定 清直

所属部署名病因病態医学講座 ゲノム科学・微生物学
教員組織病因病態医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/02/28 16:21

研究者基本情報

氏名

    定 清直
    サダ キヨナオ
    SADA Kiyonao

基本情報

所属

  •  病因病態医学講座 ゲノム科学・微生物学 教授
  •  福井大学 学長補佐
  •  福井大学 評議員
  •  医学部 副学部長

学歴

  • - 1997年10月神戸大学 医学系研究科 博士(医学)論文
  • 1985年04月- 1991年03月福井医科大学 医学部

学位

  • 博士(医学)

資格

    医師

経歴

  • 2006年10月福井大学医学部 教授
  • 2004年10月- 2006年09月神戸大学大学院医学系研究科 助教授
  • 2001年06月- 2004年09月神戸大学大学院医学系研究科 講師
  • 1997年10月- 2000年09月米国国立衛生研究所 客員研究員

所属学協会

    日本生化学会 代議員,日本生化学会 評議員,日本感染症学会 評議員,日本ウイルス学会 一般会員,日本分子生物学会 一般会員,米国免疫学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Development of a Multiplex Real-Time PCR Assay for Detection of Human Enteric Viruses Other Than Norovirus Using Samples Collected from Gastroenteritis Patients in Fukui Prefecture, Japan.
    K.Kowada, K.Takeuchi, E.Hirano, M.Toho, K.Sada
    J Med Virol 90(1) 67-75 2018年01月 査読有り
    K.Kowada
  • Syk-dependent tyrosine phosphorylation of 3BP2 is required for FcRγ-mediated phagocytosis and chemokine expression in U937 cells.
    K.Chihara, Y.Kato, H.Yoshiki, K.Takeuchi, S.Fujieda, K.Sada
    Sci Rep 7(1) 11480 2017年 査読有り
    K.Sada
  • Tubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cells.
    N.Takahashi, T.Saeki, A.Komatsuda, C.Munemura, T.Fukui, N.Imai, N.Homma, T.Hatta, K.Samejima, T.Fujimoto, H.Omori, Y.Ito, Y.Nishikawa, M.Kobayashi, Y.Morikawa, S.Fukushima, S.Yokoi, D.Mikami, K.Kasuno, H.Kimura, T.Nemoto, Y.Nakamoto, K.Sada, M.Sugai, H.Naiki, H.Yoshida, I.Narita, Y.Saito, M.Iwano
    J Am Soc Nephrol 28(12) 3688-3698 2017年12月 査読有り
  • Regulation of synaptic acetylcholine concentrations by acetylcholine transport in rat striatal cholinergic transmission.
    I.Muramatsu, J.Uwada, T.Masuoka, H.Yoshiki, K.Sada, M.Nishio, T.Ishibashi, T.Taniguchi
    J Neurochem 143(1) 76-86 2017年 査読有り
    I.Muramatsu
  • Activation of muscarinic receptors prevents TNF-α-mediated intestinal epithelial barrier disruption through p38 MAPK.
    J.Uwada, T.Yazawa, Islam M.T, Khan,M.R.I, Krug,S.M, Fromm,M, S.Karaki, Y.Suzuki, A.Kuwahara, H.Yoshiki, K.Sada, I.Muramatsu, T.Taniguchi
    Cell Signal 35 188-196 2017年 査読有り
  • Association of C-type lectin Mincle with FcεRIβγ subunits leads to functional activation of rat mast cells through Syk protein tyrosine kinase.
    C.Honjoh, K.Chihara, H.Yoshiki, S.Yamauchi, K.Takeuchi, Y.Kato, Y.Hida, T.Ishizuka, K.Sada
    Sci Rep 7 46064-46064 2017年04月 査読有り
    K.Chihara
  • STAT1 is essential for the inhibition of hepatitis C virus replication by interferon-λ but not by interferon-α.
    S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Chihara, C.Honjoh, Y.Kato, H.Yoshiki, H.Hotta, K.Sada
    Sci Rep 6 38336 2016年12月 査読有り
    S.Yamauchi
  • Hepatitis C virus particle assembly involves phosphorylation of NS5A by the c-Abl tyrosine kinase
    S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Chihara, X.Sun, C.Honjoh, H.Yoshiki, H.Hotta, K.Sada
    J Biol Chem 290(36) 21857-21864 2015年09月 査読有り
    K.Sada
  • Dectin-1-mediated signaling leads to characteristic gene expressions and cytokine secretion via spleen tyrosine kinase (Syk) in rat mast cells
    Y.Kimura, K.Chihara, C.Honjoh, K.Takeuchi, S.Yamauchi, H.Yoshiki, S.Fujieda, K.Sada
    J Biol Chem 289(45) 31565-31575 2014年11月 査読有り
    K.Sada
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 is indispensable for the interaction with Vav3 in chicken DT40 cells
    K.Chihara, Y.Kimura, C.Honjoh, S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Sada
    Exp Cell Res 322(1) 99-107 2014年03月 査読有り
    K.Sada
  • HCV NS5A protein containing potential liands for both Src homology 2 and 3 domains enhances autophosphorylation of Src family kinase Fyn in B cells
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, T.Horiguchi, X.Sun, L.Deng, I.Shoji, H.Hotta, K.Sada
    PLoS One 7(10) e46634 2012年01月 査読有り
    K.Sada
  • Association of 3BP2 with SHP-1 regulates SHP-1-mediated production of TNF-α in RBL-2H3 cells
    K.Chihara, K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Sada
    Genes Cells 16(12) 1133-1145 2011年12月 査読有り
    K.Sada
  • Inhibition of hepatitis C virus replication through adenosine monophosphate-activated protein kinase-dependent and -independent pathways
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, H.Hotta, K.Sada
    Microbiol Immunol 55(11) 774-782 2011年11月 査読有り
    K.Sada
  • Enhancement of B-cell receptor signaling by a point mutation of adaptor protein 3BP2 identified in human inherited disease cherubism
    K. Ogi, K. Nakashima, K. Chihara, K. Takeuchi, T. Horiguchi, S. Fujieda, K. Sada
    Genes Cells 16(9) 951-960 2011年09月 査読有り
    K.Sada
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 regulates B cell receptor-mediated activation of NFAT
    U.Shukla, T.Hatani, K.Nakashima, K.Ogi, K.Sada
    J. Biol. Chem. 284(49) 33719-33728 2009年12月 査読有り
    K.Sada
  • Adaptor protein 3BP2 and cherubism
    T.Hatani, K.Sada
    Curr Med Chem 15(6) 549-554 2008年03月 査読有り
    K.Sada
  • Pharmacological evidence of specific acetylcholine transport in rat cerebral cortex and other brain regions.
    I.Muramatsu, H.Yoshiki, J.Uwada, T.Masuoka, K.Sada, T.Taniguchi, M.Nishio
    J Neurochem 139(4) 566-575 2016年11月 査読有り
  • Activation of muscarinic cholinoceptor ameliorates tumor necrosis factor-α-induced barrier dysfunction in intestinal epithelial cells.
    M.R.I.Khan, J.Uwada, T.Yazawa, M.T.Islam, S.M.Krug, M.Fromm, S.Karaki, Y.Suzuki, A.Kuwahara, H.Yoshiki, K.Sada, I.Muramatsu, A.S.M.Anisuzzaman, T.Taniguchi
    FEBS Lett 589(23) 3640-3647 2015年11月 査読有り
  • Inhibitory effect of Acai (Euterpe oleracea Mart.) pulp on IgE-mediated mast cell activation
    T. Horiguchi, N. Ishiguro, K. Chihara, K. Ogi, K. Nakashima, K. Sada, N. Hori-Tamura
    J Agric Food Chem 59(10) 5595-5561 2011年04月 査読有り
  • Ubiquitin ligase Cbl-b sensitizes leukemia and gastric cancer cells to anthracyclines by activating the mitochondrial pathway and modulating Akt and ERK survival signals
    X.Qu, Y.Zhang, Y.Li, X.Hu, Y.Xu, L.Xu, K.Hou, K.Sada, Y.Liu
    FEBS lett. 583(13) 2255-2262 2009年07月 査読有り
  • Reversal of P-glycoprotein mediated multidrug resistance by the E3 ubiquitin ligase Cbl-b in human gastric adenocartinoma cells
    Y.Zhang, X.Qu, X.Hu, X.Yang, K.Hou, Y.Teng, J.Zhang, K.Sada, Y.Liu
    J. Pathol. 218(2) 248-255 2009年06月 査読有り
  • HCV replication suppresses cellular glucose uptake through down-regulation of cell surface expression of glucose transporters
    D.Kasai, T.Adachi, L.Deng, M.Nagano-Fujii, K.Sada, M.Ikeda, N.Kato, Y.Ide, I.Shoji, H.Hotta
    J. Hepatol. 50(5) 883-894 2009年05月 査読有り
  • Oxaliplatin enhances TRAIL-induced apoptotis in gastric cancer cells by CBL-regulated death receptor redistribution in lipid rafts
    L.Xu, X.Qu, Y.Zhang, X.Hu, X.Yang, K.Hou, Y.Teng, J.Zhang, K.Sada, Y.Liu
    FEBS lett. 583(5) 943-948 2009年03月 査読有り
  • Hepatitis C virus NS5A protein interacts with and negatively regulates the non-receptor protein-tyrosine kinase Syk
    S.Inubushi, M.Nagano-Fujii, K.Kitayama, M.Tanaka, C.An, H.Yokozaki, H.Yamamura, H.Nuriya, M.Kohara, K.Sada, H.Hotta
    J Gen Viol 89(5) 1231-1242 2008年05月 査読有り
  • Sendai virus C protein plays a role in restricting PKR activation by limiting the generation of intracellular double-stranded RNA
    K.Takeuchi, T.Komatsu, Y.Kitagawa, K.Sada, B.Gotoh
    J Virol 82(20) 10102-10110 2008年01月 査読有り
  • A novel mitochondria ubiquitin ligase plays a critical role in mitochondrial dynamics
    R.Yonashiro, S.Ishido, S.Kyo, T.Fukuda, E.Goto, Y.Matsuki, M.Ohmura-Hashimoto, K.Sada, H.Hotta, H.Yamamura, R.Inatome, S.Yanagi
    EMBO J. 25(15) 3618-3626 2006年08月 査読有り
  • Full-length sequence analysis of subacute sclerosing panencephalitis (SSPE) virus, a mutant of measles virus, isolated from brain tissues of a patient shortly after onset of SSPE
    H.Hotta, K.Nihei, Y.Abe, S.Kato, D.P.Jiang, M.Nagano-Fujii, K.Sada
    Microbiol. Immunol. 50(7) 525-534 2006年07月 査読有り
  • The nonstructural protein 4A of hepatitis C virus accumulates on mitochondria and induces apoptotic cell death through a mitochondria-mediated pathway
    Y.Nomura-Takigawa, M.Nagano-Fujii, L.Deng, S.Kitazawa, S.Ishido, K.Sada, H.Hotta
    J. Gen. Virol. 87(7) 1935-1945 2006年07月 査読有り
  • Inhibition of measles virus and subacute sclerosing panencephalitis virus by RNA interference
    M.Otaki, K.Sada, H.Kadoya, M.Nagano-Fujii, H.Hotta
    Antiviral Res. 70(3) 105-111 2006年07月 査読有り
  • The NS3 protein of hepatitis C virus associates with the tumor suppressor p53 and inhibits its function in an NS3 sequence-dependent manner
    L.Deng, M.Nagano-Fujii, M.Tanaka, Y.Nomura-Takigawa, M.Ikeda, N.Kato, K.Sada, H.Hotta
    J. Gen. Virol. 87(6) 1703-1713 2006年06月 査読有り
  • Single-point mutations of hepatitis C virus NS3 that impair p53 interaction and anti-apoptotic activity of NS3
    M.Tanaka, M.Nagano-Fujii, L.Deng, S.Ishido, K.Sada, H.Hotta
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 340(3) 792-799 2006年02月 査読有り
  • Selective inhibition of FcepsilonRI-mediated mast cell activation by a truncated variant of Cbl-b related to the rat model of type 1 diabetes mellitus
    X.Qu, S.M.Miah, T.Hatani, M.Okazaki, N.Hori-Tamura, H.Yamamura, H.Hotta, K.Sada
    J. Biochem. 137(6) 711-720 2005年 査読有り
  • Tyrosine phosphorylation of adaptor protein 3BP2 induces T cell receptor-mediated activation of transcription factor
    X.Qu, K.Kawauchi-Kamata, S.M.Miah, T.Hatani, H.Yamamura,H., K.Sada
    Biochemistry 44(10) 3891-3898 2005年 査読有り
  • Point mutations of 3BP2 identified in human inherited disease cherubism result in the loss of function
    S.M.Miah, T.Hatani, X.Qu, H.Yamamura, K.Sada
    Genes Cells 9(11) 993-1004 2004年 査読有り
  • The phenoxazine derivative Phx-1 suppresses IgE-mediated degranulation in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells
    E.Enoki, K.Sada, X.Qu, S.Kyo, S.M.Miah, T.Hatani, A.Tomoda, H.Yamamura
    J. Pharmacol. Sci. 94(3) 329-333 2004年 査読有り
  • Negative regulation of FcepsilonRI-mediated mast cell activation by a ubiquitin-protein ligase Cbl-b
    X.Qu, K.Sada, S.Kyo, K.Maeno, S.M.Miah, H.Yamamura
    Blood 103(5) 1779-1786 2004年 査読有り
  • Activation of Syk protein-tyrosine kinase in response to osmotic stress requires the interaction with p21-activated protein kinase Pak2/gamma-PAK
    S.M.Miah, K.Sada, P.T.Tuazon, J.Ling, K.Maeno, S.Kyo, X.Qu, Y.Tohyama, J.A.Traugh, H.Yamamura
    Mol. Cell. Biol. 24(1) 71-83 2004年 査読有り
  • Negative regulation of Lyn protein-tyrosine kinase by c-Cbl ubiquitin-protein ligase in FcepsilonRI-mediated mast cell activation
    Kyo,S., Sada,K., Qu,X., Maeno,K., Miah,S.M., Kawauchi-Kamata,K., Yamamura,H.
    Genes Cells 8(10) 825-836 2003年 査読有り
  • Adaptor protein 3BP2 is a potential ligand of Src homology 2 and 3 domains of Lyn protein-tyrosine kinase
    K.Maeno., K.Sada, S.Kyo, S.M.Miah, K.Kawauchi-Kamata, X.Qu, Y.Shi, H.Yamamura
    J. Biol. Chem. 278(27) 24912-24920 2003年 査読有り
  • Helicobacter pylori CagA containing ITAM-like sequences localized to lipid rafts negatively regulates VacA-induced signaling in vivo
    Asahi,M., Tanaka,Y., Izumi,T., Ito,Y., Naiki,H., Kersulyte,D., Tsujikawa,K., Saito,M., Sada,K., Yanagi,S., Fujikawa,A., Noda,M., Itokawa,Y.
    Helicobacter 8(1) 42018 2003年 査読有り
  • Protein-tyrosine kinases and adaptor proteins in FcepsilonRI-mediated signaling in mast cells
    Sada,K., Yamamura,H.
    Curr. Mol. Med. 3(1) 85-94 2003年 査読有り
  • A novel phenoxazine derivative suppresses surface IgM expression in DT40 B cell line
    Gao,S., Takano,T., Sada,K., He,J., Noda,C., Hori-Tamura,N., Tomoda,A., Yamamura,H.
    Brit. J. Pharmacol. 137(6) 749-755 2002年 査読有り
  • Syk is required for p38 activation and G2/M arrest in B cells exposed to oxidative stress
    He,J., Takano,T., Ding,J., Gao,S., Noda,C., Sada,K., Yanagi,S., Yamamura,H.
    Antioxid. Redox Signal. 4(3) 509-515 2002年 査読有り
  • Regulation of FcepsilonRI-mediated degranulation by an adaptor protein 3BP2 in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells
    K.Sada, S.M.Miah, K.Maeno, S.Kyo, X.Qu, H.Yamamura
    Blood 100(6) 2138-2144 2002年 査読有り
  • The role of protein tyrosine kinase Syk in mast cell signaling
    Siraganian,R.P., Zhang,J., Suzuki,K., Sada,K.
    Mol. Immunol. 38(16-18) 1229-1233 2002年 査読有り
  • Involvement of reactive oxygen intermediates in lectin-induced protein-tyrosine phosphorylation of Syk in THP-1 cells
    Rezaul,K., Sada,K., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 246(3) 863-867 1998年 査読有り
  • Relocation of Syk protein-tyrosine kinase to the actin filament network and subsequent association with Fak
    Sada,K., Minami,Y., Yamamura,H.
    Eur. J. Biochem. 248(3) 827-833 1997年 査読有り
  • Point mutation of a tyrosine in the linker region of Syk results in a gain of function
    Sada,K., Zhang,J., Siraganian,R.P.
    J. Immunol. 164(1) 338-344 2000年 査読有り
  • Cyclic AMP-elevating agents negatively regulate the activation of p72syk in N-formyl-methionyl-leucyl-phenylalanine receptor signaling
    Asahi,M., Tanaka,Y., Qin,S., Tsubokawa,M., Sada,K., Minami,Y., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 212(3) 887-893 1995年 査読有り
  • Role of the Syk autophosphorylation site and SH2 domains in B cell antigen receptor signaling
    Kurosaki,T., Johnson,S.A., Pao,L., Sada,K., Yamamura,H., Cambier,J.C.
    J. Exp. Med. 182(6) 1815-1823 1995年 査読有り
  • Physical and functional association of cortactin with Syk in human leukemic cell line K562
    Maruyama,S., Kurosaki,T., Sada,K., Yamanashi,Y., Yamamoto,T., Yamamura,H.
    J. Biol. Chem. 271(12) 6631-6635 1996年 査読有り
  • Signal transduction through mukappa B-cell receptors expressed on pre-B cells is different from that through B-cell receptors on mature B cells
    Nakamura,T., Koyama,M., Yoneyama,A., Higashihara,M., Kawakami,T., Yamamura,H., Sada,K., Okumura,K., Kurokawa,K.
    Immunology 88(4) 593-899 1996年 査読有り
  • Platelet-activating factor stimulates calcium-dependent activation of protein-tyrosine kinase Syk in a human B cell line
    Rezaul,K., Sada,K., Inazu,T., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 239(1) 23-27 1997年 査読有り
  • Protein tyrosine kinase lyn mediates apoptosis induced by topoisomerase II inhibitors in DT40 cells
    Maruo,A., Oishi,I., Sada,K., Nomi,M., Kurosaki,T., Minami,Y., Yamamura,H.
    Int. Immunol. 11(9) 1371-1380 1999年 査読有り
  • Role of protein-tyrosine kinase Syk in oxidative stress signaling in B cells
    Takano,T., Sada,K., Yamamura,H.
    Antioxid. Redox Signal. 4(3) 533-540 2002年 査読有り
  • SH2 domain-mediated targeting, but not localization, of Syk in the plasma membrane is critical for FcepsilonRI signaling
    Sada,K., Zhang,J., Siraganian,R.P.
    Blood 97(5) 1352-1359 2001年 査読有り
  • Structure and function of Syk protein-tyrosine kinase
    Sada,K., Takano,T., Yanagi,S., Yamamura,H.
    J. Biochem. 130(2) 177-186 2001年 査読有り
  • Anti-CD9 monoclonal antibody activates p72syk in human platelets
    Ozaki,Y., Satoh,K., Kuroda,K., Qi,R., Yatomi,Y., Yanagi,S., Sada,K., Yamamura,H., Yanabu,M., Nomura,S., Kume,S.
    J. Biol. Chem. 270(25) 15119-15124 1995年 査読有り
  • Protein tyrosine kinase Syk is associated with and activated by the IL-2 receptor: possible link with the c-myc induction pathway
    Minami,Y., Nakagawa,Y., Kawahara,A., Miyazaki,T., Sada,K., Yamamura,H., Taniguchi,T.
    Immunity 2(1) 89-100 1995年 査読有り
  • Translocation of p72syk to the cytoskeleton in thrombin-stimulated platelets
    Tohyama,Y., Yanagi,S., Sada,K., Yamamura,H.
    J. Biol. Chem. 269(52) 32796-32799 1994年 査読有り
  • Protein-tyrosine kinase p72syk is activated by platelet activating factor in platelets
    Rezaul,K., Yanagi,S., Sada,K., Taniguchi,T., Yamamura,H.
    Thromb. Haemost. 72(6) 937-941 1994年 査読有り
  • Involvement of protein-tyrosine kinase p72syk in collagen-induced signal transduction in platelets
    Fujii,C., Yanagi,S., Sada,K., Nagai,K., Taniguchi,T., Yamamura,H.
    Eur. J. Biochem. 226(1) 243-248 1994年 査読有り
  • Translocation, activation and association of protein-tyrosine kinase (p72syk) with phosphatidylinositol 3-kinase are early events during platelet activation
    Yanagi,S., Sada,K., Tohyama,Y., Tsubokawa,M., Nagai,K., Yonezawa,K, Yamamura,H.
    Eur. J. Biochem. 224(2) 329-333 1994年 査読有り
  • Intracellular calcium dependent activation of p72syk in platelets
    Wang,X., Sada,K., Yanagi,S., Yang,C., Rezaul,K., Yamamura,H.
    J. Biochem. 116(4) 858-861 1994年 査読有り
  • Interleukin 2 mediates p72syk activation in peripheral blood lymphocytes
    Qin,S., Inazu,T., Yang,C., Sada,K., Taniguchi,T., Yamamura,H.
    FEBS Lett. 345(42038) 233-236 1994年 査読有り
  • CPTK71, a cytosolic protein-tyrosine kinase previously purified from bovine platelets, is identical with p72syk
    Tsubokawa,M., Yanagi,S., Sada,K., Nakamura,S., Saito,H., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 200(3) 1592-1597 1994年 査読有り
  • Activation of p72syk by thrombin in a cell-free system
    Sada,K., Yanagi,S., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 200(1) 42011 1994年 査読有り
  • Possible role of Na+ influx in phorbol ester-induced down-regulation of protein kinase C in HL60 cells
    Takeuchi,N., Hashimoto,E., Nakamura,T., Takeuchi,F., Sada,K., Yamamura,H.
    FEBS Lett. 328(3) 280-284 1993年 査読有り
  • Regulation of cytosolic protein-tyrosine kinase from porcine spleen by polyamines and negative-charged polysaccharides
    Sakai,K., Sada,K., Tanaka,Y., Kobayashi,T., Nakamura,S., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 154(3) 883-889 1988年 査読有り
  • マスト細胞活性化シグナルを制御する分子
    定 清直
    Molecular Medicine 42(10) 1107-1112 2005年 査読無し
  • Characterization of partially purified cytosolic protein-tyrosine kinase from porcine spleen
    Sakai,K., Nakamura,S., Sada,K., Kobayashi,T., Uno,H., Yamamura,H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 152(3) 1123-1130 1988年 査読有り
  • Syk阻害剤
    羽溪 朋子, 定 清直
    炎症と免疫 17(5) 530-537 2009年09月 査読無し
  • マスト細胞の負の活性制御因子
    定 清直
    アレルギー科 17(4) 403 2004年 査読無し
  • マスト細胞におけるアダプター分子3BP2の役割
    定 清直
    アレルギー科 13(3) 203-210 2003年 査読無し
  • これであなたもベスト・プレゼンター 講義・研修の効果的な準備とプレゼンテーションのスキルアップ
    長谷川 智子, 定 清直
    看護人材教育 9(5) 54-60 2012年12月 査読無し
  • マスト細胞の負の活性制御因子
    定 清直
    アレルギー科 17(3) 220-227 2004年 査読無し
  • 肥満細胞におけるFcepsilonレセプターIからのシグナル伝達:3BP2とCbl-bによる肥満細胞活性化制御
    定 清直
    臨床免疫 44(1) 63-70 2005年 査読無し
  • 関節リウマチ治療におけるSyk阻害薬の可能性を探る
    千原 一泰, 定 清直
    分子リウマチ治療 3(4) 186-189 2010年11月 査読無し
  • マスト細胞学の分子生物学-IgEシグナルを中心に
    定 清直
    アレルギーの臨床 24(10) 781-785 2004年 査読無し
  • C型肝炎ウイルスの病原性発現機構
    定 清直
    小児感染免疫 2(1) 35-41 2010年04月 査読無し
  • Spleen tyrosine kinase (Syk)の生理的役割とその阻害薬の作用
    千原一泰, 中島謙治, 竹内健司, 定清直
    リウマチ科 47(6) 694-699 2012年06月 査読無し
  • C型肝炎ウイルス蛋白質による肝細胞の蛋白質チロシンリン酸化反応への影響
    定 清直, 堀田 博, 長野 基子, 羽溪 朋子
    平成18年度~19年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書 2008年05月 査読無し
  • Syk阻害薬
    定 清直
    医薬ジャーナル 48(6) 1531-1534 2012年06月 査読無し
  • 次世代低分子化合物:Syk 阻害薬
    中島 謙治, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    最新医学 67(2) 101-106 2012年02月 査読無し
  • アダプター蛋白質3BP2の生理的・病理的役割
    定 清直, 羽溪 朋子
    福井大学重点研究成果集2008-明日への挑戦- 20-21 2008年03月 査読無し
  • Syk 阻害薬-チロシンキナーゼSykの基礎と臨床-
    定 清直
    医学のあゆみ 240(7) 567-570 2012年02月 査読無し
  • チロシンキナーゼSykの生理機能とその阻害薬 分子標的治療からみた病態へのアプローチ
    千原 一泰, 木村 幸弘, 竹内 健司, 定 清直
    日本臨床免疫学会会誌 36(4) 197-202 2013年08月 査読無し
  • 感染症発症動向調査解析コメント
    定 清直
    福井県医師会だより(559) 45 2008年01月 査読無し
  • 非受容体型チロシンキナーゼSykの構造と生理的役割
    定 清直, 圓尾明弘, 南 康博, 山村博平
    アレルギー科 3 100-106 1997年 査読無し
  • 血液免疫系細胞に発現するチロシンキナーゼSykの生理的役割
    山村博平, 定 清直
    医学のあゆみ 181 1078-1079 1997年 査読無し
  • 血液・免疫系に発現するチロシンキナーゼp72sykの新しい展開
    柳 茂, 定 清直, 山村 博平
    生化学 66 1219-1229 1994年 査読無し
  • 血液・免疫系細胞の活性化・増殖および細胞死の過程におけるチロシンキナーゼの役割
    南 康博, 定 清直, 大石 勲, 山村博平
    蛋白質核酸酵素 増刊「細胞周期の分子機構」 41 1666-1672 1996年 査読無し
  • Syk/ZAP-70ファミリーチロシンキナーゼの機能と活性制御
    定 清直, 南 康博, 山村博平
    実験医学 増刊「免疫のシグナル伝達」 14 753-757 1996年 査読無し
  • Adaptor protein 3BP2 and cherubism.
    Hatani Tomoko;Sada Kiyonao
    Current medicinal chemistry 15(6) 2008年
    :The adaptor protein 3BP2 (c-Abl Src homology 3 domain-binding protein-2, also referred to SH3BP2) is known to play a regulatory role in signaling from immunoreceptors. In mast cells, 3BP2 is rapidly tyrosine phosphorylated by the aggregation of the high affinity IgE receptor and the overexpression of its SH2 domain results in the dramatic suppression of IgE-mediated tyrosine phosphorylation of PLC-alpha, Ca2+ mobilization and degranulation. 3BP2 is a substrate of the protein-tyrosine kinase Syk, which phosphorylates it on Tyr174, Tyr183, and Tyr446 (in the mouse protein). Phosphorylation of Tyr183 promotes the activation of Rac1 through the interaction with the SH2 domain of Vav1. Phosphorylation of Tyr446 induces the binding to the SH2 domain of the upstream protein-tyrosine kinase Lyn and enhances its kinase activity. Thus, 3BP2 has a positive regulatory role in IgE-mediated mast cell activation. In lymphocytes, engagement of T cell or B cell receptors triggers tyrosine phosphorylation of 3BP2. Suppression of the 3BP2 expression by siRNA results in the inhibition of T cell or B cell receptor-mediated activation of NFAT. Genetic analyses reveal that 3BP2 is required for the proliferation of B cells and B cell receptor signaling. Point mutations of the 3BP2 gene cause the rare human inherited disorder cherubism, characterized by excessive bone resorption in the jaw bones. These mutations include substitution and deletion mutations of 3BP2. "Cherubism" mice exhibit increased myeloid cell responses to M-CSF and RANKL leading to the activation of osteoclasts. Further analysis could demonstrate that inhibition of 3BP2 might have therapeutic potential.
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 regulates B cell receptor-mediated activation of NFAT.
    Shukla Upasana;Hatani Tomoko;Nakashima Kenji;Ogi Kazuhiro;Sada Kiyonao
    The Journal of biological chemistry 284(49) 2009年
    :Adaptor protein c-Abl SH3 domain-binding protein-2 (3BP2, also referred to SH3BP2) regulates immune receptor-mediated signal transduction. In this report we focused on the molecular mechanism of 3BP2 function in B cell receptor (BCR) signaling. Engagement of BCR induces tyrosine phosphorylation of 3BP2. Genetic analysis demonstrated that Syk is critical for BCR-mediated tyrosine phosphorylation of 3BP2. Mutational analysis of 3BP2 revealed that both Tyr(183) and Src homology 2 (SH2) domain are necessary for 3BP2-mediated BCR-induced activation of nuclear factor of activated T cells (NFAT). Point mutation of Tyr(183) or Arg(486) in the SH2 domain of 3BP2 diminished BCR-mediated tyrosine phosphorylation of 3BP2. Endogenous 3BP2 forms a complex with tyrosine-phosphorylated cellular signaling molecules. Peptide binding experiments demonstrated that only phosphorylated Tyr(183) in 3BP2 could form a complex with the SH2 domain(s) of phospholipase Cgamma2 and Vav1 from B cell lysates. These interactions were represented by using bacterial glutathione S-transferase-phospholipase Cgamma2 or -Vav1 SH2 domain. Furthermore, pulldown and Far Western experiments showed that the 3BP2-SH2 domain directly binds to B cell linker protein (BLNK) after BCR stimulation. These results demonstrated that 3BP2 induces the protein complex with cellular signaling molecules through phosphorylation of Tyr(183) and SH2 domain leading to the activation of NFAT in B cells.
  • Enhancement of B-cell receptor signaling by a point mutation of adaptor protein 3BP2 identified in human inherited disease cherubism.
    Ogi Kazuhiro;Nakashima Kenji;Chihara Kazuyasu;Takeuchi Kenji;Horiguchi Tomoko;Fujieda Shigeharu;Sada Kiyonao
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 16(9) 2011年
    :Tyrosine phosphorylation of adaptor protein c-Abl-Src homology 3 (SH3) domain-binding protein-2 (3BP2, also referred to SH3BP2) positively regulates the B-cell antigen receptor (BCR)-mediated signal transduction, leading to the activation of nuclear factor of activated T cells (NFAT). Here we showed the effect of the proline to arginine substitution of 3BP2 in which is the most common mutation in patients with cherubism (P418R) on B-cell receptor signaling. Comparing to the wild type, overexpression of the mutant form of 3BP2 (3BP2-P416R, corresponding to P418R in human protein) enhanced BCR-mediated activation of NFAT. 3BP2-P416R increased the signaling complex formation with Syk, phospholipase C-γ2 (PLC-γ2), and Vav1. In contrast, 3BP2-P416R could not change the association with the negative regulator 14-3-3. Loss of the association mutant that was incapable to associate with 14-3-3 could not mimic BCR-mediated NFAT activation in Syk-deficient cells. Moreover, BCR-mediated phosphorylation of extracellular signal regulated kinase (ERK) and c-Jun N-terminal kinase (JNK) was not affected by P416R mutation. These results showed that P416R mutation of 3BP2 causes the gain of function in B cells by increasing the interaction with specific signaling molecules.
  • Association of 3BP2 with SHP-1 regulates SHP-1-mediated production of TNF-α in RBL-2H3 cells.
    Chihara Kazuyasu;Nakashima Kenji;Takeuchi Kenji;Sada Kiyonao
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 16(12) 2011年
    :Adaptor protein 3BP2, a c-Abl Src homology 3 (SH3) domain-binding protein, is tyrosine phosphorylated and positively regulates mast cell signal transduction after the aggregation of the high affinity IgE receptor (FcεRI). Overexpression of the Src homology 2 (SH2) domain of 3BP2 results in the dramatic suppression of antigen-induced degranulation in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells. Previously, a linker for activation of T cells (LAT) was identified as one of the 3BP2 SH2 domain-binding protein. In this report, to further understand the functions of 3BP2 in FcεRI-mediated activation of mast cell, we explored the protein that associates with the SH2 domain of 3BP2 and found that SH2 domain-containing phosphatase-1 (SHP-1) inducibly interacts with the SH2 domain of 3BP2 after the aggregation of FcεRI. The phosphorylation of Tyr(564) in the carboxy (C)-terminal tail region of SHP-1 is required for the direct interaction of SHP-1 to the SH2 domain of 3BP2. The expression of the mutant form of SHP-1 which was unable to interact with 3BP2 resulted in the significant reduction in SHP-1-mediated tumor necrosis factor-α (TNF-α) production without any effects on the degranulation in antigen-stimulated RBL-2H3 cells. These findings suggest that 3BP2 directly interacts with Tyr(564) -phosphorylated form of SHP-1 and positively regulates the function of SHP-1 in FcεRI-mediated signaling in mast cells.
  • HCV NS5A protein containing potential ligands for both Src homology 2 and 3 domains enhances autophosphorylation of Src family kinase Fyn in B cells.
    Nakashima Kenji;Takeuchi Kenji;Chihara Kazuyasu;Horiguchi Tomoko;Sun Xuedong;Deng Lin;Shoji Ikuo;Hotta Hak;Sada Kiyonao
    PloS one 7(10) 2012年
    :Hepatitis C virus (HCV) infects B lymphocytes and induces mixed cryoglobulinemia and B cell non-Hodgkin's lymphoma. The molecular mechanism for the pathogenesis of HCV infection-mediated B cell disorders remains obscure. To identify the possible role for HCV nonstructural 5A (NS5A) protein in B cells, we generated the stable B cell lines expressing Myc-His tagged NS5A. Immunoprecipitation study in the presence or absence of pervanadate (PV) implied that NS5A was tyrosine phosphorylated by pervanadate (PV) treatment of the cells. Therefore we examined pull-down assay by using glutathione S-transferase (GST)-fusion proteins of various Src homology 2 (SH2) domains, which associates with phosphotyrosine within a specific amino acid sequence. The results showed that NS5A specifically bound to SH2 domain of Fyn from PV-treated B cells in addition to Src homology 3 (SH3) domain. Substitution of Arg(176) to Lys in the SH2 domain of Fyn abrogated this interaction. Deletion mutational analysis demonstrated that N-terminal region of NS5A was not required for the interaction with the SH2 domain of Fyn. Tyr(334) was identified as a tyrosine phosphorylation site in NS5A. Far-western analysis revealed that SH2 domain of Fyn directly bound to NS5A. Fyn and NS5A were colocalized in the lipid raft. These results suggest that NS5A directly binds to the SH2 domain of Fyn in a tyrosine phosphorylation-dependent manner. Lastly, we showed that the expression of NS5A in B cells increased phosphorylation of activation loop tyrosine in the kinase domain of Fyn. NS5A containing ligand for both SH2 and SH3 domains enhances an aberrant autophosphorylation and kinase activity of Fyn in B cells.
  • [Syk inhibitors].
    Kimura Yukihiro;Chihara Kazuyasu;Takeuchi Kenji;Sada Kiyonao
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 71(7) 2013年
    :Non-receptor type of protein-tyrosine kinase Syk (spleen tyrosine kinase) was isolated in the University of Fukui in 1991. Syk is known to be essential for the various physiological functions, especially in hematopoietic lineage cells. Moreover, ectopic expression of Syk by epigenetic changes is reported to cause retinoblastoma. Recently, novel Syk inhibitors were developed and its usefulness has been evaluated in the treatment of allergic rhinitis, rheumatoid arthritis, and idiopathic thrombocytopenic purpura. In this review, we will summarize the history, structure, and function of Syk, and then describe the novel Syk inhibitors and their current status. Furthermore, we will introduce our findings of the adaptor protein 3BP2 (c-Abl SH3 domain-binding protein-2), as a novel target of Syk.
  • Syk inhibitors.
    Chihara Kazuyasu;Kimura Yukihiro;Honjo Chisato;Takeuchi Kenji;Sada Kiyonao
    Nihon Rinshō Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology 36(4) 2013年
    :Non-receptor type of protein-tyrosine kinase Syk (spleen tyrosine kinase) was isolated in University of Fukui in 1991. Syk is most highly expressed by haemopoietic cells and known to play crucial roles in the signal transduction through various immunoreceptors of the adaptive immune response. However, recent reports demonstrate that Syk also mediates other biological functions, such as innate immune response, osteoclast maturation, platelet activation and cellular adhesion. Moreover, ectopic expression of Syk by epigenetic changes is reported to cause retinoblastoma. Because of its critical roles on the cellular functions, the development of Syk inhibitors for clinical use has been desired. Although many candidate compounds were produced, none of them had progressed to clinical trials. However, novel Syk inhibitors were finally developed and its usefulness has been evaluated in the treatment of allergic rhinitis, rheumatoid arthritis and idiopathic thrombocytopenic purpura. In this review, we will summarize the history, structure and function of Syk, and then the novel Syk inhibitors and their current status. In addition, we will introduce our research focused on the functions of Syk on Dectin-1-mediated mast cell activation.
  • C型レクチンによるマスト細胞の活性化メカニズム
    千原 一泰, 本定 千知, 木村 幸弘, 竹内 健司, 藤枝 重治, 石塚 全, 定 清直
    臨床免疫・アレルギー科 69((3)) 271-276 2018年03月 査読無し

著書

講演・口頭発表等

  • アダプター蛋白質3BP2による貪食細胞の機能調節メカニズム
    千原 一泰, 加藤 雄士, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第35回大会 2017年06月
  • インドネシアにおける医学生教育 福井大学での取り組みについて
    定 清直, 内海 孝子, 堀田 博
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考有り
  • チロシンキナーゼによるHCV複製の制御機構
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第33回大会 2015年05月 選考有り
  • HCV NS5A protein containing potential ligands for both Src homology 2 and 3 domains enhances autophosphorylation of Src family kinase Fyn in B cells.
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, T.Horiguchi, X.Sun, L.Deng, I.Shoji, H.Hotta, K.Sada
    Congress 22ndIUBMB&37thFASEB 2012年09月 選考有り 0
  • Syk標的治療
    定 清直
    第40回日本臨床免疫学会 2012年09月 選考無し 0
  • INHIBITION OF HEPATITIS C VIRUS REPLICATION THROUGH AMP-ACTIVATED PROTEIN KINASE-DEPENDENT AND -INDEPENDENT PATHWAYS
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, H.Hotta, K.Sada
    IUMS2011 2011年09月 選考有り 0
  • Sykの基礎と臨床
    定 清直
    第39回日本臨床免疫学会総会(免疫疾患学会連合2011) 2011年09月 選考無し 0
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 regulates BCR-mediated activation of NFAT.
    K.Sada, K.Nakashima, K.Ogi, K.Chihara
    Immunology 2011 2011年05月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスの病原性発現機構
    定 清直
    第84回日本感染症学会総会 2010年04月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスの病原性発現機構
    定 清直
    第41回日本小児感染症学会総会・学術集会 2009年11月 選考無し 0
  • C型肝炎ウイルスの病原性発現機構
    定 清直
    第34回日本口腔外科学会中部支部会 2009年05月 選考無し 0
  • センダイウイルス変異核蛋白質を利用したウイルスゲノム複製機構の解析
    定 清直, 竹内 健司, 山内 翔太, 千原 一泰
    平成28年度北陸腸内細菌研究会 2016年07月
  • 宿主チロシンキナーゼc-AblによるC型肝炎ウイルス増殖の促進
    定 清直, 竹内 健司, 山内 翔太, 千原 一泰
    平成27年度北陸腸内細菌研究会 2015年07月
  • 貪食細胞におけるアダプター蛋白質3BP2の機能解析
    加藤 雄士, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第34回大会 2016年05月 選考有り
  • 貪食細胞によるアダプター蛋白質3BP2の機能解析
    加藤 雄士, 千原 一泰, 本定 千知, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 選考有り
  • C型肝炎ウイルス粒子形成におけるc-Ablの役割
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • マスト細胞におけるC型レクチンMincleの機能解析
    本定 千知, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 加藤 雄士, 飛田 征男, 岩野 正之, 石塚 全, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • アダプター蛋白質3BP2は分化したAML細胞においてSrc型チロシンキナーゼの活性化を促進する
    千原 一泰, 吉木 はつみ, 加藤 雄士, 本定 千知, 山内 翔太, 竹内 健司, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • C型肝炎ウイルス粒子形成におけるNS5Aチロシンリン酸化の役割
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    第63回日本ウイルス学会学術集会 2015年11月 選考有り
  • マスト細胞におけるC型レクチンMincleの機能解析
    本定 千知, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 飛田 征男, 岩野 正之, 石塚 全, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第33回大会 2015年05月 選考有り
  • マスト細胞におけるDectin-1の機能解析:真菌感染防御におけるマスト細胞の新たな役割
    千原 一泰, 木村 幸弘, 本定 千知, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第32回大会 2014年05月 選考無し 0
  • C型レクチンDectin-1を介するマスト細胞の活性化機構
    木村 幸弘, 千原 一泰, 竹内 健司, 本定 千和, 藤枝 重治, 定 清直
    第36回日本分子生物学会年会 2013年12月 選考有り 0
  • ニワトリDT40細胞におけるアダプター蛋白質3BP2のチロシンリン酸化とVav3との会合メカニズム
    千原 一泰, 木村 幸弘, 本定 千知, 竹内 健司, 定 清直
    第36回日本分子生物学会年会 2013年12月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルス非構造蛋白質NS5AにおけるFyn-SH2ドメインとの結合に重要なチロシン残基同定の試み
    竹内 健司, 孫 雪東, 千原 一泰, Deng Lin, 勝二 郁夫, 堀田 博, 定 清直
    第61回日本ウイルス学会学術集会 2013年11月 選考有り 0
  • Blunted Activation of RHO-kinase in the Yak's Pulmonary Circulation
    石﨑 武志, Mizuno Shiro, Sakai Akio, Yoshimura Tatsuaki, Sada Kiyonao, Matsukawa Shigeru, Baktybek Kojonazarov, Baiserkeev Zamirbek, Almaz Aldashev
    VIII Congress of Euro-Asian Respiratory Society International Symposium 2013年11月 選考有り National academy of Sciennces of Kyrgyz Republic Kyrgyz Thoracic Society
  • Syk阻害薬
    定 清直
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 2013年04月 選考無し 日本リウマチ学会
  • マスト細胞におけるDectin-1シグナル伝達機構の解析
    木村 幸弘, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第31回大会 2013年05月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスNS5A蛋白質のSrc homology 2/3ドメイン結合能とB細胞での発現によるSrcファミリーキナーゼFynの活性化
    中島謙治, 竹内 健司, 千原一泰, 堀口朋子, 孫雪東, Lin Deng, 勝二郁夫, 堀田博, 定清直
    第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスNS5AはB細胞のチロシンキナーゼFynを活性化する
    中島謙治, 竹内 健司, 千原一泰, 堀口朋子, 孫雪東, Lin Deng, 勝二郁夫, 堀田博, 定清直
    第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 選考有り 0
  • Syk阻害薬
    定 清直
    第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 2012年04月 選考無し 0
  • C型肝炎ウイルス研究の今日的話題
    定 清直
    第2回医学教育アフリカ支援国際セミナー 2012年03月 選考無し 0
  • Association of 3BP2 with SHP-1 regulates SHP-1-mediated production of TNF-α in RBL-2H3 cells.
    千原 一泰, 中島 謙治, 竹内 健司, 定 清直
    第34回日本分子生物学会年会 2011年12月 選考有り 0
  • 次世代低分子化合物を用いた治療-Syk阻害薬-
    定 清直
    第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 2011年07月 選考無し 0
  • C型肝炎ウイルス複製におけるエネルギーセンサーAMPKの役割
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第29回大会 2011年05月 選考無し 0
  • エネルギーセンサーAMPKの活性化によるC型肝炎ウイルス複製の抑制
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    BMB2010 2010年12月 選考有り 0
  • アダプター蛋白質3BP2の点突然変異によるB細胞シグナル伝達への影響
    扇 和弘, 中島 謙治, シュクラ ウパサナ, 千原 一泰, 藤枝 重治, 定 清直
    BMB2010 2010年12月 選考有り 0
  • ハスカップ果実によるマスト細胞の脱顆粒抑制機構の解析
    石黒 奈穂子, 堀口 朋子, 福本 菜奈子, 定 清直, 田村(堀) 奈緒子
    BMB2010 2010年12月 選考有り 0
  • エネルギーセンサーAMPKの活性化によるC型肝炎ウイルス複製の抑制
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 選考有り 0
  • アダプター蛋白質3BP2の点突然変異がB細胞シグナル伝達へ及ぼす影響
    扇 和弘, 定 清直, 藤枝 重治
    第60回日本アレルギー学会秋期学術大会 2010年11月 選考有り 0
  • アダプタータンパク質の点突然変異によるB細胞シグナル伝達の増強
    扇 和弘, 羽溪 朋子, Upasana Shukla, 千原 一泰, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考有り 0
  • アダプター蛋白質3BP2の点突然変異によるB細胞シグナル伝達の増強
    扇 和弘, 羽溪 朋子, 中島 謙治, 千原 一泰, シュクラウパサナ, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考無し 0
  • Syk阻害剤
    定 清直
    第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年04月 選考有り 0
  • アダプター蛋白質3BP2によるB細胞NFAT活性化の分子機構
    羽溪 朋子, ウパサナ・シュクラ, 中島 謙治, 扇 和弘, 定 清直
    第32回日本分子生物学会年会 2009年12月 選考有り 0
  • アダプター蛋白質3BP2によるB細胞NF-AT活性化の分子機構
    Upasana Shukla, 羽溪 朋子, 中島 謙治, 扇 和弘, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第27回大会 2009年05月 選考有り 0
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 regulates BCR-mediated activation of NFAT.
    Upasana Shukla, 羽溪 朋子, 中島 謙治, 扇 和弘, 定 清直
    第82回日本生化学会大会 2009年01月 選考有り 0
  • アサイー果実の抽出物によるIgEを介する好塩基球/マスト細胞の活性化抑制
    羽溪 朋子, 扇 和弘, Upasana Shukla, 中島 謙治, 池嶋 沙織, 石黒 奈穂子, 田村(堀) 奈緒子, 定 清直
    第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会BMB2008 2008年12月 選考有り 0
  • センダイウイルスC蛋白質の新しい役割:二重鎖RNA生成の抑制
    竹内 健司, 小松 孝行, 北川 善紀, 定 清直, 後藤 敏
    第56回日本ウイルス学会 2008年01月 選考有り 0
  • チロシンキナーザ c-Abl によるアダプター蛋白質 3BP2 のリン酸化
    羽溪 朋子, 定 清直
    第80会日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会年会合同大会BMB2007 2007年12月 選考有り 0
  • Glucose uptake and GLUT1/2 expression are down-regulated in Huh-7.5 cells harboring an HCV subgenomic RNA replicon and full-genomic RNA replicon.
    D.Kasai, M.Nagano-Fujii, Y.Bungyoku, M.Sasayama, K.Sada, H.Hotta
    14th Internarional Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses 2007年09月 選考有り 0
  • ヒト RS ウイルスと TLR7/9 依存症 IFN-α産生シグナル
    小松 孝行, 竹内 健司, 北川 善紀, 定 清直, 後藤 敏
    第55回日本ウイルス学会学術集会抄録集 2007年01月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスは GLUT2、GLUT1 の細胞表面への発現の抑制を介してグルコース取り込みを抑制する
    笠井 大介, 長野 基子, 分玉 泰彰, 笹山 美紀子, 定 清直, 堀田 博
    第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年01月 選考有り 0
  • Regulation of IgE-mediated mast cell activation by 3BP2 and Cbl-b.
    K.Sada, H.Yamamura, H.Hotta
    International symposium of Kobe University 21st Century COE Program. on signal transduction, In memory of Prof. Yasutomi Nishizuka. 2006年12月 選考有り
  • C型肝炎ウイルスNS5Aのアミノ酸配列多様性及び血中NS5A抗体の有無とペグインターフェロン/リバビリン併用療法早期治療効果との相関について.
    Ahmed El Shamy, 笹山 美紀子, 長野 基子, 金 守良, 定 清直, 堀田 博
    第54回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2006年11月 選考有り 日本ウイルス学会
  • C型肝炎ウイルス感染が非受容体型チロシンキナーゼSykに及ぼす影響.
    犬伏 祥子, 長野 基子, 北山 喜久美, 定 清直, 堀田 博
    第54回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2006年11月 選考有り 日本ウイルス学会
  • A high degree of sequence variation of HCV NS5A and the presence of anti-NS5A antibodies in the pretreatment sera are associated with efficient viral clearance by combination therapy using pegylated interferon and ribavirin.
    A.El-Shamy, M.Sasayama, M.Nagano-Fujii, K.Sada, S.R.Kim, H.Hotta
    13th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses. 2006年08月 選考有り
  • Hepatitis C virus NS5A protein associates with and negatively regulates a non-receptor protein-tyrosine kinase Syk in Huh-7 cells.
    S.Inubushi, M.Nagano-Fujii, C.An, K.Kitayama, H.Yokozaki, H.Yamamura, M.Ikeda, N.Kato, K.Sada, H.Hotta
    The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. 2006年06月 選考有り
  • 慢性C型肝炎に対するペグインターフェロン/リバビリン併用療法の早期治療効果とC型肝炎ウイルスNS5AのV3領域アミノ酸配列多様性の相関について.
    長野 基子, Ahmed El Shamy, 金 守良, 井本 勉, 婦木 秀一, 金 啓二, 谷口 美幸, 定 清直, 堀田 博
    第42回日本肝臓学会総会・日本肝臓学会 2006年05月 選考有り 日本肝臓学会
  • PEG-IFN+リバビリン併用療法の効果予測における2’-5’オリゴアデニレイト合成酵素(2-5AS)の応答性の検討.
    金 守良, 井本 勉, 谷口 美幸, 金 啓二, 長野 基子, 定 清直, 堀田 博
    第42回日本肝臓学会総会・日本肝臓学会 2006年05月 選考有り 日本肝臓学会
  • PEG-IFN+リバビリン併用療法の治療効果予測におけるウイルスdynamicsの検討.
    金 守良, 井本 勉, 堀田 博, 谷口 美幸, 金 啓二, 長野 基子, 定 清直
    第42回日本肝臓学会総会・日本肝臓学会 2006年05月 選考有り 日本肝臓学会
  • C型肝炎ウイルス非構造蛋白質NS3とNS4Aの細胞変性作用と細胞がん化への関与.
    堀田 博, 長野 基子, 定 清直
    第10回日本肝臓学会大会・日本肝臓学会 2006年01月 選考有り 日本肝臓学会
  • ペグインターフェロン/リバビリン併用療法無効例とHCV NS5AのV3領域アミノ酸配列多様性及びNS5A抗体の有無との相関.
    長野 基子, 堀田 博, Ahmed El Shamy, 定 清直, 金 守良, 井本 勉, 婦木 秀一, 金 啓二, 谷口 美幸
    第10回日本肝臓学会大会・日本肝臓学会 2006年01月 選考有り 日本肝臓学会
  • 慢性C型肝炎に対するペグインターフェロン/リバビリン併用療法早期治療効果とNS5Aのアミノ酸配列多様性および血中NS5A抗体の有無との相関.
    Ahmed El Shamy, 笹山 美紀子, 長野 基子, 金 守良, 定 清直, 堀田 博
    第59回日本細菌学会関西支部総会・日本細菌学会関西支部 2006年01月 選考有り 日本細菌学会関西支部
  • Kinase activity of the non-receptor tyrosine kinase Syk is down-regulated in Huh-7.5 cells harboring an HCV RNA subgenomic replicon.
    S.Inubushi, M.Nagano-Fujii, K.Kitayama, H.Yamamura, K.Sada, H.Hotta
    13th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses. 2006年 選考有り
  • The nonstructural protein 4A of hepatitis C virus accumulates on mitochondria and induces apoptotic cell death through the mitochondria-mediated pathway.
    Y.Nomura-Takigawa, H.Hotta, M.Nagano-Fujii, L.Deng, S.Kitazawa, S.Ishido, K.Sada
    12th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses. 2005年 選考有り
  • The nonstructural protein 5A of hepatitis C virus associates with and negatively regulates the enzymatic activity of non-receptor tyrosine kinase Syk in Huh-7 cells.
    M.Nagano-Fujii, S.Inubushi, H.Mizuta, M.Tanaka, H.Yamamura, K.Sada, K.Hotta
    12th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses. 2005年 選考有り
  • I型糖尿病モデル動物で同定された変異型Cbl-bによるIgEシグナルの選択的抑制.
    定 清直, 曲 秀娟, 羽溪 朋子, 岡崎 真弥, 田村(堀) 奈緒子, 堀田 博, 山村 博平
    第78回日本生化学会大会・日本生化学会 2005年 選考有り 日本生化学会
  • C型肝炎ウイルスNS4Aのミトコンドリア集積とそれを介したアポトーシスの誘導.
    瀧川 有紀, 長野 基子, Lin Deng, 石戸 聡, 定 清直, 堀田 博
    第53回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2005年 選考有り 日本ウイルス学会
  • C型肝炎ウイルスNS5Aは非受容体型チロシンキナーゼSykに会合しそのキナーゼ活性を負に制御する.
    長野 基子, 犬伏 祥子, 田中 基文, 安 春英, 野村 亮太, 森田 加奈子, 定 清直, 堀田 博
    第53回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2005年 選考有り 日本ウイルス学会
  • siRNAによるSSPEウイルス増殖抑制法開発の基礎的検討.
    大瀧 桃子, 長野 基子, 角矢 博保, 加藤 誠一, 瀧川 有紀, 定 清直, 堀田 博
    第53回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2005年 選考有り 日本ウイルス学会
  • インドネシアのB型肝炎ウイルスのgenotype解析とウイルス進化の考察.
    Maria Inge Lusida, 長野 基子, 森田 加奈子, 笹山 美紀子, 定 清直, 堀田 博
    第53回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2005年 選考有り 日本ウイルス学会
  • 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)発症後早期に分離したSSPEウイルスのゲノム構造とウイルス性状の解析.
    加藤 誠一, 長野 基子, 大瀧 桃子, 扇本 真治, 定 清直, 堀田 博
    第53回日本ウイルス学会学術集会・日本ウイルス学会 2005年 選考有り 日本ウイルス学会
  • C型肝炎ウイルス非構造タンパク質NS5Aは非受容体型チロシンキナーゼSykに会合し抑制的に作用する.
    犬伏 祥子, 長野 基子, 田中 基文, 安 春英, 野村 亮太, 山村 博平, 定 清直, 堀田 博
    第58回日本細菌学会関西支部総会・日本細菌学会関西支部 2005年 選考有り 日本細菌学会関西支部
  • siRNAによる麻疹ウイルス/SSPEウイルスの増殖抑制.
    大瀧 桃子, 長野 基子, 角矢 博保, 加藤 誠一, 瀧川 有紀, 定 清直, 堀田 博
    第58回日本細菌学会関西支部総会・日本細菌学会関西支部 2005年 選考有り 日本細菌学会関西支部
  • Negative regulation of Lyn protein-tyrosine kinase by c-Cbl ubiquitin-protein ligase in FcepsilonRI-mediated mast cell activation.
    Sada,K., Kyo,S., Yamamura,H.
    FASEB meeting “Experimental Biology 2004” 2004年 選考有り
  • Activation of Syk protein-tyrosine kinase in response to osmotic stress requires the interaction with p21-activated protein kinase Pak2/gamma-PAK.
    Miah,S.M., Sada,K., Yamamura,H.
    ASBMB Annual Meeting and 8th IUBMB International Conference. 2004年 選考有り
  • Negative regulation of FcepsilonRI-mediated mast cell activation by a ubiquitin-protein ligase Cbl-b.
    Qu,X., Sada,K., Yamamura,H.
    FASEB meeting “Experimental Biology 2004”. 2004年 選考有り
  • 肥満細胞の活性化とアレルギー炎症.
    定 清直
    第54回日本アレルギー学会総会・日本アレルギー学会 2004年 選考有り 日本アレルギー学会
  • Tyrosine phosphorylation of adaptor protein 3BP2 induces T cell receptor-mediated activation of transcription factors.
    Qu,X, Miah,S, Hatani,T, Yamamura,H, Sada,K.
    第77回日本生化学会大会・日本生化学会 2004年 選考有り 日本生化学会
  • Point mutations of 3BP2 identified in human inherited disease cherubism result in the loss of function.
    S.M.Shahjahan Miah, 羽溪 朋子, 曲 秀娟, 山村 博平, 定 清直
    第27回日本分子生物学会年会・日本分子生物学会 2004年 選考有り 日本分子生物学会
  • ユビキチンリガーゼCbl-bによるマスト細胞活性化の抑制.
    定 清直, 山村 博平
    第33回日本免疫学会総会・学術集会・日本免疫学会 2004年 選考有り 日本免疫学会
  • フェノキサジン誘導体Phx-1によるマスト細胞株RBL-2H3の脱顆粒反応の抑制.
    羽溪 朋子, 定 清直, 榎木 英介, 友田 燁夫, 山村 博平
    第51回日本生化学会近畿支部例会 2004年 選考有り
  • Regulation of FcepsilonRI-mediated degranulation by an adaptor protein 3BP2 in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells.
    Sada,K., Yamamura,H.
    FASEB meeting “Immunology 2003”. 2003年 選考有り
  • アダプター/スキャッフォールド蛋白質3BP2によるチロシンキナーゼの活性化と転写因子制御.
    定 清直, 鎌田 敬子, 山村 博平
    第33回日本免疫学会総会・学術集会・日本免疫学会 2003年 選考有り 日本免疫学会
  • 3BP2によるT細胞での転写因子活性化制御.
    鎌田 敬子, 山村 博平, 定 清直
    第26回日本分子生物学会年会・日本分子生物学会 2003年 選考有り 日本分子生物学会
  • Negative regulation of Lyn Protein-tyrosine kinase by c-Cbl-mediated ubiquitination in RBL-2H3 mast cells.
    Kyo,S., Sada,K., Yamamura,H.
    第76回日本生化学会大会・日本生化学会 2003年 選考有り 日本生化学会
  • Negative regulation of FcepsilonRI-mediated mast cell activation by Cbl-b.
    Sada,K., Qu,X., Yamamura,H.
    第76回日本生化学会大会・日本生化学会 2003年 選考有り 日本生化学会
  • Adaptor protein 3BP2 is a ligand of the SH2/SH3 domains of Lyn in mast cells.
    Maeno,K., Sada,K., Yamamura,H.
    第76回日本生化学会大会・日本生化学会 2003年 選考有り 日本生化学会
  • Regulation of FcepsilonRI-mediated degranulation by an adaptor protein 3BP2 in the rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells.
    Sada,K., Yamamura,H.
    Biology of Mast Cells and Basophils. A Symposium of Osaka University Medical School/Graduate School of Frontier Bioscience. 2002年 選考有り
  • アダプター蛋白質3BP2によるRBL-2H3細胞の高親和性IgE受容体を介した脱顆粒反応の制御.
    定 清直, 山村 博平
    第32回日本免疫学会総会・学術集会・日本免疫学会 2002年 選考有り 日本免疫学会
  • マスト細胞活性化シグナル伝達系路におけるアダプター蛋白質3BP2の機能について.
    定 清直, 山村 博平
    第52回日本アレルギー学会総会・日本アレルギー学会 2002年 選考有り 日本アレルギー学会
  • Activation of p21-activated protein kinase gamma-PAK induces the association with Syk protein-tyrosine kinase.
    Miah,S. M., Sada,K., Maeno,K., Kyo,S., Qu,X., Traugh,J.A., Yamamura,H.
    第75回日本生化学会大会・日本生化学会 2002年 選考有り 日本生化学会
  • Syk is required for p38 activation and G2/M arrest in B cells exposed to oxidative stress.
    He,J., Takano,T., Ding,J., Gao,S., Noda,C., Sada,K., Yanagi,S., Yamamura,H.
    第75回日本生化学会大会・日本生化学会 2002年 選考有り 日本生化学会
  • Phenoxazine 化合物 PhxはB細胞において特異的なIgM産生抑制効果を持つ.
    高 三陽, 高野 智子, 何 勁松, 野田 千征子, 田村 奈緒子, 定 清直, 友田 燁夫, 山村博平
    75回日本生化学会大会・日本生化学会 2002年 選考有り 日本生化学会
  • アダプター蛋白質3BP2のチロシンリン酸化部位同定とその機能について.
    前野 耕一郎, 定 清直, 姜 臣鎬, S.M.Shahjahan Miah, 曲 秀娟, 山村 博平
    第75回日本生化学会大会・日本生化学会 2002年 選考有り 日本生化学会
  • アダプター蛋白質3BP2のチロシンリン酸化部位同定とその機能について.
    前野 耕一郎, 定 清直, 姜 臣鎬, S.M.Shahjahan Miah, 曲 秀娟, 山村 博平
    第49回日本生化学会近畿支部会・日本生化学会近畿支部会 2002年 選考有り 日本生化学会近畿支部会
  • Overexpression of the SH2 domain of 3BP2 suppresses Fc?RI-mediated degranulation in RBL-2H3 cells.
    Sada,K., Yamamura,H.
    4th International Workshop on Signal Transduction in the Activation and Development of Mast Cells and Basophils. 2001年 選考有り
  • マスト細胞活性化経路でのSykの細胞膜への移行とGEM領域への局在の意義について.
    定 清直, Juan Zhang, Reuben Siraganian
    第51回日本アレルギー学会総会・日本アレルギー学会 2001年 選考有り 日本アレルギー学会
  • マスト細胞活性化経路でのSykの細胞膜への移行とGEM領域への局在の意義について.
    定 清直, Juan Zhang, Reuben Siraganian, 山村 博平
    第74回日本生化学会大会・日本生化学会 2001年 選考有り 日本生化学会
  • The SH2 domain-mediated targeting, but not localization, of Syk in the plasma membrane is critical for FcepsilonRI signaling pathway.
    Sada,K., Zhang,J., Siraganian,R.P.
    FASEB meeting “Immunology 2000” 2000年 選考有り
  • リンカー領域チロシン残基の点突然変異によるSykの機能亢進.
    定 清直, Juan Zhang, Reuben Siraganian, 山村 博平
    第23回日本分子生物学会年会・日本分子生物学会 2000年 選考有り 日本分子生物学会
  • Point mutation of a tyrosine in the linker region of Syk results in a gain of function.
    Sada,K., Zhang,J., Siraganian,R.P.
    FASEB meeting “Experimental Biology 99”. 1999年 選考有り
  • 抗癌剤によるapoptosis誘導過程におけるLynチロシンキナーゼの機能解析.
    乃美 昌司, 圓尾 明弘, 大石 勲, 定 清直, 南 康博, 山村 博平
    第21回日本分子生物学会・日本分子生物学会 1998年 選考有り 日本分子生物学会
  • THP-1細胞(単球細胞由来)においてレクチン刺激によるSykのリン酸化と活性酵素中間体の働き.
    高野 智子, Karim Rezaul, 定 清直, 山村 博平
    第71回日本生化学会大会・日本生化学会 1998年 選考有り 日本生化学会
  • Redistribution of Syk to actin filament system and subsequent association with FAK.
    Sada,K., Yamamura,H.
    FEBS Special Meeting “Cell Signalling and Mechanism”. 1997年 選考有り
  • トロンビン刺激によるヒト血小板PLCgamma2のチロシンリン酸化.
    圓尾 明弘, 定 清直, Karim Rezaul, 本間 好, 山村博平
    第70回日本生化学会・日本生化学会 1997年 選考有り 日本生化学会
  • Calcium-dependent increase in Syk tyrosine kinase activity stimulated by platelet-activating factor in a human B cell line.
    Karim Rezaul, 定 清直, 圓尾 明弘, 山村 博平
    第70回日本生化学会・日本生化学会 1997年 選考有り 日本生化学会
  • 血小板における非受容体型チロシンキナーゼp72sykとp125FAKの刺激依存性の会合とその様式の解析.
    定 清直, 南 康博, 大石 勲, Karim Rezaul, 秦 鎖富, 山村 博平
    第69回日本生化学会・日本生化学会 1996年 選考有り 日本生化学会
  • The activation mechanism of Syk in cellular signaling via seven transmembrane receptors.
    Sada,K., Rezaul,K., Yang,C., Yamamura,H.
    9th International Conference on Second messengers & Phosphoproteins. 1995年 選考有り
  • 豚好中球のfMLP刺激におけるp72sykの活性化とその活性に対するAキナーゼによる負の制御.
    朝日 百百代, 秦 鎖富, 田中 幸枝, 坪川 操, 定 清直, 南 康博, 山村 博平
    第68回日本生化学会・日本生化学会 1995年 選考有り 日本生化学会
  • IL-2受容体を介するSykチロシンキナーゼの活性化.
    中川 洋子, 南 康博, 川原 敦雄, 宮崎 忠昭, 定 清直, 山村 博平, 谷口 維紹
    第17回日本分子生物学会, 第17回日本分子生物学会年会・日本分子生物学会 1994年 選考有り 日本分子生物学会
  • IL-2受容体を介するSykチロシンキナーゼの活性化およびその機能解析.
    南 康博, 中川 洋子, 川原 敦雄, 宮崎 忠昭, 定 清直, 山村 博平, 谷口 維紹
    第24回日本免疫学会総会・日本免疫学会 1994年 選考有り 日本免疫学会
  • 非受容体型チロシンキナーゼp72sykの血球系細胞における作用とその活性化調節機構.
    定 清直, 柳 茂, 山村 博平
    第53回日本癌学会総会・日本癌学会 1994年 選考有り 日本癌学会
  • HL60細胞のホルボールエステル依存性Cキナーゼのダウンレギュレーションにおける細胞内Na+流入の役割.
    箸本 英吉, 中村 徹, 定 清直, 山村 博平
    第53回日本癌学会総会・日本癌学会 1994年 選考有り 日本癌学会
  • Interleukin 2 mediates p72syk activation in peripheral blood lymphocytes.
    秦 鎖富, 稲津 哲也, 楊 誠, 定 清直, 谷口 隆信, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • Protein-tyrosine kinase p72syk is activated by platelet-activating factor in platelets.
    Karim Rezaul, 柳 茂, 定 清直, 谷口 隆信, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • トロンビン刺激血小板におけるチロシンキナーゼp72sykの細胞骨格分画への移行について.
    通山 由美, 柳 茂, 定 清直, 坪川 操, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • ウシ血小板由来の非受容体型チロシンキナーゼCPTK71とp72sykとの相同性について.
    坪川 操, 柳 茂, 定 清直, 中村 俊一, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • エピネフリンと低濃度トロンビンによる血小板機能の相乗効果におけるチロシンリン酸化反応およびp72sykの関与について.
    王 暁瑛, 柳 茂, 定 清直, 楊 誠, 藤井 千雪, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • トロンビンによる非受容体型チロシンキナー ゼp72syk活性化機構の検討.
    定 清直, 柳 茂, 酒井 敬子, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • 血小板活性化時におけるp72sykの細胞内分布の変動およびPI-3キナーゼとの会合について.
    柳 茂, 定 清直, 通山 由美, 坪川 操, 山村 博平
    第67回日本生化学会・日本生化学会 1994年 選考有り 日本生化学会
  • 血小板コラーゲン凝集におけるチロシンキナーゼp72sykの役割について.
    柳 茂, 藤井 千雪, 定 清直, 永井 勝也, 山村 博平
    第12回日本生化学会北陸支部大会・日本生化学会北陸支部 1994年 選考有り 日本生化学会北陸支部
  • チロシンキナーゼp72sykの血小板における活性調節とその意義.
    定 清直, 谷口 隆信, 柳 茂, 坪川 操, 通山 由美, Karim Rezaul, 山村 博平
    第66回日本生化学会・日本生化学会 1993年 選考有り 日本生化学会
  • Partial purification and characterization of cytosolic protein-tyrosine kinase from porcine spleen.
    Sada,K., Shimomura,R., Yamamura,H.
    7th International Conference on Cyclic Nucleotides, Calcium, and Protein Phosphorylation. 1989年 選考有り
  • ブタ脾臓の細胞質蛋白質チロシン燐酸化酵素のポリアミンと酸性ムコ多糖による調節.
    酒井 敬子, 定 清直, 田中 幸枝, 中村 俊一, 山村 博平
    第61回日本生化学会・日本生化学会 1988年 選考有り 日本生化学会
  • ブタ脾臓における細胞質チロシンキナーゼについて.
    酒井 敬子, 定 清直, 小林 智子, 中村 俊一, 山村 博平
    第6回日本生化学会北陸支部大会・日本生化学会北陸支部 1988年 選考有り 日本生化学会北陸支部
  • ヒト肝細胞癌由来培養細胞のIFN-α、λ応答のSTAT1依存性における違い
    定 清直, 山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰
    平成29年度北陸腸内細菌研究会 2017年07月 北陸乳酸菌研究会

発表会

  • INSERM Seminar
    Tyrosine phosphorylation of 3BP2 and HCV protein in immune cells.
    Nice, France
     2012年09月
  • 福井大学公開講座
    インフルエンザウイルス
    福井大学
     2009年06月
  • 福井大学生命複合科学研究教育センター研究交流会
    アダプター蛋白質3BP2による細胞応答の調節
    福井市
     2007年08月 - 2007年08月
  • University of California Riverside Department of Biochemistry Seminar
    Studies in the molecular adaptors in immune signaling.
    Riverside, USA
     2004年

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    Syk阻害剤 定 清直,

科学研究費補助金

  • ウイルス感染宿主因子としてのチロシンキナーゼAblの新しい役割基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:定 清直 2017年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞チロシンキナーゼ活性制御の意義基盤研究(C)
    日本学術振興会
    代表者:定 清直 2015年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞チロシンキナーゼ活性制御の意義基盤研究(C)(一般)
    代表者:定 清直 2014年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞チロシンキナーゼ活性制御の意義基盤研究(C)(一般)
    代表者:定 清直 2013年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞蛋白質チロシンリン酸化への影響基盤研究(C)(一般)
    代表者:定 清直 2012年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞蛋白質チロシンリン酸化への影響基盤研究(C)(一般)
    代表者:定 清直 2011年度
  • C型肝炎ウイルスによるB細胞蛋白質チロシンリン酸化への影響基盤研究(C)(一般)
    代表者:定 清直 2010年度
  • C型肝炎ウイルスの増殖適応変異と病原性の研究特定領域研究
    代表者:堀田 博 2008年度
  • C型肝炎ウイルス蛋白質による肝細胞の蛋白質チロシンリン酸化反応への影響基盤研究(C)一般
    代表者:定 清直 2007年度
  • C型肝炎ウイルス蛋白質による肝細胞の蛋白質チロシンリン酸化反応への影響基盤研究(C)一般
    代表者:定 清直 2006年度
  • チロシンキナーゼSykの新規な機能の解明-発癌と初期感染を回避する分子メカニズムの解明基盤研究(B)(2)
     2005年度
  • チロシンキナーゼSykの新規な機能の解明-発癌と初期感染を回避する分子メカニズムの解明基盤研究(B)(2)
     2004年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 抗がん剤イマチニブはC型肝炎の治療薬となりうるか。
    代表者:山内 翔太,定 清直,千原 一泰,竹内 健司,
  • マスト細胞による自然免疫応答におけるSykの新たな役割
    代表者:千原 一泰,定 清直,竹内 健司,
  • C型肝炎ウイルス非構造蛋白質のチロシンリン酸化とそのウイルス宿主間相互作用における重要性
    代表者:竹内 健司,定 清直,千原 一泰,
  • 健康な成人女性に対するアロマセラピーを併用したハンドマッサージの心理的・生理的効果
    代表者:上原 佳子,定 清直,安倍 博,長谷川 智子,千原 一泰,竹内 健司,礪波 利圭,針原 舞,
  • C型肝炎ウイルス蛋白質によるB細胞シグナル伝達への影響
    代表者:定 清直,竹内 健司,千原 一泰,
  • タクティールケアのリラクゼーション効果の検証と看護への応用
    代表者:礪波 利圭,定 清直,長谷川 智子,千原 一泰,天野 真希,
  • 3BP2の新規会合分子SHP-1を介するマスト細胞活性化調節機構
    代表者:千原 一泰,定 清直,竹内 健司,
  • C型肝炎ウイルス感染による病原性発現機構の解析
    代表者:定 清直,
  • Cherubism miceを用いたアダプター蛋白質3BP2の骨免疫学的解析
    代表者:定 清直,羽溪 朋子,
  • B細胞における抗原認識メカニズムとアダプター蛋白質3BP2
    代表者:定 清直,羽溪 朋子,
  • アダプター蛋白質3BP2の生理的・病理的役割
    代表者:定 清直,羽溪 朋子,

プロジェクト活動

  • 魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
    福井県:その他の研究
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:定 清直
    魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
  • 魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
    福井県:その他の研究
    研究期間:2015年04月 - 2017年03月  代表者:定 清直
    魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2014年04月 - 2015年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,大黒 徹,
    ウイルス病原性発現の分子機能解析研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2013年04月 - 2014年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    ウイルス病原性発現の分子機能解析研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援事業
    研究期間:2011年04月 - 2012年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    病原ウイルス遺伝子機能研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2011年04月 - 2013年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    病原ウイルス遺伝子機能研究グループ

教育活動情報

担当授業

  • 医学入門と医学概論
  • 生命現象の科学
  • 生命基礎科学(生命科学)
  • 生体反応論Ⅰ
  • 生体と微生物
  • 免疫と生体防御
  • アドバンストコースⅡ
  • 神経系(テュートリアル)
  • 感染症
  • 生命基礎科学(生命科学)
  • 生体反応論Ⅰ
  • 医学入門
  • 生体と微生物
  • 医学英語4
  • アドバンストコースⅡ
  • アドバンストコースⅡ
  • 感染症
  • 医科学基礎総論
  • 実験基礎演習
  • 微生物学特論演習
  • 微生物学特論実習
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 感染防御医科学特論
  • 感染防御医科学演習
  • 微生物学特論演習
  • 微生物学特論実習

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 福井大医学部 結核予防法開発へ一歩 「マスト細胞 免疫高める」2017年04月 日刊県民福井、日経、福井、読売、NHK福井、FBC福井放送