田邉 英彦

所属部署名電気・電子工学講座
教員組織電気・電子工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名助教
更新日: 20/10/21 15:42

研究者基本情報

氏名

    田邉 英彦
    タナベ ヒデヒコ
    TANABE Hidehiko

所属

  •  電気・電子工学講座 助教

学位

  • 博士(工学)
  • 工学修士

研究活動情報

論文

  • RS符号の2元成分符号を用いた最尤復号法について
    不破 茂秀, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電子情報通信学会論文誌B J90-B(10) 1050-1055 2007年01月 査読有り
  • Transmission Performance of Reservation ALOHA Access Schemes with Variable Length Packets
    H.Umeda, H.Tanabe, M.Hayano
    Electronics and Communications in Japan, Part 1, 86, 5, 42-51 2003年 査読無し
  • 差動符号化メッセージ系列の遷移関数電子透かし
    高橋 圭祐, 深津 直也, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電子情報通信学会技術研究報告, IT2002-1~10, 31-36 2002年05月 査読無し
  • An Efficient Access Scheme for Variable Length Packets in Slotted ALOHA Channel
    N.D.Yaakob, H.Tanabe, H.Umeda
    Information Networking, 598-608  2002年01月 査読有り
  • Construction of Full Rank Space-Time Codes over GF(2m) for BPSK Modulation
    S.Fuwa, H.Tanabe, H.Umeda
    International Symposium on Information and its Applications, Xian, China, 665-669 2002年01月
  • RS符号の基底ベクトルから構成される部分符号について
    不破 茂秀, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電子情報通信学会論文誌B, J84-B, 1, 29-37 2001年 査読有り
  • アロハ・予約競合アクセス方式の可変長パケット伝送特性
    梅田 博之, 田邉 英彦, 早野 充
    電子情報通信学会論文誌B, J84-B, 10, 1767-1775 2001年 査読有り
  • A New M-PSK Code Construction with Good Minimum Euclidean Distance for AWGN Channel
    M.A.Salam, H.Tanabe, H.Umeda
    IEICE Trans. on Fundamentals, E84-A, 6, 1564-1571 2001年 査読有り
  • Low Complexity Coded Modulation with Codes over Zm
    M.A.Salam, H.Tanabe, H.Umeda
    Journal of Communications and Networks, 3, 2, 105-111 2001年 査読有り
  • Subcodes Constructed from Bases of Reed-Solomon Codes
    S.Fuwa, H.Tanabe, H.Umeda
    International Symposium on Information and Its Application, Hawaii, USA, 134-137 2000年11月
  • Good Minimum Euclidean Distance M-PSK Code Construction for Gaussian Channel
    H.Umeda, M.A.Salam, H.Tanabe
    Proc of Int. Symposiumon Applied Algebra, Algebraic Algorithms, and Error-Correcting Codes, 134-1 1999年11月 査読有り
  • Interdependent Component Codes Construction of Multilevel Block Codes for Rayleigh Fading Channels
    H.Tanabe, S.Fuwa, H.Setsuda, H.Umeda
    Cientifica Journal, 1, 14, 3-8 1999年11月 査読無し
  • Interdependent Component Codes Construction of Multilevel Block Codes for Rayleigh Fading Channels
    H.Umeda, H.Tanabe, S.Fuwa, H.Setsuda
    Cientifica Journal, 14, 3-8  1999年04月 査読有り
  • アロハ・予約競合アクセス方式における可変長パケットのスループット特性
    梅田 博之, 磯村 夏樹, 田邉 英彦
    電子情報通信学会論文誌B-II, J82-B, 8, 1608-1612 1999年01月 査読有り
  • Good Minimum Euclidean Distance M-PSK Code Construction for Gaussian Channel
    M.A.Salam, H.Tanabe, H.Umeda
    Proc of Int. Symposium on Applied Algebra, Algebraic Algorithms, and Error-Correcting Codes, Hawaii, USA, 134-135 1999年01月
  • Minimum Euclidean Distance M-PSK Codes Construction for Gaussian Channel
    H.Umeda, H.Tanabe
    Proceedings of 1999 International Symposium on Applied Algebra, Algebraic algorithm and Error Correcting Codes 1999年 査読有り
  • アロハ・予約競合アクセス方式における可変長パケットのスループット特性の改善
    磯村 夏樹, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電子情報通信学会技術研究報告, SSE99-48, RCS99-72, 55-60 1999年 査読無し
  • Interdependent Component Codes Construction of Multilevel Block Codes for Rayleigh Fading Channels
    H.Tanabe, S.Fuwa, H.Setsuda, H.Umeda
    Proc. of International Symposium on Information Theory and its Applications, Mexico City, Mexico, 1, 48-51 1998年01月
  • Binary Component Codes Construction of Multilevel Block Modulation Codes with a Larger Minimum Euclidean Distance
    H.Tanabe, M.A.Salam, M.Mitamura, H.Umeda
    Trans. IEICE, E-81A, 7, 1521-1528 1998年 査読有り

講演・口頭発表等

  • 積距離を増大させる時空間トレリス符号の一構成法について
    小谷 旭範, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • RS符号の2元成分符号表示を利用した2段階復号法について
    津田 雄大, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • スロット有効利用に対するミニスロット制御方式の特性
    魚谷 良雄, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • スロット内二分割アクセス方式の捕捉効果に関する理論的考察
    坪内 敏樹, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • 状態遷移型電子透かしのメッセージ抽出誤り改善
    河村 正, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • 時空間トレリス符号の2次元成分符号表示についての研究
    五十嵐 広考, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • RS符号の符号化変調による基本多レベル2元成分符号の関数
    伊藤 真二, 田邉 英彦, 廣瀬 勝一, 梅田 博之
    電気学会北陸支部連合大会 2005年09月
  • CDMA 可変長パケットの局グループ化による効率的スロットアクセス方式
    白江 利行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • スロット内二分割可変長パケットアクセスの捕捉効果について
    坪内 敏樹, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • 可変長パケットALOHA 競合アクセスに対する木アルゴリズム方式との比較
    中川 智裕, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • 送信局分割スプリッティング方式による可変長パケットアクセス制御方式
    魚谷 良雄, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • Diffie-Hellman 鍵交換プロトコルによるDoS 攻撃の回避
    河村 夏樹, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • トレリス線図を用いた電子透かしの抽出メッセージ誤り制御方式
    河村 正, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • 視覚復号型秘密分散法のシェア画像分解・合成による秘密画像の復元
    藤田 祥輔, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月
  • CDMA Slotted‐ALOHA方式のDRMAによる可変長パケット伝送
    白江 利行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-7, 133 2003年09月
  • スロットを有効利用する可変長パケットのスループット・遅延特性
    三谷 英彰, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-8, 134 2003年09月
  • 動的予約における可変長パケット送信の効率向上の検討
    魚谷 良雄, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-9, 135 2003年09月
  • BPSK変調における時空間ブロック符号の誤り率特性に対する一検討
    長屋 伸行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-10, 136 2003年09月
  • 時空間符号の新しい信号点によるセット分割のCGD分布
    小谷 旭範, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-11, 137 2003年09月
  • 画素空間を利用した電子透かし
    高橋 圭祐, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, E-55, 266 2003年09月
  • 視覚的復号型秘密分散法を利用した電子透かし
    岩佐 友裕, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, F-59, 358 2003年09月
  • ホップフィールドモデルによる秘密分散
    池田 貴裕, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, F-87, 388 2003年09月
  • BPSK変調におけるフルランク時空間符号の一構成について
    山下 裕之, 不破 茂秀, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-40, 176  2002年09月
  • 可変長パケットスロット付きアロハシステムに対するデータ伝送率と遅延特性の一検討
    奥野 知樹, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-41, 177  2002年09月
  • 重畳法に基づくRS符号における部分符号の構成
    新谷 学, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-10, 146  2002年09月
  • CDMAアロハシステムにおけるスロットの有効利用について
    八十島 宏典, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-12, 148  2002年09月
  • スロット付きアロハのCLSPプロトコルの検討
    白江 利行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-13, 149  2002年09月
  • パケットTDMAを用いたテーブル再送でのスループット、遅延特性
    中川 智裕, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-14, 150  2002年09月
  • フェージング通信路におけるBPSK変調の時空間符号に対する誤り率解析の一検討
    長屋 伸行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-9, 145 2002年09月
  • 時空間符号の多レベル表現における2元成分符号間の相関係数の提案
    谷川 拓也, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会, C-48, 18 2002年09月
  • 可変フレーム長スロット構成における可変パケットの伝送特性
    三谷 英彰, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-14, 190 2001年01月
  • 多レベル符号を用いたスペース・タイム符号化の誤り率特性の比較
    永井 崇司, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-17, 193 2001年01月
  • 伸長RS符号から生成される部分符号
    谷川 拓也, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-19, 195 2001年01月
  • アロハ・予約競合アクセス方式における平均伝送遅延特性
    N.D.Yaakob, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-20, 196 2001年01月
  • 誤り率計算におけるブロック符号に対するトレリス構造の適用
    長屋 伸行, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-21, 197 2001年01月
  • 遷移関数を用いた埋め込みメッセージの差分符号化電子透かし
    高橋 圭祐, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, F-23, 363 2001年01月
  • 可変長パケットの2スロット4グループ化アロハアクセス方式における最大衝突長とスループット特性について
    岩橋 俊哉, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-12, 188 2001年01月
  • 可変長パケットにおけるCDMAスロット付アロハアクセス通信方式について
    中江 宏典, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-13, 189 2001年01月
  • スロット付きアロハアクセス方式の遅延特性に対する最大バックオフ値の設定について
    八十島 宏典, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-15, 191 2001年01月
  • RS符号による優れたランク特性を持つ時空間符号構成について
    不破 茂秀, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-16, 192 2001年01月
  • 重畳符号構成法に基づくRS符号とその部分符号の生成
    新谷 学, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-18, 194 2001年01月
  • 可変長パケットの2スロット4グループ化アロハアクセス方式の検討
    岩橋 俊哉, 田邉 英彦, 梅田 博之
    平成12年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-12, 154  2000年09月
  • マルチキャリアフェージング通信路の符号化8PSK信号の受信特性
    永井 崇司, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-8, 150 2000年09月
  • RS符号の部分符号に対するトレリスセクション化と復号複雑度について
    新谷 学, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-9, 151 2000年09月
  • RS符号基底から生成される非線形符号の最小トレリスについて
    谷川 拓也, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-10, 152 2000年09月
  • 予約・アロハ競合アクセス方式におけるバッファ付与の効果
    奥野 知樹, N.D.Yaakob, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-13, 155 2000年09月
  • 可変長パケットのスプレッド・スロットアロハ通信方式について
    磯村 夏樹, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-14, 156 2000年09月
  • 符号化予約・アロハ競合可変長パケットフェージング通信路のスループット特性
    中江 宏典, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-57, 199 2000年09月
  • 楕円曲線を用いたハッシュ関数の特性について
    日比野 健, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, E-49, 290 2000年09月
  • ブロック符号による符号化8PSK変調の2段階復号法について
    辻岡 知宏, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-7, 149 2000年09月
  • 画素の幾何学的配置と群演算を利用した電子透かし
    向川 公宏, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会公演論文集, F-11, 314 1998年01月
  • 可変スロット長アロハの2重分割スロット方式
    井口 厚士, 磯村 夏樹, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会公演論文集, C-6, 156 1998年01月
  • RS符号から構成されるPSK変調多レベル符号
    説田 秀昭, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会公演論文集, C-8, 158 1998年01月
  • PSKブロック多レベル符号のトレリス構造について
    田辺 和士, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会公演論文集, C-9, 159 1998年01月
  • 2次元巡回符号の部分符号構造
    宮川 博晃, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会公演論文集, C-10, 160 1998年01月
  • 楕円曲線によるハッシュ関数の構成
    日比野 健, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, B-4, 93  1991年01月
  • RS符号から作られる復号複雑度の低い符号
    不破 茂秀, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-55, 202  1991年01月
  • 誤り検出機能を持つ電子透かし
    山西 昭吾, 田邉 英彦, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, F-5, 304  1991年01月
  • 楕円曲線を用いた濃淡画像への電子透かし
    酒井 克好, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, B-5, 94 1991年01月
  • アロハ・予約競合アクセス方式における捕そく効果の検討
    早野 充, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-10, 157 1991年01月
  • 8PSKブロック符号における2段階復号とその誤り率特性
    辻岡 知宏, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-56, 203 1991年01月
  • 8PSK多レベルブロック符号のトレリス構造
    田邉 和士, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-57, 204 1991年01月
  • 信号空間判定による8PSKブロック符号のビット誤り率特性
    加藤 久和, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, C-58, 205 1991年01月
  • 誤り検出機能を持つ電子透かし
    山西 昭吾, 田邉 英彦, 坂口 文則, 梅田 博之
    電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, F-5, 304 1999年

科学研究費補助金

  • 大量の情報の機密性・完全性を保証する情報セキュリティ技術の研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:廣瀬 勝一 2008年度
    ハッシュ関数の研究
  • 大量の情報の機密性・完全性を保証する情報セキュリティ技術の研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:廣瀬 勝一 2009年度
    ハッシュ関数の研究
  • 大量の情報の機密性・完全性を保証する情報セキュリティ技術の研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:廣瀬 勝一 2010年度
    ハッシュ関数の研究
  • 大量の情報の機密性・完全性を保証する情報セキュリティ技術の研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:廣瀬 勝一 2011年度
    ハッシュ関数の研究

教育活動情報

担当授業

  • 誤差の数理 (福井大学)
  • 情報処理基礎 (福井大学)
  • 電気・電子数学演習Ⅰ (福井大学)
  • 電気・電子数学演習Ⅱ (福井大学)
  • 情報通信工学 (福井大学)
  • 電気・電子工学特別演習及び実験Ⅰ (福井大学)