中本 安成

所属部署名病態制御医学講座 内科学(2)
教員組織病態制御医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/06/17 13:28

研究者基本情報

氏名

    中本 安成
    ナカモト ヤスナリ
    NAKAMOTO Yasunari

所属

  •  病態制御医学講座 内科学(2) 教授

学歴

  • - 1993年金沢大学 内科学
  • - 1989年金沢大学 医学科

所属学協会

    第235回日本内科学会北陸地方会 その他,日本医療研究開発機構(AMED) その他,福井臨床薬理を考える会 その他,日本消化器病学会(肝臓) 学術研究助成金選考委員会 その他,GUT日本語版Vol.7,No.3 編集委員,第101回日本消化器病学会総会 その他,第25回アジア太平洋肝臓病学会議年次総会(APASL2016) その他,第19回日本肝臓学会大会 その他,第102回日本消化器病学会総会 その他,第226回日本内科学会北陸地方会 その他,日本消化器免疫学会 その他,日本免疫治療学研究会 理事,日本消化器病学会 利益相反委員会 その他,日本消化器病学会 卒後教育委員会 理事,日本消化器病学会 専門医制度審議委員会 その他,日本消化器病学会 社会保険審議委員会 その他,日本消化器病学会 理事,日本肝臓学会 生涯教育委員会 その他,日本消化器内視鏡学会 評議員,日本消化器病学会 社会および学術貢献の評価・改善委員会 その他,日本消化器病学会 利益相反委員会 その他,日本消化器病学会(北陸) 専門医制度審議委員会 その他,北陸臨床研究推進機構共同倫理審査小委員会 その他,日本肝臓学会 治験支援委員会 その他,日本肝臓学会 欧文誌編集委員会 編集委員,日本肝臓学会 市民公開講座企画検討委員会 その他,日本消化器病学会 専門医制度審議委員会 その他,日本消化器病学会(肝臓) 学術研究助成金選考委員会 その他,消化器病リーダーズフォーラムFUKUI(福井消化器病フォーラム) その他,季刊誌「分子消化器病」 編集委員,福井消化器治療フォーラム その他,日本内科学会北陸支部 その他,Fukui Gastroenterological Frontier 研究会 その他,肝免疫フォーラム その他,がんワクチン療法研究会 その他,十全同窓会福井県支部 その他,肝臓フォーラム(西部) その他,感染症フォーラム その他,金沢大学十全医学会 評議員,肝免疫・ウイルス・フロンティア(Liver) その他,日本消化器内視鏡学会 評議員,みなとまちフォーラム その他,日本医学会 その他,日本カプセル内視鏡学会 代議員,日本肝癌研究会 その他,日本消化器免疫学会 評議員,日本内科学会 評議員,日本肝臓学会 評議員,日本肝臓学会 評議員,日本消化器病学会 評議員,日本内科学会 評議員,日本消化器内視鏡学会 評議員,日本消化器病学会 評議員,

研究活動情報

論文

  • Long-Term Endoscopic Follow-Up of Patients with Chronic Radiation Proctopathy after Brachytherapy for Prostate Cancer
    Diagn Ther Endosc 7 2016年 査読有り
  • スモン患者の認知機能評価
    濱野 忠則, 中嶋 久栄, 星野 友佳, 遠藤 芳徳, 林 高平, 林 浩嗣, 山村 修, 濱野 忠則, 中嶋 久栄, 星野 友佳, 遠藤 芳徳, 林 高平, 林 浩嗣, 山村 修, 中本 安成
    平成27年度総括・分担研究報告書(スモンに関する調査研究 171-173 2016年03月 査読有り
  • Muscle MRI of the Upper Extremity in the Myotonic Dystrophy Type 1
    K.Hayashi, T.Hamano, Y.Kawamura, H.Kimura, A.Matsunaga, M.Ikawa, O.Yamamura, T.Mutoh, I.Higuchi, M.Kuriyama, Y.Nakamoto
    Eur Neurol 76(1-2) 87-94 2016年08月 査読有り
  • Pioglitazone prevents tau oligomerization
    T.Hamano, N.Shirafuji, C.Makino, S.Yen, N.Kanaan, A.Ueno, J.Suzuki, M.Ikawa, A.Matsunaga, O.Yamamura, M.Kuriyama, Y.Nakamoto
    Biochem Biophys Res Commun 478(3) 1035-1042 2016年09月 査読有り
  • Increased oxidative stress is related to disease severity in the ALS motor cortex: A PET study
    M.Ikawa, H.Okazawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, O.Yamamura, T.Mori, T.Hamano, Y,Kiyono, Y.Nakamoto, M.Yoneda
    Neurology 84(20) 2033-2039 2015年05月 査読有り
  • 福井大学医学部附属病院でのIBD治療
    中本 安成, 平松 活志
    CCJAPAN vol.93(93) 4-5 2016年08月 査読有り
  • Pituitary metastasis of hepatocellular carcinoma presenting with panhypopituitarism: a case report 
    T.Tanaka, K.Hiramatsu, T.Nosaka, Y.Saito, T.Naito, K.Takahashi, K.Ofuji, H.Matsuda, M.Ohtani, T.Nemoto, H.Suto, T.Yamamoto, H.Kimura, Y.Nakamoto 
    BMC Cancer 15 863-863 2015年11月 査読有り
    Y.Nakamoto
  • Ruptured hepatic metastases of cutaneous melanoma during treatment with vemurafenib: an autopsy case report 
    T.Nosaka, K.Hiramatsu, T.Nemoto, Y.Saito, Y.Ozaki, K.Takahashi, T.Naito, K.Ofuji, H.Matsuda, M.Ohtani, H.Suto, Y.Imamura, Y.Nakamoto
    BMC Clin Pathol 15 15-15 2015年09月 査読有り
  • Preoperative diagnosis of cavernous hemangioma presenting with melena using wireless capsule endoscopy of the small intestine 
    Y.Akazawa, K.Hiramatsu, T.Nosaka, Y.Saito, Y.Ozaki, K.Takahashi, T.Naito, K.Ofuji, H.Matsuda, M.Ohtani, T.Nakamoto, H.Suto, A.Yamaguchi, Y.Imamura, Y.Nakamoto 
    Endosc Int Open 4(3) E249-E251 2016年03月 査読有り
    Y.Nakamoto
  • A peptide antigen derived from EGFR T790M is immunogenic in non‑small cell lung cancer
    K.Ofuji, Y.Tada, T.Yoshikawa, M.Shimomura, M.Yoshimura, K.Saito, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    Int J Oncol 46(2) 497-504 2015年02月 査読有り
    Y.Nakamoto
  • <特別寄稿>自己免疫性肝炎(AIH)の診療ガイドライン(2013 年) 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班
    恩地 森一, 銭谷 幹男, 山本 和秀, 大平 弘正, 青栁 豊, 海老沼 浩利, 鈴木 義之, 中本 安成, 森實 敏夫, 吉澤 要, 渡部 則彦, 阿部 雅則, 玄田 拓哉, 十河 剛, 高橋 敦史, 高橋 宏樹, 根本 朋幸, 藤澤 知雄, 三宅 康広, 山際 訓, 坪内 博仁
    肝臓 56(5) 217-266 2015年05月 査読無し
  • Effect of green tea catechins on gastric mucosal dysplasia in insulin-gastrin mice
    T.Ohno,M.Ohtani,H.Suto,M.Ohta,Y.Imamura,H.Matsuda,K.Hiramatsu,T.Nemoto,Y.Nakamoto
    Oncol Rep 35(6) 2016年06月 査読有り
    Y.Nakamoto
  • INS-GASマウスを用いたH.pylori感染胃発癌に対する性ホルモンの影響
    大谷 昌弘,須藤 弘之,中本 安成
    日本ヘリコバクター学会誌 17(2) 54-59 2016年01月 査読無し
  • Fighting a cold, fighting a tumour
    Y.Nakamoto
    Scientia INNOVATIONS IN HEALTHCARE 18-20 2015年10月 査読無し
  • High-dose cyclophosphamide induces specific tumor immunity with concomitant recruitment of LAMP1/CD107a-expressing CD4-positive T cells into tumor sites
    T.Naito, T.Baba, K.Takeda, S.Sasaki, Y.Nakamoto, N.Mukaida
    Cancer Lett 366(1) 93-99 2015年09月 査読有り
  • 肝性浮腫治療におけるトルバプタンの位置付け
    中本 安成, 山下 竜也, 砂子阪 肇, 野ツ俣 和夫, 酒井 明人
    Medical Tribune ウェブ版 特別企画 エリア座談会北陸 2015年10月 査読無し
  • 再生医療普及のためのアカデミアにおける取り組み
    中本 安成
    第14回日本再生医療学会総会ランチョンセミナー記録集記事 2015年06月 査読無し
  • 名医は語る「肝臓がん」
    中本 安成
    Koshikai News & Communication HOPE(17) 7-7 2015年07月 査読無し
  • B型肝炎治療は核酸アナログの登場によりどう進歩し,何が課題として残るのか
    根本 朋幸, 中本 安成
    臨床雑誌内科 116(6) 1106-1110 2015年12月 査読無し
  • 抗血栓療法中に出血性ショックをきたした原発性空腸癌の1例
    有塚 敦史, 平松 活志, 大野 崇, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 今村 好章, 中本 安成
    Gastroenterological Endoscopy 57(12) 2653-2659 2015年12月 査読有り
  • 内視鏡的食道拡張術後に発症した脳腫瘍の1例
    高橋 和人, 須藤 弘之, 尾﨑 嘉彦, 内藤 達志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    Gastroenterological Endoscopy 57(12) 2633-2638 2015年12月 査読有り
  • HLA-classII領域SNP迅速解析法の開発
    平松 活志, 中本 安成
    日本臨牀 増刊号 新ウイルス性肝炎学-最新の基礎・臨床研究情報- 73(増刊号9) 133-137 2015年12月 査読無し
  • A peptide antigen derived from EGFR T790M is immunogenic in non?small cell lung cancer
    K.Ofuji, Y.Tada, T.Yoshikawa, M.Shimomura, M.Yoshimura, K.Saito, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    Int J Oncol 46(2) 497-504 2015年02月 査読有り
  • A case of Helicobacter pylori-negative intramucosal well-differentiated gastric adenocarcinoma with intestinal phenotype
    Y.Ozaki, H.Suto, T.Nosaka, Y.Saito, T.Naito, K.Takahashi, K.Ofuji, H.Matsuda, M.Ohtani, K.Hiramatsu, T.Nemoto, Y.Imamura, Y.Nakamoto
    Clin J Gastroenterol 8(1) 18-21 2015年02月 査読有り
  • 自殺遺伝子治療と単球走化性タンパク質-1
    丸川 洋平, 中本 安成, 向田 直史, 金子 周一
    日本臨牀増刊号 最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向- 73(1) 413-417 2015年01月 査読無し
  • Multicenter validation study of anti-programmed cell death-1 antibody as a serological marker for type 1 autoimmune hepatitis
    Y.Miyake, K.Yamamoto, H.Matsushita, M.Abe, A.Takahashi, T.Umemura, A.Tanaka, M.Nakamuta, Y.Nakamoto, Y.Ueno, T.Saibara, H.Takikawa, K.Yoshizawa, H.Ohira, M.Zeniya, M.Onji, H.Tsubouchi
    Hepatol Res 44(13) 1299-1307 2014年12月 査読有り
  • Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging and alpha-fetoprotein predict prognosis of early-stage hepatocellular carcinoma
    T.Yamashita, A.Kitao, O.Matsui, T.Hayashi, K.Nio, M.Kondo, N.Ohno, T.Miyati, H.Okada, T.Yamashita, E.Mizukoshi, M.Honda, Y.Nakanuma, H.Takamura, T.Ohta, Y.Nakamoto, M.Yamamoto, T.Takayama, S.Arii, X.Wang, S.Kaneko
    Hepatology 60(5) 1674-1685 2014年11月 査読有り
  • Comparison of hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib in elderly patients with advanced hepatocellular carcinoma: A case series
    T.Nemoto, H.Matsuda, T.Nosaka, Y.Saito, Y.Ozaki, R.Hayama, T.Naito, K.Takahashi, K.Ofuji, M.Ohtani, K.Hiramatsu, H.Suto, Y.Nakamoto
    Mol Clin Oncol 2(6) 1028-1034 2014年11月 査読有り
  • 肝膿瘍,最近の事情
    松田 秀岳, 中本 安成
    診断と治療 肝臓病診療のアップデート 102(11) 1701-1705 2014年11月 査読無し
  • 放射線療法が著効したHelicobacter pylori除菌治療抵抗性直腸MALTリンパ腫の1例
    内藤 達志, 須藤 弘之, 野阪 拓人, 齊藤 恭志, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 大藤 和也, 大野 崇, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 今村 好章, 中本 安成
    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 30(2) 131-136 2014年11月 査読有り
  • 免疫療法
    中本 安成, 根本 朋幸
    Hepatology Practice第5巻 肝癌の診療を極める 基本から最前線まで 5 328-331 2014年09月 査読無し
  • Efficient generation of highly immunocompetent dendritic cells from peripheral blood of patients with hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma
    M.Kitahara, E.Mizukoshi, Y.Nakamoto, N.Mukaida, K.Matsushima, S.Kaneko
    Int Immunopharmacol 21(2) 346-353 2014年08月 査読有り
  • Pathophysiological decrease in the regional cerebral blood flow in Hashimoto’s encephalopathy: a multiple-case SPECT study
    T.Muramatsu, M.Ikawa, M.Yoneda, K.Sugimoto, A.Matsunaga, O.Yamamura, T. Hamano, H.Okazawa, Y.Nakamoto
    Eur Neurology 72(42006) 13-19 2014年07月 査読有り
  • 11th Single Topic Conference 茶山 一彰 会長に聞く
    八橋 弘, 中本 安成
    肝臓 55(7) 375-377 2014年07月 査読無し
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術で切除し得た表在型食道類基底細胞癌の1例
    野阪 拓人, 須藤 弘之, 松田 秀岳, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 今村 好章, 中本 安成
    日本消化器病学会雑誌 111(6) 1005-1112 2014年06月 査読有り
  • 肝構成細胞と免疫
    根本 朋幸, 中本 安成
    Hepatology Practice第4巻 難治性肝疾患の診療を極める 基本から最前線まで 42227 2014年05月 査読無し
  • B型慢性肝炎を自然発症したモーリシャス島カニクイザルの発見と臨床的意義
    中本 安成
    Frontiers in Gastroenterology 19(2) 46-47 2014年04月 査読無し
  • Helicobacter pylori感染に対する大規模除菌治療の利点:地域住民を対象とした胃癌予防の研究
    須藤 弘之, 中本 安成
    Frontiers in Gastroenterology 19(2) 48-49 2014年04月 査読無し
  • 慢性肝障害による肝発癌モデルにおいてp53は非細胞自立的に腫瘍抑制に働く
    根本 朋幸, 中本 安成
    Frontiers in Gastroenterology 19(2) 50-51 2014年04月 査読無し
  • 潰瘍性大腸炎において,GWASで指摘された遺伝子座を再度ディープシークエンスすると,CARD9,IL23R,RNF186領域の希少変異が疾患と関連していることがわかった
    平松 活志, 中本 安成
    Frontiers in Gastroenterology 19(2) 52-53 2014年04月 査読無し
  • IgG4関連硬化性胆管炎患者胆汁中の増加したTh2サイトカインはタイトジャンクションによる胆管上皮細胞バリアを障害する
    大谷 昌弘, 中本 安成
    Frontiers in Gastroenterology 19(2) 54-55 2014年04月 査読無し
  • In vivo immunological antitumor effect of OK-432-stimulated dendritic cell transfer after radiofrequency ablation
    H.Nakagawa, E.Mizukoshi, N.Iida, T.Terashima, M.Kitahara, Y.Marukawa, K.Kitamura, Y.Nakamoto, K.Hiroishi, M.Imawari, S.Kaneko
    Cancer Immunol Immunother 63(4) 347-356 2014年04月 査読有り
  • 自己免疫性肝炎診療のクリニカル・クエスチョン
    中本 安成, 根本 朋幸
    自己免疫性肝炎(AIH)の診療ガイドライン (厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」坪内班) 40,41,44,49 2014年03月 査読無し
  • アルツハイマー病とホモシステイン
    濱野 忠則, 白藤法道, 栗山 勝, 中本安成
    ビタミン 88(2) 92-96 2014年02月 査読有り
  • Multicenter validation study of anti-programmed cell death-1 antibody as a serological marker for type 1 autoimmune hepatitis
    Y.Miyake, K.Yamamoto, H.Matsushita, M.Abe, A.Takahashi, T.Umemura, A.Tanaka, M.Nakamuta, Y.Nakamoto, Y.Ueno, T.Saibara, H.Takikawa, K.Yoshizawa, H.Ohira, M.Zeniya, M.Onji, H.Tsubouchi; Intractable Hepato-Biliary Disease Study Group of Japan
    Hepatol Res 2014年02月 査読有り
  • 高齢者における低用量アスピリンによる胃粘膜障害
    須藤 弘之, 中本 安成
    消化器内科 58(1) 18-21 2014年01月 査読無し
  • 共同研究者の紹介
    中本 安成
    金沢大学がん進展制御研究所 News Letter 創刊号 8 2014年01月 査読無し
  • 細胞死に基づくがん免疫治療ストラテジー
    中本 安成
    金沢大学十全医学会雑誌 122(4) 119-120 2013年12月 査読無し
  • Detection of preclinically latent hyperperfusion due to stroke-like episodes by arterial spin-labeling perfusion MRI in MELAS patients
    M.Ikawa, M.Yoneda, T.Muramatsu, A.Matsunaga, T.Tsujikawa, T.Yamamoto, N.Kosaka, K.Kinoshita, O.Yamamura, T.Hamano, Y.Nakamoto, H.Kimura
    Mitochondrion 13(6) 676-680 2013年11月 査読有り
  • 第17回日本肝臓学会大会 青栁 豊 会長に聞く
    田中 榮司, 中本 安成
    肝臓 54(8) 523-528 2013年08月 査読無し
  • Increase in CD14+HLA-DR -/low myeloid-derived suppressor cells in hepatocellular carcinoma patients and its impact on prognosis
    F.Arihara, E.Mizukoshi, M.Kitahara, Y.Takata, K.Arai, T.Yamashita, Y.Nakamoto, S.Kaneko
    Cancer Immunol Immunother 62(8) 1421-1430 2013年08月 査読有り
  • Discrete nature of EpCAM+ and CD90+ cancer stem cells in human hepatocellular carcinoma
    T.Yamashita, M.Honda, Y.Nakamoto, M.Baba, K.Nio, Y.Hara, SS.Zeng, T.Hayashi, M.Kondo, H.Takatori, T.Yamashita, E.Mizukoshi, H.Ikeda, Y.Zen, H.Takamura, XW.Wang, S.Kaneko
    Hepatology 57(4) 1484-1497 2013年04月 査読有り
  • Hashimoto’s encephalopathy as a treatable adult-onset cerebellar ataxia mimicking spinocerebellar degeneration
    A.Matsunaga, M.Ikawa, A.Fujii, Y.Nakamoto, M.Kuriyama, M.Yoneda
    Eur. Neurol. 69(1) 14-20 2013年01月 査読有り
  • HBV感染と肝発癌
    中本 安成, 根本 朋幸
    Hepatology Practice第1巻 B型肝炎の診療を極める 基本から最前線まで 174-179 2013年01月 査読無し
  • 治療法別のB型肝炎再活性化の現状
    内藤 達志, 根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    消化器内科 57(5) 619-623 2013年 査読有り
  • TNF-α and Tumor Lysate Promote the Maturation of Dendritic Cells for Immunotherapy for Advanced Malignant Bone and Soft Tissue Tumors
    S.Miwa, H.Nishida, Y.Tanzawa, M.Takata, A.Takeuchi, N.Yamamoto, T.Shirai, K.Hayashi, H.Kimura, K.Igarashi, E.Mizukoshi, Y.Nakamoto, S.Kaneko, H.Tsuchiya
    PLoS One. 7(12) e52926 2012年12月 査読有り
  • Nucleostemin in Injury-Induced Liver Regeneration
    H.Shugo, H.Ooshio, M.Naito, N.Naka, T.Hoshii, Y.Tadokoro, T.Muraguchi, A.Tamase, N.Uema, T.Yamashita, Y.Nakamoto, T.Suda, S.Kaneko, A.Hirao
    Stem Cells Dev. 21(16) 3044-3054 2012年11月 査読有り
  • Discrete nature of EpCAM(+) and CD90(+) cancer stem cells in human hepatocellular carcinoma
    T.Yamashita, M.Honda, Y.Nakamoto, M.Baba, K.Nio, Y.Hara, SS.Zeng, TH.Kondo, H.Takatori, T.Yamashita, E.Mizukoshi, H.Ikeda, Y.Zen, H.Takamura, XW.Wang, S.Kaneko
    Hepatology 57(4) 1484-1497 2012年11月 査読有り
  • 細胞癌に対する細胞移植療法
    中本 安成
    細胞 44(13) 42259 2012年11月 査読有り
  • 癌微小環境と樹状細胞治療
    中本 安成
    Hepatoday(27) 42068 2012年11月 査読有り
  • Guideline on the use of new anticancer drugs for the treatment of Hepatocellular Carcinoma
    S.Kaneko, J.Furuse, M.Kudo, K.Ikeda, M.Honda, Y.Nakamoto, M.Onchi, G.Shiota, O.Yokosuka, I.Sakaida, T.Takehara, Y.Ueno, K.Hiroishi, S.Nishiguchi, H.Moriwaki, K.Yamamoto, M.Sata, S.Obi, S.Miyayama, Y.Imai
    Hepatol. Res. 42(6) 523-542 2012年06月 査読有り
  • Membrane-bound form of monocyte chemoattractant protein-1 enhances antitumor effects of suicide gene therapy in a model of hepatocellular carcinoma
    Y.Marukawa, Y.Nakamoto, K.Kakinoki, T.Tsuchiyama, N.Iida, T.Kagaya, Y.Sakai, M.Naito, M.Mukaida, S.Kaneko
    Cancer Gene Ther. 19(5) 312-319 2012年05月 査読有り
  • EUS-FNAが診断に有用であった肺尖部肺癌の2例
    大谷 昌弘, 山崎 幸直, 大藤 和也, 大野 崇, 松田 秀岳, 松永 心祐, 里見 聡子, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 今村 好章, 中本 安成
    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disesse 28(1) 49-53 2012年05月 査読有り
  • 新たな免疫治療へのロードマップ
    中本 安成
    消化器と免疫 48 43 2012年03月 査読有り
  • Evaluation of systemic redox states in patients carrying the MELAS A3243G mutation in mitochondrial DNA
    M.Ikawa, K.Arakawa, T.Hamano, M.Nagata, Y.Nakamoto, M.Kuriyama, Y.Koga, M.Yoneda
    Eur. Neurol. 67(4) 232-237 2012年03月 査読有り
  • Clinical relevance and sequence analysis of the Helicobacter pylori dupA region from two areas in Japan with different gastric cancer risks
    H.Matsuda, Y.Ito, H.Suto, A.Yamakawa, S.Satomi, M.Ohtani, Y.Yamazaki, Y.Kusaka, Y.Shimabukuro, K.Kikuchi, Y.Keida, T.Azuma, Y.Nakamoto
    Immuno-Gatroenterology 1(2) 127-135 2012年 査読有り
  • ケモカインを分子標的とした治療法の開発「抗がん剤において産出誘導されるケモカインの同定と病態生理学的役割の解析」
    中本 安成
    金沢大学がん進展制御研究所『がんの転移・薬剤耐性に関わる先導的研究拠点』2012年度 137-138 2012年 査読有り
  • 細胞免疫療法
    中本 安成
    先端医療シリーズ42 消化器疾患の最新医療 168-171 2011年12月 査読有り
  • Randomized,Phase Ⅱ Study Comparing Interferon Combined with Hepatic Arterial Infusion of Fluorouracil Alone in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma
    T. Yamashaita, K. Arai, H. Sunagozaka, T. Ueda, T.Terashita, E. Mizukoshi, A. Sakai, Y. Nakamoto, M. Honda, S. Kaneko
    Oncology 81(42130) 281-290 2011年11月 査読有り
  • Frequency of CD45RO+ subset in CD4+CD25high regulatory T cells associated with progression of hepatocellular carcinoma
    Y. Takata, Y. Nakamoto, A. Nakada, T. Terashima, F. Arihara, M. Kitahara, K. Kakinoki, K. Arai, T. Yamashita, Y. Sakai, T. Yamashita, E. Mizukoshi, S. Kaneko
    Cancer Lett 307(2) 165-173 2011年08月 査読有り
  • Malnutrition impairs interferon signaling through mTOR and FoxO pathways in patients with chronic hepatitis C
    M.Honda, K.Takehana, A.Sakai, Y.Tagata, T.Shirasaki, S.Nishitani, T.Muramatsu, T.Yamashita, Y.Nakamoto, E.Mizukoshi, Y.Sakai, T.Yamashita, M.Nakamura, T.Shimakami, M.Yi, SM.Lemon, T.Suzuki, T.Wakita, S.Kaneko
    Gastroenterology 141(1) 128-140 2011年07月 査読有り
  • 肝硬変に伴う門脈圧亢進症における小腸病変の検討
    水野 秀城, 加賀谷 尚史, 大石 尚毅, 鷹取 元, 山下 竜也, 水越 英四郎, 酒井 明人, 中本 安成, 本多 政夫, 金子 周一
    Gastroenterological Endoscopy 53(6) 1600-1608 2011年06月 査読有り
  • 肝がんに対する新規抗がん剤使用に関する指針 2010年度版
    金子周一, 古瀬純司, 工藤正俊, 池田健次, 本多政夫, 中本 安成, 恩地森一, 汐田剛史, 横須賀収, 坂井田功, 竹原徹郎, 上野義之, 寛石和正, 西口修平, 森脇久隆, 山本和秀, 佐田通夫, 小尾俊太郎, 宮山士郎, 今井幸紀
    肝臓 (別刷) 52(8) 532-551 2011年06月 査読有り
  • Malnutrition impairs interferon signaling through mTOR and FoxO pathways in patients with chronic hepatitis C
    M. Honda, K. Takehana, A. SAkai, Y. Tagata, T. Shirasaki, S. Nishitani, T. Muramatsu, T. Yamashita, Y. Nakamoto, E. Mizukoshi, Y. Sakai, T. Yamashita, M. Nakamura, T. Shimakami, M. Yi, SM. Lemon, T. Suzuki, T. Wakita, S. Kaneko
    Gastroenterology 141(1) 128-140 2011年06月 査読有り
  • B型慢性肝炎より肝硬変・肝癌への進展様式
    中本 安成, 金子 周一
    日本臨床 増刊号 69(4) 535-539 2011年05月 査読有り
  • Comparative analysis of various tumor-associated antigen-specific t-cell responses in patients with hepatocellular carcinoma
    E. Mizukoshi, Y. Nakamoto, K. Arai, T. Yamashita, A. SAkai, Y. SAkai, T. Kagaya, T. Yamashita, M. Honda, S. Kaneko
    Hepatology 53(4) 1206-1216 2011年04月 査読有り
  • Malnutrion Impairs Interferon Signaling through mTOR and FoxO pathways in Patients with Chronic Hepatitis C
    M. Honda, K. Takehana, A. Sakai, Y. Tagata, T. Shirasaki, S. Nishitani, T. Muramatsu, T. Yamashita, Y. Nakamoto, Mizukoshi E, Sakai Y, Yamashita T, Nakamura M, Shimakami T, Yi M, Lemon SM, Suzuki T, Wakita T, Kaneko S
    Gastroenterology 2011年03月 査読有り
  • Prolonged recurrence-free survival following OK432-stimulated dendritic cell transfer into hepatocellular carcinoma during transarterial embolization
    Y. Nakamoto, E. Mizukoshi, M. Kitahara, F. Arihara, Y. Sakai, K. Kakinoki, Y. Fujita, Y. Marukawa, K. Arai, T. Yamashita, N. Mukaida, K. Matsushima, O. Matsui, S. Kaneko
    Clin. Exp. Immunol. 163(2) 165-177 2011年02月 査読有り
  • B型・C型肝炎からの発がんとその予防
    中本 安成, 金子 周一
    消化器の臨床 (別刷) 13 687-691 2011年01月 査読有り
  • Randomized, phase II study comparing interferon combined with hepatic arterial infusion of fluorouracil plus cisplatin and fluorouracil alone in patients with advanced hepatocellular carcinoma
    T.Yamashita, K.Arai, H.Sunagozaka, T.Ueda, T.Terashima, T.Yamashita, E.Mizukoshi, A.Sakai, Y.Nakamoto, M.Honda, S.Kaneko
    Oncology 81(42130) 281-290 2011年 査読有り
  • Prevention of intrahepatic metastasis of liver cancer by suicide gene therapy and chemokine ligand 2/monocyte chemoattractant protein-1 delivery in mice
    K.Kakinoki, Y.Nakamoto, T.Kagaya, T.Tsuchiyama, Y.Sakai, T.Nakahama, N.Mukaida, S.Kaneko
    J Gene Med 12(12) 1002-1013 2010年12月 査読有り
  • Differential gene expression profiling in blood from patients with digestive system cancers
    M.Honda, Y.Sakai, T.Yamashita, T.Yamashita, A.Sakai, E.Mizukoshi, Y.Nakamoto, I.Tatsumi, Y.Miyazaki, H.Tanno, S.Kaneko
    Biochem Biophys Res Commun 400(1) 42200 2010年09月 査読有り
  • Hepatic ISG expression is associated with genetic variation in interleukin 28B and the outcome of IFN therapy for chronic hepatitis C
    M.Honda, A.Sakai, T.Yamashita, Y.Nakamoto, E.Mizukoshi, Y.Sakai, T.Yamashita, M.Nakamura, T.Shirasaki, K.Horimoto, Y.Tanaka, K.Tokunaga, M.Mizokami, S.Kaneko
    Gastroenterology 139(2) 499-509 2010年08月 査読有り
  • Antitumor effect after radiofrequency ablation of murine hepatoma is augmented by an active variant of CC Chemokine ligand 3/macrophage inflammatory protein-1alpha
    N.Iida, Y.Nakamoto, T.Baba, H.Nakagawa, E.Mizukoshi, M.Naito, N.Mukaida, S.Kaneko
    Cancer Res 70(16) 6556-6565 2010年08月 査読有り
  • Oncostatin m renders epithelial cell adhesion molecule-positive liver cancer stem cells sensitive to 5-Fluorouracil by inducing hepatocytic differentiation
    T.Yamashita, M.Honda, K.Nio, Y.Nakamoto, T.Yamashita, H.Takamura, T.Tani, Y.Zen, S.Kaneko
    Cancer Res 70(11) 4687-4697 2010年06月 査読有り
  • Combined therapy of transcatheter hepatic arterial embolization with intratumoral dendritic cell infusion for hepatocellular carcinoma; clinical safety
    中本 安成
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY 147(2) 296-305 2007年
  • Cytotoxic T cell responses to human telomerase reverse transcriptase in patients with hepatocellular carcinoma
    中本 安成
    HEPATOLOGY 43(6) 1284-1294 2006年
  • Interferon-g-mediated hepatocarcinogenesis in mice treated with diethylnitrosamine
    中本 安成
    LABORATORY INVESTIGATION 85(5) 655-663 2005年
  • Different procarcinogenic potentials of lymphocyte subsets in a transgenic mouse model of chronic hepatitis B
    中本 安成
    CANCER RESEARCH 64(9) 3326-3333 2004年
  • Potential interaction between CCR1 and its ligand, CCL3, induced by endogenously produced interleukin-1, in human hepatomas
    中本 安成
    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 162(4) 1249-1258 2003年
  • Synergistic antiviral effect of a combination of mouse interferon-alpha and interferon-gamma on mouse hepatitis virus
    中本 安成
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 69(2) 188-194 2003年
  • Enhanced antitumor effects of a bicistronic adenovirus vector expressing both herpes simplex virus thymidine kinase and monocyte chemoattractant protein-1
    中本 安成
    CANCER GENE THERAPY 10(4) 260-269 2003年
  • Synergistic antiviral effect of a combination of mouse interferon-alpha and interferon-gamma on mouse hepatitis virus
    中本 安成
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 69(2) 188-194 2003年
  • Analysis of the CD8-positive T cell response in Japanese patients with chronic hepatitis C using HLA-A*2402 peptide tetramers
    中本 安成
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 70(1) 51-61 2003年
  • Prevention of hepatocellular carcinoma development associated with chronic hepatitis by anti-fas ligand antibody therapy
    中本 安成
    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 196(8) 1105-1111 2002年
  • Increased susceptibility to apoptosis and attenuated Bcl-2 expression in T lymphocytes and monocytes from patients with advanced chronic hepatitis C
    中本 安成
    JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY 72(1) 49-55 2002年
  • Pathogenic roles of tumor necrosis factor receptor p55-mediated signals in dimethylnitrosamine-induced murine liver fibrosis
    中本 安成
    LABORATORY INVESTIGATION 82(5) 571-583 2002年
  • Role of Fas ligand in immune pathogenesis of hepatocellular carcinoma
    中本 安成
    Frontiers in Hepatol. 73-80 2002年
  • Enhanced anti-tumor effects of herpes simplex virus thymidine kinase / ganciclovir system by codelivering monocyte chemoattractant protein-1
    中本 安成
    CANCER GENE THERAPY 8(10) 695-704 2001年
  • Monocyte-dependent cell death of T lymphocyte subsets in chronic hepatitis C
    中本 安成
    IMMUNOLOGY LETTERS 78(3) 169-174 2001年
  • Inhibition of peripheral blood lymphocyte apoptosis by soluble Fas ligand in patients with hepatocellular carcinoma
    中本 安成
    ONCOLOGY REPORTS 6(4) 733-739 1999年
  • Immune pathogenesis of hepatocellular carcinoma
    中本 安成
    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 188(2) 341-350 1998年
  • Delineation of regions important for heteromeric association of hepatitis C virus E1 and E2
    中本 安成
    VIROLOGY 231(1) 119-129 1997年
  • Differential target cell sensitivity in cytotoxic T lymphocyte-activated death pathway
    中本 安成
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 158(12) 5692-5697 1997年
  • B-cell epitopes in hypervariable region 1 of hepatitis C virus obtained from patients with chronic persistent hepatitis
    中本 安成
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 50(1) 35-41 1996年
  • Detection of the putative E2 protein of hepatitis C virus in human liver
    中本 安成
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 42(4) 374-379 1994年
  • 分子予防医学
    中本 安成
    医学書院
  • The prognosis of hepatitis B inactive carriers in Japan: a multicenter prospective study.
    T.Taida,M.Arai,T.Kanda,S.Hige,Y.Ueno,F.Imazeki,N.Izumi,E.Tanaka,N.Shinkai,K.Yoshioka,Y.Nakamoto,S.Nishiguchi,M.Tsuge,M.Abe,M.Sata,H.Yatsuhashi,A.Ido,K.Kita,R.Azemoto,Y.Kitsukawa,N.Goto,O.Yokosuka
    J Gastroenterol 52(1) 113-122 2017年01月 査読有り
  • Limbic encephalitis associated with anti-NH2-terminal of α-enolase antibodies: A clinical subtype of Hashimoto encephalopathy.
    T.Kishitani,A.Matsunaga,M.Ikawa,K.Hayashi,O.Yamamura,T.Hamano,O.Watanabe,K.Tanaka,Y.Nakamoto,M.Yoneda
    Medicine (Baltimore) 96(10) 2017年03月 査読有り
  • Promising new strategies for hepatocellular carcinoma.
    Y.Nakamoto
    Hepatol Res 47(4) 251-265 2017年03月 査読無し
  • 慢性ウイルス性肝炎におけるストレインエラストグラフィを用いた肝線維化評価法の有用性 用手的加圧による組織ドプラ法による検討
    前田 文江, 根本 朋幸, 齋藤 清隆, 橋本 儀一, 大竹 由香, 津田 裕美子, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 浜田 敏彦, 岩野 正之, 中本 安成, 木村 秀樹
    臨床病理 64(5) 497-505 2016年05月 査読有り
  • 経直腸的EUS-FNAが診断に有用であった肺腺癌多発転移の1例
    齊藤 恭志, 大谷 昌弘, 高橋 和人, 内藤 達志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 今村 好章, 中本 安成
    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 32(2) 113-118 2016年11月 査読有り
  • 皮膚筋炎に合併した二次性Sjoegren症候群に発症した蛋白漏出性胃腸炎の1例
    大藤 和也, 大谷 昌弘, 松田 秀岳, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 大城 忠和, 今村 好章, 中本 安成
    Gastroenterological Endoscopy 58(12) 2405-2411 2016年12月 査読有り
  • 外傷性十二指腸憩室穿孔の1例
    田中麻奈美, 小練研司, 吉田 祐, 中澤俊之, 加藤 成, 藤本大裕, 森川充洋, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 大谷昌弘, 中本安成, 片山寛次, 今村好章, 山口明夫
    北陸外科会誌 35(1) 1-3 2016年12月 査読有り

著書

  • 消化器研修ノート 改訂第2版
    中本 安成,松田 秀岳
    分担執筆
    肝膿痬、横隔膜下膿痬
    診断と治療社 2016年05月
    9784787821355
  • Modern Physician37(3)
    根本 朋幸,中本 安成
    分担執筆
    急性発症の自己免疫性肝炎
    新興医学出版社 2017年03月
  • GUT日本語版Vol.5,No.1
    中本 安成
    共同編集、分担執筆
    非代償性肝硬変における急性腎障害
    WILEY Blackwell 2013年05月
  • GUT日本語版Vol.5,No.5
    中本 安成
    共同編集、分担執筆
    慢性B型肝炎ウイルス感染においてHBe抗原のセロコンバージョンより先にウイルスの進化論的変異が累積している
    WILEY Blackwell 2014年02月
  • GUT日本語版Vol.6,No.5
    中本 安成
    共同編集、分担執筆
    B型肝炎の血清マーカーの自然経過での抗原陰性化とその後の肝細胞癌のリスク
    WILEY Blackwell 2015年01月
  • GUT日本語版Vol.7No.1
    中本 安成
    共同編集、分担執筆
    C型肝炎におけるGSK3βの治療標的化によりNrf2の抗酸化応答が増強され肝細胞の保護効果が得られる
    WILEY Blackwell 2015年05月
    1883-5821
  • GUT日本語版Vol.7No.3
    中本 安成
    共同編集、分担執筆
    ヒト肝星細胞はC型肝炎ウイルスの侵入および複製を許容しない
    WILEY Blackwell 2015年09月
    1883-5821
  • 日本消化器免疫学会
    中本 安成
    分担執筆
    膵、肝の難問に最新の免疫学で挑む 第52回日本消化器免疫学会総会(2015年7月 於:東京 会長:銭谷 幹男)<肝胆膵2>座長
     2016年05月

講演・口頭発表等

  • Pathophysiological decrease in the regional cerebral blood flow in Hashimoto's encephalopathy: A multiple-case SPECT study
    M.Ikawa, T.Muramatsu, K.Sugimoto, A.Matsunaga, O.Yamamura, T.Hamano, Y.Nakamoto, H.Okazawa, M.Yoneda
    AAN 2015 2015年04月
  • 約半年間にわたる上腹部鈍痛を主訴とした一例
    山本 有紗, 大谷 昌弘, 赤澤 悠, 村田 陽介, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第536回福井県内科臨床懇話会 2017年03月
  • Reduction of Serum Cholinesterase By Cholinesterase Inhibitor (Donepezil, Galantamine, or Rivastigmine)
    K.Hayashi, T.Hamano, A.Ishida, Y.Fujita, Y.Hama, O.Yamamura, Y.Nakamoto
    AAIC 2015 2015年07月 選考有り
  • 低血糖発作を繰り返した肝細胞癌の1例
    盛岡 正和, 内藤 達志, 根本 朋幸, 高橋 和人, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 今村 好章, 中本 安成
    第228回日本内科学会北陸地方会 2016年03月
  • 第532回福井県内科臨床懇話会
    浅野 礼, 林 浩嗣, 佐々木 宏仁, 山口 智久, 遠藤 芳徳, 白藤 法道, 松永 晶子, 井川 正道, 山村 修, 濱野 忠則, 中本 安成, 田辺 佐和香, 腰地 孝昭
     2016年09月
  • Evaluation of cerebral oxidative stress in patients with ALS using 62Cu-ATSM PET
    M.Ikawa, H.Okazawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, O.Yamamura, T.Mori, T.Hamano, Y.Kiyono, Y.Nakamoto, M.Yoneda
    第57回日本神経学会学術大会 2016年05月 選考有り
  • Clioquinol decreases phosphorylation levels of tau protein via JNK inactivation
    T.Hamano, L.Gaoping, N.Shirafuji, A.Ishida, A.Ueno, K.Hayashi, SH.Yen, Y.Fujita, M.Kuriyama, Y.Nakamoto
    第57回日本神経学会学術大会 2016年05月 選考有り
  • 筋強直性ジストロフィー1型患者の上肢筋MRI所見の検討
    林 浩嗣, 北﨑 佑樹, 山口 智久, 遠藤 芳徳, 岸谷 融, 白藤 法道, 井川 正道, 山村 修, 濱野 忠則, 中本 安成
    第113回日本内科学会総会・講演会 2016年04月 選考有り
  • Identification of SNPs in HLA ClassⅡGene Related to Disease Progression and Hepatocellular Carcinoma in the Patients with Chronic Hepatitis C
    K.Hiramatsu, H.Matsuda, T.Nemoto, T.Naito, K.Takahashi, K.Ofuji, M.Ohtani, H.Suto, Y.Nakamoto
    2016 Keystone Symposia Conference Cancer Vaccines:Targeting Cancer Genes for Immunotherapy(X1) 2016年03月 選考有り
  • Identification of SNPs in HLA classⅡgene related to disease progression of chronic hepatitis C
    K.Hiramatsu, H.Matsuda, T.Nemoto, K.Takahashi, K.Ofuji, M.Ohtani, H.Suto, Y.Nakamoto
    25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL2016) 2016年02月 選考有り
  • 肝細胞癌治療中に腹腔内リンパ節腫脹を認めた一例
    村田 陽介, 根本 朋幸, 齊藤 恭志, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 田中 知子, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第527回福井県内科臨床懇話会 2016年03月 選考有り
  • 慢性ウイルス性肝炎におけるストレインエラストグラフィを用いた肝線維化評価法の有用性
    前田 文江, 根本 朋幸, 齋藤 清隆, 橋本 儀一, 大竹 由香, 津田 裕美子, 浜田 敏彦, 岩野 正之, 中本 安成, 木村 秀樹
    第43回日本超音波医学会 関西地方会 2016年10月 選考有り
  • Glypican-3 is a predictive marker for recurrence of hepatocellular carcinoma after surgical resection, especially in early stage
    K.Ofuji, K.Saito, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    AACR Annual Meeting 2015 2015年04月 選考有り
  • 高齢者進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法とソラフェニブ療法の有用性の比較検討
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 中本 安成
    第101回日本消化器病学会総会 2015年04月 選考有り
  • 胃ESD後潰瘍治癒における薬剤の影響
    高橋 和人, 須藤 弘之, 中本 安成
    第101回日本消化器病学会総会 2015年04月 選考有り
  • 大腸腫瘍の内視鏡的粘膜下層剥離術におけるJet B knifeの安全性と有用性の検討
    平松 活志, 須藤 弘之, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 内藤 達志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 中本 安成
    第112回日本内科学会総会・講演会 2015年04月 選考有り
  • immuno-IVR研究について
    中本 安成
    immuno-IVR研究会 2015年04月 選考無し
  • Clinical and immunological features of limbic form of Hashimoto’s encephalopathy
    T.Kishitani, A.Matsunaga, M.Ikawa, T.Kame, O.Yamamura, T.Hamano, O.Watanabe, K.Tanaka, Y.Nakamoto, M.Yoneda
    AAN 2015 2015年04月 選考有り
  • 当院における内視鏡的乳頭括約筋切開術に伴う出血に関する危険因子の解析と内視鏡的止血法の検討
    松田 秀岳, 大谷 昌弘, 野阪 拓人, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015年05月 選考有り
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術で切除し得た30歳代に発症したHelicobacter pylori陰性腸型分化型早期胃癌の1例
    尾﨑 嘉彦, 須藤 弘之, 野阪 拓人, 齊藤 恭志, 内藤 達志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 今村 好章, 中本 安成
    第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015年05月 選考有り
  • 超高齢者の総胆管結石症に対する内視鏡的治療後の長期予後の検討
    赤澤 悠, 大谷 昌弘, 有塚 敦史, 齊藤 恭志, 田中 知子, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 内藤 達志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015年05月 選考有り
  • ROCK inhibitor decreases phosphorylation levels of tau protein
    T.Hamano, N.Shirafuji, SH.Yen, A.Ishida, K.Hayashi, A.Matsunaga, O.Yamamura, M.Kuriyama, Y.Nakamoto
    第56回日本神経学会学術大会 2015年05月 選考有り
  • 抗癌化学療法におけるCD4陽性細胞傷害性Tリンパ球の動態とケモカインに関する検討
    内藤 達志, 向田 直史, 中本 安成
    第51回日本肝臓学会総会 2015年05月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • 非アルコール性脂肪性疾患における転写抑制因子Id2の機能解析
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 中本 安成
    第51回日本肝臓学会総会 2015年05月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • 血液悪性疾患の治療に伴うB型肝炎ウイルス再活性化リスクとサイトカインプロファイル解析
    松田 秀岳, 根本 朋幸, 齊藤 恭志, 内藤 達志, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第51回日本肝臓学会総会 2015年05月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • C型肝炎患者におけるHLA-classⅡ関連遺伝子のSNPおよび発現解析
    平松 活志, 根本 朋幸, 尾﨑 嘉彦, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 須藤 弘之, 中本 安成
    第51回日本肝臓学会総会 2015年05月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • StageⅠ肝がん切除例における再発マーカーとしてのGlypican-3の有用性の検討
    大藤 和也, 中本 安成, 斎藤 圭吾, 野阪 拓人, 高橋 和人, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中面 哲也
    第51回日本肝臓学会総会 2015年05月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • Comparison of chronic radiation proctopathy after brachytherapy alone and in combination with external-beam radiotherapy for prostate cancer
    M.Ohtani, H.Suto, H.Matsuda, K.Hiramatsu, T.Nemoto, Y.Nakamoto
    DDW 2015 2015年05月 選考有り
  • 内視鏡的整復後の経皮的胃壁固定術が有効だった短軸性胃捻転症の1例
    田中 伸樹, 松田 秀岳, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 田中 知子, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 内藤 達志, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第105回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2015年06月 選考有り
  • 感染経路が不明であった孤発性E型急性肝炎の1例
    池田 和美, 内藤 達志, 根本 朋幸, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第120回日本消化器病学会北陸支部例会 2015年06月 選考有り
  • 4年間のアミオダロン内服により肝硬変に進展した一例
    吹上 優介, 根本 朋幸, 齊藤 恭志, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 田中 知子, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第120回日本消化器病学会北陸支部例会 2015年06月 選考有り
  • 肝細胞癌治療中に腹腔内結核性リンパ節炎を発症した1例
    村田 陽介, 根本 朋幸, 齊藤 恭志, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第226回日本内科学会北陸地方会 2015年06月 選考有り
  • INS-GASマウスを用いたH.pylori感染胃発癌に対する女性ホルモンの影響の検討
    大谷 昌弘, 須藤 弘之, 中本 安成
    第21回日本ヘリコバクター学会学術集会 2015年06月 選考有り
  • High-dose cyclophosphamide induces specific tumor immunity by rapid recruitment of CD4-positive cytolytic T cells into tumor sites
    T.Naito, T.Baba, K.Takeda, S.Sasaki, Y.Nakamoto, N.Mukaida
    第19回日本がん免疫学会総会 2015年07月 選考有り
  • 症例(肝動注化学療法と肝動脈化学塞栓療法施行後に切除した胆管内発育型肝細胞癌の1例)
    前川 展廣, 松田 秀岳, 有塚 敦史, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 内藤 達志, 大藤 和也, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第51回日本肝癌研究会 2015年07月 選考有り
  • 当院における高齢者進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法の有用性の検討
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第51回日本肝癌研究会 2015年07月 選考有り
  • High-dose cyclophosphamide induces specific tumor immunity by rapid recruitment of CD4-positive cytolytic T cells into tumor sites
    T.Naito, T.Baba, K.Takeda, S.Sasaki, Y.Nakamoto, N.Mukaida
    第19回日本がん免疫学会総会 2015年07月 選考有り
  • Clioquinol Decreases Phosphorylation Levels of Tau Protein
    G.Lin, T.Hamano, N.Shirafuji, A.Ishida, K.Hayashi, S.Yen, Y.Fujita, O.Yamamura, Y.Nakamoto
    AAIC 2015 2015年07月 選考有り
  • 再発性ヘルペス脳炎の1例
    吹上 優介, 遠藤 芳徳, 北﨑 佑樹, 山口 智久, 岸谷 融, 白藤 法道, 林 浩嗣, 山村 修, 濱野 忠則, 中本 安成
    第227回日本内科学会北陸地方会 2015年09月 選考有り
  • バリスム様不随意運動を呈した1例
    遠藤 芳徳, 林 浩嗣, 北﨑 佑樹, 山口 智久, 岸谷 融, 白藤 法道, 山村 修, 濱野 忠則, 中本 安成
    第523回福井県内科臨床懇話会 2015年09月 選考有り
  • 樹状細胞を用いた肝細胞がん免疫治療の研究開発と臨床試験
    中本 安成
    北陸臨床研究推進機構シーズ発表評価会 2015年09月 選考無し 北陸臨床研究推進機構
  • 胃ESD症例における血清抗ヘリコバクター・ピロリIgG抗体陰性例の検討
    齊藤 恭志, 須藤 弘之, 野阪 拓人, 高橋 和人, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第57回日本消化器病学会大会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り
  • 高用量PPIとシタフロキサシンを用いたH. pylori三次除菌治療の検討
    須藤 弘之, 大谷 昌弘, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第57回日本消化器病学会大会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り
  • 胃ESD症例におけるH.pylori除菌後胃癌,未感染胃癌の臨床的特徴
    高橋 和人, 須藤 弘之, 齊藤 恭志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 今村 好章, 中本 安成
    第90回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り
  • 先端J型ガイドワイヤーによるwire-guided cannulation法の有用性の検討
    有塚 敦史, 大谷 昌弘, 野阪 拓人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第90回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り
  • B型肝炎ウイルス再活性化に関連するサイトカインプロファイルと一塩基多型の検討
    松田 秀岳, 平松 活志, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 飛田 征男, 木村 秀樹, 中本 安成
    第19回日本肝臓学会大会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • ステロイド内服療法におけるB型肝炎ウイルス再活性化の検討
    野阪 拓人, 松田 秀岳, 尾﨑 嘉彦, 内藤 達志, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第19回日本肝臓学会大会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • カプセル内視鏡にて評価しえたIgA vasculitisの小腸病変の検討
    田中 知子, 平松 活志, 齊藤 恭志, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第90回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2015) 2015年10月 選考有り
  • Glypican-3 is a useful blood marker for predicting recurrence of hepatocellular carcinoma after surgical resection
    K.Ofuji, K.Saito, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    第74回日本癌学会学術総会 2015年10月 選考有り
  • グリピカン3 はstageⅠ肝細胞がん術後の再発予測に有用なマーカーである
    大藤 和也, 齋藤 圭吾, 中本 安成, 中面 哲也
    第35回日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年10月 選考有り
  • ROCK阻害薬のタウ蛋白リン酸化・重合に及ぼす影響
    濱野 忠則, 白藤 法道, S.Yen, 林 浩嗣, 山村 修, 藤田 祐之, 安川 善博, 栗山 勝, 中本 安成
    第34回日本認知症学会学術集会 2015年10月 選考有り
  • 経過中に蛋白漏出性胃腸症をきたした硬化性腸間膜炎の一例
    土屋 あい, 平松 活志, 齊藤 恭志, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 田中 知子, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第121回日本消化器病学会北陸支部例会 2015年11月 選考有り
  • 増大傾向を呈し肝細胞癌との鑑別が困難であった肝血管筋脂肪腫の一例
    鈴木 裕紀子, 根本 朋幸, 赤澤 悠, 竹川 祐未, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之,小練 研司, 山口 明夫, 中本 安成
    第121回日本消化器病学会北陸支部例会 2015年11月 選考有り
  • ピタバスタチンの認知機能に及ぼす影響
    濱野 忠則, 白藤 法道, 石田 愛子, 上野 亜佐子, 林 浩嗣, 山村 修, 中本 安成
    第33回日本神経治療学会総会 2015年11月 選考有り
  • 塩酸ドネペジルのタウ蛋白リン酸化におよぼす影響
    佐々木 宏仁, 濱野 忠則, 白藤 法道, 上野 亜佐子, 石田 愛子, S.Yen, 林 浩嗣, 山村 修, 栗山 勝, 中本 安成
    第33回日本神経治療学会総会 2015年11月 選考有り
  • Pre-operative plasma glypican-3 levels detected by a novel ELISA system predict the risk of post-operative recurrence in patients with stage I hepatocellular carcinoma
    K.Ofuji, K.Saito, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    AASLD THE LIVER MEETING2015 2015年11月 選考有り
  • Chemokine CCL3/CCR5-recruited, Cytotoxic CD4+ T Cells Eradicate Hepatoma Cells in a Model of Anticancer Chemotherapy with High-Dose Cyclophosphamide
    T.Naito, T.Baba, K.Takeda, S.Sasaki, N.Mukaida, Y.Nakamoto
    AASLD THE LIVER MEETING2015 2015年11月 選考有り
  • Serial Changes of Th1 and Th17 Cytokines and a SNP in HLA class II DPB1 Gene Associated with Hepatitis B Virus Reactivation in Patients Treated with Immunomodulatory Agents
    H.Matsuda, T.Nemoto, Y.Ozaki, T.Naito, M.Ohtani, K.Hiramatsu, H.Suto, Y.Nakamoto
    AASLD THE LIVER MEETING2015 2015年11月 選考有り
  • Inhibitor Of DNA Binding 2 Gene Induced By High Levels Of Insulin Contributes To Adipogenesis And Fatty Liver In A Model Of Type 2 Diabetes Mellitus
    T.Nemoto, H.Matsuda, K.Hiramatsu, Y.Ozaki, T.Naito, K.Takahashi, K.Ofuji, M.Ohtani, H.Suto, Y.Nakamoto
    AASLD THE LIVER MEETING2015 2015年11月 選考有り
  • 血便を繰り返したトリソミー8を有する骨髄異形成症候群に合併した腸管ベーチェット病の1例
    辻 俊比古, 内藤 達志, 松田 秀岳, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第106回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2015年11月 選考有り
  • C型慢性肝炎および非アルコール性脂肪性肝炎の肝線維化診断における超音波エラストグラフィの有用性の検討
    根本 朋幸, 前田 文江, 齋藤 清隆, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 浜田 敏彦, 木村 秀樹 ,岩野 正之, 中本 安成
    第41回日本肝臓学会西部会 2015年12月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • 肝動注化学療法(TAI),肝切除術および肝動脈化学塞栓療法(TACE)により治療し得た胆管内発育型肝細胞癌の1例
    前川 展廣, 松田 秀岳, 内藤 達志, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第41回日本肝臓学会西部会 2015年12月 選考有り 一般社団法人日本肝臓学会
  • 肝癌化学療法におけるCD4陽性細胞傷害性Tリンパ球の動態とケモカインに関する検討
    内藤 達志, 馬場 智久, 竹田 和由, 佐々木 宗一郎, 向田 直史, 中本 安成
    第1回G-PLUS 2015年12月 選考有り ゼリア新薬工業株式会社
  • 肝癌化学療法におけるCD4陽性細胞傷害性Tリンパ球の関与とケモカインの動態に関する検討
    内藤 達志, 向田 直史, 中本 安成
    第102回日本消化器病学会総会 2016年04月 選考有り
  • 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)における液状化検体細胞診(LBC)の有用性
    赤澤 悠, 大谷 昌弘, 竹川 祐未, 齊藤 恭志, 田中 知子, 尾﨑 嘉彦, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第91回日本消化器内視鏡学会総会 2016年05月 選考有り
  • 高齢者における胃ESD後潰瘍治癒に関する検討
    高橋 和人, 須藤 弘之, 竹川 祐未, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 田中 知子, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第91回日本消化器内視鏡学会総会 2016年05月 選考有り
  • Microcavity Array Systemを用いた肝癌における循環腫瘍細胞検出系の確立
    高橋 和人, 松永 達也, 中本 安成
    第52回日本肝臓学会総会 2016年05月 選考有り
  • 肝癌術後の危険群を予測する新たなGlypican-3 ELISA法の開発
    大藤 和也, 齋藤 圭吾, 赤澤 悠, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成, 中面 哲也
    第52回日本肝臓学会総会 2016年05月 選考有り
  • B型肝炎ウイルス再活性化に関連するHLA classⅡ領域遺伝子の一塩基多型およびmRNA発現の検討
    松田 秀岳, 根本 朋幸, 中本 安成
    第52回日本肝臓学会総会 2016年05月 選考有り
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患におけるライソゾーム酸性リパーゼ活性の検討
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第24回肝病態生理研究会 2016年05月 選考有り 第24回肝病態生理研究会 第一三共株式会社
  • Influence of antithrombotic drugs on gastric ulcer healing after endoscopic submucosal dissection.
    K.Takahashi,H.Suto,T.Nosaka,Y.Ozaki,R.Hayama,T.Naito,K.Ofuji,H.Matsuda,M.Ohtani,K.Hiramatsu,T.Nemoto,Y.Nakamoto
    DDW2016 2016年05月 選考有り
  • Endoscopic long-term follow-up of chronic radiation proctopathy after brachytherapy for prostate cancer
    M.Ohtani,H.Suto,T.Nosaka,Y.Saito,Y.Ozaki,R.Hayama,T.Naito,K.Takahashi,K.Ofuji,H.Matsuda,K.Hiramatsu,T.Nemoto,Y.Nakamoto
    DDW2016 2016年05月 選考有り
  • サイトメガロウイルス(CMV)肝炎に合併した門脈血栓症の1例
    村田 陽介, 松田 秀岳, 齊藤 恭志, 赤澤 悠, 高橋 和人, 大藤 和也, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第122回日本消化器病学会北陸支部例会 2016年06月 選考有り
  • イリノテカン/シスプラチン療法が奏功した肝原発神経内分泌癌の1例
    宮前 誠, 根本 朋幸, 赤澤 悠, 村田 陽介, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 中本 安成
    第122回日本消化器病学会北陸支部例会 2016年06月 選考有り
  • 超高齢者の総胆管結石症に対する内視鏡的治療後の長期予後の検討
    大藤 和也, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 平松 活志, 中本 安成
    第107回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2016年06月
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術で切除し得たHelicobacter pylori陰性分化型早期胃癌の2例
    尾﨑 嘉彦, 須藤 弘之, 竹川 祐未, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 今村 好章, 中本 安成
    第107回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2016年06月
  • 通過障害をきたした非外傷性十二指腸壁内血腫の一例
    竹川 祐未, 高橋 和人, 村田 陽介, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第107回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2016年06月
  • 高解像度食道内圧検査が診断、治療効果の評価に有用であったアカラシアtypeⅢの2例
    松田 有左, 平松 活志, 齊藤 恭志, 村田 陽介, 赤澤 悠, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 中本 安成
    第107回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2016年06月
  • 胃ESD症例における血清抗ヘリコバクター・ピロリIgGによる感染診断の問題点
    高橋 和人, 須藤 弘之, 中本 安成
    第22回日本ヘリコバクター学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • 症例
    赤澤 悠, 根本 朋幸, 竹川 祐未, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 内藤 達志, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第52回日本肝癌研究会 2016年07月 選考有り
  • 肝がんにおけるglypican-3の再発予測マーカーとしての有用性の評価 -StageⅠ切除例での検討-
    大藤 和也, 中本 安成, 中面 哲也
    第52回日本肝癌研究会 2016年07月 選考有り
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患における発癌とライソゾーム酸性リパーゼ活性の関連についての検討
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成
    第52回日本肝癌研究会 2016年07月 選考有り
  • Concanavalin A 誘導肝炎モデルにおける転写抑制因子ld2の関与
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 中本 安成
    第23回肝細胞研究会 2016年07月 選考有り
  • 2型糖尿病モデルマウスにおける転写抑制因子Id2の脂肪細胞新生および脂肪肝への関与
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 平松 活志, 大谷 昌弘, 中本 安成
    第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会 2016年07月 選考有り
  • ウイルス性肝炎治療の進歩とこれからの課題
    中本 安成
    福井県内科医会学術講演会 2016年07月 選考有り 共催:福井県内科医会、福井県医師会、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社、ファイザー株式会社
  • B型肝炎
    中本 安成
    平成28年度日本肝臓学会 教育講演会(単独開催) 2016年08月 選考有り
  • 肝癌化学療法におけるCD4陽性細胞傷害性Tリンパ球の動態に関する検討
    中本 安成, 内藤 達志
    第31回犬山シンポジウム 2016年08月 選考有り 共催:犬山シンポジウム、公益財団法人ウイルス肝炎研究財団、エーザイ株式会社、エ―ディア株式会社
  • High-dose cyclophosphamide Eradicates Hepatoma Cells by rapid recruitment of CD4+ cytolytic T cells into tumor sites via the CCL3/CCR5 axis
    T.Naito, T.Baba, K.Takeda, S.Sasaki, H.Matsuda, M.Ohtani, K.Hiramatsu, T.Nemoto, N.Mukaida, Y.Nakamoto
    The 12th JSH Single Topic Conference in Kanazawa 2016年09月 選考有り
  • 肺胞マクロファージは、肺転移において重要な役割を果たしている
    野阪 拓人, 馬場 智久, 佐々木 宗一郎, 中本 安成, 向田 直史
    第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 選考有り
  • Analysis of glypican-3 as a predictive marker for postoperative recurrence of HCV related hepatocellular carcinoma
    K.Ofuji, K.Saito, H.Matsuda, M.Ohtani, K.Hiramatsu, T.Nemoto, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    第23回HCV2016 2016年10月 選考有り
  • Comparison of patient characteristics and survival between elderly and younger patients with hepatocellular carcinoma related to hepatitis C virus infection
    T.Nemoto, H.Matsuda, M.Ohtani, Y.Nakamoto
    第23回HCV2016 2016年10月 選考有り
  • 小腸カプセル内視鏡検査前処置としてのルビプロストンの有用性についての検討: 前向き無作為プラセボ対象二重盲検試験
    竹川 祐未, 平松 活志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第92回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • 胃ESD症例におけるH.pylori感染診断、胃癌リスク診断の問題点
    高橋 和人, 須藤 弘之, 中本 安成
    第24回日本消化器関連学会週間(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • 自己免疫性膵炎の再燃予測評価におけるFDG-PETの有用性の検討
    赤澤 悠, 大谷 昌弘, 内藤 達志, 大藤 和也, 松田 秀岳, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 辻川 哲也, 中本 安成
    第58回日本消化器病学会大会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • EST随伴出血に関する危険因子の解析と止血プロトコールの検討
    松田 秀岳, 大谷 昌弘, 竹川 祐未, 内藤 達志, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第92回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • 脂肪性肝疾患におけるライソゾーム酸性リパーゼ活性に関する検討
    根本 朋幸, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 平松 活志, 中本 安成
    第20回日本肝臓学会大会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • 肝細胞癌術後の再発予測マーカーとしてのGlypican-3の有用性の検討
    大藤 和也, 竹川 祐未, 尾﨑 嘉彦, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 平松 活志, 須藤 弘之, 中本 安成, 中面 哲也
    第20回日本肝臓学会大会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • 門脈血栓症の進展部位による臨床的特徴と治療効果の検討
    齊藤 恭志, 松田 秀岳, 野阪 拓人, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 中本 安成
    第20回日本肝臓学会大会(JDDW2016) 2016年11月 選考有り
  • EUS-FNAとCTガイド下針生検が診断に有用であった特発性後腹膜線維症の1例
    山本 有紗, 赤澤 悠, 大谷 昌弘, 村田 陽介, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 根本 朋幸, 平松 活志, 中本 安成
    第123回日本消化器病学会北陸支部例会 2016年11月 選考有り
  • 肝癌術後リンパ節転移に対する肝動脈化学塞栓術(TACE)の一例
    山内 英暉, 大藤 和也, 松田 秀岳, 村田 陽介, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第123回日本消化器病学会北陸支部例会 2016年11月 選考有り
  • Perioperative plasma glypican-3 levels predict the risk of post-operative recurrence in hepatocellular carcinoma patient
    K.Ofuji, K.Saito, T.Nosaka, K.Takahashi, T.Naito, H.Matsuda, M.Ohtani, K.Hiramatsu, T.Nemoto, Y.Nakamoto, T.Nakatsura
    AASLD THE LIVER MEETING2016 2016年11月 選考有り
  • Development of a Novel Circulating Tumor Cells Isolation System in Patients with Hepatocellular Carcinoma Using a Microcavity Array
    K.Takahashi,K.Ofuji,T.Nosaka,Y.Ozaki,H.Matsuda,M.Ohtani,K.Hiramatsu,T.Nemoto,T.Matsunaga,Y.Nakamoto
    AASLD THE LIVER MEETING 2016年11月 選考有り
  • S-O clipは大腸ESDにおける粘膜下層の視野保持に有用である
    内藤 達志, 平松 活志, 村田 陽介, 赤澤 悠, 齊藤 恭志, 高橋 和人, 大藤 和也, 松田 秀岳, 大谷 昌弘, 根本 朋幸, 中本 安成
    第108回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会 2016年12月 選考有り
  • ING-GASマウスにおける胃発癌に対する緑茶カテキンの予防的効果の検討
    大谷 昌弘, 大野 崇, 松田 秀岳, 平松 活志, 根本 朋幸, 中本 安成
    第2回G-PLUS 2016年12月 選考有り ゼリア新薬工業株式会社
  • 高次脳機能障害が主体となった炎症性脳アミロイド血管症(CAA-Ⅰ)の1病理診断例
    佐々木 宏仁, 北﨑 佑樹, 白藤 法道, 山口 智久, 遠藤 芳徳, 井川 正道, 林 浩嗣, 山村 修, 濱野 忠則, 中本 安成
    第229回日本内科学会北陸地方会 2016年06月 選考有り
  • 神経症状を契機に診断され集学的治療により1年以上の生存が得られた胃癌脳転移の1例
    翠 洋平, 松田 秀岳, 高橋 和人, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 林 浩嗣, 濱野 忠則, 中本 安成
    第230回日本内科学会北陸地方会 2016年09月 選考有り

共同研究

  • 抗がん剤によって産生誘導されるケモカインの同定と病態生理学的役割の解析 2012年度

受賞

  •  GlaxoSmithKline Award2004年
  •  ハンス・ポッパー賞1998年
  •  アメリカ肝臓病学会フェローリサーチ賞1996年

科学研究費補助金

  • 次世代シークエンス技術によるウイルス因子解析を基軸としたC型肝炎新規治療の病態解明と臨床応用肝炎等克服緊急対策研究事業
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:榎本 信幸 2016年度
  • オリジナル抗原HSP105由来ペプチドワクチンのFIH医師主導治験革新的がん医療実用化研究事業
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:中面 哲也 2016年度
  • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発肝炎等克服実用化研究事業ⅱ
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:金子 周一 2016年度
  • オリジナル抗原HSP105由来ペプチドワクチンのFIH医師主導治験革新的がん医療実用化研究事業
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:中面 哲也 2015年度
  • 次世代シークエンス技術を駆使したウイルスゲノム解析によるC型肝炎の病態解明と臨床応用肝炎等克服実用化研究事業ⅰ
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:榎本 信幸 2015年度
  • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発肝炎等克服実用化研究事業ⅱ
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発費
    代表者:金子 周一 2015年度
  • マイクロキャビティアレイ液体生検技術を用いた肝がん再発超早期診断法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2014年度
  • 肝臓の慢性炎症が誘導する発がん候補遺伝子におけるドライバー変異の同定基盤研究(B)(一般)
    代表者:中本 安成 2014年度
  • 胃発癌を制御する食品のエピジェネティクス機構の解析基盤研究(C)(一般)
    代表者:須藤 弘之 2014年度
  • 肝臓の慢性炎症が誘導する発がん候補遺伝子におけるドライバー変異の同定基盤研究(B)(一般)
    代表者:中本 安成 2013年度
  • 樹状細胞と新規ケモカイン製剤の併用により肝がんの二次発がんを制御する手法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2013年度
  • 樹状細胞と新規ケモカイン製剤の併用により肝がんの二次発がんを制御する手法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2012年度
  • 肝微小環境において炎症性発がんを制御する antagomir の標的創薬と前臨床試験基盤研究(B)(一般)
    代表者:中本 安成 2012年度
  • 肝微小環境において炎症性発がんを制御する antagomir の標的創薬と前臨床試験基盤研究(B)(一般)
    代表者:中本 安成 2011年度
  • 樹状細胞と新規ケモカイン製剤の併用により肝がんの二次発がんを制御する手法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2011年度
  • 肝微小環境において炎症性発がんを制御する antagomir の標的創薬と前臨床試験基盤研究(B)
    代表者:中本 安成 2010年度
  • 肝臓の慢性炎症が誘導する発がん候補遺伝子におけるドライバー変異の同定基盤研究(B)
    代表者:中本 安成 2015年度
  • マイクロキャビティアレイ液体生検技術を用いた肝がん再発超早期診断法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2015年度
  • マイクロキャビティアレイ液体生検技術を用いた肝がん再発超早期診断法の開発挑戦的萌芽研究
    代表者:中本 安成 2016年度

厚生科研補助金

  • 肝がんの新規治療法に関する研究
    代表者:本多 政夫
  • ウイルス性肝炎からの発がん及び肝がん再発の抑制に関する研究
    代表者:林 紀夫
  • ウイルス性肝炎の病態に応じたウイルス側因子の解明と治療応用
    代表者:榎本 信幸
  • B型肝炎ウイルスと免疫の相互作用
    代表者:小池 和彦
  • 肝がんの新規治療法に関する研究
    代表者:本多 政夫
  • 肝炎ウイルスと代謝・免疫系の相互作用に関する包括的研究
    代表者:小池 和彦
  • ウイルス性肝炎の病態に応じたウイルス側因子の解明と治療応用
    代表者:榎本 信幸
  • ウイルス性肝炎からの発がん及び肝がん再発の抑制に関する研究
    代表者:林 紀夫
  • B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討
    代表者:横須賀 収
  • ウイルス性肝炎の病態に応じたウイルス側因子の解明と治療応用
    代表者:榎本 信幸
  • ウイルス性肝炎からの発がん及び肝がん再発の抑制に関する研究
    代表者:林 紀夫
  • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発
    代表者:金子 周一
  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究
    代表者:坪内 博仁
  • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発
    代表者:金子 周一
  • B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討
    代表者:横須賀 収
  • 次世代シークエンス技術を駆使したウイルスゲノム解析によるC型肝炎の病態解明と臨床応用
    代表者:榎本 信幸
  • 次世代シークエンス技術を駆使したウイルスゲノム解析によるC型肝炎の病態解明と臨床応用
    代表者:榎本 信幸
  • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発
    代表者:金子 周一
  • B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討
    代表者:横須賀 収

プロジェクト活動

  • シーズA超高感度バイオセンサーチップを用いたHBs抗原迅速定量診断法の開発
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:受託研究
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:松尾 清一
  • 獲得免疫反応の賦活化により核内HBV cccDNAを排除する手法の開発
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:受託研究
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:中本 安成
  • 次世代シークエンス技術によるウイルス因子解析を基軸としたC型肝炎新規治療の病態解明と臨床応用
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:受託研究
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:榎本 信幸

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 未来設計ノート2018年04月 fukudai PRESS Vol.33
  • 新専門医をシームレスで育成する福井式プログラムに注目!2016年 SENSHIN
  • 医学を進化させる未来医療の拠点2017年09月 医心
  • 教育と研究2017年05月 Frontier
  • 新専門医制度 4月スタート 「専攻医」登録 県内に残って 県が優遇制度実施へ2017年12月 日刊県民福井
  • C型肝炎は飲み薬で治す時代です2018年09月 福井