友田 明美

所属部署名発達支援研究部門
教員組織発達支援研究部門
教育研究組織子どものこころの発達研究センター
職名教授
更新日: 18/07/11 16:25

研究者基本情報

氏名

    友田 明美
    トモダ アケミ
    TOMODA Akemi

基本情報

所属

  •  発達支援研究部門 教授

学歴

  • - 1987年03月熊本大学

経歴

  • 2012年08月自然科学研究機構生理学研究所 客員教授
  • 2011年06月国立大学法人福井大学 教授
  • 2006年04月- 2011年05月国立大学法人熊本大学 准教授
  • 2003年04月- 2005年11月米ハ-バ-ド大学 客員助教授
  • 1992年04月- 2006年03月国立大学法人熊本大学 助教

所属学協会

    日本発達神経科学会 理事,日本神経科学学会 一般会員,日本子ども虐待医学会 理事,日本小児精神神経学会 その他,Asian & Oceanian Child Neurology Association (AOCNA) その他,日本小児科学会 その他,日本ADHD学会 理事,International Brain Mapping & Intraoperative Surgical- Planning Society その他,日本子ども虐待防止学会 一般会員,日本睡眠学会 一般会員,北米神経科学会 一般会員,米国児童青年精神医学会 一般会員,日本時間生物学会 評議員,日本小児神経学会 評議員,

研究活動情報

論文

  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD)
    Naruse H, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kubota M, Matsuo H, Takiguchi S, Shimada S, Imai Y, Hiratani M, Kosaka H, Tomoda A*.
    PLoS One 12(1) 2017年 査読有り
    Tomoda A
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A*.
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2017年 査読有り
    Tomoda A
  • Aripiprazole in the treatment of irritability in children and adolescents with autism spectrum disorder in Japan: A randomized, double-blind, placebo-controlled study.
    Ichikawa H, Mikami K, Okada T, Yamashita Y, Ishizaki Y, Tomoda A, Ono H, Usuki C, Tadori Y.
    Child Psychiatry Hum Dev 48(5) 796-806 2017年 査読有り
  • Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children.
    Nishizato M, Fujisawa TX, Kosaka H, Tomoda A
    Sci Rep 7(1) 2540 2017年 査読有り
  • Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder.
    Mizuno Y, Jung M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito D, Kosaka H, Tomoda A*.
    Sci Rep 7(1) 4850 2017年 査読有り
    Tomoda A
  • Self-face recognition shares neuronal substrates with proprioception in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network.
    Morita T*, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.
    Neuroscience 348 288-301 2017年 査読有り
    Morita T*
  • Association of estrogen receptor alpha polymorphisms with symptoms of autism among Chinese Han children.
    X.Wang,S.Liang,TX.Fujisawa,S.Nishitani,A.Tomoda,L.Wu,K.Shinohara.
    Neuro Endocrinol Lett 37(6) 439-444 2016年11月 査読有り
  • 発達する脳と子ども虐待
    友田 明美
    こころの科学(特集・「発達」からみたこころの臨床)(181) 31-37 2015年05月
  • 児童虐待による脳への傷と回復へのアプローチ(命を救うー子ども虐待防止最前線と弁護士の役割)
    友田 明美
    自由と正義 66(6) 24-31 2015年06月
  • 子育て支援の意義を確認する - 児童虐待といやされない傷 -
    友田 明美
    沖縄の小児保健(42) 3-7 2015年06月
  • 脳科学からみた児童虐待
    友田 明美
    トラウマティック・ストレス 13(2) 125-133 2015年12月
  • Roles of attachment and self-esteem:Impact of early life stress on depressive symptoms among Japanese instifutionalized children.
    H Suzuki,A Tomoda
    BMC Psychiatry 15(8) 2015年02月 査読有り
    A.Tomoda
  • Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children.
    Nishizato M, Fujisawa TX, Kosaka H, Tomoda A.
    Sci Rep 31(7) 2540 2017年05月 査読有り
    A.Tomoda
  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD).
    H.Naruse,TX.Fujisawa,C.Yatsuga,M.Kubota,H.Matsuo, S.Takiguchi,S.Shimada,Y.Imai,M.Hiratani,H.Kosaka,A.Tomoda.
    PLoS One 12(1) e0170096 2017年01月 査読有り
    A.Tomoda
  • Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus.
    TX.Fujisawa, C.Yatsuga, H.Mabe, E.Yamada, M.Masuda, A.Tomoda*
    PLoS One 10(6) e0128548 2015年 査読有り
  • Reduced visual cortex gray matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    K.Shimada, S.Takiguchi, S.Mizushima, TX.Fujisawa, DN.Saito, H.Kosaka, H.Okazawa, A.Tomoda*
    Neuroimage Clin 9 13-19 2015年 査読有り
    A.Tomoda
  • Neural foundations of variability in attachment.
    AJ.Bennett ,WD.Hopkins ,R.Feldman ,V.Gazzola ,J.Giedd ,M.Michael Lamb , D.Scheele ,MA.Sheridan ,SJ.Suomi ,A.Tomoda ,N.Tottenham .
    Proceeding for Ernst Strüngmann Forum on Contextualizing Attachment: The Cultural Nature of Attachment 1-11 2016年 査読有り
  • Aripiprazole in the treatment of irritability in children and adolescents with autism spectrum disorder in Japan: A randomized, double-blind, placebo-controlled study.
    H.Ichikawa,K.Mikami,T.Okada,Y.Yamashita,Y.Ishizaki,A.Tomoda,H.Ono,C.Usuki C,Y.Tadori.
    Child Psychiatry Hum Dev 2016年12月 査読有り
  • Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders.
    H.Komeda , H.Osanai , K.Yanaoka , Y.Okamoto , T.Fujioka ,S.Arai , K.Inohara ,M.Koyasu , T.Kusumi , S.Takiguchi , M.Kawatani , H.Kumazaki , M.Hiratani , A.Tomoda , H.Kosaka .
    Sci Rep 6(37875) 2016年11月 査読有り
  • Low putamen activity associated with low reward sensitivity in childhood chronic fatigue syndrome.
    K.Mizuno,J.Kawatani ,K.Tajima, A.Sasaki,T.Yoneda, M.Komi,T.Hirai, A.Tomoda,T.Joudoi,Y.Watanabe .
    Neuroimage Clin 12 600-606 2016年11月 査読有り
  • Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
    H.Kosaka,Y.Okamoto,T.Munesue,H.Yamasue,K.Inohara,T.Fujioka,T.Anme,M.Orisaka,M.Ishitobi,M.Jung,TX.Fujisawa,S.Tanaka,S.Arai,M.Asano,DN.Saito,N.Sadato,A.Tomoda,M.Omori, M.Sato,H.Okazawa,H.Higashida,Y.Wada .
    Transl Psychiatry 6(8) e872 2016年08月 査読有り
  • Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    T.Fujioka, K.Inohara, Y.Okamoto, Y.Masuya, M.Ishitobi, DN.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, TX.Fujisawa, K.Narita, K.Suzuki, KJ.Tsuchiya, N.Mori, T.Katayama, M.Sato, T.Munesue, H.Okazawa, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka*
    Mol Autism 7 19 2016年03月 査読有り
    H.Kosaka
  • Advanced test of attention in children with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Japan for evaluation of methylphenidate and atomoxetine effects.
    T.Fujioka, S.Takiguchi, C.Yatsuga, M.Hiratani, KE.Hong, MS.Shin, S.Cho, H.Kosaka, A.Tomoda*
    Clin Psychopharmacol Neurosci 14(1) 79-87 2016年02月 査読有り
    A.Tomoda
  • Assessment of olfactory detection thresholds in children with autism spectrum disorders using a pulse ejection system.
    H.Kumazaki*, T.Muramatsu, TX.Fujisawa, M.Miyao, E.Matsuura, K.Okada, H.Kosaka, A.Tomoda, M.Mimura
    Mol Autism 7(6) 2016年01月 査読有り
    H.Kumazaki
  • Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD.
    S.Arai, Y.Okamoto, T.Fujioka, K.Inohara, M.Ishitobi, Y.Matsumura, M.Jung, K.Kawamura, S.Takiguchi, A.Tomoda, Y.Wada, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka*
    Brain Dev 38(5) 471-480 2015年12月 査読有り
    H.Kosaka
  • Effect of the nature of subsequent environment on oxytocin and cortisol secretion in maltreated children.
    SG.Mizushima, TX.Fujisawa, S.Takiguchi, H.Kumazaki, S.Tanaka, A.Tomoda*
    Front Psychiatry 6(173) 1-9 2015年12月 査読有り
  • Sex differences in the default mode network with regard to autism spectrum traits: A resting state fMRI study.
    M.Jung, M.Mody, DN.Saito, A.Tomoda, H.Okazawa, Y.Wada, H.Kosaka*
    PLoS One 10(11) e0143126 2015年11月 査読有り
  • Less efficient and costly processes of frontal cortex in childhood chronic fatigue syndrome.
    K.Mizuno*, M.Tanaka, HC.Tanabe, T.Joudoi, J.Kawatani, Y.Shigihara, A.Tomoda, T.Miike, K.Imai-Matsumura, N.Sadato, Y.Watanabe
    Neuroimage Clin 9 355-368 2015年 査読有り
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    K.Shimada, TX.Fujisawa, S.Takiguchi, H.Naruse, H.Kosaka, H.Okazawa, A.Tomoda*
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2015年11月 査読有り
    A.Tomoda
  • Effectiveness of oral tipepidine administration for children with attention deficit/hyperactivity disorder: A 4-week, open-label clinical study.
    A.Tomoda*, S.Takiguchi, TX.Fujisawa, C.Yatsuga, H.Kumazaki, T.Fujioka, H.Suzuki, H.Matsuzaki, H.Kosaka, S.Tanaka
    Psychiatry Clin Neurosci 69(10) 658-659 2015年09月 査読有り
    A.Tomoda
  • Impaired neural reward processing in children and adolescents with reactive attachment disorder: a pilot study.
    K.Mizuno, S.Takiguchi, M.Yamazaki, M.Asano, S.Kato, K.Kuriyama, Y.Watanabe, N.Sadato, A.Tomoda*
    Asian J Psychiatr 17 89-93 2015年08月 査読有り
    A.Tomoda
  • Neural basis of psychological growth following adverse experiences: a resting-state functional MRI study.
    TX.Fujisawa, M.Jung, M.Kojima, DN.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda*
    PLoS One 10(8) e0136427 2015年08月 査読有り
    A.Tomoda
  • Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI study.
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, Y.Okamoto, K.Shimada, M.Koizumi, H.Kumazaki, M..Jung, H.Kosaka, M.Hiratani, Y.Ohshima, MH.Teicher, A.Tomoda*
    Br J Psychiatry Open 1(2) 121-128 2015年10月 査読有り
    A.Tomoda
  • Temperament and character as predictors of fatigue-induced symptoms among school children in Japan: a 1-year follow-up study.
    Yamano E, Fukuda S, Joudoi T, Mizuno K, Tanaka M, Kataoka Y, Kawatani J,TakanoM, Tomoda A, Imai-Matsumura K, Miike T, Matsuda F, Watanabe Y.
    Comprehensive psychiatry 51(3) 256-265 2010年06月 査読有り
  • Effort-reward imbalance for learning is associated with fatigue in school children.
    Fukuda S, Yamano E, Joudoi T, Mizuno K, Tanaka M, Kawatani J, Takano M, Tomoda A, Imai-Matsumura K, Miike T, Watanabe Y.
    Behav Med 36(2) 53-62 2010年05月 査読有り
  • Description of environmental determinants of quality of life in children with intellectual disability in Japan using the Delphi technique.
    Kalay L, Fujimori S, Suzuki H, Minamoto K, Ueda K, Wei CN, Tomoda A, Harada K, Ueda A.
    Environ Health Prev Med 15(2) 73-83 2010年03月 査読有り
  • Neural substrates associated with divided attention in childhood chronic fatigue syndrome.
    Mizuno K, Tanabe HC, Tanaka M, Shigihara Y, Kawatani J, Jodoi T, Tomoda A, Miike T, Imai-Matsumura K, Sadato N, Watanabe Y.
    Neuroscience Research 65 S239 2009年12月 査読有り
  • Childhood sexual abuse is associated with reduced gray matter volume in visual cortex of young women.
    Tomoda A, Navalta CP, Polcari A, Sadato N, Teicher MH.
    Biol Psychiatry 66(7) 642-648 2009年10月 査読有り
  • Metabolic dysfunction and circadian rhythm abnormalities in adolescents with sleep disturbance.
    Tomoda A, Kawatani J, Joudoi T, Hamada A, Miike T.
    Neuroimage 47 T21-T26 2009年08月 査読有り
  • Reduced prefrontal cortical gray matter volume in young adults exposed to harsh corporal punishment.
    Tomoda A, Suzuki H, Rabi K, Sheu YS, Polcari A, Teicher MH.
    Neuroimage 47 T66-T71 2009年08月 査読有り
  • Preliminary Evidence for Sensitive Periods in the Effect of Childhood Sexual Abuse on Regional Brain Development.
    Andersen SL, Tomada A, Vincow ES, Valente El, Polcari A, Teicher MH.
    JOURNAL OF NEUROPSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES 21(2) 159 2009年05月 査読有り
  • Childhood chronic fatigue syndrome and school phobia in junior high students in Japan.
    Jodoi T, Kawatani J, Shiraishi S, Tomoda A, Miike T.
    Bulletin of the IACFS/ME 17(3) 107-114 2009年 査読有り
  • Reliability and validity of the Japanese version of the Chalder Fatigue Scale among youth in Japan.
    Tanaka M, Fukuda S, Mizuno K, Imai-Matsumura K, Jodoi T, Kawatani J, Takano M, Miike T, Tomoda A, Watanabe Y.
    Psychol Rep 103(3) 682-690 2008年12月 査読有り
  • Event-related potentials in Japanese childhood chronic fatigue syndrome.
    Tomoda A, Mizuno K, Murayama N, Joudoi T, Igasaki T, Miyazaki M, Miike T.
    Journal of Pediatric Neurology 5(3) 199-208 2007年09月 査読有り
  • Determination of hemispheric emotional valence in individual subjects: A new approach with research and therapeutic implications.
    Schiffer F, Teicher MH, Anderson C, Tomoda A, Polcari A, Navalta CP, Andersen SL.
    Behav Brain Funct 3(1) 1 2007年03月 査読有り
  • Neurobiological and Behavioral Consequences of Exposure to Childhood Traumatic Stress.
    Teicher MH, Samson JA, Tomoda A, Ashy M, Andersen SL.
    Stress in Health and Diseas 180-195 2006年12月 査読有り
  • Neurobiological consequences of early stress and childhood maltreatment: are results from human and animal studies comparable?
    Teicher MH, Tomoda A, Andersen SL.
    Ann N Y Acad Sc 1071(1) 313-323 2006年07月 査読有り
  • ABNORMAL VISUAL CORTICAL DEVELOPMENT IN YOUNG WOMEN WITH A HISTORY OF REPEATED CHILDHOOD SEXUAL ABUSE: A VOXEL-BASED MORPHOMETRIC STUDY.
    Tomoda A , Navalta CP, Polcari A, Teicher MH.
    Neuropediatrics 37(S 1) THP165 2006年 査読有り
  • CHILDHOOD CHRONIC FATIGUE SYNDROME IN JAPAN.
    Jodoi T, Tomoda A, Mike T.
    Neuropediatrics 37(S1) TP46 査読有り
  • Daily expression of clock genes in whole blood cells in healthy subjects and a patient with circadian rhythm sleep disorder.
    Takimoto M, Hamada A, Tomoda A, Ohdo S, Ohmura T, Sakato H, Kawatani J, Jodoi T, Nakagawa H, Terazono H, Koyanagi S, Higuchi S, Kimura M, Tukikawa H, Irie S, Saito H, Miike T.
    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 289(5) R1273-R1279 2005年11月 査読有り
  • Cytokine production and modulation: Comparison of patients with chronic fatigue syndrome and normal controls.
    Tomoda A, Joudoi T, Rabab EM, Matsumoto T, Park TH, Miike T.
    Psychiatry Res 134(1) 101-104 2005年03月 査読有り
  • Pharmacokinetics and effects of ribavirin following intraventricular administration for treatment of subacute sclerosing panencephalitis.
    Hosoya M, Mori S, Tomoda A, Mori K, Sawaishi Y, Kimura H, Shigeta S, Suzuki H.
    Antimicrob Agents Chemother 48(12) 4631-4635 2004年12月 査読有り
  • Learning and memorization impairment in childhood chronic fatigue syndrome manifesting as school phobia in Japan.
    Miike T, Tomoda A, Jhodoi T, Iwatani N, Mabe H.
    Brain Dev 26(7) 442-447 2004年10月 査読有り
  • Trial of intraventricular ribavirin therapy for subacute sclerosing panencephalitis in Japan.
    Tomoda A, Nomura K, Shiraishi S, Hamada A, Ohmura T, Hosoya M, Miike T, Sawaishi Y, Kimura H, Takashima H, Tohda Y, Mori K, Kato Z, Fukushima A, Nishio H, Nezu A, Nihei K.
    Brain Dev 25(7) 514-517 2003年10月 査読有り
  • Combination therapy with intraventricular interferon-α and ribavirin for subacute sclerosing panencephalitis and monitoring measles virus RNA by quantitative PCR assay.
    Hara S, Kimura H, Hoshino Y, Hayashi N, Negoro T, Okumura A, Kajita Y, Sakuma T, Nakayama T, Hosoya M, Tomoda A, Morisima T.
    Brain Dev 25(5) 367-369 2003年08月 査読有り
  • Spinal cord stimulation for complex regional pain syndrome: report of 2 cases.
    Matsui M, Tomoda A, Otani Y, Miike T, Hirata Y.
     35(4) 331 2003年07月 査読有り
  • Case Study: Differences in Human Per2 Gene Expression, Body Temperature, Cortisol, and Melatonin Parameters in Remission and Hypersomnia in a Patient with Recurrent Hypersomnia.
    Tomoda A, Joudoi T, Kawatani J, Ohmura T, Hamada A, Tonooka S, Miike T.
    Chronobiol Int 20(5) 893-900 2003年01月 査読有り
  • Effects of exogenous melatonin on pituitary hormones in humans.
    Ninomiya T, Iwatani N, Tomoda A, Miike T.
    Clin Physio 21(3) 292-299 2001年05月 査読有り
  • High-dose intravenous ribavirin therapy for subacute sclerosing panencephalitis.
    Hosoya M, Shigeta S, Mori S, Tomoda A, Shiraishi S, Miike T, Suzuki H.
    Antimicrob Agents Chemother 45(3) 943-945 2001年03月 査読有り
  • Combined treatment with interferon-alpha and ribavirin for subacute sclerosing panencephalitis.
    Tomoda A, Shiraishi S, Hosoya M, Hamada A, Miike T.
    Pediatr Neuro 24(1) 54-59 2001年01月 査読有り
  • Complex regional pain syndrome in childhood: report of three cases.
    Matsui M, Ito M, Tomoda A, Miike T.
    Brain Dev 22(7) 445-448 2000年10月 査読有り
  • Chronic fatigue syndrome and abnormal biological rhythms in school children.
    Tomoda A, Jhodoi T, Miike T.
    Journal of Chronic Fatigue Syndrome 8(2) 29-37 2000年01月 査読有り
  • Chronic fatigue syndrome in childhood.
    Tomoda A, Miike T, Yamada E, Honda H, Moroi T, Ogawa M, Ohtani Y, Morishita S.
    Brain Dev 22(1) 60-64 2000年01月 査読有り
  • Effect of long-term melatonin administration on school-phobic children and adolescents with sleep disturbances.
    Tomoda A, Miike T, Iwatani N, Ninomiya T, Mabe H, Kageshita T, Ito S.
    Current therapeutic research 60(11) 607-612 1999年11月 査読有り
  • Atrophy of the cerebellum and brainstem in dentatorubral pallidoluysian atrophy Influence of CAG repeat size on MRI findings.
    Koide R, Onodera O, Ikeuchi T, Kondo R, Tanaka H, Tokiguchi S, Tomoda A, Miike T, Isa F, Beppu H, Shimizu N, Watanabe Y, Horikawa Y, Shimohata T, Hirota K, Ishikawa A, Tsuji S.
    Neurology 49(6) 1605-1612 1997年12月 査読有り
  • Glucoregulatory disorders in school refusal students.
    Iwatani N, Miike T, Kai Y, Kodama M, Mabe H, Tomoda A, Fukuda K, Jyodoi T.
    Clin Endocrinol (Oxf) 47(3) 273-278 1997年09月 査読有り
  • Disturbed circadian core body temperature rhythm and sleep disturbance in school refusal children and adolescents.
    Tomoda A, Miike T, Yonamine K, Adachi K, Shiraishi S.
    Biol Psychiatry 41(7) 810-813 1997年04月 査読有り
  • Subacute sclerosing panencephalitis and chorioretinitis.
    Tomoda A, Miike T, Miyagawa S, Negi A, Takeshima H.
    Brain Dev 19(1) 55-57 1997年01月 査読有り
  • Abnormality of autonomic function in distal myopathy with rimmed vacuoles.
    Kumamoto T, Ueyama H, Tomoda A, Andou Y, Ando M, Tsuda T.
    Acta Cardiomiologica 8(2) 7-12 1996年12月 査読有り
  • Circadian rhythm abnormalities in adrenoleukodystrophy and methyl B 12 treatment.
    Tomoda A, Miike T, Matsukura M.
    Brain Dev 17(6) 428-431 1995年12月 査読有り
  • Dentatorubral‐pallidoluysian atrophy: Clinical features are closely related to unstable expansions of trinucleotide (CAG) repeat.
    Ikeuchi T, Koide R, Tanaka H, Onodera O, Igarashi S, Takahashi H, Kondo R, Ishikawa A, Tomoda A, Miike T, Sato K, Ihara Y, Hayabara T, Isa F, Tanabe H, Tokiguchi S, Hayashi M, Shimizu N, Ikuta F, Naito H, Tsuji S.
    Ann Neurol 37(6) 769-775 1995年06月 査読有り
  • Single-photon emission computed tomography for cerebral blood flow in school phobia.
    Tomoda A, Miike T, Honda T, Fukuda K, Kai Y, Nabeshima M, Takahashi M.
    Current therapeutic research 56(10) 1088-1093 1995年10月 査読有り
  • Central nervous system disorders and possible brain type carnitine palmitoyltransferase II deficiency.
    Ohtani Y, Tomoda A, Miike T, Matsukura M, Miyatake M, Narazaki O.
    Brain Dev 16(2) 139-145 1994年04月 査読有り
  • Two patients with distal muscular dystrophy and autonomic nerve dysfunction.
    Tomoda A, Zhao J, Ohtani Y, Miike T, Uchino M, Higuchi I.
    Brain Dev 16(1) 65-70 1994年01月 査読有り
  • A school refusal case with biological rhythm disturbance and melatonin therapy.
    Tomoda A, Miike T, Uezono K, Kawasaki T.
    Brain Dev 16(1) 71-76 1994年01月 査読有り
  • Unstable expansion of CAG repeat in hereditary dentatorubral−pallidoluysian atrophy (DRPLA)
    Koide R , Ikeuchi T, Onodera O, Tanaka H, Igarashi S, Endo K, Takahashi H, Kondo R , Ishikawa A, Hayashi T, Saito M, Tomoda A, Miike T, Naito H, Ikuta F, Tsuji S.
    Nature Genetics 6 9-13 1994年01月 査読有り
  • Progressive myoclonus epilepsy: Dentato-rubro-pallido-luysian atrophy (DRPLA) in childhood.
    Tomoda A, Ikezawa M, Ohtani Y, Miike T, Kumamoto T.
    Brain Dev 13(4) 266-269 1991年07月 査読有り
  • 児童虐待が児の脳発育に及ぼす影響
    周産期医学 第47(5号) 653-660 2017年06月
  • 「10年後(2026年)の小児神経専門医のなすべきこと」の報告
    新島新一, 神山潤, 友田明美
    脳と発達 49(2) 94-96 2017年04月
  • 被虐待者の脳科学研究
    友田 明美
    児童青年精神医学とその近接領域(特集・「子ども虐待とケア」) 57(5) 31-37 2016年12月
  • いま、子どもの心の育ちを考える ~被虐待児,発達障がい児の脳科学~
    友田 明美
    子どものからだと心白書 57(5) 31-37 2016年12月
  • 児童虐待に起因する愛着形成障害の脳科学的知見
    友田 明美
    精神神経学雑誌 117(11) 928-935 2016年12月
  • 小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性に対するアリピプラゾール臨床試験成績からの考察
    市川 宏伸, 友田 明美, 岡田 俊
    臨床精神医学 45(10) 711-714 2016年10月
  • 愛着障害 前編: 愛着障害とは
    友田 明美.
    小学保健ニュース 2016年08月
  • 第3回 児童虐待の脳への影響: 家庭環境や親子関係の問題への気づき
    友田 明美
    保育通信6(734) 28-29 2016年06月
  • 第4回 児童虐待の脳への影響: 親に寄り添うこと「養育者支援」
    友田 明美
    保育通信7(735) 14-15 2016年07月
  • 第5回 児童虐待の脳への影響: 愛着障害の脳科学
    友田 明美
    保育通信8(736) 28-29 2016年08月
  • 第6回 児童虐待の脳への影響:虐待を受けている子どもへの対応
    友田 明美
    保育通信9(737) 36-37 2016年09月
  • 愛着障害 後編: 愛着障害が疑われる児童と親への対応、学校(養護教諭)ができること
    友田 明美
    小学保健ニュース 2016年09月
  • 子どものみかた:脳科学の観点から愛着障害を診る
    友田 明美
    メディカル朝日 51-53 2016年05月
  • 第1回 児童虐待の脳への影響: 虐待と脳の関連・性的虐待による脳への影響
    友田 明美
    保育通信4(732) 40-41 2016年04月
  • 第2回 児童虐待の脳への影響: 暴言虐待・体罰・DV目撃による脳への影響
    友田 明美
    保育通信5(733) 42-43 2016年05月
  • 乳幼児期の被虐待体験とその後の精神発達への影響 —反応性アタッチメント障害と発達性トラウマ障害— (特集「こころの病理をさかのぼる-精神医学における乳幼児期の意義-」)
    友田 明美
    精神科治療学 31(7) 865-871 2016年07月 査読有り
  • 不適切な養育と子どもの依存
    友田 明美
    日本小児禁煙研究会雑誌 6(2) 3-9 2016年10月 査読有り
  • 小児の虐待-脳科学的な解析から-
    友田 明美
    小児科臨床 69(10) 1613-1622 2016年10月 査読有り
  • 子育て支援の意義を確認する〜児童虐待といやされない傷〜
    友田 明美
    FOUR WINDS 乳幼児精神保健学会誌(9) 10-17 2016年09月 査読有り
  • 子ども虐待と脳科学 前編:虐待と脳の関連
    友田 明美
    子育て支援と心理臨床 12(9) 94-97 2016年09月 査読有り
  • 子育て困難を支援する“愛着障害の診断法と治療薬”の開発〜発達障害や愛着障害の脳科学研究〜
    友田 明美
    薬学雑誌 136(5) 711-714 2016年05月 査読無し
  • 愛着(アタッチメント)の観点から子どもの育ちを見守る
    友田 明美
    久留米大学小児科同門会会報(44) 46-47 2016年
  • 子どものこころの解明への取り組み
    友田 明美
    山口県小児科医会会報(27) 81-84 2016年03月
  • 子ども虐待の脳科学研究
    島田 浩二, 滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 友田 明美
    小児内科 48(2) 149-153 2016年02月 査読有り
  • 児童虐待と傷つく脳 -学校は児童虐待にどう対応すればよいか-
    友田 明美
    日本健康相談活動学会誌 11(1) 3-4 2016年02月
  • 脳科学からみた児童虐待
    友田 明美
    トラウマティック・ストレス 13(2) 23-31 2015年12月
  • 児童虐待による脳への影響
    友田 明美
    横浜市子ども虐待防止ハンドブック<平成27年度改訂版> 7 2015年12月
  • 脳の最新研究: トラウマと依存
    友田 明美
    季刊『Be!』2015年(120) 14-22 2015年09月
  • 「子どものこころ」の解明への取り組み
    友田 明美
    日本発達心理学会第76号ニューズレター 2015年10月
  • 子どものこころの発達を見守る〜発達障害や愛着障害の脳科学研究〜
    友田 明美
    日本小児科学会雑誌 119(11) 1620-1627 2015年11月
  • 児童虐待の脳への影響
    友田 明美
    レクの科学(8月) 16 2015年08月
  • 被虐待者の脳科学研究—発達障害や愛着障害の脳科学研究—
    友田 明美
    精神神経学雑誌 117(11) 928-935 2015年11月
  • 児童虐待の脳への影響
    友田 明美
    体と心 保健総合大百科 25(4) 63-69 2016年02月
  • 児童虐待への曝露が局所脳領域の発達に及ぼす神経生物学的影響の予備的検証
    友田 明美
    児童青年精神医学とその近接領域 56(4) 487-489 2015年12月
  • 子ども虐待による小児期のストレスが脳の発達に及ぼす影響について
    友田 明美
    こどもケア2015 10(3) 80-82 2015年
  • 青年期のメンタルヘルスに関する調査(1)
    小島 雅彦, 藤澤 隆史, 小泉 径子, 青井 利哉, 水島 栄, 友田 明美
    子どものこころと脳の発達 6(1) 23-30 2015年05月 査読有り
  • 青年期のメンタルヘルスに関する調査(2)
    小島 雅彦, 藤澤 隆史, 小泉 径子, 青井 利哉, 水島 栄, 友田 明美
    子どものこころと脳の発達 6(1) 31-41 2015年05月 査読有り
  • DSM-5におけるPTSD
    熊﨑 博一, 友田 明美
    精神科 26(2) 97-103 2015年02月 査読無し
  • こころの傷が脳に与える影響
    友田 明美
    月刊地域保健「愛着を結ぶ、深める」 18-23 2015年02月 査読無し
  • 躁病と注意欠陥多動性障害(ADHD):症状、病態、治療法は共通か?
    友田 明美
    日本生物学的精神医学会誌 25(4) 181-185 2015年03月 査読無し
  • 福井Age2企画~福井県永平寺町小規模集団での発達コホート研究~
    友田 明美, 藤澤 隆史, 八ツ賀 千穂, 安田 久美, 田仲 志保, 熊崎 博一, 山﨑 未花, 日下 幸則, 佐藤 真
    日本社会精神医学会雑誌 23(4) 379-386 2014年11月 査読無し
  • 子ども虐待
    熊崎 博一, 友田 明美
    小児科臨床「幼稚園保健2014:最近のトピックス」 245-250 2014年11月 査読無し
  • AD/HDと物質関連障害
    熊﨑 博一, 友田 明美
    臨床精神薬理 17(9) 1273-1278 2014年09月 査読無し
  • 子どもの虐待における扁桃体
    熊﨑 博一, 友田 明美
    Clinical Neuroscience 32(6) 683-685 2014年06月 査読無し
  • 脳科学から見た子ども虐待
    友田 明美
    助産師 68(1) 20-23 2014年02月 査読無し
  • 朝がだるくて起きられない
    八ツ賀 千穂, 友田 明美
    小児科学レクチャー 4(1) 636-643 2014年02月 査読無し
  • 児童虐待における海馬を含む脳の変化
    友田 明美
    Clinical Neuroscience 31(12) 1441-1445 2013年12月 査読無し
  • 小児型慢性疲労症候群と頭痛
    八ッ賀 千穂, 友田 明美
    小児科診療 76(8) 1428-1433 2013年08月 査読無し
  • 心の発達の研究最前線:脳科学の観点から-fMRIを中心に
    滝口 慎一郎, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    小児内科 45(8) 2013-2018 2013年08月 査読無し
  • 虐待・体罰が子どもの脳に与える影響
    友田 明美
    教育と医学 61(8) 636-643 2013年08月 査読無し
  • 『クローズアップ 新しい子どもの病気』発達性トラウマ障害
    友田 明美
    小児内科 45(6) 2013-2016 2013年06月 査読無し
  • 脳を守り育む~児童虐待と傷ついていく脳~
    友田 明美
    ぎふ精神科保健福祉 49(4) 63-69 2013年04月 査読無し
  • 児童虐待と脳科学
    友田 明美
    児童青年精神医学とその近接領域 54(3) 260-268 2013年01月 査読無し
  • 児童虐待の脳画像解析
    友田 明美
    分子精神医学 13(4) 243-250 2013年01月 査読無し
  • 児童期および青年期の注意欠如・多動性障害(ADHD)における薬物療法の個別化と最適化
    Coghil D, 林 隆, 氏家 武, 友田 明美, 清田 晃生, 原田 謙, 山下 洋
    小児科臨床 65(5) 1075-1086 2012年05月 査読無し
  • 子どもの育ち
    友田 明美
    チャイルドヘルス 15(3) 162 2012年03月 査読無し
  • 発達性トラウマ障害ー発達障害としてのトラウマ関連障害
    友田 明美
    小児の精神と神経 51(3) 38-42 2012年03月 査読無し
  • 脳科学から見たPTSD. ミニ特集『東日本大震災における子どもの心とその支援』
    友田 明美
    小児科臨床 65(10) 2119-2122 2012年01月 査読無し
  • 虐待の脳科学
    友田 明美
    子どものこころと脳の発達 2(1) 14-24 2011年09月 査読無し
  • 子どもの脳に残る傷跡-癒やされない傷
    友田 明美
    こころの科学 159(9) 63-67 2011年09月 査読無し
  • 子ども虐待が脳に及ぼす影響~脳科学と子どもの発達行動~
    友田 明美
    チャイルドヘルス 14(9) 1536-1540 2011年09月 査読無し
  • 児童虐待が脳に及ぼす影響-脳科学と子どもの発達,行動
    友田 明美
    脳と発達 43(5) 345-351 2011年09月 査読無し
  • 児童虐待が脳に及ぼす影響-脳科学と子どもの発達,行動
    友田 明美
    福井県小児保健協会会報(15) 42293 2011年07月 査読無し
  • 現代を生きる子どもたち-小児科医に求められる対応:子どもの慢性疲労
    友田 明美
    小児内科 43(5) 2011-2015 2011年06月 査読無し
  • 発達障害のバイオマーカーの進歩:児童虐待が脳に及ぼす影響
    友田 明美
    小児の精神と神経 51(1) 38-42 2011年05月 査読無し
  • 幼児期生育環境と脳機能-子ども虐待と脳科学
    友田 明美
    ストレス科学 25(4) 105-111 2011年04月 査読無し
  • 子ども虐待と脳科学
    友田 明美
    日本未熟児新生児学会雑誌 23(1) 56-61 2011年02月 査読無し
  • 新生児期以後の評価-可視化脳評価法の進歩
    山﨑 未花, 友田 明美
    周産期医学 41(11) 1495-1499 2011年01月 査読無し
  • 子ども虐待と発達障害
    友田 明美, 増田 将人
    診断と治療社 74(10) 1536-1542 2011年01月 査読無し
  • 児童虐待が児の脳発育に及ぼす影響.
    友田明美
    周産期医学 47(5) 653-660 2017年05月 査読無し
  • 後編:虐待と脳の関連.
    友田明美
    『子育て支援と心理臨床』 13(4) 94-97 2017年04月 査読無し
  • 今後開発が期待される注意欠如・多動症の治療薬.
    滝口慎一郎, 友田明美
    臨床精神薬理 20(6) 647-653 2017年05月 査読無し
  • 児童虐待が児の脳発育に及ぼす影響
    友田明美
    周産期医学 47(5) 653-660 2017年05月 査読無し
  • 周産期から見つめなおす児童虐待:アタッチメント障害の脳科学.
    友田明美
    日本産婦人科医会報 69(4) 1-12 2017年06月 査読無し
  • マルトリートメントに起因する愛着障害の脳科学的知見
    友田明美
    精神神経学雑誌 119(9) 621-627 2017年09月 査読無し
  • 脳科学・神経科学と少年非行.
    友田明美
    犯罪社会学研究(42) 11-18 2017年10月 査読無し
  • 脳科学の視点から愛着障害を診る
    友田明美
    大阪大学学友会会報 37(35) 20-24 2017年11月 査読無し
  • 体罰や言葉での虐待が脳の発達与える影響
    友田明美
    日本心理学会発行『心理学ワールド』(80) 13-16 2017年01月 査読無し
  • マルトリートメントを経験した子どもへの生物学的研究の臨床応用の可能性とレジリエンスのための支援.
    水島 栄, 友田明美
    こころの科学 特別企画「現場から考える愛着障害」(金井 剛編)(198) 31-37 2018年03月 査読無し
  • こころのケアの重要性.
    友田明美
    I.I.MECA (Idea & Information of Mental Care Association)(80) 1 2017年05月 査読無し
  • 「愛着障害」研究の最新成果とチーム学校による対応
    友田明美
    小六教育技術 9月号 3-9 2017年09月 査読無し
  • 5歳児の脳を損傷させた「DV夫婦」の末路―トラウマを抱えた子どもの守り方
    友田明美
    PRESIDENNT Online 2017年10月 査読無し
  • 「愛着障害」研究の最新成果と、チーム学校による対応」
    横山浩之, 友田明美
    小六教育技術(9) 3-9 2017年08月 査読無し
  • 『子どもの発達にも大きく影響する 笑顔*育児のススメ』
    友田明美
    スマイルママ3・4月号 5-6 2018年03月 査読無し

著書

  • こどもの神経疾患の診かた
    友田 明美
    分担執筆
    自閉スペクトラム症
    医学書院 2016年05月
  • 子ども虐待の予防とケアのすべて
    友田 明美
    分担執筆
    児童虐待による脳への影響
    第一法規 2017年03月
  • Structural and functional changes of brain dueMemory in Social Context: Brain, Mind, and Society to childhood maltreatment and adversity
    Tomoda A*, Takiguchi S, Shimada K, Fujisawa TX.
     2017年
  • 新版 自閉スペクトラム症の医療・療育・教育
    友田 明美
    分担執筆
    虐待・体罰と脳
    金芳堂 2016年12月
  • 体と心 保健総合大百科(小学校編)
    友田 明美
    分担執筆
    児童虐待の脳への影響
    少年写真新聞社 2016年04月
  • 離別後の親子関係を問い直す―子どもの福祉と家事実務の架け橋をめざして―
    友田 明美
    分担執筆
    家族の葛藤と子どものこころと脳の発達
    法律文化社 2016年02月
  • 今日の治療指針 2017年版−私はこう治療している
    友田 明美
    分担執筆
    夜驚症
    医学書院 2016年01月
  • 日本薬学雑誌, 25巻4号
    友田明美
    執筆
    発達障害や愛着障害の脳科学的研究
     2016年01月
  • 発達145「子どものトラウマのケアとレジリエンス」
    友田 明美,滝口 慎一郎
    分担執筆
    子どものトラウマとは
    ミネルヴァ書房 2016年01月
  • 「発達科学ハンドブック」第8巻『脳の発達科学』
    友田 明美
    分担執筆
    愛着と虐待
    新曜社 2015年08月
  • 乳幼児虐待に対する評価と介入・支援
    友田 明美
    分担執筆
    情動ストレスによる虐待の脳に与える影響
    岩崎学術出版社 2015年07月
  • 日常診療における子どもの睡眠障害
    友田 明美,野路 恵理香,三池 輝久
    分担執筆
    思春期の不眠・過眠について(小児神経科医の立場から)
    診断と治療社 2015年04月
  • 社会脳シリーズ第8巻『成長し衰退する脳』
    友田 明美
    執筆、編集
    社会脳からみた児童虐待
    新曜社 2015年03月
  • 子どものこころの医学
    友田 明美
    執筆、編集
    折れた子どものこころとはどのようになっているのかー児童虐待による脳の変化ー
    金芳堂 2014年06月
  • 子どものPTSDー診断と治療ー
    友田 明美, 杉山 登志郎, 谷池 雅子
    執筆、編集
    診断と治療社 2014年05月
    9784787821027
  • 子どものPTSD
    友田 明美
    執筆、編集
    脳科学から見たPTSD
    治療と診断社 2014年05月
  • 子どものPTSD
    友田 明美
    執筆、編集
    子どものPTSDが近年注目される理由
    診断と治療社 2014年05月
    9.78E+12
  • 発達障害医学の進歩
    友田 明美
    執筆、編集
    発達障害と虐待の脳科学
    診断と治療社 2014年04月
  • こころの科学「神経発達障害のすべて」
    友田 明美
    執筆、編集
    注意欠陥/多動性障害(ADHD)の病態
    日本評論社 2014年01月
  • 講座 子ども虐待への新たなケア
    友田 明美
    執筆、編集
    脳科学と子ども虐待 ―脳画像から見えるもの
    学研教育出版 2013年09月
  • 小児科学レクチャー『子どもの発達と心の問題Q&A ―健診から思春期までの評価と指導の実際―』
    滝口 慎一郎, 友田 明美
    執筆、編集
    親子関係に問題がある家庭への対応
    総合医学社 2012年11月
  • 発達障害白書 2013年版
    友田 明美
    執筆、編集
    子どものPTSDは脳にどのような変化をもたらすか?
    明石書店 2012年09月
  • 今日の治療と看護
    友田 明美
    執筆、編集
    言語障害
    南江堂 2013年03月
  • 虐待を受けた子どものケア・治療
    友田 明美, 増田 将人
    執筆、編集
    児童虐待の脳機能への影響
    診断と治療社 2012年02月
  • 新版いやされない傷-児童虐待と傷ついていく脳
    友田 明美
    執筆
    診断と治療社 2012年01月
  • からだの科学「子どもの発育・発達と病気」
    八ッ賀 千穂, 友田 明美
    執筆、編集
    心理的疾患と障害
    日本評論社 2011年11月
  • 小児科学
    友田 明美
    執筆、編集
    脳の発達, 発達心理
    文光堂 2011年06月
  • Formative experiences: The interaction of caregiving, culture, and developmental psychobiology
    Seraphin SB, Teicher MH, Rabi K, Sheu Y, Andersen SL, Anderson CM, Choi J, Tomoda A
    Ontogenetic perspectives on the neurobiological basis of psychopathology following abuse and neglect
    Cambridge University Press 2010年04月
  • Sleep Disorders: Causes, Diagnosis and Treatment
    Tomoda A, Yamazaki M
    執筆、編集
    Adolescents with sleep disturbance
    Nova Science Publishers 2012年03月
  • The impact of early life trauma on health and disease: The hidden
    Teicher MH, Rabi K, Sheu YS, Seraphin SB, Andersen SL, Anderson C, Tomoda A.
    Neurobiology of childhood trauma and adversity.
    Cambridge University Press 2010年08月
  • Stress, trauma, and children's memory development: Neurobiological, cognitive, clinical, and legal perspectives
    Navalta CP, Tomoda A, Teicher MH.
    Trajectories of neurobehavioral development: The clinical neuroscience of child abuse
    Oxford University Press 2008年04月
  • Stress in Health and Disease
    Teicher MH, Samson JA, Tomoda A, Ashy M, Andersen SL.
    Neurobiological and Behavioral Consequences of Exposure to Childhood Traumatic Stress.
    Wiley 2006年12月
    978-3-527-60906-2
  • 発達障害診療ハンドブック(仮)
    水野賀史, 島田浩二, 友田明美
    分担執筆
    ADHDの脳画像
    中山書店 2017年
  • 障がい児・者に対する手術室看護マニュアル(重見研司 編)
    友田明美, 重見研司, 白石裕子, 滝口慎一郎.
    分担執筆
    被虐待児
    金芳堂 2018年01月

講演・口頭発表等

  • 発達生物学的知見に基づいた神経発達症の新たな分類の試み
    友田 明美
    日本ADHD学会 第8回総会 2017年03月
  • Reward sensitivity dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, Y.Okamoto, K.Shimada, H.Kumazaki, M.Koizumi, M.Jung, H.Kosaka, A.Tomoda
    The 13th Asian and Oceania Congress of Child Neurology (2015 AOCCN) 2015年05月
  • 不適切な養育と子どもの依存
    友田 明美
    第6回 日本小児禁煙研究会学術集会 2016年01月 日本小児禁煙研究会
  • 反応性愛着障害における報酬機能不全
    滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 島田 浩二, 水島 栄, 齋藤 大輔, 岡本 悠子, 小坂 浩隆, 友田 明美
    第8回日本子ども虐待医学会学術集会 2016年07月
  • The neural effects of intranasal oxytocin administration in reactive attachment disorder.
    S.Takiguchi,TX.Fujisawa,S.Mizushima,DN.Saito,K.Shimada,Y.Okamoto,S. Nishikawa,S.Takada,Y.Mizuno,H.Kosaka,A.Tomoda.
    第58回日本小児神経学会学術総会 2016年06月
  • The Abnormal Regional Neural Function and Functional Integration of the Cerebellum in Children and Adolescents with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder.
    Y.Mizuno ,M.Jung ,TX.Fujisawa ,S.Takiguchi ,K.Shimada ,DN.Saito ,H.Kosaka , A.Tomoda .
    63rd Annual Meeting of American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 2016年10月
  • The effect of oxytocin on detection of altruistic person for children.
    M.Koizumi ,Y.Matsumura ,S.Ishikawa ,H.Matsumoto ,Y.Masuya ,R.Okazaki ,Y.Okamoto , T.Fujioka ,S.Takiguchi ,A.Tomoda ,H.Kosaka
    The 22nd International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP) World Congress and the 36th CACAP Conference 2016年09月
  • ADHDと愛着障害.
    友田 明美
    第57回日本児童青年精神医学会総会 2016年10月
  • 報酬系からADHDや愛着障害の脳を科学する ―MPH徐放錠の報酬系への作用について―.
    友田 明美
    第26回日本外来小児科学会年次集会 2016年08月
  • 子育て支援の意義を確認する~児童虐待といやされない傷~
    友田 明美
    FOUR WINDS乳幼児精神保健学会 第18回全国学術集会 2015年10月
  • Low striatal acfivity during reward perception caused by childhood adversity
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, H.Kumazaki, M.Koizumi, K.Shimada, Y.Okamoto, M.Jung, H.Kosaka, A.Tomoda
    第57回日本小児神経学会 2015年05月
  • 愛着(アタッチメント)障害の脳科学的知見
    友田明美
    第59回日本小児神経学会学術集会 脳と発達 2017年06月
  • トラウマ、愛着障害と発達障害 ~次世代を担う子供たちの発達を支えるために必要なもの~
    友田明美
    第117回日本小児精神神経学会 2017年06月
  • 報酬系からADHDの脳を科学するーMPH徐放錠の報酬系への作用についてー
    友田明美
    第120回日本小児科学会学術集会 2017年04月
  • 周産期から見つめ直す児童虐待ー愛着形成障害の視点から
    友田 明美
    第31回日本助産学会学術集会 2017年03月
  • A difference in impaired neural reward processing in children with ADHD and children with reactive attachment disorder
    A.Tomoda
    第22回国際児童青年精神医学会議および第36回カナダ児童青年精神医学会議 Symposium: “Structural and functional imaging studies in far east Asian children and adolescents with ADHD” 2016年09月
  • Neural basis of reactive attachment disorder: A functional and volumetric MRI Study
    A.tomoda
    「小児期愛着形成障害に起因する発達障がいのシナプス分子病態と治療」 第38回日本生物学的精神医学会・日本神経化学会大会合同年会 2016年09月
  • Neural foundations of variability in attachment: Reward systems and/or visual cortex abnormalities in reactive attachment disorder
    A.Tomoda
    Ernst Strüngmann Forum on Contextualizing Attachment: The Cultural Nature of Attachment(シンポジウム) 2016年04月 選考無し
  • The regional neural function and functional integration of the cerebellum in children with ADHD: A resting-state fMRI study.
    Y.Mizuno,M.Jung,TX.Fujisawa,K.Shimada,S.Takiguchi,D.Saito,H.Kosaka,A.Tomoda .
    The 8th International Neuroscience and Biological Psychiatry Regional “Stress and Behavior” Conference 2016年07月 横浜市
  • Neural bases of decrease in reward sensitivity in pediatric AD/HD, RAD and CFS
    K.Mizuno,T.Joudoi,A.Tomoda,Y.Watanabe.
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月
  • Olfactory Detection Thresholds in Children with Autism Spectrum Disorders Using Pulse Ejection Systems
    H.Kumazaki, A.Tomoda, K.Okada, T.Muramatsu, M.Mimura
    International Meeting for Autism Research (IMFAR) 2015年05月
  • Unlocking the involvement of oxytocin in Autism Spectrum Disorder.
    C.Yatsuga, TX.Fujisawa, DN.Saito, S.Takiguchi, S.Mizushima, H.Naruse, A.Tomoda
    第118回日本小児科学会学術集会 2015年04月
  • Clinical diversity in twins with neurodevelopmental disorders
    M.Kawatani, G.Ohta, H.Kometani, Y.Ohshima, A.Tomoda, M.Hiratani
    第57回日本小児神経学会学術集会 2015年05月 選考有り 0
  • Altered brain response to reward in maltreated children and adolescents.
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, K.Shimada, H.Kosaka, A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015年12月
  • Association between maternal depressive tendency and infant development in one-year-old infants: Developmental cohort study in Fukui, Japan.
    M.Nishizato, TX.Fujisawa, H.Kumazaki, S.Tanaka, A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015年12月
  • Exploration of ASD biomarkers: Sight line measurement and resting-state fMRI.
    A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion “Autism Spectrum Disorder: Awareness to Action.” 2015年12月
  • Adverse sensory input of the childhood maltreatment modified by early experience.
    A.Tomoda
    OIST Graduate University Seminar 2015年12月
  • Intervention for children with social anxiety with autism spectrum disorders using android robot.
    H.Kumazaki, Y.Yoshikawa, Y.Matsumoto, A.Tomoda, M.Miyao, H.Ishiguro, T.Muramatsu, M.Mimura
    International Workshop on Intervention of Children with Autism Spectrum Disorders using a Humanoid Robot (ASD-HR 2015) associated with JSAI International Symposia on AI 2015年11月
  • Neural Bases of Autism Spectrum Disorder by Imaging Biomarker Analysis.
    A.Tomoda
    The 3rd Oriental Congress of Pediatrics (OCP) 2015年10月
  • Adverse sensory input of the abuse modified by early experience.
    A.Tomoda
    6th International Neuroscience and Biological Psychiatry Regional “Stress and Behavior” Conference: Opening Plenary Lecture 2015年07月
  • Sex Differences in Autistic Profiles in Autism Spectrum Disorders
    H.Kumazaki, A.Tomoda, M.Shibata, K.Iwata, T.Muramatsu, M.Mimura
    WPA REGIONAL CONGRESS OSAKA Japan 2015 2015年06月
  • Neural network mechanism for siblings with neurodevelopmental disorders using non-linearanalytic methods.
    M.Kawatani, T.Takahashi, G.Ohta, H.Kometani, Y.Ohshima, A.Tomoda, M.Hiratani
    linearanalytic methods.The 13th Asian and Oceania Congress of Child Neurology (2015 AOCCN) 2015年05月
  • Assessment of Olfactory Detection Thresholds in Adolescents with Autism Spectrum Disorder Using New Olfactory Measurement System.
    Hirokazu Kumazaki, Hirotaka Kosaka, Takashi X Fujisawa, Sakae Mizushima, Eri Matsuura, Risa Suzuki, Kenichi Okada, Taro Muramatsu, Masaru Mimura, Akemi Tomoda
    American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 61st Annual Meeting. 2015年01月 選考有り 0
  • 反応性愛着障害の神経基盤探索~報酬系課題によるfMRI研究~.
    滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 島田 浩二, 高田 紗英子, 西川 里織, 小坂 浩隆, 友田 明美.
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月
  • ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質-小脳ネットワークの関係
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口 慎一郎, 島田 浩二, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月
  • オキシトシン単回投与が非協力者の魅力度評価に与える影響
    小泉径子 松村由紀子, 石川俊介, 升谷泰裕, 岡崎玲子, 岡本悠子, 藤岡徹, 滝口慎一郎, 友田明美, 小坂浩隆.
    第57回日本児童青年精神医学会総会(シンポジウム)「ADHDの併存症の診断と治療」 2016年10月
  • 母親のメンタルヘルスが子の社会的情報への注視時間に及ぼす影響
    西里 美菜保, 藤澤 隆史, 友田 明美
    第57回 日本児童青年精神医学会総会 2016年10月
  • 神経発達障害の包括的理解のために:生物学的指標(発達的中間表現型)という視点
    友田 明美
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月
  • 発達性ディスレクシアの同胞例における臨床的多様性
    川谷 正男,巨田 元礼,米谷 博,滝口 慎一郎,大嶋  勇成,友田 明美,平谷 美智夫
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • 視線計測検出装置(アイトラッカー)を用いた社会発達メカニズムの解明
    友田 明美
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月
  • 児童虐待に起因する愛着形成障害の脳科学的知見
    友田 明美
    第111回日本精神神経学会学術総会(シンポジウム)「精神科医は、増え続ける児童虐待にどう関わるか ―脳科学・児童相談所医師他からの現状報告とメッセージ―」 2016年06月
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口 慎一郎, 島田 浩二, 齋藤  大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • 不適切な養育と子どもの依存.
    友田 明美
    第15回日本トラウマティック・ストレス学会仙台大会(シンポジウム)「児童期のトラウマと物質乱用」 2016年05月
  • 注意欠陥・多動性障害における運動機能とスポーツ参加-スポーツ参加時間に着目した検討-
    成瀬 廣亮、今井 悠人、友田 明美
    第3 回日本臨床作業療法学会 2016年03月 選考有り
  • 脳科学から見た児童虐待~ 慢性疼痛障害との関連も含めて ~
    友田 明美
    第45 回日本慢性疼痛学会 教育講演 2016年02月
  • 客観的指標に基づくADHD や愛着障害の脳機能の検討
    友田 明美
    日本ADHD学会 第7回総会 2016年02月
  • 福井県永平寺町における小規模集団での発達コホート研究
    西里 美菜保、藤澤 隆史、熊崎 博一、田仲 志保、友田 明美
    第56 回福井県小児保健研究会 2016年02月
  • エビデンスに基づくAD/HDの治療戦略 ~薬剤導入による脳機能変化~
    友田 明美
    第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015年11月
  • 福井県A 町における小規模集団での発達コホート研究
    西里 美菜保、藤澤 隆史、熊崎 博一、田仲 志保、友田 明美
    第56 回 日本児童青年精神医学会総会 2015年09月
  • 自閉スペクトラム症児への複数ロボットを用いた療育に向けての試み
    大西 貴子,熊崎 博一,吉川 雄一郎,松本 吉央,新井 清義,小坂 浩隆,友田 明美,平谷 美智夫,石黒 浩
    第56 回 日本児童青年精神医学会総会 2015年09月
  • 不適切な養育を受けた児童のCortisol・Oxytocin値にみる生体反応の相違
    水島 栄,藤澤 隆史,滝口 慎一郎,熊崎 博一,田仲 志保,友田 明美
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月
  • 発達障害とトラウマ~脳科学研究から~
    友田 明美
    日本心理臨床学会 第34回秋季大会 2015年09月
  • 発達性ディスレクシアにおける読みの能力への知的能力の影響
    山口 大輔,平谷 美智夫,河野 俊寛,石坂 郁代,藤岡 徹,松浦 直己,友田 明美
    第15 回発達性ディスレクシア研究会(口頭発表) 2015年08月
  • 子どものこころの解明への取り組み~発達障害や愛着障害の脳科学研究~
    友田 明美
    日本小児科学会山形地方会 特別講演 2015年08月
  • アタッチメント障害の脳科学
    友田 明美
    第14回 日本トラウマティック・ストレス学会 2015年06月
  • 脳科学から見た児童虐待―特にDV曝露に関して
    友田 明美
    第111回 日本精神神経学会学術総会 2015年06月
  • 被虐待者の脳科学研究
    友田 明美
    第111回日本精神神経学会学術総会 教育講演 2015年06月
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~
    友田 明美
    第118回日本小児科学会学術集会 教育講演 2015年04月
  • White matter tract abnormalities in children with reactive attachment disorder: A diffusion tensor imaging study
    Takiguchi S, Naruse H, Shimada K, Fujisawa TX, Takada S, Morioka S, Shimoji K, Tomoda A.
    12th International ISBS Regional Neuroscience and Biological Psychiatry (Asia) "Stress and Behavior”" Conference 2017年07月
  • Oxytocin receptor DNA methylation and gray matter volume in maltreated children.
    Nishitani S, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Smith AK, Tomoda A.
    The 55th Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP) 2017年12月
  • A difference in impaired neural reward processing in children with ADHD and children with reactive attachment disorder.
    Tomoda A.
    The 14th Asian and Oceania Congress of Child Neurology (AOCCN2017) 2017年05月
  • 愛着障害と脳科学.
    第58 回日本児童青年精神医学会(教育講演) 2017年10月

発表会

  • 金沢大学子どものこころサミットシンポジウム
    脳科学と子どもの発達,行動 -連合大学院福井校の展望-
    金沢市金沢大学
    参加者数: 150 2012年03月 - 2012年03月
  • 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 平成22年度実施事業に係る研究成果報告会
    児童虐待に代表される小児期のストレスが脳発達におよぼす影響と敏感期解析
    岡崎市学術振興会 日米科学技術協力事業「脳研究」分野
    参加者数: 50 2011年12月 - 2011年12月
  • 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 グループ共同研究セミナー
    Preliminary evidence for neurobiological and behavioral consequences of exposure to childhood maltreatment on regional brain development.
    Boston (USA)学術振興会 日米科学技術協力事業「脳研究」分野
    参加者数: 20 2011年10月 - 2011年10月
  • 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 平成23年度情報交換セミナー
    Abnormal brain development in maltreated children.
    Atlanta (USA)学術振興会 日米科学技術協力事業「脳研究」分野
    参加者数: 120 2011年10月 - 2011年10月

受賞

  •  第58回日本小児神経学会学術集会最優秀 English Session賞 Neural bases of decrease in reward sensitivity in pediatric AD/HD, RAD and CFS.2016年
  •  第7 回日本ADHD 学会総会ベストポスター賞受賞【受賞】 ADHD 児における安静時の小脳の脳活動(謝辞)2015年
  •  第57回日本小児神経学会 English Session賞受賞 Low striatal activity during reward perception caused by childhood adversity2015年
  •  国立大学法人熊本大学・研究活動表彰2009年05月
  •  自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野グループ共同研究・日本側代表者2009年04月
  •  日本小児救急医学会 日本小児救急医学会・研究活動表彰2009年04月
  •  自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野共同研究者2005年04月
  •  日本小児科学会 小児医学研究振興財団・フェローシップアワード2003年04月
  •  日米医療交流財団 日米医療交流財団・フェローシップアワード2003年03月
  •  厚生労働科学研究「子ども家庭総合研究推進事業」・外国への日本人研究者派遣事業アワード2003年02月
  •  三共生命科学振興財団・学術研究奨励賞2003年01月
  •  社団法人照明学会・学術研究奨励賞1998年06月
  •  鈴木謙三記念医科学応用研究財団・学術研究奨励賞1996年09月

科学研究費補助金

  • 脳内身体表現ネットワーク的理解のための子どもの運動パターンの非定型発達モデル化新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域・終了研究領域)
    代表者:友田 明美 2015年度
  • これまでの研究の総力を結集させた愛着障害の早期診断・病態解析システムの開発・治療基盤研究(B)(一般)
    代表者:友田 明美 2015年度
  • 自閉症スペクトラム障害の早期診断のためのオミックス解析と発達コホート研究挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2015年度
  • 「不適切養育・児童虐待」の神経基盤とその要因の解明新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者:友田 明美 2014年度
  • 科学的エビデンスに基づく家族支援・少子化対策への文理融合的研究新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者:友田 明美 2014年度
  • 深刻な被虐待経験を有する非行少年の神経学的リカバリーメカニズムの解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:松浦 直己 2014年度
    MRI画像解析
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:友田 明美 2014年度
  • 顔刺激fMRIによる愛着障害へのオキシトシン治療効果判定システム開発挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2014年度
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:友田 明美 2013年度
  • 深刻な被虐待経験を有する非行少年の神経学的リカバリーメカニズムの解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:松浦 直己 2013年度
    MRI画像解析
  • 顔刺激fMRIによる愛着障害へのオキシトシン治療効果判定システム開発挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2013年度
  • fMRIを用いた愛着障害の神経基盤の評価システム挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2012年度
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:友田 明美 2012年度
  • fMRIを用いた愛着障害の神経基盤の評価システム挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2011年度
  • 児童虐待の脳発達におよぼす影響と敏感期に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:友田 明美 2009年度
  • 児童虐待の脳発達におよぼす影響と敏感期に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:友田 明美 2008年度
  • 児童虐待の脳発達におよぼす影響と敏感期に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:友田 明美 2007年度
  • 深刻な被虐待経験を有する非行少年の神経学的リカバリーメカニズムの解明基盤研究(C)
    代表者:松浦 直己 2015年度
  • これまでの研究の総力を結集させた愛着障害の早期診断・病態解析システムの開発・治療基盤研究(B)
    代表者:友田 明美 2016年度
  • 自閉症スペクトラム障害の早期診断のためのオミックス解析と発達コホート研究挑戦的萌芽研究
    代表者:友田 明美 2016年度
  • 子どもの心的外傷関連障害治療プログラムの多機関における効果検証と応用に関する研究基盤研究(B)
    代表者:亀岡 智美 2016年度

社会貢献・国際交流活動情報

学外教育活動

  • 『発達障害とマルトリートメントに起因する愛着形成障害との類似と相違:神経生物学的知見から治療戦略まで』 京都精神疾患クリニカルフォーラム(特別講演) 2017.3. 28 京都市
  • 脳と虐待 —児童虐待による脳への傷と回復への支援 第31回日本助産学会学術集会(特別教育講演) 2017.3.18 徳島市
  • トラウマによる脳への傷と回復へのアプローチ〜脳の最新研究から〜 徳島県保健福祉政策課主催 保健所技術職員研修会(特別講演) 2017.3.17 徳島市
  • 子ども虐待と脳科学: 愛着形成障害の視点から 西日本小児内分泌研究会(特別講演) 2017.3.11 福岡市
  • 子ども虐待と脳科学 —アタッチメント(愛着)の視点から— 横浜市緑区こども家庭支援課講演会(特別講演) 2017.3.6 横浜市
  • 子ども虐待と脳科学 日本精神衛生会フォーラム「メンタルヘルスの集い」(特別講演) 2017.3.4 東京都
  • 次世代を担う子どもたちのために今できること 子どもみんなシンポジウム2017大阪「子どもたちの未来を創る〜科学的アプローチの可能性〜」 2017.2.25 大阪市
  • 児童虐待・ネグレクトに起因する愛着障害の脳科学研究 第3回ACE研究会(特別講演) 2017.2.23 あわら市
  • 周産期から見つめ直す児童虐待 - 愛着形成障害の視点から 日本周産期・新生児医学会学術集会 第35回周産期学シンポジウム(会長指定講演) 2017.2.10 大阪市
  • 子ども虐待と脳科学 平成28年度 子どもの虹情報研修センター公開講座(特別講演) 2017.1.17 横浜市
  • 学校現場での発達障がいの理解とケア 坂井地区校長会 第3回学校運営研究大会・研修会(特別講演) 2017.1.13 坂井市
  • 周産期から見つめ直す児童虐待: アタッチメント障害の脳科学 日本産婦人科医会妊産婦メンタルヘルスケアプロジェクト講演会 2017.1.9
  • 児童虐待に起因する愛着形成障害と発達障害の類似と相違:神経生物学的知見 浜松医科大学 精神医学講座・児童青年期精神医学講座合同連続講座(特別講演) 2017.1.8 浜松市
  • 児童虐待・ネグレクトに起因する愛着障害の脳科学研究 自民党政務調査会「虐待等に関する特命委員会」(特別講演) 2016.12.9 東京都
  • 依存症 トラウマ 回復 一般財団法人ワンネスグループ セレニティパークジャパン名古屋フォーラム(特別講演) 2016.12.3 名古屋市
  • 子ども虐待と脳科学:子どものこころの発達と支援 富山県医師会「児童虐待防止研修会」(特別講演) 2016.12.2 富山市
  • 愛着障害の脳科学:子どものこころの発達と支援 第37回和漢医薬学総合研究所特別セミナー「こころの発達と障害―その理解と予防治療に向けた研究最前線」(特別講演) 2016.12.2 富山市
  • 子どものこころと脳 第184回メンタルケア・スペシャリスト養成講座 2016.11.27 福井市
  • 児童虐待に起因する愛着障害の脳科学研究 JaSPCANおおさか大会(教育講演) 2016.11.26 大阪市
  • 虐待の子どもへの影響~医療的観点から~ 厚生労働省・平成28年度子どもの虐待防止推進全国フォーラム in ふくい(シンポジウム) 2016.11.19 福井市
  • 児童虐待に起因する愛着形成障害と発達障害の類似と相違:脳科学的知見 第20回日本精神保健・予防学会学術集会 特別シンポジウム「アットリスク精神状態ARMSと発達障害の類似と相違」 2016.11.13 東京都
  • 児童虐待に起因する愛着障害の脳科学研究 2016年度 医療心理懇話会 2016.11.2 東京都
  • 脳科学・神経科学と少年非行~少年の脳の発達に関する脳科学・神経科学の知見~ 第58回東京矯正管区管内篤志面接委員研究協議会(特別講演) 2016.11.1 さいたま市
  • 脳科学・神経科学と少年非行~少年の脳の発達に関する脳科学・神経科学の知見~ 第43回日本犯罪社会学会(シンポジウム)「脳科学と少年司法」 2016.10.29 神戸市
  • ADHDと愛着障害 第57回日本児童青年精神医学会総会(シンポジウム)「ADHDの併存症の診断と治療」 2016.10.27 岡山市
  • ASDを含む神経発達障害の包括的理解:生物学的指標(発達的中間表現型)の視点から 自閉スペクトラム症学術講演会 (特別講演) 2016.10.23 東京都
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~ 東海大学医学部八王子病院 児童虐待啓発講演会(特別講演) 2016.10.22 八王子市
  • 発達障害のある子と愛着形成障害の脳科学 公益社団法人発達協会セミナー:発達障害の医学と保育・教育-診断の概念と生育環境からの理解(特別講演) 2016.10.22 東京都
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~ 町田市医師会講演会(特別講演) 2016.10.21 東京都
  • 報酬系からADHDや愛着障害の脳を科学する~MPH徐放錠の報酬系への作用について~ 鹿児島子どものこころの医療講演会(特別講演) 2016.10.15 鹿児島県
  • 脳科学・神経科学と少年非行~少年の脳の発達に関する脳科学・神経科学の知見~ 「脳科学と少年司法」研究会(教育講演) 2016.10.1 東京都
  • 女性研究者講義「こころの科学」 JSTグローバルサイエンスキャンパス事業 福井大学FMHSインテンシブコース 2016.9.24
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~ 平成28年度佐賀県助産師会研修会(特別講演) 2016.9.10 佐賀市 共同研究業績配布
  • 子育てと養育環境 福井大学公開講座 2016.9.3
  • ADHDの臨床における薬物治療? ADHD講演会(特別講演) 2016.8.29 東京都
  • – 脳科学と発達心理学の視点から考える教育学入門講座 – IPU次世代教育への招待 (特別講演) 2016.8.28 岡山市
  • 報酬系からADHDや愛着障害の脳を科学する ―MPH徐放錠の報酬系への作用について― 高松発達障害を考える会(特別講演) 2016.8.27 高松市
  • 報酬系からADHDや愛着障害の脳を科学する ―MPH徐放錠の報酬系への作用について― 第26回日本外来小児科学会年次集会(教育講演) 2016.8.28 高松市
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~ 日本教育大学協会擁護教諭部会 全国国立大学附属学校連盟擁護教諭部会 第51回研究協議会総会 (特別講演) 2016.8.10 福井市
  • 福井大学附属病院子どものこころ診療部の取り組み―発達障害や愛着障害の脳科学研究― 日本小児神経学会北陸地方会夏季セミナー(特別講演) 2016.7.17 芦原市
  • 不適切な養育と子どもの依存. 長崎大学大学院セミナー(特別講演) 2016.7.15 長崎市
  • 「新アタッチメント理論」創生に向けた研究会 発達障害や愛着障害の脳科学研究. 2016.7.5 加賀市
  • 易刺激性を伴った小児自閉スペクトラム症に対するアリピプラゾール臨床治験成績からの考察 学術月刊誌「臨床精神医学」座談会 2016.7.2
  • 児童虐待と子どもの脳~児童虐待といやされない傷~ 母子看護学特論大学院講義 2016.6.20 福井大学
  • 報酬系からADHDや愛着障害の脳を科学する~MPH徐放錠の報酬系への作用について~ 第10回千葉子どものこころの医療研究会(特別講演) 2016.6.17 千葉市
  • 子育て支援の意義を確認する~児童虐待といやされない傷~ 滋賀県臨床心理士会研修会(特別講演) 2016.6.18 大津市
  • 児童虐待による脳への傷と回復へのアプローチ 平成28年度東京都福祉保健局 児童虐待対応研修【専門講座第1回】(特別講演 2016.6.17 東京都
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~. 第12回日本自閉症スペクトラム学会資格認定講座 北陸支部第10回資格認定講座 (特別講演) 2016.5.29 福井市
  • 子育て支援の意義を確認する~児童虐待といやされない傷~ 「ホームカミングデー2016 in文京」(特別講演) 2016.5.28 福井大学
  • 子育て支援の意義を確認する~児童虐待といやされない傷~ 子ども虐待防止ネットワークみやぎ・宮城県アディクション問題研究会講演会(特別講演) 2016.5.21 仙台市
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学的研究~ 大分県北部小児科医会総会(特別講演) 2016.5.20 大分市
  • 子どものこころの発達を見守る~発達障害や愛着障害の脳科学研究~. 加古川市小児科医会総会(特別講演) 2016.4.23 加古川市
  • 赤ちゃんと家族の優しい社会ー児童虐待の視点から ネウボラ国際シンポジウム 2016.3.18 大阪市
  • 青少年の脳の神経学発達と、成熟、少年の刑事責任に関する知見について 「若年者に対する刑事法制の在り方」に関する勉強会 2016.3.4 東京都
  • ADHDを含む神経発達障害の包括的理解のために:生物学的指標(発達的中間表現型)の重要性 塩野義製薬株式会社 2016.2.20
  • 全国家庭裁判所調査官研究協議会大阪地域 家調協大阪地域一日研究集会 2016.2.6 奈良市
  • たばこの煙と脳科学~たばこに侵される子どもの脳~ 第6回日本小児禁煙研究会学術集会 2016.1.24
  • いま。子どもの心の育ちを考える!~被虐待児、発達がい児の脳科学~ 第37回子どものからだと心・全国研究会義 2015.12.13 東京都
  • 練馬区医師会公衆衛生部・子どものこころ研究会「要保護児童に関する講演会」 「子どものこころ」の解明への取り組み 2015.11.20 東京都
  • 平成27年度「こころのケア」シンポジウム 脳科学から見た児童虐待 2015.11.19 神戸市
  • 虐待されている"脳"とこころのケアの重要性 DV防止講演会 2015.11.19 加東市
  • 群馬県児童虐待防止医療ネットワーク事業,群馬大学医学部附属病院医療安全研修 第11回CAPS子講演会における講演及び指導・助言 2015.11.13 前橋市
  • 「子どものこころ」の解明への取り組み 第78回山口県小児科医会学術講演会 2015.11.8 宇部市
  • 発達障害の医学と保育・教育ー診断の概念と生育環境からの影響 発達障害とトラウマ 2015.11.3 東京都
  • 児童虐待の脳への影響、保育師の役割 平成27年度京都市保育士会大研修会 2015.10.24 京都市
  • 児童虐待と発達障害 第11回日本小児科医会生涯研修セミナー 2015.10.12 さいたま市
  • 子どものこころと脳 メンタルケア・スペシャリスト養成講座 2015.10.11 福井市
  • DV虐待にさらされる経験が子どもに与える影響 愛知県弁護士会の両性の平等に関する委員会 2015.10.10 名古屋市
  • 福井大学発 地域の再生・活性化(第2回) 福井大学公開講座 2015.9.26 福井市
  • 子どものこころと脳機能~脳科学はどこまで解明できるのか~ 発達障害・専門講座「子どものこころの世界」~臨床児童青年精神医学入門~ 2015.9.13 東京都
  • 「子どものこころ」の解明への取り組み ~自閉症を含む発達障害の生物学と臨床~ 星薬科大学薬理学教室夏期研修セミナー2015 2015.8.21 群馬県吾妻郡
  • コンサータ錠の最新学術情報提供のための動画作成 Janssen Pro 動画コンテンツ監修 2015.7.27
  • 被虐待児(アタッチメント障害)の神経基盤探索 第2 回生物学的自閉症研究会 2015.7.19 東京大学
  • 児童虐待と傷つく脳 全国国立大学法人助産師教育専任教員会議 特別講演 2015.7.3 福井市
  • 平成27年度金沢市DV被害者自立支援委託事業「DV被害者サポーター要請講座」 児童虐待と癒されない傷 2015.5.30
  • 児童虐待による子どもの脳への影響. いばらき子どもの虐待防止ネットワークあい 平成27 年度講演会 2015.5.24 土浦市
  • 児童虐待による脳への影響 特定非営利活動法人 埼玉子どもを虐待から守る会 平成27年度講演会 2015.5.23 さいたま市

報道

  • 虐待と脳、回復の手だては2017年03月 NHK総合テレビ 視点・論点
  • イジメ後遺症:反響編2017年02月 NHK総合テレビ あさイチ
  • イジメ後遺症:言葉の暴力が子どもに与えるダメージ2017年02月 NHK総合テレビ あさイチ
  • 脳の発達に悪影響2016年11月 朝日
  • 県内外の保育士ら児童虐待防止議論 福井でフォーラム2016年11月 中日、日刊県民福井
  • 過熱する部活が子どもたちの体と心や脳の発達にどういう影響を及ぼしているのか 社会2面7版2016年11月 しんぶん赤旗
  • 特集「DV家庭で育ったレイカ21歳」2016年11月 読売テレビ
  • ストレスから脳を守れ 〜最新科学で迫る対処法〜2016年07月 NHKスペシャル, キラーストレス
  • 摂食障害の社会背景と脳への悪影響2016年05月 FBS福岡放送 目撃者f「食べて 吐いて~摂食障害と闘う女性たち~」
  • 脳の成長を妨げる“暴言虐待ストレス”2016年03月 TBS スペシャル「人間とは何だ!?」
  • 児童養護施設の子どもたちの逆境的体験2016年02月 読売新聞
  • モラルハラスメントによる面前DV が子どもに与えるダメージ2016年02月 NHK総合テレビ あさイチ
  • 養育者を支援し、子ども虐待を防ぐJ S T 事業で政策提言へ2015年12月 News&Topics 第183 号
  • 医教連携そして現場へ還元を “子どもみんなプロジェクト”2015年11月 News&Topics 第181 号
  • 虐待児 “褒めても響きにくい”2015年10月 NHK総合テレビ
  • 虐待原因の「愛着障害児」脳の特定部位に異常2015年10月 福井、日刊県民福井、朝日、中日、毎日、読売、教育新聞、ハザードラボNEWS、47NEWS
  • 虐待疾患児脳にダメージ2015年09月 読売
  • 児童虐待の深部 過酷な記憶と向き合う2015年03月 読売
  • 愛着障害2015年02月 NHK総合テレビ
  • 子の発達障害講演通じ理解2014年11月 福井
  • 虐待 脳の発達に影響2014年11月 中日新聞
  • 児童虐待、成長にも悪影響2014年10月 釧路新聞
  • 視線と唾液で自閉症診断2014年09月 福井、読売、県民福井、朝日
  • “医療ルネサンス”脳の萎縮改善の可能性も2014年09月 読売
  • 虐待、脳の発達に影響2014年09月 中國新聞
  • 子どもの脳、傷つける虐待2014年08月 神奈川新聞
  • 虐待、脳をも傷つける2014年08月 愛媛新聞
  • 脳傷つける虐待経験2014年08月 秋田さきがけ
  • 虐待、脳をも傷つける2014年08月 愛媛新聞
  • 目前DVが子どもに与えるダメージ2014年08月 NHK総合テレビ
  • 虐待、子どもの脳に傷2014年08月 東奥日報
  • 子どもの脳傷つける虐待、人生に大きな影響2014年08月 さくら新聞(ワシントンDC)
  • 子どもの脳を傷つける虐待2014年08月 北国
  • 子どもの脳 傷つける虐待2014年07月 山梨日日新聞
  • 虐待、子どもの脳に傷2014年07月 沖縄タイムス
  • 子ども虐待、脳を傷つける2014年07月 岩手日報
  • DV、暴言・・人生に大きな影響2014年07月 長崎新聞
  • 「特性の理解を」福井・発達障害講演2014年06月 中日、県民福井
  • こころの傷、早期ケアが必要2014年05月 読売新聞
  • 人間とは何だ!?2014年02月 TBSテレビ
  • 福大COC通信Vol.32014年01月 福井
  • 虐待で脳に深刻ダメージ2013年12月 毎日
  • 発達障害診療体制へ充実「サポート医」養成開始2013年11月 福井
  • 金とく2013年11月 NHK総合テレビ
  • 児童虐待が発達に影響2013年07月 熊本日々新聞
  • 虐待により心病む子ども2013年05月 読売新聞
  • DV目撃子どもの脳萎縮2013年05月 日経、県民福井、毎日
  • 脳の一部動き弱く意欲減退2013年04月 読売
  • 能の機能低下画像で確認2013年03月 福井
  • “医人伝”診療は育児見守る場2013年03月 県民福井
  • 虐待死把握医師戸惑い2013年03月 福井
  • “ほっとコラム”自閉症・虐待から探る2013年02月 朝日
  • おかえりホームドクター2012年04月 福井テレビ
  • ふくい人聞録2012年03月 福井テレビ
  • 聞くクスリ~子どもの睡眠障害~2012年03月 朝日
  • “見えない”虐待死を防げ~乳幼児揺さぶられ症候群~2012年02月 NHK総合
  • 脳を詳しく画像でとらえ、治療に生かす2011年11月 福井
  • おじゃまっテレ 健康いちばん2011年10月 福井放送テレビ
  • 児童虐待が脳に及ぼす影響2011年10月 全国保団連医療新聞
  • 両親間のDV目撃で脳萎縮 いやされない傷の可能性2011年07月 岐阜新聞
  • 子どもの脳 傷つける虐待2004年09月 四國新聞
  • オキシトシン、成長で減少2017年06月 読売新聞
  • 子育て行き過ぎ脳変形トラウマ要因 チャイルドマルトリートメント2017年09月 福井新聞ONLINE