山田 雅己

所属部署名生命情報医科学講座 分子生体情報学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/07/23 20:21

研究者基本情報

氏名

    山田 雅己
    マサミ ヤマダ

所属

  •  生命情報医科学講座 分子生体情報学 教授

学歴

  • 1996年.0月- 1997年.0月大阪大学
  • - 1997年.0月筑波大学 生化系専攻
  • - 1993年.3月筑波大学 健康教育学専攻
  • - 1991年.3月東京理科大学 薬学部 製薬学科

学位

  • 博士(医学)

経歴

  • 2006年.0月- 2016年.3月大阪市立大学大学院医学研究科 細胞機能制御医学講座 准教授
  • 2004年.0月- 2005年.1月バージニア大学,Center of Cell Signaling その他
  • 2002年.0月- 2004年.0月欧州分子生物学研究所(EMBL)ハイデンベルグ その他
  • 2002年.0月- 2005年.0月北海道大学遺伝子病制御研究所 助手
  • 2000年.0月- 2000年.0月北海道大学免疫科学研究所 血清学部門 助手
  • 1999年.0月- 1999年.1月北海道大学大学院医学研究科 分子細胞病理学研究室
  • 1999年.0月- 1999年.1月科学技術振興事業団 「脳を守る」プロジェクト その他
  • 1997年.0月- 1999年.0月大阪大学 蛋白質研究所 その他

所属学協会

    大阪市医師会 評議員,日本薬理学会 一般会員,日本神経科学会 一般会員,日本生化学会 その他,日本生化学会 評議員,日本生化学会 一般会員,日本分子生物学会 一般会員,日本細胞生物学会 一般会員,欧州分子生物学研究所(EMBL) その他,アメリカ細胞生物学会 その他,アメリカ細胞生物学会(ASCB) 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Alpha-synuclein facilitates to form short unconventional microtubules that have a unique function in the axonal transport
    S.Toda,M.Jin,M.Yamada,K.kumamoto,SMatsumoto,T.Yasunaga,Y.Fukunaga,A.Miyazawa,S.Fujita,K.Itoh,S.fushiki,H.Kojima,H.Wanibuchi,Y.Arai,T.Nagai,S.Hirotsune
    SCIENTIFIC REPORTS 7(1) 16386 2017年11月 査読有り
  • 神経細胞遊走障害を伴う先天性神経疾患に共通する細胞内物質輸送機構の解明
    山田 雅巳
    2016第一三共生命科学研究振興財団研究報告集・研究助成成果論文 32 232-246 2016年10月 査読無し
  • 神経細胞内ロジスティクスと神経疾患発症メカニズムの関係
    山田 雅巳,新井 由之,永井 健治
    物質・デバイス領域共同研究拠点・平成28年度研究成果報告書 31-31 2017年03月 査読無し

著書

  • ブレインサイエンス・レビュー2017
    山田 雅巳
    分担執筆
    先天性神経疾患に対する新しい治療戦略
    (公財)ブレインサイエンス振興財団 2017年02月
    978-4-87805-150-0

講演・口頭発表等

  • 滑脳症発症に至る分子メカニズムの解明と治療薬の開発
    山田 雅巳
    大阪大学精神科生物学的精神医学研究グループ 第79回統合失調症勉強会 2017年08月
  • Intracellular logistics of LIS1,cytoplasmic dynein and unconventional microtubules.
    M.Yamada
    The American Society for Cell Biology / EMBO Meeting 2017年12月
  • Intracellular logistics of LIS1 and cytoplasmic dynein and lissencephaly
    M.Yamada
    EMBO/EMBL Symposium : Seeing is Believing -Imaging the Processes of Life-Confirmation 2017年10月
  • 生理活性ペプチドを用いる新たながん診断・治療戦略の確立
    山田 雅己,前野 光生
    地域イノベーション戦略プログラム(国際競争力強化地域)「健やかな少子高齢化社会の構築をリードする北陸サイエンスクラスター」成果報告会 2017年07月 一般財団法人北陸産業活性化センター北陸サイエンスクラスター推進室
  • Development of new rapid diagnostic system for differential diagnosis of uterine sarcoma.
    T.Mizutani,M.Maeno,M.Yamada,K.Nishimura
    北陸ライフサイエンスクラスター戦略支援プログラム終了評価・現地ヒアリング 2017年12月 文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム 一般財団法人北陸産業活性化センター北陸ライフサイエンスクラスター推進室
  • 子宮肉腫の鑑別のための新規高感度診断システムの開発
    水谷 哲也,前野 光生,山田 雅巳,西村 研吾
    生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) 2017年12月 第40回日本分子生物学会年会 篠原彰・第90回日本生化学会大会 大野茂男
  • インビトロ神経細胞遊走活性を指標とした新規創薬探索
    山田 雅己
    第15回ライフサイエンスワールド 第13回アカデミックフォーラム 2016年05月

共同研究

  • 核移行関連因子KPNA(IMPα)遺伝子改変マウスの機能解析 2017年度

科学研究費補助金

  • 神経細胞遊走障害を伴う遺伝性疾患に対する創薬探索萌芽研究
    日本学術振興会
    代表者:山田 雅巳 2016年度
  • LIS1-細胞質ダイニンの分子ダイナミクスと滑脳症発症機構の解明基盤研究(B)
    日本学術振興会
    代表者:山田 雅巳 2016年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 細胞内物質輸送を指標にした精神神経疾患への新規治療戦略
    :他機関との共同研究スタート支援
    代表者:山田 雅己

プロジェクト活動

  • 核移行因子の機能解析による精神神経疾患への治療戦略
    公益財団法人上原記念生命科学財団
    研究期間:2017年  代表者:山田 雅巳
  • 神経細胞内の核移動を制御する分子を標的とした新規創薬探索
    公益財団法人 武田科学振興財団
    研究期間:2017年  代表者:山田 雅巳
  • 微小管モータータンパク質の輸送制御因子による細胞内ロジスティックスと滑脳症発症機序
    武田科学振興財団
    研究期間:2016年04月  代表者:山田 雅巳
  • 神経細胞遊走障害に起因する脳神経疾患に対する治療薬の開発
    公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団
    研究期間:2016年11月  代表者:山田 雅巳
  • 神経細胞遊走障害を伴う先天性神経疾患に共通する細胞内物質輸送機構の解明
    第一三共生命科学研究振興財団
    研究期間:2016年04月  代表者:山田 雅巳
  • 神経細胞内ロジスティックスを指標とする新規創薬探索システムの確立
    公益財団法人 内藤記念科学振興財団
    研究期間:2016年10月  代表者:山田 雅巳

教育活動情報

担当授業

  • 生体物質の代謝
  • アドバンストコースⅡ
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 生体情報医科学特論Ⅰ
  • 生体情報医科学特論Ⅱ
  • 生体情報医科学演習
  • 分子生体情報学特論演習
  • 分子生体情報学特論実習