飯田 礼子

所属部署名看護学講座 基盤看護学
教員組織看護学講座 基盤看護学
教育研究組織医学部看護学科
職名准教授
更新日: 19/11/26 14:53

研究者基本情報

氏名

    飯田 礼子
    イイダ レイコ
    IIDA Reiko

所属

  •  看護学講座 基盤看護学 准教授

学歴

  • - 1980年京都大学 化学

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2009年04月福井大学医学部 准教授
  • 1997年04月- 2003年03月群馬大学医学部 非常勤講師
  • 1996年04月福井大学医学部 助手
  • 1992年04月- 1996年03月福井医科大学医学部 非常勤講師
  • 1989年12月- 1990年03月福井医科大学医学部 助手
  • 1984年05月- 1986年09月福井医科大学医学部 助手
  • 1980年04月- 1983年04月金沢医科大学医学部 助手
  • 1980-1983 金沢医科大学 助手 1984-1986 福井医科大学 医学部 助手 1989-1990 福井医科大学 医学部 助手 1992-1996 福井医科大学 医学部 非常勤講師 1996-    福井医科大学 医学部 助手 1997-    群馬大学 医学部 非常勤講師

所属学協会

    日本DNA多型学会 その他,日本分子生物学会 その他,日本法医学会 その他,日本法医学会 評議員,日本生化学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Low genetic heterogeneity of copy number variations (CNVs) in the genes encoding the human deoxyribonucleases 1-like 3 and II potentially relevant to autoimmunity.
     14(4):e0215479. doi: 10.1371/journal.pone.0215479(4) e0215479 2019年04月 査読有り
  • Analysis of copy number variation in the NEDD4L gene potentially implicated in body height in the Japanese population
    M. Ueki, H. Takeshita, J. Fujihara, K. Kimura, R. Iida, T. Yasuda
    Leg Med 37 83-85 2019年02月 査読有り
    R.Iida
  • Knockout of Mpv17-like protein (M-LPH) gene in human hepatoma cells results in Impairment of mtDNA Integrity through reduction of TFAM, OGG1 and LIG3 at the protein levels
    R.Iida, M Ueki, T. Yasuda
    Oxid Med Cell Longev 2018 Article ID 6956414 2018年09月 査読有り
  • Identification of interacting partners of human Mpv17-like protein with a mitigating effect of mitochondrial dysfunction through mtDNA damage
    R Iida, M Ueki, T Yasuda
    Free Rad Biol Med 87 336-345 2015年07月 査読有り
  • Three non-synonymous single nucleotide polymorphisms in the RhitH gene cause reduction of the repression activity that leads to up-regulation of M-LPH, a participant in mitochondrial function
    R. Iida, M. Ueki, J.Fujiwara, H. Takeshita, K. Kimura-Kataoka, T. Yasuda
    BioResearch Open Access 2(6) 440-447 2013年12月 査読有り
  • Identification of RhitH as a novel transcriptional repressor of human Mpv17-like protein with a mitigating effect on mitochondrial dysfunction, and its transcriptional regulation by FOXD3 and GABP
    R. Iida, M.Ueki, T.Yasuda
    Free Rad Biol Med 52(8) 1413-1422 2012年04月 査読有り
  • A novel transcriptional repressor, Rhit, is involved in heat-inducible and age-dependent expression of Mpv17-like protein, a participant in reactive oxygen species metabolism
    R. Iida, M. Ueki, T. Yasuda
    Mol Cell Biol 30(10) 2306- 2315 2010年05月 査読有り
  • Identification of novel fibronectin fragments detected specifically in juvenile urine
    R.Iida, T.Yasuda, K.Kishi
    FEBS J 274 3939-3947 2007年08月 査読有り
  • Human Mpv 17-like protein is localized in peroxisomes and regulates expression of antioxidant enzymes
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tsubota, T.Matsuki, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 344(3) 948-954 2006年06月 査読有り
  • A novel alternative spliced M-LP (Mpv17-like protein) isoform localizes in cytosol ans is expressed in a kidney-specific and adult-specific manner
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tsubota, H.Takatsuka, M.Masuyama, T.Matsuki, K.Kishi
    Exp. Cell Res. 302(1) 22-30 2005年 査読有り
  • M-LP, Mpv17-like protein, has a peroxisomal membrane targeting signal comprising a transmembrane domain and a positively charged loop and up-regulates expression of the manganese superoxide dismutase gene
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tsubota, H.Takatsuka, M.Masuyama, T.Matsuki, K.Kishi
    J. Biol. Chem. 278(8) 6301-6306 2003年02月 査読有り
  • Five age-dependently expressed genes in mouse brain revealed by the fluorescence differential display-PCR technique(jointly worked)
    R.Iida
    Experimental Gerontology 37(42225) 1121-1126 2002年
  • Cloning, mapping, genomic organization and expression of mouse M-LP, a new member of the peroxisomal membrane protein Mpv17 domain family.(jointly worked)
    R.Iida
    Biochemical and Biophysical Research Communications 283(2) 292-296 2001年
  • Age-related changes of gene expression in mouse kidney : fluorescence differential display-PCR analyses
    R.Iida, T.Yasuda, M.Aoyama, E.Tsubota, T.Matsuki, K.Kishi
    Mech. Aging Develop. 113(2) 133-142 2000年03月 査読有り
  • Identification of functional SNPs potentially served as a genetic risk factor for the pathogenesis of parakeratosis in the gene encoding human deoxyribonuclease I-like 2 (DNase 1L2) implicated in terminal differentiation of keratinocytes
    M.Ueki, K.Kimura, J.Fujihara, H.Takeshita, R.Iida, T.Yasuda
    Gene 561(1) 15-22 2015年04月 査読有り
  • Global analysis of genetic variations in a 56-bp variable number of tandem repeat polymorphisms within the human deoxyribonuclease I gene
    J. Fujihara, T.Yasuda, R. Iida, M.Ueki, R.Sano, Y.Kominato, K.Kimura, H.Takeshita
    Leg Med 2015年 査読有り
  • Identification of the Functional Alleles of the Nonsynonymous Single-Nucleotide Polymorphisms Potentially Implicated in Autoimmunity in the Human Deoxyribonuclease I Gene
    M.Ueki, K.Kataoka, J.Fujihara, H.Takeshita, R. Iida, Y.Kawai, T.Yasuda
    DNA Cell Biol 33(8) 492-502 2014年08月 査読有り
  • DNase I-like 2遺伝子の非同義置換型SNPは尋常性乾癬など不全角化病変のリスクファクターである
    藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA 多型 22(1) 187-191 2014年07月 査読無し
  • Evaluation of All Non-Synonymous Single Nucleotide Polymorphisms (SNPs) in the Gene Encoding Human Deoxyribonuclease I-like 1, Possibly Implicated in the Blocking of Endocytosis-Mediated Foreign Gene Transfer
    M.Ueki, K.Kimura, J.Fujihara, H.Takeshita, R. Iida, T.Yasuda
    DNA Cell Biol 33(2) 79-87 2014年02月 査読有り
  • Evaluation of all non-synonymous single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the genes encoding human deoxyribonuclease I and I-like 3 as a functional SNP potentially implicated in autoimmunity
    M.Ueki, K.Kimura, H.Takeshita, J.Fujihara, R.Iida, R.Sano, T.Nakajima, Y.Kiominato, Y.Kawai, T.Yasuda
    FEBS J 281(1) 376-390 2014年01月 査読有り
  • Seven non-synonymous single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the gene encoding human deoxyribonuclease II may serve as a functional SNP potentially implicated in autoimmune dysfunction
    M.Ueki, K.Kimura, J.Fujihara, H.Takeshita, R. Iida, H.Kato, T.Yasuda
    Electrophoresis 34(24) 3361-3369 2013年12月 査読有り
  • Distribution and haplotype analysis of all the non-synonymous and autoimmunity-related single nucleotide polymorphisms in the human deoxyribonuclease II gene using worldwide populations
    K.Kimura, T.Yasuda, J.Fujihara, T.Toga, R.Ono, Y.Otsuka, M.Ueki, R.Iida, H.Takeshita
    Leg Med 15(3) 157-160 2013年05月 査読有り
  • 脊椎動物DNase Iの生化学的性状はいくつかのアミノ酸変異により規定される
    藤原 純子, 竹下 治男, 飯田 礼子, 安田 年博, 植木 美鈴
    DNA多型 21 112-18 2013年05月 査読有り
  • ヒトDNase II遺伝子内プロモーター領域のSNPはプロモーター活性低下によって血清DNase II活性を減少させる
    木村 かおり, 藤原 純子, 竹下 治男, 植木 美鈴, 安田 年博, 飯田 礼子, 佐野 理恵, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 加藤 秀章
    DNA多型 21 134-140 2013年05月 査読有り
  • Five non-synonymous single nucleotide polymorphisms in the gene encoding human deoxyribonuclease I-like 2 implicated in terminal differentiation of keratinocytes reduce or abolish its activity
    M.Ueki, J.Fujihara, K.Kimura, H.Takeshita, R. Iida, T.Yasuda
    Electrophoresis 34(3) 456-462 2013年02月 査読有り
  • Comparative biochemical properties of vertebrate deoxyribonuclease I
    J.Fujihara, T.Yasuda, M.Ueki, R. Iida, H.Takeshita, Y.Koda, H.Takeshita
    Comparative Biochem Physiol Part B 163(42067) 263-273 2012年11月 査読有り
  • Genetic and expression analysis of SNPs in the human deoxyribonuclease II: SNPs in the promoter region of the gene reduce its in vivo activity through decreased promoter activity
    K.Kimura, T.Yasuda, J.Fujihara, T.Toga, R.Ono, Y.Otsuka, M.Ueki, R. Iida, R.Sano, T.Nakajima, Y.Kominato, H.Kato, H.Takeshita
    Electrophoresis 33(18) 2852-2858 2012年09月 査読有り
  • Replication study of the association of SNPs in the LHX3-QSOX2 and IGF1 loci with adult height in the Japanese population; wide-ranging comparison of each SNP genotype distribution
    J.Fujihara, H.Takeshita, K.Kimura, M.Soejima, Y.Koda, I.Yuasa, R. Iida, M.Ueki, M.Nagao, Y.Kominato, T.Yasuda
    Leg. Med. 14(4) 205-208 2012年07月 査読有り
  • 自己免疫疾患に係るヒトdeoxyribonulcease I (DNase I)遺伝子の分子論的基盤―全非同義置換型SNPの集団調査と発現解析―
    飯田 礼子, 安田 年博, 植木 美鈴, 竹下 治男, 藤原 純子, 木村 かおり, 小湊 慶彦, 中島 たみ子
    DNA多型 20 270-274 2012年05月 査読有り
  • Nonsynonymous single-nucleotide polymorphisms of the human apoptosis-related endonuclease-DNA fragmentation factor beta polypeptide, endonuclease G, and Flap endonuclease 1-genes show a low degree of genetic heterogeneity
    H.Takeshita, J.Fujihara, M.Ueki, R.Iida, Y.Koda, M.Soejima, I.Yuasa, H.Kato, T.Nakajima, Y.Kominato, T.Yasuda
    DNA Cell Biol 31(1) 36-42 2012年01月 査読有り
  • Determination of ABO genotypes by real^time PCR using allele-specific primers
    T.Muro, J.Fujihara, S.Imamura, H.Nakamura, K.Kimura, T.Toga, R.Iida, T.Yasuda, H.Takeshita
    Leg Med 14(1) 47-50 2012年01月 査読有り
  • Confirmation that SNPs in the high mobility group-A2 gene (HMGA2) are associated with adult height in the Japanese population; wide-ranging population survey of height-related SNPs in HMGA2
    H.Takeshita, J.Fujihara, M.Soejima, Y.Koda, K.Kimura, R.Ono, I.Yuasa, H.Kato, R. Iida, M.Ueki, M.Nagao, T.Yasuda
    Electrophoresis 32(14) 1844-1851 2011年07月 査読有り
  • Global genetic analysis of all single nucleotide polymorphisms in exons of the human deoxyribonuclease I-like 3 gene and their effect on its catalytic activity
    M.Ueki, J.Fujihara, H.Takeshita, K.Kimura, R. Iida, I.Yuasa, H.Kato, T.Yasuda
    Electrophoresis 32(12) 1465-1472 2011年06月 査読有り
  • Y染色体のハプログループを利用した民族推定法の開発
    室 友紀, 今村 真二, 中村 博明, 藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 飯田 礼子, 安田 年博, 湯浅 勲, 副島 美貴子, 神田 芳郎
    DNA多型 19 169-173 2011年05月 査読有り
  • ヒトSOD1、SOD2およびSOD3遺伝子内の非同義置換型SNPの同時解析ー血清SOD活性と多型性SNPとの相関について
    飯田 礼子, 安田 年博, 植木 美鈴, 竹下 治男
    DNA多型 19 275-280 2011年05月 査読有り
  • Deoxyribonuclease II (DNase II)遺伝子に座位する非同義置換型SNPには不活性な酵素を産生するminoralleleが分布する
    藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 湯浅 勲, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA多型 19 287-293 2011年05月 査読有り
  • 動物種特異的臓器分布から明らかにされたDNase Iの分子進化
    藤原 純子, 竹下 治男, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 中島 たみ子, 小湊 慶彦
    DNA多型 19 294-297 2011年05月 査読有り
  • Simultaneous determination of seven informative Y chromosome SNPs to differentiate East Asian, European, and African populations
    T.Muro, R. Iida, J.Fujihara, T.Yasuda, Y.Watanabe, S.Imamura, H.Nakamura, K.Kimura, I.Yuasa, H.Takeshita
    Leg Med 13(3) 134-141 2011年04月 査読有り
  • Functional and genetic survey of all known single-nucleotide polymorphisms within the human deoxyribonuclease I gene in wide-ranging ethnic groups
    J.Fujihara, T.Yasuda, M.Ueki, Reiko Iida, M.Soejima, Y.Koda, K.Kimura, H.Kato, A.Panduro, M.Tongu, H.Takeshita
    DNA Cell Biol 30(4) 205-217 2011年03月 査読有り
  • Genetic and expression analysis of all non-synonymous single nucleotide polymorphisms in the human deoxyribonuclease I-like 1 and 2 genes
    M.Ueki, J.Fujihara, H.Takeshita, K.Kimura, R.Iida, T.Nakajima, Y.Kominato, I.Yuasa, T.Yasuda
    Electrophoresis 31 2063-2069 2010年07月 査読有り
  • A biochemical and genetic study on all non-synonymous single nucleotide polymorphisms of the gene encoding human deoxyribonuclease I potentially relevant to autoimmunity
    T.Yasuda, M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, K.Kimura, Reiko Iida, E.Tsubota, M.Soejima, Y.Koda, H.Kato, A.Panduro
    Int J Biochem Cell Biol 42(7) 1216-1225 2010年07月 査読有り
  • DNase Il3遺伝子の非同義置換型SNPにおけるコーカソイド特異的アレルは不活性な酵素を産生する
    藤原 純子, 竹下 治男, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 湯浅 勲, 加藤 秀章, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA多型 18 259-263 2010年06月 査読有り
  • 低酸素による核酸分解酵素DNASE1の発現増加と転写調節
    佐野 利恵, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 加藤 恵理子, 高土 祐一, 新田 みなみ, 山根 康弘, 藤原 純子, 竹下 治男, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA多型 18 278-282 2010年06月 査読有り
  • 血清DNase Iを用いた急性心筋梗塞の鑑別診断に関する法医学的研究
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 竹下 治男, 小湊 慶彦, 河合 康幸
    平成19年度文部科学省研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書 1-83 2010年02月 査読無し
  • Genetic and expression analysis of all 7 non-synonymous single nucleotide polymorphisms in the human deoxyribonuclease II gene, with potential relevance to autoimmunity
    M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, Kaori Kimura, R. Iida, I.Yuasa, T.Nakajima, Y.Kominato, T.Yasuda
    Clin. Chim. Acta 411(1) 92-98 2010年01月 査読有り
  • Global analysis of single nucleotide polymorphisms in the exons of human deoxyribonuclease I-like 1 and 2 genes
    J.Fujihara, T.Yasuda, Reiko Iida, K.Kimura, M.Soejima, Y.Koda, H.Kato, A.Panduro, I.Yuasa, H.Takeshita
    Electrophoresis 31(21) 3552-3557 2010年01月 査読有り
  • Pancoast type 肺癌が確認できた溺死の一剖検例
    島田 一郎, 松井 一裕, 飯田 礼子, 白石 弘章, 坪田 悦子, 松木 孝澄
    法医病理 15 61-65 2009年12月 査読有り
  • Allele frequencies and haplotypes for five Y-STRs (DYS441, DYS442, DYS443, DYS444, and DYS445) in Ovambo and Turks populations using multiplex PCR system
    J.Fujihara, H.Takeshita, E.Tsubota, R.Iida
    Forensic Sci Int Genet 3(4) 268-269 2009年09月 査読有り
  • Allele frequencies and haplotypes for 28 Y-STRs in Ovanbo population
    J.Fujihara, I.Yuasa, T.Muro, R.Iida, E.Tsubota, H.Nakamura, S.Imamura, T.Yasuda, H.Takeshita
    Leg Med 11(4) 205-208 2009年07月 査読有り
  • Genotyping of five single nucleotide polymorphisms in the OCA2 and HERC2 genes associated with blue-brown eye color in the Japanese population
    R.Iida, M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, T.Nakajima, Y.Kominato, M.Nagao, T.Yasuda
    Cell Biochem Funct 27(5) 323-327 2009年07月 査読有り
  • Caucasian-specific allele in non-synonymous single nucleotide polymorphisms of the gene encoding deoxyribonuclease I-like 3, potentially relevat to autoimmunity, produces an inactive enzyme
    M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, R.Iida, I.Yuasa, H.Kato, A.Panduro, T.Nakajima, Y.Kominato, T.Yasuda
    Clin. Chim. Acta 407(1) 20-24 2009年07月 査読有り
  • ヒトRNase superfamily遺伝子における非同義置換型SNP解析
    藤原 純子, 竹下 治男, 小湊 慶彦, 中島 たみ子, 飯田 礼子, 湯浅 勲, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA多型 17 260-264 2009年06月 査読有り
  • Simultaneous genotyping of 11 non-synonymous SNPs in the 4 glutathione peroxidase genes using the multiplex single base extension method
    R.Iida, E.Tsubota, I.Yuasa, H.Takeshita, T.Yasuda
    Clin Chim Acta 402(42006) 79-82 2009年04月 査読有り
  • Serum deoxyribonuclease I can be used as a useful marker for diagnosis of death due to ischemic heart disease
    T.Yasuda, R.Iida, Y.Kawai, T.Nakajima, Y.Kominato, J.Fujhara, H.Takeshita
    Leg Med 11(1) s213-s215 2009年04月 査読有り
  • Cytochrome P450 1A1, glutathione S-transferases M1 and T1 polymorphisms in Ovambos and Mongolians
    J.Fujhara, T.Yasuda, R.Iida, H.Takatsuka, Y.Fujii, H.Takeshita
    Leg Med 11(1) s408-s410 2009年04月 査読有り
  • Time course of housekeeping gene expression changes in diffuse alveolar damage indudced by hyperoxia exposure in mice
    I.Shimada, K.Matsui, R.Iida, E.Tsubota, T.Matsuki
    Legal Med 11(Supplement) 151-154 2009年02月 査読有り
  • Multiplex single base extension method for simultaneous genotyping of non-synonymous SNP in the three human SOD genes
    R.Iida, E.Tsubota, H.Takeshita, T.Yasuda
    Electrophoresis 29(23) 4788-4794 2008年12月 査読有り
  • Novel transcript profiling of diffuse alveolar damage induced by hyperoxia exposure in mice: normalization by glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase
    I.Shimada, K.Matsui, B.Brinkmann, C.Hohoff, K.Hiraga, Y.Tabuchi, I.Takasaki, I.Kato, H.Kawaguchi, K.Takasawa, R.Iida, H.Takizawa, T.Matsuki
    Int J Legal Med 122(5) 373-383 2008年09月 査読有り
  • Three single nucleotide polymorphisms leading to non-synonymous amino acid substitution in the human ribonuclease 2 and angiogenin genes exhibit markedly less genetic heterogeneity in six populations
    M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, H.Takatsuka, I.Yuasa, R.Iida, T.Yasuda
    Cell Biochem Funct 26(6) 718-722 2008年08月 査読有り
  • 心筋梗塞の新規な感受性遺伝子としてのDNase I遺伝子
    藤原 純子, 竹下 治男, 高塚 尚和, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 河合 康幸, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 副島 美貴子, 神田 芳郎
    DNA多型 16 189-193 2008年05月 査読有り
  • マウス腎の年齢依存性発現分子M-LPのヒトホモログの同定
    飯田 礼子, 坪田 悦子, 安田 年博, 松木 孝澄
    DNA多型 16 212-215 2008年05月 査読有り
  • Development of genotyping methods for single nucleotide polymorphism in the human pancreatic ribonuclease (RNASE1) and their application to population studies
    M.Ueki, R.Iida, J.Fujihara, H.Takeshita, I.Yasa, T.Yasuda, Y.Kominato
    Biochem Genet 46(42067) 145-153 2008年04月 査読有り
  • Identification of age-dependently expressed genes in mouse liver by differential display-PCR analysis
    E.Tsubota, T.Yasuda, R.Iida
    Comp Biochem Physiol Part D 3(1) 91-95 2008年03月 査読有り
  • 急性壊死性膵炎を合併した熱射病の一剖検例
    高塚 尚和, 松木 孝澄, 飯田 礼子, 坪田 悦子, 藤原 純子, 竹下 治男
    法医学の実際と研究 50(1) 199-203 2007年07月 査読有り
  • 脊椎動物DNase Iの分子進化:サメ酵素に見られる特異な構造特性
    藤原 純子, 竹下 治男, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 岸紘 一郎, 小林 敬典
    DNA多型 15 31-34 2007年05月 査読有り
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索による加齢・老化機序の解明へのアプローチ
    飯田 礼子
    大和ヘルス財団の助成による研究業績集 30 80-83 2007年03月 査読無し
  • ゲノミクス・プロテオミクスによる年齢推定に関する法医学的研究
    安田 年博, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 小湊 慶彦, 岸 紘一郎, 河合 康幸
    平成15~18年度科学研究費補助金(基盤研究A)成果報告書 1-106 2007年02月 査読無し
  • Variation of interleukin 8 -251 A>T polymorphism in worldwide populations and intra-ethnic differences in Japanese populations
    J.Fujihara, K.Shiwaku, T.Yasuda, I.Yuasa, H.Nishimukai, R.Iida, H.Takeshita
    Clin Chim Acta 377(1) 79-82 2007年 査読有り
  • Susceptibility of mammalian deoxyribonucleases I (DNases I) to proteolysis by proteases and its relationships to tissue distribution: biochemical and molecular analysis of equine DNase I
    M.Ueki, H.Takeshita, J.Fujihara, T.Nakajima, Y.Kominato, K.Kishi, R.Iida, T.Yasuda
    Comp Biochem Physiol Part B 143(2) 93-102 2007年 査読有り
  • Hypoxia induces upregulation of the deoxyribonuclease I gene in the human pancreatic cancer cell line QGP-1
    Y.Kominato, R.Iida, T.Nakajima, Y.Tajima, R.Takagi, C.Makita, K.Kishi, M.Ueki, T.Yasuda, Y.Kawai
    Biochim Biophys Acta 1770 1564-1575 2007年 査読有り
  • Population differences in the human arsenic (+3 oxiation state) methytransferase (AS3MT) gene polymorphism detected by using genotyping method
    J.Fujihara, T.Kunito, T.Agusa, T.Yasuda, R.Iida, Y.Fujii, H.Takeshita
    Toxicol Appl Pharmacol 225 251-254 2007年 査読有り
  • Characterization of human deoxyribbonuclease I gene (DNase I) promoters reveals the utilization of two transcription-starting exons and the involvement of Sp1 in its transcriptional regulation
    Y.Kominato, M.Ueki, R.Iida, Y.Kawai, T.Nakajima, C.Makita, M.Itoi, Y.Tajima, K.Kishi, T.Yasuda
    FEBS J 273(13) 3094-3105 2006年06月 査読有り
  • 新しいDNA多型マーカーの発見と法医学,人類遺伝学への応用
    松木孝澄, 飯田礼子, 高塚尚和
    平成14年度~平成17年度日本学術振興会科学研究費補助金による基盤研究(A)(2)研究成果報告書 1-100 2006年03月 査読無し
  • Identification, characterization and forensic application of novel Y-STRs
    Iida, R., Kishi, K.
    Legal Med 7(4) 255-258 2005年07月 査読有り
  • Improvement of a multiplex PCR system for DYS441, DYS442, DYS443, DYS444 and DYS445, and a population study in 340 Japanese males
    Y.Ogata, T.Yamaba, K.Sawazaki, R.Iida, E.Tsubota, H.Takatsuka, T.Matsuki, T.Yasuda, K.Kishi
    Legal Med. 7(3) 183?189 2005年05月 査読有り
  • Quantitative change in mitochondrial DNA content in various mouse tissues during aging
    Masuyama, M., Iida ,R., Takatsuka, H., Yasuda,T., Matsuki,T.
    Biochim. Biophys. Acta 1723(1-3) 302-308 2005年05月 査読有り
  • ABO式血液型遺伝子の転写調節におけるプロモーターの上流に存在するNボックスの役割
    小湊 慶彦, 中島 たみ子, 岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子
    DNA多型 13 270?273 2005年 査読有り
  • ヒトdeoxyribonuclease I 遺伝子における新規なVNTR多型
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 河合 康幸, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 岸 紘一郎
    DNA多型 13 38?40 2005年 査読有り
  • Y染色体上のSTR5座位(DYS441, DYS442, DYS443, DYS444, DYS445)同時検出法の法科学的実務への応用
    小形 泰宏, 山場 智一, 澤崎 一三, 飯田 礼子, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    DNA多型 13 204?206 2005年 査読有り
  • A single amino acid substitution can shift the optimum pH of DNase IⅠfor enzyme activity: biochemical and molecular analysis of the piscine DNase IⅠfamily
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, M.Ueki, T.Nakajima, Y.Kaneko, K.Mogi, Y.Kominato, K.Kishi
    Biochim. Biophys. Acta 1672(3) 174-183 2004年05月 査読有り
  • マウスの年齢依存性発現cDNAの系統的解析
    飯田 礼子, 松木孝澄
    平成12~15年度科学研究費補助金 基盤研究(c)(2) 2004年03月 査読無し
  • Rapid quantifiation of DNase IⅠactivity in one-microliter serum samples
    H.Takeshita, T.Nakajima, K.Mogi, Y.Kaneko, T.Yasuda, R.Iida, K.Kishi
    Clin. Chem. 50(2) 446-448 2004年02月 査読有り
  • Impaired hepatic granuloma formation with normal host defense in Myd88-deficient mice
    H.Takatsuka, S.Iho, S.Yamamoto, Y.Osawa, R.Iida, E.Tsubota, H.Yamanouchi, S.Akira, T.Matsuki
    J Endotoxin Res 10 363 2004年01月
  • 個人識別マーカーに関する超高感度検出法の開発と実用化―DNAおよびRNA分解酵素の法医鑑識科学への応用
    安田 年博, 岸 紘一郎, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 澤崎 一三
    平成12年度科学研究費補助金[基盤研究(A)(2)]研究成果報告書 1?102 2004年 査読無し
  • DNase IおよびDNase IIのアポトーシスへの関与
    岸 紘一郎, 安田 年博, 竹下 治男, 中島 たみ子, 飯田 礼子, 小湊 慶彦
    平成12年度科学研究費補助金[基盤研究(A)(2)]研究成果報告書 1?117 2004年 査読無し
  • A novel 56-bp variable tandem repeat polymorphism in the human deoxyribonuclease Ⅰgene and its population data
    T.Yasuda, R.Iida, M.Ueki, T.Tsukahara, T.Nakajima, Y.Kominato, H.Takeshita, I.Yuasa, K.Kishi
    Legal Med. 6(4) 242?245 2004年 査読有り
  • Molecular evolution of shark and other vertebrate DNases Ⅰ
    T.Yasuda, R.Iida, M.Ueki, Y.Kominato, T.Nakajima, H.Takeshita, T.Kobayashi, K.Kishi
    Eur. J. Biochem. 271(22) 4428-4435 2004年 査読有り
  • A novel multiplex PCR system consisting of Y-STRs DYS441, DYS442, DYS443, DYS444 and DYS445
    R.Iida, K.Sawazaki, H.Ikeda, T.Miyamoto, E.Tsubota, H.Takatsuka, M.Masuyama, T.Matsuki, T.Yasuda, K.Kishi
    J. Forensic Sci. 48(5) 42007 2003年09月 査読有り
  • Usefulness of deoxyribonuclease I (DNase I) polymorphism for indentification from small aged urine stains
    T.Yasuda, H.Takeshita, M.Ueki, T.Nakajima, K.Mogi, Y.Kaneko, R.Iida, K.Kishi
    Legal Med. 5(2) 105-107 2003年06月 査読有り
  • A single amino acid substitution of Leu130Ile in snake DNases Ⅰcontributes to the acquisition of thermal stability: a clue to the molecular evolutionary mechanism of cold-blooded to warm-blooded vertebrates
    T.Yasuda, H.Takeshita, T.Nakajima, K.Mogi, Y.Kaneko, R.Iida, K.Kishi
    Eur. J. Biochem. 270(2) 307-314 2003年04月 査読有り
  • A?simple?method of DNA extraction and STR typing from urine samples using a commercially available DNA/RNA extraction kit
    T.Yasuda, R.Iida, H.Takeshita, M.Ueki, T.Nakajima, Y.Kaneko, K.Mogi, T.Tsukahara, K.Kishi
    J. Forensic Sci. 48(1) 108- 110 2003年01月 査読有り
  • ヒトの老化程度を体液から規定できるマーカーの開発
    岸 紘一郎, 飯田 礼子, 安田 年博, 竹下 治男, 中島 たみ子, 茂木 康一
    大和證券ヘルス財団助成研究業績集 No.26 30-35 2003年 査読無し
  • 新しい性染色体特異多型マーカーの発見と法医学,人類遺伝学への応用
    松木孝澄, 飯田礼子, 高塚尚和
    平成11年度~平成13年度日本学術振興会科学研究費補助金による基盤研究(B)(2)研究成果報告書 2003年 査読無し
  • Five age-dependently expressed genes in mouse brain revealed by the fluoresence differential display-PCR technique
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tsubota, H.Takatsuka, M.Masuyama, T.Matsuki, K.Kishi
    Exp. Genrontol. 37(42225) 1121-1126 2002年09月 査読有り
  • Characterization and haplotype analysis of the polymorphic Y-STRs DYS443, DYS444, and DYS445 in a Japanese population
    R.Iida, E.Tsubota, K.Sawazaki, M.Masuyama, T.Matsuki, T.Yasuda, K.Kishi
    Int. J. Legal Med. 116(3) 191-194 2002年06月 査読有り
  • Abrupt pubertal elevation of DNase Ⅰgene expression in human pituitary glands of both sex
    T.Yasuda, H.Takeshita, T.Nakajima, K.Mogi, Y.Kaneko, M.Ueki, R.Iida, K.Kishi
    FEBS Lett. 510(1) 22-26 2002年01月 査読有り
  • CpG DNA-induced IFN-a production involves p38 MAPK-dependent STAT1 phosphorylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors
    R.Takauji, S.Iho, H.Takatsuka, S.Yamamoto, T.Takahashi, H.Kitagawa, H.Iwasaki, R.Iida, T.Yokochi, T.Matsuki
    J Leukoc Biol 72 1011-1019 2002年 査読有り
  • CpG-DNA-induced IFN-α production involves p38 MAPK-dependent STAT1 phosphorylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors(jointly worked) 
    R.Iida
    J. Leucocyte Biol. 72, 1011-1019 2002年
  • Abrupt pubertal elevation of DNase I gene expression in human pituitary glands of both sexes(jointly worked)
    R.Iida
    FEBS Letters 510(42006) 22-26 2002年
  • CpG DNA-induced IFN-α production involves p38 MARK-dependent STATI phosphorylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors
    Takauji, R., Iho, S., Yamamoto, S., Takahashi, T., Kitagawa, H., Iwasaki, H., Iida, R., Yokochi, T., Matsuki, T.
    J Leukoc Biol 72(5) 1011-1019 2002年 査読有り
  • Identification and characterization of two novel human polymorphic STRs on Y chromosome
    Iida R, Tsubota E, Matsuki T
    Int J Legal Med 15 54-56 2001年08月 査読有り
  • Amphibian DNase Ⅰare characterized by a C-terminal end with a unique, cystein-rich stretch and by the insertion of a serine residue into the Ca2+-binding site
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, T.Nakajima, S.Mori, K.Mogi, Y.Kaneko, K.Kishi
    Biochem. J. 357(2) 473-480 2001年07月 査読有り
  • Tissue-specific in vivo inhibition of DNase Ⅰgene expression by somatostatin
    T.Yasuda, H.Takeshita, M.Ueki, R.Iida, T.Nakajima, S.Mori, K.Mogi, Y.Kaneko, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 283(2) 287-291 2001年05月 査読有り
  • Cloning, mapping, genomic organization and expression of mouse M-LP, a new member of the perpxisomal membrane protein Mpv17 domain family
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tsubota, T.Matsuki, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 283(2) 292-296 2001年05月 査読有り
  • Use of human recombinant DNaseⅠexpressed in COS-7 cells as an immunogen to produce a specific anti-DNase Ⅰantibody
    H.Takeshita, T.Yasuda, E.Nakazato, T.Nakajima, S.Mori, K.Mogi, Y.Kaneko, R.Iida, K.Kishi
    Exp. Clin. Immunogenet. 18(4) 226-232 2001年 査読有り
  • 年齢推定に有用な体液マーカーの遺伝子クローニングおよび法医学的応用
    岸 紘一郎, 安田 年博, 竹下 治男, 中島 たみ子, 飯田 礼子, 矢澤 伸
    平成9年度文部科学省研究費補助金(基盤研究A)研究成果報告書 1-104 2001年 査読無し
  • Identification and characterization of two novel human polymorphic STRs on Y chromosome.(jointly worked)
    R.Iida
    International Journal of Legal Medicine 115 54-56 2001年
  • Amphibian DNase I are characterized by a C-terminal end with a unique, cystein-rich stretch and by the insertion of a serine residue into the Ca2+-binding site.(jointly worked)
    R.Iida
    Biochemical Journal 357(2) 473-480 2001年
  • Tissue-Specific in vivo inhibition of DNase I gene expression by somatostatin.(jointly worked)
    R.Iida
    Biochemical and Biophysical Research Communications 283(2) 287-291 2001年
  • Japanese population data of two STR loci, HumTPO and HumLPL
    H.Takeshita, S.Mori, T.Yasuda, K.Mogi, E.Nakazato, S.Tsutsumi, K.Fujikawa, R.Iida, K.Kishi
    Legal Med. 2(2) 64-67 2000年08月 査読有り
  • 体液からの年齢推定に関する法医学的研究
    岸 紘一郎, 安田 年博, 竹下 治男, 中島 たみ子, 三澤 章吾, 滝澤 久夫, 藤倉 隆, 木戸 啓, 湯浅 勲, 飯田 礼子
    平成11年度文部省科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 1-95 2000年03月 査読無し
  • Japanese population data for two STR loci Hum TPO and Hum LPL.(jointly worked)
    R.Iida
    Legal Medicine 2(2) 64 2000年
  • Age-related changes of gene expression in mouse kidney : fluorescence differential display-PCR analyses(jointly worked)
    R.Iida
    Mechanisms of Ageing and Development 113 135-144 2000年
  • A new allele, DNASE1*6, of human deoxyribonucleaseⅠpolymorphism encodes an Arg to Cys substitution responsible for its instability
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, S.Kogure, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 260(1) 280-283 1999年06月 査読有り
  • Structural requirement of a human deoxyribonucleaseⅡfor the development of the active enzyme form, revealed by site-directed mutagenesis
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, T.Nakajima, O.Hosomi, Y.Nakashima, S.Mori, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 256(3) 591-594 1999年03月 査読有り
  • DeoxyribonucleaseⅠphenotyping from saliva stains
    R.Iida, K.Sawazaki, T.Yasuda, E.Tsubota, M.Aoyama, T.Matsuki, K.Kishi
    J. Forensic Sci. 44(1) 175-178 1999年01月 査読有り
  • A new allele DNASE 1*6, of human deoxyribonuclease I polymorphism encodes an Arg to Cys substitution responsible for its instability(jointly worked)
    R.Iida
    Bicochemical and Biophysical Research Commumications 260(1) 280-283 1999年
  • Structural requirenent of a human deoxyribonuclease II for the development of the active enzyme form, revealed by site-directed mutagenesis(jointly worked)
    R.Iida
    Biochemical and Biophysical Research Communications 256(3) 591-594 1999年
  • Deoxyribonuclease I phenotyping from saliva stains(jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Forensic Sciences 44(1) 175-178 1999年
  • Identification of the three non-identical subunits constituting human deoxyribonucleaseⅡ
    H.Takeshita, T.Yasuda, R.Iida, T.Nakajima, O.Hosomi, Y.Nakashima, S.Mori, H.Nomoto, K.Kishi
    FEBS Lett. 440(42006) 239-242 1998年11月 査読有り
  • Structure and organization of the human deoxyriboculeaseⅡ(DNaseⅡ) gene
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, S.Tsutsumi, T.Nakajima, O.Hosomi, Y.Nakashima, S.Mori, K.Kishi
    Ann. Hum. Genet. 62(4) 299-305 1998年07月 査読有り
  • Chromosomal localization of a human deoxyribonuclease Ⅱgene(DNASE2) to 19p13.2-p13.1 using both the polymerase chain reaction and in situ hybridization analysis
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, T.Nakajima, O.Hosomi, Y.Nakashima, K.Mogi, K.Kishi
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 244(3) 815-818 1998年03月 査読有り
  • Detection of isoenzymes of deoxyribonucleasesⅠand Ⅱon electrophoresed gels with picogram sensitivity using SYBR GreenⅠ
    R.Iida, T.Yasuda, E.Tenjo, Y.Nakashima, K.Sawazaki, M.Aoyama, T.Matsuki, K.Kishi
    Electrophoresis 19(14) 2416-2418 1998年01月 査読有り
  • Molecular cloning of the cDNA encoding human deoxyribonucleaseⅡ
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, T.Nakajima, O.Hosomi, Y.Nakashima, K.Kishi
    J. Biol. Chem. 273(5) 2610-2616 1998年01月 査読有り
  • Identification of the three non-identical subunits constituting human deoxyribonuclease II(jointly worked)
    R.Iida
    FEBS Letters 440(42006) 239-242 1998年
  • Detection of isozymes of deoxyribonuclease I and II on electrophoresed gels with picogram sensitivity using SYBR Green I(jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 19(14) 2416-2418 1998年
  • Structure and organization of the human deoxyribonuclease II(DNASE II)gene(jointly worked)
    R.Iida
    Annals of Human Genetics 62(4) 299-305 1998年
  • Chromosomal localization of a human deoxyribonuclease II gene(DNASE2)to 19p13.2-p13.1 using both the polymerase chain reaction and fluorescence in situ hybridization analysis(jointly worked)
    R.Iida
    Biochemical and Biophysical Research Communications 244(3) 815-818 1998年
  • Molecular cloning of the cDNA encoding human deoxyribonuclease II(jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Biological Chemistry 273(5) 2610-2616 1998年
  • Population studies of human deoxyribonucleaseⅠpolymorphism
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, I.Yuasa, K.Kishi
    Hum. Hered. 47(3) 121-124 1997年05月 査読有り
  • The fifth allele of the human deoxyribonuclease Ⅰ(DNaseⅠ) polymorphism
    R.Iida, T.Yasuda, M.Aoyama, E.Tsubota, M.Kobayashi, I.Yuasa, T.Matsuki, K.Kishi
    Electrophoresis 18(11) 1936-1939 1997年01月 査読有り
  • Anthropological applications of genetic polymorphisms detected in human urine: a review of Japanese studies
    T.Yasuda, D.Nadano, H.Takeshita, R.Iida, K.Kishi
    Rivista di Antropologia 75 145-155 1997年 査読有り
  • The fifth allele of the human deoxyribonuclease I(DNase I) polymorphism(jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 18(11) 1936-1939 1997年
  • Dys 19 marker in Japanese populations(jointly worked)
    R.Iida
    International Journal of Legal Medicine 110(2) 112-113 1997年
  • Anthropolpgical applications of genetic polymorphisms detected in human urine : a (jointly worked)
    R.Iida
    Rivista di Antropologia 75 145-155 1997年
  • Population studies of human deoxyribonuclease I polymorphism (jointly worked)
    R.Iida
    Human Heredity 47(3) 121-124 1997年
  • A new individualization marker of sweat: deoxyribonucleaseⅠ(DNaseⅠ) polymorphism
    T.Yasuda, H.Takeshita, K.Sawazaki, D.Nadano, R.Iida, S.Miyahara, K.Kishi
    J.Forensic.Sci. 41(5) 862-864 1996年09月 査読有り
  • Successful deoxyribonuclease Ⅰ(DNaseⅠ) phenotyping from a small piece of used sock
    T.Yasuda, H.Takeshita, K.Sawazaki, R.Iida, K.Kishi
    Electrophoresis 17(7) 1253-1256 1996年07月 査読有り
  • Alpha-2-HS-glycoprotein (AHSG) polymorphism in semen and saliva
    T.Yasuda, H.Takeshita, E.Tsubota, K.Sawazaki, R.Iida, D.Nadano, K.Kishi
    Electrophoresis 17(4) 793-796 1996年04月 査読有り
  • ヒトの核酸分解酵素DNaseⅠの診断や治療への応用
    安田 年博, 岸 紘一郎, 灘野 大太, 竹下 治男, 飯田 礼子
    持田記念医学薬学振興財団第12回研究助成研究報告書 12 42135 1996年04月 査読無し
  • Identification of the nucleotide substitution that generates the fourth polymorphic site in human deoxyribonucleaseⅠ(DNaseⅠ)
    R.Iida, T.Yasuda, H.Takeshita, I.Yuasa, T.Nakajima, K.Kishi
    Hum. Genet. 98(4) 415-418 1996年01月 査読有り
  • Identification of the nucleotide substitution that generates the fourth polymorphic site in human deoxyribonuclease I (DNase I) (jointly worked)
    R.Iida
    Human Genetics 98(4) 419-421 1996年
  • Successful deoxyribonuclease I(DNase I) phenotyping from a small pieces of used sock (jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 17(7) 1253-1256 1996年
  • A new individualization marker of sweat : deoxyribonuclease I(DNase I) polymorphism (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Forensic Science 41(5) 862-864 1996年
  • Alpha-2-HS-glycoprotein(AHSG) polymorphism in semen and saliva (jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 17(4) 793-796 1996年
  • Deoxyribonuclease Ⅰfrom rat urine: affinity purification, characteraization, and immunological studies
    H.Takeshita, T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, K.Kishi
    J.Biochem. 118(5) 932-938 1995年11月 査読有り
  • Chromosomal assignment of the human deoxyribonuclease Ⅰgene, DNASE1(DNL1), to band 16p13.3 using the polymerase chain reaction
    T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, H.Takeshita, S.A.Lane, D.F.Callen, K.Kishi
    Cytogenet. Cell Genet. 70(42038) 221-223 1995年07月 査読有り
  • Correlation of alpha-1-antitrypsin (PI) polymorphism between blood and semen
    K.Sawazaki, H.Takeshita, E.Tenjo, D.Nadano, T.Yasuda, R.Iida, K.Kishi
    Jpn. J. Legal Med. 49(2) 65-69 1995年04月 査読有り
  • ヒトのペプシノーゲンの遺伝に関する研究
    安田 年博, 岸 紘一郎, 水田 啓子, 飯田 礼子, 澤崎 一三
    金原一郎記念医学医療財団助成研究報告書 1 31 1995年04月 査読無し
  • DNaseⅠのアイソザイム
    岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子, 灘野 大太, 竹下 治男
    日本臨床:広範囲血液・尿化学検査、免疫学的検査(上巻) 53(Suppl.) 450-453 1995年03月 査読有り
  • DNaseIのアイソザイム (共著)
    飯田 礼子
    日本臨床(増補、広範囲血液・尿化学検査、免疫学的検査) 53 450-453 1995年
  • Deoxyribonuclease I from rat urine : Affinity purification, characterization, and immunological studies (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Biochemistry 118(5) 932-938 1995年
  • Chromosomal assignment of the human deoxyribonuclease I gene, DNASE1(DNL1), to band 16p13.3 using the polymerase chain reaction (jointly worked)
    R.Iida
    Cytogenetics and Cell Genetics 70(42038) 221-223 1995年
  • Correlation of alpha-1-antitrypsin(PI) polymorphism between blood and semen (jointly worked)
    R.Iida
    Japanese Journal of Legal Medicine 49 65-69 1995年
  • 交通事故車両の特定に関する法医血清学的研究ー高速液体クロマトグラフィーを利用したKm型の高感度判定法の開発
    岸 紘一郎, 飯田 礼子, 安田 年博, 灘野 大太, 竹下 治男
    佐川交通社会財団平成4年度交通安全調査研究振興助成研究報告書 9 139-147 1994年11月 査読無し
  • Genetically polymorphic α-L-fucosidase (FUCA1) isozymes detected in blood plasma
    H.Takeshita, T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, M.Nakanaga, D.Tenjo, K.Sawazaki, K.Kishi
    Hum. Genet. 94(3) 224-230 1994年09月 査読有り
  • Detection of deoxyribonucleases Ⅰand Ⅱ(DNase Ⅰand Ⅱ) activities in reproductive organs of male rabbits
    H.Takeshita, T.Yasuda, D.Nadano, E.Tenjo, K.Sawazaki, R.Iida, K.Kishi
    Int. J. Biochem. Cell Biol. 26(8) 1025-1031 1994年04月 査読有り
  • Genetically polymorphic α-L-fucosidase(FUCA I) isozymes detected in blood plasma (jointly worked)
    R.Iida
    Human Genetics 94(3) 224-230 1994年
  • Detection of deoxyribonuclease I and II(DNases I and II) activities in reproductive organs of male rabbits (jointly worked)
    R.Iida
    International Journal of Biochemistry 26 1025-1031 1994年
  • Kappa marker typing with high-performance liquid chromatography: identification of kappa marker specific to tryptic peptide from the kappa light chain of immunoglobulin G
    R.Iida, T.Yasuda, D.Nadano, H.Takehista, K.Kishi
    J.Chromatogr. 622(1) 42259 1993年12月 査読有り
  • 轢き逃げ車両の特定に関する法医血清学的研究ー免疫ブロット増感法を用いたGC型の高感度検出法の開発
    岸 紘一郎, 飯田 礼子, 安田 年博, 灘野 大太, 竹下 治男
    佐川交通社会財団平成3年度交通安全調査研究振興助成研究報告書 8 112-118 1993年11月 査読無し
  • Deoxyribonuclease Ⅰ(DNaseⅠ) typing from semen stains: low enzyme activity in vaginal fluids does not interfere with seminal DNase Ⅰtyping from mixture stains
    K.Sawazaki, T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, H.Takeshita, K.Uchida, K.Kishi
    J. Forensic Sci. 38(5) 1051-1062 1993年09月 査読有り
  • 加齢と年齢推定
    岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子
    治療 75(6) 1683-1687 1993年06月 査読有り
  • 法医学点描(9) 加齢と年齢推定 (共著)
    飯田 礼子
    治療 75(6) 1683-1687 1993年
  • Kappa marker typing with high-performance liquid chromatography : Identification of kappa marker specific typtic peptide from the kappa light chain of immunoglobulin G (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Chromatodraphy 622 42259 1993年
  • Salivary deoxyribonuclease I polymorphism separated by polyacrylamide gel-isoelectric focusing and detected by the dried agarose film overlay method (jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 14 1042-1044 1993年
  • Deoxyribonuclease I(DNase I) typing from semen stains : Low enzyme activity in vaginal fluids does not interfere with seminal DNase I typing from mixture stains (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Forensic Science 38 1051-1062 1993年
  • Transferrin (TF) typing from semen stains using isoelectric focusing and immunoblotting: correlation of TF types among blood, semen, urine and vaginal secretion
    K.Sawazaki, T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, K.Kishi
    J. Forensic Sci. 37(6) 1514-1524 1992年11月 査読有り
  • A new individualization marker of semen: deoxyribonuclease Ⅰ(DNase Ⅰ) polymorphism
    K.Sawazaki, T.Yasuda, D.Nadano, E.Tenjo, R.Iida, H.Takeshita, K.Kishi
    Forensic Sci. Int. 57(1) 39-44 1992年11月 査読有り
  • Discovery of a genetic polymorphism of human protein C inhibitor: genetic survey utilizing isoelectric focusing followed by immunoblotting, immunological and biochemical characterization
    T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, Y.Tanaka, M.Nakanaga, K.Kishi
    Hum. Genet. 89(3) 265-269 1992年05月 査読有り
  • Transferrin(TF) subtyping from semen stains using isoelectric focusing and immunoblotting : Correlation of TF types among blood, semen urine and vaginal secretion (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Forensic Science 37 1514-1524 1992年
  • A new individualization marker of semen : deoxyribonuclease I(DNase I) polymorphism (jointly worked)
    R.Iida
    Forensic Science International 57 39-44 1992年
  • Discovery of a genetic polymorphism of human plasma protein C inhibitor(PCI) : Genetic survey utilizing isoelectric focusing followed by immunoblotting, immunological and biochemical characterization (jointly worked)
    R.Iida
    Human Genetics 89 265-269 1992年
  • Transferrin subtyping of bloodstains and semen using isoelectric focusing and immunoblotting
    T.Yamaba, K.Sawazaki, T.Yasuda, D.Nadano, R.Iida, K.Kishi
    Forensic Sci. Int. 50(2) 187-194 1991年09月 査読有り
  • Genetic polymorphism of human glutamate-oxaloacetate transaminase (GOT1) detected using isoelectric focusing and a sensitive staining method
    M.Nakanaga, D.Nadano, T.Yasuda, E.Tenjo, K.Sawazaki, R.Iida, N.Fujiki, K.Kishi
    Int. J. Legal Med. 104(5) 121-122 1991年07月 査読有り
  • Transferrin subtyping of bloodstains and semen using isoelectric focusing and immunoblotting (jointly worked)
    R.Iida
    Forensic Science International 50 187-194 1991年
  • Genetic polymorphism of human glutamate oxaloacetate transaminase(GOT1) detected using isoelectric focusing and a sensitive and positive staining method (jointly worked)
    R.Iida
    International Journal oif Legal Medicine 140 121-122 1991年
  • Human genetically polymorphic deoxyribonuclease: purification, characterization and multiplicity of urine deoxyribonuclease Ⅰ
    T.Yasuda, S.Awazu, W.Sato, R.Iida, Y.Tanaka, K.Kishi
    J. Biochem. 108(3) 393-398 1990年09月 査読有り
  • GC polymorphism detected in human urine by isoelectric focusing and immunoblotting
    R.Iida, K.Sawazaki, Y.Ikehara, T.Yasuda, K.Mizuta, K.Kishi
    Forensic Sci. Int. 47(1) 71-77 1990年08月 査読有り
  • Human serum deoxyribonuclease Ⅰ(DNaseⅠ) polymorphism: pattern similarities among isozymes from serum, urine, kidney, liver and pancreas
    K.Kishi, T.Yasuda, Y.Ikehara, K.Sawazaki, W.Sato, R.Iida
    Am. J. Hum. Genet. 47(1) 121-126 1990年07月 査読有り
  • Intensification of peroxidase-diaminobenzidine staining using gold-sulfide-silver: a rapid and highly sensitive method for visualization in immunoblotting
    R.Iida, T.Yasuda, D.Nadano, K.Kishi
    Electrophoresis 11(10) 852-855 1990年01月 査読有り
  • Intensification of peroxidase-diaminobenzidine staining using gold-sulfide-silver : A rapid and highly sensitive method for visualization in immunoblotting (jointly worked)
    R.Iida
    Electrophoresis 11 852-855 1990年
  • Human genetically polymorphic deoxyribonuclease : Purification, chracterization and multipulicity of urine deoxyribonuclease I(jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Biochemistry 108 393-398 1990年
  • GC polymorphism detected in human urine by isoelectric focusing and immunoblotting (jointly worked)
    R.Iida
    Forensic Science International 47 71-77 1990年
  • Human serum deoxyribonuclease I(DNase I)polymorphism : Pattern similalities among isozymes from semen, urine, kidney, liver and pancreas (jointly worked)
    R.Iida
    American Journal of Human Genetics 47 121-126 1990年
  • ヒト尿中の遺伝標識に関する法医学的研究
    岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子
    昭和62年度文部省科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 1-106 1988年03月 査読無し
  • Purification of a young age-related glycoprotein (Ugl-Y) from mormal human urine
    R.Iida, T.Yasuda, K.Kishi
    J. Biochem. 101(2) 357-363 1987年02月 査読有り
  • Purification of a young age-related glycoprotein(Ugl-Y) from normal human urine (jointly worked)
    R.Iida
    Journal of Biochemistry 101 357-363 1987年
  • Common antigen detected in urine from healthy men, women and girls
    R.Iida, T.Yasuda, K.Kishi
    Jpn. J. Legal Med. 40(6) 770-773 1986年12月 査読有り
  • Common antigen detected in urine from healthy men, women and girls (jointly worked)
    R.Iida
    Japanese Journal of Legal Medicine 40 770-773 1986年
  • Glutamate-pyruvate transaminase (GPT) polymorphism detected in human urine by isoelectric focusing
    K.Kishi, T.Yasuda, R.Iida
    Proc. Japan Acad. 61B(10) 273-276 1985年01月 査読有り
  • Glutamate-pyruvate transaminase(GPT) polymorphism detected in human urine by isoelectric focusing (jointly worked)
    R.Iida
    Proceeding of Japan Academy 61B 490-493 1985年
  • ハト糞中のP1様血液型物質の免疫学的研究 (共著)
    飯田 礼子
    科警研報告 37 241-244 1984年
  • Specific antibody to the urine samples of human abult males (jointly worked)
    R.Iida
    Proceeding of Japan Academy 60B 269-272 1984年
  • MN式血液型抗体精製のための免疫吸着体 (共著)
    飯田 礼子
    日法医誌 37 88-94 1983年
  • 尋常性乾癬など不全角化病変のリスクファクターとなるDNase I-like 2遺伝子におけるfunctional SNPsの同定
    藤原純子、木村かおり、竹下治男、飯田礼子、尾山徳孝、知野剛直、長谷川稔、植木美鈴、安田年博
    DNA多型 24(1) 208-213 2016年09月 査読有り
  • Simple screening method for copy number variations associated with physical features
    M. Ueki,H. Takeshita, J. Fujihara, R. Iida, T. Yasuda
    Legal Med 25 71-74 2017年03月 査読有り
    R. Iida
  • Functional single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the genes encoding the human deoxyribonuclease (DNase) family potentially relevant to autoimmunity
    M. Ueki, J. Fujihara, K. Kimura, R. Iida, H. Takeshita, T. Yasuda
    Immunol Invest 45(5) 406-419 2016年07月 査読有り
  • Identification of interacting partners of human Mpv17-like protein with a mitigating effect of mitochondrial dysfunction through mtDNA damage
    R. Iida, M. Ueki, T. Yasuda
    Free Rad Biol Med 87(1) 336-345 2015年10月 査読有り
    R. Iida
  • 自己免疫疾患関連DNase I遺伝子におけるfunctional SNPs;遺伝的リスクファクターの検索
    藤原純子、木村かおり、竹下治男、飯田礼子、河合康幸、植木美鈴、安田年博
    DNA多型 23(1) 185-190 2015年07月 査読有り
  • Global analysis of genetic variations in a 56-bp variable number of tandem repeat polymorphisms within the human deoxyribonuclease I gene
    J. Fujihara, T.Yasuda, R. Iida, M.Ueki, R.Sano, Y.Kominato, K.Kimura, H.Takeshita
    Leg Med 17(4) 283-286 2015年07月 査読有り
  • Identification of functional SNPs potentially served as a genetic risk factor for the pathogenesis of parakeratosis in the gene encoding human deoxyribonuclease I-like 2 (DNase 1L2) implicated in terminal differentiation of keratinocytes
    M.Ueki, K.Kimura, J.Fujihara, H.Takeshita, R.Iida, T.Yasuda
    Gene 561(1) 15-22 2015年04月 査読有り
  • Identification of the Functional Alleles of the Nonsynonymous Single-Nucleotide Polymorphisms Potentially Implicated in Autoimmunity in the Human Deoxyribonuclease I Gene
    M.Ueki, K.Kataoka, J.Fujihara, H.Takeshita, R. Iida, Y.Kawai, T.Yasuda
    DNA Cell Biol 33(8) 492-502 2014年08月 査読有り
  • DNase I-like 2遺伝子の非同義置換型SNPは尋常性乾癬など不全角化病変のリスクファクターである
    藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    DNA多型 22(1) 187-191 2014年07月 査読無し
  • Evaluation of All Non-Synonymous Single Nucleotide Polymorphisms (SNPs) in the Gene Encoding Human Deoxyribonuclease I-like 1, Possibly Implicated in the Blocking of Endocytosis-Mediated Foreign Gene Transfer
    M.Ueki, K.Kimura, J.Fujihara, H.Takeshita, R. Iida, T.Yasuda
    DNA Cell Biol 33(2) 79-87 2014年02月 査読有り
  • Evaluation of all non-synonymous single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the genes encoding human deoxyribonuclease I and I-like 3 as a functional SNP potentially implicated in autoimmunity
    M.Ueki, K.Kimura, H.Takeshita, J.Fujihara, R.Iida, R.Sano, T.Nakajima, Y.Kiominato, Y.Kawai, T.Yasuda
    FEBS J 281(1) 376-390 2014年01月 査読有り
  • Survey of Single-Nucleotide Polymorphisms in the Gene Encoding Human Deoxyribonuclease I-like 2 Producing Loss of Function Potentially Implicated in the Pathogenesis of Parakeratosis
    M. Ueki, H.Takeshita, N.Utsunomiya, T. Chino, N. Oyama, M. Hasegawa, K.i Kimura-Kataoka, J. ujihara, R. Iida, T. Yasuda
    PLoS ONE 12(4) e0175083 2017年04月 査読有り
  • Evaluation of the functional effects of genetic variants‒missense and nonsense SNPs, indels and copy number variations‒in the gene encoding human deoxyribonuclease I potentially implicated in autoimmunity
    Misuzu Ueki, Kaori Kimura-Kataoka, Junko Fujihara, Reiko Iida, Yasuyuki Kawai, Akari Kusaka, Takamitsu Sasaki, Haruo Takeshita, Toshihiro Yasuda
    Sci. Rep. 2019年09月 査読有り
  • Low genetic heterogeneity of copy number variations (CNVs) in the genes encoding the human deoxyribonucleases 1-like 3 and II potentially relevant to autoimmunity.
    M. Ueki, J. Fujihara, K. Kimura, H. Takeshita, R. Iida, T. Yasuda.
    PLOS ONE 14(4) e0215479 2019年04月 査読有り

著書

  • 法医血清学的検査法マニュアル
    岸 紘一郎, 安田 年博, 水田 啓子, 飯田 礼子
    執筆、編集
    血液型検査
    金原出版 1990年04月
  • Proceedings of The First International Symposium: Advances in Legal Medicine
    R.Iida, T.Yasuda, D.Nadano, K.Kishi
    執筆、編集
    Intensification of peroxidase-diaminobenzidine staining using gold-sulfide-silver: a simple and highly sensitive detection method for immunoblotting
    Tanaka Shobundo Graphic Art 1991年07月
  • Advances in Research on DNA Polymorphism
    R.Iida, T.Yasuda, T.Nakajima, T.Matsuki, K.Kishi
    執筆、編集
    Molecular analysis of the fourth polymorphic site in human deoxyribonuclease Ⅰ(DNaseⅠ)
    Toyoshoten 1997年05月
  • Advances in Research on DNA Polymorphism
    T.Yasuda, H.Takeshita, R.Iida, K.Kishi
    執筆、編集
    The molecular basis for genetic polymorphism of human deoxyribonuclease Ⅰ
    Toyoshoten 1997年05月
  • DNA多型(5巻)
    飯田 礼子, 青山 正洋, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    PCR-SSCP法によってヒトdeoxyribonuclease Ⅰ遺伝子の第7イントロン内に検出される新しい多型部位
    東洋書店 1997年07月
  • DNA多型(6巻)
    飯田 礼子, 青山 正洋, 松木 孝澄, 安田 年博
    執筆、編集
    PCR-SSCP法によって検出されたヒトdeoxyribonucleaseⅠ遺伝子内の新規なミスセンス変異
    東洋書店 1998年07月
  • 6th Indo Pacific Congress on Legal Medicine and Forensic Sciences
    Aoyama M, Matsuki T, Iida R
    執筆、編集
    Drugs in Medical Mishaps - A Statistical Study of the Past 20 Years in Japan
    Organizing Commitee of the 6th Indo Pacific Congress on Legal Medicine and Forensic Sciences 1999年02月
  • DNA多型(8巻)
    飯田 礼子, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    編集
    年齢依存性発現を示すマウス腎の新規遺伝子検索
    東洋書店 2000年06月
  • DNA多型(9巻)
    飯田 礼子
    編集
    マウス腎の年齢依存性発現遺伝子
    東洋書店 2001年
  • DNA多型(9巻)
    飯田 礼子
    編集
    DXS10011によって否定された擬父死亡例の親子鑑定
    東洋書店 2001年
  • DNA多型(10巻)
    飯田 礼子
    編集
    Y染色体上の新規多型性STR5種の同定とハプロタイプ解析
    東洋書店 2002年
  • DNA多型(10巻)
    飯田 礼子
    編集
    脊椎動物DNase Iの分子進化: 両生類DNase IはユニークなC末端延長領域をもつ
    東洋書店 2002年
  • DNA多型(10巻)
    飯田 礼子
    編集
    Yfm1: ヒトY染色体上の新しいマルチコピー多型マーカー
    東洋書店 2002年
  • DNA多型(10巻)
    飯田 礼子, 坪田 悦子, 増山 みか, 高塚 尚和, 松木 孝澄, 安田 年博, 澤崎 一三, 山場 智一, 小形 泰宏, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    Y染色体上の新規多型性STR5種の同定とハプロタイプ解析
     2002年06月
  • Progress in Forensic Genetics 9 (International Congress Series 1239)
    Matsuki T, Sawazaki K, Tsubota E, Iida R
    執筆、編集
    DXS10011: a hypervariable TTTC/GAAA repeat marker on human chromosome Xq27-q28
    Elsevier 2003年01月
  • DNA多型(11巻)
    中島 たみ子, 竹下 治男, 茂木 康一, 金古 康, 岸 紘一郎, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子
    執筆、編集
    ヒトDNase IIの多型はプロモーター領域のSNP (A-75G) によって発生した
    東洋書店 2003年06月
  • DNA多型(11巻)
    飯田 礼子, 高塚 尚和, 坪田 悦子, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    マウス腎年齢依存性発現分子M-LPの細胞内局在と生理的機能
    東洋書店 2003年06月
  • DNA多型 vol. 11
    澤崎一三, 松木孝澄, 坪田悦子, 飯田礼子, 高塚尚和, 増山みか, 山場智一
    執筆、編集
    DXS10011型変異型3例の構造
    東洋書店 2003年06月
  • DNA多型(12巻)
    金古 康, 中島 たみ子, 岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男
    執筆、編集
    イヌDNase Iの精製と遺伝子クローニング
    東洋書店 2004年06月
  • DNA多型(12巻)
    坪田 悦子, 飯田 礼子, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    マウス脳の年齢依存性発現遺伝子
    東洋書店 2004年06月
  • DNA多型(12巻)
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 河合 康幸, 竹下 治男, 金古 康, 中島 たみ子, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    ヒトDNase Iの遺伝子内に見出されたSNPと疾患との相関の検索
    東洋書店 2004年06月
  • DNA多型(13巻)
    小形 泰宏, 山場  智一, 澤崎 一三, 飯田 礼子, 坪田 悦子, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    編集
    Y染色体上のSTR5座位 (DYS441, DYS442, DYS443, DYS444, DYS445) 同時検出法の法科学的実務への応用
    東洋書店 2005年05月
  • DNA多型(13巻)
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 河合 康幸, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    ヒトdeoxyribonuclease Iの遺伝子における新規なVNTR多型
    東洋書店 2005年05月
  • DNA多型(14巻)
    飯田 礼子, 坪田 悦子, 高塚 尚和, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    マウスの年齢依存性発現分子,M-LP,の細胞質局在型イソフォーム
    東洋書店 2006年05月
  • DNA多型(14巻)
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 河合 康幸, 小湊 慶彦, 中島 たみ子, 岸 紘一郎
    執筆、編集
    ヒトDNaseIの分子多様性と心疾患
     2006年05月

講演・口頭発表等

  • ミトコンドリアDNA維持におけるMpv17-like proteinの役割
    飯田 礼子、安田 年博、植木 美鈴、竹下 治男
    第41回日本分子生物学会年会 2018年11月 選考有り
  • Survey of copy number variations (CNVs) associated with body height.
    T. Yasuda, R. Iida, M. Ueki, J. Fujihara, K. Kimura, K. Yamada, H. Takeshita
    24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018年06月
  • 定量的real-time PCRを用いた簡便なCNV解析法の応用―NEDD4L遺伝子
    飯田 礼子、植木 美鈴、竹下 治男、藤原 純子、木村 かおり、安田 年博
    日本DNA多型学会第27回学術集会 2018年12月 選考有り
  • ヒトのMpv17-like proteinはmtDNA損傷によるミトコンドリア機能不全を軽減する
    飯田礼子、安田年博
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月
  • ヒ素のメチル化能に関するXRCC1多型とその頻度の世界比較
    藤原 純子, 竹下 治男, 木村 かおり, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 安田 年博
    日本DNA多型学会第23回学術集会 2014年11月 選考無し 0
  • 自己免疫疾患関連DNase I遺伝子におけるfunctional SNPs;遺伝的リスクファクターの検索
    藤原 純子, 竹下 治男, 木村 かおり, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 安田 年博, 河合 康幸
    日本DNA多型学会第23回学術集会 2014年11月 選考無し 0
  • 多型性DNase I遺伝子におけるfunctional SNPsの同定
    安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男, 木村 かおり, 藤原 純子
    第98次日本法医学会学術全国集会 2014年06月 選考有り 0
  • Genetic and expression analysis of all the nonsynonymous and autoimmunity-related SNPs in the human deoxyribonuclease II gene
    K.Kimura, M.Ueki, Y.Takahashi, Reiko Iida, T.Yasuda, R.Sano, Y.Kominato, T.Nakajima, H.Kato, H.Takeshita
    9th International Symposium on Advances in Legal Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • A case of death in a bathtub from hypothermia even in medsummer
    K.Kimura, J.Fujihara, M.Ueki, T.Yasuda, Reiko Iida, Y.Takahashi, R.Sano, Y.Kominato, H.Takeshita
    9th International Symposium on Advances in Legal Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • DNase I-like 2遺伝子の非同義置換型SNPは尋常性疥癬など不全角化病変ノリスクファクターである
    藤原 純子, 竹下 治男, 木村 かおり, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    日本DNA多型学会第22回学術集会 2013年11月 選考無し 0
  • 転写因子RhitH遺伝子における非同義置換型SNPの遺伝的解析と転写抑制に及ぼす効果
    飯田 礼子, 安田 年博, 竹下 治男
    第86回日本生化学会 2013年09月 選考有り 0
  • LHX3-QSOX2およびIGF1遺伝子多型:日本人身長との関連性と民族差異
    藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 湯浅 勲, 安田 年博, 飯田 礼子, 小湊 慶彦, 長尾 正祟
    第97次日本法医学会学術全国集会 2013年06月 選考有り 0
  • ヒト年齢依存性転写抑制因子RhitHの同定とその転写調節機構
    安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男, 小湊 慶彦
    第97次日本法医学会学術全国集会 2013年06月 選考有り 0
  • Identification of a novel transcriptional repressor, RhitH, involved in expression of human Mpv17-like protein, and its transcriptional regulation by FOXD3 and GABP
    飯田 礼子, 安田 年博
    第85回日本生化学会 2012年12月 選考有り 0
  • 脊椎動物DNase Iの生化学的性状はいくつかのアミノ酸変異により規定される
    藤原 純子, 竹下 治男, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    日本DNA多型学会第21回学術集会 2012年11月 選考無し 0
  • DNase II遺伝子内プロモーター領域のSNPはプロモーター活性低下によって、血清DNase II活性を減少させる
    木村 かおり, 安田 年博, 藤原 純子, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 佐野 利恵, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 加藤 秀章, 竹下 治男
    日本DNA多型学会第21回学術集会 2012年11月 選考無し 0
  • オキシメーター エーボックス4000の使用が法医実務上有用であった一例
    藤原 純子, 竹下 治男, 安田 年博, 飯田 礼子, 木下 博之, 田中 直子, 長谷川 正紀
    第96次日本法医学会学術全国集会 2012年06月 選考有り 0
  • HMGA2遺伝子多型:日本人身長との関連性と民族差異
    安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男, 藤原 純子, 神田 芳郎, 副島 美貴子, 湯浅 勲, 長尾 正祟
    第96次日本法医学会学術全国集会 2012年06月 選考有り 0
  • マイクロチップ電気泳動を用いた高感度迅速簡便な血清DNase I活性定量法の開発の関する研究
    藤原 純子, 竹下 治男, 飯田 礼子, 安田 年博
    第96次日本法医学会学術全国集会 2012年06月 選考有り 0
  • Identification of a novel transcriptional repressor, Rhit, involved in heat-inducible and age-dependent expression of Mpv 17-like protein
    飯田 礼子, 安田 年博
    第84回 日本生化学会大会 2011年09月 選考有り 0
  • 年齢依存性を示す新規なマウス転写抑制因子Rhitの同定
    安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男, 小湊 慶彦
    第95次 日本法医学会学術全国集会 2011年06月 選考有り 0
  • Multiplex single base extension method for simultaneous genotyping of non-sy nonymous SNP in the four human glutathione peroxidase genes
    Reiko Iida, T.Yasuda
    日本分子生物学会・日本生化学会合同大会 2010年12月 選考有り 0
  • DNase II遺伝子に座位する非同義置換型SNPには不活性な酵素を産生するminor alleleが分布する
    藤原 純子, 木村 かおり, 竹下 治男, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 湯浅 勲, 飯田 礼子, 安田 年博, 植木 美鈴
    日本DNA多型学会第19回学術集会 2010年11月 選考無し 0
  • ヒトSOD1、SOD2およびSOD3遺伝子内の非同義置換型SNPの同時解析
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 竹下 治男
    日本DNA多型学会第19回学術集会 2010年11月 選考無し 0
  • Y染色体のハプログループを利用した民族推定法の開発
    室 友紀, 今村 真二, 渡部 有希菜, 中村 博明, 藤原 純子, 飯田 礼子, 安田 年博, 木村 かおり, 湯浅 勲, 副島 美貴子, 神田 芳郎, 竹下 治男
    日本DNA多型学会第19回学術集会 2010年11月 選考無し 0
  • 動物種特異的臓器分布から明らかにされたDNase Iの分子進化
    藤原 純子, 竹下 治男, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 中島 たみ子, 小湊 慶彦
    日本DNA多型学会第19回学術集会 2010年11月 選考無し 0
  • DNase I及びDNase II遺伝子exon内SNP検索:集団調査及び酵素活性に及ぼす変異の影響
    木村かおり, 藤原純子, 竹下治男, 飯田 礼子, 安田 年博, 副島美貴子, 神田芳郎, 加藤秀章
    第94次日本法医学会学術全国集会 2010年06月 選考有り 0
  • 哺乳類DNase IにおけるNーグリコシド型糖鎖解析
    藤原純子, 木村かおり, 竹下治男, 安田 年博, 飯田 礼子, 小湊慶彦, 佐野利恵, 中島たみ子
    第94次日本法医学会学術全国集会 2010年06月 選考有り 0
  • DNase Iの動物種別臓器分布からの分子進化的考察
    大野 怜一郎, 藤原 純子, 植木 美鈴, 高山 公子, 安田 年博, 木村 かおり, 大塚 洋輔, 飯田 礼子, 竹下 治男
    第27回 日本法医学会学術中四国地方集会 2010年01月 選考無し 0
  • DNase Il3遺伝子の非同義置換型SNPにおけるコーカソイド特異的アレルは不活性な酵素を産生する
    藤原 純子, 中島たみ子, 小湊 慶彦, 湯浅 勲, 加藤 秀章, 飯田 礼子, 植木 美鈴, 安田 年博
    第18回日本DNA多型学会学術集会 2009年11月 選考無し 0
  • mtDNA配列による迅速簡便なヤマトシジミの同定および産地判別の検討
    藤原 純子, 竹下 治男, 阿草 哲郎, 藤田 恭久, 中村 幹雄, 細澤 豪志, 植木 美鈴, 飯田 礼子
    第18回日本DNA多型学会学術集会 2009年11月 選考有り 0
  • 低酸素による核酸分解酵素DNASE1遺伝子の発現増加と転写調節
    小湊 慶彦, 佐野 利恵, 中島 たみ子, 田島 裕, 藤原 純子, 竹下 治男, 飯田 礼子, 安田 年博
    第93次日本法医学会総会 2009年05月 選考有り 0
  • RNase superfamily遺伝子における分子多様性:非同義置換型SNP解析
    安田 年博, 飯田 礼子, 藤原 純子, 竹下 治男, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 湯浅 勲
    第93次日本法医学会総会 2009年05月 選考有り 0
  • DNASE1 exon内非同義置換SNP検索
    藤原 純子, 安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 木村 かおり, 高塚 尚和, 神田 芳郎, 副島 美貴子, 加藤 秀昭, 竹下 治男
    第26回日本法医学会学術中国四国地方集会 2009年01月 選考無し 0
  • 法医学的個人識別に有用なCNVのスクリーニング
    飯田礼子、安田年博、植木美鈴、竹下治男、藤原純子、木村かおり
    日本DNA多型学会第25回学術集会 2016年12月 選考有り
  • ザイモサン誘発肉芽腫におけるMyD88の役割
    高塚尚和, 飯田礼子, 増山みか, 山内春夫, 松木孝澄
    第89次日本法医学会総会 2005年04月 選考有り
  • Y染色体のSTR6座位(Yfm1, DYS441, DYS442, DYS443, DYS444, DYS445)の法医学への応用
    松木孝澄, 飯田礼子, 高塚尚和, 増山みか, 澤﨑一三
    第89次日本法医学会総会 2005年04月 選考有り
  • 母には内蔵逆位,子にはRubinstein-Taybi症候群が認められた無理心中の事例
    高塚尚和, 飯田礼子, 坪田悦子, 松木孝澄
    第27回日本法医学会中部地方会 2005年01月 選考有り
  • ABO式血液型遺伝子の転写調節におけるプロモーターの上流に存在するNボックスの役割
    小湊 慶彦, 中島 たみ子, 岸 紘一郎, 安田 年博, 飯田 礼子
    日本DNA多型学会第13回学術集会 2004年12月 選考有り
  • ヒトdeoxyribonuclease I 遺伝子における新規なVNTR多型
    安田 年博, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 中島 たみ子, 小湊 慶彦, 岸 紘一郎
    日本DNA多型学会第13回学術集会 2004年12月 選考有り
  • Y染色体上のSTR5座位 (DYS441, DYS442, DYS443, DYS444, DYS445) 同時検出法の法科学的実務への応用
    小形 泰宏, 山場  智一, 澤崎 一三, 飯田 礼子, 坪田 悦子, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    日本DNA多型学会第13回学術集会 2004年12月 選考有り
  • Impaired hepatic granuloma formation with normal host defense in Myd88-deficient mice
    Takatsuka,H., Yamamoto,S., Iho,S., Osawa,Y., Iida,R., Tsubota,E., Yamanouchi,H., Hemmi,H., Akira,S., Matsuki,T.
    8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society 2004年11月 選考有り
  • マウス腎新規タンパク質M-LPの局在および生理的機能の解析
    飯田 礼子, 安田 年博, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 岸 紘一郎
    第88次日本法医学会総会 2004年06月 選考有り
  • マウス腎年齢依存性発現分子M-LPの細胞内局在の生理的機能
    飯田礼子
    法医病理シンポジウム2004 2004年03月
  • Subcellular localization and physiological function of M-LP, the age-dependently expressed molecule in mouse kidney
    R.Iida, T.Matsuki, T.Yasuda
    日本生化学会第77回大会 2004年01月 選考有り
  • マウス脳の年齢依存性発現遺伝子
    坪田 悦子, 飯田 礼子, 高塚 尚和, 増山 みか, 松木 孝澄, 安田 年博, 岸 紘一郎
    日本DNA多型学会第12回学術集会 2003年12月 選考有り
  • イヌDNase I の精製と遺伝子クローニング
    金古 康, 竹下 治男, 茂木 康一, 中島 たみ子, 安田 年博, 飯田 礼子, 岸 紘一郎
    日本DNA多型学会第12回学術集会 2003年12月 選考有り
  • ヒトDNase I の遺伝子内に見出されたSNPと疾患との相関の検索
    安田 年博, 竹下 治男, 中島 たみ子, 茂木 康一, 金古 康, 植木 美鈴, 河合 康幸, 飯田 礼子, 岸 紘一郎
    日本DNA多型学会第12回学術集会 2003年12月 選考有り
  • CpG-DNA-induced IFN-? production involves P38 MAPK-dependent STAT1 phosphorylation in human dedritic cell precursors
    Takauji, R., Iho, S., Takatsuka, H., Yamamoto, S., Takahashi, T., Kitagawa, H., Iwasaki, H., Iida, R., Yokochi, T., Matsuki, T.
    US-JAPAN Cooperative Medical Science Program Thirty-Eighth Tuberculosis and Leprosy Research Conference 2003年07月
  • BCG誘発肉芽腫におけるMyD88の役割
    高塚尚和, 飯田礼子, 増山みか, 山内春夫, 松木孝澄
    第87次日本法医学会総会 2003年04月 選考有り
  • リアルタイムPCR法によるミトコンドリアDNA定量法の開発
    増山みか, 飯田礼子, 高塚尚和, 松木孝澄
    第87次日本法医学会総会 2003年04月 選考有り
  • Y染色体上の新規DNA多型マーカーの開発と応用
    飯田礼子
    第87次日本法医学会総会.法医学研究の新しい展開 2003年04月
  • DXS10011型の変異型3例
    澤崎一三, 松木孝澄, 飯田礼子, 高塚尚和, 増山みか
    第87次日本法医学会総会 2003年04月 選考有り
  • トランク内で発見された男性の死因について
    高塚尚和, 飯田礼子, 坪田悦子, 増山みか, 山内春夫, 松木孝澄
    第25回日本法医学会中部地方会 2003年01月
  • BCG誘発肉芽腫におけるMyD88の機能―第2報―
    高塚尚和, 飯田礼子, 増山みか, 山内春夫, 松木孝澄
    第88次日本法医学会総会 2004年
  • マウス腎年齢依存性発現分子M-LPの細胞内局在と生理的機能の解析
    飯田 礼子, 安田 年博, 松木 孝澄
    第77回日本生化学会大会 2004年 選考有り
  • 悪性症候群が考えられた一例
    高塚尚和, 松村繁樹, 飯田礼子, 坪田悦子, 増山みか, 山内春夫, 松木孝澄
    第26回日本法医学会中部地方会 2004年
  • 尋常性乾癬など不全角化病変のリスクファクターとなるDNase I-like 2遺伝子におけるfunctional SNPsの同定
    藤原純子、竹下治男、木村かおり、植木美鈴、飯田礼子、安田年博、倉田さつき
    日本DNA多型学会第24回学術集会 2015年11月 選考有り
  • 酸化亜鉛ナノ粒子の静脈投与後の毒性検査
    藤原純子、木村かおり、竹下治男、飯田礼子、安田年博、佐野理恵、小湊慶彦
    第99次日本法医学会学術全国集会 2015年06月 選考有り
  • ヒト年齢依存性生体分子M-LPの機能解析
    安田年博、飯田礼子、植木美鈴、竹下治男、小湊義彦
    第100次日本法医学会学術全国集会 2016年06月 選考有り
  • 自己免疫疾患関連DNase I遺伝子におけるfunctional SNPs;遺伝的リスクファクターの検索
    藤原 純子, 竹下 治男, 木村 かおり, 植木 美鈴, 飯田 礼子, 安田 年博, 河合 康幸
    日本DNA多型学会第23回学術集会 2014年11月 選考有り
  • 多型性DNase I遺伝子におけるfunctional SNPsの同定
    安田 年博, 飯田 礼子, 竹下 治男, 木村 かおり, 藤原 純子
    第98次日本法医学会学術全国集会 2014年06月 選考有り
  • Genetic and expression analysis of all the nonsynonymous and autoimmunity-related SNPs in the human deoxyribonuclease II gene
    K.Kimura, M.Ueki, Y.Takahashi, R. Iida, T.Yasuda, R.Sano, Y.Kominato, T.Nakajima, H.Kato, H.Takeshita
    9th International Symposium on Advances in Legal Medicine 2014年06月 選考有り
  • A case of death in a bathtub from hypothermia even in medsummer
    K.Kimura, J.Fujihara, M.Ueki, T.Yasuda, R. Iida, Y.Takahashi, R.Sano, Y.Kominato, H.Takeshita
    9th International Symposium on Advances in Legal Medicine 2014年06月 選考有り
  • 自己免疫疾患に関与するヒトDNase family遺伝子のfunctional SNPs
    安田年博、飯田礼子、植木美鈴、竹下治男、藤原純子、木村かおり、山田和夫、河合康幸
    第101次日本法医学会学術全国集会 2017年06月 選考有り
  • 心疾患患者の血清中cell-free DNA濃度とDNase I活性の関連
    藤原 純子、瀧波 慶和、竹下 治男、木村 かおり、飯田 礼子、植木 美鈴、安田 年博
    第27回日本DNA多型学会学術集会 2018年12月
  • 死後血中cell-free DNAに関する予備的検討
    藤原 純子、竹下 治男、木村 かおり、飯田 礼子、安田 年博
    第27回日本DNA多型学会学術集会 2018年12月
  • DNase familyの遺伝的多型および酵素活性解析
    木村 かおり、藤原 純子、山田 和夫、飯田 礼子、植木 美鈴、安田 年博、竹下 治男
    第27回日本DNA多型学会学術集会 2018年12月 選考有り
  • Interleukin8-251A>T polymorphism (rs4073) in Japanese populations and its correlation with smoking rates.
    K. Kimura, M. Ueki, T. Yasuda, R. Iida, J. Fujihara, K. Yamada, R. Sano, Y. Kominato, H. Takeshita.
    24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018年06月 選考有り

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    遺伝的多型検査法の開発 飯田 礼子,

受賞

  •  福井大学男女共同参画推進センター 研究者奨励賞(男女共同参画)2015年03月
  •  福井大学医学部 優秀論文賞2013年05月
  •  福井大学医学部 最優秀論文賞2011年09月
  •  福井大学医学部 優秀論文賞2011年05月
  •  福井大学医学部長奨励賞2011年03月
  •  日本DNA多型学会 日本DNA多型学会優秀研究賞2002年01月
  •  第4回日本DNA多型学会優秀研究賞2002年
  •  第3回日本DNA多型学会優秀研究賞2001年
  •  第1回日本DNA多型学会優秀研究賞1999年
  •  国際法医血液遺伝学会優秀研究賞1996年
  •  医学研究推進室 2018年度前期優秀論文賞 Knockout of Mpv17-like Protein (M-LPH) Gene in Human Hepatoma Cells Results in Impairment of mtDNA Integrity through Reduction of TFAM, OGG1, and LIG3 at the Protein Levels.2018年

科学研究費補助金

  • 「身体的特徴推定のためのCNVマルチマーカーシステム」の開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2018年度
  • 年齢及び身体的特徴の推定による法医学的プロファイリング法の開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2018年度
  • 年齢及び身体的特徴の推定による法医学的プロファイリング法の開発基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2014年度
  • 法医学的年齢推定法開発の新しい展開―年齢依存性転写因子からのアプローチ―挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2014年度
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索・同定と法医学的年齢推定への展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2013年度
  • 法医学的年齢推定法開発の新しい展開―年齢依存性転写因子からのアプローチ―挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2013年度
  • 法医学的年齢推定法開発の新しい展開―年齢依存性転写因子からのアプローチ―挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2012年度
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索・同定と法医学的年齢推定への展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2012年度
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索・同定と法医学的年齢推定への展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2011年度
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索・同定と法医学的年齢推定への展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2010年度
  • 年齢依存性発現生体分子の網羅的検索・同定と法医学的年齢推定への展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2009年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2009年度
  • 新しい年齢依存性発現遺伝子の分子生物学的解析と法医学的年齢推定への応用基盤研究(B)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2008年度
  • 血清DNaseⅠを用いた急性心筋梗塞の鑑別診断に関する法医学的研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2008年度
  • 熱中症重症化の病態解析と法医学実務への応用基盤研究(C)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高塚 尚和 2007年度
  • 血清DNaseⅠを用いた急性心筋梗塞の鑑別診断に関する法医学的研究基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2007年度
  • 急性心筋梗塞の超急性期における血液生化学的診断マーカーの開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2007年度
  • 血中DNaseIを利用した心筋梗塞死の鑑別診断法の開発萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:植木 美鈴 2007年度
  • 新しい年齢依存性発現遺伝子の分子生物学的解析と法医学的年齢推定への応用基盤研究(B)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2006年度
  • プロテオーム解析による法医学的年齢推定萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2006年度
  • ゲノミクス・プロテオミクスによる年齢推定に関する法医学的研究基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2006年度
  • 急性心筋梗塞の超急性期における血液生化学的診断マーカーの開発萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2006年度
  • 血中DNaseIを利用した心筋梗塞死の鑑別診断法の開発萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:植木 美鈴 2006年度
  • 新しいDNA多型マーカーの発見と法医学、人類遺伝学への応用基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:松木 孝澄 2005年度
  • ゲノミクス・プロテオミクスによる年齢推定に関する法医学的研究基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2005年度
  • 急性心筋梗塞の超急性期における血液生化学的診断マーカーの開発萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2005年度
  • プロテオーム解析による法医学的年齢推定萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2005年度
  • 血中DNaseIを利用した心筋梗塞死の鑑別診断法の開発萌芽研究
    文部科学省科学研究費補助金
    代表者:植木 美鈴 2005年度
  • 熱中症重症化の病態解析と法医学実務への応用基盤研究(C)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高塚 尚和 2005年度
  • 新しい年齢依存性発現遺伝子の分子生物学的解析と法医学的年齢推定への応用基盤研究(B)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2005年度
  • 新しいDNA多型マーカーの発見と法医学、人類遺伝学への応用基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:松木 孝澄 2004年度
  • ゲノミクス・プロテオミクスによる年齢推定に関する法医学的研究基盤研究(A)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2004年度
  • マウスの年齢依存性発現cDNAの系統的解析基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:飯田 礼子 2003年度
  • ゲノミクス・プロテオミクスによる年齢推定に関する法医学的研究基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2003年度
  • 個人識別マーカーに関する超高感度検出法の開発と実用化基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:安田 年博 2003年度
  • 新しいDNA多型マーカーの発見と法医学,人類遺伝学への応用基盤研究(A)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:松木 孝澄 2003年度
  • 年齢及び身体的特徴の推定による法医学的プロファイリング法の開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2015年度
  • 「身体的特徴推定のためのCNVマルチマーカーシステム」の開発挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2016年度
  • 年齢及び身体的特徴の推定による法医学的プロファイリング法の開発基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:飯田 礼子 2016年度

プロジェクト活動

  • 大和證券ヘルス財団・第32回調査研究助成
    研究期間:2005年  代表者:飯田礼子,
    年齢依存性発現生体分子の網羅的 検索による加齢・老化機序の解明 の研究に関する助成

教育活動情報

担当授業

  • 生命現象の科学 (福井大学)
  • 生命基礎科学(生命科学) (福井大学)
  • 看護学のための生物学入門 (福井大学)
  • 医科学基礎実習 (福井大学)
  • 卒業研究 (福井大学)
  • 生命基礎科学(生命科学) (福井大学)
  • 看護学のための生物学入門 (福井大学)
  • 生命現象の科学Ⅱ(細胞レベル) (福井大学)
  • 生体物質の代謝 (福井大学)
  • 医科学基礎実習 (福井大学)
  • 卒業研究 (福井大学)
  • 生命現象の科学 (福井大学)
  • 生命基礎科学(生命科学) (福井大学)
  • 看護学のための生物学入門 (福井大学)
  • 医科学基礎実習 (福井大学)
  • 卒業研究 (福井大学)
  • 医科学基礎総論 (福井大学)
  • 分子生命医科学特論 (福井大学)
  • 生体分子構造・機能解析論 (福井大学)
  • 病態遺伝生化学特論演習 (福井大学)
  • 医科学基礎総論 (福井大学)
  • 分子生命医科学特論 (福井大学)
  • 分子生命医科学演習 (福井大学)
  • 病態遺伝生化学特論演習 (福井大学)
  • 病態遺伝生化学特論実習 (福井大学)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 福井大助手に助成金 大和証券ヘルス財団2005年01月 日本経済新聞
  • 大和証券財団 老化予防研究を支援 飯田助手に助成金2005年01月 福井新聞
  • 福井大助手に助成金 大和証券ヘルス財団2005年01月 日本経済新聞
  • 大和証券財団 老化予防研究を支援 飯田助手に助成金2005年01月 福井新聞