陳 競鳶

所属部署名物理工学講座
教員組織物理工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/05/28 17:25

研究者基本情報

氏名

    陳 競鳶
    ツェン ジンイェン
    CHEN Jingyuan
    ハンドル:  Prof.

基本情報

所属

  •  物理工学講座 教授
  •  生命科学複合研究教育センター 兼任教員

学歴

  • 1993年04月- 1996年03月福井大学 物質工学
  • 1991年04月- 1993年03月福井大学 生物応用化学専攻
  • 1990年04月- 1991年03月福井大学 研究生 生物応用化学
  • 1978年02月- 1982年02月天津科学技術大学 海洋化学工学部 化学工業

学位

  • 工学博士
  • 学士学位
  • 修士学位

経歴

  • 2017年04月福井大学 物理工学学科 教授
  • 2003年04月福井大学工学部 准教授
  • 2001年01月- 2002年03月福井大学工学部 講師
  • 2000年09月- 2001年08月ユタ大学 化学科 訪問学者
  • 1998年01月- 2000年09月金沢大学理学部 講師
  • 1996年04月- 1998年09月前田工繊株式会社 主任研究員
  • 1982年02月- 1990年03月アモイ電気化学会社(国営) エジニーア、技術開発部 部長
  • 1975年07月- 1978年02月福建省廈門灌口人民公社 社員

所属学協会

    英国王立化学協会 一般会員,アメリカ電気分析化学学会 その他,アメリカ化学会 一般会員,国際電気化学学会 一般会員,電気化学会 一般会員,日本電気化学学会 一般会員,日本化学学会 一般会員,日本ポーラログラフ学会 評議員,

海外渡航歴

  • Lausanne, Swizerland 65th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2014年08月- 2014年09月
  • Wells, Somerset, UK 10th ECHEMS Meeting 2014年06月- 2014年06月
  • Chicago, IL USA 2014 Pittsburgh Conference 2014年03月- 2014年03月
  • Santiago de Queretaro, Mexico 64th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2013年09月- 2013年09月
  • Changchun, China 13th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2013年08月- 2013年08月
  • Durham University, UK Faraday Discussion 164 - Electroanalysis at the Nanoscale 2013年07月- 2013年07月
  • Lochow, Poland 9th ECHEMS Meeting 2013年06月- 2013年07月
  • Prague, Czech Republic 63rd Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2012年08月- 2012年08月
  • Slovenia, Portoro? The 14th International Conference on Electroanalysis 2012年06月- 2012年06月
  • Shanghai, China Department of Chemistry, Jiao Tong University 2012年03月- 2012年03月
  • Shanghai, China Department of Chemistry, Tongji University, 2012年03月- 2012年03月
  • Shanghai, China Department of Chemistry, Fudan University, 2012年03月- 2012年03月
  • Changsha, China State Key lab of Powder Metallurgy Powder Metallurgy, Research Institute Central South University, 2012年03月- 2012年03月
  • Changchun, China 13th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2011年08月- 2011年08月
  • Xiamen, China The State Key Lab, Xiamen University, 2011年08月- 2011年08月
  • Atlanta, GA. USA 61th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2011年03月- 2011年03月
  • France 61th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2010年09月- 2010年10月
  • China Fudan University, Tongji University 2010年07月- 2010年07月
  • Shanghai, China Department of Chemistry, Tongji University, 2010年06月- 2010年06月
  • Shanghai, China Department of Chemistry, Fudan University, 2010年06月- 2010年06月
  • Hsin-Chu, Taiwan, China Department of Chemical Engineering, National Tsing Hua University, 2010年03月- 2010年03月
  • Taiwan, China National Tsing Hua University 2010年03月- 2010年03月
  • Poland Institute of Physical Chemistry Polish Academy of Sciences 2010年02月- 2010年03月
  • Xiamen, China International Symposium on Nanoelectrochemistry and Spectroelectrochemistry, 2009年08月- 2009年08月
  • Beijing, China 60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2009年08月- 2009年08月
  • Changchun, China 12th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2009年08月- 2009年08月
  • Prague, Czech Republic 42th Heyrovsky Discussion 2009年06月- 2009年06月
  • Weingarten, Germany 5th ECHEMS Meeting 2009年06月- 2009年06月
  • Freiburg, Germany (IAF) Institute Angewandte Fraunhofer/ Freiburg, 2009年06月- 2009年06月
  • Tianjin, China Tianjin University of Science and Technology, 2009年04月- 2009年04月
  • USA 214th Meeting of the Electrochemical Society 2008年10月- 2008年10月
  • UK ELECTROCHEM 08, Liverpool, 2008年09月- 2008年09月
  • Spain 59th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2008年09月- 2008年09月
  • San Sebastian, Spain CIDETEC, Centro de Tecnologias Electroquimicas, Parque Tecnologico de San Sebastian, 2008年09月- 2008年09月
  • Taibei, China 5th Asian Conference on Electrochemistry 2008年05月- 2008年05月
  • USA 58th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2008年02月- 2008年03月
  • Canada 58th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2007年09月- 2007年09月
  • China 11th International and First Sino-Japan Bilateral Symposium on Electroanalytical Chemistry 2007年08月- 2007年08月
  • USA 211th Meeting of the Electrochemical Society 2007年05月- 2007年05月
  • UK University of Bath 2006年09月- 2006年09月
  • UK 57th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2006年08月- 2006年09月
  • Warsaw, Poland Faculty of Chemistry, Warsaw University 2006年08月- 2006年08月
  • Poland Department of Electrode Processes, Institute of Physical Chemistry Polish Academy of Sciences 2006年08月- 2006年08月
  • France 11th International Conference on Electroanalysis 2006年06月- 2006年06月
  • USA 209th Meeting of The Electrochemical Society 2006年05月- 2006年05月
  • USA 57th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2006年03月- 2006年03月
  • USA Pacifichem 2005 2005年12月- 2005年12月
  • Korea 56th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2005年09月- 2005年10月
  • Canada 207th ECS Meeting of The Electrochemical Society 2005年05月- 2005年05月
  • Utah, USA Department of Chemistry, University of Utah, 2005年03月- 2005年03月
  • USA 56th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2005年02月- 2005年03月
  • Bangladesh Bangladesh Chemical Congress 2004 2004年12月- 2004年12月
  • USA 206th Meeting of The Electrochemical Society 2004年10月- 2004年10月
  • Greece 55th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2004年09月- 2004年09月
  • USA 205th Meeting of The Electrochemical Society 2004年05月- 2004年05月
  • Cleveland, USA Eveready Battery Co. 2004年05月- 2004年05月
  • Detroit, USA Passive safety and advanced engineering research department, Ford Research & Advanced Engineering, 2004年03月- 2004年03月
  • USA 55th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2004年03月- 2004年03月
  • China 9th International Seminar on Electroanalytical Chemistry 2003年10月- 2003年10月
  • France 203rd Meeting of The Electrochemical Society 2003年04月- 2003年05月
  • USA 54th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2003年03月- 2003年03月
  • USA 202nd Meeting of the Electrochemical Society 2002年10月- 2002年10月
  • USA 53th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 2002年03月- 2002年03月
  • USA Department of Chemistry, University of Utah 2000年09月- 2001年08月
  • USA The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 1995年12月- 1995年12月

研究活動情報

論文

  • Insight of electrolyte-free voltammetry at microelectrodes
    青木幸一、陳競鳶
    Current Opinion in Electrochemistry 10 67-71 2018年04月 査読有り
  • Effects of the dipolar double layer on elemental electrode processes at micro- and macro-interfaces
    青木幸一、陳競鳶
    Faraday Discussions 2016年01月 査読有り
  • A Cationic Rectifier Based on a Graphene Oxide Covered Microhole: Theory and Experiment
    Budi Riza Putra, Koichi Jeremiah Aoki, Jingyuan Chen, Frank Marken
    Langmuir 35(6) 2055-2065 2019年01月 査読有り
  • Quantitative Relation of the Frequency Dispersion of Double Layer Capacitances to Surface Roughness
    青木幸一、陳競鳶、汪召豪
    NANO 19(1) 1-7 2018年11月 査読有り
  • Capacitive Currents Flowing in the Direction Opposite to Redox Currents
    青木幸一、陳競鳶、唐鵬
    The Journal of Physical Chemistry C 122 16727-16732 2018年06月 査読有り
  • Frequency dispersion of double layer capacitance of polyaniline-coated electrodes under the conducting state
    汪召豪、青木幸一、陳競鳶、曽向東
    Int. J. Chem., 10(2) 25-35 2018年04月 査読有り
  • Double layer impedance in mixtures of acetonitrile and water
    青木幸一、陳競鳶、唐鵬
    Electroanalysis 30(8) 1634-1641 2018年03月 査読有り
    【緒言】電気二重層(DL)は、塩濃度の不均一性や双極子の電場配向などが顕著な層である。電極|溶液界面に垂直方向の自由エネルギー勾配は、DLの形成により、最小化する。以前の実験結果から、DL静電容量は溶媒双極子の配向によって作られ、しかも双極子相互作用による配向安定化に必要な秒単位の緩和を示す。2種類の溶媒を混合すると、混合比と静電容量の関係から、双極子相互作用の強さの比較ができるだろう。水とアセトニトリル(AN)の混合比溶液中で、分極ポテンシャル領域における静電容量の測定により、相互作用を議論する。 【実験】両種からなる混合液中で、白金線電極において交流インピーダンスを測定した。参照電極Ag|AgNO3から漏れる溶媒の影響を最小限にするため、セル内の溶媒と同じ混合率の溶媒を参照極容器に充填した。交流電圧は10 mV, 周波数は1Hz-5kHzを用い、ポテンショスタットの遅れが無視できることを確認した。交流電流の解析には、いずれの混合比においても、周波数依存性を表すC = Ci Hzf -が成立することを確認した。は約0.1であった。 ¬【結果】混合溶液中の水のモル分率xが0.2以下では、Ci Hzはx=0から直線的に増加し、x = 0.2で水溶液のCi Hzに達した。Ci Hzはxの全領域にわたってxに一次でないことは、双極子の配向程度がバルクと異なることを示している。水双極子はAN双極子より優先的に配向する。優先の理論解析するため、水-Ptの相互作用エネルギーとAN-Ptの相互作用の競合をラングミュアの統計力学により解析し、xに対する混合溶液のCi Hzを求めた。実験値を満たすエネルギー差は6 kJ mol-1であった。水が優先的にPtと相互作用すると、AN中に不純物としてある水が、比較的高い濃度でPtに集まる。その結果、フェロセンのように水に不溶な酸化還元種は、電極に吸着した挙動を示すことが説明できる。
  • Volumetry of Hydrogen Micro-bubbles Dispersed in Water
    青木幸一、山口晋平、陳競鳶
    J Material Sci Eng. B 8(1-2) 13-20 2018年03月 査読有り
  • Decrease in the double layer capacitance by faradaic current
    Koichi Jeremiah Aoki, Jingyuan Chen, Xiangdong Zeng, Zhaohao Wang
    RSC Advances 7 22501-22509 2017年 査読有り
  • Functionality of reduced graphene oxide flakes at the growth of conducting zone in polyaniline-graphenecomposite films
    Xiandong Zeng, 青木幸一、 陳競鳶
    Electrochim. Acta. 228 125-130 2017年 査読有り
  • Power law for frequency-dependence of double layer capacitance of graphene flakes
    H.Wang, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi, X.Zeng, X,Ma
    J. Electroanal. Chem 741 114-119 2015年03月 査読有り
    分散した酸化グラフェン片を電極上に積層した後、還元させ、還元した膜の静電容量が交流インピーダンス測定による見積もった。その静電容量と積層膜の厚さの関係、さらに、その周波数依存性を求めた。積層膜が10 nm以上になると、静電容量の周波数依存性が大きくなった。静電容量の周波数依存性の実験式、Cp = (Cp)f=1 f - を提案し、そのモデルを考察した。
  • Conditions of predominant occurrence of catalytic reduction of O-2 by ferrous hemin over formation of ferrous hemin-O-2 adduct
    Li, Wenwen;Aoki, Koichi Jeremiah;Chen, Jingyuan;Nishiumi, Toyohiko
    J. Electroanal. Chem., 743 134-138 2015年04月 査読有り
    ヘミン、鉄ポルフィリンでは哺乳動物の呼吸に必要な酸素のキャリッジとして機能する。この論文が酸素のキャリッジ機能及び触媒作用の機構を見分けた。ヘミン被覆電極の触媒電流では、2分子のヘミンと1つの酸素分子の化学量論比に従って生じることが確認された。分光電気化学測定データから、触媒電流が高い濃度ヘミンのみ観察された。その値がヘミン濃度の二次関係をもち、ヘミンの酸化還元電位で二酸素の拡散により制御されることが分かった。
  • Voltammetry of Suspensions of Polyaniline-coated Graphene Composites
    J.Chen, X,Zeng, K.J.Aoki, T.Nishiumi
    Int. J. Chem., 7(2) 1-11 2015年07月 査読有り
    1.0〜1.5ミリの長方形のポリアニリン(PANI)-グラフェン(GN)の薄片状/水懸濁液を合成した。懸濁液から弾性導電膜性質を持つPANI-GNフィルムを自立組織的形成した。 PANIと同様の電位で還元酸化できるが、酸化還元ピーク電流はPANI-GNフレークの拡散によって制御された。導電膜であるPANI-GNフィルムは、電荷移動速度が電気化学的に重合したPANI膜よりも大きくなった。この事実は、導電性グラフェンの通電を通じてPANIの電気網羅酸化の観点から説明することができます。
  • Examination of the Gouy-Chapman theory for double layer capacitance in deionized latex suspensions
    Xiaoyu Zhao, Koichi Aoki, Jingyuan Chen, Toyohiko Nishiumi
    RSC Adv. 108(4) 63171-63181 2014年09月 査読有り
    (電気二重層構造におけるイオンの役割) スルホンラテックス懸濁液の微粒子から解離した水素イオンにより、極めて低濃度における電気二重層容量Cpの測定ができた。白金電極でのCpは、イオン分布に依らず、溶媒の双極子モーメントにより制御され、溶媒の配向により生じる。イオンの分布による静電容量のみを考慮するGouy-Chapman理論に従わず。実験結果から、内側層容量と周波数依存性を考慮する二つ成分の拡散層容量により、構成される二重層容量の等価回路を提案した。
  • Irreversibility of catalytic reduction of dioxygen by dissolved hemin
    K.Aoki, W.Li, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 713 131-135 2014年01月 査読有り
    ジメチルスルホキシドに溶かしたヘミンは、GC電極上で0.5Vの電圧をかけるとき、酸素分子の還元触媒作用を示す。触媒反応の割合を、酸素濃度と還元電流値から求めた。電流電位曲線のピーク電流は、電位掃引速度の一次に相関した。通常の触媒過程と異なう酸素分子に酸化されたヘミンの触媒還元新機構がわかった。
  • 三従四徳
    陳 競鳶
    Electrochemistry 82(1) 65 2014年01月 査読有り
  • Electrochemically Focus-Tunable Convex Lenses by Oil-Sessile Drop
    J.Yu, J.Chen, K.Aoki, T.Nishiumi
    ECS Electrochem. Letters 3(11) H39-H40 2014年08月 査読有り
    (焦点距離可変液体レンズ) 支持塩を含むニトロベンゼン油滴を透明電極上に取り付けて、K3Fe(CN)6を含む水溶液に浸漬すと、電極反応に応答して焦点距離が変わるレンズを作製した。還元反応を起こると焦点距離が短くなり、物体の実像の映像が電位によって拡大縮小できた。ロングとショートの焦点距離の切り替えは、ボルタモグラムと同調的、且つ可逆的に制御できた。
  • Solvent Variables Controlling Electric Double Layer Capacitance at the Metal-Solution Interface
    Y.Hou, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Phys. Chem. C., 118(19) 10153-10158 2014年04月 査読有り
    電気二重層キャパシタンスの実験的に制御可能な変数を調べることを目的である。13種類の溶媒を用い、それぞれ、分極ポテンシャルドメインにおかれた二本の平行な白金線電極間の交流インピーダンスを測定し、得られたキャパシタンス値を解析した。見積もったキャパシタンスの値は誘電率、粘度、沸騰温度、又は溶媒の双極子モーメントに依存せず、field-oriented分子の長さの逆数に比例した。比例値は13種の溶媒中6種類が共通の飽和誘電率を示した。静電容量を制御する変数が飽和誘電率及び双極子に沿って溶媒分子の長さであることを分かった。静電容量は溶媒の直径や双極子モーメントではなく、電極上に配向した双極子の長さで決まることを示している。
  • Participation in Self-Emulsification by Oil-Thin Film Voltammetry
    K.Aoki, J.Yu, J.Chen, T.Nishiumi
    Int. J. Chem., 6(2) 73-81 2014年04月 査読有り
    本論文は、分子レベルで相分離したと仮定する油水界面の実験の曖昧さを指摘し、測定結果そのものの解釈を提示した。油と水の界面は見かけ上では相分離しているが、接した電極を用いて反応を検出するところ、エマルション生成をはじめとする複雑な現象が起きていることを示した。油と交じり合わないはずの水が微小水滴の形で電極に到達することを、いくつかの方法で証明した。その結果、Anson等が展開した油薄層電極の測定結果の解釈に警鐘を与えた。
  • Formation of graphite oxide nano-disks by electrochemical oxidation of HOPG
    K.Aoki, H.Wang, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochim. Acta., 130(1) 381-386 2014年03月 査読有り
    (走査トンネル顕微鏡の研究) アルカリ溶液中に高配向熱分解黒鉛(HOPG)を電気化学的に酸化した。直径15 nm, 厚さ0.5 nmのナノディスク状グラファイト酸化物がHOPGの表面に分散して生成し、その投影面積が陽極電荷に比例した。陽極電荷の増加に伴って、ディスクの投影面積がHOPG表面積の70%に達するまで、数が増え続けるが、重ならず生成を止まった。実験結果は、イオンがHOPGのグラフェンの層に挿入するインターカレーション説と一致しなかった。
  • Which Controls Conductivity of Sulfonic Latex Suspension, Hydrogen Ion or Latex Core?
    X.Zhao, J.Chen, K.Aoki, T.Nishiumi
    Int. J. Electrochem. Sci. 9 2649-2661 2014年03月 査読有り
    微粒子が電荷キャリアを担うことであった。ラテックスの基本性質である直径の分布、スルホン酸の保持量、懸濁液を脱イオン化したときの遊離電荷量zを測定した。直径異なった粒子の拡散係数D を利用して、懸濁液の交流インピーダンスの測定結果に基づくイオン伝導度λでは、λ=Dz2F 2/RTで表すことができた。大きな荷電粒子でも熱力学理論による式が成り立つことを証明した。
  • Voltammetry in viscous poly(ethylene glycol) solutions at microelectrodes
    Y.Guo, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochemica Acta 2011年03月 査読有り
  • Voltammetry of Mn(III) Porphyrin in Trihexyl(tetradecyl)-phosphonium Tris(pentafluoroethyl) trifluorophosphate Supported Toluene in Contact with an Aqueous Electrolyte
    W. Adamiak, G. Shul, E.Rozniecka, M. Satoh, J.Chen, M. Opallo
    Electroanalysis 23(8) 1921-1927 2011年06月 査読有り
  • Voltammetry of latexes
    J.Chen, K.Aoki, Q.Ke, Y.Gao, L.Han, H.Chen, T.Li
    International Symposium on Nanoelectrochemistry and Spectroelectrochemistry O13 2009年08月
  • Diffusion-controlled behavior of ferrocenyl derivative in viscous solutions
    Y.Guo, K.Aoki, J.Chen
    60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s10-P-012 2009年08月
  • Electrically conductive polyaniline-coated polystyrene latex particles
    H.Chen, K.Aoki, J.Chen
    60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s08-P-035 2009年08月
  • Electrochemical properties of 1,4-benzoquinone by microelectrode voltammetry
    H.Zhang, K.Aoki, J.Chen
    60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s08-0802860 2009年08月
  • Potential-dependent motion by the charged droplets at the water/oil interface
    M.Li, K.Aoki, J.Chen
    60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s09-0802819 2009年08月
  • An electrochemically driven air bubble on the O|W interface under the three-phase boundary reactions of ferrocene
    J.Chen, K.Aoki, T.Imamura, H.Toda, M.Satoh
    60th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s09-083742 2009年08月
  • Electrode reaction of suspended redox latex
    J.Chen, K.Aoki, H.Chen, T.Li
    12th International Symposium on Electroanalytical Chemistry I-32 2009年08月
  • An Driven Air Bubble on the O/W Interface by the Three Phase Boundary Reaction of Ferrocene
    J.Chen
    42th Heyrovsky Discussion 2009年06月
  • Driven motion of an air bubble on the oil | water interface by three-phase boundary reactions
    J.Chen, M.Satoh, T.Imamura, H.Toda, K.Aoki
    5th ECHEMS Meeting 7 2009年06月
  • Electrical conduction of colloidal suspensions formed by polyaniline
    F.Kawaguchi, K.Aoki, T.Nishiumi, J.Chen
    5th ECHEMS Meeting 47 2009年06月
  • Possibility of coalescence of water droplets in W/O emulsions by means of surface processes
    J. Fukushima, H.Tatsuta, N. Ishii, J.Chen, T.Nishiumi, K.Aoki
    Colloids and Surfaces A 333 53-58 2009年 査読有り
  • Spontaneous emulsification at oil|water interface by tetraalkylammonium chloride
    K.Aoki, M.Li, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochem. Commun 11 239-241 2009年 査読有り
  • Diffusion-controlled currents in viscous solutions of polyethylene glycols
    K.Aoki, Y.Guo, J.Chen
    J. Electroanal. Chem., 629 73-77 2009年 査読有り
  • Dissociation kinetics at polyacrylic latex-coated electrodes
    T.Li, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem 633 319-326 2009年 査読有り
  • Partial charge transfer of latex particles
    J.Chen
    ELECTROCHEM 08 5 2008年09月
  • Size-dependent efficiency of electron transfer at suspended redox latex
    K.Aoki, J.Chen
    59th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 59 2008年09月
  • Redox latex
    J.Chen
    5th Asian Conference on Electrochemistry 118 2008年05月
  • Examination of electrochemical activity at the carboxyl latex particles coated-electrodes by redox reaction of FcTMA+ and Fe(CN)64-
    J.Chen, T.Li
    58th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 1870-4 2008年03月
  • Synthesis and the electrolyte of the functional polystyren-based latex
    T.Sakata, K.Aoki, J.Chen
    214th Meeting of the Electrochemical Society 139 2008年01月
  • Motion of an air bubble on oil|water interface
    K.Aoki, J.Chen, T.Imamura
    214th Meeting of the Electrochemical Society 93 2008年01月
  • Voltammetry of suspended jumbo particles
    J.Chen, K.Aoki
    214th Meeting of the Electrochemical Society 2739 2008年01月
  • Electrochemically Instantaneous Reduction of Conducting Polyaniline-coated Latex Particles
    H.Chen, K.Aoki, J.Chen
    214th Meeting of the Electrochemical Society 219 2008年01月
  • Voltammetric electrodes coated with carboxyl latex particles
    K.Aoki, T.Li, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem. 613(1) 42012 2008年 査読有り
  • Electrically conducting suspensions formed by polyaniline
    K.Aoki, F.Kawaguchi, T.Nishiumi, J.Chen
    Electrochim. Acta 53 3798-3902 2008年 査読有り
  • Electrically driven motion of an air bubble on hemispherical oil | water interface by three-phase boundary reactions
    M.Satoh, K.Aoki, J.Chen
    Langmuir 24 4364-4369 2008年 査読有り
  • Electrochemically instantaneous reduction of conducting polyaniline-coated latex particles dispersed in acidic solution
    H.Chen, J.Chen, K.Aoki, T.Nishiumi
    Electrochim. Acta 53 7100-7106 2008年 査読有り
  • Characteristic of electrically conducting of polyaniline-coated latex particles
    H.Chen, J.Chen, K.Aoki
    58th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry S08-P-008 2007年09月
  • Catalytic generation of chlorine at small overpotential by micellar ferrocene
    J.Chen, H.Chen, K.Aoki
    The 11th International and First Sino-Japan Bilateral Symposium on Electroanalytical Chemistry I-48 2007年08月
  • Measurement of Interfacial Tension by Locating an Air Bubble on the Oil|Water Interface
    M.Sato, G.Shul, K.Aoki, M.Opallo, J.Chen
    International Conference on Electrified Interfaces 2007 42181 2007年06月
  • Electrogenerated Ion Transfer Across Toluene+Ionic Liquid Mixture / Aqueous Solution Interface
    M.Satoh, G.Shul, J.Chen, M.Opallo
    International Conference on Electrified Interfaces 2007 42211 2007年06月
  • Motion of an air bubble caused by three-phase boundary reaction
    J.Chen, Masanori Satoh, K.Aoki
    211th Meeting of the Electrochemical Society 1188 2007年05月
  • Determination of nitric oxide by quenching electro-chemiluminescence of tris(2,2’-bipyridyl)ruthenium in flow injection analysis
    J.Chen, M.Miyake, Y.Chi, T.Nishiumi, K.Aoki
    Electroanalysis 19(42038) 181-184 2007年01月 査読有り
  • Comparison of fast scan voltammetry with microelectrode voltammetry of reduction of 1,4-benzoquinone
    K.Aoki, J.Chen, H.Zhang
    J. Electroanal. Chem. 610 211-217 2007年 査読有り
  • Catalytic generation of chlorine with slight overpotential by micellar ferrocene
    K.Aoki, J.Chen, H.Chen
    Electrochem. communi. 9 2304-2307 2007年 査読有り
  • Carbon nanoparticle stabilised liquid|liquid micro-interfaces for electrochemi- cally driven ion-transfer processes
    S.M.MacDonald, P.D.I.Fletcher, Z-g.Cui, M.Opallo, J.Chen, F.Marken
    Electrochim. Acta 53 1175-1181 2007年 査読有り
  • Size-dependent efficiency of electron transfer at suspended ferrocenyl jumbo particles
    L.Han, J.Chen, K.Aoki
    J. Electroanal. Chem. 602 123-130 2007年 査読有り
  • Colloidal submicron-palladium particles stabilized with acetate
    K.Aoki, Y.Zhao, J.Chen
    Electrochim. Acta 52 2485-2491 2007年 査読有り
  • Electrochemical motion of an air bubble at oil|water interface
    M.Sato, J.Chen
    57th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 57 S6-P-28 2006年08月
  • Ion Transfer Across Supported o-Nitrophenyloctylether | Aqueous Electrolyte Solution Interface Coupled to Electrochemical Redox Reaction
    J.Niedziolka, E.Rozniecka, J.Chen, M.Opallo
    57th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 57 S6-P-27 2006年08月
  • Electrochemical reaction at oil|water|electrode boundary
    J.Chen, M.Sato
    57th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 57 2006年08月
  • Voltammetry of suspensions of hollow particles with ferrocene-immobilized polyallylamine shell
    J.Chen, K.Aoki, T.Nishiumi, T.Li
    Langmuir 22 10510-10514 2006年08月 査読有り
  • A miniaturized flow injection analytical system for determining nitric oxide by inhibited electrogenerated chemiluminescence
    J.Chen, M.Miyake, Y.Chi
    11th International Conference on Electroanalysis 11 Mini05 2006年06月
  • Redox-active of latex dependence on particle size for the multiple electron transfer
    J.Chen, L.Han
    209th Meeting of The Electrochemical Society 209 1067 2006年05月
  • Fabrication of an electrochemical generation-detection unit for nitric oxide with the help of iron porphyrin
    J.Chen, M.Miyake
    PITTCON 2006 57 1520-14 2006年03月
  • Changing the direction of ion transfer across o-nitrophenyloctyletherwater interface coupled to electrochemical redox reaction
    J.Niedziolka, E.Rozniecka, J.Chen, M.Opallo
    Electrochem. communi., 8 941-945 2006年 査読有り
  • Convection caused by three-phase boundary reactions
    K.Aoki, M.Satoh, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 595 103-108 2006年 査読有り
  • Micro-cylinder biosensors for phenol and catechol based on layer-by-layer immobilization of tyrosinase on latex particles: Theory and experiment, P.Rijiravanich
    P.Rijiravanich, K.Aoki, J.Chen, W.Surareungchai, M.Somasundrum
    J. Electroanal. Chem. 589 249-258 2006年 査読有り
  • Partition of ferrocene in water by reaction at the water|oil|electrode three-phase boundary
    M.Sato, J.Chen
    Pacifichem 2005, 1200 2005年12月
  • Charge transfer process in reduction of TCNQ at nanometer-scaled electrdes
    M.Taniguchi, J.Chen
    Pacifichem 2005(1202) 2005年12月
  • Electrochemical characterization of mono-dispersed redox latex
    J.Chen, L.Han
    Pacifichem 2005(920) 2005年12月
  • Electrochemical generation of nitric oxide
    M.Miyake, J.Chen, T.Nishiumi
    Pacifichem 2005 1196 2005年12月
  • Voltammetry of mono-dispersed redox latex particle
    J.Chen
    56th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 56 070-096 2005年09月
  • Synthesis and the multi-charge transfer of the functional polystyren-based latex
    J.Chen, Z.Zhang
    207th Meeting of The Electrochemical Society, 207 1047 2005年05月
  • Size-dependence of faradaic current of monodispersed ferrocenyl-anchored polystyrene particles
    J.Chen, Z.Zhang, L.Han
    PITTCON 2005 56 1210-5 2005年02月
  • Diffusion-controlled currents of redox latex particles with polystyrene-core and polyallylamine-ferrocenyl shell
    J.Chen, Z.Zhang
    J. Electroanal. Chem. 583 116-123 2005年 査読有り
  • Electrocatalysis of carbon dioxide with hemin and hemin-coated latex
    Y.Gao, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 583 286-291 2005年 査読有り
  • Integration of electrochemical generator and detector of nitric oxide
    Y.Chi, J.Chen, M.Miyake
    Electrochem. communi. 7 1205-1208 2005年 査読有り
  • Preparation of ferrocenyl-immobilized polystyrene mono-dispersed latex particle
    L.Han, J.Chen, I.Ikeda
    Chemistry letters 34(11) 1512-1513 2005年 査読有り
  • Redox reaction of hemin-immobilized polyallylamine-polystyrene latex suspensions
    Y.Gao, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 578 129-136 2005年 査読有り
  • Measurements of Charge Transfer Rate Constants Using Nanometer-Electrode
    J.Chen
    Bangladesh Chemical Congress 2004 27 IL A4 2004年12月
  • Reactions at oil|water|electrode interfaces by ion-insoluble polydimethylsiloxane droplet
    J.Chen, M.Sato
    55th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 55 SIFP11 2004年09月
  • Voltammetry of silver stearate coated nanoparticles in suspensions
    J.Chen, N.Yang
    205th Meeting of The Electrochemical Society 204 A2-51 2004年05月
  • Visualization of electrode reactions for monodisperse polyaniline-coated latex particles
    J.Chen, Q.Ke
    PITTCON 2004 55 9400 2004年03月
  • The formation of emulsion at water|oil|electrode three-phase boundary
    J.Chen, M.Sato
    206th Meeting of The Electrochemical Society 205 2276 2004年01月
  • Potential shifts of ferrocene-derivatives at ultra-small microelectrodes
    A.Mori, J.Chen
    206th Meeting of The Electrochemical Society, 205 56 2004年01月
  • Reactions at oil|water|electrode interfaces by ion-insoluble polydimethylsiloxane droplet - formation emulsion
    M.Sato, J.Chen
    206th Meeting of The Electrochemical Society 205 69 2004年01月
  • Steady-state current at oil|water|electrode interfaces using ion-insoluble polydimethylsiloxane droplets
    J.Chen, M.Sato
    J. Electroanal. Chem. 572 153-159 2004年 査読有り
  • Electrochemical Generation of Free Nitric Oxide from Nitrite Catalyzed by Iron meso-Tetrakis(4-N- methylpyridiniumyl)porphyrin
    Y.Chi, J.Chen, K.Aoki
    Inorg. Chem., 43(26) 8437 -8446 2004年 査読有り
  • Competition between polymerization and dissolution of poly(3-methylthiophene) films
    K.Aoki, I.Mukoyama, J.Chen
    R. J. Electrochem. 40 319-324 2004年 査読有り
  • Electrode reactions of catechol at tyrosinase-immobilized latex suspensions
    P.Rijiravanich, K.Aoki, J.Chen, W.Surareungchai, M.Somasundrum
    Electroanalysis 16 605-611 2004年 査読有り
  • Coalescence of O/W emulsion by potential application
    J.Chen, J.Yoshida, Y.Zhao, K.Aoki,
    203rd Meeting of The Electrochemical Society, 203 2638 2003年04月
  • Electrode reactions of catechol at tyrosinase-immobilized latex suspensions
    P.Rijiravanich, K.Aoki, J.Chen, W.Surareungchai, M.Somasundram
    203rd Meeting of The Electrochemical Society S1-1701 2003年04月
  • Ferrocene redox behavior at nano-scale three-phase boundary
    T.Porntip, J.Chen, K.Aoki
    203rd Meeting of The Electrochemical Society A1-36 2003年04月
  • Electrode reactions at nanometer-scaled oil|water|electrode interfaces
    J.Chen, P.Tasakorn
    PITTCON 2003 54 220-10 2003年03月
  • Charge transfer rate constants at electrodes of nanometer dimensions
    J.Chen
    9th International Seminar on Electroanalytical Chemistry 1-41 2003年01月
  • Zeptomole Voltammetric Detection and Electron-Transfer Rate Measurements Using Platinum Electrodes of Nanometer Dimensions
    J.J.Watkins, J.Chen, H.S.White, H.D.Abruna, E.Maisonhaute, C.Amatore
    Anal. Chem., 75(16) 3962-3971 2003年 査読有り
  • Electrode reactions at sub-micron oil|water|electrode interfaces
    K.Aoki, P.Tasakorn, J.Chen
    J. Electroanal. Chem 542 51-60 2003年 査読有り
  • Suspensions of poly(vinylferrocene)-coated latex particles
    J.Chen, K.Aoki, C.Xu
    J. Electroanal. Chem. 546 79 -86 2003年 査読有り
  • Redox reactions of polyaniline-coated latex suspensions
    K.Aoki, J.Chen, Q.Ke, S.P.Armes, D.P.Randall
    Langmuir 19 5511-5516 2003年 査読有り
  • Partial charge transfer of polyvinylferrocene-coated latex particles adsorbed on pyrolytic graphite electrode
    C.Xu, J.Chen, K.Aoki
    Electrochem. Commun., 5 506-510 2003年 査読有り
  • Electrochemical coalescence of nitrobenzene|water emulsions
    J.Yoshida, J.Chen, K.Aoki
    J. Electroanal. Chem. 553 117-124 2003年 査読有り
  • Charge transfer reactions of silver stearate coated nanoparticles in suspensions
    K.Aoki, J.Chen, N.Yang, H.Nagasawa
    Langmuir 19 9904-9909 2003年 査読有り
  • Electrochemically driven polystyrene-sulfonic acid particles in deionized suspension: microscope analysis
    K.Aoki, C.Wang, J.Chen
    J. Electroanal. Chem., 540 135-143 2003年 査読有り
  • Redox mechanism of nitric oxide in the iron porphyrin,
    J.Chen, O.Ikeda
    PITTCON 2002 53 1378 2002年03月
  • Electrochemical behavior of the ferrocene-coated microparticles
    J.Chen, C.Xu, K.Aoki
    202nd Meeting of the Electrochemical Society U3-911 2002年01月
  • Competition of dissolution and polymerization of polythiophene films
    K.Aoki, J.Chen, I.Mukouyama,
    202nd Meeting of the Electrochemical Society A1-29 2002年01月
  • Temperature-variation of capacitance of alkanethiol monolayer films
    T.Nakamura, K.Aoki, J.Chen
    Electrochim. Acta 47 2407-2411 2002年 査読有り
  • Critical thermal variation of displacement of alkanethiols in self-assembled films
    K.Aoki, J.Chen, T.Nakamura
    Electrochem. Commun. 4 521-526 2002年 査読有り
  • Voltammetry of a single oil droplet on a large electrode
    P.Tasakorn, J.Chen, K.Aoki
    J. Electroanal. Chem. 533 119-126 2002年 査読有り
  • Concentration-dependence of faradaic currents and conductivity in polystyrene sulfonic latex suspension
    C.Wang, T.Nagahashi, K.Aoki, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 530 47-52 2002年 査読有り
  • Overestimation of heterogeneous rate constants of hexacyanoferrate at nanometer-sized ultramicroelectrodes
    J.Chen, K.Aoki
    Electrochem. Commun. 4 24-29 2002年 査読有り
  • Electrochemical Dissolution of Polythiophene Films
    I.Mukoyama, K.Aoki, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 531 133-139 2002年 査読有り
  • Redox mechanism of NO in water-soluble iron porphyrin
    J.Chen, O.Ikeda
    Electroanalysis 13 1076-1081 2001年 査読有り
  • Electrode reaction of ferrocene in a nitrobenzene-water emulsion
    J.Chen, O.Ikeda, K.Aoki
    J. Electroanal. Chem 496 88-94 2001年 査読有り
  • Electrode reaction of ferrocene in nitrobenzene-water emulsion
    J.Chen, K.Aoki
    Pacifichem 2000 2000年12月
  • Curing of epoxy resin contaminated with water
    J.Chen, T.Nakamura, K.Aoki, Y.Aoki, T.Utsunomiya
    J. Appl. Polym. Sci. 79 214-220 2000年 査読有り
  • Redox potentials of polynuclear metal complexes by pai-conjugated metal-interaction
    陳 競鳶, 青木 幸一
    R. Polarography 46 87-104 2000年 査読有り
  • Capacitance of a solid sulfonated epoxy resin-coated electrode
    J.Chen, K.Aoki, T.Totsuka, T.Utsunomiya
    J. Appl. Electrochem 29 1457-1461 1999年06月 査読有り
  • Oxidation of NO mediated by water-soluble iron porphyrin
    J.Chen, O.Ikeda, T.Hatasa
    Pacifichem 1999 1999年01月
  • Oxidation of NO mediated by water-soluble iron porphyrin
    J.Chen, O.Ikeda, T.Hatasa, A.Kitajima, M.Miyake, A.Yamatodani
    Electrochem. Communi., 1 274-277 1999年 査読有り
  • Configurational stabilization of mixed-valence states in the star-burst tetranuclear ruthenium complex bridged with acetylene links,
    K.Aoki, H.Kamo, J.Chen, Y.Hoshino
    J. Electroanal. Chem., 420 189-193 1997年 査読有り
  • Redox properties of oligo(1,1’-Dihexylferrocenylene)s
    H.Nishihara, T.Hirao, K.Aramaki, K.Aoki, J.Chen
    International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 288 1996年08月
  • Redox interaction in mixed-valence tri-nuclear ring complexes by means of quantum chemical approach,
    J.Chen, K.Aoki
    J. Electroanal. Chem., 402 189-193 1996年 査読有り
  • Interaction over three redox centers at conjugated oligomeric ferrocenes with N (=2-6) nuclei,
    K.Aoki, J.Chen, H.Nishihara, T.hirao
    J. Electroanal. Chem., 416 151-155 1996年 査読有り
  • Redox interaction of tetranuclear complex with ethynyl bridges
    J.Chen, K.Aoki, H.Kamo
    Pacifichem 1995 288 1995年12月
  • Redox interaction of star-burst tetranuclear complex
    J.Chen, K.Aoki
    1st Asian Conference on Electrocahemistry 2A-20 1995年05月
  • Statistical thermodynamics of multi-nuclear linear complexes with mixed valance states by means of correlated-walk,
    K.Aoki, J.Chen
    J. Electroanal. Chem., 380 35-45 1995年 査読有り
  • Redox interaction of star-burst tetranuclear complex
    K.Aoki, J.Chen, M.Haga
    J. Electroanal. Chem., 396 309-316 1995年 査読有り
  • Construction of functional polymer-modified electrode prepared by electrolytic polymerization of o-nitroaniline
    中村 良治, 陳 競鳶, 田畑 勲, 末 信一朗, 千田 貢
    電気化学および工業物理化学 62(12) 1235-1237 1994年 査読有り
  • Invariance of double layer capacitance to polarized potential in halide solutions
    Y.Hou, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    Univ. J. Chem. 1 162-169 1913年09月 査読有り
  • Heterogeneous reaction rate constants by steady-state microelectrode techniques and fast scan voltammetry
    K.Aoki, C.Zhang, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem 706 40-47 1913年05月 査読有り
  • Blocking of two-electron reduction of non-charged species in the absence of supporting
    C.Zhang, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem. 708 101-107 1913年05月 査読有り
  • Slow scan voltammetry for diffusion-controlled currents in sodium alginate solutions
    B.Wang, K.Aoki, J.Chen, Toyohiko Nishiumi
    J. Electroanal. Chem. 700 60-64 1913年04月 査読有り
  • Salt-free electrolysis of water facilitated by hydrogen gas in thin layer cell
    C.Li, K.Aoki, T.Nishiumi, J.Chen
    Report in Electrochemistry, 3 42200 1913年04月 査読有り
  • Voltammetry in low concentration of electrolyte supported by ionic latex suspensions
    K.Aoki, X.Zhao, J.Chen, T. Nishiumi
    J. Electroanal. Chem. 697 42133 1913年03月 査読有り
  • Self-dispersion of mercury droplets from saturated calomel electrodes into solutions
    J.Chen, K. Iwama, K.Aoki, T.Nishiumi
    International Journal of Electrochemical Science, 8 7394-7400 1913年03月 査読有り
  • Determination of concentration of saturated ferrocene in aqueous solution
    C.Ouyang, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi, B.Wang
    Reports in Electrochemistry 3 17-23 1913年03月 査読有り
  • Electrolysis of pure water in a thin layer cell
    K.Aoki, C.Li, T.Nishiumi, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 695 24-29 1913年02月 査読有り
  • Resistance associated with measurements of capacitance in electric double layers
    K.Aoki, Y.Hou, T.Nishiumi, J.Chen
    J. Electroanal. Chem 689 124-129 1913年01月 査読有り
  • Diffusion coefficients in viscous sodium alginate solutions
    K.Aoki, B.Wang, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochim. Act 83 348-353 1912年11月 査読有り
  • Self-dispersion of mercury metal into aqueous solutions
    K.Aoki, C.Li, T.Nishiumi, J.Chen
    J. Electroanal. Chem. 682 66-71 1912年08月 査読有り
  • Comparison of diameters of disk microelectrodes obtained from microscopes with those evaluated from steady-state currents
    K.Aoki, C.Ouyang, Z.Chaofu, J.Chen, T. Nishiumi
    International J. Electrochemistry 7 5880-5892 1912年07月 査読有り
  • Is hydrogen gas in water present as bubbles or hydrated form?
    K.Aoki, H. Toda, J. Yamamoto, J.Chen, T. Nishiumi
    J. Electroanal. Chem 668 83-89 1912年02月 査読有り
  • Diffusion-controlled current at elliptically deformed microelectrodes
    K.Aoki, C.Ouyang, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Solid State Electrochem 15 1010-1019 1911年11月 査読有り
  • Radii of microelectrodes undervalued from steady-state currents
    K.Aoki, H.Takeuchi, J.Chen, T. Nishiumi
    Review of Polarography 57(2) 101-119 1911年11月 査読有り
  • Voltammetry of Ferrocenyl Derivatives at Glass-coated Platinum Nano-electrodes
    K.Aoki, C. Zhang, J.Chen
    62th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s14-48 1911年09月
  • Voltammetry of Carboxyl Functionalized Particle Films
    T.Li, J.Chen, K.Aoki
    13th International Symposium on Electroanalytical Chemistry I-55 1911年09月
  • Multistep Spontaneously Formed Emulsions at Water|Nitrobenzene Interface
    M.Li, K.Aoki, J.Chen
    13th International Symposium on Electroanalytical Chemistry P124 1911年08月
  • Voltammetric Determination of Nano-electrodes
    K.Aoki, J.Chen
    13th International Symposium on Electroanalytical Chemistry I19 1911年08月
  • Voltammetric determination of both concentration and diffusion coefficient by combinational use of regular and micro electrodes
    K.Aoki, H.Zhang, J.Chen, T.Nishiumi
    Electroanalysis 1911年05月 査読有り
  • Voltammetric variations with structure of latex particles
    K.Aoki, J.Chen
    International Symposium on Electroanalytical Chemistry Shikata Discussion 2011 2C12 1911年05月 査読無し
  • Voltammetric electrodes modified with swollen polyacrylic latex particles
    K.Aoki, T.Li, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem 1911年04月 査読有り
  • Voltammetric determination of concentrations of ferrocene-included nitrobenzene droplets in water
    M.Li, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem. 1911年04月 査読有り
  • Voltammetry of the carboxylate functionalized particles-modified electrodes
    K.Aoki, T.Li, J.Chen
    61th The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy 440-29 1911年03月
  • Relation between oxidation current of hydrogen gas and amount of the bubbles inaqueous solution
    H.Toda, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    Pacifichem 2010 157 1910年12月 査読無し
  • Determination of concentration and diffusion coefficient by the combination of regular and micro electrodes
    H.Zhang, K.Aoki, H.Toda, J.Chen
    Pacifichem 2010 193-450 1910年12月 査読無し
  • Comparison of Voltammograms at the Polymer-coated Nano-electrode with Those at the Glass Sealed One
    J.Chen, K.Aoki
    61th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry s10-P-001 1910年09月
  • Fabrication of glass-coated electrodes with nano- and micrometer size by means
    K.Aoki, C..Zhang, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochimica Acta 24 7328-73337 1910年04月 査読有り
  • Voltammetric potentials of polyaniline varying with electric percolation
    H.Chen, K.Aoki, F.Kawaguchi, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochimica Acta, 55 6959-6963 1910年02月 査読有り
  • Blocking of two-electron reduction of non-charged species in the absence of supporting electrolyte at nanoelectrodes
    C.Zhang, K.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 708 101-107 2013年11月 査読有り
    (ナノ電極を利用した無塩電解) この論文は学術界に初めて、電極直径が240 nm以下であれば、IRドロップを無視でき、非荷電種の電極反応が起こさせたことを実験で証明した。無塩アセトニトリル中のベンゾキノンのボルタモグラムでは、第一の還元波が無塩に影響せずか、ジアニオンに還元することができない。陽イオンが酸化還元アニオンとの非化学量論関連を解明した。電解質が添加すると、溶液の導電率の増加と伴い、第二の還元波を現れ、ベンゾキノンのジアニオンが生成された。
  • Invariance of double layer capacitance to polarized potential in halide solutions
    Y.Hou, K.J.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi,
    Universal Journal of Chemistry 1(4) 162-169 2013年11月 査読有り
    電気二重層容量の周波数分散性の観点から、二重層領域における直流電位及びハライドイオンの濃度・種類に、白金線電極における二重層容量の依存性を評価した。①二重層容量は容量に抵抗平行に含まれている。②ハライドイオンの白金電極での界面の容量は、ポテンシャルに無関係、③イオンの濃度に無関係であった。
  • Heterogeneous reaction rate constants by steady-state microelectrode techniques and fast scan voltammetry
    K.Aoki, C.Zhang, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 706 40-47 2013年10月 査読有り
    容量性電流および溶液抵抗の影響がない超微小電極を用いることで、高い電流密度の実験実行可能によって開始された。物質移動の理論に基づき、v = 0.4 RTD /αFa2式がある。つまり10 μmから1μmの直径の微小電極の定常状態ボルタンメトリーの電流密度が、大きな電極における高速走査、2.1 V s-1から210 V s-1、に相当する。図の実験結果では、定常電流による半波電位Ehでは、直径10 nmの超微小電極があっても、電極半径によって変化しなかった。この事実により、不均質速度定数が10 cm s-1より大きいと分かった。高速走査ボルタンメトリーの電位のシフトは酸化還元種の種類に依存せず、溶液抵抗に起因するものであった。Koの測定に使えないと判断した。
  • Determination of concentration of saturated ferrocene in aqueous solution
    C.Ouyang, K.J.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi, B.Wang
    Reports in Electrochem., 3 17-23 2013年07月 査読有り
  • Salt-free electrolysis of water facilitated by hydrogen gas in thin layer cell
    C.Li, K.J.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi
    Reports in Electrochem., 3 7-15 2013年07月 査読有り
  • Slow scan voltammetry for diffusion-controlled currents in sodium alginate solutions
    B.Wang, K.J.Aoki, J.Chen, T.Nishiumi,
    J. Electroanal. Chem., 700 60-64 2013年04月 査読有り
  • Self-Dispersion of Mercury Droplets from Saturated Calomel Electrodes into Solutions
    J.Chen, K.Iwama, K.J.Aoki, T.Nishiumi
    Int. J. Electrochem. Sci., 8 7394-7400 2013年05月 査読有り
    液体金属水銀の水中自発乳化は、市販参照電極-飽和塩化水銀電極(SCE)でも起こりうる。SCEを24時間に静止した水溶液中に浸け、水銀の拡散を定量的に測定した。1リトルあたりの水に7 mgの金属水銀を検出した。
  • Voltammetry in low concentration of electrolyte supported by ionic latex suspensions
    K.J.Aoki, X.Zhao, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 697 5-9 2013年05月 査読有り
    イオン化した大きな高分子ラテックス懸濁液では、1粒子あたりの遊離電荷数zが106程度ある。溶液の伝導度はz2に比例であるので、ラテックス懸濁液は低い粒子濃度でも大きなイオン伝導体となる。単分散するポリスチレンスルホン酸ラテックスを合成した。脱イオンした懸濁液の導電率は、平行におかれた2白金線間の交流インピーダンスを測定した。懸濁液のH+の濃度が10-5 Mで、8.9×105個/mm3に相当した。図の(a)に水素ガスを含む懸濁液のボルタンメトリーに水素の酸化波が現れた。同じ濃度の塩酸溶液に比較して、水素の酸化波が現れず、示した電流電位曲線が抵抗でした。
  • Electrolysis of pure water in a thin layer cell
    K.J.Aoki, C.Li, T.Nishiumi, J.Chen
    J. Electroanal. Chem., 695 24-29 2013年04月 査読有り
    純水は電気分解できない常識に反して、拡散電流密度と泳動電流密度の見積もりに基づき、薄層平行白金電極における純水の電解を試みた。1.0 Vの電圧をかけると、電極近傍で水の解離H2O  H+ + OH- が起こる。電極間の距離を100 μm以下になると、拡散電流が観察できた。電流電位曲線から見積もった溶液抵抗は、純水の抵抗率よりもはるかに小さかった。動力学的に水素イオンと水酸化物イオンの生成・拡散・電気泳動および再結合反応等を解析した。それらの濃度プロファイルを数値ネルンスト・プランク方程式、化学反応、および定常状態でのポアソン方程式を含む連続式の組み合わせを解くことによって計算した。
  • Resistance associated with measurements of capacitance in electric double layers
    K.J.Aoki, Y.Hou, J.Chen, T.Nishiumi
    J. Electroanal. Chem., 689 124-129 2013年01月 査読有り
  • Diffusion coefficients in viscous sodium alginate solutions
    K.Aoki, B.Wang, J.Chen, T.Nishiumi
    Electrochim. Acta., 83 348-353 2012年11月 査読有り
  • Comparison of diameters of disk microelectrodes obtained from microscopes with those evaluated from steady-state currents
    K.Aoki, C.Ouyang, C.Zhang, J.Chen, T.Nishiumi,
    Int. J. Electrochem. Sci., 7 5880-5892 2012年07月 査読有り
  • Self-dispersion of mercury metal into aqueous solutions
    K.Aoki, C.Li, T.Nishiumi, J.Chen
    J. Electroanal. Chem., 682 66-71 2012年08月 査読有り
    自発的分散は、異相界面におけるエントロピー増加による分散である。金属水銀が水溶液と接するだけで自発的に金属微粒子として水中に分散した。動的光散乱法での測定結果により、平均直径0.3 mであった。Tg測定及び電気化学の定性定量測定データによる、水に溶ける水銀の濃度が1-3 mol dm-3に相当した。環境保護の制限値より3桁に大きく超えた。
  • Is hydrogen gas in water present as bubbles or hydrated form?
    K.Aoki, H.Toda, J.Yamamoto, J.Chen, T.Nishiumi,
    J. Electroanal. Chem., 668 83-89 2012年03月 査読有り
    (ナノ気泡の定性定量分析) 水中の水素が水和した水素量以上に水素気泡として存在することを見出した。界面の自由エネルギーが最小になるため、油での自発乳化のように、水素は直径0.4〜0.5 μmの気泡として水中に分散している。光散乱及びボルタンメトリーにより気泡を定性・定量分析した。水中の水素気泡の濃度は0.50 mMと見積もった。微小電極での水和した水素酸化が気泡の溶解速度によって制御された。溶解速度が2×10-8 M s-1 cm-2の線形速度に推算でき、ガス|水界面で0.4 mm s-1であった。
  • Preface (Special issue in honor of Koichi Aoki)
    陳競鳶、Nianjun Yang、西原寛
    Journal of Electroanalytical Chemistry 779 1-6 2016年10月 査読有り
  • Functionality of reduced graphene oxide flakes at the growth of conducting zone in polyaniline-graphene composite films
    Zeng, Xiangdong;Aoki, Koichi Jeremiah;Chen, Jingyuan
    ELECTROCHIMICA ACTA 228 125-130 2017年02月
  • Effects of the dipolar double layer on elemental electrode processes at micro- and macro-interfaces.
    Aoki Koichi Jeremiah;Chen Jingyuan
    Faraday discussions 2018年
    :Determination of heterogeneous rate constants of redox reactions or charge transfer resistances always involves ambiguities due to their participation in double layer (DL) capacitances and solution resistances. The rate constants determined by steady-state voltammograms at ultra-microelectrodes are inconsistent with time-dependent voltammograms, implying participation of the DL impedance. We examine controlling factors of DLs through the frequency-dependence of the capacitance on the basis of the definition of the current and the capacitance. The capacitance obeys the power law of the frequency. It is controlled by the orientation of a limited amount of solvent dipoles, independent of salts. Redox species, dipoles of which are oriented oppositely to the solvent dipoles, decrease the DL capacitance and make the value negative at high concentrations of the species. The decrease in the capacitance increases the real impedance, as predicted from the phase angle, yielding an extra resistance. This may be a ghost charge transfer resistance. However, there are actually a number of well-defined charge transfer resistances, which are observed as transferring rates through films on electrodes.

著書

講演・口頭発表等

  • ポリアニリン被覆グラフェンの懸濁液からなる複合膜の電気化学反応
    陳競鳶
    2017年電気化学会秋季大会 2017年09月 選考無し 日本電気化学学会
    1.目的 還元グラフェンとポリアニリンとの複合膜は、極めて大きな静電容量密度を示すので、スーパーキャパシタへの応用に期待されている。大容量の理由の要素として、グラフェンとポリアニリンの電子伝導性、網目構造の大表面積による大きな静電容量、ポリアニリンの酸化還元反応などが挙げられており、これらの要素は共同作用(synergistic effects)により、大容量を醸し出す、と考えられている。「共同作用」は現象を説明しにくい時に用いられるが、大容量となる触媒機構は不明なままである。本研究では、ポリアニリンを被覆した還元グラフェンの懸濁液の性質に基づいて、その複合膜の静電容量を測定した結果、グラフェンの片鱗形状が容量に関係することを示す。 2.実験 遠心分離したグラファイト微粒子上に、アリニンの酸化重合によりポリアニリンを被覆し、水溶液中に分散する準安定な懸濁液を得た。ポリアニリン含有重量比は、仕込み比に依らず、75%だった。懸濁液は1.0-1.5μmの矩形のフレーク状粒子からなる。その電気化学測定、熱重量分析、動的光散乱法、AFMおよび分光学測定を行った。懸濁液を塗布・乾燥すると、弾性のある複合電気導電膜ができた。ヒドラジンによる還元体膜の一端に電極を固定し、酸中において酸化電位をかけることにより、ポリアニリン導電体の成長速度を測定した。 3.結果および考察 分散液のボルタンメトリピーク電流は、分散粒子の拡散律速だった。複合膜の酸性中におけるボルタモグラムから求めた酸化および充電電気量は、同じ重量にポリアニリン膜の電気量より大きかった。複合膜の一端から酸化すると、濃い青緑の酸化膜が成長した(図1)。これは酸化体が電子導電性であるから、それに接する還元膜を酸化するためである。その速度はポリアニリン膜より速かった。これらの電気化学応答の速さは、グラフェンの片鱗形状(AFM測定より)からもたらされる電気パーコレーションによると考えられる。
  • 参照極の無い無塩ボルタンメトリーの展開
    陳競鳶
    日本ポーラログラフ学会 2016年11月 選考無し 日本ポーラログラフ学会
    緒言】 電極反応により電荷数が変わると、支持塩によって電気的中性化が起きる。支持塩濃度を極度に下げたら、電極反応が起きないのかどうか、考えさせられる。ナノ電極および薄層セルにより、溶液抵抗を無視できる電流を測定できたので、塩を含まない溶液を用いたボルタンメトリが可能になった。イオンの汚染源となる参照極を使用しないことが鍵である。本講演では、無塩電解の3点を報告する。(1)ナノ電極を用いた無塩ボルタンメトリの条件と多価イオンの電気的中性の妨害、(2) 薄層セル内を用いた純水の電気分解、(3) 薄層セルによるK4Fe(CN)6の電極反応。 【実験及び結果】  報告(1)では、直径を制御できる自製ガラス封入白金微小電極を作用電極、白金線を対極にした。参照電極を使わず、測定物質と同じ濃度のフェロセンの電極反応の電位を、電極電位の基準とした。微小電極では電流が小さいから、溶液抵抗による電圧損失も小さい。電極の大きさを変えてフェロンセンを含む無塩溶液のボルタンメトリを行ったところ、電極直径が0.4ミクロン以下になると、無塩測定が可能になった。中性酸化還元種のボルタモグラムを得ることができた。定常電流電位曲線の半波電位のシフトと電流からから溶液抵抗を見積ると、1.3 Gであった。支持塩の添加の有・無のテトラシアノキノジメタンのボルタモグラムにより、第1還元波は塩濃度に依存しなかったが、第2還元波は塩濃度によってシフトした。ベンゾキノンにも同じ現象であった。ジアニオンの生成には、一価の塩が必要であることが分かった。 (2)では、薄層セル内の2個の平行白金電極の間の距離が100μm以下になると、純水中でも酸化還元電流が流れた。電流電圧曲線から得られた溶液抵抗は、純水の比抵抗値から予測されるよりもはるかに小さかった。その現象を理解するために、水の解離速度を含むネルンスト - プランク方程式に基づいて、セル中のイオンの濃度分布と電位分布を計算した。 (3)では、その展開を報告する。
  • イオン性高分子ラテックス懸濁液における電気二重層静電容量の測定
    陳競鳶
    第61回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 2015年11月 選考無し 日本ポーラログラフ学会
    【緒言】電気二重層静電容量Cdは、内部層と言われる電極に吸着した溶媒やイオンが生み出すヘルムホルツ容量CHとGouy-Chapman(GC)理論で知られる外部電圧によるイオンの不均一分布から生じる静電容量CDの直列結合1/Cd = 1/CH + 1/CDと考えられている。CDは塩濃度の平方根に比例するため、通常の電気化学測定ではCH < CDとなり、CDの効果であるGC理論型の電位依存性が測定できないはずである。CDを測定するには塩濃度が0.01 mM以下、つまり溶液の抵抗が1 M以上の条件が必要である。CDに影響せずに伝導度を確保できるイオン性ラテックスのサスペンションを利用することによって、CDの測定を試みた。 【実験及び結果】交流インピーダンスの測定では、金属と絶縁物との界面が浮遊静電容量をもたらすため、無被覆の線電極を用いた。参照電極はオンの汚染源になるので、2極式電極を使用した。溶媒には18 Mの純水を使用した。イオン性ラテックスサスペンションの抵抗の測定には、電極間距離を変えた。 ポリスチレンスルホン酸高分子ラテックスを合成した。1粒子あたりの遊離電荷数zが106程度だった。溶液の伝導度はz2に一次であるので、ラテックス懸濁液は低い粒子濃度でもイオン伝導度が高い。次の式 を用いて、測定した静電容量から、CHとCDの寄与を見積もった。直線性は、GC理論と一致するように思えるが、その傾きの値は、GC理論の値より2桁小さかった。0.001 mMでの低いイオン濃度における電気二重層容量を測定することにより、静電容量はイオンに依存しないことがわかった。
  • ナノ電極を用いた支持塩を加えない中性分子のボルタンメトリー
    陳競鳶
    第60回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 2014年11月 選考無し ポーラログラフ学会
    【緒言】酸化還元物質は支持電解質と相互作用することが多いが、その影響を調べるためには、指示塩の濃度を下げる必要がある。参照電極を使用しただけでも、塩濃度が増加してしまう。これまで、溶液抵抗が無視できると言われているナノ電極のボルタンメトリーでは、電極製作の困難さと電極の長時間にわたる安定さに左右され、極限条件下での無塩ボルタンメトリーが殆どない。本報告では、自製ガラス被覆白金電極を用いて、中性酸化還元種である1,4-ベンゾキノン(BQ)、テトラシアノキノジメタン(TCNQ)の電極反応を、参照電極を使わず、無塩の条件下で調べた。 【実験及び結果】直径を制御できる自製ガラス封入白金微小電極を作用電極、白金線を対極、参照電極を使わず、測定物質 (BQ, TCNQ)と同じ濃度のフェロセンを溶液内部標準とした。溶媒に乾燥アセトニトリルを使用した。微小電極直径が0.4ミクロン以下になると、無塩測定が可能になった(図2)。定常電流電位曲線の半波電位のシフトと電流からから溶液抵抗を見積もると、IR-drop = 4FcDa R, R = 1.3 G (図1)。電解質を添加すると、第二還元波が現れた(図3)。第1還元波は塩濃度に依存しなかったが、第2還元波は塩濃度によってシフトした。支持塩の陽イオンと二価アニオンの化学的または静電的相互作用がシフトを引き起こす。
  • Electrochemical characteristics of conducting composite films that made from suspensions of polyaniline-coated graphene
    陳競鳶
    The 16th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2017年08月 選考有り
  • Dependence of double layer on Warburg impedance
    陳競鳶
    Faraday Discussion 2016年09月 選考有り イギリス化学会
  • Salt-free Electrolysis
    陳競鳶
    Asia-Pacific Conference on Energy Storage and Conversion 2016 2016年09月 選考有り Asia-Pacific Conference on Energy Storage and Conversion
  • Conditions of salt-free electrolysis at a single nano-electrode
    陳競鳶
    EMN (Energy materials nanotechnology) Hawaii Meeting 2016年03月 選考有り EMN (Energy materials nanotechnology) Hawaii Meeting
  • Voltammetry at a single nanoelectrodes
    陳競鳶
    Pacifichem 2015 2015年12月 選考有り 環太平洋化学学会
  • Current-voltage curves at various diameters of single nanoelectrodes
    陳競鳶
    7th International workshop on surface modification for chemical and biochemical sensing 2015年11月 選考有り
  • Catalytic reduction of O2 by ferrous hemin over formation of ferrous hemin -O2 adduct
    陳競鳶
    66th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2015年10月 選考有り 国際電気化学学会
  • Focus-Tunable Convex Lenses by Oil-Sessile Drop
    陳競鳶
    Electrochem 2015 2015年09月 選考有り
  • Demonstration of electric double layer capacitance in deionized latex suspensions by ac-impedance
    陳競鳶
    15th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2015年08月 選考有り
  • Fast electron-transfer kinetics at single nano disk electrodes
    陳競鳶
    国際電気化学学会年会 2014年08月 選考有り 国際電気化学学会
  • Is the dianion formed in the absence of salt?
    陳競鳶
    10th ECHEMS Meeting, 2014年06月 選考有り
  • Comparison of heterogeneous reaction rate constants by steady-state microelectrode techniques with those by fast scan voltammetry
    陳競鳶
    2014 Pittsburgh Conference 2014年03月 選考有り
  • Electrode reaction of bubbles, droplets and particles
    J.Chen, K.Aoki, Xiaoyu Zhao, Jie Yu
    64th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry 2013年09月 選考有り 国際電気化学学会
  • Electrochemical quantitative analysis of colloidal suspensions of droplets/bubbles/particles
    J.Chen, K.Aoki
    14th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 1913年08月 選考有り 中国科学院
  • Salt-Free Electrolysis of Water In a Thin Layer Cell
    C.Li, J.Chen, K.Aoki
    14th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 2013年08月 選考有り 中国科学院
  • Dependence of TCNQ Reduction on Supporting Electrolyte at Glass-coated Platinum Nano-electrodes
    C.Zhang, J.Chen, K.Aoki
    14th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 1913年08月 選考有り 14th International Symposium on Electroanalytical Chemistry
  • Voltammetry of hydrogen bubbles, latex particles and oil droplets,
    陳競鳶
    9th ECHEMS Meeting 2013年06月 選考有り Institute of Physical Chemistry Polish Academy of Sciences, Poland
  • 薄層油膜電極におけるエマルションが引 き起こす反応
    陳 競鳶, 青木 幸一, 西海豊彦
    第58回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 1912年11月 選考無し 日本ポーラログラフ学会
  • 油|水|電極の三相界面における反応層の厚さの自発的エマルションによる変化
    陳 競鳶, Qiang Wang, 青木 幸一, 西海豊彦
    電気化学会第79回大会 1912年03月 選考有り 0
  • ケルビン水滴誘導起電機による電荷分離
    青木 幸一, 松浦(まつうら)崇(たか)志(し), 西海, 陳 競鳶
    57回ポーラログラフ討論会 1911年12月 選考無し 0
  • 電気化学法による油水界面に生成したエマルション量の測定
    陳 競鳶, 青木 幸一, 西海 豊彦
    57回ポーラログラフィ討論会 1911年12月 選考無し 0
  • Voltammetry of the carboxylate functionalized particles-modified electrodes
    J.Chen, K.Aoki, Tianbo Li
    Pittcon 2011 1911年03月 選考有り Pittsbergue conference
  • Determination of concentration and diffusion coefficient by the combination of regular and microelectrodes
    J.Chen, Hua Zhang, K.Aoki, Hirakazu Toda
    Pacifichem2010 1910年12月 選考有り ACS
  • ポリエチレングルコール高粘度溶液における微小電極のボルタンメトリー
    陳 競鳶, 青木 幸一, GuoYi
    ポーラログラフ討論会 1910年11月 選考無し 0
  • Debate on nano-electrode voltammograms by coating with polymer and glass
    J.Chen, K.Aoki
    The 61st International Society of Electrochemistry 1910年09月 選考有り 0
  • 分散したポリアニリンのCV と膜のCV との電位差
    青木 幸一, 川口 文彦, 陳 漢, 陳 競鳶, 西海 豊彦
    電気化学会第77回大会 1910年03月 選考無し 電気化学会
  • ガラス封入ナノ電極の作製法とその電極反応
    張朝富, 張華, 青木 幸一, 陳 競鳶
    電気化学会第77回大会 1910年03月 選考無し 電気化学会
  • Relation between oxidation current of hydrogen gas and amount of the bubbles in aqueous solution
    Hirokazu Toda, K.Aoki, J.Chen, Toyohiko Nishiumi
    Pacifichem2010 1910年 選考有り ACS
  • ガラス封入ナノ電極の作製法
    青木 幸一, 陳 競鳶, 西海 豊彦, Zhang Chaofu
    ポーラログラフ討論会 2009年11月 選考無し 0
  • An electrochemically driven air bubble on the O W interface under the three-phase boundary reactions of ferrocene
    J.Chen, Masanori SAatoh, Tomohiro Imamura, Hirokazu Toda, 青木 幸一
    ISA 2009年08月 選考有り ISA
  • Electrochemical properties of 1,4-benzoquinone by microelectrode voltammetry
    青木 幸一, Zhang Hua, J.Chen
    ISA 2009年08月 選考無し ISA
  • Potential-dependent motion by the charged droplets at the water oil interface
    Li Mengjuan, K.Aoki, J.Chen
    ISE 2009年08月 選考無し ISE
  • Electrochemical properties of poly(styrene-acrylic acid) latex particle films
    Tianbau Li, J.Chen, Toyohiko Nishiumi, K.Aoki
    ISE 2009年08月 選考無し 0
  • Electrically conductive polyaniline-coated polystyrene latex particles
    Chen Han, J.Chen, K.Aoki, Toyohiko Nishiumi
    ISE 2009年08月 選考無し 0
  • Diffusion-controlled behavior of ferrocenyl derivative in viscous solutions
    Yi Guo, J.Chen, K.Aoki
    ISE 2009年08月 選考無し 0
  • PEG高粘性溶液におけるボルタモグラム
    青木 幸一, Guo Yi, 陳 競鳶
    電気化学会 2009年03月 選考有り 0
  • Reduction Kinetics of Hydrogen Ion at Films Composed of Carboxyl Latex Particles
    Tianbao Li, 青木 幸一, 陳 競鳶
    第54回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会 2008年11月 選考有り 0
  • 電気伝導性コロイド粒子の合成と電極反応
    陳 競鳶, 陳漢, 青木 幸一
    日本電気化学会75回学会 2008年03月 選考有り 日本電気化学会
  • Motion of An Air Bubble on Oil|Water Interface
    T. Imamura, K.Aoki, J.Chen
    214th ECS Meeting 2008年01月 選考無し ECS
  • Synthesis and the Electrolyte of the Functional Polystyren-based Latex
    T. Sakata, K.Aoki, J.Chen
    214th ECS Meeting 2008年01月 選考無し ECS
  • Electrochemically Instantaneous Reduction of Conducting Polyaniline-coated Latex Particles
    Han Chen, K.Aoki, J.Chen
    214th ECS Meeting 2008年01月 選考無し ECS
  • イオン液体を支持塩とするトルエン滴における電極反応とそれに続くイオン移動
    佐藤 正則, Galyna Shul, Ewa Rozniecka, Wojciech Adamiak, Frank Marken, Marcin Opallo, 陳 競鳶, 青木 幸一
    第53回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2007年11月 選考有り ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論学会
  • Voltammetric electrodes coated with carboxyl latex particles
    Tianbao Li, Jingyuan Chen, K.Aoki, Toyohiko Nishiumi
    第53回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2007年11月 選考有り ポーラログラフィー学会
  • Catalytic generation of chlorine with slight overpotential by micellar ferrocene
    Han Chen, Jingyuan Chen, Koichi Aoki
    第53回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2007年11月 選考有り ポーラログラフィー学会
  • ベンゾキノンの還元の高速ボルタンメトリーと微小電極ボルタンメトリーとの比較
    陳 競鳶, 青木 幸一, 張 華
    第53回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2007年11月 選考有り ポーラログラフィー学会
  • 三相界面での電極反応による空気泡の運動
    陳 競鳶, 佐藤 正則, 青木 幸一
    日本電気化学会75回学会 2007年03月 選考有り 日本電気化学会
  • 界面活性剤や麦芽糖による三相界面の膨張と収縮
    佐藤 正則, 陳 競鳶, 青木 幸一
    第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 2006年11月 選考有り ポーラログラフィーおよび電気分析化学会
  • ルテニウム錯体の電気化学発光を利用した一酸化窒素(NO)の検出
    三宅正輝, 陳 競鳶, 西海 豊彦, 青木 幸一
    第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2006年11月 選考有り ポーラログラフィーおよび電気分析化学学会
  • コロイド粒子の構造に影響する電極反応
    陳 競鳶
    日本電気化学会74回学会 2006年09月 選考有り 日本電気化学会
  • レドックスラテックスの粒径に依存した反応活性
    陳 競鳶, 韓 利民
    日本電気化学会73回学会 2006年04月 選考有り 日本電気化学会
  • Is the dianion formed in the absence of salt?
    J.Chen, K.Aoki
    10th ECHEMS Meeting 1914年06月 選考無し Frank Marken, University of Bath
  • Comparison of heterogeneous reaction rate constants by steady-state microelectrode techniques with those by fast scan voltammetry
    J.Chen, K.Aoki, X.Zhao
    2014 Pittsburgh Conference 1914年03月 選考有り The Pittsburgh Conference
  • 鉄ポルフィリンにより一酸化窒素の電気化学生成及び定量測定
    陳 競鳶, 三宅 正輝
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論,  2005年11月
  • Redox-active Latex Particle with Ferrocenylmethyl Acrylate-coated Shell
    L.Han, J.Chen
    電気化学会北陸支部秋季大会 2005年09月
  • Reduction of carbon dioxide by hemin-immobilized latex suspension
    Y.Gao, J.Chen
    電気化学会北陸支部秋季大会 2005年09月
  • The electrochemical generation of nitric oxide from nitrite by the catalysis of water-soluble iron porphyrin
    Y.Chi, J.Chen
    電気化学会北陸支部秋季大会 2005年09月
  • レドックス単分散微粒子の粒径による拡散電流の変化
    陳 競鳶
    日本電気化学会72回学会 2005年04月
  • Ferrocene-copolymerized Latex Particle Exhibiting Reversible Electrochemical reaction
    H.Limin, J.Chen
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2004年11月
  • Redox Reaction of Hemin-immobilized Polyallylamine-polystyrene Latex Suspensions
    Y.Gao, J.Chen
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2004年11月
  • Diffusion-controlled Currents of Polystyrene Latex with Ferrocenyl Carboxylic Amide
    Z.Zhang, J.Chen
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2004年11月
  • 油|水|電極の三相界面におけるエマルションの電解形成
    陳 競鳶
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2004年11月
  • An Electrochemical Method for Generation of NO from Nitrite
    Y.Chi, J.Chen
    第50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論 2004年11月
  • フェロセニル基を被覆した単分散微粒子の電極反応
    陳 競鳶
    日本電気化学学会71回大会 2004年03月
  • 粒子と同じ大きさの電極挙動-量子化状の電流
    陳 競鳶, Q.Ke
    第49回ポーラログラフ討論会 2003年11月 選考無し
  • Diffusion-controlled current in suspension of ferrocene-coated latex
    Z.Zhang, J.Chen
    第49回ポーラログラフ討論会 2003年11月 選考無し
  • Microband electrode reaction at oil|water|electrode interface
    P.Tasakorn, J.Chen
    電気化学会北陸支部大会 2003年08月 選考無し
  • Monodispersed polyvinylferrocene-coated latex particles on pyrolytic graphite electrodes
    C.Xu, J.Chen
    電気化学会北陸支部大会, 3 2003年08月
  • ポリビニルフェロセンを被覆したラテクスけんだく液の電極反応
    陳 競鳶, 許 翠玲
    日本電気化学学会創立70周年記念大会, 3B01  2003年04月
  • ナノメートル電極の電極反応
    陳 競鳶, Y.Mohammad
    日本化学会第81回春季年会, 2F7-14,  2002年03月
  • 水溶性鉄ポルフィリン錯体によるNOの触媒酸化
    陳 競鳶, 池田 修, 畑佐 卓
    電気化学学会北陸支部秋大会, 8,  1999年09月

発表会

  • 電気化学ゼミナー
    How to make nano-electrodes? What can we do by using the nano-electrodes?
    Xiamen University, ChinaZhong-Qun Tian, State Key Lab. of Physical Chemistry of Solid Surfaces
    参加者数: 31 2014年09月 - 2014年09月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2008年12月 - 2008年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2007年12月 - 2007年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2006年12月 - 2006年12月
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    福井市福井大学
    参加者数: 150 2005年12月 - 2005年12月

作品

  • 6th Asian Conference on Electrochemistry in Taipei
    J.Chen, その他 2008年06月

特許

  • 特許国際特許分類E02B 15/00 (1998.12), Maeda Kosen Co.Jp:A conducting cloth which prevent dispersion of soil in sea construction
    J.Chen,M.Mimura,
    特番国際特許分類E02B 15/00 (1998.12), Maeda Kosen Co.Jp

受賞

  •  The 16th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 学生ポスター賞 Langmuir-typed double layer capacitance in water/acetonitrile solutions2017年08月
    学生ポスター賞
  •  14th International Symposium on Electroanalytical Chemistry 学生ポスター賞 An in phase component of double layer capacitance2013年08月
    学生ポスータ賞

科学研究費補助金

  • ラテックスを利用した電気二重層キャパシタの可逆性増大手法基盤研究(C)(一般)
    代表者:陳 競鳶 2014年度
  • ラテックスを利用した電気二重層キャパシタの可逆性増大手法基盤研究(C)(一般)
    代表者:陳 競鳶 2013年度
  • ラテックス粒子の油水界面移動の技術を用いた巨大生体分子の界面反応の解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:陳 競鳶 2012年度
  • ラテックス粒子の油水界面移動の技術を用いた巨大生体分子の界面反応の解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:陳 競鳶 2011年度
  • ラテックス粒子の油水界面移動の技術を用いた巨大生体分子の界面反応の解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:陳 競鳶 2010年度
  • ナノ電極を用いた走査型電気化学顕微鏡基盤研究(B)一般
    代表者:青木 幸一 2008年度
    ナノ電極の作成と測定
  • ナノ電極を用いた走査型電気化学顕微鏡基盤研究(B)一般
    代表者:青木 幸一 2007年度
    ナノ電極の作成と電極表面の測定
  • 電気化学分析による脂肪酸金属ナノ粒子のコアとシェルの特異性発現基盤研究(C)一般
    代表者:陳 競鳶 2005年度
  • ナノ電極によるナノメータ環境の電気化学分析基盤研究(B)一般
    代表者:青木 幸一 2004年度
  • 油│水│半導体電極の三相界面を利用したナノワイヤーの電解形成萌芽研究
    代表者:青木 幸一 2004年度
  • 電気化学分析による脂肪酸金属ナノ粒子のコアとシェルの特異性発現基盤研究(C)一般
    代表者:陳 競鳶 2004年度
  • エマルション模擬生体系における一酸化炭素の電気化学分析基盤研究(C)
    代表者:陳 競鳶 2003年度
  • ナノ電極によるナノメータ環境の電気化学分析基盤研究(B)
    代表者:青木 幸一 2003年度

プロジェクト活動

  • 油水界面の電気化学
    研究期間:2006年01月  代表者:Jingyuan Chen,Marcin Opallo,
    ポーランド科学院
  • ナノメートル電極の電極反応
    研究期間:2001年06月  代表者:Jingyuan Chen,Mohammad Abuyousuf,
    バングラデシュ、工科大学クルナ校
  • ナノメータスケール超微小電極における異常現象
    研究期間:2000年01月  代表者:Jingyuan Chen,Henry S. White,
    アメリカ、University of Utah

教育活動情報

担当授業

  • エネルギ-科学
  • 物理工学実験Ⅲ
  • 物理工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 物理工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 物理工学ゼミナールⅠ
  • 物理工学ゼミナールⅡ
  • 物理工学ゼミナールⅢ
  • 物理工学ゼミナールⅣ
  • 分子熱力学