黒川 哲司

所属部署名器官制御医学講座 産科婦人科学
教員組織器官制御医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名准教授
更新日: 19/07/17 18:57

研究者基本情報

氏名

    黒川 哲司
    クロカワ テツジ
    KUROKAWA Tetsuji

基本情報

所属

  •  器官制御医学講座 産科婦人科学 准教授

学歴

  • 福井医科大学

経歴

  • 2001- 福井医科大学医学部 助手

所属学協会

    日本産婦人科学会,福井県母性衛生学会,

研究活動情報

論文

  • Metabolic tumor burden predicts prognosis of ovarian cancer patients who receive platinum-based adjuvant chemotherapy.
    Yamamoto M, Tsujikawa T, Fujita Y, Chino Y, Kurokawa T, Kiyono Y, Okazawa H, Yoshida Y
    Cancer Sci 107(4) 478-485 2016年04月 査読有り
  • 画像情報を中心とした医療情報統合化包括的教育支援への取り組み~5年間の経験と知見~
    *木村 浩彦, *豊岡 麻里子, *坂井 豊彦, *田中 雅人, *清野 正樹, *山下 芳範, *大垣内 多徳, *吉野 孝博, 黒川 哲司, *安達 登志樹, *伊藤 春海, *内木 宏延
    映像情報 Medical 47(3) 253-255 2015年03月 査読有り
  • Authors' reply: Transverse uterine fundal incision in placenta praevia with possible placenta accreta: a last resort.
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, C.Tamamura, A.Yoshida, H.Masuzaki, T.Sekiya, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 122(3) 448-449 2015年02月 査読有り
  • 画像情報を中心とした医療情報統合化包括的教育支援への取り組み~5年間の経験と知見~
    木村 浩彦, 豊岡 麻里子, 坂井 豊彦, 田中 雅人, 清野 正樹, 山下 芳範, 大垣内 多徳, 吉野 孝博, 黒川 哲司, 安達 登志樹, 伊藤 春海, 内木 宏延
    映像情報 Medical 47(3) 253-255 2015年03月 査読無し
  • Authors' reply: Transverse uterine fundal incision in placenta praevia with possible placenta accreta: a last resort
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, C.Tamamura, A.Yoshida, H.Masuzaki, T.Sekiya, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 122(3) 448-9 2015年02月 査読有り
  • Locally-advanced unresected uterine leiomyosarcoma with triple-modality treatment combining radiotherapy, chemotherapy and hyperthermia: A case report
    A.Shirafuji, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Oncol Lett 8(2) 637-641 2014年08月 査読有り
  • 子宮体下部~峡部の側壁を縦走する非瘢痕子宮破裂の4症例
    白藤 文, 黒川 哲司, 鈴木 秀文, 折坂 誠, 西島 浩二, 品川 明子, 髙橋 望, 岡 秀明, 山本 宝, 吉田 好雄
    産科と婦人科 81(2) 271-5 2014年02月 査読有り
  • 重症妊娠高血圧腎症における新たな降圧指針作成の可能性~胎児臍帯動脈血流速度波形からのアプローチ~
    上林 大岳, 西島 浩二, 打波 郁子, 山本 真, 佐藤 久美子, 髙橋 仁, 折坂 誠, 吉田 好雄, 黒川 哲司
    福井大学医学部研究雑誌 14(1) 42008 2014年01月 査読有り
  • Relation between outcomes and expression of estrogen receptor-α phosphorylated at Ser167 in endometrioid endometrial cancer
    E.Kato, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Chino, Y.Fujita, A.Shinagawa, Y.Yoshida
    Cancer Sci 105(10) 1307-12 2014年01月 査読有り
  • Cervical adenocarcinoma associated with persistent human papilloma and human immunodeficiency viral infections
    H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Int Canc Conf J 3(Issue 3) 195-199 2013年12月 査読有り
  • A novel treatment strategy for the gastrointestinal development of extremely premature infants:Administration of micelles derived from pulmonary surfactants and the vernix caseosa in pregnant rabbits
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Proceedings of 11th World Congress of Perinatal Medicine 2013年06月 査読有り
  • Transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta, involving the entire anterior uterine wall: a case series
    F.Kotsuji, K.Nishijima, T.Kurokawa, Y.Yoshida, T.Sekiya, M.Banzai, Y.Udagawa
    BJOG 120(9) 1144-9 2013年05月 査読有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET for Differential Diagnosis and Quantitative Evaluation of Mesenchymal Uterine Tumors: Correlation with Immunohistochemical Analysis
    Z.Zhao, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    J Nucl Med 54(4) 499-506 2013年04月 査読有り
  • Color Doppler sonography as an adjunct to repeat uterine evacuation for gestational trophoblastic disease: Case report
    H.Tsuyoshi, G.Sugita, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    J Clin Ultrasound. 41(Suppl 1) 19937 2013年03月 査読有り
  • HIV感染とHPV18型の混合持続感染が発症要因と考えられた子宮頸部腺癌の1例
    津吉 秀昭, 品川 明子, 知野 陽子, 黒川 哲司, 森 正樹, 吉田 好雄, 今村 好章, 小辻 文和
    産婦人科の実際 61(6) 953-956 2012年06月 査読無し
  • Diagnosis and management of leiomyosarcoma arising from ovarian vein: case report and literature review
    H.Tsuyoshi, Y.Yoshida, T.Kurokawa, F.Kotsuji
    J Obstet Gynaecol Res 38(2) 466-470 2012年02月 査読有り
  • The potent peptide antagonist to angiogenesis, C16Y, and cisplatin act synergistically in the down- regulation of the Bcl-2/Bax ratio and the induction of apoptosis in human ovarian cancer cells
    A.Shinagawa, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Horiuchi, H.Tsuyoshi, M.Orisaka, Y.Sawamura, Kleinman HK, F.Kotsuji
    Int J Oncol 39(6) 1359-1364 2011年11月 査読有り
  • Role of PET/CT in gynecological tumors based on the revised FIGO staging classification
    T.Tsujikawa, T.Tsuchida, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Kimura
    Clin Nucl Med 36(9) e114-118 2011年09月 査読有り
  • Transient elevation of international normalized ratio during cisplatin-based chemotherapy in patients who are taking warfarin
    R.Yano, T.Kurokawa, H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, Y.Sawamura, A.Matsunaga, T.Nakamura, Y.Yoshida, M.Yoneda, F.Kotsuji, M.Masada
    Ann Pharmacother 45(9) 2011年09月 査読有り
  • Catastrophic progression of preterm delivery caused by 2009 H1N1 influenza infection
    K.Nishijima, T.Kurokawa, A.Shinagawa, I.Uchinami, H.Tsuyoshi, F.Kotsuji
    J. Emerg. Nurs. 37(5) 435-6 2011年09月 査読有り
  • 婦人科癌
    辻川 哲也, 土田 龍郎, 吉田 好雄, 黒川 哲司, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 木村 浩彦
    臨床放射線 56(6) 730-740 2011年06月 査読無し
  • 広範囲な穿通胎盤症例の膀胱温存法~病的膀胱の修復とカテーテル留置による膀胱摘出の回避~
    西島 浩二, 高橋 仁, 山本 真, 折坂 誠, 黒川哲司, 吉田 好雄, 小辻 文和, 秋野 裕信, 青木 芳隆
    産婦人科の実際 60(4) 609-613 2011年04月 査読有り
  • Functional oestrogen receptor alpha imaging in endometrial carcinoma using 16α-[18F]fluoro-17β-oestradiol PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Kurokawa, T.Kudo, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Eur J Nucl Med Mol Imaging. 38(1) 37-45 2011年01月 査読有り
  • Additional value of 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol PET for differential diagnosis between uterine sarcoma and leiomyoma in patients with positive or equivocal findings on [18F]fluorodeoxyglucose PET
    Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, T.Kurokawa, H.Okazawa, F.Kotsuji
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(10) 1824-1831 2011年01月 査読有り
  • Localisation of phosphorylated mTOR expression is critical to tumour progression and outcomes in patients with endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Horiuchi, Y.Sawamura, A.Shinagawa, F.Kotsuji
    Eur J Cancer 46(18) 3445-3452 2010年12月 査読有り
  • 婦人科領域におけるPET/CT検査
    吉田 好雄, 黒川 哲司, 澤村 陽子, 品川 明子, 小辻 文和, 辻川 哲也, 岡沢 秀彦
    産婦人科治療 101(1) 25-33 2010年07月 査読無し
  • 反復帝切による腹腔内癒着防止のために~私どもが行う腹膜外帝切とトレーニング法~
    黒川 哲司, 西島浩二, 吉田好雄, 小辻文和
    産婦人科手術 21 21-29 2010年06月 査読無し
  • Advances in imaging techniques for diagnosis of endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, F.Kotsuji
    Expert opinion on medical diagnosis 4(3) 281-291 2010年05月 査読有り
  • Images in emergency medicine. Pregnant woman with gastric pain. Hypertriglyceridemia-induced pancreatitis
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Yamamoto, M.Orisaka, C.Suzuki, H.Tsukahara, K.Syukunami, T.Kurokawa, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Ann Emerg Med. 55(5) 483-490 2010年05月 査読有り
  • Protein kinase inhibitors emodin and dichloro-ribofuranosylbenzimidazole modulate the cellular accumulation and cytotoxicity of cisplatin in a schedule-dependent manner
    T.Kurokawa, Guangan He, Zahid H. Siddik
    Cancer Chemother Pharmacol 65(3) 427-36 2010年02月 査読有り
  • Assessment of fluorodeoxyglucose uptake by leiomyomas in relation to histopathologic subtype and the menstrual state
    Y.Yoshida, T.Tsujikawa, T.Kurokawa, T.Tsuji, Y.Imamura, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, F.Kotsuji
    J Comput Assist Tomogr 33(6) 877-881 2009年11月 査読有り
  • Positron emission tomography in ovarian cancer: 18F-deoxy-glucose and 16alpha-18F-fluoro-17beta-estradiol PET
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, T.Tsujikawa, H.Okazawa, F.Kotsuji
    J Ovarian Res 2(1) 7 2009年06月 査読有り
  • Functional images reflect aggressiveness of endometrial carcinoma: Estrogen receptor expression combined with FDG-PET
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Kurokawa, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    J Nucl Med 50(10) 1598-1604 2009年01月 査読有り
  • 腹腔鏡下手術におけるスコープ操作の自己トレーニング法
    田嶋 公久, 黒川 哲司, 保野 由紀子, 奥田 亜紀子, 井元 康文, 小辻 文和, 島田 逸人
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24(2) 425-428 2008年12月 査読有り
  • Metastatic involvement of sacral nerve roots from uterine carcinoma: a case report
    K.Uchida, S.Kobayashi, T.Yayama, J.Muramatsu, T.Kurokawa, Y.Imamura, H.Baba
    Spine J 8(5) 849-852 2008年09月 査読有り
  • Uterine tumors: Pathophysiologic imaging with 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol and FDG-PET ? Initial experience
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Radiology 248(2) 599-605 2008年08月 査読有り
  • Comparison of 18F-FDG PET and MRI in assessment of uterine smooth muscle tumors
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Sawamura, A.Shinagawa, T.Tsujikawa, H.Okazawa, T.Tsuchida, Y.Imamura, N.Suganuma, F.Kotsuji
    J Nucl Med 49(5) 708-712 2008年05月 査読有り
  • Laminin-1-derived scrambled peptide AG73T disaggregates laminin-1-induced ovarian cancer cell spheroids and improves the efficacy of cisplatin
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Nishikawa, M.Orisaka, HK.Kleinman, F.Kotsuji
    Int J Oncology 32(3) 673-81. 2008年03月 査読有り
  • 子宮腫瘍性疾患におけるエストロゲン受容体とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 吉田 好雄, 工藤 崇, 清野 泰, 黒川 哲司, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    臨床放射線 53(10) 1238-1243 2008年01月 査読有り
  • A comparison of uterine peristalsis in women with normal uteri and uterine leiomyoma by cine magnetic resonance imaging
    M,Orisaka, T.Kurokawa, K.Shukunami, S.Orisaka, S,Fukuda, A.Shinagawa, N,Ihara, H,Yamada, H,Itoh, F,Kotsuji
    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 135(1) 111-5 2007年11月 査読有り
  • The positron emission tomography with F18 17beta-estradiol has the potential to benefit diagnosis and treatment of endometrial cancer
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y, Sawamura, A.Shinagawa, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, F. Kotsuji
    Gynecol Oncol 104(3) 764-766 2007年03月 査読有り
  • Assessment of the vascularity of uterine leiomyomas using double-echo dynamic perfusion-weighted MRI with the first-pass pharmacokinetic model: Correlation with histopathology
    小坂 信之, H. Uematsu, H.Kimura, Y.Ishimori, T.Kurokawa, T.Matsuda, H.Itoh
    Investigative Radiology 42(9) 629-635 2007年 査読有り
  • A benign solitary uterine leiomyuoma on the pelvic peritoneum detected long after the hysterectomy for fibroids
    K.Shukunami, K.Nishijima, T.Kurokawa, M,Orisaka, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    J Obstet 26(6) 589 2006年08月 査読有り
  • Leiomyoma originating in the greater omentum
    K.Shukunami, T.Kurokawa, K.Nishijima, F.Kotsuji
    Eur J Obstet Gynecol RB. 119(2) 257 2005年04月 査読有り
  • A small-angled thin edge of the placenta predicts abnormal placentation at delivery
    K.Shukunami, K.Nishijima, T.Kurokawa, K.Tajima, N.Kamitani, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    J Ultrasound Med. 24(3) 331-335 2005年03月 査読有り
  • Efficacy of intraperitoneal continuous hyperthermic chemotherapy as consolidation therapy in patients with advanced epithelial ovarian cancer:A long-term follow-up
    Y.Yoshida, H.Sasaki, T.Kurokawa, K.Kawahara, K.Shukunami, K.Katayama, A.Yamaguchi, F.Kotsuji
    Oncology Reports 13(1) 121-125 2005年01月 査読有り
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体処理導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 八木原亮, 福田美佳, 河原和美, 森正樹, 今村好章, 福野直孝, 紙谷尚之, 小辻文和
    日臨細胞誌 44(1) 42165 2005年01月 査読有り
  • Massive subchorionic hematoma: peculiar prenatal images and review of the literature
    K. Nishijima, K. Shukunami, H. Tsuyoshi, M. Orisaka, K. Tajima, T. Kurokawa, Y.Yoshida, F. Kotsuji
    Fetal Diagn Ther. 20(1) 23-26 2005年01月 査読有り
  • Evaluation of positron emission tomography with tracer 18-fluorodeoxyglucose in addition to magnetic resonance imaging in the diagnosis of ovarian cancer in selected women after ultrasonography
    Kawahara, K., Yoshida, Y., Kurokawa, T., Suzuki, Y., Nagahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    J Comput Assist Tomogr 28(4) 505-516 2004年07月 査読有り
  • Expression of GLUT-1 Glucose Transfer, Cellular Proliferation Activity, and Grade of Tumor Correlate with?[F-18]- Fluorodeoxyglucose uptake by Positron Emission Tomography in Epithelial Tumors of the Ovary
    Kurokawa, T, Yoshida, T, Kawahara, K, Tsutida, T, Okazawa, H, Fujibayashi, Y, Yonekura, Y, Kotsuji, F
    International Journal of Cancer 109(6) 926-932 2004年05月 査読有り
  • 持続温熱灌流法の薬剤耐性克服への効果
    吉田好雄, 佐々木博正, 黒川哲司, 河原和美, 片山寛次, 山口明夫, 小辻文和
    産婦人科の世界 56(4) 343-348 2004年04月 査読有り
  • Incremental benefits of FDG positron emission tomography over CT alone for the preoperative staging of ovarian cancer
    Yoshida, Y., Kurokawa, T., Kawahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayasi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    Am J Roentgenol 182(1) 227-233 2004年01月 査読有り
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となったextraovarian serous surface papillary carcinomaの一例
    吉田好雄, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 河原和美, 今村好章, 山本宝, 紙谷尚之, 小辻文和
    日本臨床細胞学会誌 43(1) 42-46 2004年01月 査読有り
  • Metabolic monitoring of advance uterine cervical cancer neoadjuvant chemotherapy by using F-18-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography:Preliminary results in three patients
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Yagihara, A, Kawahara, K, Fujibayashi, Y, Yonekura, Y, Kotsuji, F
    Gynecol.Oncol. 95 594-602 2004年 査読有り
  • 婦人科悪性腫瘍の診断・治療おけるFDG-PET
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和
    日本産科婦人科学会東北連合地方会誌 51 13-18 2004年 査読無し
  • 婦人科悪性腫瘍とFDG-PET
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 鈴木由里子, 小辻文和
    Practical ONCOLOGY 16 14-16 2003年03月 査読無し
  • Acquisition of anchorage independence in human ovarian cancer: establishment and characterization of TAC3, a novel cell line with high proliferation capacity under floating conditions
    Nishikawa, Y, Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kawahara, K, Tajima, K, Kotsuji, F
    Int.J.Oncology 23 1679-1684 2003年 査読有り
  • 18F-FDG/18F-FES standardized uptake value ratio determined using PET predicts prognosis in uterine sarcoma
    M.Yamamoto, Y.Tsujikawa, S.Yamada, T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Oncotarget 8(14) 22581-22589 2017年04月 査読有り
    Y.Yoshida
  • Surgical Apgar Score predicts 30-day morbidity in elderly patients who undergo non-laparoscopic gynecologic surgery: A retrospective analysis
    K.Kurata, Y.Chino, A.Shinagawa, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Int J Surg 48 215-219 2017年12月 査読有り
    Y.Yoshida
  • 福井県の住民検診におけるHPV検査併用検診導入の試み-Fukui Cervical Cancer Screening Studyの1年目の結果-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,小林 基弘,吉田 好雄
    日本がん検診・診断学会誌 25(2) 169-175 2018年01月 査読有り
    黒川 哲司
  • Evaluation of retained products of conception using pulsed continuous arterial spin-labeling MRI: clinical feasibility and initial results
    N.Kosaka, Y.Fujiwara, T.Kurokawa, T.Matsuda, M.Kanamoto, N.Takei, K.Takata, J.Takahashi, Y.Yoshida, H.Kimura
    MAGMA 31(4) 577-584 2018年03月 査読有り
  • Identification of ideal strategy of cervical cancer screening in Japan based on Fukui cervical cancer screening study.
    T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, M.Kobayashi, Y.Yoshida
    2017 ASCO Annual Meeting Abstracts e17025-e17025 2017年 査読有り
  • 漿液粘液性境界悪性腫瘍の妊孕性温存手術後7年で腫瘤を形成し、漿液粘液性癌と診断された症例
    清水 可奈子,吉田 好雄,黒川 哲司,中島 彰俊,島 友子,榎本 隆之,西野 幸治,麻谷 美奈,本山 悌一
    産婦人科の実際 67(3) 297-301 2018年03月 査読有り
    吉田 好雄

著書

  • ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック
    吉田 好雄, 佐々木 博正, 黒川 哲司, 小辻 文和, 片山 寛次, 山口 明夫
    執筆、編集
    播種性転移の治療(2)~化学温熱腹膜灌流療法を用いた卵巣がん治療法の試み~
    株式会社 神陵文庫 2008年05月

講演・口頭発表等

  • 急性腹症で発症した卵巣未分化胚細胞腫の経験
    鈴木 孝二、津田 雅世、林 泰平、杉田 元気、黒川 哲司、畑 郁江、今村 好章、吉川 利英、谷澤 昭彦、大嶋 勇成
    第34回京都大学小児血液腫瘍研究会 2016年02月 選考無し
  • 福井大学におけるアバスチンの使用経験
    黒川 哲司
    福井婦人科がんフォーラム 2017年02月 選考無し
  • HPVワクチンに関して
    黒川 哲司
    第16回福井県予防接種研究会 2015年10月 選考無し
  • 系統講義への教育システムの活用
    黒川 哲司
    先進イメージング教育研究センター平成27年度教育システム活用セミナー 2015年09月 選考無し
  • 証拠が語る.HPV16/18型タイピングの重要性.-福井県における併用検診導入(FCCS Study)の2年間の結果から-
    黒川 哲司
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月 選考無し
  • PET機能画像は子宮肉腫患者の予後を予測する -エストロゲン受容体とFDG PET-
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 森 哲也, 牧野 顕, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 福井県の子宮頸がん検診にHPV検査を導入し感度は向上するのか
    黒川 哲司
    第54回日本癌治療学会学術集会 2016年10月 選考有り
  • 子宮頸がん検診 福井県におけるHPV併用検診導入の中間報告
    黒川 哲司
    第1回日本HPV研究会・学術集会 2016年10月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み-液状化検体法と免疫染色法導入の試み-
    黒川 哲司
    第33回日本臨床細胞学会北陸連合会学術集会 2016年09月 選考無し
  • 進行・再発子宮頸がん最新の治療
    黒川 哲司
    第9回福井産婦人科研究会 2016年08月 選考無し
  • 臨床講義にActive learning導入の試み
    黒川 哲司,木村 浩彦,田中 雅人,上坂 秀樹
    第48回日本医学教育学会大会 2016年07月
  • 正常胸部レントゲン読影教育のシステム化
    田中 雅人,伊藤 春海,上坂 秀樹,安達 登志樹,藤本 真一,黒川 哲司,犬伏 正幸,豊岡 麻理子,坂井 豊彦,木村 浩彦
    第48回日本医学教育学会大会 2016年07月
  • 日本におけるHPV16/18型個別検出の有用性-福井県における併用検診導入への取り組み-
    黒川 哲司
    第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016年07月 選考無し
  • FES-およびFDG-PETによる 子宮肉腫の予後予測
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 牧野 顕, 森 哲也, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第11回 日本分子イメージング学会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Evaluation of Retained Products of Conception by Arterial Spin Labeling MRI:Clinical Feasibility and Initial Results
    N Kosaka, Y Fujiwara, M Kanamoto, T Matsuda, T Yamamoto, K Shimizu, K Ota, Y Yoshida, T Kurokawa, H Kimura
    International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 24th Annual Meeting &Exhibition 2016年05月 選考有り
  • 福井県においてHPV検査併用検診は有用なのか?―子宮頸がんで苦しむ患者“0”への取り組み―
    黒川 哲司
    平成27年度福井県婦人がん検診講習会 2016年03月 選考無し
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み
    黒川 哲司
    第53回日本癌治療学会学術集会 2015年10月 選考有り
  • Arterial spin labeling MRIを用いた遺残胎盤/胎盤ポリープの血流評価
    小坂 信之,清水 一浩,黒川 哲司,藤原 康博,松田 豪,金本 雅行,山元 龍哉,太田 加奈子,吉田 好雄,木村 浩彦
    第43回日本磁気共鳴医学会大会 2015年09月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み-液状化検体法と免疫染色法導入の試み-
    黒川 哲司
    第63回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2015年09月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診に液状検体法導入の試み
    黒川 哲司
    第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2015年08月 選考有り
  • 子宮内膜細胞診が陽性だった卵巣出血の1例
    知野 陽子, 黒川 哲司, 服部 克成, 品川 明子, 吉田 好雄, 笠島 忍, 今村 好章
    第32回福井県日本臨床細胞学会総会並びに学術集会 2015年03月 選考無し 0
  • Semiquantitative Measurement of the vascularity of Uterine leiomyomas by Double-Echo dynamic perfusion-weighted MRI : Correlation with histopathology
    Kosaka, N., Uematsu, H., Kimura, H., Ishimori, Y., Kurokawa, T., Itoh, H.
    Radiological Society of North America 91st Scientific Assembly and Annual Meeting 2005年11月
  • 婦人科腫瘍におけるFES-PETの役割
    吉田好雄, 黒川哲司, 八木原亮, 小辻文和
    第53回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2005年09月
  • 子宮内反症の早期診断
    加藤栄一, 黒川哲司, 小辻文和
    第53回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2005年09月
  • Perfusion weighted MRIによる子宮癌治療効果の検討
    小坂信之, 植松秀昌, 木村浩彦, 石森佳幸, 黒川哲司, 伊藤春海
    第33回日本磁気共鳴医学会大会 2005年09月
  • PET検査の子宮内膜癌診療への導入に向けた細胞病理学的検討
    黒川哲司
    第38回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2005年07月
  • 術前化学療法を施行した進行子宮内膜癌の5例
    宮崎ミカ, 黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 小辻文和
    第13回福井婦人科悪性腫瘍研究会 2005年06月
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 八木原亮, 福田美佳, 小辻文和
    第46回日本臨床細胞学会総会(春季大会) 2005年05月
  • The assessment of the vascularity of uterine leiomyomas using Double-Echo dynamic perfusion MRI : Correlation with histopathology
    Kosaka, N., Uematsu, H., Kimura, H., Ishimori, Y., Kurokawa, T., Itoh, H.
    International Society for Magnetic Resonance in Medicine 2005年05月
  • 子宮頸癌における血管新生の画像化の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 八木原亮, 河原和美, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • Kinematic MRIによる産褥子宮の機能的評価
    打波郁子, 西島浩二, 福田真, 折坂誠, 黒川哲司, 有倉清香, 宿南憲一, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • ラミニン由来人口ペプチド(AG73とその誘導体のAG73 scramble)の卵巣癌転移への役割
    吉田好雄, 福田美佳, 西川有紀子, 河原和美, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 新規ラミニン由来人工ペプチド(C16Y)の卵巣癌細胞へのアポトーシス誘導能の検討
    八木原亮, 吉田好雄, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 術前の画像診断で卵巣腫瘍との鑑別を要した子宮後壁より発生したmalignant mix mesonephric tumor(MMMT)with cystic formation の一例
    辻隆博, 吉田好雄, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 妊娠初期の胎盤辺縁角測定による分娩期前置胎盤の予測
    宿南憲一, 西島浩二, 打波郁子, 黒川哲司, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • 骨盤領域におけるPerfusion weighted MRIの基礎研究:子宮筋腫における免疫組織染色との対比検討
    小坂信之, 植松秀昌, 木村浩彦, 石森佳幸, 黒川哲司, 伊藤春海
    第64回日本医学放射線学会学術集会 2005年04月
  • 乳癌から発見された子宮内膜癌の一例
    宮崎ミカ, 黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第22回日本臨床細胞学会福井県支部総会 2005年03月
  • 一年間の子宮頚部細胞診がⅢa、Ⅱ、Ⅱ、Ⅳと変化した一例
    加藤栄一, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第22回日本臨床細胞学会福井県支部総会 2005年03月
  • Kimematic MRIによる産褥子宮の機能的評価の試み
    打波郁子, 西島浩二, 有倉清香, 福田 真, 黒川哲司, 折坂 誠, 宿南憲一, 小辻文和, 伊原 昇, 河村泰孝, 伊藤春海
    第16回福井MR研究会 2005年03月
  • Role of {F-18}-Fuluorodeoxyglucose uptake by positron emission tomography in gynecologic malignancies
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kotsuji, F
    The 3rd Canada- Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • Role of lamininpeptid in ovarian cancer metastasis
    Yoshida, Y, Kurokawa, T, Kotsuji, F
    The 3rd Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • 進行子宮頸癌における化学放射線同時併用療法と放射線単独療法の有用性の比較検討
    八木原亮, 黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第52回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2004年09月
  • 子宮内膜細胞診に保存液を使用した液状検体処理導入の試み
    黒川哲司, 吉田好雄, 津吉秀昭, 宮崎ミカ, 八木原亮, 河原和美, 小辻文和
    第52回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会・学術大会 2004年09月
  • Perfusion weighted MRI による子宮筋腫の局所血液量評価:免疫組織染色との対比検討
    小坂信之, 植松秀昌, 木村浩彦, 石森佳幸, 黒川哲司, 伊藤春海
    第32回日本磁気共鳴医学会大会 2004年09月
  • 婦人科疾患におけるFES-PETの経験
    Yoshida, Y., Kawahara, K., Kurokawa, T., Suzuki, Y., Nagahara, K., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Kotsuji, F.
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • FDG-PETの子宮頸癌術前化学療法の効果判定への応用
    Kurokawa, T., Yoshida, Y., Kawahara, K., Yagihara, A., Suzuki, Y., Tsuchida, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Imamura, Y., Kotsuji, F.
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • プラチナ抵抗性再発卵巣癌に対する、weekly Paclitaxel(w-PAC)療法後のPaclitaxel/Carboplatin(TJ)寛解導入療法の経験
    河原和美, 石田善建, 有倉清香, 八木原亮, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第32回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2004年06月
  • 卵巣癌におけるPET検査のFDG集積能は、悪性度に相関する
    黒川哲司, 吉田好雄, 石田善建, 有倉清香, 八木原亮, 吉井久美子, 打波郁子, 西島浩二, 福田真, 田嶋公久, 河原和美, 宿南憲一, 後藤健次, 小辻文和
    第12回福井婦人科悪性腫瘍研究会 2004年06月
  • FDG-PETを用いた子宮肉腫診断の試み
    鈴木由里子, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • kinematic MRIを用いた新たな子宮機能評価の試み 【高得点採択演題】
    福田 真, 折坂 誠, 黒川哲司, 折坂早苗, 福田美佳, 品川明子, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 子宮体癌におけるglucose transporter(GLUT-1)発現の臨床的意義:予後因子や低酸素症誘導因子発現との関連
    黒川哲司, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • FDG-PET検査を用いた進行子宮頸癌に対する術前静注化学療法(EP療法)の治療効果判定:MRIとの有用性との比較
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 進行卵巣癌に対する地固め療法としての持続温熱腹膜潅流(CHPP)は有効である
    河原和美, 吉田好雄, 佐々木博正, 黒川哲司, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • ラミニンペプチドAG73scramableの卵巣がん腹膜播種抑制に関する研究
    吉田好雄, 福田美佳, 西川有紀子, 黒川哲司, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • 子宮内膜細胞診38診におけるThinlayer標準導入のメリット、デメリット-細胞採取~検体処理~検体の精度まで-
    黒川哲司, 石田善建, 吉田好雄, 有倉清香, 宮崎ミカ, 津吉秀昭, 吉井久美子, 八木原亮, 打波郁子, 西島浩二, 福田 真, 田嶋公久, 河原和美, 宿南憲一, 後藤健次, 小辻文和, 森正樹, 今村好章
    第21回福井県臨床細胞学会 福井支部総会並びに学術集会 2004年03月
  • 集団検診で発見された進行子宮頚部腺癌の一例
    八木原亮, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 田嶋公久, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和, 森 正樹, 今村好章, 森下陽子
    第21回福井県臨床細胞学会 2004年03月
  • 子宮頚部原発の癌肉腫の1例
    宮崎ミカ, 八木原亮, 里見裕之, 黒川哲司, 吉田好雄, 小辻文和, 今村好章
    第21回福井県臨床細胞学会福井支部総会並びに学術集会 2004年03月
  • kinematic MRIを用いた新たな子宮機能評価の試み田嶋公久:卵胞細胞における性ステロイド産生に果たすMAPKの役割
    福田真, 折坂誠, 黒川哲司, 小辻文和
    第2回生殖生物学に関する合同セミナー 2004年03月
  • 集団検診で発見された進行子宮頚部腺癌の一例
    八木原亮, 宮崎ミカ, 黒川哲司, 田嶋公久, 河原和美, 吉田好雄, 小辻文和, 森正樹, 今村好章, 森下陽子
    平成16年度福井県婦人がん検診講習会 2004年03月
  • Establishemnt of a novel human ovarian cancer cell linewith high anchorage-independent growth ability
    Yoshida, Y, Nishikawa, Y, Kurokawa, T, Kawahara, K, Tajima, K, Kotsuji, F
    9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular Medicine 2004年01月
  • 近位部静脈血栓を認めた6例の検討
    山村 修, 藤山二郎, 井川正道, 伊藤 繭, 藤井明弘, 李 相植, 中川広人, 伊藤義幸, 濱野忠則, 米田 誠, 東 健, 栗山 勝, 玉 直人, 鈴木仁弥, 宮森 勇, 里見裕之, 黒川哲司, 小辻文和, 野田 透, 寺沢秀一
    第6回日本栓子検出と治療学会 2003年12月
  • FDG-PET検査の子宮癌診療への応用 -子宮頸癌の化学療法や放射線治療の治療効果予測の可能性
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 土田龍郎, 岡沢秀彦, 藤林靖久, 米倉義晴
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • 卵巣癌におけるPET検査のFDG集積能は悪性度に相関する
    黒川哲司
    第34回日本婦人科腫瘍学会・学術集会 2003年07月
  • 分娩直後から寝ている褥婦には要注意
    加藤栄一, 西島浩二, 黒川哲司, 大道由紀子, 仲野ひろ子, 紙谷尚之, 後藤健次, 小辻文和
    第16回福井県母性衛生学会 2003年06月
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となった腹膜原発の表在性乳頭性腺癌の一例
    吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 山本宝, 鈴木秀文, 今村好章, 小辻文和
    第44回日本臨床細胞学会総会 2003年06月
  • 子宮頚部細胞診が発見の契機となったextraovarian serous surface papillary carcinomaの一例
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 黒川哲司, 河原和美, 小辻文和, 今村好章, 山本宝, 紙谷尚之
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症に対するDJカテーテル挿入の効果
    折坂早苗, 吉田好雄, 河原和美, 田嶋公久, 黒川哲司, 高島美佳, 小辻文和
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症に対するDJカテーテル挿入の効果
    折坂早苗, 吉田好雄, 河原和美, 田嶋公久, 黒川哲司, 高島美佳, 小辻文和
    婦人科悪性腫瘍研究会 2003年06月
  • 卵巣癌診断のためのFDG-PET検査の有用性:MRI/CTとの比較第
    河原和美, 吉田好雄, 黒川哲司, 永原健児, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • 卵巣癌におけるPET検査のFDG集積能は悪性度に相関する
    黒川哲司, 吉田好雄, 河原和美, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • HRT中に発見された子宮体癌の2例
    黒川哲司, 河原和美, 田嶋公久, 吉田好雄, 小辻文和, 今村好章, 森正樹
    第20回日本臨床細胞学会福井県支部総会ならびに学術大会 2003年03月
  • 性感染症からみたGBSの検討
    黒川哲司
    第4回福井性感染症研究会 2003年03月
  • 子宮頸部細胞診が発見の契機となった腹膜原発の表在性乳頭癌の一例
    宮崎ミカ, 吉田好雄, 河原和美, 黒川哲司, 小辻文和, 今村好章, 鈴木秀文, 山本宝
    第20回日本臨床細胞学会福井県支部総会並びに学術集会 2003年03月
  • 進行卵巣癌に対し、地固め療法としての持続温熱腹膜潅流方(CHPP)は薬剤耐性を克服し長期生存につながる可能性がある
    吉田好雄, 佐々木博正, 河原和美, 黒川哲司, 片山寛次, 山口明夫, 小辻文和
    第41回日本癌治療学会総会 2003年01月
  • 広汎子宮全摘術後に発生する、腎・尿路系合併症予防に対するDJカテーテル挿入の効果
    宮崎ミカ, 折坂早苗, 河原和美, 黒川哲司, 福田美佳, 田嶋公久, 吉田好雄, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • 閉経後に生じた子宮筋層内膿瘍の一例
    鈴木由里子, 永原健児, 黒川哲司, 河原和美, 宿南憲一, 吉田好雄, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • Suggesting ideal strategy of cervical cancer screening in Japan:first report of the Fukui Cervical Cancer Screening study
    T.Kuorkawa
    AOGIN 2017 Tokyo Meeting 2017年10月
  • Suggesting ideal strategy of cervical cancer screening in Japan based on Fukui cervical cancer screening study
    T.Kurokawa
    EUROGIN 2017 2017年10月
  • Suggesting ideal strategy of cervical cancer screening in Japan:First report of the Fukui Cervical Cancer Screening Study
    T.Kurokawa
    ASGO2017(The 5th Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology) 2017年12月
  • 証拠が語る.HPV16/18型タイピングの重要性.-福井県における併用検診導入(FCCS Study)の2年間の結果から-
    黒川 哲司
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月
  • 記述式内膜細胞診様式に基づいた診断への試み
    品川 明子,黒川 哲司,大沼 利通,津吉 秀昭,知野 陽子,岩崎 和美,森 正樹,今村 好章,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月
  • HPV併用検診で発見されたNILMかつCIN3症例の検討
    大沼 利通,黒川 哲司,品川 明子,吉田 好雄
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017年05月 大沼 利通
  • 福井県における対策型検診にHPV(Human Papillomavirus)検査同時併用検診導入の試み-横断的検討結果を報告-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第26回日本婦人科がん検診学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 当院における婦人科悪性腫瘍に対する腹腔内温熱化学療法の現状
    黒川 哲司,西村 俊哉,井上 大輔,髙橋 望,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,片山 寛次,吉田 好雄
    日本ハイパーサーミア学会第34回大会 2017年09月
  • 婦人科癌に対するHIPEC~当科での現況と展望
    井上 大輔,黒川 哲司,西村 俊哉,杉田 元気,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    日本ハイパーサーミア学会第34回大会 2017年09月
  • The assessment of cervical cancer screening using the contesting with cervical cytology and high-risk human papillomavirus testing in Fukui prefecture
    T.Kurokawa,A.Shinagawa,Y.Chino,Y.Yoshida
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 当院における高齢婦人科手術患者の検討
    倉田 和巳,黒川 哲司,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • Prognostic value of FES PET in patients with endometrial cancer
    T.Tsujikawa, S.Yamada, H.Tsuyoshi, T.Kurokawa, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, A.Makino, Y.Kiyono, Y.Yoshida, H.Okazawa
    第12回分子イメージング学会学術集会 2017年05月
  • 18F-FES and 18F-FDG PET/MR imaging of gynecologic tumors: Initial experience in 5 cases
    T.Tsujikawa, H.Tsuyoshi, S.Yamada, A.Shinagawa, Y.Chino, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Yoshio, H.Okazawa
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月
  • 子宮内膜細胞診ATEC(A typical endometrial cells)症例の臨床的取扱いの検討
    品川 明子,黒川 哲司,山田 しず佳,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,知野 陽子,吉田 好雄,岩崎 和美,前川 秀樹,森 正樹,今村 好章
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017年07月
  • 子宮頸癌におけるMieapαの発現と役割
    山本 真,山田 しず佳,常木 雅之,中村 康之,黒川 哲司,吉田 好雄,荒川 博文
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2047年07月
  • 体脂肪と子宮頸癌術後の放射線性腸炎との関連
    杉田 元気,黒川 哲司,土田 達,吉田 好雄
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2047年07月
  • LSCにおけるESBL産生大腸菌メッシュ感染に対しST合剤が著効した1例
    大沼 利通,白藤 文,知野 陽子,伊藤 太郎,飯藤 弘光,清水 可奈子,山田 しず佳,髙橋 望,川村 裕士,玉村 千代,津吉 秀昭,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第19回日本女性骨盤底医学会 2017年07月
  • 福井県における対策型検診にHPV検査同時併用検診導入の試み
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第56回日本臨床細胞学会秋期大会 2017年11月
  • 当院での婦人科悪性腫瘍に対するHIPEC(腹腔内温熱化学療法)
    井上 大輔,西村 俊哉,杉田 元気,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,*片山 寛次,吉田 好雄
    第40回日本産婦人科手術学会 2017年11月
  • 子宮体がん検診に向けて-液状検体法を導入した内膜細胞診の精度向上への取り組み-
    黒川 哲司
    福島県産婦人科学会総会・春期学術集会 日本産婦人科医会・日本体がん協会共同シンポジウム 2017年04月
  • 当院における高齢婦人科手術後短期で死亡した例の予測因子検討
    倉田 和巳,黒川 哲司,吉田 好雄
    第45回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2017年06月
  • 若年婦人がん患者への意思決定支援
    藤井 芽久美,板谷 真由,蒔田 侑子,黒川 哲司,北浜 紀美子
    第30回福井県母性衛生学会総会ならびに学術集会 2017年06月
  • 腹膜播種を伴う子宮平滑筋肉腫に対し腫瘍減量術と腹腔内温熱化学療法を施行した2例
    西村 俊哉,津吉 秀昭,井上 大輔,杉田 元気,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • APAMの長期経過観察中に悪性転化を疑い子宮摘出に至った若年者の一例
    新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,西村 俊哉,玉村 千代,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 福井県のHPV検査同時併用検診の臨床研究からみた細胞診検診の精度
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第34回日本臨床細胞学会北陸連合会学術集会 2017年09月
  • 進行・再発子宮頸がんの治療
    黒川 哲司
    第10回福井産婦人科研究会 2017年08月
  • 不妊治療における子宮鏡下手術の役割
    山本 輝,折坂 誠,白藤 文,宮﨑 有美子,玉村 千代,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回中日本産婦人科セミナー 2017年07月
  • 広汎子宮頚部摘出術後に妊娠が成立した一例
    八代 憲司,田中 良明,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第84回夏期臨床研修会 2017年08月
  • 胎盤肥厚に遺残胎盤を伴った1例
    西村 俊哉,髙橋 仁,新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第31回北陸周産期・新生児研究会 2017年10月
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み
    黒川 哲司
    第33回茨城県臨床細胞学会学術集会・総会 2018年03月
  • HPV併用検診で発見されたNILMかつCIN3症例の検討~FCCS(Fukui Cervical Cancer Screening)studyの結果より~
    大沼 利通,黒川 哲司,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第35回福井県臨床細胞学会総会並びに学術集会 2018年02月
  • 子宮頸がんの早期発見と治療の最前線
    黒川 哲司
    第9回地域連携カンファレンス 2018年03月
  • 卵巣甲状腺腫か甲状腺腫性カルチノイドかの鑑別に苦慮しているpseudo Meigs症候群の一例
    倉田 和巳,西村 俊哉,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 子宮平滑筋腫の悪性転化と考えられる子宮平滑筋肉腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 中分化型セルトリ・ライディッヒ細胞腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 子宮底部横切開法後に妊娠成立し、計画的な周産期管理を行った一例
    田中 良明,西島 浩二,玉村 千代,八代 憲司,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,服部 克成,田嶋 公久
    福井県産婦人科医師連合第85回冬期臨床研修会 2018年02月
  • 若年子宮体癌の妊孕性温存療法に対する非侵襲的治療効果判定法の開発~FES-PETを用いて~
    山田 しず佳,津吉 秀昭,新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,西村 俊哉,冨士井 杏子,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,黒川 哲司,吉田 好雄
    第6回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2018年02月
  • 遺伝的素因を有する乳癌卵巣癌患者に対するmultiple gene panel検査導入の試み
    前田 浩幸,井川 正道,畑 郁江,黒川 哲司,吉田 好雄,五井 孝憲,米田 誠
    第38回北陸臨床遺伝研究会 2018年03月
  • 福井県の対策型検診に対しHPV検査併用検診導入の試み-HPV16型・HPV18型に着眼した取り組み-
    黒川 哲司,大沼 利通,品川 明子,知野 陽子,吉田 好雄
    第25回日本がん検診・診断学会総会 2017年08月
  • 子宮内膜細胞診の診断精度向上への取り組み-液状化検体法導入の試み-
    黒川 哲司
    第137回近畿産科婦人科学会学術集会 日本産婦人科医会・日本対がん協会共同シンポジウム 2017年10月

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2013年度前期教員等による優秀論文賞2013年08月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2012年度後期優秀論文賞2013年05月
  •  米国核医学 米国核医学2011総会 腫瘍臨床診断部門最優秀優秀ポスター賞2011年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2009年度教員学生等による優秀論文賞、最優秀論文賞2011年05月
  •  Society of Nuclear Medicine Outstandin JNM Articles for 2009 (Clinical Investigations)2010年06月
    J Nucl Med 2009; 50: 1599-1604

科学研究費補助金

  • 細胞内プラチナ濃度を制御するhCTR1とATP7Bに着眼した難治性卵巣癌治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2014年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2014年度
  • 子宮・卵巣疾患における非造影灌流MR画像法(ASL法)の開発と臨床応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:小坂 信之 2014年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2013年度
  • 子宮・卵巣疾患における非造影灌流MR画像法(ASL法)の開発と臨床応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:小坂 信之 2013年度
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2012年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2011年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2011年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2010年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2010年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2010年度
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み基盤研究(C)(一般)
    代表者:黒川 哲司 2009年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2009年度
  • エストロゲンレセプター発現PETを用いた子宮肉腫の新たな診断・治療法の開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:吉田 好雄 2009年度
  • ラミニンペプチドScramble を用いた卵巣癌腹膜播種抑制の試み基盤研究(C)一般
    代表者:吉田 好雄 2005年度
  • ポジトロン断層(PET)検査の卵巣癌診療への導入に向けた細胞病理学的研究若手研究(B)
    代表者:黒川 哲司 2004年度
  • ラミニンペプチドScramble を用いた卵巣癌腹膜播種抑制の試み基盤研究(C)一般
    代表者:吉田 好雄 2004年度
  • ポジトロン断層(PET)検査の卵巣癌診療への導入に向けた細胞病理学的研究若手研究B
    代表者:黒川 哲司 2003年度
  • 卵巣癌に於ける転移能獲得機序の解明基盤研究(C)
    代表者:吉田 好雄 2003年度
  • 細胞内プラチナ濃度を制御するhCTR1とATP7Bに着眼した難治性卵巣癌治療戦略基盤研究(C)
    代表者:黒川 哲司 2015年度
  • 子宮・卵巣疾患における非造影灌流MR画像法(ASL法)の開発と臨床応用基盤研究(C)
    代表者:小坂 信之 2015年度
  • 細胞内プラチナ濃度を制御するhCTR1とATP7Bに着眼した難治性卵巣癌治療戦略基盤研究(C)
    代表者:黒川 哲司 2016年度

プロジェクト活動

  • FDG-PETを用いた子宮内膜癌治療戦略:低酸素細胞を標的としたオーダーメード治療法の確立を目指して
    研究期間:2005年  代表者:黒川 哲司,
    若手9 (J050000316)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • “元気で医こう”子宮がん検診2015年05月 日刊県民福井
  • 子宮頸がん予防語る 福井で8日市民公開講座2018年03月 日刊県民福井
  • 子宮頸がん予防医師らが講演 あさって県民ホール2018年03月 読売
  • 9日福井大が子宮頸がん講座2019年02月 福井