移り変わり~発達クリニックでの継続した支援を通してみる義務教育期間中の移り変わり~
    藤岡 徹、石坂 郁代、河野 俊寛、伊藤 一美、山口 大輔、平谷 美智夫
    日本LD学会第24回大会 2015年10月 選考有り
  • 簡易視線追跡装置「GazeFinder」の思春期・青年期男性における自閉スペクトラム症判別機器としての有効性検証
    藤岡 徹、岡本 悠子、升谷 泰裕、石飛 信、齋藤 大輔、丁 ミンヨン、新井 清義、松村 由紀子、藤澤 隆史、小泉 径子、鈴木 勝昭、土屋 賢治、森 則夫、片山 泰一、棟居 俊夫、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学総会 2015年09月 選考有り
  • 発達性ディスレクシアにおける読みの能力への知的能力の影響
    山口 大輔、平谷 美智夫、河野 俊寛、石坂 郁代、藤岡 徹、松浦 直己、友田 明美
    第15回発達性ディスレクシア研究会  2015年09月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症における唾液中/血漿中オキシトシン濃度と社会性の障害との関連 ―視線追跡装置であるGazeFinderRを用いて―
    松村 由紀子、藤岡 徹、藤澤 隆史、岡本 悠子、新井 清、田仲 志保、升谷 泰裕、石飛 信、岡崎 玲子、石川 俊介、丁 ミンヨン、小泉 径子、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学総会 2015年09月 選考有り
  • ADHD児における前頭極の機能成熟:self-generated spatial working memory課題実施時の脳活動変化
    新井 清義、岡本 悠子、藤岡 徹、石飛 信、松村 由紀子、丁 ミンヨン、滝口 慎一郎、友田 明美、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学総会 2015年09月 選考有り
  • 胎児期の性ホルモン暴露と女性自閉症スペクトラム障害の関係
    岡本 悠子、升谷 泰裕、松村 由紀子、藤岡 徹、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学総会 2015年09月 選考有り
  • 保護者と教員の発達性ディスレクシア児の読字困難の認識についての研究~早期発見早期支援のため~
    S.E.N.Sの会福井支部会定期研究会 2015年09月
  • 発達障害に特化した民間クリニックのLDへの取り組みと提言~早期発見とその後の“支え"を中心に~
    藤岡 徹、石坂 郁代、河野 俊寛、伊藤 一美、山口 大輔、平谷 美智夫
    日本LD学会第23回大会 2014年11月 選考有り
  • 保護者と教員は何を基準にADHD-RSをつけているのか? ~ADHD-RSとWISC-IVとの関連からの推測~
    藤岡 徹、平谷 美智夫、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学総会 2014年10月 選考有り
  • Resting-state functional connectivity MRIを用いた自閉症スペクトラム障害とDefault-mode networkの関連性
    丁 ミンヨン、石飛 信、棟居 俊夫、岡本 悠子、藤岡 徹、新井 清義、浅野 みずき、升谷 泰裕、友田 明美、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学総会 2014年10月 選考有り
  • 10歳以下のADHD児におけるOROS-MPH治療効果の検討:CANTABによる実行機能評価
    新井 清義、藤岡 徹、石飛 信、浅野 みずき、滝口 慎一郎、丁 ミンヨン、岡本 悠子、友田 明美、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学総会 2014年10月 選考有り
  • 青年期ASD者における視線計測と血漿オキシトシン濃度の関連
    升谷 泰裕、岡本 悠子、藤澤 隆史、田仲 志保、新井 清義、浅野 みずき、丁 ミンヨン、石川 俊介、藤岡 徹、石飛 信、松村 由紀子、友田 明美、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学総会 2014年10月 選考有り
  • Aberrant resting state functional connectivities with amygdala in autism spectrum disorder,
    M.Jung, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Morita, K.Inohara, A.Sasaki, S.Arai, Y.Masuya, T.Fujioka, Y.Okamoto, T.Munesue, A.Tomoda, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka, Y.Wada, H.Kosaka.
    The 37th annual meeting of the Japan Neuroscience Socidety 2014年09月 選考有り
  • Effects of long-term oxytocin administration on functional connectivities with default mode network in autism spectrum disorder.
    H.Kosaka, M.Jung, D.N.Saito, M.Ishitobi, K.Inohara, S.Arai, Y.Masuya, T.Fujioka, Y.Okamoto, T.Munesue, A.Tomoda, M.Sato, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada.
    The 37th annual meeting of the Japan Neuroscience Socidety 2014年09月 選考有り
  • Effects of Methylphenidate in Children with attention deficit hyperactivity disorder: A Near-Infrared Spectroscopy Study using CANTABR
    S.Arai, K.Kawamura, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, Y.Matusmura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, H.Kosaka.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り
  • Effects Of Methylphenidate On Neuropsychological Performance In Children With ADHD Using The Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery (CANTAB)
    S.Arai, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, Y.Matusmura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, K.Kawamura, H.Kosaka.
    The 2nd Asian Congress on ADHD 2014年03月 選考有り
  • 発達性ディスレクシア児の”学習上の問題”に対する担任教員の気づき?初診時の担任教員アンケート記載内容による検討?
    藤岡 徹、石坂 郁代、大石 敬子、河野 俊寛、平谷 美智夫
    日本LD学会第22回大会 2013年10月 選考有り
  • 発達性dyslexia児の読み書きの問題への気づき?struggling bright readerに相当すると思われる事例から?
    石坂 郁代、平谷 美智夫、大石 敬子、伊波 みなみ、髙井 雪帆、藤岡 徹、河野 俊寛、村田 里佳、伊藤 一美
    日本LD学会第22回大会 2013年10月 選考有り
  • 発達性ディスレクシアと診断されたIQ70から85の境界線級知能を持つ症例についての検討
    山口 大輔、藤岡 徹、石坂 郁代、河野 俊寛、大石 敬子、平谷 美智夫
    第13回発達性ディスレクシア研究会 2013年07月 選考有り
  • Methylphenidate長期服用がAD/HD児の最終身長に与える影響についての検討
    磨井 明奈、藤岡 徹、滝口 慎一郎、新井 清義、有吉 ゆかり、平谷 美智夫
    第109回日本小児精神神経学会 2013年06月 選考有り
  • 発達性ディスレクシア児の早期発見・早期支援のため
    S.E.N.Sの会福井支部会定期研究会 2013年05月
  • 発達性ディスレクシアの併存症としてのAD/HD
    藤岡 徹、平谷 美智夫
    日本AD/HD学会第4回総会 2013年03月 選考有り
  • AD/HD薬物治療の効果判定における日本語版精密注意集中課題検査(ATA)の有用性
    滝口 慎一郎、磨井 明奈、太田 知里、藤岡 徹、山崎 未花、八ツ賀 千穂、平谷 美智夫、友田 明美
    日本AD/HD学会第4回総会 2013年03月 選考有り
  • 罰が自閉症スペクトラム障害児の意思決定に与える影響についての研究~Balloon Analogue Risk Taskを用いた検討~
    藤岡 徹、宮本 信也
    第108回日本小児精神神経学会 2012年11月 選考有り
  • AD/HD薬物治療の効果判定における日本語版精密注意集中課題検査(ATA)の有用性
    滝口 慎一郎、磨井 明奈、太田 知里、藤岡 徹、山崎 未花、八ツ賀 千穂、平谷 美智夫、友田 明美
    第108回日本小児精神神経学会 2012年11月 選考有り
  • Usefulness of Japanese version of Advanced Test of Attention to evaluate effectiveness for ADHD treatment.
    S.Takiguchi, C.Yatsuga, T.Fujioka, M.Hiratani, A.Tomoda.
    The 1st Asian Congress on ADHD 2012年11月 選考有り
  • 発達性ディスクシアと診断された児童の併存症と初診時の主訴の検討
    藤岡 徹、平谷 美智夫、石坂 郁代、大石 敬子
    日本LD学会第21回大会 2012年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害及び注意欠陥多動障害における読み書き障害合併率に関する研究
    河野 俊寛、藤岡 徹、新井 清義、平谷 美智夫
    第12回発達性ディスレクシア研究会 2012年07月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の自己理解/他者理解の促進を目的とした活動:構成的グループエンカウンターを用いた試み
    藤岡 徹、宮本 信也、平谷 美智夫
    第107回日本小児精神神経学会 2012年06月 選考有り
  • Decision-Making of Children with Autism Spectrum Disorder
    T.Fujioka, S.Miyamoto.
    International Meeting for Autism Research 2011年05月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の意思決定時の報酬と罰へ感受性に関する研究~ギャンブリング課題を用いた検討
    藤岡 徹、宮本 信也
    第104回日本小児精神神経学会 2010年11月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の意思決定時における報酬と罰に対する情動反応~ギャンブリング課題を用いた検討~
    藤岡 徹、宮本 信也
    第28回日本生理心理学会 2010年10月 選考有り
  • 社会的行動の評価テストの妥当性の検証~AQとの関連~
    藤岡 徹、森光 晃子、高橋 知音
    日本LD学会第19回大会 2010年10月 選考有り
  • 社会的行動の評価テストの開発-「心的状態の推測」と「暗黙の了解」の関係-
    藤岡 徹、中村 晃子、高橋 知音
    日本LD学会第18 回大会 2009年10月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害児の意思決定時における情動反応に関する研究~ギャンブリング課題を用いた検討~
    藤岡 徹、宮本 信也
    第101回日本小児精神神経学会 2009年06月 選考有り
  • 脳血流計測による表情伝達の評価
    中森 志穂、飯嶋 君枝、永盛 祐介、藤岡 徹、内山 俊朗、山中 敏正、宮本 信也
    日本感性工学会第4回春季大会 2008年09月 選考有り
  • 大学生を対象とした社会的認知能力検査バッテリーの開発
    高橋 知音、荻澤 歩、中村 晃子、藤岡 徹
    日本LD学会第16回大会 2007年11月 選考有り

MISC

  • 自閉症スペクトラム障害児の対人関係-理解と対応
    藤岡徹・高橋知音
    児童心理4月号 66(5) 445-449 2012年04月 招待有り

受賞

  •  小児精神神経学会 小児精神神経学会座長推薦演題:第120回小児精神神経学会2018年12月
  •  福井大学 2015年度後期医学部教員・学生等による優秀論文賞2016年06月
  •  日本LD学会 日本LD学会研究奨励賞2015年10月
  •  小児精神神経学会 小児精神神経学会座長推薦演題:第104回小児精神神経学会2010年11月

科学研究費補助金

  • 社会的情報への注目が自閉スペクトラム症の言語発達と社会性発達に与える影響の探求若手研究(B)
    代表者:藤岡 徹 2016年度