伊藤 雅一

所属部署名電気・電子工学講座
教員組織電気・電子工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 20/10/15 19:21

研究者基本情報

氏名

    伊藤 雅一
    イトウ マサカズ

基本情報

研究分野

  • 工学 / 電気電子工学 / 太陽光発電システム,電力システム

所属

  •  電気・電子工学講座 准教授

学歴

  • 2003年04月- 2006年03月東京農工大学
  • 2001年04月- 2003年03月東京農工大学
  • 1997年04月- 2001年03月東京農工大学 工学部 電子情報工学科

学位

  • 博士(工学)

資格

    電気主任技術者(3種)

経歴

  • 2019年03月- 現在福井大学 学術研究院工学系部門 准教授
  • 2014年07月- 2019年02月早稲田大学 スマート社会技術融合研究機構 研究院准教授
  • 2014年06月- 2014年06月早稲田大学 重点領域研究機構先進グリッド技術研究所 研究院准教授
  • 2014年04月- 2014年05月早稲田大学 理工学術院総合研究所 招聘研究員
  • 2012年04月- 2014年03月日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2012年04月- 2014年03月フランス原子力・代替エネルギー庁 国立太陽エネルギー研究所 サイエンティフィックアドバイザー
  • 2010年04月- 2012年03月東京工業大学 ソリューション研究機構 特任助教
  • 2006年04月- 2010年03月東京工業大学 統合研究院 特任助教
  • 2003年09月- 2006年03月日本学術振興会 特別研究員(DC1)

所属学協会

    電気学会 編集委員,一般社団法人日本太陽エネルギー学会 編集委員,電気設備学会北陸支部役員会 理事,

海外渡航歴

  • フランス 原子力・代替エネルギー庁/国立太陽エネルギー研究所 2012年04月- 2014年03月

研究活動情報

論文

  • Scheduling Method of Wind Power Generation for Electricity Market Using State-of-charge Transition and Forecast Error Journal of International Council on Electrical Engineering
    Aki Kikuchi, Masakazu Ito, Yasuhiro Hayashi
    Journal of International Council on Electrical Engineering 9(1) 123-132 2020年01月 査読有り
  • Multipurpose control and planning method for battery energy storage systems in distribution network with photovoltaic plant
    Satoru Akagi Shinya Yoshizawa, Masakazu Ito, Yu Fujimoto, Teru Miyazaki, Yasuhiro Hayashi, Katsuhisa Tawa, Toshiya Hisada, Takashi Yano
    International Journal of Electrical Power & Energy Systems 116 105485 2020年03月 査読有り
  • 所要蓄電池容量の最適設計のためのベータ分布に基づく風力発電予測誤差時系列モデル
    兌瀟偉 伊藤雅一 藤本悠 林泰弘 朱桂萍 姚良忠
    電気学会論文誌B 139(3) 212-224 2019年03月 査読有り
  • Spinning reserve quantification considering confidence levels of forecast in systems with high wind and solar power penetration
    T. N. Hanh Nguyen Kuniaki Yabe, Masakazu Ito, Van Tu Dao, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 14(9) 1304-1313 2019年06月 査読有り
  • LDC-Control Parameters by Plane Determination Using Database Offline in Distribution Networks with PV System
    Akihisa Kaneko Yasuhiro Hayashi Masakazu Ito Takaya Anegawa Hideyasu Hokazono Masayuki Oyama
    Int. J. Elec. & Elecn. Eng. & Telcomm 2019年11月 査読有り
  • Upgrading Voltage Control Method Based on Photovoltaic Penetration Rate
    Akagi S, Takahashi R, Kaneko A, Ito M, Yoshinaga J, Hayashi Y, Asano H, Konda H.
    IEEE Transactions on Smart Grid 9(5) 3994-4003 2018年 査読有り
  • Electricity adjustment for capacity market auction by a district heating and cooling system
    Masakazu Ito, Akihisa Takano, Takao Shinji, Takahiro Yagi, Yasuhiro Hayashi
    Applied Energy 206 623 2017年
  • Control methods for an energy storage system when wind power output deviates from grid code
    Masakazu Ito, Yu Fujimoto, Masataka Mitsuoka, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    Journal of International Council on Electrical Engineering 7(1) 159 2017年
  • Life cycle assessment and cost analysis of very large-scale PV systems and suitable locations in the world
    Masakazu Ito, Sylvain Lespinats, Jens Merten, Philippe Malbranche, Kosuke Kurokaw
    Progress in Photovoltaics: Research and Applications 24(2) 159-174 2016年
  • Capacity determination of a battery energy storage system based on the control performance of load leveling and voltage control
    Satoru Akagi, Shinya Yoshizawa, Jun Yoshinaga, Masakazu Ito, Yu Fujimoto, Yasuhiro Hayashi, Takashi Yano, Hideaki Nakahata, Toshiya Hisada, Xuan Mai Tran
    Journal of International Council on Electrical Engineering 6(1) 94 2016年
  • 全国アンケート調査に基づく太陽熱給湯器の市場構造に関する一考察
    秋澤 淳, 小田 拓也, 伊藤 雅一
    太陽エネルギー = Journal of Japan Solar Energy Society 42(1) 61-67 2016年
  • Cooperating voltage control method between battery energy storage system and LRT and SVR for purpose of expansion of PV introduction
    Yoshinaga J, Akagi S, Ito M, Hayashi Y, Ishibashi K.
    IEEJ Transactions on Power and Energy 136(3) 291-301 2016年
  • Battery-assisted charging system for simultaneous charging of electric vehicles
    Aziz M, Oda T, Ito M.
    Energy 100 82-90 2016年
  • Voltage fluctuation issue on distribution system at time of demand response and cooperating voltage control method between battery energy storage system and SVR
    Yoshinaga J, Akagi S, Ito M, Hayashi Y, Ishibashi K, Takahasi N.
    IEEJ Transactions on Power and Energy 136(4) 400-409 2016年
  • 北杜サイト太陽光発電所のライフサイクル評価
    伊藤 雅一, 工藤 満, 名倉 将司, 植田 譲, 津野 裕紀, 黒川 浩助
    太陽エネルギー = Solar energy 39(4) 51-60 2013年
  • 交通センサス観測結果等を用いた乗用車のEV充電負荷曲線と充電ポテンシャルの推定
    小田 拓也, 伊藤 雅一, 川崎 憲広, 宮崎 隆彦, 柏木 孝夫
    電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society 131(12) 920-926 2011年
    If both EVs (Electric Vehicles, includes plug-in hybrid electric vehicles) and renewable energies spread in large quantities, it is possible to control the supply fluctuation of renewable energies using the storage battery of EVs. This research tried to show the charge load potential of EVs based on the state of the Japanese passenger car using traffic census results etc. Furthermore, it tried to show trend of the storage battery capacity according to time. From the estimated result; (1) the charge electricity of low and middle distance gets a majority of the total charge demand, (2) charge load changes according to time several times, and the minimum load is the number of GWh at early morning, (3) if night charge is assumed, the standby charge demand of noon will reach tens GWh, it may have sufficient scale for supply fluctuation control of PVs. Although the present EV is not suitable for long-distance running, these are expected to be 30 or less percent of the total charge demand. The estimated storage capacity potential in this research will not change numbers of times.
  • Potential estimation of hourly blank storage space and charge loads of EVs using road traffic census and vehicles status
    Oda T, Ito M, Kawasaki N, Miyazaki T, Kashiwagi T
    Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi) 182(3) 30-38 2013年
  • 北杜サイト太陽光発電所のライフサイクル評価
    伊藤 雅一, 工藤 満, 名倉 将司
    太陽エネルギー = Journal of Japan Solar Energy Society 39(4) 51-60 2013年
  • 全国アンケート調査による太陽光発電システムに関する導入意識とコンジョイント分析
    伊藤 雅一, 小田 拓也, 宮崎 隆彦, 川崎 憲広, 田口 晋也, 杉原 弘恭, 秋澤 淳, 黒川 浩助
    エネルギー・資源 = Energy and resources 33(6) 2012年
  • 再生可能エネルギーを利用した電気自動車向けインフラシステム
    伊藤 雅一, 川崎 憲広, 小田 拓也, 黒川 浩助, 横山 晋也, 山口 雅英, 中井 康博, 原 岳広, 野口 浩行
    パワーエレクトロニクス学会誌 36 130-137 2011年
    The Electric Vehicle (EV) is clean and environmental friendly vehicle. However, its power source, electricity still contains fossils. To reduce the fossil utilization, the authors established the Renewable Energy for Electric Vehicle (RE-EV) project. In this paper, two research topics are studied. One is a study of actual operation data to obtain the potential of the EV with PV electricity. An EV (i-MiEV) manufactured by Mitsubishi Motors Corporation was operated for 1 year. In this project, acharging station consisting of a 2.6 kW Photovoltaic power generation (PV) system with a 9 kWh battery system and measuring equipment was installed in Ookayama campus in Tokyo Institute of Technology. This system maximizes the PV electricity and minimizes grid electricity while charging the EV. Second is a statistical study to estimate CO2 emissions for various kinds of driving patterns. In this paper, 6 driving patterns from statistical data and 1 actual data were studied by Life-Cycle Assessment (LCA) approach to estimate CO2 emissions. As a result, 80% of charging electricity is from PV from actual operation data.Regarding the LCA, CO2 emissions of EV with PV electricity are same with utility electricity at short distance driving pattern and much better at long distance driving patterns, even when the system uses lead acid battery. And CO2 emissions of all EV driving patterns are smaller than those of a gasoline vehicle.
  • 再生可能エネルギーと需要の双方の変動を考慮した電力貯蔵容量の基礎的解析
    小田 拓也, 宮崎 隆彦, 伊藤 雅一, 柏木 孝夫
    電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society 129(5) 682-688 2009年
    Electric power from renewable energy sources may cause unstable situation to power grid, because of its electric power fluctuation. In order to smooth the power fluctuation from the renewable energies, there are some researches to simulate the watt-hour capacity of the power storage systems based on the survey data of renewable energy outputs. However, the results only show in limited situation. In a micro-grid, its power load receives both fluctuation of supplies from the renewable energies and demands. It is important to compute the theoretical storage capacity consider both the renewable energies and demands.The aim is to determine the numerical values of the power storage capacity when examining the micro-grid power system; and to explain analytically how capacities computed. In this paper, a mathematical model of power storage capacity has been modeled using the efficiency of power storage, the maximum and average output of micro-grid, and the range of smoothing.
  • A comparative study on life cycle analysis of 20 different PV modules installed at the Hokuto mega-solar plant
    Masakazu Ito, Mitsuru Kudo, Masashi Nagura, Kosuke Kurokaw
    Progress in Photovoltaics: Research and Applications 19(7) 878 2011年
  • 既築建物等に対する空調用電力消費量の推定手法 : 大学建物における検証
    小田 拓也, 宮崎 隆彦, 植田 譲, 伊藤 雅一, 川崎 憲広, 柏木 孝夫
    日本冷凍空調学会論文集 27(2) 95-102 2010年
  • Life-cycle analyses of very-large scale PV systems using six types of PV modules
    Masakazu Ito, Keiichi Komoto, Kosuke Kurokaw
    Current Applied Physics 10(2) S271 2010年
  • 分散型太陽光発電地域運転特性および統合制御運用
    黒川 浩助, 川崎 憲広, 伊藤 雅一, 植田 譲, 前田 征児, 山口 雅英
    太陽エネルギー = Solar energy 36(1) 35-40 2010年
  • Life cycle assessment and evaluation of energy payback time on high-concentration photovoltaic power generation system
    Nishimura A, Hayashi Y, Tanaka K, Hirota M, Kato S, Ito M, Araki K, Hu E.J
    Applied Energy 87(9) 2797-2807 2010年
  • 再生可能エネルギーを利用した電気自動車向けインフラシステム[含 質疑] (第185回[パワーエレクトロニクス学会]定例研究会)
    伊藤 雅一, 川崎 憲広, 小田 拓也
    パワーエレクトロニクス学会誌 36 130-137 2010年
  • A comparative study on cost and life-cycle analysis for 100 MW very large-scale PV (VLS-PV) systems in deserts using m-Si, a-Si, CdTe, and CIS modules
    Ito M, Kato K, Komoto K, Kichimi T, Kurokawa K
    Progress in Photovoltaics: Research and Applications 16(1) 17-30 2008年
  • A preliminary study on potential for very large-scale photovoltaic power generation (VLS-PV) system in the Gobi desert from economic and environmental viewpoints
    Ito M, Kato K, Sugihara H, Kichimi T, Song J, Kurokawa K
    Solar Energy Materials and Solar Cells 75(3-4) 507-517 2003年

著書

  • 中規模・大規模太陽光発電システムー基礎・計画・設計・施工・運転管理・保守点検ー
    黒川浩助,田中良,伊藤雅一
    執筆、編集
    オーム社 2016年03月
  • Energy from the Desert -Very Large Scale Photovoltaic Systems: Socio-economic, Financial, Technical and Environmental Aspects-
    Keiichi Komoto, Masakazu Ito, Peter van der Vleuten, David Faiman, Kosuke Kurokawa
    共同編集、分担執筆
    Earthscan Pubns Ltd. 2009年10月
    978-1844077946

講演・口頭発表等

  • LDC-Control Parameters Determination by the Planes Using Measured Data from IT-Switches in Distribution Systems with PV Systems
    Akihisa Kaneko;Yasuhiro Hayashi, Masakazu Ito, Takaya Anegawa, Yukiyasu Kuwashita, Masayuki Oyama
    CPESE 2019 2019年09月
  • 配電線電圧を考慮した電力取引向け蓄エネルギー手法
    藤﨑 佑介;重信颯人, 田岡久雄, 伊藤雅一
    令和2年電気学会全国大会 2020年03月
  • 送電ネットワークとの協調を考慮した配電ネットワークの再構成問題
    阪口遼;重信颯人, 田岡久雄, 伊藤雅一, 高野浩貴, 花井悠二, 竹原有紗
    令和2年電気学会全国大会 2020年03月
  • エコロジカルフットプリントによる持続可能社会のための再生可能エネルギー必要発電量推計
    田中 裕章;伊藤雅一,田岡久雄,重信颯人
    令和2年電気学会全国大会 2020年03月
  • 垂直設置した両面受光型太陽電池モジュールの影を考慮した裏面日射強度の推定方法の検討
    小山 稔貴,重信颯人,田岡久雄,伊藤雅一
    令和2年電気学会全国大会 2020年03月
  • 太陽光発電出力の短周期変動の季節別評価
    藤田 哲平, 重信颯人,田岡久雄,伊藤雅一,山田誠司,金尾則一
    令和2年電気学会全国大会 2020年03月 選考無し
  • PVシステムの安全性向上・長寿命化技術
    宇佐美 章;大関 崇,伊藤 雅一
    太陽光発電の長期安定利用技術 2019年09月
  • 砂漠における大規模太陽光発電に関する研究
    伊藤 雅一
    電気・情報関係学会北陸支部連合大会 2019年08月 選考無し
  • 配電電圧三相不平衡の関する一考察
    重信 颯人;伊藤 雅一, 田岡 久雄
    電気学会  電力技術・電力系統技術合同研究会 2019年09月
  • 仮想同期発電機主体の独立系統における系統安定化評価
    令和元年度電気学会九州支部沖縄支所講演会 2019年12月
  • 発電機起動停止計画における両面PVモジュールが電力システムに与える効果
    伊藤 大智;重信 颯人,伊藤 雅一
    令和元年度電気学会九州支部沖縄支所講演会 2019年12月
  • 太陽電池モジュールにかかる影とセル配置を考慮した発電量に関する予備検討
    佐戸 佑気;重信 颯人,伊藤 雅一
    太陽エネルギー学会研究発表会 2019年10月
  • Optimum Switch Configuration considering both Real Power Losses and VSI for Tanzania Distribution System
    Zawadi Athanas Macha;Ryuto Shigenobu, Masakazu Ito
    令和元年度電気学会電力・エネルギー部門大会 2019年09月
  • 風力発電システムの計画発電におけるウィンドファーム規模の違いによる蓄エネルギー装置の所要設備容量削減効果の比較
    菊地 亜希;伊藤 雅一,林 泰弘
    令和元年度電気学会電力・エネルギー部門大会 2019年09月
  • 太陽光発電システム搭載自動車のための最適セルサイズに関する検討
    松田 翔,重信 颯人,伊藤 雅一
    日本太陽エネルギー学会若手研究者発表会 2019年08月
  • Optimal Switch configuration for Tanzania Real Distribution Network
    Zawadi Athanas MACHA, Ryuto SHIGENOBU, Masakazu ITO, Hisao TAOKA
    日中スプリング・シンポジウム 2019年06月
  • Preliminary Study on Optimal PV Cell Size for PV-Powered Vehicles
    Kakeru Matsuta;Ryuto Shigenobu, Masakazu Ito
    PVSEC-29 2019年11月
  • A Study on Application of Intelligent Algorithms to Operation Scheduling Problem of Microgrids
    Hirotaka Takano;Daichi Ito, Hisao Taoka
    ICEE2019 2019年06月
  • Optimal Configuration of Loop-Radial Hybrid Distribution Networks under Various PV Systems Penetration
    Akihisa Kaneko, Masakazu Ito, Yasuhiro Hayashi, Takaya Anegawa, Hideyasu Hokazono, Masayuki Oyama
    ICEE2019 2019年07月
  • Optimal PV Cell Size for PV-Powered Vehicles
    松田 翔 重信 颯人 伊藤 雅一
    日中スプリングプログラム・シンポジウム 2019年06月 選考無し
  • PV連系配電系統における部分ループ最適構成決定手法に関する基礎検討
    金子 曜久,伊藤 雅一,林 泰弘,姉川 高也,外園 秀康,大山 雅之
    平成31年電気学会全国大会 2019年03月
  • 系統貢献を目的とした起動停止制約を考慮した地域冷暖房システムの数値モデル構築
    冨田 康平,伊藤 雅一,林 泰弘,八木 貴大,塚田 龍也
    平成31年電気学会全国大会 2019年03月
  • 系統用蓄電池による変動緩和の性能向上を目的とした State-of-Charge Feedback制御の基礎検討
    赤木 覚,芳澤 信哉,伊藤 雅一,藤本 悠,宮崎 輝,林 泰弘, 矢野 孝,久田 俊哉,田和 克久
    平成31年電気学会全国大会 2019年03月
  • 蓄エネルギー技術を用いた出力変動制御技術の開発
    蓮池 宏, 日浦 俊哉,伊藤 雅一,林 泰弘,原 亮一,北 裕幸,高山 聡志,石亀 篤司,本間 隆,石川 光浩
    平成31年電気学会全国大会 2019年03月
  • Preliminary Analysis of Short-term Solar Irradiance Forecasting by using Total-Sky Imager and Convolutional Neural Network
    Anto Ryu, Masakazu Ito, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    IEEE PES GTD 2019年03月
  • Experimental Results of a Wind Power Plant Scheduling Method Considering State-of-Charge Transition for an Electricity Market with the Compressed Air Energy Storage System
    Masakazu Ito, Aki Kikuchi, Yu Fujimoto, Masataka Mitsuoka, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    17th Wind Integration Workshop 2018年10月
  • Determination Method of Bids for an Electricity Market with State-of-charge Maintenance of a Compressed Air Energy Storage System Using Prediction Intervals of Wind Power Output
    Aki Kikuchi, Masakazu Ito, Yasuhiro Hayashi
    IRES 2019 2019年03月
  • Electricity Adjustment by Aggregation Control of Multiple District Heating and Cooling Systems
    Kohei Tomita, Masakazu Ito, Yasuhiro Hayashi, Takahiro Yagi, Tatsuya Tsukada
    The 16th International Symposium on District Heating and Cooling (DHC2018) 2018年09月
  • Development and Demonstration of Compressed Air Energy Storage System for Power Compensation of Intermittent Renewables
    Hiroshi Hasuike, Toshiya Hiura, Mamoru Suzuki Masakazu Ito, Masataka Mitsuoka, Hideo Ishii, Yu Fujimoto, Yasuhiro Hayashi
    GRE2018 2018年06月
  • State-of-Charge Target Control for Energy Storage System for Imbarance and Wind Curtailment Reduction in Electricity Market
    Masakazu Ito, Yu Fujimoto, Masataka Mitsuoka, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    GRE2018 2018年06月
  • Scheduling Method of Wind Power Generation for Electricity Market using State-of-Charge Transition and Forecast Error
    Aki Kikuchi, Masakazu Ito, Yasuhiro Hayashi
    ICEE2018 2018年06月
  • An Evaluation of a Control Method of Energy Storage Systems for Scheduled Generation by Wind Power Systems for an Electricity Market under a Grid Code defining Maximum Change of Wind Power Output in a Time Interval
    Masakazu Ito, Yu Fujimoto, Masataka Mitsuoka, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi
    WWEC2017 2017年06月

受賞

  •  電気学会九州支部沖縄支所 講演奨励賞 発電機起動停止計画における両面PVモジュールが電力システムに与える効果2019年12月
    指導した学生の共著者として
  •  IEEE PES GTD Preliminary Analysis of Short-term Solar Irradiance Forecasting by using Total-Sky Imager and Convolutional Neural Network Best Student Poster Award2019年03月
    指導した学生の共著者として
  •  平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会実行委員会 風力発電出力平滑化のためのリアルタイム経験的モード分解手法 YPC奨励賞2018年09月
    指導した学生の共著者として
  •  平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会実行委員会 風力発電の翌日発電計画値作成手法における蓄エネルギー装置の充電レベル調整手法の比較 YPC優秀発表賞2017年09月
    指導した学生の共著者として
  •  平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会実行委員会 潮流力率を考慮した連立方程式による分散型電源大量導入に対応したLDC 制御パラメータ決定手法 YPC奨励賞2016年09月
  •  平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会実行委員会 エネルギー価格をパラメータとした地域冷暖房システムによるデマンドレスポンスへの対応可能容量の検討 YPC優秀発表賞2015年08月
    指導した学生の共著者として
  •  日本太陽エネルギー学会 北杜メガソーラのライフサイクル評価 伊藤直明賞2012年05月
  •  日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会 小型ソーラーカーの開発 奨励賞(学生部門)2008年11月
  •  日本産業デザイン振興会 再生可能エネルギーを利用した電気自動車充電インフラシステム グッドデザイン賞2008年11月
  •  PVSEC17 Organizing Committee Environmental Potential of Very Large Scale Photovoltaic Power Generation (VLS-PV) Systems on Deserts Paper Award2007年12月
  •  PVSEC17 Organizing Committee Financing Very Large Scale Photovoltaic Systems in Gobi Desert Poster Award2007年12月
  •  PVSEC17 Organizing Committee A Preliminary Life-Cycle Analysis of A Mega-solar System in Japan Young Researcher Award2007年12月
  •  東京農工大学 学術研究賞2004年04月
  •  WCPEC3 Organizing Committee An analysis of variation of very large-scale PV (VLS-PV) systems in the world deserts WCPEC-3 Young Researcher Award2003年05月