田中 幸枝

所属部署名生命情報医科学講座 分子生命化学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名助教
更新日: 19/08/19 16:16

研究者基本情報

氏名

    田中 幸枝
    タナカ ユキエ
    TANAKA Yukie

所属

  •  生命情報医科学講座 分子生命化学 助教

所属学協会

    日本プロテオーム学会 一般会員,北陸質量分析談話会 その他,日本医用マススペクトル学会 評議員,

研究活動情報

論文

  • Association of L-plastin Expression With Recalcitrant Nasal Polyps In The Patients With Aspirin-Exacerbated Respiratory Disease
    Takabayashi, Tetsuji;Tanaka, Yukie;Sakashita, Masafumi;Imoto, Yoshimasa;Yoshida, Kanako;Kato, Yukinori;Schleimer, Robert P.;Fujieda, Shigeharu
    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 143(2) AB288-AB288 2019年02月 査読有り
  • Concurrent mass spectrometric analysis of multiple samples using Py-Tag reagents
    Tanaka, Yukie;Ikeda, Akari;Matsukawa, Shigeru;Imase, Yuka;Saigyo, Miki;Maruyama, Chitose;Fujieda, Shigeharu;Taira, Shu
    INTERNATIONAL JOURNAL OF MASS SPECTROMETRY 434 158-163 2018年11月 査読有り
  • Increased expression of L-plastin in nasal polyp of patients with nonsteroidal anti-inflammatory drug-exacerbated respiratory disease.
    Takabayashi Tetsuji;Tanaka Yukie;Susuki Dai;Yoshida Kanako;Tomita Kaori;Sakashita Masafumi;Imoto Yoshimasa;Kato Yukinori;Narita Norihiko;Nakayama Tsugihisa;Haruna Shinichi;Schleimer Robert P;Fujieda Shigeharu
    Allergy 2018年 査読有り
  • Sendai virus C protein limits NO production in infected RAW264.7 macrophages
    Odkhuu, Erdenezaya;Komatsu, Takayuki;Koide, Naoki;Naiki, Yoshikazu;Takeuchi, Kenji;Tanaka, Yukie;Tsolmongyn, Bilegtsaikhan;Jambalganiin, Ulziisaikhan;Morita, Naoko;Yoshida, Tomoaki;Gotoh, Bin;Yokochi, Takashi
    INNATE IMMUNITY 24(7) 430-438 2018年10月 査読有り
  • Sendai Virus V Protein Inhibits the Secretion of Interleukin-1 beta by Preventing NLRP3 InflammasomeAssembly
    Komatsu, Takayuki;Tanaka, Yukie;Kitagawa, Yoshinori;Koide, Naoki;Naiki, Yoshikazu;Morita, Naoko;Gotoh, Bin;Yokochi, Takashi
    JOURNAL OF VIROLOGY 92(19) 2018年10月 査読有り
  • Nanoparticle-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry (Nano-PALDI MS) with Py-Tag for the Analysis of Small Molecules
    Yukina Tatsuta, Yukie Tanaka, Akari Ikeda, Shigeru Matsukawa, Hajime Katano, and Shu Taira
    Mass Spectrometry 6(3) S0069 2017年 査読有り
  • Tetracyclines downregulate the production of LPS-induced cytokines and chemokines in THP-1 cels via ERK,p38,and nuclear factor-kB signaling pathways
    Jian Sun, Hiroko Shigemi, Yukie Tanaka, Takahiro Yamauchi, Takanori Ueda, Hiromichi Iwasaki
    Biochemistry and Biophysics Reports 4 397-404 2015年11月 査読有り
  • CCN1 (Cyr61) is overexpressed in human osteoarthritic cartilage and inhibits ADAMTS4 (aggrecanase-1) activity
    Chijiiwa M, Mochizuki S, Kimura T, Abe H, Tanaka Y, Fujii Y, Shimizu H, Enomoto H, Toyama Y, Okada Y
    Arthritis Rheumatol 67(3) 2015年02月 査読有り
  • Silver Oxide Based Nanoparticle Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry for the Detection of Low Molecular Weight Compounds
    S Taira, H Taguchi, R Fukuda, K Uematsu, Y Ichiyanagi, Y Tanaka, Y Fujii, H Katano
    Mass Spectrometry 3(2) S0025 2014年03月 査読有り
  • BIMEL is a key effector molecule in oxidative stress-mediated apoptosis in acute myeloid leukemia cells when combined with arsenic trioxide and buthionine sulfoximine
    Y. Tanaka, T. Komatsu, H. Shigemi, T.Yamauchi, Y.Fujii
    BMC Cancer 14(1)(27) 2014年01月 査読有り
  • Novel leukemic cell lines resistant to clofarabine by mechanisms of decreased active metabolite and increased antiapoptosis
    Shigemi H, Yamauchi T, Tanaka Y, Ueda T
    Cancer Science 104(6) 732-9 2013年06月 査読有り
  • Thermosensitization and induction of apoptosis or cell-cycle arrest via the MAPK cascade by parthenolide, an NF-κB inhibitor, in human prostate cancer androgen-independent cell lines
    S. Hayashi, K. Koshiba, M. Hatashita, T. Sato, Y. Jujo, R. Suzuki, Y. Tanaka, H. Shioura
    Int J Mol Med 28(6) 1033-1042 2011年12月 査読有り
  • Protein expression profiling of lens epithelial cells from Prdx6-depleted mice and their vulnerability to UV radiation exposure
    Kubo E, Hasanova N, Tanaka Y, Fatma N, Takamura Y, Singh DP, Akagi Y
    Am J Physiol Cell Physiol 298(2) C342-C354 2010年02月 査読有り
  • Inhibition of NF-κB by combination therapy with parthenolide and hyperthermia and kinetics of apoptosis induction and cell cycle arrest in human lung adenocarcinoma cells
    S.Hayashi, H.Sakurai, A.Hayashi, Y.Tanaka, M.Hatashita, H.Shioura
    Int J Mol Med 25(1) 81-87 2010年01月 査読有り
  • Stable-isotope dilution measurement of isovalerylglycine by tandem mass spectrometry in newborn screening for isovaleric acidemia
    Y.Shigematsu, I.Hata, Y.Tanaka
    Clin Chim Acta 386(42006) 82-86 2007年11月 査読有り
  • Stable-isotope dilution gas chromatography-mass spectrometric measurement of 3-hydroxyglutaric acid, glutaric acid and related metabolites in body fluids of patients with glutaric aciduria type 1 found in newborn screening
    Y.Shigematsu, I.Hata, Y. Tanaka, G.Tajima, N.Sakura, E.Naito, T.Yorifuji
    J Chromatogr B 823(1) 42197 2005年08月 査読有り
  • Helicobacter pylori CagA containing ITAM-like sequences localized to lipid rafts negatively regulates VacA-induced signaling in vivo
    M.Asahi, Y.Tanaka, T.Izumi, Y.Ito, H.Naiki, D.Kersulyte, K.Tsujikawa, M.Saito, K.Sada, S.Yanagi
    Helicobacter 8(1) 42018 2003年02月 査読有り
  • Nicotine induces human neutrophils to produce IL-8 through the generation of peroxynitrite and subsequent activation of NF-kappaB
    S.Iho, Y.Tanaka, R.Takauji, C.Kobayashi, I.Muramatsu, H.Iwasaki, K.Nakamura, Y.Sasaki, K.Nakao, T.Takahashi
    J Leukoc Biol. 74(5) 942-51 2003年01月 査読有り
  • Newborn mass screening and selective screening using electrospray tandem mass spectrometry in Japan
    Y.Shigematsu, S.Hirano, I.Hata, Y.Tanaka, M.Sudo, N.Sakura, G.Tajima, S.Yamaguchi
    J Chromatogr B 776(2) 39-48 2002年08月 査読有り
  • Sendai virus blocks alpha interferon signaling to signal transducers and activators of transcription
    T.Komatsu, K.Takeuchi, J.Yokoo, Y.Tanaka, B.Gotoh
    J.Virol 74(5) 2477-2480 2000年03月 査読有り
  • 2014年あわら市北潟湖で初のコウロエンカワヒバリガイ (Xenostrobus securis) の大発生
    川崎隆徳, 川内一憲, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元久, 藤井豊
    福井大学医学部研究雑誌 16(1) 47-49 2016年03月 査読有り
  • 福井県におけるシジミ (Corbicula) の生息状況の中間報告 (2008-2014) - タイワンシジミ (Corbicula fluminea) の侵入の脅威 -
    川崎隆徳, 川内一憲, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元久, 藤井豊
    福井大学医学部研究雑誌 16(1) 51-60 2016年03月 査読有り
  • 蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動による三方湖産と緑川産タナゴの水晶体タンパク質組成の比較
    川内一憲, 川崎隆徳, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元久, 藤井豊
    福井大学医学部研究雑誌 15(1) 47-51 2015年 査読有り
  • タナゴ(Acheilognathus cyanostigma)の水晶体クリスタリン・タンパク質蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動
    川内 一憲, 川崎 隆徳, 田中 幸枝, 小鍛冶 優(吉野小), 木元 久, 藤井 豊
    福井大学地域環境研究教育センター研究紀要「日本海地域の自然と環境」 21(1) 42196 2014年12月 査読無し
  • 福井県あわら市御簾尾からのニホンアマガエル(Hyla japonica)の青色変異個体の記録
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研), 奥野 宏樹, 田中 幸枝, 川崎 隆徳(ヘラクレスワールド), 田中 俊之(越前松島水族館), 小鍛治 優(吉野小), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 14(1) 67-69 2014年01月 査読有り
  • 福井県丹南地方から確認されたトノサマガエルの黒色眼変異個体
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研), 奥野 宏樹, 田中 幸枝, 川崎 隆徳(ヘラクレスワールド), 田中 俊之(越前松島水族館), 小鍛治 優(吉野小), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 14(1) 71-74 2014年01月 査読有り
  • 環境省絶滅危惧ⅠA(CR)アベサンショウウオの生物地理学および種の保全生物学研究
    藤井 豊, 川内 一憲, 田中 俊之, 木元 久, 田中 幸枝, 小鍛治 優
    公益財団 住友財団 年次報告書2012 2012 44 2013年06月 査読無し
  • ソケット式分子模型教材の活用
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛冶 優(松岡中), 淺原 雅浩, 上田 昌範(福井ウルテック)
    第62回日本理科教育学会全国大会発表論文集第10号 62(10) 467 2012年08月 査読無し
  • 福井県で捕獲されたカダヤシ(Gambusia affinis)
    藤井 豊, 川内 一憲, 田中 幸枝, 小鍛治 優, 百崎 孝男, 牧野 孝雄, 木元 久
    福井陸水生物会報 2012(19) 2012年03月 査読無し
  • 福井県で捕獲されたカダヤシ(Gambusia affinis)
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研), 田中 幸枝, 小鍛治 優(上志比中), 百崎 孝男(越前松島水族館), 木元 久(福井県立大), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 12 45-47 2011年12月 査読有り
  • 福井県のサンショウウオに見られたメタセルカリア結節症
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研), 長谷川 巌(福井県両生爬虫類研), 田中 幸枝, 小鍛治 優(上志比中), 百崎 孝男(越前松島水族館), 木元 久(福井県立大), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 12 49-51 2011年12月 査読有り
  • 北陸・上越地方に特有な高田型トノサマガエル(Rana nigromaculata)の生物地理学研究
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研究会), 田中 幸枝, 小鍛冶 優(上志比中), 百崎 孝男(越前松島水族館), 藤井 豊
    福井大学地域環境研究教育センター研究紀要「日本海地域の自然と環境」(18) 25-33 2011年11月 査読有り
  • ディンプル・ソケット方式分子模型教材
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛冶 優(上志比中), 淺原 雅浩, 川井 昌之, 上田 昌範(福井ウルテック)
    第61回日本理科教育学会全国大会発表論文集第9号 61(9) 454 2011年08月 査読無し
  • 新しい分子モデリング手法を取り入れた中学理科教育の展開
    小鍛冶 優(上志比中), 石井 恭子, 田中 幸枝, 藤井 豊, 村井 健志(INSS)
    第61回日本理科教育学会全国大会発表論文集第9号 61(9) 366 2011年08月 査読無し
  • 遺伝子DNAと生物-DNAの働きとその応用技術の体験学習と生物多様性-
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛冶 優(上志比中学校), 安堂 智宏(上志比中学校), 林 誠司(永平寺中学校), 竹内 康高(松岡中学校), 太田 玲三(松岡中学校), 中屋 義雄(大東中学校)
    JSTサイエンス・パートナーシップ・プロジェクトSPP・平成22年度講座型学習活動・BD102085独自報告書 2011年02月 査読無し
  • 化学教育のためのソケット・ディンプル方式分子模型教材の開発
    田中 幸枝, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 小鍛冶 優, 上田 昌範, 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 11(1,2) 42010 2010年12月 査読有り
  • 簡易型DNA分子モデルの開発
    田中 幸枝, 小鍛冶 優, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 上田 昌範, 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 11(1,2) 42196 2010年12月 査読有り
  • 2010年富山県での高田型トノサマガエル(Rana nigromaculata)の生息調査
    川内 一憲, 田中 幸枝, 木元 久, 小鍛冶 優, 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 11(1,2) 53-55 2010年12月
  • 遺伝子DNAと生物-DNAの働きとその応用技術の体験学習と生物多様性-
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛冶 優(上志比中学校)
    JSTサイエンス・パートナーシップ・プロジェクトSPP・平成22年度講座型学習活動・BD102085実施報告書 2010年12月 査読無し
  • 化学教育のためのソケット・ディンプル方式分子模型教材の開発
    田中 幸枝, 小鍛治 優(上志比中), 淺原 雅浩, 川井 昌之, 上田 昌範(福井ウルテック), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 11 42010 2010年12月 査読有り
  • 2010年富山県での高田型トノサマガエル(Rana nigromaculata)の生息調査
    川内 一憲(福井県両生爬虫類研), 田中 幸枝, 木元 久(福井県立大), 小鍛治 優(上志比中), 藤井 豊
    福井大学医学部研究雑誌 11 53-55 2010年12月 査読有り
  • HT22090・作って学ぶ不思議な分子の世界-分子模型で生物発光分子とABO型抗原の製作-
    藤井 豊, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 伊保 澄子, 田中 幸枝
    日本学術振興会・平成22年度 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI 2010年08月 査読有り
  • アカメアマガエル水晶体クリスタリンの性質
    藤井 豊, 田中 幸枝, 木元 久, 川内 一憲
    爬虫両棲類学会報 2010(1) 68 2010年03月 査読有り
  • 化学教育に向けたポインター方式分子模型教材の活用術研修
    藤井 豊, 田中 幸枝, 三竹 直樹(福井県教育研究所), 小鍛冶 優(上志比中学校)
    平成21年度理数系教員指導力向上研修事業(希望型)KD091097実施報告書 2010年01月 査読有り
  • 化学教育に向けたポインター方式分子模型教材の活用術研修
    藤井 豊, 田中 幸枝, 三竹 直樹(福井県教育研究所), 小鍛冶 優(上志比中学校)
    平成21年度理数系教員指導力向上研修事業(希望型)KD091097独自報告書 2010年01月 査読有り
  • 食にまつわる化学物質のミクロな構造と機能―その美しくまた怖い分子世界の理解増進-
    藤井 豊, 田中 幸枝
    科学技術振興機構JST地域科学舎推進事業地域活動支援No.21229終了報告書 2009年12月 査読有り
  • 作って学ぶ不思議な分子の世界-分子模型でホタル・オワンクラゲの発光モデルの製作-
    藤井 豊, 田村 圭介, 伊佐 公男, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 田中 幸枝
    H21年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)業務完了報告書 2009年09月 査読有り
  • オワンクラゲを使ったエネルギー学習教材の開発
    田中 幸枝, 川内 一憲(福井両生爬虫類研究会), 稲木 明浩(松島水族館), 池口 新一郎(能登島水族館), 藤井 豊, 小鍛冶 優(上志比中学校)
    日本エネルギー環境教育学会第4回全国大会論文集 186-7 2009年08月 査読有り
  • タンデム質量分析法によるシトリン欠損症の新生児マススクリーニング:新生児期濾紙血アミノ酸ではスクリーニング困難な患者の存在
    重松 陽介, 畑 郁江, 眞弓 光文, 田中 幸枝, 小林 圭子, 佐伯 武頼
    日本マス・スクリーニング学会誌 17(1) 43-48 2007年06月 査読有り
  • 質量分析計による化学診断法の進歩
    重松 陽介, 畑 郁江, 田中 幸枝
    小児科診療 69(11) 1615-1620 2006年11月 査読無し
  • タンデム質量分析計を用いた新生児代謝異常マス・スクリーニング スクリーニング地域拡大と患者検体分析による知見の蓄積
    重松 陽介, 平野 聡子, 畑 郁江, 藤澤 和郎, 中井 昭夫, 田中 幸枝, 須藤 正克
    日本マス・スクリーニング学会誌 11 57-67 2001年 査読有り
  • 蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動による三方湖産と緑川産タナゴの水晶体タンパク質組織の比較
    川内一憲,川崎隆徳,田中幸枝,小鍛冶優,木本久,藤井豊
    福井大学医学部研究雑誌 15(1) 47-51 2015年 査読有り

講演・口頭発表等

  • Inflammasome antagonism by murine parainfluenza virus type 1 V protein
    Yukie Tanaka, Takayuki Komatsu,Naoko Morita,Yoshikazu Naiki,Naoki Koide
    第84回日本インターフェロンサイトカイン学会学術集会 2019年08月
  • 土壌細菌に対する紫外線の影響と光回復
    小鍜治優,大磯眞一,田中幸枝,藤井豊
    第29回物理教育に関するシンポジウム 2018年12月
  • V遺伝子欠損センダイウイルスはNLRP3インフラマソームのアセンブリーを促進する ことによってIL-1βを誘導する
    Takayuki Komatsu, Yukie Tanaka, Naoko Morita, Yoshikazu Naiki, Naoki Koide
    第66回日本ウイルス学会学術集会 2018年10月
  • Py-Tag標識によるアミノ酸,タンパク質の網羅的検出への応用
    今瀬優花, 田中幸枝, 池田明夏里, 片野肇, 平修
    日本分析化学会 第66年会 2017年09月
  • The Novel Stable Isotope Labelling Reagent Py-Tag is useful for Proteome Analysis.
    Y.Tanaka, A.Ikeda, C Maruyama, S.Murakami, H.Katano, S.Taira
    第15回日本プロテオーム学会 2017年07月 選考有り
  • 種特異的ウシガエルρ-クリスタリンの眼球分布
    藤井豊, 田中幸枝, 川内一憲, 川崎隆徳, 小鍛冶優, 木元久
    第35回日本生化学会北陸支部大会 2017年06月
  • Py-Tagによるタンパク質群の高精度同時解析
    平修,田中幸枝,池田明夏里,丸山千登勢,片野肇
    第77回分析化学討論会 2017年05月
  • Py-Tag標識によるアミノ酸,タンパク質の網羅的検出への応用
    今瀬優花,田中幸枝,池田明夏里,片野肇,平修
    第65回質量分析総合討論会 2017年05月
  • Concurrent mass spectrometric analysis of multiple samples using Py-Tag reagents
    西行美紀,田中幸枝,藤井豊,池田明香里,片野肇,平修
    International Biological Mass Spectrometry Symposium 2016 2016年10月 選考有り
  • Applycation of Py-tag for Protein Quantification
    Miki Saigyou, Yukie Tanaka, Yutaka Fujii, Akari Ikeda, Hajime Katano, Shu Taira
    International BMSシンポジウム 2016 2016年10月
  • Serratia属細菌FPU-623株由来キチン分解酵素によるカニ殻の分解
    木元久,藤井豊,田中幸枝,草桶秀夫,片野肇
    第30回日本キチン・キトサン学会大会 2016年08月 選考有り
  • Py-Tag試薬を用いたタンパク質群の高精度同時解析
    西行美貴,田中幸枝,藤井豊,池田明夏里,片野肇,平修
    第64回質量分析総合討論会 2016年05月 選考有り
  • Sendai Virus V Protein Inhibits Production of IL-1b by Preventing Formation of NLRP3 Inflammasome Complex
    田中幸枝,小松孝行,小出直樹,藤井豊
    第81回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2016年05月 選考有り
  • Sendai virus V protein inhibits the NLRP3 inflammasome activation by preventing the NLRP3 oligomerization
    Takayuki Komatsu, Yukie Tanaka, Yoshinori Kitagawa, Naoki Koide,Yoshikazu Naiki, Mayu Yamaguchi, Bin Gotoh, Takashi Yokochi
    第63回日本ウイルス学会学術集会 2015年11月 選考有り 日本ウイルス学会
  • Sendai virus V protein inhibits the NLRP3 inflammasome activation by preventing the NLRP3 oligomerization
    Takayuki Komatsu, Yukie Tanaka, Yoshinori Kitagawa, Naoki Koide, Yoshikazu Naiki, Mayu Yamaguchi, Bin Gotoh, Takashi Yokochi
    第52回日本細菌学会中部支部総会 2015年10月 選考有り
  • Paenibacillus属細菌IK-5株のキチン分解システム
    木元 久、藤原章洋、石田瑠美、伊藤貴文、日竎隆雄、藤井 豊、田中幸枝、鈴木史子、武藤 明、草桶秀夫
    2015年度 酵素補酵素研究 2015年07月 選考有り
  • センダイウイルスV蛋白質によるNLRP3 inflammasome 活性化の阻害
    小松 孝行, 田中 幸枝, 北川 善紀, 山口 まゆ, 小出 直樹, 内記 良一, 後藤 敏, 横地 高志
    第62回日本ウイルス学会学術集会 2014年11月 選考有り 日本ウイルス学会
  • BIM ELは急性前骨髄性白血病細胞においてbuthionine sulfoximine併用により増強される亜ヒ酸のアポトーシス誘導に重要なエフェクターである
    田中 幸枝, 小松 孝行, 重見 博子, 藤井 豊
    第87回 日本生化学会大会 2014年10月 選考有り 0
  • 2011年石川県内における高田型トノサマガエルの生息確認
    川内一憲, 藤井 豊, 田中幸枝
    第15回両生類フォ-ラム 2013年12月 選考無し 0
  • 福井大学のCOCの取組み「福井のカニ殻伝承農法の啓蒙と希少野生生物の保護増殖活動による里地里山学の推進と人材育成」
    藤井 豊【COCコア教員】, 川内 一憲, 田中 幸枝【COCアクティブ教員】, 長谷川 巌, 木元 久, 淺原 雅浩【COCアクティブ教員】, 川井 昌之【COCアクティブ教員】, 百崎 孝男, 田中 俊之, 小鍛治 優
    福井陸水生物研究会 2013年12月 選考無し 福井陸水生物研究会
  • Identification of proteins with different expression profiles related to Nasal Polyps in Aspirin Intorelant Asthma(AIA) using MALDI-TOF/MS
    Yukie Tanaka, Dai Susuki, Shigeharu Fujieda, Yutaka Fujii
    19th International Mass Spectrometry Conference 2012年09月 選考有り 0
  • ソケット式分子模型教材の活用
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛治 優, 淺原 雅浩, 上田 昌範
    日本理科教育学会第62回全国大会 2012年08月 選考無し 日本理科教育学会
  • Proteomics analysis of nasal polyps from patients with apirin intolerant asthma (AIA)
    S.Fujieda, D.Susuki, Y.Tanaka, T.Tsukidate, S.Haruna, T.Yamada
    Collegium oto-rhino-laryngologicum micitiae sacrum 2012年08月 選考有り 0
  • Proteomics analysis of nasal polyps in aspirin intolerant asthma (AIA) and chronic rhinosinusitis (CSR)
    D.Susuki, Y.Tanaka, Y.Ito, T.Yamada, N.Nomi, S.Kodama, M.Suzuki, T.Tsukidate, S.Haruna, S.Fujieda
    The 14th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery 2012年04月 選考有り 0
  • アスピリン不耐症と慢性副鼻腔炎における鼻茸の相違
    鈴木 弟, 田中 幸枝, 月舘 利治, 伊藤 有未, 能美 希, 児玉 悟, 鈴木 正志, 山田 武千代, 出原 賢治, 春名 眞一, 藤枝 重治
    第50回日本鼻科学会学術講演会 2011年12月 選考有り 0
  • ヒト前立腺癌細胞におけるNF-κB阻害剤パルテノライドによる温熱増感効果とMAPK cascade 経由 apoptosis 誘導又は cell-cycle arrest
    林 幸子, 畑下 昌範, 田中 幸枝
    日本放射線影響学会 第54回大会 2011年11月 選考有り 0
  • 鼻茸組織におけるアスピリン不耐症特異的蛋白の検索
    鈴木 弟, 田中 幸枝, 月舘 利治, 伊藤 有未, 能美 希, 児玉 悟, 鈴木 正志, 山田 武千代, 出原 賢治, 春名 眞一, 藤枝 重治
    アスピリン不耐症・難治性喘息研究会2011 2011年11月 選考有り 0
  • 福井県で捕獲されたカダヤシ(Gambusia affinis)
    藤井 豊, 川内一憲, 田中 幸枝, 小鍛治 優, 百崎 孝男, 牧野 孝雄, 木元 久
    福井陸水生物研究会 2011年11月 選考無し 0
  • アスピリン喘息患者における鼻茸のプロテオーム解析
    田中 幸枝, 鈴木 弟, 藤枝 重治, 藤井 豊
    第36回日本医用マススペクトル学会年会 2011年09月 選考有り 日本医用マススペクトル学会
  • ディンプル・ソケット方式分子模型教材
    藤井 豊, 田中 幸枝, 小鍛治 優(上志比中), 淺原 雅浩, 川井 昌之, 上田 昌範(福井大学発ベンチャー・福井ウルテック)
    日本理科教育学会第61回全国大会 2011年08月 選考無し 日本理科教育学会
  • 新しい分子モデリング手法を取り入れた中学理科教育の展開
    小鍛治 優(上志比中), 石井 恭子, 田中 幸枝, 藤井 豊, 村井 健志(原子力安全システム研究所)
    第61回日本理科教育学会 2011年08月 選考無し 日本理科教育学会
  • 新しい分子モデリング手法を取り入れた中学理科教材の開発
    小鍛冶 優(上志比中), 伊佐 公男(仁愛大), 田中 幸枝, 大田 尚(原子力安全システム研究所), 藤井 豊
    第35回日本科学教育学会 2011年08月 選考無し 日本科学教育学会
  • Enhancement of radiosensitivity by topoisomerase Ⅱ inhibitor, amrubicin and amrubicinol, in human lung adenocarcinoma A549 cells and kinetics of apoptosis and necrosis induction
    S. Hayashi, M. Hatashita, H. Shioura, Y. Tanaka
    14th International Congress of Radiation Research 2011年08月 選考無し 0
  • 眼レンズ種特異的クリスタリンの分子進化と系統進化
    藤井 豊, 田中 幸枝, 木元 久(県大), 百崎 孝男(松島水族館), 川内一憲(福井県両生爬虫類研究会), 小鍛冶優(上志比中), 上田 昌範(福井ウルテック)
    第15回西日本動物園水族館両棲類爬虫類会議 2011年06月 選考無し 0
  • 高田型トノサマガエルのレンズクリスタリンと生物地理学研究
    藤井 豊, 田中 幸枝, 木元 久(県大), 百崎 孝男(松島水族館), 川内一憲(福井県両生爬虫類研究会), 小鍛冶優(上志比中), 上田 昌範(福井ウルテック), 牧野 孝雄(日本の川と山を守る会)
    第15回西日本動物園水族館両棲類爬虫類会議 2011年06月 選考無し 0
  • 分子模型教材の工夫による初等~高等化学教育の改善
    藤井 豊, 田中 幸枝, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 小鍛冶 優(上志比中学校), 上田 昌範(福井ウルテック), 川内 一憲(福井両生爬虫類研), 木元 久(福井県立大)
    第29回日本生化学会北陸支部大会 2011年05月 選考無し 日本生化学会北陸支部会
  • 中学理科・高校化学教育のための新開発ディンプル・ソケット方式分子模型教材
    藤井 豊, 田中 幸枝, 上田 昌範
    中教研福井ブロック理科部会 2011年03月 選考無し 0
  • 亜砒酸による殺細胞効果とミトコンドリアの関与
    浦崎 芳正, 田中 幸枝, 根来 英樹, 岸 愼治, 山内 高弘, 藤井 豊, 上田 孝典
    第73回日本血液学会学術集会 2011年01月 選考有り 0
  • ポインター・ソケット方式分子模型教材を活用した化学教育
    藤井 豊, 田中 幸枝, 淺原 雅浩, 川井 昌之, 小鍛冶 優(上志比中学校), 上田 昌範(福井ウルテック), 川内 一憲(福井両生爬虫類研), 木元 久(福井県立大)
    第83回日本生化学会大会 2010年12月 選考無し 日本生化学会
  • 鼻茸の病態・最近の知見からー当科での検討を中心にー
    鈴木 弟, 田中 幸枝, 月舘 利治, 伊藤 有未, 能美 希, 児玉 悟, 鈴木 正志, 山田 武千代, 出原 賢治, 春名 眞一, 藤枝 重治
    アスピリン不耐症・難治性喘息研究会2010 2010年11月 選考有り 0
  • アスピリン喘息における鼻茸のプロテオーム解析
    鈴木 弟, 田中 幸枝, 月舘 利治, 坂下 雅文, 山本 英之, 山田 武千代, 春名 眞一, 藤枝 重治
    第49回日本鼻科学会総会・学術講演会 2010年08月 選考有り 0
  • 細菌由来細胞壁結合型キチナーゼ遺伝子のin silicoクローニングと大腸菌での発現
    杉本 郁美, 小林 正利, 岩崎 行玄, 田中 幸枝, 藤井 豊, 武藤 明, 木元 久
    第24回キチン・キトサンシンポジウム 2010年07月 選考有り 0
  • アスピリン喘息および非喘息における鼻茸中蛋白発現の違い
    鈴木 弟, 田中 幸枝, 月舘 利治, 扇 和弘, 伊藤 有未, 山田 武千代, 春名 眞一, 藤枝 重治
    第111回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2010年05月 選考有り 0
  • Paenibacillus sp. FPU-7株が産生する2つの触媒ドメインを持つキチナーゼの生化学的性質
    杉本 郁美, 小林 正利, 岩崎 行玄, 田中 幸枝, 藤井 豊, 武藤 明, 木元 久
    日本農芸化学会2009年度大会 2010年03月 選考有り 日本農芸化学会
  • 中学理科教育のための新開発ソケット方式分子模型教材
    藤井 豊, 田中 幸枝, 上田 昌範
    中教研福井ブロック理科部会 2010年03月 選考無し 0
  • 福井県におけるカエルツボカビのモニタリング調査と今後の対応
    藤井 豊, 田中 幸枝, 木元 久(県大), 川内一憲(福井県両生爬虫類研究会), 百崎 孝男(松島水族館), 小鍛冶優(上志比中), 牧野 孝雄(NPO日本の川と山を守る会)
    福井陸水生物研究会 2010年01月 選考無し 0
  • 脊椎無脊椎動物における眼の水晶体構造タンパク質種特異的クリスタリンの分子進化
    藤井 豊, 田中 幸枝, 木元 久(県大), 川内一憲(福井県両生爬虫類研究会), 百崎 孝男(松島水族館), 小鍛冶優(上志比中)
    福井陸水生物研究会 2010年01月 選考無し 0
  • アカメアマガエル水晶体クリスタリンの性質
    藤井 豊, 田中幸枝, 木元 久, 川内一憲
    日本爬虫両生類学会 2009年11月 選考無し 0
  • オワンクラゲを使ったエネルギー学習教材の開発~SPPの取り組みから~
    田中 幸枝, 川内 一憲, 稲木 明浩, 池口 新一郎, 藤井 豊, 小鍛冶 優
    エネルギー学会 2009年08月 選考無し 0
  • Proteomic analysis of papillary thyroid carcinoma to identify cancer biomarkers
    C.Sugimoto, Y.Kimura, D.Susuki, S.Kubo, Y.Tanaka, S.Matsukawa, S.Fujieda
    World Congress on Thyroid Cancer 2009年08月 選考有り 0
  • 大麻のプロテオーム解析の試み
    松村 繁樹, 田中 幸枝
    日本法中毒学会第28回年会 2009年06月 選考有り 日本法中毒学会
  • Proteomic analysis of human CD38/ADP ribosyl cyclase-binding proteins.
    M. HASHII, S. MATSUKAWA, Yukie Tanaka, Y. HIGUCHI, T. TORASHIMA, H. HIGASHIDA
    NEUROSCIENCE 2009 2009年01月 選考有り 0
  • 同位体標識化合物を用いるタンパクの発現差解析-質量数のより大きな同位体化合物の導入効果
    松川 茂, 田中 幸枝, 岸本 由香
    BMB2008 第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会 合同大会 2008年12月 選考有り 日本分子生物学会、日本生化学会
  • Short-chain 3-hydroxyacyl-CoA dehydrogenase (SCHAD) deficiency and newborn screening by tandem mass spectrometry
    Y. Shigematsu, I. Hata, Y. Tanaka, K. Shichijo, T. Umemoto, T. Nakatsu, T. Yoshida, E. Naito
    The 2008 annual symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism 2008年09月 選考有り the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism
  • 頭頸部癌における抗癌剤感受性制御のための癌細胞プロテオームの解析
    杉本 千鶴, 木村 有一, 窪 誠太, 田中 幸枝, 松川 茂, 藤枝 重治
    第32回日本頭頸部癌学会 2008年06月 選考有り 0
  • 甲状腺乳頭癌と甲状腺濾胞腺腫におけるプロテオーム解析と同定タンパク質の検討
    木村 有一, 杉本 千鶴, 窪 誠太, 田中 幸枝, 松川 茂, 藤枝 重治
    第32回 日本頭頸部癌学会 2008年06月 選考有り 0
  • 頭頸部癌におけるPaclitaxel誘導性細胞死に関与するプロテオームの解析
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 松川 茂, 窪 誠太, 木村 有一, 藤枝 重治
    第67回日本癌学会学術総会 2008年01月 選考有り 0
  • Proteomic analysis of papillary thyroid carcinoma tissues and benign follicular adenoma tissues.
    Y.Kimura, C.Sugimoto, S.Kubo, Y.Tanaka, S.Matsukawa, S.Fujieda
    第67回日本癌学会学術総会 2008年01月 選考有り 0
  • 蛍光DIGE法を用いた熱ショックによる細胞内蛋白の局在変動解析
    田中 幸枝, 岸本 由香, 山本 淳子, 松川 茂
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会 2007年12月 選考有り 0
  • 新規同位体標識化合物を用いた蛋白質の網羅的発現差解析
    松川 茂, 佐々 美里, 田中 幸枝, 甲田 公良, 吉岡 信二
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会 2007年12月 選考有り 0
  • Proteomic characterization of lens epithelial cells in mice null for the antioxidant protein, Peroxiredoxin 6
    E.Kubo, N. Hasanova, Y.Tanaka, Fatma Nigar, Dhirendra P Singh, Y.Akagi
    US-Japan Cooperative Cataract Research Group Meeting 2007 2007年12月 選考有り
  • Carnitine-palmitoyltransferase (CPT) II欠損症/translocase欠損症の濾紙血中長鎖アシルカルニチン濃度の検討
    重松 陽介, 畑 郁江, 田中 幸枝
    第49回日本先天代謝異常学会 2007年11月 選考無し
  • MS/MSスクリーニングにおける精密検査から診断確定への問題点
    重松 陽介, 畑 郁江, 田中 幸枝
    第32回日本医用マススペクトル学会 2007年09月 選考無し
  • 蛍光DIGE解析法によるタンパク質の細胞内局在変動解析
    田中 幸枝, 岸本 由香, 山本 淳子, 松川 茂
    日本ヒトプロテオーム機構第5回大会 2007年07月 選考有り 0
  • 3種以上の試料間の網羅的発現差解析を可能にする新規同位体標識化合物の開発
    松川 茂, 佐々 美里, 田中 幸枝, 甲田 公良, 吉岡 信二
    日本ヒトプロテオーム機構第5回大会 2007年07月 選考有り 0
  • 甲状腺癌のプロテオーム解析と同定タンパク質の機能についての検討
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 窪 誠太, 木村 有一, 松川 茂, 藤枝 重治
    第31回日本頭頸部癌学会 2007年06月 選考有り
  • 抗癌剤耐性機序解明を目的とした癌細胞プロテオームの解析
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 松川 茂, 窪 誠太, 木村 有一, 岡本 昌之, 呉 明美, 藤枝 重治
    第25回 北陸頭頸部腫瘍研究会 2007年04月 選考有り
  • ~抗癌剤耐性機序解明へのアプローチ~癌細胞プロテオームの解析
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 松川 茂, 窪 誠太, 木村 有一, 藤枝 重治
    第40回制癌剤適応研究会 2007年02月 選考有り
  • 頭頸部癌における抗癌剤感受性に関与する癌細胞プロテオームの解析
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 松川 茂, 窪 誠太, 木村 有一, 藤枝 重治
    第66回 日本癌学会学術総会 2007年01月 選考有り
  • 甲状腺癌のプロテオーム解析
    杉本 千鶴, 田中 幸枝, 松川 茂, 窪 誠太, 都築 秀明, 藤枝 重治
    第65回日本癌学会学術総会 2006年09月 選考有り
  • Newborn screening pilot study for citrin deficiency: no abnormal amino acid profiles in some newborn patients
    Y.Shigematsu, I.Hata, M.Mayumi, Y.Tanaka, K.Kobayashi, T.Saheki
    The 10th International Congress of Inborn Errors of Metabolism 2006年09月 選考有り
  • Isovalerylglycine measurement in dried blood spots by tandem mass spectrometry for newborn screening of isovaleric acidemia
    Y.Shigematsu, I.Hata, Y.Tanaka
    The 6th Meeting of the International Society for Neonatal Screening 2006年09月 選考有り the International Society for Neonatal Screening
  • ESI-MS/MSによる濾紙血中isovalerylglycineの定量とイソ吉草酸血症の新生児マス・スクリーニング
    重松 陽介, 畑 郁江, 田中幸枝
    第31回日本医用マススペクトル学会 2006年09月 選考有り
  • Newborn screening for citrin deficiency: No abnormal amino acid profile in some patients during newborn period
    Y.Shigematsu, I.Hata, M.Mayumi, Y.Tanaka, K.Kobayashi, T.Saheki
    The 6th Meeting of the International Society for Neonatal Screening 2006年09月 選考有り the International Society for Neonatal Screening

特許

  • 特許5008010:分子模型
    藤井豊,田中幸枝,
    特願2009-280088
    特番5008010

受賞

  •  福井大学 学長奨励賞2014年03月
  •  主催:日本化学連合、共催:化学工業日報社、協賛:JST科学技術振興機構、後援:文部科学省、経済産業省、世界化学年日本委員会、全国都道府県教育委員会連合会、科学新聞社、経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社 世界化学年記念 化学コミュニケーション賞審査員特別賞2011年01月
    分子模型教材による化学コミュニケーションの推進

科学研究費補助金

  • パラミクソウイルスV蛋白質のインフラマソーム抑制は病原体発現に重要か?基盤研究(C)
    代表者:小松孝行 2017年度
  • 水晶体クリスタリンプロテオーム(クリスタローム)解析による新しい生物分類学の展開基盤研究(C)
    代表者:田中 幸枝 2016年度
  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生制御の意義基盤研究(C)
    代表者:酒巻 一平 2016年度
  • 水晶体クリスタリンプロテオーム(クリスタローム)解析による新しい生物分類学の展開基盤研究(C)
    代表者:田中 幸枝 2015年度
  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生抑制の意義基盤研究(C)
    代表者:酒巻 一平 2015年度
  • 新しい原子・分子模型教材で拓く理科エネルギー環境教育の推進基盤研究(C)
    代表者:藤井 豊 2015年度
  • 水晶体クリスタリンプロテオーム(クリスタローム)解析による新しい生物分類学の展開基盤研究(C)(一般)
    代表者:田中 幸枝 2014年度
  • 新しい原子・分子模型教材で拓く理科エネルギー環境教育の推進基盤研究(C)(一般)
    代表者:藤井 豊 2014年度
  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生抑制の意義基盤研究(C)(一般)
    代表者:酒巻 一平 2014年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:田中 幸枝 2013年度
  • 新しい原子・分子模型教材で拓く理科エネルギー環境教育の推進基盤研究(C)(一般)
    代表者:藤井 豊 2013年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:田中 幸枝 2012年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:田中 幸枝 2011年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    代表者:藤井 豊 2010年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    代表者:藤井 豊 2009年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 平成25年度 「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)
    代表者:藤井 豊,淺原 雅浩,川井 昌之,田中 幸枝,

プロジェクト活動

  • 国・自治体・県内大学・NPO等と連携した持続可能な里地里山の構築と生物多様性保全および人材育成
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:藤井 豊,保科 英人,田中 幸枝
  • ひらめき☆ときめき サイエンス ~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI HT29159
    研究期間:2017年08月 - 2017年08月  代表者:藤井 豊,田中 幸枝,長谷川 一浩,内木 宏延,岩井 善郎
    君のお気に入りの分子の模型を作って学ぼう!-ミクロな物質の世界-
  • ひらめき☆ときめき サイエンス ~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI HT28156
    研究期間:2016年08月 - 2016年08月  代表者:藤井 豊,田中 幸枝,内木 宏延,長谷川 一浩,清野 泰,柄谷 和宏,岸本 由香,吉村 龍明
    タンパク質って何だろう?大腸菌から作ってみよう。ミクロな分子の世界にようこそ!
  • 環境省・福井県・自治体・NPO等と連携した希少野生生物保護増殖推進モデルの確立と人材育成
    :補助金
    研究期間:2015年04月 - 2016年03月  代表者:藤井 豊,保科 英人,田中 幸枝
  • 国・自治体・地域と連携した希少野生生物保全里地里山学の推進と自然と調和した地域産業の活性化
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:藤井 豊,保科 英人,田中 幸枝
  • 保全に向けた環境省絶滅危惧種ⅠA(CR)アベサンショウウオの系統進化の解明と病原性カエルツボカビのモニターリング調査
    研究期間:2010年04月 - 2011年03月  代表者:藤井 豊,木元 久,田中 幸枝,川内 一憲,小鍛冶 優,牧野 孝雄,
  • 迅速な大麻種子鑑定法の確立と簡易検出キットの開発
    研究期間:2010年04月 - 2011年03月  代表者:田中 幸枝,松村 繁樹,吉岡 俊人,藤井 豊,
  • 迅速な大麻種子鑑定法の確立と簡易検出キットの開発
    研究期間:2009年07月 - 2010年03月  代表者:田中 幸枝,松村 繁樹,吉岡 俊人,藤井 豊,
  • 保全に向けた環境省絶滅危惧種ⅠA(CR)アベサンショウウオの系統進化の解明と病原性カエルツボカビのモニターリング調査
    研究期間:2009年07月 - 2010年03月  代表者:田中 幸枝,木元 久,川内 一憲,藤井 豊,小鍛冶 優,牧野 孝雄,
  • ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI HT21094
    研究期間:2009年06月 - 2009年08月  代表者:藤井 豊,田村 圭介,伊佐 公男,淺原 雅浩,川井 昌之,田中 幸枝,
    作って学ぶ不思議な分子の世界-分子模型でホタル・オワンクラゲの発光モデルの製作-
  • 化学教育に向けたポインター方式分子模型教材の活用術研修(KD091097)
    研究期間:2009年06月 - 2009年12月  代表者:藤井 豊,田中 幸枝,三竹 直樹,小鍛冶 優,
    SPP教員研修
  • 食にまつわる化学物質のミクロな構造と機能―その美しくまた怖い分子世界の理解増進-
    研究期間:2009年06月 - 2009年12月  代表者:藤井 豊,田中 幸枝,
    科学技術理解増進

その他

  •  H25年度COC事業「福井のカニ殻伝承農法の啓蒙と希少野生生物の保護増殖活動による里地里山学の推進と人材育成」
    希少野生生物生息調査および保全活動

教育活動情報

担当授業

  • 生体物質の代謝
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学(化学)
  • 看護学のための生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学(化学)
  • 看護学のための生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学(化学)
  • 看護学のための生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学(化学)
  • 看護学のための生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 入門テュートリアル
  • 生命基礎科学(化学)
  • 看護学のための生命基礎科学実験(化学)
  • 総合教養ゼミナール
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学(化学)
  • 生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 入門テュートリアル
  • テュートリアル1
  • 生命基礎科学実験(化学)
  • 医科学基礎実習
  • 生命基礎科学実験(化学)
  • 総合教養ゼミナール

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 安価な模型で分子学習 日本化学連合「コミュニケーション賞」2011年10月 県民福井、中日
  • 命を学ぶ科学合宿 小中生38人 福井大で多様実験2009年08月 福井新聞,県民福井
  • 生物の発光 驚きと感動 福井大でサマーキャンプ2009年08月 日刊県民福井
  • 命を学ぶ科学合宿 小中生38人 福井大で多様実験2009年08月 福井新聞