髙橋 一朗

所属部署名生物応用化学講座
教員組織生物応用化学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 19/07/23 19:02

研究者基本情報

氏名

    髙橋 一朗
    タカハシ イチロウ
    TAKAHASHI Ichiro

所属

  •  生物応用化学講座 准教授

学歴

  • - 1985年東京大学 製薬化学
  • - 1980年東京大学 薬学科

学位

  • 薬学博士

経歴

  • 1986年12月1985-1986 フロリダ大学(米国)化学科 博士研究員 1986-1992 福井大学工学部 助手 1992-1995 福井大学工学部 講師 1995-2007 福井大学工学部 助教授

所属学協会

    有機合成化学協会 その他,近畿化学協会 その他,日本化学会 その他,国際複素環化学協会 一般会員,アメリカ化学会 一般会員,日本薬学会 その他,

研究活動情報

論文

  • Exploration of Moderate Conditions and Substrate Variation in the Direct Condensation between Phthalide and Primary Amine Catalyzed by GaCl3. Are Aliphatic Amines less Reactive than Aromatic ones ?
    I.Takahashi, Y.Nishiwaki, K.Saitoh, T.Matsunaga, A.Aratake, T.Morita, and S.Hosoi,
    Heterocycles 99(1) 222-237 2019年04月 査読有り
  • 夏の日の2017
    高橋一朗
    あすとろん 40 91-93 2017年09月 査読有り
  • Phthalimidine Synthesis via the Direct Condensation between Phthalide and Primary Amine in the Presence of Catalytic Amount of InCl3
    I.Takahashi, T.Matsunaga, Y.Izumi, Y.Sunada, N.Kawakami, Y.Horino, S.Inagaki, K.Saitoh, M.Hatanaka, S.Hosoi
    Letters in Organic Chemistry 14(3) 153-158 2017年04月 査読有り
  • 耳学問目学問のススメ
    髙橋 一朗
    近畿化学工業界 69(1) 17 2017年01月
  • Application of the Mild-Condition Phthalimidine Synthesis with use of 1,2,3-1H-Benzotriazole and 2-Mercaptoethanol as Dual Synthetic Auxiliaries. Effective Synthesis of Phthalimidines Possessing a variety of Substituents at 2-Position
    I.Takahashi, T.Kawakami, E.Hirano, M.Kimino, S. Kamimura, T.Miwa, T.Tamura, R.Tazaki, H.Kitajima, M.Hatanaka, K.Isa, S.Hosoi
    Heterocycles 93(2) 557-571 2016年04月 査読有り
  • Mechanistic Aspects of the Mild-Condition Phthalimidine Synthesis with use of 1,2,3-1H-Benzotriazole and 2-Mercaptoethanol as Dual Synthetic Auxiliaries
    I.Takahashi, T.Kawakami, H.Kitajima, K.Isa, S.Hosoi
    Heterocycles 93(2) 545-556 2016年04月 査読有り
  • 水素結合型錯体検証用キットに関する一工夫
    高橋一朗,酒井翔矢,佑安愛佳,三箇啓介,神谷美里,細井信造
    福井大学大学院工学研究科研究報告 64 15-24 2015年10月 査読無し
  • 触媒活性評価に関する一工夫 -指標としての触媒当たり時間当たり変換率(HCC)の提案-
    高橋一朗,松永崇利,砂田優輝,棚橋克弥,細井信造
    福井大学大学院工学研究科研究報告 64 11-13 2015年10月 査読無し
  • Direct Modification of Tripeptides using Photoinduced Decarboxylative Radical Reactions
    K.Maeda, H.Saito, K.Okasa, K.Nishikawa, M.Sugie, T.Morita, I.Takahashi, Y.Yoshimi
    Tetrahedron 71 1117-1123 2015年01月 査読有り
  • 「頭が良くなる!?囲碁入門こうざ」10周年
    髙橋 一朗
    若越烏鷺春秋-日本棋院福井県支部連合会創立30年記念誌 46-47 2014年11月 査読無し
  • Radical photocyclization route for macrocyclic lactone ring expansion and conversion to macrocyclic lactams and ketones
    K.Nishikawa, Y.Yoshimi, K.Maeda, T.Morita, I.Takahashi, T.Itou, S.Inagaki, M.Hatanaka
    J. Org. Chem. 78 582-589 2013年01月 査読有り
  • Induced circular Dichroism and Conformational Analysis of 2,2'-Binaphthyl Esters Derived from Primary Alcohols Possessing a Stereogenic Center in the beta-Position
    S.Hosoi, T.Tanaka, I.Takahashi, A.Sakushima, Y.Katsumoto
    Letters in Organic Chemistry 6(2) 120-125 2009年03月 査読有り
  • 福井から、へし考(支部だより;近畿支部)
    高橋 一朗
    化学と工業 61(5) 532 2008年05月 査読無し
  • Degradation of bisphenol A using sonochemical reactions
    M.Inoue, Y.Masuda, F.Okada, A.Sakurai, I.Takahashi, M.Sakakibara
    Water Research 42 1379-1386 2008年 査読有り
  • Purification and Properties of Diethyl p-Phthalate Esterase from Ochrobactrum anthoropi 6-2b
    S.Xu, C.Komatsu, I.Takahashi, S.Suye
    Sen-I Gakaki Shi 62(10) 226-231 2006年01月 査読有り
  • Circular dichroism in a chiral amide possessing an achiral binaphthyl chromophore
    S.Hosoi, J.Serata, A.Sakushima, F.Kiuchi, I.Takahashi, T.Ohta
    Letters in Organic Chemistry 3(1) 58-61 2006年01月 査読有り
  • Regression Analysis in the Characterization of Hydrogen-Bonded Complex System involving 2-Pyridone in terms of Melting Points before and after Complexation
    I.Takahashi, M.Takahashi, H.Kitajima, M.Wagi, Y.Takahashi, M.Sabi, A.Hishida, M.Hatanaka, K.Isa, A.Yamano, A.Sakushima, S.Hosoi
    Heterocycles 66 195-199 2005年08月 査読有り
  • Reaction Systems Peripheral to the 1:2 Mannich Condensation Reaction between o-Phthalaldehyde and Primary Amine
    I.Takahashi, K.Nishiuchi, R.Miyamoto, M.Hatanaka, H.Uchida, K.Isa, A.Sakushima, S.Hosoi
    Letters in Organic Chemistry 2(1) 40-43 2005年01月 査読有り
  • 環境問題を視野に入れた化学系の人材養成に関する一工夫(2)。生物応用化学科学生実験「有機定性分析」の光と影。
    高橋 一朗
    福井大学地域環境教育センター研究紀要 11 121-138 2004年11月 査読無し
  • Studies of Isoindoles. 12. A Structural Revision of the 1:2 Mannich Type Condensation Reaction Product formed from o-Phthalaldehyde and Substituted Aniline
    I.Takahashi, R.Miyamoto, K.Nishiuchi, M.Hatanaka, A.Yamano, A.Sakushima, S.Hosoi
    Heterocycles 63(6) 1267-1271 2004年06月 査読有り
  • Crystal Structure of 2,3-Bis(4-methoxycarbonylphenyl)naphthalene-1,4-dione
    I.Takahashi, M.Yamamoto, H.Kitajima, A.Sakushima, S.Hosoi
    Analytical Sciences 20(4-6) x61-x62 2004年06月 査読有り
  • 異見交歓「FDを(to) Foster (the) Dignity(自尊心の涵養)と勝手に読んで納得している工学教育フリークのたわごと」
    高橋 一朗
    福井大学工学部工学研究科FDforum(4) 10 2004年05月 査読無し
  • 1,4-ナフトキノンのMeerweinアリール化によるクレフト型ホスト化合物の構築と溶液1H NMRを用いた優先配座の検討。
    高橋 一朗, 田中 雄詞, 西村 英己, 北嶋 英彦
    低研だより 17 75-78 2004年01月 査読無し
  • Crystal Structure of Diels-Alder Cycloadduct Formed from 1-(1,2,3-1H-Benzotriazol-1-yl)-2-(4-methylphenyl)-2H-isoindole and Dimethyl Acetylenedicarboxylate
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Kitajima, M.Hatanaka, S.Maeda, A.Yamano, T.Ohta, S.Hosoi
    Analytical Sciences 19(6) 973-974 2003年06月 査読有り
  • Capture of Phenolic Endocrine Disruptors with 2-Pyridone
    I.Takahashi, M.Takahashi, H.Kitajima, M.Wagi, Y.Takahashi, M.Sabi, M.Hatanaka, A.Yamano, T.Ohta, S.Hosoi
    Heterocycles 59(2) 517-520 2003年02月 査読有り
  • Crystal Structure of Dissymmetrically Trihydrated N,N’,N”-Tribenzoylmelamine (TBM)
    I.Takahashi, S.Kamimura, M.Hatanaka, H.Kitajima, A.Yamano, T.Ohta, S.Hosoi
    Analytical Sciences 19(5) 807-808 2003年05月 査読有り
  • 環境問題を視野に入れた化学系の人材養成に関する一工夫.平成13年度生物応用化学科創成科目(試行)発表「PETボトルを考える」<教育論文>
    黒川 陽一郎, 斎藤 隆通, 宮島 尚子, 山口 毅, 高橋 一朗
    福井大学地域環境教育センター研究紀要 10 147-152 2003年11月 査読無し
  • Crystal Structure of a Complex between p-Nitrophenol and 2-Pyridone
    I.Takahashi, M.Takahashi, T.Morita, T.Keumi, H.Kitajima, M.Wagi, M.Hatanaka, T.Ohta, S.Hosoi
    Analytical Sciences 18(5) 619-620 2002年05月 査読有り
  • Annulation of 3-[(R)-p-Toluenesulfinyl]-2-oxoprorylidenetriphenylphosphorane with 1,4-Enediones; Highly Enantioselective Synthesis of Cyclopentenones
    Y.Shinohara, T.Kurata, H.Kitano, K.Mastumoto, I.Takahashi, S.Hosoi, T.Ohta, M.Hatanaka
    Synlett(8) 1245-1248 2002年08月 査読有り
  • Crystal Structure of a Complex formed from Triphenylphosphine Oxide and 6-Chloro-2-pyridone
    I.Takahashi, Y.Takahashi, M.Hatanaka, A.Yamano, T.Ohta, S.Hosoi
    Analytical Sciences 18(12) 1407-1408 2002年12月 査読有り
  • Application of the Phthalimidine Synthesis with use of 1,2,3-1H-Benzotriazole and 2-Mercaptoethanol as Dual Synthetic Auxiliaries. 2. Effective Synthesis of Phthalimidines Possessing Bulky Group at 2-Position
    I.Takahashi, T.Kawakami, M.Kimino, E.Hirano, S.Kamimura, T.Tamura, H.Kitajima, M.Hatanaka, H.Uchida, A.Nomura, M.Tanaka
    Heterocycles 54(2) 635-638 2001年02月 査読有り
  • X線結晶解析と有機化学のハイブリッドを目指して
    高橋 一朗
    福井大学機器分析センター年報 9-24 2001年 査読無し
  • ヘテロダイマーイオンのCADスペクトルの研究(尿素類似化合物/プロトン(あるいはアルカリ金属イオン)混合系)
    塚本 令子, 陳 建平, 高橋 一朗, 松村 繁樹, 伊佐 公男
    豊田研究報告 53 11-22 2000年 査読無し
  • 紹介記事「 待望の地球環境ウォッチャー登場!!!」
    高橋 一朗
    福井大学機器分析センターニュース(11) 1 1999年03月 査読無し
  • Studies on Water-Soluble Artificial Receptors Containing Chiral Side Chains derived from Carbohydrates. 2. Formation of Diastereomeric Inclusion Complexes between Optically Active Cyclophane TCP44 and Chiral Aromatic Guests in Acidic Aqueous Solutions
    I.Takahashi, Y.Aoyagi, I.Nakamura, A.Kitagawa, K.Matsumoto, H.Kitajima, K.Isa, K.Odashima, K.Koga
    Heterocycles 51(6) 1371-1388 1999年06月 査読有り
  • ホスト・ゲスト包接錯体の核磁気共鳴(NMR)法による滴定データに対する直線近似法(第4報).ホストと2種類のゲストから成る3成分系溶液を用いた会合定数2個の同時決定法
    高橋 一朗
    福井大学工学部研究報告 47(1) 15-33 1999年 査読無し
  • ホスト・ゲスト包接錯体の核磁気共鳴(NMR)法による滴定データに対する直線近似法(第5報).キラルホストTCP44による疎水性ゲストのキラル識別に関わる要因の検討
    高橋 一朗
    福井大学工学部研究報告 47(1) 35-43 1999年 査読無し
  • 解説「毒劇物など,薬品管理のノウハウ」
    高橋 一朗
    Network 12(4) 74-80 1999年 査読無し
  • 糖由来のキラルな側鎖を持つ水溶性レセプターの研究―包接実験用のキラルなゲスト化合物の合成及び部分光学活性試料の調製について―
    高橋 一朗, 青柳 裕子, 中村 五美, 北川 暁直, 松本 一嗣
    福井大学工学部研究報告 45(2) 319-337 1997年 査読無し
  • Studies on the Water-soluble Artificial Receptors Containing Chiral Side Chains Derived from Carbohydrates - Syntheses of the Chiral Guest Compounds and the Preparation of Partially Optically-active Samples for Complexation Studies -
    I.Takahashi, Y.Aoyagi, I.Nakamura, A.Kitagawa, K.Matsumoto
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 45(2) 319-337 1997年 査読無し
  • Studies on Water-Soluble Artificial Receptors Containing Chiral Side Chains Derived from Carbohydrates. 1. Synthesis of Optically Active Cyclophane TCP44 and Its Complexation Selectivity for Aromatic Guests in Acidic Aqueous Solutions
    I.Takahashi, Y.Hiyano, H.Arakawa, H.Kitajima, M.Hatanaka, K.Isa, K.Odashima, K.Koga
    Heterocycles 46 589-603 1997年 査読有り
  • Recent Progress of Phthalimidine Syntheses
    I.Takahashi, M.Hatanaka
    Heterocycles 45(12) 2475-2499 1997年12月 査読有り
  • Preparation of 2-Substituted 1,3-Bis (benzotriazol-1-yl)isoindolines by the Double Mannich Condensation Reaction of o-Phthalaldehyde with Primary Amines in the Presence of 1,2,3-1H-Benzotriazole
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Yokota, T.Morita, H.Kitajima, K.Isa
    Heterocycles 43(1) 71-90 1996年01月 査読有り
  • Substrate Properties of Adenosine- and Uridine-3'-phenylphosphonates for 3'-Nucleotidase/Nucleases
    H.Uchida, Y.-D.Wu, S.Sonoda, S.Fukushima, J.Fukuda, I.Takahashi, S.Maeda, A.Nomura
    Nucleosides & Nucleotides 15(1-3) 649-654 1996年03月 査読有り
  • Novel Phthalimidine Synthesis. Mannich Condensation of o-Phthalaldehyde with Primary Amines using 1,2,3-1H-Benzotriazole and 2-Mercaptoethanol as Dual Synthetic Auxiliaries
    I.Takahashi, T.Kawakami, E.Hirano, H.Yokota, H.Kitajima
    Synlett(4) 353-355 1996年04月 査読有り
  • クレフト型ホスト化合物の合成と1H NMRによる疎水性ゲスト包接能の検討
    高橋 一朗, 武内 加寿也, 吉田 暁美, 北嶋 英彦
    低研だより 9 53-56 1996年 査読無し
  • Studies on the Synthesis of Cleft Type Host Compound and Its Complex-Forming Ability with Hydrophobic Guest by means of 1H NMR Spectra
    I.Takahashi, K.Takeuchi, A.Yoshida, H.Kitajima
    Annual Reports of the Experimental Institute for Low Temperature Physics 9 53-56 1996年 査読無し
  • 磁気異方性効果の研究(第2報)―ベンゼン環近傍に於ける誘導磁場分布の再計算と検討―
    高橋 一朗
    福井大学工学部研究報告 44(2) 425-432 1996年 査読無し
  • Studies on the Diamagnetic Effects. Part 2. Recalculation and Examination of the Induced Magnetic Field Distribution Patterns Nearby a Benzene Ring
    I.Takahashi
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 44(2) 425-432 1996年 査読無し
  • Substrate Properties of Adenosine-and Uridine-3',5'-Bisphenylphosphonates for 3'-Nucleotidase/Nucleases
    H.Uchida, T.Oohara, H.Wada, I.Takahashi, A.Nomura
    Nucleosides & Nucleotides 15(10) 1561-1566 1996年10月 査読有り
  • Application of the Phthalimidine Synthesis with use of 1,2,3-1H-Benzotriazole and 2-Mercaptoethanol as Dual Synthetic Auxiliaries. Part 1. A Simple Synthesis of (±)-Indoprofen
    I.Takahashi, E.Hirano, T.Kawakami, H.Kitajima
    Heterocycles 43(11) 2343-2346 1996年11月 査読有り
  • Purification and Some Properties of Adenosine (Phosphate) Deaminase from the Liver of Squid Todarodes pacificus
    H.Uchida, Y.Narita, A.Matsuda, Y.Matsui, Y.-X.Chen, I.Takahashi, S.Maeda, A.Nomura
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 59(7) 1276-1280 1995年07月 査読有り
  • 磁気異方性効果の研究(第1報)ー極限収斂操作を加味したシンプソン変法による完全楕円積分の近似計算ー
    高橋 一朗
    福井大学工学部研究報告 43(2) 241-252 1995年 査読無し
  • Studies on the Diamagnetic Effects. Part 1. Approximate Calculation of Complete Elliptic Integrals based on a Modified Simpson Method Mediated by Limit Convergence Treatments
    I.Takahashi
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 43(2) 241-252 1995年 査読無し
  • ポリメチルベンゾフェノン類の選択的オルトメチル基へのニトロ化とアントラキノン類合成への応用
    森田 俊夫, 藤井 和代, 多賀 陽美, 塚本 宏樹, 高橋 一朗, (故)毛海 敬, 北嶋英彦
    日本化学会誌(10) 809-815 1995年10月 査読有り
  • Ortho-Selective Side-Chain Nitration of Polymethylbenzophenones and Its Application to the Synthesis of Anthraquinones
    T.Mprita, K.Fujii, K.Taga, H.Tsukamoto, I.Takahashi, (late) T.Keumi, H.Kitajima
    Nippon Kagaku Kaishi(10) 809-815 1995年10月 査読有り
  • Visible Absorption Spectra of Aryl-p-Benzoquinones by Modified PPP MO Calculation
    Y.Inoue, K.Okumura, H.Kitajima, I.Takahashi, T.Morita, M.Matsuoka
    Dyes and Pigments 29(4) 345-354 1995年 査読有り
  • Studies on the Meerwein Arylation-Based Preparation of 2, 3-Diaryl-benzene-1, 4-diones and Its Theoretical Interpretation
    I.Takahashi, O.Muramatsu, J.Fukuhara, Y.Hosokawa, N.Takeyama, T.Morita, H.Kitajima
    Chemistry Letters(3) 465-468 1994年03月 査読有り
  • Positional Reactivity of Acylpolymethylbenzenes in Electrophilic Substitution
    K.Matsuura, Y.Kimura, H.Takahashi, T.Morita, I.Takahashi, H.Kitajima, T.Keumi
    Bulletin of the Chemical Society of Japan 67(3) 757-765 1994年03月 査読有り
  • Studies on the Double Mannich Condensation Reaction of o-Phthalaldehyde with p-Substituted Anilines in the Presence of 1, 2, 3-1H-Benzotriazole
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Yokota, H.Kitajima, K.Isa
    Heterocycles 37(2) 933-942 1994年 査読有り
  • ホスト・ゲスト包接錯体の核磁気共鳴(NMR)法による滴定データに対する直線近似法(第3報)。特定の1:1ホスト・ゲスト錯体に対する解離定数(Kd)の一義的決定
    高橋 一朗, 北嶋 英彦
    福井大学工学部研究報告 42(1) 143-156 1994年 査読無し
  • Linear Approximation Method to the Nuclear Magnetic Resonance (NMR)-based Titration Data of Inclusion Host-Guest Complexes. Part 3. Obtention of the Unified Dissociation Constant (Kd) Value to the Certain 1 : 1 Host-Guest Complex
    I.Takahashi, H.Kitajima
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 42(1) 143-156 1994年 査読無し
  • A Stable Monosubstituted Isoindole Derivative : The Crystal Structure of 1-(1, 2, 3-1H-Benzotriazol-1-yl)-2-(4-methylphenyl)-2H-isoindole
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, T.Keumi, H.Kitajima, K.Isa, S.Hosoi, Y.Tsuda
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin 42(4) 947-949 1994年04月 査読有り
  • Utility of an Inverse-Matrix Technique in the Fast Atom Bombardment Mass Spectrometry-based Structural Determination of 2-Substituted 1, 3-Bis(benzotriazolyl)isoindolines
    K.Isa, I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Yokota, H.Kitajima
    Chemistry Letters(12) 2403-2406 1994年12月 査読有り
  • Ortho-selective Side-chain Nitration of α-Bromoacylpolymethylbenzenes and its Application to the Syntheses of Indan-1-one and Inden-1-one Derivatives
    T.Keumi, K.Matsuura, N.Nakayama, T.Tsubita, T.Morita, I.Takahashi, H.Kitajima
    Tetrahedron 49(3) 537-556 1993年 査読有り
  • Studies on the Diels-Alder Cycloaddition-based Syntheses of 6- and 7-(N, N-Dialkylamino)phenanthrene-1,4-diones
    I.Takahashi, J.Fukuhara, H.Nitta, H.Tomita, M.Tsuzuki, T.Matsui, H.Kitajima
    Chemistry of Functional Dyes 2 88-93 1993年
  • MNDO calculation-based Examination on the Product Distribution in Meerwein Arylation of Naphthalene-1,4-diones
    I.Takahashi, N.Takeyama, T.Morita, H.Mori, M.Yamamoto, H.Nishimura, H.Kitajima
    Chemistry Express 8(5) 289-292 1993年05月 査読有り
  • Studies on the Preparation of 2,3,5,6-Tetraarylbenzene-1,4-diones by means of Meerwein Arylation
    I.Takahashi, H.Nishimura, N.Takeyama, O.Muramatsu, J.Fukuhara, H.Kitajima
    Chemistry Express 8(8) 585-588 1993年08月 査読有り
  • The Solvent-dependent Product Distribution in the Condensation Reaction of o-Phthalaldehyde with p-Toluidine in the Presence of 1,2,3-1H-Benzotriazole
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Kitajima
    Chemistry Express 8(8) 589-592 1993年08月 査読有り
  • Application of a New Linear Approximation Method to the Nuclear Magnetic Resonance (NMR)-based Titration Data of Inclusion Host-Guest Complexes
    I.Takahashi, A.Nomura, H.Kitajima
    Chemistry Express 8(8) 593-596 1993年08月 査読有り
  • Studies on the Conformation of Arylated Benzene-1,4-diones in Solution based on Nuclear Magnetic Resonance Spectra
    I.Takahashi, J.Fukuhara, O.Muramatsu, H.Kitajima
    Chemistry Express 8(9) 725-728 1993年09月 査読有り
  • Dissociation of 1,2,3-1H-Benzotriazole from 1,3-Bis(1,2,3-1H-benzotriazol-1-yl)-2-(p-methylphenyl)isoindoline in Chloroform-d-
    I.Takahashi, H.Kitajima
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 41(2) 265-271 1993年 査読無し
  • 核磁気共鳴(NMR)法を用いたホスト・ゲスト包接錯体の解離定数(K-d-)算定への一工夫
    高橋 一朗
    福井大学工学部研究報告 40(1) 7-22 1992年 査読無し
  • A New Strategy for the Evaluation of the Dissociation Constant (K-d-) of the Inclusion Host-Guest Complex, with Use of Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Spectral Method
    I.Takahashi
    Memoirs of the Faculty of Engineering, Fukui University 40(1) 7-22 1992年 査読無し
  • Utility of an Optically Active Paracyclophane as a New Type of Shift Reagent for Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Spectra based on the Diastereomeric Host-Guest Complex Formation
    I.Takahashi, K.Odashima, K.Koga, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(8) 653-656 1992年08月 査読有り
  • Nuclear Magnetic Resonance (NMR)-based Studies on N-Substituent Effects as to the Structural Modification of Chiral Host TCP44
    I.Takahashi, K.Odashima, K.Koga, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(8) 657-660 1992年08月 査読有り
  • The Time-dependent Product Distribution in the Condensation Reaction of Phthalaldehyde with p-Toluidine in the Presence of 1,2,3-1H-Benzotriazole
    I.Takahashi, M.Tsuzuki, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(9) 701-704 1992年09月 査読有り
  • Studies on the Products from the Condensation Reaction of 1,5-Dihydroxynaphthalene with Acetic Acid in the Presence of Lewis Acids
    I.Takahashi, T.Tanaka, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(9) 705-708 1992年09月 査読有り
  • Studies on the Selective Preparation of 2-Aryl- and 2,3-Diarylnaphthalene-1,4-diones by means of Meerwein Arylation
    I.Takahashi, N.Takeyama, H.Mori, M.Yamamoto, H.Nishimura, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(9) 709-712 1992年09月 査読有り
  • Studies on the Conformation of 2-Aryl- and 2,3-Diarylnaphthalene-1,4-diones in Solution based on Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Spectra
    I.Takahashi, N.Takeyama, H.Nishimura, H.Mori, M.Yamamoto, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(9) 713-716 1992年09月 査読有り
  • Diastereomeric Host-Guest Complex Formation between an Optically Active Paracyclophane having Quaternary Ammonium Groups and Chiral Aromatic Guests in aqueous solution
    I.Takahashi, K.Odashima, A.Miwa, K.Koga, H.Kitajima
    Chemistry Express 7(12) 913-916 1992年12月 査読有り
  • Utility of Acyloxypyridines and Acylazoles for the Lipase-catalyzed Enantioselective Acylation of 1-Phenylethanol
    T.Keumi, Y.Hiraoka, T.Ban, I.Takahashi, H.Kitajima
    Chemistry Letters(11) 1989-1992 1991年11月 査読有り
  • N-(1-(Benzotriazo1-1-yl)alkyl)amides, Versatile Amidoalkylation Reagents. Part 3. Syntheses of Open-Chain N-Protected-Hemithioaminals
    A.R.Katritzky, I.Takahashi, W.-Q.Fan, J.Pernak
    Synthesis(12) 1147-1150 1991年12月 査読有り
  • A New Approach to the Synthetic Intermediates of Anthracyclinones via Sequential C-2--Symmetrical Naphthalene Derivatives
    I.Takahashi, A.Nomura, H.Kitajima
    Synthetic Communications 20(10) 1569-1575 1990年10月 査読有り
  • The Synthesis of 1,2,3-Triazoles and Aziridines Using 2-(4-Pyridyl)ethyl Azide
    A.R.Katritzky, I.Takahashi, C.M.Marson, E.F.V.Scriven
    Chemica Scripta 28(2) 149-155 1988年 査読有り
  • Stereochemical Aspects of Asymmetric Diels-Alder Reaction Catalyzed by Chiral Alkoxyaluminum Dichlorides
    H.Takemura, N.Komeshima, I.Takahashi, S.Hashimoto, N.Ikota, K.Tomioka, K.Koga
    Tetrahedron Letters 28(46) 5687-5690 1987年 査読有り
  • 2-(4-Pyridyl)ethyl as a Protective Group for Sulfur Functionality
    A.R.Katritzky, I.Takahashi, C.M.Marson
    The Journal of Organic Chemistry 51(25) 4914-4920 1986年 査読有り
  • Asymmetric Reduction of Arylglyoxylic Acids via Host-Guest Complex Formation with Optically Active Paracyclophanes
    I.Takahashi, K.Odashima, K.Koga
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin 33(8) 3571-3573 1985年08月 査読有り
  • Diastereomeric Host-Guest Complex Formation by an Optically Active Paracyclophane in Water
    I.Takahashi, K.Odashima, K.Koga
    Tetrahedron Letters 25(9) 973-976 1984年 査読有り
  • Studies on the Synthesis of 4-[1,8-Dioxygenated-9, 10-dioxoanthracen(or anthracen)-2-yl]-butanoic acid Derivatives
    I.Takahashi, S,Terashima
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin 30(12) 4539-4544 1982年12月 査読有り
  • Direct modification of tripeptides using photoinduced decarboxylative radical reactions
    Maeda, Kousuke;Saito, Hikaru;Osaka, Kazuyuki;Nishikawa, Keisuke;Sugie, Mai;Morita, Toshio;Takahashi, Ichiro;Yoshimi, Yasuharu
    TETRAHEDRON 71(7) 1117-1123 2015年

著書

  • 「生物化学工学実験I・II(2年前期・後期)手引書」
    高橋 一朗
    福井大学工学部生物化学工学科 1998年04月

講演・口頭発表等

  • 分子認識的発想に基く有機合成反応の試み: ホスフィンオキシドを触媒とするアルドール縮合による新規な炭素-炭素結合生成反応への挑戦
    勝木穂奈美,前田和哉,池田佳穂,高橋一朗,細井信造
    平成30年度有機合成化学北陸セミナー 2018年09月 選考有り
  • フタリドと1級アミンの触媒的直接縮合による生理活性フタルイミジン骨格の構築: GaCl3の使用による反応条件の穏和化および周辺反応の検討
    齋藤健太,荒武晃弘,西脇良典,重光麻衣,高橋一朗,細井信造
    平成30年度有機合成化学北陸セミナー 2018年09月 選考有り
  • 分子認識的発想に基く有機合成反応開発: ホスフィンオキシドの知られざる特性の活用
    髙橋一朗
    第16回北陸化学者談話会 2018年09月 選考有り
  • ベンゾトリアゾールを鍵合成子とする有機合成:穏和な条件下の還元的アミノ化反応を鍵工程とする有機レセプター分子の構築
    佐藤有史,西川裕樹,小島拓馬,三箇啓介,高橋一朗,細井信造
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月 選考有り 吉見 泰治
  • 有機合成における“Waste”の活用:ホスフィンオキシドを触媒とするアセタール生成反応の機構的検討と炭素-炭素結合生成反応への挑戦
    勝木穂奈美,前田和哉,酒井翔矢,高橋一朗,細井信造
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月 選考有り 吉見 泰治
  • フタリドと1級アミンの触媒的直接縮合による生理活性フタルイミジン骨格の構築:GaCl3の使用による反応条件穏和化と周辺反応の検討
    齊藤健太,西脇良典,荒武晃弘,松永崇利,高橋一朗,細井信造
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月 選考有り 吉見 泰治
  • InCl3を触媒とするフタリドと1級アミンの直接縮合によるフタルイミジン骨格の創製
    齋藤健太,松永崇利,和泉有起,高橋一朗、細井信造
    第34回有機合成化学セミナー 2017年09月 選考有り
  • フタリドと1級アミンの触媒的直接縮合による生理活性フタルイミジン骨格の創製
    髙橋一朗
    第15回北陸化学者談話会 2017年09月 選考無し
  • クレフト型レセプターのデザインと合成
    佐藤有史,西川裕樹,高橋一朗,細井信造
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月 選考無し
  • 有機合成における”Waste”の活用:ホスフィンオキシドを触媒とするアセタール生成反応の機構的検討
    勝木穂奈美,酒井翔矢,高橋一朗,細井信造
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月 選考無し
  • 有機合成における”Waste”の活用に関する一工夫
    高橋一朗
    第14回北陸化学者談話会 2016年09月 選考無し
  • Direct condensation between phthalide and primary amine in the presence of literally catalytic amount of Lewis acid catalyst
    高橋一朗,細井信造
    Pacifichem 2015 2015年12月 選考有り
  • 有機合成における”Waste”の活用:ホスフィンオキシドを活用した新規合成法
    酒井翔矢,高橋一朗,尾岸愛文,細井信造
    平成27年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • フタリドと1級アミンの直接縮合によるフタルイミジン合成法における酸触媒の影響
    高橋一朗,松永崇利,棚橋克弥,和泉有起,西脇良典,細井信造
    平成27年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • 化学数学への誘(いざな)い
    高橋 一朗
    第13回北陸化学者談話会 2015年09月 選考無し 中島範行、高橋一朗
  • 最近のトピックス(2)
    高橋 一朗
    第12回北陸化学者談話会 2014年09月 選考無し 0
  • フタリドと1級アミンの直接縮合による生理活性フタルイミジン誘導体の創製
    松永 崇利, 堀野 優介, 砂田優輝, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成26年度有機合成化学北陸セミナー 2014年10月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • 顕在的および潜在的エノール化合物に対する水素結合型分子捕捉の検討
    酒井 翔矢, 野村 麻菜, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成26年度有機合成化学北陸セミナー 2014年10月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • 最近のトピックス
    高橋 一朗
    第11回北陸若手化学者談話会 2013年09月 選考無し 0
  • 四環式フタルイミジン誘導体の合成研究
    福井 理人, 黒川 広樹, 織田 拡, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成25年度有機合成化学北陸セミナー 2013年01月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • フタリドと1級アミンの直接縮合による生理活性フタルイミジン誘導体の創製
    松永 崇利, 堀野 優介, 河上 七重, 稲垣 翔, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成25年度有機合成化学北陸セミナー 2013年01月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • クレフト型レセプターを用いる分子認識の研究
    三箇 啓介, 横山 遥, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成25年度有機合成化学北陸セミナー 2013年01月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • 低融点または常温下で液体のフェノール誘導体に対する水素結合型分子捕捉の検討
    酒井 翔矢, 神谷 美里, 祐安 愛佳, 三箇 啓介, 高橋 一朗, 細井 信造
    平成25年度有機合成化学北陸セミナー 2013年01月 選考無し 有機合成化学協会関西支部
  • 中員環ラクタムの合成および機能
    高橋 一朗
    第10回北陸若手化学者談話会 2012年09月 選考無し 0
  • 過渡吸収測定による光脱炭酸反応の反応機構の解明
    西川 圭祐, 吉見 泰治, 高橋 一朗, 一ノ瀬 暢之, 永原 哲彦, 伊藤 達哉
    平成24年度有機合成化学北陸セミナー 2012年01月 選考有り 0
  • 弱い分子間相互作用による分子認識
    高橋 一朗
    第9回北陸若手化学者談話 2011年09月 選考無し 0
  • 単結晶X-rayが使えそうな化学あるいは最近のトピックス
    高橋 一朗
    イメージングプレート単結晶自動X線構造解析装置ユーザー講習会 2011年06月 選考無し 0
  • NH型ラクタムを用いた水素結合捕捉分子の検討および捕捉性能判定用キット選定の試み
    祐安愛佳, 三箇啓介, 福山美貴, 高橋昌弘, 高橋 一朗, 細井信造
    平成23年度有機合成化学北陸セミナー 2011年01月 選考無し 0
  • Lewis acid-catalyzed direct condensation between phthalides and primary amines to give bioactive phthalimidines
    高橋 一朗, 堀野優介, 杉浦好彦, 稲垣 祥, 篠岡邦彦, 畠中 稔, 細井信造
    Pacifichem 2010 2010年12月 選考有り 日本化学会、米国化学会、ほか
  • 弱い相互作用を活用した分子認識
    高橋 一朗
    第8回北陸若手化学者談話会 2010年08月 選考無し 千木昌人
  • Recent studies on the phthalimidine synthesis
    高橋 一朗
    FloHet 11 2010年03月 選考無し Alan R. Katritzky
  • 光脱炭酸を利用した大環状ラクトン・ラクタム・ケトンの合成
    西川 圭祐, 吉見 泰治, 高橋 一朗, 畠中 稔, 伊藤 達哉, 岡田 豊
    平成22年度有機合成化学北陸セミナー 2010年01月 選考無し 0
  • フタルイミジン誘導体の合成研究
    高橋 一朗
    第7回北陸若手化学者談話会 2009年08月 選考無し 高橋一朗
  • フタリドと1級アミンの直接縮合によるフタルイミジン誘導体の合成
    堀野 優介, 石畑 翔太, 高橋 一朗, 細井 信造
    2008年度支部合同福井大会 2008年11月 選考無し 高分子学会北陸支部、日本化学会近畿支部
  • イソインドール誘導体の合成研究
    高橋 一朗
    第6回北陸若手化学者談話会 2008年08月 選考無し 0
  • イソインドール誘導体の合成研究
    高橋 一朗
    日華化学福大出前講義 2008年07月 選考有り 日華化学株式会社
  • ベンゾグアナミン誘導体を用いた分子認識
    高橋 一朗, 鈴木 貴博, 畠中 稔, 細井信造
    平成19年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会 2007年11月 選考無し 日本化学会近畿支部
  • Capture of Phenolic Endocrine Disruptors with use of 2-Quinolone Derivatives
    I.Takahashi, M.Takahashi, H.Kitajima, M.Wagi, A.Hishida, Y.Takahashi, M.Sabi, N.Sabi, M.Fukuyama, T.Okamachi, H.Takedani, M.Hatanaka, K.Isa, A.Yamano, A.Sakushima, S.Hosoi
    PACIFICHEM2005 2005年12月
  • NH型ラクタムを用いる分子認識の試み
    高橋 一朗
    第4回北陸若手化学者談話会 2005年09月
  • 2-キノロン誘導体を用いる分子認識の試み
    高橋 一朗, 佐飛 真知子, 佐飛 奈緒美, 福山 美貴, 為則 賢祐, 畠中 稔
    第14回有機結晶シンポジウム 2005年09月
  • 多兎を追って?20年
    高橋 一朗
    日本女子大理学セミナー 2005年08月
  • 3位に置換基を持つフタルイミジン誘導体の合成
    高橋 一朗, 大橋 宏範, 田崎 良, 田中 哲也, 伊藤 邦治, 遠藤 尚美, 宮村 茂典, 畠中 稔
    日本化学会第85春季年会 2005年03月
  • 置換イソインドール誘導体をジエンとして活用したDiels-Alder環状付加反応
    高橋 一朗, 春吉 真樹, 佐飛 真知子, 都築 幹生, 北嶋 英彦, 前田 史郎, 畠中 稔, 伊佐 公男, 山野 昭人, 佐久嶋 明世, 細井 信造
    平成17年度有機合成北陸セミナー 2005年01月
  • NH型アミド/ラクタムを用いた分子捕捉
    高橋 一朗, 佐飛 奈緒美, 福山 美貴, 為則 賢祐, 畠中 稔, 佐久嶋 明世, 細井 信造
    平成17年度有機合成北陸セミナー 2005年01月
  • テレフタル酸エステルの生分解と機構分析
    加藤 寛史, 小松 智恵, 末 信一朗, 高橋 一朗, 堀 照夫
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 2004年11月
  • 2-キノロン誘導体を用いる分子認識の試み
    高橋 一朗, 佐飛 真知子, 佐飛 奈緒美, 福山 美貴, 畠中 稔
    平成16年度支部合同福井地方大会 2004年11月
  • 1,4-ナフトキノンのMeerweinアリール化によるクレフト型ホスト化合物の構築と優先配座の検討
    高橋 一朗, 山本 美歌, 田中 雄詞, 西村 英己, 北嶋 英彦, 畠中 稔, 佐久嶋 明世, 細井 信造
    第13回有機結晶シンポジウム 2004年11月
  • 2-キノロン及びホスフィンオキシドを用いる分子認識の試み
    高橋 一朗
    第3回北陸若手化学者談話会 2004年09月
  • 生物化学的並びに有機化学的手法による環境浄化システムの構築
    高橋 一朗
    平成15年度工学部予算重点配分研究テーマの研究発表 2004年06月
  • イソインドール誘導体の合成とその周辺
    高橋 一朗
    平成16年度有機合成北陸セミナー 2004年01月
  • 亀谷フタルイミジン合成法の周辺反応の探索
    高橋 一朗
    第2回北陸若手化学者談話会(要旨集なし) 2003年08月
  • 有機結晶を活用した「CH・・・N型」水素結合の確認
    高橋 一朗, 畠中 稔, 太田 富久, 細井 信造, 中村 憲夫
    平成15年度日本薬学会北陸支部第108回例会要旨集, A-6 2003年07月
  • 3位に置換基を持つフタルイミジン誘導体の合成
    大橋 宏範, 高橋 一朗, 伊藤 邦治, 田崎 良, 遠藤 尚美, 田中 哲也, 畠中 稔
    平成15年度日本薬学会北陸支部第108回例会要旨集, A-7 2003年07月
  • 有機結晶を活用した弱い分子間相互作用の解明
    高橋 一朗, 畠中 稔, 山野 昭人, 細井 信造, 太田 富久
    第10回有機結晶シンポジウム要旨集, 3B116 2003年03月
  • 2H-イソインドール誘導体の合成研究
    高橋 一朗, 大橋 宏範, 日比野 良昭, 畠中 稔
    平成15年度有機合成化学北陸セミナー要旨集, P-23 2003年01月
  • X線結晶解析と有機化学のハイブリッドを目指して
    高橋 一朗
    第1回北陸若手化学者談話会(要旨集なし) 2002年08月
  • 水素結合型錯体の生成を利用した分子捕捉
    高橋 一朗, 上村 繁樹, 和木 雅美, 菱田 敦, 高橋 由実, 多田 哲夫, 岡町 琢也, 佐飛 真知子, 日比野 良昭, 畠中 稔, 細井 信造, 太田 富久, 山野 昭人
    平成14年度有機合成化学北陸セミナー要旨集, P-34  2002年01月
  • キラルジオキソピロリンの結晶構造とその立体選択反応に及ぼす効果について
    細井 信造, 太田 富久, 高橋 一朗
    日本化学会第80秋季年会[第7回有機結晶部会シンポジウム]要旨集, 4F1-12  2001年09月
  • Studies on the Self-Organization Phenomena Involving Pyridone and Phenol Derivatives
    I.Takahashi, M.Wagi, M.Takahashi, H.Kitajima, M.Hatanaka, K.Isa, S.Hosoi, T.Ohta
    18th International Congress of Heterocyclic Chemistry(at Yokohama)Abstracts, D-15 (Oral + Poster Presentation)  2001年07月
  • 合成化学と計算化学の融合: 2?置換アルキリデン(またはイミノ)?イソインドール誘導体を例として
    高橋 一朗, 畠中 稔
    第79回有機合成シンポジウム要旨集, 3-5  2001年06月
  • 弱プロトン酸を鍵合成子とするマンニッヒ縮合反応の展開: 亀谷フタルイミジン合成法の再検討(3)
    高橋 一朗, 西内 健二, 宮本 梨香, 畠中 稔
    平成13年度日本薬学会北陸支部第104回例会要旨集, A-1  2001年06月
  • 複素環化学と分子認識
    高橋 一朗
    ICU理学セミナー(要旨集なし) 2001年06月
  • 機器分析化学と有機化学の調和と混沌(カオス)を求めて
    高橋 一朗
    質量分析談話会(要旨集なし) 2001年04月
  • ピリドン?フェノール2成分系における自己組織化と結晶構造の検討
    高橋 一朗, 和木 雅美, 高橋 昌弘, 北嶋 英彦, 畠中 稔, 伊佐 公男, 細井 信造, 太田 富久
    日本化学会第79春季年会要旨集, 3A105  2001年03月
  • Application of Mannich Type Condensation Reactions with use of Protonic Acids as Synthetic Auxiliaries: Re-examination of Kametani Phthalimidine Synthesis
    I.Takahashi, R.Miyamoto, M.Hatanaka, S.Hosoi, T.Ohta
    PACIFICHEM 2000(at Honolulu, U.S.A.)Abstracts, ORGN1603 2000年12月
  • 環境ホルモンの新規定量法
    山口 孝志, 末 信一朗, 榊原 三樹男, 高橋 一朗, 細井 進造, 大田 富久, O.A.Sadik
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, H-22 2000年11月
  • プロトン化されたシクロファン系環状ポリアミンの配座異性体の安定性
    高橋 一朗
    支部合同福井地方大会[平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会&第49回高分子学会北陸支部研究発表講演会]要旨集, F-21  2000年11月
  • 環境ホルモンの新規定量法
    山口 孝志, 末 信一朗, 高橋 一朗, 榊原 三樹男, 細井信造, 太田 富久, O.A.Sadik
    支部合同福井地方大会[平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会&第49回高分子学会北陸支部研究発表講演会]要旨集, H-23  2000年11月
  • 水素結合型錯体を用いるフェノール誘導体の分子認識
    高橋 一朗, 和木 雅美, 高橋 昌弘, 北嶋 英彦, 畠中 稔, 伊佐 公男, 細井 信造, 太田 富久, 津田 喜典
    第78回有機合成シンポジウム要旨集, P-33  2000年09月
  • 弱プロトン酸を鍵合成子とするマンニッヒ縮合反応の展開:亀谷フタルイミジン合成法の再検討(2)
    高橋 一朗, 宮本 梨香, 畠中 稔
    平成12年度日本薬学会北陸支部第102回例会要旨集, A-7  2000年06月
  • Kinetic法による置換ピリジン類のプロトン親和力の研究
    孫 亜女亭, 瀬尾 利弘, 高橋 一朗, 後藤 麻紀子, 伊佐 公男
    第48回質量分析総合討論会(2000)要旨集, 1-P-14  2000年05月
  • 置換ピリジン類化合物のMSスペクトルによるプロトン親和力
    Sun Yating, 瀬尾 利弘, 高橋 一朗, 伊佐 公男
    平成11年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会要旨集, A11  1999年11月
  • 弱プロトン酸をMannich反応補助剤として用いる生理活性フタルイミジン骨格の構築
    高橋 一朗, 畠中 稔
    第75回有機合成シンポジウム要旨集, 2-2  1999年06月
  • 弱プロトン酸を鍵合成子とするマンニッヒ縮合反応の展開:亀谷フタルイミジン合成法の再検討
    高橋 一朗, 畠中 稔
    平成11年度日本薬学会北陸支部第100回記念例会, 2F-15  1999年06月
  • FABMS/MSによるハイドロオキシピリジン類のプロトン親和力
    スン・イアテイ, 瀬尾 利弘, 高橋 一朗, 伊佐 公男
    第47回質量分析総合討論会(1999)要旨集, 2-P-57  1999年05月
  • 弱プロトン酸を鍵合成とする2-置換フタルイミジン誘導体の効率的合成法
    高橋 一朗, 田村 孝則, 田崎 良, 上村 繁樹, 畠中 稔
    日本化学会第76春年会要旨集 3C302  1999年03月
  • FABMSによるハイドロオキシピリジン類の水素結合型レセプターサイト能評価法
    スン・イアテイ, 瀬尾 利弘, 高橋 一朗, 伊佐 公男
    平成10年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会要旨集, A07  1998年11月
  • 2位にかさ高い置換基を持つフタルイミジン誘導体の合成
    高橋 一朗, 上村 繁樹, 田村 孝則, 田崎 良, 畠中 稔
    平成10年度日本薬学会北陸支部第98回例会要旨集, A-5  1998年06月
  • CADスペクトルにあらわれたクロシングポイントの尿素系置換基効果の研究
    塚本 玲子, 吉村 雅弘, 西又 麻依子, 伊佐 公男, 高橋 一朗
    第46回質量分析総合討論会(1998)要旨集, 2-01-06  1998年05月
  • 有機化学的及び計算化学的手法によるRitter反応の必要十分条件
    高橋 一朗, 田村 孝則, 畠中 稔
    平成11年度有機合成北陸セミナー、P35  1991年01月
  • 有機化学的及び計算化学的手法によるRitter反応の必要十分条件解明の試み
    高橋 一朗, 田村 孝則, 畠中 稔
    平成11年度有機合成化学北陸セミナー要旨集, P-35  1991年01月

作品

  • ひとこと/五島プラネタリウム卒業記念
    高橋 一朗, 2005年07月
  • 追憶文「思い出すことなど」
    高橋 一朗, 2003年

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    水素結合型錯体を用いた環境ホルモン様物質の固定 高橋 一朗,Immobilization of Endocrine Disruptive Substances by means of Hydrogen-Bond Complex Formations. 高橋 一朗,

教育活動情報

担当授業

  • 日本海の自然と環境
  • 天然物全合成
  • 生体機能と化学物質
  • 科学演習
  • 有機化学Ⅰ
  • 有機化学Ⅱ
  • 生物有機化学
  • 社会と技術者
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅱ
  • 有機化学特論
  • 有機化学ゼミナールⅠ
  • 有機化学ゼミナールⅡ
  • 超分子化学特論
  • 科学演習
  • 学際実験・実習
  • 生体機能と化学物質
  • 有機化学Ⅰ
  • 有機化学Ⅱ
  • 生物有機化学
  • 社会と技術者
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅱ
  • 生物応用化学PBL
  • 有機化学特論
  • 有機化学ゼミナールⅠ
  • 生体機能と化学物質
  • 有機化学Ⅰ
  • 有機化学Ⅰ
  • 有機化学Ⅱ
  • 生物有機化学
  • 社会と技術者
  • 生物応用化学実験Ⅲ
  • 生物応用化学実験Ⅲ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅱ
  • 生物応用化学PBL
  • 有機化学特論
  • 有機化学ゼミナールⅠ
  • 有機化学ゼミナールⅡ
  • 生体機能と化学物質
  • 有機化学Ⅰ
  • 天然物全合成