沖 昌也

所属部署名生物応用化学講座
教員組織生物応用化学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/05/18 10:32

研究者基本情報

氏名

    沖 昌也
    オキ マサヤ
    OKI Masaya

基本情報

所属

  •  生物応用化学講座 教授

学歴

  • 1996年04月- 1999年03月九州大学 分子生命科学系専攻
  • 1994年04月- 1996年03月富山大学 化学生物工学

経歴

  • 2018年01月福井大学 学術研究院工学系部門 教授
  • 2007年04月福井大学 准教授
  • 2006年11月福井大学 助教授
  • 2006年07月- 2006年01月理化学研究所 研究員
  • 2005年07月- 2006年07月長崎大学 助手
  • 2005年03月- 2005年06月米国立衛生研究所 研究員
  • 2003年03月- 2005年02月日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2002年04月- 2003年02月米国立衛生研究所 研究員
  • 1999年04月- 2002年03月日本学術振興会 特別研究員 (PD)

所属学協会

    日本放射線影響学会 一般会員,日本生化学会 一般会員,日本遺伝学会 一般会員,エピジェネティクス研究会 一般会員,イーストワークショップ 一般会員,小型魚類研究会 一般会員,染色体ワークショップ 一般会員,日本分子生物学会 一般会員,酵母遺伝学フォーラム 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Crystal structure of an aldehyde oxidase from Methylobacillus sp. KY4400.
    Uchida H, Mikami B, Yamane-Tanabe A, Ito A, Hirano K, Oki M.
    J Biochem. 163(4) 321-328 2018年04月 査読有り
  • Histone H2A T120 Phosphorylation Promotes Oncogenic Transformation via Upregulation of Cyclin D1.
    Aihara H, Nakagawa T, Mizusaki H, Yoneda M, Kato M, Doiguchi M, Imamura Y, Higashi M, Ikura T, Hayashi T, Kodama Y, Oki M, Nakayama T, Cheung E, Aburatani H, Takayama KI, Koseki H, Inoue S, Takeshima Y, Ito T.
    Mol.Cell 64(1) 176-188 2016年10月 査読有り
  • Four domains of Ada1 form a heterochromatin boundary through different mechanisms.
    Kamata K, Shinmyozu K, Nakayama JI, Hatashita M, Uchida H, Oki M.
    Genes Cells. 21(10) 1125-1136 2016年10月 査読有り
  • Gic1 is a novel heterochromatin boundary protein in vivo.
    Mitsumori R, Shinmyozu K, Nakayama JI, Uchida H, Oki M.
    Genes Genet Syst. 91(3) 151-159 2016年11月 査読有り
  • Analysis of novel Sir3 binding regions in Saccharomyces cerevisiae.
    Mitsumori R, Ohashi T, Kazuto K, Ichino A, Kei Taniguchi, Kunihiro Ohta, Uchida H, Oki M
    J. Biochem. 160(1) 11-17 2016年07月 査読有り
  • 世代を越えたエピジェネティックな遺伝子発現変化の規則性
    沖 昌也
    化学と生物 52(9) 568-570 2014年09月 査読無し
  • 同じDNA を持つ一卵性双生児の違いに迫る
    沖 昌也
    福井大学工業会誌 60 18-19 2014年04月 査読無し
  • The N-terminus and Tudor domains of Sgf29 are important for its heterochromatin boundary formation function
    K.Kamata, G.Goswami, S.Kashio, T.Urano, R.Nakagawa, H.Uchida, M.Oki
    Journal of Biochemistry 155(3) 159-171 2014年01月 査読有り
  • 単一細胞の世代を超えたエピジェネティックな発現状態変化
    沖 昌也
    比較内分泌学会誌 40(151) 22-24 2014年01月 査読無し
  • C-terminus of the Sgf73 subunit of SAGA and SLIK is important for retention in the larger complex and for heterochromatin boundary function
    K.Kamata, A.Hatanaka, G.Goswami, K.Shinmyozu, J.Nakayama, T.Urano, M.Hatashita, H.Uchida, M.Oki
    Genes to cells 2013年09月 査読有り
  • Single cell visualization of yeast gene expression shows correlation of epigenetic switching between multiple heterochromatic regions through multiple generations
    Y.Mano, T.Kobayashi, J.Nakayama, H.Uchida, M.Oki
    PLOS Biology 11(7) 2013年07月 査読有り
  • 単一細胞のエピジェネティクス
    沖 昌也
    細胞工学 32(3) 143 2013年02月 査読無し
  • Formate Oxidase, an Enzyme of the Glucose-Methanol-Choline Oxidoreductase Family, Has a His-Arg Pair and 8-Formyl-FAD at the Catalytic Site
    D.Doubayashi, T.Ootake, Y.Maeda, M.Oki, Y.Tokunaga, A.Sakurai, Y.Nagaosa, B.Mikami, H.Uchida
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 75 1662-1667 2011年09月 査読有り
  • Boundaries in Saccharomyces cerevisiae
    J.Sun, A.Hatanaka, M.Oki
    Genes & Genetic Systems 2011年04月 査読有り
  • Fub1, a novel protein isolated by boundary screening, binds the proteasome complex
    A.Hatanaka, B.Chen, J.Sun, Y.Mano, M.Funakoshi, H.Kobayashi, Y.Ju, T.Mizutani, K.Shinmyouzu, J.Nakayama, K.Miyamoto, H.Uchida, M.Oki
    Genes. Genet.Syst. 86(5) 305-314 2011年01月 査読有り
  • Identification of a novel distal control region upstream of the human steroidogenic acute regulatory protein (StAR) gene that participates in SF-1 dependent chromatin architecture
    T.Mizutani, T.Yazawa, J.Yunfeng, Y.Imamichi, M.Uesaka, Y.Inaoka, K.Matsuura, Y.Kamiki, M.Oki, A.Umezawa, K.Miyamoto
    J Biol Chem 285(36) 28240-28251 2010年12月 査読有り
  • Analysis of the inheritance mechanism of the boundary at heterochromatin region
    M.Oki, A.Hatanaka, Y.Mano, H.Uchida
    Gordon research conference 2010年07月
  • 新規継代メカニズム解析技術を用いたエピジェネティクス原因遺伝子の同定
    沖 昌也
    福井大学重点研究成果集2010 2010年05月 査読無し
  • Crystallization and preliminary X-ray analysis of formate oxidase, an enzyme of the glucose-methanol-choline oxidoreductase family
    Y.Maeda, D.Doubayashi, T.Ootake, M.Oki, B.Mikami, H.Uchida
    Acta. Cryst. F 66 1064-1066 2010年 査読有り
  • Expression in Escherichia coli of an unnamed protein gene from Aspergillus oryzae RIB40 and cofactor analyses of the gene product as formate oxidase
    Y.Maeda, D.Doubayashi, M.Oki, H.Nose, A.Sakurai, K.Isa, Y.Fujii, H.Uchida
    Biosci.Biotechnol.Biochem. 73 2645-2649 2009年12月 査読有り
  • ヘテロクロマチン領域境界形成機構の解明
    沖 昌也
    上原記念生命科学財団 研究報告集(23) 102 2009年12月 査読無し
  • Analysis of the heredity change of the boundary
    M.Oki
    Chromatin Domains and Insulators 2009年11月
  • Analysis of the heredity change of the boundary
    Y.Mano, A.Hatanaka, H.Uchida, M.Oki
    Chromatin domains and Insulators 2009年11月
  • The presence of a modified FAD in formate oxidase from Debaryomyces vanjiriae MH201 and Aspergillus oryzae RIB40
    Y.Maeda, D.Dobayashi, M.Oki, H.Nose, Y.Fujii, H.Uchida
    APBioChEC'09 2009年11月
  • 生体内におけるヘテロクロマチン領域境界形成機構の解析
    沖 昌也
    旭硝子財団助成研究成果報告 2009年09月
  • Analysis of the heredity change of the gene expression in the single cell
    M.Oki, Y. Mano, A.Hatanaka, H.Uchida
    FASEB summer research conference 2009年07月
  • 新規遺伝子 YHR061C とヘテロクロマチン領域境界形成機構との関与
    沖 昌也
    持田記念財団年報 2008年07月
  • Analysis of barriers
    A.Hatanaka, Y.Mano, H.Uchida, M.Oki
    Gordon Research conferences 2008年05月
  • Analysis of heterochromatin barrier function in S.cerevisiae
    A.Hatanaka, H.Uchida, M.Oki
    International Symposium on Chromosome Dynamics 2008年05月 査読有り
  • Cloning and Expression of three formate oxidase genes from Debaryomyces vanrijiae MH201
    Yoshifumi Maeda, Masaya Oki, Yutaka Fujii, Akira Hatanaka, Masayuki Houjo, Kouzou Hirano, Hiroyuki Uchida
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 72(8) 1999-2004 2008年 査読有り
  • 細胞分化に伴うクロマチン構造変換と転写制御機構の解明
    沖 昌也, 水谷 哲也
    福井大学生命科学複合教育センター 「平成19年度学内共同研究等」 2008年
  • ヒストンのリン酸化と癌化の関与
    沖 昌也
    上原記念生命科学財団研究報告集 21 389-391 2007年12月 査読有り
  • Repeated oxidative removalas of formaldehye by immobilized aldehyde oxidase, formate oxidase, and catalase
    H.Uchida, Y.Maeda, T. Hirata, K.Hirano, Y.Yamakawa, Masaya Oki
    APBioChEC'07 2007年11月
  • 赤白斑の酵母に魅せられて
    沖 昌也
    生物工学会誌 85(9) 421 2007年09月 査読無し
  • Temperature-sensitive defects of the GSP1 gene, yeast Ran homologue, activate the Tel1-dependent pathway
    Naoyuki Hayashi, Seishi Murakami, Susumu Tsurusaki, Zen-ichiro Nagaura, Masaya Oki, Hideo Nishitani, Masahiko Kobayashi, Hiroko Shimizu, Ken-ichi Yamamoto, Takeharu Nishimoto
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 353 330-336 2007年 査読有り
  • Role of histone phosphorylation in chromatin dynamics and its implications in diseases
    Masaya Oki, Hitoshi Aihara, Takashi Ito
    Subcell Biochem 41 319-336 2007年 査読有り
  • Identification of novel suppressors for Mog1 implies its involvement in RNA metabolism, lipid metabolism and signal transduction
    Masaya Oki, Li Ma, Yonggang Wang, Akira Hatanaka, Chie Miyazato, Kazuo Tatebayashi, HIdeo Nishitani, HIroyuki Uchida, Takeharu Nishimoto
    Gene 400 114-121 2007年 査読有り
  • H2A.Z functions to regulate progression through the cell cycle
    Namrita Dhillon, Masaya Oki, Shawn J. Szyjka, Oscar M. Aparicio, Rohinton T. Kamakaka
    Mol. Cell. Biol. 26(2) 489-501 2006年 査読有り
  • Different mating-type-regulated genes affect the DNA repair defects of Saccharomyces RAD51, RAD52 and RAD55 mutants
    Maria Valencia-Burton, Masaya Oki, Jean Johnson, Tracey A. Seier, Rohinton T. Kamakaka, James E. Haber
    Genetics 174 41-55 2006年 査読有り
  • Barrier function at HMR
    Masaya Oki, Rohinton T. Kamakaka
    Mol. Cell. 197 707-716 2005年09月 査読有り
  • クロマチンリモデリング
    田頭英樹, 中川武弥, 沖 昌也, 安井潔, 伊藤敬
    バイオ研究マスターシリーズ、転写研究集中マスター 62-72 2005年09月 査読有り
  • クロマチンと病態
    中川武弥, 田頭英樹, 沖 昌也, 伊藤敬
    Molecular Medicine 42(9) 966-972 2005年09月 査読有り
  • Analysis of barriers
    Masaya Oki
     2005年01月 査読有り
  • Analysis of HMR barriers
    Masaya Oki, Kamakaka RT
     2004年07月
  • Barrier proteins remodel and modify chromatin to restrict silenced domains
    Masaya Oki, Lourdes Valenzuela, Tomoko Chiba, Takashi Ito, Rohinton T. Kamakaka
    Mol. Cell. Biol. 24(5) 1956-1967 2004年 査読有り
  • Genome-wide analysis of heterochromatin barrier function in S.cerevisiae
    Masaya Oki, Chiba T, Ito t, Kamakaka RT
     2003年03月
  • Blockers and barriers to transcription : competing activities
    Masaya Oki, Rohinton T Kamakaka
    Curr. Opin. Cell Biol. 14 299-304 2002年 査読有り
  • The Saccharomyces cerevisiae small GTPase, Gsp1p/Ran , is involved in 3' processing of 7S-to-5.8S rRNA and in degradation of the excised 5'-A0 fragment of 35S pre-rRNA, both of which are carried out by the exosome
    Nobuhiro Suzuki, Eishi Noguchi, Nobutaka Nakashima, Masaya Oki, Tomoyuki Ohba, Alan Tartakoff, Masamichi Ohishi, Takeharu Nishimoto
    Genetics 158 613-625 2001年06月 査読有り
  • Mog1p stimulates a nucleotide release from GTP-Gsp1p which is inhibited by Yrb1p, but not from GDP-Gsp1p
    Masaya Oki, Nishimoto T
     2000年07月
  • Yrb1p interaction with the Gsp1p C terminus blocks Mog1p stimulation of GTP release from Gsp1p
    Masaya Oki, Takeharu Nishimoto
    J. Biol Chem. 275(42) 32894-32900 2000年01月 査読有り
  • A protein required for nuclear-protein import, Mog1p, directly interacts with GTP-Gsp1p, the Saccharomyces cerevisiae Ran homologue
    Masaya Oki, Takeharu Nishimoto
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95 15388-15393 1998年12月 査読有り
  • A novel protein required for nuclear protein import, Mog1p, directly interacts with GTP-bound Gsp1p, Saccharomyces cerevisiae Ran-homologe
    Masaya Oki, Nishimoto T
     1998年12月
  • Promoter/repressor system in Lactobacillus plantarum phage φg1e:characterization of the promoter pR49-pR-pL and overproduction of the cro-like protein Cng in Eschrichia coli.
    Makiko Kakikawa, Nobukatsu Watanabe, Tatsuya Funawatashi, Masaya Oki, Hiroo Yasukawa, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    Gene 215 371-379 1998年 査読有り
  • Nuclear protein import, but not mRNA export, is defective in all Saccharomyces cerevisiae mutants that produce temperature-sensitive forms of the Ran GTPase homologue Gsp1p
    Masaya Oki, Eishi Noguchi, Naoyuki Hayashi, Takeharu Nishimoto
    Mol. Gen. Genet. 257 624-634 1998年 査読有り
  • Nuclear protein import, but not mRNA export, is defective in all of the temperature sensitive mutants of the Saccharomyces cerevisiae Ran homologue Gsp1p GTPase
    Masaya Oki, Noguchi E, Hayashi N, Nishimoto T
     1997年11月
  • Characterization of the genes encoding integrative and excisive functions of Lactobacillus phage φg1e: clonig,sequence analysis, and expression in Escherishia coli
    Makiko Kakikawa, Masaya Oki, Nobukatsu Watanabe, Hiroo Yasukawa, Yukito Masamune, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    Gene 185 119-125 1997年 査読有り
  • Genome structure of the Lactobacillus temperate phage φg1e: the whole genome sequence and the putative promoter/repressor system
    Ken-Ichi Kodaira, Masaya Oki, Makiko Kakikawa, Nobukatsu Watanabe, Machiko Hirakawa, Kazuyo Yamada, Akira Taketo
    Gene 187 45-53 1997年 査読有り
  • Functional and structural features of the holin HOL protein of the Lactobacillus plantarum phage φg1e: analysis in Escherishia coli system
    Masaya Oki, Makiko Kakikawa, Shogo Nakamura, Ei-Tora Yamamura, Kouichi Watanabe, Masae Sasamoto, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    Gene 197 137-145 1997年 査読有り
  • Cloning and nucleotido sequence of the major capsid protein of Lactobacillus bacteriophage φg1e
    Makiko Kakikawa, Masaya Oki, Hisayuki Tadokoro, Shogo Nakamura, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    Gene 175 157-165 1996年 査読有り
  • The virion proteins encoded by bacteriophage φK and its host-range mutant φKhT:host-range determination and DNA binding properties
    Ken-Ichi Kodaira, Masaya Oki, Makiko Kakikawa, Hisashi Kimoto, Akira Taketo
    J.Biochem. 119 1062-1069 1996年 査読有り
  • Genome structure of a Lactobacillus plasmid pNMO belonging to the rolling-circle type replicon
    Masaya Oki, Makiko Kakikawa, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    J. Gen. Appl. Microbiol. 42 271-283 1996年 査読有り
  • Cloning, sequence analysis, and expression of the genes encoding lytic functions of Lactobacillus bacteriophage φg1e
    Masaya Oki, Makiko Kakikawa, Kazuyo Yamada, Akira Taketo, Ken-Ichi Kodaira
    Gene 176 215-223 1996年 査読有り
  • Determination of the single stranded origin of Shigella sonnei plasmid pKYM
    Ken-Ichi Kodaira, Masaya Oki, Akira Taketo, Hiroo Yasukawa, Yukito Masamune
    Biochimica et Biophysica Acta 1260 183-190 1995年 査読有り
  • The N-terminus and Tudor domains of Sgf29 are important for its heterochromatin boundary formation function
    Kamata, Kazuma;Goswami, Gayatri;Kashio, Sayaka;Urano, Takeshi;Nakagawa, Reiko;Uchida, Hiroyuki;Oki, Masaya
    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 155(3) 159-171 2014年
  • 単一細胞の世代を越えたエピジェネティックな発現状態変化
    沖 昌也
    比較内分泌学 40(151) 22-24 2014年
  • 世代を越えたエピジェネティックな遺伝子発現変化の規則性:単一細胞追跡システムによって見えてきたもの
    沖 昌也
    化学と生物 52(9) 568-570 2014年
  • Analysis of novel Sir3 binding regions in Saccharomyces cerevisiae.
    Mitsumori R*, Ohashi T*, Kazuto K, Ichino A, Kei Taniguchi, Kunihiro Ohta, Uchida H and Oki M.
    J. Biochem. 2015年 査読有り
  • Analysis of novel Sir3 binding regions in Saccharomyces cerevisiae.
    Mitsumori Risa;Ohashi Tomoe;Kugou Kazuto;Ichino Ayako;Taniguchi Kei;Ohta Kunihiro;Uchida Hiroyuki;Oki Masaya
    Journal of biochemistry 160(1) 2016年
    :In Saccharomyces cerevisiae, the HMR, HML, telomere and rDNA regions are silenced. Silencing at the rDNA region requires Sir2, and silencing at the HMR, HML and telomere regions requires binding of a protein complex, consisting of Sir2, Sir3 and Sir4, that mediates repression of gene expression. Here, several novel Sir3 binding domains, termed CN domains (Chromosomal Novel Sir3 binding region), were identified using chromatin immunoprecipitation (ChIP) on chip analysis of S. cerevisiae chromosomes. Furthermore, analysis of G1-arrested cells demonstrated that Sir3 binding was elevated in G1-arrested cells compared with logarithmically growing asynchronous cells, and that Sir3 binding varied with the cell cycle. In addition to 14 CN regions identified from analysis of logarithmically growing asynchronous cells (CN1-14), 11 CN regions were identified from G1-arrested cells (CN15-25). Gene expression at some CN regions did not differ between WT and sir3Δ strains. Sir3 at conventional heterochromatic regions is thought to be recruited to chromosomes by Sir2 and Sir4; however, in this study, Sir3 binding occurred at some CN regions even in sir2Δ and sir4Δ backgrounds. Taken together, our results suggest that Sir3 exhibits novel binding parameters and gene regulatory functions at the CN binding domains.
  • Gic1 is a novel heterochromatin boundary protein in vivo.
    Mitsumori Risa;Shinmyozu Kaori;Nakayama Jun-Ichi;Uchida Hiroyuki;Oki Masaya
    Genes & genetic systems 91(3) 2016年
    :In Saccharomyces cerevisiae, HMR/HML, telomeres and ribosomal DNA are heterochromatin-like regions in which gene transcription is prevented by the silent information regulator (Sir) complex. The Sir complex (Sir2, Sir3 and Sir4) can spread through chromatin from the silencer. Boundaries prevent Sir complex spreading, and we previously identified 55 boundary genes among all ~6,000 yeast genes. These boundary proteins can be distinguished into two types: those that activate transcription to prevent spreading of silencing, and those that prevent gene silencing by forming a boundary. We selected 44 transcription-independent boundary proteins from the 55 boundary genes by performing a one-hybrid assay and focused on GIC1 (GTPase interaction component 1). Gic1 is an effector of Cdc42, which belongs to the Rho family of small GTPases, and has not been reported to function in heterochromatin boundaries in vivo. We detected a novel boundary-forming activity of Gic1 at HMR-left and telomeric regions by conducting a chromatin immunoprecipitation assay with an anti-Sir3 antibody. We also found that Gic1 bound weakly to histones in two-hybrid analysis. Moreover, we performed domain analysis to identify domain(s) of Gic1 that are important for its boundary activity, and identified two minimum domains, which are located outside its Cdc42-binding domain.
  • Four domains of Ada1 form a heterochromatin boundary through different mechanisms.
    Kamata Kazuma;Shinmyozu Kaori;Nakayama Jun-Ichi;Hatashita Masanori;Uchida Hiroyuki;Oki Masaya
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 21(10) 2016年
    :In eukaryotic cells, there are two chromatin states, silenced and active, and the formation of a so-called boundary plays a critical role in demarcating these regions; however, the mechanisms underlying boundary formation are not well understood. In this study, we focused on S. cerevisiae ADA1, a gene previously shown to encode a protein with a robust boundary function. Ada1 is a component of the histone modification complex Spt-Ada-Gcn5-acetyltransferase (SAGA) and the SAGA-like (SLIK) complex, and it helps to maintain the integrity of these complexes. Domain analysis showed that four relatively small regions of Ada1 (Region I; 66-75 aa, II; 232-282 aa, III; 416-436 aa and IV; 476-488 aa) have a boundary function. Among these, Region II could form an intact SAGA complex, whereas the other regions could not. Investigation of cellular factors that interact with these small regions identified a number of proteasome-associated proteins. Interestingly, the boundary functions of Region II and Region III were affected by depletion of Ump1, a maturation and assembly factor of the 20S proteasome. These results suggest that the boundary function of Ada1 is functionally linked to proteasome processes and that the four relatively small regions in ADA1 form a boundary via different mechanisms.
  • Gic1 is a novel heterochromatin boundary protein in vivo
    Mitsumori Risa;Shinmyozu Kaori;Nakayama Jun-ichi;Uchida Hiroyuki;Oki Masaya
    Genes & Genetic Systems 91(3) 151-159 2016年

    In Saccharomyces cerevisiae, HMR/HML, telomeres and ribosomal DNA are heterochromatin-like regions in which gene transcription is prevented by the silent information regulator (Sir) complex. The Sir complex (Sir2, Sir3 and Sir4) can spread through chromatin from the silencer. Boundaries prevent Sir complex spreading, and we previously identified 55 boundary genes among all ~6,000 yeast genes. These boundary proteins can be distinguished into two types: those that activate transcription to prevent spreading of silencing, and those that prevent gene silencing by forming a boundary. We selected 44 transcription-independent boundary proteins from the 55 boundary genes by performing a one-hybrid assay and focused on GIC1 (GTPase interaction component 1). Gic1 is an effector of Cdc42, which belongs to the Rho family of small GTPases, and has not been reported to function in heterochromatin boundaries in vivo. We detected a novel boundary-forming activity of Gic1 at HMR-left and telomeric regions by conducting a chromatin immunoprecipitation assay with an anti-Sir3 antibody. We also found that Gic1 bound weakly to histones in two-hybrid analysis. Moreover, we performed domain analysis to identify domain(s) of Gic1 that are important for its boundary activity, and identified two minimum domains, which are located outside its Cdc42-binding domain.

  • tRNA Genes Affect Chromosome Structure and Function via Local Effects
    Hamdani, Omar;Dhillon, Namrita;Hsieh, Tsung-Han S.;Fujita, Takahiro;Ocampo, Josefina;Kirkland, Jacob G.;Lawrimore, Josh;Kobayashi, Tetsuya J.;Friedman, Brandon;Fulton, Derek;Wu, Kenneth Y.;Chereji, Rzvan, V;Oki, Masaya;Bloom, Kerry;Clark, David J.;Rando, Oliver J.;Kamakaka, Rohinton T.
    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY 39(8) 2019年04月 査読有り
  • The microenvironment surrounding FAD mediates its conversion to 8-formyl-FAD in Aspergillus oryzae RIB40 formate oxidase.
    Doubayashi Daiju;Oki Masaya;Mikami Bunzo;Uchida Hiroyuki
    Journal of biochemistry 2019年 査読有り
    :Aspergillus oryzae RIB40 formate oxidase has Arg87 and Arg554 near the formyl group and O(4) atom of 8-formyl-flavin adenine dinucleotide (FAD), respectively, with Asp396 neighboring Arg554. Herein, we probed the roles of these three residues in modification of FAD to 8-formyl-FAD. Replacement of Arg87 or Arg554 with Lys or Ala decreased and abolished the modification, respectively. Replacement of Asp396 with Ala or Asn lowered the modification rate. The observation of unusual effects of maintaining pH 7.0 on the modification in R87K, R554K, and D396 variants indicates initial and subsequent processes with different pH dependencies. Comparison of the initial process at pH 4.5 and 7.0 suggests that the microenvironment around Arg87 and the protonation state of Asp396 affect the initial process in the native enzyme. Comparison of the crystal structures of native and R554 variants showed that the replacements had minimal effect on catalytic site structure. The positively charged Arg87 might contribute to the formation of an anionic quinone-methide tautomer intermediate, while the positively charged Arg554, in collaboration with the negatively charged Asp396, might stabilize this intermediate and form a hydrogen bonding network with the N(5)/O(4) region, thereby facilitating efficient FAD modification.

著書

  • 特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」ニュースレター第4号
    沖 昌也
    執筆
    第1回エピジェネティクス研究会に参加して
    国立遺伝学研究所 2007年01月
  • 生物工学会誌
    沖 昌也
    執筆
    赤白斑の酵母に魅せられて
    社団法人日本生物工学会 2007年09月
  • 平成20年度 財団年報  第20号
    沖 昌也
    執筆、編集
    生まれ故郷と研究
    財団法人 ノバルティス科学振興財団 2008年07月
  • エピジェネティクス
    沖 昌也
    共同編集、分担執筆
    出芽酵母におけるエピジェネティクス
    培風館 2008年09月
  • 特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」ニュースレター第7号
    沖 昌也
    執筆
    第26回染色体ワークショップに参加して
    国立遺伝学研究所 2009年03月
  • 日本エピジェネティクス研究会ニュース
    沖 昌也
    執筆、編集
    学会報告「Message from yeast to Epigenetics~Yeast clarifies the frontiers of life science~」
    日本エピジェネティクス研究会 2013年01月
  • 細胞工学
    沖 昌也
    執筆、編集
    単一細胞のエピジェネティクス
    秀潤社 2013年02月
  • 比較内分泌学会誌
    沖 昌也
    執筆、編集
    単一細胞の世代を越えたエピジェネティックな発現状態変化
    比較内分泌学会 2014年01月

講演・口頭発表等

  • 糖尿病白内障のエピジェネティックな発現制御を介したメカニズム解明
    日本遺伝学会第89回大会 2017年09月 選考有り
  • GCN4依存的にアミノ酸飢餓誘導を受けるCN13 領域の解析
    近藤嘉則、沖昌也
    第8回高次クロマチン構造研究会 2017年08月
  • マイクロアレイ解析による白内障治療効果の推察
    釜田和馬、沖昌也
    第8回高次クロマチン構造研究会 2017年08月
  • アミノ酸飢餓で誘導されるCN13 領域の解析
    近藤嘉則、内田博之、沖昌也
    第35回染色体ワークショップ、第16回核ダイナミクス研究会 2017年12月 選考有り
  • 異なる染色体上に存在しエピジェネティックに発現制御されるDDI2,DDI3 の1 細胞レベルでの解析
    荻野裕平、水口真輔、内田博之、沖昌也
    第35回染色体ワークショップ、第16回核ダイナミクス研究会 2017年12月 選考有り
  • IMD2 遺伝子のエピジェネティックな発現制御機構に関与する因子の解析
    綾野貴仁、内田博之、沖昌也
    第35回染色体ワークショップ・第16回核ダイナミクス研究会 2017年12月
  • 出芽酵母の放射線によるSir 依存的な生存率の変化
    出芽酵母の放射線によるSir 依存的な生存率の変化
    第35回 YEAST WORKSHOP 2017年11月
  • DDI2/3 のエピジェネティックな発現制御に関与する遺伝子の解析
    水口真輔、荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第35回 YEAST WORKSHOP 2017年11月
  • HAT阻害剤の糖尿病白内障治療効果について
    金田文人、三宅誠司、高村佳弘、稲谷大、内田博之、沖昌也
    第4回北陸エピジェネティクス研究会 2017年11月
  • IMD2 のエピジェネティックな発現制御機構に関与する遺伝子の解析
    綾野貴仁、内田博之、沖昌也
    第4回北陸エピジェネティクス研究会 2017年11月
  • エピジェネティクスに着目した糖尿病白内障予防と治療
    金田文人、三宅誠司、高村佳弘、稲谷大、内田博之、沖昌也
    第8回高次クロマチン研究会 2017年08月
  • Analysis of irradiation resistance mechanism in S. cerevisiae
    Kazuma Kamata, Haruna Maeda, Motoki Tanaka, Masanori Hatashita, Hiroyuki Uchida, Masaya Oki
    ASCB 2017年12月
  • エピジェネティクス
    沖昌也
    第22回日本がん分子標的治療学会 2018年05月
  • 1細胞解析システムを用いたエピジェネティックな発現制御機構の解明
    沖昌也
     2018年02月 選考有り
  • 1細胞解析システムを用いたエピジェネティックな発現制御機構の解明
    沖昌也
     2018年02月
  • 1細胞追跡システムを用いたエピジェネティックな遺伝子発現制御機構の解明
    沖昌也
     2018年01月 選考有り
  • 1細胞解析システムを用いたエピジェネティックな発現制御機構の解明
    沖昌也
     2016年11月 選考有り
  • エピジェネティックな発現制御を受ける DDI3 の解析
    沖昌也、荻野裕平、日吉裕紀、内田博之
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月 選考無し
  • 出芽酵母におけるサイレンシング領域の境界形成へのSpt3とTBP の関与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第33回 染色体ワークショップ 2016年01月 選考無し
  • ヘテロクロマチンの揺らぎによりエピジェネティックに発現制御される DDI2、DDI3 の解析
    沖昌也、荻野裕平、竹原茜、内田博之
    第10回 日本エピジェネティクス研究会 2016年05月 選考無し
  • 白内障予防薬の開発
    沖昌也
    FUNTEC フォーラム 2017年02月 選考無し
  • HAT阻害剤を用いた糖尿病白内障予防薬の開発
    金田文人、高村佳弘、三宅誠司、稲谷大、内田博之、沖昌也
    第11回 エピジェネティクス研究会 2017年05月 選考無し
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 遺伝子の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第33回大会 2015年05月 選考無し
  • Spt3、Spt8 のテロメアサイレンシングの境界形成における機能
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第33回大会 2015年05月 選考無し
  • DNA 損傷誘発時にエピジェネティックに発現制御を受ける DDI2/DDI3 の解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第48回 酵母遺伝学フォーラム 2015年09月 選考有り
  • 1細胞追跡システムを用いた IMD2 のエピジェネティックな発現変化の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • 環境応答による遺伝子発現制御に関わる Spt7p の限定分解メカニズムの解明
    樫尾紗耶香、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • 出芽酵母におけるSpt3, Spt8 の Chr.III right テロメアの境界形成にへの関与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • DNA 損傷によりエピジェネティックに発現誘導される遺伝子の発現メカニズム解析
    沖昌也、荻野裕平、内田博之
    日本遺伝学会第87回大会 2015年09月 選考無し
  • ヒストンアセチル化酵素構成因子 YNG1 のコンピューターを用いた機能の解析
    谷口渓、内田博之、沖昌也
    生命情報科学若手の会第7回研究会 2015年10月 選考有り
  • シングルセルシステムを用いた、IMD2 のエピジェネティックな発現変化の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • エピジェネティックな遺伝子発現を制御する Spt7p の限定分解メカニズムの解析
    樫尾紗耶香、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月
  • Sir4 依存的に定常期にのみ発現する CN13 領域の解析
    河村明里、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • 糖尿病白内障のエピジェネティックな発現機構の解明
    金田文人、高村佳弘、三宅誠司、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • 出芽酵母における Spt3 と TBP の相互作用のサイレンシング領域境界形成への寄与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • 濁度に依存した遺伝子発現制御機構の解析
    河村明里、内田博之、沖昌也
    第33回 YEAST WORKSHOP 2015年11月 選考無し
  • DNA 損傷時にエピジェネティックに発現制御される DDI3 の解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第33回 YEAST WORKSHOP 2015年11月 選考無し
  • Spt3, Spt8 のサイレンシング領域における境界形成機能の解析
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月 選考有り
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 のシンググルセル追跡システムをを用いた発現解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第33回 染色体ワークショップ 2016年01月 選考有り
  • Spt3 と TBP によるサイレンシング領域境界形成機構の解析
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第33回大会 2016年05月 選考無し
  • コンピューターを利用したヒストンアセチル化酵素複合体NuA3構成因子Yng1の機能解析
    谷口渓、内田博之、沖昌也
    第7回 高次クロマチン研究会(BCC7) 2016年08月 選考無し
  • グルコース減少による Spt7p 限定分解の解析
    樫尾紗耶香、内田博之、沖昌也
    第7回 高次クロマチン研究会(BCC7) 2016年08月 選考無し
  • Spt3によるサイレンシング領域境界形成機構の解析
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第7回 高次クロマチン研究会(BCC7) 2016年08月 選考無し
  • ヘテロクロマチンの揺らぎによりエピジェネティックな発現制御を受けるDDI2/DDI3の解析
    沖昌也、荻野裕平、内田博之
    日本遺伝学会第88回大会 2016年09月 選考有り
  • 定常期に発現誘導されるCN13 領域の発現制御機構と TOR 経路の関与
    近藤嘉則、赤田倫治、内田博之、沖昌也
    第49回 酵母遺伝学フォーラム 2016年09月 選考有り
  • 1細胞追跡システムを用いた異なる染色体上に存在する遺伝子のエピジェネティックな発現制御機構の解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第89回日本生化学会大会 2016年09月
  • IMD2のエピジェネティックな発現に関与する遺伝子の解析
    綾野貴仁、日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第34回 YEAST WORKSHOP 2016年11月 選考無し
  • 定常期に発現誘導されるCN13領域の発現制御機構の解析
    近藤嘉則、酒井春花、河村明里、赤田倫治、内田博之、沖昌也
    第34回 YEAST WORKSHOP 2016年11月
  • DNA 損傷時にエピジェネティックに発現制御される DDI2/DDI3 の1細胞追跡システムを用いた解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第34回 染色体ワークショップ 2017年01月 選考有り
  • ヘテロクロマチンの揺らぎによりエピジェネティックに発現制御される遺伝子の解析
    沖昌也、綾野貴仁、荻野裕平、内田博之
    第11回 エピジェネティクス研究会 2017年05月 選考有り
  • IMD2 のエピジェネティックな発現制御機構のシングルセル解析
    綾野貴仁、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第35回大会 2017年06月 選考無し
  • 定常期特異的に発現制御を受ける CN13 領域の解析
    近藤嘉則、酒井春花、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第35回大会 2017年06月
  • エピジェネティックな発現制御を受ける糖尿病白内障発症メカニズムの解析
    金田文人、三宅誠司、高村佳弘、稲谷大、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第35回大会 2017年06月 選考無し
  • Single Cell Visualization of Epigenetic Gene Expression through Multiple Generations.
    Masaya Oki
    2014 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium (JAFOE) 2014年06月 選考有り
  • Single cell visualization of switching of Epigenetic gene expression by DNA damage
    Masaya Oki, Yuhei Ogino, Hiroyuki Uchida
    Gordon Research Conferences 2016年05月 選考有り
  • Spt3 and Spt8 are key factor of boundary in Chr.III right telomere.
    Kazuma Kamata, Hiroyuki Uchida, Masaya Oki
    Cold Spring Harbor Meeting 2016年09月 選考有り
  • rDNA copy number control silencing region of the whole genome.
    Masaya Oki, Naohiro Terada, Yuki Hiyoshi, Sayaka Kashio, Hiroyuki Uchida
    FASEB summer research conference 2015年06月 選考有り
  • Single cell analysis of Epigenetic gene expression change by DNA damage.
    Yuhei Ogino, Yuki Hiyoshi, Hiroyuki Uchida, Masaya Oki
    International Symposium on Non-coding DNA and Chromosomal Integrity 2015年08月 選考有り
  • Single cell visualization of switching of epigenetic gene expression through multiple generations
    M.Oki
    8th International Symposium on Nanomedicine 2014年12月 選考有り 0
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 遺伝子の解析
    日吉裕紀, 内田 博之, 沖 昌也
    第32回 YEAST WORKSHOP 2014年11月 選考無し 0
  • 放射線による Sir タンパク質依存的な生存率の変化
    川村 哲也, 内田 博之, 沖 昌也
    第32回 YEAST WORKSHOP 2014年11月 選考無し 呉市
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2の解析
    日吉 裕紀, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • X 線による Sir タンパク質依存的な生存率の変化
    川村 哲也, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • 単一細胞追跡システムを用いた gcn5Δ におけるエピジェネティクス制御
    丹羽 裕憲, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • コンピューターを用いた新規エピジェネティクス制御因子の探索
    谷口 渓, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • 新規エピジェネティクス遺伝子発現調節機構の解析
    樫尾 紗耶香, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • サイレンシング境界形成因子 YNG1 の機能解析
    伴 望実, 内田 博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • ヒストン修飾酵素複合体 SAGA 因子 Spt3、Spt8 の境界形成機能解析
    釜田 和馬, 内田  博之, 沖 昌也
    第1回 北陸エピジェネティクス研究会 2014年11月 選考無し 0
  • 一部のヘテロクロマチン領域の破綻は他のヘテロクロマチン領域にも影響を及ぼす
    寺田 尚弘, 内田 博之, 沖 昌也
    第47回 酵母遺伝学フォーラム 2014年09月 選考有り 0
  • コンピュータを用いた新規エピジェネティクス制御因子の探索
    谷口 渓, 内田 博之, 沖 昌也
    第5回 高次クロマチン研究会 2014年09月 選考有り 0
  • 新規のエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解析
    樫尾 紗耶香, 内田 博之, 沖 昌也
    第5回 高次クロマチン研究会 2014年09月 選考有り 0
  • サイレンシング領域伸長制御に関わる SAGA 複合体因子の機能解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第5回 高次クロマチン研究会 2014年09月 選考有り 0
  • Single Cell Visualization of Epigenetic Gene Expression through Multiple Generations
    M.Oki
    2014 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium 2014年08月 選考有り 0
  • 境界形成因子 Ada2p の機能解析
    樫尾 紗耶香, 内田 博之, 沖 昌也
    第36回日本分子生物学会 2013年12月 選考有り 0
  • サイレンシング領域の境界変動によるクロマチンの構造変換
    寺田 尚弘, 横山 慶人, 内田 博之, 沖 昌也
    第31回 染色体ワークショップ 2013年11月 選考有り 0
  • サイレンシング領域境界形成における Ada1 の機能解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第31回 染色体ワークショップ 2013年11月 選考有り 0
  • Analysis of changes in Epigenetic gene expression by single cell.
    M.Oki
    International meeting of Yeast Epigenetics 2013年09月 選考有り 0
  • Analysis of boundary function of ADA1.
    K.Kamata, H.Uchida, M.Oki
    International meeting of Yeast Epigenetics 2013年09月 選考有り 0
  • Analysis of barrier function of Ada2p
    S.Kashio, H.Uchida, M.Oki
    International meeting of Yeast Epigenetics 2013年09月 選考有り 0
  • Characterization of Sgf29 for boundary function.
    G.Goswami, K.Kamata, H.Uchida, M.Oki
    International meeting of Yeast Epigenetics 2013年09月 選考有り 0
  • ヒストン修飾酵素複合体 SAGA の構成因子Ada1p の境界形成への関与
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    日本遺伝学会第85回大会 2013年09月 選考有り 0
  • Analysis of the Epigenetic gene Expression Mechaninsm by using the single cell chase system in Saccharomyces Cerevisiae.
    M.Oki
    Single Cell Genomics & Transcriptomics Asia Congress 2013年06月 選考有り 0
  • 世代を越えたエピジェネティックな発現は一定の規則性のもとに制御されている
    沖 昌也, 眞野 恭伸, 小林 徹也, 内田 博之
    日本生化学会北陸支部 第31回大会 2013年05月 選考有り 0
  • SAGA 複合体構成因子 Ada2p の境界形成能の解析
    樫尾 紗耶香, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部 第31回大会 2013年05月 選考有り 金沢市
  • ADE2 を用いた HMR-left 側領域におけるゆらぎの解明
    丹羽 裕憲, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部 第31回大会 2013年05月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域は分裂を繰り返すことにより揺らぎ、その揺らぎはヒストン修飾酵素に制御されている
    沖 昌也, 眞野 恭伸, 小林 徹也, 内田 博之
    第35回 日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • HMR サイレンシング領域の変動は他のサイレンシング領域に影響を及ぼす
    寺田 尚弘, 内田 博之, 沖 昌也
    第35回 日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • サイレンシング領域の境界形成に関与する ADA1 の解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第35回 日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • SGA 法を用いた出芽酵母ヘテロクロマチン HMR-left 領域の遺伝子サイレンシング因子の同定
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第35回 日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • 新規 Sir タンパク質存在領域と新たな遺伝子発現制御機構
    田中 万葉, 久郷 和人, 太田 邦史, 内田 博之, 沖 昌也
    第30回 染色体ワークショップ 2012年12月 選考有り 0
  • サイレンシング境界形成因子 Ada2p の解析
    樫尾 紗耶香, 内田 博之, 沖 昌也
    第30回 YEAST WORKSHOP 2012年11月 選考無し 0
  • 染色体上における Sir3p タンパク質の新規存在領域の解析
    田中 万葉, 内田 博之, 沖 昌也
    第30回 YEAST WORKSHOP 2012年11月 選考無し 0
  • 世代を越えたエピジェネティックな遺伝子発現はヒストン修飾酵素により制御され  ている
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第45回酵母遺伝学フォーラム 2012年09月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域は状況に応じて多様な変化を示す
    沖 昌也, 内田 博之, 寺田 尚弘
    日本遺伝学会第84回大会 2012年09月 選考有り 0
  • 変動するサイレンシング領域の機能解明
    寺田 尚弘, 内田 博之, 沖 昌也
    第45回酵母遺伝学フォーラム 2012年09月 選考無し 0
  • Ada1p のサイレンシング境界形成機能の解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第45回酵母遺伝学フォーラム 2012年09月 選考無し 0
  • GIC1 と境界形成の関わり
    光森 理紗, 内田 博之, 沖 昌也
    第45回酵母遺伝学フォーラム 2012年09月 選考無し 0
  • サイレンシング領域境界形成因子 Ada1 の機能解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第3回高次クロマチン研究会 2012年08月 選考無し 0
  • GIC1 遺伝子の境界領域の解明
    光森 理紗, 内田 博之, 沖 昌也
    第3回高次クロマチン研究会 2012年08月 選考無し 0
  • 単一細胞での出芽酵母ヘテロクロマチン境界領域の揺らぎメカニズム解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第3回高次クロマチン研究会 2012年08月 選考無し 0
  • 境界形成に関わる Sgf73p の解析
    畑中 彬良, 釜田 和馬, 近藤 豊, 沖 昌也
    第6回日本エピジェネティクス研究会 2012年05月 選考有り 0
  • Ada1p のサイレンシング領域境界形成機能の解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第30回記念大会 2012年05月 選考有り 0
  • 外的要因により変化するエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解明
    寺田 尚弘, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第30回記念大会 2012年05月 選考有り 0
  • 染色体上におけるSir3pタンパク質の新規存在領域の解析
    田中 万葉, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第30回記念大会 2012年05月 選考有り 0
  • ヒストンアセチル化酵素における出芽酵母ヘテロクロマチン境界領域揺らぎの変化
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第30回記念大会 2012年05月 選考有り 0
  • 変動するサイレンシング領域の解析
    寺田 尚弘, 内田 博之, 沖 昌也
    第3回高次クロマチン研究会 2012年05月 選考無し 0
  • サイレンシング領域伸長メカニズムの解析
    横山 慶人, 畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    第34回 日本分子生物学会 2011年12月 選考有り 0
  • MR 境界領域におけるトランスポゾン特異的な Non-coding RNA の解析
    山川 喜輝, 畑下 昌範, 内田 博之, 沖 昌也
    第34回 日本分子生物学会 2011年12月 選考有り 0
  • ADA1 のサイレンシング境界形成機能の解析
    釜田 和馬, 内田 博之, 沖 昌也
    第29回 YEAST WORKSHOP 2011年11月 選考有り 0
  • 外的要因により変化するサイレンシング領域伸長メカニズムの解明
    寺田 尚弘, 横山 慶人, 畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    第29回 YEAST WORKSHOP 2011年11月 選考有り 0
  • 出芽酵母単一細胞におけるエピジェネティックな境界揺らぎメカニズムの解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本遺伝学会 第83回大会 2011年09月 選考有り 0
  • 外的要因により変化するエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解析
    畑中 彬良, 横山 慶人, 内田 博之, 沖 昌也
    第44回 酵母遺伝学フォーラム 2011年09月 選考有り 0
  • 単一細胞による出芽酵母ヘテロクロマチン境界領域揺らぎのメカニズム解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第44回 酵母遺伝学フォーラム 2011年09月 選考有り 0
  • 境界形成における Sgf73p と Gcn5p の関与
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    第2回 高次クロマチン研究会 2011年08月 選考有り 0
  • 単一細胞での出芽酵母ヘテロクロマチン境界領域におけるエピジェネティックな遺伝子発現の切り替わり
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第2回 高次クロマチン研究会 2011年08月 選考有り 0
  • 出芽酵母におけるエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解明
    沖 昌也, 眞野 恭伸, 内田 博之
    第5回日本エピジェネティクス研究会 2011年05月 選考有り 0
  • 単一細胞による出芽酵母ヘテロクロマチン境界領域揺らぎの遺伝メカニズム解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第29回大会 2011年05月 選考有り 0
  • 境界形成における Sgf73p と Gcn5p の関与
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第29回大会 2011年05月 選考有り 0
  • 境界形成機構における Sgf73p とヒストンアセチル化酵素複合体の解析
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    日本分子生物学会第11回春季シンポジウム・金沢国際がん生物学シンポジウム 2011年05月 選考有り 0
  • 出芽酵母を用いたエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解明
    沖 昌也
    第72回 酵母研究会 2011年03月 選考有り 0
  • ギ酸オキシダーゼへの変異導入によるフラビン補酵素構造変化
    大竹拓, 道林泰樹, 馬場藍, 若泉杏奈, 沖 昌也, 三上文三, 内田 博之
    日本農芸化学会総会 2011年03月 選考無し 0
  • 個々の細胞において揺らぐサイレンシング領域の機能解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第28回 染色体ワークショップ 2011年01月 選考有り 0
  • サイレンシング領域伸長停止に関与する Sgf73p の機能解析
    畑中 彬良, 西村 広翼, 野上 惠美, 内田 博之, 沖 昌也
    第28回 染色体ワークショップ 2011年01月 選考有り 0
  • 出芽酵母を用いたエピジェネティックな遺伝子発現切り替わりメカニズムの解析
    沖 昌也, 畑中 彬良, 眞野 恭伸, 光森 理紗, 内田 博之
    第33回 日本分子生物学会年会、第83回 日本生化学会大会 2010年12月 選考有り 0
  • GIC1 遺伝子の境界形成機能領域の解明
    光森 理紗, 内田 博之, 沖 昌也
    第28回 YEAST WORKSOP 2010年11月 選考有り 0
  • HMR 境界領域における Non-coding RNA の解析
    山川 喜輝, 畑下 昌範, 内田 博之, 沖 昌也
    第28回 YEAST WORKSOP 2010年11月 選考有り 0
  • 放射線耐性獲得酵母のメカニズム解析
    織田 康敬, 山川 喜輝, 畑下 昌範, 内田 博之, 沖 昌也
    第28回 YEAST WORKSOP 2010年11月 選考有り 0
  • 出芽酵母染色体上における境界形成機構とエピジェネティックな遺伝子発現調節機構との関わり
    沖 昌也
    第21回 フォーラム・イン・ドージン 2010年11月 選考有り 株式会社 同仁化学研究所
  • ギ酸オキシダーゼへの変異の導入によるフラビン補酵素の構造変化 (大竹 拓)
    大竹 拓, 道林泰樹, 沖昌也, 若泉杏奈, 三上文三, 内田 博之
    北陸合同バイオシンポジウム2010 2010年11月 選考無し 0
  • GMCオキシダーゼファミリーに属するギ酸オキシダーゼの活性部位には8-formyl FAD とHis-Arg 対が存在する
    道林泰樹, 大竹拓, 沖 昌也, 徳永 雄次, 三上文三, 内田 博之
    北陸合同バイオシンポジウム2010 2010年11月 選考有り 0
  • エピジェネティックな遺伝子発現状態変化メカニズムの解析
    畑中 彬良, 眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    酵母遺伝学フォーラム 2010年09月 選考有り 0
  • 出芽酵母を用いたエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の解析
    沖 昌也
    日本遺伝学会 第82回大会 2010年09月 選考有り 0
  • 単一細胞での出芽酵母 HMR 境界領域におけるエピジェネティックな遺伝子発現の切り替わり
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本遺伝学会 第82回大会 2010年09月 選考有り 0
  • Analysis of the Epigenetic gene expression in S.cerevisiae
    M.Oki
     2010年08月 選考有り 0
  • 出芽酵母におけるエピジェネティックな遺伝子発現切り替わりと境界形成機構の関与
    畑中彬良, 光森理紗, 眞野恭伸, 大橋友恵, 内田 博之, 沖 昌也
    第9回核ダイナミクス研究会 2010年05月 選考有り 0
  • HMR-TEL 間におけるヘテロクロマチン領域伸長の解析
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考有り 0
  • サイレンシング領域における GIC1 の境界形成機構の解明
    内田 博之, 沖 昌也, 光森 理紗
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考有り 0
  • 出芽酵母 HMR 境界領域における単一細胞での遺伝メカニズムの解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考有り 0
  • 細胞周期に依存した HMR 領域の解析
    大橋 友恵, 市野 彩子, 久郷 和人, 太田 邦史, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考有り 0
  • ギ酸オキシダーゼの立体構造と補酵素の解明
    道林泰樹, 前田圭史, 沖 昌也, 内田 博之, 徳永 雄次, 三上文三
    日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年05月 選考無し 0
  • 出芽酵母におけるエピジェネティックな遺伝子発現切り替わりと境界形成機構の関与
    畑中 彬良, 光森 理紗, 眞野 恭伸, 大橋 友恵, 内田 博之, 沖 昌也
    第9回 核ダイナミクス研究会 2010年05月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域境界形成機構の解明
    沖 昌也
    特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」第6回領域会議 2010年03月 選考有り 0
  • 新たなアプローチからのエピジェネティクスの解明
    沖 昌也
    (独)産業技術総合研究所ゲノムファクトリー研究部門 講演会 2010年02月 選考有り (独)産業技術総合研究所北海道センター
  • エピジェネティックな遺伝子発現切り替わりメカニズムの解析
    眞野恭伸, 山口さやか, 坂季美子, 小林武彦, 内田 博之, 沖 昌也
    第27回 染色体ワークショップ 2010年01月 選考有り 0
  • 新規 Sirタンパク質存在領域の解析
    大橋友恵, 市野彩子, 久郷和人, 太田邦史, 内田 博之, 沖 昌也
    第27回 染色体ワークショップ 2010年01月 選考有り 0
  • エピジェネティックな遺伝子発現切り替わりメカニズムの解析
    沖 昌也
    JST さきがけ 第1回「エピジェネティクスの制御と生命機能」領域会議 2010年01月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域伸長停止機構の解析
    畑中 彬良, 畑下 昌範, 内田 博之, 沖 昌也
    第32回日本分子生物学会年会 2009年12月 選考有り 0
  • 出芽酵母 HMR 左側境界領域における単一細胞での遺伝メカニズム解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第32回日本分子生物学会年会 2009年12月 選考有り 0
  • 高線量照射における耐性酵母の機能解明
    織田 康敬, 畑下 昌範, 畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    第52回放射線影響学会 2009年11月 選考有り 0
  • Analysis of the heredity change of the boundary
    M.Oki
    Chromatin domains and Insulators 2009年11月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン構造維持とヒストンアセチル化複合体の関与
    畑中彬良, 畑下昌範, 内田博之, 沖 昌也
    日本遺伝学会 第81回大会 2009年09月 選考有り 0
  • 出芽酵母 HMR 左側境界領域における単一細胞での遺伝メカニズム解析
    眞野恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本遺伝学会 第81回大会 2009年09月 選考有り 0
  • Pseudomonas putida KT2440由来の推定アルデヒドオキシダーゼ遺伝子の発現
    野瀬 浩晃, 沖 昌也, 前田 圭史, 道林 泰樹, 内田 博之
    第61回日本生物工学会 2009年09月 選考無し 社団法人日本生物工学会
  • Aspergillus oryzae RIB40のギ酸オキシダーゼ遺伝子の発現とキャラクタリゼーション
    道林 泰樹, 前田 圭史, 野瀬 浩晃, 沖 昌也, 内田 博之
    第61回日本生物工学会 2009年09月 選考無し 社団法人日本生物工学会
  • 固体化Paecilomyces sp. HA26によるホルムアルデヒドとフェノール類の除去
    民西 正明, 沖 昌也, 内田 博之
    第61回日本生物工学会 2009年09月 選考無し 社団法人日本生物工学会
  • 生体内におけるヘテロクロマチン領域境界形成機構の解析
    沖 昌也
    2009 旭硝子財団助成研究発表会 2009年07月 選考有り 0
  • 細胞分裂に伴い揺らぐ境界と遺伝子発現調節機構の関わり
    沖 昌也
    特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」第5回領域会議 2009年06月 選考有り 0
  • 単一細胞におけるエピジェネティックな遺伝子発現切り替わりメカニズムの解析
    沖 昌也, 眞野恭伸, 畑中彬良, 内田博之
    第8回核ダイナミクス研究会 2009年06月 選考有り 0
  • 境界形成因子 Sgf73p の機能解析
    畑中彬良, 内田博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部 第27回大会 2009年05月 選考有り 0
  • 蛍光イメージング技術を用いた単一細胞での遺伝メカニズム解析
    眞野 恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部 第27回大会 2009年05月 選考有り 0
  • 細胞周期に依存したサイレンシング領域境界形成機構の解明
    大橋友恵, 久郷和人, 太田邦史, 内田博之, 沖 昌也
    日本生化学会北陸支部 第27回大会 2009年05月 選考有り 0
  • Aspergillus oryzae RIB40 由来 unnamed protein 遺伝子の大腸菌での発現と遺伝子産物のキャラクタリゼーション
    前田圭史, 道林泰樹, 野瀬浩晃, 沖 昌也, 内田 博之
    日本生化学会北陸支部 第27回大会 2009年05月 選考無し 0
  • 生体内におけるサイレンシング領域伸長停止メカニズム
    畑中彬良, 眞野恭伸, 具雲峰, 新名主カオリ, 中山潤一, 内田博之, 沖 昌也
    第26回 染色体ワークショップ 2009年01月 選考有り 0
  • 蛍光イメージング技術を用いた単一細胞における遺伝メカニズムの解析
    眞野恭伸, 内田博之, 沖 昌也
    第26回 染色体ワークショップ 2009年01月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域伸長停止機能と Ty 因子の関与
    沖 昌也, 畑中彬良, 野上惠美, 内田博之
    第31回 日本分子生物学会 2008年12月 選考有り 0
  • 新規遺伝子 YCR076C とサイレンシング境界形成機構の関与
    具雲峰, 新名主カオリ, 中山潤一, 内田博之, 沖 昌也
    第26回 YEAST WORKSHOP 2008年11月 選考有り 0
  • 細胞周期に依存したサイレンシング境界形成機構の解明
    大橋友恵, 内田博之, 沖 昌也
    第26回 YEAST WORKSHOP 2008年11月 選考有り 0
  • Ty 因子とサイレンシング領域伸長停止との関わり
    野上惠美, 畑中彬良, 内田博之, 沖 昌也
    第26回 YEAST WORKSHOP 2008年11月 選考有り 0
  • 生体内におけるヘテロクロマチン領域伸長停止メカニズムの解析
    沖 昌也, 畑中彬良, 野上惠美, 内田博之
    日本遺伝学会 第80回大会 2008年09月 選考有り 日本遺伝学会
  • HMR left boundary の機能解明
    沖 昌也, 畑中彬良, 野上惠美, 内田博之
    第41回 酵母遺伝学フォーラム 2008年09月 選考有り 酵母遺伝学フォーラム
  • 境界形成因子 SGF73 の機能解析
    畑中彬良, 堀田明裕, 内田博之, 沖 昌也
    第41回 酵母遺伝学フォーラム 2008年09月 選考有り 酵母遺伝学フォーラム
  • ヘテロクロマチン領域境界形成機構における GIC1遺伝子の機能解析
    光森理紗, 内田博之, 沖 昌也
    第41回 酵母遺伝学フォーラム 2008年09月 選考有り 酵母遺伝学フォーラム
  • 高次クロマチン構造境界形成因子の解析
    沖 昌也
    特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」第4回領域会議 2008年09月 選考有り 0
  • ヘテロクロマチン領域伸張停止メカニズムの解析
    畑中彬良, 眞野恭伸, 内田 博之, 沖 昌也
    第2回日本エピジェネティクス研究会 2008年05月 選考有り 0
  • Analysis of heterochromatin barrier function in S.cerevisiae
    M.Oki
    International Symposium on Chromosome Dynamics 2008年05月 選考有り 0
  • 固定化Paecilomyces sp. HA26によるホルムアルデヒドの除去
    平野耕造, 寺前暢人, 前田圭史, 沖昌也, 内田 博之
    日本農芸化学会2008年度大会 2008年03月 選考無し 0
  • Debaryomyces vanjiriae MH201由来の3種類のギ酸オキシダーゼ遺伝子のクローニングと発現
    前田圭史, 沖昌也, 畑中彬良, 内田 博之
    日本農芸化学会2008年度大会 2008年03月 選考無し 0
  • ヘテロクロマチン領域伸長停止メカニズムの解析
    沖 昌也
    第11回 クロマチン研究会 2008年01月 選考有り 0
  • Analysis of barriers
    M.Oki
    International Symposium on Ran and Cell Cycle 2005年01月 選考有り 0
  • Analysis of epigenetic gene expression change of DNA damage induction by single cell analysis.
    Masaya Oki
    The 40th Naito Conference 2015年09月 選考有り
  • Single cell analysis of Epigenetic gene expression change by DNA damage.
    Yuhei Ogino, Yuki Hiyoshi, Hiroyuki Uchida, Masaya Oki
    International Symposium on Non-coding DNA and Chromosomal Integrity 2015年08月 選考有り
  • rDNA copy number control silencing region of the whole genome.
    Masaya Oki, Naohiro Terada, Yuki Hiyoshi, Sayaka Kashio, Hiroyuki Uchida
    FASEB summer research conference 2015年06月 選考有り
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 のシンググルセル追跡システムを用いた発現解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第33回 染色体ワークショップ 2016年01月 選考有り
  • Spt3, Spt8 のサイレンシング領域における境界形成機能の解析
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月 選考有り
  • DNA 損傷時にエピジェネティックに発現制御される DDI3 の解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第33回 YEAST WORKSHOP 2015年11月 選考無し
  • 濁度に依存した遺伝子発現制御機構の解析
    河村明里、内田博之、沖昌也
    第33回 YEAST WORKSHOP 2015年11月 選考無し
  • 出芽酵母における Spt3 と TBP の相互作用のサイレンシング領域境界形成への寄与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • 糖尿病白内障のエピジェネティックな発現機構の解明
    金田文人、高村佳弘、三宅誠司、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • Sir4 依存的に定常期にのみ発現する CN13 領域の解析
    河村明里、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • エピジェネティックな遺伝子発現を制御する Spt7p の限定分解メカニズムの解析
    樫尾紗耶香、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • シングルセルシステムを用いた、IMD2 のエピジェネティックな発現変化の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第2回 北陸エピジェネティクス研究会 2015年11月 選考無し
  • ヒストンアセチル化酵素構成因子 YNG1 のコンピューターを用いた機能の解析
    谷口渓、内田博之、沖昌也
    生命情報科学若手の会第7回研究会 2015年10月 選考有り
  • DNA 損傷によりエピジェネティックに発現誘導される遺伝子の発現メカニズム解析
    沖昌也、荻野裕平、内田博之
    日本遺伝学会第87回大会 2015年09月 選考有り
  • 出芽酵母におけるSpt3, Spt8 の Chr.III right テロメアの境界形成への関与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • 環境応答による遺伝子発現制御に関わる Spt7p の限定分解メカニズムの解明
    樫尾紗耶香、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • 1細胞追跡システムを用いた IMD2 のエピジェネティックな発現変化の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    第6回 高次クロマチン研究会(BCC6) 2015年09月 選考無し
  • DNA 損傷誘発時にエピジェネティックに発現制御を受ける DDI2/DDI3 の解析
    荻野裕平、内田博之、沖昌也
    第48回 酵母遺伝学フォーラム 2015年09月 選考有り
  • Spt3、Spt8 のテロメアサイレンシングの境界形成における機能
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第33回大会 2015年05月 選考無し
  • エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 遺伝子の解析
    日吉裕紀、内田博之、沖昌也
    日本生化学会北陸支部会第33回大会 2015年05月 選考無し
  • 出芽酵母におけるサイレンシング領域の境界形成へのSpt3とTBP の関与
    釜田和馬、内田博之、沖昌也
    第33回 染色体ワークショップ 2016年01月 選考有り
  • エピジェネティックな発現制御を受ける DDI3 の解析
    沖昌也、荻野裕平、日吉裕紀、内田博之
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月 選考有り
  • ヘテロクロマチン領域の揺らぎにより発現制御される遺伝子の機能解明
    沖 昌也
    RNA 研究公開合同セミナー 2015年12月 選考有り
  • 高次クロマチン構造境界領域形成機構の解析
    沖 昌也
    文部科学省特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」第1回公開領域会議 2008年01月 選考有り
  • 出芽酵母を用いたヘテロクロマチン領域伸張停止メカニズムの解析
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    第25回染色体ワークショップ 2008年01月 選考有り
  • 出芽酵母サイレンシング領域伸張停止メカニズムの解析
    沖 昌也, 畑中 彬良, 具 雲峰, 光森 理紗, 眞野 恭伸, 堀田 明裕, 内田 博之
    YEAST WORKSHOP 2007年11月 選考有り
  • 出芽酵母 HMR 遺伝子座左側境界領域形成機構の解明
    畑中 彬良, 内田 博之, 沖 昌也
    YEAST WORKSHOP 2007年11月 選考有り
  • 出芽酵母染色体上における境界形成機構の解析
    沖 昌也, 畑中彬良, 具雲峰, 伊東護一, 眞野恭伸, 内田博之
    第40回酵母遺伝学フォーラム 2007年09月 選考有り
  • 核内 G タンパク質をコードする GSP1 遺伝子の変異は mec1 をサプレスする
    林直之, 西本毅治, 沖 昌也, 村上清史, 山本健一
    第40回酵母遺伝学フォーラム 2007年09月 選考無し
  • 染色体上における境界形成機構
    沖 昌也, 畑中彬良, 具雲峰, 伊東護一, 内田博之, 中山潤一
    第1回日本エピジェネティクス研究会年会 2007年06月 選考有り
  • 高次クロマチン構造境界領域形成機構の解析
    沖 昌也
    特定領域研究(第3回領域会議) 2007年05月 選考有り
  • 出芽酵母 HMR、HML 遺伝子座における染色体境界形成機構の解析
    沖 昌也, 畑中 彬良, 具 雲峰, 内田 博之, 中山 潤一
    第24回 染色体ワークショップ 2007年01月 選考有り
  • 染色体境界決定機構の解析
    沖 昌也, 伊藤 敬, Rohinton T. Kamakaka
    日本分子生物学会 2005年12月 選考有り
  • Nucleosomal Histone Kinase-1 はショウジョウバエ初期胚の分裂期にヒストン H2A の Thr119 をリン酸化する
    相原仁, 沖 昌也, 中川武弥, 田頭英樹, 武島幸男, 太田力, 村松正み, 伊藤敬
    第28回日本分子生物学会年会 2005年12月 選考有り
  • ATP に依存したアセチル化酵素増強因子の解析
    中川武弥, 田頭英樹, 沖 昌也, 井倉毅, 村松正み, 伊藤敬
    第28回日本分子生物学会年会 2005年12月 選考無し
  • ヒストンアセチルトランスフェラーゼ活性化因子の単離
    田頭英樹, 中川武弥, 沖 昌也, 伊藤敬
    第28回日本分子生物学会年会 2005年12月 選考無し
  • 染色体境界決定機構の解析
    沖 昌也, Kamakaka RT
    第22回染色体ワークショップ 2005年01月 選考有り
  • 出芽酵母全遺伝子を用いた染色体境界決定機構の解析
    沖 昌也, 千葉 智子, 伊藤 隆司, Rohinton T. Kamakaka
    日本分子生物学会 2003年12月 選考有り
  • Ran GTPase サイクルにおける Mog1p の機能
    沖 昌也, 西本 毅治
    酵母遺伝学フォーラム 2000年08月 選考無し
  • 新規 Ran 結合蛋白質 Mog1p の機能解析
    沖 昌也, 西本 毅治
    日本分子生物学会 1999年12月 選考無し
  • 出芽酵母 Ran 相同体 Gsp1p の温度感受性変異株を相補する因子の分離
    沖 昌也, 西本 毅治
    酵母遺伝学フォーラム 1999年08月 選考無し
  • 新規 Ran 結合蛋白質 Mog1p の機能解析
    沖 昌也, 西本 毅治
    酵母遺伝学フォーラム 1998年08月 選考有り
  • 出芽酵母 Ran 相同体 Gsp1p の温度感受性変異株の解析
    沖 昌也, 林 直之, 野口 英史, 西本 毅治
    日本分子生物学会 1997年12月 選考無し
  • 出芽酵母 Ran 相同体 Gsp1p の温度感受性変異株の分離
    沖 昌也, 林 直之, 野口 英史, 西本 毅治
    酵母遺伝学フォーラム 1997年08月 選考無し
  • 溶菌酵素 holin の解析
    沖 昌也, 柿川 真紀子, 武藤 明, 小平 憲一
    日本生物工学会 1995年12月 選考無し
  • 新規溶菌酵素 Holin の解析
    沖 昌也, 小平 憲一
    日本高分子学会 1995年08月 選考有り

共同研究

  • エピジェネティックな遺伝子発現調節機構におけるrDNAの関与 2012年度
  • MEMS 技術による水圧駆動マイクロピラーの開発 2012年度
  • ChIP on chip 技術を用いたゲノムワイドな Sir3 タンパク質の機能解析 2011年度
  • 高次クロマチン構造による染色体機能ドメイン構築機構の解明 2011年度
  • サイレンシング領域調節因子と分化誘導メカニズムの関与 2011年度
  • エピジェネティックな現象追跡のためのソフト開発 2011年度
  • 統計処理からのエピジェネティクスの機能解明 2012年度

特許

  • 特許yyyymmdd:白内障の予防剤および治療剤、ならびに、これらを製造するためのHIF経路阻害剤の使用
    沖昌也、金田文人、釜田和馬、高村佳弘、三宅誠司、稲谷大、内田博之
    特願特願2017-181717
    特番yyyymmdd
  • 特許yyyymmdd:白内障の誘導方法、白内障のモデル生物、白内障の予防剤ならびに治療剤のスクリーニング方法、および、白内障誘導剤
    沖昌也、金田文人、高村佳弘、三宅誠司、稲谷大、内田博之
    特願特願2017-119108
    特番yyyymmdd
  • 特許yyyymmdd:白内障の予防剤および治療剤、並びに、これらを製造するための、DNA損傷に応答するシグナル伝達経路を阻害する阻害剤の使用
    沖昌也、金田文人、高村佳弘、三宅誠司、稲谷大、内田博之、甲斐田大輔
    特願特願2017-108523
    特番yyyymmdd
  • 特許yyyymmdd:白内障の予防剤、治療剤、およびこれらを製造するためのHAT阻害剤の使用
    特願特願2016-208121
    特番yyyymmdd
  • 酢酸中のギ酸の定量方法
    内田 博之,沖 昌也,辻野 洋志,
    特願2012-029839
  • 特許5713286:二本鎖核酸の製造方法
    沖 昌也,内田 博之,畑中 彬良,
    特願2011-048342
    特番5713286
  • 遺伝子発現状態追跡装置
    沖昌也,内田博之,眞野恭伸,畑中彬良,
    特願2010-246259
  • 細胞画像解析装置及び方法
    吉田俊之,仲野豊,沖昌也,内田博之,眞野恭伸,畑中彬良,
    特願2010-183503
  • ホルムアルデヒドの分解方法、及び、新規微生物
    内田 博之,沖 昌也,平野耕造,畑中彬良,
    特願2007-220398
  • ホルムアルデヒドの分解方法、及び、新規微生物
    内田 博之,沖 昌也,平野 耕造,畑中 彬良,
    特願2007-220398

受賞

  •  The teacher of the year2015年01月
  •  福井大学 学長奨励賞「研究」2014年03月
  •  The teacher of the year2014年01月
  •  日本生化学会 生化学会北陸支部奨励賞2013年06月
    世代を越えたエピジェネティックな発現は一定の規則性をもとに制御されている
  •  The teacher of the year2013年01月
  •  優秀教員2012年01月
  •  日本遺伝学会 日本遺伝学会奨励賞2010年09月
    ヘテロクロマチン領域境界のエピジェネティックな調節機構の解析
  •  財団法人 旭硝子財団 財団法人 旭硝子財団 研究奨励金2008年06月
  •  ノバルティス科学振興財団 ノバルティス研究奨励金2008年04月
  •  財団法人 稲盛財団 稲盛財団研究助成金2008年04月
  •  上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団 研究奨励金2008年03月
  •  優秀教員2008年01月
  •  財団法人 持田記念医学薬学振興財団 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金2007年01月
  •  財団法人 上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団 研究奨励金2006年03月
  •  日本学術振興会 日本学術振興会海外特別研究員 (NIH)2003年03月
  •  日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員 (PD)1999年04月

科学研究費補助金

  • ヘテロクロマチン領域伸張停止メカニズムの解明若手研究(A)
    代表者:沖 昌也 2009年度
  • ヘテロクロマチン領域伸張停止メカニズムの解明若手研究(A)
    代表者:沖 昌也 2008年度
    研究全般
  • 4次クロマチン構造による染色体機能ドメイン構築機構の解明特定領域研究
    代表者:中山 潤一 2007年度
    高次クロマチン領域の協会決定機構の解析
  • 生体内におけるヒストンH2Aリン酸化の機能解析若手研究(B)
    代表者:沖 昌也 2006年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • エピジェネティックな発現制御変化による糖尿病眼疾患の解析
    :ライフサイエンスイノベーションセンター重点プロジェクト研究
    代表者:沖昌也
  • エピジェネティックな発現制御機構の多方面からの解析
    代表者:沖昌也
  • 平成28年度福井大学研究育成経費
    :平成28年度福井大学研究育成経費
    代表者:沖 昌也
  • 平成26年度福井大学研究育成経費
    :平成26年度福井大学研究育成経費
    代表者:沖 昌也
  • エピジェネティックな発現制御による糖尿病白内障予防薬の開発
    ライフサイエンスイノベーションセンター:ライフセンター 学内共同研究等
    代表者:沖 昌也
  • ヘテロクロマチン構造を制御する非コードDNA領域の破綻による細胞機能への影響
    代表者:沖 昌也,
  • 異分野融合による多方面からのエピジェネティクスの解明
    代表者:稲谷 大,高村 佳弘,水谷 哲也,吉田 俊之,沖 昌也,
  • エピジェネティクス研究の新たな解析システムの開発及び機能解明
    代表者:沖 昌也,
  • 先端医工連携研究推進特区
    代表者:沖 昌也,
  • 異分野融合による多方面からのエピジェネティクスの解明
    代表者:沖 昌也,吉田 俊之,水谷 哲也,
  • 大規模な細胞解析を想定した高速コロニーカウンター開発・製品化
    代表者:安田 仲宏,沖 昌也,泉 佳伸,松尾 陽一郎,
  • 大規模な細胞解析を想定した高速コロニーカウンター開発・製品化
    代表者:安田仲宏,沖 昌也,泉 佳伸,松尾陽一郎,
  • 再生医療へ向けた新たなステロイドホルモン合成メカニズムの解明
    代表者:宮本 薫,沖 昌也,
  • 細胞ストレス時におけるエピジェネティックな調節機構獲得メカニズムの解析
    代表者:沖 昌也,
  • 新規継代メカニズム解析技術を用いたエピジェネティクス原因遺伝子の同定
    代表者:沖 昌也,
  • サイレンシング領域調節因子と分化誘導メカニズムの関与
    代表者:沖 昌也,水谷 哲也,
  • ヒストン装飾とエピジェネティックな遺伝子発現調節機構の関与
    代表者:沖 昌也,水谷 哲也,
  • エピジェネティックな現象解明に向けた蛍光物質を用いた新技術の開発
    代表者:沖 昌也,
  • 細胞分化に伴うクロマチン構造変換と転写制御機構の解明
    代表者:沖 昌也,水谷 哲也,
  • 糖尿病白内障におけるエピジェネティックな発現制御機構の解明
    生命科学複合研究教育センター:生命センター 学内共同研究等
    代表者:沖 昌也

教育活動情報

担当授業

  • くらしから生命までの化学
  • 生物化学Ⅲ
  • 生物応用化学演習Ⅱ
  • 遺伝子工学
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 分子生物学ゼミナールⅠ
  • 分子生物学ゼミナールⅡ
  • 分子生物学特論