岩田 賢一

所属部署名情報・メディア工学講座
教員組織情報・メディア工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 19/05/28 17:16

研究者基本情報

氏名

    岩田 賢一
    イワタ ケンイチ
    IWATA Ken-ichi

所属

  •  情報・メディア工学講座 准教授

学歴

  • 1995年04月- 1996年05月北陸先端科学技術大学院大学
  • 1993年04月- 1995年03月北陸先端科学技術大学院大学
  • 1989年04月- 1993年03月和歌山大学

経歴

  • 2008年04月福井大学大学院工学研究科情報・メディア工学専攻 准教授
  • 2007年04月- 2008年03月山形大学大学院理工学研究科 准教授
  • 2006年08月- 2007年03月山形大学工学部 助教授
  • 2001年04月- 2006年07月電気通信大学 助手
  • 1998年04月- 2001年03月松山東雲女子大学文学部 講師
  • 1996年06月- 1998年03月徳島大学工学部 助手

研究活動情報

論文

  • Asymptotic Distribution of Multilevel Channel Polarization for a Certain Class of Erasure Channels
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata, Hiroshi Fujisaki
    Proceedings of 2018 IEEE International Symposium on Information Theory 856-860 2018年06月 査読有り
  • Dynamic Programming Approach of Optimal Upgradation Algorithm for an Auxiliary Random Variable of a Bernoulli Random Variable
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2018 IEEE International Symposium on Information Theory 146-150 2018年06月 査読有り
  • An Optimality Proof of the Iterative Algorithm for AIFV-$m$ Codes
    Ryusei Fujita, Ken-ichi Iwata, Hirosuke Yamamoto
    Proceedings of 2018 IEEE International Symposium on Information Theory 2187-2191 2018年06月 査読有り
  • Extremality Between Symmetric Capacity and Gallager’s Reliability Function E_0 for Ternary-Input Discrete Memoryless Channels
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    IEEE Transactions on Information Theory 64(1) 163-191 2018年01月 査読有り
  • Extremality for error exponents of q-ary input discrete memoryless channels
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of Workshop AEW10 Concepts in Information Theory and Communications 7-7 2017年06月 査読無し
  • An Iterative Algorithm to Construct Optimal Binary AIFV-m Codes
    Ken-ichi Iwata, Hirosuke Yamamoto
    Proceedings of 2017 IEEE Information Theory Workshop (ITW2017) 519-523 2017年11月 査読有り
  • Optimal quantization of B-DMCs maximizing α-mutual information with monge property
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2017 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2017) 2673-2677 2017年06月 査読有り
  • Sharp bounds on Arimoto's conditional Rényi entropies between two distinct orders
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2017 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2017) 2985-2989 2017年06月 査読有り
  • Lossless Data Compression via Substring Enumeration for k-th Order Markov Sources with a Finite Alphabet
    Ken-ichi Iwata, Mitsuharu Arimura
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E99-A(12) 2130-2135 2016年12月 査読有り
  • Extremal relations between shannon entropy and ℓα-norm
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2016 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2016) 433-437 2016年10月 査読有り
  • A dynamic programming algorithm to construct optimal code trees of AIFV codes
    Ken-ichi Iwata, Hirosuke Yamamoto
    Proceedings of 2016 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2016) 672-676 2016年10月 査読有り
  • A generalized erasure channel in the sense of polarization for binary erasure channels
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2016 IEEE Information Theory Workshop (ITW2016)-(5) 2016年09月 査読有り
  • Relations between conditional Shannon entropy and expectation of ℓα-norm
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    Proceedings of 2016 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2016) 81-85 2016年07月 査読有り
  • Feasible regions of symmetric capacity and Gallager's E0 function for ternary-input discrete memoryless channels
    Yuta Sakai, K. Iwata
    Proceedings of 2015 IEEE International Symposium on Information Theory 81-85 2015年06月 査読有り
  • Lossless Data Compression via Substring Enumeration for k-th Order Markov Sources with a Finite Alphabet
    K.Iwata, M. Arimura
    Proceedings Data Compression Conference 452 2015年04月 査読有り
  • Evaluation of Maximum Redundancy of Data Compression via Substring Enumeration for k-th Order Markov Sources
    Ken-ichi IWATA, Mitsuharu ARIMURA, Yuki SHIMA
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences Vol.E97-A(No.8) 1754-1760 2014年08月 査読有り
  • Quantizer design for outputs of binary-input discrete memoryless channels using SMAWK algorithm
    K. Iwata, Shin-ya Ozawa
    Proc. of 2014 IEEE International Symposium on Information Theory 191-195 2014年06月 査読有り
  • Suboptimal Quantizer Design for Outputs of Discrete Memoryless Channels with a Finite-Input Alphabet
    Y. Sakai, K. Iwata
    Proc. of 2014 International Symposium on Information Theory and its Applications 120-124 2014年10月 査読有り
  • Redundancy Optimal FF Codes for a General Source and Its Relationships to the Rate-Optimal FF Codes
    Mitsuharu ARIMURA, Hiroki KOGA, Ken-ichi IWATA
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E96-A(12) 2332-2342 2013年12月 査読有り
  • A Characterization of Optimal FF Coding Rate Using a New Optimistically Optimal Code
    Mitsuharu ARIMURA, Hiroki KOGA, Ken-ichi IWATA
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E96-A(12) 2443-2446 2013年12月 査読有り
  • Relationships between the Classes of the Redundancy-Optimal and the Rate-Optimal FF Codes for a General Source
    M. Arimura, H. Koga, K. Iwata
    8th Asia-Europe Workshop on Concepts in Information Theory 2013年05月 査読無し
  • Polar符号の紹介
    岩田 賢一
    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review 6(3) 175-198 2013年01月 査読有り
  • On variable-to-fixed length coding of a general source with Infinite alphabet
    M. Arimura, K. Iwata
    Proc. of 2012 International Symposium on Information Theory and its Applications 485-488 2012年01月 査読有り
  • On the maximum redundancy of CSE for I.I.D. sources
    K. Iwata, M. Arimura, Y. Shima
    Proc. of 2012 International Symposium on Information Theory and its Applications 489-492 2012年01月 査読有り
  • 情報スペクトル的方法を用いた最大ひずみ下での情報源・通信路符号分離可能条件
    森 伸, 岩田 賢一
    電子情報通信学会論文誌基礎・境界 J94-A(9) 713-722 2011年09月 査読有り
  • Coding Theorems on the Worst-Case Redundancy of Fixed-Length Coding for a General Source
    H. Koga, M. Arimura, K. Iwata
    Proc. of 2011 IEEE International Symposium on Information Theory 2011年08月 査読有り
  • Construction of Approximate Polar Codes on Binary Symmetric Channels
    K. Iwata, Yusuke Susuki
    7th Asia-Europe Workshop on Concepts in Information Theory 2011年07月 査読無し
  • An Improvement in Lossless Data Compression via Substring Enumeration
    K. Iwata, M. Arimura, Y. Shima
    Proc. of 10th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science 219-223 2011年05月 査読有り
  • An effecitive optimization of reference pixel arrangement in the lossless coding for HDTV image
    Y. Yamaguchi, T. Otsuki, K. Iwata, S. Itoh
    Proc. of 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science 246-251 2010年08月 査読有り
  • On the Achievable Redundancy Rate of Fixed Length Source Code for General Sources
    M. Arimura, K. Iwata
    Proc. of 2010 IEEE International Symposium on Information Theory 2010年06月 査読有り
  • The Minimum Achievable Redundancy Rate of Fixed-to-Fixed Length Source Codes for General Sources
    M. Arimura, K. Iwata
    Proc. of 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications 595-600 2010年01月 査読有り
  • A Prefix-free Coding for Finite-State Noiseless Channels with Small Coding Delay
    K. Iwata, T. Koyama
    Proc. of 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications 473-477 2010年01月 査読有り
  • Information-Spectrum Characterization of a Multi-terminal Channel with General Correlated Sources
    K.Iwata, Y.Oohama
    International Symposium on Information Theory and its Applications 177-182 2006年01月 査読有り
  • Information-Spectrum Characterization of Multiple-Access Channels with Correlated Sources
    K.Iwata, Y.Oohama
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E88-A(11) 3196-3202 2005年11月 査読有り
  • On Multiple-Access Communication System for General Correlated Sources with an Array of General Independent Channels
    K.Iwata
    Proc. 2005 IEEE International Symposium on Information Theory 2005年09月 査読有り
  • A new approach of DCA by using BWT
    B.Zhao, K.Iwata, S.Itoh, T.Kato
    Data Compression Conference 2005年03月 査読有り
  • Information-Spectrum characterization of broadcast channel with general source
    K.Iwata, Y.Oohama
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E88-A(10) 2808-2818 2005年01月 査読有り
  • Channel Coding Algorithm Simulating the Random Coding
    K.Iwata, J.Muramatu
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E87-A(6) 1576-1582 2004年06月 査読有り
  • Channel Coding Algorithm Simulating the Random Coding
    K.Iwata, J.Muramatsu
    Proceedings 2003 IEEE International Symposium on Information Theory 315 2003年06月 査読有り
  • An information-spectrum approach to rate-distortion function with side information
    K.Iwata, J.Muramatsu
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E85-A(6) 1387-1395 2002年06月 査読有り
  • A Simple Parallel Algorithm for the Ziv-Lempel Encoding
    K.Iwata, M.Morii, T.Uyematsu, E.Okamoto
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E81-A(4) 709-712 1998年04月 査読有り
  • An efficient universal coding algorithm for noiseless channel with symbols of unequal cost
    K.Iwata, M.Morii, T.Uyematsu
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences E80-A(11) 2232-2237 1997年11月 査読有り
  • A simple universal coding scheme for arbitrary cost of code symbol
    K.Iwata, T.Uyematsu, M.Morii
    Proceedings 1997 IEEE International Symposium on Information Theory 418 1997年06月 査読有り
  • 数え上げ符号の効率的な符号化・復号化アルゴリズム
    植松 友彦, 岩田 賢一, 岡本 栄司
    電子情報通信学会論文誌基礎・境界 J80-A(3) 573-575 1997年03月 査読有り
  • 部分的な復号を可能にするZiv-Lempel符号の提案
    岩田 賢一, 植松 友彦, 岡本 栄司
    電子情報通信学会論文誌基礎・境界 J79-A(11) 1899-1906 1996年11月 査読有り

著書

  • IT Text 情報理論
    村松 純, 岩田 賢一, 有村 光晴, 渋谷 智治
    編集
    オーム社 2008年09月
    9.78E+12
  • 情報・符号理論
    楫 勇一, 岩田 賢一, 葛岡 成晃, 井坂 元彦
    編集
    オーム社 2013年01月
    9.78E+12

講演・口頭発表等

  • 2元アルファベティックAIFV符号における最適な符号木の構成法
    中西雄也,藤田龍星,岩田賢一,山本博資
    電子情報通信学会情報理論研究会 2019年02月 選考無し
  • 有限状態マルコフ連鎖の平均性能に関する繰り返し最適化アルゴリズム
    藤田龍星,岩田賢一,山本博資
    電子情報通信学会情報理論研究会 2019年02月 選考無し
  • 最適な2元AIFV-m符号の構成法の実装例
    河井貴哉, 藤田龍星, 岩田賢一, 山本博資
    第41回情報理論とその応用シンポジウム 2018年12月 選考無し
  • Concrete Examples of Countably Infinite Multilevel Source Polarization with a Certain Infinite Group
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata, Hiroshi Fujisaki
    第41回情報理論とその応用シンポジウム 2018年12月 選考無し
  • 2元AIFV符号におけるコンパクト符号木の列挙と符号化
    橋本健吾,岩田賢一,山本博資
    第41回情報理論とその応用シンポジウム 2018年12月 選考無し
  • Enumeration of Compact Trees of AIFV Codes
    Kengo Hashimoto, Ken-ichi Iwata, Hirosuke Yamamoto
    International Symposium on Information Theory and Its Applications 2018年10月 選考有り
  • AIFV-m符号の反復構成法における最適性
    藤田 龍星, 岩田 賢一, 山本 博資
    電気情報通信学会情報理論研究会 2018年03月
  • Asymptotic Distribution of Multilevel Channel Polarization for a Certain Class of Erasure Channels
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata, Hiroshi Fujisaki
    第40回情報理論とその応用シンポジウム 2017年11月
  • Dynamic Programming Approach of Optimal Upgradation Algorithm for an Auxiliary Random Variable of a Bernoulli Random Variable
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    第40回情報理論とその応用シンポジウム 2017年11月
  • マルコフ連鎖に対する状態遷移確率を用いた定常確率分布の陽な表現公式
    藤田 龍星, 岩田 賢一, 山本 博資
    第40回情報理論とその応用シンポジウム 2017年11月
  • Extremality for Arimoto’s conditional Renyi en- tropy and error exponents of Gallager’s form
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    第 10 回シャノン理論ワークショップ 2017年10月
  • XOR 共有化による並列ハミング符号化回路
    木川 雅人,福間 慎治,岩田 賢一,森 眞一郎
    電気関係学会北陸支部連合大会 2017年09月
  • Asymptotic Distribution of Multilevel Channel Polarization for Non-Binary Erasure Channel
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata, Hiroshi Fujisaki
    Croucher Summer Course in Information Theory (CSCIT2017) 2017年07月 選考有り
  • 2元AIFV-m符号の最適な符号木を構成する動的計画法
    河井 貴哉, 岩田 賢一, 山本 博資
    電子情報通信学会情報理論研究会 2017年05月
  • A Study on Sharma-Mittal Entropy in Terms of Pseudo-Additivity and Aczel-Daroczy Uniqueness Theorem of Renyi Entropy
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    第39回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 2016年12月
  • Speed-Up Method for Optimal Quantizations of Binary-Input Discrete Memoryless Channels with Monge Property
    Yuta Sakai, Ken-ichi Iwata
    電子情報通信学会情報理論研究会 2016年09月
  • q元入力一般化消失通信路の多段分極によるPolar符号の構成と符号化および復号化
    木内智之, 阪井祐太, 岩田賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2016年09月
  • 異なる位数での2つの条件付きRenyiエントロピー間の限界式
    阪井祐太, 岩田賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2016年05月
  • 確率的に遷移する5状態システムの平均性能に対する最適化
    岩田賢一, 木村嵩斗, 山本博資
    電子情報通信学会情報理論研究会 2016年05月 選考無し
  • 条件付きShannonエントロピーとノルムの期待値との関係とその応用
    阪井祐太, 岩田賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2016年03月 選考無し
  • 法qの演算に基づくPolar変換の解析が容易なq元入力離散無記憶通信路
    阪井祐太,岩田賢一
    第38回情報理論とその応用シンポジウム 2015年11月 選考無し
  • 環状状態を確率的に遷移するシステムの平均性能に対する最適化
    木村嵩斗,岩田賢一,山本博資
    第38回情報理論とその応用シンポジウム 2015年11月 選考無し
  • 確率的に遷移する3状態システムの平均性能に対する最適化
    木村 嵩斗,岩田 賢一,山本 博資
    電子情報通信学会情報理論研究会 2015年09月
  • 一様な入力分布の離散無記憶通信路に対する対称通信路容量とGallagerのE_0関数の値域
    阪井 祐太, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2015年05月 選考無し 0
  • 離散無記憶通信路に対して許容できる相互情報量の条件下で出力記号数を削減するアルゴリズム
    永原 拓実, 阪井 祐太, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2015年03月 選考無し 0
  • 通信路入力が一様分布の3元入力離散無記憶通信路に対する対称通信路容量と信頼性関数の値域
    阪井 祐太, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2015年01月 選考無し 0
  • 等しい通信路容量を有する3元入力無記憶対称通信路における信頼性関数の値域
    阪井 祐太, 岩田 賢一
    第37回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2014) 2014年12月 選考無し 0
  • デュアルプロセッサーによる2元入力離散無記憶通信路の出力の量子化方法
    永原 拓実, 岩田 賢一
    第37回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2014) 2014年12月 選考無し 0
  • 離散無記憶通信路の出力に対する貪欲法による量子化について
    阪井 祐太, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2014年07月 選考無し 0
  • 原始BCH符号の並列シンドローム計算におけるある種の方法
    岩田 賢一, 大島 怜也
    電子情報通信学会情報理論研究会 2014年05月 選考無し 0
  • 部分列数え上げデータ圧縮法のアルゴリズムと性能評価について
    岩田 賢一
    山本研特別ゼミ 2014年05月 選考無し 山本博資
  • 多値アルファベット版部分列数え上げデータ圧縮法に対する最悪冗長度
    岩田 賢一, 有村 光晴
    電子情報通信学会情報理論研究会 2014年03月 選考無し 0
  • 原始BCH符号の並列シンドローム計算に要するXOR演算の回数について
    大島 怜也, 岩田 賢一
    電子情報通信学会総合大会 2014年03月 選考無し 0
  • q元ハミング符号の並列復号器における演算回数について
    大島 怜也, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2013年09月 選考無し 0
  • 可算無限アルファベットの情報源に対してVF符号が存在する条件
    有村 光晴, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2013年05月 選考無し 0
  • 2元入力離散無記憶通信路の出力に対する量子化アルゴリズムのSMAWKアルゴリズムを用いた高速化
    岩田 賢一, 小澤 伸也
    電子情報通信学会情報理論研究会 2013年05月 選考無し 0
  • Lossless Data Compression via Substring Enumerationのマルコフ情報源に対する最悪冗長度
    岩田 賢一, 有村 光晴, 嶋 優希
    電子情報通信学会情報理論研究会 2013年03月 選考無し 0
  • 冗長度と符号化レートの両方で最適なFF符号
    有村 光晴, 古賀 弘樹, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2013年01月 選考無し 0
  • 拡大ハミング符号の並列復号器におけるXOR演算回数について
    岩田 賢一, 大島 怜也
    SITA2012 第35回情報理論とその応用シンポジウム 2012年12月 選考無し 0
  • ハミング符号の並列符号器と並列復号器におけるXOR演算回数の最適化
    大島 怜也, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2012年09月 選考無し 0
  • FF符号における冗長度と符号化レートの関係について
    有村 光晴, 古賀 弘樹, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2012年05月 選考無し 0
  • 2出力情報源と2入力1出力通信路における情報源・通信路符号化の分離可能条件について
    岩田 賢一, 森 伸
    電子情報通信学会情報理論研究会 2012年03月 選考無し 0
  • 区間アルゴリズムにおける入力系列長の評価
    塩野祐輔, 岩田 賢一
    2012 年 電子情報通信学会総合大会 2012年03月 選考無し 電子情報通信学会
  • 2入力対称通信路における近似Polar符号の動的計画法を用いた符号構成に関する考察
    鈴木 佑輔, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2012年01月 選考無し 0
  • Lossless Data Compression via Substring Enumerationにおけるある改良
    嶋 優希, 岩田 賢一, 有村 光晴
    電子情報通信学会情報理論研究会 2011年05月 選考無し 0
  • 情報スペクトルの幅と固定長符号化の最悪冗長度
    古賀 弘樹, 有村 光晴, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2011年03月 選考無し 0
  • 符号長の線形時間で構成可能な近似Polar符号の構成法
    鈴木 佑輔, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2011年01月 選考無し 0
  • 対称通信路における Polar 符号の符号構成に関する考察
    鈴木 佑輔, 岩田 賢一
    SITA2010 第33回情報理論とその応用シンポジウム 2010年12月 選考無し 0
  • 一般情報源に対する無歪みFF符号の最小達成可能冗長度レート
    有村 光晴, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2010年07月 選考無し 0
  • Verdu-Hanの補題の歪みを考慮した拡張について
    森 伸, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2010年05月 選考無し 0
  • On the Redundancy Rate of FF and VF Source Codes for General Sources
    有村 光晴, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2010年03月 選考無し 電子情報通信学会
  • 有限状態無雑音通信路に適した語頭符号の構成法
    小山 拓哉, 岩田 賢一
    電子情報通信学会情報理論研究会 2009年05月 選考無し IEICE

特許

  • 特許5999634:符号化・復号化装置及び演算回路設定方法
    岩田 賢一,福間 慎治,大島 怜也,
    特願2012-206395
    特番5999634

科学研究費補助金

  • polar符号の基本原理であるpolar変換と通信路モデルに関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2017年度
  • Polar符号の発展とその復号法設計による有限符号長の復号誤り率の改善と性能解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2016年度
  • Polar符号の発展とその復号法設計による有限符号長の復号誤り率の改善と性能解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2015年度
  • Polar符号の発展とその復号法設計による有限符号長の復号誤り率の改善と性能解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2014年度
  • 対称通信路におけるPolar符号の符号構成法に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2013年度
  • 対称通信路におけるPolar符号の符号構成法に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2012年度
  • 対称通信路におけるPolar符号の符号構成法に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩田 賢一 2011年度
  • ユニバーサルな乱数生成アルゴリズムに関する研究若手研究(B)
    代表者:岩田 賢一 2010年度
  • ユニバーサルな乱数生成アルゴリズムに関する研究若手研究(B)
    代表者:岩田 賢一 2009年度
  • ユニバーサルな乱数生成アルゴリズムに関する研究若手研究(B)
    代表者:岩田 賢一 2008年度

教育活動情報

担当授業

  • 情報理論
  • 情報工学実験Ⅱ
  • データ構造とアルゴリズム
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 情報通信論
  • 情報理論
  • 情報工学実験Ⅰ
  • 情報工学実験Ⅰ
  • データ構造とアルゴリズム
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 情報通信論
  • 情報理論入門
  • 情報理論
  • データ構造とアルゴリズム
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 情報通信論
  • 主専門研究ゼミナールⅠ