栗田 智未

所属部署名保健管理センター
教員組織保健管理センター
教育研究組織保健管理センター
職名講師
更新日: 19/07/23 19:12

研究者基本情報

氏名

    栗田 智未
    クリタ トモミ

所属

  •  保健管理センター 講師

学歴

  • 広島大学 教育学研究科

学位

  • 博士(心理学)

所属学協会

    日本心理臨床学会 一般会員,日本学生相談学会 一般会員,日本カウンセリング学会 一般会員,日本臨床心理士会 一般会員,福井県臨床心理士会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • 解決志向アプローチにおけるクライエント応答の質的分析 : 実験的な面接場面のデータを中心に
    栗田 智未
    ブリーフサイコセラピー研究 16(1) 19-29 2007年10月
    本研究の目的は,解決志向アプローチ(SFA)の質問に対してクライエント(Cl)はどのように答えるのかを明らかにすることである。そのため,SFA質問の「未来の解決を聞く質問」に対するCl応答の質的分析を通して,Clの個々の応答を分類するためのカテゴリを抽出し,Clの応答の仕方の特徴を勘弁に把握する方法を検討した。大学生7名にSFAの進路相談面接を行った。1回30分の5回の面接はすべての被験者に隔週で行われた。グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)と修正版GTAを用いて分析した結果,Clの応答を分類する6カテゴリ(解決設定性,適切性,具体性,想像性,関連性,意欲性)が示された。そして,6カテゴリで応答を評定し図式化する試みを行った。
  • 大学生の進路相談場面における解決志向的面接技法の有効性
    栗田 智未
    広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域(56) 273-281 2007年
    The purpose of this study was to experimentally compare the solution-focused skills (SFA) with basic listening skills (BL) in career counseling with university students. In experiment 1, features of SFA and BL were compared and clarified. In experiment 2, in order to examine functions of SFA, differences in responses to questions based on futurefocused (SFA1) and present-focused (SFA2) SFA were analyzed. Participants were randomly assigned to SFA (SFA1, SFA2) group or BL groups. Five counseling sessions were conducted for 30 minutes with each participant on a biweekly basis.Questionnaires were administered to evaluate the effects of SFA or BL after the 5th session. Main results indicated that the SFA group, in contrast to the BL group, had higher expectations, changed cognitions of problems, and increased problem solving behaviors. In addition, SFA2 increased self-efficacy more than SFA1. However, it was not clear, whether this was a function of original SFA. Finally, some methodological problems of this study were discussed.
  • がん医療現場の心理士の業務と研修に関する調査(第2報)自由記述の質的分析
    兒玉 憲一;栗田 智未;品川 由佳;中岡 千幸
    広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域(57) 141-149 2008年
    The purpose of this study was to clarify clinical psychologists' practical problems of services and training in working with cancer patients and their family members. In 2007, a questionnaire on services and training systems was sent to 205 clinical psychologists in palliative care, for which 66 respondents (32.1%) returned completed questionnaires. The two open questions of the survey were qualitatively analyzed. The main results were as follows: (a) Asked about any problems of the services and training, 27 (40.9%) respondents mentioned some practical problems, and most respondents emphasized the difficulties of working alone and the importance of their collaborative efforts in interdisciplinary teams. (b)Asked about any requests for our research project, 25 (37.9%) respondents answered. Most requested a feedback of the results of this survey, the online/offline networks of clinical psychologists, and the lists of reliable supervisors. Finally, several methods to solve those problems were proposed and discussed.
  • わが国のがん医療現場の心理士による研究の展望
    兒玉 憲一;栗田 智未;品川 由佳;中岡 千幸
    広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要(7) 37-46 2008年
    The purpose of this study was to review practical reports and Journals written by clinical psychologists working in End-of-Life Care in Japan and discuss issues that clinical psychologists must address. We categorized clinical psychological studies conducted by clinical psychologists working with cancer patients into 5 psychological services: (a) psychological assessment; (b) psychological intervention; (c) consultation; (d) grief therapy; and (e) program development, and we clarified the features of each service. A result of this study showed that there were many studies in psychological assessment and psychological intervention while there was less study in grief therapy and program development. Finally, importance of exploring studies in End-of-Life Care was discussed in terms of that clinical practices were based on clinical psychological studies.
  • 広島大学ピア・サポート・ルームの活動評価についての考察 : 2011年度活動のEmpowerment Evaluationを通して
    内野 悌司;石田 貴洋;三浦 寿秀;栗田 智未;兒玉 憲一
    総合保健科学 29 13-23 2013年03月
    広島大学で実施しているピア・サポート活動について評価することを目的としている。2011年度の活動をEmpowerment Evaluation という方法によって自己評価を行った。その結果,運営における重要度について,ピア・サポーターを養成する活動,運営面での新たな取組,相談活動の順で高かった。活動の達成度については,ピア・サポーターを養成する活動,運営面での新たな取組,内部での交流の順で評価が高かった。12年目を迎えた活動では,運営・活動の基盤は形成されており,組織や活動を持続させ,ピア・サポーターのモチベーションを維持・向上させること,人を援助するための技術やコミュニケーション力,ピア・サポーターの主体性が重視されていた。ピア・サポート活動は学生同士で支援を行う,先輩が後輩のロールモデルになる,主体性やコミュニケーション力が涵養される点で正課外教育として有効であると考えられた。This study is supposed to evaluate the peer support activities conducted in Hiroshima University. The activities in 2011 were self assessed with Empowerment Evaluation. As a result, these three activities got high score in degree of importance, first, the training of peer supporter, second new trial in management of organization, third the consultation activity. The degrees of achievement in each activity were evaluated highly in the training of peer supporter, new trial in management of organization, and internal exchanges. It has been passed 12 years to start peer support activities in Hiroshima University and both the basis of management and activities has been built up. These are regarded more important to improve motivation of peer supporter, communication skills as a supporter, and independence of peer supporter with maintaining organization and peer support activities. Peer support activities are considered to be effective as extracurricular activities in support between students, becoming role model for junior students and growing independence and communication skills.
  • 大学生の抑うつとネガティブな反すう及びポジティブな認知との関連--抑うつへの効果的な解決志向アプローチの介入に向けて
    栗田 智未;堀 匡;内野 悌司
    総合保健科学 25 63-71 2009年03月
  • 郊外型キャンパスにおける学生相談
    磯部 典子;内野 悌司;栗田 智未
    総合保健科学 25 73-79 2009年03月
  • 大学保健管理センターのカウンセラーの課題(4)平成19・20年度危機対応調査から
    磯部 典子;内野 悌司;栗田 智未
    総合保健科学 26 65-69 2010年03月
  • コミュニケーションについての大学生の意識調査--良好なコミュニケーションがもたらすものとは?
    栗田 智未;内野 悌司;磯部 典子
    総合保健科学 26 71-78 2010年03月
  • 大学生のコミュニケーション行動と意識の調査 : コミュニケーションの自己評価を中心に
    栗田 智未;内野 悌司;小島 奈々恵
    総合保健科学 28 43-49 2012年03月
  • カウンセリング部門の学生相談における近年の特徴
    内野 悌司;磯部 典子;栗田 智未
    総合保健科学 27 49-57 2011年03月
  • 大学保健管理センターのカウンセラーの課題(5)平成19・20・21年度自損行為調査から
    磯部 典子;内野 悌司;栗田 智未
    総合保健科学 27 59-63 2011年03月
  • 大学生が考える良好なコミュニケーションがもたらす変化のイメージ
    栗田 智未;内野 悌司;磯部 典子
    総合保健科学 27 65-71 2011年03月
  • カウンセラーのビデオ映像が学生の援助要請意識に及ぼす影響の実験的検討
    中岡 千幸;兒玉 憲一;栗田 智未
    学生相談研究 32(3) 219-230 2012年03月
  • A大学医学部学生の留年・休退学の特徴―大学精神健康調査UPIの結果から―
    栗田 智未;前川 伸晃
    総合保健科学 33 25-32 2017年03月 査読有り
  • 学生相談におけるブリーフサイコセラピーの多様な実践
    長谷川 明弘;加来 洋一;菊池 悌一郎;鈴木 英一郎;栗田 智未;柴田 博文
    ブリーフセラピーネットワーカー  14 37-47 2011年 査読有り
  • 学生相談における心理職の専門性と独自性―連携と実践の在り方―
    高橋 国法;足立 由美;鈴木 英一郎;栗田 智未;高野 明;菊池 悌一郎;長谷川 明弘
    山形大学保健管理センター紀要 12 33-42 2013年 査読有り

講演・口頭発表等

  • 医学生における気質の変化―University Personality Inventory(UPI)の推移による検討―
    岡崎 玲子, 梅澤 有美子, 高橋 哲也, 玉川 美津恵, 栗田 智未, 和田 有司, 井隼 彰夫
    第33回日本社会精神医学会 2014年03月 選考有り 0
  • 大学健康調査による最近の医学生と看護学生における気質の検討
    大沼真紀代, 梅澤有美子, 高橋 哲也, 岡崎 玲子, 玉川美津恵, 栗田智美, 和田有司, 井隼彰夫
    第52回全国大学保健管理研究集会 2014年09月 選考有り 0
  • 担当者交代によるケース引継ぎについて
    栗田 智未
    第53回全国大学保健管理研究集会 2015年09月 選考有り
  • 医学部学生の留年・休退学の特徴―UPI学生精神的健康調査の結果から―
    栗田 智未, 前川 伸晃
    日本学生相談学会第34回大会  2016年05月 選考有り
  • A大学医学部看護学科生の留年・休退学の特徴
    栗田 智未, 前川 伸晃, 髙橋 哲也, 岡崎 玲子, 玉川 美津恵, 片山 寛二
    第54回全国大学保健管理研究集会 2016年10月 選考有り
  • 福井大学医学部おける、新入生ガイダンスと研修における新たな試み
    片山 寛二, 北山 富士子, 玉川 美津恵, 前川 伸晃, 栗田 智未
    第54回全国大学保健管理研究集会 2016年10月 選考有り
  • 新入生に「食と体の健康」をテーマとした講義を行って
    北山 富士子, 片山 寛次, 玉川 美津恵, 前川 伸晃, 栗田 智未
    第54回全国大学保健管理研究集会 2016年10月 選考有り
  • 医学生における気質の変遷―UPIの推移による検討―
    岡崎 玲子, 髙橋 哲也, 栗田 智未, 前川 伸晃, 和田 有司
    第54回全国大学保健管理研究集会 2016年10月 選考有り
  • 就労を目標に、当院でリハビリを継続している症例
    亀井 絵理奈, 田居 克規, 岩崎 博道, 南部 千代恵, 百田 亜紀子, 栗田 智未, 三嶋 一輝, 嶋田 誠一郎
    平成28年度北陸HIV臨床談話会 2016年08月 選考無し
  • 学生相談におけるケース引継ぎに関する検討―引継ぎを経験した学生の感想から―
    栗田 智未
    日本カウンセリング学会第48回大会 2015年08月 選考無し
  • 大学保健管理施設による教育プログラムの開発2―正課外教育としての食育の効果―
    足立 由美;吉川 弘明;田上 芳美;池田 美智子;得永 美和;亀田 真紀;栗田 智未;吉牟田 剛;清水 美保;山岸 正和
    第53回全国大学保健管理研究集会 2015年09月 選考無し
  • 大学女子学生への月経関連症状に対する取り組み
    池田 美智子;田上 芳美;池田 美智子;得永 美和;亀田 真紀;濱田 珠里;柿本 晴美;芦原 百合子;栗田 智未;吉牟田 剛;清水 美保;足立 由美;吉川 弘明;山岸 正和
    第53回全国大学保健管理研究集会 2015年09月 選考無し