徳永 雄次

所属部署名材料開発工学講座
教員組織材料開発工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 18/12/04 09:44

研究者基本情報

氏名

    徳永 雄次
    トクナガ ユウジ
    TOKUNAGA Yuji

所属

  •  材料開発工学講座 教授

学歴

  • 1989年04月- 1991年03月東北大学 薬学
  • - 1991年東北大学 薬学専攻
  • 1985年04月- 1989年03月東北大学 薬学部 薬学科
  • - 1989年東北大学 薬学科

経歴

  • 1997年08月- 1999年03月大塚製薬 研究員
  • 1996年07月- 1997年08月スクリプス研究所 研究員
  • 1993年04月- 1996年06月東北大学薬学部 文部技官

所属学協会

    日本化学会 代議員,有機合成化学協会 その他,分子イメージング学会,日本薬学会 一般会員,アメリカ化学会,

研究活動情報

論文

  • Synthesis of a Chiral [2]Rotaxane: Induction of a Helical Structure through Double Threading
    T. Tsukamoto, R. Sasahara, A. Muranaka, Y. Miura, Y. Suzuki, M. Kimura, S. Miyagawa, T. Kawasaki, N. Kobayashi, M. Uchiyama, Y. Tokunaga
    Org. Lett. 20 4745-4748 2018年08月 査読有り
  • Recognition behavior of a porphyrin hetero-dimer self-assembled through an amidinium–carboxylate salt bridge
    Asian J. Org. Chem. 7 10.1002/ajoc.201800382R1 2018年 査読有り
  • Highly Stereoselective Strecker Synthesis Induced by a Slight Modification of Benzhydrylamine from Achiral to Chiral
    N. Takamatsu, S. Aiba, T. Yamada, Y. Tokunaga, T. Kawasaki
    Chem. Eur. J. 24(6) 1304-1310 2018年 査読有り
  • Base-acid-induced translational isomerism in a branched [4]rotaxanes
    Y. Tokunaga, M. Kimura, M. Ueda, S. Miyagawa, T. Kawasaki
    Tetrahedron Lett. 57 1120-1123 2016年01月 査読有り
  • Four-State Molecular Shuttling of [2]Rotaxanes in Response toAcid/Base and Alkali-Metal Cation Stimuli
    Chem. Asian J. 12 1381-1390 2017年04月 査読有り
  • Multi-state molecular shuttling of a pair of [2]rotaxane in response
    Yuji Tokunaga, Hajime Kawamoto, Hiroshi Ohsaki,, Masaki Kimura,, Shinobu Miyagawa, Yasuaki Deguchi, Tsuneomi Kawasaki
    Tetrahedron Letters 56 1667-1670 2015年02月 査読有り
  • Five-state Molecular Switching of a [3]Rotaxane in Response to Weak and Strong Acid and Base Stimuli
    Y. Tokunaga, S. Ikezaki, M. Kimura, K. Hisada, T. Kawasaki
    Chem. Commun. 49(100) 11749-11751 2013年12月 査読有り
  • Formation Of Pseudo[3]rotaxanes Containing Calix-bis-crowns and Secondary Ammonium Ions and Their Thermodynamic Stabilities in a Solution: Preorganization by Second Macrocycle and Nonallosteric Behavior Exhibited by Large Crown Cavities
    Y. Tokunaga, K. Hayakawa, J. Miyashita, T. Kawasaki, S. Miyagawa
    Tetrahedron Lett. 54(50) 6829-6833 2013年12月 査読有り
  • BOROXINE CHEMISTRY: FROM FUNDAMENTAL STUDIES TO APPLICATIONS IN SUPRAMOLECULAR AND SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY
    Yuji Tokunaga
    HETEROCYCLES 87(5) 991 2013年05月 査読有り
  • Formate Oxidase, an Enzyme of the Glucose-Methanol-Choline Oxidoreductase Family, Has a His-Arg Pair and 8-Formyl-FAD at the Catalytic Site
    D.Doubayashi, T.Ootake, Y.Maeda, M.Oki, Y.Tokunaga, A.Sakurai, Y.Nagaosa, B.Mikami, H.Uchida
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 75 1662-1667 2011年09月 査読有り
  • New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a bacterial infections imaging agent
    M.E.Martinez, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, M.Kobayashi, T.Mori, Y.Tokunaga, V.N.Tiwari, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, T.Ido
    Nucl Med Biol 38(6) 807-817 2011年08月 査読有り
  • 外部刺激によるロタキサン類の分子運動制御
    徳永 雄次
    有機合成化学協会誌 69  66-76 2011年04月 査読有り
  • Three-State Molecular Shuttles Operated Using Acid/Base Stimuli with Distinct Outputs
    Y. Tokunaga,, M. Kawabata, N. Matsubara
    Org. Bio. Chem 8 4648-4953 2011年03月 査読有り
  • Electrochemical properties of 3,5-diphenylaniline units encapsulated within a crown ether. Effects of the macrocycle’s aromatic functionality and ring size
    Y. Tokunaga, T. Iwamoto, S. Nakashima, E. Shoji, R. Nakata
    Tetrahedron Lett. 52 240-243 2011年01月 査読有り
  • Effect of Pressure on [2]Pseudorotaxane Formation and Decomplexation and Their Corresponding Activation Volumes
    Y. Tokunaga,, N. Wakamatsu, N. Ohiwa,, O. Kimizuka, A. Ohbayashi, K. Akasaka, S. Saeki, K. Hisada, T. Goda, Y. Shimomura
    J. Org. Chem. 75(15) 4950-4956 2010年08月 査読有り
  • [2]Rotaxane Containing N,N-Dialkylammonium Ion and N-Alkylaniline Centers. Translational Isomerism, and Specific N-Acylations
    Y. Tokunaga, M. Kawabata, Y. Yamauchi, N. Harada
    Heterocycles 81(1) 62-72 2010年01月 査読有り
  • Preparation and Photochemical Properties of [2]Rotaxanes Containing an Aniline Moiety Encapsulated by Crown Ethers
    Y. Tokunaga, S. Nakashima, T. Iwamoto, K. Gambayashi, K. Hisada, T. Hoshi
    Heterocycles 80 819-823 2010年01月 査読有り
  • フラーレンC60とカリックスアレンからなる超分子薄膜の光電流特性
    久田 研次, 加藤 拓也, 徳永 雄次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 61 55-57 2010年01月 査読無し
  • Using Photoresponsive End-Closing and End-Opening Reactions for the Synthesis and Disassembly of [2]Rotaxanes: Implications for Dynamic Covalent Chemistry
    Y. Tokunaga, K. Akasaka, N. Hashimoto, S. Yamanaka, K. Hisada, Y. Shimomura, S. Kakuchi
    J. Org. Chem. 74 2374-2379. 2009年04月 査読有り
  • Decarboxylative photosubstitution of dicyanobenzenes with aliphatic carboxylate ions
    T.Itou, Y.Yoshimi, T.Morita, Y.Tokunaga, M.Hatanaka
    Tetrahedron 65 263-269 2009年01月 査読有り
  • Efficient Synthesis of of [2]Rotaxanes Based on Sequential Acetylene-dicobalt Hexacarbonyl Complexation and Stopper Modification
    Y. Tokunaga, N. Ohiwa, G. Ohta, Y. Yamauchi, T. Goda, N. Kawai, T. Sugihara, Y. Shimomura, T. Hoshi
    Heterocycles 77(2) 1045 2009年01月 査読有り
  • Stilbenoids Isolated from the Seeds of Melinjo (Gnetum gnemonL.) and Their Biological Activity
    E. Katoh, Y. Tokunaga, F. Sakan
    J. Agric. Food Chem. 57 2544-2549. 2009年 査読有り
  • Dynamic covalent chemistry of a boronylammonium ion and a crown ether: formation of a C3-symmetric [4]rotaxane
    Y. Tokunaga, T. Ito, H. Sugawara, R. Nakata
    Tetrahedron Lett. 49 3449-3452 2008年 査読有り
  • Formation of Hetero-boroxines: Dynamic Combinatorial Libraries Generated though Trimerization of Pairs of Arylboronic Acid
    Y. Tokunaga, H. Ueno, Y. Snimomura
    Heterocycles 74 219-223 2007年12月 査読有り
  • Using ruthenium-catalysed propargylic substitutions for the efficient syntheses of rotaxanes
    Y. Tokunaga, N. Kawai, Y. Shimomura
    Tetrahedron Lett. 48(29) 4995-4998 2007年07月 査読有り
  • Do dibenzo[22?30]crown ethers bind secondary ammonium ions to form pseudorotaxanes?
    Y. Tokunaga, M. Yoshioka, T. Nakamura, T. Goda, R. Nakata, S. Kakuchi, Y. Shimomura
    Bull. Chem. Soc. Jp. 80(7) 1377-1382 2007年07月 査読有り
  • 水に極めて難溶なモノマーを含むシード乳化共重合反応に及ぼす撹拌の影響
    金 哲山, 鈴木 清, 渡邊 裕祐, 藤田 和美, 埜村 守, 徳永 雄次
    福井大学大学院工学研究科報告 55(1) 2007年03月 査読無し
  • ポリL乳酸へのオリゴマーD乳酸の添加が構造と物性に及ぼす効果
    石原 崇史, 小形 信男, 篠川 貴行, 徳永 雄次, 荻原 隆, 中根 幸治
    繊維学会誌 62(9) 199 2006年09月 査読有り
  • Efficient Synthesis of Rotaxane Based on Complexation of Acetylene and Dicobalt Hexacarbonyl: Introduction of a Transformable Functional Group
    Y. Tokunaga, G. Ohta, Y. Yamauchi, T. Goda, N. Kawai, T. Sugihara, Y. Shimomura
    Chem. Lett. 2006(7) 766-767 2006年07月 査読有り
  • A molecular switch based on acid and base promoted, cation governed binding in a crown ether threaded rotaxane
    Y. Tokunaga, T. Nakamura, M. Yoshioka, Y. Shimomura
    Tetrahedron Lett. 47 5901-5904 2006年07月 査読有り
  • The effect of pressure on pseudorotaxane formation by using the slipping method
    Y.Tokunaga, N. Wakamatsu, A. Ohbayashi, K. Akasaka, S. Saeki, K.Hisada, T. Goda, Y. Shimomura
    Tetrahedron Lett. 47 2679-2682 2006年04月 査読有り
  • Effects of Small Structural Changing on the Kinetic and Thermodynamic Stabilities of Pseudorotaxanes
    Y.Tokunaga, T. Goda,N., N.Wakamatsu, R.Nakata, Y.Shimomura
    Heterocycles 68(1) 42134 2006年01月 査読有り
  • 球状部を有する超分子超薄膜の潤滑特性
    久田 研次, 徳永 雄次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 57 84-87 2006年01月 査読無し
  • Solid Lublicant Properties of the Supramolecular Assembled Films of Fullerene C60
    K.Hisada, K.Tanaka, M.Miyake, A.Inaba, T.Hori, Y.Tokunaga
    Transactions of the MRS-J 30(3) 703-706 2005年09月 査読有り
  • Selective Recognition of Rotaxanes for Alkali Metal Ion
    Y.Tokunaga, S. Kakuchi, Y. Shimomura
    Heterocycles 59(12) 2713-2718 2004年12月 査読有り
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Nanoparticles on the Aqueous Solution of Water-soluble Hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, Y.Tokunaga
    1st International Symposium on Advanced Materials in Asia-Pacific Rim 31 2004年03月 査読無し
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用によるフラーレンC60の超薄膜作製
    久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 55 88-91 2004年01月 査読無し
  • Preparation of Supramolecular Assembly Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalizarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Transactions of the Materials Research Society of Japan 29(1) 241-244 2004年 査読有り
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalixarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Composite Interfaces 11(4) 315-324 2004年 査読有り
  • Molecular dynamics of amphiphilic calixarene
    Y.Tokunaga, H.Sakon, H.Kanefusa, Y.Shimomura, K.Suzuki
    Arkivoc VIII 135-143 2003年09月 査読有り
  • A rotaxane synthesis based on stilbene photoisomerization. A photoswitchable catch and release process
    Y.Tokunaga, K.Akasaka, K.Hisada, Y.Shimomura, S.Kakuchi
    Chem. Commun. 2250-2251 2003年07月 査読有り
  • A Rapid and Simple Measurement System for EDCs by SPR Immunosensing
    S.Suye, T.Yamaguchi, Y.Tokunaga, X.-Z.Wu, O.A.Sadik
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 142  2003年01月
  • A High-Yielding and Convenient Synthesis of Rotaxane Based On an Ester Forming Capping Methodology
    Y. Tokunaga, S. Kakuchi, K. Akasaka, N. Nishikawa, Y. Shimomura, T. Seo, K. Isa
    Chemistry Letters, No.8 810~811頁. 2002年08月 査読有り
  • Crystal growth and evaporation of a triphenylboroxin thin film
    S.Irie, A.Sakamoto, S.Ukeda, Y.Tokunaga, K.Isa, T.Sasaki, K.Sakurai
    Journal of Crystal Growth 237-239 2065-2070 2002年 査読有り
  • The Contribution of Complementary Hydrogen Bonding to Supramolecular Structure
    Y.Tokunaga, T.Seo
    Chem. Commun., 970-971 2002年 査読有り
  • Formation of Boroxine: Its Stability and Thermodynamic Parameters in Solution
    Y.Tokunaga, H.Ueno, Y.Shimomura, T.Seo
    Heterocycles, 57, 5, 787-790 2002年 査読有り
  • A High-Yielding and Convenient Synthesis of Rotaxane Based On an Ester Forming Capping Methodology
    Y.Tokunaga, S.Kakuchi, K.Akasaka, N.Nishikawa, Y.Shimomura, K.Isa, T.Seo
    Chem. Lett, 8, 810-811 2002年 査読有り
  • 遷移金属触媒を用いたアルケンのジオメトリーのコントロール
    徳永 雄次
    ファルマシア, 36, 6, 508-509 2000年06月 査読無し
  • Chiral Capsules. 1. Softballs with Asymmetric Surfaces Bind Camphor Derivatives
    Y.Tokunaga, J.Rebek,Jr.
    J. Am. Chem. Soc., 120, 66-69 1998年 査読有り
  • Solvent Contrrols Synthesis and Properties of Supramolecular Structures
    Y.Tokunaga, D.M.Rudkevich, J.Santamaria, G.Hilmersson, J.Rebek,Jr.
    Chem. Eur. J., 4, 1449-1457 1998年 査読有り
  • Spontaneous formation and amplification of an enantioenriched alpha-amino nitrile: a chiral precursor for Strecker amino acid synthesis
    Kawasaki, Tsuneomi;Takamatsu, Naoya;Aiba, Shohei;Tokunaga, Yuji
    CHEMICAL COMMUNICATIONS 51(76) 14377-14380 2015年 査読有り
  • Five-State Molecular Shuttling of a Pair of [2]Rotaxanes: Distinct Outputs in Response to Acid and Base Stimuli
    Ueda, Masahiro;Terazawa, Shoya;Deguchi, Yasuaki;Kimura, Masaki;Matsubara, Naoki;Miyagawa, Shinobu;Kawasaki, Tsuneomi;Tokunaga, Yuji
    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL 11(16) 2291-2300 2016年08月 査読有り
  • Replication of α-amino acids via Strecker synthesis with amplification and multiplication of chiral intermediate aminonitriles.
    Aiba Shohei;Takamatsu Naoya;Sasai Taichiro;Tokunaga Yuji;Kawasaki Tsuneomi
    Chemical communications (Cambridge, England) 52(72) 2016年 査読有り
    :Replication of chiral l- and d-α-(p-tolyl)glycine has been achieved in combination with the asymmetric induction, amplification and multiplication of their own chiral intermediates, l- and d-aminonitriles, in the solid-phase via the Strecker reaction between three achiral components, which is a plausible prebiotic mechanism for amino acid synthesis.
  • Asymmetric Strecker Reaction Arising from the Molecular Orientation of an Achiral Imine at the Single-Crystal Face: Enantioenriched l- and d-Amino Acids.
    Miyagawa Shinobu;Yoshimura Koji;Yamazaki Yusuke;Takamatsu Naoya;Kuraishi Tetsuya;Aiba Shohei;Tokunaga Yuji;Kawasaki Tsuneomi
    Angewandte Chemie (International ed. in English) 56(4) 2017年 査読有り
    :Strecker synthesis has long been considered one of the prebiotic reactions for the synthesis of α-amino acids. However, the correlation between the origin of chirality and highly enantioenriched α-amino acids through this method remains a puzzle. In the reaction, it may be conceivable that the handedness of amino acids has been determined at the formation stage of the chiral intermediate α-aminonitrile, that is, the enantioselective addition of hydrogen cyanide to an imine. Herein, an enantiotopic crystal surface of an achiral imine acted as an origin of chirality for the enantioselective formation of α-aminonitriles by the addition of HCN. In conjunction with the amplification of the enantiomeric excess and multiplication of enantioenriched aminonitrile, a large amount of near enantiopure α-amino acids, with the l- and d-handedness corresponding to the molecular orientation of the imine, is reported.
  • Four-State Molecular Shuttling of [2]Rotaxanes in Response to Acid/Base and Alkali-Metal Cation Stimuli.
    Kimura Masaki;Mizuno Takuma;Ueda Masahiro;Miyagawa Shinobu;Kawasaki Tsuneomi;Tokunaga Yuji
    Chemistry, an Asian journal 2017年 査読有り
    :In this study, we synthesized [2]rotaxanes possessing three recognition sites-a dialkylammonium, an alkylarylamine, and a tetra(ethylene glycol) stations-in their dumbbell-like axle component and dibenzo[24]crown-8 (DB24C8) as their macrocyclic component. These [2]rotaxanes behaved as four-state molecular shuttles: i) under acidic conditions, the DB24C8 unit encircled both the dialkylammonium and alkylarylammonium stations; ii) under neutral conditions, the dialkylammonium unit was the predominant station for the DB24C8 component; iii) under basic conditions, when both ammonium centers were deprotonated, the alkylarylamine unit became a suitable station for the DB24C8 component; and iv) under basic conditions in the presence of an alkali-metal cation, the tetra(ethylene glycol) unit recognized the DB24C8 component through cooperative binding of the alkali-metal ion. In addition, we observed that the [2]rotaxanes exhibited selective recognition for metal cations. These shuttling motions of the macrocyclic component proceeded reversibly.
  • Formation of [2]- and [3]Rotaxanes through Bridging under Kinetic and Thermodynamic Control.
    Fujino Takaaki;Naitoh Hirotake;Miyagawa Shinobu;Kimura Masaki;Kawasaki Tsuneomi;Yoshida Kazuyuki;Inoue Hajime;Takagawa Hiroaki;Tokunaga Yuji
    Organic letters 20 369-372 2018年 査読有り
    :An efficient synthesis of a doubly stranded [3]rotaxane has been developed through bridging of a pseudo[3]rotaxane featuring two axle components. Reversible azine formation was effective as the bridging reaction. Kinetic and thermodynamic conditions provided the [2]- and [3]rotaxanes, respectively.

著書

  • 研 究 室 紹 介
    徳永 雄次
    執筆
    オレオサイエンス 2015年12月
  • ウオータージェット技術
    徳永 雄次
    執筆
    日刊工業新聞 2009年04月
  • 十字路“ロタキサン・擬ロタキサン”
    徳永 雄次
    執筆
    有機合成化学協会 2011年06月

講演・口頭発表等

  • 水素/重水素同位体不斉を有するベンズヒドリルアミンの合成とそれを不斉源とするエナンチオ選択的ストレッカーアミノ酸合成
    久保宏樹, 西山悟史, 徳永雄次, 川﨑常臣
    日本化学会 第98春季年会 (2018) 2018年03月
  • ストレッカーアミノ酸合成のキラル中間体o-トリルグリシンニトリルの固体状態における不斉発生と増幅
    會場翔平,髙松直矢, 徳永雄次, 川﨑常臣
    日本化学会 第98春季年会 (2018) 2018年03月
  • アミドを有する環とアンモニウムイオンとの水素結合を用いた新規ロタキサンの合成
    大熊侑香里, 塚本敏弘, 稲垣貴之, 宮川しのぶ, 徳永雄次
    日本化学会 第98春季年会 (2018) 2018年03月
  • 水素結合によるポルフィリンのヘテロダイマーカプセル
    木村元紀, 宮下純一, 宮川しのぶ, 川﨑常臣, 徳永雄次
    日本化学会 第98春季年会 (2018) 2018年03月
  • 水を溶媒とするストレッカー反応におけるアミノ酸自発的絶対不斉合成の試み
    會場翔平, 髙松直矢, 徳永雄次, 川﨑常臣
    7th CSJ Chemistry Festa 2017年10月
  • アミジニウム-カルボキシレート相互作用に基づくヘテロ多量体の構築
    木村元紀, 宮下純一, 宮川しのぶ, 川﨑常臣, 徳永雄次
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月
  • ピロリジン誘導体による長環で働く自己複製システムの構築
    上田 将宏,大熊 侑香里,岡田 紘樹,宮川 しのぶ,川崎 常臣,徳永 雄次
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月
  • クラウンエーテルの分子内架橋による条件特異的な[2]及び[3]ロタキサンの形成
    藤野貴明,内藤博健, 宮川しのぶ, 川﨑常臣, 徳永雄次
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー 2017年10月
  • 酸・塩基及びアルカリ金属イオン応答性[2]ロタキサンの四状態シャトリング
    木村元紀,水野拓真,上田将宏,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    第34回有機合成化学セミナー 2017年09月
  • ピロリジン誘導体を用いた長環で働く自己複製系の構築
    上田 将宏,大熊 侑香里,岡田 紘樹,宮川 しのぶ,川崎 常臣,徳永 雄次
    第61回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2017年09月
  • Absolute asymmetric Strecker synthesis of α-amino acid in the aqueous media via the spontaneous crystallization of α-aminonitrile
    Aiba S, Takamatsu N, Tokunaga Y, Kawasaki T
    Chirality 2017 2017年07月
  • Asymmetric Strecker reaction at the enantiotopic single-crystal face of achiral imine
    KawasakiT, Miyagawa S, Takamatsu N, Tokunaga Y
    Chirality 2017年07月
  • Multi-Stimuli-Responsive Four-State Molecular Shuttling of a [2] Rotaxane
    KIMURA, Masaki; MIZUNO, Takuma; UEDA, Masahiro; MIYAGAWA, Shinobu; KAWASAKI, Tsuneomi; TOKUNAGA, Yuji
    日本化学会第97春季年会(2017) 2017年03月
  • クラウンエーテルの分子内架橋による[3]ロタキサン形成に関する研究
    藤野貴明,内藤博健,宮川しのぶ,川崎常臣,徳永雄次
    日本化学会第97春季年会(2017) 2017年03月
  • アミノニトリル類の固体状態におけるキラリティー向上を導入した高立体選択的ストレッカー合成
    高松直矢,徳永雄次,川崎常臣
    日本化学会第97春季年会(2017) 2017年03月
  • アキラル中間体イミンのエナンチオトピック面を不斉源とするエナンチオ選択的ストレッカーアミノ酸合成
    宮川しのぶ,吉村浩司,山崎裕介,高松直矢,會場翔平,倉石哲哉,徳永雄次,川崎常臣
    日本化学会第97春季年会(2017) 2017年03月
  • アミノ酸合成キラル中間体アミノニトリルの水溶液中からの高エナンチオ選択的不斉発生
    會場翔平,高松直矢,宮川しのぶ,川本源,徳永雄次,川崎常臣
    日本化学会第97春季年会(2017) 2017年03月
  • Enantioselective synthesis of L- and D-aminonitrile induced by benzhydrylamine-d5 with hydrogen isotope chirality
    Nishiyama S, Tokunaga Y, Kawasaki T
    15th Symposium on Chemical Approaches to Chirality 2016年11月
  • 多刺激応答[2]ロタキサンによる四状態分子シャトルの構築
    木村元紀,水野拓真,上田将宏,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    日本化学会近畿支部平成28年度北陸地区講演会と研究発表会 2016年11月
  • 自己複製能を有する有機触媒反応系構築に向けた合成研究
    上田将宏,大熊侑香里,岡田紘樹,木村元紀,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    日本化学会近畿支部平成28年度北陸地区講演会と研究発表会 2016年11月
  • 複合的刺激に応答する[2]ロタキサンの四状態シャトリング
    木村元紀,水野拓真,上田将宏,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • アキラルイミンのキラル結晶化と2-メチルベンズヒドリルアミンの光学分割
    髙松直矢,宮川しのぶ,會場翔平,明新和樹,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • 水晶により促進されるイミンへのシアン化水素付加反応
    橘田洋平,會場翔平,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • キラル中間体アミノニトリルが形成するラセミコングロメレートの不斉発生と増幅を用いたアミノ酸の自発的絶対不斉合成の検証
    宮川しのぶ,川本 源,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • 固体生成物のキラリティー改善を利用したアミノニトリル類の不斉合成
    髙松直矢,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • キラルα?アミノ酸が自己複製する高エナンチオ選択的ストレッカーアミノ酸合成
    會場翔平,髙松直矢,笹井太一朗,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • 水素同位体置換キラルベンズヒドリルアミンの不斉合成
    西山悟史,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • アキラルイミンの単結晶面を不斉源とする高エナンチオ選択的ストレッカーアミノ酸合成
    吉村浩司,宮川しのぶ,高松直矢,會場翔平,倉石哲弥,山﨑裕介,徳永雄次,川﨑常臣
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • クラウンエーテルの分子内架橋による種々のロタキサン構築に関する研究
    藤野貴明,内藤博健,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • アミドを複数有する大環状分子の水素結合アクセプター能を利用したロタキサンの合成
    塚本敏弘,宮川しのぶ,川﨑常臣,徳永雄次
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー 2016年10月
  • アミノニトリル固体のキラリティー向上による 高立体選択的ストレッカーアミノ酸合成
    髙松直矢, 徳永雄次, 川﨑常臣
    第25回有機結晶シンポジウム 2016年09月
  • アキラルイミンの分子配向に基つ゛く不斉ストレッカーアミノ酸合成
    宮川しのぶ, 吉村浩司, 髙松直矢, 倉石哲弥, 山﨑裕介, 徳永雄次, 川﨑常臣
    第25回有機結晶シンポジウム 2016年09月
  • Enantioselective addition of HCN at the enantiotopic crystal face based on the oriented prochirality of imine intermediate
    Miyagawa S, Yoshimura K, Yamazaki Y, Aiba S, Takamatsu N, Kuraishi T, Tokunaga Y, Kawasaki T
    International Seminar on Green Energy Conversion 2016年08月
  • Synthesis of highly enantioenriched α-aminonitrile by the enhancement solid-state chirality
    Takamatsu N, Yamada T, Tokunaga Y, Kawasaki T
    International Seminar on Green Energy Conversion 2016年08月
  • Stereoselective Formation of α-Aminonitrile by the Improvement of Solid-state Chirality
    Takamatsu N, Tokunaga Y, Kawasaki T
    28th Internal Symposium on Chirality (Chirality 2016/ISCD-28) 2016年07月
  • Asymmetric Strecker Reaction Induced by the Molecular Orientation at the Enantiotopic Crystal Face of Achiral Imine
    Kawasaki T, Miyagawa S, Takamatsu N, Kuraishi T, Yamazaki Y, Yoshimura K, Tokunaga Y
    28th Internal Symposium on Chirality (Chirality 2016/ISCD-28) 2016年07月
  • Replicative Strecker Amino Acid Synthesis in Combination with Amplification and Multiplication of Chiral Precursor Aminonitrile
    Aiba S, Takamatsu N, Tokunaga Y, Kawasaki T
    28th Internal Symposium on Chirality (Chirality 2016/ISCD-28) 2016年07月
  • Introduction of helical structure consisting of symmetrical components based on rotaxane formation
    Tsukamoto T, Sasahara R, Miyagawa S, Suzuki Y, Kawaski T, Tokunaga Y
    Molecular Chirality Asia 2016 (MC Asia 2016) 2016年04月
  • Replication of α-p-Tolylglycine via Amplification of Enantiomorphous α-Aminonitrile in Strecker Synthesis
    Aiba S, Takamatsu N, Sasai T, Tokunaga Y, Kawasaki T
    Molecular Chirality Asia 2016 (MC Asia 2016) 2016年04月
  • C3対称[4]ロタキサンの塩基・酸刺激に対するシャトリングと性
    上田将宏, 木村元紀, 川﨑常臣, 徳永 雄次, 久田研次, 宮川しのぶ
    日本化学会 第95春季年会 (2015) 2015年03月 選考有り 0
  • Evaluation of new precursors for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, S.Noriki, K.Inai, T.Ido, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • カリックス[4]アレンの単量体と三量体の平衡:酸・塩基刺激
    上田 将宏, 左近 浩正, 鈴木 清, 徳永 雄次, 川﨑 常臣
    日本化学会第94春季年会(2014) 2014年03月 選考有り 日本化学会
  • プロトン化及び脱プロトン化に伴う五状態分子シャトリング
    木村 元紀, 池崎 修二, 久田 研次, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    日本化学会第94春季年会(2014) 2014年03月 選考有り 日本化学会
  • カリックスアレンを有するボロン酸-ボロキシン平衡系の非直接的な制御
    上田 将宏, 左近 浩正, 鈴木 清, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成26年度有機合成化学北陸セミナー 2014年01月 選考無し 0
  • カリックス[4]-ビスクラウンのアンモニウムイオンに対する特徴的な認識
    塚本 敏弘, 早川 健太郎, 宮下 純一, 上田 将宏, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成26年度有機合成化学北陸セミナー 2014年01月 選考無し 0
  • ロタキサンユニットを複数用いた分子シャトル:多状態シャトリングを目指して
    徳永 雄次
    第15回 リング・チューブ超分子研究会シンポジウム 2014年01月 選考有り 0
  • HPLC and HPLC-ESI-MS/MS methods for the determination of 2-acetamido-2-deoxy-D-glucopyranose analogues
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, S.Noriki, K.Inai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • ボロニル基導入によるカリックス [4]アレンの分子認識
    上田 将宏, 左近 浩正, 鈴木 清, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成25年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会 2013年11月 選考無し 日本化学会近畿支部
  • ロタキサンの環移動を用いた五状態分子スイッチ構築
    木村元紀, 池崎 修二, 久田 研次, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成25年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会 2013年11月 選考無し 日本化学会近畿支部
  • 2対の認識部を持つ分子スイッチ酸・塩基刺激による多段階構造変化
    川西 俊太, 武内 慎吾,, 川下 博之, 木村 元紀, 大﨑 洋, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成25年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会 2013年11月 選考無し 0
  • 水素結合能を制御した酸・塩基応答分子スイッチシテムの構築
    川本 源, 出口 康晃, 大﨑 洋, 松原 直紀, 木村 元紀, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成25年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会 2013年11月 選考無し 日本化学会近畿支部
  • ポリエチレングリコールとシクロデキストリンからなるポリロタキサンの新規合成に関する研究
    鈴木 啓祐, 田中 博之, 伊藤 孝, 神田 美奈, 湯口 拓人, 金 在虎, 川﨑 常臣, 徳永 雄次, 阪口 壽一
    日本化学会第93春季年会 2013年03月 選考無し 化学会
  • カリックス4 アレンを核とする二環性大環状ホストの合成と
    早川 健太郎, 徳永 雄次, 川﨑 常臣, 宮下 純一
    日本化学会第93春季年会 2013年03月 選考無し 草津
  • Enantioselective synthesis of b-amino alcohol by asymmetric auto-inductive reduction
    Satoshi Nishiyama, Ryo Takebe, Tsuneomi Kawasaki, Yuji Tokunaga
    平成27年度 油化学関連シンポジウムin 福井 2015年07月 選考無し 日本油化学会関西支部
  • 対称的な成分からなるロタキサンのトポロジカルキラリティーに関する研究
    塚本 敏弘、早川 健太郎、上田 将宏、川﨑 常臣、徳永 雄次
    平成27年度 油化学関連シンポジウムin 福井 2015年07月 選考無し 日本油化学会関西支部
  • 2種の酸・塩基応答性ロタキサンを用いた5状態スイッチングシステムの構築
    上田 将宏、寺澤 翔也、出口 康晃、青山 明義、松原 直紀、川﨑 常臣、徳永 雄次
    平成27年度 油化学関連シンポジウムin 福井 2015年07月 選考無し 日本油化学会関西支部
  • Spontaneous resolution of alpha-amino nitrile in the reactive crystallization of Strecker amino acid synthesis
    Shohei Aiba, Naoya Takamatsu, Taichiro Sasai, Tsuneomi Kawasaki, Yuji Tokunaga
    平成27年度 油化学関連シンポジウムin 福井 2015年07月 選考無し 日本油化学会関西支部
  • ストレッカーアミノ酸合成におけるキラル前駆体 α-アミノニトリルの不斉発生とその増幅:α-アミノ酸の自発的絶対不斉合成
    髙松 直矢, 會場 翔平, 川﨑 常臣, 徳永雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • 2種のロタキサン混合による5状態スイッチングシステムの構築と光モニタリング
    上田 将宏, 寺澤 翔也, 出口 康晃, 青山 明義, 松原 直紀, 宮川 しのぶ, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • ロタキサン形成に由来するキラル螺旋の構築に関する研究
    塚本 敏弘, 笹原 涼太, 上田 将宏, 宮川 しのぶ, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • 不斉自己誘起型ボラン還元反応によるキラルアミノアルコールの合成
    武部 僚, 西山 悟史, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • アミノ酸を不斉源とする a-アミノニトリルのエナンチオ選択的生成
    會場 翔平, 髙松 直矢, 笹井 太一朗, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • a-アミノニトリルをシアノ源とするイミンへのシアン化水素付加反応
    宮川 しのぶ, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成27 年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月 選考無し
  • テルペン類へのカリックスアレン類の分子認識とその薄膜創製への利用
    徳永 雄次, 久田 研次, 左近 浩正, 兼房 宏和, 田中 清文
    第49回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会要旨集 2005年11月
  • オリゴロタキサンを利用したロタキサン2次構造の形成研究
    河合 宣彦, 橋本 宣治, 徳永 雄次, 合田 達宏, 下村 与治
    平成17年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集 2005年11月
  • pH応答ロタキサンの金属配位によるスイッチング
    中村 達也, 徳永 雄次, 吉岡 めぐみ , 下村 与治
    平成17年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集 2005年11月
  • アセチレン-コバルト結合形成を末端封鎖に用いた種々のロタキサン合成
    山内 裕司, 太田 豪, 合田 達宏, 徳永 雄次, 河合宣彦, 下村 与治
    平成17年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集 2005年11月
  • 光応答による熱力学的ロタキサンの合成
    橋本宣治, 徳永 雄次, 赤坂宏一郎, 下村 与治
    平成17年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集 2005年11月
  • 疎水性球状分子の超分子を2次元上に配列した超薄膜の潤滑特性
    久田 研次, 三宅 美里, 細井 聖士, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第54回高分子討論会 2005年09月
  • C60超分子超薄膜の摩擦挙動
    細井 聖士, 岡本 真也, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成17年度北陸地区高分子若手研究会 2005年08月
  • 気水界面で調製した超分子超薄膜への光照射による物質徐放システムの開発
    久田 研次, 堂本 亮平, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成17 年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 球状ゲスト分子の超分子から調製した超薄潤滑層の摩擦・摩耗特性
    久田 研次, 三宅 美里, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第54回高分子学会年次大会 2005年05月
  • 圧力と光によるロタキサン類の構築
    徳永 雄次, 赤坂 宏一郎, 下村 与治, 若松 奈々絵, 大林 秋仁, 佐伯 進
    第3回次世代を担う有機化学シンポジウム 2005年05月 選考無し
  • Nanotribology of the supramolecular assembled films of fullerene C60 and water-soluble hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Knobler Celebration Symposium at UCLA 2005年04月
  • コバルト-アセチレン結合を用いた末端封鎖による新規ロタキサン合成
    合田 達宏, 徳永 雄次, 久田 研次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第85春季年会2005年講演予稿集II 2005年03月
  • 光異性化反応による軸末端部の開閉を利用したロタキサンの熱力学的合成
    橋本 宣治, 徳永 雄次, 赤坂 宏一郎, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第85春季年会2005年講演予稿集II 2005年03月
  • オリゴロタキサンによる二重線の形成
    河合 宣彦, 橋本 宣治, 徳永 雄次, 合田 達宏, 下村 与治
    平成17年度有機合成北陸セミナー講演要旨集 2005年01月
  • 新規末端封鎖によるロタキサンの合成:変換可能な末端置換基の導入
    太田 豪, 山内 裕司, 合田 達宏, 河合 宣彦, 徳永 雄次, 下村 与治
    平成17年度有機合成北陸セミナー講演要旨集 2005年01月
  • 超分子超薄膜形成によるフラーレンC60の個室化と電子特性
    稲葉 明宏, 三宅 美里, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    2004高分子交流会[金沢] 2004年12月
  • フラーレンC60の超分子超薄膜の固体潤滑特性
    久田 研次, 田中 清文, 三宅 美里, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第15回日本MRS学術シンポジウム 2004年12月
  • フラーレンC60の超分子超薄膜の調製と電子特性
    稲葉 明宏, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 種々の24クラウン8と2級アンモニウムによる擬ロタキサンの形成
    合田 達宏, 徳永 雄次, 中田 隆二, 下村 与治
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集 2004年11月
  • 軸末端部の開閉による熱力学的なロタキサン合成
    橋本 宣之, 徳永 雄次, 赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 久田 研次, 下村 与治
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集 2004年11月
  • [22-30]クラウンと2級アンモニウムからなる擬ロタキサンの形成
    麻 文效, 吉岡 めぐみ, 徳永 雄次, 合田 達弘, 中田 隆二, 角地 鈴香, 下村 与治
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集 2004年11月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用して作製した疎水性球状分子の超薄膜
    久田 研次, 田中 清文, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子討論会 2004年09月
  • フラーレンC60超分子超薄膜により調製した固体潤滑層
    久田 研次, 田中 清文, 三宅 美里, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子討論会 2004年09月
  • Molecular recognition of water-soluble calixarene and its supramolecular assembled film
    Y.Tokunaga
    American Chemical Society Southwest Regional Meeting 2004年09月 選考無し
  • 有機ホスト分子と無機ナノ微粒子の気水界面における相互作用を利用した複合超薄膜の調製
    久田 研次, 田中 清文, 堂本 亮平, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 気水界面におけるホストーゲスト相互作用を利用したC60超薄膜の作製(III)-ホスト分子によるC60超薄膜への影響-
    田中 清文, 堂本 亮平, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子年次大会 2004年05月
  • ポリエーテル鎖を含むロタキサンの金属イオン認識
    角地 鈴香, 徳永 雄次, 合田 達宏, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第84春季年会 2004年講演要旨集II 2004年04月
  • 種々の24-クラウン-8と2級アンモニウムを用いた擬ロタキサン形成
    合田 達宏, 徳永 雄次, 若松 奈々絵, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第84春季年会 2004年講演要旨集II 2004年04月
  • A rotaxane synthesis based on stilbene photoisomerization. A photoswitchable catch and release process
    Y.Tokunaga, K.Akasaka, K.Hisada, Y.Shimomura, S.Kakuchi
    The 10th Japan-Korea Symposium on Drug Design and Development 2004年04月
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Fullerene on the Aqueous Solution of Water-soluble Hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    The 227th ACS National Meeting & Exposition 2004年03月 選考無し
  • 種々の[24]クラウン8 のわずかな変化に対する擬ロタキサン形成能の違い
    合田 達宏, 徳永 雄次, 若松 奈々絵, 下村 与治, 中田 隆二, 瀬尾 利弘
    平成16年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集 2004年01月
  • 光応答による軸末端部の嵩高さの変化を利用した熱力学的ロタキサン合成
    橋本 宣治, 徳永 雄次, 久田 研次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    平成16年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集 2004年01月
  • ロタキサン類の構築
    徳永 雄次
    平成16年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, 2004年01月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したナノ微粒子超薄膜の作製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    2003高分子研究交流会[金沢], 21 2003年12月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したフラーレンC60超薄膜の調製(II) 添加塩の効果
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第52回高分子討論会, IPd048, 2048 2003年09月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したフラーレンC60超薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次
    第52回高分子年次大会,IIF15, 488 2003年05月
  • 抗原抗体反応を用いたSPR法によるアトラジンの定量
    末 信一朗, 山口 孝志, 徳永 雄次, 呉 行正, O.A.Sadik
    日本農芸化学会平成15年度大会, 2B02a04 2003年04月
  • ジアゾ化合物を用いたエステル化による簡便なロタキサン合成
    赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 徳永 雄次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第83春季年会2003年講演予稿集II, 3PA-106, 1462  2003年03月
  • ボロキシン類の合成とその分子認識
    上野 裕紀, 徳永 雄次, 左近 浩正, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第83春季年会2003年講演予稿集II, 3PA-116, 1464  2003年03月
  • 2種の相補的な可逆結合を利用したロタキサンの合成
    尾川 篤史, 徳永 雄次, 上野 裕紀, 赤坂 宏一郎, 瀬尾 利弘, 下村 与治
    日本化学会第83春季年会2003年講演予稿集II, 3PA-117, 1465  2003年03月
  • 光異性化反応を利用したロタキサンの合成とその解離
    赤坂 宏一郎, 徳永 雄次, 久田 研次, 角地 鈴香, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第83春季年会2003年講演予稿集II, 3PA-130, 1468 2003年03月
  • Preparation of Supramolecular Assembly Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalixarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, Y.Tokunaga
    Abstract of The 8th IUMRS International Conference on Advanced Materials, A2-11-O07, 13 2003年01月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したC60超分子膜の作製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成15年度高分子学会北陸支部研究発表講演会講演要旨集, B08, 113. 2003年01月
  • 光異性化によるかさ高さの増減を利用したロタキサン構造の構築
    赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 徳永 雄次, 下村 与治, 久田 研次, 瀬尾 利弘
    平成15年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-26,50 2003年01月
  • ヘテロボロキシンの合成と溶液における分子挙動
    上野 裕紀, 合田 達宏, 徳永 雄次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    平成15年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-27,51 2003年01月
  • 高圧化におけるロタキサン構造の形成
    若松 奈々絵, 大林 秋仁, 赤坂 宏一郎, 徳永 雄次, 下村 与治, 佐伯 進, 瀬尾 利弘
    平成15年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-28,52 2003年01月 選考無し
  • A Rapid and Simple Measurement System for EDCs by SPR Immunosensing
    S.Suye, T.Yamaguchi, Y.Tokunaga, X.-Z.Wu, O.A.Sadik
    The 1st International Meeting on Microsensors and Microsystems, Tainan, Taiwan, 142 2003年01月
  • 気水界面でのホスト-ゲスト相互作用を利用した超分子薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    北陸地区高分子若手研究会 2002年11月
  • 気水界面におけるカーボロッド超分子形成を利用した集合体薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子学会北陸支部研究発表会要旨集, B20, 229  2002年11月
  • 気水界面における分子認識を利用した超薄膜の新規調製法の開発
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-III02, 36 2002年09月
  • ボロキシンの生成:置換基効果と熱力学
    上野 裕紀, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第81春季年会2002年講演予稿集II, 3PB-069, 1440 2002年03月
  • 擬ロタキサンに対する新規末端封鎖
    赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第81春季年会2002年講演予稿集II, 3PB-025, 1429 2002年03月
  • ベンゼン多量体の合成とその分子認識
    小西 啓介, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第81春季年会2002年講演予稿集II, 3PB-030, 1430 2002年03月
  • アゾカリックス[6]アレンの合成とその分子認識
    左近 浩正, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘, 古庄 義雄, 高田 十志和
    日本化学会第81春季年会2002年講演予稿集II, PB-040, 1432 2002年03月
  • 気水界面で調製したカーボロッド超分子薄膜の物性
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子討論会予稿集2002, 51巻, 6号, IIPh049, 1877 2002年01月
  • 2種の可逆結合を利用したロタキサンの合成とその挙動
    尾川 篤史, 上野 裕紀, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成14年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-29 2002年01月
  • ボロキシン骨格を持つカリックス[4]アレン3量体の合成
    左近 浩正, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成14年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-30 2002年01月
  • 光異性化反応を利用したロタキサン合成
    赤坂 宏一郎, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成14年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-31 2002年01月
  • ジアゾ化合物のエステル化を用いた簡便なロタキサン合成
    角地 鈴香, 徳永 雄次, 赤坂 宏一郎, 西川 直樹, 下村 與治, 伊佐 公男, 瀬尾 利弘
    平成14年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-32 2002年01月
  • ロタキサンを利用した分子応答とその機能
    徳永 雄次
    リング・チューブ研究会シンポジウム, 3 2002年01月
  • 気水界面における分子認識を利用した超分子集合体薄膜の調製
    久田 研次, 田中 清文, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子討論会予稿集, 51巻, 6号, IIPb070, 2509 2002年01月
  • アゾ色素化トリアジノファン化合物の合成とイオン補足能
    三澤 智史, 高田 浩史, 下村 與治, 橋本 憙徳, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    平成13年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, F13, 78  2001年11月
  • カテコール多量体の合成とその特性解析
    小西 啓介, 徳永 雄次, 下村 與治, 橋本 憙徳, 瀬尾 利弘
    日本化学会第79春季年会2001年講演予稿集II, 3PA193, 1396 2001年03月
  • アゾカリックス[6]アレンの合成とその疎水―疎水相互作用による分子挙動
    左近 浩正, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘, 古庄 義雄, 高田 十志和
    平成13年度有機合成化学セミナー講演要旨集, P15, 36 2001年01月
  • C3対称を有するポリベンゼンの合成とその分子認識
    小西 啓介, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成13年度有機合成化学セミナー講演要旨集, P16, 36 2001年01月
  • ボロキシンの生成:置換基効果と熱力学
    上野 裕紀, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成13年度有機合成化学セミナー講演要旨集, O8, 16 2001年01月
  • ロタキサンの新規末端封鎖法とポリロタキサンへの展開
    赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 左近 浩正, 徳永 雄次, 下村 與治, 瀬尾 利弘
    平成13年度有機合成化学セミナー講演要旨集, P14, 35 2001年01月
  • Triphenylboroxin薄膜結晶の蒸発過程
    請田 覚, 坂本 亜樹, 山本 幸枝, 井村 公彦, 入江 聡, 徳永 雄次, 櫻井 謙資, 伊佐 公男
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会要旨集, A-20, 44 2000年11月
  • Triphenylboroxinバルク結晶の熱重合
    山本 幸枝, 入江 聡, 坂本 亜樹, 徳永 雄次, 櫻井 謙資
    平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会要旨集, A-16, 40 2000年11月 選考無し
  • キノン多量体の合成とその特性解析
    小西 啓介, 下村 與治, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    支部合同福井地方大会 平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, F05, 98 2000年11月
  • アゾ色素化トリアジノファンの合成とイオン捕捉能
    高田 浩史, 木戸 友和, 下村 與治, 橋本 憙徳, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    支部合同福井地方大会 平成12年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集, F06, 99 2000年11月
  • トリフェニルボロキシン薄膜の蒸発過程
    坂本 亜樹, 入江 聡, 徳永 雄次, 櫻井 謙資, 伊佐 公男
    分子構造総合討論会2000講演要旨集, 1p132, 325 2000年09月 選考無し
  • ねじれ異性を有するカリックスアレン二量体の合成研究
    徳永 雄次, 兼房 広和, 左近 浩正, 瀬尾 利弘
    第18回有機合成化学夏季大学講演要旨集, PS01, 52 2000年08月
  • 環末端に置換基を持たないトリアジノファン類の合成
    K.Wilasinee, 福岡 清人, 岡部 泰宏, 門脇 美和, 若原 貴之, 橋本 憙徳, 下村 與治, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    平成12年度有機合成化学セミナー講演要旨集, P20, 37 2000年01月
  • ねじれ異性を有するカリックスアレン誘導体の合成研究
    左近 浩正, 兼房 広和, 橋本 憙徳, 下村 與治, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    平成12年度有機合成化学セミナー講演要旨集, P21, 38 2000年01月
  • 架橋鎖にエーテル基を含むトリアジノファン類の合成
    岡部 泰宏, 小西 啓輔, 貴田 千絵, 木戸 友和, 橋本 憙徳, 下村 與治, 徳永 雄次, 瀬尾 利弘
    有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P22 1991年01月
  • 鋳型効果を用いた自己集合カプセルソフトボールの合成と不斉カプセルへの展開
    徳永 雄次, D.M.Rudkevich, J.Rebek,Jr.
    有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P23 1991年01月

共同研究

  • 機能性イオン液体の合成とその評価 2007年度
  • チャベジャワの抗菌成分の単離及び構造決定 2006年度

受託研究

  • 炭素繊維強化アルミニウム基複合材料の開発 2003年度

特許

  • 特許特開2004-105896:超分子薄膜の製造方法
    久田 研次,徳永 雄次,
    特願特願2002-274471
    特番特開2004-105896
  • 特許特願2002-274471, 久田 研次, 徳永 雄次:超分子薄膜の製造方法
    久田 研次,徳永 雄次,
    特番特願2002-274471, 久田 研次, 徳永 雄次

受賞

  •  有機合成化学協会関西支部 第10回有機合成化学協会関西支部賞2012年08月

科学研究費補助金

  • 刺激の強弱と種類に応じた多状態分子スイッチと刺激応答カプセルの創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2014年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:清野 泰 2014年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:清野 泰 2013年度
  • 刺激の強弱と種類に応じた多状態分子スイッチと刺激応答カプセルの創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2013年度
  • 刺激の強弱と種類に応じた多状態分子スイッチと刺激応答カプセルの創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2012年度
  • ロタキサンを利用した動的空間創出:気体の選択的輸送と分子格子の創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2011年度
  • ロタキサンを利用した動的空間創出:気体の選択的輸送と分子格子の創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2010年度
  • ロタキサンを利用した動的空間創出:気体の選択的輸送と分子格子の創製基盤研究(C)(一般)
    代表者:徳永 雄次 2009年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    代表者:藤林 康久 2007年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    代表者:藤林 康久 2006年度
  • ロタキサンを用いた分子の整列化と配列化:自己複製人工DNAへの展開若手研究(B)
    代表者:徳永 雄次 2005年度
  • ロタキサンを用いた分子の整列化と配列化:自己複製人工DNAへの展開若手研究(B)
    代表者:徳永 雄次 2004年度
  • ロタキサンを用いた分子の整列化と配列化:自己複製DNAへの展開若手研究B
    代表者:徳永 雄次 2003年度

厚生科研補助金

  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久
  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久

プロジェクト活動

  • 気体分子の認識
    研究期間:2006年07月  代表者:徳永 雄次,米沢 晋,鈴木 清,前田 史郎,

教育活動情報

担当授業

  • 化学と材料
  • 有機化学Ⅱ
  • 社会と技術者
  • 材料化学実験
  • 有機合成化学
  • 材料開発工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 材料開発工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 有機化学特論Ⅰ