小坂 浩隆

所属部署名病態制御医学講座 精神医学
教員組織病態制御医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/11/28 16:12

研究者基本情報

氏名

    小坂 浩隆
    コサカ ヒロタカ
    KOSAKA Hirotaka

基本情報

所属

  •  病態制御医学講座 精神医学 教授

学歴

  • 2000年04月- 2004年03月その他 形態系専攻 生殖・発育部門
  • 1992年04月- 1998年03月その他 医学科

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2014年12月福井大学 子どものこころの発達研究センター 特命教授
  • 2012年02月福井大学 子どものこころの発達研究センター 特命准教授
  • 2007年04月- 2012年01月福井大学医学部精神医学 助教
  • 2005年04月- 2007年03月福井大学医学部精神医学 助手

所属学協会

    日本児童青年精神医学会 代議員,日本児童青年精神医学会 編集委員,日本自閉症スペクトラム学会 一般会員,Society for Neuroscience 一般会員,日本母性衛生学会 一般会員,日本総合病院精神科医学会 一般会員,日本統合失調症学会 一般会員,日本うつ病学会 一般会員,日本神経科学会 一般会員,日本生物学的精神医学会 一般会員,日本臨床神経生理学会 一般会員,日本睡眠学会 一般会員,日本精神神経学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Social Interaction Improved by Oxytocin in the Subclass of Autism with Comorbid Intellectual Disabilities.
    Higashida Haruhiro;Munesue Toshio;Kosaka Hirotaka;Yamasue Hidenori;Yokoyama Shigeru;Kikuchi Mitsuru
    Diseases (Basel, Switzerland) 7(1) 2019年 査読無し
    :Approximately half of all autism spectrum disorder (ASD) individuals suffer from comorbid intellectual disabilities. Furthermore, the prevalence of epilepsy has been estimated to be 46% of patients with low intelligence quotient. It is important to investigate the therapeutic benefits and adverse effects of any recently developed drugs for this proportion of individuals with the so-called Kanner type of ASD. Therefore, we investigated the therapeutic and/or adverse effects of intranasal oxytocin (OT) administration, especially in adolescents and adults with ASD and comorbid intellectual disability and epilepsy, with regard to core symptoms of social deficits. We have already reported three randomized placebo-controlled trials (RCTs). However, we revisit results in our pilot studies from the view of comorbidity. Most of the intellectually disabled participants were found to be feasible participants of the RCT. We observed significantly more events regarded as reciprocal social interaction in the OT group compared with the placebo group. In the trial, no or little differences in adverse events were found between the OT and placebo arms, as found in some other reports. However, seizures were induced in three participants with medical history of epilepsy during or after OT treatment. In conclusion, we stress that behavioral changes in ASD patients with intellectual disabilities could be recognized not by the conventional measurements of ASD symptoms but by detailed evaluation of social interactions arising in daily-life situations.
  • Local-to-distant development of the cerebrocerebellar sensorimotor network in the typically developing human brain: a functional and diffusion MRI study.
    Amemiya Kaoru;Morita Tomoyo;Saito Daisuke N;Ban Midori;Shimada Koji;Okamoto Yuko;Kosaka Hirotaka;Okazawa Hidehiko;Asada Minoru;Naito Eiichi
    Brain structure & function 2019年 査読有り
    :Sensorimotor function is a fundamental brain function in humans, and the cerebrocerebellar circuit is essential to this function. In this study, we demonstrate how the cerebrocerebellar circuit develops both functionally and anatomically from childhood to adulthood in the typically developing human brain. We measured brain activity using functional magnetic resonance imaging while a total of 57 right-handed, blindfolded, healthy children (aged 8-11 years), adolescents (aged 12-15 years), and young adults (aged 18-23 years) (n = 19 per group) performed alternating extension-flexion movements of their right wrists in precise synchronization with 1-Hz audio tones. We also collected their diffusion MR images to examine the extent of fiber maturity in cerebrocerebellar afferent and efferent tracts by evaluating the anisotropy-sensitive index of hindrance modulated orientational anisotropy (HMOA). During the motor task, although the ipsilateral cerebellum and the contralateral primary sensorimotor cortices were consistently activated across all age groups, the functional connectivity between these two distant regions was stronger in adults than in children and adolescents, whereas connectivity within the local cerebellum was stronger in children and adolescents than in adults. The HMOA values in cerebrocerebellar afferent and efferent tracts were higher in adults than in children (some were also higher than in adolescents). The results indicate that adult-like cerebrocerebellar functional coupling is not completely achieved during childhood and adolescence, even for fundamental sensorimotor brain function, probably due to anatomical immaturity of cerebrocerebellar tracts. This study clearly demonstrated the principle of "local-to-distant" development of functional brain networks in the human cerebrocerebellar sensorimotor network.
  • Symptoms in individuals with adult-onset ADHD are masked during childhood.
    Kosaka Hirotaka;Fujioka Toru;Jung Minyoung
    European archives of psychiatry and clinical neuroscience 269(6) 753-755 2019年09月 査読有り
  • Longitudinal changes in the mismatch field evoked by an empathic voice reflect changes in the empathy quotient in autism spectrum disorder
    Yoshimura Y, Kikuchi M,Hiraishi H,Hasegawa C,Hirosawa T , Takahashi T,Munesue T,Kosaka H,Hiagashida H,Minabe Y
    Psychiatry Research: Neuroimaging 281 117-122 2018年11月 査読有り
  • Type and timing of childhood maltreatment and reduced visual cortex volume in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    Fujisawa TX, Shimada K, Takiguchi S, Mizushima S, Kosaka H, Okazawa H, Teicher MH, Tomoda A.
    NeuroImage-Clin. 20 216-221 2018年07月 査読有り
    :Reactive attachment disorder (RAD) is a severe social functioning disorder associated with early childhood maltreatment where the child displays emotionally withdrawn/inhibited behaviors toward caregivers. Brain regions develop at different rates and regions undergoing rapid change may be particularly vulnerable during these times to stressors or adverse experiences. The aim of this study was to investigate the effect of type and timing of childhood adversities on structural alterations in regional gray matter (GM) volume in maltreated children with RAD. High-resolution magnetic resonance imaging datasets were obtained for children and adolescents with RAD (n = 21; mean age = 12.76 years) and typically developing (TD) control subjects (n = 22; mean age = 12.95 years). Structural images were analyzed using a whole-brain voxel-based morphometry approach and the type and timing of maltreatment, which may be more strongly associated with structural alterations, was assessed using random forest regression with conditional inference trees. Our findings revealed that there is a potential sensitive period between 5 and 7 years of age for GM volume reduction of the left primary visual cortex (BA17) due to maltreatment. We also found that the number of types of maltreatment had the most significant effect on GM volume reduction and that the second most significant variable was exposure to neglect. The present study provides the first evidence showing that type and timing of maltreatment have an important role in inducing structural abnormalities in children and adolescents with RAD.
  • Psychosis is an extension of mood swings from the perspective of neuronal plasticity impairments.
    Mizuno T, Matsumoto H, Mita K, Kogauchi S, Kiyono Y, Kosaka H, Omata N
    Med Hypotheses. 124 37-39 2019年03月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症(ASD): 病因仮説
    小坂浩隆、藤岡徹、丁ミンヨン
    最新医学 10 45-50 2018年10月 査読無し
  • Comparative Analyses of Copy-Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights
    Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Okada T, Uno Y, Morikawa M, Ishizuka K, Shiino T, Kimura H, Arioka Y, Yoshimi A, Takasaki Y, Yu Y, Nakamura Y, Yamamoto M, Iidaka T, Iritani S, Inada T, Ogawa N, Shishido E, Torii Y, Kawano N, Omura Y, Yoshikawa T, Uchiyama T, Yamamoto T, Ikeda M, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Nunokawa A, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Kobori A, Suzuki M, Takahashi T, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Sasaki T, Kuwabara H, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Eriguchi Y, Benner S, Kojima M, Yassin W, Munesue T, Yokoyama S, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Ishitobi M, Ohmori T, Numata S, Yoshikawa T, Toyota T, Yamakawa K, Suzuki T, Inoue Y, Nakaoka K, Goto Y, Inagaki M, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N.
    CELL REPORTS 24(11) 2838-2856 2018年09月 査読有り
  • Self-Face Recognition Begins to Share Active Region in Right Inferior Parietal Lobule with Proprioceptive Illusion During Adolescence
    Morita T, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.
    Cereb. Cortex 28(4) 1532-1548 2018年04月 査読有り
  • Altered perspective-dependent brain activation while viewing hands and associated imitation difficulties in individuals with autism spectrum disorder
    Okamoto Y, Kitada R, Miyahara M, Kochiyama T, Naruse H, Sadato N, Okazawa H, Kosaka H.
    NEUROIMAGE-CLINICAL 19 384-395 2018年04月 査読有り
  • 成人用ADHD評価尺度 ADHD-RS IV with adult prompts日本語版の信頼性および妥当性の検討
    市川宏伸、齊藤万比古、齊藤卓弥、仮屋暢聡、小平雅基、太田晴久、岸田郁子、三上克央、太田豊作、姜 昌勲、小坂浩隆、堀内史枝、藤原正和、岩波 明
    精神医学 60(4) 399-409 2018年04月 査読有り
  • Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children
    Nishizato, Minaho;Fujisawa, Takashi X.;Kosaka, Hirotaka;Tomoda, Akemi
    SCIENTIFIC REPORTS 7 2017年05月 査読有り
  • Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder
    Mizuno, Yoshifumi;Jung, Minyoung;Fujisawa, Takashi X.;Takiguchi, Shinichiro;Shimada, Koji;Saito, Daisuke N.;Kosaka, Hirotaka;Tomoda, Akemi
    SCIENTIFIC REPORTS 7 2017年07月 査読有り
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample
    Shimada, Koji;Fujisawa, Takashi X.;Takiguchi, Shinichiro;Naruse, Hiroaki;Kosaka, Hirotaka;Okazawa, Hidehiko;Tomoda, Akemi
    WORLD JOURNAL OF BIOLOGICAL PSYCHIATRY 18(4) 322-328 2017年 査読有り
  • 自閉スペクトラム症の臨床研究の動向
    小坂浩隆
    北陸神経精神医学雑誌 37 14-27 2017年12月 査読有り
  • Development of right-hemispheric dominance of inferior parietal lobule in proprioceptive illusion task.
    Naito E, Morita T, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M.
    Cereb. Cortex 27(11) 5385-5397 2017年11月 査読有り
  • Association between scale-free brain dynamics and behavioral performance – Functional MRI study in resting state and emotional face recognition task.
    Kasagi M, Huang Z, Narita K, Shitara H, Motegi T, Suzuki Y, Fujihara K, Tanabe S, Kosaka H, Ujita K, Fukuda M, and Northoff G.
    Behav. Neurol. 2017: 2824615 2017年11月 査読有り
  • Oxytocin effects on emotional response to others' faces via serotonin system in autism: a pilot study.
    Fukai M, Hirosawa T, Kikuchi M, Ouchi Y, Takahashi T, Yoshimura Y, Miyagishi Y, Kosaka H, Yokokura M, Yoshikawa E, Bunai T, Minabe Y.
    Psychiatry Res. 267 45-50 2017年09月 査読有り
  • オキシトシン治療のこれから
    小坂浩隆
    小児科診療 80(7) 843-849 2017年07月 査読有り
  • Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder.
    Mizuno Y, Jung, M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A. 
    Sci. Rep. 7(1) 4850 2017年07月 査読有り
  • Age-dependent atypicalities in body- and face-sensitive activation of the EBA and FFA in individuals with ASD.
    .Okamoto Y, Kosaka H, Kitada R, Seki A, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Saito DN, Yanaka HT, Munesue T, Ishitobi M, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Koeda T, Sadato N.
    Neurosci. Res. 119 38-52 2017年06月 査読有り
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: a voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A.
    World J. Biol. Psychiatry 18(4) 322-328 2017年06月 査読有り
  • Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children.
    Nishizato M, Fujisawa TX, Kosaka H, Tomoda A.
    Scientific Reports 7(1) 2540 2017年05月 査読有り
  • 発達障害の子どもから大人への連続性について
    小坂浩隆、藤岡徹
    最新精神医学 22(3) 197-208 2017年05月 査読有り
  • A pilot study of serotonergic modulation after long-term administration of oxytocin in autism spectrum disorder.
    Hirosawa T, Kikuchi M,, Ouchi Y, Takahashi T, Yoshimura Y, Kosaka H, Furutani N, Hiraishi H, Fukai M, Yokokura M, Yoshikawa E, Bunai T, Minabe Y.
    Autism Res. 10(5) 821-828 2017年05月 査読有り
  • Self-face recognition shares brain regions active during proprioceptive illusion in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network
    Morita T, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.
    Neuroscience 348 288-301 2017年04月 査読有り
  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD).
    H.Naruse, T.X.Fujisawa, C.Yatsuga, M.Kubota, H.Matsuo, S.Takiguchi, S.Shimada, Y.Imai, M.Hiratani, H.Kosaka, A.Tomoda. .
    PLoS One 12(1) e0170096 2017年01月 査読有り
  • 統合失調症と自閉スペクトラム症
    小坂 浩隆
    精神科 29(0) 381-389 2016年11月 査読有り
  • Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders.
    H.Komeda, H.Osanai, K.Yanaoka, Y.Okamoto, T.Fujioka, S.Arai, K.Inohara, M.Koyasu, T.Kusumi, S.Takiguchi, M.Kawatani, H.Kumazaki, M.Hiratani, A.Tomoda, H.Kosaka.
    Sci Rep 6(37875) 2016年11月 査読有り
  • Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
    H.Kosaka, Y.Okamoto, T.Munesue, H.Yamasue, K.Inohara, T.Fujioka, T.Anme, M.Orisaka, M.Ishitobi, M.Jung, T.X.Fujisawa, S.Tanaka, S.Arai, M.Asano, D.N.Saito, N.Sadato, A.Tomoda, M.Omori, M.Sato, H.Okazawa, H.Higashida, Y.Wada.
    Transl Psychiatry 6(8) e872 2016年08月 査読有り
  • 委員会報告児童青年精神医学用語集2016年版の刊行について
    高岡 健、岡田 俊、小坂 浩隆、野間 俊一、森岡 由起子、吉川 徹
    児童青年精神医学とその近接領域 57(4) 628-664 2016年08月 査読有り
  • Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD.
    S.Arai, Y.Okamoto, T.Fujioka, K.Inohara, M.Ishitobi, Y.Matusmura, M.Jung, K.Kawamura, S.Takiguchi, A.Tomoda, Y.Wada, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka(CorrespondingAuthor).
    Brain Dev 38(5) 471-480 2016年05月 査読有り
    H.Kosaka
  • 自閉スペクトラム症におけるデフォルトモードネットワークと臨床応用
    丁 ミンヨン、小坂 浩隆
    Clinical Neuroscience 34(6) 717-720 2016年05月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症の新しい治療薬の可能性~オキシトシン~
    小坂 浩隆、岡本 悠子
    チャイルドヘルス 19(5) 27-32 2016年04月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症の原因はわかったの? ~脳画像研究の観点から~
    石飛 信、丁 ミンヨン、小坂 浩隆
    チャイルドヘルス 19(5) 18-22 2016年04月 査読有り
  • The potential of nasal oxytocin administration for remediation of autism spectrum disorders.
    Y.Okamoto, M.Ishitobi, Y.Wada, H.Kosaka(CorrespondingAuthor).
    CNS Neurol Disord Drug Targets 15(5) 564-577 2016年 査読有り
    H.Kosaka
  • 自閉スペクトラム症の精神科的併存症に対する出口を見据えた薬物療法
    石飛 信、小坂 浩隆、神尾 陽子
    精神保健研究 62(29) 67-71 2016年03月 査読有り
  • Neural correlates of emotion processing during observed self-face recognition in individuals with autism spectrum disorders.
    T.Morita, H.Kosaka, D.N.Saito, T.Fujii, M.Ishitobi, T.Munesue, K.Inohara, H.Okazawa, R.Kakigi, N.Sadato.
    Res Autism Spectr Disord 26 16-32 2016年03月 査読有り
  • Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    T.Fujioka, K.Inohara, Y.Okamoto, Y.Masuya, M.Ishitobi, D.N.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, T.X.Fujisawa, K.Narita, K.Suzuki, K.J.Tsuchiya, N.Mori, T.Katayama, M.Sato, T.Munesue, H.Okazawa, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka(CorrespondingAuthor).
    Mol Autism 7 19 2016年03月 査読有り
    H.Kosaka
  • Advanced test of attention in children with attention-deficit/hyperactivity disorder in Japan for evaluation of methylphenidate and atomoxetine effects.
    T.Fujioka, S.Takiguchi, C.Yatsuga, M.Hiratani, K.E.M.Hong, M.S.Shin, S.Cho, H.Kosakak, A.Tomoda.
    Clin Psychopharmacol Neurosci 14(1) 79-87 2016年02月 査読有り
    A.Tomoda
  • 注意欠如多動症
    小坂 浩隆
    臨床精神薬理 19(3) 295-306 2016年02月 査読有り
  • 老年期うつ病と認知症の見分け方
    大森 晶夫、小坂 浩隆
    臨床老年看護 23(1) 2-11 2016年01月 査読有り
  • Oxytocin for male subjects with autism spectrum disorder and comorbid intellectual disabilities: A randomized pilot study.
    T.Munesue, H.Nakamura, M.Kikuchi, Y.Miura, N.Takeuchi, T.Anme, E.Nanba, K.Adachi, K.Tsubouchi, Y.Sai, K.Miyamoto, S.Horike, S.Yokoyama, H.Nakatani, H.Kosaka, Y.Minabe, H.Higashida.
    Front Psychiatry 7(0) 2 2016年01月 査読有り
  • Assessment of olfactory detection thresholds in children with autism spectrum disorders using a pulse ejection system.
    H.Kumazaki, T.Muramatsu, T.X.Fujisawa, M.Miyao, E.Matsuura, K.Okada, H.Kosaka, A.Tomoda, M.Mimura.
    Mol Autism 7(6) 2016年01月 査読有り
    H.Kumazaki
  • fMRI (functional magnetic resonance imaging) (特集 児童・青年期の脳機能画像研究)
    岡本 悠子、新井 清義、齋藤 大輔、小坂 浩隆
    児童青年精神医学とその近接領域 56(5) 754-762 2015年11月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症のfMRI
    丁 ミンヨン、小坂 浩隆
    Clinical Neuroscience 33(11) 1310-1311 2015年11月 査読有り
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: a voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    K.Shimada, T.X.Fujisawa, S.Takiguchi, H.Naruse, H.Kosaka, H.Okazawa, A.Tomoda.
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2015年11月 査読有り
    A.Tomoda
  • Sex differences in the default mode network with regard to autism spectrum traits: A resting state fMRI study.
    M.Jung, M.Mody, D.N.Saito, A.Tomoda, H.Okazawa, Y.Wada, H.Kosaka(CorrespondingAuthor).
    PLoS ONE 10(11) e0143126 2015年11月 査読有り
    H.Kosaka
  • Effectiveness of oral tipepidine administration for children with attention deficit/hyperactivity disorder: A 4-week, open-label clinical study.
    A.Tomoda, S.Takiguchi, T.X.Fujisawa, C.Yatsuga, H.Kumazaki, T.Fujioka, H.Suzuki, H.Matsuzaki, H.Kosaka, S.Tanaka.
    Psychiatry Clin Neurosci 69(10) 658-659 2015年10月 査読有り
  • 自閉スペクトラム症の脳画像研究 (特集 自閉症研究の最前線)
    小坂 浩隆、岡本 悠子、丁 ミンヨン
    精神科 27(4) 265-270 2015年10月 査読有り
  • Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI study.
    S.Takiguchi, T.X.Fujisawa, S.Mizushima, D.N.Saito, Y.Okamoto, K.Shimada, M.Koizumi, H.Kumazaki, M.Jung, H.Kosaka, M.Hiratani, Y.Ohshima, M.H.Teicher, A.Tomoda.
    Br J Psychiatry Open 1(2) 121-128 2015年09月 査読有り
    A.Tomoda
  • Neural basis of psychological growth following adverse experiences: A resting-state functional MRI study.
    T.X.Fujisawa, M.Jung, M.Kojima, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    PLoS ONE 10(8) e0136427 2015年08月 査読有り
  • Reduced visual cortex gray matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    K.Shimada, S.Takiguchi, S.Mizushima, T.X.Fujisawa, D.N.Saito, H.Kosaka, H.Okazawa, A.Tomoda.
    Neuroimage Clin 9 13-19 2015年07月 査読有り
    A.Tomoda
  • Sex-different abnormalities in the right second to fourth digit ratio in Japanese individuals with autism spectrum disorders.
    Y.Masuya, Y.Okamoto, K.Inohara, Y.Matsumura, T.Fujioka, Y.Wada, H.Kosaka.
    Mol Autism 6 34 2015年06月 査読有り
    Y.Okamoto
  • Default mode network in young male adulte with autism spectrum disorder: Relationship with autism spectrum traits(安静状態の脳活動パターンが自閉症スペクトラム傾向に関与している)
    小坂 浩隆
    子どものこころと脳の発達 6(1) 48-50 2015年05月 査読有り
  • Sex differences in cognitive and symptom profiles in children with high functioning autism spectrum disorders.
    H.Kumazaki, T.Muramatsu, H.Kosaka, T.X.Fujisawa, K.Iwata, A.Tomoda, K.Tsuchiya, M.Mimura.
    Res Autism Spectr Disord 13-14 1-7 2015年05月 査読有り
    H.Kumazaki
  • 自閉スペクトラム症者の共感性
    岡沢 秀彦、小坂 浩隆
    心理学評論 58(3) 389-391 2015年 査読有り
  • Autistic empathy toward autistic others.
    H.Komeda, H.Kosaka (equally contributing first author), D.N.Saito, Y.Mano, M.Jung, T.Fujii, H.T.Yanaka, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Sato, H.Okazawa.
    Soc Cogn Affect Neurosci 10(2) 145-52 2015年02月 査読有り
  • Effects of Methylphenidate in Children with Attention Deficit Hyperactivity Disorder: A Near-Infrared Spectroscopy Study with CANTAB.
    N.Matsuura, M.Ishitobi, S.Arai, K.Kawamura, M.Asano, K.Inohara, T.Fujioka, T.Narimoto, Y.Wada, M.Hiratani, H.Kosaka.
    Child Adolesc Ment Health 8 273 2014年12月 査読有り
  • Distinguishing between autism spectrum disorder and attention deficit hyperactivity disorder by using behavioral checklists, cognitive assessments, and neuropsychological test battery.
    N.Matsuura, M.Ishitobi, S.Arai, K.Kawamura, M.Asano, K.Inohara, T.Narimoto, Y.Wada, M.Hiratani, H.Kosaka.
    Asian Journal of Psychiatry 12 18445 2014年12月 査読有り
  • Visual attention for social information and salivary oxytocin levels in preschool children with autism spectrum disorders: An eye-tracking study.
    T.X.Fujisawa, S.Tanaka, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    Front Neurosci 8 295 2014年09月 査読有り
  • Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits.
    M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobiakoto, T.Morita, K.Inohara, M.Asano, S.Arai, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka.
    Mol Autism 5 35 2014年06月 査読有り
  • Ramelteon monotherapy for insomnia and impulsive behavior in high-functioning autistic disorder.
    M.Asano, M.Ishitobi, H.Kosaka, M.Hiratani, Y.Wada.
    J Clin Psychophamacol. 34(3) 15401 2014年06月 査読有り
  • Depressive mood modulates the anterior lateral CA1 and DG/CA3 during a pattern separation task in cognitively intact individuals: A functional MRI study.
    T.Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, H.Okazawa.
    Hippocampus 24(2) 212-224 2014年02月 査読有り
  • ASDと注意機能
    石飛 信、荻野 和雄、小坂 浩隆、神尾 陽子
    精神科 24(2) 178-181 2014年02月 査読有り
  • Quetiapine responsive catatonia in an autistic patient with comorbid bipolar disorder and idiopathic basal ganglia calcification.
    M.Ishitobi, M.Kawatani, M.Asano, H.Kosaka, T.Goto, M.Hiratani, Y.Wada.
    Brain Dev 36 823-825 2014年01月 査読有り
  • Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder.
    Y.Okamoto, R.Kitada, H.C.Tanabe, M.J.Hayashi, T.Kochiyama, T.Munesue, M.Ishitobi, D.N.Saito, H.T.Yanaka, M.Omori, Y.Wada, H.Okazawa, A.T.Sasaki, T.Morita, S.Itakura, H.Kosaka, N.Sadato.
    Neuroscience Research 2014年01月 査読有り
  • ベンゾジアゼピン系薬剤多剤併用から抑肝散に変方し、不安・不眠が軽快した白血病の1症例
    西本 武史、髙野 智早、高井 美穂子、小坂 浩隆
    漢方と診療 5(1) 43 2014年 査読有り
  • Effectiveness and tolerability of switching to aripiprazole from risperidone in subjects with autism spectrum disorders: a prospective open-label study.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, C.Yatsuga, M.Asano, Y.Tanaka, K.Ueno, R.Okazaki, M.Omori, M.Hiratani, A.Tomoda, Y.Wada.
    Clin Neuropharmacol 36(5) 151-6 2013年09月 査読有り
  • 心の発達の研究最前線:脳科学の観点から-fMRIを中心に
    滝口 慎一郎、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    小児内科 45(8) 213-218 2013年08月 査読無し
  • Episodic memory retrieval for story characters in high-functioning autism.
    H.Komeda, H.Kosaka, D.N.Saito, K.Inohara, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Sato, H.Okazawa.
    Mol Autism 4(1) 2 2013年06月 査読有り
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯が奏効したレム睡眠行動異常症の1例
    小坂 浩隆、石飛 信、浅野 みずき、西本 武史、松村 由紀子、渡邉 恵美、田中 悠二、東間 正人
    漢方と診療 4(1) 38 2013年04月 査読有り
  • 自閉症スペクトラム障害のfMRI研究
    小坂 浩隆、石飛 信、定藤  規弘
    脳21 16(2) 45-51 2013年04月 査読有り
  • 自閉症スペクトラム障害の社会性障害を探る: fMRI 研究
    小坂 浩隆、田邊 宏樹、守田 知代、岡本 悠子、齋藤 大輔、石飛 信、棟居 俊夫、和田 有司、定藤 規弘
    日本生物学的精神医学会誌 2013年 査読無し
  • Hard to “tune in”: neural mechanisms of live face-to-face interaction with high-functioning autistic spectrum disorder.
    H.C.Tanabe, H.Kosaka, D.Saito, T.Koike, M.J.Hayashi, K.Izuma, H.Komeda, M.Ishitobi, M.Omori, T.Munesue, H.Okazawa, Y.Wada, N.Sadato.
    Front in Hum Neurosci 6(268) 4219 2012年09月 査読有り
  • Associations among parenting experiences during childhood and adolescence, hypothalamus-pituitary-adrenal axis hypoactivity, and hippocampal gray matter volume reduction in young adults.
    K.Narita, K.Fujiwara, Y.Takei, M.Suda, Y.Aoyama, T.Uehara, T.Majima, H.Kosaka, M.Amanuma, M.Fukuda, M.Mikuni.
    Human Brain Mapping 33(9) 2211-23 2012年09月 査読有り
  • Long-term oxytocin administration improves social behaviors in a girl with autistic disorder.
    H.Kosaka, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Asano, M.Omori, M.Sato, A.Tomoda, Y.Wada.
    BMC Psychiatry 12(1) 11 2012年08月 査読有り
  • がん化学療法に伴う持続性吃逆にプレガバリンが奏効した2 例
    森川 美羽、石崎 武志、髙野 智早、渡辺 亨平、田畑 麻里、佐藤 義高、西本 武史、小坂 浩隆、片山 寛次
    Palliative Care Research 7(2) 541-4 2012年07月 査読有り
  • Switching to aripiprazole in subjects with pervasive developmental disorders showing tolerability issues with risperidone.
    M.Ishitobi, M.Hiratani, H.Kosaka, T.Takahashi, T.Mizuno, M.Asano, T.Murata, A.Tomoda, Y.Wada.
    Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 37(1) 128-131 2012年04月 査読有り
  • Emotional responses associated with self-face processing in individuals with autism spectrum disorders: An fMRI study.
    T.Morita, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, S.Itakura, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada, N.Sadato.
    Social Neuroscience 7(42067) 223-239 2012年03月 査読有り
  • 最近の社会における人々の振る舞いは、人の目にどう映るのか? -調査結果を通して-
    大森 晶夫、塚本 利幸、吉川 公章、橋本 直子、田嶋 長子、深沢 裕子、笹川 由佳、小坂 浩隆、高橋 哲也、石飛 信、梅澤 有美子
    福井県立大学論集(38) 4224 2012年02月 査読有り
  • 反抗挑戦性障害の精神運動興奮に対して柴胡加竜骨牡蛎湯が奏功した男児1例
    小坂 浩隆、石飛 信、西本 武史、渡邉 恵美、大沼 真紀代、上野 幹二、和田 有司
    漢方と診療 2(4) 4 2011年12月
  • 多嚢胞性卵巣症候群を合併したてんかんの一症例
    宿南 憲一、神近 哲郎、小坂 浩隆、小俣 直人、村田 哲人、折坂 誠、和田 有司
    精神医学 53(7) 663-666 2011年07月 査読有り
  • Comment on "dose-dependent effects of adjunctive treatment with aripiprazole on hyperprolactinemia induced by risperidone in female patients with schizophrenia."
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    Journal of Clinical Psychopharmacology 31(3) 4-41 2011年06月 査読有り
  • Adjunctive treatment with low-dosage pramipexole for risperidone-induced hyperprolactinemia and sexual dysfunction in a male patient with schizophrenia.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    Journal of Clinical Psychopharmacology 31(2) 243-5 2011年04月 査読有り
  • Differential amygdala response to lower face in patients with autistic spectrum disorders: an fMRI study.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, M.Omori, Y.Matsumura, T.Munesue, K.Mizukami, T.Shimoyama, T.Murata, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada.
    Research in Autism Spectrum Disorders 5(2) 91-919 2011年04月 査読有り
  • Volume Reduction of Ventromedial Prefrontal Cortex in Bipolar II Patients with Rapid Cycling: A Voxel-Based Morphometric Study.
    K.Narita, M.Suda, Y.Takei, Y.Aoyama, T.Majima, M.Kameyama, H.Kosaka, M.Amanuma, M.Fukuda, M.Mikuni.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 35(2) 439-445 2011年03月 査読有り
  • 児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、中井 昭夫、波崎 由美子、松木 健一、田邊 美智子
    平成20年度~22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 2011年03月 査読無し
  • 親性育成のための基礎研究(3)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の親性準備尺度・fMRIによる評価-
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、末原 紀美代、町浦 美智子、定藤 規弘、岡沢 秀彦
    母性衛生 54(4) 655-665 2011年01月 査読有り
  • Aripiprazole monotherapy in the treatment of vascular parkinsonism.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, M.Oonuma, T.Murata, Y.Wada.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences 65(6) 67 2011年01月 査読有り
  • 青年期男女における親性発達と神経基盤の関係
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、中井 昭夫、波崎 由美子、松木 健一、定藤 規弘、岡沢 秀彦
    日本赤ちゃん学会雑誌「ベビーサイエンス」 1 46-59 2011年 査読有り
  • “Stay tuned”: Inter-individual neural synchronization during mutual gaze and joint attention.
    D.N.Saito, H.C.Tanabe, K.Izuma, M.J.Hayashi, Y.Morito, H.Komeda, H.Uchiyama, H.Kosaka, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, N.Sadato.
    Front Integr Neurosci 4(127) 4216 2010年11月 査読有り
  • 親性育成のための基礎研究(1)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の心理・生理・脳科学的指標による評価-
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、末原 紀美代、町浦 美智子、波崎 由美子、松木 健一、定藤 規弘、岡沢 秀彦、田邊 美智子
    母性衛生 51(2) 42458 2010年07月 査読有り
  • 親性育成のための基礎研究(2)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の心理・生理・脳科学的指標による男女差の評価-
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、末原 紀美代、町浦 美智子、波崎 由美子、松木 健一、定藤 規弘、岡沢 秀彦、田邊 美智子
    母性衛生 51(2) 46-415 2010年07月 査読有り
  • 第105回日本精神神経学会総会教育講演 「機能的MRIからみた精神疾患の病態研究」
    和田 有司、小坂 浩隆、石飛 信、村田 哲人、大森 晶夫
    精神神経学雑誌 112(6) 69-612 2010年06月 査読無し
  • Smaller Insula and Inferior Frontal Volumes in Young Adults with Pervasive Developmental Disorders.
    H.Kosaka, M.Omori, T.Munesue, M.Ishitobi, Y.Matsumura, T.Takahashi, K.Narita, T.Murata, D.N.Saito, H.Uchiyama, T.Morita, M.Kikuchi, K.Mizukami, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada.
    Neuroimage 5(4) 1357-1363 2010年05月 査読有り
  • Relationship of Parental Bonding Styles with Gray Matter Volume of the Dorsolateral Prefrontal Cortex in Young Adults.
    K.Narita, Y.Takei, M.Suda, Y.Aoyama, T.Uehara, H.Kosaka, M.Amanuma, M.Fukuda, M.Mikuni.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 34(4) 624-31 2010年05月 査読有り
  • Adjunctive treatment with low-dosage aripiprazole for blonanserin-induced hyperprolactinemia in a female patient with schizophrenia.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 34(7) 1361-2 2010年01月 査読有り
  • 青年期広汎性発達障害者の脳灰白質減少 -VBM研究-
    小坂 浩隆、大森 晶夫、棟居 俊夫、石飛 信、高橋 哲也、村田 哲人、岡沢 秀彦、定藤 規弘、和田 有司
    臨床脳波 51(8) 483-489 2009年08月 査読有り
  • Relationship between plasma leptin level and brain structure in elderly: A voxel-based morphometric study.
    K.Narita, H.Kosaka, H.Okazawa, T.Murata, Y.Wada.
    Biol Psychiatry 65(11) 992-994 2009年06月 査読有り
  • Age-related variation in EEG complexity to photic stimulation: a multiscale entropy analysis.
    T.Takahashi, R.Y.Cho, T.Murata, T.Mizuno, M.Kikuchi, K.Mizukami, H.Kosaka, K.Takahashi, Y.Wada.
    Clin Neurophysiol 12(3) 476-483 2009年03月 査読有り
  • Application of a multifractal analysis to study brain white matter abnormalities of schizophrenia on T2-weighted magnetic resonance imaging.
    T.Takahashi, H.Kosaka, T.Murata, M.Omori, K.Narita, H.Mitsuya, K.Takahashi, H.Kimura, Y.Wada.
    Psychiatry Res 171(3) 177-188 2009年03月 査読有り
  • Effect of vitamin E treatment on progressive cognitive impairment in a patient with adult-onset ataxia: A case report.
    T.Takahashi, T.Murata, H.Kosaka, M.Yoneda, Y.Wada.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 33(1) 15-152 2009年02月 査読有り
  • A patient with partial seizures manifested as panic attacks and auditory hallucination.
    H.Kosaka, T.Murata, T.Takahashi, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada.
    Epilepsy & Seizure 2(1) 28-33 2009年01月 査読有り
  • Associations between trait anxiety, insulin resistance, and atherosclerosis in the elderly: A pilot cross-sectional study.
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, H.Kosaka, S.Sudo, K.Mizukami, H.Yoshida, Y.Wada.
    Psychoneuroendocrinology 33(3) 35-312 2008年04月 査読有り
  • 母性を育てる学習プログラムの開発と評価-心理・生理・内分泌・脳科学による母性性育成過程の解明
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、中井 昭夫、波崎 由美子、松木 健一、田邊 美智子
    平成17年度~19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 2008年03月 査読無し
  • Adiponectin multimer distribution, not absolute amount of plasma, correlates with depression severity in healthy elderly subjects.
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, T.Takahashi, H.Kosaka, S.Sudo, K.Mizukami, H.Yoshida, Y.Wada.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 32(1) 124-127 2008年01月 査読有り
  • Experience with Infants Develops the Parenting Brain of the Adolescents -A Functional Brain Imaging Study of First-hand Learning about Infants.
    A.Nakai, A.Sasaki, H.Kosaka, K.Matsuki, M.Tanabe.
    Infant Mental Health Journal 29(3A) 65 2008年
  • 認知機能・小脳失調の悪化に対しビタミンE補充療法が奏功した小脳萎縮症の1例
    井川 正道、米田 誠、高橋 哲也、村田 哲人、水野 智之、小坂 浩隆、和田 有司、栗山 勝
    神経治療学 25(3) 298 2008年 査読有り
  • The association between anger-related personality trait and cardiac autonomic response abnormalities in elderly subjects.
    K.Narita, T.Murata, T.Takahashi, T.Hamada, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada.
    Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 257(6) 325-329 2007年09月 査読有り
  • Association between trait anxiety and endothelial function observed in elderly males but not in young males.
    K.Narita, T.Murata, T.Hamada, T.Takahashi, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada.
    Int Psychogeriatr 19(5) 947-954 2007年01月 査読有り
  • Abnormal pontine activation in pathological laughing as shown by functional magnetic resonance imaging.
    H.Kosaka, N.Omata, M.Omori, T.Shimoyama, T.Murata, K.Kashikura, T.Takahashi, J.Murayama, Y.Yonekura, Y.Wada.
    J Neurol Nerosurg Psychiatry 77(12) 1376-8 2006年12月 査読有り
  • Multifractal analysis of deep white matter microstructural changes on MRI in relation to early-stage atherosclerosis.
    T.Takahashi, T.Murata, K.Narita, T.Hamada, H.Kosaka, M.Omori, K.Takahashi, H.Kimura, H.Yoshida, Y.Wada.
    Neuroimage 32(3) 1158-66 2006年09月 査読有り
  • Plasma levels of adiponectin and tumor necrosis factor-alpha in patients with remitted major depression receiving long-term maintenance antidepressant therapy.
    K.Narita, T.Murata, T.Takahashi, H.Kosaka, N.Omata, Y.Wada.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 3(6) 1159-62 2006年08月 査読有り
  • 統合失調症のfMRI研究の動向
    小坂 浩隆、大森 晶夫、和田 有司
    Shizophrenia Frontier 6(4) 267-274 2005年11月 査読無し
  • Changes in EEG and autonomic nervous activity during meditation and their association with personality traits.
    T.Takahashi, T.Murata, T.Hamada, M.Omori, H.Kosaka, M.Kikuchi, H.Yoshida, Y.Wada.
    Int J Psychophysiology 55 199-27 2005年02月 査読有り
  • functional MRIによる高次脳機能評価(2) -認知機能と精神疾患研究-
    大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    臨床脳波 47(2) 127-134 2005年02月 査読無し
  • 連載 画像診断ABC:機器の進歩とその利用〈6〉 2.機器 MRI機器 ~最近の進歩:新しい利用法とその展開~
    木村 浩彦、越元 佳郎、植松 秀昌、伊藤 春海、小坂 浩隆、山口 功、藤原 康博、椛沢 宏之、松田 豪
    医薬ジャーナル 41(1) 42135 2005年01月 査読無し
  • functional MRIによる高次脳機能評価(1) -基礎と臨床応用-
    大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    臨床脳波 47(1) 54-61 2005年01月 査読無し
  • 禅瞑の性質を特徴づける個人の特性不安水準-リラクゼーションと内向的注意のどちらが主体かに関して-
    高橋 哲也、村田 哲人、浜田 敏彦、大森 晶夫、小坂 浩隆、吉田 治義、和田 有司
    日本薬物脳波学会雑誌 6(1) 38-41 2004年07月 査読無し
  • fMRIによる統合失調症の脳機能研究
    和田 有司、大森 晶夫、小坂 浩隆
    日本薬物脳波学会雑誌 6(1) 21-23 2004年07月 査読無し
  • Individual trait anxiety levels characterizing the properties of zen meditation.
    T.Murata, T.Takahashi, T.Hamada, M.Omori, H.Kosaka, H.Yoshida, Y.Wada.
    Neuropsychobiology 5(2) 189-94 2004年02月 査読有り
  • Quantitative evaluation of age-related white matter microstructural changes on MRI by multifractal analysis.
    T.Takahashi, T.Murata, M.Omori, H.Kosaka, K.Takahashi, Y.Yonekura, Y.Wada.
    J Neurol Sci. 225(42006) 12236 2004年01月 査読有り
  • Neural substrates participating in acquisition of facial familiarity: an fMRI study.
    H.Kosaka, M.Omori, T.Iidaka, T.Murata, T.Shimoyama, T.Okada, N.Sadato, Y.Yonekura, Y.Wada.
    Neuroimage 2(3) 1734-1742 2003年11月 査読有り
  • functional MRIによる高次脳機能評価(1) -基礎と臨床応用-
    大森 晶夫、小坂 浩隆、飯高 哲也、下山 智裕、村田 哲人、和田 有司
    脳と精神の医学 14(2) 99-16 2003年06月 査読無し
  • Abnormal nocturnal blood pressure fall in senile-onset depression with subcortical silent cerebral infarction.
    T.Hamada, T.Murata, M.Omori, T.Takahashi, H.Kosaka, Y.Wada, H.Yoshida.
    Neuropsychobiology 47(4) 187-191 2003年05月 査読有り
  • Differential amygdala response during facial recognition in patients with schizophrenia: an fMRI study.
    H.Kosaka, M.Omori, T.Murata, T.Iidaka, H.Yamada, T.Okada, T.Takahashi, N.Sadato, H.Itoh, Y.Yonekura, Y.Wada.
    Schizophr Res 57(1) 87-95 2002年09月 査読有り
  • Age-related differences in the medial temporal lobe responses to emotional faces as revealed by fMRI.
    T.Iidaka, T.Okada, T.Murata, M.Omori, H.Kosaka, N.Sadato, Y.Yonekura.
    Hippocampus 12(3) 352-362 2002年04月 査読有り
  • MRI white matter hyperintensities, (1)H-MR spectroscopy and cognitive function in geriatric depression: a comparison of early- and late-onset cases.
    T.Murata, H.Kimura, M.Omori, H.Kado, H.Kosaka, T.Iidaka, H.Itoh, Y.Wada.
    Int J Geriatr Psychiatry 16(12) 1129-1135 2001年12月 査読有り
  • Neural interaction of the amygdala with the prefrontal and temporal cortices in the processing of facial expressions as revealed by fMRI.
    T.Iidaka, M.Omori, T.Murata, H.Kosaka, Y.Yonekura, T.Okada, N.Sadato.
    J Cogn Neurosci 13(8) 135-147 2001年11月 査読有り
  • Quantitative evaluation of magnetic resonance imaging of deep white matter hyperintensity in geriatric patients by multifractal analysis.
    T.Takahashi, T.Murata, M.Omori, H.Kimura, H.Kado, H.Kosaka, K.Takahashi, H.Itoh, Y.Wada.
    Neurosci Lett 314(3) 143-146 2001年11月 査読有り
  • 視覚誘導性運動選択課題の遂行時における精神分裂病患者の脳賦活変化 -functional MRIによる検討-
    大森 晶夫、村田 哲人、山田 弘樹、田中 雅人、伊藤 春海、飯高 哲也、小坂 浩隆、和田 有司
    脳と精神の医学 12(1) 45-52 2001年 査読有り
  • Analysis of the human sleep electroencephalogram by the correlation dimension.
    T.Kobayashi, S.Madokoro, T.Ota, H.Ihara, Y.Umezawa, J.Murayama, H.Kosaka, K.Misaki, H.Nakagawa.
    Psychiatry Clin Neurosci 54(3) 278-279 2000年 査読有り
  • Cloning, functional expression and tissue distribution of rabbit alpha1a-adrenoceptor.
    S.Miyamoto, T.Taniguchi, F.Suzuki, M.Takita, N.Kosaka, E.Negoro, T.Okuda, H.Kosaka, S.Murata, S.Nakamura, Y.Akagi, M.Ohshita, Y.Watanabe, I.Muramatsu.
    Life Sci 6(23) 269-274 1997年 査読有り

著書

  • The Neuroimaging of Brain Diseases Structural and Functional Advances (Habas, Christophe)
    Okamoto Y, Kosaka H
    分担執筆
    Recent insights from fMRI studies into the neural basis of reciprocal imitation in autism spectrum disorders.pp233-244
    Springer International Publishing 2018年06月
  • データで読み解く発達障害
    石飛 信、小坂 浩隆、神尾 陽子
    分担執筆
    ASD: 薬物療法と注意点
    中山書店 2016年05月
  • 専門医のための精神科臨床リュミエール2
    小坂 浩隆
    執筆、編集
    『精神疾患と脳画像』 I.検査の実際とデータの意義 2.fMRI
    中山書店 2008年06月
  • 実践にいかすアリピプラゾール症例集2
    小坂 浩隆
    執筆、編集
    リスペリドンからの時間をかけたスイッチングにより症状の改善と副作用の軽減が認められた1症例
    メディカルレビュー社 2009年05月
  • 子どものPTSD 診断と治療
    小坂 浩隆
    執筆、編集
    自閉症とトラウマ 思春期以降
    診断と治療社 2014年05月
  • 子ども・大人の発達障害診療ハンドブック年代別に見る症例と発達障害データ集
    岡本悠子、小坂浩隆
    分担執筆
    ASDの脳画像
    中山書店 2018年01月
    978-4-521-74568-8
  • 子ども・大人の発達障害診療ハンドブック年代別に見る症例と発達障害データ集
    小坂浩隆
    分担執筆
    発達障害のバイオマーカー
    中山書店 2018年01月
    978-4-521-74568-8
  • 発達障害(最新醫學別冊 診断と治療のABC 130)
    小坂浩隆
    分担執筆
    オキシトシン治療-期待できることと限界について-
    最新医学社 2018年01月

講演・口頭発表等

  • 自閉スペクトラム症成人における社会的相互関係,社交不安症状,流暢性がコミュニケーション行為に与える影響についての検討
    木村友香理、藤岡徹、丁ミンヨン、小泉径子、小坂浩隆
    第59回日本児童青年精神医学会総会 2018年10月
  • ECT直後にたこつぼ型心筋症を発症した老年期女性:症例報告
    幅田加以瑛、大森一郎、上野幹二、小坂浩隆
    第195回北陸精神神経学会 2019年03月
  • 治療関係構築に苦慮した摂食障害の思春期女性:症例報告
    石橋知明、福岡彩加、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    第195回北陸精神神経学会 2019年03月
  • 前頭葉機能低下を呈した脳梁菲薄化を伴うクッシング症候群の一例
    武藤悠平、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    第195回北陸精神神経学会 2019年03月
  • 薬剤性過敏症症候群(DIHS)の経過中に悪性症候群を発症した双極性感情障害の一例
    武藤悠平、田中悠二、馬場夏希、東間正人、小坂浩隆
    第194回北陸精神神経学会 2018年07月
  • 脳科学からみた病態に関する最新知見と臨床
    小坂浩隆
    第59回心身医学会 2018年06月
  • 強迫症を呈する男児への曝露反応妨害法の実践
    牧野拓也、水野賀史、片山智子、滝口慎一郎、鈴木太、森本武志、小坂浩隆、友田明美
    第3回 臨床行動分析カンファレンス 2018年05月
  • 小児期から成人期ADHDの連続性
    小坂浩隆
    日本ADHD学会 第9回総会 2018年03月
  • People with autism spectrum disorder experience less pleasure through social action-outcome contingency.
    Sumiya M, Okamoto Y, Koike T, Tanigawa T, Okazawa H, Kosaka H, Sadato N.
    Interactive Eye Gaze: A Window to Typical and Atypical Social Behaviours 2018年02月
  • 福井県での児童精神科医療の浸透
    小坂浩隆
    第30回日本総合病院精神医学会総会 2017年11月
  • Abstractness of value representation in orbitofrontal cortex
    Yoshimoto T, Chikazoe J, Okazaki S, Sumiya M, Takahashi HK, Nakagawa E, Koike T, Kitada R, Okamoto S, Nakata M, Kosaka H, Yada T, Sadato N.
    The Society for Neuroscience 47th annual meeting 2017年11月
  • Attention to eye in still face strongly related to sociality compared to other social information in children with Autism Spectrum Disorder.
    Fujioka T, Mizuno Y, Takiguchi S, Fujisawa TX, Tsuchiya KJ, Katayama T, Tomoda A, Hiratani M, Kosaka H.
    American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 64th Annual Meeting 2017年10月
  • Structural connectivity and resting-state brain activity of the lateral occipital cortex impact social communication deficit in boys with autism spectrum disorder
    Jung M, Kosaka H, Kong J.
    International Autism Conference Tokyo 2017 2017年10月
  • Surfaced based shared and distinct resting functional connectivity between attention-deficit/hyperactivity disorder and autism spectrum disorder
    Jung M, Kosaka H, Kong J.
    International Autism Conference Tokyo 2017 2017年10月
  • ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質-小脳の実行機能ネットワークの関連
    水野賀史、丁ミンヨン、藤澤隆史、島田浩二、齋藤大輔、小坂浩隆、友田明美
    第44回日本脳科学会 2017年10月
  • 選択性緘黙の併存が自閉スペクトラム症の社会的情報への注目にあたえる影響
    藤岡徹、新井清義、水野賀史、滝口慎一郎、藤澤隆史、土屋賢治、片山泰一、松﨑秀夫、友田明美、平谷美智夫、小坂 浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 被虐待児の社会的認知に対するオキシトシン投与の有効性の検討
    小泉径子、藤岡徹、滝口慎一郎、水野賀史、石川俊介、升谷泰裕、松村由紀子、岡崎玲子、野路恵里佳、友田明美、小坂浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 自閉スペクトラム症の成人における心情理解と援助動機
    米田英嗣、小坂浩隆、岡沢秀彦
    教育心理学会第59回総会 2017年10月
  • 青年期後期~成人期自閉スペクトラム症における発話特徴の分析
    木村友香理、藤岡徹、岡本悠子、小泉径子、伊藤祐康、小坂浩隆
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 反応性愛着障害児における小児期逆境経験のタイプとタイミングが灰白質減少に及ぼす影響
    藤澤隆史、滝口慎一郎、小坂浩隆、友田 明美
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 読字障害(発達性ディスレクシアDevelopmental Dyslexia:DD)308例より 第2報:DD308例の背景要因の検討 ―高い頻度の注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害の併存とそれを意識した病態理解と治療・療育の重要性-
    平谷美智夫、服部恵、仲嶺実甫子、滝口慎一郎、巨田元礼、川谷正男、藤岡徹、荻野和雄、小坂浩隆、友田明美
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • Multimodal neuroimaging アプローチにおける自閉症スペクトラム障害の診断補助
    丁ミンヨン、小坂浩隆、Jian Kong
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • Empathy and helping behaviors in narrative comprehension: Comparison between adults with autism spectrum disorder and typically developing adults
    Komeda H, Kosaka H, Okazawa H.
    27th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse 2017年07月
  • 自閉スペクトラム症の臨床研究の動向-福井大学での臨床研究を中心に-
    小坂浩隆
    第192回北陸精神神経学会 2017年07月
  • 価値表象における,対象の同一性の神経基盤の検討
    吉本 隆明、近添 淳一、岡崎 俊太郎、角谷 基文、高橋 晴香、中川 恵理、小池 耕彦、北田 亮、岡本 士毅、矢田 俊彦、小坂 浩隆、定藤 規弘
    第19回 日本ヒト脳機能マッピング学会 2017年03月 選考有り
  • 多彩な精神病症状を呈したウイルソン病の1例
    久保賢太郎、片山寛人、林 浩嗣、松村由紀子、小坂浩隆、東間正人、和田有司
    第191回北陸精神神経学会 2017年01月
  • Altered maturation of the fusiform face area and the extrastriate body area for individuals with autism spectrum disorders.
    Y.Okamoto, H.Kosaka, R.Kitada, A.Seki, H.C.Tanabe, M.J.Hayashi, T.Kochiyama, D.N.Saito, H.T.Yanaka, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Omori, Y.Wada, H.Okazawa, T.Koeda, N.Sadato.
    Society for Neuriscience 2016年11月 選考有り
  • Over-entrainment to the partner’s eye blinks during eye-contact in autistic spectrum disorders
    T.Koike, K.H.Takahashi, E.Nakagawa, S.Okazaki, C.H.Tanabe, H.Kosaka, H.Okazawa, N.Sadato.
    Society for Neuriscience 2016年11月 選考有り
  • 発達性ディスレクシア児の臨床像から見落とし防止について考える~よりよい生活を提供するために~
    藤岡 徹
    日本LD学会第25回大会(東京) 2016年11月 選考有り
  • The Abnormal Regional Neural Function and Functional Integration of the Cerebellum in Children and Adolescents with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder.
    Y.Mizuno, M.Jung, T.X.Fujisawa, S.Takiguchi, K.Shimada, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    AACAP's 63rd Annual Meeting 2016年10月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症児の適応能力と社会的情報への注視時間の関連性
    藤岡 徹、新井 清義、藤澤 隆史、土屋 賢治、片山 泰一、友田 明美、平谷 美智夫、小坂 浩隆
    第57回日本児童青年精神医学会総会 2016年10月 選考有り
  • オキシトシン単回投与が非協力者の魅力度評価に与える影響
    小泉 径子、松村 由紀子、石川 俊介、升谷 泰裕、岡崎 玲子、岡本 悠子、藤岡 徹、滝口 慎一郎、友田 明美、小坂 浩隆
    第57回日本児童青年精神医学会総会 2016年10月 選考有り
  • The effect of oxytocin on detection of altruistic person for children.
    M.Koizumi, Y.Matsumura, S.Ishikawa, H.Matsumoto, Y.Masuya, R.Okazaki, Y.Okamoto, T.Fujioka, S.Takiguchi, A.Tomoda, H.Kosaka.
    The 22nd International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP) World Congress and the 36th CACAP Conference 2016年09月 選考有り
  • Distinct neural representation of perspective of hand in the lateral occipito-temporal cortex.
    Y.Okamoto, R.Kitada, S.Arai, T.Kochiyama, S.Ishikawa, N.Sadato, H.Okazawa, H.Kosaka.
    The 39th annual meeting of the Japan neuroscience society 2016年07月 選考有り
  • Maturation of cerebellar afferent and efferent tracts in typically developed brains.
    K.Amemiya, T.Morita, D.N.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada, E.Naito.
    The 39th annual meeting of the Japan neuroscience society 2016年07月 選考有り
  • The regional neural function and functional integration of the cerebellum in children with ADHD: A resting-state fMRI study.
    Y.Mizuno, M.Jung, T.X.Fujisawa, K.Shimada, S.Takiguchi, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda. .
    The 8th International Neuroscience and Biological Psychiatry Regional “Stress and Behavior” Conference 2016年07月 選考有り
  • 反応性愛着障害における報酬機能不全
    滝口 慎一郎、藤澤 隆史、島田 浩二、水島 栄、齋藤 大輔、岡本 悠子、小坂 浩隆、友田 明美
    第8回日本子ども虐待医学会学術集会 2016年07月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症児へのヒト型ロボットを用いたコミュニケーション訓練法についての検討
    熊崎 博一、松本 吉央、吉川 雄一郎、宮尾 益知、小坂 浩隆、友田 明美、中野 三津子、前田 貴記、村松 太郎、三村 將
    第112回日本精神神経学会学術総会 2016年06月 選考有り
  • The neural effects of intranasal oxytocin administration in reactive attachment disorder.
    S.Takiguchi, T.X.Fujisawa, S.Mizushima, D.N.Saito, K.Shimada, Y.Okamoto, NS.Ishikawa, S.Takada, Y.Mizuno, H.Kosaka, A.Tomoda.
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動
    水野 賀史、丁 ミンヨン、藤澤 隆史、滝口 慎一郎、島田 浩二、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症における顔認知・身体認知に関与する視覚領域の発達遅延
    岡本 悠子、小坂 浩隆、北田 亮、関 あゆみ、田邊 宏樹、林 正道、河内 山隆紀、齋藤 大輔、谷中 久和、棟居 俊夫、石飛 信、大森 晶夫、和田 有司、岡沢 秀彦、小枝 達也、定藤 規弘
    第18回日本ヒト脳機能マッピング学会 2016年03月 選考有り
  • 注意欠如多動症サブグループごとのContinuous performance task成績の時系列的検討- the Advanced Test of Attentionを用いた検討-
    藤岡 徹、滝口 慎一郎、平谷 美智夫、小坂 浩隆、友田 明美 
    第7回ADHD学会 2016年02月 選考有り
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動
    水野 賀史、丁 ミンヨン、藤澤 隆史、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    第7回ADHD学会 2016年02月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症の社会性を探る: fMRI研究
    小坂 浩隆
    第3回生物学的自閉症研究会 2016年02月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症における唾液中/血漿中オキシトシン濃度と社会性の障害との関連 ―視線追跡装置であるGazeFinderRを用いて―
    松村 由紀子、藤岡 徹、藤澤 隆史、岡本 悠子、新井 清義、田仲 志保、升谷 泰裕、石飛 信、岡崎 玲子、石川 俊介、丁 ミンヨン、小泉 径子、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年10月 選考有り
  • 胎児期の性ホルモン暴露と女性自閉症スペクトラム障害の関係
    岡本 悠子、升谷 泰裕、松村 由紀子、藤岡 徹、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • 簡易視線追跡装置「GazeFinder」の思春期・青年期男性における自閉スペクトラム症判別機器としての妥当性検証
    藤岡 徹、岡本 悠子、升谷 泰裕、石飛 信、齋藤 大輔、丁 ミンヨン、新井 清義、松村 由紀子、藤澤 隆史、小泉 径子、鈴木 勝昭、土屋 賢治、森 則夫、片山 泰一、棟居 俊夫、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症特性に関するDefault mode networkの性差
    水野 賀史、丁 ミンヨン、齋藤 大輔、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • 虐待環境からの隔離によるネガティブ表情読み取り能力の変化
    小泉 径子、滝口 慎一郎、熊崎 博一、友田 明美、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • ADHD児における前頭極の機能成熟:self-generated working memory時の脳活動変化
    新井 清義、岡本 悠子、藤岡 徹、石飛 信、松村 由紀子、丁 ミンヨン、河村 佳保里、滝口 慎一郎、友田 明美、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症児へのヒューマノイドを用いた対話訓練法の確立
    熊崎 博一、吉川 雄一郎、松本 吉央、根本 彩紀子、水島 栄、藤澤 隆史、小坂 浩隆、友田 明美、中野 三津子、石黒 浩、宮尾 益知
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月 選考有り
  • Altered frontal pole development affect ing self-generated working memory in children with ADHD
    新井 清義、岡本 悠子、藤岡 徹、猪原 敬介、石飛 信、松村 由紀子、丁 ミンヨン、河村 佳央里、滝口 慎一郎、友田 明美、和田 有司、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第42回日本脳科学会 2015年09月 選考有り
  • COMT遺伝子多型が小児期ADHDの線条体の灰白質異常に及ぼす影響
    島田 浩二、藤澤 隆史、滝口 慎一郎、成瀬 廣亮、小坂 浩隆、岡沢 秀彦、友田 明美
    第42回日本脳科学会 2015年09月 選考有り
  • Male brain is more affected by autism spectrum traits than female.
    M.Jung, D.N.Saito, A.Tomoda, H.Okazawa, Y.Wada, H.Kosaka.
    The Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2015 Annual Meeting 2015年06月 選考有り
  • Shared right inferior frontoparietal substrates for corporeal awareness and self identification.
    T.Morita, D.N.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada, E.Naito.
    The Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2015 Annual Meeting 2015年06月 選考有り
  • Functional connectivity changes of default-mode brain network by personal growth from adversity.
    T.X.Fujisawa, M.Jung, M.Kojima, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    The Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2015 Annual Meeting 2015年06月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症向けの嗅覚アプリケーションを用いた嗅覚特性の評価
    熊崎 博一、友田 明美、小坂 浩隆、松浦 絵理、岡田 謙一、村松 太郎、三村 將
    日本精神神経学会学術総会 2015年06月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症者への経鼻的オキシトシン継続投与の臨床試験報告と今後の展開
    小坂 浩隆(ワークショップ、コーディネーター・発表者)
    日本精神神経学会学術総会 2015年06月 選考有り
  • Resting State Functional Connectivity of Social Brain Regions in Autism Spectrum Disorder: Correlated with Social Symptom Severity in ASD.
    M.Jung, D.N.Saito, A.Sasaki, T.Munesue, H.Okazawa, H.Kosaka.
    International Meeting for Autism Research (IMFAR) 2015 2015年05月 選考有り
  • Can Robotic Interaction Improve Nonverbal Communication and Social Anxiety of Children with Autism Spectrum Disorders?
    H.Kumazaki, Y.Yoshikawa, Y.Matsumoto, S.Mizushima, T.X.Fujisawa, H.Kosaka, A.Tomoda, S.Nemoto, M.Nakano, M.Miyao, T.Maeda, H.Ishiguro, T.Muramatsu, M.Mimura.
    International Meeting for Autism Research (IMFAR) 2015 2015年05月 選考有り
  • Which parameters differ in the gait of children with Attention Deficit-Hyperactivity Disorder?
    H.Naruse, C.Yatsuga, T.X.Fujisawa, H.Kumazaki, S.Takiguchi, S.Mizushima, H.Matsuo, M.Kubota, S.Shimada, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    5th World congress on ADHD 2015年05月 選考有り
  • Assessment of Olfactory Detection Thresholds in Adolescents with Autism Spectrum Disorder Using New Olfactory Measurement System.
    ,H.Kosaka.
    American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 61st Annual Meeting. 2015年01月 選考有り
  • 定型発達児における reading the mind in the eyes test の脳内神経基盤の探求
    水島 栄、島田 浩二、小泉 径子、熊﨑 博一、藤澤 隆史、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    第41回日本脳科学会 2014年11月 選考有り 日本脳科学会
  • 定型発達児におけるReading the Mind in the Eyes Testの脳内神経基盤の探求
    水島 栄、島田 浩二、小泉 径子、熊﨑 博一、藤澤 隆史、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    第41回日本脳科学会 2014年11月 選考有り 日本脳科学会
  • 自閉症スペクトラム障害者のDMNの機能的連結に対するオキシトシン継続投与による影響
    小坂 浩隆、丁 ミンヨン、齋藤 大輔、石飛 信、猪原 敬介、新井 清義、升谷 泰裕、藤岡 徹、岡本 悠子、棟居 俊夫、友田 明美、佐藤 真、定藤 規弘、岡沢 秀彦、和田 有司
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考有り 神奈川
  • 自閉症における扁桃体の安静時脳活動
    丁 ミンヨン、齋藤 大輔、石飛 信、守田 知代、猪原 敬介、佐々木 章浩、新井 清義、升谷 泰裕、藤岡 徹、岡本 悠子、棟居 俊夫、友田 明美、定藤 規弘、岡沢 秀彦、飯高 哲也、和田 有司、小坂 浩隆
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考有り 神奈川
  • 他者による観察が自閉症スペクトラム障害者の自己意識情動に及ぼす影響の検討
    守田 知代、小坂 浩隆、齋藤 大輔、藤井 猛、石飛 信、棟居 俊夫、猪原 敬介、岡沢 秀彦、柿木 隆介、定藤 規弘、和田 有司
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考有り 神奈川
  • 成人、小児ASD におけるカテゴリー選択的な視覚領域の活動
    岡本 悠子、北田 亮、関 あゆみ、田邊 宏樹、林 正道、河内 山隆紀、棟居 俊夫、石飛 信、齋藤 大輔、谷中 久和、大森 晶夫、和田 有司、岡沢 秀彦、小坂 浩隆、小枝 達也、定藤 規弘
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考有り 神奈川
  • Preliminary fMRI study during the reward task in children and adolescents with Reactive Attachment Disorder.
    S.Takiguchi, T.X.Fujisawa, D.N.Saito, S.Mizushima, H.Kumazaki, M.Koizumi, M.Jung, H.Kosaka, A.Tomoda.
    ISPCAN International Congress 2014年09月 選考有り
  • Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits.
    M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, H.Okazawa, T.Iidaka.
    The 17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014) 2014年09月 選考有り
  • Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits
    M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, H.Okazawa, T.Iidaka.
    The 17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014) 2014年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)における安静状態の脳活動パターン ~ 定型発達群(TD)との比較 ~
    ジョン ミンヨン、小坂 浩隆、齋藤 大輔、石飛 信、守田 知代、猪原 敬介、浅野 みずき、新井 清義、棟居 俊夫、友田 明美、和田 有司、定藤 規弘、飯髙 哲也、岡沢 秀彦
    共感性の進化・神経基盤キックオフミーティング 2014年07月 選考無し H25年度採択科研費新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」
  • ベンゾジアゼピン多剤併用から抑肝散に置換し不安・不眠が軽快した白血病の一症例
    升谷 泰裕、西本 武史、高野 智早、石川 俊介、後藤 嵩志、高井 美穂子、小坂 浩隆、和田 有司
    第110回日本精神神経学会学術総会 2014年06月 選考有り
  • 「自閉症スペクトラムの臨床精神医学的研究の課題と挑戦」 自閉症スペクトラムの脳画像研究の取り組むべき課題
    小坂 浩隆
    第110回日本精神神経学会学術総会 2014年06月 選考有り
  • 「自閉症スぺクトラム障害の実践的治療の展望」 オキシトシン継続投与による自閉症スペクトラム障害者の社会性障害への治療法の可能性
    小坂 浩隆
    第110回日本精神神経学会学術総会 2014年06月 選考有り
  • Functional connectivity in default mode network predicts autism spectrum traits?
    M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Morita, K.Inohara, A.Sasaki, M.Asano, S.Arai, Y.Masuya, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka.
    The 20th annual meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2014年06月 選考有り
  • 自閉症スペクトラムの脳画像研究の取り組むべき課題
    小坂 浩隆
    第110回日本精神神経学会学術総会 2014年06月 選考有り
  • オキシトシン連続投与による自閉症スペクトラム障害者の社会性障害への治療法の可能性
    小坂 浩隆
    第110回日本精神神経学会学術総会 2014年06月 選考有り
  • Developmental changes of attention ability in children and adolescents.
    D.N.Saito, H.Yanaka, T.Fujii, H.Kosaka, T.Muramatsu, K.Matsumura, M.Sato, H.Okazawa.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Depressive mood modulates hippocampal CA1 during a pattern separarion task in healthy subjects: A functional MRI study.
    T.Fujii, D.N.Saito, H.Kosaka, H.Yanaka, H.Okazawa.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Neural substrates of contingency detection for self and other in individuals with autism spectrum disorder: an fMRI study.
    A.T.Sasaki, H.Kosaka, D.N.Saito, K.Inohara, M.Jung, R.Kitada, H.Okazawa, N.Sadato.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考無し BIRC, Univ. Fukui
  • Being observed do not modulate self-conscious emotion in autism spectrum disorders.
    T.Morita, H.Kosaka, D.N.Saito, T.Fujii, M.Ishitobi, T.Munesue, K.Inohara, H.Okazawa, R.Kakigi, N.Sadato.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考無し BIRC, Univ. Fukui
  • Developmental changes of attention ability in children and adolescents.
    D.N.Saito, H.Yanaka, T.Fujii, H.Kosaka, T.Muramatsu, K.Matsumura, M.Sato, H.Okazawa.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Default mode network in autism spectrum disorder (1) -Differences of functional connectivities compared individuals with typical development-
    H.Kosaka, M.Jung, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Morita, K.Inohara, A.Sasaki, M.Asano, S.Arai, Y.Masuya, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Default mode network in autism spectrum disorder (2) -Strength of functional connectivities in default mode network predicts autism spectrum traits?-
    M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Morita, K.Inohara, A.Sasaki, M.Asano, S.Arai, Y.Masuya, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Relationship between gaze fixations and oxytocin levels in adults with autism spectrum disorders: an eye-tracking study.
    K.Inohara, T.Fujisawa, Y.Masuya, M.Asano, M.Ishitobi, D.N.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • fMRI study of the reward system of pediatric patients with Reactive Attachment Disorder.
    S.Takiguchi, T.Fujisawa, D.N.Saito, C.Yatsuga, H.Kumazaki, S.Mizushima, T.Aoi, M.Kojima, H.Naruse, M.Koizumi, M.Jung, H.Kosaka, A.Tomoda.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Effects of methylphenidate in children with attention deficit hyperactivity disorder: A near-infrared spectroscopy study using CANTAB.
    S.Arai, N.Matsuura, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Kawamura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, H.Kosaka.
    International Workshop on Biomedical Imaging 2014年03月 選考有り
  • Effects of methylphenidate on neuropsychological performance in children with ADHD using the cambridge neuropsychological test automated battery (CANTAB).
    S.Arai, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Kawamura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka.
    The 2nd Asian congress on ADHD 2014年03月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム成人による自閉症スペクトラムをもつ他者に対する共感:fMRI研究
    米田 英嗣、小坂 浩隆、齋藤 大輔、間野 陽子、藤井 猛、谷中 久和、石飛 信、棟居 俊夫、岡沢 秀彦
    発達心理学会第25回大会 2014年03月 選考有り
  • Depressive mood modulates hippocampal CA1 during a pattern separation task in healthy subjects: a functional MRI study.
    T.Fujii, D.N.Saito, H.Kosaka, H.Yanaka, H.Okazawa.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Relationship between gaze fixations and oxytocin levels in adults with autism spectrum disorders: an eye-tracking study
    K.Inohara, T.Fujisawa, Y.Masuya, M.Asano, M.Ishitobi, D.N.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • fMRI study of the reward system of pediatric patients with Reactive Attachment Disorder
    S.Takiguchi, T.Fujisawa, D.N.Saito, C.Yatsuga, H.Kumazaki, S.Mizushima, T.Aoi, M.Kojima, H.Naruse, M.Koizumi, M.Jung, H.Kosaka, A.Tomoda.
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • Effects of methylphenidate in children with attention deficit hyperactivity disorder: A near-infrared spectroscopy study using CANTABR
    S.Arai, N.Matsuura, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Kawamura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, H.Kosaka.
    International Workshop on Biomedical Imaging 2014年03月 選考有り
  • Effects of Methylphenidate on Neuropsychological Performance in Children with ADHD using the Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery (CANTAB)
    S.Arai, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Kawamura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka.
    The 2nd Asian congress on ADHD 2014年03月 選考有り
  • レベチラセタムの追加投与が著効した若年ミオクロニーてんかんの1例
    石川 俊介、西本 武史、後藤 嵩志、升谷 泰裕、岡崎 玲子、小坂 浩隆、高橋 哲也、東間 正人、和田 有司
    第185回北陸精神神経学会 2014年01月 選考有り
  • 青年期ASD者における視線計測と血漿オキシトシン濃度の関連
    升谷 泰裕、岡本 悠子、藤澤 隆史、田仲 志保、新井 清義、浅野 みずき、丁 ミンヨン、石川 俊介、藤岡 徹、石飛 信、松村 由紀子、友田 明美、小坂 浩隆、石飛 信
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)における安静状態の脳活動パターン ~ 定型発達群(TD)との比較 ~
    新井 清義、藤岡 徹、石飛 信、浅野 みずき、滝口 慎一郎、丁 ミンヨン、岡本 悠子、友田 明美、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 保護者と教員は何を基準にADHD-RSをつけているのか? ~ADHD-RSとWISC-IVとの関連からの推測~
    藤岡 徹、平谷 美智夫、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • Resting-state functional connectivity MRI (rs-fcMRI)を用いた自閉症スペクトラム障害(ASD)とDefault-mode network (DMN)の関連性について:rs-fcMRIによるASDバイオマーカーの検討
    丁 ミンヨン、石飛 信、棟居 俊夫、岡本 悠子、藤岡 徹、新井 清義、浅野 みずき、升谷 泰裕、友田 明美、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 自閉症児における社会的情報に対する視線注視パターンと唾液中オキシトシン濃度
    藤澤 隆史、田仲 志保、熊崎 博一、小坂 浩隆、友田 明美
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • ADHD児とASD児における感覚の比較
    野路 恵里佳、熊崎 博一、新井 清義、滝口 慎一郎、藤澤 隆史、小坂 浩隆、平谷 美智夫、友田 明美
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 愛着障害に対するオキシトシン点鼻継続投与?症例報告?
    浅野 みずき、小坂 浩隆、野路 恵里佳、水島 栄、小泉 径子、藤澤 隆史、升谷 泰裕、滝口 慎一郎、友田 明美
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 低年齢層のADHD児におけるOROS-MPH治療効果の検討:CANTABを用いた実行機能評価
    新井 清義、藤岡 徹、石飛 信、浅野 みずき、滝口 慎一郎、丁 ミンヨン、岡本 悠子、友田 明美、平谷 美智夫、松浦 直己、小坂 浩隆
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 愛着障害に対するオキシトシン点鼻継続投与~症例報告~
    浅野 みずき、小坂 浩隆、野路 恵里佳、水島 栄、小泉 径子、藤澤 隆史、升谷 泰裕、滝口 慎一郎、友田 明美
    第55回日本児童青年精神医学会 2014年01月 選考有り
  • 福井大学遺伝診療部の現状と課題
    米田 誠、井川 正道、清野 千恵子、川谷 正男、畑 郁江、前田 浩幸、小坂 浩隆、東間 正人、松木 孝澄、和田 有司
    第58回日本人類遺伝学会 2013年11月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害における自己意識情動
    守田 知代、小坂 浩隆、齋藤 大輔、藤井 猛、石飛 信、棟居 俊夫、猪原 敬介、岡沢 秀彦、柿木 隆介、定藤 規弘
    第3回社会神経科学研究会 「社会的行動の決定機構」 2013年11月 選考有り 愛知
  • 緩和医療における外科医のあり方
    片山 寛次、廣野 靖夫、西本 武史、髙野 智早、村上 真、澤井 利次、森川 充洋、小練 研司、前田 浩幸、五井 孝憲、飯田 敦、山口 明夫、小林 美貴、小坂 浩隆
    第75回日本臨床外科学会総会 2013年11月 選考有り
  • がん患者のせん妄に対するアリピプラゾーンの有効性と忍容性に関する研究
    西本 武史、髙野 智早、渡邉 享平、小坂 浩隆、高橋 哲也、和田 有司、片山 寛次
    第26回日本サイコオンコロジー学会総会 2013年09月 選考無し
  • 唾液中オキシトシン濃度と対人関係の関連性
    藤澤 隆史、小坂 浩隆、浅野 みずき、友田 明美
    日本心理学会第77回大会 2013年09月 選考有り
  • The development of attentional network during childhood and adult: an fMRI study.
    D.N.Saito, H.Yanaka, T.Kochiyama, T.Fujii, H.Kosaka, T.Muramatsu, T.Shimada, K.Matsumura, M.Sato, H.Okazawa.
    19th Annual Meeting of The Organization for Human Brain Mapping 2013年06月 選考有り Organization for Human Brain Mapping
  • 注意に関する神経基盤の発達:Voxel-based morphometry研究.
    T.Fujii, D.N.Saitou, H.T.Yanaka, H.Kosaka, T.Muramatsu, H.Okazawa.
    Neuro2013 2013年06月 選考有り 日本神経科学会
  • 緩和医療におけるNSTと消化器外科医のあり方
    片山 寛次、西本 武史、高野 智早、小林 美貴、渡辺 享平、溝上 真樹、小坂 浩隆、村上 真、前田 浩幸、飯田 敦、山口 明夫
    第18回日本緩和医療学会学術大会 2013年06月 選考有り
  • Development of attentional networks: Voxel-Based Morphometry study
    T.Fujii, D.N.Saitou, H.T.Yanaka, H.Kosaka, T.Muramatsu, H.Okazawa.
    Neuro2013 2013年06月 選考有り 日本神経科学会
  • Depressive mood modulates anterior lateral CA1 during a pattern separation task in healthy individuals: a functional MRI study
    T.Fujii, D.N.Saito, H.Yanaka, H.Kosaka, H.Okazawa.
    Brain2013: XXVIth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function 2013年05月 選考有り International society for cerebral blood flow and metabolism
  • クロナゼパム無効のレム睡眠行動異常症に桂枝加竜骨牡蛎湯が著効した一例
    小坂 浩隆、石飛 信、浅野 みずき、西本 武史、松村 由紀子、渡邉 恵美、田中 悠二、東間 正人
    第109回日本精神神経学会学術総会 2013年05月 選考有り
  • Functional MRI researches in patients with autism spectrum disorders.
    H.Kosaka.
    Scientifoc Forum for Autism Spectrum Disorder 2013年02月 選考有り
  • ラメルテオン単剤治療が睡眠障害および衝動性に有効であった高機能自閉症の一例
    浅野 みずき、石飛 信、小坂 浩隆、平谷 美智夫
    第54回児童青年精神医学会総会 2013年01月 選考有り
  • 双極性障害のうつ病相に出現したカタトニアに対し、クエチアピンが奏功した自閉性障害の1例
    石飛 信、浅野 みずき、小坂 浩隆、平谷 美智夫
    第54回児童青年精神医学会総会 2013年01月 選考有り
  • 血液検体と唾液検体によるオキシトシン濃度測定値の相関性について
    升谷 泰裕、藤澤 隆史、浅野 みずき、石飛 信、丁 ミンヨン、新井 清義、石川 俊介、松村 由紀子、小坂 浩隆
    第54回児童青年精神医学会総会 2013年01月 選考有り
  • 広汎性発達障害患者におけるrisperidoneからaripiprazoleへの置換の安全性・有効性に関する前方視的検討
    石飛 信、平谷 美智夫、浅野 みずき、小坂 浩隆、和田 有司
    第23回日本臨床精神神経薬理学会第43回日本神経精神薬理学会合同年会 2013年01月 選考有り
  • ADHD児におけるOROS-MPH治療効果の検討:近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)によるワーキングメモリ評価
    新井 清義、石飛 信、浅野 みずき、猪原 敬介、丁 ミンヨン、平谷 美智夫、小坂 浩隆、松浦 直己
    第54回児童青年精神医学会総会 2013年01月 選考有り
  • 福井大学附属病院緩和ケアチームにおける神経ブロック適応症例の検討
    溝上 真樹、松木 悠佳、重見 研司、小坂 浩隆、西本 武史、片山 寛次、森川 美羽、中澤 雅子、佐藤 義高、青木 芳隆、久保 博子、北山 富士子、高野 智早、小林 美貴、成瀬 廣亮
    第18回福井県緩和医療研究会 2012年11月 選考無し
  • 描画検査が虐待の早期発見・介入につながった被虐待児の1例
    浅野 みずき、石飛 信、小坂 浩隆、友田 明美、和田 有司
    第32回日本精神科診断学会 2012年11月 選考有り
  • フェンタニル貼付剤の1日製剤から3日製剤への変更により改善した低活動型せん妄の1例
    渡邉 享平、西本 武史、住田 泰之、高野 智早、森川 美羽、溝上 真樹、佐藤 義高、小坂 浩隆、片山 寛次
    第18回 福井県緩和医療研究会 2012年11月 選考無し
  • ASD/ADHD児を対象とした前頭葉機能評価に関する研究
    新井 清義、松浦 直己、小坂 浩隆、石飛 信、浅野 みずき、平谷 美智夫、猪原 敬介
    第53回日本児童青年精神医学会 2012年11月 選考有り
  • 「福井大学附属病院緩和ケアチームにおける神経ブロック適応症例の検討
    溝上 真樹、松木 悠佳、重見 研司、小坂 浩隆、西本 武史、片山 寛次、森川 美羽、中澤 雅子、佐藤 義高、青木 芳隆、久保 博子、北山 富士子、高野 智早、小林 美貴、成瀬 廣亮
    第18回福井県緩和医療研究会 2012年11月 選考無し
    2012.11.10発表
  • 自閉症スペクトラム障害の社会障害を探る:fMRI研究
    小坂 浩隆
    第34回日本生物学的精神医学会 2012年09月 選考有り
  • フェンタニル貼付剤の1日製剤から3日製剤への変更により改善した低活動型せん妄の1例
    西本 武史、住田 泰之、高野 智早、渡辺 享平、森川 美羽、小坂 浩隆、片山 寛次、和田 有司
    第25回日本サイコオンコロジー学会総会 2012年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラム障害の顔認知と対人同調の不全:fMRI研究
    小坂 浩隆
    第35回日本神経科学大会 2012年09月 選考有り
  • 青年期男女の親性レベルの違いが乳児の泣きに対する局所脳活動へ及ぼす影響
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、岡沢 秀彦
    第31回日本思春期学会学術集会 2012年09月 選考有り
  • フェンタニル貼付剤の1日製剤から3日製剤への変更により改善した低活動型せん妄の1例
    西本 武史、住田 泰之、高野 智早、渡辺 享平、森川 美羽、小坂 浩隆、片山 寛次、和田 有司
    第25回日本サイコオンコロジー学会総会 2012年09月 選考有り
  • 育児期母親における母性意識の高低と局所脳活動の関係
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、波﨑 由美子、松木 健一、岡沢 秀彦
    第4回日本子ども虐待医学研究会学術集会 2012年08月 選考有り
  • 栄養状態改善に伴い認知機能の改善を認めた神経性無食欲症の一例 -CANTABによる検討-
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、大沼 真紀代、東間 正人、和田 有司
    第182回北陸精神神経学会 2012年07月 選考有り
  • Is it easy for autistic people to think about an autistic character’s behavior in a story? The effect of similarity between readers and characters in recognition.
    H.Komeda, H.Kosaka, D.N.Saito, K.Inohara, T.Munesue, H.Okazawa.
    The 22nd Annual Meeting of the Society for Text & Discourse 2012年07月 選考有り
  • 栄養状態改善に伴い認知機能の改善を認めた神経性無食欲症の一例-CANTABによる検討-
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、大沼 真紀代、東間 正人、和田 有司
    第182回北陸精神神経学会 2012年07月 選考有り
  • Is it easy for autistic people to think about an autistic character’s behavior in a story? The effect of similarity between readers and characters in recognition
    H.Komeda, H.Kosaka, D.N.Saito, K.Inohara, T.Munesue, H.Okazawa.
    The 22nd Annual Meeting of the Society for Text & Discourse 2012年07月 選考有り
  • Basic research on the development of parenthood: Comparison between mothers and fathers of the effects of listening to a crying infant on brain activation.
    A.Sasaki, H.Kosaka, Y.Namizaki, K.Matuki, H.Okazawa.
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2012年06月 選考有り
  • 母性意識の高低と局所脳活動の関係
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、波﨑 由美子、松木 健一、岡沢 秀彦
    第12回日本赤ちゃん学会学術集会 2012年06月 選考有り
  • Basic research on the development of parenthood: Comparison between mothers and fathers of the effects of listening to a crying infant on brain activation
    A.Sasaki, H.Kosaka, Y.Namizaki, K.Matuki, H.Okazawa.
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2012年06月 選考有り
  • 5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能改善を認めた統合失調症の二例 -CANTABによる検討-
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、石飛 信、水野 智之、村田 哲人、和田 有司
    第108回日本精神神経学会学術総会 2012年05月 選考有り
  • 広汎性発達障害患者におけるrisperidoneからaripiprazoleへの置換に関する後方視的検討
    浅野 みずき、石飛 信、平谷 美智夫、小坂 浩隆、水野 智之、高橋 哲也、八ツ賀 千穂、川谷 正男、村田 哲人、友田 明美、和田 有司
    第108回日本精神神経学会学術総会 2012年05月 選考有り
  • Self-Related Representation in Individuals with High-Functioning Autism.
    H.Komeda, H.Kosaka, D.N.Saito, Y.Mano, T.Fujii, H.Yanaka, T.Munesue, H.Okazawa.
    2012 International Meeting for Autism Research 2012年05月 選考有り
  • 5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能の改善を認めた統合失調症の二例-CANTABによる検討-
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、石飛 信、水野 智之、村田 哲人、和田 有司
    第108回日本精神神経学会学術総会 2012年05月 選考有り
  • Self-Related Representation in Individuals with High-Functioning Autism
    H.Komeda, H.Kosaka, D.N.Saito, Y.Mano, T.Fujii, H.Yanaka, T.Munesue, H.Okazawa.
    2012 International Meeting for Autism Research 2012年05月 選考有り
  • 青年期自閉症スペクトラム障害の脳研究
    小坂 浩隆
    第7回統合失調症学会学術集会 2012年03月 選考有り
  • 注意に関する神経基盤の発達:Voxel-based morphometry研究.
    T.Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, T.Muramatsu, H.Okazawa.
    Neuroscience 2012 2012年01月 選考有り
  • Social behaviors of autistic disorder are improved by long-term oxytocin administration: A case of 16-year-old girl.
    H.Kosaka, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Asano, D.N.Saito, T.Fujii, M.Omori, A.Tomoda, H.Okazawa, Y.Wada.
    Neuroscience 2012 2012年01月 選考有り
  • Neuroimaging and oxytocin effect in youth with autism spectrum disorders.
    H.Kosaka.
    The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry/The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry 2012年01月 選考有り
  • Development of attentional networks: Volume-Based Morphometry study
    T.Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, T.Muramatsu, H.Okazawa.
    Neuroscience 2012 2012年01月 選考有り
  • Neuroimaging and Oxytocin effect in Youth with Autism Spectrum Disorder
    H.Kosaka.
    The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry/The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry 2012年01月 選考有り
  • Oxytocin effect in young males with autism spectrum disorders: An eye-tracking study.
    H.Kosaka, T.Munesue, D.N.Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Narita, T.Murata, M.Omori, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada.
    Exploring Autism Research Collaboration Between Japan and United States Joint Academic Conference on Autism Spectrum Disorders 2011年12月 選考有り
  • Oxytocin effect in young males with autism spectrum disorders: An eye-tracking study
    H.Kosaka, T.Munesue, D.N.Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Narita, T.Murata, M.Omori, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada.
    Exploring Autism Research Collaboration Between Japan and United States Joint Academic Conference on Autism Spectrum Disorders 2011年12月 選考有り
  • Encoding related activity in dentate gyrus is associated with subjective mood: A functional MRI study.
    T.Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, H.Oikawa, H.Okazawa.
    Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り
  • 反抗挑戦性障害が併存したAD/HD男児例に対して、柴胡加竜骨牡蛎湯の追加投与が奏功した1例
    小坂 浩隆、石飛 信
    第52回日本児童青年精神医学会総会 2011年11月 選考有り
  • AD/HDとナルコレプシーの合併を認めた成人女性の1例
    石飛 信、小坂 浩隆、平谷 美智夫
    第52回日本児童青年精神医学会総会 2011年11月 選考有り
  • Oxytocin facilitates eye contact in young males with autism spectrum disorders.
    H.Kosaka, T.Munesue, D.N.Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, K.Narita, T.Murata, M.Omori, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada.
    Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り
  • がん性腹水、胸水に対する新しい治療戦略
    片山 寛次、光山 智也、渡辺 享平、髙野 智早、久保 博子、永野 秀樹、中澤 雅子、青木 芳隆、佐藤 義高、廣野 靖夫、五井 孝憲、西本 武史、小坂 浩隆
    第16回福井県緩和医療研究会 2011年11月 選考無し
  • 肺癌加療に伴う難治性吃逆にプレガバリンが奏功した2例
    森川 美羽、石﨑 武志、高野 智早、渡辺 亨平、田畑 麻里、佐藤 義高、西本 武史、小坂 浩隆、片山 寛次
    第16回福井県緩和医療研究会 2011年11月 選考無し
  • フェンタニル貼付剤使用時の注意点と血中濃度測定の有用性
    渡辺 亨平、矢野 良一、武澤 江合子、中村 敏明、政田 幹夫、高野 智早、久保 博子、森川 美羽、小坂 浩隆、西本 武史、佐藤 義高、中澤 雅子、片山 寛次
    第16回福井県緩和医療研究会 2011年11月 選考無し
  • Encoding related activity in dentate gyrus is associated with subjective mood: A functional MRI study
    T.Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, H.Oikawa, H.Okazawa.
    Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り
  • AD/HDとナルコレプシーの合併を認めた成人女性の1例
    石飛 信、小坂 浩隆、平谷 美智夫
    第52回日本児童青年精神医学会総会 2011年11月 選考有り
  • Oxytocin facilitates eye contact in young males with autism spectrum disorders
    H.Kosaka, T.Munesue, D.N.Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, K.Narita, T.Murata, M.Omori, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada.
    Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り
  • がん性腹水,胸水に対する新しい治療戦略
    片山 寛次、光山 智也、渡辺 享平、髙野 智早、久保 博子、永野 秀樹、中澤 雅子、青木 芳隆、佐藤 義高、廣野 靖夫、五井 孝憲、西本 武史、小坂 浩隆
    第16回福井県緩和医療研究会 2011年11月 選考無し
  • 緩和医療における消化器外科医の役割について
    片山 寛次、廣野 靖夫、西本 武史、髙野 智早、村上 真、澤井 利次、森川 充洋、小練 研司、前田 浩幸、五井 孝憲、飯田 敦、山口 明夫、小林 美貴、小坂 浩隆
    福井県緩和医療研 2011年10月 選考有り
  • 高機能自閉症スペクトラム成人の物語読解
    米田 英嗣、小坂 浩隆、齋藤 大輔、猪原 敬介、棟居 俊夫、岡沢 秀彦
    日本自閉症スペクトラム学会 2011年09月 選考有り 名古屋経済大学
  • 海馬歯状回におけるパターン分離による活動と主観的な気分との関係:機能的 MRI 研究
    藤井 猛、齋藤 大輔、谷中 久和、小坂 浩隆、及川 広志、岡沢 秀彦
    第34回日本神経科学大会 2011年09月 選考有り
  • 注意の違いに関わらず抑制の負荷は脳活動を変化させる:機能的MRI研究
    谷中 久和、齋藤 大輔、河内山 隆紀、藤井 猛、小坂 浩隆、島田 泰輔、浅井 竜哉、岡沢 秀彦
    第34回日本神経科学大会 2011年09月 選考有り
  • 5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能改善を認めた統合失調症の二例 -CANTABによる検討-
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、石飛 信、水野 智之、村田 哲人、和田 有司
    第180回北陸精神神経学会 2011年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラムにおけるEBAの機能低下-相互模倣時の自他の動作の比較に関わる神経基盤
    岡本 悠子、小坂 浩隆、北田 亮、田邊 宏樹、棟居 俊夫、石飛 信、林 正道、齋藤 大輔、河内 山隆紀、谷中 久和、大森 晶夫、和田 有司、岡沢 秀彦、定藤 規弘
    第13回日本ヒト脳機能マッピング学会 2011年09月 選考有り
  • 自閉症スペクトラムにおけるExtrastriate body area (EBA) の機能低下―相互模倣時の自他の動作の比較にかかわる神経基盤
    岡本 悠子、小坂 浩隆、北田 亮、田邊 宏樹、棟居 俊夫、石飛 信、林 正道、齋藤 大輔、谷中 久和、河内 山隆紀、大森 晶夫、守田 知代、和田 有司、板倉 昭二、岡沢 秀彦、定藤 規弘
    第34回日本神経科学大会-こころの脳科学- 2011年09月 選考有り
  • 5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能改善を認めた統合失調症の一例-CANTABによる検討
    岡崎 玲子、西本 武史、高橋 哲也、小坂 浩隆、石飛 信、水野 智之、村田 哲人、和田 有司
    第180回北陸精神神経学会 2011年09月 選考有り
  • 持続くも膜下投与にて患者調節鎮痛法(PCA)を導入することにより在宅療養への移行を可能にした一例から見えてきた地域医療連携の課題
    髙野 智早、廣瀬 宗孝、田畑 麻里、小坂 浩隆、佐藤 義高、森川 美羽、竹之内 ひろみ、渡辺 享平、谷 大輔、阿波 清美、片山 寛次
    第16回日本緩和医療学会学術大会 2011年07月 選考有り
  • Preparedness for parenthood among adolescent males and females -continuous learning experience of caring for infants and the evaluation of its effects with the scale of readiness for parenthood and fMRI?
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、末原 紀美代、町浦 美智子、岡沢 秀彦
     2011年06月 選考有り
  • The response inhibition load dependent activity: a functional MRI study.
    H.T.Yanaka, D.N.Saito, T.Kochiyama, T.Fujii, H.Kosaka, T.Shimada, H.Okazawa.
    Organization for Human Brain Mapping 2011 Annual Meeting 2011年06月 選考有り
  • 衝動制御障害とwearing-offを認めたParkinson病の1例
    遠藤 芳徳、井川 正道、松井 幸子、齋藤 有紀、武田 朋子、岸谷 融、村松 倫子、中地 亮、上野 亜佐子、松永 晶子、山村 修、濱野 忠則、米田 誠、小坂 浩隆
    第10回北陸パーキンソン病研究会 2011年06月 選考有り
  • Neural substrates of joint attention and inter-individual functional connectivity during mutual gaze in individuals with normal and autism spectrum disorders using dual functional MRI.
    H.C.Tanabe, H.Kosaka, D.N.Saito, T.Munesue, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, N.Sadato, Y.Wada.
    The 17th annual meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2011年06月 選考有り
  • Preparedness for Parenthood among Adolescent Males and Females - Continuous Learning Experience of Caring for Infants and the Evaluation of its Effects with the Scale of Readiness for Parenthood and fMRI ?
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、末原 紀美代、町浦 美智子、岡沢 秀彦
     2011年06月 選考有り
  • The response inhibition load dependent activity: a functional MRI study
    H.T.Yanaka, D.N.Saito, T.Kochiyama, T.Fujii, H.Kosaka, T.Shimada, H.Okazawa.
    Organization for Human Brain Mapping 2011 Annual Meeting 2011年06月 選考有り
  • 経鼻オキシトシン投与は自閉症スペクトラム障害者の目の領域への注視時間を延長する.
    小坂 浩隆、棟居 俊夫、齋藤 大輔、藤井 猛、谷中 久和、石飛 信、成田 耕介、村田 哲人、大森 晶夫、定藤 規弘、岡沢 秀彦、和田 有司
    第33回日本生物学的精神医学会 2011年05月 選考有り
  • 親性発達と神経基盤の関係-青年期男女と育児中の父親・母親の比較-
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、波崎 由美子、松木 健一、岡沢 秀彦
    第11回日本赤ちゃん学会学術集会 2011年05月 選考有り 日本赤ちゃん学会
  • 経鼻オキシトシン投与は自閉症スペクトラム障害者の目の領域への注視時間を延長する
    小坂 浩隆、棟居 俊夫、齋藤 大輔、藤井 猛、谷中 久和、石飛 信、成田 耕介、村田 哲人、大森 晶夫、定藤 規弘、岡沢 秀彦、和田 有司
    第33回日本生物学的精神医学会 2011年05月 選考有り
  • Adjunctive treatment with low-dosage pramipexole for risperidone-induced hyperprolactinemia and sexual dysfunction in a male patient with schizophrenia.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    第21回日本臨床精神神経薬理学会第41回日本神経精神薬理学会合同年会 2011年01月 選考有り
  • Adjunctive treatment with low-dosage pramipexole for risperidone-induced hyperprolactinemia and sexual dysfunction in a male patient with schizophrenia
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    第21回日本臨床精神神経薬理学会第41回日本神経精神薬理学会合同年会 2011年01月 選考有り
  • 覚せい剤精神病の救急受診例について―法的な側面からの考察を含めて―
    田中 悠二、小坂 浩隆、小俣 直人、須藤 哲、森田 浩史、木村 哲也、村田 哲人、和田 有司
    第23回日本総合病院精神医学会総会 2010年11月 選考有り
  • 緩和医療における消化器外科医の役割について
    片山 寛次、藤岡 雅子、小坂 浩隆、廣瀬 宗孝、塩浦 宏樹、佐藤 義高、渡辺 享平、田畑 麻里、渡邊 恵美、谷 大輔、久保 博子、髙野 智早、竹之内 ひろみ、山口 明夫
    第14回福井県緩和医療研究会 2010年11月 選考無し
  • 青年期男女の親性レベルの違いが乳児の泣きに対する生体反応へ及ぼす影響
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、波崎 由美子、松木 健一、岡沢 秀彦
    第51回日本母性衛生学会 2010年11月 選考有り 日本母性衛生学会
  • SSRI内服中に薬剤性錐体外路症状を来した老年期うつ病2例におけるミルタザピンの有用性
    多田 紀彦、小俣 直人、廣瀬 愛、小坂 浩隆、和田 有司
    第20回日本臨床精神神経薬理学会第40回日本神経精神薬理学会合同年会 2010年09月 選考無し
  • Aripiprazoleの少量追加投与により、blonanserin誘発性高プロラクチン血症の改善を認めた統合失調症の1例
    M.Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada.
    第20回日本臨床精神神経薬理学会第40回日本神経精神薬理学会合同年会 2010年09月 選考有り
  • 対応に苦慮した覚せい剤精神病の一例
    田中 悠二、小坂 浩隆、小俣 直人、村田 哲人、和田 有司
    第177回北陸精神神経学会 2010年09月 選考無し
  • 広汎性発達障害における自己評価プロセス:fMRI研究
    守田 知代、小坂 浩隆、齋藤 大輔、石飛 信、棟居 俊夫、板倉 昭二、大森 晶夫、岡沢 秀彦、和田 有司、定藤 規弘
    Nuero 2010 (第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路 2010年09月 選考有り
  • 遷延した経過をたどったカタトニアの一例
    上野 幹二、高橋 哲也、西本 武史、小坂 浩隆、小俣 直人、村田 哲人、和田 有司
    第176回北陸精神神経学会 2010年06月 選考有り
  • 青年期男女の親性レベルの違いが乳児の泣きに対する局所脳活動へ及ぼす影響
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、波崎 由美子、岡沢 秀彦
    第10回日本赤ちゃん学会学術集会 2010年06月 選考有り 日本赤ちゃん学会
  • Basic Research on the Development of Parenthood: Brain Activation Effects of Continuous Learning Experience of Caring for Infants in Adolescent Males and Females
    A.Sasaki, H.Kosaka, N.Sadato, H.Okazawa, M.Tanabe.
    Internattiona Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考有り
  • The 10 minutes exercise improves attentional ability in undergraduate students
    D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, T.Shimada, H.Okazawa.
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考有り 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Correlations between Smaller brain volume and Autism Spectrum Quotient or Intelligence Quotient in young male adults with pervasive developmental disorders
    H.Kosaka, M.Omori, T.Munesue, M.Ishitobi, Y.Matsumura, T.Takahashi, K.Narita, T.Murata, D.N.Saito, H.Uchiyama, T.Morita, T.Mizuno, M.Kikuchi, K.Mizukami, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada.
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考有り 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • ラモトリギン追加投与により発作症状と認知機能が改善した側頭葉てんかんの1例
    田中 悠二、小坂 浩隆、小俣 直人、村田 哲人、和田 有司
    第175回北陸精神神経学会 2010年01月 選考有り
  • Cingulate cortex dysfunction during self-face evaluation in pervasive developmental disorders.
    T.Morita, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, S.Itakura, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada, N.Sadato.
    Japan-US Brain Research Workshop Development of social brain."" 2010年01月 選考有り
  • セルトラリンで生じた錐体外路症状がパロキセチン置換後に改善した老年期うつ病の一例
    多田 紀彦、小俣 直人、廣瀬 愛、小坂 浩隆、和田 有司
    第19回日本臨床精神神経薬理学会第39回日本神経精神薬理学会合同年会 2009年11月 選考有り
  • Abnormal self-awareness in pervasive developmental disorders
    T.Morita, H.Kosaka, D.N.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, S.Itakura, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada, N.Sadato.
    New Frontiers in Social Cognitive Neuroscience 2009年11月 選考有り
  • Development of Parenthood for Adolescent Males and Females: Psychological, Physiological, and Brain Science Evaluation of First-hand Learning about Infants
    A.Sasaki, H.Kosaka, K.Suehara, M.Machiura, Y.Namizaki, K.Matu, M.Tanabe, N.Sadato, H.Okazawa.
    The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science 2009年09月 選考有り
  • 長期間未治療でcarbamazepineが奏効したtransient epileptic amnesiaの1例
    須藤 哲、小坂 浩隆、東野 芳史、小俣 直人、和田 有司
    第2回日本てんかん学会東海・北陸地方会 2009年07月 選考有り
  • 地域高齢者の精神的健康とその関連要因―福井県における予備的検討―
    大森 晶夫、小坂 浩隆、塚本 利幸、北條 蓮英、川端 啓之、西川 京子、吉弘 淳一
    第24回日本老年精神医学会 2009年06月 選考有り
  • Differential amygdala response to lower face in patients with pervasive developmental disorder:an fMRI study.
    M.Ishitobi, H.Kosaka, M.Omori, Y.Matsumura, K.Mizukami, T.Munesue, T.Murata, H.Okazawa, Y.Wada.
    2009AOCCN(Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009年04月 選考有り
  • Decreased bilateral insulae volume in youth with pervasive developmental disorders.
    H.Kosaka, M.Omori, T.Munesue, M.Ishitobi, Y.Matsumura, T.Takahashi, K.Narita, T.Murata, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada.
    2009AOCCN(Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009年04月 選考有り
  • 表情認知と自閉症尺度との関連について~fMRIでの予備的検討
    石飛 信、小坂 浩隆、大森 晶夫、松村 由紀子、水上 喜美子、村田 哲人、岡沢 秀彦、和田 有司
    第49回日本児童青年精神医学会総会 2008年11月 選考有り
  • 青年期広汎性発達障害者の脳灰白質減少 -VBM研究-
    小坂 浩隆、大森 晶夫、棟居 俊夫、石飛 信、松村 由紀子、斎藤 大輔、内山 仁志、高橋 哲也、水上 喜美子、菊地 充、村田 哲人、定藤 規弘、岡沢 秀彦、和田 有司
    第38回日本臨床神経生理学会 2008年11月 選考有り
  • 脳機能画像で異常が示された遁走を伴う全生活史健忘の2症例
    須藤 哲、小坂 浩隆、高橋 哲也、岡沢 秀彦、大森 晶夫、村田 哲人、和田 有司
    第13回日本神経精神医学会 2008年11月 選考無し
  • Chronological changes in the basic EEG rhythm in the elderly.
    K.Mizukami, S.Hasegawa, A.Terada, T.Katada, T.Takahashi, H.Kosaka, Y.Wada.
    The 14th World Congress of Psychophysiology 2008年09月 選考有り
  • Experience with Infants Develops the Parenting Brain of the Adolescents -A Functional Brain Imaging Study of First-hand Learning about Infants.
    A.Nakai, A.Sasaki, H.Kosaka, K.Matsuki, M.Tanabe.
    The 11th World Congress of the World Association for Infant Mental Health (WAIMH 2008) 2008年08月 選考有り
  • Correlation of brain gray matter volume loss and symptoms in youth with pervasive developmental disorders.
    H.Kosaka.
    Kanazawa University 21 Century COE International Symposium on Innovative Brain Science for Development Language Memory and Autism"" 2008年07月 選考有り
  • パニック発作と幻聴を呈したてんかんの1例:脳機能画像の変化
    小坂 浩隆、村田 哲人、高橋 哲也、大森 晶夫、岡沢 秀彦、和田 有司
    第1回日本てんかん学会東海・北陸地方会 2008年07月 選考有り
  • Functional imaging of “development of parenting brain” in adolescents.
    A.Nakai, A.Sasaki, H.Kosaka, K.Matsuki, M.Tanabe.
    the 14th Human Brain Mapping (HBM2008) 2008年06月 選考有り The Organization for Human Brain Mapping
  • SPECTで脳血流異常が示された遁走を伴う全生活史健忘の2症例
    須藤 哲、小坂 浩隆、高橋 哲也、岡沢 秀彦、大森 晶夫、村田 哲人、和田 有司
    第170回北陸精神神経学会 2008年06月 選考有り
  • Age-related nonlinear properties of EEG variation in post-photic stimulation: A multiscale entropy analysis.
    T.Takahashi, T.Murata, T.Mizuno, M.Kikuchi, K.Mizukami, K.Narita, H.Kosaka, K.Takahashi, Y.Wada.
    14th annual meeting of the organization for HBM 2008年06月 選考有り
  • 小脳失調の悪化に対してビタミン補充療法が奏功した小脳萎縮症の1例
    井川  正道、米田 誠、村田 哲人、小坂 浩隆、和田 有司、栗山 勝
    第26回日本神経治療学会 2008年06月 選考有り
  • Functional Imaging of “Development of Parenting Brain” in Adolescents
    A.Nakai, A.Sasaki, H.Kosaka, K.Matsuki, M.Tanabe.
    the 14th Human Brain Mapping (HBM2008) 2008年06月 選考有り The Organization for Human Brain Mapping
  • A Functional Imaging Study of Development of the Parenting Brain in Adolescents.
    A.Nakai, A.Sasaki, H.Kosaka, K.Matsuki, M.Tanabe.
    the XVIth Biennial International Conference on Infant Studies 2008年03月 選考有り
  • アリピプラゾール投与後に精神症状とパーキンソン症状の改善を認めた認知症の一例
    大沼 真紀代、小坂 浩隆、村田 哲人、和田 有司
    第169回北陸精神神経学会 2008年01月 選考有り
  • ビタミンE欠乏による遅発性運動失調症に対して補充療法が有効であった一例
    高橋 哲也、村田 哲人、小坂 浩隆、水野 智之、米田 誠、和田 有司
    第20回日本総合病院精神医学会総会 2007年12月 選考有り
  • 健常者を対象としたサンプル・エントロピーの脳波解析への適用
    水野 智之、高橋 哲也、村田 哲人、小坂 浩隆、成田 耕介、水上 喜美子、高橋 紘一、和田 有司
    第37回日本臨床神経生理学会学術大会 2007年11月 選考有り
  • 発作症状としてのパニック様発作と幻聴を呈したてんかんの一例
    小坂 浩隆、村田 哲人、高橋 哲也、大森 晶夫、岡沢 秀彦、和田 有司
    第29回日本生物学的精神医学会 2007年07月 選考有り
  • 乳幼児との触れ合いが親性を育てる―脳科学による親性育成過程の解明:第1報―
    中井 昭夫、佐々木 綾子、小坂 浩隆、田邊 美智子、松木 健一
    第7回日本赤ちゃん学会 2007年06月 選考有り
  • 乳幼児との触れ合いが親性を育てる―脳科学による親性育成過程の解明:第2報―
    佐々木 綾子、小坂 浩隆、中井 昭夫、田邊 美智子、松木 健一
    第7回日本赤ちゃん学会 2007年06月 選考有り
  • Application of a new texture analysis method, multifractal analysis, on T2-MRI and their relation to clinical symptoms in schizophrenia.
    T.Takahashi, H.Kosaka, M.Omori, K.Takahashi, H.Kimura, Y.Wada.
    The 13th annual meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 2007年06月 選考有り Human Brain Mapping
  • てんかんと血清コリンエステラーゼ欠損症の合併例において塩酸ドネペジルによりてんかん発作の再発をみた一例
    三屋 博宣、高橋 哲也、村田 哲人、須藤 哲、小坂 浩隆、大森 晶夫、和田 有司
    第103回日本精神神経学会総会 2007年05月 選考有り
  • The effect of the 5-HT1A partial agonist Tandospirone" on EEG autonomic and respiratory functions in healthy subjects"
    T.Takahashi, K.Terai, H.Mitsuya, T.Murata, K.Mizukami, M.Omori, H.Kosaka, K.Narita, Y.Wada.
    The 14th Biennial congress of international pharmaco-EEG society training course/Symposium: IPEG 2006年09月 選考有り
  • Connectivity reduction of association fibers in patients with schizophrenia: a diffusion tensor imaging study
    H.Kosaka, T.Takahashi, M.Omori, T.Murata, Y.Yonekura, Y.Wada.
    The 12th annual meeting of the Organization for Human Brain Mapping(OHBM) 2006年06月 選考有り
  • マルチフラクタル解析を用いた統合失調症脳白質における形態的変化の定量評価
    高橋 哲也、小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、高橋 紘一、和田 有司
    第2回統合失調症学会学術集会 2006年05月 選考有り
  • SPMを用いた統合失調症患者におけるDTI画像の比較検討
    小坂 浩隆、高橋 哲也、成田 耕介、大森 晶夫、村田 哲人、和田 有司
    第102回日本精神神経学会総会 2006年05月 選考有り
  • パニック発作を主訴に受診した初期統合失調症の一例
    阪口 由紀子、石飛 信、小坂 浩隆、杉本 貴人、村田 哲人、和田 有司
    第165回北陸精神神経学会 2006年02月 選考有り
  • Application of a new image analysis to study brain white matter abnormalities in schizophrenia
    T.Takahashi, H.Kosaka, M.Omori, T.Murata, K.Takahashi, Y.Wada.
    The 13th biennial winter workshop on schizophrenia research 2006年02月 選考有り
  • A lack of normal brain asymmetry in schizophrenia and its relation to the corpus callosum: a diffusion tensor MRI study
    H.Kosaka, T.Takahashi, M.Omori, T.Murata, Y.Yonekura, Y.Wada.
    The 13th biennial winter workshop on schizophrenia research 2006年02月 選考有り
  • 抗うつ薬維持療法が炎症性サイトカインに及ぼす影響
    成田 耕介、村田 哲人、高橋 哲也、小坂 浩隆、小俣 直人、須藤 哲、和田 有司
    第163回北陸精神神経学会 2006年01月 選考有り
  • 長期TPNによりセレニウム欠乏症をきたし、転換様症状を呈した1例
    堀内 真希、小坂 浩隆、村田 哲人、成田 耕介、杉本 貴人、大森 晶夫、和田 有司
    第162回北陸精神神経学会 2005年09月
  • T2MRI深部白質のマルチフラクタル解析と頸動脈中内膜肥厚度を指標とした初期動脈硬化性変化との関連性
    高橋 哲也、村田 哲人、成田 耕介、小坂 浩隆、大森 晶夫、浜田 敏彦、和田 有司
    第162回北陸精神神経学会 2005年09月
  • Dynamic perception of facial expression: an fMRI study
    T.Shimoyama, H.Kosaka, M.Omori, N.Tada, T.Murata, Y.Yonekura, Y.Wada.
    Third International Workshop on Biomedical Imaging 2004年12月
  • 顔の感情変化に関するfMRI研究(EXCELLENT POSTER AWARD)受賞
    下山 智裕、小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、米倉 義晴、和田 有司
    第34回日本臨床神経生理学会学術大会 2004年11月
  • 白衣現象と性格傾向との関連性―健常正常老人における予備的検討―
    成田 耕介、村田 哲人、浜田 敏彦、高橋 哲也、大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    第159回北陸精神神経学会 2004年09月
  • An fMRI study in facial emotional change
    T.Shimoyama, H.Kosaka, M.Omori, N.Tada, T.Murata, Y.Yonekura, Y.Wada.
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • Functional MRI studies on face recognition
    M.Omori, H.Kosaka, T.Iidaka, T.Shimoyama, T.Murata, Y.Yonekura, Y.Wada.
    International Congress of Biological Psychiatry(Pre-congress satellite meeting ) 2004年02月
  • 病的笑いの一例におけるfMRI上の脳幹部賦活異常
    小坂 浩隆、小俣 直人、大森 晶夫、下山 智裕、村田 哲人、和田 有司
    第156回北陸精神神経学会 2003年09月
  • Pathogenesis of pathological laughing :an fMRI study
    H.Kosaka, N.Omata, M.Omori, T.Shimoyama, T.Murata, K.Kashikura, Y.Yonekura, Y.Wada.
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • 瞑想の性質を特徴づける個人の特性不安水準-リラクゼーションと内的注意のどちらが主体かに関して-
    高橋 哲也、村田 哲人、浜田 敏彦、大森 晶夫、小坂 浩隆、吉田 治義、和田 有司
    第6回日本薬物脳波学会 2003年07月
  • 脳梗塞後の難知性吃逆に、5-HTIA agonist が奏効した一例
    高橋 哲也、村田 哲人、大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司、多賀谷 正順
    第155回北陸精神神経学会 2003年06月 選考有り
  • Posterior cingulate and amygdala responses during acquisition of facial familiarity : an fMRI study
    H.Kosaka, M.Omori, T.Murata, T.Iidaka, T.Okada, N.Sadato, Y.Yonekura, Y.Wada.
    Human Brain Mapping 2003 2003年06月
  • 禅瞑想課題(数息観)による脳波と自律神経活動の変化
    高橋 哲也、村田 哲人、大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    第99回日本精神神経学会総会 2003年05月
  • fMRIによる高次脳機能評価-注意の転換と表情認知-
    大森 晶夫、小坂 浩隆、下山 智裕、村田 哲人、和田 有司
    第25回日本生物学的精神医学会 精神医学におけるfMRIの可能性を探る 2003年04月
  • fMRIを用いて脳幹部異常賦活を認めた病的笑いの一例
    小坂 浩隆、小俣 直人、大森 晶夫、下山 智裕、村田 哲人、米倉 義晴、和田 有司
    第33回日本臨床神経生理学会・学術大会 2003年01月
  • 顔の反復刺激による扁桃体と後部帯状回の賦活変化 - fMRI による検討 -
    小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、飯高 哲也、岡田 知久、定藤 規弘、米倉 義晴、和田 有司
    第32回日本臨床神経生理学会・学術大会 2002年11月 選考有り
  • 禅瞑想課題(数息観)による脳波と自律神経系の関係
    高橋 哲也、村田 哲人、大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    第153回北陸精神神経学会 2002年09月 選考有り
  • 潜在性脳梗塞を伴う老年期発症うつ病患者の夜間血圧変動異常
    村田 哲人、大森 晶夫、高橋 哲也、小坂 浩隆、和田 有司、浜田 敏彦、吉田 治義
    第17回日本老年精神医学会 2002年06月 選考有り 石川
  • 視覚誘導性運動選択におけるルール転換の習熟と線状体 - Fuctional MRI による検討 -
    大森 晶夫、小坂 浩隆、村田 哲人、岡田 知久、定藤 規弘、米倉 義晴、和田 有司
    第31回日本臨床神経生理学会・学術大会 2001年11月 選考有り
  • Schizophrenic patients show increased amygdala activation during facial recognition: a fMRI study
    H.Kosaka, M.Omori, T.Murata, T.Iidaka, H.Yamada, T.Okada, N.Sadato, H.Itoh, Y.Yonekura, Y.Wada.
    The 7th annual meeting of the organization for Human brain Mapping (OHBM) 2001年06月 選考有り
  • 精神分裂病患者における表情認知の扁桃体賦活変化 - Fuctional MRI による検討 -
    小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、飯高 哲也、山田 弘樹、伊藤 春海、米倉 義晴、和田 有司
    第23回日本生物学的精神医学会 精神医学におけるfMRIの可能性を探る 2001年04月 選考有り
  • 感情を表出した表情認知への扁桃体の関与 - fMRIを用いた精神分裂病患者と健常人の比較 -
    小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、和田 有司
    第148回北陸精神神経学会 2001年01月 選考有り
  • マルチフラクタルによるMRI深部白質高信号の定量評価
    高橋 哲也、村田 哲人、大森 晶夫、小坂 浩隆、和田 有司
    第148回北陸精神神経学会 2001年01月 選考有り
  • 感情を表出した表情認知への扁桃体の関与
    小坂 浩隆、大森 晶夫、村田 哲人、和田 有司、飯高 哲也、米倉 義晴、山田 弘樹、伊藤 春海
    第145回北陸精神神経学会 2000年01月 選考有り
  • 拙劣な対人関係を背景に一過性に醜形恐怖を呈した一例
    小坂 浩隆、村田 哲人、小野 美帆、大森 晶夫、間所 重樹、福谷 祐賢、伊崎 公徳
    第143回北陸精神神経学会 1999年09月 選考有り
  • 相関次元を用いた睡眠脳波の解析 - flunitrazepam 2mgの影響 -
    小坂 浩隆、小林 寿夫、間所 重樹、村山 順一、三崎 究、織田 忠明、津田 恭子、貴志 英生、中川 博幾
    第144回北陸精神神経学会 1999年09月 選考有り
  • 交代勤務者の睡眠と自覚症状
    村山 順一、間所 重樹、小林 寿夫、小坂 浩隆、福谷 祐賢、中川 博幾、三崎 究、猪原 久貴、伊藤 達彦、織田 忠明
    第6回日本時間生物学会 1999年01月 選考有り
  • 自閉スペクトラム症の脳画像研究
    小坂浩隆
    第59回日本児童青年精神医学会総会 2018年
  • 発達障害の児童期から成人期への連続性
    小坂浩隆
    第59回日本児童青年精神医学会総会  2018年
  • ECT直後にたこつぼ型心筋症を発症した老年期女性:症例報告
    幅田加以瑛、大森一郎、上野幹二、小坂浩隆
    第195回北陸精神神経学会  2019年
  • 治療関係構築に苦慮した摂食障害の思春期女性:症例報告
    石橋知明、福岡彩加、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    第195回北陸精神神経学会  2019年
  • Machine learning and imaging genetics approach to ADHD? ??
    Jung M, Mizuno Y, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kosaka H, Tomoda A.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019 2019年
  • Structural connectivity and resting-state brain activity of the lateral occipital cortex impact social communication deficit in boys with autism spectrum disorder?
    Jung M, Fujioka T, Kosaka H.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019 2019年
  • Developmental changes of attention to social information in Autistic Spectrum Disorder from childhood to adolescence.
    Fujioka T, Tsuchiya KJ, Saito M, Sakamoto Y, Nakamura K, Choi D, Mizuno Y, Takiguchi S, TFujisawa TX, Jung M, Matsuzaki H, Tomoda A, Okato A, Hirano Y, Sasaki T, Yoshida T, Matsuo M, Saito DN, Kikuchi M, Maegaki Y, Katayama T, Kosaka H.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019 2019年
  • 呼吸困難感を生じた遅発性ジスキネジアの一例
    三崎真寛、上野幹二、東間正人、小坂浩隆
    第194回北陸精神神経学会 2018年
  • Structural connectivity and resting-state brain activity of the lateral occipital cortex impact social communication deficit in boys with autism spectrum disorder 
    Jung M, Fujioka T, Kosaka H.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019 2019年02月
  • Machine learning and imaging genetics approach to ADHD    
    Jung M, Mizuno Y, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kosaka H, Tomoda A.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019 2019年02月
  • 自閉スペクトラム症成人における社会的相互関係,社交不安症状,流暢性がコミュニケーション行為に与える影響についての検討
    木村友香理、藤岡徹、丁ミンヨン、小泉径子、小坂浩隆
    第59回日本児童青年精神医学会総会 2019年10月
  • 幼児期から青年期における自閉スペクトラム症児の社会的情報への注目の発達的変化
    藤岡徹、水野賀史、滝口慎一郎、藤澤隆史、松﨑秀夫、友田明美、菊知充、佐々木剛、岡東歩美、斉藤まなぶ、片山泰一、小坂浩隆
    第59回日本児童青年精神医学会総会 2018年10月
  • 母娘で発達特性がある家族の支援
    岡田 優、鈴木 太、小坂浩隆
    第7回成人発達障害支援学会 2019年10月

共同研究

  • 神経伝達物質の有用性に関する研究 2013年度
  • 神経伝達物質の有用性に関する研究 2013年度
  • 神経伝達物質の有用性に関する研究 2014年度

受託研究

  • 注視点検出技術を活用した発達障がい診断システムの開発 2015年度
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開) 2015年度
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開) 2014年度
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開) 2013年度
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開) 2012年度
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開) 2011年度
  • 注視点検出技術を活用した発達障がい診断システムの開発 2016年度
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開 2015年度

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2013年度下半期における 優秀論文2014年03月
    Depressive mood modulates the anterior lateral CA1 and DG/CA3 during a pattern separation task in cognitively intact individuals: A functional MRI study
  •  母性衛生 平成23年度学術論文優秀賞2012年03月
    親性育成のための基礎研究(1)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の心理・生理・脳科学的指標による評価-
  •  福井大学医学部2010年1-6月における 優秀論文2010年06月
    Smaller Insula and Inferior Frontal Volumes in Young Adults with Pervasive Developmental Disorders.
  •  平成21年度医学部長奨励賞2010年03月
  •  福井大学医学部2009年1-6月における 優秀論文2009年06月
    Relationship Between Plasma Leptin Level and Brain Structure in Elderly: A Voxel-Based Morphometric Study.
  •  AOCCN (Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009 Travel Award 受賞2009年04月
    Decreased bilateral insulae volume in youth with pervasive developmental disorders.
  •  AOCCN (Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009 Travel Award 受賞2009年04月
    Differential amygdala response to lower face in patients with pervasive developmental disorder: an fMRI study.
  •  第34回日本臨床神経生理学会 第34回日本臨床神経生理学会 EXCELLENT POSTER AWARD 受賞2004年11月
    顔の感情変化に関するfMRI研究

科学研究費補助金

  • 唾液オキシトシン濃度測定による社会性評価の確立基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小坂 浩隆 2015年度
  • オキシトシン療法による自閉症スペクトラム障害者の自己観の変化に関する脳科学的研究基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:棟居 俊夫 2014年度
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:友田 明美 2014年度
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:友田 明美 2013年度
  • 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(S)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:定藤 規弘 2013年度
  • オキシトシン療法による自閉症スペクトラム障害者の自己観の変化に関する脳科学的研究基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:棟居 俊夫 2013年度
  • 広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連若手研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小坂 浩隆 2012年度
  • 脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:友田 明美 2012年度
  • 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(S)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:定藤 規弘 2012年度
  • 自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:棟居 俊夫 2011年度
  • 広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連若手研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小坂 浩隆 2011年度
  • 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(S)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:定藤 規弘 2011年度
  • 広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:小坂 浩隆 2010年度
  • 児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐々木 綾子 2010年度
  • 自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:棟居 俊夫 2010年度
  • 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(S)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:定藤 規弘 2010年度
  • 広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:小坂 浩隆 2009年度
  • 児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐々木 綾子 2009年度
  • 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(S)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:定藤 規弘 2009年度
  • 自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:棟居 俊夫 2009年度
  • 児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐々木 綾子 2008年度
  • 高齢者の認知リハビリテーションによる脳機能可塑性のfunctionalMRI研究若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:小坂 浩隆 2008年度
  • 高齢者の認知リハビリテーションによる脳機能可塑性のfunctionalMRI研究若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:小坂 浩隆 2007年度
  • 母性を育てる学習プログラムの開発と評価基盤研究(C)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐々木 綾子 2007年度
  • 高齢者の認知リハビリテーションによる脳機能可塑性のfunctionalMRI研究若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:小坂 浩隆 2006年度
  • 相互主体性の解析に基づく社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:定藤 規弘 2015年度
  • オキシトシン療法による自閉症スペクトラム障害者の自己観の変化に関する脳科学的研究基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:棟居 俊夫 2015年度
  • 唾液オキシトシン濃度測定による社会性評価の確立基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:小坂 浩隆 2016年度
  • 相互主体性の解析に基づく社会行動の神経基盤と発達過程の解明基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:定藤 規弘 2016年度
  • 社会的相互作用によるオキシトシンの分泌が、児童の認知機能に与える影響基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:齋藤 大輔 2016年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 顔刺激による愛着障害の検討
    代表者:友田 明美,小坂 浩隆,藤井 猛,山﨑 未花,八ツ賀 千穂,滝口 慎一郎(大学院医学系研究科・博士課程院生),
  • 触覚刺激の学習における、脳の可塑的変化に関わる神経基盤に迫る
    代表者:齋藤 大輔,岡沢 秀彦,藤井 猛,小坂 浩隆,谷中 久和,
  • 大うつ病性障害の脳機能・形態に関する磁気共鳴画像法を用いた研究
    代表者:藤井 猛,齋藤 大輔,谷中 久和,小坂 浩隆,岡沢 秀彦,
  • 反応抑制の神経基盤
    代表者:谷中 久和,齋藤 大輔,藤井 猛,武澤 友広,小坂 浩隆,岡沢 秀彦,三橋 美典,
  • 広汎生発達障害者の脳形態・機能学的異常、生物学的異常に関する研究
    代表者:小坂 浩隆,
  • 広汎性発達障害者に関する多面的研究ー広汎性発達障害のコミュニケーション障害の病因を脳機能・性格特性・生物学的マーカーから探求するー
    代表者:小坂 浩隆,
  • ヒトイメージングを中心とした親性学創成のための実証的研究
    代表者:佐々木 綾子,小坂 浩隆,松木 健一,岡沢 秀彦,
  • 広汎性発達障害者の脳形態・機能学的異常、生物学的異常に関する研究
    代表者:小坂 浩隆,岡沢 秀彦,
  • 子どもの「こころ」と「からだ」の育ちとその障害に関する基礎的・実践的研究―福井大学「子ども研究・実践センター」設立への基礎的検討―
    代表者:中井 昭夫,三橋 美典,川谷 正男,小坂 浩隆,竹内 惠子,吉澤 正尹,山田 須美惠,佐々木 伸一,北出 一平,岡沢 秀彦,定藤 規弘,
  • 広汎性発達障害者に関する多面的研究ー広汎性発達障害のコミュニケーション障害の病因を脳機能・性格特性・生物学的マーカーから探求するー
    代表者:小坂 浩隆,
  • 保育園と連携した児童虐待防止のための、青年期の親性を育てる乳幼児とのふれあい育児体験プログラムに関する実証的研究
    代表者:佐々木 綾子,中井 昭夫,小坂 浩隆,松木 健一,岡沢 秀彦,田邊 美智子,
  • 高齢者の認知機能に関する多面的研究~認知症およびうつ病の早期介入・予防に向けての医学・心理・社会学的アプローチ~
    代表者:高橋 哲也,和田 有司,大森 晶夫,水上 喜美子,小坂 浩隆,
  • 子どもの「育ち」とその障害の包括的支援に対する研究 ―「子ども研究・教育・実践センター」設立への基礎的検討―
    代表者:小坂 浩隆,中井 昭夫,川谷 正男,三橋 美典,竹内 惠子,定藤 規弘,山田 須美恵,岡沢 秀彦,眞弓 光文,
  • 子どもの「こころ」と「身体」の発達とその障害支援に対する学際的アプローチ ―「子ども研究センター(Child Study Center)」設立への基礎的検討―
    代表者:小坂 浩隆,中井 昭夫,三橋 美典,定藤 規弘,眞弓 光文,竹内 惠子,佐々木 綾子,岡沢 秀彦,
  • 母性を育てる学習プログラム開発のための基礎的研究-心理・生理・内分泌・脳科学による母性性発達過程の解明-
    代表者:小坂 浩隆,佐々木 綾子,中井 昭夫,松木 健一,田邊 美智子,眞弓 光文,岡沢 秀彦,
  • 子どもの「心の発達」の特性とその障害支援に対する学際的アプローチ ―「子どもの心の発達」「脳科学と教育」研究センター設立への基礎的検討―
    代表者:小坂 浩隆,中井 昭夫,熊谷 高幸,氏家 靖浩,竹内 惠子,佐々木 綾子,眞弓 光文,三橋 美典,長谷 博行,米倉 義晴,

プロジェクト活動

  • 福井県大学連携リーグ連携研究推進事業
    研究期間:2009年04月 - 2010年03月  代表者:小坂 浩隆,岡沢 秀彦,石飛 信,大森 晶夫,水上 喜美子,
    広汎性発達障害者に関する多面的研究ー広汎性発達障害のコミュニケーション障害の病因を脳機能・性格特性・生物学的マーカーから探求するー
  • 福井県大学連携リーグ連携研究推進事業
    研究期間:2008年 - 2009年03月  代表者:小坂 浩隆,岡沢 秀彦,石飛 信,大森 晶夫,水上 喜美子,
    広汎性発達障害者に関する多面的研究ー広汎性発達障害のコミュニケーション障害の病因を脳機能・性格特性・生物学的マーカーから探求するー
  • 福井県大学連携リーグ連携研究推進事業
    研究期間:2007年01月  代表者:高橋 哲也,和田 有司,大森 晶夫,水上 喜美子,小坂 浩隆,
    高齢者の認知機能に関する多面的研究

教育活動情報

担当授業

  • 精神系 (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 疾病論Ⅰ (福井大学)
  • 疾病論Ⅰ (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 基本的診療技能(診断学実習) (福井大学)
  • 疾病論Ⅰ (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 基本的診療技能(診断学実習) (福井大学)
  • 疾病論Ⅰ (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 基本的診療技能(診断学実習) (福井大学)
  • 疾病論Ⅰ (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 基本的診療技能(診断学実習) (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 基本的診療技能(診断学実習) (福井大学)
  • 医学研究総論Ⅰ (福井大学)
  • 精神系 (福井大学)
  • 医学研究総論Ⅱ (福井大学)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 発達者障害者の苦痛接し方で和らげて 福井工大で研修2015年03月 中日
  • 福井大など脳活動測定裏付け2014年11月 福井、県民福井、中日、京都
  • 自閉症スペクトラム障害 福井、東京など4大学2014年10月 福井、県民福井、読売
  • “科学MONDAY”自閉症スペクトラム障害2014年09月 読売
  • “元気で医こう”自閉症スペクトラム障害2014年09月 県民福井
  • 福井大2人に助成 明治安田財団2014年08月 県民福井、中日、福井
  • 自閉症スペクトラム障害 脳活動連携に弱さ2014年06月 福井、県民福井、朝日、毎日、中日
  • 対人関係者苦手な発達障害者 支援に役立つ可能性2013年06月 県民福井、中日、福井
  • 元気バンザイ! 「うつ病について(2)」2011年05月 福井街角放送
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 認知症の予防2011年05月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 五月病2011年05月 福井テレビ
  • 元気バンザイ! 「うつ病について(1)」2011年05月 福井街角放送
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 睡眠障害2010年07月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 うつ病の対処法2010年05月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 うつ病の予防法2010年05月 福井テレビ
  • 発達者障害者の苦痛接し方で和らげて 福井工大で研修2015年03月 中日
  • 福井大など脳活動測定裏付け2014年11月 福井、県民福井、中日、京都
  • 自閉症スペクトラム障害 福井、東京など4大学2014年10月 福井、県民福井、読売
  • “科学MONDAY”自閉症スペクトラム障害2014年09月 読売
  • “元気で医こう”自閉症スペクトラム障害2014年09月 県民福井
  • 福井大2人に助成 明治安田財団2014年08月 県民福井、中日、福井
  • 自閉症スペクトラム障害 脳活動連携に弱さ2014年06月 福井、県民福井、朝日、毎日、中日
  • 対人関係者苦手な発達障害者 支援に役立つ可能性2013年06月 県民福井、中日、福井
  • 元気バンザイ! 「うつ病について(2)」2011年05月 福井街角放送
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 認知症の予防2011年05月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 五月病2011年05月 福井テレビ
  • 元気バンザイ! 「うつ病について(1)」2011年05月 福井街角放送
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 睡眠障害2010年07月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 うつ病の対処法2010年05月 福井テレビ
  • おかえりなさーい 「おかえりホームドクター」 うつ病の予防法2010年05月 福井テレビ
  • 「自閉スペクトラム障害」判別80%以上2016年03月 福井、中日、朝日、日刊県民福井
  • 自閉症軽減するホルモン 多投与で男性に効果2016年08月 福井、朝日、産経、毎日、読売、中日、日刊県民福井
  • 善人か悪人か 表面的に判断 福井大など発表2016年11月 日刊県民福井、福井、京都、毎日
  • 発達障害者の支援法を学ぶ 福井で講演会2017年12月 福井、中日、日刊県民福井
  • 自閉症スペクトラム症治療 一部賞状改善を確認 福井大など ホルモン継続投与2018年06月 福井