内木 宏延

所属部署名病因病態医学講座 分子病理学
教員組織病因病態医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/07/23 18:45

研究者基本情報

氏名

    内木 宏延
    ナイキ ヒロノブ
    NAIKI Hironobu

所属

  •  病因病態医学講座 分子病理学 教授
  •  医学系部門 部門長
  •  医学領域 領域長
  •  医学部 学部長
  •  大学院医学系研究科 科長

学歴

  • - 1985年京都大学 医学科

学位

  • 医学博士

所属学協会

    日本基礎老化学会 評議員,日本病理学会 評議員,老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会 評議員,

研究活動情報

論文

  • 画像医学研究と子どもの心の解明
    内木 宏延
    ドクタラーゼ 38 2015年07月 査読無し
  • Antiamyloidogenic and proamyloidogenic chaperone effects of C-reactive protein and serum amyloid P component
    D.Ozawa, R.Nomura, P.P.Mangione, K.Hasegawa, T.Okoshi, R.Porcari, V.Bellotti, H.Naiki
    Amyloid 24 28-29 2017年03月 査読無し
    H.Naiki
  • Thioflavin T: not an all-rounder, but a trustworthy friend for over 27 years
    H.Naiki
    Amyloid 24 9 2017年03月 査読無し
    H.Naiki
  • ThT 101: a primer on the use of thioflavin T to investigate amyloid formation
    K.Gade Malmos, L.M.Blancas-Mejia, B.Weber, J.Buchner, M.Ramirez-Alvarado, H.Naiki, D.Otzen
    Amyloid 10 1-16 2017年03月 査読有り
  • Newly recognized cerebral infarctions on postmortem imaging: a report of three cases with systemic infectious disease
    S.Noriki, K.Kinoshita, K.Inai, T.Sakai, H.Kimura, T.Yamauchi, M.Iwano, H.Naiki
    BMC Med Imaging 17(1) 4 2017年01月 査読有り
  • Significant association of cadaveric dura mater grafting with subpial Aβ deposition and meningeal amyloid angiopathy
    T.Hamaguchi, Y.Taniguchi, K.Sakai, T.Kitamoto, M.Takao, S.Murayama, Y.Iwasaki, M.Yoshida, H.Shimizu, A.Kakita, H.Takahashi, H.Suzuki, H.Naiki, N.Sanjo, H.Mizusawa, M.Yamada
    Acta Neuropathol 132(2) 313-315 2016年08月 査読有り
  • アミロイド線維の形成・沈着と臓器障害の分子機構
    大越 忠和, 内木 宏延
    医学のあゆみ 258(6) 615-620 2016年08月 査読無し
  • Postmortem CT is more accurate than clinical diagnosis for identifying the immediate cause of death in hospitalized patients: a prospective autopsy-based study
    K.Inai, S.Noriki, K.Kinoshita, T.Sakai, H.Kimura, A.Nishijima, H.Iwasaki, H.Naiki
    Virchows Arch 469(1) 101-109 2016年07月 査読有り
    K.Inai
  • β2-ミクログロブリンアミロイド線維の形成機序
    小澤 大作, 大越 忠和, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    腎と骨代謝 29(3) 199-206 2016年07月 査読無し
  • Multifaceted anti-amyloidogenic and pro-amyloidogenic effects of C-reactive protein and serum amyloid P component in vitro
    D.Ozawa, R.Nomura, P.P.Mangione, K.Hasegawa, T.Okoshi, R.Porcari, V.Bellotti, H.Naiki
    Sci Rep 6 29077 2016年07月 査読有り
    H.Naiki
  • アミロイドーシスの発症メカニズムについて
    大越 忠和, 小澤 大作, 山口 格, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    病理と臨床 34(5) 454-459 2016年05月 査読無し
  • アミロイドーシスの疫学
    植田 光晴, 内木 宏延, 福島 若葉, 山下 太郎, 安東 由喜雄
    病理と臨床 34(5) 460-465 2016年05月 査読無し
  • Molecular pathogenesis of human amyloidosis: Lessons from β2-microglobulin-related amyloidosis
    H.Naiki, T.Okoshi, D.Ozawa, I.Yamaguchi, K.Hasegawa
    Pathol Int 66(4) 193-201 2016年04月 査読有り
    H.Naiki
  • 肝下面から右臀部まで腹腔内外に腫瘍様浸潤をきたした放線菌症の1例
    宮永 克也, 多保 孝典, 林 秀樹, 千葉 幸夫, 稲井 邦博, 内木 宏延
    日臨外会誌 76(10) 2582-2586 2015年10月 査読有り
  • Endocytosed β2-microglobulin amyloid fibrils induce necrosis and apoptosis of rabbit synovial fibroblasts by disrupting endosomal/lysosomal membranes: A Novel mechanism on the cytotoxicity of amyloid fibrils
    T.Okoshi, I.Yamaguchi, D.Ozawa, K.Hasegawa, H.Naiki
    PLoS One 10(9) e0139330 2015年09月 査読有り
    H.Naiki
  • Supersaturation-limited and unlimited phase spaces compete to produce maximal amyloid fibrillation near the critical micelle concentration of sodium dodecyl sulfate
    M.So, A.Ishii, Y.Hata, H.Yagi, H.Naiki, Y.Goto
    Langmuir 31(36) 9973-9982 2015年09月 査読有り
  • A heterozygous female with Fabry disease due to a novel α-galactosidase A mutation exhibits a unique synaptopodin distribution in vacuolated podocytes
    N.Takahashi, S.Yokoi, K.Kasuno, A.Kogami, T.Tsukimura, T.Togawa, S.Saito, K.Ohno, M.Hara, H.Kurosawa, Y.Hirayama, T.Kurose, Y.Yokoyama, D.Mikami, H.Kimura, H.Naiki, H.Sakuraba, M.Iwano
    Clin Nephrol 83(5) 301-308 2015年05月 査読有り
  • HBME-1 and CD15 immunocytochemistry in the follicular variant of thyroid papillary carcinoma
    M.Ohta, T.Ookoshi, H.Naiki, Y.Imamura
    Pathol Int 65(3) 119-125 2015年03月 査読有り
  • 画像情報を中心とした医療情報統合化包括的教育支援への取り組み~5年間の経験と知見~
    木村 浩彦, 豊岡 麻里子, 坂井 豊彦, 田中 雅人, 清野 正樹, 山下 芳範, 大垣内 多徳, 吉野 孝博, 黒川 哲司, 安達 登志樹, 伊藤 春海, 内木 宏延
    映像情報 Medical 47(3) 253-255 2015年03月 査読無し
  • C-terminal sequence of amyloid-resistant type F apolipoprotein A-II inhibits amyloid fibril formation of apolipoprotein A-II in mice
    J.Sawashita, B.Zhang, K.Hasegawa, M.Mori, H.Naiki, F.Kametani, K.Higuchi
    Proc Natl Acad Sci U S A 112(8) E836-E845 2015年02月 査読有り
  • Utility of postmortem imaging system for anatomical education in skull base surgery
    T.Kodera, H.Arishima, R.Kitai, K.Kikuta, S.Iino, S.Noriki, H.Naiki
    Neurosurgical Review 38(1) 165-170 2015年01月 査読有り
  • Aiから死後画像学への展開
    稲井 邦博, 法木 左近, 島田 一郎, 木村 浩彦, 西島 昭彦, 木戸 尚治, 内木 宏延
    Innervision 30(1) 47-50 2014年12月 査読無し
  • ヒトアミロイド線維形成・沈着の分子機構
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 小澤 大作, 大越 忠和
    Dementia Japan 28(3) 275-282 2014年09月 査読無し
  • Feasibility of liver weight estimation by postmortem computed tomography images: An autopsy study
    K.Inai, S.Noriki, K.Kinoshita, A.Nishijima, T.Sakai, H.Kimura, H.Naiki
    Pathology International 64(7) 315-324 2014年07月 査読有り
  • Risk factor analysis for bone marrow histiocytic hyperplasia with hemophagocytosis: an autopsy study
    K.Inai, S.Noriki, H.Iwasaki, H.Naiki
    Virchows Arch 465(1) 109-118 2014年06月 査読有り
  • Heat of supersaturation-limited amyloid burst directly monitored by isothermal titration calorimetry
    T.Ikenoue, YH.Lee, J.Kardos, H.Yagi, T.Ikegami, H.Naiki, Y.Goto
    Proc Natl Acad Sci U S A 111(18) 6654-6659 2014年05月 査読有り
  • β2ミクログロブリンのアミロイド線維形成の熱測定と過飽和の役割
    内木 宏延, 後藤 祐児
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)アミロイドーシスに関する調査研究平成25年度総括・分担研究報告書 62-63 2014年03月 査読無し
  • β2‐ミクログロブリンアミロイド線維の滑膜線維芽細胞に対する毒性-電顕的解析を中心に-
    内木 宏延, 大越 忠和, 長谷川 一浩, 小澤 大作
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)アミロイドーシスに関する調査研究平成25年度総括・分担研究報告書 64-65 2014年03月 査読無し
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構解明-透析アミロイドーシスを中心に-
    内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成23~25年度総合研究報告書 63 2014年03月 査読無し
  • 頭蓋底外科解剖におけるAiシステムの活用
    小寺 俊昭, 菊田 健一郎, 飯野 哲, 西島 昭彦, 法木 左近, 内木 宏延
    Innervision 29(1) 65-67 2014年01月 査読無し
  • A heterozygous female with Fabry disease due to a novel alpha-galactosidase A mutation exhibits a unique synaptopodin distribution in vacuolated podocytes
    N.Takahashi, S.Yokoi, K.Kasuno, A.Kogami, T.Tsukimura, T.Togawa, S.Saito, K.Ohno, M.Hara, H.Kurosawa, Y.Hirayama, T.Kurose, Y.Yokoyama, D.Mikami, H.Kimura, H.Naiki, H.Sakuraba, M.Iwano
    Clin Nephrol Epub ahead of print 2014年01月 査読有り
  • 病理組織学的に分類不能であった大腸未分化悪性腫瘍の1例
    宮永 克也, 多保 孝典, 林 秀樹, 稲井 邦博, 内木 宏延
    日消外会誌 46(12) 945-951 2013年12月 査読有り
  • 画像医学教育のあるべき姿を求めて~Active-Rich-Freshな教育システムの実現を目指す福井大学での試み~
    木村 浩彦, 田中 雅人, 坂井 豊彦, 清野 正樹, 山下 芳範, 大垣内 多徳, 吉野 孝博, 伊藤 春海, 内木 宏延
    映像情報Medical 45(10) 776-778 2013年09月 査読無し
  • オートプシー・イメージング その「可能性」と「限界」を正しく理解するために
    稲井 邦博, 法木 左近, 西島 昭彦, 内木 宏延
    検査と技術 41(5) 414-418 2013年05月 査読無し
  • Surface-bound basement membrane components accelerate amyloid-β peptide nucleation in air-free wells: An in vitro model of cerebral amyloid angiopathy
    K.Hasegawa, D.Ozawa, T.Ookoshi, H.Naiki
    Biochim Biophys Acta 1834(8) 1624-1631 2013年04月 査読有り
  • β2‐ミクログロブリンアミロイド線維の細胞毒性に関する検討
    内木 宏延, 大越 忠和, 長谷川 一浩, 小澤 大作
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)アミロイドーシスに関する調査研究平成24年度総括・分担研究報告書 71-73 2013年03月 査読無し
  • 腎アミロイドーシスの診断と線維形成機序
    高橋 直生, 岩野 正之, 内木 宏延, 木村 秀樹
    Nephrol Frontior 12(1) 24-29 2013年03月 査読無し
  • オートプシー・イメージング(Ai)におけるITの活用と運用 Ai運用に必要なITシステム、ネットワークなど
    田中 雅人, 木村 浩彦, 西島 昭彦, 木下 一之, 坂井 豊彦, 島田 一郎, 稲井 邦博, 法木 左近, 清野 正樹, 飯野 哲, 岡沢 秀彦, 伊藤 春海, 内木 宏延
    Innervision 28(1) 69-71 2012年12月 査読無し
  • The monomer-seed interaction mechanism in the formation of the β2-microglobulin amyloid fibril clarified by solution NMR techniques
    K.Yanagi, K.Sakurai, Y.Yoshimura, T.Konuma, YH.Lee, K.Sugase, T.Ikegami, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 422(3) 390-402 2012年09月 査読有り
  • Distinguishing crystal-like amyloid fibrils and glass-like amorphous aggregates from their kinetics of formation
    Y.Yoshimura, Y.Lin, H.Yagi, YH.Lee, H.Kitayama, K.Sakurai, M.So, H.Ogi, H.Naiki, Y.Goto
    Proc Natl Acad Sci U S A 109(36) 14446-14451 2012年09月 査読有り
  • 尿酸ナトリウム1水和物(MSU)のマウス皮下への接種に伴う生体反応
    稲井 邦博, 酒巻 一平, 法木 左近, 内木 宏延, 上田 孝典, 津谷 寛
    痛風と核酸代謝 36(1) 15-22 2012年08月 査読有り
  • Severe intraglomerular detachment of podocytes in a Gitelman syndrome patient
    N.Takahashi, H.Kimura, S.Mizuno, M.Hara, Y.Hirayama, H.Kurosawa, S.Tsutaya, M.Yasujima, S.Yokoi, D.MIkami, K.Kasuno, H.Naiki, M.Iwano, H.Yoshida
    Clin Exp Nephrol 16(3) 495-500 2012年06月 査読有り
  • Polymorphism of β2-microglobulin amyloid fibrils manifested by ultrasonication-enhanced fibril formation in trifluoroethanol
    E.Chatani, H.Yagi, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 287(27) 22827-22837 2012年06月 査読有り
  • マウスAApoAⅡアミロイドーシスの発症はマウスF型apoA-ⅡのC末ペプチドで軽減できる
    樋口 京一, 澤下 仁子, 張 ?茄, 王 耀勇, 長谷川 一浩, 森 政之, 内木 宏延, 亀谷 富由樹
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成23年度総括・分担研究報告書 60-63 2012年03月 査読無し
  • 生体成分によるβアミロイド線維の核形成誘起を検出する新規反応系の構築─気液界面の強い誘起能を排除─
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 大越 忠和, 小澤 大作
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成23年度総括・分担研究報告書 151-153 2012年03月 査読無し
  • Immunotherapy with oligomannose-coated liposomes ameliorates allergic symptoms in a murine food allergy model
    A.Kawakita, H.Shirasaki, M.Yasutomi, M.Mayumi, S.Tokuriki, H.Naiki, Y.Ohshima
    Allergy 67 371-379 2012年03月 査読有り
  • 高度の血管侵襲をきたし、アスペルギルス症との鑑別に苦慮した中枢神経系接合菌症の1剖検例
    上野 亜佐子, 米田 誠, 木村 有一, 大越 忠和, 内木 宏延, 栗山 勝
    臨床神経学 52(2) 84-89 2012年02月 査読有り
  • ITをベースにした、生涯教育のツールとしてのAiの位置づけ
    法木 左近, 稲井 邦博, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 島田 一郎, 松木 孝澄, 飯野 哲, 伊藤 浩史, 田中 雅人, 木村 浩彦, 内木 宏延
    Innervision 27(1) 30-33 2012年01月 査読無し
  • Ultrasonication-dependent acceleration of amyloid fibril formation
    M.So, H.Yagi, K.Sakurai, H.Ogi, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 412(4) 568-577 2011年09月 査読有り
  • Amyloid fibrils formed by selective N- and C-terminal sequences of mouse apolipoprotein A-II
    J.Sawashita, F.Kametani, K.Hasegawa, M.Mori, H.Naiki, K.Higuchi
    Amyloid 18(Suppl 1) 14-16 2011年06月 査読有り
  • アミロイドーシス
    高橋 直生, 木村 秀樹, 吉田 治義, 内木 宏延
    日内会誌 100(5) 1282-1288 2011年05月 査読無し
  • Reversible heat-induced dissociation of β2-microglobulin amyloid fibrils
    J.Kardos, A.Micsonai, H.Pal-Gabor, E.Petrik, L.Graf, J.Kovacs, YH.Lee, H.Naiki, Y.Goto
    Biochemistry 50(15) 3211-3220 2011年04月 査読有り
  • 透析アミロイドーシスの新知見
    山本 卓, 内木 宏延, 成田 一衛
    Pharma Medica 29(3) 35-39 2011年03月 査読無し
  • Inhibition of β2-microglobulin amyloid fibril formation by α2-macroglobulin
    D.Ozawa, K.Hasegawa, YH.Lee, K.Sakurai, K.Yanagi, T.Ookoshi, Y.Goto, H.Naiki
    J Biol Chem 286(11) 9668-9676 2011年03月 査読有り
  • Destruction of amyloid fibrils of keratoepithelin peptides by laser irradiation coupled with amyloid-specific thioflavin T
    D.Ozawa, Y.Kaji, H.Yagi, K.Sakurai, T.Kawakami, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 286(12) 10856-10863 2011年03月 査読有り
  • 細胞外シャペロンによるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維形成抑制機構の解明
    内木 宏延, 小澤 大作, 長谷川 一浩, 李 映昊, 櫻井 一正, 柳 浩太郎, 大越 忠和, 後藤 祐児
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成22年度総括・分担研究報告書 98-100 2011年03月 査読無し
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構解明─透析アミロイドーシスを中心に─
    内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成20~22年度総合研究報告書 54 2011年03月 査読無し
  • Kinetic intermediates of β2-microglobulin fibril elongation probed by pulse-labeling H/D exchange combined with NMR analysis
    T.Konuma, E.Chatani, M.Yagi, K.Sakurai, T.Ikegami, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 405(3) 851-862 2011年01月 査読有り
  • Direct observation of minimum-sized amyloid fibrils using solution NMR spectroscopy
    Y.Yoshimura, K.Sakurai, YH.Lee, T.Ikegami, E.Chatani, H.Naiki, Y.Goto
    Protein Sci 19(12) 2347-2355 2010年12月 査読有り
  • 炎症性サイトカイン過剰産生ヒト胸腺癌細胞株(ThyL-6)におけるFlavopiridolによる転写抑制を介したIL-6分泌抑制
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 内木 宏延, 岩崎 博道, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 34(2) 179-187 2010年12月 査読有り
  • The amyloid fibrils of the constant domain of immunoglobulin light chain
    K.Yamamoto, H.Yagi, YH.Lee, J.Kardos, Y.Hagihara, H.Naiki, Y.Goto
    FEBS Lett 584(15) 3348-3353 2010年08月 査読有り
  • Pre-steady-state kinetic analysis of the elongation of amyloid fibrils of β2-microglobulin with tryptophan mutagenesis
    E.Chatani, R.Ohnishi, T.Konuma, K.Sakurai, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 400(5) 1057-1066 2010年07月 査読有り
  • Mouse model to study human A β2M amyloidosis: generation of a transgenic mouse with excessive expression of human β2-microglobulin
    P.Zhang, X.Fu, J.Sawashita, J.Yao, B.Zhang, J.Qian, H.Tomozawa, M.Mori, Y.Ando, H.Naiki, K.Higuchi
    Amyloid 17(2) 50-62 2010年06月 査読有り
  • Laser-induced propagation and destruction of amyloid β fibrils
    H.Yagi, D.Ozawa, K.Sakurai, T.Kawakami, H.Kuyama, O.Nishimura, T.Shimanouchi, R.Kuboi, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 285(25) 19660-19667 2010年06月 査読有り
  • アミロイド線維形成の重合核依存性重合モデルと線維形成阻害薬の探索
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 小野 賢二郎, 山田 正仁
    薬学雑誌 130(4) 503-509 2010年04月 査読無し
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構
    内木 宏延
    医学のあゆみ 75-81 2010年04月 査読無し
  • Critical role of interfaces and agitation on the nucleation of Aβ amyloid fibrils at low concentrations of Aβ monomers
    A.Morinaga, K.Hasegawa, R.Nomura, T.Ookoshi, D.Ozawa, Y.Goto, M.Yamada, H.Naiki
    Biochim Biophys Acta 1804(4) 986-995 2010年04月 査読有り
  • βアミロイド線維の核形成に及ぼす界面と撹拌の効果
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 森永 章義, 山田 正仁
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成21年度総括・分担研究報告書 69-71 2010年03月 査読無し
  • マウスapoA-II部分ペプチドによるアミロイド線維形成機構と伝播の解析(第2報)
    樋口 京一, 澤下 仁子, 長谷川 一浩, 亀谷 富由樹, 張 ?茹, 王 耀勇, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成21年度総括・分担研究報告書 50-53 2010年03月 査読無し
  • 腎原発滑膜肉腫の1例
    清水 幸生, 山元 龍哉, 木村 浩彦, 塩山 力也, 鈴木 裕志, 内木 宏延, 野島 孝之
    腹部放射線研究会デジタルアトラス 2010年01月 査読無し
  • Molecular pathogenesis of protein misfolding diseases: pathological molecular environments versus quality control systems against misfolded proteins
    H.Naiki, Y.Nagai
    J Biochem 146(6) 751-756 2009年12月 査読無し
  • NMR-based characterization of a refolding intermediate of β2-microglobulin labeled using a wheat germ cell-free system
    A.Kameda, E.H.Morita, K.Sakurai, H.Naiki, Y.Goto
    Protein Sci 18(8) 1592-1601 2009年08月 査読有り
  • アミロイド線維形成をもたらす生体分子環境および線維沈着による細胞傷害機構の解明
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 大越 忠和
    平成21年度科学研究費補助金「特定領域研究」に係る研究経過等の報告書「タンパク質の社会:機能発現と秩序維持」 55-56 2009年08月 査読無し
  • Azithromycin reduces tumor necrosis factor-alpha production in lipopolysaccharide-stimulated THP-1 monocytic cells by modification of stress response and p38 MAPK pathway
    S.Ikegaya, K.Inai, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    J Chemother 21(4) 396-402 2009年08月 査読有り
  • Ultrasonication-dependent production and breakdown lead to minimum-sized amyloid fibrils
    E.Chatani, YH.Lee, H.Yagi, Y.Yoshimura, H.Naiki, Y.Goto
    Proc Natl Acad Sci U S A 106(27) 11119-11124 2009年07月 査読有り
  • Recent progress in understanding dialysis-related amyloidosis
    S.Yamamoto, J.J.Kazama, I.Narita, H.Naiki, F.Gejyo
    Bone 45(Suppl 1) S39-S42 2009年07月 査読有り
  • Thermal response with exothermic effects of β2-microglobulin amyloid fibrils and fibrillation
    K.Sasahara, H.Yagi, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 389(3) 584-594 2009年06月 査読有り
  • Mechanism of lysophosphatidic acid-induced amyloid fibril formation of β2-microglobulin in vitro under physiological conditions
    H.Pal-Gabor, L.Gombos, A.Micsonai, E.Kovacs, E.Petrik, J.Kovacs, L.Graf, J.Fidy, H.Naiki, Y.Goto, K.Liliom, J.Kardos
    Biochemistry 48(24) 5689-5699 2009年06月 査読有り
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構
    内木 宏延
    医学のあゆみ 229(5) 377-383 2009年05月 査読無し
  • III.二次性ネフローゼ症候群の病態 3.その他の二次性ネフローゼ症候群
    高橋 直生, 木村 秀樹, 糟野 健司, 三上 大輔, 内木 宏延, 吉田 治義
    日本内科学会雑誌 98(5) 75-81 2009年05月 査読無し
  • Secondary malignant fibrous histiocytoma following refractory langerhans cell histiocytosis
    H.Misaki, T.Yamauchi, H.Arai, S.Yamamoto, H.Sutoh, A.Yoshida, H.Tsutani, M.Eguchi, H.Nagoshi, H.Naiki, H.Baba, T.Ueda, M.Yamakawa
    J Clin Exp Hematopathol 49(1) 33-37 2009年04月 査読有り
  • アミロイドーシス
    内木 宏延
    病理と臨床 27 273-279 2009年04月 査読無し
  • Antigen-primed splenic CD8+ T cells impede the development of oral antigen?induced allergic diarrhea
    A.Yamada, Y.Ohshima, M.Yasutomi, H.Naiki, K.Ogura, S.Tokuriki, M.Mayumi
    J Allergy Clin Immunol 123(4) 889-894 2009年04月 査読有り
  • 透析アミロイドーシスの発症・進展における血漿リゾリン脂質の臨床的意義
    内木 宏延, 高橋 直生, 木村 秀樹, 大越 忠和, 長谷川 一浩, 吉田 治義
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成20年度総括・分担研究報告書 13-15 2009年03月 査読無し
  • ヒトβ2-microglobulinトランスジェニックマウスのアミロイドーシス:自然発症及びアミロイド線維投与による発症促進
    樋口 京一, 張 鵬尭, 付 笑影, 澤下 仁子, 銭 金澤, 森 政之, 安東 由喜雄, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成20年度総括・分担研究報告書 16-20 2009年03月 査読無し
  • 抗パーキンソン病薬のβアミロイド蛋白及びαシヌクレイン蛋白凝集抑制作用
    山田 正仁, 廣畑 美枝, 小野 賢二郎, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成20年度総括・分担研究報告書 95-97 2009年03月 査読無し
  • アミロイド線維の形成・沈着機構─重合核依存性重合モデルを中心に─
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 大越 忠和
    神経内科 70(2) 129-135 2009年02月 査読無し
  • Destruction of amyloid fibrils of a β2-microglobulin fragment by laser beam irradiation
    D.Ozawa, H.Yagi, T.Ban, A.Kameda, T.Kawakami, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 284(2) 1009-1017 2009年01月 査読有り
  • A comprehensive model for packing and hydration for amyloid fibrils of β2-microglobulin
    YH.Lee, E.Chatani, K.Sasahara, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 284(4) 2169-2175 2009年01月 査読有り
  • β2-ミクログロブリンのアミロイド線維化
    大越 忠和, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    腎と骨代謝 22(1) 42197 2009年01月 査読無し
  • Amyloid fibrils formed by selective N-, C-terminal sequences of mouse apolipoprotein A-II
    J.Sawashita, F.Kametani, K.Hasegawa, S.Tsutsumi-Yasuhara, B.Zhang, J.Yan, M.Mori, H.Naiki, K.Higuchi
    Biochim Biophys Acta 1794(10) 1517-1529 2009年01月 査読有り
  • Unique clinicopathological features and PrP profiles in the first autopsied case of dura mater graft-associated Creutzfeldt-Jakob disease with codon 219 lysine allele observed in Japanese population
    M.Ikawa, M.Yoneda, A.Matsunaga, H.Nakagawa, A.Kazama-Suzuki, N.Miyashita, H.Naiki, T.Kitamoto, M.Kuriyama
    J Neurol Sci 285(42006) 265-267 2009年01月 査読有り
  • Growth of β2-microglobulin-related amyloid fibrils by non-esterified fatty acids at a neutral pH
    K.Hasegawa, S.Tsutsumi-Yasuhara, T.Ookoshi, Y.Ohhashi, H.Kimura, N.Takahashi, H.Yoshida, R.Miyazaki, Y.Goto, H.Naiki
    Biochem J 416(2) 307-315 2008年12月 査読有り
  • Multiple inflammatory cytokine-productive ThyL-6 cell line established from a patient with thymic carcinoma
    K.Inai, K.Takagi, N.Takimoto, H.Okada, Y.Imamura, T.Ueda, H.Naiki, S.Noriki
    Cancer Sci 99(9) 1778-1784 2008年09月 査読有り
  • アミロイド
    内木 宏延
    蛋白質核酸酵素 53(8) 906 2008年06月 査読無し
  • チオフラビンT
    内木 宏延
    蛋白質核酸酵素 53(8) 968 2008年06月 査読無し
  • Procollagen C-proteinase enhancer-1 (PCPE-1) interacts with β2-microglobulin (β2-m) and may help initiate β2-m amyloid fibril formation in connective tissues
    H.Morimoto, J.Wada, B.Font, JD.Mott, DJ.Hulmes, T.Ookoshi, H.Naiki, A.Yasuhara, A.Nakatsuka, K.Fukuoka, Y.Takatori, H.Ichikawa, S.Akagi, K.Nakao, H.Makino
    Matrix Biol 27(3) 211-219 2008年04月 査読有り
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明
    内木 宏延, 長谷川 一浩
    平成19年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「水と生体分子が織り成す生命現象の化学」研究成果報告書 51 2008年03月 査読無し
  • 遊離脂肪酸によるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の伸長反応促進効果の検討
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 大越 忠和, 後藤 祐児
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成19年度総括・分担研究報告書 19-21 2008年03月 査読無し
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構解明─透析アミロイドーシスを中心に─
    内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成17~19年度総合研究報告書 53 2008年03月 査読無し
  • Thiol compounds inhibit the formation of amyloid fibrils by β2-microglobulin at neutral pH
    K.Yamamoto, H.Yagi, D.Ozawa, K.Sasahara, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 376(1) 258-268 2008年02月 査読有り
  • Amyloid nucleation triggered by agitation of β2-microglobulin under acidic and neutral pH conditions
    K.Sasahara, H.Yagi, M.Sakai, H.Naiki, Y.Goto
    Biochemistry 47(8) 2650-2660 2008年02月 査読有り
  • Lysophospholipids induce the nucleation and extension of β2-microglobulin-related amyloid fibrils at a neutral pH
    T.Ookoshi, K.Hasegawa, Y.Ohhashi, H.Kimura, N.Takahashi, H.Yoshida, R.Miyazaki, Y.Goto, H.Naiki
    Nephrol Dial Transplant 23(10) 3247-3255 2008年01月 査読有り
  • Kinetic coupling of folding and prolyl isomerization of β2-microglobulin studied by mutational analysis
    M.Sakata, E.Chatani, A.Kameda, K.Sakurai, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 382(5) 1242-1255 2008年01月 査読有り
  • 透析アミロイドーシス─基礎研究から治療戦略Update─
    内木 宏延, 原 茂子
    透析会誌 40(12) 1025 2007年12月 査読無し
  • β2-ミクログロブリンアミロイド線維形成・沈着の分子機構
    山本 卓, 長谷川 一浩, 山口 格, 風間 順一郎, 丸山 弘樹, 成田 一衛, 後藤 祐児, 内木 宏延, 下条 文武
    透析会誌 40(12) 1028-1030 2007年12月 査読無し
  • Visualization and classification of amyloid β supramolecular assemblies
    H.Yagi, T.Ban, K.Morigaki, H.Naiki, Y.Goto
    Biochemistry 46(51) 15009-15017 2007年12月 査読有り
  • Heat-induced conversion of β2-microglobulin and hen egg-white lysozyme into amyloid fibrils
    K.Sasahara, H.Yagi, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 372(4) 981-991 2007年09月 査読有り
  • Cross-seeding and cross-competition in mouse apolipoprotein A-II amyloid fibrils and protein A amyloid fibrils
    J.Yan, X.Fu, F.Ge, B.Zhang, J.Yao, H.Zhang, J.Qian, H.Tomozawa, H.Naiki, J.Sawashita, M.Mori, K.Higuchi
    Am J Pathol 171(1) 172-180 2007年07月 査読有り
  • A toxic monomeric conformer of the polyglutamine protein
    Y.Nagai, T.Inui, HA.Popiel, N.Fujikake, K.Hasegawa, Y.Urade, Y.Goto, H.Naiki, T.Toda
    Nat Struct Mol Biol 14(4) 332-340 2007年04月 査読有り
  • ポリフェノールがβアミロイド蛋白凝集に及ぼす抗アミロイド効果の分子機構解明
    廣畑 美枝, 長谷川 一浩, 安原(堤) しのぶ, 小野 賢二郎, 山田 正仁, 内木 宏延
    未病と抗老化 16(1) 115-127 2007年04月 査読有り
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明
    内木 宏延, 長谷川 一浩
    平成18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「水と生体分子が織り成す生命現象の化学」研究成果報告書 51-52 2007年03月 査読無し
  • NSAIDsのβアミロイド蛋白凝集抑制・不安定化作用と抗アミロイド効果の分子機構解明
    山田 正仁, 廣畑 美枝, 小野 賢二郎, 長谷川 一浩, 安原(堤) しのぶ, 大越 忠和, 大橋 祐美子, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成18年度総括・分担研究報告書 44-47 2007年03月 査読無し
  • リゾリン脂質のβ2-ミクログロブリンアミロイド線維形成促進効果と透析患者における血清リゾリン脂質濃度の解析
    内木 宏延, 大越 忠和, 長谷川 一浩, 大橋 祐美子, 木村 秀樹, 高橋 直生, 吉田 治義
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成18年度総括・分担研究報告書 90-92 2007年03月 査読無し
  • β2-microglobulinのtransgenicマウスの作成とアミロイド沈着の解析
    樋口 京一, 付 笑影, 葛 鳳霞, 張 ?茹, 銭 金澤, 澤下 仁子, 森 政之, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成18年度総括・分担研究報告書 93-97 2007年03月 査読無し
  • マウス老化アミロイドーシス関連タンパク質apoA-Ⅱのアミロイド線維形成機構
    樋口 京一, 澤下 仁子, 長谷川 一浩, 安原(堤) しのぶ, 森 政之, 葛 鳳霞, 姚 俊潔, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成18年度総括・分担研究報告書 107-111 2007年03月 査読無し
  • Flow-induced alignment of amyloid protofilaments revealed by linear dichroism
    R.Adachi, KI.Yamaguchi, H.Yagi, K.Sakurai, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 282(12) 8978-8983 2007年03月 査読有り
  • Heat-triggered conversion of protofibrils into mature amyloid fibrils of β2-microglobulin
    K.Sasahara, H.Yagi, H.Naiki, Y.Goto
    Biochemistry 46(11) 3286-3293 2007年03月 査読有り
  • 採択される科研費調書とは?
    内木 宏延
    Life of Proteins(特定領域研究「タンパク質の一生」領域ニュース) 16 54-55 2007年03月 査読無し
  • Cerebrospinal fluid of Alzheimer's disease and dementia with Lewy bodies patients enhances α-synuclein fibril formation in vitro
    K.Ono, M.Noguchi-Shinohara, M.Yoshita, H.Naiki, M.Yamada
    Exp Neurol 203(2) 579-583 2007年02月 査読有り
  • The anti-amyloidogenic effect is exerted against Alzheimer's β-amyloid fibrils in vitro by preferential and reversible binding of flavonoids to the amyloid fibril structure
    M.Hirohata, K.Hasegawa, S.Tsutsumi-Yasuhara, Y.Ohhashi, T.Ookoshi, K.Ono, M.Yamada, H.Naiki
    Biochemistry 46(7) 1888-1899 2007年02月 査読有り
  • アミロイド線維生成沈着機構
    大越 忠和, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    腎と透析 62(2) 155-160 2007年02月 査読無し
  • Inhibitors of amyloid β-protein aggregation mediated by GM1-containing raft-like membranes
    K.Matsuzaki, T.Noguch, M.Wakabayashi, K.Ikeda, T.Okada, Y.Ohashi, M.Hoshino, H.Naiki
    Biochim Biophys Acta 1768(1) 122-130 2007年01月 査読有り
  • 透析アミロイドーシスとβ2ミクログロブリン
    長谷川 一浩, 大越 忠和, 内木 宏延
    細胞工学 26(2) 156-161 2007年01月 査読無し
  • アミロイドーシス発症の分子機構解明を目指して:現状と展望,夢
    後藤 祐児, 桑田 一夫, 関島 良樹, 田中 元雅, 内木 宏延, 永井 義隆, 松崎 勝巳, 樋口 京一
    細胞工学 26(2) 181-185 2007年01月 査読無し
  • Frequent detection of multidrug-resistant pneumonia-causing bacteria in the pneumonia lung tissues of patients with hematological malignancies
    K.Inai, H.Iwasaki, S.Noriki, S.Ikegaya, M.Yamashita, Y.Imamura, N.Takimoto, H.Kato, T.Ueda, H.Naiki
    Int J Hematol 86(3) 225-232 2007年01月 査読有り
  • The development of preventives and therapeutics for Alzheimer's disease that inhibit the formation of β-amyloid fibrils (fAβ), as well as destabilize preformed fAβ
    K.Ono, H.Naiki, M.Yamada
    Curr Pharm Des 12(33) 4357-4375 2006年12月 査読無し
  • Blood-borne factors inhibit Alzheimer's β-amyloid fibril formation in vitro
    K.Ono, M.Noguchi-Shinohara, M.Samuraki, Y.Matsumoto, D.Yanase, K.Iwasa, H.Naiki, M.Yamada
    Exp Neurol 202(1) 125-132 2006年11月 査読有り
  • Real-time and single fibril observation of the formation of amyloid β spherulitic structures
    T.Ban, K.Morigaki, H.Yagi, T.Kawasaki, A.Kobayashi, S.Yuba, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 281(44) 33677-33683 2006年11月 査読有り
  • 3D structure of amyloid protofilaments of β2-microglobulin fragment probed by solid-state NMR
    K.Iwata, T.Fujiwara, Y.Matsuki, H.Akutsu, S.Takahashi, H.Naiki, Y.Goto
    Proc Natl Acad Sci U S A 103(48) 18119-18124 2006年11月 査読有り
  • Exothermic effects observed upon heating of β2-microglobulin monomers in the presence of amyloid seeds
    K.Sasahara, H.Naiki, Y.Goto
    Biochemistry 45(29) 8760-8769 2006年07月 査読有り
  • Anti-amyloidogenic effects of antioxidants: Implications for the prevention and therapeutics of Alzheimer's disease
    K.Ono, T.Hamaguchi, H.Naiki, M.Yamada
    Biochim Biophys Acta 1762(6) 575-586 2006年06月 査読無し
  • Seeding-dependent propagation and maturation of β2-microglobulin amyloid fibrils under high pressure
    E.Chatani, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 359(4) 1086-1096 2006年06月 査読有り
  • 福井県の診断病理活動内容について
    今村 好章, 内木 宏延
    東海病理医会200回記念誌 31 2006年05月 査読無し
  • Anti-Parkinsonian agents have anti-amyloidogenic activity for Alzheimer's β-amyloid fibrils in vitro
    K.Ono, K.Hasegawa, H.Naiki, M.Yamada
    Neurochem Int 48(4) 275-285 2006年03月 査読有り
  • Transmission of amyloidosis in offspring of mice with AApoAII amyloidosis
    T.Korenaga, J.Yan, J.Sawashita, T.Matsushita, H.Naiki, M.Hosokawa, M.Mori, K.Higuchi, X.Fu
    Am J Pathol 168(3) 898-906 2006年03月 査読有り
  • 「タンパク質の一生」国際会議レポート 破綻と病態
    内木 宏延
    Life of Proteins/Chaperone Newsletter 15 30-34 2006年03月 査読無し
  • アルツハイマー病患者の脳脊髄液はβアミロイド線維形成を促進する
    小野 賢二郎, 野口 もえ子, 松本 泰子, 柳瀬 大亮, 岩佐 和夫, 内木 宏延, 山田 正仁
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成17年度総括・分担研究報告書 62-65 2006年03月 査読無し
  • リゾリン脂質によるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の伸長反応促進効果
    大越 忠和, 長谷川 一浩, 大橋 祐美子, 廣畑 美枝, 内木 宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成17年度総括・分担研究報告書 91-93 2006年03月 査読無し
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明
    内木 宏延, 長谷川 一浩
    平成17年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「水と生体分子が織り成す生命現象の化学」研究成果報告書 59-60 2006年03月 査読無し
  • Conformation of amyloid fibrils of β2-microglobulin probed by tryptophan mutagenesis
    M.Kihara, E.Chatani, K.Iwata, K.Yamamoto, T.Matsuura, A.Nakagawa, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 281(41) 31061-31069 2006年01月 査読有り
  • Mechanism by which the amyloid-like fibrils of a β2-microglobulin fragment are induced by fluorine-substituted alcohols
    KI.Yamaguchi, H.Naiki, Y.Goto
    J Mol Biol 363(1) 279-288 2006年01月 査読有り
  • Non-steroidal anti-inflammatory drugs have anti-amyloidogenic effects for Alzheimer's β-amyloid fibrils in vitro
    Hirohata, M., Ono, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Neuropharmacology 49(7) 1088-1099 2005年12月 査読有り
  • αB-crystallin, a small heat-shock protein, prevents the amyloid fibril growth of an amyloid β-peptide and β2-microglobulin
    Raman, B., Ban, T., Sakai, M., Pasta, S. Y., Ramakrishna, T., Naiki, H., Goto, Y., Rao, Ch. M.
    Biochem. J. 392(Pt3) 573- 581 2005年12月 査読有り
  • Kinetic analysis of the polymerization and depolymerization of β2-microglobulin-related amyloid fibrils in vitro
    Yamamoto, S., Hasegawa, K., Yamaguchi, I., Goto, Y., Gejyo, F., Naiki, H.
    Biochim. Biophys. Acta. 1753(1) 34-43 2005年11月 査読無し
  • Structural studies reveal that the diverse morphology of β2-microglobulin aggregates is a reflection of different molecular architectures
    Kardos, J., Okuno, D., Kawai, T., Hagihara, Y., Yumoto, N., Kitagawa, T., Zavodszky, P., Naiki, H., Goto, Y.
    Biochim. Biophys. Acta. 1753(1) 108-120 2005年11月 査読無し
  • Cerebrospinal fluid of Alzheimer patients promotes β-amyloid fibril formation in vitro
    Ono, K., Noguchi, M., Matsumoto, Y., Yanase, D., Iwasa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Neurobiol. Dis. 20(2) 233-240 2005年11月 査読有り
  • Ultrasonication-induced amyloid fibril formation of β2-microglobulin
    Ohhashi, Y., Kihara, M., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem. 280(38) 32843-32848 2005年09月 査読有り
  • Kinetically controlled thermal response of β2-microglobulin amyloid fibrils
    Sasahara, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol. 352(3) 700-711 2005年09月 査読有り
  • Main-chain dominated amyloid structures demonstrated by the effect of high pressure
    Chatani, E., Kato, M., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol. 352(4) 941-951 2005年09月 査読有り
  • Seeding-dependent propagation and maturation of amyloid fibril conformation
    Yamaguchi, KI., Takahashi, S., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol. 352(4) 952-960 2005年09月 査読有り
  • Deficiency of the very low-density lipoprotein (VLDL) receptors in streptozotocin-induced diabetic rats: Insulin dependency of the VLDL receptor
    Iwasaki, T., Takahashi, S., Takahashi, M., Zenimaru, Y., Kujiraoka, T., Ishihara, M., Nagano, M., Suzuki, J., Miyamori, I., Naiki, H., Sakai, J., Fujino, T., Miller, N. E., Yamamoto, T. T., Hattori, H.
    Endocrinology 146(8) 3286-3294 2005年08月 査読有り
  • 福井大学医学部における医学英語と医学・看護学の統合的一貫教育―平成16年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」採択事業
    近藤 真治, 内木 宏延
    Journal of Medical English Education 4(2) 45-48 2005年07月 査読有り
  • Papanicolaou染色に使用したエタノール溶液の再生利用について ペレット状の活性炭を用いて
    森正樹, 今村好章, 前川秀樹, 内木宏延
    病理と臨床 23(7) 781-783 2005年07月 査読有り
  • Structural model of the amyloid fibril formed by β2-microglobulin #21-31 fragment based on vibrational spectroscopy
    Hiramatsu, H., Goto, Y., Naiki, H., Kitagawa, T.
    J. Am. Chem. Soc. 127(22) 7988-7989 2005年06月 査読有り
  • Metal ion-dependent effects of clioquinol on the fibril growth of an amyloid β peptide
    Raman, B., Ban, T., Yamaguchi, KI., Sakai, M., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem. 280(16) 16157-16162 2005年04月 査読有り
  • Preformed β-amyloid fibrils are destabilized by coenzyme Q10 in vitro
    Ono, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 330(1) 111-116 2005年04月 査読有り
  • Nuclear magnetic resonance characterization of the refolding intermediate of β2-microglobulin trapped by non-native prolyl peptide bond
    Kameda, A., Hoshino, M., Higurashi, T., Takahashi, S., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol. 348(2) 383-397 2005年04月 査読有り
  • Molecular interactions in the formation and deposition of β2-microglobulin-related amyloid fibrils
    Naiki, H., Yamamoto, S., Hasegawa, K., Yamaguchi, I., Goto, Y., Gejyo, F.
    Amyloid 12(1) 15-25 2005年03月 査読無し
  • Seeding-dependent maturation of β2-microglobulin amyloid fibrils at neutral pH
    Kihara, M., Chatani, E., Sakai, M., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem. 280(12) 12012-12018 2005年03月 査読有り
  • アルツハイマー病βアミロイド線維形成阻害・分解薬の開発および脳アミロイドアンギオパチーに関する研究
    山田正仁, 小野賢二郎, 浜口 毅, 廣畑美枝, 吉田光宏, 内木宏延, 長谷川一浩, 高島明彦, 吉池裕二, 池田修一, 玉岡 晃, 葛原茂樹, 東海林幹夫, 安東由喜雄, 徳田隆彦
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成16年度総括研究報告書 62-64 2005年03月 査読無し
  • 中性pHでのβ2-ミクログロブリン関連アミロイド線維伸長に及ぼす界面活性剤の影響
    山本 卓, 山口 格, 長谷川一浩, 大越忠和, 木原美穂, 後藤祐児, 下条文武, 内木宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成16年度総括研究報告書 92-94 2005年03月 査読無し
  • 透析アミロイドーシスに関する研究
    山本 卓, 長谷川一浩, 山口 格, 斎藤亮彦, 内木宏延, 下条文武
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成16年度総括研究報告書 95-99 2005年03月 査読無し
  • アルツハイマー病βアミロイド線維およびAβ蛋白に対する各種生体分子の親和性の定量的解析(その2)―伝播機構解析の為の基礎的検討―
    長谷川一浩, 内木宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究平成16年度総括・分担研究報告書 57-60 2005年03月 査読無し
  • モデル動物を用いたアミロイドーシス伝播機構の解析
    付 笑影, 是永龍巳, Zhang Huanyu, 葛 鳳華, Zhang Beiru, 徳田隆彦, 澤下仁子, 森 政之, 池田修一, 内木宏延, 前田秀一郎, 樋口京一
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究総合研究報告書 43-50 2005年03月 査読無し
  • アルツハイマー病βアミロイド線維およびAβ蛋白に対する各種生体分子の親和性の定量的解析―伝播機構解析の為の基礎的検討―
    長谷川一浩, 小野賢二郎, 山田正仁, 内木宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究総合研究報告書 69-74 2005年03月 査読無し
  • Critical balance of electrostatic and hydrophobic interactions is required for β2-microglobulin amyloid fibril growth and stability
    Raman, B., Chatani, E., Kihara, M., Ban, T., Sakai, M., Hasegawa, K., Naiki, H., Rao, Ch. M., Goto, Y.
    Biochemistry 44(4) 1288-1299 2005年02月 査読有り
  • Association of thin filaments into thick filaments revealing the structural hierarchy of amyloid fibrils
    Kanno, T., Yamaguchi, K., Naiki, H., Goto, Y., Kawai, T.
    J Struct Biol 149(2) 213-218 2005年02月 査読有り
  • Stereospecific amyloid-like fibril formation by a peptide fragment of β2-microglobulin
    Wadai, H., Yamaguchi, KI., Takahashi, S., Kanno, T., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    Biochemistry 44(1) 157-164 2005年01月 査読有り
  • Direct measurement of the thermodynamic parameters of amyloid formation by isothermal titration calorimetry
    Kardos, J., Yamamoto, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem 279(53) 55308-55314 2004年12月 査読有り
  • Anti-amyloidogenic activity of tannic acid and its activity to destabilize Alzheimer's β-amyloid fibrils in vitro
    Ono, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Biochim. Biophys. Acta-Molecular Basis of Disease 1690(3) 193-202 2004年11月 査読有り
  • Direct observation of Aβ amyloid fibril growth and inhibition
    Ban, T., Hoshino, M., Takahashi, S., Hamada, D., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol 344(3) 757-767 2004年11月 査読有り
  • Low concentrations of sodium dodecyl sulfate induce the extension of β2-microglobulin-related amyloid fibrils at a neutral pH
    Yamamoto, S., Hasegawa, K., Yamaguchi, I., Tsutsumi, S., Kardos, J., Goto, Y., Gejyo, F., Naiki, H.
    Biochemistry 43(34) 11075-11082 2004年08月 査読有り
  • Reactivation of HSV-1 in the brain of patients with familial Alzheimer's disease
    Mori, I., Kimura, Y., Naiki, H., Matsubara, R., Takeuchi, T., Yokochi, T., Nishiyama, Y.
    J. Med. Virol. 73(4) 605-611 2004年08月 査読有り
  • Environment- and mutation-dependent aggregation behavior of Alzheimer amyloid β-protein
    Yamamoto, N., Hasegawa, K., Matsuzaki, K., Naiki, H., Yanagisawa, K.
    J. Neurochem 90(1) 62-69 2004年07月 査読有り
  • A seed for Alzheimer amyloid in the brain
    Hayashi, H., Kimura, N., Yamaguchi, H., Hasegawa, K., Yokoseki, T., Shibata, M., Yamamoto, N., Michikawa, M., Yoshikawa, Y., Terao, K., Matsuzaki, K., Lemere, C. A., Selkoe, D. J., Naiki, H., Yanagisawa, K.
    J. Neurosci 24(20) 4894-4902 2004年05月 査読有り
  • Tissue distribution, biochemical properties, and transmission of mouse type A AApoAII amyloid fibrils
    Korenaga, T., Fu, X., Xing, Y., Matsusita, T., Kuramoto, K., Syumiya, S., Hasegawa, K., Naiki, H., Ueno, M., Ishihara, T., Hosokawa, M., Mori, M., Higuchi, K.
    Am. J. Pathol 164(5) 1597-1606 2004年05月 査読有り
  • アミロイド線維の形成と解離
    長谷川一浩, 内木宏延
    蛋白質核酸酵素 49(7) 1096-1097 2004年05月 査読無し
  • Core and heterogeneity of β2-microglobulin amyloid fibrils as revealed by H/D exchange
    Yamaguchi, K., Katou, H., Hoshino, M., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Mol. Biol 338(3) 559-571 2004年04月 査読有り
  • Induction of AApoAII amyloidosis by various heterogeneous amyloid fibrils
    Fu, X., Korenaga, T., Fu, L., Xing, Y., Guo, Z., Matsushita, T., Hosokawa, M., Naiki, H., Baba, S., Kawata, Y., Ikeda, S., Ishihara, T., Mori, M., Higuchi, K.
    FEBS Lett 563(1-3) 179-184 2004年04月 査読有り
  • Increase in the conformational flexibility of β2-microglobulin upon copper binding: A possible role for copper in dialysis-related amyloidosis
    Villanueva, J., Hoshino, M., Katou, H., Kardos, J., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    Protein Sci 13(3) 797-809 2004年03月 査読有り
  • Curcumin has potent anti-amyloidogenic effects for Alzheimer's β-amyloid fibrils in vitro
    Ono, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    J. Neurosci. Res 75(6) 742-750 2004年03月 査読有り
  • Optimum amyloid fibril formation of a peptide fragment suggests the amyloidogenic preference of β2-microglobulin under physiological conditions
    Ohhashi, Y., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J Biol. Chem 279(11) 10814-10821 2004年03月 査読有り
  • Core structure of amyloid fibril proposed from IR-microscope linear dichroism
    Hiramatsu, H., Goto, Y., Naiki, H., Kitagawa, T.
    J. Am. Chem. Soc 126(10) 3008-3009 2004年03月 査読有り
  • Aβ線維伸長機構
    長谷川一浩, 内木宏延
    Molecular Medicine 41(4) 420-426 2004年03月 査読無し
  • 赤ワイン関連ポリフェノールのアルツハイマー病βアミロイド線維分解作用
    小野賢二郎, 吉池裕二, 高島明彦, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成15年度総括研究報告書 34-35 2004年03月 査読無し
  • 中性pHでのβ2-ミクログロブリン関連アミロイド線維伸長に及ぼすドデシル硫酸ナトリウムの影響
    山本 卓, 長谷川一浩, 下条文武, 内木宏延
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成15年度総括研究報告書 106-108 2004年03月 査読無し
  • 各種生体分子のアルツハイマー病βアミロイド線維およびAβ蛋白に対する親和性の定量的解析―伝播機構解析の為の基礎的検討―
    内木宏延, 長谷川一浩
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究平成15年度総括・分担研究報告書 73-77 2004年03月 査読無し
  • PCR search for the herpes simplex virus type 1 genome in brain sections of patients with familial Alzheimer's disease
    Mori, I., Yokochi, T., Koide, N., Sugiyama, T., Yoshida, T., Kimura, Y., Naiki, H., Matsubara, R., Takeuchi, T., Nishiyama, Y.
    J. Clin. Microbiol 42(2) 936-937 2004年02月 査読有り
  • Glycosaminoglycans enhance the trifluoroethanol-induced extension of β2-microglobulin-related amyloid fibrils at a neutral pH
    Yamamoto, S., Yamaguchi, I., Hasegawa, K., Tsutsumi, S., Goto, Y., Gejyo, F., Naiki, H.
    J. Am. Soc. Nephrol 15(1) 126-133 2004年01月 査読有り
  • Vitamin A exhibits potent antiamyloidogenic and fibril-destabilizing effects in vitro
    Ono, K., Yoshiike, Y., Takashima, A., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Exp Neurol 189(2) 380-392 2004年01月 査読有り
  • Conformational stability of amyloid fibrils of β2-microglobulin probed by guanidine-hydrochloride-induced unfolding
    Narimoto, T., Sakurai, K., Okamoto, A., Chatani, E., Hoshino, M., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    FEBS Lett 576(3) 313-319 2004年01月 査読有り
  • βアミロイドの試験管内線維形成
    長谷川一浩, 内木宏延
    Cognition and Dementia 3(4) 42231 2004年01月 査読無し
  • Anionic contribution for fibrous maturation of proto-fibrillar assemblies of human tau repeat domain in a fluoro-alcohol solution
    Konno, T., Oiki, S., Hasegawa, K., Naiki, H.
    Biochemistry 43(42) 13613-13620 2004年01月 査読有り
  • PCR search for HSV-1 genome in the brain sections of patients with familial Alzheimer’s disease
    Isamu, Mori, Takashi, Yokochi, Naoki, Koide, Tsuyoshi, Sugiyama, Tomoaki, Yoshida, Yoshinobu, Kimura, Hironobu, Naiki, Rokuro, Matsubara, Tohru, Takeuchi, Yukihiro, Nishiyama
    Journal of Clinical Microbiology 42 936-937 2004年 査読有り
  • Aβの化学構造Amino acid sequence and assembly of Aβ protein
    長谷川一浩, 内木宏延
    日本臨床 61(増刊9) 37-41 2003年12月 査読無し
  • Amyloid fibril formation in the context of full-length protein : effects of proline mutations on the amyloid fibril formation of β2-microglobulin
    Chiba, T., Hagihara, Y., Higurashi, T., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem 278(47) 47016-47024 2003年11月 査読有り
  • 透析アミロイドーシスの発症機構―分子生物学的見地から―
    山本 卓, 長谷川一浩, 内木宏延
    関節外科 22(11) 1398-1403 2003年11月 査読無し
  • Glycosaminoglycan and proteoglycan inhibit the depolymerization of β2-microglobulin amyloid fibrils in vitro
    I.Yamaguchi, H.Suda, N.Tsuzuike, K.Seto, M.Seki, Y.Yamaguchi, K.Hasegawa, N.Takahashi, S.Yamamoto, F.Gejyo, H.Naiki
    Kidney Int 64(3) 1080-1088 2003年09月 査読有り
  • 蛋白質のフォールディングとアミロイドーシス(β2-ミクログロブリンアミロイドーシスを中心に)
    山本 卓, 長谷川 一浩, 内木 宏延
    炎症と免疫 11(5) 546-551 2003年08月 査読無し
  • Dissolution of β2-microglobulin amyloid fibrils by dimethylsulfoxide
    Hirota-Nakaoka, N., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biochem (Tokyo) 134(1) 159-164 2003年07月 査読有り
  • アミロイド原性AL蛋白質の線維形成機構
    高橋 直生, 下条 文武, 内木 宏延
    血液・腫瘍科 47(1) 42357 2003年07月 査読無し
  • Intra-tumoral distribution of 64 Cu-ATSM -A comparison study with FDG
    A.Obata, M.Yoshimoto, S.Kasamatsu, H.Naiki, S.Takamatsu, K.Kashikura, T.Furukawa, J.S.Lewis, M.J.Welch, H.Saji, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 30(5) 529-534 2003年07月 査読有り
  • Conformational dynamics of β2-microglobulin analyzed by reduction and reoxidation of the disulfide bond
    Gozu, M., Lee, YH., Ohhashi, Y., Hoshino, M., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biochem (Tokyo) 133(6) 731-736 2003年06月 査読有り
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S.Ikegaya, A.Yoshida, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int. J. Hematol 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • Direct observation of amyloid fibril growth monitored by thioflavin T fluorescence
    Ban, T., Hamada, D., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    J. Biol. Chem 278(19) 16462-16465 2003年05月 査読有り
  • Cytology of pleural effusion associated with disseminated infection caused by varicella-zoster virus in an immunocompromised patient. A case report
    Mori, M., Imamura, Y., Maegawa, H., Yoshida, H., Naiki, H., Fukuda, M.
    Acta Cytol 47(3) 480-484 2003年05月 査読有り
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S. Ikegaya, Yoshida A, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int J Hematology 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • Amyloidogenic synthetic peptides of β2-microglobulin―a role of the disulfide bond
    Hasegawa, K., Ohhashi, Y., Yamaguchi, I., Takahashi, N., Tsutsumi, S., Goto Y, +Gejyo F, Naiki, H.
    Biochem. Biophys. Res Commun 304(1) 101-106 2003年04月 査読有り
  • 開放反応系を用いたアルツハイマー病βアミロイド線維の試験管内形成・分解機構の解明および生体分子との相互作用の解析に関する研究
    内木宏延, 長谷川一浩, 小野賢二郎, 山田正仁
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究平成14年度総括・分担研究報告書 69-72 2003年03月 査読無し
  • β2-ミクログロブリンのフォールディングとアミロイド線維形成
    内木宏延, 後藤祐児, 星野 大, 長谷川一浩
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成14年度総括研究報告書 45-46 2003年03月 査読無し
  • ニコチンよるアルツハイマー病βアミロイド線維の分解作用
    山田正仁, 小野賢二郎, 長谷川一浩, 内木宏延
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成14年度総括研究報告書 117-118 2003年03月 査読無し
  • 中性pHでのβ2-ミクログロブリン関連アミロイド線維伸長に及ぼすトリフルオロエタノールとグリコサミノグリカンの影響
    内木宏延, 山本 卓, 山口 格, 長谷川一浩, 後藤祐児, 下条文武
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成14年度総括研究報告書 47-49 2003年03月 査読無し
  • Helicobacter pylori CagA containing ITAM-like sequences localized to lipid rafts negatively regulates VacA-induced signaling in vivo
    M.Asahi, Y.Tanaka, T.Izumi, Y.Ito, H.Naiki, D.Kersulyte, K.Tsujikawa, M.Saito, K.Sada, S.Yanagi, A.Fujioka, M.Noda, Y.Itokawa
    Helicobacter 8(1) 42018 2003年02月 査読有り
  • Potent anti-amyloidogenic and fibril-destabilizing effects of polyphenols in vitro : Implications for the prevention and therapeutics of Alzheimer's disease
    Ono., K., Yoshiike, Y., Takashima, A., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    J. Neurochem 87(1) 172-181 2003年01月 査読有り
  • 福井医科大学医学科における新しいカリキュラム?医学教育モデルコアカリキュラムの導入
    安田 年博, 内木 宏延, 栗山 勝, 岡田 謙一郎
    福井の科学者 No.91 28-35 2003年 査読無し
  • Isolated large chondral fracture of the knee presenting as an externally palpable loose body in an adolescent
    Oohashi, Y., Naiki, H.
    Arthroscopy 19(4) 30E 2003年 査読有り
  • Motor neuron disease with dementia combined with degeneration of striatonigral and pallidoluysian systems
    須藤 哲, 福谷 祐賢, 松原 六郎, 佐々木 一夫, 塩沢 真揮, 和田 有司, 内木 宏延, 伊崎 公徳
    Acta Neuropathologica 103(5) 521-525 2002年05月 査読有り
  • Remnant lipoprotein particles are taken up into myocardium through VLDL receptor- a possible mechanism for cardiac fatty acid metabolism
    A.Kamataki, S.Takahashi, K.Masamura, T.Iwasaki, H.Hattori, H.Naiki, K.Yamada, J.Suzuki, I.Miyamori, J.Sakai, T.Fujino, T.Yamamoto
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 293 1007-1013 2002年05月 査読有り
  • Interleukin-6産生胸腺癌患者における尿酸代謝動態
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 津谷 寛, 吉尾 伸之, 吉田 明, 内木 宏延, 中村 徹, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1) 66-67 2001年07月 査読無し
  • グアニンヌクレオチド減少と細胞周期進行から見たIMP脱水素酵素阻害による分化誘導作用機序
    稲井 邦博, 津谷 寛, 酒巻 一平, 内木 宏延, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1) 13-19 2001年07月 査読有り
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mycophenolate mofetil
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Fukushima, H.Iwasaki, S.Imamura, Y.Wano, Y.Nemoto, H.Naiki, T.Ueda
    Leukemia Res 24(9) 761-768 2000年09月 査読有り
  • Molecular remission induced by fractionated dose-escalating donor leukocyte infusion without graft-versus-host disease in a patient with chronic myelogenous leukemia relapsed after allogeneic bone marrow transplantation
    K.Inai, Y.Wano, S.Yamamoto, Y.Ikebata, H.Iwasaki, H.Tsutani, H.Naiki, T.Ueda
    Anticancer Res 19(6C) 5631-5634 1999年11月 査読有り
  • Hepatic tumor rupture following effectual treatment with irinotecan in a patient with highly refractory malignant lymphoma
    H.Tsutani, K.Inai, S.Kishi, K.Morinaga, H.Naiki, T.Ueda
    Int J Hematol 70(3) 178-180 1999年01月 査読有り
  • Heparin-induced amyloid fibrillation of β2-microglobulin explained by solubility and a supersaturation-dependent conformational phase diagram
    M.So, Y.Hata, H.Naiki, Y.Goto
    Protein Sci 26(5) 1024-1036 2017年05月 査読有り
  • Treatment with geranylgeranylacetone induces heat shock protein 70 and attenuates neonatal hyperoxic lung injury in a model of bronchopulmonary dysplasia
    S.Tokuriki, A.Igarashi, T.Okuno, G.Ohta, H.Naiki, Y.Ohshima
    Lung 195(4) 469-476 2017年08月 査読有り
  • Tubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cells
    N.Takahashi, T.Saeki, A.Komatsuda, C.Munemura, T.Fukui, N.Imai, N.Homma, T.Hatta, KI.Samejima, T.Fujimoto, H.Omori, Y.Ito, Y.Nishikawa, M.Kobayashi, Y.Morikawa, S.Fukushima, S.Yokoi, D.Mikami, K.Kasuno, H.Kimura, T.Nemoto, Y.Nakamoto, K.Sada, M.Sugai, H.Naiki, H.Yoshida, I.Narita, Y.Saito, M.Iwano
    J Am Soc Nephrol 28(12) 3688-3698 2017年12月 査読有り
  • Skin inflammation exacerbates food allergy symptoms in epicutaneously sensitized mice
    A.Kawasaki, N.Ito, H.Murai, M.Yasutomi, H.Naiki, Y.Ohshima
    Allergy 73(6) 1313-1321 2018年01月 査読有り
  • 老化とアミロイドーシス
    内木 宏延, 長谷川 一浩, 山口 格, 大越 忠和, 遠藤 芳徳
    病理と臨床 36(2) 110-115 2018年02月 査読無し
  • Pathological examination of cerebral amyloid angiopathy in patients who underwent removal of lobar hemorrhages
    CM.Lin, H.Arishima, KI.Kikuta, H.Naiki, R.Kitai, T.Kodera, K.Matsuda, N.Hashimoto, M.Isozaki, K.Tsunetoshi, H.Neishi, Y.Higashino, A.Akazawa, H.Arai, S.Yamada
    J Neurol 265(3) 567-577 2018年03月 査読有り
  • Apolipoprotein E and clusterin inhibit the early phase of amyloid-β aggregation in an in vitro model of cerebral amyloid angiopathy
    Y.Endo, K.Hasegawa, R.Nomura, H.Arishima, KI.Kikuta, T.Yamashita, Y.Inoue, M.Ueda, Y.Ando, MR.Wilson, T.Hamano, Y.Nakamoto, H.Naiki
    Acta Neuropathol Commun 7(1) 12-12 2019年01月 査読有り
  • Aggregation-phase diagrams of β2-microglobulin reveal temperature and salt effects on competitive formation of amyloids versus amorphous aggregates
    M.Adachi, M.Noji, M.So, K.Sasahara, J.Kardos, H.Naiki, Y.Goto
    J Biol Chem 293(38) 14775-14785 2018年09月 査読有り
  • Elevated levels of urinary extracellular vesicle fibroblast-specific protein 1 in patients with active crescentic glomerulonephritis
    Y.Morikawa, N.Takahashi, K.Kamiyama, K.Nishimori, Y.Nishikawa, S.Morita, M.Kobayashi, S.Fukushima, S.Yokoi, D.Mikami, H.Kimura, K.Kasuno, T.Yashiki, H.Naiki, M.Hara, M.Iwano
    Nephron 141(3) 177-187 2018年12月 査読有り

著書

  • アミロイドーシスの基礎と臨床
    長谷川一浩, 内木宏延
    In vitroにおけるアミロイド線維形成機序
    金原出版 2005年03月
  • タンパク質科学イラストレイテッド
    大橋祐美子, 内木宏延
    フォールディング異常と疾患
    羊土社 2005年11月
  • ルービン病理学─臨床医学への基盤─
    内木 宏延, 大越 忠和
    共同編集、分担執筆
    アミロイドーシス
    西村書店 2007年11月
    9.78E+12
  • タンパク質の事典
    内木 宏延
    執筆、編集
    アミロイドタンパク質
    朝倉書店 2008年07月
    9.78E+12
  • ロビンス基礎病理学
    内木 宏延
    共同編集、分担執筆
    血液循環障害、血栓症、およびショック
    丸善出版 2011年09月
    9.78E+12
  • ロビンス基礎病理学
    内木 宏延
    共同編集、分担執筆
    急性および慢性炎症
    丸善出版 2011年09月
    9.78E+12
  • Prog Mol Biol Transl Sci
    M.Yamada, H.Naiki
    執筆、編集
    Cerebral amyloid angiopathy
    Elsevier 2012年
    9.78E+12
  • 変革する透析医学
    小澤 大作, 風間 順一郎, 内木 宏延
    執筆、編集
    透析アミロイドーシスの病態
    医薬ジャーナル社 2012年07月
    9.78E+12
  • Autopsy imaging症例集~死亡時画像診断のための読影マニュアル~
    島田 一郎, 稲井 邦博, 大越 忠和, 内木 宏延, 法木 左近, 伊藤 浩史, 飯野 哲, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 田中 雅人, 木村 浩彦, 松木 孝澄
    執筆、編集
    アミロイドアンギオパチーを伴った多発性脳損傷
    ベクトル・コア 2012年11月
  • The Senescence-Accelerated Mouse(SAM):Achievements and Future Directions
    H.Naiki
    執筆、編集
    Molecular mechanisms of amyloid fibril formation:Everything started from SAM research
    Elsevier 2013年09月
    9.78E+12
  • 多発性骨髄腫Updating 第6巻:ALアミロイドーシス、多発性骨髄腫の類縁疾患
    加藤 修明, 関島 良樹, 内木 宏延
    執筆、編集
    アミロイド蛋白の形成と沈着機序
    株式会社 医薬ジャーナル社 2014年08月
    9.78E+12
  • Autopsy imaging 症例集 第2巻
    小上 瑛也, 稲井 邦博, 木下 一之, 西島 昭彦, 坂井 豊彦, 法木 左近, 島田 一郎, 木村 浩彦, 内木 宏延
    分担執筆
    血胸
    ベクトル・コア 2018年04月
    9784906714599
  • Autopsy imaging 症例集 第2巻
    稲井 邦博, 木下 一之, 西島 昭彦, 坂井 豊彦, 法木 左近, 島田 一郎, 木村 浩彦, 内木 宏延
    分担執筆
    肺血栓塞栓症
    ベクトル・コア 2018年04月
    9784906714599
  • Autopsy imaging 症例集 第2巻
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 飯野 哲, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    分担執筆
    嬰児殺
    ベクトル・コア 2018年04月
    9784906714599

講演・口頭発表等

  • ミニブタ肺における死後24時間までのCT変化と病理学的変化
    木下 一之, 坂井 豊彦, 稲井 邦博, 法木 左近, 内木 宏延, 木村 浩彦, 平野 靖, 木戸 尚治
    第75回日本医学放射線学会総会 2016年04月 選考有り
  • 病理解剖とAiを施行した予期せぬ2死亡例
    小上 瑛也, 法木 左近, 稲井 邦博, 今村 好章, 内木 宏延
    第105回日本病理学会総会 2016年05月 選考有り
  • 透析アミロイド沈着部位に共存するグリコサミノグリカン及びプロテオグリカンの検討-病理切片を用いた免疫組織化学的観察とプロテオーム解析-
    山口 格, 大越 忠和, 内田 研造, 田崎 雅義, 山下 太郎, 安東 由喜雄, 内木 宏延
    第3回日本アミロイドーシス研究会学術集会 2015年08月 選考有り
  • IgM陽性形質細胞が主体の尿細管間質性腎炎(IgM陽性形質細胞関連腎症)の臨床的特徴と治療経過
    高橋 直生, 三上 大輔, 糟野 健司, 今田 麻美子, 森田 紗由, 西川 雄大, 森川 幸恵, 東谷 佐知子, 横井 靖二, 木村 秀樹, 内木 宏延, 吉田 治義, 岩野 正之
    第58回(平成27年度)日本腎臓学会学術総会 2015年06月 選考有り 松尾 清一
  • 院内死亡の直接死因究明におけるオートプシー・イメージングの有効性
    稲井 邦博, 法木 左近, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 内木 宏延
    第104回日本病理学会総会 2015年05月 選考有り
  • 介在死因に着目した医療関連死の背景分析
    稲井 邦博, 法木 左近, 岩崎 博道, 井隼 彰夫, 内木 宏延
    第10回医療の質・安全学会学術集会 2015年11月
  • アミロイド線維形成・細胞障害の分子機構:β2-ミクログロブリンアミロイドーシスを中心に
    内木 宏延
    第4回日本アミロイドーシス研究会学術集会 2016年08月 選考有り
  • C反応性蛋白質と血清アミロイドP成分のアミロイド線維形成抑制および促進効果
    小澤 大作, 野村 寮, Mangione P Patrizia, 長谷川 一浩, 大越 忠和, Porcari Riccardo, Bellotti Vittorio, 内木 宏延
    第4回日本アミロイドーシス研究会学術集会 2016年08月
  • C反応性蛋白質と血清アミロイドP成分の多面的シャペロン効果
    小澤 大作, 野村 寮, Patrizia P. Mangione, 長谷川 一浩, 大越 忠和, Riccardo Porcari, Vittorio Bellotti, 内木 宏延
    第16回日本蛋白質科学会年会 2016年06月 選考有り
  • Thioflavin T: Not an all-rounder, but a trustworthy friend for over 27 years
    H.Naiki
    The XVth International Symposium on Amyloidosis 2016年07月 選考有り
  • 院内死亡症例におけるAiの直接死因診断精度
    稲井 邦博, 法木 左近, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 内木 宏延
    第14回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 2016年08月 選考有り
  • 胸部刺創に於ける死亡時画像診断(Ai)の有用性
    島田 一郎, 鈴木 史子, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 江端 清和, 木村 浩彦
    第14回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 2016年08月 選考無し
  • Antiamyloidogenic and proamyloidogenic chaperone effects of C-reactive protein and serum amyloid P component
    D.Ozawa, R.Nomura, P.P.Mangione, K.Hasegawa, T.Okoshi, R.Porcari, V.Bellotti, H.Naiki
    The XVth International Symposium on Amyloidosis 2016年07月 選考有り
  • 超音波によるb2-ミクログロブリンのアミロイド線維形成誘導
    大橋祐美子, 木原美穂, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • 基板との相互作用がAb(1-40)アミロイド線維形成及び伸長に及ぼす影響
    伴 匡人, 森垣憲一, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • 中性pHにおけるb2ミクログロブリンアミロイド線維の直接伸長観察
    小澤大作, 伴 匡人, 亀田篤司, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • Trp蛍光をプローブに用いたb2ミクログロブリンのアミロイド線維構造の解析
    木原美穂, 山本香織, 岩田健太郎, 茶谷絵理, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • アミロイドーシス発症の分子機構解明―透析アミロイドーシスを中心に―
    内木宏延
    第40回名古屋腎カンファレンス 2005年11月
  • Transition from non-amyloidogenic aggregates to amyloid fibrils
    笹原健二, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • 固体NMRによるb2ミクログロブリンのフラグメントが形成するアミロイド線維の構造解析
    岩田健太郎, 藤原敏道, 松木 陽, 阿久津秀雄, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月
  • 椎骨動脈解離性動脈瘤の剖検例
    小寺俊昭, 辻 哲朗, 廣瀬敏士, 竹内浩明, 久保田紀彦, 内木宏延
    第69回日本脳神経学会中部支部学術集会 2005年11月
  • HTLV-1キャリアーに発症したCOPの1例
    水野 史朗, 門脇麻衣子, 森川美羽, 梅田幸寛, 上坂太祐, 中西正教, 出村芳樹, 飴嶋慎吾, 宮森勇, 石﨑 武志, 佐々木正人, 内木宏延
    第67回日本結核病学会  第56回日本呼吸器学会  第41回日本呼吸器内視鏡学会  第26回日本サルコイドーシス学会  合同北陸地方会 2005年11月 選考無し
  • Anti-amyloidogenic effects of polyphenols: implications for the prevention and therapeutics of Alzheimer’s disease
    山田 正仁, 小野 賢二郎, 浜口 毅, 内木 宏延
    第48回日本神経化学会大会 2005年09月 選考有り
  • Vitamin A exhibits potent anti-amyloidogenic and fibril-destabilizing effects in vitro
    小野賢二郎, 吉池裕二, 高島明彦, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第48回日本神経化学会大会 2005年09月
  • アルツハイマー病患者の髄液はbアミロイド形成を促進する
    小野賢二郎, 野口もえ子, 松本泰子, 柳瀬大亮, 岩佐和夫, 内木宏延, 山田正仁
    第24回日本痴呆学会 2005年09月
  • マウス老化アミロイドーシス:飼育室における伝播の可能性
    付 笑影, 是永龍巳, Zhang Huanyu, 厳 景民, 内木宏延, 澤下仁子, 森 政之, 樋口京一
    第20回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会 2005年07月
  • アミロイドーシス発症の分子機構解明
    内木宏延
    平成17年度芝蘭会福井支部総会 2005年07月
  • 門脈腫瘍閉塞を伴った胃癌の1例
    清水幸生, 吉田正徳, 和形隆志, 内木宏延
    日本医学放射線学会 第138回中部地方会 2005年07月
  • b2-ミクログロブリンアミロイド線維・沈着の分子機構
    山本 卓, 長谷川一浩, 下條文武, 内木宏延, 風間順一郎, 丸山弘樹, 成田一衛, 山口 格, 後藤祐児
    透析アミロイドーシス―基礎研究から治療戦略Update―.第50回(社)日本透析医学会学術集会・総会 2005年06月
  • Double tracer autoradiography with FDG/Cu-ATSM and immunohistochemical interpretation in 4 different mouse implanted tumor models
    T.Tanaka, T.Furukawa, S.Kasamatsu, S.Takamatsu, H.Sunaga, S.Fujieda, H.Naiki, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting 2005年06月 選考有り
  • タンニン酸によるアルツハイマー病bアミロイド線維の分解効果
    小野賢二郎, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第45回日本神経学会総会 2005年05月
  • 大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質の昼と夜─フォールディングとミスフォールディング」
    内木宏延(オーガナイザー,ディスカッションリーダー)
     2005年05月
  • 剖検摘出肺からの直接採痰による死戦期の肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 法木 左近, 大越 忠和, 今村 好章, 内木 宏延
    第94回日本病理学会総会 2005年04月 選考有り
  • 橋本病に合併したMALT lymphomaとlymphoepithelial cyst
    大越 忠和, 今村 好章, 前川 秀樹, 森 正樹, 内木 宏延, 小西 二三男
    第94回日本病理学会総会 2005年04月 選考有り
  • Molecular interactions in the formation, stabilization and destabilization of amyloid fibrils
    Naiki, H.
    The 2nd Open Workshop Chemictry of Biological processes Created by Water and Biomolecules"" 2005年03月
  • Noninvasive carcinoma ex pleomorphic adenomaの2例
    今村好章, 前川秀樹, 森正樹, 大越忠和, 内木宏延
    第44回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会 2005年03月
  • 膀胱小細胞癌の一例
    森正樹, 今村好章, 前川秀樹, 内木宏延, 前川正信, 横山修
    第22回日本臨床細胞学会福井支部総会並びに学術集会 2005年03月
  • 標本交見会 症例61歳 女性 205-616-1 NSIP
    大越 忠和, 門脇 麻衣子, 梅田 幸寛, 上坂 太祐, 森川 美羽, 水野 史朗, 出村 芳樹, 飴嶋 愼吾, 宮森 勇, 石﨑 武志, 内木 宏延, 今村 好章
    第8回日本病理学会中部支部スライドセミナー 2005年03月 選考有り
  • Molecular interactions in the formation and stabilization of b2-microglobulin-related amyloid fibrils
    Naiki, H.
    International symposium on amyloidosis: genetics, biochemistry, pathology and clinical studies 2005年02月
  • タウ蛋白リピートドメインの繊維性凝集における陰イオンの寄与
    今野卓, 老木成稔, 長谷川一浩, 内木宏延
    第42回日本生物物理学会年会 2004年12月 選考無し
  • Extension and stabilization of β2-microglobulin-related amyloid fibrils at neutral pH
    S.Yamamoto, K.Hasegawa, I.Yamaguchi, N.Takahashi, Y.Goto, F.Gejyo, H.Naiki
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis-related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月 選考有り
  • Amyloid fibril structure of β2-microglobulin and its fragments elucidated from IR-microscope linear dichroism
    Hiramatsu, H., Goto, Y., H.Naiki, Kitagawa, T.
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis-related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月 選考有り
  • Direct measurement of the thermodynamic parameters of β2-microglobulin amyloid formation by isothermal titration calorimetry
    Kardos, J., Yamamoto, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis-related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月
  • A first-order kinetic model of light chain-associated amyloid fibril extension in vitro
    N.Takahashi, K.Hasegawa, I.Yamaguchi, H.Kimura, H.Yoshida, F.Gejyo, H.Naiki
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis-related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月 選考有り
  • Kinetic analysis of Alzheimer’s β?amyloid fibril formation using surface plasmon resonance
    Hasegawa, K., Naiki, H.
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis-related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月
  • Anti-amyloidogenic and fibril-destabilizing effects of antioxidants in vitro: implications for the prevention and therapeutics of Alzheimer’s disease and other amyloid diseases
    Naiki, H., Ono, K., Hasegawa, K., Yamada, M.
    1st Italian-Japanese Workshop─Dialysis- related amyloidosis: from molecular mechanisms to therapies─ 2004年12月
  • β2ミクログロブリンのアミロイド線維形成反応に対する熱力学的解析
    山本香織, Kardos, J., 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第42回年会 2004年12月 選考有り
  • フラグメントが形成するアミロイド線維の構造解析
    岩田健太郎, 藤原敏道, 松木 陽, 阿久津秀雄, 内木宏延, 後藤祐児
    日本生物物理学会第42回年会 2004年12月 選考有り
  • 顕微赤外直線偏光二色性測定を用いたβ2-ミクログロブリンアミロイド線維構造の研究
    平松弘嗣, 後藤祐児, 内木宏延, 北川禎三
    日本生物物理学会第42回年会 2004年12月 選考有り
  • The structure of the interaction part of the amyloid fibril of beta2 microglobulin elucidated by IR microscope
    呂 明, 平松 弘嗣, 後藤 祐児, 内木 宏延, 北川 禎三
    日本生物物理学会第42回年会 2004年12月 選考有り
  • 右甲状腺腫瘍
    今村好章, 前川秀樹, 森正樹, 内木宏延, 大越忠和, 小西二三男
    第54回交見会 2004年12月
  • What does 64Cu-ASTM accumulation indicate? : A comparison study with [18F]FDG using immunohistochemical method
    Tanaka,T., Sunaga,H., Kasamatsu,S., Furukawa, T., Fujieda,S., Naiki, H., Yonekura,Y., Fujibayashi, Y.
    The Third International Workshop on BiomedicalImaging 2004年11月 選考有り
  • ステロイドパルス・ウロキナーゼ療法を行った紫斑病性腎炎の二例
    高橋直生, 木村秀樹, 木村記代, 町口敏彦, 吉田治義, 大越忠和, 内木宏延.
    第52回中部日本糸球体腎炎談話会 2004年11月
  • 甲状腺乳頭癌と濾胞腺腫の免疫細胞化学的検討
    今村好章, 森正樹, 前川秀樹, 内木宏延
    第43回日本臨床細胞学会秋期大会 2004年11月
  • パパニコロウ染色後に産生するアルコール廃液の再生利用について
    森正樹, 今村好章, 前川秀樹, 内木宏延
    第43回日本臨床細胞学会秋期大会 2004年11月
  • Molecular interactions in the formation and destabilization of Alzheimer’s β-amyloid fibrils in vitro
    Naiki, H.
    Joint Meeting of the 27th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society and the 47th Annual Meeting of the Japanese Society for neurochemistry ISN Symposium, Neurochemical aspects and approaches for neurological diseases 2004年09月
  • 赤ワイン関連ポリフェノールのアルツハイマー病βアミロイド線維に対する分解作用
    小野賢二郎, 吉池裕二, 高島明彦, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第27回日本神経科学会・第47回日本神経化学会合同大会 2004年09月
  • クルクミンはアルツハイマー病βアミロイド線維を強力に分解する
    小野賢二郎, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第23回日本痴呆学会 2004年09月
  • DICにて発症し、急激な転帰をたどった胆嚢印環細胞癌の1例
    西尾慶子, 石田 誠, 村上 真, 前田浩幸, 廣野靖夫, 五井孝憲, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 山口明夫, 大越忠和, 内木宏延
    第40回中部外科学会総会 2004年09月
  • Potent anti-amyloidogenic and fibril-destabilizing effects of polyphenols in vitro: implications for the prevention and therapeutics of Alzheimer's disease
    Ono, K., Yoshiike, Y., Takashima, A., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    The 9th International Conference on Alzheimer’s Disease and Related Disorders 2004年07月
  • 甲状腺濾胞腺腫内への腎明細胞癌の転移
    今村好章, 森正樹, 前川秀樹, 大越忠和, 内木宏延
    第45回日本臨床細胞学会総会 2004年07月
  • 左副腎腫瘍
    今村好章, 前川秀樹, 森正樹, 内木宏延, 松田陽介, 小西二三男
    第53回日本病理学会中部支部標本交見会 2004年07月
  • 乳癌細胞の上皮間葉形質転換に及ぼす膜脂質マイクロドメイン(Lipid Raft)タンパク再構成
    稲井 邦博, 法木 左近, 岡田 ひろみ, 内木 宏延
    第93回日本病理学会総会 2004年06月 選考有り
  • 甲状腺濾胞腺腫内に腎明細胞癌の転移を認めた一例
    大越 忠和, 今村 好章, 前川 秀樹, 森 正樹, 内木 宏延
    第93回日本病理学会総会 2004年06月 選考有り
  • β2-ミクログロブリン関連アミロイド線維伸長に及ぼすドデシル硫酸ナトリウム(SDS)の影響
    山本 卓, 長谷川一浩, 下条文武, 内木宏延
    第49回(社)日本透析医学会学術集会・総会 2004年06月
  • 赤ワイン関連ポリフェノールのアルツハイマー病βアミロイド線維の分解作用
    小野賢二郎, 吉池裕二, 高島明彦, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第45回日本神経学会総会 2004年05月
  • 興味深い病理像を呈した上葉限局型特発性肺線維症の一例
    門脇麻衣子, 水野史朗, 上坂太祐, 宮下晃一, 出村芳樹, 飴嶋慎吾, 宮森勇, 石﨑 武志, 佐々木正人, 今村好章, 内木宏延, 伊藤春海, 北市正則
    第64回日本結核病学会,第53回日本呼吸器学会,第38回日本呼吸器内視鏡学会,第23回日本サルコイドーシス学会合同北陸地方会 2004年05月 選考有り
  • Amyloid fibril formation of β2- microglobulin fragment K3-Effect of pH and disulfide bond-
    Ohhashi, Y., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Amyloid fibril formation and structural stability of β2-microglobulin mutants
    Kihara, M., Hagihara, Y., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Folding of β2- microglobulin monitored by real-time NMR
    Kameda, A., Hoshino, M., Higurashi, T., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Calorimetric analysis of the amyloid fibril extension reaction
    Yamamoto, K., Kardos, J., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Beta2-microglobulin amyloidosis: a comparative study of aggregates with different morphologies
    Kardos, J., Okuno, D., Nakamura, T., Sakai, M., Kawai, T., Shimizu, Y., Yumoto, Y., Kitagawa, T., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Alcohol induced-amyloid fibril formatiom of a peptide fragment of β2-microglobulin
    Yamaguchi, K., Kanno, T., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Stereospecific inhibition of Aβ(25-35)amyloid fibril formatiom
    Ban, T., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Depolymerization ofβ2- microglobulin amyloid fibril induced by high pressure
    Chatani, E., Okamoto, A., Kato, M., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • Calorimetric determination of the thermal stability of β2-microglobulin amyloid fibrils
    Sasahara, K., Kardos, J., Naiki, H., Goto, Y.
    The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004年04月
  • パパニコロウ染色に使用したアルコール溶液の再生利用について
    森正樹, 今村好章, 前川秀樹, 内木宏延, 大越忠和
    第21回日本臨床細胞学会福井支部総会並びに学術集会 2004年03月
  • 剖検摘出肺より検出された死戦期肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 法木 左近, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 内木 宏延
    第2回北陸感染症研究会 2004年02月 選考有り
  • Low concentrations of sodium dodecyl sulfate induce the extension of beta2-microglobulin-related amyloid fibrils at a neutral pH
    Yamamoto, S., Hasegawa, K., Kazama, J. J., Maruyama, H., Narita, I., Goto, Y., Gejyo, F., Naiki, H.
    American Society of Nephrology 37th Annual Meeting and Scientific Exposition 2004年01月
  • Thermal response of Amyloid fibrils in non-equilibrium state: case of β2-microglobulin
    Sasahara, K., Naiki, H., Goto, Y.
    第77回日本生化学会大会 2004年01月
  • Propagation of amyloid fibril’s morphology by seeding
    Yamaguchi, K., Kanno, T., Kawai, T., Naiki, H., Goto, Y.
    第77回日本生化学会大会 2004年01月
  • Folding of β2-microglobulin monitored by real-time NMR
    Kameda, A., Hoshino, M., Higurashi, T., Takahashi, S., Naiki, H., Goto, Y.
    第77回日本生化学会大会 2004年01月
  • 含気の低下が上葉優位に比較的緩徐に進行する特発性肺線維症の1例
    門脇麻衣子, 水野史朗, 上坂太祐, 宮下晃一, 出村芳樹, 飴嶋慎吾, 宮森勇, 石﨑 武志, 佐々木正人, 内木宏延, 伊藤春海
    第69回間質性肺疾患研究会 2003年12月 選考無し
  • 甲状腺腫瘍
    大越忠和, 今村好章, 前川秀樹, 森正樹, 内木宏延
    第52回日本病理学会中部支部標本交見会 2003年12月
  • SLE加療中に出現した多発性リング状陰影の1例
    水野 史朗, 上坂太佑, 宮下晃一, 門脇麻衣子, 出村芳樹, 飴嶋慎吾, 宮森勇, 石﨑 武志, 佐々木正人, 内木宏延
    第63回日本結核病学会 第52回日本呼吸器学会 第37回日本呼吸器内視鏡学会 第22回日本サルコイドーシス学会合同地方会 2003年11月 選考有り
  • 多次元NMRによる様々なアミロイド線維高次構造の解析
    星野 大, 加藤秀典, 岡本 梓, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • L/D-キメラペプチドによるアミロイドβペプチド(23-35)アミロイド線維伸長阻害
    伴 匡人, 後藤祐児, 内木宏延
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • 構造安定性から見たアミロイド線維構造の多様性
    岡本 梓, 成本武弘, 茶谷絵理, 星野 大, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • β2-ミクログロブリンのプロリン変異体の天然および酸変性状態の溶液構造解析
    亀田篤司, 星野 大, 日暮卓志, 萩原義久, 内木宏延, 後藤祐児
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • β2-ミクログロブリン変異体のアミロイド線維形成と構造安定性
    木原美穂, 萩原義久, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • アミロイド線維形成に対する鏡像異性体フラグメントの効果
    和田井寛大, 山口圭一, 菅野誉士, 中村友彦, 川合知二, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • アミロイド線維を形成するβ2-ミクログロブリンの部分ペプチドの解析
    長谷川一浩, 大橋祐美子, 山口 格, 高橋直生, 堤しのぶ, 後藤祐児, 下条文武, 内木宏延
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • Nicotine breaks down preformed beta-amyloid fibrils in vitro
    Ono, K., Hasegawa, K., Naiki, H., Yamada, M.
    Challenging Views of Alzheimer's Disease. Round II. Cincinnati 2003年07月
  • The associationof ecto-5’-nuc leotidase(eN), integrin β1, EGFR and vimentin with invasive breast carcinoma: The role of eN in invasive phenotype.
    J.Spychala, A.Ostapkowicz, H.Naiki, S.Noriki, M.Fukuda, K.Inai
    Joint 11th International and 9th European Symposium on Purines and Pyrimidines in Man 2003年06月 選考有り
  • フォールディング病としてのポリグルタミン病とその治療標的
    永井義隆, 乾 隆, ポピエルヘレナ明子, 長谷川一浩, 藤掛伸宏, 福井健司, 内木宏延, 裏出良博, 戸田達史
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • 透析アミロイド線維形成に及ぼすヘパリンの影響
    山本 卓, 山口 格, 長谷川一浩, 下条文武, 内木宏延
    第48回日本透析医学会学術集会・総会 2003年06月
  • Aggregation and amyloid formation of beta2-microglobulin
    Kardos,J., Okuno,D., Nakamura,T., Kawai,T., Yumoto,N., Shimizu,Y., Kitagawa,T., Naiki,H., Goto,Y.
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • 多次元NMRによるアミロイド線維高次構造の解析
    星野 大, 加藤秀典, 大橋祐美子, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • β2-ミクログロブリンペプチドの線維伸長におけるpH効果
    大橋祐美子, 長谷川一浩, Gennady Kozhukh, 星野 大, 内木宏延, 後藤祐児
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • β2-ミクログロブリン1分子のフォールディング反応観察の試み
    日暮卓志, 佐々木裕次, 内木宏延, 後藤祐治
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • 全反射蛍光顕微鏡によるアミロイド線維の直接伸長観察
    伴 匡人, 浜田大三, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • 偏光赤外分光法を用いたβ2-ミクログロブリン(21-31)ペプチドのアミロイド線維構造の研究
    平松弘嗣, 後藤祐児, 内木宏延, 北川禎三
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • β2ミクログロブリンのアミロイド線維形成ペプチドの構造解析
    山口圭一, 和田井寛大, 菅野誉士, 中村友彦, 星野 大, 川合知二, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • アミロイド線維形成に対する鏡像異性体フラグメントの効果
    和田井寛大, 山口圭一, 菅野誉士, 中村友彦, 川合知二, 長谷川一浩, 内木宏延, 後藤祐児
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • アミロイド線維形成・沈着の分子機構─アルツハイマー病、透析アミロイドーシスを中心に
    内木宏延
    第3回日本蛋白質科学会年回 2003年06月
  • Intratumoral distribution of Cu-64-ATSM -A comparative study with F-18-FDG
    Y.Fujibayashi, A.Obata, M.Yoshimoto, S.Kasamatsu, H.Naiki, T.Furukawa, Lewis, J.S., M.J.Welch, H.Saji, Y.Yonekura
    50th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting 2003年06月 選考有り
  • ニコチンによるアルツハイマー病βアミロイド線維の分解作用
    小野賢二郎, 長谷川一浩, 内木宏延, 山田正仁
    第44回日本神経学会総会 2003年05月
  • スタチンによるβアミロイド重合阻害の検討
    藤山二郎, 栗山勝, 長谷川一浩, 内木宏延
    第44回日本神経学会総会 2003年05月
  • 中性pHでのβ2-ミクログロブリン関連アミロイド線維伸長に及ぼすトリフルオロエタノールとヘパリンの影響
    山本 卓, 山口 格, 長谷川一浩, 下条文武, 内木宏延
    第92回日本病理学会総会 2003年04月
  • 垂直伝播によるマウス老化アミロイドーシス発症促進
    是永龍巳, 付 笑影, 森 政之, 松下隆壽, 内木宏延, 細川昌則, 樋口京一
    第92回日本病理学会総会 2003年04月
  • 間欠的肝動注・化学内分泌療法が奏効した乳癌術後肝転移の1例
    井上美保, 前田浩幸, 堀田幸次郎, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 石田 誠, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 廣瀬和郎, 山口明夫, 内木宏延, 今村好章
    第254回北陸外科学会 2003年02月
  • 経皮経肝胆嚢ドレナージの後,待機的に腹腔鏡下胆嚢摘出術が可能であった高齢者気腫性胆嚢炎の一例
    藤田眞一, 服部泰章, 和形隆志, 田中宏和, 大野徳之, 福井 泉, 内木宏延
    第254回北陸外科学会 2003年02月
  • A molecular therapy for polyglutamine diseases targeting the toxic conformational transition of the polyglutamine protein using the inhibitor peptide QBP1
    Nagai, Y., Inui, T., Hasegawa, K., Popiel, HA., Fujikake, N., Fukui, K., Yamaguchi, Y., Urade, Y., Naiki, H., Toda, T.
    第76回日本生化学会大会シンポジウム アミロイドーシス研究の新展開 2003年01月
  • Amyloid fibril formation of β2-microglobulin fragment
    Ohhashi, Y., Hasegawa, K., Kozhukh, G., Naiki, H., Goto, Y.
    第76回日本生化学会大会 2003年01月 選考有り
  • Amyloid fibril formation of a peptide fragment of b2-microglobulin in high concentrations of trifluoroethanol
    Yamaguchi, K., Wadai, H., Kanno, T., Nakamura, T., Hoshino, M., Kawai, T., Hasegawa, K., Naiki, H., Goto, Y.
    第76回日本生化学会大会 2003年01月
  • Molecular mechanism of amyloid fibril formation and destabilization : Implication in the therapeutics of Alzheimer disease and β2-microglobulin-related amyloidosis
    Naiki, H.
    第76回日本生化学会大会シンポジウム アミロイドーシス研究の新展開 2003年01月 選考無し
  • 間歇的肝動注・化学内分泌療法が奏効した乳癌術後肝転移の1例
    前田浩幸, 石田 誠, 本多 桂, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 山口明夫, 内木宏延, 今村好章
    第41回日本癌治療学会総会 2003年01月
  • 64Cu-ATSMの腫瘍内分布に関する検討
    小幡 篤史, 笠松 眞吾, 高松真二, 古川 高子, 米倉 義晴, 藤林 康久, 内木 宏延
    第43回日本核医学会総会 2003年01月 選考有り
  • 病理解剖遺体のオートプシー・イメージングに伴うCT検査室の環境調査結果
    稲井 邦博, 法木 左近, 西島 昭彦, 飛田 征男, 岩崎 博道, 内木 宏延
    第106回日本病理学会総会 2017年04月 選考有り
    京王プラザホテル(東京)
  • Latrogenic Creutzfeldt-Jakob disease related to Dura mater grafts
    M.Yamada, T.Hamaguchi, K.Sakai, M.Noguchi-Shinohara, I.Nozaki, Y.Taniguchi, A.Kobayashi, A.Takeuchi, T.Kitamoto, Y.Nakamura, N.Sanjo, T.Tsukamoto, M.Takao, S.Murayama, Y.Iwasaki, M.Yoshida, H.Shimizu, A.Kakita, H.Takahashi, H.Suzuki, H.Naiki, H.Mizusawa
    PRION2017 2017年05月 選考有り
  • Possible human-to-human transmission of cerebral β-amyloidosis via cadaveric dura mater grafting
    M.Yamada, T.Hamaguchi, Y.Taniguchi, K.Sakai, T.Kitamoto, M.Takao, S.Murayama, Y.Iwasaki, M.Yoshida, H.Shimizu, A.Kakita, H.Takahashi, H.Suzuki, H.Naiki, N.Sanjo, H.Mizusawa
    Alzheimer's Association International Conference 2017年07月 選考有り
  • 墜落死に対する受傷機転の検討
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    第15回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 2017年08月 選考有り
    三重県医師会館
  • 前医の死後CTを確認することの大切さ
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 山中 昭裕, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    2018年Ai冬季症例検討会 2018年03月 選考有り
    日本大学病院
  • Class I small leucine-rich proteoglycans(SLRPs) colocalize with the Aβ2M amyloid deposits: Implications for the roles of SLRP core proteins in the pathogenesis of dialysis-related amyloidosis
    I.Yamaguchi, Y.Kokubo, T.Yamashita, M.Ueda, T.Okoshi, A.Matsumine, Y.Ando, H.Naiki
    The XVIth International Symposium on Amyloidosis 2018 Kumamoto 2018年03月 選考有り
    KKRホテル熊本(26-29日)
  • 病型診断の重要性とアミロイドーシス調査研究班の取り組み
    内木 宏延
    第6回日本アミロイドーシス研究会学術集会 2018年08月
  • アミロイドーシス発症の分子機構と病型診断の重要性
    内木 宏延
    第91回日本生化学会大会 2018年09月 選考有り 公益社団法人日本生化学会
    9/24-26国立京都国際会館
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構
    内木 宏延
    第107回日本病理学会総会 2018年06月 選考有り
    6/21-23ロイトン札幌、ニトリ文化ホール、さっぽろ芸文館

受託研究

  • 「老年痴呆の発症病態と治療開発に関する研究(14指-1)」アルツハイマー病βアミロイド線維形成および分解機構解明
  • ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明,及び治療戦略の構築
  • ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築 2007年度
  • ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築 2006年度
  • ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築 2005年度
  • 老年痴呆の発症病態と治療開発に関する研究(14指-1)「アルツハイマー病βアミロイド線維形成および分解機構解明」 2004年度
  • ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明,及び治療戦略の構築 2004年度

受賞

  •  福井大学医学部 優秀論文賞 2011年度前期2011年05月
    Immunotherapy with oligomannose-coated liposomes ameliorates allergic symptoms in a murine food allergy model
  •  日本臨床検査医学会 第55回日本臨床検査医学会学術集会優秀演題賞2008年11月
    血漿リゾリン脂質の透析アミロイド形成における意義

科学研究費補助金

  • アミロイドーシス発症を促進・抑制する生体分子環境解明:試験管実験と動物実験の統合基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2014年度
  • 生体を模倣する試験管内アミロイド線維形成反応系の構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2014年度
  • タウ蛋白オリゴマーが誘導するアルツハイマー病の分子機序の解明 臨床への応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:濱野 忠則 2014年度
  • アミロイドーシス発症を促進・抑制する生体分子環境解明:試験管実験と動物実験の統合基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2013年度
  • 生体を模倣する試験管内アミロイド線維形成反応系の構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2013年度
  • タウ蛋白オリゴマーが誘導するアルツハイマー病の分子機序の解明 臨床への応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:濱野 忠則 2013年度
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構―試験管内モデルと動物モデルの統合による解明―基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2012年度
  • 生体を模倣する試験管内アミロイド線維形成反応系の構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2012年度
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構―試験管内モデルと動物モデルの統合による解明―基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2011年度
  • アミロイド線維形成を制御する生体分子環境及び線維沈着による細胞傷害機構の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2011年度
  • アミロイド線維形成を制御する生体分子環境及び線維沈着による細胞傷害機構の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2010年度
  • ヒトアミロイドーシス発症の分子機構―試験管内モデルと動物モデルの統合による解明―基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2010年度
  • アミロイド線維形成の分子機構の解析と細胞外蛋白質品質管理機構の関与の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2010年度
  • アミロイド線維形成の分子機構の解析と細胞外蛋白質品質管理機構の関与の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2009年度
  • アミロイド線維形成をもたらす生体分子環境および線維沈着による細胞傷害機構の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2009年度
  • 脳アミロイドアンギオパチー関連脳出血のリスク評価法および予防法の開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:山田 正仁 2009年度
  • アミロイド線維形成をもたらす生体分子環境および線維沈着による細胞傷害機構の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2008年度
  • アミロイド線維形成の分子機構の解析と細胞外蛋白質品質管理機構の関与の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 一浩 2008年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用したアルツハイマー病の新しい治療法の開発萌芽研究
    代表者:清野 泰 2008年度
  • 脳アミロイドアンギオパチー関連脳出血のリスク評価法および予防法の開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:山田 正仁 2008年度
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構解明─試験管内モデルと動物モデルの融合─基盤研究(B)一般
    代表者:内木 宏延 2007年度
  • リゾリン脂質によるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の伸長促進効果萌芽研究
    代表者:大越 忠和 2007年度
  • 生体分子間相互作用によるアミロイド線維形成反応系の速度論・熱力学解析基盤研究(C)一般
    代表者:長谷川 一浩 2007年度
  • オージェ電子放出ハロゲンを利用したアルツハイマー病の新しい治療法の開発萌芽研究
    代表者:清野 泰 2007年度
  • β2-ミクログロブリンアミロイド線維形成・沈着の分子機構解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2006年度
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2006年度
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構解明─試験管内モデルと動物モデルの融合─基盤研究(B)一般
    代表者:内木 宏延 2006年度
  • 生体分子間相互作用によるアミロイド線維形成反応系の速度論・熱力学解析基盤研究(C)一般
    代表者:長谷川 一浩 2006年度
  • GPI蛋白,中間フィラメントを標的とした乳癌細胞の浸潤・転移機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:稲井 邦博 2006年度
  • リゾリン脂質によるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の伸長促進効果萌芽研究
    代表者:大越 忠和 2006年度
  • GPI蛋白,中間フィラメントを標的とした乳癌細胞の浸潤・転移機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:稲井 邦博 2005年度
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2005年度
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構解明基盤研究(B)一般
    代表者:内木 宏延 2005年度
  • PETによる低酸素腫瘍の生化学的・分子生物学的診断に関する基礎研究基盤研究(C)一般
    代表者:古川 高子 2005年度
  • β2-ミクログロブリンアミロイド線維形成・沈着の分子機構解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2005年度
  • アミロイド線維形成の分子機構の解明とその制御-ナノマテリアルとしての利用-基盤研究(C)一般
    代表者:長谷川 一浩 2004年度
  • 透析アミロイドーシス発症の分子機構解明基盤研究(B)一般
    代表者:内木 宏延 2004年度
  • GPI蛋白,中間フィラメントを標的とした乳癌細胞の浸潤・転移機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:稲井 邦博 2004年度
  • アルツハイマー病βアミロイド線維の試験管内形成及び分解機構の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2004年度
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2004年度
  • アルツハイマー病βアミロイド線維の試験管内形成及び分解機構の解明特定領域研究
    代表者:内木 宏延 2003年度
  • アミロイド線維形成の分子機構の解明とその制御-ナノマテリアルとしての利用-基盤研究(C)
    代表者:長谷川 一浩 2003年度
  • 透析アミロイド-シス発症の分子機構解明基盤研究(B)
    代表者:内木 宏延 2003年度
  • アミロイドーシス発症を促進・抑制する生体分子環境解明:試験管実験と動物実験の統合基盤研究(B)
    代表者:内木 宏延 2015年度
  • 生体を模倣する試験管内アミロイド線維形成反応系の構築と反応機構の解析基盤研究(C)
    代表者:長谷川 一浩 2015年度
  • タウ蛋白オリゴマーが誘導するアルツハイマー病の分子機序の解明 臨床への応用基盤研究(C)
    代表者:濱野 忠則 2015年度
  • アミロイドーシス発症の分子機構解明:蛋白質科学・マウスモデル・臨床病理学の融合基盤研究(B)(一般)
    代表者:内木 宏延 2016年度
  • 生体を模倣する試験管内アミロイド線維形成反応系の構築と反応機構の解析基盤研究(C)
    代表者:長谷川 一浩 2016年度

厚生科研補助金

  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究(アミロイドーシス伝播の可能性を踏まえたアミロイド線維形成・分解の分子機構解明 )
    代表者:石原 得博
  • アミロイドーシスに関する調査研究(ヒトアミロイド線維形成・分解の分子機構解明)
    代表者:池田 修一
  • アルツハイマー病βアミロイド線維形成および分解機構解明
    代表者:柳澤勝彦
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:池田 修一
  • アミロイド沈着による病的要素の検索に関する研究
    代表者:石原 得博
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:山田 正仁
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄
  • アミロイドーシスに関する調査研究
    代表者:安東 由喜雄

プロジェクト活動

  • 21世紀COEプログラム(プロジェクト4)
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:内木 宏延,藤林 康久,
  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    研究期間:2004年 - 2007年  代表者:内木宏延,近藤真治,Edmont C Katz,
    医学英語と医学・看護学の総合的一貫教育
  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    研究期間:2004年 - 2007年  代表者:内木 宏延,近藤 真治,藤原 哲也,KATZ,EDMONT C,飯野 哲,山田 一哉,小辻 文和,寺澤 秀一,池澤 裕弘,岩田 浩子,中村 陽子,長谷川 智子,
    医学英語と医学・看護学の統合的一貫教育
  • 21世紀COEプログラム“生体画像医学の統合研究プログラム”
    研究期間:2003年 - 2007年  代表者:米倉 義晴,内木宏延,
    アミロイド沈着機構の解明と画像診断・治療への展開(77777701-07)
  • 21世紀COEプログラム“生体画像医学の統合研究プログラム”
    研究期間:2003年 - 2007年  代表者:米倉義晴,内木宏延,
    アミロイド沈着機構の解明と画像診断・治療への展開(77777701-07)
  • 21世紀COEプログラム“生体画像医学の統合研究プログラム”
    研究期間:2003年 - 2007年  代表者:米倉義晴,内木宏延,
    腫瘍、脳アミロイドの病理画像研究(77777701-07)
  • 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)“アミロイドーシス発症の分子機構解明”
    研究期間:2002年 - 2007年  代表者:後藤 祐児,内木 宏延,
    ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築
  • 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)“アミロイドーシス発症の分子機構解明”
    研究期間:2002年 - 2007年  代表者:後藤 祐児,内木 宏延,
    ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築
  • 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)“アミロイドーシス発症の分子機構解明”
    研究期間:2002年 - 2007年  代表者:後藤 祐児,内木 宏延,
    ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築
  • 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)“アミロイドーシス発症の分子機構解明”
    研究期間:2002年 - 2007年  代表者:後藤 祐児,内木宏延,
    ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築
  • 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)“アミロイドーシス発症の分子機構解明”
    研究期間:2002年 - 2007年  代表者:後藤 祐児,内木宏延,
    ヒトアミロイドーシスに共通する分子病態の解明、及び治療戦略の構築

教育活動情報

担当授業

  • 医学入門と医学概論
  • 医学英語2
  • 医学英語4
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 実践臨床病態学(CPC/病理)
  • 画像・放射線を用いた診断と治療-応用編-
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 先端応用医学概論(博)
  • 病態情報解析医学演習Ⅱ(博)
  • 分子病理学特論実習(博)
  • 医学英語2
  • 医学英語4
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 病態情報解析医学演習Ⅱ(博)
  • 病態情報解析医学演習Ⅲ(博)
  • 分子病理学特論演習(博)
  • 分子病理学特論実習(博)
  • 医学英語4
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 循環器系(テュートリアル)
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 実践臨床病態学(CPC/腫瘍病理学)
  • アドバンストコース9
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 先端応用医学概論(博)
  • 病態情報解析医学演習Ⅱ(博)
  • 病態情報解析医学演習Ⅲ(博)
  • 分子病理学特論演習(博)
  • 医学英語2
  • 医学英語4
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • テュートリアル1
  • 神経系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • アドバンストコース9
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 医学英語4
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • テュートリアル1
  • 神経系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 実践臨床病態学(CPC/腫瘍病理学)
  • アドバンストコース9
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 加齢・老化概論
  • 先端応用医学概論(博)
  • 病態情報解析医学演習Ⅲ(博)
  • 分子病理学特論演習(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • アドバンストコース9
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 加齢・老化概論
  • 医学入門と医学概論
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 循環器系(テュートリアル)
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • CPC・統合講義
  • アドバンストコース11
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 腫瘍病理形態学
  • 医学入門と医学概論
  • 医学英語5
  • 原因と病態
  • 神経系
  • 循環器系
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 免疫・アレルギー疾患
  • CPC・統合講義
  • アドバンストコース11
  • 研究室配属
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 医学研究総論Ⅱ
  • 加齢・老化概論
  • 腫瘍病理形態学
  • 医学入門と医学概論
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 医学英語2
  • 医学英語4
  • 原因と病態
  • 循環器系
  • 循環器系(テュートリアル)
  • 呼吸器系
  • 医学英語5
  • 神経系
  • アドバンストコース9(画像診断)
  • 実践臨床病態学(CPC/病理)
  • 医学入門と医学概論
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 原因と病態
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 神経系
  • 画像・放射線を用いた診断と治療
  • 実践臨床病態学(CPC/病理)
  • 生体反応論Ⅱ
  • 生体反応論実習
  • 医学入門
  • 医学英語4
  • 原因と病態
  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 神経系
  • 画像・放射線を用いた診断と治療
  • 実践臨床病態学(CPC/病理)
  • 分子腫瘍学特論
  • 分子病理学特論演習
  • 先端応用医学概論
  • 分子腫瘍学特論
  • 分子腫瘍学演習
  • 先端応用医学概論
  • 分子腫瘍学特論
  • 分子腫瘍学演習
  • 病態情報解析医学特論Ⅱ(臨床薬物治療学)
  • 病態情報解析医学演習Ⅱ
  • 病態情報解析医学演習Ⅲ
  • 分子病理学特論演習
  • 分子病理学特論実習

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • アルツハイマー病「臨床治療近い将来」2013年03月 県民福井、中日
  • アルツハイマー病など関与物質2013年01月 県民福井、福井
  • 福井大医学部CT画像で死因診断2011年11月 県民福井、中日新聞
  • ようこそ研究室へ 病理学 分子レベルで病気解明2008年10月 福井新聞
  • 社会人学習等に貢献した事項について活動内容2005年05月 FBCラジオキャンパス
  • アルツハイマー病「臨床治療近い将来」2013年03月 県民福井、中日
  • アルツハイマー病など関与物質2013年01月 県民福井、福井
  • 福井大医学部CT画像で死因診断2011年11月 県民福井、中日新聞
  • ようこそ研究室へ 病理学 分子レベルで病気解明2008年10月 福井新聞
  • 社会人学習等に貢献した事項について活動内容2005年05月 FBCラジオキャンパス
  • 国立大学医学部長会議 全国市長会の緊急要望に反論2017年05月 科学
  • 医学部編入学試験 不適切な出題についてお詫び(記者会見)2018年10月 NHK、FTV
  • 福井大 次期学部長予定者2019年01月 県民、福井、中日
  • 福井大 医学分野で協定 米ラトガース大と 学生ら相互派遣2019年02月 県民、福井、中日

管理活動情報

管理活動における自由記述・特記事項登録

  • 2014年 学長特別補佐、医学部選出教育研究評議会評議員、医学部企画調整会議メンバー・評価対策室長・研究推進室長・西病棟再整備検討ワーキンググループ座長、基礎教員を含む全ての医学科教授選考委員会委員、および評価委員会を始めとする全学委員会委員等を歴任した。この間、第2期中期目標・中期計画の進捗状況管理等に中心的役割を果たし、全学並びに医学部の管理運営に貢献した。
  • 2010年 学長特別補佐、医学部評議員・企画調整会議メンバー・評価対策室長、概算要求「統合的先進イメージングシステムによる革新的医学教育の展開」事業責任者、及び評価委員会を始めとする全学委員会委員等を歴任した。この間、福井大学第1期中期目標・中期計画暫定評価(法人評価)及び第2期中期目標・中期計画(研究)策定、全学教員個人評価システムの策定、平成21年度医学部外部評価等に中心的役割を果たし、全学並びに医学部の管理運営に貢献した。
  • 2007年 医学部教育担当副学部長、教育改革推進室(教育開発推進センター)長、現代GP取組責任者、評価対策室長、評議員、及び評価委員会を始めとする全学委員会委員を歴任した。この間、コアカリキュラムの学年進行、現代GPの推進、医学部教員個人評価システムの策定、平成21年度評価に向けた準備などを行った。