末 信一朗

所属部署名繊維先端工学講座
教員組織繊維先端工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 18/10/09 19:24

研究者基本情報

氏名

    末 信一朗
    スエ シンイチロウ
    SUYE Shin-ichiro

基本情報

所属

  •  繊維先端工学講座 教授
  •  附属図書館 図書館長

学歴

  • 1981年04月- 1983年03月東京農工大学 農学 農芸化学
  • - 1981年東京農工大学 農芸化学

経歴

  • 2009年04月福井大学大学院工学研究科 教授
  • 2003年04月- 2009年03月福井大学大学院 助教授
  • 1997年11月- 2002年03月福井大学 助教授
  • 1992年01月- 1997年01月福井大学 助手
  • 1988年04月- 1992年09月奈良工業高等専門学校 助手
  • 1983年04月- 1988年03月宝酒造株式会社中央研究所 研究員

所属学協会

    繊維学会 その他,日本生物工学会 その他,日本化学会バイオ部会 一般会員,日本生物工学会 評議員,日本生物工学会 その他,日本生物工学会 その他,日本生物工学会 その他,日本生物工学会 その他,繊維学会 その他,日本生物工学会 その他,多目的酸素電極装置研究会 一般会員,繊維学会 一般会員,日本ポーラログラフ学会 一般会員,日本生物工学会 一般会員,日本農芸化学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • A holistic approach into the impact of sodium hypochlorite on polypropylene fibre reinforced concrete
    P.Hughes, S.Fujita, S.Suye
     85 175-181 2015年06月 査読有り
  • Taiwanin A Incorporated Polyurethane Fiber Sheets for Prevention of Postoperative Cancer Recurrence is ready for viewing"
    O.Batnyam, H.Uematsu, C.W.Chou, S.Suye, S.Fujita
    Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition in press 2015年05月 査読有り
  • The effects of sodium hypochlorite upon polypropylene fibres utilised within marine concrete
    P.Hughes, S.Fujita, S.Suye
    The Indian Concrete Journal 89(4) 91-96 2015年04月 査読有り
  • Amperometric determination of hydroquinone and catechol on gold electrode modified by direct electrodeposition of poly (3,4-ethylenedioxythiophene)
    K. He, X. Wang, H. Zheng, X. Meng, S.Suye
    Sensor and Actuators, B 193 212-219 2014年09月 査読有り
  • Efficient Direct Electron Transfer for a Highly Oriented PQQ-GDH Immobilized Electrode for Bioanode
    Koto, A., Taniya, S., Sakamoto, H., Satomura, T., Sakuraba, H., Ohshima, T., Suye, S.
    Journal of Biosensors and Bioelectronics 5(148) 2014年04月 査読有り
  • バイオセンサの迅速・簡易・高機能化技術と課題解決書
    末 信一朗
    バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発 2014年04月 査読無し
  • Construction of L-Lysine Sensor by Layer-by-Layer Adsorption of L-Lysine Dehydrogenase and Ferrocene-Labeled High Molecular Weight Coenzyme Derivative on Gold Electrode
    H. Zheng, J. Zhou, Y. Okezaki, S.Suye
    Electroanalysis 20(24) 2685-2691 2013年09月 査読有り
  • Construction of Nano Coenzyme and Enzyme Multilayer Film on Gold Electrode by Self-assembly Method
    K. He, X. Wang, H. Zheng, S.Suye
    Advanced Materials Research 788 69-72 2013年09月 査読有り
  • 酵素を使って測るセンサーがあるの?
    末 信一朗
    生物工学会編 ひらくひらく「バイオの世界」 90-91 2012年09月 査読無し
  • Control of differentiation of human mesenchymal stem cells by altering the geometry of nanofibers
    S.Fujita, H.Shimizu, S.Suye
    Journal of Nanotechnology 2012 Article ID 429890, 9 pages 2012年05月 査読有り
  • Hydrophilic-modified polyurethane nanofibre scaffolds for culture of hyperthermophiles
    P.Hughes, S.Fujita, T.Satomura, S.Suye
    Materials Letters 72 88-91 2012年01月 査読有り
  • Gene expression and characterization of a third type of dye-linked L-proline dehydrogenase from the aerobic hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix
    T. Satomura, Y. Hara, S. Suye, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Biosci. Biotechnol. Biochem. In press 2012年 査読有り
  • Microbial degradation of disodium terephthalate by Rhodococcus sp. 9-003
    S. Xu, S. Suye
    Sen’I Gakkai Shi 68 65-68 2012年 査読有り
  • 残留農薬を見逃さない検出・除去バイオ細胞センサー技術の開発
    末 信一朗
    食のバイオ計測の最前線、植田充美編 218-222 2011年04月 査読無し
  • Catalytic Oxidation of NADH on Gold Electrode Modified by Layer-by-Layer Self-assembly of Thermostable Diaphorase and Redox Polymer
    W. Zheng, H. Zheng, T. Sun, P. Liu, S. Suye
    Materials Science Forum 675-677 231-234 2011年 査読有り
  • Construction of Biosensor Based on Glassy Carbon Electrode Modified by Composite Film of Multi-Walled Carbon Nanotubes and Poly(ethylenimine)
    T. Sun, H. Zheng, W.-w. Li, P. Liu, Y. Ruan, S. Suye
    Materials Science Forum 675-677 235-238 2011年 査読有り
  • Detection of organophosphorus compound based on sol-gel silica planer waveguide doped with green fluorescent protein and organophosphorus hydrolase
    Y. Enami, K. Tsuchiya, S. Suye
    Appl. Physics. Lett. 98 233503-1-3 2011年 査読有り
  • Enzymatic Properties of Cell Surface-displayed Organophosphorus Hydrolase and the Construction of Biosensing System for Organophosphorus Compounds
    K. Takayama, S. Suye, K. Sawada, Y. Tanaka, A. Mulchandani, K. Kuroda, M. Ueda
    Anal. Sci. 27 823-826 2011年 査読有り
  • Electrochemical Determination of Inorganic Phosphate
    W. Zheng, H. Zheng, Y. Li, X, Wang, S. Suye
    Advanced Materials Research 339 435-439 2011年 査読有り
  • Preparation of Nicotinamide Adenine Dinucleotide Functionalized Multi-Walled Carbon Nanotube and Its Application to Dehydrogenase Biosensor
    X. Wang, P. Liu, H. Zheng, H. Hu, W. Zheng, S. Suye
    Advanced Materials Research 298 121-127 2011年 査読有り
  • Electrochemical behavior of dye-linked L-proline dehydrogenase on glassy carbon electrode modified by multi-walled carbon nanotubes
    H. Zheng, Y. Okezaki, R. Kawakami, H. Sakuraba, T. Ohshima, S. Suye
    Beilstain J. Nanotechnol. 1 135-141 2010年12月 査読有り
  • Yeast co-displaying enhanced green fluorescent protein and organophosphorus hydrolase in combination with a cell chip for detection of organophosphorus compounds
    T. Fukuda, K. Tsuchiyama, H. Makishima, A. Mulchandani, K. Kuroda, M. Ueda, S. Suye
    Biotechnol. J., 5 515-519 2010年07月 査読有り
  • Coimmobilization of Malic Enzyme and Alanine Dehydrogenase on Organic-Inorganic Hybrid Gel Fibers and the Production of L-Alanine from Malic Acid Using the Fibers with Coenzyme Regeneration
    K.Nakane, S.Suye, T.Ueno, Y.Ohno, T.Ishikawa, T.Ogihara, N.Ogata
    J. Appl. Polym. Sci. 116(5) 2901-2905 2010年06月 査読有り
  • Cloning of a Novel Dehalogenase from Environmental DNA
    Hisashi KIMOTO, Shin-ichiro SUYE, Hirokazu MAKISHIMA, Jun-ichirou ARAI, Sachiko YAMAGUCHI, Yutaka Fujii, Toshihito YOSHIOKA, Akira TAKETO
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 74(6) pp.1290-1292 2010年06月 査読有り
  • Improvement in organophosphorus hydrolase activity of cell surface-engineered yeast strain using Flo1p anchor system
    T. Fukuda, K. Tsuchiyama, H. Makishima, K. Takayama, A. Mulchandani, K. Kuroda, M. Ueda, S. Suye
    Biotechnol. Lett. 32 655-659 2010年06月 査読有り
  • 低塩化サバ糠漬け「へしこ」製造方法の実用性
    松田 真依, 村上 亜由美, 末 信一朗
    福井大学教育地域科学部紀要 第Ⅴ部応用化学(家政学編) 48 39-47 2009年12月 査読有り
  • Single cell analysis for organophosphorus compounds sensing using organophosphorus hydrolase and EGFP displayed arming yeast
    S. Suye, K. Tsuchiya, H. Makishima, A. Mulchandani, K. Kuroda,, Y. Enami, M. Ueda
    J. Biosci., Bioengineer., 108,(S1) S148 2009年11月 査読有り
  • Demonstration of catalytic proton acceptor of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis by comprehensive analysis of mutant library
    D. Isogawa,, T. Fukuda,, K. Kuroda,, H. Kusaoke,, H. Kimoto, S. Suye, M. Ueda
    Appl. Microb. Biotechnol., 85 95-104 2009年06月 査読有り
  • Electrical communication between electrode and dehydrogenase by ferrocene-labeled high molecular weight cofactor derivative:Application for reagentless biosensor
    H. Zheng,, J. Zhou, J. Zhang, R. Huang, H. Jia, S. Suye
    Microchim. Acta 165 109-11 2009年05月 査読有り
  • Electron communication between electrode and dye-linked L-proline dehydrogenase in organized layer-by-layer multi layer films
    H. Zheng,, L. Dong, H. Liu, S. Suye, H. Jia
    Chemical Research in Chinese Universities 25(4) 550-555 2009年04月 査読有り
  • Production of L-malic acid with fixation of HCO3- by malic enzyme-catalyzed reaction based on regeneration of coenzyme on electrode modified by layer-by-layer self-assembly method
    H. Zheng, Y. Ohno, T. Nakamori, S. Suye
    J. Biosci. Bioengineer., 107, 16-20 2009年03月 査読有り
  • Construction of L-lysine sensor by layer-by-layer adsorption of L-lysine dehydrogenase and ferrocene-labeled high molecular weight coenzyme derivative on gold electrode
    H. Zheng, J. Zhou, J. Zhang, R. Huang,, H. Jia, Y. Okezaki, S. Suye
    Electroanalysis 20 2685-2691 2008年09月 査読有り
  • Oriented immobilization and electron transfer of hyperthermostable L-proline dehydrogenase on the modified electrode
    S. Suye, T. Terai, S. Shiraishi, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Biosensor 2008 2008年05月
  • Organophosphorus compounds sensing system using organophosphorus hydrolase and EGFP displayed arming yeast
    H. Makiasima, T. Fukuda, K. Kuroda,, A. Mulchandani, K. Takayama, 末 信一朗, M. Ueda
    Biosensor 2008 2008年05月
  • Improvement in enzymatic desizing of starched cotton cloth using yeast co-displaying glucoamylase and cellulose-binding domain
    T.Fukuda, M.Kato-Murai,, K.Kuroda,, M.Ueda, S.Suye
    Appl. Microb. Biotechnol. 77 1225-1232 2008年03月 査読有り
  • Reverse Reaction of Malic Enzyme for HCO3- Fixation into Pyruvic
    Y.Ohno, T.Nakamori, H.Zheng, S.Suye
    Biosci. Biochem. Biotechnol 72 70772-70775 2008年03月 査読有り
  • 電気化学的DNAセンシング
    末 信一朗, 片山秀夫
    マテリアルインテグレーション 21 339-342 2008年01月 査読無し
  • Enhancement of substrate recognition ability by combinatorial mutation of beta-glucosidase displayed on the yeast cell surface
    T.Fukuda, S.Suye, H.Sahara, M.Ueda
    Appl. Microb. Biotechnol. 76 1027-1033 2007年11月 査読有り
  • Sol?gel silica planar waveguide doped with green fluorescent protein for in-line biosensors
    Y.Enami, T.Fukuda, S.Suye
    Appl. Phys. Lett., 91  203507-1-3 2007年11月 査読有り
  • Biodegradation of poly (?-caprolactone) film in presence of Lysinibacillus sp. 70038 and characterization of the degraded film
    S. Xu, T. Yamaguchi, S. Osawa, S.Suye
    Biocontrol, 12 119-122 2007年08月 査読有り
  • サルモネラ等食中毒菌の迅速・高感度な検出を目的とした電気化学的DNAセンシングシステムの開発
    末 信一朗
    食品工業 50 46-51 2007年08月 査読無し
  • Development of high-throughput screening system by single cell reaction usingmicrochamber array chip
    T.Fukuda, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
    J. Biosci. Bioengeer.. 104 241-243 2007年01月 査読有り
  • Yeast cell surface expression of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis
    T.Fukuda,, D.Isogawa,, M.Takagi, M.Kato, H.Kimoto, H.Kusaoke, M.Ueda, S.Suye
    Biosci. Biochem. Biotechnol., 71 2845-2847 2007年01月 査読有り
  • Purification and Properties of Diethyl p-Phthalate Esterase from Ochrobactrum anthoropi 6-2b
    S.Xu, C.Komatsu, I.Takahashi, S.Suye
    Sen-I Gakaki Shi 62(10) 226-231 2006年01月 査読有り
  • Microbial Degradation of Ethylene Glycol Dibenzoate by Rhodococcus sp. 2Cb
    S.Xu, T.Yamaguchi, S.Suye, T.Hori
    Sen-I Gakaki Shi 62 106-110 2006年 査読有り
  • Enhancement of cellulase activity by the clones selected from the combinatorial library of the cellulose-binding domain by cell surface engineering
    T.Fukuda, T.Ishikawa, M.Ogawa, S.Shiraga, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
    Biotechnol. Prog. 22 933-938 2006年 査読有り
  • Surface Display of Organophosphorus Hydrolase on Saccharomyces cerevisiae
    K. Takayama,, S.Suye, K.Kuroda, M.Ueda, T.Kitaguchi, K.Tsuchiama, T.Fukuda, W.Chen, A.Mulchandani
    Biotechnol. Prog. 22 939-943 2006年 査読有り
  • Construction of cultivation system of a yeast single cell in a cell chip chamber
    T.Fukuda, S.Shiraga, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
    Biotechnol. Prog. 22 944-948 2006年 査読有り
  • L-Proline sensor based on layer-by-layer immobilization of thermostable dye-linked L-proline dehydrogenase and polymerized mediator
    H.Zheng, Y.Hirose, T.Kimura, T.Hori, S.Suye, H.Katayama, J.Arai, R.Kawakami, T.Ohshima
    Sci. Technol. Adv. Mat. 7 243?248 2006年 査読有り
  • Detection System for Organic Vapors Using Cholesteric Liquid Crystal
    M.Tokuda, S.Suye, T.Hori, I.Imae, Y.Kawakami, H.Katayama
    The 2nd International Meeting on Microsensors and Microsystems, PC29 Tainan, Taiwan 2006年
  • Construction of Recombinant Yeast Displayed Organophosphorus Hydrolase and Enhanced Green Fluorescent Protein on the Cell Surface for Detection of Organophosphorus Compounds
    K.Tsuchiyama, T.Kitaguchi, T.Fukuda, K.Kuroda, K.Takayama, A.Mulchandani, S.Suye, M. Ueda
    The 2nd International Meeting on Microsensors and Microsystems, PC25 Tainan, Taiwan 2006年
  • Novel High-throughput Screening System of a Single Cell in Combination with Cell Surface Engineering and Chip Technology
    T.Fukuda, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
    The 2nd International Meeting on Microsensors and Microsystems, S6 Tainan, Taiwan 2006年
  • Layer-by-layer and Oriented Immobilization of and Electron Transfer of Hyperthermostable L-proline Dehydrogenase on the Modified Electrode
    S.Suye, Y.Hirose, M.Zaleska, H.Zheng, T.Hori, R.Kawakami, H.Sakuraba, T.Ohshima
    The 2nd International Meeting on Microsensors and Microsystems, F8 Tainan, Taiwan 2006年
  • Oriented Immobilization and Electron Transfer of Hyperthermostable L-proline Dehydrogenase on the Modified Electrode
    Y.Hirose, M. Zaleska, S.Suye, T.Hori, R. Kawakami, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Bio Thailand 2005 21 2005年11月
  • マルチチャンネル型溶存酸素電極法(DOX)による有害微生物の特異的検出と食品分析への応用
    末 信一朗
    防菌防黴 Vol.33 13-20 2005年 査読無し
  • レポーター・キャプチャープローブを用いた交互積層電極によるDNAセンシングシステム
    末 信一朗
    ジャパンフードサイエンス Vol. 44 23-26 2005年 査読無し
  • Assembly of alternating polymerized mediator, polymerized coenzyme, and enzyme modified electrode by layer-by-layer adsorption technique
    S.Suye, H. Zheng, H. Okada, T.Hori
    Sens. Actuator(108) 671-675 2005年 査読有り
  • A rapid and simple determination of food-borne Salmonella strains by using multi-channel oxygen electrode
    Y. Nambo, T. Matsuura, A. Murakami, S.Suye, T.Hori, K. Isshiki
    Biocontrol Sci. 10 73-77 2005年 査読有り
  • Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, T. Matsuura, T. Kimura, H. Zheng, T.Hori, Y. Amano, H. Katayama
    Microelectronics. Engineer.(81) 441-447 2005年 査読有り
  • Construction of a novel single cell screening system by yeast cell chip
    T. Fukuda, S. Shiraga, M. Kato, S. Morita, E. Tamiya, T.Hori, S.Suye, M. Ueda
    Nanotechnology(1) 105-112 2005年 査読有り
  • コンポスト中におけるポリカプロラクトンの分解と各種微生物との相関性
    大澤敏, 北村直也, 片桐雅幸, 小川俊夫, 末 信一朗
    高分子論文集 62(3) 97-103 2005年 査読有り
  • 細胞チップの開発:細胞表層工学の発展に向けて
    福田 剛士, 白神 清三郎, 末 信一朗, 民谷 栄一, 植田 充美
    バイオインダストリー 21(12) 34-37 2004年12月 査読無し
  • サバ糠漬け「へしこ」の低塩化のための調味糠の調製
    村上 亜由美, 川口 真規子, 末 信一朗
    福井大学教育地域科学部紀要 第Ⅴ部応用化学(家政学編) 43 15-24 2004年12月 査読有り
  • Amperometric DNA sensor; detection of Salmonella sp. invA by using of capture probe and reporter probe on the modified gold electrodes
    T. Kimura, H Zheng, S.Suye, T.Hori, H. Katayama 
    JAIST International Symposium Nano Technology 2004 32 2004年09月 査読無し
  • Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by-layer adsorption
    H. Zheng, Y. Hirose, T. Kimura, S.Suye, T.Hori, H. Katayama, R. Kawakami, T. Ohshima
    JAIST International Symposium on Nano Technology 2004 30 2004年09月 査読無し
  • DNA sensor for Legionella sp. detection using thermostable dehydrogenase from a Hyperthermophilic Archaeon
    Y. Hirose, T. Kimura, H. Zheng, S.Suye, T.Hori, H. Katayama, R. Kawakami, T. Ohshima
    JAIST International Symposium Nano Technology 2004 31 2004年09月 査読無し
  • Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator and thermostable dehydrogenase by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, Y. Hirose, T. Kimura, H. Zheng, T.Hori, H. Katayama, R. Kawakami, T. Ohshima
    Nano and Giga Challenges in Microelectronics Symposium 241 2004年09月
  • Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, T. Kimura, H. Zheng, T.Hori, Y. Amano, H. Katayama
    Chem. Sens. 20(Suppl. B) 512-513 2004年07月 査読有り
  • Layer-by-layer assembly of enzymes and polymerized mediator on electrode surface by electrostatic adsorption
    H. Zheng, H. Okada, S. Nojima,, S.Suye, T.Hori
    Sci. Technol. Adv. Mat. 5 371-376 2004年05月 査読有り
  • A tubulin-based quantitative assay for Taxol (paclitaxel) with enzyme channeling sensing
    S.Suye, D. Nakamoto, T.Hori, F. Sugawara, A. Mulchandani
    Electroanalysis 18 688-690 2004年05月 査読有り
  • Autonomous multielectrode system for monitoring the interactions of isoflavonoids with lung cancer cells
    S. Andreescu, O. A. Sadik, D. W. McGee, S.Suye
    Anal. Chem. 76 2321-2330 2004年04月 査読有り
  • A rapid and simple determination of food-borne Salmonella strains by using multi channel oxygen electrode
    S.Suye
    2004 China-Japan International Academic Research Symposium on Materials Science and Chemical Engineering  42006 2004年01月 査読無し
  • Single Cell Screening System in Combination with Cell Surface Engineering and Chip Technology
    T. Fukuda, S.Suye, M. Ueda
    2004 China-Japan International Academic Research Symposium on Materials Science and Chemical Engineering  74 2004年01月 査読無し
  • Amperometric DNA sensor; detection of Salmonella sp. invA by using of capture probe and reporter probe on the modified gold electrodes
    T. Kimura, H. Zheng, S.Suye, T.Hori, H. Katayama 
    2004 China-Japan International Academic Reserch Symposium on Materials Science and Chemical Engineering 75-76 2004年01月 査読無し
  • Microbial degradation of disodium terephthalate (DT) Rhodococcus sp. strain 9-003and its mechanism
    S. Xu, M. Yamashita, Y. Teramura, J. Yu, S.Suye, T.Hori
    2004 China-Japan Academic Symposium on Materials Science and Chemical Engineering 22-24 2004年01月 査読無し
  • Construction of biosensing system by layer-by-layer adsorption technique
    H. Zheng, S.Suye, T.Hori
    2004 China-Japan Academic Symposium on Materials Science and Chemical Engineering 17-18 2004年01月 査読無し
  • 多チャンネル型溶存酸素電極法(Dox)によるサルモネラ属菌の特異的検出と食品分析への応用
    末 信一朗
    ジャパンフードサイエンス, 42, 81-84 2003年01月 査読無し
  • A Rapid and Simple Measurement System for EDCs by SPR Immunosensing
    S.Suye, T.Yamaguchi, Y.Tokunaga, X.-Z.Wu, O.A.Sadik
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 142  2003年01月
  • First Comparative Reaction Mechanisms of b-Estradiol and Selected Environmental Hormones in a Redox Environment
    M.M.Ngundi, O.A.Sadik, T.Yamaguchi, S.Suye
    Electrochem. Communucations, 5, 61-67  2003年01月 査読有り
  • Assembly of Alternating Polymerized Mediator, Polymerized Coenzyme, and Enzyme Modified Electrode by Layer-by-Layer Adsorption
    Y.Amano, H.Zheng, S.Nojima, S.Suye, T.Hori, H.Katayama, J.Arai
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 123  2003年01月
  • Screening and isolation of dirthyl p-phtalate utilizing microorganism
    S.Suye, Y.Takahashi, S.Fujita, M.Sakakibara
    Sen-i Gakkai Shi, 58, 416-419 2002年 査読有り
  • Effecient repeated use of alcohol dehydrogenase with NAD+ regeneration in an aqueous organic two-phase system
    S.Suye, K.Kamiya, T.Kawamoto, A.Tanaka
    Biocat. Biotrans., 19, 210-220  2002年 査読有り
  • Electrochemical reduction of immobilized NADP+ on a polymer modified electrode with a co- polymerized mediator
    S.Suye, M.Aramoto, M.Nakamura, I.Tabata, M.Sakakibara
    Enzyme Microb. Technol., 30, 139-144  2002年 査読有り
  • The Specific Detection of Salmonella by Using the Dissolved Oxygen Measurement Device
    T.Matsuura, K.Kagawa, S.Suye, M.Sakakibara, H.Katayama, J.Arai
    The Seventh World Congress on Biosensors, Kyoto, Japan, P1-2, 30 2002年
  • Electron Transfer of Modified Electrode Assembled Alternately with Enzyme, and Polymerized Coenzyme and Mediator
    S.Nojima, H.Okada, S.Suye, M.Sakakibara
    The Seventh World Congress on Biosensors, Kyoto, Japan, P2-3, 46 2002年
  • Ethanol production from starch by immobilized Aspergillus awamori and Saccharomyces pastorianus using cellulose carriers
    N.Fujii, T.Oki, A.Sakurai, S.Suye, M.Sakakibara
    J. Ind. Microbiol. Biotechnol., 27, 52-57 2001年 査読有り
  • 細菌によるキノン化合物の還元とその応用
    高山 勝己, 吉村 忠与志, 末 信一朗, 宮崎 幸司, 南保 幸男
    電気化学会 技術・教育研究論文誌 9(1), 75-79  2000年 査読有り
  • Electrochemical regeneration of immobilized NADP+ on alginic acid with polymerized mediator
    S.Suye, M.Nakamura, H.Okada, M.Sakakibara
    In Mulchandani, A. and Sadik, W. (eds.), Biosensors and Chemical Sensor Technology: Enviromental Process Monitoring and Control, ACS Symposium Series, American Chemical Society, Washington, DC, pp 158-166  2000年 査読有り
  • グリーンケミストリーを指向した微生物酵素・タンパクの開発
    末 信一朗
    錯体化学研究会ニュースレター, Vol.7, No. 1, 3-4 2000年 査読無し
  • Electrochemical Regeneration of Immobilized NADP+ on Alginic Acid with Polymerized Mediator
    S.Suye, M.Nakamura, H.Okada, M.Sakakibara
    ACS Symposium Series (Biosensors and Chemical Sensor Technology: Environmental Process Monitoring and Control), 158-166 2000年 査読有り
  • Electrochemical regeneration of immobilized NADP+ on alginic acid with polymerized mediator
    S.Suye, H.Okada, M.Sakakibara
    217th ACS National Meeting, Symposium Session, Recent Advanced in Environmental Chemical Sensors and Biosensors, Anaheim, CA, USA  1999年03月
  • Cross-linking chitosan membrane with polyethylene diglycidyl ether for immobilization of uricase
    S.Suye, A.Mizusawa
    J. Soc. Fiber Sci. Tech., Japan, 55, 73-77  1999年 査読有り
  • 高分子補酵素・メディエータの交互積層による機能性分子デバイスの構築
    末 信一朗
    繊維学会誌 55, 142  1999年 査読無し
  • A Fluoremetric determination of urea with urease
    S.Suey, J.Miura, M.Ohue
    Anal. Lett., 32, 1543-1551 1999年 査読有り
  • Immobilization of glucose oxidase on poly-L-lysine modified polycarbonate membrane
    S.Suye, Y.Kumon, A.Ishigaki
    Biotechnol. Appl. Biochem., 27, 245-248  1998年 査読有り
  • Coenzyme regeneration with of malic enzyme system
    S.Suye
    Recent Research Developments in Fermentation and Bioengineering,Vol.1, Part 1, 155-64 Research Signpost, Trivandrum  1998年 査読無し
  • Construction of a biocathode using the multicopper oxidase from the hyperthermophilic archaeon, Pyrobaculum aerophilum: towards a long-life biobattery
    Sakamoto, Hiroaki;Uchii, Toshiki;Yamaguchi, Kayo;Koto, Ayako;Takamura, Ei-ichiro;Satomura, Takenori;Sakuraba, Haruhiko;Ohshima, Toshihisa;Suye, Shin-ichiro
    BIOTECHNOLOGY LETTERS 37(7) 1399-1404 2015年11月 査読有り
  • Amperometric Determination of Ascorbic Acid on an Au Electrode Modified by a Composite Film of Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) and Superconductive Carbon Black
    ZHOU Xinfei;HE Kunyun;WANG Yu;ZHENG Haitao;SUYE Shin-ichiro
    Analytical Sciences 31(5) 429-436 2015年11月 査読有り
    A new composite film-modified electrode was prepared by the electropolymerisation of poly(3,4-ethylenedioxythiophene) (PEDOT) and superconductive carbon black (SCB) on a gold electrode. The PEDOT-SCB/Au electrode exhibited excellent ability towards the electrocatalytic oxidation of ascorbic acid, in terms of a 480 mV shift of the oxidation potential in the negative direction, and a dramatically enhanced oxidation current. Under the optimum conditions, the amperometric detection of ascorbic acid provided a wide linear detection range from 1.0 × 10−7 to 8.0 × 10−4 M, and a detection limit of 5.0 × 10−8 M (S/N = 2) as well as good reproducibility and stability.
  • エレクトロスピニング法により作製したコラーゲン/ポリ乳酸ナノファイバーの芯鞘構造の形成効率の評価
    加藤 新;末 信一朗;藤田 聡
    高分子論文集 0 2016年
    Nanofibers are expected to become useful as medical materials including tissue engineering scaffolds, wound dressings, and carriers for drug delivery systems (DDS), because of their high specific surface area, porosity, anisotropy and the molecular order. Especially, the potential of core-shell nanofibers, that are composed of two types of materials for core and shell, are drawing attention to DDS materials because it is possible to suppress the diffusion of the drug from the core material through the shell material to realize a more precise controlled release. To use core-shell fibers in DDSs, the detailed characterization of the structure, including core-shell ratio, the surface area, and the core-shell formation efficiency is required. However, the structural analysis of individual fibers has not yet been fully carried out, although bulk properties have been well examined. Here, to obtain key structural information for DDS materials, we estimated the efficiency of polymer incorporation into complete core-shell fibers from cross-sectional images of the core-shell nanofibers by SEM observation.
  • 3P-028 バイオ電池のための超好熱菌Pyrobaculum aerophilum由来マルチ銅オキシダーゼを用いたバイオカソードの構築(酵素学,酵素工学,一般講演)
    高村 映一郎;内井 俊貴;坂元 博昭;里村 武範;櫻庭 春彦;大島 敏久;末 信一朗
    日本生物工学会大会講演要旨集 67 2015年09月
  • バイオ電池構築を目指した高性能バイオデバイスと生体触媒の創製
    末 信一朗;坂元 博昭;里村 武範
    繊維学会誌 72(4) P-209-P-210 2016年
  • 原子間力顕微鏡によるナノファイバーの表面観察
    坂元 博昭;末 信一朗
    繊維学会誌 72(4) P-207-P-207 2016年
  • Construction of biointerface on a carbon nanotube surface for efficient electron transfer
    Y. Amano, A. Koto, S. Matsuzaki, H. Sakamoto, T. Satomura and S. Suye
    Matt. Lett 174 184-187 2016年11月 査読有り
  • A novel Optical biosensing system using Mach-Zehder-Type optical waveguide for influenza virus detection
    H. Sakamoto, Y. Minpou, T. Sawai, Y. Enami S. Suye
    Appl. Biochem. Biotech. 178 687-694 2015年11月 査読有り
  • A bienzyme electrochemical biosensor for the detection of collagen L-hydroxyproline
    H. Sakamoto, K. Watanabe, A. Koto, G. Koizumi, T. Satomura, S. Watanabe, S. Suye
    Sens. Biosensing, Res. 4 37-39 2015年11月 査読有り
  • Design of a multi-enzyme reaction on an electrode surface for an l-glutamate biofuel anode
    Sakamoto, Hiroaki;Komatsu, Tomohiro;Yamasaki, Koji;Satomura, Takenori;Suye, Shin-ichiro
    BIOTECHNOLOGY LETTERS 39(2) 235-240 2017年02月
  • Fabrication and Characterization of Fe/Polyurethane Nanofiber Actuator Prepared by Electrospinning
    Sakamoto, Hiroaki;Amaya, Satoshi;Sunahase, Yuki;Suye, Shin-ichiro
    JOURNAL OF FIBER SCIENCE AND TECHNOLOGY 73(6) 135-138 2017年06月
  • Evaluation of protein adsorption onto a polyurethane nanofiber surface having different segment distributions
    Morita, Yuko;Koizumi, Gaku;Sakamoto, Hiroaki;Suye, Shin-ichiro
    MATERIALS CHEMISTRY AND PHYSICS 187 1-4 2017年02月
  • 3P-029 超好熱菌Pyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素と高分子化補酵素を用いたバイオアノードの構築(酵素学,酵素工学,一般講演)
    山崎 晃司;坂元 博昭;里村 武範;櫻庭 春彦;大島 敏久;末 信一朗
    日本生物工学会大会講演要旨集 67 2015年09月
  • エレクトロスピニング法による導電性ナノファイバーの開発
    坂元 博昭;藤田 聡;末 信一朗
    電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン部門誌 136(11) 461-464 2016年

    Nanofibers have exceptional properties due to their diameter and large surface area to mass ratio. Thus, nanofibers can potentially be used as electrodes in highly sensitive biosensing systems, bio-fuel cells, and high-power devices. In this study, conductive polyurethane-FeCl3 composite nanofibers were fabricated by electrospinning. The optimal electrospinning conditions were investigated, and the physical and chemical properties of the composite were evaluated. Conductive polyurethane/FeCl3 fibers of 1-5 µm in diameter were obtained, and their conductivity was 13.7±1.47×10-3 S/m. The effects of the morphology of the material were also monitored, and it was found that a fiber mat was 10 times more conductive than a film, because the crystallinity of the polyurethane and the Fe3+ distribution affect the electrical properties. The conductive nanofibers are flexible because the fiber substrate is made of polyurethane. Therefore, the fibers demonstrated in this study could make it possible to control the electric properties by modifying the nanofiber morphology.

  • An Electrochemical DNA Sensing System Using Modified Nanoparticle Probes for Detecting Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus.
    Sakamoto Hiroaki;Amano Yoshihisa;Satomura Takenori;Suye Shin-Ichiro
    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1572 2017年
    :We have developed a novel, highly sensitive, biosensing system for detecting methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA). The system employs gold nanoparticles (AuNPs), magnetic nanoparticles (mNPs), and an electrochemical detection method. We have designed and synthesized ferrocene- and single-stranded DNA-conjugated nanoparticles that hybridize to MRSA DNA. Hybridized complexes are easily separated by taking advantage of mNPs. A current response could be obtained through the oxidation of ferrocene on the AuNP surface when a constant potential of +250 mV vs. Ag/AgCl is applied. The enzymatic reaction of L-proline dehydrogenase provides high signal amplification. This sensing system, using a nanoparticle-modified probe, has the ability to detect 10 pM of genomic DNA from MRSA without amplification by the polymerase chain reaction. Current responses are linearly related to the amount of genomic DNA in the range of 10-166 pM. Selectivity is confirmed by demonstrating that this sensing system could distinguish MRSA from Staphylococcus aureus (SA) DNA.
  • Development of a high-sensitive electrochemical detector with micro-stirrer driven by surface acoustic waves
    Sakamoto, Hiroaki;Kitanishi, Hiroki;Amaya, Satoshi;Saiki, Tsunemasa;Utsumi, Yuichi;Suye, Shin-ichiro
    SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL 260 705-709 2018年05月
  • Native collagen hydrogel nanofibres with anisotropic structure using core-shell electrospinning
    Wakuda, Yuka;Nishimoto, Shohei;Suye, Shin-ichiro;Fujita, Satoshi
    SCIENTIFIC REPORTS 8 2018年04月
  • d-Lactate electrochemical biosensor prepared by immobilization of thermostable dye-linked d-lactate dehydrogenase from Candidatus Caldiarchaeum subterraneum.
    Satomura Takenori;Hayashi Junji;Sakamoto Hiroaki;Nunoura Takuro;Takaki Yoshihiro;Takai Ken;Takami Hideto;Ohshima Toshihisa;Sakuraba Haruhiko;Suye Shin-Ichiro
    Journal of bioscience and bioengineering 2018年
    :A stable d-lactate electrochemical sensing system was developed using a dye-linked d-lactate dehydrogenase (Dye-DLDH) from an uncultivated thermophilic archaeon, Candidatus Caldiarchaeum subterraneum. To develop the system, the putative gene encoding the Dye-DLDH from Ca. Caldiarchaeum subterraneum was overexpressed in Escherichia coli, and the expressed product was purified. The recombinant enzyme was a highly thermostable Dye-DLDH that retained full activity after incubation for 10 min at 70°C. The electrode for detection of d-lactate was prepared by immobilizing the thermostable Dye-DLDH and multi-walled carbon nanotube (MWCNT) within Nafion membrane. The electrocatalytic response of the electrode was clearly observed upon exposure to d-lactate. The electrode response to d-lactate was linear within the concentration range of 0.03-2.5 mM, and it showed little reduction in responsiveness after 50 days. This is the first report describing a d-lactate sensing system using a thermostable Dye-DLDH.

著書

  • Future Textile
    末 信一朗
    執筆、編集
    DNAコンピュータ、人工DNA
    繊維社 2006年
  • Molecular film assembled detection system for biosensors by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, H.Zheng
    執筆、編集
    Molecular film assembled detection system for biosensors by layer-by-layer adsorption
    CRC Press 2007年04月
  • 先進化学センサ
    末 信一朗, 片山秀夫
    編集
    電気化学的DNAセンシング
    ティー・アイ・シー 2008年01月

講演・口頭発表等

  • Surface expression of organophosphorus hydrolase on Saccharomyces cerevisiae for detection of organophosphorus nerve agents.
    K.Takayama, S.Suye, K.Kuroda, M.Ueda, T.Kitaguchi, K.Tsuchiyama, T.Fukuda, W.Chen, A.Mulchandani
    Pcifichem2005. Combinatorial Bioengineering-Protein Display and its Development(#29) 2005年12月 選考無し
  • Oriented Immobilization and Electron Transfer of Hyperthermostable L-proline Dehydrogenase on the Modified Electrode
    Y.Hirose, M. Zaleska, S.Suye, T.Hori, R. Kawakami, H Sakuraba, T. Ohshima
    Bio Thailand 2005 2005年11月 選考有り
  • Paenibacillus fukuinensis由来キトサナーゼの酵母細胞表層への発現
    雁林 夕紀, 末 信一朗, 堀 照夫, 木元 久, 藤井 豊, 草桶 秀夫, 植田 充美
    2005年度日本生物工学会大会 2005年11月
  • 多チャンネル型溶存酸素電極を用いた防汚塗料の防汚メカニズムの解析
    加藤寛史, 末 信一朗, 堀 照夫, 黒田太郎, 仲田悟基, 平良繁治
    2005年度日本生物工学大会 2005年11月
  • Purification and characterization of protocatechuic acid degrading enzyme from Rhocococcus sp. 9-003
    S. Xu, M. Yamashita, Y.Teramura, T. Edo, S.Suye, T.Hori
    2005年度生物工学会大会 2005年11月
  • 高分子補酵素の電子伝達とバイオセンシングへの応用
    末 信一朗
    第9回多目的酸素電極装置研究会 会長講演 2005年09月
  • Fabrication of DNA sensor using dye-linked L-proline dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon
    Y. Hirose, S.Suye
    Joint Seminar in National Cheng Kung University 2005年09月
  • Biological mechanism of anti-fouling paint by using multi-channel
    H. Kato, S.Suye
    Joint Seminar in National Cheng Kung University 2005年09月
  • Detection adverse substance in air system with a color change of liquid crystal
    M. Tokuda, S.Suye
    Joint Seminar in National Cheng Kung University 2005年09月
  • Co-display of OPH and EGFP on the yeast cell surface for detection of organophosphorus compounds.
    K. Tsuchiyama, S.Suye
    Joint Seminar in National Cheng Kung University 2005年09月
  • Electrochemical regeneration of immobilized coenzyme with polymerized mediator and its application for biosensing system by using layer-by-layer adsorption method
    S.Suye
    Invited Seminar of Institute of Biomedical Engineering, National Chung-Kung University 2005年09月
  • サンドイッチハイブリダイゼーションを用いたLegionella属菌の電気化学的DNAセンシングシステム
    寺井 利光, 廣瀬 由鷹, 喜多山 みな子, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫
    2005年度電気化学会北陸支部秋季大会 2005年09月
  • Oriented immobilization and electron transfer of hyperthermostable L-proline dehydrogenase on the modified electrode
    Y. Hirose, H. Zheng, S.Suye, T.Hori, R. Kawakami, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Nano Technology 2005 2005年09月
  • L-Proline sensor based on layer-by-layer immobilization of thermostable L-proline dehydrogenase and polymerized mediator
    H.Zheng, Y.Hirose, T.Kimura, S.Suye, T.Hori, H. Katayama, R.Kawakami, T.Ohshima
    Nano Technology 2005 2005年09月
  • Co-display of OPH and EGFP on yeast cell surface for detection of organophosphorus compounds.
    K. Tsuchiyama, T. Kitaguchi, T. Fukuda, K. Kuroda, K. Takayama, A. Mulchandani, S.Suye, M. Ueda
    Nano Technology 2005 2005年09月
  • Detection organic vapors system with a color change of liquid crystal
    M.Tokuda, S.Suye, T.Hori, I. Imae, Y. Kawakami, H. Katayama
    NT2005 2005年09月
  • 多チャンネル型溶存酸素電極を用いた防汚塗料の防汚メカニズムの解析
    加藤 寛史, 末 信一朗, 堀 照夫, 黒田 太郎, 仲田 悟基, 平良 繁治
    第9回多目的酸素電極装置研究会 2005年09月
  • 液晶の色調変化による生化学物質検出システム
    徳田 真希, 末 信一朗, 堀 照夫, 今栄 一郎, 川上 雄資, 片山 秀夫
    2005年度電気化学会北陸支部秋季大会 2005年09月
  • 有機-無機ハイブリッドゲル繊維への共役酸化還元酵素反応系の固定化とアミノ酸生産への応用
    上野 智也, 石川 智子, 大野 陽子, 末 信一朗, 中根 幸治, 荻原 隆, 小形 信男
    第16回繊維連合研究発表会講演予稿集 2005年08月
  • コンビナトリアル変異による酵母細胞表層に提示した高機能化セルラーゼの創成
    小川 万理子, 石川 智子, 福田 剛士, 末 信一朗, 堀 照夫, 植田 充美
    2005年度繊維学会 2005年06月
  • 繊維加工を目指した細胞表層工学によるセルラーゼを細胞表層に提示した酵母の創成
    末 信一朗, 小川 万理子, 石川 智子, 堀 照夫, 植田 充実
    2005年度繊維学会 2005年06月
  • レポーター・キャプチャープローブを用いたLegionella属菌のバイオキャタリティックDNAセンサの構築
    廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 下河辺 章, 川上 竜巳, 大島 敏久
    2005年度日本防菌防黴学会第32年次大会 2005年05月
  • 汚れない空調機に関する研究―第2報:市場調査―
    加藤 彩, 平良 繁治, 末 信一朗, 黒田 太郎
    第39回空気調和・冷凍連合講演会 2005年04月
  • 2種類のプローブと交互積層法を用いたDNAセンシングによる高感度、定量的なサルモネラ属菌由来遺伝子の電気化学的検出
    寺井利光, 木村友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山秀夫
    2005年度日本農芸化学会大会 2005年03月
  • 酵母細胞チップチャンバー内でのsingle cell培養法の構築
    福田 剛士, 白神 清三郎, 加藤 倫子, 堀 照夫, 末 信一朗, 植田 充美
    2005年度日本農芸化学会大会 2005年03月
  • グリーンケミストリーとバイオエレクトロニクスのための新しい分子識別・触媒素子の創製
    末 信一朗
    NPO バイオものづくり中部 北陸発バイオシーズ発表会(招待講演) 2005年03月
  • 細胞表層工学によるセルラーゼの高機能改変
    小川 万理子, 石川 智子, 福田 剛士, 森川 康, 植田 充美, 末 信一朗
    2005年度日本農芸化学会 2005年03月
  • 有機リン系化合物検出のための有機リン加水分解酵素の酵母表層発現
    土山 耕大, 北口 哲也, 福田 剛士, 黒田 浩一, Ashok MULCHANDANI, 植田 充美, 高山 勝己, 末 信一朗
    2005年日本農芸化学会 2005年03月
  • リコンビナント耐熱性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌のDNA検出システム
    廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久
    2005年度日本農芸化学会大会 2005年03月
  • セルロース結合能を付与した機能性アミラーゼ
    赤嶺 有為, 福田 剛士, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年12月
  • 2種類のプローブを用いた交互積層電極によるサルモネラ属菌由来遺伝子のDNAセンシングシステムの構築
    木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • 超好熱アーキア由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌検出DNAセンサーの構築
    廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • 入浴施設を対象としたPCR法を用いたLegionella属菌検出システム
    寺井 利光, 廣瀬 由鷹, 末 信一朗
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • Rhodococcus sp. 9-003株由来のプロトカテク酸分解酵素
    寺村 佳之, 山下 雅也, 許 世超, 末 信一朗
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • シアル酸誘導体-コレステリック液晶複合体を用いたインフルエンザウィルスの視覚的検出
    徳田 真希, 末 信一朗, 堀 照夫, 今栄 一郎, 川上 雄資
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • テレフタル酸エステルの生分解と機構分析
    加藤 寛史, 小松 智恵, 末 信一朗, 高橋 一朗, 堀 照夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • Disodium terephthalate degradative microorganisms
    S. Xu, Y. Teramura, M. Yamashita, S.Suye, T.Hori
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by-layer adsorption
    H. Zheng, Y. Hirose, T. Kimura, S.Suye, T.Hori, H. Katayama, R. Kawakami, T. Ohshima
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • ポリカプロラクトン(PCL)の分解微生物の探索
    山口 毅, 末 信一朗, 堀 照夫, 北村 直也, 大澤 敏
    高分子学会平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • Ochrobactrum anthropi6-2b株由来 テレフタル酸ジエチルの分解機構とその酵素
    小松 智恵, 加藤 寛史, 藤田 早苗, 末 信一朗, 堀 照夫
    高分子学会平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 有機リン系毒物を細胞表層で検知し分解する機能をもつ新規細胞センサー構築の試み
    北口 哲也, 土山 耕大, 福田 剛士, 黒田 浩一, 堀 照夫, 高山 勝己, A. Mulchandani, 末 信一朗, 植田 充美
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • 高分子メディエーター交互積層電極を用いたレジオネラ属菌のバイオセンシングシステム
    高橋 哲也, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • 細胞表層工学による高機能酵母の創製
    小川 万理子, 石川 智子, 福田 剛士, 植田 充美, 末 信一朗
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • サバ糠漬け低塩化のための調味糠及び下処理方法の検討
    村上 亜由美, 川口真規子, 末 信一朗
    日本調理科学会平成16年度大会 2004年09月 選考有り
  • 超好熱アーキアLegionella由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素を用いた属菌検出DNAセンサーの構築
    廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久
    日本生物工学会平成16年度大会 2004年09月
  • Rhodococcus sp. 9-003株によるテレフタル酸二ナトリウムの分解とそのメカニズム
    山下 雅也, 許 世超, 寺村 佳之, 末 信一朗, 堀 照夫
    高分子学会平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年09月
  • イソフラボノイドの肺癌細胞に対する作用の多チャンネル型酸素電極によるモニタリング
    末 信一朗, S.Andreescu, O.A. Sadik, D.W.McGee
    第8回多目的溶存酸素電極研究会 2004年09月
  • 細胞表層工学によるセルラーゼの高機能改変
    石川 智子, 福田 剛士, 白神 清三郎, 堀 照夫, 末 信一朗, 植田 充美
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • 酵母細胞チップによる新規スクリーニングシステムの構築
    福田 剛士, 白神 清三郎, 加藤 倫子, 山崎 正剛, 森田 資隆, 民谷 栄一, 堀 照夫, 末 信一朗, 植田 充美
    2004年日本生物工学会大会 2004年09月
  • 簡易アレルゲン検出を目指した微量プロテインアッセイによるアレルゲン総量の検出
    末 信一朗, 久世 康弘, 徳田 真希, 堀 照夫
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • 有機リン系毒物検出のためのFlavobacterium由来有機リン加水分解酵素の酵母表層発現
    土山 耕大, 北口 哲也, 福田 剛士, 黒田 浩一, 堀 照夫, 高山 勝己, A. Mulchandani, 末 信一朗, 植田 充美
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • Biodegradation of disodium terephthalate by Rhodococcus sp. strain 9-003
    S. Xu, M. Yamashita, J. Yu, S.Suye, T.Hori
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • Ochrobactrum anthropi 6-2b株由来テレフタル酸ジエチルの分解機構とその酵素
    小松 智恵, 加藤 寛史, 藤田 早苗, 末 信一朗, 堀 照夫
    2004年度日本生物工学大会 2004年09月
  • ポリカプロラクトン(PCL)の分解微生物の探索
    山口 毅, 末 信一朗, 堀 照夫, 北村 直也, 大澤 敏
    2004年度日本生物工学大会 2004年09月
  • 交互積層法と2種類のプローブを用いたDNAセンシングによるサルモネラ属菌由来遺伝子の検出
    木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫
    日本生物工学会2004年大会 2004年09月
  • テレフタル酸二ナトリウムの微生物分解
    山下 雅也, 于 俊林, 末 信一朗, 堀 照夫
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by-layer adsorption method
    H. Zheng, Y. Hirose, T. Kimura, S.Suye, T.Hori, H. Katayama, R. Kawakami, T. Ohshima
    2004年度日本生物工学会大会 2004年09月
  • サバ糠漬け低塩化のめざした調味糠の調製
    村上 亜由美, 杉本 雅代, 末 信一朗
    日本調理科学会東海・北陸支部第5回研究発表会 2004年07月 選考無し
  • Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, T. Kimura, H. Zheng, T.Hori, Y. Amano, H. Katayama
    The 10th International Meeting on Chemical Sensors 2004年07月
  • 低塩化したサバ糠漬けにおける過酸化脂質量およびα-トコフェロール量
    村上 亜由美, 斉藤 理恵, 森広 幸子, 濱野 佐知子, 末 信一朗
    第58回日本栄養・食糧学会大会 2004年05月 選考有り
  • 微生物によるテレフタル酸二ナトリウムの分解
    山下 雅也, 于 俊林, 末 信一朗, 堀 照夫
    2004年度農芸化学会大会 2004年03月
  • 交互積層法と2種類のプローブを用いたDNAセンシングによるサルモネラ属菌由来遺伝子の電気化学的検出
    木村 友和, 松浦 孝宜, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 天野 義久, 片山 秀夫
    2004年度農芸化学会大会 2004年03月
  • 交互積層電極を用いたリンゴ酸酵素反応による炭酸ガス固定化システム
    末 信一朗, 中森 俊彦, 堀 照夫
    日本農芸化学会2004年度大会 2004年03月
  • 有機-無機ハイブリッドゲル繊維への共役酸化還元酵素反応系の固定化とアミノ酸生産への応用
    中根 幸治, 末 信一朗, 加藤 匡志, 中森 俊彦, 荻原 隆, 小形 信男
    繊維学会秋季研究発表会予稿集,59(3) 2004年01月
  • 酵母細胞チップによるハイスループットスクリーニングタンパク質工学システムの確立
    福田 剛士, 白神 清三郎, 末 信一朗, 森田 資隆, 民谷 栄一, 植田 充美
    第26回日本分子生物学会年会, 3PC-147, 193 2003年12月
  • Fiber Processing by Bio-nanotechnology
    S.Suye
    招待講演, 中国工程師学会, 第23回中日工程技術研討会, 台北, 台湾 2003年11月
  • テレフタル酸二ナトリウムの微生物分解
    山下 雅也, 于 俊林, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 1J15-5, 198  2003年09月
  • Ochrobactrum anthropi 6-2b株由来テレフタル酸ジエチルの加水分解酵素
    小松 智恵, 藤田 早苗, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成15年度日本生物工学会大会講演要旨集, 1J16-1, 198  2003年09月
  • 共役酸化還元反応による炭酸ガス固定化システム
    中森 俊彦, 伊阪 泰一郎, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 1K-13-3, 215  2003年09月
  • Rhodococcus sp.によるエチレングリコールジベンゾエート(EGDB)の生分解
    山口 毅, 藤田 早苗, 末 信一朗, 堀 照夫
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 2J09-1, 199 2003年09月
  • Gold electrode modified with polymeric mediator and diaphorase by layer-by-layer adsorption technique for electrochemical oxidation of NADH
    H.Zheng, T.Kimura, S.Nojima, S.Suye, Y.Amano, H.Katayama
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 3H09-1, 189  2003年09月
  • Capture probe とreporter probeを用いた交互積層電極によるサルモネラ属菌由来遺伝子の電気化学的検出
    木村 友和, 松浦 孝宜, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 天野 義久, 片山 秀夫
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 3H09-2, 189  2003年09月
  • バイオセンシングを目指した微量タンパク定量によるアレルゲン量の検出
    久世 康弘, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫
    平成15年度日本生物工学会講演要旨集, 3H10-2, 191 2003年09月
  • Oxidation of NADH on gold electrode modified with polymeric mediator and diaphorase by layer-by-layer adsorption technique and its application on DNA sensor.
    H.Zheng, T.Kimura, S.Nojima, S.Suye, T.Hori, Y.Amano, H.Katayama
    JAIST International Symposium on Nano Technology 2003, Ishikawa, Japan, 30 2003年09月
  • DNA sensor: reporter and capture probe for the electrochemical detection of DNA from Salmonella typhimurium
    T.Kimura, T.Matsuura, H.Zheng, S.Suye, T.Hori, Y.Amano, H.Katayama
    JAIST International Symposium on Nano Technology 2003, Ishikawa, Japan, 31 2003年09月
  • 多チャンネル型溶存酸素電極法(DOX)によるサルモネラ属菌の特異的検出と食品分析への応用
    末 信一朗
    招待講演, 広島県食品工業協会, 平成15年度食品加工技術研修会 2003年08月
  • Dox法のDNAセンシングへの応用に関する一考察
    末 信一朗, 松浦 孝宜, 野嶋 宗, 木村 友和, 鄭 海涛, 堀 照夫, 天野 義久, 片山 秀夫
    第7回多目的溶存酸素電極研究会 2003年08月
  • 汎用溶存酸素測定装置による特異的サルモネラ属菌の検出法
    南保 幸男, 木村 友和, 松浦 孝宜, 末 信一朗, 堀 照夫
    第30回防菌防黴学会年次大会, ・Ca-1, 113 2003年05月
  • 抗原抗体反応を用いたSPR法によるアトラジンの定量
    末 信一朗, 山口 孝志, 徳永 雄次, 呉 行正, O.A.Sadik
    日本農芸化学会平成15年度大会, 2B02a04 2003年04月
  • 表面プラズモン共鳴免疫法による環境ホルモンの測定感度の向上研究
    松田 光弘, 末 信一朗, 呉 行正
    第1回東アジア国際環境ワークショップ講演要旨集, P26 2003年01月
  • Assembly of Alternating Polymerized Mediator, Polymerized Coenzyme, and Enzyme Modified Electrode by Layer-by-Layer Adsorption
    Y.Amano, H.Zheng, S.Nojima, S.Suye, T.Hori, H.Katayama, J.Arai
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 123 2003年01月
  • A Rapid and Simple Measurement System for EDCs by SPR Immunosensing
    S.Suye, T.Yamaguchi, Y.Tokunaga, X.-Z.Wu, O.A.Sadik
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 142 2003年01月
  • ビスフェノールAの表面プラズモン共鳴センサー
    松田 光弘, 末 信一朗, 呉 行正
    「分析中部・ゆめ21」若手交流会・第2回高山フォーラム, 11  2002年11月
  • オンライン固相抽出-表面プラズモン共鳴免疫法によるppbレベルのビスフェノールAの直接測定
    呉 行正, 松田 光弘, 末 信一朗, 今任 稔彦, 奥谷 冴子, 浅野 泰一
    日本分析化学会第51年会講演要旨集, 386 2002年09月
  • Screening of polyethylene terephthalate degradative microorganisms
    S.Fujita, Y.Takahashi, S.Suye, M.Sakakibara
    2nd INTERNATIONAL FIBER SYMPOSIUM in FUKUI, P-9, p.70  2002年09月
  • Functional amylse modified with cellulose-binding domain protein
    T.Fukuda, H.Ono, S.Suye, T.Hori
    2nd INTERNATIONAL FIBER SYMPOSIUM in FUKUI, P-10, p.70  2002年09月
  • Determination of total allergen amounts by dotbloting method
    Y.Kuse, S.Suye, H.Katayama, J.Arai
    2nd INTERNATIONAL FIBER SYMPOSIUM in FUKUI, P-8, p. 70,  2002年09月
  • Carbon dioxide fixation system with conjugated redox enzyme reaction,
    T.Nakamori, T.Isaka, S.Suye, T.Hori
    2nd INTERNATIONAL FIBER SYMPOSIUM in FUKUI, P2-2, p.71  2002年09月
  • オンライン固相抽出-表面プラズモン共鳴免疫法によるppbレベルのビスフェノールAの直接測定
    呉 行正, 松田 光弘, 末 信一朗, 今任 稔彦, 奥谷 冴子, 浅野 泰一
    日本分析化学会第51年会3P31  2002年09月
  • 交互積層法を用いた高分子メディエータ・補酵素による電子伝達系の創成
    野嶋 宗, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VII01, p. 141 2002年09月
  • QCM/SPRを用いた環境ホルモンの微量分析
    山口 孝志, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 呉 行正
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VII02, p.142  2002年09月
  • コリネ型細菌を用いた二酸化炭素の有機酸への変換
    高橋 哲也, 高山 勝巳, 吉村 忠与志, 末 信一朗
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VII03, p.143  2002年09月
  • 汎用溶存酸素測定装置による特異的サルモネラ属菌の検出法
    南保 幸男, 末 信一朗, 堀 照夫, 松浦 孝宜
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集,1-VII04,p.144  2002年09月
  • バイオセンシングを目指した微量タンパク定量によるアレルゲン量の検出
    久世 康弘, 末 信一朗, 片山 秀夫, 新井 潤一郎
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集,  1-VII05, p.145,  2002年09月
  • 共役酸化還元反応酵素反応による炭酸ガス固定化反応
    中森 俊彦, 伊阪 泰一郎, 末 信一朗, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-X06, p.220  2002年09月
  • ポリウレタン分解微生物のスクリーニング
    于 俊林, 田下 有香, 末 信一朗, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-X07, p.221  2002年09月
  • セルロース結合ドメインタンパク(CBD)修飾による機能性アミラーゼの創製
    福田 剛士, 末 信一朗, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 2-V02, p.9  2002年09月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 2-V01, p.95  2002年09月
  • Screening of Polyethylene Terephthalate Degradative Microorganisms
    S.Fujita, Y.Takahashi, S.Suye, M.Sakakibara
    2nd International Fiber Symposium in Fukui, P7 2002年09月
  • 交互積層法を用いた高分子メディエータ・補酵素による電子伝達場の創成
    野嶋 宗, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VII01 2002年09月
  • QCM/SPRを用いた環境ホルモンの微量分析
    山口 孝志, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 呉 行正
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VII02 2002年09月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 2-V01 2002年09月
  • 酸素電極法(Dox)による微生物検出技術の現状と将来性
    末 信一朗, 吉田 雅一
    招待講演, 日本食品工学会第3回年次大会シンポジウム 製造現場が待っている微生物検地技術-動向と将来性 2002年08月
  • A tubulin-based quantitative assay for Taxol (paclitacel) with enzyme channeling sensing
    S.Suye, D.Nakamoto, S.Morais, A.Mulchandani
    The seventh World Congress on Biosensors, P2-3.43,  2002年05月
  • レセプタータンパクを用いた抗ガン剤タキソールの新規定量法
    末 信一朗
    招待講演, 福井県立大学生物資源学部生物資源学特別セミナー 2002年03月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度日本農芸化学会大会講演要旨集, 2-2Da08, p.7 2002年03月
  • 交互積層法を用いた高分子メディエータ・補酵素による電極上での電子伝達場の創成
    野嶋 宗, 岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度日本農芸化学会講演予稿集, 2-2Da09, p.7  2002年03月
  • 汎用溶存酸素測定装置による特異的サルモネラ属菌検出法
    松浦 孝宜, 加川 ゆりえ, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 片山 秀夫, 新井 潤一郎
    日本農芸化学会大会講演要旨集,3-3Aa08, p102  2002年03月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, 2-2Da08 2002年03月
  • 交互積層法を用いた高分子メディエータ・補酵素による電極上での電子伝達場の創成
    野嶋 宗, 岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, 2-2Da09 2002年03月
  • 多チャンネル型溶存酸素測定装置による特異的サルモネラ属菌の検出と食品分析への応用
    末 信一朗, 南保 幸男, 松浦 孝宜, 堀 照夫
    第6回多目的酸素電極装置研究会 2002年01月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度日本生物工学会講演要旨集, 901,p.165  2002年01月
  • 電子伝達場を有する酵素・補酵素交互積層修飾電極
    野嶋 宗, 末 信一朗, 天野 義久
    平成14年度日本生物工学会講演要旨集, 567, p. 89 2002年01月
  • 多チャンネル型酸素電極(DOX)装置によるサルモネラ属菌の特異的・迅速検出法
    末 信一朗, 南保 幸男, 松浦 孝宜, 堀 照夫
    平成14年度日本生物工学会講演要旨集, 901,p.165  2002年01月
  • 抗体抗原反応を利用したSPR (表面プラズモン共鳴)によるアトラジンの微量検出
    山口 孝志, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 呉 行正
    平成14年度日本生物工学会大会講演要旨集,856,p157, 2002年01月
  • ポリエチレンテレフタレート分解微生物のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度日本生物工学会大会講演要旨集, 901 2002年01月
  • 多チャンネル型溶存酸素測定装置による特異的サルモネラ属菌の検出と食品分析への応用
    末 信一朗, 南保幸男, 松浦孝宣, 堀 照夫
    第6回多目的酸素電極装置研究会 2002年01月
  • 多チャンネル型酸素電極(DOX)装置によるサルモネラ属菌の特異的・迅速検出法
    末 信一朗, 南保幸男, 松浦孝宣, 堀 照夫
    平成14年度日本生物工学会講演要旨集, 901, 165 2002年01月
  • セルロース結合ドメイン蛋白質修飾アミラーゼの繊維加工への応用
    小野 宏隆, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 吉田 孝
    平成14年度繊維学会秋季研究発表会1H08  2001年09月
  • ポリエチレンテレフタレート分解菌のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度繊維学会秋季研究発表会1H16  2001年09月
  • 交互積層法による高分子メディエータ・補酵素の電極上への電子伝達場の創成
    野嶋 宗, 岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成14年度日本生物工学会大会203  2001年09月
  • チューブリンを用いた電気化学的手法によるタキソールの定量
    末 信一朗, 中元 大地, 榊原 三樹男, A.Mulchandani
    平成14年度日本生物工学会大会204  2001年09月
  • 交互積層法による高分子メディエータ・補酵素の電極上への電子伝達場の創成
    野嶋 宗, 岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成13年度日本生物工学会大会講演要旨集, 203 2001年09月
  • チューブリンを用いた電気化学的手法によるタキソールの定量
    末 信一朗, 中元 大地, 榊原 三樹男, A.Mulchandani
    平成13年度日本生物工学会大会講演要旨集, 204 2001年09月
  • セルロース結合ドメイン蛋白質修飾アミラーゼの繊維加工への応用
    小野 宏隆, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 吉田 孝
    平成13年度繊維学会秋季研究発表会予稿集1H08 2001年09月
  • ポリエチレンテレフタレート分解菌のスクリーニング
    藤田 早苗, 高橋 優子, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成13年度繊維学会秋季研究発表会予稿集1H16 2001年09月
  • 多チャンネル電極装置による特異的なサルモネラ検出法
    松浦 孝宜, 加川 ゆりえ, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 片山 秀夫, 新井 潤一郎
    第5回多目的酸素電極装置研究会学術集会 2001年07月
  • Electron transfer of layer-by-layer adsorbed polymerized coenzyme on the surfaceof electrode
    S.Nojima, H.Okada, S.Suye, M.Sakakibara
    International Symposium on Fiber Amenity Technology  2001年05月
  • Screening of Polyethylene Terephthalate Degradative Microorganisms
    S.Fujita, Y.Takahashi, S.Suye, M.Sakakibara
    International Symposium on Fiber Amenity Technology  2001年05月
  • Electron Transfer of Layer-by-Layer Absorbed Polymerized Coenzyme on the Surface of Electrode
    S.Nojima, H.Okada, S.Suye, M.Sakakibara
    International Symposium on Fiber Amenity Technology  2001年05月
  • 固定化糸状菌と固定化酵母との混合培養による澱粉からエタノールへの同時糖化・醗酵
    榊原 三樹男, 藤井 直幸, 沖 孝洋, 櫻井 明彦, 末 信一朗
    化学工学会第66年会CD-ROM, O203 2001年04月
  • Assembly of alternating polymerized mediator and enzyme modified electrode by layer-by-layer adsorption
    S.Suye, H.Okada, S.Nojima, M.Sakakibara
    220th ACS National Meeting, Analytical Chemistry Session, San Diego, CA, USA  2001年04月
  • P.diminuta由来リンゴ酸酵素遺伝子のクローニング
    松浦 孝宜, 木戸 身江子, 杉森 大助, 松本 和宜, 末 信一朗
    日本化学会第79春季年会2F431 2001年03月
  • 難分解性高分子化合物の分解微生物の検索と繊維加工への応用の可能性
    末 信一朗
    招待講演, 天津工業大学学術講演会 2001年01月
  • P.diminuta由来リンゴ酸酵素遺伝子のクローニング
    松浦 孝宜, 木戸 身江子, 杉森 大助, 松本 和宜, 末 信一朗
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会H-15  2000年11月
  • Pseudomonas diminuta由来リンゴ酸酵素を用いた炭酸ガス固定化システム
    松本 和宜, 松浦 孝宜, 杉森 大助, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 H-21  2000年11月
  • Pseudomonas diminuta由来リンゴ酸酵素を用いた炭酸ガス固定化システム
    松本 和宣, 松浦 孝宣, 杉森 大助, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, H-21 2000年11月
  • 環境ホルモンの新規定量法
    山口 孝志, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 高橋 一朗, 細井 進造, 大田 富久, O.A.Sadik
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, H-22 2000年11月
  • 交互積層法による高分子メディエータ・補酵素の電子伝達場の創成とバイオセンシングへの応用
    野嶋 宗, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, H-23 2000年11月
  • 環境ホルモンの新規定量法
    山口 孝志, 末 信一朗, 高橋 一朗, 榊原 三樹男, 細井信造, 太田 富久, O.A.Sadik
    支部合同福井地方大会[平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会&第49回高分子学会北陸支部研究発表講演会]要旨集, H-23  2000年11月
  • DOx(溶存酸素測定)法による特異的細菌検出システムの一考察
    高山 勝巳, 阿部 剛, 末 信一朗, 加川ゆりえ, 片山 秀夫, 新井潤一郎
    第4回多目的酸素電極装置研究会学術集会 2000年09月
  • 生体触媒の固定化とその応用
    末 信一朗
    招待講演, バイオ技術研究会 2000年09月
  • バイオセンサーとバイオセンシングのためのバイオエレクトロニクス
    末 信一朗
    招待講演, 第22回緑化技術研究会 2000年05月
  • チューブリンを用いたタキソールバイオセンシングシステム
    中元 大地, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 菅原 二三男, A.Mulchandani
    平成12年度日本農芸化学会大会 3B103β  2000年04月
  • 新しい繊維加工を指向した微生物酵素・タンパク
    末 信一朗
    招待講演, 平成12年度 繊維学会北陸支部学術普及講演会 2000年04月
  • 交互積層法を用いた酵素・高分子化メディエータ修飾電極
    末 信一朗, 岡田 英男, 高山 勝巳, 榊原 三樹男
    日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, 3A009β 2000年04月
  • チューブリンを用いたタキソールバイオセンシングシステム
    中元 大地, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 菅原 二三男, A.Mulchandani
    日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, 3B103β 2000年04月
  • エコフレンドリー繊維加工を目指した微生物酵素の開発
    末 信一朗
    招待講演, 中国 天津紡織工学院・杭州工程学院 学術講演会  2000年03月
  • 融合タンパクによる繊維への機能性の付与の可能性
    末 信一朗
    招待講演, 中国 天津紡織工学院・杭州工程学院 学術講演会 2000年03月
  • Pseudomonas diminuta由来リンゴ酸酵素遺伝子のクローニング
    清水 えり, 松浦 孝宣, 杉森 大助, 松本 和宣, 末 信一朗
    第5回高専シンポジウムPD-03 (2000.1.22) 2000年01月
  • Pseudomonas diminuta由来リンゴ酸酵素遺伝子のクローニング
    清水えり, 松浦 孝宜, 杉森 大助, 松本 和宜, 末 信一朗
    日本化学会平成11年度北陸地区講演会と研究発表会 H33  1999年11月
  • 酵素・高分子化メディエータ交互積層膜の特性とバイオセンシングへの応用
    岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成11年度日本生物工学会大会842  1999年09月
  • 固定化糸状菌と固定化酵母との混合培養によるスターチからの直接エタノール発酵
    榊原 三樹男, 藤井 直幸, 橋本 祐二, 末 信一朗, 櫻井 明彦
    化学工学会第32回秋季大会研究発表講演要旨集, N120 1999年09月
  • 酵素・高分子化メディエータ交互積層膜の特性とバイオセンシングへの応用
    末 信一朗, 岡田 英男, 榊原 三樹男
    平成11年度日本生物工学会大会講演要旨集, 842 1999年09月
  • 交互積層法を用いた高分子メディエータ・補酵素修飾電極によるバイオセンシングシステム
    末 信一朗, 岡田 英男, 榊原 三樹男
    平成11年度繊維学会年次大会「生命工学材料とバイオテクノロジーに関するシンポジウム」予稿集, 3A01 1999年05月
  • 交互積層法を用いた酵素・高分子化メディエータ-分子デバイスの構築
    岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    平成11年度日本農芸化学会大会 3a566B  1999年04月
  • 交互積層法を用いた酵素・高分子化メディエータ・分子デバイスの構築
    岡田 英男, 末 信一朗, 榊原 三樹男
    日本農芸化学会1999年度大会講演要旨集, 3a565A 1999年04月
  • 共役酸化還元酵素反応による新しい炭酸固定化システム
    松本 和宣, 末 信一朗, 杉森 大助, 榊原 三樹男
    日本農芸化学会1999年度大会講演要旨集, 3a566B 1999年04月
  • Electrochemical regeneration of immobilized NADP+ on alginic acid with polymerized mediator
    S.Suye, H.Okada, M.Nakamura, M.Sakakibara
    217th ACS National Meeting, Symposium Session, Recent Advanced in Environmental Chemical Sensors and Biosensors, Anaheim, CA, USA  1999年03月
  • Electrochemical Regeneration of Immobilized NADP+ on Alginic Acid with Polymerized Mediator
    S.Suye, H.Okada, M.Nakamura, M.Sakakibara
    217th ACS National Meeting, Symposium Session, Recent Advances in Environmental Chemical Sensors and Biosensors, Anaheim, CA, USA  1999年03月
  • A novel continuous flow affinity biosensor for taxol
    A.Mulchandani, P.Mulchandani, S.Suye
    215th American Chemical Society National Meeting, Boston, MA.  1998年08月
  • 高分子補酵素・メディエターを用いた電気化学的補酵素循環再生システム
    末 信一朗, 岡田 英男, 中村 誠, 榊原 三樹男
    平成10年度日本生物工学会大会講演要旨集, 756 1998年08月
  • アルギン酸を担体とした高分子化補酵素の電子伝達
    末 信一朗, 室 祐彦, 服部 雅一
    平成10年度日本農芸化学会大会 2A19p  1998年04月

作品

  • DNAセンサ
    末 信一朗, 技術製品(ソフトウェア・ハードウェア等) 2005年03月

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    バイオセンサ 末 信一朗,Screening of PET degradative microorganisms 末 信一朗,高機能タンパク質の創成 末 信一朗,Application of CBD for fiber processing 末 信一朗,

共同研究

  • サルモネラ等食中毒菌の in situ (その場)検出を目的とした電気化学的DNAセンシングシステム技術の開発において利用する要素技術の開発 2005年度
  • DNAレベルのレジオネラ属菌の高度検出システムによる温泉入浴施設の安全管理の確立 2004年度
  • 機器組込型ワンチップバイオセンサ用トランスデューサーの開発 2003年度

特許

  • DNA測定装置
    末 信一朗,片山秀夫,
    特願特願2004-275817 
  • 特許特願2003-299276:電極、タンパク測定装置及び酵素活性の測定方法
    末 信一朗,天野 義久,
    特番特願2003-299276

受賞

  •  高分子学会北陸支部 平成26年度北陸地区高分子若手研究発表会 優秀ポスター賞2014年11月
    シングルナノファイバーを用いたガン細胞浸潤現象の解析
  •  繊維学会夏季セミナー 平成24年度第43回繊維学会夏季セミナー 優秀ポスター賞2012年08月
    ナノファイバー上で培養した筋芽細胞の分化挙動の解析
  •  福井大学工学部 平成23年度 福井大学工学部優秀教員2011年02月
  •  福井大学工学部 平成17年度 福井大学工学部優秀教員2006年02月
  •  Nano Giga Challenge in Microelectronics 2004 Nano Giga Challenge in Microelectronics 2004, Best Poster Award2004年01月
  •  福井大学工学部 平成14年度 福井大学工学部優秀教員2002年11月
  •  繊維学会 平成10年度繊維科学・技術研究助成金受賞1998年05月

科学研究費補助金

  • 高機能デバイス構築のための分子配向生体触媒とカーボンナノチューブ複合体の構造制御基盤研究(C)(一般)
    代表者:末 信一朗 2013年度
  • 高機能デバイス構築のための分子配向生体触媒とカーボンナノチューブ複合体の構造制御基盤研究(C)(一般)
    代表者:末 信一朗 2012年度
  • 危険ウィルス検知用超小型光導波路を使用した高速フォトニックセンサネットワーク構築挑戦的萌芽研究
    代表者:榎波康文 2012年度
    デバイス表面の設計
  • 高機能デバイス構築のための分子配向生体触媒とカーボンナノチューブ複合体の構造制御基盤研究(C)(一般)
    代表者:末 信一朗 2011年度
  • 危険ウィルス検知用超小型光導波路を使用した高速フォトニックセンサネットワーク構築挑戦的萌芽研究
    代表者:榎波康文 2011年度
  • 一細胞レベルでの蛍光分子信号識別による高機能細胞単離システム特定領域研究(継続領域)
    代表者:末 信一朗 2006年度
  • 遺伝子レベルでの酵素分子配向制御による機能性デバイスの創成基盤研究(C)一般
    代表者:末 信一朗 2006年度
  • 高分子化補酵素・メディエータの交互積層による機能性ナノデバイスの構築基盤研究(C)一般
    代表者:末 信一朗 2005年度
  • 高分子化補酵素・メディエータの交互積層による機能性ナノデバイスの構築基盤研究(C)一般
    代表者:末 信一朗 2004年度

プロジェクト活動

  • 平成18年度大学教育の国際化推進プログラム(海外先進研究実践支援)
    研究期間:2006年 - 2007年  代表者:末 信一朗,
    シングルセル蛍光検出システムの構築
  • 細胞表層工学による有機リン系化合物の蛍光検出システム
    研究期間:2005年  代表者:末 信一朗,
    アメリカ合衆国, カリフォルニア大学
  • ポリエステル分解微生物の検索
    研究期間:2005年  代表者:末 信一朗,
    中国天津工業大学
  • 細胞表層工学による有機リン系化合物の蛍光検出システム
    研究期間:2004年01月  代表者:末 信一朗,
    アメリカ合衆国カリフォルニア大学
  • マルチチャンネル型酸素電極装置による有害微生物の検出システム
    研究期間:2002年08月  代表者:末 信一朗,
    アメリカ合衆国, ニューヨーク州立大学(2002.8~)
  • ポリエステル分解微生物の検索
    研究期間:2002年01月  代表者:末 信一朗,
    中国,天津工業大学(2002.1~)
  • 抗体を用いた環境ホルモンの電気化学的検出法
    研究期間:2000年01月  代表者:末 信一朗,
    アメリカ合衆国, ニューヨーク州立大学(2000.1-2002.12)
  • 抗体を用いた環境ホルモンの電気化学的検出法
    研究期間:2000年01月  代表者:末 信一朗,
    抗体を用いた環境ホルモンの電気化学的検出法
  • レセプターを用いた抗癌剤タキソールの検出システム
    研究期間:1998年01月  代表者:末 信一朗,
    アメリカ合衆国, カリフォルニア大学 (1998.1~2001.12)

教育活動情報

担当授業

  • くらしから生命までの化学
  • 応用微生物学
  • 微生物工学
  • 生命複合科学特論Ⅰ
  • 生命複合科学特論Ⅱ
  • 生命機能工学特論
  • 生命機能工学ゼミナールⅠ
  • 生命機能工学ゼミナールⅡ
  • 繊維先端工学創成演習
  • バイオミメティック工学ゼミナールⅠ
  • バイオミメティック工学ゼミナールⅡ
  • 生命機能工学

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • レジオネラ菌安価・簡単検出 2年後めど実用化 福大・末助教授ら開発2004年11月 福井、中日、県民福井
  • レジオネラ菌安価・簡単検出 2年後めど実用化 福大・末助教授ら開発2004年11月 福井、中日、県民福井