柄谷 和宏

所属部署名バイオ実験機器部門
教員組織バイオ実験機器部門
教育研究組織ライフサイエンス支援センター
職名助教
更新日: 18/12/04 09:01

研究者基本情報

氏名

    柄谷 和宏
    カラヤ カズヒロ
    KARAYA Kazuhiro

所属

  •  バイオ実験機器部門 助教

所属学協会

    国立大学法人生命科学研究機器施設協議会,医学教育学会,日本生化学会,日本分子生物学会,

研究活動情報

論文

  • 実験教育支援のための大学横断型技術研修会(遠隔実習編)
    高木均、柄谷和宏、竹内文也
    生物学・生理学技研報 2018(第29号) 37-40 2018年06月 査読無し
  • Regulation of Id2 expression by CCAAT/enhancer binding protein beta
    K.Karaya, S.Mori, H.Kimoto, Y.Shima, Y.Tsuji, H.Kurooka, S.Akira, Y.Yokota
    Nucleic Acids Res 33 1924-1934 2005年04月 査読有り
  • New gene cluster for lantibiotic streptin possibly involved in Streptolysin S formation
    K.Karaya, T.Shimizu, A.Taketo
    Journal of Biochemistry 129 769-775 2001年 査読有り
  • Suppression of Poly(rC)-Binding Protein 4 (PCBP4) reduced cisplatin resistance in human maxillary cancer cells
    Ito, Yumi;Narita, Norihiko;Nomi, Nozomi;Sugimoto, Chizuru;Takabayashi, Tetsuji;Yamada, Takechiyo;Karaya, Kazuhiro;Matsumoto, Hideki;Fujieda, Shigeharu
    SCIENTIFIC REPORTS 5 2015年

著書

  • 細菌毒素ハンドブック
    柄谷 和宏
    編集
    ストレプトリジンS
    サイエンスフォーラム 2002年

講演・口頭発表等

  • 遠隔医療ネットワークを応用した大学横断型技術研修プロジェクト
    柄谷和宏、五味知治、渡辺良成
    平成28年度北陸地区国立大学学術研究連携支援研究成果報告会 2017年02月 選考有り
  • 遠隔実習システムによる実験教育と研究支援の連携プロジェクト
    柄谷和宏、渡辺良成、西尾和之
    平成29年度北陸地区国立大学学術研究連携支援研究成果報告会 2018年03月 選考有り
  • 遠隔実習による教育支援活動報告と参加協力の要請
    柄谷和宏
    第35回国立大学法人生命科学研究機器施設協議会 2017年11月 選考無し
  • 遠隔実習システムによる実験教育研究支援連携プロジェクト
    柄谷和宏
    Matching HUB Kanazawa 2017 2017年11月 選考無し
  • 遠隔医療センターのウエブ会議システムを利用した大学横断型技術研修会
    柄谷和宏
    第49回日本医学教育学会大会 2017年08月 選考有り 日本医学教育学会
  • 遠隔システムを利用した大学連携による最先端実験実習の試み
    柄谷和宏、五味知治、西尾和之、竹内文也、渡辺良成
    日本生化学会北陸支部第35回大会 2017年06月 選考有り 金沢大学
  • 遠隔医療ネットワークを応用した大学横断型技術研修プロジェクト
    柄谷和宏、五味知治、渡辺良成
    平成28年度北陸地区国立大学学術研究連携支援研究成果報告会 2017年02月 選考無し 北陸先端科学技術大学院大学
  • 技術系職員の実験教育ための大学横断型技術研修プロジェクト
    高木均、柄谷和宏
    第28回生物学技術研究会 2017年02月 選考有り 自然科学研究機構
  • 研究シミュレーションによる大学院教育への取り組み -DNAアレイ関連機器、ソフトの利用率向上における効果-
    柄谷和宏
    第34回国立大学法人生命科学研究機器施設協議会 2016年11月 選考有り 山形大学
  • 遠隔医療ネットワークを応用した大学横断型技術研修プロジェクト
    柄谷和宏、五味知治、竹内文也、渡辺良成
    Matching HUB Kanazawa 2016 2016年11月 選考有り 北陸先端科学技術大学院大学
  • 技術職員のための大学横断型技術研修プロジェクト
    柄谷和宏、山本淳子、高木均、村上茂、定清直
    第89回日本生化学会 2016年09月 東北大学
  • データベースとパスウエイ解析を利用した研究シミュレーションによる大学院教育
    柄谷和宏、安倍博、定清直
    第48回日本医学教育学会 2016年07月 選考有り 大阪医科大学
  • 大学横断型技術研修会(DNAアレイ編)について
    柄谷和宏
    第33回国立大学法人生命科学研究機器施設協議会 2015年11月 選考有り 愛媛大学
  • 大学院教育への応用による高額な年間契約ソフト維持のための取り組み
    柄谷和宏
    第33回国立大学法人生命科学研究機器施設協議会 2015年11月 選考有り 愛媛大学
  • C/EBP beta による Id2 の発現調節の解析
    柄谷 和宏, 島 陽子, 木元 久, 森 誠一, 黒岡 尚徳, 横田 義史
    第77回日本生化学会大会 2004年01月 選考無し
  • Id2 regulates post-developmental phenotype of vascular smooth muscle cells in atherosclerosis in vivo
    H.Aoki, K.Yoshimura, K.R.Katsumura, K.Fukii, K.Karaya, Y.Yokota, M.Matsuzaki
    第26回日本分子生物学会 2003年12月 選考無し
  • C/EBP? regulates the expression of Id2 indirectly
    K.Karaya, H.Kimoto, S.Mori, Y.Yokota
    第76回日本生化学会大会 2003年01月 選考無し
  • Id2 promoter 活性に及ぼす C/EBPbeta の影響
    柄谷 和宏, 森 誠一, 木元 久, 横田 義史
    第75回日本生化学会大会 2002年 選考無し

科学研究費補助金

  • 研究シミュレーションによる新たな医学系大学院教育の確立挑戦的萌芽研究
    代表者:柄谷 和宏 2014年度
  • HLHタンパク質 Id2 を介した生体制御システムの分子基盤基盤研究(B)一般
    代表者:横田 義史 2006年度
  • HLHタンパク質 Id2 を介した生体制御システムの分子基盤基盤研究(B)一般
    代表者:横田 義史 2005年度
  • 研究シミュレーションによる新たな医学系大学院教育の確立挑戦的萌芽研究
    代表者:柄谷 和宏 2015年度
  • 研究シミュレーションによる新たな医学系大学院教育の確立挑戦的萌芽研究
    代表者:柄谷 和宏 2016年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • DNAアレイ実験を行うための実習および実験受託システムの構築
    代表者:柄谷 和宏,

プロジェクト活動

  • 遠隔実習システムによる実験教育と研究支援の連携プロジェクト
    北陸地区国立大学:学術研究支援事業
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:柄谷和宏
  • 遠隔医療ネットワークを応用した大学横断型技術研修プロジェクト
    北陸地区国立大学:学術研究支援事業
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:柄谷和宏

教育活動情報

担当授業

  • 生体物質の代謝
  • 生体物質の代謝
  • 生体物質の代謝
  • 生体物質の代謝
  • アドバンストコースⅣ
  • 実習基礎演習
  • アドバンストコースⅣ
  • 実習基礎演習
  • 実験基礎演習