吉田 好雄

所属部署名器官制御医学講座 産科婦人科学
教員組織器官制御医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/07/23 18:51

研究者基本情報

氏名

    吉田 好雄
    ヨシダ ヨシオ
    YOSHIDA Yoshio

所属

  •  器官制御医学講座 産科婦人科学 教授

学歴

  • - 1986年福井医科大学 医学科

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2006年09月福井大学医学部産科婦人科 助教授(准教授)
  • 2001年05月- 2006年09月福井医科大学医学部附属病院 講師
  • 1994年12月- 2001年05月福井医科大学医学部産科婦人科 助手
  • 1990年07月- 1994年12月公立高島総合病院 医師
  • 1989年02月- 1990年07月福井医科大学医学部産科婦人科 助手
  • 1988年06月- 1989年02月福井医科大学医学部附属病院 産科婦人科医員(研修医)

所属学協会

    日本産科婦人科学会 その他,日本産科婦人科学会 その他,日本産科婦人科学会 代議員,日本産科婦人科学会 その他,日本産科婦人科学会 その他,日本産科婦人科学会 その他,日本産科婦人科学会 その他,日本婦人科腫瘍学会 その他,日本婦人科腫瘍学会 その他,日本婦人科腫瘍学会 その他,JGOG(婦人科悪性腫瘍研究機構) 理事,日本癌学会 評議員,日本周産期・新生児医学会 その他,日本女性医学学会 その他,The Japanese Society for Advancement of Women's Imaging(JSAWI) その他,日本癌治療学会 その他,日本女性骨盤底医学会 一般会員,日本母性衛生学会 一般会員,America Associate Cancer research 一般会員,日本電子顕微鏡学会 一般会員,International Gynecologic Cancer Society 一般会員,日本婦人科腫瘍学会 一般会員,日本癌学会 一般会員,日本臨床細胞学会,

研究活動情報

論文

  • 分娩監視装置の超音波ドプラ信号による心拍細変動解析精度の定量的な評価
    玉村 千代,荒木 睦大,森 幹男,浅井 竜哉,高橋 望,西島 浩二,吉田 好雄
    信学技報 116(419) 227-232 2017年01月 査読無し
  • 液状検体法を導入した子宮内膜細胞診が有効であった未分化子宮肉腫の 1 例
    岩崎 和美,黒川 哲司,品川 明子,森 正樹,酒井 康弘,今村 好章,吉田 好雄
    日本臨床細胞学会雑誌 56(1) 33-38 2017年03月 査読有り
  • "悩ましい症例"に立ち向かう! CPiCレポート(第2回)発生部位と悪性度不明の平滑筋腫瘍(STUMP)の診断の妥当性が問題になった1例
    天谷 優介, 吉田 好雄, 黒川 哲司, 中島 彰俊, 島 友子, 榎本 隆之, 西野 幸治, 麻谷 美奈, 本山 悌一
    産婦人科の実際 65(12) 1672-1677 2016年11月 査読有り
  • 子宮筋腫と子宮肉腫の最新鑑別法-画像診断Radiomics解析法
    吉田 好雄
    産科と婦人科 83(11) 1315-1322 2016年11月 査読有り
  • 胎児心音を用いた瞬時胎児心拍変動解析の実験システム
    荒木 睦大,森 幹男,浅井 竜哉,髙橋 望,知野 陽子,西島 浩二,吉田 好雄
    信学技報 116(84) 5-10 2016年06月 査読有り
  • Hemophagocytic lymphohistiocytosis caused by pyogenic liver abscess during 1 pregnancy:a case report
    K.Ota, K.Kawahara, H.Banno , K.Nishijima, Y.Yoshida
    Open Journal of Obstetrics and Gynecology(OJOG) 6(5) 287--292 2016年06月 査読有り
    Y.Yoshida
  • 羊水過多を呈した妊婦に対し、問診を契機に筋強直性ジストロフィーと診断しえた2症例
    坂野 陽通,河原 和美,佐藤 久美子,髙橋 仁,西島 浩二,吉田 好雄
    産科と婦人科 83(4) 451-454 2016年04月 査読有り
  • Metabolic tumor burden predicts prognosis of ovarian cancer patients who receive platinum-based adjuvant chemotherapy.
    M.Yamamoto, T.Tsujikawa, Y.Fujita, Y.Chino, T.Kurokawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Cancer Sci 107(4) 478-485 2016年04月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Different prognostic implications of 18F-FDG PET between histological subtypes in patients with cervical cancer.
    T.Rahman, T.Tsujikawa, M.Yamamoto, Y.Chino, A.Shinagawa, T.Kurokawa, T.Tsuchida, H.Kimura, Y.Yoshida, H.Okazawa.
    Medicine 95(9) e3017-e3017 2016年03月 査読有り
  • Impact on PET texture features of imaging biomarkers for predicting survival of patients with uterine sarcoma-preliminary results.
    M.Yamamoto, T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida.
    Biomarker J 2(1) e3017 2016年03月 査読有り
    Y.Yoshida
  • 急性白血病合併妊娠の管理における産婦人科医の役割
    井上 大輔,西島 浩二,山本 真,髙橋 仁,知野 陽子,福田 真,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    産婦人科の実際 65(2) 213-217 2016年02月 査読有り
  • シートベルト外傷により子宮内胎児死亡に至った1例
    山田 しず佳,服部 由香,西島 浩二,髙橋 仁,折坂 誠,吉田 好雄
    周産期医学 46(1) 125-128 2016年01月 査読有り
  • 当院における術前診断CIN3に対する子宮頸部円錐切除術後の細胞診による管理
    大沼 利通,田嶋 公久,佐藤 久美子,服部 克成,辻 隆博,吉田 好雄
    産婦人科の実際 65(1) 101-106 2016年01月 査読有り
  • Ovarian mucinous adenocarcinoma with functioning stroma in postmenopausal women: aromatase and SF-1 expressions.
    Y.Hattori, S.Yamada, M.Yamamoto, M.Orisaka, T.Mizutani, Y.Yoshida
    J Ovarian Res 8 73 2015年11月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Establishment and characterization of a novel orthotopic mouse model for human uterine sarcoma with different metastatic potentials
    S.Kawabe,T.Mizutani,S.Ishikane,M.E.Martinez,Y.Kiyono,K.Miura, H.Hosoda,Y.Imamichi,K.Kangawa,K.Miyamoto,Y.Yoshida.
    Cancer Letters 366(2) 182-190 2015年10月 査読有り
  • Mitochondrial dynamics regulating chemoresistance in gynecological cancers.
    B.Kong, H.Tsuyoshi, M.Orisaka, DB.Shieh, Y.Yoshida, BK.Tsang
    Ann N Y Acad Sci 1350 1-16 2015年09月 査読有り
  • Debulking surgery and hyperthermic intraperitoneal chemotherapy in the management of a recurrent aggressive uterine myxoid leiomyosarcoma with peritoneal dissemination.
    D.Inoue, M.Yamamoto, G.Sugita, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Gynecol Oncol Rep 13 60-63 2015年07月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Amniotic Fluid Embolism Triggered By Hypertensive Crisis Due to Undiagnosed Pheochromocytoma in a Pregnant Subject With Neurofibromatosis Type 1.
    N.Takahashi, K.Nishijima, M.Orisaka, H.Tsuyoshi, T.Kurokawa, K.Kato, A.Shirafuji, K.Arakawa, K.Hisazaki, H.Tada, Y.Yoshida
    AACE Clinical Case Rep 1(3) e178-e181 2015年 査読有り
    N.Nishijima
  • ゲノム時代の婦人科がん診療を展望する-がんの個性に応じたpersonalizationへの道【各論2】子宮体がん 子宮肉腫(平滑筋肉腫)の病態と分子標的治療-ゲノム解析に基づく新たな展開-.
    吉田 好雄
    臨床婦人科産科 69(1) 96-105 2015年01月 査読有り
  • Protective effect of dienogest on chemotherapy-induced reduced fertility in female rats.
    H.Tsuyoshi, M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, BK.Tsang, Y.Yoshida
    Steroids 93 1-7 2015年01月 査読有り
  • Authors' reply: Transverse uterine fundal incision in placenta praevia with possible placenta accreta: a last resort
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, C.Tamamura, A.Yoshida, H.Masuzaki, T.Sekiya, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 122(3) 448-9 2015年02月 査読有り
  • Protective effect of dienogest on chemotherapy-induced reduced fertility in female rats
    H.Tsuyoshi, M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, BK.Tsang, Y.Yoshida
    Steroids 93 42011 2015年01月 査読有り
  • ゲノム時代の婦人科がん診療を展望する-がんの個性に応じたpersonalizationへの道【各論2】子宮体がん 子宮肉腫(平滑筋肉腫)の病態と分子標的治療-ゲノム解析に基づく新たな展開-
    吉田 好雄
    臨床婦人科産科 69(1) 96-105 2015年01月 査読無し
  • IUD の捺印細胞診が骨盤内放線菌症の診断に有効であることを示唆した 1 例
    加藤 加奈;黒川 哲司;品川 明子;堀江 直世;前川 秀樹;森 正樹;今村 好章;吉田 好雄
    日本臨床細胞学会雑誌 53(4) 308-312 2014年
  • Locally-advanced unresected uterine leiomyosarcoma with triple-modality treatment combining radiotherapy, chemotherapy and hyperthermia: A case report
    A.Shirafuji, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Oncol Lett 8(2) 637-641 2014年08月 査読有り
  • 特集 最新版 新生児慢性肺疾患  胎児・新生児期の呼吸器系の発達
    西島 浩二, 吉田 好雄
    周産期医学 44(8) 1003-6 2014年08月 査読無し
  • Authors' reply: placenta praevia accreta
    K.Nishijima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 121(6) 773-5 2014年05月 査読有り
  • Transverse uterine fundal incision in placenta praevia with possible placenta accreta
    K.Nishijima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 121(6) 771-2 2014年05月 査読有り
  • Authors' reply: transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta
    K.Nishijima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 121(6) 771-2 2014年05月 査読有り
  • 産婦人科処方のすべて-すぐに使える実践ガイド 婦人科編 Ⅱ内分泌・不妊 高プロラクチン血症
    福田 真, 折坂 誠, 吉田 好雄
    臨床婦人科産科 68(4) 59-61 2014年04月 査読有り
  • Necessity of antihypertensive therapy with alpha-methyldopa for pregnant women with hypertensive disorders after 36 weeks of gestation
    D.Kamibayashi, K.Nishijima, I.Uchinami, J.Takahashi, H.Tsuyoshi, K.Sato, M.Orisaka, Y.Yoshida
    Med Glas (Zenica) 11(1) 246-7 2014年02月 査読有り
  • 子宮体下部~峡部の側壁を縦走する非瘢痕子宮破裂の4症例
    白藤 文, 黒川 哲司, 鈴木 秀文, 折坂 誠, 西島 浩二, 品川 明子, 髙橋 望, 岡 秀明, 山本 宝, 吉田 好雄
    産科と婦人科 81(2) 271-5 2014年02月 査読有り
  • Adverse effect(s) of chronically elevated LH in PCOS
    M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, Y.Yoshida
    J Mamm Ova Res 31(1) 42354 2014年02月 査読有り
  • Fructose-1,6-Bisphosphatase Deficiency: A Case of a Successful Pregnancy by Closely Monitoring Metabolic Control
    G.Sugita, H.Tsuyoshi, K.Nishijima, Y.Yoshida
    JIMD Rep 14 115-8 2014年01月 査読有り
  • 重症妊娠高血圧腎症における新たな降圧指針作成の可能性~胎児臍帯動脈血流速度波形からのアプローチ~
    上林 大岳, 西島 浩二, 打波 郁子, 山本 真, 佐藤 久美子, 髙橋 仁, 折坂 誠, 吉田 好雄, 黒川 哲司
    福井大学医学部研究雑誌 14(1) 42008 2014年01月 査読有り
  • Relation between outcomes and expression of estrogen receptor-α phosphorylated at Ser167 in endometrioid endometrial cancer
    E.Kato, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Chino, Y.Fujita, A.Shinagawa, Y.Yoshida
    Cancer Sci 105(10) 1307-12 2014年01月 査読有り
  • 超低出生児の消化管機能の成熟に向けた治療戦略:肺サーファクタントと胎脂を用いた動物実験
    西島 浩二, 吉田 好雄
    日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 45 16-27 2014年01月 査読有り
  • Cervical adenocarcinoma associated with persistent human papilloma and human immunodeficiency viral infections
    H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Int Canc Conf J 3(Issue 3) 195-199 2013年12月 査読有り
  • 超低出生体重児の消化管成熟に向けた治療戦略:肺サーファクタントと胎脂を用いた動物実験
    西島 浩二, 吉田 好雄
    日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌. 44 20-22 2013年11月 査読有り
  • 子宮肉腫と女性ホルモン
    吉田 好雄
    産婦人科の実際 62(9) 1215-1222 2013年09月 査読無し
  • Dysregulation of ovarian follicular development in female rat: LH decreases FSH sensitivity during preantral-early antral transition
    M.Orisaka, K.Hattori, S.Fukuda, T.Mizutani, K.Miyamoto, T.Sato, BK.Tsang, F.Kotsuji, Y.Yoshida
    Endocrinology 154(8) 2870-2880 2013年08月 査読有り
  • 18F-fluorothymidine PET is a potential predictive imaging biomarker of the response to gemcitabine-based chemotherapeutic treatment for recurrent ovarian cancer: preliminary results in three patients
    H.Tsuyoshi, F.Morishita, M.Orisaka, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Clin Nucl Med 38(7) 560-3 2013年06月 査読有り
  • -分娩管理:帝王切開の工夫- 子宮底部横切開法
    西島 浩二, 吉田 好雄, 小辻 文和
    周産期医学 43(6) 737-43 2013年06月 査読有り
  • A novel treatment strategy for the gastrointestinal development of extremely premature infants:Administration of micelles derived from pulmonary surfactants and the vernix caseosa in pregnant rabbits
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Proceedings of 11th World Congress of Perinatal Medicine 2013年06月 査読有り
  • Transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta, involving the entire anterior uterine wall: a case series
    F.Kotsuji, K.Nishijima, T.Kurokawa, Y.Yoshida, T.Sekiya, M.Banzai, Y.Udagawa
    BJOG 120(9) 1144-9 2013年05月 査読有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET for Differential Diagnosis and Quantitative Evaluation of Mesenchymal Uterine Tumors: Correlation with Immunohistochemical Analysis
    Z.Zhao, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    J Nucl Med 54(4) 499-506 2013年04月 査読有り
  • PETによる悪性腫瘍の治療戦略 5.卵巣癌
    津吉 秀昭, 辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    PETジャーナル 21 33-345 2013年04月 査読無し
  • Color Doppler sonography as an adjunct to repeat uterine evacuation for gestational trophoblastic disease: Case report
    H.Tsuyoshi, G.Sugita, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    J Clin Ultrasound. 41(Suppl 1) 19937 2013年03月 査読有り
  • Management of drug-induced hyperbilirubinaemia in early pregnancy
    H.Tsuyoshi, K.Nishijima, J.Takahashi, Y.Yoshida
    S Afr J Obstet Gynaecol 19(1) 22-23 2013年01月 査読有り
  • Oestrogen-related tumour phenotype: PET characterisation with 18F-FDG and 18F-FES
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, H.Maeda, T.Tsuchida, T.Mori, Y.Kiyono, H.Kimura, H.Okazawa
    Br J Radiol 85(1015) 1020-1024 2012年06月 査読有り
  • HIV感染とHPV18型の混合持続感染が発症要因と考えられた子宮頸部腺癌の1例
    津吉 秀昭, 品川 明子, 知野 陽子, 黒川 哲司, 森 正樹, 吉田 好雄, 今村 好章, 小辻 文和
    産婦人科の実際 61(6) 953-956 2012年06月 査読無し
  • PET画像診断による子宮筋腫・肉腫の鑑別診断法
    吉田 好雄, 岡沢 秀彦
    日本医事新報 4590 65-70 2012年04月 査読有り
  • Diagnosis and management of leiomyosarcoma arising from ovarian vein: case report and literature review
    H.Tsuyoshi, Y.Yoshida, T.Kurokawa, F.Kotsuji
    J Obstet Gynaecol Res 38(2) 466-470 2012年02月 査読有り
  • The potent peptide antagonist to angiogenesis, C16Y, and cisplatin act synergistically in the down- regulation of the Bcl-2/Bax ratio and the induction of apoptosis in human ovarian cancer cells
    A.Shinagawa, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Horiuchi, H.Tsuyoshi, M.Orisaka, Y.Sawamura, Kleinman HK, F.Kotsuji
    Int J Oncol 39(6) 1359-1364 2011年11月 査読有り
  • Role of PET/CT in gynecological tumors based on the revised FIGO staging classification
    T.Tsujikawa, T.Tsuchida, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Kimura
    Clin Nucl Med 36(9) e114-118 2011年09月 査読有り
  • Transient elevation of international normalized ratio during cisplatin-based chemotherapy in patients who are taking warfarin
    R.Yano, T.Kurokawa, H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, Y.Sawamura, A.Matsunaga, T.Nakamura, Y.Yoshida, M.Yoneda, F.Kotsuji, M.Masada
    Ann Pharmacother 45(9) 2011年09月 査読有り
  • 子宮・卵巣がん
    岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 辻川 哲也, 清野 泰
    PET Journal 14 38-40 2011年07月 査読無し
  • Atypical metastatic carcinoid of the uterine cervix and review of the literature
    Y.Yoshida, K.Sato, K.Katayama, A.Yamaguchi, Y.Imamura, F.Kotsuji
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 37(6) 636-640 2011年06月 査読有り
  • 婦人科癌
    辻川 哲也, 土田 龍郎, 吉田 好雄, 黒川 哲司, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 木村 浩彦
    臨床放射線 56(6) 730-740 2011年06月 査読無し
  • 広範囲な穿通胎盤症例の膀胱温存法~病的膀胱の修復とカテーテル留置による膀胱摘出の回避~
    西島 浩二, 高橋 仁, 山本 真, 折坂 誠, 黒川哲司, 吉田 好雄, 小辻 文和, 秋野 裕信, 青木 芳隆
    産婦人科の実際 60(4) 609-613 2011年04月 査読有り
  • Functional oestrogen receptor alpha imaging in endometrial carcinoma using 16α-[18F]fluoro-17β-oestradiol PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Kurokawa, T.Kudo, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Eur J Nucl Med Mol Imaging. 38(1) 37-45 2011年01月 査読有り
  • Additional value of 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol PET for differential diagnosis between uterine sarcoma and leiomyoma in patients with positive or equivocal findings on [18F]fluorodeoxyglucose PET
    Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, T.Kurokawa, H.Okazawa, F.Kotsuji
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(10) 1824-1831 2011年01月 査読有り
  • Localisation of phosphorylated mTOR expression is critical to tumour progression and outcomes in patients with endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Horiuchi, Y.Sawamura, A.Shinagawa, F.Kotsuji
    Eur J Cancer 46(18) 3445-3452 2010年12月 査読有り
  • Diagnosis and management of pancreatic carcinoma during pregnancy
    T.Onuma, Y.Yoshida, T.Yamamoto, F.Kotsuji
    Obstet Gynecol 116 suppl 2 518-520 2010年08月 査読有り
  • 婦人科領域におけるPET/CT検査
    吉田 好雄, 黒川 哲司, 澤村 陽子, 品川 明子, 小辻 文和, 辻川 哲也, 岡沢 秀彦
    産婦人科治療 101(1) 25-33 2010年07月 査読無し
  • 反復帝切による腹腔内癒着防止のために~私どもが行う腹膜外帝切とトレーニング法~
    黒川 哲司, 西島浩二, 吉田好雄, 小辻文和
    産婦人科手術 21 21-29 2010年06月 査読無し
  • 骨盤腔のPET診断
    吉田 好雄
    今日の診断指針 2010年06月 査読無し
  • Advances in imaging techniques for diagnosis of endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, F.Kotsuji
    Expert opinion on medical diagnosis 4(3) 281-291 2010年05月 査読有り
  • Images in emergency medicine. Pregnant woman with gastric pain. Hypertriglyceridemia-induced pancreatitis
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Yamamoto, M.Orisaka, C.Suzuki, H.Tsukahara, K.Syukunami, T.Kurokawa, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Ann Emerg Med. 55(5) 483-490 2010年05月 査読有り
  • Assessment of fluorodeoxyglucose uptake by leiomyomas in relation to histopathologic subtype and the menstrual state
    Y.Yoshida, T.Tsujikawa, T.Kurokawa, T.Tsuji, Y.Imamura, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, F.Kotsuji
    J Comput Assist Tomogr 33(6) 877-881 2009年11月 査読有り
  • Positron emission tomography in ovarian cancer: 18F-deoxy-glucose and 16alpha-18F-fluoro-17beta-estradiol PET
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, T.Tsujikawa, H.Okazawa, F.Kotsuji
    J Ovarian Res 2(1) 7 2009年06月 査読有り
  • Functional images reflect aggressiveness of endometrial carcinoma: Estrogen receptor expression combined with FDG-PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Kurokawa, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    J Nucl Med 50(10) 1598-1604 2009年01月 査読有り
  • Uterine tumors: Pathophysiologic imaging with 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol and FDG-PET ? Initial experience
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Radiology 248(2) 599-605 2008年08月 査読有り
  • 前置胎盤、低置胎盤、前置血管の帝切法 ~従来法に「子宮底部横切開法」「子宮下部U字縫合」を組み合わせた治療指針~
    小辻 文和, 西島 浩二, 折坂 誠, 田嶋 公久, 吉田 好雄
    産婦人科の実際 57(6) 989-995 2008年06月 査読無し
  • 多発性肝転移に肝動注塞栓術が奏功した、子宮頸部atypical carcinoidの一例
    佐藤 久美子, 品川 明子, 澤村 陽子, 吉田 好雄, 小辻 文和, 加藤 成, 片山 寛次, 山口 明夫
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 26(3) 297 2008年06月 査読無し
  • Comparison of 18F-FDG PET and MRI in assessment of uterine smooth muscle tumors
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Sawamura, A.Shinagawa, T.Tsujikawa, H.Okazawa, T.Tsuchida, Y.Imamura, N.Suganuma, F.Kotsuji
    J Nucl Med 49(5) 708-712 2008年05月 査読有り
  • Laminin-1-derived scrambled peptide AG73T disaggregates laminin-1-induced ovarian cancer cell spheroids and improves the efficacy of cisplatin
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Nishikawa, M.Orisaka, HK.Kleinman, F.Kotsuji
    Int J Oncology 32(3) 673-81. 2008年03月 査読有り
  • 前置癒着胎盤及び広範な前壁付着を伴う前置胎盤に対する新たな帝王切開法:子宮底部横切開法の安全性と有用性
    西島 浩二, 宿南 憲一, 折坂 誠, 田嶋 公久, 塚原 宏一, 河合 泰一, 吉田 好雄, 小辻 文和
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 17(2) 39-42 2008年03月 査読無し
  • Distinctive FDG and FES accumulation pattern of two tamoxifen treated patients with endometrial hyperplasia
    T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi
    Ann Nucl Med 22(1) 73-77 2008年01月 査読有り
  • 子宮腫瘍性疾患におけるエストロゲン受容体とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 吉田 好雄, 工藤 崇, 清野 泰, 黒川 哲司, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    臨床放射線 53(10) 1238-1243 2008年01月 査読有り
  • The positron emission tomography with F18 17beta-estradiol has the potential to benefit diagnosis and treatment of endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y, Sawamura, A.Shinagawa, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, F. Kotsuji
    Gynecol Oncol 104(3) 764-766 2007年03月 査読有り
  • In vivo imaging of estrogen receptor concentration in the endometrium and myometrium using FES PET - influence of menstrual cycle and endogenous estrogen level
    T.Tsuchida, H.Okazawa, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Yoshida, Y.Fujibayashi, H.Itoh
    Nucl Med Biol 34(2) 205-210 2007年02月 査読有り
  • 子宮体癌の妊孕能温存療法(子宮体癌の最新知見―専門医のために)
    吉田 好雄, 澤村 陽子, 品川 明子, 小辻 文和
    臨床婦人科産科 61(2) 148-151 2007年02月 査読無し
  • Granulosa cells promote differentiation of cortical stromal cells into theca cells in the bovine ovary
    M.Orisaka, K.Tajima, T.Mizutani, K.Miyamoto, B.K.Tsang, S.Fukuda, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Biol Reprod 75(5) 734-740 2006年11月 査読有り
  • A benign solitary uterine leiomyuoma on the pelvic peritoneum detected long after the hysterectomy for fibroids
    K.Shukunami, K.Nishijima, T.Kurokawa, M,Orisaka, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    J Obstet 26(6) 589 2006年08月 査読有り
  • Comment to A prospective population-based study of 598 cases of PPROM between 24 and 34 weeks' gestation: description management and mortality"
    K,Shukunami, K.Nishijima, I,Uchinami, K.Tajima, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology #N/A(#N/A) #N/A 2006年08月 査読有り
  • Comment to Peripartum hysterectomy in a teaching hospital in the eastern region of Turkey"
    K,Shukunami, K.Nishijima, I,Uchinami, K.Tajima, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology 127(1) 137-138 2006年07月 査読有り
  • A very low transverse uterine incision
    K.Shukunami, M,Orisaka, K.Nishijima, K.Yoshi, T,Senda, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology 126(2) 269-270 2006年06月 査読有り
  • 基礎研究と臨床開発-福井大学FES-PETの産婦人科疾患における臨床応用の可能性
    岡沢 秀彦, 吉田 好雄
    PET通信 54 42163 2006年04月 査読無し
  • Rotation abnormality in septate uterus with a double cervix
    K.Shukunami, K.Nishijima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Reprod Med 51(3) 218 2006年03月 査読有り
  • Flare-up of serum amylase prior to onset of lethal ketoacidosis in a patient with fulminat type 1 diabetes
    J.Takahashi, K.Nishijima, K.Shukunami, A.Yagihara, T.Senda, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Diabetes Care 29(2) 461-462 2006年02月 査読有り
  • Endometrial and subendometrial vascularity measurements in patients with intramural uterine fibroids
    K.Shukunami, K.Nishijima, I.Uchinami, K.Tajima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Journal of Ultrasound in Medicine 24(12) 1738 2005年12月 査読有り
  • Location of the uterine transverse incisions in patients with multiple repeat caesarean sections
    K.Shukunami, K.Nishijima, K.Tajima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology 123(1) 125 2005年11月 査読有り
  • Placenta previa migration" in the third trimester of pregnancy"
    K.Shukunami, K.Nishijima, I.Uchinami, K.Tajima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Ultrasound Med. 24(11) 1560 2005年11月 査読有り
  • 開腹下癒胎盤着子宮温存手術の工夫
    西島 浩二, 宿南 憲一, 有倉 清香, 田嶋 公久, 吉田 好雄, 小辻 文和
    産婦人科の実際 54(6) 979-982 2005年06月 査読無し
  • An additional approach of repeat digital examination for preterm labor: comment on Volumenie et al
    k.Shukunami, K.Nishijima, K.Tajima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Europ J Obstet Gynecol Reprod Biol 117 33-37 2005年05月 査読有り
  • Sonographic appearance of previous cesarean scars in pregnant women as 3 macroscopic types
    K.Shukunami, K.Nishijima, I.Uchinami, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Ultrasound Med 24(3) 394-5 2005年03月 査読有り
  • A small-angled thin edge of the placenta predicts abnormal placentation at delivery
    K.Shukunami, K.Nishijima, T.Kurokawa, K.Tajima, N.Kamitani, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Ultrasound Med. 24(3) 331-335 2005年03月 査読有り
  • Repeat Meaurement of Cervical Length After Successful Tocolysis
    K.Shukunami, K.Nishijima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Obstet Gynecol 105(2) 443 2005年02月 査読有り
  • Responses by Pregnant Jehovah's Witnesses on Health Care Proxies
    K. Shukunami, K. Nishijima, Y. Yoshida, F. Kotsuji
    Obstet Gynecol. 105(2) 442-443 2005年02月 査読有り
  • Efficacy of intraperitoneal continuous hyperthermic chemotherapy as consolidation therapy in patients with advanced epithelial ovarian cancer:A long-term follow-up
    Y.Yoshida, H.Sasaki, T.Kurokawa, K.Kawahara, K.Shukunami, K.Katayama, A.Yamaguchi, F.Kotsuji
    Oncology Reports 13(1) 121-125 2005年01月 査読有り
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体処理導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 八木原亮, 福田美佳, 河原和美, 森正樹, 今村好章, 福野直孝, 紙谷尚之, 小辻文和
    日臨細胞誌 44(1) 42165 2005年01月 査読有り
  • Is sonographic cervical length meaningful for the prediction of succeful induction of labor?
    K.Shukunami, K.Nishijima, I.Uchinami, K.Tajima, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Ultrasound in Medicine 24(10) 1461-1462 2005年01月 査読有り
  • A useful technique for controlling placental site bleeding for an uncommon type of placentation
    K.Shukunami, K.Nishijima, K.Tajima, J.Takahashi, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Eur J Obstet Gynecol RB 122(2) 247-8 2005年01月 査読有り
  • Massive subchorionic hematoma: peculiar prenatal images and review of the literature
    K. Nishijima, K. Shukunami, H. Tsuyoshi, M. Orisaka, K. Tajima, T. Kurokawa, Y.Yoshida, F. Kotsuji
    Fetal Diagn Ther. 20(1) 23-26 2005年01月 査読有り
  • Ruptured interstitial pregnancy caused by inactive chorionic villi presenting with negative serum beta-hCG
    K. Nishijima, K. Shukunami, H. Tsuyosi, Y. Hattori, Y. Yoshida, F. Kotsuji
    Am J Emerg Med. 23(1) 89 2005年01月 査読有り
  • Evaluation of positron emission tomography with tracer 18-fluorodeoxyglucose in addition to magnetic resonance imaging in the diagnosis of ovarian cancer in selected women after ultrasonography
    Kawahara, K., Yoshida, Y., Kurokawa, T., Suzuki, Y., Nagahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    J Comput Assist Tomogr 28(4) 505-516 2004年07月 査読有り
  • Unilateral and bilateral multicystic dysplastic kidneys in fetuses",",K.Shukunami K.Nishijima M.Orisaka K.Tajima S.Fukuda Y.Yoshida F.Kotsuji"
    J Obstet Gynaecol #N/A(#N/A) #N/A 2004年06月 査読有り
  • Expression of GLUT-1 Glucose Transfer, Cellular Proliferation Activity, and Grade of Tumor Correlate with?[F-18]- Fluorodeoxyglucose uptake by Positron Emission Tomography in Epithelial Tumors of the Ovary
    Kurokawa, T, Yoshida, T, Kawahara, K, Tsutida, T, Okazawa, H, Fujibayashi, Y, Yonekura, Y, Kotsuji, F
    International Journal of Cancer 109(6) 926-932 2004年05月 査読有り
  • 持続温熱灌流法の薬剤耐性克服への効果
    吉田好雄, 佐々木博正, 黒川哲司, 河原和美, 片山寛次, 山口明夫, 小辻文和
    産婦人科の世界 56(4) 343-348 2004年04月 査読有り
  • Incremental benefits of FDG positron emission tomography over CT alone for the preoperative staging of ovarian cancer
    Yoshida, Y., Kurokawa, T., Kawahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayasi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    Am J Roentgenol 182(1) 227-233 2004年01月 査読有り
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となったextraovarian serous surface papillary carcinomaの一例
    吉田好雄, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 河原和美, 今村好章, 山本宝, 紙谷尚之, 小辻文和
    日本臨床細胞学会誌 43(1) 42-46 2004年01月 査読有り
  • Metabolic monitoring of advance uterine cervical cancer neoadjuvant chemotherapy by using F-18-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography:Preliminary results in three patients
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Yagihara, A, Kawahara, K, Fujibayashi, Y, Yonekura, Y, Kotsuji, F
    Gynecol.Oncol. 95 594-602 2004年 査読有り
  • Phosphodiesterase inhibitors as anti-cancer drugs
    Hirsh, L, Dantes, A, Yoshida, Y, Hosokawa, K, Tajima, K, Kotsuji, F, Merimsky, O, Amsterdam, A
    J.Biochem Pharmacol 15;68(6) 981-988 2004年 査読有り
  • Acute Abdomen in a Jehovah's Witness with Chronic Anemia Am
    Shukunami, K, Nishijima, K, Yoshida, Y, Orisaka, M, Kotsuji, F
    J.Emergency Medicine.  22 242-245 2004年 査読有り
  • 婦人科悪性腫瘍の診断・治療おけるFDG-PET
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和
    日本産科婦人科学会東北連合地方会誌 51 13-18 2004年 査読無し
  • 婦人科悪性腫瘍とFDG-PET
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 鈴木由里子, 小辻文和
    Practical ONCOLOGY 16 14-16 2003年03月 査読無し
  • Acquisition of anchorage independence in human ovarian cancer: establishment and characterization of TAC3, a novel cell line with high proliferation capacity under floating conditions
    Nishikawa, Y, Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kawahara, K, Tajima, K, Kotsuji, F
    Int.J.Oncology 23 1679-1684 2003年 査読有り
  • 18F-FDG/18F-FES standardized uptake value ratio determined using PET predicts prognosis in uterine sarcoma
    M.Yamamoto, Y.Tsujikawa, S.Yamada, T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Oncotarget 8(14) 22581-22589 2017年04月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Highly Sensitive Telomerase Assay Insusceptible to Telomerase and Polymerase Chain Reaction Inhibitors for Cervical Cancer Screening Using Scraped Cells
    H.Yaku, Y.Yoshida, H.Okazawa, Y.Kiyono, Y.Fujita, D.Miyoshi
    Anal Chem 89(13) 6948-6953 2017年07月 査読有り
  • Saikosaponin-d, a calcium mobilizing agent, sensitizes chemoresistant ovarian cancer cells to cisplatin-induced apoptosis by facilitating mitochondrial fission and G2/M arrest
    H.Tsuyoshi, VKW.Wong, Y.Han, M.Orisaka, Y.Yoshida, BK.Tsang
    Oncotarget 8(59) 99825-99840 2017年09月 査読有り
    Y.Yoshida, BK.Tsang
  • Assessment of intratumor heterogeneity in mesenchymal uterine tumor by an 18F-FDG PET/CT texture analysis
    T.Tsujikawa, M.Yamamoto, K.Shono, S.Yamada, H.Tsuyoshi, Y.Kiyono, H.Kimura, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Ann Nucl Med 31(10) 752-757 2017年12月 査読有り
  • 18F-FDG PET radiomics approaches: comparing and clustering features in cervical cancer
    T.Tsujikawa, T.Rahman, M.Yamamoto, S.Yamada, H.Tsuyoshi, Y.Kiyono, H.Kimura, Y.Yoshida, H.Okazawa
    Ann Nucl Med 31(9) 678-685 2017年11月 査読有り
  • Clinical significance of atypical squamous cells of undetermined significance after treatment for cervical intraepithelial grade 3 neoplasia: A retrospective single center cohort study
    T.Onuma, K.Tajima, K.Sato, K.Hattori, S.Fukuda, T.Tsuji, Y.Yoshida
    Mol Clin Oncol 7(6) 1032-1038 2017年12月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Surgical Apgar Score predicts 30-day morbidity in elderly patients who undergo non-laparoscopic gynecologic surgery: A retrospective analysis
    K.Kurata, Y.Chino, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Int J Surg 48 215-219 2017年12月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Diagnostic Strategy Using 16α-[18F]-Fluoro-17-β-Estradiol (18F-FES) PET/MRI to Achieve Complete Resection of Intravenous Leiomyomatosis in Reproductive-Age Women
    Y.Chino, H.Tsuyoshi, T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Clin Nucl Med 42(7) e335-e336 2017年07月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Intrauterine fetal death caused by seatbelt injury
    S.Yamada, K.Nishijima, J.Takahashi, N.Takahashi, C.Tamamura, Y.Yoshida
    Taiwan J Obstet Gynecol 56(4) 558-560 2017年08月 査読有り
    K.Nishijima
  • Diagnostic imaging using positron emission tomography for gynecological malignancy
    H.Tsuyoshi, Y.Yoshida
    J Obstet Gynaecol Res 43(11) 1687-1699 2017年11月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Re: Transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta, involving the entire anterior uterine wall: a case series. Spontaneous uterine rupture during the subsequent pregnancy after transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta
    S.Fujiwara-Arikura, K.Nishijima, C.Tamamura, Y.Nishikawa, J.Takahashi, H.Kawamura, S.Nakago, F.Kotsuji, Y.Yoshida
    BJOG 125(3) 389-390 2018年02月 査読有り
    K.Nishijima
  • 福井県の住民検診におけるHPV検査併用検診導入の試み-Fukui Cervical Cancer Screening Studyの1年目の結果-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,小林 基弘,吉田 好雄
    日本がん検診・診断学会誌 25(2) 169-175 2018年01月 査読有り
    黒川 哲司
  • Precise preoperative diagnosis of struma ovarii with pseudo-Meigs' syndrome mimicking ovarian cancer with the combination of 131I scintigraphy and 18F-FDG PET: case report and review of the literature
    S.Fujiwara, H.Tsuyoshi, T.Nishimura, N.Takahashi, Y.Yoshida
    J Ovarian Res 11(1) 11-11 2018年02月 査読有り
    H.Tsuyoshi
  • Primary intramedullary spinal cord tumour in pregnancy: a case report
    K.Fujii, M.Orisaka, M.Yamamoto, K.Nishijima, Y.Yoshida
    Spinal Cord Ser Cases 4 25-25 2018年03月 査読有り
    M.Orisaka
  • Evaluation of retained products of conception using pulsed continuous arterial spin-labeling MRI: clinical feasibility and initial results
    N.Kosaka, Y.Fujiwara, T.Kurokawa, T.Matsuda, M.Kanamoto, N.Takei, K.Takata, J.Takahashi, Y.Yoshida, H.Kimura
    MAGMA 31(4) 577-584 2018年03月 査読有り
  • Diagnostic value of 18F-FDG PET/MRI for the detection of lymph node metastasis in gynecologic cancer.
    H.Tsuyoshi, T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida
    2017 ASCO Annual Meeting Abstracts e17014-e17014 2017年 査読有り
  • Identification of ideal strategy of cervical cancer screening in Japan based on Fukui cervical cancer screening study.
    T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, M.Kobayashi, Y.Yoshida
    2017 ASCO Annual Meeting Abstracts e17025-e17025 2017年 査読有り
  • 漿液粘液性境界悪性腫瘍の妊孕性温存手術後7年で腫瘤を形成し、漿液粘液性癌と診断された症例
    清水 可奈子,吉田 好雄,黒川 哲司,中島 彰俊,島 友子,榎本 隆之,西野 幸治,麻谷 美奈,本山 悌一
    産婦人科の実際 67(3) 297-301 2018年03月 査読有り
    吉田 好雄

著書

  • 周産期医学 周産期医学必須知識第8版
    西島 浩二,吉田 好雄
    分担執筆
    【産科編】Ⅱ妊娠中 異常妊娠 前置胎盤・癒着胎盤
    東京医学社 2016年12月
  • 症例から学ぶ 周産期診療ワークブック
    西島 浩二,吉田 好雄
    分担執筆
    4.分娩・産褥時の症候 ③異常出血 5)癒着胎盤
    メジカルビュー社 2016年07月
  • 臨床婦人科産科 
    折坂 誠,福田 真,吉田 好雄
    分担執筆
    卵胞発育モニタリングで卵胞が見えない場合、どのように対処すればよいですか?
    医学書院 2016年04月
  • 知りたい最新情報がすぐわかる!不妊・不育症診療パーフェクトガイド
    折坂 誠,福田 真,吉田 好雄
    分担執筆
    2.不妊症の検査・診断〈女性因子〉 卵胞発育モニタリングの実施法
    医学書院 2016年04月
  • 産科婦人科疾患 最新の治療
    吉田 好雄
    分担執筆
    子宮の腫瘍・類腫瘍
    南江堂 2016年02月
  • 今日の治療指針
    吉田 好雄
    分担執筆
    不正性器出血、機能性子宮出血、子宮内膜ポリープ
    医学書院 2015年01月
  • 産婦人科における画像診断の進歩
    吉田 好雄
    分担執筆
    Ⅱ.疾患からみた画像診断活用法 1.子宮筋腫と近縁悪性疾患の鑑別 2.子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別診断
    公益社団法人 日本産婦人科医会 2015年01月
  • 看護のための最近医学講座
    吉田 好雄, 河原和美, 小辻 文和
    編集
    子宮筋腫
    中山書店 2006年08月
  • ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック
    吉田 好雄, 佐々木 博正, 黒川 哲司, 小辻 文和, 片山 寛次, 山口 明夫
    執筆、編集
    播種性転移の治療(2)~化学温熱腹膜灌流療法を用いた卵巣がん治療法の試み~
    株式会社 神陵文庫 2008年05月
  • 産科手術 必須術式の完全マスター
    小辻 文和, 吉田 好雄
    編集
    帝王切開創癒合不全の対策ー筋創切開面を正しく合わせるためにー
    medical view 2010年01月
  • 今日の診断指針
    吉田 好雄
    執筆、編集
    骨盤腔のPET診断
    医学書院 2010年04月
  • 「臨床医とコメディカルのための最新クリニカルPET」
    辻川 哲也, 吉田 好雄, 岡沢 秀彦
    執筆、編集
    第7章11. 子宮・卵巣癌
    (株)先端医療技術研究所 2010年11月
    9784925089531C3047
  • 今日の治療指針
    吉田 好雄
    執筆、編集
    子宮体癌
    医学書院 2013年01月
  • Micelles:Structural Biochemistry, Formation and Functions & Usage
    K.Nishijima, Y.Yoshida
    執筆、編集
    A treatment strategy for the gastrointestinal development of extremely premature infants by administration of micelles derived from pulmonary surfactants and the vernix caseosa in pregnant rabbits
    Nova Science Publishers, Inc 2013年12月
    978-1-62948-445-7
  • 婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践
    吉田 好雄
    執筆、編集
    術前の画像診断で、子宮平滑筋腫瘍の良性・悪性の鑑別は可能ですか?
    中外医学社 2014年04月
  • 今日の治療指針
    吉田 好雄
    執筆、編集
    不正性器出血、機能性子宮出血、子宮内膜ポリープ
    医学書院 2015年01月
    978-4-260-02040-4
  • 産婦人科における画像診断の進歩
    吉田 好雄
    執筆、編集
    Ⅱ.疾患からみた画像診断活用法 1.子宮筋腫と近縁悪性疾患の鑑別 2.子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別診断
    公益社団法人 日本産婦人科医会 2015年01月
  • 産科と婦人科 知らなきゃ困る 産婦人科小手術
    井上 大輔,吉田 好雄
    執筆
    診断と治療社 2017年03月

講演・口頭発表等

  • 分子イメージング解析による婦人科腫瘍の診断
    吉田 好雄
    第17回産婦人科手術療法・周術期研究会 2017年03月 選考無し
  • 不妊患者における卵巣子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)の取り扱い
    白藤 文,折坂 誠,玉村 千代,吉田 好雄
    第9回福井生殖生物学・医学研究会 2016年11月 選考無し
  • 子宮肉腫の診断と治療について
    吉田 好雄
    宮崎市郡産婦人科医会6月例会 2016年06月 選考無し
  • 子宮肉腫の診断と治療 ~ホルモン治療の可能性について~
    吉田 好雄
    第2回島根産婦人科フォーラム 2015年10月 選考無し
  • 「婦人科がんの診断」-PETを中心に-
    吉田 好雄
    第22回佐賀産婦人科・放射線科フォーラム 2015年07月 選考無し
  • 85歳進行婦人科がん患者さんにあなたはどのような治療を行いますか?
    吉田 好雄
    第14回日本婦人科がん会議 2017年06月 選考無し
  • 記述式内膜細胞診様式に基づいた診断への試み
    品川 明子,黒川 哲司,大沼 利通,津吉 秀昭,知野 陽子,岩崎 和美,森 正樹,今村 好章,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月 選考有り
  • 胞状卵胞がLH依存性を獲得するためにはLHが必要である
    折坂 誠,服部 克成,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第5回FARM(Fukui Art and Reproductive Medicine)研究会 2017年05月 選考有り
  • HPV併用検診で発見されたNILMかつCIN3症例の検討
    大沼 利通,黒川 哲司,品川 明子,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月 選考有り
  • 術前診断CIN3に対する子宮頚部円錐切除後の細胞診による長期管理
    大沼 利通,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,清水 可奈子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,佐藤 久美子,服部 克成,福田 真,辻 隆博,田嶋 公久
    第34回福井県臨床細胞学会総会並びに学術集会 2017年03月 選考有り
  • FDG-PET、FES-PE検査を用いた子宮肉腫症例の予後予測の検討
    知野 陽子,山本 真,辻川 哲也,山田 しず佳,津吉 秀昭,品川 明子,黒川 哲司,森 哲也,清野 泰,岡沢 秀彦,吉田 好雄
    第5回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2017年02月 選考有り
  • 若年浸潤性子宮頸癌術後に偶然発見された子宮体癌の一例
    伊藤 太郎,飯藤 弘光,冨士井 杏子,清水 可奈子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第83回冬期臨床研修会 2017年02月 選考有り
  • 待機的管理を行った常位胎盤早期剥離の一例
    飯藤 弘光,髙橋 仁,冨士井 杏子,清水 可奈子,伊藤 太郎,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第83回冬期臨床研修会 2017年02月 選考有り
  • LH~莢膜細胞系が卵胞選択を主導する可能性
    服部 克成,折坂 誠,福田 真,吉田 好雄
    第21回日本生殖内分泌学会学術集会 2017年01月 選考有り
  • PET機能画像は子宮肉腫患者の予後を予測する -エストロゲン受容体とFDG PET-
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 森 哲也, 牧野 顕, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 肺サーファクタントと胎脂は早産児の腸管を保護する~胎児期における肺-皮膚-消化器間相互作用の解明を目指して~
    西島 浩二,吉田 好雄
    肺サーファクタント・界面医学会第52回学術研究会 2016年10月 選考有り
  • 胎児鏡下レーザー凝固術導入時代の双胎極低出生体重児長期予後
    川村 裕士,石井 桂介,西島 浩二,玉村 千代,髙橋 仁,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第30回北陸周産期・新生児研究会 2016年10月 選考有り
  • LSOにおける安全な腟前壁剥離手技についての工夫
    大沼 利通、知野 陽子、伊藤 太郎、飯藤 弘光、清水 可奈子、山田 しず佳、髙橋 望、白藤 文、川村 裕士、玉村 千代、津吉 秀昭、倉田 和巳、品川 明子、髙橋 仁、西島 浩二、折坂 誠、黒川 哲司、吉田 好雄
    第17回北陸内視鏡および子宮頸部癌手術研究会 2016年10月 選考有り
  • テロメラーゼ活性測定は子宮頸部細胞診の診断精度を向上しうるか
    山田 しず佳,吉田 好雄
    第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 選考有り
  • 肝膿瘍により血球貧血症候群を引き起こし、救命できなかった初産婦
    清水 可奈子,坂野 陽通,河原 和美,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,山田 しず佳,髙橋 望,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,吉田 好雄
    第64回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2016年09月 選考有り
  • 腹腔鏡下手術において解剖学的異常を有する2症例
    大沼 利通,知野 陽子,伊藤 太郎,清水 可奈子,川村 裕士,山本 真,髙橋 仁,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第64回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2016年09月 選考有り
  • 子宮頸部細胞診における相対的テロメラーゼ活性
    山田 しず佳,品川 明子,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,清水 可奈子,山本 真,大沼 利通,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第64回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2016年09月 選考有り
  • 肝膿瘍と鑑別を要し、肝生検により診断された子宮頸癌の肝転移の一例
    髙橋 望,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,大沼 利通、品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第64回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2016年09月 選考有り
  • 巨大な嚢胞性病変を呈し、術前に卵巣癌と診断した子宮悪性腫瘍の2例
    天谷 優介,髙橋 望,黒川 哲司,吉田 好雄
    JSAWI第17回シンポジウム 2016年09月 選考有り
  • 子宮内膜異型増殖症および子宮体癌におけるホルモン療法反応性予測バイオマーカーとしてのFES-PETおよびFDG-PETの集積の意義
    山田 しず佳,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,清水 可奈子,髙橋 望,白藤 文,川村 裕士,山本 真,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第82回夏期臨床研修会 2016年08月
  • 当院における高齢婦人科手術患者の現状
    倉田 和巳,伊藤 太郎,飯藤 弘光,冨士井 杏子,山田 しず佳,髙橋 望,白藤 文,川村 裕士,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第82回夏期臨床研修会 2016年08月 選考有り
  • 妊娠関連乳癌~早期発見するための産婦人科医の役割
    加藤 栄一,嶋田 俊之,品川 明子,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,前田 浩幸,東 瑞穂,五井 孝憲,今村 好章
    福井県産婦人科医師連合第82回夏期臨床研修会 2016年08月 選考有り
  • ウエーブレット解析を用いた分娩監視装置からの胎児心音のノイズ除去実験について
    荒木 睦大,森 幹男,浅井 竜哉,玉村 千代,髙橋 望,西島 浩二,吉田 好雄
    日本音響学会聴覚研究会 2016年08月 選考有り
  • LH~莢膜細胞が卵胞選択を主導する可能性
    服部 克成,折坂 誠,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第9回福井産婦人科研究会 2016年08月 選考有り
  • 消化管穿孔ハイリスクを考える~ベバシズマブ使用症例を通じて~
    杉田 元気,黒川 哲司,金井 貴弘,小林 寛人,堀 芳秋,加藤 じゅん,田中 政彰,加藤 三典,土田 達,吉田 好雄
    第24回福井婦人科腫瘍研究会 2016年08月 選考有り
  • LH~莢膜細胞系が卵胞選択を主導する可能性
    服部 克成,折坂 誠,福田 真,吉田 好雄
    第3回中日本産婦人科セミナー 2016年07月 選考有り
  • 肺炎を契機に自己免疫性溶血性貧血を発症したITP合併妊娠
    清水 可奈子,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,山田 しず佳,髙橋 望,白藤 文,川村 裕士,山本 真,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第3回中日本産婦人科セミナー 2016年07月 選考有り
  • 帝王切開における子宮創部癒合不全の工夫
    吉田 好雄
    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会 2016年07月 選考無し
  • HPV感染細胞を可視化する新規コルポスコピーの開発
    品川 明子,黒川 哲司,杉田 元気,山本 真,知野 陽子,吉田 好雄
    第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016年07月 選考有り
  • 当院における術前診断のCIN3に対する子宮頸部円錐切除術後の細胞診による管理
    大沼 利通,田嶋 公久,佐藤 久美子,服部 克成,辻 隆博,吉田 好雄
    第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016年07月 選考有り
  • 婦人科腫瘍と高齢者総合評価
    吉田 好雄
    第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016年07月 選考無し
  • 救命しえなかった肺高血圧症合併妊娠の1例
    髙橋 望,冨士井 杏子,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第29回福井県母性衛生学会総会ならびに学術集会 2016年06月 選考有り
  • ART妊娠の周産期リスク
    玉村 千代,折坂 誠,白藤 文,吉田 好雄
    第52回北陸生殖医学会学術講演会 2016年06月 選考有り
  • 胎児心音を用いた瞬時胎児心拍変動解析の実験システムMicrosoft Word版テンプレートの使い方
    荒木 睦大,森 幹男,浅井 竜哉,玉村 千代,髙橋 望,西島 浩二,吉田 好雄
    電子情報通信学会研究会 2016年06月 選考有り
  • 対策型(住民)検診前乳癌
    加藤 栄一,黒川 哲司,吉田 好雄
    第24回福井婦人科腫瘍研究会 2016年06月 選考無し
  • 術前診断CIN3に対する子宮頚部円錐切除術後の細胞診による管理
    大沼 利通,伊藤 太郎,飯藤 弘光,清水 可奈子,山田 しず佳,髙橋 望,白藤 文,川村 裕士,山本 真,玉村 千代,津吉 秀昭,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第24回福井婦人科腫瘍研究会 2016年06月 選考無し
  • The Assessment of cervical cancer screening using the combination of cervical cytology and high-risk human papillomavirus testing in fukui prefecture,Japan
    T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, Y.Yoshida
    The 19th International Congress of Cytology 2016年05月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診偽陽性症例の検討-記述式報告様式に基づいた診断への試み-
    品川 明子,黒川 哲司,知野 陽子,吉田 好雄,岩崎 和美,森 正樹,今村 好章
    第57回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2016年05月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み-液状化検体法と免疫染色法導入の試み-
    黒川 哲司,品川 明子,山本 真,大沼 利通,知野 陽子,吉田 好雄
    第57回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2016年05月 選考有り
  • FES-およびFDG-PETによる 子宮肉腫の予後予測
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 牧野 顕, 森 哲也, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第11回 日本分子イメージング学会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • SF-1発現を認めたエストロゲン産生卵巣粘液性腺癌の一例
    山田 しず佳,服部 由香,山本 真,折坂 誠,水谷 哲也,吉田 好雄
    第44回北陸産科婦人科学会学講演会 2016年05月 選考有り
  • 救命しえなかった血球貧食症候群の初産婦
    清水 可奈子,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,山田 しず佳,髙橋 望,白藤 文,川村 裕士,山本 真,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,河原 和美,坂野 陽通
    第44回北陸産科婦人科学会学講演会 2016年05月 選考有り
  • Evaluation of Retained Products of Conception by Arterial Spin Labeling MRI:Clinical Feasibility and Initial Results
    N Kosaka, Y Fujiwara, M Kanamoto, T Matsuda, T Yamamoto, K Shimizu, K Ota, Y Yoshida, T Kurokawa, H Kimura
    International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 24th Annual Meeting &Exhibition 2016年05月 選考有り
  • 神経線維腫Ⅰ型(レックリングハウゼン病)合併妊娠の3症例の報告
    天谷 優介,髙橋 仁,西島 浩二,井上 大輔,髙橋 望,山本 真,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 治療抵抗性重症特発性血小板減少性紫斑病(ITP)合併妊娠の管理
    玉村 千代,吉田 好雄,折坂 誠,黒川 哲司,西島 浩二,福田 真,髙橋 仁,井上 大輔
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 救命しえなかった肺高血圧症合併妊娠の1例
    髙橋 望,天谷 優介,冨士井 杏子,杉田 元気,髙橋 仁,品川 明子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 福井県の子宮頚がん検診に細胞診とHPV検査の同時併用法を導入した第一報-細胞診陰性でHPV検査陽性者に着眼した取り組み-
    黒川 哲司,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診偽陽性症例の検討
    品川 明子,黒川 哲司,杉田 元気,山本 真,知野 陽子,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 急性腹症を契機に発見された未分化胚細胞腫を合併した卵巣性腺芽腫の1例
    冨士井 杏子,杉田 元気,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 新たなRadiomics解析法を用いた子宮肉腫の予後予測~FDG-PETにおけるテクスチャ解析法による16症例の検討~
    山本 真,杉田 元気,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 肺サーファクタントと胎脂は早産児の腸管を保護する~胎児期における肺-皮膚-消化器間相互作用の解明を目指して~
    西島 浩二,髙橋 仁,吉田 好雄
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年04月 選考有り
  • 急性腹症を契機に発見された未分化胚細胞腫を合併した卵巣性腺芽腫の1例
    杉田 元気,冨士井 杏子,天谷 優介,品川 明子,黒川 哲司,吉田 好雄,酒井 康弘,今村 好章
    第8回EGOG meeting 2016年04月 選考有り
  • 検診がきっかけで発見された子宮頚癌症例
    天谷 優介,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄,四宮 美佐子
    平成27年度福井県婦人がん検診講習会 2016年03月 選考無し
  • 診断に苦慮した2次性Paget病の1例
    品川 明子,黒川 哲司,知野 陽子,吉田 好雄,飯野 志郎,黒川 哲之,酒井 康弘,岩崎 和美,前川 秀樹,森 正樹,今村 好章
    第33回福井県日本臨床細胞学会総会並びに学術集会 2016年03月 選考有り
  • Radiomics解析法を用いた新たな子宮肉腫予後予測バイオマーカーの開発~FDG-PETテクスチャ解析による検討~
    山本 真,辻川 哲也,黒川 哲司,岡沢 秀彦,吉田 好雄
    第4回婦人科がんバイオマーカー研究会 2016年02月 選考有り
  • 急性腹症を契機に発見された未分化胚細胞腫を合併した卵巣性腺芽腫の1例
    冨士井 杏子,杉田 元気,品川 明子,黒川 哲司,吉田 好雄,津田 雅世,鈴木 孝二,畑 郁恵,大嶋 勇成
    福井県産婦人科医師連合第81回冬期臨床研修会 2016年02月 選考有り
  • 婦人科癌とテロメラーゼ
    吉田 好雄
    第20回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2016年02月 選考無し
  • 帝王切開術後骨盤内膿瘍の予防に向けた当院の治療戦略
    佐藤 久美子,西島 浩二,吉田 好雄
    第28回日本外科感染症学会総会学術集会 2015年12月 選考有り
  • 高転移性子宮肉腫モデルの確立とその解析
    河邉 真也, 水谷 哲也, 石兼 真, M.E.Martinez, 清野 泰, 三浦 浩一, 細田 浩司, 今道 力敬, 寒川 賢治, 宮本 薫, 吉田 好雄
    第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学大会合同大会 2015年12月 201512
  • 子宮内膜細胞診に液状検体法導入の試み
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第54回日本臨床細胞学会秋期大会 2015年11月 選考有り
  • 急激な転帰をとった肺高血圧合併妊娠
    髙橋 望,天谷 優介,冨士井 杏子,杉田 元気,山本 真,玉村 千代,髙橋 仁,品川 明子,知野 陽子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第29回北陸周産期・新生児研究会 2015年10月
  • 子宮肉腫の診断と治療~新たな挑戦~
    吉田 好雄
    第42回日本産婦人科医会学術集会 2015年10月 選考無し
  • ヒト子宮肉腫の高肺転移モデルマウスの確立とその解析.
    河邉 真也,水谷 哲也,石兼 真,吉田 好雄,宮本 薫
    第74回日本癌学会学術総会 2015年10月
  • 急激な転機をとった肺高血圧症合併妊娠の1例
    髙橋 望,髙橋 仁,天谷 優介,冨士井 杏子,杉田 元気,山本 真,玉村 千代,品川 明子,知野 陽子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第80回夏期臨床研修会 2015年09月 選考有り
  • Arterial spin labeling MRIを用いた遺残胎盤/胎盤ポリープの血流評価
    小坂 信之,清水 一浩,黒川 哲司,藤原 康博,松田 豪,金本 雅行,山元 龍哉,太田 加奈子,吉田 好雄,木村 浩彦
    第43回日本磁気共鳴医学会大会 2015年09月 選考有り
  • 神経線維腫症Ⅰ型(レックリングハウゼン病)合併妊娠の3症例の報告
    天谷 優介,髙橋 仁,西島 浩二,井上 大輔,髙橋 望,山本 真,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第63回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2015年09月 選考有り
  • 脂肪の少ない患者は子宮頸癌の放射線性腸炎の高リスクとなるか?
    杉田 元気,黒川 哲司,山本 真,品川 明子,知野 陽子,辻川 哲也,吉田 好雄
    第63回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2015年09月 選考有り
  • 妊娠中に急性白血病と診断された3症例の報告
    井上 大輔,髙橋 仁,西島 浩二,太田 可奈子,山本 真,吉田 好雄
    第51回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 2015年07月 選考有り
  • 超緊急帝王切開における麻酔法の検討
    佐藤 久美子,山本 真,大沼 利通,西島 浩二,田嶋 公久,吉田 好雄
    第51回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 2015年07月 選考有り
  • Marginal insertion with Velamentous vesselの臨床像
    髙橋 仁,髙橋 望,山本 真,西島 浩二,吉田 好雄
    第51回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 2015年07月 選考有り
  • 妊娠19週にARB内服を中止したが無羊水症が遷延した一例
    太田 可奈子,玉村 千代,井上 大輔,山本 真,髙橋 仁,西島 浩二,吉田 好雄
    第51回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 2015年07月 選考有り
  • コルポスコピー下生検法と円錐切除術の問題点とその解決に向けた取り組み
    黒川 哲司,天谷 優介,冨士井 杏子,髙橋 望,杉田 元気,山本 真,玉村 千代,津吉 秀昭,髙橋 仁,品川 明子,知野 陽子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,吉田 好雄
    第23回福井婦人科腫瘍研究会 2015年06月 選考有り
  • LBC検体の適正基準について
    品川 明子,黒川 哲司,森 正樹,今村 好章,吉田 好雄,坂本 寛文,山口 知彦,花田 梓,則松 良明,矢納 研二,平井 康夫
    第56回日本臨床細胞学会総会春期大会 2015年06月 選考有り
  • 子宮頸がんにおいて臨床活用が期待される細胞機能について
    黒川 哲司,知野 陽子,品川 明子,吉田好雄
    第56回日本臨床細胞学会総会春期大会 2015年06月 選考有り
  • 妊娠28週で子宮体下部に巨大嚢胞が出現し、羊膜シートと診断した一例
    玉村 千代,品川 明子,杉田 元気,福田 真,吉田 好雄
    第43回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2015年05月 選考有り
  • 原発性脊髄腫瘍を合併した妊婦の分娩管理
    冨士井 杏子,山本 真,西島 浩二,吉田 好雄
    第43回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2015年05月 選考有り
  • 出血性嚢胞を伴った子宮原発のperivascular epithelioid cell tumor(PEComa)
    山田しず佳,坂野 陽通,杉田 元気,山本 真,玉村 千代,髙橋 仁,品川 明子,知野 陽子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第6回EGOG meeting 2015年05月 選考有り
  • 紡錘形細胞で構成された壁在結節を伴う粘液性卵巣癌
    坂野 陽通,山田 しず佳,杉田 元気,山本 真,玉村 千代,髙橋 仁,品川 明子,知野 陽子,福田 真,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第6回EGOG meeting 2015年05月 選考有り
  • 転移関連遺伝子模索のための新たな子宮肉腫肺転移モデルマウスの作製~分子イメージング法での病態解析~
    河邉 真也, 山本 真, 森下史子, 吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会 2015年04月 選考有り 峯岸 敬
  • 感染を背景に有する早産症例に対し、帝王切開術後創部感染を防ぐための当院の試み
    佐藤 久美子,玉村 千代,髙橋 仁,西島 浩二,田嶋 公久,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 急性白血病合併妊娠3症例の報告
    井上 大輔、髙橋 仁,西島 浩二,山本 真,福田 真,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 子宮頸癌に対する放射線療法および同時化学放射線療法の有害事象に関する検討
    杉田 元気,黒川 哲司,井上 大輔,太田 可奈子,山本 真,品川 明子,知野 陽子,折坂 誠,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 婦人科手術患者における血中BNP値と術後合併症の関連
    福田 真,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 胎盤ポリープに対する新しい画像評価の試み-造影剤を使用しない非侵性の灌流MRIは胎盤ポリープの血流評価に有効か-
    太田 可奈子,黒川 哲司,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,吉田 好雄,金本 雅之,藤原 康博,木村 浩彦,山元 龍哉,小坂 信之,松田 豪
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 膣式子宮全摘術とTVM手術を同時施行する際にメッシュ感染を予防するための工夫
    知野 陽子,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 腹腔鏡下手術における膀胱鏡検査の標準化に向けた基礎的検討
    山本 真,黒川 哲司,井上 大輔,太田 可奈子,杉田 元気,福田 真,折坂 誠,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 子宮類内膜腺癌におけるERαセリン167リン酸化の臨床的意義
    加藤 栄一,黒川 哲司,折坂 誠,知野 陽子,品川 明子,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診が陽性だった卵巣出血の1例
    知野 陽子, 黒川 哲司, 服部 克成, 品川 明子, 吉田 好雄, 笠島 忍, 今村 好章
    第32回福井県日本臨床細胞学会総会並びに学術集会 2015年03月 選考無し 0
  • 婦人科腫瘍におけるFES-PETの役割
    吉田好雄, 黒川哲司, 八木原亮, 小辻文和
    第53回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2005年09月
  • 術前化学療法を施行した進行子宮内膜癌の5例
    宮崎ミカ, 黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 小辻文和
    第13回福井婦人科悪性腫瘍研究会 2005年06月
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 八木原亮, 福田美佳, 小辻文和
    第46回日本臨床細胞学会総会(春季大会) 2005年05月
  • 子宮頸癌における血管新生の画像化の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 八木原亮, 河原和美, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 残存子宮内膜症部分が感染源と考えられた閉経後子宮筋層内膿瘍の一例
    鈴木由里子, 澤村陽子, 吉田好雄, 宿南憲一, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • ラミニン由来人口ペプチド(AG73とその誘導体のAG73 scramble)の卵巣癌転移への役割
    吉田好雄, 福田美佳, 西川有紀子, 河原和美, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 新規ラミニン由来人工ペプチド(C16Y)の卵巣癌細胞へのアポトーシス誘導能の検討
    八木原亮, 吉田好雄, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 術前の画像診断で卵巣腫瘍との鑑別を要した子宮後壁より発生したmalignant mix mesonephric tumor(MMMT)with cystic formation の一例
    辻隆博, 吉田好雄, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 乳癌から発見された子宮内膜癌の一例
    宮崎ミカ, 黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第22回日本臨床細胞学会福井県支部総会 2005年03月
  • 一年間の子宮頚部細胞診がⅢa、Ⅱ、Ⅱ、Ⅳと変化した一例
    加藤栄一, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第22回日本臨床細胞学会福井県支部総会 2005年03月
  • Role of {F-18}-Fuluorodeoxyglucose uptake by positron emission tomography in gynecologic malignancies
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kotsuji, F
    The 3rd Canada- Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • Role of lamininpeptid in ovarian cancer metastasis
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kotsuji, F
    The 3rd Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • 術前の画像診断で卵巣腫瘍との鑑別を要した子宮後壁より発生したmalignant mix mesonephric tumor(MMMT) with cystic differntiation の一例
    吉田好雄
    The 5th Annual Symposium Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging 2004年09月
  • 卵巣癌腹膜播種におけるラミニンペプチド(AG73,AG73scramble)の役割 【ワークショップ講演】
    吉田好雄
    日本癌学会 2004年09月
  • 進行子宮頸癌における化学放射線同時併用療法と放射線単独療法の有用性の比較検討
    八木原亮, 黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第52回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2004年09月
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体処理導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 津吉秀昭, 宮崎ミカ, 八木原亮, 河原和美, 小辻文和
    第52回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2004年09月
  • 婦人科疾患におけるFES-PETの経験
    Yoshida, Y., Kawahara, K., Kurokawa, T., Suzuki, Y., Nagahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • FDG-PETの子宮頸癌術前化学療法の効果判定への応用
    Kurokawa, T., Yoshida, Y., Kawahara, K., Yagihara, A., Suzuki, Y., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Imamura, Y., Kotsuji, F.
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • プラチナ抵抗性再発卵巣癌に対する、weekly Paclitaxel(w-PAC)療法後のPaclitaxel/Carboplatin(TJ)寛解導入療法の経験
    河原和美, 石田善建, 有倉清香, 八木原亮, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第32回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2004年06月
  • 診断、治療に難渋した高齢女性の子宮留膿症の3例
    吉井久美子, 福田 真, 西島浩二, 田嶋公久, 宿南憲一, 河原和美, 吉田好雄, 後藤健次, 小辻文和
    第32回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2004年06月
  • 卵巣癌におけるPET検査のFDG集積能は、悪性度に相関する
    黒川哲司, 吉田好雄, 石田善建, 有倉清香, 八木原亮, 吉井久美子, 打波郁子, 西島浩二, 福田真, 田嶋公久, 河原和美, 宿南憲一, 後藤健次, 小辻文和
    第12回福井婦人科悪性腫瘍研究会 2004年06月
  • FDG-PETを用いた子宮肉腫診断の試み
    鈴木由里子, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 子宮体癌におけるglucose transporter(GLUT-1)発現の臨床的意義:予後因子や低酸素症誘導因子発現との関連
    黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • FDG-PET検査を用いた進行子宮頸癌に対する術前静注化学療法(EP療法)の治療効果判定:MRIとの有用性との比較
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 進行卵巣癌に対する地固め療法としての持続温熱腹膜潅流(CHPP)は有効である
    河原和美, 吉田好雄, 佐々木博正, 黒川哲司, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • ラミニンペプチドAG73scramableの卵巣がん腹膜播種抑制に関する研究
    吉田好雄, 福田美佳, 西川有紀子, 黒川哲司, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 開腹下における癒着胎盤子宮温存法の工夫
    有倉清香, 西島浩二, 宿南憲一, 吉田好雄, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 子宮内膜細胞診38診におけるThinlayer標準導入のメリット、デメリット-細胞採取~検体処理~検体の精度まで-
    黒川哲司, 石田善建, 吉田好雄, 有倉清香, 宮崎ミカ, 津吉秀昭, 吉井久美子, 八木原亮, 打波郁子, 西島浩二, 福田 真, 田嶋公久, 河原和美, 宿南憲一, 後藤健次, 小辻文和, 森正樹, 今村好章
    第21回福井県臨床細胞学会 福井支部総会並びに学術集会 2004年03月
  • 集団検診で発見された進行子宮頚部腺癌の一例
    八木原亮, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 田嶋公久, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和, 森 正樹, 今村好章, 森下陽子
    第21回福井県臨床細胞学会 2004年03月
  • 子宮頚部原発の癌肉腫の1例
    宮崎ミカ, 八木原亮, 里見裕之, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和, 今村好章
    第21回福井県臨床細胞学会福井支部総会並びに学術集会 2004年03月
  • マイクロアレイを用いた卵巣がん転移遺伝子プロファイル解析
    吉田好雄
    第2回生殖生物学に関する合同セミナー 2004年03月
  • 集団検診で発見された進行子宮頚部腺癌の一例
    八木原亮, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 田嶋公久, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和, 森正樹, 今村好章, 森下陽子
    平成16年度福井県婦人がん検診講習会 2004年03月
  • 婦人科骨盤内手術前尿管ステント留置の有用性に関する検討
    中井正治, 前川正信, 塩山力也, 大山伸幸, 三輪吉司, 秋野裕信, 横山 修, 折坂早苗, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第403回日本泌尿器科学会北陸地方会 2004年02月
  • Establishemnt of a novel human ovarian cancer cell linewith high anchorage-independent growth ability
    Yoshida, Y, Nishikawa, Y, Kurokawa, T, Kawahara, K, Tajima, K, Kotsuji, F
    9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular Medicine 2004年01月
  • 進行子宮頸癌に対する術前静注化学療法(FP療法)の治療効果判定におけるFDP-PET検査の有用性の検討
    吉田好雄
    The 4th Annual Symposium Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging 2003年09月
  • 婦人科癌の化学療法や放射線療法の治療効果予測への応用
    吉田好雄
    福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • FDG-PET検査の子宮癌診療への応用 -子宮頸癌の化学療法や放射線治療の治療効果予測の可能性
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 土田龍郎, 岡沢秀彦, 藤林靖久, 米倉義晴
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となった腹膜原発の表在性乳頭性腺癌の一例
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 山本宝, 鈴木秀文, 今村好章, 小辻文和
    第44回日本臨床細胞学会総会 2003年06月
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となったextraovarian serous surface papillary carcinomaの一例
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和, 今村好章, 山本宝, 紙谷尚之
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • Kinematic MRI を用いた新たな子宮機能評価の試み
    品川明子, 西川有紀子, 福田真, 折坂誠, 折坂早苗, 吉田好雄, 後藤健次, 小辻文和, 山田弘樹, 伊原昇
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症に対するDJカテーテル挿入の効果
    折坂早苗, 吉田好雄, 河原和美, 田嶋公久, 黒川哲司, 高島美佳, 小辻文和
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症に対するDJカテーテル挿入の効果
    折坂早苗, 吉田好雄, 河原和美, 田嶋公久, 黒川哲司, 高島美佳, 小辻文和
    婦人科悪性腫瘍研究会 2003年06月
  • 出生診断し得た巨大絨毛膜下血腫の1例
    津吉秀昭, 西島浩二, 宿南憲一, 有倉清香, 吉田好雄, 後藤健次, 小辻文和
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 卵巣癌診断のためのFDG-PET検査の有用性:MRI/CTとの比較第
    河原和美, 吉田好雄, 黒川哲司, 永原健児, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • 卵巣癌におけるPET検査のFDG集積能は悪性度に相関する
    黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • ステロイド産生抑制の分子メカニズム:ステロイド産生調節因子StARの分解の関与
    田嶋公久, 折坂 誠, 吉田好雄, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • HRT中に発見された子宮体癌の2例
    黒川哲司, 河原和美, 田嶋公久, 吉田好雄, 小辻文和, 今村好章, 森正樹
    第20回日本臨床細胞学会福井県支部総会ならびに学術大会 2003年03月
  • 子宮頸部細胞診が発見の契機となった腹膜原発の表在性乳頭癌の一例
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 河原和美, 黒川哲司, 小辻文和, 今村好章, 鈴木秀文, 山本宝
    第20回日本臨床細胞学会福井県支部総会並びに学術集会 2003年03月
  • 進行卵巣癌に対し、地固め療法としての持続温熱腹膜潅流方(CHPP)は薬剤耐性を克服し長期生存につながる可能性がある
    吉田好雄, 佐々木博正, 河原和美, 黒川哲司, 片山寛次, 山口明夫, 小辻文和
    第41回日本癌治療学会総会 2003年01月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症予防に対するDJカテーテル挿入の効果
    宮崎ミカ, 折坂早苗, 河原和美, 黒川哲司, 福田美佳, 田嶋公久, 吉田好雄, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • 婦人科腫瘍領域におけるFDG-PET検査の有用性
    吉田好雄
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • 出生前診断し得た巨大絨毛膜下血腫の1例
    津吉秀昭, 西島浩二, 宿南憲一, 吉田好雄, 後藤健次, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • 閉経後に生じた子宮筋層内膿瘍の一例
    鈴木由里子, 永原健児, 黒川哲司, 河原和美, 宿南憲一, 吉田好雄, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • 転移関連遺伝子模索のための新たな子宮肉腫肺転移モデルマウスの作製~分子イメージング法での病態解析~
    河邉 真也,山本 真,森下史子,吉田 好雄
    第67回日本産科婦人科学会 2015年04月 選考有り 峯岸 敬
  • 85歳進行婦人科がん患者さんにあなたはどのような治療を行いますか?
    吉田 好雄
    第14回日本婦人科がん会議 2017年06月
  • 婦人科肉腫に対する基礎からのアプローチ
    吉田 好雄
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017年07月
  • 画像検査(CT,MRI,PET/CT)
    吉田 好雄
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017年07月
  • 記述式内膜細胞診様式に基づいた診断への試み
    品川 明子,黒川 哲司,大沼 利通,津吉 秀昭,知野 陽子,岩崎 和美,森 正樹,今村 好章,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月
  • HPV併用検診で発見されたNILMかつCIN3症例の検討
    大沼 利通,黒川 哲司,品川 明子,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月 大沼 利通
  • 早産児の消化管保護に向けた治療戦略:肺サーファクタントと胎脂を用いた動物実験
    西島 浩二,吉田 好雄
    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会 2017年07月
  • 福井県における対策型検診にHPV(Human Papillomavirus)検査同時併用検診導入の試み-横断的検討結果を報告-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第26回日本婦人科がん検診学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 当院における婦人科悪性腫瘍に対する腹腔内温熱化学療法の現状
    黒川 哲司,西村 俊哉,井上 大輔,髙橋 望,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,片山 寛次,吉田 好雄
    日本ハイパーサーミア学会第34回大会 2017年09月
  • 婦人科癌に対するHIPEC~当科での現況と展望
    井上 大輔,黒川 哲司,西村 俊哉,杉田 元気,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    日本ハイパーサーミア学会第34回大会 2017年09月
  • The assessment of cervical cancer screening using the contesting with cervical cytology and high-risk human papillomavirus testing in Fukui prefecture
    T.Kurokawa,A.Shinagawa,Y.Chino,Y.Yoshida
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • Saikosaponin-d sensitizes chemoresistant ovarian cancer cells to cisplatin-induced apoptosis by facilitating mitochondrial fission and G2/M arrest
    H.Tuyoshi,M.Orisaka,Y.Yoshida
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 常位胎盤早期剥離診断スコアの有用性の検討
    里見 裕之,折坂 誠,西島 浩二,+高多 佑佳,+熊谷 亜矢子,三屋 和子,河野 久美子,福野 直孝,細川 久美子,金嶋 光夫,紙谷 尚之,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2014年04月
  • 卵胞選択における高エストロゲン環境とIGFシステムの活性化はLH-莢膜細胞系が主導する
    服部 克成,折坂 誠,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 当院における高齢婦人科手術患者の検討
    倉田 和巳,黒川 哲司,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • ART妊娠の周産期リスク
    玉村 千代,白藤 文,折坂 誠,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 妊娠中に肝膿瘍による血球貧食症候群を引き起こし、救命できなかった一例
    清水 可奈子,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,坂野 陽通,川村 裕士,玉村 千代,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 羊水過多を呈した妊婦に対し、問診を契機に筋強直性ジストロフィーと診断した3症例
    飯藤 弘光,清水 可奈子,伊藤 太郎,冨士井 杏子,坂野 陽通,佐藤 久美子,玉村 千代,髙橋 仁,西島 浩二,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • Assessment of intratumor heterogeneity in mesenchymal uterine tumor by FDG-PET/CT texture analysis
    T.Tsujikawa, M.Yamamoto, K.Shono, S.Yamada, H.Kimura, H.Okazawa, Y.Yoshida
    第76回日本医学放射線学会総会 2017年04月
  • Prognostic value of FES PET in patients with endometrial cancer
    T.Tsujikawa, S.Yamada, H.Tsuyoshi, T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, A.Makino, Y.Kiyono, Y.Yoshida, H.Okazawa
    第12回分子イメージング学会学術集会 2017年05月
  • 18F-FES and 18F-FDG PET/MR imaging of gynecologic tumors: Initial experience in 5 cases
    T.Tsujikawa, H.Tsuyoshi, S.Yamada, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Yoshio, H.Okazawa
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月
  • Impact of scan duration on textural features in 18F-FDG PET/MR
    T.Tsujikawa, M.Kobayashi, H.Tsuyoshi, S.Yamada, H.Oikawa, Y.Yoshida, H.Okazawa
    第12回アジア・オセアニア核医学会学術会議 2017年10月
  • 超音波凝固切開装置を用いた子宮頸部円錐切除術既往妊娠の予後
    川村 裕士,西島 浩二,髙橋 仁,天谷 優介,松山 純,河原 和美,干場 勉,吉田 好雄
    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会 2017年07月
  • Diagnostic value of 18F-FDG PET/MRI for the detection of lymph node metastasis in gynecologic cancer patients:initial experience
    H.Tsuyoshi,T.Tsujikawa,H.Okazawa,Y.Yoshida
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2018年07月
  • 子宮頸癌におけるMieapαの発現と役割
    山本 真,山田 しず佳,常木 雅之,中村 康之,黒川 哲司,吉田 好雄,荒川 博文
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2047年07月
  • 体脂肪と子宮頸癌術後の放射線性腸炎との関連
    杉田 元気,黒川 哲司,土田 達,吉田 好雄
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2047年07月
  • LSCにおけるESBL産生大腸菌メッシュ感染に対しST合剤が著効した1例
    大沼 利通,白藤 文,知野 陽子,伊藤 太郎,飯藤 弘光,清水 可奈子,山田 しず佳,髙橋 望,川村 裕士,玉村 千代,津吉 秀昭,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第19回日本女性骨盤底医学会 2017年07月
  • 福井県における対策型検診にHPV検査同時併用検診導入の試み
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第56回日本臨床細胞学会秋期大会 2017年11月
  • 当院での婦人科悪性腫瘍に対するHIPEC(腹腔内温熱化学療法)
    井上 大輔,西村 俊哉,杉田 元気,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,*片山 寛次,吉田 好雄
    第40回日本産婦人科手術学会 2017年11月
  • 当院における高齢婦人科手術後短期で死亡した例の予測因子検討
    倉田 和巳,黒川 哲司,吉田 好雄
    第45回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2017年06月
  • オウム病に罹患し、母体死亡に至った本邦初の症例
    清水 可奈子,坂野 陽通,川村 裕士,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,吉田 好雄
    第45回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2017年06月
  • 子宮頸癌におけるMieapαの発現と役割
    山本 真,中村 康之,山田 しず佳,万久 亜紀子,津吉 秀昭,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • オウム病による国内初の妊産婦死亡例
    清水 可奈子,+吉村 芳修,坂野 陽通,川村 裕士,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,+柳原 格,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 腹膜播種を伴う子宮平滑筋肉腫に対し腫瘍減量術と腹腔内温熱化学療法を施行した2例
    西村 俊哉,津吉 秀昭,井上 大輔,杉田 元気,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • APAMの長期経過観察中に悪性転化を疑い子宮摘出に至った若年者の一例
    新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,西村 俊哉,玉村 千代,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 福井県のHPV検査同時併用検診の臨床研究からみた細胞診検診の精度
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第34回日本臨床細胞学会北陸連合会学術集会 2017年09月
  • 分子イメージング解析による婦人科腫瘍の診断
    吉田 好雄
    第23回熊本婦人科悪性腫瘍研究会(Kumamoto GOG) 2017年06月
  • 胞状卵胞がLH依存性を獲得するためにはLHが必要である
    折坂 誠,服部 克成,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第5回FARM(Fukui Art and Reproductive Medicine)研究会 2017年05月
  • 抗癌剤抵抗性卵巣癌のカルシウム伝達とミトコンドリア動態に着目した治療戦略の開発
    津吉 秀昭,折坂 誠,吉田 好雄
    第4回中日本産婦人科セミナー 2017年07月
  • 不妊治療における子宮鏡下手術の役割
    山本 輝,折坂 誠,白藤 文,宮﨑 有美子,玉村 千代,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回中日本産婦人科セミナー 2017年07月
  • 広汎子宮頚部摘出術後に妊娠が成立した一例
    八代 憲司,田中 良明,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第84回夏期臨床研修会 2017年08月
  • 胎盤肥厚に遺残胎盤を伴った1例
    西村 俊哉,髙橋 仁,新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第31回北陸周産期・新生児研究会 2017年10月
  • Diagnostic value of bioactive factors from blood sample for the early detection of uterine sarcoma
    H.Tsuyoshi, Y.Yoshida
    The SGO 2018 Annual Meeting on Women's Cancer 2018年03月
  • 高齢者の婦人科がん治療
    吉田 好雄
    第421回神奈川産科婦人科学会学術講演会 2018年03月
  • HPV併用検診で発見されたNILMかつCIN3症例の検討~FCCS(Fukui Cervical Cancer Screening)studyの結果より~
    大沼 利通,黒川 哲司,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第35回福井県臨床細胞学会総会並びに学術集会 2018年02月
  • 卵巣甲状腺腫か甲状腺腫性カルチノイドかの鑑別に苦慮しているpseudo Meigs症候群の一例
    倉田 和巳,西村 俊哉,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 子宮平滑筋腫の悪性転化と考えられる子宮平滑筋肉腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 中分化型セルトリ・ライディッヒ細胞腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 子宮底部横切開法後に妊娠成立し、計画的な周産期管理を行った一例
    田中 良明,西島 浩二,玉村 千代,八代 憲司,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,服部 克成,田嶋 公久
    福井県産婦人科医師連合第85回冬期臨床研修会 2018年02月
  • 若年子宮体癌の妊孕性温存療法に対する非侵襲的治療効果判定法の開発~FES-PETを用いて~
    山田 しず佳,津吉 秀昭,新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,西村 俊哉,冨士井 杏子,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第6回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2018年02月
  • 遺伝的素因を有する乳癌卵巣癌患者に対するmultiple gene panel検査導入の試み
    前田 浩幸,井川 正道,畑 郁江,黒川 哲司,吉田 好雄,五井 孝憲,米田 誠
    第38回北陸臨床遺伝研究会 2018年03月
  • 福井県の対策型検診に対しHPV検査併用検診導入の試み-HPV16型・HPV18型に着眼した取り組み-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第25回日本がん検診・診断学会総会 2017年08月
  • Mieap induces cell death via non-canonical mitophagy in human cervical cancer
    M.Yamamoto, Y.Nakamura, A.Kuma, Y.Yoshida, H.Arakawa
    第17回日本ミトコンドリア学会年会 2017年11月
  • 子宮頸がんにおいてMieapはnon-canonical mitophagyにより細胞死を誘導する
    山本 真,中村 康之,久万 亜紀子,山田 しず佳,吉田 好雄,荒川 博文
    第76回日本癌学会学術総会 2017年09月 選考有り
  • 高齢者のがん
    吉田 好雄
    松江市立病院平成29年度がん医療従事者研修会 2017年10月
  • 前置癒着胎盤に対する子宮底部横切開法
    西島 浩二,吉田 好雄
    第25回日本胎盤学会学術集会・第35回日本絨毛性疾患研究会 2017年11月
  • 85歳婦人科がん患者さんにあなたはどのような治療を行いますか?
    吉田 好雄
    第67回高知産科婦人科学会学術集会 2017年12月 選考無し
  • 高齢者の婦人科癌治療
    吉田 好雄
    第20回山陰婦人科腫瘍研究会 2017年12月

特許

  • 特許6436669:子宮肉腫転移モデル動物
    水谷 哲也,河邉 真也,吉田 好雄,宮本 薫,石兼 真,清野 泰,
    特願2014-149007
    特番6436669
  • 子宮肉腫と子宮筋腫を鑑別する腫瘍マーカーの開発
    水谷 哲也,宮本 薫,河邉 真也,石兼 真,吉田 好雄,福田 真,山本 真
    特願2015-152893

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2013年度前期教員等による優秀論文賞2013年08月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2013年度前期教員等による優秀論文賞2013年08月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2012年度後期優秀論文賞2013年05月
  •  米国核医学 米国核医学2011総会 腫瘍臨床診断部門最優秀優秀ポスター賞2011年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2009年度教員学生等による優秀論文賞、最優秀論文賞2011年05月
  •  Society of Nuclear Medicine Outstandin JNM Articles for 2009 (Clinical Investigations)2010年06月
    J Nucl Med 2009; 50: 1599-1604
  •  ペストポスタープレゼンテーション賞 第6回 国際ホルモン癌学会1999年

科学研究費補助金

  • 分子イメージング法を応用した子宮肉腫肺転移機構の解明と新治療法の開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2015年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2014年度
  • 細胞内プラチナ濃度を制御するhCTR1とATP7Bに着眼した難治性卵巣癌治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2013年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2013年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2012年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2012年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2011年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2011年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2010年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2010年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2010年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2009年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2009年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2009年度
  • 浮遊卵巣癌細胞の転移能獲得に対するラミニン分子の役割―新たな分子治療開発に向けて基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2008年度
  • 浮遊卵巣癌細胞の転移能獲得に対するラミニン分子の役割―新たな分子治療開発に向けて基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2007年度
  • ラミニンペプチドScramble を用いた卵巣癌腹膜播種抑制の試み基盤研究(C)一般
    代表者:吉田 好雄 2005年度
  • ラミニンペプチドScramble を用いた卵巣癌腹膜播種抑制の試み基盤研究(C)一般
    代表者:吉田 好雄 2004年度
  • 浮遊増殖性ヒト卵巣癌細胞株における足場非依存性増殖能の獲得メカニズム萌芽研究
    代表者:河原 和美 2003年度
  • 卵巣癌に於ける転移能獲得機序の解明基盤研究(C)
    代表者:吉田 好雄 2003年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)
    代表者:岡沢 秀彦 2015年度
  • PET/MRによるエストロゲン依存性腫瘍の受容体発現と酸化ストレスの関連性解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:辻川 哲也 2016年度
  • 分子イメージング法を応用した子宮肉腫肺転移機構の解明と新治療法の開発基盤研究(B)
    代表者:吉田 好雄 2016年度

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 勝山の出産環境討論2015年10月 福井
  • 進行期の子宮頸がん温存手術県内で成功2015年02月 福井
  • 婦人科ドック,受診しやすく 福井大附属病院先端医療画像センター 全身をくまなく検査 控室にも配慮し隔離 スタッフは全員女性2006年12月 日刊県民福井
  • 福井大附属病院婦人科ドック好評 県内初 子宮がんなど早期発見へ 検査はすべて女性医師ら 控室も離れ,若い人に配慮2006年12月 中日新聞
  • 子宮体がん治療 負担減 福井大、画像で効果判定成功2017年01月 福井、県民、中日、読売、毎日、日経、産経
  • 勝山総合病院 産婦人科に常勤医師 来春から 福井大病院が派遣2017年11月 福井、読売
  • 子宮頸がん予防語る 福井で8日市民公開講座2018年03月 日刊県民福井
  • 子宮頸がん受診率向上へ 自宅で検体 自ら採取 福井大、有効性を研究2019年02月 福井、県民、朝日、中日
  • 本人採取のHPV検査 福井大、有効性を調査 子宮頸がん2019年02月 毎日
  • 子宮頸がん検診 受診率向上へ 自己採取の有効性検証 福井大など2019年02月 産経