牧野 顕

所属部署名分子プローブ開発応用領域
教員組織分子プローブ開発応用領域
教育研究組織高エネルギー医学研究センター
職名准教授
更新日: 19/05/22 16:49

研究者基本情報

氏名

    牧野 顕
    マキノ アキラ
    MAKINO Akira

所属

  •  分子プローブ開発応用領域 准教授

学歴

  • 2003年04月- 2006年03月京都大学 材料化学専攻
  • 2001年04月- 2003年03月京都大学 材料化学専攻
  • 1997年04月- 2001年03月京都大学 工業化学科

経歴

  • 2011年06月- 2012年11月京都大学大学院薬学研究科 特定助教

所属学協会

    日本バイオマテリアル学会 一般会員,日本薬学会 一般会員,American Chemical Society 一般会員,日本分子イメージング学会 一般会員,日本核医学会 一般会員,日本化学会 一般会員,高分子学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Inflammation-induced synergetic enhancement of nanoparticle treatments with DOXILR and 90Y-Lactosome for orthotopic mammary tumor
    Kurihara K, Ueda M, Hara I, Hara E, Sano K, Makino A, Ozeki E, Yamamoto F, Saji H, Togashi K, Kimura S
    J Nanopart Res 18 137 2016年05月 査読有り
  • Polyoxazoline multivalently conjugated with indocyanine green for sensitive in vivo photoacoustic imaging of tumors.
    Kanazaki K, Sano K, Makino A, Homma T, Ono M, Saji H
    Sci Rep 6 33798 2016年09月 査読有り
  • 18F-Labeled Pyrido[3,4-d]pyrimidine as an Effective Probe for Imaging of L858R Mutant Epidermal Growth Factor Receptor
    Kimura H, Okuda H, Ishiguro M, Arimitsu K, Makino A, Nishii R, Miyazaki A, Yagi Y, Watanabe H, Kawasaki I, Ono M, Saji H
    ACS Med Chem Lett 8(4) 418-422 2017年03月 査読有り
  • Faeasibility of poly(ethylene glycol) derivatives as diagnostic drug carrier for tumor imaging
    K.Kanazaki, K.Sano, A.Makino, F.Yamauchi, A.Takahashi, T.Homma, M.Ono, H.Saji
    J Control Release 226 115-123 2016年03月 査読有り
  • Development of novel PET probes targeting phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) in tumors
    A.Makino, T.Arai, M.Hirata, M.Ono, Y.Ohmomo, H.Saji
    Nucl Med Biol 43(1) 101-107 2016年01月 査読有り
  • Development of anti-HER2 fragment antibody conjugated to iron oxide nanoparticles for in vivo HER2-targeted photoacoustic tumor imaging
    K.Kanazaki, K.Sano, A.Makino, Y.Shimizu, F.Yamauchi, S.Ogawa, N.Ding, T.Yano, T.Temma, M.Ono, H.Saji
    Nanomedicine: NBM 11(8) 2051-2060 2015年11月 査読有り
  • Development of human serum albumin conjugated with near-infrared dye for photoacoustic tumor imaging
    Kengo Kanazaki, Kohei Sano, Akira Makino, Atsushi Takahashi, Jun Deguchi, Manami Ohashi, Takashi Temma, Masahiro Ono, Hideo Saji
    Journal of biomedical optics 19(9) 96002 2014年09月 査読有り
  • Factors Influencing in Vivo Disposition of Polymeric Micelles on Multiple Administrations
    Eri Hara, Motoki Ueda, Akira Makino, Isao Hara, Eiichi Ozeki, Shunsaku Kimura
    ACS Med. Chem. Lett. 5(8) 873-877 2014年08月 査読有り
  • Morphology control of molecular assemblies prepared from bio-based amphiphilic polymers with a helical hydrophobic unit and application as nanocarriers for contrast agents and/or drug delivery
    Akira Makino
    Polymer Journal 46(11) 783-791 2014年08月 査読有り
  • In vivo imaging of membrane type-1 matrix metalloproteinase with a novel activatable near-infrared fluorescence probe
    Yoichi Shimizu, Takashi Temma, Isao Hara, Akira Makino, Naoya Kondo, Eiichi Ozeki, Masahiro Ono, Hideo Saji
    Cancer Science 105(8) 1056-1062 2014年08月 査読有り
  • Suppressive immune response of poly-(sarcosine) chains in peptide-nanosheets in contrast to polymeric micelles
    Eri Hara, Motoki Ueda, Akira Makino, Cheol Joo Kim, Isao Hara, Eiichi Ozeki, Shunsaku Kimura
    Journal of Peptide Science 20(7) 570-577 2014年07月 査読有り
  • Morphology control between twisted ribbon, helical ribbon, and nanotube self-assemblies with His-containing helical peptides in response to pH change
    Akihiro Uesaka, Motoki Ueda, Akira Makino, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Shunsaku Kimura
    Langmuir 30(4) 1022-1028 2014年02月 査読有り
  • Size Control of Core-Shell-type Polymeric Micelle with a Nanometer Precision
    Akira Makino, Eri Hara, Isao Hara, Eiichi Ozeki, Shunsaku Kimura
    Langmuir 30(2) 669-674 2014年01月 査読有り
  • Solid Tumor-Targeting Theranostic Polymer Nanoparticle in Nuclear Medicinal Fields
    Akira Makino, Shunsaku Kimura
    The Scientific World Journal 2014 Article ID 424513 2014年01月 査読有り
  • Micelle-based activatable probe for in vivo near-infrared optical imaging of cancer biomolecules
    Yoichi Shimizu, Takashi Temma, Isao Hara, Akira Makino, Ryo Yamahara, Eiichi Ozeki, Masahiro Ono, Hideo Saji
    Nanomedicine: Nanotechnology, Biology and Medicine 10(1) 187-195 2014年01月 査読有り
  • The Potential of o-Bromo-trans-decalinvesamicol as a New PET Ligand for Vesicular Acetylcholine Transporter Imaging
    Mohammad Anwar-ul Azim, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Daisuke Miwa, Yoji Kitamura, Kazuma Ogawa, Akira Makino, Yasushi Kiyono, Kazuhiro Shiba
    Synapse 68(10) 445-453 2014年01月 査読有り
  • Radionuclide therapy using nanoparticle of 131I-Lactosome in combination with percutaneous ethanol injection therapy
    Eri Hara, Akira Makino, Kensuke Kurihara, Motoki Ueda, Isao Hara, Takashi Kawabe, Fumihiko Yamamoto, Eiichi Ozeki, Kaori Togashi, Shunsaku Kimura
    Journal of Nanoparticle Research 15(12) Article:2131 2013年11月 査読有り
  • アップコンバージョンナノ粒子を使った光線力学療法の新展開
    牧野 顕
    ファルマシア 49(9) 899 2013年09月 査読有り
  • Evasion from accelerated blood clearance of nanocarrier named as “Lactosome” induced by excessive administration of Lactosome
    Eri Hara, Akira Makino, Kensuke Kurihara, Manabu Sugai, Akira Shimizu, Isao Hara, Eiichi Ozeki, Shunsaku Kimura
    Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects 1830(8) 4046-4052 2013年08月 査読有り
  • Versatile peptide rafts for conjugate morphologies by self-assembling amphiphilic helical peptides
    Motoki Ueda, Akira Makino, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Shunsaku Kimura
    Polymer Journal 45(5) 509-515 2013年05月 査読有り
  • Radiosynthesis and initial evaluation of 18F labeled nanocarrier composed of poly(L-lactic acid)-block-poly(sarcosine) amphiphilic polydepsipeptide
    Fumihiko Yamamoto, Ryo Yamahara, Akira Makino, Kensuke Kurihara, Hideo Tsukada, Eri Hara, Isao Hara, Shinae Kizaki-Kondoh, Y. Ohkubo, Eiichi Ozeki, Shunsaku Kimura
    Nuclear Medicine and Biology 40(3) 387-394 2013年04月 査読有り
  • Assessment of the tumor redox status in head and neck cancer by 62Cu-ATSM PET.
    Tsujikawa T, Asahi S, Oh M, Sato Y, Narita N, Makino A, Mori T, Kiyono Y, Tsuchida T, Kimura H, Fujieda S, Okazawa H
    PLoS ONE 11(5) e0155635 2016年05月 査読有り
    Okazawa H
  • Indocyanine Green-Labeled Polysarcosine for in Vivo Photoacoustic Tumor Imaging
    Sano K, Ohashi M, Kanazaki K, Makino A, Ding N, Deguchi J, Kanada Y, Ono M, Saji H
    Bioconjug Chem 28(4) 1024-1030 2017年04月 査読有り
  • PET probe detecting non-small cell lung cancer susceptible to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor therapy
    Makino A, Miyazaki A, Tomoike A, Kimura H, Arimitsu K, Hirata M, Ohmomo Y, Nishii R, Okazawa H, Kiyono Y, Ono M, Saji H
    Bioorg Med Chem 26(8) 1609-1613 2018年05月 査読有り
    Makino A
  • Evaluation of Ga-DOTA-(D-Asp)n as bone imaging agents: D-aspartic acid peptides as carriers to bone
    Ogawa K, Ishizaki A, Takai K, Kitamura Y, Makino A, Kozuka T, Kiyono Y, Shiba K, Odani A
    Sci Rep 7(1) 13971 2017年10月 査読有り
  • Radiobrominated benzimidazole-quinoline derivatives as Platelet-derived growth factor receptor beta (PDGFRβ) imaging probes
    Effendi N, Mishiro K, Takarada T, Makino A, Yamada D, Kitamura Y, Shiba K, Kiyono Y, Odani A, Ogawa K
    Scientific Reports 8(1) 10369 2018年07月 査読有り
  • Development of a novel radiobromine-labeled sigma-1 receptor imaging probe
    Ogawa K, Masuda R, Mizuno Y, Makino A, Kozaka T, Kitamura Y, Kiyono Y, Shiba K, Odani A
    Nuclear Medicine and Biology 61 28-35 2018年06月 査読有り
  • 18F-FLT PET/MRI for bone marrow failure syndrome-initial experience
    Tsujikawa T, Tasaki T, Hosono N, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Zanotti-Fregonara P, Yamauchi T, Okazawa H
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年02月 査読有り
    Tsujikawa T
  • No significant difference found in PET/MRI CBF values reconstructed with CT-atlas-based and ZTE MR attenuation correction
    Okazawa H, Tsujikawa T, Higashino Y, Kikuta K, Mori T, Makino A, Kiyono Y
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年03月 査読有り
    Okazawa H
  • Comparison of Radioiodine- or Radiobromine-Labeled RGD Peptides between Direct and Indirect Labeling Methods
    Ogawa K, Takeda T, Yokokawa M, Yu J, Makino A, Kiyono Y, Shiba K, Kinuya S, Odani A
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin 66(6) 651-659 2018年06月 査読有り

講演・口頭発表等

  • 高分子ミセルプローブによる高コントラストイメージング法の開発
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    日本薬学会第137年会 2017年03月 選考有り 日本薬学会
  • ナノ粒子プローブによるげっ歯類の免疫応答と体内挙動への影響について
    牧野 顕
    第5回北陸信越若手研究発表会 2016年12月 選考有り 日本バイオマテリアル学会
  • EGFRの二次変異を検出する新規PETプローブの開発
    牧野 顕, 宮崎杏奈, 木村寛之, 有光健治, 平田雅彦, 大桃善朗, 西井龍一, 岡沢秀彦, 清野 泰, 小野正博, 佐治英郎
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 高分子ミセルキャリア「ラクトソーム」に対するラットの免疫応答とABC現象について
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    第16回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2016年10月 選考有り
  • Development of a PET probe detecting tumors, which are responsive to gefitinib treatment
    Makino A, Miyazaki A, Kimura H, Hirata M, Ohmomo Y, Nishii R, Okazawa H, Kiyono Y, Ono M, Saji H
    Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016 Annual Meeting 2016年06月 選考有り
  • 高分子ミセル「ラクトソーム」投与によるラットの免疫応答とインビボイメージングへの影響
    牧野 顕, 岡沢秀彦, 清野 泰
    第11回日本分子イメージング学会学術集会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 婦人科腫瘍のエストロゲン受容体ダイナミックPETと動態解析~静態画像(SUV値)が意味するもの~
    辻川 哲也, 牧野 顕, 森 哲也, 清野 泰, 吉田 好雄, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • オージェ電子を用いたナノ粒子型内照射治療薬剤に関する基礎検討
    牧野 顕, 鹿沼俊樹, 坂下広幸, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • ヨウ素125標識ラクトソーム放射能の生体内分布における血流の影響
    木村 光晴, 山本 文彦, 牧野 顕, 原 功, 小関 英一, 木村 俊作, 山本 由美, 齋藤 陽平, 大久保 恭仁
    第14回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2014年09月 選考無し 0
  • Polymeric micelle type dual imaging probe for PET and optical imaging techniques
    A.Makino, A.Tomoike, H.Kimura, M.Ono, G.Nishimura, Y.Kiyono, H.Saji
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • In vivo HER2-Targeted Photoacoustic Tumor Imaging Using Anti-HER2 Fragment Antibody Conjugated to Iron Oxide Nanoparticle
    K.Sano, K.Kanazaki, A.Makino, Y.Shimizu, F.Yamauchi, S.Ogawa, T.Yano, T.Temma, M.Ono, H.Saji
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • 二種の放射性ナノ粒子を用いた高分子ミセル製剤の体内挙動評価
    牧野 顕, 友池 文佳, 小野 正博, 佐治 英郎
    第63回高分子討論会 2014年09月 選考有り 0
  • Synthesis and initial evaluation of radioiodine labeled A3B-type Lactosome as an imaging probe of tumor and/or inflammation
    F.Yamamoto, M.Kimura, A.Makino, Y.Yamamoto, Y.Saito, E.Ozeki, S.Kimura, Y.Ohkubo
    Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging Annual Meeting 2014 2014年06月 選考有り 0
  • Volume-based hypoxic parameters of 62Cu-ATSM PET as prognostic indicators in head and neck cancer
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M. Oh, Y. Sato, T.Tsuchida, A. Makino, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Okazawa
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • βアミロイド斑イメージング用トレーサー、[18F]FBOX-2合成法の検討
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 清野 泰
    日本分子イメージング学会 第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 0
  • 光安定性の高い近赤外蛍光イメージング用ナノ粒子造影剤の創製
    牧野 顕, 古川 大介, Kamlesh Awasthi, 天滿 敬, 小野 正博, 西村 吾朗, 佐治 英郎
    日本薬学会第134年会 2014年03月 選考無し 0
  • 腫瘍の光音響イメージングのための近赤外色素結合ヒト血清アルブミンの開発
    金崎 健吾, 佐野 紘平, 牧野 顕, 高橋 淳, 大橋 愛美, 出口 諄, 天滿 敬, 小野 正博, 佐治 英郎
    日本薬学会第134年会 2014年03月 選考有り 0
  • Evaluation of the polymeric micelle dynamics in vivo by using different two radioisotope modification approaches
    A.Makino, A.Tomoike, M.Ono, S.Kimura, H.Saji
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考無し 0
  • Evaluation of radiolabeled o-bromo-decalinvesamicol (OBDV) as a PET ligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT).
    Mohammad Anwar-ul Azim, T.Kozaka, I.Uno, D.Miwa, Y.Kitamura, K.Ogawa, K.Kawai, A.Makino, Y.Kiyono, K.Shiba
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • ポジトロン断層撮影法(PET)のための18F標識分子プローブの開発について
    牧野 顕
    平成26年度有機合成化学北陸セミナー 2014年01月 選考無し 0
  • ナノ粒子の特性を活かした分子プローブの創製
    牧野 顕, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第三回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会 2014年01月 選考無し 0
  • HPLC and HPLC-ESI-MS/MS methods for the determination of 2-acetamido-2-deoxy-D-glucopyranose analogues
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, S.Noriki, K.Inai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • Development of a novel PET tracer targeting phospatidylinositol 3-kinase (PI3K) in tumor
    A.Makino, T.Arai, T.Temma, M.Hirata, M.Ono, Y.Ohmomo, H.Saji
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • ナノ粒子製剤「ラクトソーム」の体内動態:3H標識体を用いた検討
    友池 文佳, 牧野 顕, 小野 正博, 木村 俊作, 佐治 英郎
    第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2013年12月 選考無し 0
  • Phosphatidylinositol 3-kinaseを標的とした新規がんイメージングプローブの開発
    荒井 貴大, 牧野 顕, 小野 正博, 佐治 英郎
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 0
  • 125I標識A3B型ラクトソームの病態モデル動物を用いた基礎評価
    木村 光晴, 山本 文彦, 大西 いぶき, 牧野 顕, 山本 由美, 齋藤 陽平, 小関 英一, 木村 俊作, 大久保 恭仁
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 0
  • Biodistribution of self-assembled nanoparticulate, Lactosome" by different two radioisotope modification methods"
    A.Makino, A.Tomoike, H.Saji, Y.Kiyono
    246th ACS National Meeting & Exposition 2013年09月 選考有り 0
  • ナノ粒子製剤「ラクトソーム」の3H標識体の合成とそれを用いた体内動態の評価
    友池 文佳, 牧野 顕, 小野 正博, 木村 俊作, 佐治 英郎
    第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム 2013年08月 選考無し 0
  • サイクロ廃棄の経験と放射化物の対応について
    森 哲也, 清野 泰, 牧野 顕, 杉本 勝也, 安達 登志樹, 岡沢 秀彦
    PETサマーセミナー2013 2013年08月 選考無し 日本核医学会PET核医学分科会
  • EGFRの二次変異の識別を目的としたPETイメージングプローブの開発
    奥田 悠、木村 寛之、牧野 顕、有光 健治、宮崎 杏奈、渡邊 裕之、川崎 郁勇、西出 喜代治、西井 龍一、小野 正博、佐治 英郎
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • PET/MRによる定量的脳血流測定法の検討
    岡沢秀彦, 東野芳史, 辻川哲也, 森哲也, 牧野顕, 清野泰, 菊田健一郎
    第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • Assessment of hormone sensitivity in uterine leiomyoma patients using 18F-FES PET
    T.Tsujikawa, Y.Chino, A.Shinagawa, M.Yamamoto, A.Makino, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Yoshida, H.Okazawa
    SNMMI 2015 Annual Meeting 選考有り
  • Evaluation of a new precursor for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    ME. Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, H.Okazawa, Y.Kiyono
    第10回日本分子イメージング学会学術集会 2015年05月 選考有り
  • Evaluation of nigrostriatal oxidative stress intensity in patients with Parkinson’s disease using [Cu-62]ATSM PET and FP-CIT SPECT.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa , T.Mori, A.Makino, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2015)  2015年10月
  • PET/MR装置による臨床画像の初期経験
    岡沢 秀彦, 辻川 哲也, 及川 広志, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰
    日本核医学会第82回中部地方会 2016年01月
  • パーキンソン病(PD)における脳線条体酸化ストレス強度の評価
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 辻川 哲也, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰, 米田 誠
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • 高分子ミセル型ポジトロン+近赤外蛍光デュアルイメージングプローブの開発
    牧野 顕, 友池 文佳, 木村 寛之, 小野 正博, 清野 泰, 佐治 英郎
    日本分子イメージング学会.第10総会・学術集会 2015年05月
  • Development of a low cost multipurpose system for F-18 labeled PET probe synthesis
    T.Mori, M.Kunieda, H.Okazawa, Y.Kiyono
    The 62nd Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • Phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) を標的とした新規PETプローブの開発
    牧野 顕, 荒井 貴大, 平田 雅彦, 大桃 善朗, 小野 正博, 佐治 英郎
    第15回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2015年09月
  • インドシアニングリーン結合ポリエチレングリコールを母体とした腫瘍診断用光音響プローブの開発
    金崎 健吾, 佐野 紘平, 牧野 顕, 小野 正博, 佐治 英郎
    第15回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2015年09月
  • PET probe detecting acquired drug resistance against EGFR targeted molecular therapy
    A.Makino, A.Miyazaki, A.Tomoike, H.Kimura, M.Hirata, Y.Ohmomo, M.Ono, H.Okazawa, Y.Kiyono, H.Saji
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2015 2015年10月
  • 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー、[18F]FBOX-2の自動合成
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月 選考有り
  • Evaluation of in vivo dynamics of the polymeric micelle by using two different radioisotope modification approaches
    A.Makino, A.Tomoike, M.Ono, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Saji
    The 9th Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry 2015年11月
  • Micelle type dual imaging probe for positron and near-infrared fluorescence imagings
    A.Makino, A.Tomoike, H.Kimura, M.Ono, H.Okazawa, Y.Kiyono, H.Saji
    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) 2015年12月
  • 学会製造基準の更新監査実施報告
    森 哲也, 矢野良一, 伊藤 陽, 牧野 顕, 辻川 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • PET機能画像は子宮肉腫患者の予後を予測する -エストロゲン受容体とFDG PET-
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 森 哲也, 牧野 顕, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • FES-およびFDG-PETによる 子宮肉腫の予後予測
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 牧野 顕, 森 哲也, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第11回 日本分子イメージング学会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 低酸素がん細胞に対する粒子線治療の効果予測に関する基礎的検討
    清野 泰、村田 桃子、牧野 顕、久米 恭、森 哲也、浅井 竜哉、岡沢 秀彦
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • Predictive value of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake in colorectal cancer treated with proton irradiation under hypoxic condition.
    Kiyono Y, Murata M, Makino A, Kume K, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り 日本核医学会
  • ナノ粒子をキャリアとしたイメージングプローブによる高コントラストイメージングのための基礎検討
    牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第12回日本分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • ナノ粒子プローブの薬剤投与からイメージングまでの時間短縮法の検討
    牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • 高分子ミセルの細胞内在化に関する基礎的検討
    牧野 顕、神谷 華映、森 駿太、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    日本薬学会第138年会 2018年03月 選考有り 日本薬学会
  • PET薬剤のろ過滅菌後におけるフィルター完全性試験の実績報告
    森 哲也、伊藤 陽、牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • PET/MRI定量評価のための動脈カウントキャリブレーション法の検討
    岡沢 秀彦、及川 広志、辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • Development of a new fluorine-18 labelled probe targeting norepinephrine transporter
    Makino A, Martinez ME, Okazawa H, Kiyono Y
    22nd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences(ISRS2017) 2017年05月 選考有り
  • Prognostic value of FES PET in patients with endometrial cancer
    Tsujikawa T, Yamada S, Tsuyoshi H, Kurokawa T, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Yoshida Y
    第12回分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • 全身骨髄TK1活性を可視化する FLT-PET/MRIによる 骨髄不全症の病態解明
    辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、岡沢 秀彦、多崎 俊樹、細野 奈穂子、山内 高弘
    第26回 福井県核医学研究会 2018年04月 選考有り 福井県核医学研究会
  • Assessment of bone marrow proliferation in bone marrow failure syndrome by FLT-PET/MRI
    辻川 哲也、多崎 俊樹、細野 奈穂子、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、山内 高弘、岡沢 秀彦
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • 抗がん剤と治療用放射性同位元素を内包した内照射治療用ナノ粒子の開発
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • Cu-64標識ナノ粒子の簡便合成法の検討
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第13回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2018年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Development of thermo-sensitive polymer micelle for direct injection at the targeted tumor region
    Makino A, manabe T, Asai T, Okazawa H, Kiyono Y
    256th ACS National Meeting 2018年08月 選考有り 米国化学会
  • 組織内照射と局所での化学療法との併用療法を可能にする温度応答性高分子ミセルの調製
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第7回日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック若手研究発表会 2018年12月 選考有り 日本バイオマテリアル学会
  • Predictive value of 18F-FDG and 18F-FLT uptake in colorectal cancer treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Makino A,Kume K,Mori T,Asai T, Okazawa H
    The 65th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2018年06月 選考無し
  • Changes in the accumulation of 18F-FDG and 18F-FLT in colorectal cancer cells treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Kume K, Makino A, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 12th World Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology (WFNMB 2018) 2018年04月 選考有り

受賞

  •  Journal of Peptide Science Best Paper Award Winner 20162016年

科学研究費補助金

  • 核医学診断および治療を目的とするナノ粒子キャリアの生体内制御技術の創成若手研究(A)
    代表者:牧野 顕 2014年度
  • 核医学診断および治療を目的とするナノ粒子キャリアの生体内制御技術の創成若手研究(A)
    代表者:牧野 顕 2015年度
  • 酸化的ハロゲン化反応を用いた放射性同位元素の迅速標識法の開発萌芽研究
    代表者:牧野 顕 2016年度
  • 核医学診断および治療を目的とするナノ粒子キャリアの生体内制御技術の創成若手研究(A)
    代表者:牧野 顕 2016年度