長谷川 稔

所属部署名感覚運動医学講座 皮膚科学
教員組織感覚運動医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 18/12/04 09:27

研究者基本情報

氏名

    長谷川 稔
    ハセガワ ミノル
    HASEGAWA Minoru

所属

  •  感覚運動医学講座 皮膚科学 教授

学歴

  • - 1991年金沢大学 医学部

所属学協会

    日本皮膚科学会 代議員,日本研究皮膚科学会 理事,日本皮膚免疫アレルギー学会 理事,日本乾癬学会 評議員,日本白斑学会 評議員,日本臨床免疫学会 評議員,日本免疫学会 一般会員,日本リウマチ学会 一般会員,強皮症研究会議 監事,米国免疫学会 一般会員,米国リウマチ学会 一般会員,米国研究皮膚科学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • 血管炎・血管障害診療ガイドライン2016年改訂版
    古川福実、池田高治、石黒直子、宇月美和、尾崎承一、勝岡憲生、幸野 健、川上民裕、川名誠司、小寺雅也、澤井高志、沢田泰之、清島真理子、谷川暎子、陳 科榮、長谷川 稔
    日本皮膚科学会誌 127(3) 299-415 2016年 査読無し
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 創傷一般~ガイドライン改訂版の概要
    藤田英樹、井上雄二、長谷川 稔、レパヴー・アンドレ、新谷洋一、辻田 淳、茂木精一郎、加納宏行、金子 栄
    日本皮膚科学会誌 127(1) 1-7 2016年 査読無し
  • Mycobcterium abscessuslによる両下腿の皮膚非結核性酸菌性の1例
    馬場夏希、髙嶋 渉、宮永美紀、徳力 篤、新家裕朗、池ケ谷 諭史、岩崎弘道、光戸 勇、長谷川 稔
    皮膚科の臨床 58(8) 1325-1329 2016年 査読有り
  • 脂漏性角化症から発生したと考えられた有棘細胞癌の1例
    山口由佳、飯野志郎、宇都宮 慧、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    skin cancer 31(3) 272-275 2016年 査読有り
  • 中指に生じたA郡β溶血性連鎖球菌による壊死性軟部組織感染症の1例
    宇都宮 夏子、飯野志郎、馬場夏希、井戸英樹、徳力 篤、長谷川 稔
    皮膚科の臨床 58(12) 1809-1812 2016年 査読有り
  • 巻頭言 組織の中でどう成長すべきか? させるべきか?
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床 59(1) 7-8 2017年01月 査読無し
  • スキルアップのためのQ&A ループスアンチコアグラントの検査方法とその解釈について教えて下さい
    小泉 遼、長谷川 稔
    皮膚アレルギーフロンティア 15(1) 52 査読無し
  • Certolizumab pegol, a pegylated anti-TNF-α antagonist, caused de novo-onset palmoplantar pustulosis followed by generalized pustular psoriasis in a patient with rheumatoid arthritis.
    Koizumi H, Tokuriki A, Oyama N, Ido H, Sugiura K, Akiyama M, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(6) 723-724 査読有り
  • Erythema induratum of Bazin which occurred after tumor necrosis factor antagonist therapy.
    Baba N, Takashima W, Tokuriki A, Ameshima S, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44 e87-e88 2017年 査読有り
  • Antimelanoma differentiation-associated protein 5 antibody level is a novel tool for monitoring disease activity in rapidly progressive interstitial lung disease with dermatomyositis.
    Matsushita T, Mizumaki K, Kano M, Yagi N, Tennichi M, Takeuchi A, Okamoto Y, Hamaguchi Y, Murakami A, Hasegawa M, Kuwana M, Fujimoto M, Takehara K
    Br J Dermatol. 176 395-402 査読有り
  • Survey of Single-Nucleotide Polymorphisms in the Gene Encoding Human Deoxyribonuclease I-like 2 Producing Loss of Function Potentially Implicated in the Pathogenesis of Parakeratosis
    M. Ueki, H.Takeshita, N.Utsunomiya, T. Chino, N. Oyama, M. Hasegawa, K.i Kimura-Kataoka, J. Fujihara, R. Iida, T. Yasuda
    PLoS ONE 12(4) e0175083 2017年04月 査読有り
  • Multiple subcutaneous cholesterol granulomas arising in eruptive vellus hair cysts:Acase report and published work review of 11 cases.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Tokuriki A, Sakai Y, Imamura Y, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(4) 481-482 2017年04月 査読有り
  • Two novel missense mutations of STS gene underlie X-linked recessive ichthyosis:understanding of the mutational and structural spectrum.
    Oyama N,Matsuda M,Hamada T,Numata S,Teye K,Hashimoto T,Hasegawa M.
    J Eur Acdd Dermato Venereol 30(9) 1629-1631 2016年09月 査読有り
  • 尋常性乾癬など不全角化病変のリスクファクターとなるDNase I-like 2遺伝子におけるfunctional SNPsの同定
    藤原純子、木村かおり、竹下治男、飯田礼子、尾山徳孝、知野剛直、長谷川稔、植木美鈴、安田年博
    DNA多型 24(1) 208-213 2016年09月 査読有り
  • Human Leukocyte Antigen and Systemic Sclerosis in Japanese: The Sign of the Four Independent Protective Alleles, DRB1*13:02, DRB1*14:06, DQB1*03:01, and DPB1*02:01.
    Furukawa H, Oka S, Kawasaki A, Shimada K, Sugii S, Matsushita T, Hashimoto A, Komiya A, Fukui N, Kobayashi K, Osada A, Ihata A, Kondo Y, Nagai T, Setoguchi K, Okamoto A, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Kono H, Katayama M, Hirohata S, Sumida T, Migita K, Hasegawa M, Fujimoto M, Sato S, Nagaoka S, Takehara K, Tohma S, Tsuchiya N.
    PLOS one. 11(6) e0154255 2016年04月 査読有り
  • Oropharyngeal Dysphagia in Dermatomyositis: Associations with Clinical and Laboratory Features Including Autoantibodies
    Mugii N, Hasegawa M, Matsushita T, Hamaguchi Y, Oohata S, Okita H, Yahata T, Someya F, Inoue K, Murono S, Fujimoto M, Takehara K.
    PLOS one. 11(5) e0154746 2016年04月 査読有り
    Hasegawa M.
  • 線状lgA水疱症 vs 水疱性エリテマーデス
    尾山徳孝、高嶋 渉、長谷川 稔
    Visual Dermatology. 7(15) 687-689 2016年 査読有り
  • 壊死性筋膜炎 vs 丹毒
    飯野志郎、長谷川 稔
    Visual Dermatology. 7(15) 735-737 2016年 査読有り
  • CD34-positive infantile myofibromatosis: Case report and review of hemangiopericytoma-like pattern tumors
    Kiyohara T, Maruta N, Iino S, Ido H, Tokuriki A, Hasegawa M
    J Dermatol. 43 1088-1091 2016年 査読有り
  • Watermelon stomach and colon in a patient with diffuse cutaneous systemic sclerosis.
    Matsushita T, Hasegawa M, Takehara K
    Mod Rheumatol. 27(2) 376-377 2017年05月 査読有り
  • 全身性強皮症における爪郭部のダーモスコピー所見
    長谷川 稔
    臨床皮膚科 70(5(増刊号)) 70-74 2016年04月 査読無し
  • The wound/burn guidelines - 1: Wounds in general.
    Inoue Y, Hasegawa M, Maekawa T, Le Pavoux A, Asano Y, Abe M, Ishii T, Ito T, Isei T, Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Ohtsuka M, Ogawa F, Kadono T, Kodera M, Kawakami T, Kawaguchi M, Kukino R, Kono T, Sakai K, Takahara M, Tanioka M, Nakanishi T, Nakamura Y, Hashimoto A, Hayashi M, Fujimoto M, Fujiwara H, Matsuo K, Madokoro N, Yamasaki O, Yoshino Y, Tachibana T, Ihn H; Wound/Burn Guidelines Committee.
    J Dermatol. 43 357-375 2016年04月 査読有り
  • The wound/burn guidelines - 2: Guidelines for the diagnosis and treatment for pressure ulcers.
    Tachibana T, Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Kadono T, Fujiwara H, Asano Y, Abe M, Ishii T, Isei T, Ito T, Inoue Y, Ohtsuka M, Ogawa F, Kodera M, Kawakami T, Kawaguchi M, Kukino R, Kono T, Sakai K, Takahara M, Tanioka M, Nakanishi T, Nakamura Y, Hashimoto A, Hasegawa M, Hayashi M, Fujimoto M, Maekawa T, Matsuo K, Madokoro N, Yamasaki O, Yoshino Y, Le Pavoux A, Ihn H; Wound/Burn Guidelines Committee.
    J Dermatol. 43 469-506 2016年04月 査読有り
  • The wound/burn guidelines - 3: Guidelines for the diagnosis and treatment for diabetic ulcer/gangrene.
    Isei T, Abe M, Nakanishi T, Matsuo K, Yamasaki O, Asano Y, Ishii T, Ito T, Inoue Y, Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Ohtsuka M, Ogawa F, Kadono T, Kodera M, Kawakami T, Kawaguchi M, Kukino R, Kono T, Sakai K, Takahara M, Tanioka M, Nakamura Y, Hashimoto A, Hasegawa M, Hayashi M, Fujimoto M, Fujiwara H, Maekawa T, Madokoro N, Yoshino Y, Le Pavoux A, Tachibana T, Ihn H;Wound/Burn Guidelines Committee.
    J Dermatol. 43 591-619 2016年05月 査読有り
  • ホスホジエステラーゼ5阻害薬
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床(皮膚科の薬剤と医療機器 最近10年間の進歩) 58(6(5月臨時増刊号)) 978-982 2016年05月 査読無し
  • 全身性強皮症の臨床研究:予後改善に向けて
    長谷川 稔
    金沢大学十全医学会雑誌 125(1) 23-24 2016年 査読無し
  • The wound/burn guidelines - 4: Guidelines for the management of skin ulcers associated with connective tissue disease/vasculitis.
    Fujimoto M, Asano Y, Ishii T, Ogawa F, Kawakami T, Kodera M, Abe M, Isei T, Ito T, Inoue Y, Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Ohtsuka M,Kadono T, Kawaguchi M, Kukino R, Kono T, Sakai K, Takahara M, Tanioka M, Nakanishi T, Nakamura Y, Hashimoto A, Hasegawa M,Hayashi M, Fujiwara H, Maekawa T, Matsuo K, Madokoro N, Yamasaki O, Yoshino Y, Le Pavoux A, Tachibana T, Ihn H; Wound/Burn Guidelines Committee
    J Dermatol. 43 729-757 2016年06月 査読有り
  • The wound/burn guidelines - 5: Guidelines for the management of lower leg ulcers/varicose veins.
    Ito T, Kukino R, Takahara M, Tanioka M, Nakamura Y, Asano Y, Abe M, Ishii T, Isei T, Inoue Y, Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Ohtsuka M, Ogawa F, Kadono T, Kawakami T, Kawaguchi M, Kono T, Kodera M, Sakai K, Nakanishi T, Hashimoto A, Hasegawa M, Hayashi M, Fujimoto M, Fujiwara H, Maekawa T, Matsuo K, Madokoro N, Yamasaki O, Yoshino Y, Le Pavoux A, Tachibana T, Ihn H ;Wound/Burn Guidelines Committee
    J Dermatol. 43 853-868 2016年 査読有り
  • The wound/burn guidelines - 6: Guidelines for the management of burns
    Yoshino Y, Ohtsuka M, Kawaguchi M, Sakai K, Hashimoto A, Hayashi M, Madokoro N, Asano Y, Abe M, Ishii T, Isei T, Ito T, Inoue Y,Imafuku S, Irisawa R, Ohtsuka M, Ogawa F, Kadono T, Kawakami T, Kukino R, Kono T, Kodera M, Takahara M, Tanioka M, Nakanishi T, Nakamura Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Fujiwara H, Maekawa T, Matsuo K, Yamasaki O, Le Pavoux A, Tachibana T, Ihn H
    J Dermatol 43 989-1010 2016年
  • 好酸球性筋膜炎 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    神人正寿、山本俊幸、浅野善英、石川 治、佐藤伸一、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 126(12) 2241-2250 2016年 査読無し
  • 硬化性萎縮性苔癬 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    長谷川 稔、石川 治、浅野善英、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、藤本 学、山本俊幸、尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 126(12) 2251-2257 2016年 査読無し
  • 皮膚科診療の醍醐味
    長谷川 稔
    皮膚病診療 37(5) 509-509 2015年05月
  • 硬化性萎縮性利苔癬 
    長谷川 稔、浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、藤本 学、山本俊幸、佐藤伸一、牧野貴充、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 176-188 2016年03月
  • 硬化性萎縮性利苔癬 診断基準・重症度分類
    石川 治、浅野善英、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、山本俊幸、佐藤伸一、茂木精一郎、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 171-175 2016年03月 査読無し
  • 好酸球性筋膜炎の診療ガイドライン作成
    神人正寿、浅野善英、石川 治、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、山本俊幸、佐藤伸一、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 150-170 2016年03月
  • 好酸球性筋膜炎の診断基準および重症度分類の作成に向けて
    山本俊幸、浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、佐藤伸一、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 148-149 2016年03月
  • 限局性強皮症CQ
    浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、山本俊幸、佐藤伸一、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 81-147 2016年03月
  • 限局性強皮症の診断基準案作成と重症度基準案の作成
    藤本 学、浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、山本俊幸、佐藤伸一、沖山奈緒子、渡辺 玲、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 77-80 2016年03月
  • 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成
    尹 浩信、浅野善英、石川 治、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、波多野 将、藤本 学、山本俊幸,麦井直樹、佐藤伸一
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 平成27年度総括・分担研究報告書 3-10 2016年03月
  • 革新的医薬品開発プロジェクト 抗線維化活性をもつ人口化合物の創製研究
    大塚雅巳、長谷川 稔、藤田美歌子、岡本良成、小倉 大、丹羽眞一郎、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 331-334 2016年03月
  • 革新的医薬品開発プロジェクト 強皮症マウスモデルにおける抗CX3CL1抗体治療の有用性の検討
    長谷川 稔、Vu Huy Luong、知野剛直、徳力 篤、久保田良和、小原 隆、待永明仁、小笠原秀晃、尾山徳孝、池田わたる、今井俊夫、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 315-330 2016年03月
  • 革新的医薬品開発プロジェクト 新規化合物HPH-15の強皮症マウスモデルでの有用性の検討
    長谷川 稔、Vu Huy Luong、知野剛直、徳力 篤、尾山徳孝、小倉 大、丹羽眞一郎、藤田美歌子、岡本良成、大塚雅巳、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 306-311 2016年03月
  • A novel splenic B1 regulatory cell subset suppresses allergic disease through phosphatidylinositol 3-kinase-Akt pathway activation.
    Matsushita T, Le Huu D, Kobayashi T, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Naka K, Hirao A, Muramatsu M, Takehara K, Fujimoto M.
    J Allergy Clin lmmunol. 138(4) 1170-1182 2016年10月 査読有り
  • Decreased levels of regulatory B cells in patients with systemic sclerosis:association with autoantibody production and disease activity.
    Matsushita T,Hamaguchi Y,Hasegawa M,Takehara K,Fujimoto M.
    Rheumatology(Oxford). 55(2) 263-267 2016年02月 査読有り
  • Biomarkers in systemic sclerosis:their potential to predict clincal courses.
    Hasegawa M.
    J Dermatol. 43(1) 29-38 2016年01月 査読有り
    Hasegawa M.
  • 膠原病による皮膚病変
    長谷川 稔
    成人病と生活習慣病(増大号) 46(1) 34-40 2016年01月 査読無し
  • Redefining cutaneous lupus erythematosus: a proposed internationnal consensus approach and results of a preliminary questionnaire.
    Merola JF, Nyberg F, Furukawa F, Goodfield MJ, Hasegawa M, Marinovic B, Szepietowski J, Dutz J, Werth VP.
    Lupus Sci Med. 2(1) e000085 2015年03月 査読有り
  • 皮膚硬化型GVHD.
    高嶋 渉,長谷川 稔
    Visual Dermatology. 15(1) 50-51 2015年12月 査読有り
  • 全身性強皮症とその鑑別疾患
    長谷川 稔
    Visual Dermatology 15(1) 14-16 2015年01月 査読無し
  • 皮膚筋炎の肺病変
    長谷川 稔
    皮膚病診療 37(6) 529-534 2015年06月 査読無し
  • Use of dermoscopy in the evaluation of connective tissue diseases.
    Hasegawa M.
    Dermatol Clin Res. 1(3) 41-48 2015年10月 査読有り
    Hasegawa M.
  • Clinical and Immunologic Predictors Scleroderma Renal Crisis in Japanese Systemic Sclerosis Patients With Anti-RNA Polymerase III Autoantibodies
    Hamaguchi Y, Kodera M, Matsushita T,Hasegawa M, Inaba Y, Usuda T, Kuwana M, Takehara K, Fujimoto M.
    Arthritis & Rheumatology 67(4) 1045-1052 2015年04月 査読有り
  • 急速進行型間質性肺炎の経過をとった抗EJ抗体陽性抗ARS抗体症候群
    牧野 智,長谷川 稔,折戸秀光,加治賢三,濱口儒人,藤本 学,竹原和彦
    皮膚科の臨床 57(1) 33-37 2015年01月 査読有り
  • CPC clinicopathological conference143
    清原隆宏,丸田直樹,長谷川 稔
    Visual Dermatology. 14(9) 1096-99 2015年08月 査読有り
  • 高齢者に発症し、放射線治療が著効した眼瞼脂腺癌の2例
    山口由佳,飯野志郎,馬場夏希,知野剛直,徳力 篤,長谷川 稔
    Skin Cancer 30(3) 193-96 2015年 査読有り
  • 手の皮膚病(臨床例)⑩ 孤発性単純型表皮水疱症
    知野剛直,尾山徳孝,徳力 篤,新熊 悟,清水 宏,長谷川 稔
    皮膚病診療 37(11) 1085-1088 2015年11月 査読有り
  • 抗リン脂質抗体と関連した皮膚病変
    長谷川 稔
    第2回学術集会 日本抗リン脂質抗体標準化ワークショップ 記録集 vol.2 4-17 2015年 査読無し
  • 私のインシデント・ノート102 駆け出しのころに経験した印象深い患者さん
    長谷川 稔
    明日を創る医療総合誌 Medical Doctor 142 2015年11月 査読無し
  • 教育講演33 皮膚筋炎の新たなるステージ ~今描く未来予想図~
    長谷川 稔、石黒直子
    第114回日本皮膚科学会総会記念誌Derma Dream 2015年5月29~31日 136-139 査読無し
  • Developing classifacation criteria for discoid lupus erythematosus: an update from the World Congress of Dermatology 2015 meeting
    Elman SA, Nyberg F, Furukawa F, Goodfield M, Hasegawa M, Marinovic B, Szepietowski J, Dutz J, Werth VP, Merola JF.
    International Journal of Women's Dermatology 2(2) 44-45 2016年 査読有り
  • 羅針盤 膠原病診療における皮膚科医の役割
    長谷川 稔
    Visual Dermatology 15(1) 1 2015年12月 査読無し
  • 全身性エリテマトーデスの診療ガイドライン作成に関する研究
    山本和彦、渥美達也、竹内 勤、田中良哉、三森明夫、山田 亮、天野浩文、石井智徳、高崎芳成,奥 健志、近藤裕也、湯澤由紀夫、武井修治、川人 豊、桑名正隆、田村直人、新納宏昭、村島温子、森 雅亮、保田晋助、横川直人、和田隆志、佐藤伸一、長谷川 稔、杉浦 真弓、森 臨太郎
    厚生労働科学研究助成補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)自己免疫疾患に関する調査研究平成27年度総括・分担研究報告書 7-17 2016年03月 査読無し
  • GWASプロジェクト 日本人・ヨーロッパ人における強皮症GWAS国際メタ解析
    寺尾知可史、、川口鎮司、桑名正隆、岡 晃、長谷川 稔、藤本 学、石川 治、山本俊幸、後藤大輔、浅野善英、神人正寿、佐藤伸一、竹原和彦、高橋裕樹、土屋尚之、川﨑 綾、古川 宏、當間重人、遠藤平仁、柳田英寿、鮎澤菜穂、堀田哲也、大村浩一郎、吉藤 元、松田文彦、三森経世、Yannick Allanore、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 98-101 2016年03月 査読無し
  • GWASプロジェクト 全身性強皮症原因変異の遺伝学的探索
    岡 晃、浅野善英、石川 治、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、山本俊幸,尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 94-97 2016年03月 査読無し
  • GWASプロジェクト 日本人集団における全身性強皮症と免疫グロブリン様受容体LILRA3,LILRA2およびそのリガンドHLA-G多型の関連研究
    土屋尚之、長谷川 稔、藤本 学、佐藤伸一、竹原和彦、八谷有紀、川﨑 綾、松下貴史、住田孝之、當間重人、古川 宏、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 102-109 2016年03月 査読無し
  • その他の病因・病態解明プロジェクト 全身性強皮症における制御性B細胞の発現異常とその意義についての検討
    竹原和彦、藤本 学、長谷川 稔、松下貴史、濱口儒人、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 110-116 査読無し
  • 強皮症の活動性、予後予測因子の抽出 びまん皮膚硬化型全身性強皮症における皮膚硬化の進行を予測する因子の同定
    桑名正隆、長谷川 稔、石川 治、後藤大輔、佐藤伸一、川口鎮司、竹原和彦、白井悠一郎、遠藤平仁、小川文秀、尹 浩信
    厚生労働科学研究委託費 難治性疾患等政策研究事業 強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究 平成27年度総括・分担研究報告書 210-216 2016年03月 査読無し
  • 硬化性萎縮性苔癬
    長谷川 稔, 浅野 善英, 石川 治, 神人 正寿, 竹原 和彦, 藤本 学, 山本 俊幸
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成27年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 156-158 2015年03月 査読無し
  • 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成
    尹 浩信, 浅野善英, 石川 治, 川口鎮司, 桑名正隆, 後藤大輔, 神人正寿, 竹原和彦, 長谷川 稔, 波多野将, 藤本 学, 山本俊幸, 麦井直樹, 佐藤伸一
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 42078 2015年03月 査読無し
  • 限局性強皮症の診断基準案作成と重症度基準案の検討
    藤本 学, 浅野善英, 石川 治, 神人正寿, 竹原和彦, 長谷川 稔, 山本俊幸, 佐藤伸一, 沖山奈津子
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 131-134 2015年03月 査読無し
  • 限局性強皮症 CQ
    浅野善英, 石川 治, 神人正寿, 竹原和彦, 長谷川 稔, 藤本 学, 山本俊幸, 佐藤伸一
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 135-142 2015年03月 査読無し
  • 好酸球性筋膜炎の診断基準および重症度分類の作成に向けて
    山本俊幸, 浅野善英, 石川 治, 神人正寿, 竹原和彦, 長谷川 稔, 藤本 学, 佐藤伸一
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 143-144 2015年03月 査読無し
  • 好酸球性筋膜炎の診療ガイドライン作成
    神人正寿, 浅野善英, 石川 治, 竹原和彦, 長谷川 稔, 藤本 学, 山本俊幸, 佐藤伸一
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 145-150 2015年03月 査読無し
  • 硬化性萎縮性苔癬 診断基準・重症度分類
    石川 治, 浅野善英, 神人正寿, 竹原和彦, 長谷川 稔, 藤本 学, 山本俊幸, 佐藤伸一, 茂木精一郎
    厚生労働科学研究費補助金,難治性疾患等政策研究事業,強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診察ガイドライン作成事業,平成26年度 総括・分担研究報告書/研究責任者 尹 浩信 151-155 2015年03月 査読無し
  • 強皮症マウスモデルにおけるCX3CL1抗体治療の有用性の検討
    長谷川 稔, Vu Huy Luong, 知野 剛直, 徳力 篤, 久保井良和, 待永明仁, 小笠原秀晃, 村本賢三
    厚生労働科学研究委託費,難治性疾患実用化研究事業,強皮症の病態解明における革新的医薬品開発の研究,平成26年度 委託業務成果報告/業務責任者 尹 浩信 255-262 2015年03月 査読無し
  • 日本人・ヨーロッパ人における強皮症GWAS国際メタ解析
    寺尾知可史, 川口鎮司, 桑名正隆, 岡 晃, 長谷川 稔, 藤本 学, 石川 治, 山本俊幸, 後藤大輔, 浅野善英, 神人正寿, 佐藤伸一, 竹原和彦, 高橋裕樹, 土屋尚之, 川﨑 綾, 古川 宏, 當間重人, 遠藤平仁, 柳田英寿, 鮎澤菜穂、, 堀田哲也, 大村浩一郎, 吉藤 元, 松田文彦, 三森経世, Yannick Allanore Cochin Hospial
    厚生労働科学研究委託費,難治性疾患実用化研究事業,強皮症の病態解明における革新的医薬品開発の研究,平成26年度 委託業務成果報告/業務責任者 尹 浩信 49-52 2015年03月 査読無し
  • 日本人集団における全身性強皮症と免疫グロブリン様受容体LILRA欠失多型の関連研究
    土屋尚之, 長谷川 稔, 藤本 学, 佐藤伸一, 竹原和彦, 八谷有紀, 川崎 綾, 松下貴史, 住田孝之, 當間重人, 古川 宏
    厚生労働科学研究委託費,難治性疾患実用化研究事業,強皮症の病態解明における革新的医薬品開発の研究,平成26年度 委託業務成果報告/業務責任者 尹 浩信 53-57 2015年03月 査読無し
  • 全身性強皮症の手指関節可動域とストレッチ単独の効果
    麦井直樹, 竹原和彦, 長谷川 稔, 藤本 学, 大畠幸恵, 八幡徹太郎, 染矢富士子, 濱口儒人, 松下貴史
    厚生労働科学研究委託費,難治性疾患実用化研究事業,強皮症の病態解明における革新的医薬品開発の研究,平成26年度 委託業務成果報告/業務責任者 尹 浩信 195-201 2015年03月 査読無し
  • マウス皮膚硬化型慢性GVHDモデルにおけるSyk阻害剤の有効性についての検討
    竹原和彦, 藤本 学, 長谷川 稔, 松下貴史, 濱口儒人
    厚生労働科学研究委託費,難治性疾患実用化研究事業,強皮症の病態解明における革新的医薬品開発の研究,平成26年度 委託業務成果報告/業務責任者 尹 浩信 248-254 2015年03月 査読無し
  • 趾尖部悪性黒色腫の1例
    飯野 志郎, 丸田 直樹, 髙嶋 渉, 長谷川 稔, 峯岸 芳樹, 中井 國博, 清原 隆宏
    Skin Cancer 29(3) 313-317 2015年02月 査読有り
  • 各種末梢循環改善薬を併用し完治し得た全身性強皮症に伴う難治性足趾壊疽の1例
    牧野 智, 前田進太郎, 松下 貴史, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    皮膚科の臨床 57(1) 19-22 2015年01月 査読有り
  • 急速進行型質性肺炎の経過をとった抗EJ抗体陽性抗ARS抗体症候群
    牧野 智, 長谷川 稔, 折戸 秀光, 加治 賢三, 濱口 儒人, 藤本 学, 竹原 和彦
    皮膚科の臨床 57(1) 33-37 2015年01月 査読有り
  • 皮膚から見た膠原病
    長谷川 稔
    アレルギー 64(1) 32-37 2015年 査読無し
  • B Cells Promote Tumor Immunity against B16F10 Melanoma
    T.Kobayashi, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, M.Fujimoto, K.Takehara, T.Matsushita
    Am J Pathol. 184(11) 3120-3129 2014年11月 査読有り
  • A crucial role of L-selectin in C protein-induced experimental polymyositis of mice
    K.Oishi, Y.Hamaguchi, T.Mtsushita, M.Hasegawa, N.Okiyama, J.Demedde, M.Weinhart, R. Haag, TF.Tedder, K.Takehara, H.Kohsaka, M.Fujimoto
    Arthritis & Rheumatology 66(7) 1864-1871 2014年07月 査読有り
  • Blockade of Syk ameliorates the development of murine sclerodermatous chronic graft-versus-host disease.Blockade of Syk ameliorates the development of murine sclerodermatous chronic graft-versus-host disease
    Le Huu D, H.Kimura, M.Date, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, KT.Hau, M.Fujimoto, K.Takehara, T.Matsushita
    Journal of dermatological science 74(3) 214-221 2014年06月 査読有り
  • ふつうのHenoch-Schoenlein紫斑病(IgA血管炎)
    丸田 直樹, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔
    Visual Dermatology 13(7) 768-770 2014年06月 査読無し
  • レイノー現象、皮膚潰瘍
    小村一浩, 佐久間 純, 長谷川 稔
    リウマチ科 51(5) 493-499 2014年05月 査読無し
  • 全身性強皮症
    長谷川 稔
    日本臨牀 最新関節リウマチ学 寛解・治癒を目指した研究と最新治療 72(3) 320-324 2014年04月 査読無し
  • Autoantibodies to RuvBL1 and RuvBL2: A novel systemic sclerosis-related antibody associated with diffuse cutaneous and skeletal muscle involvement
    K.Kaji, N.Fertig, Medsger TA Jr, T.Satoh, K,Hoshino, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, M.Lucas, A.Schnure, F.Ogawa, S.Sato, K.Takehara, M. Fujimoto, M.Kuwana
    Arthritis Care & Research 66(4) 575-584 2014年04月 査読有り
  • A crucial role of L-selectin in C protein-induced experimental polymyositis of mice
    K.Oishi, Y.Hamaguchi, T.Matsushita, M.Hasegawa, N.Okiyama, J.Dernedde, M.Weinhart, R.Haag, TF.Tedder, K.Takehara, H.Kohsaka, M.Fujimoto
    Arthritis Rheum 2014年03月 査読有り
  • The clinical characteristics of juvenile-onset systemic sclerosis in Japanese patients
    Y.Hatta, M.Hasegawa, T. Matsushita, Y.Hamaguchi, M.Fujimoto, K.Takehara
    Mod Rheumatol 24(2) 377-379 2014年03月 査読有り
  • AGEPだと思っていたらTENになってしまった症例
    清原 隆宏, 井戸 英樹, 澤井 孝宏, 長谷川 稔
    Visual Dermatology 13(2) 126-128 2014年02月 査読有り
  • 抗EJ抗体陽性の皮膚筋炎の1例
    吉村 紫, 八木 夏希, 水野 美幸, 平野 貴士, 松下 貴史, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦, 平野 郁代
    皮膚臨床 56(2) 153-156 2014年02月 査読有り
  • 抗Mi-2抗体陽性の皮膚筋炎の1例
    牧野 智, 長谷川 稔, 齋藤 敦, 加治 賢三, 濱口 儒人, 藤本 学, 越後 岳士, 竹原 和彦
    皮膚臨床 56(2) 171-174 2014年02月 査読有り
  • Serum adhesion molecule levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicentre, prospective, observational study
    M.Hasegawa, Y.Asano, H.Endo, M.Fujimoto, D,Goto, H. Ihn, K.Inoue, O.Ishikawa, Y.Kawaguchi, M.Kuwana, F.Ogawa, H.Takahashi, S.Tanaka, S.Sato, K.Takehara
    PLoS One 9(2) e88150. 2014年02月 査読有り
  • Predictors of exercise-induced oxygen desaturation in systemic sclerosis patients with interstitial lung disease
    F.Someya, N.Mugii, M.Hasegawa, T.Yahata, T.Nakagawa
    Respiratory care 59(1) 75-80 2014年01月 査読有り
  • 皮膚科医による膠原病診療ー強皮症と皮膚筋炎についてー
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床 56(10) 1455-1463 2014年01月 査読無し
  • 自己抗体と皮膚病変からみていく膠原病診療
    長谷川 稔
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 8(4) 231-238 2014年01月 査読無し
  • Serum chemokine levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicenter, prospective, observational study
    M.Hasegawa, Y.Asano, H.Endo, M.Fujimoto, D.Goto, H.Ihn, K.Inoue, O.Ishikawa, Y.Kawaguchi, M.Kuwana, F.Ogawa, H.Takahashi, S.Tanaka, S.Sato, K.Takehara
    Mod Rheumatol 23(6) 1076-1084 2013年11月 査読有り
  • Clinical and laboratory features dependent on age at onset in Japanese systemic sclerosis
    M.Hasegawa, Y.Hatta, T.Matsushita, Y.Hamaguchi, M.Fujimoto, K.Takehara
    Mod Rheumatol 23(5) 913-919 2013年09月 査読有り
  • Altered expression of dermokine in skin disorders
    M.Hasegawa, K.Higashi, C.Yokoyama, F.Yamamoto, T.Tachibana, T.Matsushita, Y.Hamaguchi, K.Saito, M.Fujimoto, K.Takehara
    J Eur Acad Derma Venereol 27(7) 867-875 2013年07月 査読有り
  • FTY720 ameliorates murine Scl-cGVHD by promoting expansion of splenic regulatory cells and inhibiting immune cell infiltration into skin
    D.Le Huu, T.Matsushita, G.Jin, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, K.Takehara, M.Fujimoto
    Arthritis Rheum 65(6) 1624-1635 2013年06月 査読有り
  • B-cell linker protein expression contributes to controlling allergic and autoimmune diseases by mediating IL-10 production in regulatory B cells
    G.Jin, Y.Hamaguchi, T.Matsushita, M.Hasegawa, D.Le Huu, N.Ishiura, KNaka, A.Hirao, K.Takehara, M.Fujimoto
    J Allergy Clin Immunol 131(6) 1674-1682 2013年06月 査読有り
  • 著明な腹部膨満を呈し,偽性腸閉塞,腸管嚢腫様気腫症を合併した全身性強皮症
    三宅 美帆, 和藥 孝昌, 石井 貴之, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    皮病診 35(10) 961-964 2013年01月 査読有り
  • ボセンタン内服中に復水貯留を認めた全身性強皮症
    岡本 芳伸, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 竹原 和彦
    皮病診 35(10) 973-976 2013年01月 査読有り
  • High incidene of pulmonary arterial hypertenstion in systemic sclerosis patients with anti-centriole autoantibodies
    Y.Hamaguchi, T.Matsushita, M.Hasegawa, I.Ueda-Hayakawa, S.Sato, K.Takehara, M.Fujimoto
    Mod Rheumatol 2013年01月 査読有り
  • Up-regulated expression of fractalkine in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES 64(1) 21-28 2005年
  • Autoantibodies against phosphatidylserine-prothrombin complex in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES 63(11) 1514 2004年
  • Augmented production of transforming growth factor-beta by cultured peripheral blood mononuclear cells from patients with systemic sclerosis
    M.Hasegawa
    ARCHIVES OF DERMATOLOGICAL RESEARCH 296 89 2004年
  • Comparative Study of Serum Surfactant Protein-D and KL-6 Concentrations in Patients with Systemic Sclerosis as Markers for Monitoring the Activity of Pulmonary Fibrosis
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 31(6) 1112 2004年
  • Augmented production of transforming growth factor-beta by cultured peripheral blood mononuclear cells from patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    Arch Dermatol Res 296 89 2004年
  • Altered blood B lymphocyte homeostasis in systemic sclerosis: Expanded naive B cells and diminished but activated memory B cells
    M.Hasegawa
    ARTHRITIS AND RHEUMATISM 50(6) 1918 2004年
  • Comparative Study of Serum Surfactant Protein-D and KL-6 Concentrations in Patients with Systemic Sclerosis as Markers for Monitoring the Activity of Pulmonary Fibrosis
    長谷川 稔
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 31(6) 1112 2004年
  • Expression of fractalkine and its receptor, CX3CR1, in atopic dermatitis: possible contribution to skin inflammation
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 113(5) 940-948 2004年
  • Altered blood B lymphocyte homeostasis in systemic sclerosis: Expanded naive B cells and diminished but activated memory B cells
    長谷川 稔
    ARTHRITIS AND RHEUMATISM 50(6) 1918 2004年
  • Novel autoantibody to Cu/Zn superoxide dismutase in patients with localized scleroderma
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 122(3) 594-601 2004年
  • Expression of fractalkine and its receptor, CX3CR1, in atopic dermatitis: possible contribution to skin inflammation
    長谷川 稔
    JOURNAL ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 113(5) 940-948 2004年
  • Elevated circulating CD40L concentrations in patients with systemic sclerosis
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 31(3) 514-519 2004年
  • Novel autoantibody to Cu/Zn superoxide dismutase in patients with localized scleroderma
    長谷川 稔
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 122(3) 594-601 2004年
  • Mouse CD20 expression and function
    M.Hasegawa
    INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 16(1) 119-129 2004年
  • Elevated circulating CD40L concentrations in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 31(3) 514-519 2004年
  • Anti-DNA topoisomerase IIalpha autoantibodies in localized scleroderma
    M.Hasegawa
    ARTHRITIS AND RHEUMATISM 50(1) 227-232 2004年
  • Mouse CD20 expression and function
    長谷川 稔
    INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 16(1) 119-129 2004年
  • Anti-DNA topoisomerase IIalpha autoantibodies in localized scleroderma
    長谷川 稔
    ARTHRITIS AND RHEUMATISM 50(1) 227-232 2004年
  • A case of scleroderma spectrum disorder with anticentriole antibody and pulmonary hypertension
    M.Hasegawa
    CLINICAL RHEUMATOLOGY 23(3) 266-268 2004年
  • A case of scleroderma spectrum disorder with anticentriole antibody and pulmonary hypertension
    長谷川 稔
    CLINICAL RHEUMATOLOGY 23(3) 266-268 2004年
  • L-selectin or ICAM-1 deficiency reduces an immediate-type hypersensitivity response by preventing mast cell recruitment in repeated elicitation of contact hypersensitivity
    長谷川 稔
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 170(8) 4325-4334 2003年
  • Function blocking autoantibodies against matrix metalloproteinase-1 in patients with systemic sclerosis
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 120 542-547 2003年
  • Function blocking autoantibodies against matrix metalloproteinase-1 in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 120 542-547 2003年
  • Ultraviolet light exposure suppresses contact hypersensitivity by abrogating endothelial intercellular adhesion molecule-1 up-regulation at the elicitation site
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 171(6) 2855-2862 2003年
  • Longitudinal analysis of serum KL-6 levels in patients with systemic sclerosis: association with the activity of pulmonary fibrosis
    M.Hasegawa
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY 21(4) 429-436 2003年
  • Ultraviolet light exposure suppresses contact hypersensitivity by abrogating endothelial intercellular adhesion molecule-1 up-regulation at the elicitation site
    長谷川 稔
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 171(6) 2855-2862 2003年
  • Serum levels of tumor necrosis factor and interleukin-13 are elevated in patients with localized scleroderma
    M.Hasegawa
    DERMATOLOGY 207(2) 141 2003年
  • Longitudinal analysis of serum KL-6 levels in patients with systemic sclerosis: association with the activity of pulmonary fibrosis
    長谷川 稔
    LINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY 21(4) 429-436 2003年
  • Antiphospholipid antibody in localised scleroderma
    M.Hasegawa
    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES 62(8) 771-774 2003年
  • Serum levels of tumor necrosis factor and interleukin-13 are elevated in patients with localized scleroderma
    長谷川 稔
    DERMATOLOGY 207(2) 141 2003年
  • Serum concentrations of the CXC chemokines interleukin 8 and growth-regulated oncogene-alpha are elevated in patients with systemic sclerosis
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 30(7) 1524 2003年
  • Antiphospholipid antibody in localised scleroderma
    長谷川 稔
    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES 62(8) 771-774 2003年
  • Serum concentrations of the CXC chemokines interleukin 8 and growth-regulated oncogene-alpha are elevated in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY 30(7) 1524 2003年
  • Complement receptors CD21/35 link innate and protective immunity during Streptococcus pneumoniae infection by regulating IgG3 antibody responses
    長谷川 稔
    IMMUNITY 17(713-723) 2002 2002年
  • The cutaneous reverse Arthus reaction requires intercellular adhesion molecule 1 and L-selectin expression
    M.Hasegawa
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 168 2970-2978 2002年
  • Wiley 分子生物医学辞典
    長谷川 稔
    Wiley 2002年
  • The cutaneous reverse Arthus reaction requires intercellular adhesion molecule 1 and L-selectin expression
    長谷川 稔
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 168 2970-2978 2002年
  • 新・膠原病ー診断と治療の最新ポイントー(皮膚から内臓へ)
    長谷川 稔
    診断と治療社 2002年
  • CD19 can regulate B lymphocyte signal transduction independent of complement activation
    長谷川 稔
    J Immunol 167 3190-3200 2001年
  • A CD19-dependent signaling pathway regulates autoimmunity in Lyn-deficient mice
    長谷川 稔
    J Immunol 167 2469-2478 2001年
  • CD19 amplification of B lymphocyte Ca responses: a role for Lyn sequestration in extinguishing negative regulation
    長谷川 稔
    J Biol Chem 276 44820-44827 2001年
  • Clinical significance of anti-topoisomerase I antibody levels by ELISA in systemic sclerosis
    長谷川 稔
    Rheumatology 40 1135-1140 2001年
  • Clinical significance of soluble CD31 in patients with systemic sclerosis:association with limited cutaneous systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 28 2460-2465 2001年
  • Elevated serum L-selectin levels and decreased L-selectin expression on CD8+ T lymphocytes in systemic sclerosis
    長谷川 稔
    Clin Exp Immunol 124 474-479 2001年
  • Enhanced production of CC-chemokines (RANTES, MCP-1, MIP-1α, MIP-1β, and eotaxin) in patients with atopic dermatitis
    長谷川 稔
    Arch Dermatil Res 293 350-355 2001年
  • Renal vascular damage in Japanese patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    Rheumatology 40 406-409 2001年
  • Serum levels of interleukin-6 and interleukin-10 correlate with total skin thickness score in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Dermatol Sci 27 140-146 2001年
  • CD19, CD21 and CD22: multifaced response regulators of B lymphocyte signal transduction
    M.Hasegawa
    Intern Rev Immunol 20 739-762 2001年
  • CD19, CD21 and CD22: multifaced response regulators of B lymphocyte signal transduction
    長谷川 稔
    Intern Rev Immunol 20 739-762 2001年
  • Quantitative genetic variation in CD19 expression correlates with autoimmunity
    長谷川 稔
    J Immunol 165 6636-6643 2000年
  • Clinical significance of antinuclear matrix antibody in serum from patients with anti-U1RNP antibody
    長谷川 稔
    Arch Dermatol Res 292 55-59 2000年
  • Elevated serum KL-6 levels in patients with systemic sclerosis: association with the severity of pulmonary fibrosis
    長谷川 稔
    Dermatology 200 196-201 2000年
  • Levels of interleukin 12, a cytokine of type 1 helper T cells, are elevated in sera from patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 27 2838-2842 2000年
  • Serum levels of connective tissue growth factor are elevated in patients with systemic sclerosis: Association with extent of skin sclerosis and severity of pulmonary fibrosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 27 149-154 2000年
  • Serum levels of soluble interleukin 6 receptor and soluble gp130 are elevated in patients with localized scleroderma
    長谷川 稔
    J Rheumatol 27 1917-1921 2000年
  • Steeber DA, Tedder TF, Sato S. Delayed wound healing in the absence of intercellular adhesion molecule-1 or L- selectin expression
    長谷川 稔
    Am J Pathol 157 237-247 2000年
  • Augmented production of chemokines (monocyte chemotactic protein-1(MCP-1)), macrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α)and MIP-1β) in patients with systemic sclerosis: MCP-1and MCP-1α may be involved in the development of pulmonary fibrosis
    長谷川 稔
    Clin Exp Immunol 117 159-165 1999年
  • Elevated serum L-selectin levels and abnormal regulation of L-selectin expression on leukocytes in atopic dermatitis: Soluble L-selectin levels indicate disease severity
    長谷川 稔
    J Allergy Clin Immunol 104 163-168 1999年
  • Enhanced production of interleukin-6 (IL-6), oncostatin M and soluble IL-6 receptor by cultured peripheral blood mononuclear cells from patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    . Rheumatol 38 612-617 1999年
  • Systemic sclerosis revealing T-cell lymphoma
    長谷川 稔
    Dermatology 198 75-78 1999年
  • Systemic sclerosis revealing T-cell lymphoma
    M.Hasegawa
    DERMATOLOGY 198 75-78 1999年
  • 原発巣切除23年後に所属リンパ節転移にて再発が認められた悪性 黒色腫の1例
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床 41(2) 275-277 1999年
  • 新生児エリテマトーデスの2例
    長谷川 稔
    臨床皮膚科 53(12) 1009-1011 1999年
  • 被覆表皮の一部に悪性外毛根鞘腫を合併したメルケル細胞癌の1 例
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床 41(13) 2109-2112 1999年
  • 全身性強皮症における腎血管抵抗の上昇に対するトランドラプリ ル製剤の効果
    長谷川 稔
    臨床と研究 76(7) 1412-1414 1999年
  • : IL-13 Production by pripheral blood mononuclear cells from patients with atopic dermatitis
    長谷川 稔
    Dermatology 196 377-381 1998年
  • Antigen specificity of antihistone antibodies in systemic sclerosis
    長谷川 稔
    Annals Rheumatic Diseases 57 470-475 1998年
  • Autoantibodies against calpastatin in sera from patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 25 2135-2139 1998年
  • Increased plasma granulocyte elastase levels in Behcet's disease
    長谷川 稔
    J Rheumatol 25 326-328 1998年
  • Serum levels of interleukin 6 (IL-6), oncostatin M, soluble IL-6 receptor, and soluble gp130 in patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 25 308-313 1998年
  • Sweet's syndrome associated with granulocyre colony-stimulating factor
    長谷川 稔
    Eur J Dermatol 18 503-505 1998年
  • 全身性強皮症 生活指導
    長谷川 稔
    MB Derma.(12) 57-62 1998年
  • 全身性強皮症と自己抗体
    長谷川 稔
    臨床免疫 30(5) 732-736 1998年
  • 全身性強皮症と誤診されていた慢性関節リウマチの3例
    長谷川 稔
    日本皮膚科学会雑誌 108(10) 1275-1281 1998年
  • 全身性強皮症患者血中サイトカインレベル TNF-α,IL-2,IL-4,IL- 6,IL-10,IL-13と臨床病態及び免疫学的異常との相関
    長谷川 稔
    金沢大学十全医学会雑誌 107(2) 118-128 1998年
  • Elevated serum levels of interleukin 4(IL- 4), IL-10, and IL-13 patients with systemic sclerosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 24 328-332 1997年
  • Elevated serum tumor necrosis factor-α levels in patients with systemic sclerosis; association with pulmonary fibrosis
    長谷川 稔
    J Rheumatol 24 663-665 1997年
  • Simultaneous measurement of serum 5-S-cysteinyldopa, circulating intercellular adhesion molecule-1 and soluble interleukin-2 receptor levels in Japanese patients with malignant melanoma
    長谷川 稔
    Melanoma Research 7 243-251 1997年
  • Diffuse Fasciitis without Eosinophiliaの1例
    長谷川 稔
    皮膚科の臨床 39(10) 1614-1615 1997年
  • レイノー現象に対してシルデナフィルが有効であった混合結合組織病の小児例
    安冨素子、川崎亜希子、山田健太、鈴木孝二、宮川和彦、長谷川 稔、大嶋勇成
    日本小児皮膚科学会雑誌 36(2) 117-121 2017年06月 査読有り
  • Survey of single-nucleotide polymorphisms in the gene encoding human deoxyribonuclease I-like 2 producing loss of function potentially implicated in the pathogenesis of parakeratosis.
    Ueki M, Takeshita H, Utsunomiya N, Chino T, Oyama N, Hasegawa M, Kimura-Kataoka K, Fujihara J, Iida R, Yasuda T.
    PLoS One. 12(4) e0175083 2017年04月 査読有り
  • Transethnic meta-analysis identifies GSDMA and PRDM1 as susceptibility genes to systemic sclerosis.
    Terao C, Kawaguchi T, Dieude P, Varga J, Kuwana M, Hudson M, Kawaguchi Y, Matucci-Cerinic M, Ohmura K, Riemekasten G, Kawasaki A, Airo P, Horita T, Oka A, Hachulla E, Yoshifuji H, Caramaschi P, Hunzelmann N, Baron M, Atsumi T, Hassoun P, Torii T, Takahashi M, Tabara Y, Shimizu M, Tochimoto A, Ayuzawa N, Yanagida H, Furukawa H, Tohma S, Hasegawa M, Fujimoto M, Ishikawa O, Yamamoto T, Goto D, Asano Y, Jinnin M, Endo H, Takahashi H, Takehara K, Sato S, Ihn H, Raychaudhuri S3, Liao K, Gregersen P, Tsuchiya N, Riccieri V, Melchers I, Valentini G, Cauvet A, Martinez M, Mimori T, Matsuda F, Allanore Y.
    Ann Rheum Dis. 76(6) 1150-1158 2017年06月 査読有り
  • Preventive effects of topical washing with miconazole nitrate-containing soap to diaper candidiasis in hospitalized elderly patients: A prospective, double-blind, placebo-controlled study.
    Takahashi H, Oyama N, Tanaka I, Hasegawa M, Hirano K, Shimada C, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(7) 760-766 2017年07月 査読有り
    Hasegawa M.
  • RXRB Is an MHC-Encoded Susceptibility Gene Associated with Anti-Topoisomerase I Antibody-Positive Systemic Sclerosis.
    Oka A, Asano Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Ishikawa O, Kuwana M, Kawaguchi Y, Yamamoto T, Takahashi H, Goto D, Endo H, Jinnin M, Mano S, Hosomichi K, Mabuchi T, Ueda MT, Nakagawa S, Beck S, Bahram S, Takehara K, Sato S, Ihn H.
    J Invest Dermatol. 137(9) 1878-1886 2017年09月 査読有り
  • Blockade of TGF-β/Smad signaling by the small compound HPH-15 ameliorates experimental skin fibrosis.
    Luong VH, Chino T, Oyama N, Matsushita T, Sasaki Y, Ogura D, Niwa SI, BiswasT, Hamasaki A, Fujita M, Okamoto Y, Otsuka M, Ihn H, Hasegawa M.
    Arthritis Res Ther. 20(1) 46 2018年03月 査読有り
    Hasegawa M.
  • 多発単神経炎に対して免疫グロブリン大量静注療法が奏効した好酸球性多発血管炎性芽腫症の疑い例
    髙嶋 渉、徳力 篤、齋藤敦子、長谷川 稔
    臨床皮膚科 71(12) 972-975 2017年11月 査読有り
  • Multiple subcutaneous cholesterol granulomas arising in eruptive vellus hair cysts: A case report and published work review of 11 cases.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Tokuriki A , Sakai Y, Imamura Y, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(4) 481-482 2017年04月 査読有り
    Utsunomiya N
  • Erythema induratum of Bazin which occurred after tumor necrosis factor antagonist therapy.
    Baba N, Takashima W, Tokuriki A, Ameshima S, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(epub-only.) e87-e88 2017年01月 査読有り
    Baba N
  • Certolizumab pegol, a pegylated anti-TNF-α antagonist, caused de novo-onset palmoplantar pustulosis followed by generalized pustular psoriasis in a patient with rheumatoid arthritis.
    Koizumi H, Tokuriki A, Oyama N, Ido H, Sugiura K, Akiyama M, Hasegawa M.
    J Dermatol. 44(6) 723-724 2017年06月 査読有り
    Koizumi H
  • A Case of Subcutaneous Sarcoidosis Occurring along the Superficial Veins of the Forearms: A Distinctive Cutaneous Manifestation Masquerading Venous Tropic Action in the Underlying Systemic Disease?
    Koizumi H, Oyama N, Hayakawa Y, Hasegawa M
    Case Rep Dermatol. 9(1) 108-113 2017年04月 査読有り
    Koizumi H
  • Sublamina densa-type linear IgA bullous dermatosis with IgA autoantibodies specific for type VII collagen: a case report and clinicopathological review of 32 cases.
    Utsunomiya N, Chino T, Oyama N, Utsunomiya A, Yamaguchi Y, Takashima W, Tokuriki A, Hasegawa M.
    Dermatol Online J. 23(11) 1-6 2017年11月 査読有り
    Utsunomiya N
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1:創傷一般ガイドライン
    井上雄二、金子 栄、 加納宏行、 新谷洋一、 辻田 淳、 長谷川 稔、 藤田英樹、 茂木精一郎、 レパヴー・アンドレ、 浅井 純、 浅野善英、 安部正敏、 天野正宏、 池上隆太、 石井貴之、 爲政大幾、 磯貝善蔵、 伊藤孝明、 入澤亮吉、 岩田洋平、 大塚正樹、 尾本陽一、 加藤裕史、 門野岳史、 川上民裕、 川口雅一、 久木野竜一、 幸野 健、 古賀文二、 小寺雅也、 境 恵祐、 櫻井英一、 皿山泰子、 谷岡未樹、 谷崎英昭、 土井直孝、 中西健史、 橋本 彰、 林 昌浩、 廣崎邦紀、 藤本 学、 藤原 浩、 前川武雄、 松尾光馬、 間所直樹、 八代 浩、 山崎 修、 吉野雄一郎、 立花隆夫、 尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 127(8) 1659-1687 2017年08月 査読有り
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―2:褥瘡診療ガイドライン
    藤原 浩、 磯貝善蔵、 入澤亮吉、 大塚正樹、 門野岳史、 古賀文二、 廣崎邦紀、 浅井 純、 浅野善英、 安部正敏、 天野正宏、 池上隆太、 石井貴之、 爲政大幾、 伊藤孝明、 井上雄二、 岩田洋平、 尾本陽一、 加藤裕史、 金子 栄、 加納宏行、 川上民裕、 川口雅一、 久木野竜一、 幸野 健、 小寺雅也、 境 恵祐、 櫻井英一、 皿山泰子、 新谷洋一、 谷岡未樹、 谷崎英昭、 辻田 淳、 土井直孝、 中西健史、 橋本 彰、 長谷川 稔、 林 昌浩、 藤田英樹、 藤本 学、 前川武雄、 松尾光馬、 間所直樹、 茂木精一郎、 八代 浩、 山崎 修、 吉野雄一郎、 レパヴー・アンドレ、 立花隆夫、 尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 127(9) 1933-1988 2017年09月 査読有り
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン
    爲政大幾、安部正敏、池上隆太、加藤裕史、櫻井英一、谷崎英昭 中西健史、松尾光馬、山崎 修、浅井 純、浅野善英、天野正宏 石井貴之、磯貝善蔵、伊藤孝明、井上雄二、入澤亮吉、岩田洋平 大塚正樹、尾本陽一、門野岳史、金子 栄、加納宏行、川上民裕 川口雅一、久木野竜一  幸野 健、古賀文二、小寺雅也、境 恵祐 皿山泰子、新谷洋一、谷岡未樹、辻田 淳、土井直孝、橋本 彰 長谷川稔、林 昌浩、廣崎邦紀、藤田英樹、藤本 学、藤原 浩 前川武雄、間所直樹、茂木精一郎  八代 浩、吉野雄一郎 レパヴー・アンドレ、  立花隆夫、尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 127(9) 1989-2031 2017年09月 査読有り
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―4:膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン
    藤本 学、 浅井 純、 浅野善英、 石井貴之、 岩田洋平、 川上民裕、 小寺雅也、 安部正敏、 天野正宏、 池上隆太、 爲政大幾、 磯貝善蔵、 伊藤孝明、 井上雄二、 入澤亮吉、 大塚正樹、 尾本陽一、 加藤裕史、 門野岳史、 金子 栄、 加納宏行、 川口雅一、 久木野竜一、 幸野 健、 古賀文二、 境 恵祐、 櫻井英一、 皿山泰子、 新谷洋一、 谷岡未樹、 谷崎英昭、 辻田 淳、 土井直孝、 中西健史、 橋本 彰、 長谷川 稔、 林 昌浩、 廣崎邦紀、 藤田英樹、 藤原 浩、 前川武雄、 松尾光馬、 間所直樹、 茂木精一郎、八代 浩、 山崎 修、 吉野雄一郎、 レパヴー・アンドレ、 立花隆夫、 尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 127(9) 2033-2075 2017年09月 査読有り
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン
    伊藤孝明、、久木野竜一、、皿山泰子、谷岡未樹、前川武雄、八代、浩、浅井、純、浅野善英、安部正敏、天野正宏、池上隆太、石井貴之、爲政大幾、磯貝善蔵、井上雄二、入澤亮吉、岩田洋平、大塚正樹、尾本陽一、加藤裕史、谷崎英昭、門野岳史、金子、栄、加納宏行、川上民裕、川口雅一、幸野、健、古賀文二、小寺雅也、境、恵祐、櫻井英一、新谷洋一、辻田、淳、土井直孝、中西健史、橋本、彰、長谷川稔、林、昌浩、廣崎邦紀、藤田英樹、藤本、学、藤原、浩、松尾光馬、間所直樹、茂木精一郎、山崎、修、吉野雄一郎、レパヴー・アンドレ、立花隆夫、尹、浩信
    日本皮膚科学会誌 127(10) 2239-2259 2017年10月 査読有り
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―6:熱傷診療ガイドライン
    吉野雄一郎、 天野正宏、 尾本陽一、 川口雅一、 境 恵祐、 土井直孝、 橋本 彰、 林 昌浩、 間所直樹、 浅井 純、 浅野善英、 安部正敏、 池上隆太、 石井貴之、 爲政大幾、 磯貝善蔵、 伊藤孝明、 井上雄二、 入澤亮吉、 岩田洋平、 大塚正樹、 加藤裕史、 門野岳史、 金子 栄、 加納宏行、 川上民裕、 久木野竜一、 幸野 健、 古賀文二、 小寺雅也、 櫻井英一、 皿山泰子、 新谷洋一、 谷岡未樹、 谷崎英昭、 辻田 淳、 中西健史、 長谷川 稔、 廣崎邦紀、 藤田英樹、 藤本 学、 藤原 浩、 前川武雄、 松尾光馬、 茂木精一郎、 八代 浩、 山崎 修、 レパヴー・アンドレ、 立花隆夫、 尹 浩信
    日本皮膚科学会誌 127(10) 2261-2292 2017年10月 査読有り
  • Outline of guidelines for the management of vasculitis and vascular disorders in Japan, 2016 revised edition.
    Ikeda T, Furukawa F, Kawakami T, Ishiguro N, Uzuki M, Ozaki S, Katsuoka K, Kono T, Kawana S, Kodera M, Sawai T, Sawada Y, Seishima M, Tanikawa A, Chen KR, Hasegawa M.
    J Dermatol. 45(2) 122-127 2018年02月 査読有り
  • トピックス①最新の医療機器を導入し皮膚科専門外来が充実しました。
    長谷川 稔
    Frontier 14 8 2017年05月 査読無し
  • 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究
    尹 浩信、浅野善英、石川 治、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、波多野将、藤本 学、牧野貴充、山本俊幸、麦井直樹、佐藤伸一
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 3-8 2018年03月 査読無し
  • 本邦における全身性強皮症早期重症例の臨床症状の推移-多施設前向き研究-
    長谷川 稔、浅野善英、石川 治、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、神人正寿、高橋裕樹、竹原和彦、波多野将、藤本 学、牧野貴充、田中住明、佐藤伸一、宇都宮慧、遠藤平仁、小川文秀、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 48-56 2018年03月 査読無し
  • 群馬大学皮膚科における全身性強皮症と硬化性萎縮性苔癬の重症度について
    石川 治、浅野善英、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、波多野将、藤本 学、牧野貴充、山本俊幸、佐藤伸一、茂木精一郎、関口明子、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 57-60 2018年03月 査読無し
  • 食道運動障害を合併した全身性強皮症の臨床的特徴について
    石川 治、浅野善英、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、波多野将、藤本 学、牧野貴充、山本俊幸、佐藤伸一、茂木精一郎、山崎咲保里、関口明子、藤原千紗子、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 61-65 2018年03月 査読無し
  • 成人限局性強皮症の簡易的日常生活動作障害スコアリングシステムの有用性
    藤本 学、浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、牧野貴充、山本俊幸、佐藤伸一、沖山奈緒子、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 90-93 2018年03月 査読無し
  • 好酸球性筋膜炎の病態解明を目指した、マウス筋膜炎モデル
    山本俊幸、浅野善英、石川 治、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、牧野貴充、佐藤伸一、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 94-97 2018年03月 査読無し
  • 好酸球性筋膜炎の診療ガイドラインの妥当性の検証
    神人正寿、浅野善英、石川 治、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、牧野貴充、山本俊幸、佐藤伸一、尹 浩信
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書 98-102 2018年03月 査読無し
  • A Case of Erythema Multiforme Major Developed after Sequential Use of Two Immune Checkpoint Inhibitors, Nivolumab and Ipilimumab, for Advanced Melanoma: Possible Implication of Synergistic and/or Complementary Immunomodulatory Effects.
    Utsunomiya A, Oyama N, Iino S, Baba N, Chino T, Utsunomiya N, Hasegawa M.
    Case Rep Dermatol. 10(1) 1-6 2018年01月 査読有り
    Utsunomiya A
  • Two-phase surgery using a dermal regeneration material for nail unit melanoma: Three case reports.
    Iino S, Sato S, Baba N, Maruta N, Takashima W, Oyama N, Kiyohara T, Yasuda M, Hasegawa M.
    The Open Dermatology Journal 11 81-86 2017年10月 査読有り
    Iino S
  • 【エリテマトーデスをきわめる-SLEエンサイクロペディア】 (Part1)ループスエリテマトーデスに伴う特異的皮疹(case 2) 斑状丘疹状ループス(解説/特集)
    宇都宮 慧、長谷川 稔
    Visual Dermatology 16(8) 744-746 2017年07月 査読有り

著書

  • 全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    尹 浩信、神人正寿、山本俊幸、浅野善英、石川 治、佐藤伸一、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学
    分担執筆
    好酸球性筋膜炎
    金原出版㈱ 2017年
  • 全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    尹 浩信、長谷川 稔、石川 治、浅野善英、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、藤本 学、山本俊幸
    分担執筆
    硬化性萎縮性苔癬
    金原出版㈱ 2017年
  • 全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    尹 浩信、浅野善英、藤本 学、石川 治、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、山本俊幸
    分担執筆
    限局性強皮症
    金原出版㈱ 2017年
  • 皮膚科新薬の使い方
    長谷川 稔
    分担執筆
    トラクリア(全身性強皮症手指潰瘍) : 発症抑制効果あり?
    メディカルレビュー社 2017年
  • Visual Dermatology16(3)
    長谷川 稔
    分担執筆
    寒冷刺激
    ㈱学研ルディカル秀潤社 2017年
  • 皮膚疾患 最新の治療 2017-2018
    長谷川 稔
    分担執筆
    全身性エリテマトーデス
    南江堂 2016年
  • 今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'STHERAPY 2017
    長谷川 稔
    分担執筆
    結節性紅斑
    ㈱医学書院 2017年
  • 皮膚科研修ノート
    長谷川 稔
    分担執筆
    全身性強皮症
    診断と治療社 2016年
  • SCLERODERMA
    長谷川 稔
    分担執筆
    Ⅲ診断 病型分類と自然経過
    医療ジャーナル社 2016年
  • SCLERODERMA
    長谷川 稔
    分担執筆
    Ⅲ診断 バイオマーカー
    医薬ジャーナル社 2016年
  • マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術
    長谷川 稔
    分担執筆
    全身性強皮症
    メディカルレビュー社 2016年
  • Dermatology Year Book 2016-2017 WHAT'S NEW in 皮膚科学2016-2017
    徳力 篤,長谷川 稔
    分担執筆
    皮膚科医が使いこなす免疫抑制薬
    メディカルレビュー社 2016年
  • 皮膚科頻用薬のコツと落とし穴
    長谷川 稔
    分担執筆
    強皮症に適応はあるのか?
    文光堂 2016年
  • 皮膚疾患 ベスト治療 臨床決断の戦略・エビデンス
    長谷川 稔
    分担執筆
    全身性強皮症
    秀潤社 2016年
  • リウマチ・膠原病診療ハイグレード リウマチ・膠原病の合併症や諸問題を解く
    長谷川 稔
    分担執筆
    皮膚病変のマクロとミクロ、皮疹からみたその病態は?
    文光堂 2015年
  • Systemic Sclerosis:Recent Advance in Basic and Translational Research.
    Hasegawa M.
    分担執筆
    Biomarker.
    SpringerJapan 2015年
  • 定番 皮膚科外来検査のすべて
    長谷川 稔
    執筆、編集
    膠原病検査法
    株式会社文光堂 2015年02月
  • 皮膚疾患 最新の治療 2015-2016
    長谷川 稔
    執筆、編集
    皮膚筋炎
    株式会社南江堂 2015年01月
  • EBM 皮膚疾患の治療 up-to-date
    長谷川 稔
    執筆、編集
    強皮症の皮膚潰瘍にエンドセリン受容体拮抗薬は有用か?
    中外医学社 2015年02月
  • 今日の治療方針 私はこう治療している
    長谷川 稔
    執筆、編集
    慢性色素性紫斑
    医学書院 2015年01月
  • 今日の臨床サポート(改訂第2版)
    長谷川 稔
    執筆、編集
    皮膚硬化
    エルゼビア・ジャパン 2014年
  • 今日の臨床サポート
    長谷川 稔
    執筆、編集
    皮膚硬化
    エルゼビア・ジャパン 2013年
  • 皮膚科臨床アセット12新しい創傷治療のすべて 褥瘡・熱傷・皮膚潰瘍
    長谷川 稔
    執筆、編集
    皮膚創傷に用いられる外用薬
    中山書店 2013年06月
  • 皮膚科臨床アセット12新しい創傷治療のすべて 褥瘡・熱傷・皮膚潰瘍
    長谷川 稔
    執筆、編集
    皮膚創傷に対するドレッシング材の用い方
    中山書店 2013年06月
  • 創傷と痛み
    長谷川 稔
    執筆、編集
    局所感染を制御する
    金原出版 2013年07月
  • WHAT'S NEW in 皮膚科学2014-2015
    長谷川 稔
    執筆、編集
    強皮症の治療はどこまで進歩したか?
    メディカルレビュー社 2014年02月
  • 苦手な外来皮膚疾患100の解決法~そのとき達人はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?~
    長谷川 稔
    執筆、編集
    レイノー現象をみたときの対処法の決め手ー意味のあるレイノーか?診断の解決法は?
    メディカルレビュー社 2014年02月
  • 内科外来診断navi
    長谷川 稔
    分担執筆
    皮膚潰瘍
    中外医学社 2017年04月
    978-4-498-02074-0
  • Today's Therapy 2018
    長谷川 稔
    分担執筆
    Sweet病(Sweet症候群)
    医学書院 2018年01月
    978-4-260-03233-9

講演・口頭発表等

  • 多形コ紅斑様皮疹を生じた中毒疹の1例:ミドリムシ製剤とDLSTの有用性についての検討
    宇都宮夏子、宇都宮 慧、宮永美紀、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2016年11月
  • 巨大な腫瘤を形成した頭部乳頭状皮膚炎の1例
    飯野志郎、馬場夏希、宇都宮夏子、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第31回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2016年09月
  • A novel small compound that antagonizes TGF-β/Smad signaling ameliorates bleomycin-induced skin fibrosis.
    Vu H.Luong, Chino T, Tokuriki A, Oyama N, Sasaki Y, Ogura D, Niwa S, Fujita M, Okamoto Y, Otsuka M, Ihn H, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月
  • 強皮症腎クリーゼと大量の腹水を呈した全身性強皮症の1例
    小泉 遼、井戸英樹、上杉沙織、島田絵理華、尾山徳孝、長谷川 稔、大岩加奈、多居克規、津谷 寛、糟野健司
    第125回福井県皮膚科医会例会 2017年03月
  • 足底desmoplastic melanomaの1例
    飯野志郎、加藤卓浩、笠松宏至、髙嶋 渉、尾山徳孝、長谷川 稔
    日本皮膚科学会第460回大阪地方会 2017年03月
  • C.giliermondiiによるガンジタ性爪囲爪炎の1例
    高橋秀典、尾山徳孝、長谷川 稔
    第279回日本皮膚科学会東海地方会 2017年03月
  • 肛門部悪性黒色腫の1例
    加藤卓浩、飯野志郎、山口由佳、馬場夏希、笠松宏至、宇都宮夏子、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、小練研司、澤井利次
    日本皮膚科学会北陸地方会第453回例会 2017年02月
  • 超低出生体重児の乳児血管腫にプロプラノロール内服が奏効した1例
    島田絵理華、徳力 篤、知野剛直、長谷川 稔、五十嵐愛子、大嶋勇成
    日本皮膚科学会北陸地方会第453回例会 2017年02月
  • レーザー外来6年間の治療経験
    井戸英樹、加藤卓浩、長谷川 稔、佐藤 英、清原隆宏
    日本皮膚科学会北陸地方会第453回例会 2017年02月
  • 強皮症腎クリーゼと血栓性血小板減少症類縁疾患を合併した抗トポイソメラーゼⅠ抗体陽性の全身性強皮症の1例
    小泉 遼、井戸英樹、上杉沙織、島田絵理華、大岩加奈、田居克規、津谷 寛、糟野健司、長谷川 稔
    第40回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年01月
  • 免疫グロブリン静注療法とバルーン拡張術が高度な嚥下障害に有効であった皮膚筋炎の1例
    宇都宮 慧、高嶋 渉、小泉 遼、加藤卓浩、知野剛直、徳力 篤、小林奈美子、徳永貴広、長谷川 稔
    第40回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年01月
  • 膠原病の皮膚病変:最近の話題
    長谷川 稔
    日本皮膚科学会新潟地方会第385回例会 2017年03月
  • 強皮症:実践的な診療から最新の治療まで(教育講演23)
    長谷川 稔
    第115回日本皮膚科学会総会 2016年06月
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドラインにおける創傷一般(教育講演21)
    辻田 淳、井上雄二、長谷川 稔、レパヴーアンドレ、藤田英樹、新谷洋一、茂木精一郎、加納宏行、金子 栄
    第115回日本皮膚科学会総会 2016年06月
  • 乾癬の薬物治療について
    長谷川 稔
    日本病院薬剤師会学術講演会 2016年07月
  • リウマチ医に必要な皮膚科診療の知識
    長谷川 稔
    第28回日本リウマチ学会・中部リウマチ学会中部支部学術集会 2016年09月
  • 「乾癬治療における病診連携」
    長谷川 稔
    敦賀コセンティクス講演会 2016年09月
  • 「全身性強皮症:PAHを含めた血管病変」
    長谷川 稔
    「PAHを考える会 IN 永平寺」 2016年10月
  • 強皮症・皮膚筋炎・エリテマトーデス Up to date
    長谷川 稔
    第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2016年10月
  • 「膠原病の上手な付き合い方」
    長谷川 稔
    相談会(膠原病) 2016年11月
  • レイノー現象に対してPDF5阻害剤が有効であった混合結合組織病の1例
    安冨素子、河北亜希子、山田健太、鈴木孝二、真弓光文、大嶋勇成、長谷川 稔、宮川和彦
    第40回日本小児皮膚科学会 2016年07月
  • 顔面のin-transit転移に対し、インターフェロンβ局所注射治療後にニボルマブを投与した悪性黒色腫の1例
    飯野志郎、笠松宏至、宇都宮慧、宇都宮夏子、山口由佳、高嶋 渉、長谷川 稔
    第32回日本悪性腫瘍学会学術大会 2016年05月
  • 脂漏性角化症に合併したと考えられた有棘細胞癌の1例
    山口由佳、飯野志郎、宇都宮慧、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第32回日本悪性腫瘍学会学術大会 2016年05月
  • 下股に生じたSpindle cell squamous cell carcinomaの1例
    小泉 遼、飯野志郎、宇都宮 慧、徳力 篤、長谷川 稔、小上瑛也、今村好章、横田日高
    第123回福井県皮膚科医会例会 2016年05月
  • 診断に苦慮している色素異常症の1例
    知野剛直、尾山徳孝、井戸英樹、宮永美紀、徳力 篤、長谷川 稔、井戸敏子
    第115回日本皮膚科学会総会 2016年06月
  • 高齢者の後頭部に生じたchronic expanding hematomaの1例
    宮永美紀、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔、小上瑛也、丸田直樹、早川幸紀
    第115回日本皮膚科学会総会 2016年06月
  • 下股に生じたSpindle cell squamous cell carcinomaの1例
    小泉 遼、飯野志郎、宇都宮 慧、徳力 篤、小上瑛也、今村好章、横田日高、長谷川 稔
    第115回日本皮膚科学会総会 2016年06月
  • 早期胃癌を合併した抗TIF-r抗体陽性の皮膚筋炎の2例
    江森功一、宇都宮 慧、小泉 遼、知野剛直、飯野志郎、徳力 篤、石黒和守、長谷川 稔
    第115回日本皮膚科学会総会(Future Dermatological Session) 2016年06月
  • ミノサイクリン局注療法が奏効した再発性耳介偽嚢腫の1例
    栗田絵里華、尾山徳孝、高嶋 渉、長谷川 稔、石黒和守
    日本皮膚科学会北陸地方会第450回例会 2016年06月
  • Ca拮抗薬による乾癬型薬疹の1例
    宮永美紀、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第450回例会 2016年06月
  • 広背筋筋層下に生じたintravascular papillary endpthelial hyperplasiaの1例
    馬場夏希、飯野志郎、宇都宮 慧、徳力 篤、長谷川 稔、小村一浩
    日本皮膚科学会北陸地方会第450回例会 2016年06月
  • 「母斑・形成異常他」遺伝子診断に難渋している小児の色素異常症の1例
    知野剛直、尾山徳孝、宇都宮 慧、宇都宮夏子、高嶋 渉、井戸英樹、宮永美紀、徳力 篤、長谷川 稔、井戸敏子
    第40回日本小児皮膚科学会 2016年07月
  • イミキモド誘発乾癬モデルマウスにおけるデルモカインβ/r の機能解析
    徳力 篤、知野剛直、尾山徳孝、東 清史、斎藤 幸一、長谷川 稔
    第31回日本乾癬学会学術大会 2016年09月
  • 乾癬の病態におけるデルモカインβ/rの役割
    知野剛直、徳力 篤、宇都宮 慧、Vu Huy Luong、尾山徳孝、東 清史、斎藤幸一、長谷川 稔
    第44回日本臨床免疫学会総会 2016年09月
  • 多様な合併症を伴い顆粒球吸着療法が奏効した膿疱性乾癬の1例
    島田絵理華、加藤卓浩、高嶋 渉、知野剛直、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第451回例会 2016年09月
  • Vibrio vulnificusによる上股壊死性筋膜炎の2例
    笠松宏至、飯野志郎、加藤卓浩、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第451回例会 2016年09月
  • イピリムマブ投与後にStevens-Johoson症候群を生じた頭部悪性黒色腫の1例
    宇都宮 慧、飯野志郎、宇都宮夏子、加藤卓浩、馬場夏希、山口由佳、知野剛直、長谷川 稔
    第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2016年10月
  • 下半身麻痺患者の坐骨部褥瘡から生じたFournier壊疽の1例
    加藤卓浩、飯野志郎、宇都宮 慧、小泉 遼、長谷川 稔、多賀 峰克、村上 真、藤林哲男
    第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2016年10月
  • ダーモスコピー所見から基底細胞癌を考えた内眼角部アポクリン汗?腫の1例
    笠松宏至、飯野志郎、宇都宮 慧、知野剛直、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2016年10月
  • 同一病巣内に有棘細胞癌と基底細胞癌が併存した1例
    小泉 遼、飯野志郎、宇都宮 慧、徳力 篤、長谷川 稔、今村 好章、石黒 和守
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016年10月
  • 多形コ紅斑様皮疹を生じた中毒疹の1例: ミドリムシ製剤とDLSTの有用性についての検討
    宇都宮夏子、宇都宮 慧、宮永美紀、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2016年11月
  • 顔面in-transit melanomaに対するニボルマブ投与中に生じた乾癬様皮疹の1例
    山口由佳、飯野志郎、笠松宏至、宇都宮 慧、高嶋 渉、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2016年11月
  • 多形コ紅斑様皮疹を生じた中毒疹の1例  健康食品とDLSTの有用性についての検討
    宇都宮夏子、新野保路、宇都宮 慧、笠松宏至、島田絵理華、山口由佳、宮永美紀、知野剛直、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第124回福井県皮膚科医会例会 2016年11月
  • Anti-CX3CL1 antiboby therapy attenuates the development of bleomycin-induced and growth factors-induced skin fibrosis in mice.
    Vu H.Luong, Chino T, Oyama N, Kuboi Y, Obara T, Machinaga A, Ogasawara H, Ikeda W, Imai T, Hasegawa M.
    第45回日本免疫学会総会・学術集会 2016年12月
  • A novel small compound that antagonizes TGF-β/Smad signaling ameliorates bleomycin-induced skin fibrosis.
    Vu H.Luong, Chino T, Tokuriki A, Oyama N, Sasaki Y, Ogura D, Niwa S, Fujita M, Okamoto Y, Otsuka M, Ihn H, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月 選考有り
  • Selective alteration of hemidesmosomal antigens in lichen sclerosus skin: an immunohistochemical study on confocal laser scanning microscope.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Utsunomiya A, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月 選考無し
  • Selective alteration of hemidesmosomal antigens in lichen sclerosus skin: an immunohistochemical study on confocal laser scanning microscope.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Utsunomiya A, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月
  • Dermokine β/r deficiency causes the selective impairment of epidermal barrier function in mice.
    Utsunomiya A, , Chino T, Tokuriki A, Vu Huy Loung, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月
  • Dermokine β/r deficiency causes the selective impairment of epidermal barrier function in mice.
    Utsunomiya A, , Chino T, Tokuriki A, Vu Huy Loung, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月
  • Dual aspects of B cells in tumor immunity; B cells are capable of positive and negative regulation for tumorimmunity against B16 melanima.
    Kobayashi T, Matsushita T, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Takehara K.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016年12月
  • 多発性マダニ咬症の1例
    加藤卓浩、飯野志郎、宇都宮夏子、笠松宏至、長谷川 稔、矢野泰弘、石田久哉
    日本皮膚科学会北陸地方会第452回例会 2016年12月
  • 顎下腺様嚢胞癌の経過に伴って症状が変化した皮膚筋炎の1例
    小泉 遼、井戸英樹、島田絵理華、長谷川 稔、西村陽一
    日本皮膚科学会北陸地方会第452回例会 2016年12月
  • 軟骨皮膚弁で再建した耳輪部悪性腫瘍の2例
    笠松宏至、飯野志郎、宇都宮 慧、加藤卓浩、徳力 篤、長谷川 稔、坂井秀彰
    日本皮膚科学会北陸地方会第452回例会 2016年12月
  • Anti-CX3CL1 monoclonal antibody therapy or CX3CR1 defiviency inhibits skin fibrosis in bleomycin-induced sclerderma model.
    Vu Huy Luong、知野剛直、尾山徳孝、長谷川 稔、小原 隆、久保井良和、待永明仁、小笠原秀晃、池田わたる、今井俊夫
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2016年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2016年度班会議・第20回強皮症研究会議 合同会議 2017年01月
  • A novel small compound HPH-15 ameliorates bleomycin-induced fibrosis of the skin and lungs in mice.
    Vu Huy Luong、知野剛直、尾山徳孝、長谷川 稔、藤田美歌子、岡本良成、大塚雅巳、尹 浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2016年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2016年度班会議・第20回強皮症研究会議 合同会議 2017年01月
  • 免疫グロブリン静注療法とバルーン拡張術が高度な嚥下障害に有効であった皮膚筋炎の1例
    宇都宮 慧、高嶋 渉、小泉 遼、加藤卓浩、知野剛直、徳力 篤、小林奈美子、徳永貴広、長谷川 稔
    第40回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年01月
  • 強皮症腎クリーゼと血栓性血小板減少症類縁疾患を合併した抗トポイソメラーゼⅠ抗体陽性の全身性強皮症の1例
    小泉 遼、井戸英樹、上杉沙織、島田絵理華、大岩加奈、田居克規、津谷 寛、糟野健司、長谷川 稔
    第40回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年01月
  • Dermokine β/γdeficiency enhances imiquimod-induced psoriasis-like inflammation.
    Tokuriki A, Chino T, Vu H.Luong, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • Anti-CX3CL1 monoclonal antiboby: a promising therapy for systemic sclerosis.
    Vu H.Luong, Chino T, Tokuriki A, Oyama N, Hasegawa M, Kuboi Y, Obara T, Yasuda N, Muramoto K, Imai T.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • イピリムマブ投与後に急性喉頭蓋炎を生じた進行期直腸悪性黒色腫の1例
    小泉 遼、宇都宮 慧、飯野志郎、長谷川 稔、木村洋平、成田憲彦、小林泰三
    日本皮膚科学会北陸地方会第449回例会 2016年02月
  • 胸部に生じた皮膚気管支原性?胞の1例
    山口由佳、飯野志郎、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第449回例会 2016年02月
  • 放射線照射部位に基底細胞癌が多発した1例
    笠松宏至、飯野志郎、小泉 遼、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第449回例会 2016年02月
  • 表在血管に沿ってケブネル現象を呈した皮膚サルコイドーシスの1例
    小泉 遼、尾山徳孝、長谷川 稔、早川幸紀
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016年02月
  • 自己免疫性水疱性との鑑別を要した水疱性ループスエリテマトーデスの1例
    高嶋 渉、知野剛直、徳力 篤、尾山徳孝、長谷川 稔
    第39回皮膚脈管・膠原病研究会 2016年01月
  • A novel small compound that antagonizes TGFβ/Smad signaling ameliorates bleomycin-induced skin fibrosis.
    Vu H.Luong, 知野剛直、徳力 篤、長谷川 稔、尾山徳孝、藤田美歌子、岡本良成、大塚雅巳、尹  浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2015年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2015年度班会議・第19回強皮症研究会議 合同会議 2016年01月
  • Anti-CX3CL1 monoclonal antiboby therapy for systemic sclerosis mouse models.
    Vu H.Luong, 知野剛直、徳力 篤、長谷川 稔、尾山徳孝、久保田良和、小原 隆、待永明仁、小笠原秀晃、池田わたる、今井俊夫
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2015年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2015年度班会議・第19回強皮症研究会議 合同会議 2016年01月
  • 瘢痕上に生じた被角血管腫の2例
    山口由佳、飯野志郎、宇都宮 慧、馬場夏希、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第448回例会 2015年12月
  • Sublamina densa型線状IgA水疱症の1例
    宇都宮夏子、高嶋 渉、知野剛直、山口由佳、宮永美紀、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第448回例会 2015年12月
  • 高度の嚥下障害を伴った皮膚筋炎の1例
    宇都宮 慧、小泉 遼、高嶋 渉、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第448回例会 2015年12月
  • Decreased Levels of Regulatory B cells in Patients with Systemic Sclerosis: Association with autoantibody production and disease activity.
    Matsushita T, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Takehara K.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • 皮下膿瘍を生じたクモ咬傷の1例
    長谷川 稔、尾山徳孝
    第443回京滋地方会-椛島健治教授就任記念地方会 2015年12月
  • Dermokine β/γdeficiency enhances imiquimod-induced psoriasis-like inflammation.
    Tokuriki A, Chino T, Vu H.Luong, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • Anti-CX3CL1 monoclonal antiboby: a promising therapy for systemic sclerosis.
    Vu H.Luong, Chino T, Tokuriki A, Oyama N, Hasegawa M, Kuboi Y, Obara T, Yasuda N, Muramoto K, Imai T.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • New aspects of autoantibodies in collagen diseases.
    Hasegawa M
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015年12月
  • 片側性に多発性皮下硬結を認めたサルコイドーシスの1例
    徳力 篤、馬場夏季、井戸英樹、瀧原祐史、澤井孝宏、長谷川 稔
    第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2015年11月
  • 脂漏性角化症から発生したと考えられた有棘細胞癌の1例
    山口由佳、飯野志郎、宇都宮 慧、尾山典孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第122回福井県皮膚科医会例会 2015年11月
  • 「全身性強皮症の血管病変」
    長谷川 稔
    第6回熊本肺高血圧症研究会 2015年11月
  • 「膠原病の診断と治療」
    長谷川 稔
    第33回和歌山CLINICAL DERMA研究会 2015年11月
  • 長期罹患後に手術療法が奏効したリポイド類壊死症の1例
    井戸英樹、笠松宏至、小泉 遼、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔、早川幸紀
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015年10月
  • 白血病の経過中に発症した壊疽性膿皮症の1例
    高嶋 渉、宮永美紀、徳力 篤、尾山徳孝、長谷川 稔、新家裕朗、酒巻一平、山内高弘
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015年10月
  • 頭頂部悪性黒色腫の1例
    馬場夏希、宇都宮慧、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔、成田憲彦
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015年10月
  • 救命しえたToxic shock-like syndromeの2例
    飯野志郎、馬場夏希、高嶋 渉、長谷川 稔、小畑友里江
    第30回日本皮膚外科学会総会 2015年10月
  • 進化する、全身性強皮症の診断・治療
    長谷川 稔
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015年10月
  • 膠原病-皮膚科医はこのように診断する-
    長谷川 稔
    第25日日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2015年10月
  • 「福井大学皮膚科の研究状況」
    長谷川 稔
    第6回皮膚科最新医療研究会 2015年10月
  • 発症時に自己免疫水疱症が疑われた水泡症ループスエリテマトーデスの1例
    高嶋 渉、知野剛直、徳力 篤、尾山徳孝、長谷川 稔
    第43回日本臨床免疫学会総会 2015年10月
  • コレステリン肉芽腫を合併した発疹性毳毛?腫の1例
    宇都宮夏子、尾山徳孝、知野剛直、徳力 篤、長谷川 稔、酒井康弘、今村好章、神永紀子
    日本皮膚科学会北陸地方会第447回例会 2015年09月
  • セルトレズマブペゴル投与中に膿疱性乾癬様の症状を呈した1例
    小泉 遼、徳力 篤、井戸英樹、長谷川 稔、犬飼智雄
    第30回日本乾癬学会学術大会 2015年09月
  • 放射線治療が奏効した内眼角部adamantionid basal cell carcinomaの1例
    笠松宏至、飯野志郎、山口由佳、徳力 篤、長谷川 稔、酒井康弘、今村好章、朝日智子、澤井孝宏
    日本皮膚科学会北陸地方会第447回例会 2015年09月
  • 病巣内に有棘細胞癌が併発した体幹Merkel細胞癌の1例
    飯野志郎、馬場夏希、加藤卓浩、知野剛直、徳力 篤、長谷川 稔、大越忠和、石黒和守
    第31回日本皮膚科悪性腫瘍学会学術大会 2015年07月
  • 高齢者に発症し放射線治療が著効した眼瞼脂腺癌の2例
    山口由佳、馬場夏希、知野剛直、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔
    第31回日本皮膚科悪性腫瘍学会学術大会 2015年07月
  • 亀頭部有棘細胞癌の1例
    宇都宮 慧、馬場夏希、高嶋 渉、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第446回例会 2015年06月
  • Vascular eccrine spiradenomaの2例
    馬場夏希、飯野志郎、徳力 篤、長谷川 稔、竹内 文、酒井康弘、今村好章、木村朋子、石黒和守、尾山徳孝
    日本皮膚科学会北陸地方会第446回例会 2015年06月
  • 「乾癬治療 -皮膚だけをターゲットにしてよいのか?-」
    長谷川 稔
    名大 Psoriasis Conference 2015年06月
  • 中指に生じたA群β溶連菌による壊死性軟部組織感染症の1例
    宇都宮夏子、馬場夏希、飯野志郎、井戸英樹、徳力 篤、長谷川 稔、小阪泰啓
    日本皮膚科学会北陸地方会第446回例会 2015年06月
  • レーザー外来開設4年間の治療経験
    井戸英樹、徳力篤、長谷川稔、佐藤英、清原隆宏
    第121回福井県皮膚科医会例会 2015年05月
  • 全身性強皮症:血管病変を中心に
    長谷川 稔
    第114回日本皮膚科学会総会 2015年05月
  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン創傷一般~ガイドライン改訂版の概要
    藤田英樹、井上雄二、長谷川稔、レパヴーアンドレ、新谷洋一、辻田淳、茂木精一郎、加納宏行、金子栄
    第114回日本皮膚科学会総会 2015年05月
  • 水疱性ループスエリテマトーデスと考えられた1例
    高嶋渉、知野剛直、徳力篤、長谷川稔
    第114回日本皮膚科学会総会 2015年05月
  • 診断に苦慮した膿疱型壊疽性膿皮症の1例
    知野剛直、飯野志郎、高嶋渉、徳力篤、長谷川稔、大越忠和、今村好章、高橋秀典、清原隆宏
    第114回日本皮膚科学会総会 2015年05月
  • 膠原病の皮膚症状:痒みのコントロールも含めて
    長谷川 稔
    中信アレルギー疾患懇話会 2015年05月
  • 難治性皮膚潰瘍にどう対処するか?
    長谷川 稔
    横浜市皮膚科医会学術講演会 2015年04月
  • 放射線照射部位に基底細胞癌が多発した1例
    笠松宏至、飯野志郎、小泉 遼、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第449回例会 2016年02月
  • 全身性強皮症
    長谷川 稔
    第20回京都皮膚科治療フォーラム 2015年03月 選考無し 0
  • Spiradenomaの1例
    馬場 夏希, 飯野 志郎, 徳力 篤, 長谷川 稔
    第120回福井県皮膚科医会例会 2015年03月 選考有り 0
  • 抗リン脂質抗体と関連した皮膚病変
    長谷川 稔
    第2回学術集会日本抗リン脂質抗体標準化ワークショップ 2015年02月 選考無し 0
  • 全身性強皮症の診断と治療
    長谷川 稔
    北九州市皮膚科医会研修会 2015年02月 選考無し 0
  • Eccrice angiomatous hamartomaの1例
    知野 剛直, 井戸 英樹, 徳力 篤, 長谷川 稔, 佐藤 英, 澤井 孝宏, 清原 隆宏
    日本皮膚科学会北陸地方会第445回例会 2015年02月 選考有り 0
  • 右肘部センチネルリンパ節に転移がみられた右前腕Merkel細胞癌の1例
    飯野 志郎, 加藤 卓浩, 馬場 夏希, 徳力 篤, 長谷川 稔, 小村 一浩
    日本皮膚科学会北陸地方会第445回例会 2015年02月 選考有り 0
  • Anti-CX3CL1 antibody therapy attenuates the development of bleomycin-induced skin fibrosis
    Vu Huy Luong, 知野 剛直, 徳力 篤, 長谷川 稔, 村本 賢三
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2014年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2014年度班会議・第18回強皮症研究会議 合同会議 2015年01月 選考無し 0
  • 日本人・ヨーロッパ人における強皮症GWAS国際メタ解析
    寺尾知可史, 大村 浩一郎, 吉藤 元, 岡 晃, 桑名正隆, 長谷川 稔, 藤本 学, 石川 治, 山本俊幸, 後藤大輔, 浅野善英, 神人正寿, 佐藤伸一, 竹原和彦, 高橋裕樹
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2014年度班会議・厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2014年度班会議・第18回強皮症研究会議 合同会議 2015年01月 選考無し 0
  • 多発単神経炎に対し免疫グロブリン大量療法が奏効した小血管炎の1例
    髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔
    第38回皮膚脈管・膠原病研究会 2015年01月 選考有り 0
  • 全身性強皮症の治療戦略
    長谷川 稔
    北海道大学皮膚科 特別講演 2015年01月 選考無し 0
  • A cruicial role of L-selectin in C protein-induced experimental polymyositis of mice
    K. Oishi, Y. Hamaguch, T. Matsushita, M.Hasegawa, N. Okiyama, J.Dernedde, M. Weinhart,, R. Haag,, T.Ftedder, K. takehara,, M.Fujimoto
    日本研究皮膚科学会 第39回年次学術大会・総会 2014年12月 選考有り 0
  • 救命しえたtoxic-shock-like-syndromeの2例
    馬場 夏希, 飯野 志郎, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第444回例会 2014年12月 選考有り 0
  • Primary cutaneous diffuse large B-cell lymphome,leg-typeの1例
    井戸 英樹, 徳力 篤, 長谷川 稔, 酒井 康弘, 今村 好章
    日本皮膚科学会北陸地方会第444回例会 2014年12月 選考有り 0
  • ポリニューロパチーを合併した乾癬性関節炎の1例
    徳力 篤, 山口 由佳, 長谷川 稔, 井戸 敏子
    第438回京滋地方会-宮地良樹教授退職記念地方会- 2014年12月 選考有り 0
  • 皮膚症状から見えてくる膠原病診療
    長谷川 稔
    Hot Topics in Dermatology 2014年11月 選考無し 0
  • TNF阻害薬を使用中に発症したバザン硬結性紅斑の1例
    馬場 夏希, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 飴嶋 愼吾, 鈴木 弟, 藤枝 重治, 西川 雄大, 高橋 直生, 岩野 正之
    第119回福井県皮膚科医会例会 2014年11月 選考有り 0
  • 重篤な臓器障害と好酸球増多を認めた紅皮症の1例
    徳力 篤, 髙嶋 渉, 森川 幸恵, 糟野 健司, 岩野 正之, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典, 長谷川 稔
    第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2014年11月 選考有り 0
  • 硬化萎縮苔癬
    長谷川 稔
    平成26回厚生労働化学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 班会議 2014年11月 選考無し 0
  • 『見逃さない!関節症性乾癬』
    長谷川 稔
    第3回 能登病診連携勉強会 2014年09月 選考無し 0
  • Mycobacterium abscessusによる両下腿の日結核性抗酸菌症の1例
    馬場 夏希, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 新家 裕朗, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 光戸 勇
    日本皮膚科学会北陸地方会第443回例会福井県分科会 2014年09月 選考有り 0
  • 爪甲色素線条として発症した手指爪甲下有棘細胞癌の1例
    飯野 志郎, 徳力 篤, 長谷川 稔, 丸田 直樹, 清原 隆宏, 光戸 勇
    日本皮膚科学会北陸地方会第443回例会福井県分科会 2014年09月 選考有り 0
  • インテグラ真皮欠損用グラフトを用いて再建した爪部悪性腫瘍の3例
    飯野 志郎, 馬場 夏希, 丸田 直樹, 佐藤 英, 安田 聖人, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔
    第29回日本皮膚科外科学会 総会・学術集会 2014年09月 選考有り 0
  • インフリキシマブ二次無効後に軸索変性性ニューロパチーを発症した関節症性乾癬の1例
    徳力 篤, 山口 由佳, 長谷川 稔, 井戸 敏子
    第29回日本乾癬学会学術大会 2014年09月 選考有り 0
  • 高度の多発単神経炎に対し免疫グロブリン大量療法が著効した分類不能型小血管炎の1例
    髙嶋 渉, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 斎藤 敦子
    第42回日本臨床免疫学会総会 2014年09月 選考有り 0
  • 関節症状を有する乾癬患者の検討
    長谷川 稔
    第5回福井の乾癬を考える会 2014年08月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体からみていく膠原病診療
    長谷川 稔
    福井県内科医会学術講演会 2014年08月 選考無し 0
  • アセトアミノフェンのdrug-induced 1ympocyte stimulation test(DLST)陽性、human herpe virus (HHV)-1,HHV-4,HHV-5 再活性化とHHV-6陰性を認めたDrug Reaction with Eosinophlia and Systemic Symptoms(DRESS)症候群の1例
    東谷 佐知子, 糟野 健司, 森川 幸恵, 森田 紗由, 西川 雄大, 今田 麻美子, 横井 靖二, 横山 由就, 三上 大輔, 高橋 直生, 木村 秀樹, 髙嶋 渉, 酒巻 一平, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 岩崎 博道, 長谷川 稔, 上田 孝典, 岩野 正之
    第71回中部日本糸球体腎炎談話会 2014年07月 選考無し 0
  • 左耳垂部に生じた棘融解型有棘細胞癌の1例
    飯野 志郎, 山口 由佳, 知野 剛直, 井戸 英樹, 安田 聖人, 長谷川 稔, 今村 好章, 清原 隆宏, 佐藤 英
    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2014年07月 選考有り 0
  • 右臀部の皮下結節の1例
    井戸 英樹, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 大越 忠和, 海崎 泰治
    第30回日本皮膚病理組織学会 2014年07月 選考有り 0
  • 創傷・熱傷ガイドライン創傷一般~ガイドラインの再確認
    アンドレ・レパヴ―, 井上 雄二, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹
    第113回日本皮膚科学会総会 2014年06月 選考有り 0
  • Infantile digital fibromatosisの1例
    知野 剛直, 清原 隆宏, 澤井 孝宏, 長谷川 稔, 堀江 直世, 大越 忠和, 今村 好章, 小村 一浩
    第113回日本皮膚科学会総会 2014年06月 選考有り 0
  • Pseudocyst of the scalpの1例
    飯野 志郎, 知野 剛直, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 今村 好章, 佐藤 英
    第113回日本皮膚科学会総会 2014年06月 選考有り 0
  • myofibroma/myofibromatosisの疾患概念
    清原 隆宏, 岡本 祐之, 丸田 直樹, 髙嶋 渉, 長谷川 稔, 大越 忠和, 今村 好章
    第398回日本皮膚科学会北海道地方会 2014年06月 選考有り 0
  • 腺癌との鑑別を要したschwannomaの1例
    井戸 英樹, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 大越 忠和, 海崎 泰治
    日本皮膚科学会北陸地方会第442回例会 2014年06月 選考有り 0
  • 浸潤型外陰部Paget病の1例
    飯野 志郎, 丸田 直樹, 馬場 夏希, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 福岡 美友紀
    日本皮膚科学会北陸地方会第442回例会 2014年06月 選考有り 0
  • 膠原病:皮膚症状と自己抗体から早期診断を
    長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第442回例会 2014年06月 選考無し 0
  • 膠原病にみられる皮膚症状と自己抗体
    長谷川 稔
    金沢大学医学部十全同窓会福井市支部総会 2014年06月 選考無し 0
  • 左母趾肢端黒色腫の1例
    飯野 志郎, 丸田 直樹, 髙嶋 渉, 長谷川 稔, 峯岸 芳樹, 中井 國博, 清原 隆宏
    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2014年06月 選考有り 0
  • 皮膚から見た膠原病
    長谷川 稔
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014年05月 選考無し 0
  • 抗核抗体陰性で抗リボゾームP抗体が陽性であった全身性エリテマトーデスの1例
    髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 石黒 和守
    第118回福井県皮膚科医会例会(日本臨床皮膚科福井県支部大会) 2014年05月 選考有り 0
  • 膠原病にみられる皮膚病変と自己抗体
    長谷川 稔
    敦賀市医師会学術講演会 2014年05月 選考無し 0
  • Donor-derived regulatory B cells are important for suppression of murine sclerodermatous chronic graft-versus-host disease
    Le Huu Doanh, T.Matsushita, G.Jin, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, K.Takehara, TF.Tedder, M.Fujimito
    21st Regional Conference of Dermatology 2014年04月 選考有り 0
  • いまだよくわからない全身性強皮症の病態
    長谷川 稔
    福島皮膚科スプリングセミナー2014 2014年04月 選考無し 0
  • バイオマーカーの有用性
    長谷川 稔
    第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014年04月 選考有り 0
  • アセトアミノフェンDLST 陽性とカポジ水痘様発疹症を認めた稀なDRESS症候群の一例
    森川 幸恵, 糟野 健司, 東谷 佐知子, 森田 紗由, 西川 雄大, 今田 麻美子, 横井 靖二, 横山 由就, 三上 大輔, 木村 秀樹, 髙嶋 渉, 酒巻 一平, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 岩崎 博道, 長谷川 稔, 上田 孝典, 岩野 正之
    第44回(平成26年度)日本腎臓学会西部学術大会 2014年01月 選考有り 中西 健
  • 末梢血管病変:レイノー現象と手指潰瘍
    長谷川 稔
    第2回日本肺高血圧学会 第3回日本肺循環学会 合同学術集会 2014年01月 選考無し 0
  • 乳幼児筋線維腫症の1例
    丸田 直樹, 清原 隆宏, 知野 剛直, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 米谷 博, 鈴木 孝二, 大越 忠和, 今村 好章
    第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2014年01月 選考有り 0
  • 高度の多発単神経炎に対し免疫グロブリン大量療法が著効した分類不能型小血管炎の1例
    髙嶋 渉, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 斎藤 敦子
    第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2014年01月 選考有り 0
  • TNF阻害薬を使用中に発症したバザン硬結性紅斑の1例
    馬場 夏希, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 飴嶋 愼吾, 鈴木 弟, 藤枝 重治, 西川 雄大, 高橋 直生, 岩野 正之
    第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2014年01月 選考有り 大阪市
  • 皮膚症状と自己抗体で膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    The 9th Dermatology upvto date in Fukui 2014年03月 選考無し 0
  • 膠原病にみられる血管病変
    長谷川 稔
    NS PHセミナー in 福井 2014年03月 選考無し 0
  • 皮膚科医による膠原病診療の実践
    長谷川 稔
    第5回東海・北陸 膠原病 循環障害研究会 2014年03月 選考無し 0
  • 全身性強皮症の症状と治療
    長谷川 稔
    第2回膠原病のリハビリテーション勉強会 2014年03月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体から膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    第11回福井RAフォーラム 2014年03月 選考無し 0
  • 乾癬 単に皮膚だけの疾患にあらず
    長谷川 稔
    坂井地区の乾癬治療勉強会 2014年03月 選考無し 0
  • 内臓腺癌皮膚転移として紹介されたが、schwannomaと最終診断した症例
    井戸 英樹, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 大越 忠和, 海崎 泰治
    第117回福井県皮膚科医会例会 2014年03月 選考無し 0
  • 乳幼児筋線維腫症の1例
    丸田 直樹, 清原 隆宏, 知野 剛直, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 米谷 博, 鈴木 孝二, 大越 忠和, 今村 好章
    第117回福井県皮膚科医会例会 2014年03月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体で膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    第14回岐阜皮膚アレルギー・膠原病研究会 2014年02月 選考無し 0
  • 出生時に存在する右上腕の紅色腫瘤
    丸田 直樹, 清原 隆宏, 知野 剛直, 髙嶋 渉, 徳力 篤, 長谷川 稔, 米谷 博, 鈴木 孝二, 大越 忠和, 今村 好章
    第14回浜名湖皮膚病理研究会 2014年02月 選考無し 0
  • 右腎部の皮下結節の1例
    井戸 英樹, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 大越 忠和, 海崎泰治
    第14回浜名湖皮膚病理研究会 2014年02月 選考無し 0
  • 左母趾肢端黒色腫の1例
    飯野 志郎, 丸田 直樹, 髙嶋 渉, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 峯岸 芳樹, 中井 國博
    日本皮膚科学会北陸地方会第441回例会 2014年02月 選考有り 0
  • 顔面に生じたextranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissueの1例
    知野 剛直, 清原 隆宏, 井戸 英樹, 徳力 篤, 長谷川 稔, 今村 好章, 中川 雄仁
    日本皮膚科学会北陸地方会第441回例会 2014年02月 選考有り 0
  • 皮膚科医が膠原病診療から学んだもの
    長谷川 稔
    Total Care Management Forum 91 2014年02月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体で膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    第7回遠州皮膚科医会 2014年01月 選考無し 0
  • 抗核抗体陰性で抗リボゾームP抗体が陽性であった全身性エリテマトーデスの1例
    髙嶋 渉, 徳力 篤, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 石黒 和守
    第37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014年01月 選考有り 0
  • 各種抹消循環改善薬を併用し治癒した全身性強皮症に伴う難治性足趾壊疽の1例
    牧野 智, 前田 進太郎, 松下 貴史, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    第37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014年01月 選考有り 0
  • マウス皮膚硬化型慢性GVHDモデルにおける制御制B細胞の役割についての検討
    松下 貴史, Le Huu Doanh, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014年01月 選考無し 0
  • 全身性強皮症(SSc)の新規自己抗体:抗RuvBL1/2抗体の臨床的意義
    加治 賢三, Noreen Fertig, Thomas A, Medsger Jr, 佐藤 隆司, 星野 香菜, 濱口 儒人, 長谷川 稔, Mary Lucas,, Andrew Schnure, 小川 文秀, 佐藤 伸一, 竹原 和彦, 藤本 学, 桑名 正隆
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014年01月 選考無し 0
  • IRF2多型とびまん皮膚硬化型全身性強皮症との関連
    土屋 尚之, 川崎 綾, 長谷川 稔, 藤本 学, 古川 宏, 當間 重人, 住田 孝之, 佐藤 伸一, 竹原 和彦
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014年01月 選考無し 0
  • 早期重症例の解析結果の報告
    長谷川 稔
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014年01月 選考無し 0
  • 診断に苦慮した壊疽性膿皮症の1例
    知野 剛直, 清原 隆宏, 飯野 志郎, 徳力 篤, 髙嶋 渉, 高橋 秀典, 長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第440回例会 2013年12月 選考有り 0
  • 当科の皮膚悪性腫瘍に対するインテグラR真皮欠損用グラフトと含皮下血管網遊離全層植皮の併用による治療経験
    飯野 志郎, 山口 由佳, 丸田 直樹, 髙嶋 渉, 安田 聖人, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 佐藤 英
    日本皮膚科学会北陸地方会第440回例会 2013年12月 選考有り 0
  • 皮膚症状と自己抗体で膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    第2回敦賀皮膚科病診連携会 2013年12月 選考無し 0
  • 自己抗体と皮膚症状から膠原病を見逃さない
    長谷川 稔
    福井市医師会 自翁クラブ 講演会 2013年12月 選考無し 0
  • 左乳房の黄褐色局面
    山口 由佳, 清原 隆宏, 徳力 篤, 金森 祐太, 安田 聖人, 長谷川 稔, 今村 好章
    第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2013年11月 選考有り 0
  • 脂腺母斑から生じた脂腺癌の1例
    知野 剛直, 清原 隆宏, 飯野 志郎, 徳力 篤, 高橋 秀典, 佐藤 英, 安田 聖人, 堀江 直世, 大越 忠和, 今村 好章, 長谷川 稔
    第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2013年11月 選考有り 0
  • 多発する皮膚線維腫を伴った腎細胞癌合併fasciitis-panniculitis syndromeの1例
    徳力 篤, 清原 隆宏, 桑原 慎治, 佐藤 英, 石田 泰一, 秋野 裕信, 早川 幸紀, 長谷川 稔
    第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2013年11月 選考有り 0
  • 顔面に生じたextranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissueの1例
    知野 剛直, 清原 隆宏, 井戸 英樹, 徳力 篤, 長谷川 稔, 今村 好章
    第116回福井県皮膚科医会例会 2013年11月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体で膠原病は見逃さない
    長谷川 稔
    第7回宮城皮膚疾患懇話会 2013年11月 選考無し 0
  • 皮膚症状と自己抗体からみる膠原病
    長谷川 稔
    平成25年度福井県小児科医会第2回例会 2013年11月 選考無し 0
  • 皮膚科医による膠原病診療 オーバービュー
    長谷川 稔
    第43回皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2013年11月 選考有り 0
  • AGEP様の臨床像で発症したTENの1例
    井戸 英樹, 清原 隆宏, 澤井 孝宏, 長谷川 稔
    第43回皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2013年11月 選考有り 0
  • 出生時に右上腕部腫瘤と多発する皮膚病変を呈した一例
    熊野 麻美, 米谷 博, 鈴木 孝二, 吉川 利英, 谷澤 昭彦, 大嶋 勇成, 清原 隆宏, 長谷川 稔, 中嶋 秀明, 今村 好章
    第38回北陸小児癌症例検討会 2013年09月 選考無し 0
  • ベッドサイドでの植皮により創の大半を閉鎖したFournier壊疽の1例
    飯野 志郎, 佐藤 英, 安田 聖人, 高橋 秀典, 清原 隆宏, 長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第439回例会福井県分科会 2013年09月 選考有り 0
  • 黒色表皮腫?の1例~融合性網状乳頭腫症との異同について~
    山口 由佳, 清原 隆宏, 知野 剛直, 徳力 篤, 長谷川 稔, 西川 美都子
    日本皮膚科学会北陸地方会第439回例会福井県分科会 2013年09月 選考有り 0
  • State of the Art
    長谷川 稔
    福井CTD-PHセミナー 2013年09月 選考無し 0
  • 膠原病の皮膚症状の見方
    長谷川 稔
    富山県若手皮膚科医の会 2013年07月 選考無し 0
  • 創傷一般:moist wound healingを正しく理解する
    前川 武雄, 井上 雄二, 長谷川 稔, レパヴー アンドレ
    第112回日本皮膚科学会総会 2013年06月 選考有り 0
  • 当科で経験した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎のまとめ
    斎藤 佑希, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    第112回日本皮膚科学会総会 2013年06月 選考有り 0
  • 左右対称性に広範な分布を呈したGeneralized morpheaの1例
    笠原 美優, 前田 進太郎, 松下 貴史, 濱口 儒人, 長谷川 稔, 藤本 学, 竹原 和彦
    日本皮膚科学会北陸地方会第438回例会 2013年06月 選考有り 0
  • Cancer and dermatomyositis
    M.Hasegawa
    3rd International Conference on Cutaneous Lupus Erytematosus" 2013年05月 選考無し 0
  • 病変と自己抗体からみていく膠原病診療
    長谷川 稔
    第60回『北陸臨床免疫・症例検討/研究会』 2013年01月 選考無し 0
  • 創傷治癒の基本 昔の常識は今の非常識
    長谷川 稔
    日本臨床皮膚科医会 東海北陸ブロック 学術講演会 2013年01月 選考無し 0
  • Autoantibodies To RuvBL1 and RuvBL2: A Novel Systemic Sclerosis-Related Antibody Associated With Diffuse Cutaneous and Skeletal Muscle Involvement
    K.Kaji, Noreen Fertig, A.Thomas, Medsger Jr, T.Sathoh, K.Hoshino, Y.Hamaguchi, M.Hasegawa, Mary Lucas, Andrew Schnure, F.Ogawa, S.Sato, K.Takehara, M.Fujimoto, M.Kuwana
    American College of Rheumatology / Association of Rheumatology Health Professionals (ACR /ARHP)2013 Annual Meeting 2013年01月 選考有り 0
  • 「膠原病の皮膚病変と最近の話題」
    長谷川 稔
    日本皮膚科学会第381回福岡地方会 2017年07月
  • 強皮症の血管を守るために
    長谷川 稔
    第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2017年10月
  • 硬化性萎縮性苔癬の診断と治療
    長谷川 稔
    第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2017年10月
  • 「膠原病の皮膚血管病変」
    長谷川 稔
    日本医師会生涯教育講座 旭川強皮症セミナー 2017年11月
  • 限局性強皮症、好酸球性筋膜炎、硬化性萎縮性苔癬:ガイドラインの解説
    長谷川 稔
    第81回日本皮膚科学東京支部学術大会 2017年11月
  • 「膠原病・ANCA関連血管炎にみられる皮膚血管病変」
    長谷川 稔
    第8回東海血管炎研究会 2017年11月
  • 「皮膚アレルギー性疾患診療の基本から応用まで」
    長谷川 稔
    福井県内科医会学術講演会 2017年12月
  • 「寒冷刺激が関与する皮膚症状」
    長谷川 稔
    東海地区(愛知・岐阜・三重)合同皮膚科医会 2017年01月
  • 「皮膚炎症性疾患の診断と治療~専門医に紹介する疾患は?~」
    長谷川 稔
    竹林会皮膚疾患学術講演会 2018年01月
  • 「膠原病の血管病変」
    長谷川 稔
    鳥取臨床皮膚科医会 2018年02月
  • 「強皮症の皮膚症状」
    長谷川 稔
    膠原病マネジメントセミナー 2018年02月
  • 「強皮症の血管病変:皮膚症状を中心とした話題」
    長谷川 稔
    第9回東海・北陸膠原病循環障害研究会 2018年03月
  • 著明な胸腹水貯留で治療に難渋している全身性強皮症の1例
    小泉 遼、田居克規、津谷 寛、糟野健司、長谷川 稔
    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 2017年04月
  • Serodiagnostic utility and in vivo expression profile of hemidesmosomal antigens in lichen sclerosus: A confocal laser scanning immunofluorescence microscopic study.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Utsunomiya A, Vu H Luong, Nishijima K, Yoshida Y and Hasegawa M.
    76th Annual Meeting portland Oregon. 2017年04月
  • Dermokine β/γ are essential for the postnatal barrier function of the epidermis.
    Utsunomiya A, Chino T, Tokuriki A, Utsunomiya N, Vu H Luong, Higashi K, Saito K, Oyama N and Hasegawa M.
    76th Annual Meeting portland Oregon. 2017年04月
  • 足底desmoplasticmelanomaの1例
    加藤卓浩、飯野志郎、笠松宏至、髙嶋 渉、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、法木左近
    第126回福井県皮膚科医会例会 2017年06月
  • PAPASH症候群を疑った1例
    小泉 遼、飯野志郎、笠松宏至、井戸英樹、尾山徳孝、井波真矢子、長谷川 稔
    第116回日本皮膚科学会総会 2017年06月
  • PAPASH syndrome疑いの1例
    小泉 遼、本多美貴、笠松宏至、飯野志郎、井戸英樹、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    第66回北陸臨床免疫・症例検討/研究会 2017年06月
  • 顕著な皮下硬結を呈した皮下型サルコイドーシスの2例
    上杉沙織、山口由佳、髙嶋 渉、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔
    日本皮膚科学会北陸地方会第454回例会 2017年06月
  • ニボルマブ、イピリムマブ投与後に急性喉頭蓋炎を発症した進行期直腸悪性黒色腫の1例
    飯野志郎、小泉 遼、宇都宮 慧、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、木村洋平、成田憲彦、小林泰三
    第33回皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2017年06月
  • 基底細胞癌との鑑別を要した鼻翼部脂腺癌の1例
    加藤卓浩、飯野志郎、馬場夏希、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、小上瑛也、大越忠和、石黒和守
    第33回皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2017年06月
  • BCG接種後の女児に生じた壊死性丘疹状結核疹の1例
    島田絵理華、尾山徳孝、知野剛直、宇都宮夏子、徳力 篤、長谷川 稔、安富 素子、大嶋勇成、酒井康弘、早川幸紀
    第41回日本小児皮膚科学会学術大会 2017年07月
  • 当科で経験した肥満細胞症4例のc-kit遺伝子解析
    知野剛直、尾山徳孝、宇都宮 慧、宇都宮夏子、馬場夏希、徳力 篤、長谷川 稔
    第41回日本小児皮膚科学会学術大会 2017年07月
  • Anterior cervical hypertrichosisの1例
    宇都宮夏子、宇都宮 慧、笠松宏至、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、大嶋 勇成
    第41回日本小児皮膚科学会学術大会 2017年07月
  • 長期羅患後に手術治療を行ったリポイド類壊死症の1例
    飯野志郎、井戸英樹、笠松宏至、小泉 遼、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、早川幸紀
    第32回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2017年07月
  • 紫外線療法で経過をみている皮膚形質細胞増多症の1例
    上杉沙織、本多美貴、小泉 遼、井戸英樹、知野剛直、尾山徳孝、長谷川 稔、佐藤 英
    日本皮膚科学会北陸地方会第455回例会福井県分科会 2017年09月
  • 当科で経験した肥満細胞症4例のc-kit遺伝子変異の解析
    知野剛直、尾山徳孝、宇都宮 慧、宇都宮夏子、馬場夏希、徳力 篤、長谷川 稔
    第81回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2017年09月
  • 当科で経験した肥満細胞症4例のc-kit遺伝子変異の解析
    知野剛直、尾山徳孝、宇都宮 慧、宇都宮夏子、馬場夏希、徳力 篤、長谷川 稔
    第81回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2017年09月
  • Preventive effects of topical washing with miconazole nitrate-containing soap to diaper candidiasis in the hospitalized elderly prospective,double-blind,placebo-controlled study.
    Takahashi H, Oyama N, Hasegawa M
    47th Annual ESDR Meeting 2017年09月
  • Inhibition of p38 MAP kinase suppresses murine Sclerodermatous Chronic Graft-Versus-Host Disease.
    Matsushita T, Date M, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Takehara K
    47th Annual ESDR Meeting 2017年09月
  • A novel TGF-beta/Smad signaling inhibitor ameliorates bleomycin-induced skin fibrosis.
    Hasegawa M, Vu H Luong, Chino T, Oyama N, Sasaki Y, Ogura D, Niwa S, Fujita M, Okamoto Y, Otsuka M, Ihn H
    47th Annual ESDR Meeting 2017年09月
  • 表皮に発現するdermokine-β/rの役割:遺伝子欠損マウス作成による解析
    宇都宮 慧、知野剛直、宇都宮夏子、Vu H Loung、徳力 篤、尾山徳孝、東 清史、斉藤幸一、長谷川 稔
    第45回日本臨床免疫学会総会 2017年09月
  • 腋窩にセンチネルリンパ節が同定されたMerkel細胞癌3例の治療経験
    馬場夏希、飯野志郎、加藤卓浩、笠松宏至、小泉 遼、宇都宮 慧、長谷川 稔、塩浦宏樹、小村一浩、石黒和守、平泉 泰
    第68回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2017年10月
  • 骨髄異形成症候群に併発した好酸球性筋膜炎の1例
    宇都宮 慧、尾山徳孝、笠松宏至、加藤卓浩、清水千尋、知野剛直、長谷川 稔、松岡紗恵
    第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2017年10月
  • ヒドロキシクロロキン塩酸塩が著効したlupus erythematosus tumidusの1例
    小泉 遼、尾山徳孝、安冨素子、大嶋勇成、長谷川 稔
    第81回日本皮膚科学東京支部学術大会 2017年11月
  • アサリによる新生児-乳児消化管アレルギーの2例:パッチテストを用いたアサリ内の抗原局在の検討
    宮永美紀、宇都宮夏子、尾山徳孝、長谷川 稔、伊藤尚弘、村井宏生、大嶋勇成
    第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会、第41回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年12月
  • 腰部に生じた巨大な深在性ループスエリテマトーデスの1例
    小泉 遼、井戸英樹、笠松宏至、飯野志郎、尾山徳孝、徳力 篤、長谷川 稔、井波真矢子、越後岳士
    第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会、第41回皮膚脈管・膠原病研究会 2017年12月
  • 足部外側縁に生じた皮膚混合腫瘍の1例
    加藤卓浩、飯野志郎、上杉沙織、尾山徳孝、長谷川 稔、樋口翔平、酒井康弘
    日本皮膚科学会北陸地方会第456回例会 2017年12月
  • Circulating IgG autoantibodies to ECM1 contribute to the altered expression of hemidesmosomal and vascular antigens in lichen sclerosus skin.
    Utsunomiya N, Oyama N, Chino T, Utsunomiya A, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • Topical washing with miconazole soap for the preventive use to diaper candidiasis: a prospective,double-blind,placebo-controlled trial.
    Oyama N, Takahashi H, Tanaka I, Hasegawa M, Hirano K, Shimada C, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • In vivo dermokine β/γ knockout exerts impairment of corneo-epidermal barrier function.
    Utsunomiya A, Chino T, Utsunomiya N, Vu H Luong, Tokuriki A, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • In vivo dermokine β/γ knockout exerts impairment of corneo-epidermal barrier function.
    Utsunomiya A, Chino T, Utsunomiya N, Vu H Luong, Tokuriki A, Oyama N, Higashi K, Saito K, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • RXRB is a MHC-encoded susceptibility gene associated with anti-topoisomerase I antibody-positive systemic sclerosis.
    Oka A, Asano Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Ishikawa O, Kuwana M, Kawaguchi Y, Yamamoto T, Takahashi H, Goto D, Jinnin M, Takehara K, Sato S, Ihn H.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • Anti-CX3CL1 antibody therapy attenuates the development of inflammation, fibrosis, and vascular injury in experimental models of scleroderma. (Plenary)
    Vu H Luong, Chino T, Oyama N, Obara T, Kuboi Y, Ishii N, Machinaga A, Ogasawara H, Ikeda W, Imai T, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • Anti-CX3CL1 antibody therapy attenuates the development of inflammation, fibrosis, and vascular injury in experimental models of scleroderma. (Plenary)
    Vu H Luong, Chino T, Oyama N, Obara T, Kuboi Y, Ishii N, Machinaga A, Ogasawara H, Ikeda W, Imai T, Hasegawa M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • Blockade of p38 mitogen-activated protein kinase attenuates the development of murine Sclerodermatous Chronic Graft-Versus-Host Disease.
    Matsushita T, Date M, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Fujimoto M, Takehara K.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • (The 18th Galderma-Maruho Reserch Award 受賞論文講演) A?novel?splenic?B1?regulatory cell subset suppresses allergic disease through phosphatidylinositol 3-kinase-Akt pathway activation.
    Matsushita T, Le Huu D, Kobayashi T, Hamaguchi Y, Hasegawa M, Naka K, Hirao A, Muramatsu M, Takehara K, Fujimoto M.
    The 42th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology 2017年12月
  • 強皮症マウスモデルを用いた既存化合物LKC008の抗線維化作用の検討
    小泉 遼、Vu H Luong, 知野剛直、尾山徳孝、長谷川 稔、丹羽眞一郎、大塚雅巳、尹 浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • CX3CL1-CX3CR1 pathway is a potential target for therapy of systemic sclerosis.
    Vu H Luong、知野剛直、尾山徳孝、長谷川 稔、小原 隆、久保井良和、石井直人、待永明仁、小笠原秀晃、池田わたる、今井俊夫
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • 本邦における全身性強皮症早期重症状の臨床症状の推移:多施設前向き研究
    宇都宮 慧、長谷川 稔、浅野善英、石川 治、遠藤平仁、小川文秀、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、佐藤伸一、高橋裕樹、竹原和彦、田中住明、藤本 学、尹 浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • 全身性強皮症エクソーム解析
    岡 晃、石川 治、竹原和彦、藤本 学、長谷川 稔、桑名正隆、川口鎮司、山本俊幸、高橋裕樹、後藤大輔、佐藤伸一、浅野善英、遠藤平仁、神戸正寿、尹 浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • キャピラリースコープ所見の5年経過と手指拘縮に至る要因
    麦井直樹、染矢富士子、長谷川 稔、藤本 学、松下貴史、濱口儒人、竹原和彦
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • 成人限局性強皮症の新規簡易日常生活動作障害スコアリングシステムの有用性
    沖山奈緒子、浅野善英、濱口儒人、神人正寿、茂木精一郎、小泉 遼、長谷川 稔、石川 治、佐藤伸一、竹原和彦、山本俊幸、藤本 学、尹 浩信
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2017年度会議・第21回強皮症研究会議 2018年01月
  • PAPA症候群を疑った1例: PSTPIP1遺伝子変異の評価とTNF阻害薬の効果
    小泉 遼、飯野志郎、笠松宏至、本多美貴、尾山徳孝、長谷川 稔、東馬智子、和田秦三、谷内江 昭宏
    第1回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2018年01月
  • トシリズマブ投与中の関節リウマチ患者の下肢に生じたSerratia marcescens による壊死性軟部組織感染症の1例
    長谷川 巧、小泉 遼、上杉沙織、笠松宏至、飯野志郎、尾山徳孝、長谷川 稔、伊藤和広
    日本皮膚科学会北陸地方会第457回例会 2018年02月
  • LMNA遺伝子の変異により発症した色素異常を伴う先天性脂肪萎縮症の1例
    知野剛直、尾山徳孝、宇都宮 慧、宇都宮夏子、長谷川 稔、久保亮治
    The 1st Meeting of Japanese Society for Vitiligo 2018年03月
  • ヒドロキシクロロキンの併用が巨大な潰瘍の治癒を促進した深在性ループスエリテマトーデスの1例
    長谷川 稔、小泉 遼、尾山徳孝
    第466回日本皮膚科学会大阪地方会-片山一朗教授退官記念地方会- 2018年03月
  • 強皮症の皮膚潰瘍は予防できる
    長谷川 稔
    第81回日本皮膚科学東部支部学術大会 2017年09月

受賞

  •  上原記念生命科学財団研究奨励賞2005年
  •  日本リディアオリリー奨励賞2001年
  •  Bernard Amos Research Award2000年
  •  バーナード・アモス研究賞2000年
  •  日本皮膚科学会基礎医学奨励賞1998年

科学研究費補助金

  • 抗CX3CL1中和抗体を用いた全身性強皮症の治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 稔 2015年度
  • サイトカインを標的とする強皮症の治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 稔 2014年度
  • サイトカインを標的とする強皮症の治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:長谷川 稔 2013年度
  • 抗CX3CL1中和抗体を用いた全身性強皮症の治療法の開発基盤研究(C)
    代表者:長谷川 稔 2016年度

厚生科研補助金

  • 強皮症における病因解明と根治的治療法の開発
    代表者:佐藤 伸一
  • 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業
    代表者:尹 浩信

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • “元気で医こう”全身性強皮症2015年10月 日刊県民福井
  • “元気で医こう”皮膚に症状きたす膠原病も2016年06月 日刊県民福井