岩本 真幸

所属部署名生命情報医科学講座 分子神経科学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/11/28 16:10

研究者基本情報

氏名

    岩本 真幸
    イワモト マサユキ
    IWAMOTO Masayuki

所属

  •  生命情報医科学講座 分子神経科学 教授

学歴

  • 1998年04月- 2003年03月北海道大学 大学院薬学研究科
  • 1994年04月- 1998年03月北海道大学 薬学部

学位

  • 博士(薬学)

経歴

  • 2019年05月福井大学 医学部 教授
  • 2019年01月- 2019年04月福井大学 医学部 学内講師
  • 2007年04月- 2018年12月福井大学 医学部 助教
  • 2006年04月- 2007年03月科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 研究員
  • 2003年04月- 2006年03月日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2000年04月- 2003年03月日本学術振興会 特別研究員(DC1)

所属学協会

    米国生物物理学会 一般会員,日本生理学会 一般会員,日本生物物理学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Effects of an artificial lipid, dipalmitoyl sulfobetaine, on the function of ion channel.
    Matsuki, Y., Iwamoto, M., Aikawa, T., Oiki, S.
    J. Physiol. Sci. 68 s138 2018年 査読有り
  • Membrane tension-assisted gating of the KcsA potassium channel revealed by the membrane sterol effects.
    Iwamoto, M., Oiki, S.
    J. Physiol. Sci. 68 s113 2018年 査読有り
  • In bulla functional channel expression systems that mimic bacterial synthetic membranes.
    Iwamoto Masayuki;Oiki Shigetoshi
    Method. Enzymol. 621 2019年05月 査読有り
  • Drop-in-well chamber for droplet interface bilayer with built-in electrodes.
    Urakubo Kazuhiro;Iwamoto Masayuki;Oiki Shigetoshi
    Method. Enzymol. 621 2019年05月 査読有り
  • Lipid Bilayer Experiments with Contact Bubble Bilayers for Patch-Clampers
    Iwamoto, Masayuki;Oiki, Shigetoshi
    J. Vis. Exp.(143) 2019年01月 査読有り
    Oiki, Shigetoshi
  • Constitutive boost of a K+ channel via inherent bilayer tension and a unique tension-dependent modality
    Iwamoto, Masayuki;Oiki, Shigetoshi
    Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 115(51) 13117-13122 2018年12月 査読有り
    Oiki, Shigetoshi
  • Thylakoid membranes contain a non-selective channel permeable to small organic molecules
    Kojima, Seiji;Iwamoto, Masayuki;Oiki, Shigetoshi;Tochigi, Saeko;Takahashi, Hideyuki
    J. Biol. Chem. 293(20) 7777-7785 2018年05月 査読有り
  • Concurrent In Vitro Synthesis and Functional Detection of Nascent Activity of the KcsA Channel under a Membrane Potential
    Iwamoto, Masayuki;Elfaramawy, Maie A.;Yamatake, Mariko;Matsuura, Tomoaki;Oiki, Shigetoshi
    ACS Synth. Biol. 7(4) 1004-1011 2018年04月 査読有り
    Oiki, Shigetoshi
  • Lipid Bilayers Manipulated through Monolayer Technologies for Studies of Channel-Membrane Interplay
    Oiki, Shigetoshi;Iwamoto, Masayuki
    Biol. Pharm. Bull. 41(3) 303-311 2018年03月 査読有り
  • Channel Formation and Membrane Deformation via Sterol-Aided Polymorphism of Amphidinol 3
    M.Iwamoto, A.Sumino, E.Shimada, M.Kinoshita, N.Matsumori, S.Oiki
    Sci. Rep. 7 10782 2017年09月 査読有り
  • Membrane Perfusion of Hydrophobic Substances Around Channels Embedded in the Contact Bubble Bilayer
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Sci. Rep. 7 6857 2017年07月 査読有り
  • 膜内KcsAカリウムチャネルの原子間力顕微鏡による構造と動態解析
    角野 歩;山本 大輔;炭竈 享司;岩本 真幸;出羽 毅久;老木 成稔
    生物物理 55(1) 5-10 2015年 査読有り
  • Rectified proton Grotthuss conduction across a long water-wire in the test nano-tube of the polytheonamide B channel
    Matsuki Y, Iwamoto M, Mita K, Shigemi K, Matsunaga S, Oiki S
    J. Am. Chem. Soc. 138 4168-4177 2016年03月 査読有り
    Oiki S
  • Mechanism for attenuated outward conductance induced by mutations in the cytoplasmic pore of Kir2.1 channels
    Chang HK, Iwamoto M, Oiki S, Shieh RC
    Sci. Rep. 5 18404 2015年12月 査読有り
    Oiki S,
  • pH-dependent promotion of phospholipid flip-flop by the KcsA potassium channel
    Nakao, H., Ikeda, K., M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki, Ishihara, Y, Nakano, M.
    Biochim. Biophys. Acta-Biomembr. 1848 145-150 2015年 査読有り
  • Contact bubble bilayers with flush drainage
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Sci. Rep. 5 9110 2015年03月 査読有り
  • Gating-Coupled Clustering-Dispersion Dynamics of the KcsA Potassium Channel in a Lipid Membrane
    Sumino, Ayumi;Yamamoto, Daisuke;Iwamoto, Masayuki;Dewa, Takehisa;Oiki, Shigetoshi
    Biophys. J. 106(2) 746A-746A 2014年 査読無し
  • Gating-associated clustering-dispersion dynamics of the KcsA potassium channel in a lipid membrane
    A.Sumino, D.Yamamoto, M. Iwamoto, T.Dewa, S.Oiki
    J. Phys. Chem. Lett. 5 578-584 2014年03月 査読有り
    S.Oiki
  • Paradoxical one-ion pore behavior of the long β-helical peptide of marine cytotoxic polytheonamide B
    M.Iwamoto, S.Matsunaga, S.Oiki
    Sci. Rep. 4 3636 2014年01月 査読有り
    S.Oiki
  • (サイエンストピックス)K+チャネルが細胞膜の脂質の環境を感じ取り活性を制御する機構の解明
    岩本 真幸
    日本生理学雑誌 75 101 2013年05月 査読無し
  • The Open Gate Structure of the Membrane-Embedded KcsA Potassium Channel Viewed From the Cytoplasmic Side
    A.Sumino, T.Sumikama, M.Iwamoto, T.Dewa, S.Oiki
    Sci. Rep. 3 1063 2013年 査読有り
  • Biased Brownian Stepping Rotation of FoF1-ATP Synthase Driven by Proton Motive Force
    R.Watanabe, K.V.Tabata, R.Iino, H.Ueno, M.Iwamoto, S.Oiki, H.Noji
    Nat. Commun. 4 1631 2013年 査読有り
  • 脂質二重膜組成がKcsAカリウムチャネル活性に及ぼす影響
    岩本 真幸, 老木 成稔
    日本生理学雑誌 74 66 2012年03月 査読無し
  • Amphipathic antenna of an inward rectifier K+ channel responds to changes in the inner membrane leaflet
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 110(2) 749-754 2013年01月 査読有り
  • Oriented reconstitution of a membrane protein in vesicles with asymmetric lipid compositions: Experimental verification with the potassium channel KcsA
    M.Yanagisawa, M.Iwamoto, A.Kato, K.Yoshikawa, S.Oiki
    J. Am. Chem.Soc. 133 11774-11779 2011年 査読有り
  • Sidedness of the effective phospholipids on the function of the KcsA potassium channel revealed by the single-channel recording in the asymmetric lipid bilayer
    M.Iwamoto, S.Oiki
    J. Physiol. Sci. 62 Suppl s84 2012年03月 査読無し
  • The Asymmetric Lipid Bilayer Revealed Sidedness of the Effective Phospholipids on the Single-Channel Properties of the KcsA Potassium Channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Biophys. J. 102 537a 2012年01月 査読無し
  • Single Molecular Gating Dynamics for KcsA Potassium Channel
    S.Oiki, H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno
    Adv. Chem. Phys. 146 147-194 2011年11月 査読有り
  • Counting ion and water molecules in a streaming file through the open-filter structure of the K channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    J. Neurosci. 31(34) 12180-12188 2011年08月 査読有り
  • 流動電位測定によるカリウムチャネルのイオン透過・選択機構の研究
    岩本 真幸
    福井大学重点研究成果集2010 54-55 2010年 査読無し
  • Cycle Flux Algebra for Ion and Water Flux through the KcsA Channel Single-file Pore Links Microscopic Trajectories and Macroscopic Observables
    S.Oiki, M.Iwamoto, T.Sumikama
    PLoS ONE 6 e16578 2011年01月 査読有り
  • A cytotoxic peptide from a marine sponge exhibits ion channel activity through vectorial-insertion into the membrane
    M.Iwamoto, H.Shimizu, I.Muramatsu, S.Oiki
    FEBS Lett. 584(18) 3995-3999 2010年09月 査読有り
  • A mesoscopic approach to understanding the mechanisms underlying the ion permeation on the discrete-state diagram
    S.Oiki, M.Iwamoto, T.Sumikama
    J. Gen. Physiol. 136(3) 363-365 2010年08月 査読有り
  • A Cytotoxic Peptide from a Marine Sponge, Polytheonamide B: I. Channel Activity and Vectorial-Insertion Into the Membrane
    M.Iwamoto, H.Shimizu, I.Muramatsu, S.Matsunaga, S.Oiki
    Biophys. J. 98(3) 110a 2010年01月 査読無し
  • A Cytotoxic Peptide from a Marine Sponge, Polytheonamide B; II. Properties for Ion Conduction and Voltage Dependent Gating
    M.Iwamoto, H.Shimizu, I.Muramatsu, S.Matsunaga, S.Oiki
    Biophys. J. 98(3) 109a 2010年01月 査読無し
  • pH-Dependent gating of KcsA potassium channel
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    Biophys. J. 98(3suppliment1) 314a 2010年01月 査読無し
  • Ion distribution in the open KcsA channel evaluated by the streaming potential
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    J. Physiol. Sci. 59 suppl 256 2009年
  • The water-ion coupling ratio for ion permeation through the KcsA potassium channel: Dependencies on concentration and species of permeating ions
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    Biophys. J. 96 suppl 179a 2009年
  • 流動電位測定によるカリウムチャネルのイオン透過・選択機構の研究
    岩本 真幸
    福井大学重点研究成果集2009 46-47 2009年 査読無し
  • Kチャネルのイオン透過機構:新しい流動電位測定法により明らかになったイオンー水流束比
    老木 成稔, 安藤 博之, 久野 みゆき, 清水啓史, 岩本真幸
    生物物理 48(4) 246-252 2008年 査読有り
  • Structural changes in the O-decay accelerated mutants of pharaonis phoborhodopsin
    Y.Sudo, Y.Furutani, M.Iwamoto, N.Kamo, H.Kandori
    Biochemistry 47 2866-2874 2008年 査読有り
  • A Long-lived M-like state of phoborhodopsin which mimics the active state
    Y.Sudo, T.Nishihori, M.Iwamoto, K.Shimono, C.Kojima, N.Kamo
    Biophys. J. 95 753-760 2008年 査読有り
  • Flux coupling between ion and water in the K+ selective pore
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    J. Physiol. Sci. 58 suppl s77 2008年 査読無し
  • Global Twisting Motion of Single Molecular KcsA Potassium Channel Upon Gating
    H. Shimizu, M. Iwanoto, T. Konnno, A. Nihei, Y. C. Sasaki, S. Oiki
    Cell 132(1) 67-78 2008年01月 査読有り
  • Participation of the surface structure of pharaonis phoborhodopsin, ppR and its A149S and A149V mutants, consisting of the C-terminal alpha-helix and E-F loop, in the complex-formation with the cognate transducer pHtrII, as revealed by site-directed 13C solid-state NMR
    I.Kawamura, Y.Ikeda, Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, S.Yamaguchi, S.Tuzi, H.Saito, N.Kamo, A.Naito
    Photochem. Photobiol. 83 339-345 2007年 査読有り
  • Inportance of specific hydrogen bonds of archaeal rhodopsins for the binding to the transducer protein
    Y.Sudo, M.Yamabi, S.Kato, C.Hasegawa, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    J. Mol. Biol. 357 1274-1282 2006年 査読有り
  • Surface structure and its dynamic rearrangements of the KcsA potassium channel upon gating and tetrabutylammonium blocking
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    J. Biol. Chem. 281 28379-28386 2006年09月 査読有り
  • Conformational changes in the cytoplasmic domain of KcsA potassium channel upon gating
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, A.Nihei, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    J. Physiol. Sci. 56 suppl s157 2006年 査読無し
  • Correlation of the O-intermediate rate with the pKa of Asp-75 in the dark, the counterion of the Schiff base of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    M.Iwamoto, Y.Sudo, K.Shimono, T.Araiso, N.Kamo
    Biophys. J. 88 1215-1223 2005年 査読有り
  • Probing cytoplasmic domain of single KcsA channel by use of surface plasmon resonance signal and planar lipid bilayer
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    Jpn. J. Physiol. 55 suppl s135 2005年 査読無し
  • Proton release and uptake of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II) reconstituted into phospholipids
    M. Iwanoto, C. Hasegawa, Y. Sudo, K. Shimono, T. Araiso, N. Kamo
    Biochemistry 43 3195-3203 2004年 査読有り
  • Photochemical properties of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    M.Iwamoto, H.Kandori, N.Kamo
    Rec. Res. Dev. Chem. 1 15-30 2003年 査読無し
  • Proton transfer reactions in the F86D and F86E mutants of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    M.Iwamoto, Y.Furutani, N.Kamo, H.Kandori
    Biochemistry 42 2790-2796 2003年 査読有り
  • Interaction of Natronobacterium pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II) with its cognate transducer probed by increase in the thermal stability
    Y.Sudo, M.Yamabi, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    Photochem. Photobiol. 2003年 査読有り
  • Importance of the broad regional interaction for spectral tuning in Natronobacterium pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    K.Shimono, T.Hayashi, Y.Ikeura, Y.Sudo, M.Iwamoto, N.Kamo
    J. Biol. Chem. 278 23882-23889 2003年 査読有り
  • Arg-72 of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II) is important for the maintenance of the protein structure in the solubilized state
    Y.Ikeura, K.Shimono, M.Iwamoto, Y.Sudo, N.Kamo
    Photochem. Photobiol. 77 96-100 2003年 査読有り
  • Illumination accelerates the decay of the O-intermediate of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    M.Iwamoto, Y.Sudo, K.Shimono, N.Kamo
    Photochem. Photobiol. 76 462-466 2002年 査読有り
  • Role of Asp193 in chromophore-protein interaction of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II)
    M.Iwamoto, Y.Furutani, Y.Sudo, K.Shimono, H.Kandori, N.Kamo
    Biophys. J. 83 1130-1135 2002年 査読有り
  • FTIR spectroscopy of the M photointermediate in pharaonis phoborhodopsin
    Y.Furutani, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo, H.Kandori
    Biophys. J. 83 3482-3489 2002年 査読有り
  • Association between a photo-intermediate of a M-lacking mutant D75N of pharaonis phoborhodopsin and its cognate transducer
    Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    J. Photochem. Photobiol. B 67 171-176 2002年 査読有り
  • Tyr-199 and charged residues of pharaonis phoborhodopsin are important for the interaction with its transducer
    Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    Biophys. J. 83 427-432 2002年 査読有り
  • Association of pharaonis phoborhodopsin with its cognate transducer decreases the photo-dependent reactivity by water-soluble reagents of azide and hydroxylamine
    Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    Biochim. Biophys. Acta 1558 63-69 2002年 査読有り
  • Selective reaction of hydroxylamine with chromophore during the photocycle of pharaonis phoborhodopsin
    M.Iwamoto, Y.Sudo, K.Shimono, N.Kamo
    Biochim. Biophys. Acta 1514 152-158 2001年 査読有り
  • Photochemistry and photoinduced proton-transfer by pharaonis phoborhodopsin
    N.Kamo, K.Shimono, M.Iwamoto, Y.Sudo
    Biochemistry (Mosc) 66 1277-1282 2001年 査読有り
  • Environment around the chromophore in pharaonis phoborhodopsin: mutation analysis of the retinal binding site
    K.Shimono, Y.Ikeura, Y.Sudo, M.Iwamoto, N.Kamo
    Biochim. Biophys. Acta 1515 92-100 2001年 査読有り
  • Pharaonis phoborhodopsin binds to its cognate truncated transducer even in the presence of a detergent with a 1 : 1 stoichiometry
    Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, N.Kamo
    Photochem. Photobiol. 74 489-494 2001年 査読有り
  • Structural changes of pharaonis phoborhodopsin upon photoisomerization of the retinal chromophore: Infrared spectral comparison with bacteriorhodopsin
    H.Kandori, K.Shimono, Y.Sudo, M.Iwamoto, Y.Shichida, N.Kamo
    Biochemistry 40 9238-9246 2001年 査読有り
  • Photo-induced proton transport of pharaonis phoborhodopsin (sensory rhodopsin II) is ceased by association with the transducer
    Y.Sudo, M.Iwamoto, K.Shimono, M.Sumi, N.Kamo
    Biophys. J. 80 916-922 2001年 査読有り
  • Involvement of two groups in reversal of the bathochromic shift of pharaonis phoborhodopsin by chloride at low pH
    K.Shimono, M.Kitami, M.Iwamoto, N.Kamo
    Biophys. Chem. 87 225-230 2000年 査読有り
  • Effects of three characteristic amino acid residues of pharaonis phoborhodopsin on the absorption maximum
    K.Shimono, M.Iwamoto, M.Sumi, N.Kamo
    Photochem. Photobiol. 72 141-145 2000年 査読有り
  • Light-induced proton uptake and release of pharaonis phoborhodopsin detected by a photoelectrochemical cell
    M.Iwamoto, K.Shimono, M.Sumi, K.Koyama, N.Kamo
    J. Phys. Chem. B 103 10311-10315 1999年 査読有り
  • Positioning proton-donating residues to the Schiff-base accelerates the M-decay of pharaonis phoborhodopsin expressed in Escherichia coli
    M.Iwamoto, K.Shimono, M.Sumi, N.Kamo
    Biophys. Chem. 79 187-192 1999年 査読有り
  • V108M mutant of pharaonis phoborhodopsin: Substitution caused no absorption change but affected its M-state
    K.Shimono, M.Iwamoto, M.Sumi, N.Kamo
    J. Biochem. 124 404-409 1998年 査読有り
  • Functional expression of pharaonis phoborhodopsin in Escherichia coli
    K.Shimono, M.Iwamoto, M.Sumi, N.Kamo
    FEBS Lett. 420 54-56 1997年 査読有り
  • A Landscape for Structural Stabilities during Gating Transitions in the KcsA Potassium Channel.
    Shimizu, H., Iwamoto, M.
    J. Physiol. Sci. 68 s169 2018年 査読有り

講演・口頭発表等

  • Effects of an artificial lipid, dipalmitoyl sulfobetaine, on the function of ion channel.
    Matsuki, Y., Iwamoto, M., Aikawa, T., Oiki, S.
    第95回日本生理学会大会 2018年03月
  • Measurements of water flux across a lipid bilayer membrane with evaluation of unstirred water layer.
    Yano, K., Iwamoto, M., Oiki, S.
    第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会 2019年03月
  • Dipole Potential Evaluated by Hydrophobic Ions using the Contact Bubble Bilayer Method.
    Matsuki, Y., Iwamoto, M., Yamatake, M., Oiki, S.
    第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会 2019年03月
  • A tension-modulated modality of the KcsA channel exclusive for acid-activated state
    M. Iwamoto, S. Oiki
    第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会 2019年03月
  • Tension-mediated regulation of the KcsA channel: a novel dual modality of the channel activation
    M. Iwamoto, S. Oiki
    第49回生理研国際シンポジウム 2018年12月
  • ステロールによる膜張力を介したKcsAカリウムチャネル活性の制御
    岩本真幸、老木成稔
    日本生物物理学会第56回年会 2018年09月
  • 膜ステロール効果の解析から明らかになったKcsAカリウムチャネル開閉に対する膜張力の寄与
    岩本真幸、老木成稔
    第95回日本生理学会大会 2018年03月
  • Method for rapid perfusion of hydrophobic substances into lipid bilayer and its application for ion channel studies
    M. Iwamoto, S. Oiki
    Biophysical Society 62th Annual Meeting 2018年02月
  • 脂質二重膜がカリウムチャネル開閉に及ぼす多様な影響
    岩本 真幸
    日本生物物理学会第55回年会 2017年09月 選考無し
  • 膜脂質組成とKcsAチャネル開閉
    岩本 真幸
    第2回イオンチャネル研究会 2017年08月 選考無し
  • コレステロールがKcsAカリウムチャネル機能に及ぼす影響
    岩本 真幸、老木 成稔
    第94回日本生理学会大会 2017年03月 選考無し
  • イオンチャネル機能に対する膜脂質効果の解析に向けた脂質二重膜組成の迅速変更法
    岩本 真幸、老木 成稔
    第54回日本生物物理学会年会 2016年11月 選考無し
  • KcsA チャネルゲーティングの膜脂質依存性
    岩本 真幸
    第 1 回 イオンチャネル研究会 2016年07月 選考無し
  • 膜脂質がカリウムイオンチャネルのゲート開閉を制御する分子機構
    岩本 真幸、老木 成稔
    蛋白研セミナー「膜タンパク質の構造ダイナミクス」 2016年05月 選考無し
  • 油中水滴接触膜でのイオンチャネル電流測定中に脂質二重膜組成を瞬間的に変更する試み
    岩本 真幸、老木 成稔
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考無し
  • 液滴接触膜を応用したイオンチャネル機能解析法
    岩本 真幸、老木 成稔
    第62回中部日本生理学会 2015年11月 選考無し
  • 流動電位測定により明らかにされたカリウムチャネルポア内でのイオンと水の共役的透過
    岩本 真幸、老木 成稔
    日本生物物理学会第53回年会 2015年09月 選考無し
  • 微小な液滴接触膜の形成とイオンチャネル機能解析への応用
    岩本 真幸、老木 成稔
    日本生物物理学会第53回年会 2015年09月 選考無し
  • 液滴内潅流による液滴接触膜上でのチャネル機能解析法
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第92回日本生理学会大会 2015年03月 選考無し 0
  • Gating of the cytotoxic peptide polytheonamide B channel
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, S.Matsunaga, S.Oiki
    第92回日本生理学会大会 2015年03月 選考有り 0
  • Molecular mechanism of the membrane lipid-dependent gating of the KcsA potassium channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    第45回生理研国際シンポジウム 2014年11月 選考無し 0
  • Development of the Diffracted X-ray Tracking Method for Recording the Single-Molecule Motions of Ion channel Proteins in a Sub-millisecond Time Resolution
    Hirofumi Shimizu, Masayuki Iwamoto, Yumiko Oota, Yoshikazu Hirai, Osamu Tabata, Shigetoshi Oiki
    The 45th NIPS International Symposium, co-sponsored by The Journal of Physiology Cutting-edge approaches towards the functioning mechanisms of membrane proteins"" 2014年11月 選考無し 0
  • 麻酔薬の細胞膜を介したカリウムチャネル制御機構の解明
    松木 悠佳, 三田 建一郎, 岩本 真幸, 重見 研司, 老木 成稔
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会 2014年09月 選考有り 0
  • 脂質はイオンチャネルのゲート開閉をどの様に制御するのか?:新奇脂質センサーによる制御機
    岩本 真幸, 老木 成稔
    日本生物物理学会第52回年会 2014年09月 選考無し 0
  • KcsAカリウムチャネルの開構造への構造変化前における分子揺らぎの増大
    清水 啓史, 岩本真幸, 太田裕美子, 老木成稔
    第52回日本生物物理学会 2014年09月 選考無し 0
  • Rectified protpn permeation through the hydrogen-bonded water-chain in a channel peptide
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, S.Matsunaga, S.Oiki
    第52回日本生物物理学会年会 2014年09月 選考有り 0
  • Modulation of the activation gating of the KcsA potassium channel by the membrane lipids
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Single Protein Dynamics in Cellulo 2014 2014年04月 選考無し 0
  • 膜脂質組成がKcsAカリウムチャネルの不活性化ゲート開閉に及ぼす影響
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第91回日本生理学会大会 2014年03月 選考無し 0
  • カリウムイオンチャネルKasAのゲート開閉と連動した膜中集合・離散挙動:原子間力顕微鏡による直接観察
    角野 歩, 山本 大輔, 岩本 真幸, 出羽 毅久, 老木 成稔
    第91回日本生理学会大会 2014年03月 選考有り 日本生理学会
  • ポリセオナミドBチャネルのプロトン透過:単一チャネル電流記録とプロトン透過モデル
    松木 悠佳, 岩本 真幸, 松永 茂樹, 老木 成稔
    第91回日本生理学会大会 2014年03月 選考有り 日本生理学会
  • Membrane lipids modulate the inactivation gating of the KcsA potassium channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Biophysical Society 58th Annual Meeting 2014年02月 選考有り 0
  • Amphipathic antenna of an inward rectifier K+ channel responds to changes in the inner membrane leaflet
    岩本 真幸
    福井大学医学部2012年度優秀論文賞受賞講演 2013年08月 選考有り 0
  • 心電図QT時間におけるKチャネルへのMgイオンの効果とその分子機構
    松木 悠佳, 三田 建一郎, 岩本 真幸, 重見 研司, 老木 成稔
    第34回日本循環制御医学会総会 2013年06月 選考有り 0
  • ポリセオアミドBのプロトン透過とpH依存性ゲーティング
    松木 悠佳, 三田 建一郎, 炭竈 享司, 岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    第90回日本生理学会大会 2013年03月 選考有り 0
  • KcsAカリウムチャネルの活性化ゲート開閉に影響を及ぼす細胞内脂質センサー部位の同定
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第90回日本生理学会大会 2013年03月 選考無し 0
  • The sensing sites for the membrane inner lipids regulate the activation gating of the KcsA potassium channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Biophysical Society 57th Annual Meeting 2013年02月 選考有り 0
  • 負に帯電した膜内葉表面でのアミノ末端両親媒性へリックスの回転がKcsAカリウムチャネルの開状態を安定化する
    岩本 真幸, 老木 成稔
    日本生物物理学会第51回年会 2013年01月 選考無し 0
  • カリウムイオンチャネルKasAのゲート開閉とリンクした脂質膜中での集合・離散ダイナミクス
    角野 歩, 山本 大輔, 炭竈 享司, 岩本 真幸, 出羽 毅久, 老木 成稔
    日本生物物理学会第51回年会 2013年01月 選考有り 日本生理学会
  • 高時間分解能で蛋白質の分子揺らぎと構造変化を計測するためのX線1分子動態計測法の開発
    清水 啓史, 岩本真幸, 老木成稔
    第51回日本生物物理学会 2013年01月 選考無し 0
  • MEMBRANE LIPID-SENSITIVE GATING OF THE KcsA POTASSIUM CHANNEL
    S.Oiki, M.Iwamoto
    揺らぎが機能を決める生命分子の科学公開シンポジウム 2012年12月 選考無し 0
  • カリウムチャネルモデルを用いた神経細胞へのカルシウムイオンの直接効果
    松木 悠佳, 三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔, 髙倉 康, 重見 研司
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第10回学術集会 2012年09月 選考有り 0
  • イオンチャネルのイオン選択性メカニズムの解明
    三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔, 重見 研司
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第10回学術集会 2012年09月 選考有り 0
  • カリウムチャネルの選択透過性とゲーティング
    老木 成稔, 岩本 真幸, 炭竈 享司, 清水 啓史
    平成24年度生理学研究所研究会 2012年09月 選考無し 0
  • KcsA カリウムチャネル活性に影響を及ぼすリン脂質作用部位の同定
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第50回日本生物物理学会年会 2012年09月 選考無し 0
  • KcsA カリウムイオンチャネルの溶液条件変化応答1 分子開閉ダイナミクスの解析
    清水 啓史, 岩本 真幸, A. Royant, D. Setten, L. Guerin, 青木 義満, M. Wulff, 老木 成稔
    第50回日本生物物理学会年会 2012年09月 選考無し 0
  • KcsAカリウムチャネル活性に影響を及ぼすリン脂質作用部位の同定
    岩本 真幸, 老木 成稔
    日本生物物理学会第50回年会 2012年09月 選考無し 0
  • カリウムチャネル分子内を流れる イオンと水を数える
    岩本 真幸
    福井大学医学部2011年度最優秀論文賞受賞講演 2012年07月 選考有り 0
  • 心電図QT時間へのマグネシウムイオンの直接効果ーカリウムチャネルモデルを用いてー
    松木 悠佳, 三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔, 髙倉 康, 重見 研司
    日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年06月 選考有り 0
  • サブミリ秒時間スケールでのKcsA カリウムイオンチャネル開閉構造変化の1 分子動画計測
    清水啓史, 岩本真幸, 今野卓, A. Royant, D. Setten, L. Guerin, M. Wulff, 老木 成稔
    第12回日本蛋白質科学会年会 2012年06月 選考無し 0
  • 非対称脂質二重膜を用いたKcsAカリウムチャネル機能に影響を及ぼす陰イオン性リン脂質作用部位の検討
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第89回日本生理学会大会 2012年03月 選考無し 0
  • 脂質二重膜組成がKcsAカリウムチャネル活性に及ぼす影響
    老木 成稔, 岩本 真幸
    第89回日本生理学会 2012年03月 選考有り 0
  • KcsAカリウムチャネルのフィルター入口のリチウムに対する高いバリア
    三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔
    第89回日本生理学会大会 2012年03月 選考有り 0
  • Development of diffracted X-ray tracking method for measuring gationg transitions of the KcsA potassium channeles in a sub-millisecound time resolution
    H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno, A.Royant, V,D,Stetten, L.Guerin, M.Wolff, S.Oiki
    第89回日本生理学会 2012年03月 選考無し 0
  • The asymmetric lipid bilayer revealed sidedness of the effective phospholipids on the single-channel properties of the KcsA potassium channel
    M.Iwamoto, S.Oiki
    Biophysical Society 56th Annual Meeting 2012年02月 選考有り 0
  • Laser-Triggered Single Molecular Gating Motions of the KcsA Potassium Channels Recorded in a Sub-Millisecond Time Resolution
    H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno, A.Royant, S.Von,David, G.Laurent, M.Wulff, S.Oiki
    Biophysical Society 56th Annual Meeting 2012年02月 選考無し 0
  • Envisioning the Ion Permeation Process through the KcsA Potassium Channel Using the Cycle Flux Algebra
    M.Iwamoto, S.Oiki
    揺らぎが機能を決める生命分子の科学 第5回公開シンポジウム 2012年01月 選考無し 科研費補助金真学術領域研究「揺らぎが機能を決める生命分子の科学」
  • 脂質二重膜組成がKcsAカリウムチャネル活性に及ぼす影響
    岩本 真幸, 老木 成稔
    第58回中部日本生理学会 2011年11月 選考無し 0
  • KcsA チャネルのイオン選択制機構:フィルタ入口のLi+に対するバリア
    三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔
    第58回中部日本生理学会大会 2011年11月 選考有り 0
  • KcsA チャネルのpH依存性のマグネシウムイオンの効果
    松木 悠佳, 岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    第58回中部日本生理学会大会 2011年11月 選考有り 0
  • イオンチャネルの透過を捉える:流れるイオンと水分子の配列を見る
    老木 成稔, 岩本 真幸, 炭竈 享司, 三田 建一郎
    第58回中部日本生理学会大会 2011年11月 選考無し 福井市
  • イオンチャネル開閉構造変化の光トリガーX線1分子計測システムの開発
    清水 啓史, 岩本 真幸, 今野 卓, Royant A., von Stetten V.D., Guerin L., 老木 成稔, Wulff M.
    第58回中部日本生理学会大会 2011年11月 選考無し 0
  • KcsAカリウムチャネルの開閉に対する脂質二重膜組成の影響
    岩本 真幸, 老木 成稔
    日本生物物理学会第49回年会 2011年09月 選考無し 0
  • X線1分子計測法によるカリウムイオンチャネルの1分子ダイナミクス計測
    H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno, A.ROyant, D.Setten, L.Guerin, M.Wulff, S.Oiki
    第49回日本生物物理学会年会 2011年09月 選考無し 日本生物物理学会
  • 細胞サイズベシクルにKcsAチャネルを方向性挿入するための新規手法
    M.Yanagisawa, M.Iwamoto, A.Kato, K.Yoshikawa, S.Oiki
    日本生物物理学会 2011年09月 選考無し 日本生物物理学会
  • KcsA チャネルのイオン選択制機構:フィルタへのNa+トラップ
    三田 建一郎, 岩本 真幸, 老木 成稔
    第49回日本生物物理学会年会 2011年09月 選考有り 0
  • 新奇βへリックス型ペプチド・ポリセオナミドBのイオンチャネル活性
    岩本 真幸
    次世代スーパーコンピュータプロジェクト ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点 第20回連続研究会 イオンチャネル No.2 2010年12月 選考無し 0
  • カリウムチャネルと揮発性麻酔薬の分子作用ー脂質平面膜法による実験系の確立をめざしてー
    松木 悠佳, 岩本 真幸, 三田 建一郎, 老木 成稔, 重見 研司
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第8回学術集会 2010年09月 選考有り 0
  • 新奇異常ペプチドの一方向膜挿入による一価陽イオン選択性ポアの形成
    岩本 真幸, 清水 啓史, 村松 郁延, 松永 茂樹, 老木 成稔
    日本生物物理学会第48回年会 2010年09月 選考無し 0
  • 不活性化しない変異体であるE71A変異体を用いたKcsAカリウムチャネルのpH依存性
    松木 悠佳, 岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    第87回日本生理学会大会 2010年05月 選考有り 0
  • 海綿由来細胞毒性ペプチドポリセオナミドBのイオンチャネル活性および細胞膜挿入機構
    岩本 真幸, 清水 啓史, 村松 郁延, 松永 茂樹, 老木 成稔
    第87回日本生理学会大会 2010年05月 選考無し 0
  • 不活性化しない変異体であるE71A変異体を用いたKcsAカリウムチャネルのpH依存性
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    第87回日本生理学会 2010年05月 選考無し 0
  • エックス線1分子計測法によるイオンチャネル準安定状態の観測
    清水 啓史, 岩本 真幸
    新学術領域「過渡的複合体」キックオフミーティング 2010年05月 選考無し 0
  • PH-DEPENDENT GATING OF KCSA POTASSIUM CHANNEL.
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    54th Annumal Meeting The Biophysical Society 2010年02月 選考無し 0
  • A cytotoxic peptide from a marine sponge, polytheonamide B: I. Channel activity and vectorial insertion into the membrane
    M.Iwamoto, H.Shimizu, I.Muramatsu, S.Matsunaga, S.Oiki
    Biophysical Society 54th Annual Meeting 2010年02月 選考有り 0
  • A cytotoxic peptide from a marine sponge, polytheonamide B: II. Properties for ion conduction and voltage dependent gating
    M.Iwamoto, H.Shimizu, I.Muramatsu, S.Matsunaga, S.Oiki
    Biophysical Society 54th Annual Meeting 2010年02月 選考有り 0
  • 不活性化しない変異体であるE71Aを用いたKcsAカリウムチャネルのpH依存性
    松木 悠佳, 岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    日本生理学会中部地方会 2009年12月 選考無し 0
  • 流動電位から解析した開状態KcsAカリウムチャネル内のイオンと水の分布
    岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    日本生物物理学会第47回年会 2009年11月 選考無し 0
  • 不活性化しない変異体であるE71Aを用いたKcsAカリウムチャネルのpH依存性
    Y.Matsuki, M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    日本生物物理学会 2009年09月 選考無し 日本生物物理学会
  • KcsAカリウムチャネルのイオン透過過程を捉える実験的・論理的戦略
    老木 成稔, 岩本 真幸, 松木 悠佳, 清水 啓史
    生理学研究所研究会 2009年09月 選考無し 生理学研究所
  • KcsA チャネルの透過 ― ゲーティング機構研究の展望と戦略
    老木 成稔, 清水 啓史, 岩本 真幸, 松木 悠佳, 今野 卓
    分子高次系機能解析のための分子科学-先端計測法の開拓による素過程的理解 2009年08月 選考無し 0
  • KcsAカリウムイオンチャネルの構造ダイナミクス研究の現状
    清水 啓史, 岩本 真幸, 今野 卓, 老木 成稔
    分子高次系機能解明のための分子科学 - 先端計測法の開拓による素過程的理解 2009年08月 選考無し 0
  • Ion distribution in the open KcsA channel evaluated by the streaming potential
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    36th International Congress of Physiological Sciences 2009年07月 選考有り 0
  • The water-ion coupling ratio for ion permeation through the KcsA potassium channel: Dependencies on concentration and species of permeating ions
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    Biophysical Society 53th Annual Meeting 2009年03月 選考無し 0
  • 流動電位測定によるKcsAカリウムチャネルのイオン透過機構の検討
    岩本 真幸, 清水 啓史, 老木 成稔
    日本生物物理学会第46回年会 2008年12月 選考無し 0
  • 電気依存性プロトンチャネルのプロトン透過の温度依存性
    M.Kuno, H.Ando, H.Morihata, H.Sakaki, H.Mori, H.Shimizu, M.Iwamoto, S.Oiki
    日本生物物理学会第46回年会 2008年12月 選考無し 0
  • 1分子構造変化の可視化によって明らかになったKcsAカリウムチャネルの開閉ねじれ運動
    H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno, A.Nihei, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    日本生物物理学会第46回年会 2008年12月 選考無し 0
  • KcsAカリウムチャネル開閉に伴うねじれ構造変化の1分子動画計測
    清水 啓史, 岩本 真幸, 今野 卓, 二瓶 亜三子, 佐々木 祐次, 老木 成稔
    第81回日本生化学会 2008年12月 選考無し 0
  • Flux coupling between ion and water in the K+ selective pore
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    第85回日本生理学会大会 2008年03月 選考無し 0
  • Water-ion coupling ratios for ion permeation through KcsA channel
    M.Iwamoto, H.Shimizu, S.Oiki
    Biophysical Society 52th Annual Meeting 2008年02月 選考無し 0
  • 表面プラズモン共鳴シグナルを利用したKcsAチャネル細胞質ドメインに関する研究
    岩本 真幸, 清水 啓史, 井上 史子, 今野 卓, 二瓶 亜三子, 佐々木 裕次, 老木 成稔
    日本生物物理学会第43回年会 2005年11月 選考無し 0
  • Probing cytoplasmic domain of single KcsA channel by use of surface plasmon resonance signal and planar lipid bilayer
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    第82回日本生理学会大会 2005年05月 選考無し 0
  • Effect of gating and tetrabutylammonium (TBA) blocking on the surface structure of KcsA potassium channel
    M.Iwanoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.Sasaki, S.Oiki
    51th Biophysical Society Annual Meeting 2007年03月 選考無し
  • Single-molecular measurement of pH-sensitive gating dynamics of KcsA potassium channel by Diffracted X-ray Tracking (DXT)
    H.Shimizu, M.Iwanoto, F.Inoue, T.Konno, Y.Sasaki, S.Oiki
    51th Biophysical Society Annual Meeting 2007年03月 選考無し
  • Single channel molecules in motion: Global twisting of KcsA potassium channel upon gating
    清水 啓史, M.Iwamoto, T.Konno, 二瓶 亜三子, 佐々木 祐次, S.Oiki
    Biology in Motion 2007年01月 選考無し Cell press
  • Changes in surface exposing sites of the KcsA potassium channel upon active gating: Effect of a channel blocker, tetrabutylammonium (TBA)
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konnno, Y.Sasaki, S.Oiki
    日本生物物理学会第44回年会 2006年11月 選考無し
  • Single-molecular gating dynamics of KcsA potassium channel measured by diffracted X-ray tracking
    H.Shimizu, M.Iwamoto, F.Inoue, T.Konnno, Y.Sasaki, S.Oiki
    日本生物物理学会44回年会 2006年11月 選考無し 日本生物物理学会
  • KcsA チャネルのゲーティングによる構造変化
    老木 成稔, 清水 啓史, 岩本 真幸, 今野 卓, 佐々木 裕次
    生理学研究所研究会 2006年09月 選考無し 老木成稔
  • Dynamic rearrangements of the surface structure of KcsA potassium channel evaluated by surface plasmon resonance signal
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konnno, A.Nihei, Y.Sasaki, S.Oiki
    福井大学21世紀COE「生体画像医学の総合研究プログラム」ワークショップ 2006年09月 選考無し
  • ゲーティングに伴うKcsAカリウムチャネル細胞質ドメインの構造変化
    岩本 真幸, 清水 啓史, 井上 史子, 今野 卓, 佐々木 裕次, 老木 成稔
    第83回日本生理学会年会 2006年03月 選考無し
  • Surface Accessibility of the Cytoplasmic Domain of KcsA Channel Evaluated by Surface Plasmon Resonance Signal
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, Y.Sasaki, S.Oiki
    50th Biophysical Society Annual Meeting 2006年02月 選考無し Biophysical Society
  • Probing cytoplasmic domain of single KcsA channel by use of surface plasmon resonance signal and planar lipid bylayer
    H.Ando, M.Kuno, H.Shimizu, M.Iwamoto, S.Oiki
    生理学研究所研究会 2005年01月 選考無し 老木成稔
  • in bulla channel synthesis and functional expression system under applied membrane potentials.
    Iwamoto, M., Oiki, S.
    第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会 2019年33月
  • 再構成チャネル―膜系からコモンスペースを考える
    老木成稔、岩本真幸
    生理研研究会「生体コモンスペース研究会」 2018年07月
  • チャネル機能が見える:KcsA チャネルのイオン透過と新しい張力感受性モダリティ
    岩本 真幸、炭竈 享司、浦久保 博一、老木 成稔
    生理研研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 2018年09月
  • Method to Record Single-Molecule Fluctuations and Conformational Changes in Proteins
    Hirofumi Shimizu, Masayuki Iwamoto, Kentaro Kajiwara, Yoshikazu Hirai, Osamu Tabata
    9th FAOPS CONGRESS (Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies) 2019年03月
  • Dipole Potential Evaluated by Hydrophobic lons using the Contact Bubble Bilayer Method
    Y.Mastuki,M.Iwamoto,M.Yamatake,S.Oiki
    9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies 2019年03月 選考有り

特許

  • 特許1585803:脂質二重膜形成器
    老木成稔,岩本真幸
    特願2017-6362
    特番1585803
  • 特許6128554:脂質平面膜を形成するための貫通孔を有するガラス基板、およびその製造方法と用途
    老木成稔,岩本真幸
    特願20130155692
    特開2015024936
    特番6128554

受賞

  •  福井大学 学長奨励賞(研究)2019年03月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2017年度後期優秀論文賞2018年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2017年度前期優秀論文賞2018年03月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2015年度最優秀論文賞2016年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2014年度優秀論文賞2015年06月
  •  福井大学医学部 医学部長奨励賞2014年01月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2012年度優秀論文賞2013年05月
  •  日本生理学会 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞2013年03月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部2011年度最優秀論文賞2012年06月

科学研究費補助金

  • 葉緑体表層膜で機能する細菌由来の膜安定化機構と物質透過機構の解明と応用基盤研究(B)
    代表者:児島 征司 2018年度
  • 膜脂質によるイオンチャネル開閉制御の分子基盤を探る基盤研究(C)
    代表者:岩本 真幸 2017年度
  • チャネル機能発現における膜上集合・離散動態の新しい機構の解明基盤研究(A)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:老木 成稔 2014年度
  • 油中水滴接触膜を応用したイオンチャネル機能に対する脂質効果の一分子解析基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岩本 真幸 2013年度
  • 強力な細胞毒性を示す新奇ペプチドチャネルにおける未知のイオン透過・制御機構若手研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:岩本 真幸 2011年度
  • KcsAカリウムチャネルpH依存性ゲーティングダイナミクスの一分子構造機能解析基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:老木 成稔 2011年度
  • 水-イオン流束比から解析するイオンチャネルのイオン選択的透過機構若手研究(B)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:岩本 真幸 2009年度
  • 蛋白質の構造変化ダイナミクス研究のための1分子科学の基盤を求めて挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:老木 成稔 2009年度
  • イオンチャネルの構造-機能ダイナミクス:ゲーティング構造変化の単一分子解析基盤研究(A)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:老木 成稔 2008年度
  • 脂質平面膜法とパッチクランプ法を融合した新しい電気生理測定チェンバーの開発若手研究(スタートアップ)
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:岩本 真幸 2007年度
  • 古最近型レチナール蛋白質の機能分化機構特別研究員奨励賞
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:岩本 真幸 2005年度
  • 膜電位存在下におけるイオンチャネルの機能と構造変化の1分子同時計測基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:清水 啓史 2015年度

教育活動情報

担当授業

  • 医科学基礎総論 (福井大学)
  • 生命現象の科学 (福井大学)
  • 医学英語II (福井大学)
  • 形態機能論II (福井大学)
  • 個体の調節機構とホメオスタシス (福井大学)
  • 細胞の基本構造と機能 (福井大学)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 細胞膜上の物質通り道「カリウムイオンチャネル」膜の張力 強ければ活性2018年12月 福井
  • 福井大研究チーム 細胞膜上の物質通過条件を解明2018年12月 NHK