久田 研次

所属部署名繊維先端工学講座
教員組織繊維先端工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/05/28 17:17

研究者基本情報

氏名

    久田 研次
    ヒサダ ケンジ
    HISADA Kenji

基本情報

所属

  •  繊維先端工学講座 教授

学歴

  • - 1996年京都大学 高分子化学
  • - 1991年京都工芸繊維大学 工業化学

経歴

  • 1996- 福井大学工学部 助手 1998-1999 (財)福井県産業振興財団 可能性試験研究員 1999-2000 カリホルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 2003- 都市エリア産学官連携促進事業テーマ別研究会 委員 2003- 地域新生コンソーシアム「連続生産を目指した電子線グラフト重合法による繊維機能化技術の開発」研究員

所属学協会

    ラドテック研究会 一般会員,(独)日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会 その他,繊維学会  理事,繊維学会  その他,繊維学会  評議員,American Chemical Society,光化学協会,高分子学会 一般会員,日本化学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • シクロデキストリン包接化合物への超高圧印加にともなう構造変化とゲスト放出挙動
    久田研次
    繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告書 68 2017年11月 査読無し
  • 繊維学会おけるコロイド・界面化学
    久田研次
    コロイド界面部会誌 40(3) 4-4 2015年07月 査読無し
  • 超高圧処理によるシクロデキストリン包接化合物の解離抑制
    久田研次
    繊維学会誌 72(4) 214-214 2016年04月 査読無し
  • カチオン性高分子電解質とアニオン性界面活性剤からなる高分子ー界面活性剤複合体単分子膜の摩擦・摩耗挙動
    久田 研次, 山本 泰士, 山下 智弘
    高分子論文集 74(1) 41-48 2017年01月 査読有り
  • Base-​acid-​induced translational isomerism in a branched [4]​rotaxane
    Yuji Tokunaga, Masaki Kimura, Masahiro Ueda, Shinobu Miyagawa, Tsuneomi Kawasaki, Kenji Hisada
    Tetrahedron Letters 57(10) 1120-1123 2016年03月 査読有り
  • Preparation of Polyester Fabric Having Thermo-responsive Wettability through Electron Beam Graft Polymerization with N-isopropyl Acrylamide
    K.Hirogaki, K.Shimada, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Proceedings of International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 2014年01月
  • Five-state Molecular Switching of a [3]Rotaxane in Response to Weak and Strong Acid and Base Stimuli
    Y. Tokunaga, S. Ikezaki, M. Kimura, K. Hisada, T. Kawasaki
    Chem. Commun. 49(100) 11749-11751 2013年12月 査読有り
  • Characterization of copper-plated conductive fibers after pretreatment with supercritical carbon dioxide and surface modification using Lyocell fiber
    H.Cho, I.Tabata, K.Hisada, K.Hirogaki, T.Hori
    Textile Research Journal 83(8) 780-793 2013年08月 査読有り
  • Two-step radical grafting onto polypropylene fiber initiated by active species prepared through the irradiation of electron beam
    K.Hisada, M.Matsuoka, I.Tabata, K.Hirogaki, T.Hori
    J. Photopolym. Sci. Tech. 26(2) 277-282 2013年07月 査読有り
  • Dynamical Excimer Formation in Rigid Carbazolophane via Charge Transfer State
    Y.Tamai, H.Ohkita, J.Shimada, H.Benten, S.Ito, S.Yamanaka, K.Hisada, K.Tani, K.Kubono, T.Shinmyozu
    J. Phys. Chem. A 117(33) 7776-7785 2013年07月 査読有り
  • Preparation of Electro-conductive Fiber by Metal Composition Using Supercritical Carbon Dioxide
    K.Hirogaki, Y.Tsunekawa, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Proceedings of XXIII IFATCC International Congress 2013年05月
  • Improvement of Dyeability of Para-Aramid Fibers Using Electron-Beam-Induced Graft Polymerization
    K.Hirogaki, N.Kitagawa, T.Fujita, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 68(8) 211-217 2012年08月 査読有り
  • Improving Adhesion between Fiber and Coating Material
    H.Cho, I.Tabata, K.Hisada, K.Hirogaki, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 68(4) 79-87 2012年04月 査読有り
  • Effect of high pressure carbon dioxide fluids on the birefringence of polymer optical fiber
    C.Zhao, J.He, J.Xing, K.Hisada, T.Hori
    Applied Mechanics and Materials 148-149 1299-1302 2012年02月 査読有り
  • UV-induced formation of activated Bi2O3 nanoflake: an enhanced visible light driven photocatalyst by platinum loading
    Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
    RSC Advances 1(2) 103-106 2012年 査読有り
  • Effect of high pressure carbon dioxide fluids on the birefringence of polymer optical fiber
    C.Zhao, J.He, J.Xing, K.Hisada, T.Hori
    Applied Mechanics and Materials 148-149 1299-1302 2011年12月 査読有り
  • Improvement in dyeability of para-aramid fiber by electron beam graft polymerization
    K.Hirogaki, N.Kitagawa, T.Fujita, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Proceedings of The 11th Asian Textile Conference 459-463 2011年11月
  • Electron Beam Irradiation Technique for Fiber and Textile Modifications
    T.Hori, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada
    Proceedings of The 11th Asian Textile Conference 62-67 2011年11月
  • コロイド結晶ゲルの固定による構造発色フィルムの調製と歪センサーへの応用
    廣垣 和正, 神野 裕之, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    福井大学大学院工学研究科付属繊維工業研究センター年報 vol.4 2010 4 26-30 2011年08月 査読無し
  • Preparation of platinum-loaded cubic tungsten oxide: A highly efficient visible light-driven photocatalyst
    Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
    Materials Letters 65(9) 1252-1256 2011年05月 査読有り
  • The effectiveness of thermal treatment for development of conductive metalized aramid fiber using supercritical fluid carbon dioxide - Fiber-metal adhesive strength improvement -
    N.Martinez, K.Hisada, I.Tabata, K.Hirogaki, S.Yonezawa, T.Hori
    The Journal of Supercritical Fluids 56(3) 322-329 2011年04月 査読有り
  • Nontraditional template synthesis of microjagged bismuth oxide: a highly efficient visible light responsive photocatalyst
    Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
    Catalysis Science & Technology 1(3) 397-400 2011年04月 査読有り
  • [59] Supercritical Fluid-Assisted Electroless Metal Plating onto Aramid Films: The Influence of Thermal Treatment
    M.Belmas, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Journal of Applied Polymer Science 119(4) 2283-2291 2011年04月 査読有り
  • Impregnation of fluorescence dyes into polymer optical fiber using carbon dioxide fluid
    C.Zhao, S.Okubayashi, K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 67(2) 34-39 2011年02月 査読有り
  • A Novel Method of Modifying Poly(ethylene terephthalate) Fabric Using Supercritical Carbon Dioxide
    W.Ma, C.Zhao, S.Okubayashi, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Journal of Applied Polymer Science 117(4) 1897-1907 2010年11月 査読有り
  • Application of Electron Beam Irradiation Technique for Special Modification of Textiles
    T.Hori, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Miyazaki, K.Hisada
    International Symposium on Advanced Fiber/Textile Science and Technology (ISAF) 2010 in Fukui 2010年11月 査読無し
  • Effect of Pressure on [2]Pseudorotaxane Formation and Decomplexation and Their Corresponding Activation Volumes
    Y. Tokunaga,, N. Wakamatsu, N. Ohiwa,, O. Kimizuka, A. Ohbayashi, K. Akasaka, S. Saeki, K. Hisada, T. Goda, Y. Shimomura
    J. Org. Chem. 75(15) 4950-4956 2010年08月 査読有り
  • 超臨界二酸化炭素を用いた多孔質ポリエステル繊維の調製
    廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会誌 66(7) 163-167 2010年07月 査読有り
  • ポリエステル繊維へのシクロデキストリンの固定2- 水系イソシアネートを用いた包接体の固定による機能化 -
    廣垣 和正, 神谷 淳, 木水 貢, 山本 孝, 田口 栄子, 金法 順正, 北 伸也, 吉本 克彦, 四日 洋和, 寺尾 啓二, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会誌 66(6) 141-146 2010年06月 査読有り
  • ポリエステル繊維表面へのシクロデキストリンの固定1 - 溶剤系イソシアネートによる固定・包接能の付与 -
    廣垣 和正, 神谷 淳, 木水 貢, 山本 孝, 田口 栄子, 金法 順正, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会誌 66(4) 93-98 2010年04月 査読有り
  • Impregnation of chitin/chitosan into polyester fabric using supercritical carbon dioxide
    T.Baba, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 66(3) 63-69 2010年03月 査読有り
  • 超臨界二酸化炭素を媒体とする繊維内への高分子化合物の注入
    堀 照夫, 馬場 俊之, 田畑 功, 廣垣 和正, 久田 研次, 奥林 里子
    繊維学会誌 66(3) 70-73 2010年03月 査読有り
  • Preparation and Photochemical Properties of [2]Rotaxanes Containing an Aniline Moiety Encapsulated by Crown Ethers
    Y. Tokunaga, S. Nakashima, T. Iwamoto, K. Gambayashi, K. Hisada, T. Hoshi
    Heterocycles 80 819-823 2010年01月 査読有り
  • Impregnation of Cyanuric Chloride into Synthetic Fabrics (PET and PP) by Supercritical Carbon Dioxide and its Application in Immobilizing Natural Biomelecules
    W.X.Ma, S.Okubayashi, K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 66(10) 243-252 2010年01月 査読有り
  • フラーレンC60とカリックスアレンからなる超分子薄膜の光電流特性
    久田 研次, 加藤 拓也, 徳永 雄次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 61 55-57 2010年01月 査読無し
  • ポルフィリンを固定した繊維を用いた光誘起水素発生
    久田 研次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 61 73-76 2010年01月 査読無し
  • Functional processing of a fabric by fixing of a cyclodextrin inclusion complex
    K.Hirogaki, J.Kamitani, M.Kimizu, T.Yamamoto, E.Taguchi, J.Kanenori, K.Hisada, T,Hori
    International Symposium on Dyeing and Finishing 2009 73-74 2009年09月 査読無し
  • Using Photoresponsive End-Closing and End-Opening Reactions for the Synthesis and Disassembly of [2]Rotaxanes: Implications for Dynamic Covalent Chemistry
    Y. Tokunaga, K. Akasaka, N. Hashimoto, S. Yamanaka, K. Hisada, Y. Shimomura, S. Kakuchi
    J. Org. Chem. 74 2374-2379. 2009年04月 査読有り
  • 電子線グラフト加工技術の事業化に接して
    久田 研次
    繊維学会誌 65(10) 373-376 2009年01月 査読無し
  • 電子線グラフト重合によるポリプロピレン繊維吸着材の表面改質
    久田 研次, 吉田 由希, 堀 照夫, 近藤 幸江
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 60 31-32 2009年01月 査読無し
  • シクロデキストリン包接化合物への超高圧印加による ゲスト放出挙動の制御
    久田 研次, 加藤 千依, 堀 照夫
    福井大学大学院工学研究科付属繊維工業研究センター年報 2 23-27 2009年 査読無し
  • 超高圧処理による包接化合物の安定性向上技術
    久田 研次, 堀 照夫
    加工技術 43(5) 327-331 2008年05月 査読無し
  • フッ化炭素鎖を側鎖に有する高分子ナノ薄膜中における側鎖配向の制御と表面自由エネルギーの変調
    久田 研次, 西田 雄樹, 馬場 俊之, 佐中 大輔, 堀 照夫
    高分子論文集 65(3) 263-268 2008年03月 査読有り
  • Frictional Properties of the Ultra-thin Films Constructed with Fluorocarbon Rods
    K.Hisada, A.Hino, S.Inoue, T.Hori
    Trans. MRS-Japan 33(1) 119-122 2008年03月 査読有り
  • Preparation of Skinless Polymer Foam with Supercritical Carbon Dioxide and its Application to a Photoinduced Hydrogen Evolution System
    M.Morisaki, T.Ito, M.Hayvali, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Polymer 49(6) 1611-1619 2008年03月 査読有り
  • 超臨界流体で調製した機能性有機色素ドープ白金固定化発泡高分子膜からの光誘起水素発生
    森崎 真奈美, 伊藤 知子, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会誌 64(2) 45-50 2008年02月 査読有り
  • 超臨界流体で調製した機能性有機色素ドープ発泡膜からの光誘起水素発生
    森崎 真奈美, 伊藤 知子, M.Hayvali, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 米沢 晋
    繊維学会誌 64(2) 45-50 2008年02月 査読有り
  • フッ化炭素鎖を側鎖に有する高分子LB膜のスマートサーフェスへの展開
    久田 研次, 堀 照夫
    トライボロジスト 53(10) 672-677 2008年01月 査読無し
  • 超臨界流体を用いるアラミド繊維の銅めっきと繊維物性
    堀 照夫, 久田 研次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 59 86-89 2008年01月 査読無し
  • 超臨界二酸化炭素流体で調製したスキンレス高分子発泡体からの光誘起水素発生
    久田 研次, 森崎 真奈美, 田畑 功, 堀 照夫, M.Hayvali
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 59 102-105 2008年01月 査読無し
  • 包接能化合物固定化技術の開発とその加工プロセスの実用化 - シクロデキストリン固定化技術によるスキンケア加工製品の開発-
    山本 孝, 木水 貢, 神谷 淳, 金法 順正, 田口 栄子, 吉本 克彦, 北 伸也, 寺尾 啓二, 四日 洋和, 久田 研次, 廣垣 和正
    石川県工業試験場平成19年度研究報告 57 29-34 2008年 査読無し
  • A Photoinduced Hydrogen Evolution System Using Polymer-Supported Tin Porphyrin
    M.Morisaki, K.Enomoto, T.Ito, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    SEN'I GAKKAISHI 63(12) 301-306 2007年12月 査読有り
  • Fabrication and structural charaterization of the Langmuir-Blodgett films from a new chitosan derivatives containing cinnamate chromophores
    Yusong Wu, Kenji Hisada, Shiro Maeda, Takashi Sasaki, Kensuke Sakurai
    Carbohydrate Polymers 68 766-772 2007年04月 査読有り
  • スズポルフィリン担持した発泡高分子膜を用いる高効率光誘起水素発生
    堀 照夫, 久田 研次
    テクノふくい 75 22-25 2007年01月 査読無し
  • スズポルフィリン固定化繊維を用いた光水素発生
    堀 照夫, 久田 研次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告 58 75-78 2007年01月 査読無し
  • フラーレンC60の超分子集合体薄膜を利用した分子ベアリング潤滑材料の開発
    久田 研次
    財団法人 池谷科学技術振興財団 平成17年度報告書 17 169 2006年12月 査読無し
  • Structural Changes in Poly(ethylene terephthalate) Induced by Supercritical Carbon Dioxide Containing a Cosolvent as a Modifier
    K.Hirogaki, I..Tabata, K.Hisada, S.Okubayashi, T.Hori
    SEN’I GAKKAISHI 62(8) 180-185 2006年08月 査読有り
  • Structural changes in poly(ethylene terephthalate) induced by supercritical carbon dioxide containing a cosolvent as a modifier
    K.Hirogaki, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada, S.Okubayashi, T.Hori
    Sen'i Gakkaishi 62(8) 180-185 2006年08月 査読有り
  • The effect of pressure on pseudorotaxane formation by using the slipping method
    Y.Tokunaga, N. Wakamatsu, A. Ohbayashi, K. Akasaka, S. Saeki, K.Hisada, T. Goda, Y. Shimomura
    Tetrahedron Lett. 47 2679-2682 2006年04月 査読有り
  • 超臨界二酸化炭素を用いる苧麻織布の処理及び無電界メッキへの応用
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 奥林 里子, 堀 照夫, 鄭 光洪
    SEN’I GAKKAISHI 62(3) 47-51 2006年03月 査読有り
  • An investigation of the morphological changes in poly(ethylene terephthalate) fiber treated with supercritical carbon dioxide under various conditions
    K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Journal of Supercritical Fluids 38(3) 399-405 2006年01月 査読有り
  • An investigation of the morphological changes in poly(ethylene terephthalate) fiber treated with supercritical carbon dioxide under various conditions
    K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    The Journal of Supercritical Fluids 38(3) 399-405 2006年01月 査読有り
  • A New Method of Producing Conductive Aramid Fibers Using Supercritical Carbon Dioxide
    X.Zhao, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada, T.Hori
    Surface and Coatings Technology 201(42067) 628-636 2006年01月 査読有り
  • 球状部を有する超分子超薄膜の潤滑特性
    久田 研次, 徳永 雄次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 57 84-87 2006年01月 査読無し
  • ケラチン繊維の間接電解還元
    堀 照夫, 内村 江里, 田畑 功, 奥林 里子, 久田 研次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 57 88-91 2006年01月 査読無し
  • Photocatalytic Foamed Polymer Film Prepared with Supercritical Carbon Dioxide and its Application to Hydrogen Evolution System
    M.Morisaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    PACIFICHEM 2005 12 2005年12月
  • Phase diagram of supercritical carbon dioxide fluid and some vinyl monomers
    Y.Hoshino, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada, T.Kawazura, T.Hori
    PACIFICHEM 2005 2005年12月
  • Impregnation and polymerization of aniline and pyrrole monomer into PET fiber with supercritical CO2
    M.Okada, S.Okubayashi, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori, T.Mita
    PACIFICHEM 2005 2005年12月
  • An investigation of the interaction of supercritical carbon dioxide with poly(ethylene terephthalate) and the effects of some additive modifiers on the interaction
    K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    The Journal of Supercritical Fluids 36(2) 166-172 2005年12月 査読有り
  • Solid Lublicant Properties of the Supramolecular Assembled Films of Fullerene C60
    K.Hisada, K.Tanaka, M.Miyake, A.Inaba, T.Hori, Y.Tokunaga
    Transactions of the MRS-J 30(3) 703-706 2005年09月 査読有り
  • Impregnation of Monomers in Fibers Using Supercritical Carbon Dioxide and Preparation of Conducting Fabric by Their Polymerization
    M.Okada, I.Tabata, K.Hisada, S.Okubayashi, T.Hori
    The 15th Japan-Korea International Joint Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles 13 2005年07月 査読無し
  • Skinless polymer foams prepared with supercritical carbon dioxide and their application as a porous photoreactor
    M.Morisaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    The 8th SPSJ International Polymer Conference 2005年07月
  • Frictional Properties of the Ultra-thin Films Constructed with Fluorocarbon Rods
    K.Hisada, A.Hino, S.Inoue, T.Hori
    The 11th International Conference on Organised Molecular Films (LB11) 11 2005年06月
  • 高圧処理したセルロース系繊維の物理特性
    木水 貢, 守田 啓輔, 山本 孝, 久田 研次, 堀 照夫
    SEN’I GAKKAISHI 61(6) 147-152 2005年06月 査読有り
  • A Study of Solubility of an Organic EL Compound by Means of Supercritical Carbon Dioxide
    M.Yamashita, T.Kmihira, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    SEN’I GAKKAISHI 61(3) 85-88 2005年03月 査読有り
  • 有機EL色素の超臨界二酸化炭素に対する溶解度とエントレーナ添加効果
    山下 雅充, 上平 拓児, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    SEN’I GAKKAISHI 61(3) 81-84 2005年03月 査読有り
  • An investigation of the interaction of supercritical carbon dioxide with poly(ethylene terephthalate) and the effects of some additive modifiers on the interaction
    K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    The Journal of Supercritical fluids 36(2) 166 2005年02月 査読有り
  • 高圧処理を利用した海島型複合短繊維のアルカリ分解
    木水 貢, 山本 孝, 久田 研次, 堀 照夫, 宮口 典子, 山口 俊平
    SEN’I GAKKAISHI 61(1) 25-28 2005年01月 査読有り
  • ポリアクリル酸エステルを用いた高分子超薄膜の摩擦・摩耗特性
    久田 研次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 56 72-75 2005年01月 査読無し
  • スズポルフィリン担持した発泡高分子膜を用いる高効率光誘起水素発生
    堀 照夫, 久田 研次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 56 76-79 2005年01月 査読無し
  • 長鎖脂肪酸およびポリアクリル酸アルキルからなるLB膜のナノトライボロジー
    久田 研次, 堀 照夫
    高分子加工 53(7) 37-41 2004年07月 査読無し
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Nanoparticles on the Aqueous Solution of Water-soluble Hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, Y.Tokunaga
    1st International Symposium on Advanced Materials in Asia-Pacific Rim 31 2004年03月 査読無し
  • Reversible Side-chain Ordering and Wettability for the LB Films Prepared with Poly(perfluorooctylethyl acrylate) and Its Copolymers
    K.Hisada, Y.Nishida, A.Hasegawa, T.Baba, T.Hori
    1st International Symposium on Advanced Materials in Asia-Pacific Rim 67 2004年03月 査読無し
  • Application of Silk Sericin to Finishing of Synthetic Fabrics
    S.-R.Lee, K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    Sen’i Gakkaishi, 60, 1, 9-15 (2004) 2004年01月 査読有り
  • 2004年の化学:注目の論文 ”ナノ粒子が極小カプセル状に整列!! - 液‐液界面を利用した自己組織化 -”
    久田 研次
    化学, 59, 1, 65-66  2004年01月 査読無し
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用によるフラーレンC60の超薄膜作製
    久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 55 88-91 2004年01月 査読無し
  • ArFレーザによる高分子フィルムへのグラフト反応
    宮崎 孝司, 青柳 祐治, 久田 研次, 堀 照夫
    独立行政法人 日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 年次報告 55 106-109 2004年01月 査読無し
  • 圧電体界面を利用した有機超薄膜の構造制御と表面力の変調
    久田 研次
    旭硝子財団助成研究成果報告 53 2004年 査読無し
  • Preparation of Supramolecular Assembly Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalizarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Transactions of the Materials Research Society of Japan 29(1) 241-244 2004年 査読有り
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalixarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Composite Interfaces 11(4) 315-324 2004年 査読有り
  • Modification of Soybean Protein with Diisocyanates and Some Properties of the Modified Protein
    S.R.Lee, K.Miyazaki, K.Hisada, I.Tabata, T.Hori
    SEN’I GAKKAISHI, 59, 12, 479-484  2003年12月 査読有り
  • A New Approach for Texile Finishing using Supercritical Carbon Dioxide
    T.Hori, K.Hirogaki, S.Miyagawa, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada
    Proceedings of The International Conference on Dyeing and Finishing 47-55 2003年09月 査読無し
  • A rotaxane synthesis based on stilbene photoisomerization. A photoswitchable catch and release process
    Y.Tokunaga, K.Akasaka, K.Hisada, Y.Shimomura, S.Kakuchi
    Chem. Commun. 2250-2251 2003年07月 査読有り
  • Hydrogen Evolution Sensitized by Tin Porphyrin Fixed Membrane
    S.Wang, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    J. Porphyrins Phthalocyanines, 7, 3, 199-204 2003年05月 査読有り
  • Water Oxidation Sensitized by Tin-Porphyrin
    S.Wang, K.Enomoto, S.Tanizaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Sen’i Gakkaishi, 59, 2, 48-52 2003年02月 査読有り
  • Impregnation of Functional Compounds into Fibers from Supercritical CO2 Fluid
    T.Hori, K.Hirogaki, S.Miyagawa, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada
    国際コングレス2002 ファイバーシンポジウム 2002年09月 査読無し
  • Impregnation of Functional Compounds into Fibers from Supercritical CO2 Fluid
    T.Hori, K.Hirogaki, S.Miyagawa, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada
    World Congress 2002 Fiber symposium 2002年09月 査読無し
  • Triplet Excimer of Vinyl Polymers Having Aromatic Side Group
    M.Yamamoto, K.Hisada, H.Ohkita, S.Ito, K.Tani, Y.Tohda
    Photoreaction Control and Photofunctional Materials 2002, Tsukuba, Japan, P-62  2002年03月 査読無し
  • Microscopic Friction Anisotropy and Asymmetry Related to the Molecular Tilt Azimuth in a Monolayer of Glycerol Ester
    K.Hisada, C.M.Knobler
    Colloids & Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, 198-200, 21-30 2002年02月 査読有り
  • Hydrogen evolution sensitized by tin-porphyrin in microheterogeneous systems
    S.Wang, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Dyes and Pigments 55, 27-33 2002年 査読有り
  • Sorption of Metal Ions onto Non-woven Polypropylene Fabrics Modified by Electron-Beam Grafting Method
    A.Ehrhardt, K.Hisada, K.Miyazaki, Y.Sato, T.Hori
    Proceedings of the 6ht Asian Textile Conference, x, Hongkong, China, y1-y8 2001年08月 査読無し
  • Application of Silk Sericin for Finishing of Synthetic Fabric
    S.R.Lee, K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    Proceedings of the 6th Asian Textile Conference, w, Hongkong, China, z1-z8 2001年08月 査読無し
  • Sorption of Metal Ions Non-woven Polypropylene Fabrics Modified by Electron-Beam Grafting Method
    A.Ehrhardt, K.Hisada, K.Miyazaki, Y.Sato, T.Hori
    Proceeding of the 6th Asian Textile Conference, x, y1-y8  2001年08月 査読有り
  • Evalution of disperse dye sublimation via gas chromatography
    Y.Sawanoi, Y.Shimbo, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    Dyes and Pigments, 52, 29-35 2001年01月 査読有り
  • Friction Anisotropy and Asymmetry Related to the Molecular Tilt Azimuth in a Monolayer of 1-Monopalmytoyl-rac-glycerol
    K.Hisada, C.M.Knobler
    Langmuir, 16, 24, 9390-9395  2000年11月 査読有り
  • Microscopic Friction Anisotropy and Asymmetry Related to the Molecular Tilt Azimuth in a Monolayer of Glycerol Ester
    K.Hisada, C.M.Knobler
    The 9th International Conference on Organised Molecular Films Programme & Abstract, T21, Potsdam, Germany, 86  2000年08月 査読有り
  • Electron Beam Graft-Polymerization on Inert Polymer Membranes and Introduction of Thiol Group on the Grafted Side Chains
    K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    Sen’i Gakkaishi, 56, 5, 227-233  2000年05月 査読有り
  • Electron Beam Graft-Polymerization on Inert Polymer Membranes and Introduction of Thiol Group on the Grafted Side Chains
    k. Miyazaki, K. Hisada, T. Hori
    Sen’i Gakkaishi 56 227-233 2000年05月 査読有り
  • 電子線グラフト化PET繊維へのハイドロキシアパタイト形成
    宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 宮下 節男, 佐治 栄治, 近藤 幸江
    繊維学会誌 56(3) 119-125 2000年03月 査読有り
  • ポリエステル繊維のフィルムシール方式による電子線グラフト重合
    宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 近藤 幸江, 佐治 栄治, 木村 友紀
    繊維学会誌 56(3) 126-134 2000年03月 査読有り
  • 電子線グラフト化PET繊維へのハイドロキシアパタイト形成
    宮﨑 孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 宮下 節男, 佐治 栄治, 近藤 幸江
    繊維学会誌 56 119-125 2000年03月 査読有り
  • ポリエステル繊維のフィルムシール方式による電子線グラフト重合
    宮﨑 孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 近藤 幸江, 佐治栄治
    繊維学会誌 56 126-134 2000年03月 査読有り
  • グローイングポリマー”高分子LB膜の構造と機能”
    久田 研次
    高分子, 48, 8, 612, (1999) 1999年08月 査読無し
  • Modification of polypropylene fabric for giving water repellent and hygroscopic properties simultaneously
    K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori, N.Watanabe
    Sen’i Gakkaishi 55(9) 408-415 1999年 査読有り
  • Spreading behavior of poly[2-(perfluoroalkyl)ethyl acrylate] monolayer and Langmuir-Blodgett film
    K.Hisada, A.Hasegawa, T.Baba, T.Hori
    繊維工業研究協会報告, 9, 26-33,  1999年 査読無し
  • Irradiation-Grafting Technique for Functional Textile Finishing
    K.Miyazaki, K.Watanabe, K.Hisada, T.Hori
    Proceeding of 18th IFATCC congress, Wakayama, Japan, P178 1999年 査読無し
  • A Novel Photoinduced Hydrogen Evolution System Using Fiber-Supported Metalloporphyrins
    T.Hori, K.Enomoto, K.Hisada, S.Okubayashi
    Proceeding of International Symposium on Adbanced Fiber Science and Technology, Fukui, Japan, PP325-326  1999年 査読無し
  • ポリアクリル酸2-(パーフロロアルキル)エチル単分子膜およびLangmuir-Blogett膜の撥水特性
    久田 研次, 長谷川茜, 馬場俊之, 堀 照夫
    繊維工業研究協会報告, 9, 26-33 1999年 査読有り
  • 撥水と吸放湿機能を同時に有するポリプロピレン不織布の改質
    宮崎孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 渡辺暢子
    Sen-i Gakkaishi 55 408-415 1999年 査読有り
  • Characteristic and control of photochemical process in polymer solid
    M.Yamamoto, K.Hisada, H.Ohkita, S.Ito
    京都大学日本化学繊維研究所講演集, 55, 9-17 1998年11月 査読無し
  • Photoconductivity of Poly(γ-mechyl L-glutamate) Langmuir-Blodgett Film Containing Zinc Tetraphenylporphyrin. 4. Structural Studies and Application to Photodiode
    K.Hisada, Y.Kiuchi, E.Moriya, A.Miyagawa, T.Hori
    1998Asia-Pacific Forum on Science and Technology, Kanazawa, Japan, 9, 43 1998年11月 査読無し
  • Water repellent and hygroscopic finishing of hydrophobic fabrics
    K.Miyazaki, N.Watanabe, K.Hisada, T.Hori
    International Symposium in Wakayama on Dyeing and Finishing of Textiles, Wakayama, Japan, PIII-52, 278  1998年11月 査読無し
  • Water Oxidation Using Tin Porphyrins as Photo-Excited Oxidant
    T.Hori, S.Tanizaki, K.Enomono, K.Hisada, I.Tabata, S.Okubayashi, S.Abeta
    Proc. of the 18th Japan-Korea Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, Fukui, Japan, 12, 73  1998年08月 査読無し
  • Cellulase Hydrolysis of Acethylcelluloses Differing in Dissociation
    Z.Song, K.Hisada, A.Nomyra, T.Hori
    Sen-i Gakkaishi, 54, 367-373 1998年07月 査読有り
  • Triplet Energy Migration among Energetically Disordered Chromophores in Polymer Matrixes. 1. Thermally Induced Supertrap Formation
    K.Hisada, S.Ito, M.Yamamoto
    J. Phys. Chem. B, 102, 4075-4080 1998年05月 査読有り
  • Intramolecular Triplet Energy Transfer. 4. A Carbazole-Naphthalene System Having a Flexible Alkyl Spacer Doped in Poly(methyl methacrylate) Matrixes
    K.Hisada, A.Tsuchida, S.Ito, M.Yamamoto
    J. Phys. Chem. B, 102, 2640-2645 1998年04月 査読有り
  • Action of Cellulase to β-1.4-glucosidic Bond in Acetylcellulose Molecule
    Z.Song, K.Hisada, T.Hori
    Sen-i Gakkaishi, 54, 134-141 1998年03月 査読有り
  • Action of Cellulase to β-1,4-glucosidic Bond in Acetylcellulose Molecule
    Z.Song, K.Hisada, T.Hori
    Sen-i Gakkaishi, 54, 134-141  1998年03月 査読有り
  • Tribological Behavior of Polymer-Surfactant Complex Monolayers Prepared from Poly(Dimethyldiallylammonium chloride) and Anionic Surfactants
    Hisada, Kenji;Yamamoto, Taishi;Yamashita, Tomohiro
    KOBUNSHI RONBUNSHU 74(1) 41-48 2017年
  • カチオン性高分子電解質とアニオン性界面活性剤からなる高分子–界面活性剤複合体単分子膜の摩擦・摩耗挙動
    久田 研次;山本 泰士;山下 智弘
    高分子論文集 74(1) 41-48 2017年
    カチオン性高分子電解質であるポリジメチルジアリルアンモニウムクロリド(PDMDAAC)とアニオン性界面活性剤がイオン結合を介して結合した高分子–界面活性剤複合体(PSC)で単分子膜を調製し,この単分子膜の特徴を表面圧–面積等温線測定,ブルースター角顕微鏡(BAM)観察ならびにX線光電子分光法(XPS)で明らかにした.また,これらのPSC単分子膜で被覆したガラス基板の摩擦・摩耗挙動を測定した.PSC膜で被覆した基板は,低分子化合物や電荷をもたない高分子の単分子膜で被覆した基板を比較すると,疎水鎖が同じ場合には摩擦係数は0.04–0.07と同程度であったが,ステンレスボール圧子を往復運動させたときの摩耗開始回数は,パルミチン酸膜の67回,アクリル酸オクタデシルの331回からSHS/PDMDAAC膜で734回,C16A/PDMDAAC膜で1057回と飛躍的に向上した.
  • 超高圧処理によるシクロデキストリン包接化合物の解離抑制
    久田 研次
    繊維学会誌 72(4) P-214-P-214 2016年

著書

  • 光化学の事典
    久田研次
    執筆
    5.4光機能材料 ⑥蛍光染料・蛍光増白剤(漂白剤)
     2014年06月
    978-4-254-14096-5
  • 光化学の事典
    久田研次
    執筆
    5.2 ディスプレイ・表示 ④暗闇で光る―化学発光,蓄光材料―
     2014年06月
    978-4-254-14096-5
  • Polymer Surface Modification and Polymer Coating by Dry Process Technologies
    M.Miyazaki, Y.Aoyagi, K.Hisada, T.Hori
    執筆、編集
    Surface Modification of Polymer Films by UV Laser Irradiation
    Research Signpost 2005年
  • 機能物質の集積膜と応用展開
    久田 研次
    編集
    分子膜のトライボロジー
    CMC出版 2006年06月
    4-88231-570-X
  • 機能性繊維の最新技術
    堀 照夫, 久田 研次
    編集
    超臨界二酸化炭素流体を用いる繊維加工
    CMC出版 2009年06月
    978-4-7813-0121-1

講演・口頭発表等

  • 高分子界面活性剤複合体薄膜の密着性における電解質濃度依存性
    平田 豊章、山本 泰士、後藤 真輝、内田 翔太、久田 研次
    日本バイオマテリアル学会北信越ブロック第6回若手研究発表会 2017年12月
  • 金属/アルカン界面における局所粘度の増大と有機酸吸着層形成の関係
    平田豊章、高村日菜、大澤慎也、伊藤実奈子、久田研次
    平成29年度 繊維学会秋季研究発表会 2017年11月
  • 金属/油界面における鎖状分子の高粘度トライボ膜形成
    高村 日菜・大澤 慎也・伊藤 実奈子・平田 豊章・久田 研次
    平成29年度北陸地区高分子若手研究会 2017年11月
  • シクロデキストリン包接化合物への超高圧印加による構造変化と解離速度への影響
    笠川沙也夏, 竹下享介, 久田研次,谷川竜一,岩田谷正純,曽我部啓介
    平成29年度北陸地区高分子若手研究会 2017年11月
  • 金属/アルカン界面における有機酸吸着層形成と局所粘度の増大
    平田豊章・高村日菜・大澤慎也・伊藤実奈子・久田研次
    平成29 年度高分子学会北陸支部研究発表会 2017年11月
  • 高分子界面活性剤複合体薄膜の密着性に及ぼす高分子電解質の分子量効果
    久田研次・山本泰士・後藤真輝・内田翔太・平田豊章
    第66回高分子討論会 2017年09月
  • Molecular layer formed at oil-metal interface and local viscosity - FM-AFM observation and quartz crystal admittance analysis -
    Kenji Hisada, Shinya Oozawa, Minako Itoh, and Toyoaki Hirata
    7th International Colloids Conference 2017年06月
  • 有機酸吸着層とアルカンの相互作用による固体表面近傍の局所粘度の増大
    平田豊章、大澤慎也、伊藤実奈子、久田研次
    平成29年度繊維学会年次大会 2017年06月
  • シクロデキストリン包接化合物への超高圧印加にともなう構造変化とゲスト放出挙動
    久田研次,竹下享介,加藤千依,笠川幹明
    平成29年度繊維学会年次大会 2017年06月 選考無し
  • Ethnic difference of the hair and the role of the keratins in inner root sheath
    Hiroshi Yoshida, Junko Kitano, Noriyuki Tanji, Hiroki Fujinaga, Tamaki Hirano and Kenji Hisada
    10th World Congress for Hair Research 2017年10月 選考有り
  • 超高圧印加したモノテルペン/シクロデキストリン包接化合物のNMR分析
    谷川竜一、岩田谷正純、曽我部啓介、竹下恭介、久田研次
    17-1NMR研究会 2017年05月 選考無し 高分子学会 NMR研究会
  • 超高圧印加したモノテルペン/シクロデキストリン包接化合物の NMR 分析
    谷川 竜一、岩田谷 正純、曽我部 啓介、竹下恭介、久田 研次
    第 22 回高分子分析討論会 2017年10月 選考無し (公社)日本分析化学会 高分子分析研究懇談会
  • カチオン性高分子電解質とアニオン性界面活性剤が形成する界面不動層の潤滑特性 V ― 吸着層の耐摩耗性に及ぼす多分岐度効果 ―
    後藤真輝・平野義明・久田研次
    第63回高分子学会年次大会 2014年05月
  • 水系エマルションを用いる電子線グラフト重合へのエマルションのサイズとグラフト率の関係
    前田 拓、田畑 功、廣垣 和正、久田 研次、堀 照夫
    平成26年度繊維学会年次大会 2014年06月
  • カチオン性高分子電解質とアニオン性界面活性剤が形成する界面不動層の潤滑特性 ? 吸着層の潤滑特性に及ぼす多分岐度効果 -
    平野義明、後藤真輝、久田研次
    平成26年度繊維学会年次大会 2014年06月
  • 電子線照射により生成した活性種によるポリプロピレン繊維への二段階グラフト重合(II)活性種の熱安定性
    佐野竜太、久田研次、前田 拓、田畑 功、廣垣和正
    平成26年度繊維学会年次大会 2014年06月
  • Lubrication of polyion complex film fabricated from cationic polyelectrolyte and anionic surfactant - Effect of linear and branched polyethylenimine with various molecular weights -
    Yoshiaki Hirano, Masaki Goto, Kenji Hisada
    the International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 (ISF 2014) 2014年09月
  • 油-金属界面に形成される分子吸着膜を介したエネルギー散逸 -QCM-A法による解析-
    久田研次、伊藤実奈子、小室裕紀、若野髙行
    第63回高分子討論会 2014年09月
  • 高分子電解質と界面活性剤の逐次吸着によって形成する分子膜の潤滑特性
    久田研次、若野髙行、後藤真輝、平野義明
    第63回高分子討論会 2014年09月
  • 潤滑油-金属界面に形成されるギブス吸着膜を介したエネルキ゛ー散逸のQCM-A 解析
    伊藤実奈子, 小室裕紀, 久田研次
    平成26年度 北陸地区講演会と研究発表会 2014年11月
  • 界面における分子組織膜の創製と力学特性
    久田研次
    拠点形成研究(創エネルギー物質化学)講演会 2014年11月
  • 水系エマルションを用いる電子線グラフト重合におけるミセル安定性の影響
    前田 拓,久田研次,田畑 功,廣垣和正
    第63回高分子学会北陸支部研究発表会 2014年10月
  • 高分子電解質と界面活性剤のイオンコンプレックスによる表面修飾と潤滑特性
    後藤 真輝, 若野 高行, 平野 義明, 久田 研次
    第63回高分子学会北陸支部研究発表会 2014年10月
  • ポリエチレンイミンと界面活性剤の逐次積層膜の耐摩耗性
    久田研次、若野髙行、後藤真輝
    第64回高分子学会年次大会 2015年05月
  • ポリエチレンイミンと界面活性剤の逐次積層膜の耐摩耗性
    久田研次、若野高行、後藤真輝
    平成27年度繊維学会年次大会 2015年06月
  • 極性末端基を持つ鎖状分子により金属-液体界面に形成される吸着膜を介したエネルギー散逸
    久田 研次,伊藤 実奈子,井阪 悠太
    第64回高分子討論会 2015年09月 選考無し
  • n-アルカン/無機材料界面におけるエネルギー散逸量の水晶振動子微量天秤による評価
    久田 研次,伊藤 実奈子,井阪 悠太
    平成27年度 繊維学会秋季研究発表会 2015年10月 選考無し
  • 金属-液体界面に形成される摩擦低減剤の吸着膜を介したエネルギー散逸
    久田 研次・井阪 悠太・伊藤 実奈子
    第65回高分子学会年次大会 2016年05月 選考無し
  • 金属-ヘキサデカン界面に形成される摩擦低減剤の吸着膜を介したエネルギー散逸
    久田 研次・大澤慎也・井阪 悠太・伊藤 実奈子
    第67回コロイドおよび界面化学討論会 2016年09月 選考無し
  • 油-金属界面で形成される有機酸吸着膜を介したエネルギー散逸 - QCM?A法とFM?AFMによる解析 -
    大澤慎也,伊藤実奈子,井阪悠太,久田研次
    平成28年度北陸地区講演会と研究発表会 2016年11月 選考無し
  • シクロデキストリン包接化合物への超高圧印加にともなう構造変化 とゲスト放出挙動
    竹下享介,笠川幹明,加藤千依,久田研次
    平成28年度北陸地区講演会と研究発表会 2016年11月
  • Lubrication of ultrathin films prepared from cationic polyelectrolyte and anionic surfactant.
    K.Hisada, T.Yamamoto, M.Goto, Y.Hirano
    5th International Colloids Conference 2015年06月 選考有り
  • 水晶振動子微量天秤を用いたトライボロジー研究:n-アルカン中に添加した鎖状分子の吸着とエネルギー散逸に関する情報を求めて
    久田研次
    第8回QCM研究会セミナー 2014年08月 選考無し
  • C3対称[4]ロタキサンの塩基・酸刺激に対するシャトリングと性
    上田将宏, 木村元紀, 川﨑常臣, 徳永 雄次, 久田研次, 宮川しのぶ
    日本化学会 第95春季年会 (2015) 2015年03月 選考有り 0
  • プロトン化及び脱プロトン化に伴う五状態分子シャトリング
    木村 元紀, 池崎 修二, 久田 研次, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    日本化学会第94春季年会(2014) 2014年03月 選考有り 日本化学会
  • カチオン性高分子電解質とアニオン性界面活性剤が形成する 界面不動層の潤滑特性
    久田 研次, 山本 泰士, 山下 智弘, 平野 義明
    第23回日本MRS年次大会 2013年12月 選考無し 日本MRS
  • ロタキサンの環移動を用いた五状態分子スイッチ構築
    木村元紀, 池崎 修二, 久田 研次, 川﨑 常臣, 徳永 雄次
    平成25年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会 2013年11月 選考無し 日本化学会近畿支部
  • ポリエチレンイミンとヘキサデシル硫酸ナトリウムが形成するポリイオンコンプレックス膜の潤滑特性 ― 高分子電解質の分子量効果 ―
    後藤 真輝, L.Kaouache, 山本 泰士, 平野 義明, 久田 研次
    2013年支部合同新潟地方大会(第62回高分子学会北陸支部研究発表会) 2013年11月 選考無し 高分子学会北陸支部
  • 脂肪酸単分子膜とネマチック液晶のアルキル鎖間相互作用に基づく誘導配向
    寺井 基洋, 久田 研次
    平成25年度北陸地区高分子若手研究会 2013年11月 選考無し 高分子学会
  • 福井大学大学院工学研究科ファイバーアメニティ工学専攻 堀照夫研究室
    堀 照夫, 久田 研次, 田畑 功
    繊維機械学会 2006年03月
  • Nanotribology of the Langmuir-Blodgett films having alkyl tails and their viscoelasticity on the shear deformation
    A.Hino, D.Sanaka, K.Hisada, T.Hori
    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2005) 2005年12月
  • Time-chain length equivalence in the tribology of the organic ultrathin films
    K.Hisada, A.Hino, D.Sanaka, T.Hori
    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2005) 2005年12月
  • スズポルフィリン固定化繊維を用いた光誘起水素発生
    伊藤 知子, 森崎 真奈美, M.Hayvali, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度北陸地区講演会と研究発表会 2005年11月
  • 金属ポルフィリンおよび白金を担持した発泡高分子膜を用いる高効率光誘起水素発生
    森崎 真奈美, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    膜シンポジウム 2005年11月
  • テルペン類へのカリックスアレン類の分子認識とその薄膜創製への利用
    徳永 雄次, 久田 研次, 左近 浩正, 兼房 宏和, 田中 清文
    第49回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会要旨集 2005年11月
  • ポリアクリル酸エステル共重合体を用いた高分子超薄膜の摩擦・摩耗特性
    佐中 大輔, 日野 彰子, 久田 研次, 堀 照夫
    第54回高分子討論会 2005年09月
  • 疎水性球状分子の超分子を2次元上に配列した超薄膜の潤滑特性
    久田 研次, 三宅 美里, 細井 聖士, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第54回高分子討論会 2005年09月
  • 長鎖脂肪酸LB膜中の疎水鎖流動性がトライボロジー特性に及ぼす影響
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    第54回高分子討論会 2005年09月
  • シクロデキストリン(CD)への機能性成分の保持・徐放技術
    堀井 香奈江, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度北陸地区高分子若手研究会 2005年08月
  • C60超分子超薄膜の摩擦挙動
    細井 聖士, 岡本 真也, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成17年度北陸地区高分子若手研究会 2005年08月
  • 長鎖脂肪酸LB膜中の分子凝集状態が摩擦に及ぼす影響
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    2005支部合同新潟地方大会 2005年08月
  • ポリアクリル酸エステルを用いた高分子超薄膜のナノトライボロジー特性
    佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    2005支部合同新潟地方大会 2005年08月
  • 超臨界および亜臨界二酸化炭素を用いたポリマー光ファイバーへの光増感色素の導入
    趙 川, 奥林 里子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第16回繊維連合研究発表会 2005年08月
  • ミニプラント型超臨界二酸化炭素染色装置を用いたPET布帛の染色
    鈴間 貴幸, 田畑 功, 久田 研次, 奥林 里子, 堀 照夫
    第16回繊維連合研究発表会 2005年08月
  • 内部循環型超臨界染色装置を用いたポリエステル布帛の染色
    鈴間 貴幸, 堀 照夫, 奥林 里子, 田畑 功, 久田 研次
    第45回染色化学討論会 2005年08月
  • エチレンプロピレンジエンゴム/ポリメチルメタクリレート複合体の調製
    星野 芳哲, 奥林 里子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第16回繊維連合研究発表会 2005年08月
  • 機能性色素を注入した発泡高分子膜による光誘起水素発生 -白金触媒の分散状態の影響-
    森崎 真奈美, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, M.Hayvali
    第16回繊維連合研究発表会 2005年08月
  • 分散染料を用いる牛革の超臨界染色
    岡田 睦馬, K.Fouad, 奥林 里子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 大垣 幸久, 相川 康宏, 吉田 久美子
    第16回繊維連合研究発表会 2005年08月
  • 気水界面で調製した超分子超薄膜への光照射による物質徐放システムの開発
    久田 研次, 堂本 亮平, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成17 年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 超臨界、亜臨界二酸化炭素流体を用いたポリマー光ファイバーへの光増感色素の導入
    趙 川, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 超臨界二酸化炭素染色のミニプラント機を用いた研究
    鈴間 貴幸, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 超臨界二酸化炭素とビニルモノマーの相図の測定
    星野 芳哲, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 超臨界二酸化炭素流体処理法で調製したポルフィリンドープ高分子膜の発泡構造と光水素発生
    森崎 真奈美, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成17年度年次大会 2005年06月
  • 電子線グラフト重合法を用いたPET繊維へのアンチモン吸着機能の付与
    保井 智也, A.Ehrhardt, 久田 研次, 堀 照夫, 宮崎 孝司
    平成17年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる繊維内へのモノマー注入と重合による導電性の付与
    岡田 睦馬, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 三田 朋幸, 柳澤 博文
    平成17年度繊維学会年次大会 2005年06月
  • 球状ゲスト分子の超分子から調製した超薄潤滑層の摩擦・摩耗特性
    久田 研次, 三宅 美里, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第54回高分子学会年次大会 2005年05月
  • 高分子超薄膜の誘導変形に伴う接触角の変調と液体輸送
    熊澤 喬士, 日野 彰子, 久田 研次, 堀 照夫
    第54回高分子学会年次大会 2005年05月
  • 超薄有機固体潤滑層の摩擦・摩耗特性とエネルギー散逸プロセス
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    第54回高分子学会年次大会 2005年05月
  • Nanotribology of the supramolecular assembled films of fullerene C60 and water-soluble hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    Knobler Celebration Symposium at UCLA 2005年04月
  • コバルト-アセチレン結合を用いた末端封鎖による新規ロタキサン合成
    合田 達宏, 徳永 雄次, 久田 研次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第85春季年会2005年講演予稿集II 2005年03月
  • 有機超薄膜の粘弾性変形とナノ潤滑特性
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    2004高分子交流会[金沢] 2004年12月
  • 超分子超薄膜形成によるフラーレンC60の個室化と電子特性
    稲葉 明宏, 三宅 美里, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    2004高分子交流会[金沢] 2004年12月
  • フラーレンC60の超分子超薄膜の固体潤滑特性
    久田 研次, 田中 清文, 三宅 美里, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第15回日本MRS学術シンポジウム 2004年12月
  • 超臨界CO2流体による発泡処理を利用した金属ポルフィリン傾斜構造の調製
    森崎 真奈美, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第53回高分子学会北陸支部研究発表講演会 2004年11月
  • フラーレンC60の超分子超薄膜の調製と電子特性
    稲葉 明宏, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 有機超薄膜を利用した液体輸送システムの作製
    熊澤 喬士, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 長鎖脂肪酸LB膜の摩擦挙動とその制御
    佐中 大輔, 日野 彰子, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • フラーレン超薄膜の潤滑特性
    三宅 美里, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 電子線グラフト重合による合成繊維への機能付与
    保井 智也, A.Ehrhardt, 宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度北陸地区高分子若手研究会 2004年11月
  • 分子配向の制御された有機超薄膜の摩擦挙動と粘弾性的せん断変形
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    第53回高分子学会北陸支部研究発表講演会 2004年11月
  • 超臨界二酸化炭素流体を用いたPET繊維へのピロールの注入とその重合
    岡田 睦馬, 星野 芳哲, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 三田 朋幸, 柳澤 博文
    第53回高分子学会北陸支部研究発表講演会 2004年11月
  • 軸末端部の開閉による熱力学的なロタキサン合成
    橋本 宣之, 徳永 雄次, 赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 久田 研次, 下村 与治
    平成16年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会講演要旨集 2004年11月
  • 長鎖脂肪酸累積膜の摩擦挙動に及ぼす塑性変形の影響
    日野 彰子, 佐中 大輔, 久田 研次, 堀 照夫
    第53回高分子討論会 2004年09月
  • 超臨界流体中での金属錯体を作用させる繊維・高分子材料のメッキ法
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会秋季研究発表会 2004年09月
  • 高圧処理したセルロース系繊維の膨潤挙動
    木水 貢, 山本 孝, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会秋季研究発表会 2004年09月
  • Dyeing of Polypropylene Fabrics Using Supercritical CO2 Fluid - Effect of Metal Ion Treatment
    A.Ehrhardt, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会秋季研究発表会 2004年09月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用して作製した疎水性球状分子の超薄膜
    久田 研次, 田中 清文, 稲葉 明宏, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子討論会 2004年09月
  • フラーレンC60超分子超薄膜により調製した固体潤滑層
    久田 研次, 田中 清文, 三宅 美里, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子討論会 2004年09月
  • 連続生産を目指した電子線グラフト重合法による繊維機能化技術の開発(Ⅰ)
    大島 邦裕, 佐野 高司, 勝圓 進, 福島 信次, 近藤 裕之, 守屋 修治, 翠 浩二, 松田 光夫, 宮崎 孝司, 近藤 幸江, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 超臨界二酸化炭素による有機化合物の溶解度および溶解度予測式
    山下 雅充, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 超臨界二酸化炭素中における化合物の溶解度測定と溶解度推算
    上平 拓児, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 超臨界流体二酸化炭素中でのイソプレンゴムの膨潤挙動
    星野 芳哲, 岡田 睦馬, 趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 川面 哲司
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 超臨界流体二酸化炭素を用いる各種高分子への機能剤の注入
    岡田 睦馬, 星野 芳哲, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 三田 朋幸, 由井 美也
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 有機ホスト分子と無機ナノ微粒子の気水界面における相互作用を利用した複合超薄膜の調製
    久田 研次, 田中 清文, 堂本 亮平, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる苧麻繊維への有機金属錯体注入と無電解メッキ
    趙 習, 鄭 光洪, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • Impregnation and fixation of anthraquinone derivatives by poly (propylene) fabrics from supercritical CO2 fluid
    A.Ehrhartd, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
    平成16年度繊維学会年次大会 2004年06月
  • VOC Photo-Catalyst Decomposition Activity for Fabrics Coated with Dispersed TiO2-Apatite Layer
    A.Ehrhardt, K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    Textile Institute 83rd World Conferenece 2004年05月
  • 支持基板の変形に伴う単分子累積膜中の分子鎖集合構造変化と濡れ特性の変調
    久田 研次, 坂田 勝博, 野村 昌弘, 堀 照夫
    第53回高分子年次大会 2004年05月
  • 気水界面におけるホストーゲスト相互作用を利用したC60超薄膜の作製(III)-ホスト分子によるC60超薄膜への影響-
    田中 清文, 堂本 亮平, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第53回高分子年次大会 2004年05月
  • フッ化炭素鎖を有する単分子累積膜の摩擦特性に及ぼす末端基の効果
    日野 彰子, 井上 沙織, 久田 研次, 堀 照夫
    第53回高分子年次大会 2004年05月
  • A rotaxane synthesis based on stilbene photoisomerization. A photoswitchable catch and release process
    Y.Tokunaga, K.Akasaka, K.Hisada, Y.Shimomura, S.Kakuchi
    The 10th Japan-Korea Symposium on Drug Design and Development 2004年04月
  • Preparation of Supramolecular Assembled Films of Fullerene on the Aqueous Solution of Water-soluble Hosts
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, H.Sakon, Y.Tokunaga
    The 227th ACS National Meeting & Exposition 2004年03月 選考無し
  • 光応答による軸末端部の嵩高さの変化を利用した熱力学的ロタキサン合成
    橋本 宣治, 徳永 雄次, 久田 研次, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    平成16年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集 2004年01月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したナノ微粒子超薄膜の作製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    2003高分子研究交流会[金沢], 21 2003年12月
  • Modification of Synthetic Fabrics by Electron Beam Irradiation Method and their Application to Degradation or Sorption of Hazardous Compounds
    A.Ehrhardt, K.Hisada, K.Miyazaki, T.Hori
    日韓シンポジウム, 大邱, 韓国, OP-14 2003年11月
  • 超臨界流体を利用した 無電解めっき反応
    堀 照夫, 久田 研次
    平成15年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業 「省エネルギー型超臨界プレイティングシステムの開発」関連講演会~ 超臨界流体とめっき技術~ 2003年11月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したフラーレンC60超薄膜の調製(II) 添加塩の効果
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    第52回高分子討論会, IPd048, 2048 2003年09月
  • 超臨界二酸化炭素流体中での苧麻繊維の処理
    鄭 光洪, 趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H08, 142  2003年09月
  • 超臨界流体を用いる繊維の無電界メッキ
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H09, 143 2003年09月
  • Impregnation of Dyhydroxyanthraquinone Compounds into Fabrics by Supercritical CO2 and their Sorbability for Metal Ions Dissolved in Water
    A.Ehrhardt, K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    Fiber Preprints, Japan, 1H07, 141  2003年09月
  • フッ化炭素鎖および炭化水素鎖を有するジオール化合物からなる単分子累積膜の摩擦力異方性
    久田 研次, 井上 沙織, 日野 彰子, 堀 照夫
    第52回高分子討論会, IIG18, 1915-1916 2003年09月
  • 高分子フィルムへのUVレーザ誘起グラフト反応における波長の影響
    宮崎 孝司, 青柳 裕治, 近藤 幸江, 久田 研次, 堀 照夫
    第52回高分子討論会, IIIPc003, 1450 2003年09月
  • 電子線グラフト重合/アパタイト形成による高活性光触媒繊維の調製
    A.Ehrhardt, 久田 研次, 宮崎 孝司, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H04, 204  2003年06月
  • アゾ系化合物の超臨界二酸化炭素中での溶解度とその推算について
    上平 拓児, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H09, 209 2003年06月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる高分子への金属錯体の導入とメッキへの応用(5)
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H10, 210 2003年06月
  • 高圧処理によるセルロース系繊維の構造変化
    木水 貢, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 2H08, 224 2003年06月
  • Impregnation of Organic Metal Complexes into Synthetic Fibers Using Supercritical Carbon Dioxide and its Application for Metal Plating
    T.Hori, Xi Zhao, I.Tabata, K.Hisada
    The 13th Korea-Japan Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 9, Daegu, Korea, 67 2003年06月
  • 高分子フィルムへのUVレーザー照射によるグラフト重合
    宮崎 孝司, 青柳 祐治, 大谷 健児, 服部 光宏, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 3C07, 91 2003年06月
  • フッ化炭素鎖を有する両親媒性化合物からなる水面単分子膜の相構造と表面物性
    久田 研次, 井上 沙織, 堀 照夫
    平成15年度繊維学会年次大会, 2F01, 149 2003年06月
  • 有機分子の集合体からなる 表面のナノトライボロジー
    久田 研次
    テキスタイルプラザ講演会 2003年06月
  • 長鎖脂肪酸およびポリアクリル酸アルキルからなるLB膜のナノトライボロジーにおよぼす分子鎖長効果
    久田 研次, 野村 昌弘, 鈴間 梨加, 馬場 俊之, 堀 照夫
    第52回高分子年次大会,IIF12, 487 2003年05月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したフラーレンC60超薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次
    第52回高分子年次大会,IIF15, 488 2003年05月
  • 光異性化反応を利用したロタキサンの合成とその解離
    赤坂 宏一郎, 徳永 雄次, 久田 研次, 角地 鈴香, 下村 与治, 瀬尾 利弘
    日本化学会第83春季年会2003年講演予稿集II, 3PA-130, 1468 2003年03月
  • Preparation of Supramolecular Assembly Films of Fullerene C60 on the Aqueous Solution of Water-soluble Azocalixarene
    K.Hisada, K.Tanaka, T.Hori, Y.Tokunaga
    Abstract of The 8th IUMRS International Conference on Advanced Materials, A2-11-O07, 13 2003年01月
  • 気水界面におけるホスト-ゲスト相互作用を利用したC60超分子膜の作製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 徳永 雄次
    平成15年度高分子学会北陸支部研究発表講演会講演要旨集, B08, 113. 2003年01月
  • 光異性化によるかさ高さの増減を利用したロタキサン構造の構築
    赤坂 宏一郎, 角地 鈴香, 徳永 雄次, 下村 与治, 久田 研次, 瀬尾 利弘
    平成15年度有機合成化学北陸セミナー講演要旨集, P-26,50 2003年01月
  • 気水界面で調製した有機超薄膜の集合構造と表面物性
    久田 研次
    招待講演, 平成15年度高分子学会北陸支部若手研究者交流会講演要旨集, 1-4 2003年01月
  • 機能性ナノ微粒子を用いた超薄2次元アレイの調製
    吉川 亮平, 田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫
    平成15年度高分子学会北陸支部若手研究者交流会, P54, 61.  2003年01月
  • アルキル鎖およびフッ化炭素鎖からなる有機超薄膜の摩擦特性
    日野 彰子, 久田 研次, 堀 照夫
    平成15年度高分子学会北陸支部若手研究者交流会, P55, 62 2003年01月
  • 有機超薄膜を利用した微小液体輸送システムの調整
    坂田 勝博, 久田 研次, 堀 照夫
    平成15年度高分子学会北陸支部若手研究者交流会, P56, 63 2003年01月
  • 両親媒性高分子ミセル中に導入したポルフィリン化合物の光触媒機能
    曹 毅, 久田 研次, 堀 照夫
    平成15年度高分子学会北陸支部若手研究者交流会, P57, 64 2003年01月
  • 気水界面でのホスト-ゲスト相互作用を利用した超分子薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    北陸地区高分子若手研究会 2002年11月
  • 気水界面におけるカーボロッド超分子形成を利用した集合体薄膜の調製
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子学会北陸支部研究発表会要旨集, B20, 229  2002年11月
  • 長鎖脂肪酸単分子膜の相構造と微視的摩擦力
    野村 昌弘, 鈴間 梨加, 久田 研次, 堀 照夫, C.M.Knobler
    北陸地区高分子若手研究会 2002年11月
  • アントラセンを側鎖に含む高分子の蛍光スペクトルと発光収率
    曹 毅, 椿山 教治, 久田 研次, 堀 照夫
    第51回高分子学会北陸支部研究発表会講演要旨集, B21, p.230  2002年11月
  • 気水界面における分子認識を利用した超薄膜の新規調製法の開発
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-III02, 36 2002年09月
  • 含フッ素有機単分子膜の集合構造と微視的摩擦力
    井上 沙織, 鈴間 梨加, 西田 雄樹, 久田 研次, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-III03, 37 2002年09月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる高分子への金属錯体の導入とメッキへの応用(4)
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-V01, 79, 2002年09月
  • 超臨界二酸化炭素流体中でのポリエステル糸の構造変化とモディファイヤの影響
    廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 1-VI02, 108 2002年09月
  • The Photo-Catalyst Activity for PET Fabrics Covered with Dispersed TiO2-Apataitelayer
    A.Ehrhardt, Y.Yamada, K.Miyazaki, K.Hisada, T.Hori
    第15回繊維連合研究発表会講演要旨集, 2-VII06, 158 2002年09月
  • 高圧処理を利用したコンジュケート繊維の分割
    木水 貢, 久田 研次, 堀 照夫, 宮口 典子, 山口 俊
    第42回染色化学討論会講演要旨集2-III01, 1 2002年09月
  • 超臨界流体を用いる繊維の染色,加工のメカニズム
    堀 照夫, 廣垣 和正, 宮川 しのぶ, 趙 習, 田畑 功, 久田 研次
    第42回染色化学討論会講演要旨集2-III04, 13 2002年09月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる高分子への金属錯体の導入とメッキへの応用(3)
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集2002, 57巻, 1号, 1P21, 272 2002年05月
  • スズポルフィリン含有高分子膜を用いる水の可視光励起光酸素,水素発生
    王 晟, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集2002, 57巻, 1号, 1P22, 273 2002年05月
  • カーボロッド分子から調製した超薄膜の無機・有機ナノ複合構造に及ぼす末端基効果
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子学会年次大会2002, 51巻, 1号, IIPe057, 587 2002年05月
  • 長鎖脂肪酸単分子膜の微視的摩擦力に及ぼす分子傾き角の効果
    久田 研次, 鈴間 梨加, 堀 照夫
    第51回高分子学会年次大会2002, 51巻, 1号, IIPg035, 610 2002年05月
  • 酸化チタン分散アパタイト層で被覆されたポリエステル繊維の調製とその光触媒作用
    宮崎 孝司, 宮下 節男, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集2002, 57巻, 1号, 2G19, 187 2002年05月
  • Application of Supercritical Fluid CO2 and Electron Beam Irradiation Modified Fabrics to Sorption of Cr(VI) and Bb(III) Dissoloved in Water
    E.Anelise, 久田 研次, 堀 照夫, 宮崎 孝司
    繊維学会予稿集2002, 57巻, 1号, 2G20, 188 2002年05月
  • 超臨界二酸化炭素流体中での繊維,高分子の構造変化とモデファイヤの影響
    廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集2002, 57巻, 1号, 1P01, 251 2002年05月
  • カーボロッド分子から調製した超薄膜の無機・有機ナノ複合構造に及ぼす末端基効果
    田中清文, 久田 研次, 堀 照夫, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子学会年次大会2002, 51, 1, ⅡPe057, 587  2002年05月
  • Nanoporous structure prepared with dumbbel-shaped carborod molecules
    K.Hisada, C.M.Knobler, 徳永 雄次, 徳永 雄次, M.F.Hawthorne
    Abstract of Papers 223rd ACS National Meeting, Orland, USA, COLL279  2002年04月
  • 超臨界二酸化炭素媒体中でのPETポリマー内染料拡散挙動
    宮川 しのぶ, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会超臨界流体研究会第4回研究会 2002年03月
  • 超臨界二酸化炭素中での各種高分子の可塑化と変形挙動
    廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会超臨界流体研究会第4回研究会 2002年03月
  • 気水界面で調製したカーボロッド超分子薄膜の物性
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子討論会予稿集2002, 51巻, 6号, IIPh049, 1877 2002年01月
  • 気水界面における分子認識を利用した超分子集合体薄膜の調製
    久田 研次, 田中 清文, 堀 照夫, 左近 浩正, 徳永 雄次, A.Herzog, C.B.Knober, M.F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第51回高分子討論会予稿集, 51巻, 6号, IIPb070, 2509 2002年01月
  • 長鎖脂肪酸単分子膜の微視的摩擦力に及ぼす分子鎖密度の効果
    久田 研次, 鈴間 梨加, 野村 昌弘, 堀 照夫, C.M.Knolber
    第51回高分子討論会予稿集2002, 51巻, 6号, IIIK05, 2473 2002年01月
  • カーボロッドLB膜を用いたナノポーラス構造体の構築
    田中 清文, 久田 研次, 堀 照夫, A.Herzog, F.M.Hawthorne, C.M.Knobler
    平成13年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会, G-11, 102 2001年11月
  • Sorption Performance for Cr and Sb Ions on Fabrics Loaded with Several Host Moieties by Super Critical CO2 Fluid Impregnation and Electron Beam Grafting Method
    A.Ehrhardt, 宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫
    第50回北陸支部研究発表会要旨集, C11, 71 2001年11月
  • 配向超薄膜の組織構造と水平力異方性
    久田 研次
    招待講演, 第50回北陸支部研究発表会要旨集, S04, 9-10 2001年11月
  • 配向超薄膜の組織構造を利用した機能性ナノ構造体の作製 (Preparation of the functional nano-construction utilizing the organized structure of the ordered ultra-thin films )
    久田 研次
    浙江工程学院特別講演会, 浙江省, 中国 2001年11月
  • 超臨界流体染色を用いたポリマー光ファイバー増幅器の調整
    宮川しのぶ, 吉村奈芳美, 廣垣和正, 田畑功, 久田 研次, 堀 照夫
    第50回北陸支部研究発表会要旨集, C10, 70 2001年11月
  • 二酸化炭素流体中のポリエステル繊維の変形挙動
    廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 2D14, 78 2001年09月
  • Impregnation of Chelating Agent into Fibers by Super Critical CO2 Fluid and Their Application to Metal Sorption
    A.Ehrhardt, 宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 2D15, 79 2001年09月
  • 汎用高分子に対する超臨界二酸化炭素流体からの金属錯体の注入と無電解メッキ
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H15, 171 2001年09月
  • 超臨界二酸化炭素中での分散染料のPET内拡散挙動
    宮川 しのぶ, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    第41回染色化学討論会講演要旨集, 2H12, 49-52 2001年09月
  • ダンベル型分子の超薄膜を用いたナノ構造体の構築
    久田 研次, 田中 清文, 堀 照夫, A.Herzog, F.Hawthorne, C.M.Knobler
    第50回高分子討論会予稿集, IIIPc067, 3062 2001年09月
  • 配向単分子膜の摩擦力異方性に及ぼすチップ表面自由エネルギーの効果
    久田 研次, 鈴間 梨加, 堀 照夫, C.M.Knobler
    第50回高分子討論会予稿集, IIIPd068, 3063 2001年09月
  • [2.2](3,6)カルバゾロファンの合成と性質
    谷 敬太, 堀 一繁, 任田 康夫, 久田 研次, 大北 英生, 伊藤 紳三郎, 山本 雅英
    第31回構造有機化学討論会予稿集, 1P43 2001年09月
  • 汎用高分子に対する超臨界二酸化炭素流体からの金属錯体の注入と無電界メッキ
    趙習, 田畑功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 1H15, 171  2001年09月
  • Impregnetion of Chelating Agent into Fibers by Super Critical CO2 Fluid and Their Application to Metal Sorption
    A.Ehrhardt, 宮崎孝司, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 2D15, 79  2001年09月
  • スズポルフィリンを用いた可視光照射下での水の酸化・還元による酸素・水素発生
    王 晟, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan, 2I09, 256 2001年06月
  • 超臨界二酸化炭素中での分散染料のPET内拡散挙動
    宮川 しのぶ, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan,3I04, 277 2001年06月
  • 超臨界二酸化炭素を用いる高分子への金属錯体の導入とメッキへの応用
    趙 習, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫, 後藤 元信
    Fiber Preprints, Japan, 3I05, 278 2001年06月
  • ポリアクリル酸フルオロアルキルLB膜の微視的摩擦力と配向構造
    西田 雄樹, 山下 奈都子, 久田 研次, 堀 照夫
    第50回高分子年次大会予稿集, IIIPb062, 622 2001年05月
  • モノアルキル-rac-グリセロール単分子膜の摩擦力非対称性とチップ-膜間相互作用
    久田 研次, 山下 奈都子, 西田 雄樹, 堀 照夫, C.M.Knobler
    第50回高分子年次大会予稿集, IIIPa061, 621 2001年05月
  • モノアルキル‐rac-グリセロール単分子膜の摩擦力非対称性とチップ‐膜間相互作用
    久田 研次, 山下奈都子, 西田祐樹, 堀 照夫, C.M.Knobler
    第50回高分子年次大会予稿集, ⅢPa061, 621  2001年05月
  • ヘテロ累積した高分子LB膜の光導電性と電気化学特性
    宮川 明博, 久田 研次, 堀 照夫
    北陸地区高分子若手研究会, 8 2000年11月
  • LB膜内の配向構造と微視的摩擦力の相関
    山下 奈都子, 西田 雄樹, 久田 研次, 堀 照夫
    北陸地区高分子若手研究会,9 2000年11月
  • ポリアクリル酸フルオロアルキルLB膜の撥水挙動と摩擦力顕微鏡像の相関
    西田 雄樹, 山下 奈都子, 久田 研次, 堀 照夫
    支部合同福井地方大会講演要旨集, C21, 276 2000年11月
  • 水平力顕微鏡像によるアルキル鎖の傾き方位角分布の評価
    久田 研次, 堀 照夫, C.M.Knobler
    第49回高分子学会予稿集, IIIS01, 3814 2000年09月
  • ポリアクリル酸フルオロアルキル混合単分子膜のはっ水特性―接触角と側鎖傾き角の関係―
    久田 研次, 西田 雄樹, 堀 照夫
    第49回高分子学会予稿集, IIIPa055, 2347 2000年09月
  • テトラフェニルポルフィリンを光増感剤とする高分子LB膜の光電特性
    久田 研次, 宮川 明博, 堀 照夫
    第49回高分子学会予稿集, IIIPb068, 3155 2000年09月
  • 高分子Langmuir-Blodgett膜を用いた光増感過程の制御
    宮川 明博, 久田 研次, 堀 照夫
    第49回高分子学会予稿集, IIPa125, 767 2000年05月
  • ポリアクリル酸アルキル/ポリアクリル酸フルオロアルキル混合単分子膜の相分離構造とはっ水特性
    西田 雄樹, 久田 研次, 堀 照夫
    第49回高分子学会予稿集, IIIPb042, 620 2000年05月
  • 電子線を利用したフッ素ポリマーの表面改質と銅メタライジング
    宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫, 雲竜 常宗
    第49回高分子学会予稿集, IIIPc095, 683 2000年05月
  • 電子線グラフト化PET繊維へのハイドロキシアパタイト形成
    宮崎 孝司, 宮下 節男, 佐治 栄治, 近藤 幸江, 久田 研次, 堀 照夫
    Fiber Preprints, Japan,2E02,87 2000年01月
  • 有機固体表面のマイクロトライボロジー-微視的摩擦力に対する固体表面の分子配向の影響-
    久田 研次
    日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会講演会 2000年01月
  • 末端に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチル-L-グルタメート)を用いたLB膜. V. 分子配向と熱安定性
    守屋 英一, 宮川 明博, 久田 研次, 堀 照夫, 木下 隆利
    第48回高分子年次大会予稿集, I-10-10 1999年05月
  • ポリアクリル酸フルオロアルキル/ポリアクリル酸アルキル混合LB膜のはっ水特性
    久田 研次, 長谷川 茜, 西田 雄樹, 馬場 俊之, 堀 照夫
    第48回高分子年次大会予稿集, IIPc131 1999年05月
  • 繊維加工剤を目的とした大豆タンパク質の改質
    李 承容, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集, G167 1999年05月
  • 金属ポルフィリンを用いた水の酸化還元分解(II)
    榎本 一生, 王 晟, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集, G222 1999年05月
  • ラボ用超臨界染色機の試作とこれを用いた基礎研究
    柳 鎮夏, 富永 朋子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集, G322 1999年05月
  • 末端に亜鉛ポルフィリンを導入したポリ(γ-メチル-L-グルタメート)を用いたLB膜. 6. 分子配向の分子量依存性
    守屋 英一, 宮川 明博, 久田 研次, 堀 照夫, 木下 隆利
    繊維学会シンポジウム予稿集1999(S), 3AP52 1999年05月
  • 電子線を利用したプラスチックの表面改質と銅のメタライジング
    宮崎 孝司, 近藤 幸江, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集1999(S), 3AP70 1999年05月
  • 超臨界流体を用いたラボ用染色装置の試作と基礎データ
    柳 鎮夏, 冨永 朋子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成10年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集, J09 1998年11月
  • 大豆蛋白質のケラチン化とその繊維加工への応用
    李 承容, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    平成10年度北陸地区講演会と研究発表会要旨集, J10 1998年11月
  • 金属ポルフィリンを用いた水のレドックス反応における光電気化学解析
    榎本 一生, 谷崎 幸子, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集1998(F), 1F06, F-99 1998年09月
  • ケラチン由来の電子伝達機能膜を用いた水素発生システムの構築
    番場 昭典, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集1998(F), 2D14, F-193 1998年09月
  • 亜鉛に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチル-L-グルタメート)のLB膜とその光導電性[III]ポルフィリンの配向と導電特性
    久田 研次, 木内 芳実, 守屋 英一, 堀 照夫, 木下 隆利
    第47回高分子討論会予稿集, IIPa077, 2129  1998年09月
  • 側鎖長の異なるポリアルキルアクリレート混合単分子膜の相分離挙動
    馬場 俊之, 久田 研次, 堀 照夫
    第47回高分子討論会予稿集, IIIF03, 2706 1998年09月
  • 電子線グラフト重合による疎水性高分子膜へのチオール基の導入
    宮崎 孝司, 久田 研次, 堀 照夫
    第47回高分子討論会予稿集, IIIPc049, 1828 1998年09月
  • 亜鉛に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチル-L-グルタメート)のラングミュア・ブロジェット膜の分子配向
    守屋 英一, 久田 研次, 堀 照夫, 木下 隆利
    第47回高分子学会北陸支部研究発表講演会講演要旨集, B29, 67 1998年09月
  • ポリフルオロアクリレートLB膜の撥水特性
    長谷川 茜, 馬場 俊之, 久田 研次, 堀 照夫
    第47回高分子学会北陸支部研究発表講演会講演要旨集, B30, 68 1998年09月
  • メープルシロップ尿症のマススクリーニングを目的とした酵素を用いたロイシンのアッセイ法
    竹内 康彦, 圓橋 英樹, 久田 研次, 堀 照夫
    日本化学会第75回秋季年会, 1P1A03 1998年09月
  • 亜鉛に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチル-L-グルタメート)のLB膜とその光導電性[II]ヘテロ積層構造による導電異方性
    久田 研次, 守屋 英一, 宮川 明博, 堀 照夫, 木下 隆利
    1998年光化学討論会講演要旨集, B005, 65 1998年09月
  • 構造規制された高分子薄膜中の増感過程
    久田 研次
    招待講演, 第24回染色関連化学夏季勉強会 1998年08月
  • Water Oxidation Using Tin Porphyrins as Photo-Excited Oxidant.
    T.Hori, S.Tanizaki, K.Enomono, K.Hisada, I.Tabata, S.Okubayashi, S.Abeta
    Proc. of the 18th Japan-Korea Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 12, 73  1998年08月
  • ガスクロマトグラフ法による色素分子の昇華特性評価
    田畑 功, 山崎 佳枝, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集1998(G), 2C03, G-131 1998年06月
  • 電子線グラフト重合による疎水性高分子膜へのチオール基の導入
    宮崎 孝司, 近藤 幸江, 佐治 英治, 大竹 篤, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集1998(G), 2F14, G-167 1998年06月
  • アセチルセルロースのセルラーゼによる加水分解反応に影響を及ぼす諸因子
    宋 錚, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会シンポジウム予稿集1998(S), 2E02, S-94 1998年06月
  • 各種ケラチン膜の金属イオンと電子伝達能
    番場 昭典, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会シンポジウム予稿集1998(S), 3DP12, S-121 1998年06月
  • 亜鉛ポルフィリンを導入したポリ(γ-メチル-L-グルタメート)のLB膜とその光導電性
    久田 研次, 守屋 英一, 木内 芳実, 堀 照夫, 木下 隆利
    繊維学会シンポジウム予稿集1998(S), 3DP13, S-122 1998年06月
  • 各種ケラチン膜の金属吸着性と電子伝達能
    番場 昭典, 久田 研次, 堀 照夫
    第7回ケラチン研究会講演要旨, 研究発表(1) 1998年06月
  • ポリフルオロアルキルアクリレート/ポリアルキルアクリレート混合単分子膜の相分離挙動
    馬場 俊之, 久田 研次, 堀 照夫
    第47回高分子年次大会予稿集, IIPc051, 483 1998年05月
  • 末端に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチルL-グルタメート)を用いたLB膜の光導電性
    久田 研次, 守屋 英一, 木内 芳実, 堀 照夫, 木下 隆利
    第47回高分子年次大会予稿集, IIPc051, 483 1998年05月
  • ポリアクリル酸フルオロアルキルLB膜の撥水特性
    長谷川 茜, 馬場 俊之, 久田 研次, 堀 照夫
    平成10年度北陸地区高分子若手研究会 1998年01月
  • 末端に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ-メチル-L-グルタメート)を用いたLB膜. VII. 分子配向の分子量依存性と熱安定性
    守屋 英一, 宮川 明博, 久田 研次, 堀 照夫, 木下 隆利
    第48回高分子討論会予稿集, IIPd12  1999年
  • A Novel Photoinduced Hydrogen Evolution System Using Fiber-Supported Metalloporphyrins
    T.Hori, K.Enomoto, K.Hisada, S.Okubayashi
    Proc. of Intern. Symp. On Adbanced Fiber Science and Technology, PP325-326  1999年
  • 金属ポルフィリンを用いた水の酸化還元分解(Ⅱ)
    榎本一生, 王晟, 田畑功, 久田 研次, 堀 照夫
    繊維学会予稿集, G222 1999年
  • 末端に亜鉛ポルフィリンを有するポリ(γ‐メチル‐L-グルタメート)を用いたLB膜 V.分子配向と熱安定性
    守屋英一, 宮川明博, 久田 研次, 堀 照夫, 木下隆利
    Polymer Preprints, 48, Ⅰ-10-10  1999年

発表会

  • 第五回繊維工業研究センター発表会
    ナノファイバーの機能加工を目指した繊維への金属ナノ複合化技術の開発
     2012年03月
  • 第五回繊維工業研究センター発表会
    電子線グラフト重合法を用いる高性能金属イオン回収不織布の調製
     2012年03月
  • 第四回繊維工業研究センター発表会
    電子線グラフト重合法を用いる高効率レアメタル吸着繊維の創製
     2011年03月
  • 第四回繊維工業研究センター発表会
    超臨界二酸化炭素を用いた金属複合化による導電性繊維の調製
     2011年03月
  • 第三回繊維工業研究センター発表会
    電子線グラフト重合によるアラミド繊維の染色性改善
     2010年03月
  • 第三回繊維工業研究センター発表会
    超臨界二酸化炭素を利用したポリプロピレン繊維のめっき
     2010年03月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2008年12月 - 2008年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2007年12月 - 2007年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2006年12月 - 2006年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2005年12月 - 2005年12月

共同研究

  • 有機固体表面の力学特性に関する研究 2007年度
  • 包接能化合物固定化技術の開発とその加工プロセスの実用化 2007年度
  • 放射線グラフト重合を利用したポリ乳酸材料の機能化 2006年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発      ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発      ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発      ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発      ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発      ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発        ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2003年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発        ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2003年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発        ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2003年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発        ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2003年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発        ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2003年度

受託研究

  • 銅めっきアラミド繊維を導体に用いた軽量・高抗張力ケーブルの開発 2007年度
  • 銅めっきアラミド繊維を導体に用いた軽量・高抗張力ケーブルの開発(WG4) 2006年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発  ・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2005年度
  • 光照射による薬剤徐放システムの開発 2004年度
  • 連続生産を目指した電子線グラフト重合法による繊維機能化技術の開発 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発・単粒子高分散技術とナノめっき技術による新規微粒子材料創製と電池材料への応用 2004年度
  • ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発 2003年度
  • 連続生産を目指した電子線グラフト重合法による繊維機能化技術の開発 2003年度

特許

  • 特許特開2004-105896:超分子薄膜の製造方法
    久田 研次,徳永 雄次,
    特願特願2002-274471
    特番特開2004-105896
  • 特許特願2002-274471, 久田 研次, 徳永 雄次:超分子薄膜の製造方法
    久田 研次,徳永 雄次,
    特番特願2002-274471, 久田 研次, 徳永 雄次

受賞

  •  全国繊維工業技術協会、(財)日本産業技術振興協会、福岡県 平成19年度全国繊維技術交流プラザ優秀賞(独立行政法人科学技術振興機構・重点地域研究推進プログラム成果物として)2007年
    スキンケアレディースウェア(独立行政法人科学技術振興機構・重点地域研究推進プログラム成果物)
  •  平成14年度高分子研究奨励賞2002年
  •  Award for Encouragement of Research in Polymer Science2002年

科学研究費補助金

  • 単分子吸着膜と鎖状分子により形成される界面不動層の赤外反射分光法による特性解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:久田 研次 2013年度
  • 単分子吸着膜と鎖状分子により形成される界面不動層の赤外反射分光法による特性解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:久田 研次 2012年度
  • 単分子吸着膜と鎖状分子により形成される界面不動層の赤外反射分光法による特性解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:久田 研次 2011年度
  • 超臨界二酸化炭素を用いる繊維・高分子のめっき基盤研究(C)(一般)
    代表者:堀 照夫 2011年度
    金属錯体の調製及び物性調査
  • 超臨界二酸化炭素を用いる繊維・高分子のめっき基盤研究(C)(一般)
    代表者:堀 照夫 2010年度
    金属錯体の調製及び物性調査
  • 超臨界二酸化炭素を用いる繊維・高分子のめっき基盤研究(C)(一般)
    代表者:堀 照夫 2009年度
    金属錯体の調製及び物性調査
  • 超臨界二酸化炭素を用いる繊維・高分子のめっき基盤研究(C)(一般)
    代表者:堀 照夫 2008年度
    金属錯体の調製及び物性調査
  • 光異性化にともなうホスト分子の極性変化を利用した機能性ゲスト放出薄膜の開発若手研究(B)
    代表者:久田 研次 2006年度
  • 超臨界二酸化炭素染色による屈折率傾斜光増幅ファイバーの創製基盤研究(C)一般
    代表者:堀 照夫 2004年度
  • 圧電体による有機超薄膜の誘導変形を利用した微細物質輸送システムの構築若手研究(B)
    代表者:久田 研次 2004年度
  • 圧電体による有機超薄膜の誘電変形を利用した微細物質輸送システムの構築若手研究B
    代表者:久田 研次 2003年度
  • 超臨界二酸化炭素染色による屈折率傾斜光増幅ファイバーの創製基盤研究(C)
    代表者:堀 照夫 2003年度

プロジェクト活動

  • カーボレイン部を有する分子の超薄膜形成について
    研究期間:1999年  代表者:堀 照夫,久田 研次,
    アメリカ合衆国, University of California Los Angeles(1999年-現在)
  • 有機超薄膜の構造と物性について
    研究期間:1999年  代表者:堀 照夫,久田 研次,
    アメリカ合衆国, University of California Los Angeles(1999年-2002年)

教育活動情報

担当授業

  • 進化する繊維の技術
  • 化学Ⅱ
  • 科学演習
  • 化学熱力学
  • 生物応用化学演習Ⅰ
  • ナノ材料化学
  • 繊維先端工学創成演習
  • 界面コロイド化学
  • 繊維機能科学ゼミナールⅠ
  • 繊維機能科学ゼミナールⅡ
  • 界面コロイド化学特論