小林 基弘

所属部署名病因病態医学講座 腫瘍病理学
教員組織病因病態医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 18/12/17 11:27

研究者基本情報

氏名

    小林 基弘
    コバヤシ モトヒロ
    KOBAYASHI Motohiro

所属

  •  病因病態医学講座 腫瘍病理学 教授

学歴

  • 1997年04月- 2001年03月信州大学 医学研究科
  • 1991年04月- 1997年03月昭和大学 医学部

経歴

  • 2001年04月- 2003年03月信州大学医学部附属病院 医員(研修医)
  • 2003年04月- 2007年04月信州大学大学院医学系研究科 助手
  • 2003年01月- 2005年09月バーナム研究所 客員研究員
  • 2007年05月- 2013年06月信州大学大学院医学系研究科 講師
  • 2013年07月福井大学医学部 教授

所属学協会

    日本病理学会 評議員,糖鎖生物学会(国際学会) 一般会員,

研究活動情報

論文

  • The ideal strategy for cervical cancer screening in Japan: first report of the Fukui Cervical Cancer Study
    T.Kurokawa, T.Onuma, A.Shinagawa, Y.Chino, M.Kobayashi ,Y.Yoshida
    Cytopathology 29(4) 361-367 2018年08月 査読有り
  • Prostatic stroma inflammation is associated with bladder outlet obstruction in patients with benign prostatic hyperplasia
    S.Inamura, H.Ito, T.Shinagawa, M.Tsutsumiuchi, M.Taga, M.Kobayashi, O.Yokoyama
    Prostate 78(10) 743-752 2018年07月 査読有り
    O.Yokoyama
  • Role of MAdCAM-1-expressing high endothelial venule-like vessels in colitis induced in mice lacking sulfotransferases catalyzing L-selectin ligand biosynthesis
    S.Low, J.Hirakawa, H.Hoshino, K.Uchimura, H.Kawashima, M.Kobayashi
    J Histochem Cytochem 66(6) 415-425 2018年06月 査読有り
    M.Kobayshi
  • Effects of peritumoral bevacizumab injection against oral squamous cell carcinoma in a nude mouse xenograft model: a preliminary study
    H.Yoshida, H.Yoshimura, S.Matsuda, T.Ryoke, T.Kiyoshima M.Kobayashi, K.Sano
    Oncol Lett 15(6) 8627-8634 2018年06月 査読有り
    K.Sano
  • 福井県の住民検診におけるHPV検査併用検診導入の試み-Fukui Cervical Cancer Screening Studyの1年目の結果-
    黒川 哲司, 大沼 利通, 品川 明子, 知野 陽子, 小林 基弘, 吉田 好雄
    日本がん検診・診断学会誌 25(2) 169-175 2018年01月 査読有り
  • 前立腺肥大症における慢性炎症の関わりとPDE5阻害薬の可能性について考える
    横山 修, 稲村 聡, 小林 基弘
    Kyo(194) 1-5 2017年12月 査読無し
    横山 修
  • Role of sialyl 6-sulfo Lewis X in antitumor immunity against oral squamous cell carcinoma
    H.Yoshida, H.Hoshino, Y.Imamura, H.Ypshimura, K.Sano, M.Kobayashi
    J Oral Pathol Med 46(9) 759-765 2017年10月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Clinicopathological implications to micropapillary bladder urothelial carcinoma of the presence of sialyl Lewis X-decorated mucin 1 in stroma-facing membranes
    T.Shinagawa, H.Hoshino, M.Taga, Y.Sakai, Y.Imamura, O.Yokoyama, M.Kobayashi
    Urol Oncol 35(10) 606e17-e23 2017年10月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Appearance of high endothelial venule-like vessels in benign prostatic hyperplasia is associated with lower urinary tract symptom
    S.Inamura, T.Shinagawa, H.Hoshino, Y.Sakai, Y.Imamura, O.Yokoyama, M.Kobayashi
    Prostate 77(7) 794-802 2017年05月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Apical membrane expression of distinct sulfated glycans represents a novel marker of cholangiolocellular carcinoma
    H.Hoshino, M.Ohta, M.Ito, K.Uchimura, Y.Sakai, T.Uehara, S.Low, M.Fukushima, M.Kobayashi
    Lab Invest 96(12) 1246-1255 2016年12月 査読有り
    M.Kobayashi
  • High endothelial venule-like vessels and lymphocyte recruitment in diffuse sclerosing variant of papillary thyroid carcinoma
    S.Low, Y.Sakai, H.Hoshino. M.Hirokawa, H.Kawashima, K.Higuchi, Y.Imamura, M.Kobayashi
    Pathology 48(7) 666-674 2016年12月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Diminished progression of periapical lesions with zoledronic acid in ovariectomized rats
    MT.Wayama, H.Yoshimura, S.Ohba, H.Yoshida, S.Matuda, J.Kobayashi, M.Kobayashi, JE.Gomes Filho, K.Sano
    J Endod 41(12) 2002-2007 2015年12月 査読有り
  • Follicular dendritic cell-meshwork in angioimmunoblastic T-cell lymphoma is characterized by accumulation of CXCL13+ cells
    H.Ohtani, T.Komeno, Y.Agatsuma, M.Kobayashi, M.Noguchi, N.Nakamura
    J Clin Exp Hematop 55(2) 61-69 2015年12月 査読有り
  • Underlying mechanisms of urine storage dysfunction in rats with salt-loading hypertension
    T.Kurokawa, X.Zha, H.Ito, Y.Aoki, H.Akino, M.Kobayashi, O.Yokoyama
    Life Sci 141 8-12 2015年12月 査読有り
  • A potential role for 6-sulfo sialyl Lewis X in metastasis of bladder urothelial carcinoma
    M.Taga, H.Hoshino, S.Low, Y.Imamura, H.Ito, O.Yokoyama, M.Kobayashi
    Urol Oncol 33(11) 496.e1-496.e9 2015年11月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Design of a vitronectin-based recombinant protein as a defined substrate for differentiation of human pluripotent stem cells into hepatocyte-like cells
    M.Nagaoka, M.Kobayashi, C.Kawai, SK.Mallanna, SA.Duncan
    PLoS One 10(8) 2015年08月 査読有り
  • Lymphocyte 'homing' and chronic inflammation
    Y.Sakai, M.Kobayashi
    Pathol Int 65(7) 344-354 2015年07月 査読有り
    M.Kobayashi
  • Superficially located enlarged lymphoid follicles characterise nodular gastritis
    T.Okamura, Y.Sakai, H.Hoshino, Y.Iwaya, E.Tanaka, M.Kobayashi
    Pathology 47(1) 38-44 2015年01月 査読有り
  • High endothelial venule-like vessels and lymphocyte recruitment in testicular seminoma
    Y.Sakai, H.Hoshino, R.Kitazawa, M.Kobayashi
    Andorogy 2 282-289 2014年03月 査読有り
  • Helicobacter pylori cholesteryl α-glucosides contributes to its pathogenicity and immune response by natural killer T cells
    Y.Ito, JL.Vela, Y.Matsumura, H.Hoshino, A.Tyznik, H.Lee, H.Girardi, DM.Zajonc, R.Liddington, M.Kobayashi, X.Bao, J.Bugaytsova, T.Boren, R.Jin, Y.Zong, PH.Seeberger, J.Nakayama, M.Fukuda
    PLoS One 2013年12月 査読有り
  • 硫酸化糖鎖と炎症
    小林 基弘, 内村 健治
    病理と臨床 31(8) 861-867 2013年08月 査読有り
  • Periductal appearance of high endothelial venule-like vessels in autoimmune pancreatitis
    M.Maruyama, M.Kobayashi, Y.Sakai, N.Hiraoka, A.Ohya, S.Kageyama, E.Tanaka, J.Nakayama, T.Morohoshi
    Pancreas 42 53-59 2013年01月 査読有り
  • Lymphocyte recruitment via high endothelial venules in lymphoid stroma of Warthin’s tumor
    A.Ohya, M.Kobayashi, Y.Sakai, H.Kawashima, Kageyama S, J.Nakayama
    Pathology 45 150-154 2013年01月 査読有り
  • High levels of FOXP3+ regulatory T cells in gastric MALT lymphoma predict responsiveness to Helicobacter pylori eradication
    Y.Iwaya, M.Kobayashi, M.Momose, N.Hiraoka, Y.Sakai, T.Akamatsu, Tanaka E, H.Ohtani, M.Fukuda, J.Nakayama
    Helicobacter(18) 356-362 2013年01月 査読有り
  • Two distinct lymphocyte homing systems involved in the pathogenesis of chronic inflammatory gastrointestinal diseases
    M.Kobayashi, H.Hoshino, K.Suzawa, Y.Sakai, J.Nakayama, M.Fukuda
    Semin Immunopathol 34 401-413 2012年 査読有り
  • Expression of long-form N-acetylglucosamine-6-O-sulfotransferase 1 in human high endothelial venules
    M.Fujiwara, M.Kobayashi, H.Hoshino, K.Uchimura, T.Nakada, J.Masumoto, Y.Sakai, M.Fukuda, J.Nakayama
    J Histochem Cytochem 60(5) 397-407 2012年 査読有り
  • An integrin α4β7・IgG heterodimeric chimera binds to MAdCAM-1 on high endothelial venules in gut-associated lymphoid tissue
    H.Hoshino, M.Kobayashi, J.Mitoma, Y.Sato, M.Fukuda, J.Nakayama
    J Histochem Cytochem 59 572-583 2011年 査読有り
  • Prominent expression of sialyl Lewis X-capped core 2-branched O-glycans on high endothelial venule-like vessels in gastric MALT lymphoma
    M.Kobayashi, J.Mitoma, H.Hoshino, SY.Yu, Y.Shimojo, K.Suzawa, KH.Khoo, M.Fukuda, J.Nakayama
    J Pathol 224 67-77 2011年 査読有り
  • Membrane-associated activation of cholesterol α-glucosyltransferase, an enzyme responsible for biosynthesis of cholesteryl-α-D-glucopyranoside in Helicobacter pylori critical for its survival
    H.Hoshino, A.Tsuchida, K.Kametani, M.Mori, T.Nishizawa, T.Suzuki, H.Nakamura, Y.Ito, M.Kobayashi, J.Masumoto, M.Fujita, M.Fukuda, J.Nakayama
    J Histochem Cytochem 59 98-105 2011年 査読有り
  • GlcNAc6ST-1-mediated decoration of MAdCAM-1 protein with L-selectin ligand carbohydrates directs disease activity of ulcerative colitis
    M.Kobayashi, H.Hoshino, J.Masumoto, M.Fukushima, K.Suzawa, S.Kageyama, M.Suzuki, H.Ohtani, M.Fukuda, J.Nakayama
    Inflamm Bowel Dis 15 697-706 2009年 査読有り
  • α1,4GlcNAc-capped mucin-type O-glycan inhibits cholesterol α-glucosyltransferase from Helicobacter pylori and suppresses H. pylori growth
    H.Lee, P.Wang, H.Hoshino, Y.Ito, M.Kobayashi, J.Nakayama, PH.Seeberger, M.Fukuda
    Glycobiology 18 549-558 2008年 査読有り
  • Preferential induction of peripheral lymph node addressin on high endothelial venule-like vessels in the active phase of ulcerative colitis
    K.Suzawa, M.Kobayashi, Y.Sakai, H.Hoshino, M.Watanabe, O.Harada, H.Ohtani, M.Fukuda, J.Nakayama
    Am J Gastroenterol 102 1499-1509 2007年 査読有り

著書

  • Autopsy imaging 症例集 第2巻
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 飯野 哲, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 酒井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    執筆
    嬰児殺
    株式会社ベクトル・コア 2018年04月
    9784906714599

講演・口頭発表等

  • Prostatic stromal inflammation is associated with bladder outlet obstruction in patients with benign prostatic hyperplasia
    S.Inamura, H.Ito, T.Shinagawa, M.Tsutsumiuchi, M.Taga, M.Kobayashi, O.Yokoyama
    EAU2018 2018年03月 選考有り
    Bella Center Copenhagen (Copenhagen(Denmark))
  • 前医の死後CTを確認することの大切さ
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 山中 昭裕, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    2018年Ai冬季症例検討会 2018年03月 選考有り
  • 前立腺の慢性炎症と下部尿路症状-High endothelial venule-like vessel による慢性炎症の定量化と下部尿路症状との関連
    稲村 聡, 品川 友親, 星野 瞳, 酒井 康弘, 今村 好章, 横山 修, 小林 基弘
    第22回北陸泌尿器科 Basic Research Meeting 2018年03月 選考無し
    金沢ニューグランドホテル(石川県金沢市)
  • Clinicopathological implications to micropapillary bladder urothelial carcinoma of the presence of sialyl Lewis X-decorated mucin 1 in stroma-facing membranes
    T.Shinagawa, H.Hoshino, M.Taga, Y.Sakai, Y.Imamura, O.Yokoyama, M.Kobayashi
    27th Annual conference of the society for Glycobiology 2017年11月 選考有り
  • 前立腺の慢性炎症と下部尿路症状 -高内皮細静脈HEV-like vesselによる慢性炎症の定量化と下部尿路症状との関連-
    稲村 聡, 品川 友親, 星野 瞳, 酒井 康弘, 今村 好章, 横山 修, 小林 基弘
    第24回日本排尿機能学会 2017年09月 選考有り
    ビッグサイトTFTホール・TFTビル(東京都)
  • Appearance of high endothelial venule-like vessels in benign prostatic hyperplasia is associated with bladder outlet obstruction
    S.Inamura, T.Shinagawa, H.Hoshino, Y.Sakai, Y.Imamura, O.Yokoyama, M.Kobayashi
    International Continence Society 47th Annual Meeting(ICS2017) 2017年09月 選考有り
    Fortezza da Basso(Firenze(Italy))
  • 微小乳頭型膀胱癌における糖鎖を持つMUC1の役割について
    品川 友親, 多賀 峰克, 稲村 聡, 堤内 真実, 谷尾 信, 関 雅也, 山内 寛喜, 福島 正人, 松田 陽介, 青木 芳隆, 伊藤 秀明, 星野 瞳, 酒井 康弘, 小林 基弘, 横山 修
    第21回北陸腎泌尿器癌研究会 2017年09月 選考有り
    ホテル金沢(金沢市)
  • 墜落死に対する受傷機転の検討
    真橋 尚吾, 鈴木 史子, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 江端 清和, 西島 昭彦, 木村 浩彦, 島田 一郎
    第15回オートプシー・イメージング(Ai)学会学術総会 2017年08月 選考有り
  • 細胆管様構造の内腔面における特異的硫酸化糖鎖の発現は細胆管細胞癌のマーカーとなる
    星野 瞳, 太田 諒, 伊藤 誠, 内村 健治, 酒井 康弘, 上原 剛, 劉 淑琳, 福島 万奈, 小林 基弘
    第36回日本糖質学会年会 2017年07月 選考有り
  • Apical membrane expression of distinct sulfated glycans represents a novel marker of cholangiolocellular carcinoma
    星野 瞳, 太田 諒, 伊藤 誠, 内村 健治, 酒井 康弘, 上原 剛, 劉 淑琳, 福島 万奈, 小林 基弘
    第106回日本病理学会総会 2017年04月 選考有り
  • High endothelial venule-like vessels in diffuse sclerosing variant of papillary thyroid carcinoma
    酒井 康弘, 劉 淑琳, 星野 瞳, 廣川  満良, 川島 博人,今村 好章, 小林 基弘
    第106回日本病理学会総会 2017年04月 選考有り
    東京都
  • 手術標本を用いた前立腺肥大症と炎症の検討~非導管周囲性の炎症は臨床症状をより増悪させる~
    稲村 聡, 品川 友親, 堤内 真実, 多賀 峰克, 伊藤 秀明, 横山 修, 小林 基弘
    第105回日本泌尿器科学会総会 2017年04月 選考有り
    かごしま県民交流センター(鹿児島市)
  • 慢性炎症性疾患とその周辺-糖鎖病理学の視点から-
    小林 基弘
    第13回臨床糖鎖研究会 2017年02月
    弘前市
  • Apical membrane expression of distinct sulfated glycans represents a novel marker of cholangiolocellular carcinoma
    H.Hoshino, M.Ohta, M.Ito, K.Uchimura, Y.Sakai, T.Uehara, S.Low, M.Fukushima, M.Kobayashi
    26th Annual conference of the society for Glycobiology 2016年11月 選考有り
    New Orleans(USA)
  • 福井県の子宮頸がん検診にHPV検査を導入し感度は向上するのか
    黒川 哲司, 品川 明子, 知野 陽子, 酒井 康弘, 法木 左近, 小林 基弘, 吉田 好雄
    第54回日本癌治療学会学術集会 2016年10月
    横浜市
  • 急速に心機能の低下と心電図変化をきたした心アミロイドーシスの1剖検例
    相木 孝允, 長谷川 奏恵, 絈野 健一, 松井 吟, 汐見 雄一郎, 玉 直人, 池田 裕之, 福岡 良友, 森下 哲司, 石田 健太郎, 天谷 直貴, 宇隨 弘泰, 夛田 浩, 北野 史浩, 小上 瑛也, 小林 基弘
    第64回日本心臓病学会学術集会 2016年09月
    東京都
  • 胸部刺創に於ける死亡時画像診断(Ai)の有用性
    島田 一郎, 鈴木 史子, 法木 左近, 小林 基弘, 稲井 邦博, 内木 宏延, 木下 一之, 坂井 豊彦, 西島 昭彦, 江端 清和, 木村 浩彦
    第14回オートプシー・イメージング(Ai)学会 学術総会 2016年08月
    新潟市
  • A potential role for 6-sulfo sialyl LewisX in metastasis of bladder urothelial carcinoma
    M.Taga, H.Hoshino, Shulin Low, Y.Imamura, H.Ito, M.Kobayashi, O.Yokoyama
    AUA Annual Meeting 2016 2016年05月 選考有り
    San Diego Convention Center(San Diego(USA))
  • 膀胱癌に発現する硫酸化シアリルルイスXに関する検討
    多賀 峰克, 伊藤 秀明, 品川 友親, 堤内 真実, 星野 瞳, 小林 基弘, 横山 修
    第104回日本泌尿器科学会総会 2016年04月 選考有り
    仙台国際センター(宮城県仙台市)
  • 膀胱癌に発現する硫酸化シアリルルイスXに関する検討
    多賀 峰克, 品川 友親, 星野 瞳, 小林 基弘, 伊藤 秀明, 横山 修
    第20回北陸泌尿器科 Basic Research Meeting 2016年03月 選考有り
    金沢都ホテル(石川県金沢市)
  • 膀胱癌細胞に発現する硫酸化シアリルルイスXは癌の転移に関与する
    多賀 峰克, 星野 瞳, 品川 友親, 堤内 真実, 小林 基弘, 伊藤 秀明, 横山 修
    日本泌尿器腫瘍学会第1回学術大会 2015年11月 選考有り
    国立京都国際会館(京都府京都市)
  • A potential role for 6-sulfo sialyl Lewis X in metastasis of bladder urothelial carcinoma
    H.Hoshino, M.Taga, S.Low, M.Kobayashi
    25th Annual conference of the society for Glycobiology 2015年11月 選考有り
    San Francisco(USA)
  • Superficially located enlarged lymphoid follicles characterize nodular gastritis
    酒井 康弘, 岡村 卓磨, 星野 瞳, 小林 基弘
    第104回日本病理学会総会 2015年05月 選考有り
    名古屋市
  • 食塩過剰摂取による高血圧と膀胱血流障害に関する実験的研究
    黒川 哲之, 査 新民, 伊藤 秀明, 青木 芳隆, 秋野 裕信, 小林 基弘, 横山 修
    第19回北陸泌尿器科Basic Research Meeting 2015年03月 選考有り 0
  • Superficially-located enlarged lymphoid follicles characterize nodular gastritis
    T.Okamura, Y.Sakai, H.Hoshino, Y.Iwaya, E.Tanaka, M.Kobayashi
    24th Annual conference of the society for Glycobiology 2014年11月 選考有り
    Honolulu(USA)

受託研究

  • がんの低侵襲治療機器開発を行う上で必要となるプロトコールの作成と倫理審査への対応 2015年度
  • マクロ病理における970-1600nm波長の有効性の検討 2015年度
  • マクロ病理における970-1600nm波長の有効性の検討 2016年度

受賞

  •  日本病理学会学術奨励賞2006年05月
  •  日本病理学会学術研究賞2013年11月

科学研究費補助金

  • 胃MALT型悪性リンパ腫におけるLセレクチンリガンド糖鎖の発現と機能解析若手研究(B)
    科学研究費補助金
    代表者:小林基弘
  • 炎症と細胞死を制御するASCに着目したピロリ菌感染と宿主応答基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:谷口俊一郎
  • 潰瘍性大腸炎におけるセレクチンリガンド糖鎖の硫酸化を制御する硫酸転移酵素の解析基盤研究(B)
    科学研究費補助金
    代表者:小林 基弘
  • ヘリコバクター・ハイルマニ関連胃粘膜病変の病態解析と菌体の病原性解析基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:太田浩良
  • M細胞の細胞内粒子透過能をもたらす遺伝子の発現クローニング基盤研究(B)
    科学研究費補助金
    代表者:小林基弘
  • α-ジストログリカン糖鎖の発現からみた前立腺癌の臨床病理学的研究基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:下条久志
  • ヒト大腸癌Caco-2細胞をM細胞に分化させる遺伝子の発現クローニング基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:小林基弘
  • 前立腺癌の神経周囲浸潤におけるジストログリカン糖鎖の発現意義基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:下条久志
  • 人体病理組織および硫酸転移酵素欠損マウスを用いた潰瘍性大腸炎の病態解析基盤研究(C)
    科学研究費補助金
    代表者:小林 基弘 2015年度
  • 前立腺癌の神経周囲浸潤におけるジストログリカン糖鎖の発現意義基盤研究(C)
    代表者:下条 久志 2015年度
  • 人体病理組織および硫酸転移酵素欠損マウスを用いた潰瘍性大腸炎の病態解析基盤研究(C)
    代表者:小林 基弘 2016年度
  • 前立腺癌の神経周囲浸潤におけるジストログリカン糖鎖の発現意義基盤研究(C)
    代表者:下条 久志 2016年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 包括的学生支援システムの構築
    代表者:小林 基弘
    2015
  • 包括的学生支援システムの構築
    代表者:小林 基弘
    2016