山内 高弘

所属部署名病態制御医学講座 内科学(1)
教員組織病態制御医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/09/09 10:37

研究者基本情報

氏名

    山内 高弘
    ヤマウチ タカヒロ
    YAMAUCHI Takahiro

所属

  •  病態制御医学講座 内科学(1) 教授

学歴

  • 1992年04月- 1996年03月福井医科大学 生態系
  • 1983年04月- 1989年03月福井医科大学 医学科

学位

  • 博士(医学)

経歴

  • 1996年01月2008-福井大学医学部内科学(1)講師 2007-2008福井大学医学部助教 2003-2006福井大学医学部助手 2001-2003福井医科大学助手 1999-2001MD Anderson Cancer Center postdoctoral fellow 1996-1999福井医科大学助手 1992-1996福井医科大学大学院

所属学協会

    日本臨床腫瘍学会 その他,日本臨床腫瘍学会 その他,日本老年医学会 代議員,日本血液学会 評議員,日本血液学会 その他,日本内科学会  評議員,日本感染症学会 編集委員,日本血液学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本内科学会 その他,日本血液学会 その他,日本臨床腫瘍学会 その他,日本臨床腫瘍学会 その他,日本内科学会 その他,日本内科学会 評議員,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本感染症学会 評議員,日本癌学会 評議員,日本化学療法学会 評議員,日本痛風・核酸代謝学会 その他,米国内科学会(American College of Physicians, ACP) その他,American Society of Pharmacology and Experimental Therapeutics (ASPET) 一般会員,米国内科学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 その他,米国血液学会(ASH) 一般会員,日本痛風核酸代謝学会 評議員,日本血液学会 代議員,日本臨床薬理学会 評議員,日本臨床腫瘍学会 一般会員,米国臨床腫瘍学会(ASCO) 一般会員,日本輸血学会 一般会員,米国癌学会(AACR) 一般会員,日本プライマリーケア学会 一般会員,日本癌治療学会,日本内科学会,日本老年医学会,

研究活動情報

論文

  • 再発・難治・高齢者AMLの治療
    山内 高弘
    臨床血液 57(10) 100-109 2016年10月 査読有り
  • 免疫抑制薬(2)
    山内 高弘、森田 美穂子、上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 24(1) 82-85 2016年
  • 悪性腫瘍と尿酸代謝
    山内 高弘、大岩 加奈、森田 美穂子、上田 孝典
    尿酸と血糖 2(3) 25-29 2016年
  • 再発・難治性急性骨髄性白血病
    細野 奈穂子、山内 高弘
    白血病学(下) 74(10) 94-99 2016年12月
  • 腫瘍崩壊症候群
    山内 高弘、森田 美穂子、上田 孝典
    内分泌・糖尿病・代謝内科 43(1) 51-54 2016年
  • 私のこの一枚(142)
    李 心,山内 高弘
    血液フロンティア 26(4) 3-8 2016年
  • 高齢者AMLの特異性と治療
    細野 奈穂子、山内 高弘
    血液内科 72(5) 574-580 2016年05月
  • 尿酸分解酵素の位置付け
    山内 高弘、上田 孝典
    Nephrology Frontier 15(2) 40-43 2016年06月
  • 血液疾患におけるステロイドの意義
    松田 安史、山内 高弘
    レジデント 9(10) 60-69 2016年10月
  • メチル化阻害薬耐性MDSに対するrigosertib
    細野 奈穂子、山内 高弘
    血液内科 73(5) 676-681 2016年
  • 高尿酸血症と腫瘍崩壊症候群(TLS)
    山内 高弘、森田 美穂子、大岩 加奈、上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 25(1) 72-76 2017年03月
  • 高齢者、再発・難治AMLの治療
    山内 高弘
    血液フロンティア 27(4) 63-69 2017年03月
    特集 急性骨髄性白血病(AML)―新分類・分子病態・治療―
  • 免疫抑制薬(1)
    山内 高弘、森田 美穂子、上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 23(2) 96-98 2015年09月 査読有り
  • 尿酸分解酵素の位置づけ
    山内 高弘、森田 美穂子、上田 孝典
    ModernPhysician 36(3) 244-247 2016年03月 査読有り
  • 健診センターの職員における尿酸値異常症とメタボリックシンドロームとの相関についての解析
    重見 博子,大岩 加奈,森田 美穂子,松田 安史,上田 孝典,山内 高弘
    痛風と核酸代謝 40(1) 60-60 2016年
  • 健診部職員における尿酸値異常症と脂質異常症についての検討
    大岩 加奈,重見 博子,森田 美穂子,松田 安史,上田 孝典,山内 高弘
    痛風と核酸代謝 40(1) 61-61 2016年
  • 造血器疾患/Ⅲ.高尿酸血症の臨床 高尿酸血症の病理・病態 二次性高尿酸血症(畜生過剰型・排泄低下型・混合型)
    山内 高弘、上田 孝典
    日本臨牀 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(9) 125-135 2016年
  • 尿検査(尿中尿酸排泄量検査,尿酸クリアランス・クレアチニンクリアランス)/Ⅲ.高尿酸血症の臨床 高尿酸血症・痛風の検査・診断・治療 検査・診断
    山内 高弘、森田 美穂子、上田 孝典
    日本臨牀 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(9) 171-176 2016年
  • 悪性腫瘍・腫瘍崩壊症候群(TLS)/Ⅲ.高尿酸血症と臨床 高尿酸血症関連疾患とその管理
    山内 高弘、上田 孝典
    日本臨牀  高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(9) 323-326 2016年
  • Combination of panobinostat with ponatinib synergistically overcomes imatinib-resistant CML cells.
    Y.Matsuda,T.Yamauchi,N.Hosono,K.Uzui,E.Negoro ,K.Morinaga,R.Nishi,A.Yoshida,S.Kimura,T.Maekawa,T.Ueda.
    Cancer Sci. 107(7) 1029-1038 2016年07月 査読有り
    T.Yamauchi
  • High Risk of Tumor Lysis Syndrome in Symptomatic Patients with Multiple Myeloma with Renal Dysfunction Treated with Bortezomib.
    K.Oiwa,M.Morita,S.Kishi,M.Okura,T.Tasaki,Y.Matsuda,K.Tai,N.Hosono,T.Ueda,T.Yamauchi.
    Anticancer Res. 36(12) 6655-6662 2016年 査読有り
  • 分子遺伝学的検査にて本邦初の変異と家族内発症が明らかになったLesch-Nyhan variantの一家系
    松田 安史, 山田 裕一, 若松 延昭, 三澤 美和, 江川 克哉, 山内 高弘, 中村 真希子, 長谷川 弘, 市田 公美, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 39(2) 121-128 2015年 査読有り
  • 病型分類法
    山内 高弘, 森田 美穂子, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 23(1) 26-29 2015年03月 査読無し
  • Febuxostat for management of tumor lysis syndrome including its effects on levels of purine metabolites in patients with hematological malignancies. - A single institution’s, pharmacokinetic and pilot prospective study -
    Takai M, Yamauchi T, Ookura M, Matsuda Y, Tai K, Kishi S, Yoshida A, Iwasaki H, Nakamura T, Ueda T
    Anticancer Res 34 7287-7296 2014年12月 査読有り
  • A nelarabine-resistant T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM variant cell line is cross-resistant to the purine nucleoside phosphorylase inhibitor forodesine
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Tasaki T, Ueda T
    Anticancer Res 34(9) 4885-4892 2014年09月 査読有り
  • Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT
    Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H
    Journal of Magnetic Resonance Imaging 2014年08月 査読有り
  • 急性骨髄性白血病の再発予知とWilms’tumor 1 mRNA
    山内 高弘, 上田孝典
    血液内科 68 516-522 2014年06月 査読無し
  • Significantly higher cytokine and chemokine levels in patients with Japanese spotted fever compared with those with tsutsugamushi disease
    Tai K, Iwasaki H, Ikegaya S, Yamauchi T, Ueda T
    J. Clin. Microbiol. 52(6) 1938-1946 2014年06月 査読有り
  • Cytarabine-resistant leukemia cells are moderately sensitive to clofarabine in vitro
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    Anticancer Res 34 1657-1662 2014年04月 査読有り
  • 同種骨髄移植後再発しドナーリンパ球輸注療法により再寛解を得て13年後にSudden Blast Crisisで再発した慢性骨髄性白血病
    大蔵 美幸, 山内 高弘, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 稲井 邦博, 和野 雅治, 松元 加奈, 岩崎 博道, 森田 邦彦, 上田 孝典
    癌と化学療法 41(2) 265-268 2014年02月 査読無し
  • URAT1阻害薬かXO/XDH阻害薬か、特集/高尿酸血症・痛風治療の新しい展開
    山内 高弘, 上田孝典
    医学と薬学 71(2) 235-238 2014年02月 査読無し
  • BIMEL is a key effector molecule in oxidative stress-mediated apoptosis in acute myeloid leukemia cells when combined with arsenic trioxide and buthionine sulfoximine
    Y. Tanaka, T. Komatsu, H. Shigemi, T.Yamauchi, Y.Fujii
    BMC Cancer 14(1)(27) 2014年01月 査読有り
  • CD56 expression is an unfavorable prognostic factor for acute promyelocytic leukemia patients with higher initial WBC counts: Long-term follow-up results of the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG) APL 97 study
    Ono T, Takeshita A, Kishimoto Y, Kiyoi H, Okada M, Yamauchi T, Tsuzuki M, Horikawa K, Matsuda M, Shinagawa K, Monma F, Ohtake S, Nakaseko C, Takahashi M, Kimura Y, Iwanaga M, Asou N, Naoe T
    Cancer Sci 105 97-104, 2014年01月 査読有り
  • Purine analog-like properties of bendamustine underlie rapid activation of DNA damage response and synergistic effects with pyrimidine analogues in lymphoid malignancies
    Hiraoka N, Kikuchi J, Yamauchi T, Koyama D, Wada T, Uesawa M, Akutsu M, Mori S, Nakamura Y, Ueda T, Kano Y, Furukawa Y
    Plos One 9 e90675 2014年01月 査読有り
  • Gemtuzumab ozogamicin and olaparib exert synergistic cytotoxicity in CD33-positive myeloid leukemia HL-60 cells
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    Anticancer Res 34 5487-5494 2014年01月 査読有り
  • Phase I Study of Clofarabine (JC0707) in Adult Patients with Acute Myeloid Leukemia (AML) in Japan
    Suzuki T, Yamauchi T, Ando K, Nagai T, Kakihana K, Miyata Y, Uchida T, Tabata Y, Ogura M
    Jpn J Clin Oncol 47 1177-1183 2013年12月 査読有り
  • A high serum uric acid level is associated with poor prognosis in patients with acute myeloid leukemia
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Takagi K, Matsuda Y, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasaki T, Ikegaya S, Inai K, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(9) 3947-3951. 2013年09月 査読有り
  • 特集:血液病と中枢神経病変 6.薬剤性中枢神経病変 1)シタラビン
    山内 高弘, 上田孝典
    血液フロンティア 23 1253-1260 2013年09月 査読無し
  • Detectable Wilms’ tumor-1 transcription at treatment completion is associated with poor prognosis of acute myeloid leukemia: A single institution’s experience
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Matsuda Y, Takagi K, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasakai T, Ikegaya S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(8) 3335-3340 2013年08月 査読有り
  • Aurora B inhibitor barasertib and cytarabine in combination exert greater-than-additive cytotoxicity against cytarabine-resistant acute myeloid leukemia cells
    Yamauchi T, Uzui K, Shigemi H, Negoro E, Yoshida A, Ueda T
    Cancer Sci 104(7) 926-933 2013年07月 査読有り
  • Novel leukemic cell lines resistant to clofarabine by mechanisms of decreased active metabolite and increased antiapoptosis
    Shigemi H, Yamauchi T, Tanaka Y, Ueda T
    Cancer Science 104(6) 732-9 2013年06月 査読有り
  • Utility of PCR amplification and DNA microarray hybridization of 16S rDNA for rapid diagnosis of bacteremia associated with hematological diseases
    Negoro E, Iwasaki H, Tai K, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Shimadzu M, Ueda t
    Int J Infect Dis 17 e271-276 2013年04月 査読有り
  • Combination of guanine arabinoside and Bcl-2 inhibitor YC137 overcome the cytarabine resistance in HL-60 leukemia cell line
    Nishi R, Yamauchi T, Negoro E, Takemura H,, Ueda T
    Cancer Sci 104 502-507 2013年04月 査読有り
  • 腫瘍崩壊症候群
    山内 高弘, 高井美穂子, 上田孝典
    成人病と生活習慣病 43 529-532 2013年04月 査読無し
  • 好酸球性血管性浮腫
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 152-154 2013年03月 査読無し
  • 好塩基球増加症
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 165-167 2013年03月 査読無し
  • 好塩基球減少症
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 168-169 2013年03月 査読無し
  • Role of hematopoietic stem cell transplantation as salvage treatment for acute promyelocytic leukemia initially treated with all-trans-retinoic acid and chemotherapy: a retrospective analysis of the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG) APL97 study
    Fujita H, Asou N, Iwanaga M, Hyo R, Nomura S, Kiyoi H, Okada M, Tsuzuki M, Matsuda M, Yamauchi T, Ohtake S, Izumi T, Nakaseko C, Ishigatsubo Y, Shinagawa K, Takeshita A, Miyazaki Y, Ohnishi K, Miyawaki S, Naoe T
    Cancer Sci 104 1339-1345 2013年01月 査読有り
  • Early relapse is associated with high serum soluble interleukin-2 receptor after the sixth cycle of R-CHOP chemotherapy in patients with advanced diffuse large B-cell lymphoma
    Yamauchi T, Matuuda Y, Takai M, Tasaki T, Tai K, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 32(11) 5051-5057 2012年11月 査読有り
  • Long-term outcome and prognostic factors of elderly patients with acute promyelocytic leukemia: Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG) APL97 study
    Ono t, Takeshita A, Kishimoto Y, Kiyoi H, Okada M, Yamauchi T, Tsuzuki M, Horikawa K, Matsuda M, Shinagawa K, Monma F, Ohtake S, Nakaseko C, Takahashi M, Kimura Y, Iwanaga M, Asou N, Naoe T
    Cancer Sci 103 1974-1978 2012年11月 査読有り
  • ABL融合遺伝子
    山内 高弘, 上田孝典
    日本臨床 「分子標的薬」 70(supple 8) 41-44 2012年11月 査読無し
  • Induction of DNA strand breaks is critical to predict the cytotoxicity of gemtuzumab ozogamicin against leukemic cells
    Yamauchi T, Matsuda Y, Tasaki T, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Cancer Sci 103(9) 1722-1729 2012年09月 査読有り
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対するmeropenem 1g1日3回投与の臨床的有用性
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 李 心, 高井 美穂子, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    日本化学療法学会雑誌 60(5) 549-552 2012年09月 査読有り
  • 病型分類
    山内 高弘, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 Vol.20 No.2 27-33 2012年09月 査読無し
  • 27.腫瘍融解症候群のマネジメント
    山内 高弘, 上田孝典
    Medicina 49 1409-1411 2012年08月 査読無し
  • III血液 治療関連合併症 17.腫瘍崩壊症候群、
    山内 高弘, 上田孝典
    臨床雑誌 内科 109 1132-1133 2012年06月 査読無し
  • 第12回北陸支部オープンカンファレンスまとめ
    山内 高弘, 細野 奈穂子, 李 心, 見附 保彦, 濱野 忠則, 根本 朋幸, 根来 英樹, 法木 左近
    日本内科学会雑誌 101(4) 1117-1126 2012年04月 査読有り
  • Marked upregulation of Survivin and Aurora-B kinase are associated with disease progression in the myelodysplastic syndromes
    Yoshida A, Zokumasu K, Wano Y, Yamauchi T, Imamura S, Takagi K, Kishi S, Urasaki Y, Tohyama K, Ueda T
    Haematologica 3/16/2012/EPUB(11) 111-123 2012年03月 査読有り
  • Wilms' tumor-1 transcript in peripheral blood helps diagnose acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome in patients with pancytopenia
    Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Tasaki T, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Anticancer Res. 32(10) 4479-4483 2012年01月 査読有り
  • 薬物性高尿酸血症とその対応
    山内 高弘, 上田孝典
    Progress in Medicine 32 55-57 2012年01月 査読無し
  • 病型分類をおこなうときに食事のプリン体を制限する必要があるのでしょうか、
    山内 高弘, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 20 38-39 2012年01月 査読無し
  • 3.シタラビンの作用機序、用量による使い分けと副作用対策
    山内 高弘, 上田孝典
    血液内科 第65巻4号 65 482-487 2012年01月 査読無し
  • Early Diagnosis and Successful Treatment of Idiopathic Autoimmune Factor XIII Deficiency Complicated by Intracerebral Hemorrhage
    Takai, Mihoko, Hosono, Naoko, Kishi, Shinji, Yamauchi, Takahiro, 根石 拡行
    Blood 2012年01月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    内分泌糖尿代謝内科 33 439-444 2011年11月 査読無し
  • Synergistic effects of combination with fludarabine and carboplatin depend on fludarabine-mediated inhibition of enhanced nucleotide excision repair in leukemia
    Kazutaka Takagi, Yasukazu Kawai, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Int J Hematol 2011年09月 査読有り
  • Determination of clofarabine triphosphate concentrations in leukemic cells using sensitive, isocratic high-performance liquid chromatography
    Yamauchi T, Nishi R, Ueda T
    Anticancer Res 31 2863-2867 2011年09月 査読有り
  • 慢性骨髄性白血病とニロチニブ
    山内 高弘, 上田孝典
    癌と化学療法 特集:分子標的薬の二次治療 38 911-915 2011年06月 査読無し
  • 抗がん薬投与による急性高尿酸血症への対応
    山内 高弘, 上田孝典
    日本医師会雑誌 140 284 2011年05月 査読無し
  • 二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    医薬の門 51 250-251 2011年03月 査読無し
  • Characterization of cytarabine-resistant leukemic cell lines established from five different blood cell lineages using gene expression and proteomic analyses
    E.Negoro, T.Yamauchi, Y.Urasaki, R.Nishi, H.Hori, T.Ueda
    Int J Oncol 398(4) 911-919 2011年02月 査読有り
  • Camptothecin induces DNA strand breaks and is cytotoxic in stimulated normal lymphocytes
    Yamauchi T, Yoshida A, Ueda T
    Oncol Rep 25 347-352 2011年02月 査読有り
  • A Phase I study to assess the safety, pharmacokinetics and efficacy of barasertib (AZD1152), an Aurora B kinase inhibitor, in Japanese patients with advanced acute myeloid leukemia
    Tasuboi K, Yokozawa T, Sakura T, Watanabe T, Fujisawa S, Yamauchi T, Uike N, Ando K, Kihara R, Tobinai K, Asou H, Hotta T, Miyawaki S
    Leuk Res 35 1384-1389 2011年01月 査読有り
  • Quantitative estimation of urate transport in nophrons in relation to urinary excretion employing benzbromarone-loading urate clearance tests in cases of hyperuricemia
    Nakamura T, Nishi R, Tanaka T, Takagi K, Yamashita T, 山内 高弘, Ueda T
    Nephron Extra 1(1) 55-68 2011年01月 査読有り
  • Successful administration of recombinant human soluble thrombomodulin α (Recomodulin) for disseminated intravascular coagulation during induction chemotherapy in an elderly patient with acute monoblastic leukemia involving the t(9;11)(p22;q23) MLL/AF9 translocation
    Kazutaka Takagi, Toshiki Tasaki, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Case Reports in Hematology 2011 Article ID 273070, 5 pages 2011年 査読有り
  • Activity of the multi-targeted kinase inhibitor, AT9283, in imatinib-resistant BCR-ABL positive leukemic cells
    R.Tanaka, Squires.MS, S.Kimura, A.Yokota, R.Nagao, T.Yamauchi, M.Takeuchi, H.Yao, M.Reule, Smith.T, Lyon.JF, Thompson.NT, E.Ashihara, Ottmann.OG, T.Maekawa
    Blood 116 2089-2095 2010年12月 査読有り
  • 痛風治療最前線 二次性痛風・高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    Modern Physician 30 1414-1416 2010年11月 査読無し
  • 著明な高尿酸血症、腫瘍融解症候群を併発したBurkitt型急性リンパ性白血病
    松田安史, 山内 高弘, 根来英樹, 中山 俊, 上田孝典
    痛風と核酸代謝 34 17-22 2010年07月 査読有り
  • 尿酸降下薬のトピック ユレートオキシダーゼ製剤
    山内 高弘, 上田 孝典
    メディカル朝日 6 40-41 2010年06月 査読無し
  • 腫瘍融解症候群に即効,強力に作用、ユレートオキシダーゼ製剤
    山内 高弘, 上田孝典
    Medical Tribune 2010年04月 査読無し
  • A new high-performance liquid chromatography method determines low production of 9-β-D-arabinofuranosylguanine triphosphate, an active metabolite of nelarabine, in adult T-cell leukemia cells
    T.Yamauchi, R.Nishi, K.Kitazumi, T.Nakano, T.Ueda
    Oncol Rep 23 499-504 2010年02月 査読有り
  • 薬物性/二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    総合臨床 2010年02月 査読無し
  • 急性骨髄性白血病におけるシタラビン耐性機序と治療反応性
    山内 高弘, 上田孝典
    血液フロンティア 20 31-38 2010年01月 査読無し
  • Intracellular cytarabine triphosphate production correlates to deoxycytidine kinase / cytosolic 5’-nucleotidase II expression ratio in primary acute myeloid leukemia cells
    T.Yamauchi, E.Negoro E, S.Kishi, K.Takagi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Biochem. Pharmacol 77(i12) 1780-1786 2009年06月 査読有り
  • Secondary malignant fibrous histiocytoma following refractory langerhans cell histiocytosis
    H.Misaki, T.Yamauchi, H.Arai, S.Yamamoto, H.Sutoh, A.Yoshida, H.Tsutani, M.Eguchi, H.Nagoshi, H.Naiki, H.Baba, T.Ueda, M.Yamakawa
    J Clin Exp Hematopathol 49(1) 33-37 2009年04月 査読有り
  • 血液疾患に合併する尿酸産生異常とその対策
    山内 高弘, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 17 159-162 2009年03月 査読無し
  • 第8回北陸支部オープンカンファレンスまとめ、症例「急性心筋梗塞の回復期に急変し死亡した高齢糖尿病患者の1剖検例」
    濱野 忠則, 山内 高弘, 紺谷 真, 法木 左近, 中野 顯, 木下圭一
    日内会誌 97(12) 3074-3081 2008年12月 査読無し
  • Carmustine-resistant cancer cells are sensitized to temozolomide due to enhanced mismatch repair during the development of carmustine resistance
    Yamauchi T, Ogawa M, Ueda T
    Mol Pharmacol 74 82-91 2008年04月 査読有り
  • 原発性アミロイドーシスに対する自己末梢血幹細胞移植併用melphalan大量療法
    河合 泰一, 酒巻 一平, 根来 英樹, 大槻 希美, 森永 浩次, 木下 圭一, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 54(4) 497-502 2008年04月 査読有り
  • 自己末梢血幹細胞移植術後に微小残存病変が定性的PCR法で陰性化した形質細胞白血病
    細野奈穂子, 山内 高弘, 中村 徹, 山下太, 上田孝典
    癌と化学療法誌 35 533-537 2008年03月 査読有り
  • Overcoming imatinib resistance using Src inhibitor CGP76030, Abl inhibitor nilotinib, and Abl/Lyn inhibitor INNO-406 in newly established K562 variants with BCR-ABL gene amplification
    K.Morinaga, T.Yamauchi, S.Kimura, T.Maekawa, T.Ueda
    Int J Cancer 122 2621-2627 2008年01月 査読有り
  • イマチニブ600 mgで分子遺伝学的寛解に到達したIFN不応性CML
    山内 高弘, 根来英樹, 河合泰一, 上田孝典
    慢性骨髄性白血病治療症例集 2008年01月
  • 排泄低下型特発性高尿酸血症、
    山内 高弘, 上田 孝典
    日本臨床 66 679-681 2008年 査読無し
  • 薬剤性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田 孝典
    腎と透析 64 493-496 2008年 査読無し
  • Combined low-dose cytarabine, melphalan and mitoxantrone for older patients with acute myeloid leukemia or high-risk myelodysplastic syndrome
    T.Yamauchi, E.Negoro, H.Arai, S.Ikegaya, K.Takagi, H.Takemura, K.Inai, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 27(4C) 2635-2639 2007年07月 査読有り
  • Primary central nervous system lymphoma secretes monocyte chemoattractant protein 1
    R.Kitai, K.Ishisaka, K.Sato, T.Sakuma, T.Yamauchi, Y.Imamura, H.Matsumoto, T.Kubota
    Med Mol Morphol 40(1) 18-22 2007年03月 査読有り
  • Fludarabine-mediated circumvention of cytarabine resistance is associated with fludarabine triphosphate accumulation in cytarabine-resistant leukemic cells
    S, Yamamoto, T.Yamauchi, Y.Kawai, H.Takemura, S.Kishi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Int J Hematol 85(2) 108-115 2007年02月 査読有り
  • 北陸オープンカンファレンスのまとめ
    山内 高弘
    日内会誌 96 1235-1242 2007年 査読無し
  • 多剤併用化学療法と大量療法、造血器腫瘍ー基礎・臨床領域における最新の研究動向
    山内 高弘, 上田 孝典
    日本臨床 増刊 76 369-374 2007年 査読無し
  • 痛風・高尿酸血症に他の疾患を併発したときの薬の使い方、血液疾患
    山内 高弘, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 15 54-57 2007年 査読無し
  • Genomic TDMに基づく白血病治療のテーラーメイド化
    山内 高弘, 上田 孝典
    月刊薬事 49 1365-1371 2007年 査読無し
  • A new, simple method for quantifying gemcitabine triphosphate in cancer cells using isocratic high-performance liquid chromatography
    R.Nishi, T.Yamauchi, T.Ueda
    Cancer Sci. 97(11) 1274-1278 2006年11月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症を見落とさないために、痛風とその関連疾患
    山内 高弘, 上田 孝典
    Medical Practice 23 2085-2088 2006年 査読無し
  • 二次性高尿酸血症、プライマリーケア医のための高尿酸血症・痛風の診かた
    山内 高弘, 上田 孝典
    治療 88 2676-2680 2006年 査読無し
  • A sensitive new method for clinically monitoring cytarabine concentrations at the DNA level in leukemic cells
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Biochem Pharmacol 69 1795-1803 2005年07月 査読有り
  • Successful treatment of primary central nervous system lymphoma in an elderly patient
    Yamauchi, T., Tsutani, T., Ishida, K., Kuwata, A., Fujie, H., Takeuchi, H., Kawai, H., Yoshida, M., Kubota, T., Itoh, H., Ueda, T.
    Geriatr Gerontol Int 5 66-70 2005年04月 査読有り
  • オールトランスレチノイン酸による寛解導入療法施行中に完全房室ブロックによるAdams-Stokes発作を生じた急性前骨髄球性白血病
    山内高弘, 荒井肇, 多賀雅浩, 中野顕, 天谷直貴, 李鍾大, 上田孝典
    臨床血液 46 206-210 2005年03月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症
    山内高弘, 上田孝典
    Modern Physician 24 (8) 1318-1320 2004年08月 査読無し
  • Simple and sensitive method for quantification of fludarabine triphosphate intracellular concentration in leukemic cells using isocratic high-performance liquid chromatography
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    J. Chromatogr. B 799 81-86 2004年04月 査読有り
  • 抗白血病薬の作用機序
    山内高弘, 上田孝典
    内科診療QUESTIONS & ANSWERS 38 228-229 2004年03月 査読無し
  • 代表的抗白血病剤シタラビン (ara-C) 治療における患者白血病細胞DNA内転入ara-Cの微量定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35 100S 2004年01月 査読無し
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35(1) 99s 2004年01月 査読有り
  • Inhibition of repair of carboplatin-induced DNA damage by 9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine in quiescent human lymphocytes
    Takagi K, Kawai Y, Yamauchi T, Ueda T
    Biochem Pharmacol 68(9) 1757-66 2004年 査読有り
  • 抗がん剤とプリン・ピリミジン代謝
    上田 孝典, 山内 高弘, 河合 泰一, 髙木 和貴
    痛風と核酸代謝 28(21) 150-153 2004年 査読有り
  • 化学療法薬と副作用、悪性リンパ腫のすべて
    山内 高弘, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 49 362-367 2004年 査読無し
  • Pharmacological study of modified intermediate-dose cytarabine therapy in patients wih acute myeloid leukemia
    Sutoh, H., Yamauchi, T., Gotoh, N., Sugiyama, M., Ueda, T.
    Anticancer Res 23 5037-5042 2003年12月 査読有り
  • VAD療法によりともに改善が得られた潰瘍性大腸炎を合併した多発性骨髄腫の一例
    山内高弘, 桑田敦, 荒井肇, 道上学, 上田孝典
    血液腫瘍科 47 609-614 2003年09月 査読有り
  • Pharmacokinetics of a standard dose of cytarabine in a patient with acute promyelocytic leukemia undergoing continuous ambulatory peritoneal dialysis
    Takeuchi, M., Yamauchi, T., Yoshida, I., Soda, R., Ueda, T., Takahashi, K.
    Int J Hematol 77 196-198 2003年02月 査読有り
  • Enhanced DNA excision repair in CCRF-CEM cells resistant to 1, 3-bis(2-chloroethyl)-1-nitrosourea, quantitated using the single cell gel electrophoresis (comet) aasay
    Yamauchi, T., Kawai, Y., Ueda, T.
    Biochem Pharmacol Pharmacol. 66: 939-946 2003年01月 査読有り
  • Successful treatment of pyoderma gangrenosum that developed in a patient with myelodysplastic syndrome
    Yamauchi, T., Ishida, K., Iwashima,Y., Ikegaya,S., Kawai,Y., Wakahara, M., kumakiri, M., Ueda,T.
    J Infect Chemother 9 268-271 2003年01月 査読有り
  • 白血病
    山内 高弘, 上田 孝典
    薬局 増刊号 54 923-929 2003年 査読無し
  • Pure red cell aplasia developed into myeloproliferation with myelodysplasia and subsequent leukemia after cyclosporin A therapy
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Int. J. Hematol., 74 514-518 2002年 査読有り
  • An autopsy case of disseminated mucormycosis in a neutropenic patient receiving chemotherapy for the underlying solid malignancy
    Yamauchi T, Ueda T
    J. Infect. Chemother., 8 103-105 2002年 査読有り
  • 1-beta-D-Arabinofuranosylcytosine is cytotoxic in quiescent normal lymphocytes undergoing DNA excision repair
    Yamauchi, T., kawai Y, ueda T
    Cancer Sci 5(1) 66-70 2002年 査読有り
  • UCN-01 inhibits DNA repair and induces cytotoxicity in normal lymphocytes and chronic lymphocytic leukemia lymphocytes
    Yamauchi, T., Keating MJ, Pliunkett W
    Mol. Cancer Ther., 1 287-294 2002年 査読有り
  • Inhibition of nucleotide excision repair by fludarabine in normal lymphocytes in vitro, measured by the alkaline single cell gel electrophoresis (Comet) assay
    Yamauchi, T., Kawai Y, Ueda T
    Cancer Sci 93 567-573 2002年 査読有り
  • Alkylator-induced DNA excision repair in human leukemia CCRF-CEM cells in vitro, measured using the single cell gel electrophoresis (Comet) assay
    Yamauchi T, Kawai Y, Ueda T
    Int. J. Hematol., 76 328-332 2002年 査読有り
  • 慢性リンパ性白血病細胞においてCyclophosphamide活性体により誘導されたDNA障害修復のF-ara-Aによる阻害、
    山内 高弘
    臨床薬理、 33: 149S-150S, 2002年
  • 抗白血病剤フルダラビンヌクレオシド(F-ara-A)による除去修復の阻害、
    山内 高弘
    日本痛風、核酸代謝学会誌、 26: 45, 2002年
  • DNA repair initiated in chronic lymphocytic leukemia lymphocytes by 4-hydroperoxycyclophosphamide is inhibited by fludarabine and clofarabine
    Yamauchi T, Nowak B, keating MJ, Plunkett W
    Clin Cancer Res 7 3580-3589 2001年 査読有り
  • Close correlation of 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate, an intracellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 975-982 2001年 査読無し
  • Acute fatty liver of pregnancy complicated with anterior pituitary insufficiency
    Yamauchi T, Ueda T
    Intern. Med., 40 1227-1231 2001年 査読有り
  • Monitoring of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate in 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low- and conventional- doses
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 546-553 2001年 査読有り
  • Successful treatment of Aspergillus spondylodiscitis with high-dose itraconazole in a patient with acute myelogeneous leukemia
    Takagi K, Yoshida A, Yamauchi T, Yamashita T, Iwasaki H, Tsutani H, Maezawa Y, Baba H, Ueda T
    Leukemia 15 1670-1671 2001年 査読有り
  • Successful salvage treatment with irinotecan (CPT-11) of recurrent malignant lymphoma in an aged patient; CPT-11 pharmacokinetics
    T.Yamauchi, N.Yoshio, A.Yoshida, H.Tsutani, T.Ueda
    Rev. Semin. Oncology 3 42225 2001年 査読無し
  • Ara-CにおけるCellular TDMの臨床応用、
    山内 高弘
    臨床薬理 32: 481S-482S 2001年
  • 癌治療の個別化と展望. Ara-CにおけるCellular TDMの臨床応用、
    山内 高弘
    臨床医薬 17: 1129-1134 2001年
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mycophenolate mofetil
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Fukushima, H.Iwasaki, S.Imamura, Y.Wano, Y.Nemoto, H.Naiki, T.Ueda
    Leukemia Res 24(9) 761-768 2000年09月 査読有り
  • Effect of PSC 833 on the cytotoxicity of idarubicin and idarubicinol in multidrug-resistant K562 cells
    Fukushima T, Yamashita T, Yoshio N, Misaki H, Yamauchi T, Imamura S, Urasaki Y, Ueda T
    Leukemia Res 23 37-42 1999年01月 査読有り
  • Successful salvage treatment of recurrent malignant lymphoma in an aged patient with irinotecan (CPT-11), and CPT-11 pharmacokinetics
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Int J Hematol 69 165-169 1999年 査読有り
  • 細胞内GTP levelの変動から見たIMP dehydrogenase阻害剤とレチノイン酸処理による分化誘導の比較
    稲井 邦博, 津谷 寛, 山内 高弘, 中村 徹, 上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 22(2) 125-132 1998年12月 査読有り
  • Idarubicin and idarubicinol are less affected by topoisomerase II-related multidrug resistance than is daunorubicin
    T.Fukushima, H.Inoue, H.Takemura, S.Kishi, T.Yamauchi, K.Inai, T.Nakayama, S.Imamura, Y.Urasaki, T.Nakamura, T.Ueda
    Leukemia Res 22(7) 625-629 1998年07月 査読有り
  • Clinical pharmacology of intermediate and low-dose cytosine arabinoside (ara-C) therapy in patients with hematologic malignancies
    Ueda t, Matsuyama S, Yamauchi T, Kishi S, Fukuishima T, Tsutani H, Nakamura T, Gotoh N, Masada M
    Adv Exp Med Biol 431 647-651 1998年01月 査読有り
  • 早期の敗血症性ショック,汎発性血管内凝固症候群による急性心筋梗塞を主徴としたレジオネラ感染疑診例
    山内高弘, 山本秀二, 福本雅和, 大山伸幸, 中野 顕, 中山 俊, 岩崎博道, 清水寛正, 津谷 寛, 李 鍾大, 岡田謙一郎, 上田孝典
    感染症学雑誌 72 286-292 1998年 査読無し
  • 誌上討論
    山内 高弘
    内科専門医会誌 10 82-99 1998年 査読無し
  • Differentiation and reduction of intracellular GTP levels in HL-60 and U937 cells upon treatment with IMP dehydrogenase inhibitors
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Nakamura, T.Ueda
    Adv Exp Med Biol 431 549-553 1998年 査読有り
  • Low GTP induces PKC-β-dependent myeloid cell differentiation
    H.Tsutani, K.Inai, T.Yamauchi, T.Nakamura, E.Huberman, T.Ueda
    Adv Exp Med Biol 431 429-432 1998年 査読有り
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mizoribine
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, E.Huberman, T.Nakamura, T.Ueda
    Int J Hematol 66(3) 335-344 1997年01月 査読有り
  • Mizoribineによる骨髄系及び単球系細胞株におけるMMP-9の産生誘導
    津谷 寛, 稲井 邦博, 山内 高弘, 上田 孝典, 中村 徹
    中部リウマチ 27(1) 38-39 1996年02月 査読有り
  • A new sensitive method for determination of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate content in human materials in vivo
    Yamauchi T, Ueda T, Nakamura T
    Cancer Res 56 1800-1804 1996年 査読有り
  • Superior cytotoxic potency of mitoxantrone in interaction with DNA: comparison with that of daunorubicin
    Fukushima T, Kawai Y, Nakayama T, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Imamura S, Kamiya K, Tsutani H, Ueda T, Nakamura T
    Oncol Res 8 95-100 1996年 査読有り
  • 治療抵抗性急性骨髄性白血病に対するcarboplatin併用化学療法の臨床効果
    山内 高弘, 津谷 寛, 中山 俊, 今村 信, 稲井 邦博, 綿谷 須賀子, 田中 経雄, 吉田 明, 岩崎 博道, 福島 俊洋, 遠山 薫, 和野 雅治, 上田 孝典, 中村 徹
    癌と化学療法 21(16) 2843-2847 1994年09月 査読有り
  • Leukemia cells are sensitized to temozolomide, carmustine and melphalan by the inhibition of O-6-methylguanine-DNA methyltransferase
    Arai, Hajime;Yamauchi, Takahiro;Uzui, Kanako;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 10(2) 845-849 2015年08月 査読有り
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群に対する有用性に関する単施設前向き臨床試験
    森田 美穂子;山内 高弘;大蔵 美幸;松田 安史;田居 克規;岸 慎治;吉田 明;岩崎 博道;上田 孝典
    痛風と核酸代謝 39(1) 2015年07月 査読有り
  • 骨髄異形成症候群の細胞株に対するメチル化阻害薬5-aza-2'-deoxycytidineの脱メチル化作用
    西 理恵;山内 高弘;通山 薫;上田 孝典
    痛風と核酸代謝 38(1) 2014年
  • Purine nucleoside phosphorylase阻害薬の培養白血病細胞株における増殖抑制効果
    山内 高弘;上田 孝典
    痛風と核酸代謝 38(1) 95-96 2014年
  • 病型分類別,痛風・高尿酸血症患者におけるフェブキソスタットの血清尿酸降下作用の検討
    山本 徹也;日高 雄二;稲葉 雅章;石村 栄治;大山 博司;角田 弘一;森脇 優司;樋上 謙士;太田原 顕;細谷 龍男;西川 元;谷口 敦夫;上田 孝典;山内 高弘;嶺尾 郁夫;藤森 新;山中 寿
    痛風と核酸代謝 38(1) 2014年
  • Reduced administration of rasburicase for tumor lysis syndrome: A single-institution experience
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Matsuda, Yasufumi;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Kishi, Shinji;Urasaki, Yoshimasa;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 9(5) 2119-2125 2015年05月 査読有り
    T.Yamauchi
  • Decitabine Induced the Cell Differentiation, Decreased Malignant Potential, and Increased Susceptibility to Apoptosis Via a Death Receptor Pathway with Hypomethylation of MS4A3, PAR-4, APITD1, LOX in Myelodysplastic Syndrome Cell Line, MDS-L
    Nishi, Rie;Yamauchi, Takahiro;Ookura, Miyuki;Matsuda, Yasufumi;Tasaki, Toshiki;Tohyama, Kaoru;Ueda, Takanori
    BLOOD 124(21) 2014年
  • Febuxostat for Management ofTumor Lysis Syndrome Including its Effects on Levels of Purine Metabolites in Patients with Hematological Malignancies - A Single Institution's, Pharmacokinetic and Pilot Prospective Study
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Ookura, Miyuki;Matsuda, Yasufumi;Tai, Katsunori;Kishi, Shinji;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Nakamura, Toru;Ueda, Takanori
    ANTICANCER RESEARCH 34(12) 7287-7296 2014年
  • The Response to Induction Therapy Is Crucial for the Treatment Outcomes of Elderly Patients with Acute Myeloid Leukemia: Single-institution Experience
    Tasaki, Toshiki;Yamauchi, Takahiro;Matsuda, Yasufumi;Takai, Mihoko;Ookura, Miyuki;Lee, Shin;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Kishi, Shinji;Yoshida, Akira;Urasaki, Yoshimasa;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ANTICANCER RESEARCH 34(10) 5631-5636 2014年01月 査読有り
  • Gemtuzumab Ozogamicin and Olaparib Exert Synergistic Cytotoxicity in CD33-positive HL-60 Myeloid Leukemia Cells
    Yamauchi, Takahiro;Uzui, Kanako;Nishi, Rie;Shigemi, Hiroko;Ueda, Takanori
    ANTICANCER RESEARCH 34(10) 5487-5494 2014年
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Fujita, Kei;Lee, Shin;Ookura, Miyuki;Kishi, Shinji;Urasaki, Yoshimasa;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 8(4) 1523-1527 2014年01月 査読有り
  • Reduced drug incorporation into DNA and antiapoptosis as the crucial mechanisms of resistance in a novel nelarabine-resistant cell line
    Yamauchi, Takahiro;Uzui, Kanako;Nishi, Rie;Shigemi, Hiroko;Ueda, Takanori
    BMC CANCER 14 547 2014年07月 査読有り
  • Cytarabine-resistant Leukemia Cells Are Moderately Sensitive to Clofarabine In Vitro
    Yamauchi, Takahiro;Uzui, Kanako;Nishi, Rie;Shigemi, Hiroko;Ueda, Takanori
    ANTICANCER RESEARCH 34(4) 1657-1662 2014年
  • Purine Analog-Like Properties of Bendamustine Underlie Rapid Activation of DNA Damage Response and Synergistic Effects with Pyrimidine Analogues in Lymphoid Malignancies
    Hiraoka, Nobuya;Kikuchi, Jiro;Yamauchi, Takahiro;Koyama, Daisuke;Wada, Taeko;Uesawa, Mitsuyo;Akutsu, Miyuki;Mori, Shigehisa;Nakamura, Yuichi;Ueda, Takanori;Kano, Yasuhiko;Furukawa, Yusuke
    PLOS ONE 9(3) 2014年
  • The Adaptation of a Neuroendoscopic Sheath to a Leksell Stereotactic Frame to Make it Suitable for Approaching Small Ventricles: A Technical Note
    Kitai, Ryuheki;Nakano, Kotaro;Hashimoto, Norichika;Arishima, Hidetaka;Yamauchi, Takahiro;Higashino, Yoshifumi;Takeuchi, Hiroaki;Kikuta, Ken-Ichiro
    JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART A-CENTRAL EUROPEAN NEUROSURGERY 75(2) 151-154 2014年
  • BIMEL is a key effector molecule in oxidative stress-mediated apoptosis in acute myeloid leukemia cells when combined with arsenic trioxide and buthionine sulfoximine
    Tanaka, Yukie;Komatsu, Takayuki;Shigemi, Hiroko;Yamauchi, Takahiro;Fujii, Yutaka
    BMC CANCER 14 2014年
  • HYPOXANTHINE GUANINE PHOSPHORIBOSYLTRANSFERASE (HPRT) DEFICIENCIES: HPRT1 MUTATIONS IN NEW JAPANESE FAMILIES AND PRPP CONCENTRATION
    Yamada, Yasukazu;Nomura, Noriko;Yamada, Kenichiro;Kimura, Reiko;Fukushi, Daisuke;Wakamatsu, Nobuaki;Matsuda, Yasufumi;Yamauchi, Takahiro;Ueda, Takanori;Hasegawa, Hiroshi;Nakamura, Makiko;Ichida, Kimiyoshi;Kaneko, Kiyoko;Fujimori, Shin
    NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS 33(4-6) 218-222 2014年
  • Expression of CD56 is an unfavorable prognostic factor for acute promyelocytic leukemia with higher initial white blood cell counts
    Ono, Takaaki;Takeshita, Akihiro;Kishimoto, Yuji;Kiyoi, Hitoshi;Okada, Masaya;Yamauchi, Takahiro;Emi, Nobuhiko;Horikawa, Kentaro;Matsuda, Mitsuhiro;Shinagawa, Katsuji;Monma, Fumihiko;Ohtake, Shigeki;Nakaseko, Chiaki;Takahashi, Masatomo;Kimura, Yukihiko;Iwanaga, Masako;Asou, Norio;Naoe, Tomoki;Japan Adult Leukemia Study Grp
    CANCER SCIENCE 105(1) 97-104 2014年
  • Phase I trial of volasertib, a Polo-like kinase inhibitor, in Japanese patients with acute myeloid leukemia
    Y.Kobayashi,T.Yamauchi,H.Kiyoi,T.Sakura,T.Hata,K.Ando,A.Watabe,A.Harada,T.Taube,Y.Miyazaki,T.Naoe
    Cancer Sci 106 1590-1595 2015年11月 査読有り
  • Prognostic effect of peripheral blood cell counts in advanced diffuse large B-cell lymphoma treated with R-CHOP-like chemotherapy: A single institution analysis
    T.Yamauchi,T.Tasaki,K.Tai,S.Ikegaya,K.Takagi, E.Negoro,S.Kishi,A.Yoshida,H.Iwasaki,T.Ueda
    Oncol Lett 9 851-856 2015年02月 査読有り
    T.Yamauchi
  • TetracyclinesdownregulatetheproductionofLPS-inducedcytokines and chemokinesinTHP-1cellsviaERK,p38,andnuclearfactor-κB signaling pathways
    J.Sun,H.Shigemi,Y.Tanaka,T.Yamauchi,Ueda T,Iwasaki H.
    Biochem Biophys Rep 4 397-404 2015年 査読有り
    H.Shigemi
  • Effects of febuxostat on serum urate level in Japanese hyperuricemia patients
    T.Yamamoto, Y.Hidaka,M.Inaba,E.Ishimura,H.Ooyama,H.Kakuta,Y.Moriwaki,K.Higami,A.Ohtawara,T.Hosoya, H.Nishikawa,A.Taniguchi,T.Ueda,T.Yamauchi, S.Fujimori,I.Mineo,H.Yamanaka
    Mod Rheumatol 25(5) 779-783 2015年09月 査読有り
  • 特集 高尿酸血症と慢性臓器障害:高尿酸血症と悪性腫瘍(基礎・臨床)
    山内 高弘, 上田 孝典
    尿酸と血糖 1(2) 32-35 2015年07月 査読有り
  • 抗がん薬と副作用、リンパ腫学-最新の研究動向-
    山内 高弘, 上田 孝典
    日本臨床 73 377-382 2015年10月 査読無し
  • 白血病診療スキルアップQ&A 高齢者急性骨髄性白血病の治療
    山内 高弘
    LEUKEMIA INSIGHT(3) 2015年10月
  • 外来で診るリンパ腫・骨髄腫 移植非適応の初回治療戦略
    岸 慎治, 山内 高弘
    Medicina 2166-2169 2015年11月
  • Newly recognized cerebral infarctions on postmortem imaging: a report of three cases with systemic infectious disease
    S.Noriki,K.Kinoshita,K.Inai,T.Sakai,H.Kimura,T.Yamauchi,M.Iwano,H.Naiki
    BMC Med Imaging 17(1) 4 2017年01月 査読有り
  • Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT
    Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H
    J Magn Reson Imaging 41(6) 1601-1607 2015年06月 査読有り

著書

  • 今日の診療のために ガイドライン外来診療2017 高尿酸血症・痛風
    山内 高弘,上田 孝典
    分担執筆
    日経メディカル開発 2016年
  • 急性リンパ性白血病(ALL)の基礎と臨床 第Ⅷ章 ALLの新規薬剤・新規治療法 3抗体抱合薬(イノツズマブ・オゾガマイシン)
    細野 奈穂子,山内 高弘 
    分担執筆
    医薬ジャーナル 2016年
  • EBM 血液疾患の治療2017-2018 Ⅲ.白血病 A.急性骨髄性白血病(AML)3再発・難治AMLの治療
    山内高弘
    分担執筆
    中外医学社 2016年
  • 白血病学(上)-最新の基礎,臨床研究- Ⅲ.白血病の生物学と発症機序 抗がん剤による治療関連白血病の発症機構トポイソメラーゼⅡ阻害薬
    細野 奈穂子、山内 高弘
    分担執筆
    日本臨牀社 2016年10月
  • 血液科研修ノート 2 抗癌化学療法薬
    細野 奈穂子、山内 高弘 
    分担執筆
    診断と治療社 2016年.0月
  • 今日の診療のためにガイドライン外来診療2016 高尿酸血症・痛風
    山内 高弘、上田 孝典
    分担執筆
    日経メディカル開発 2016年
  • 実地医家にすぐ役立つ 高尿酸血症・痛風診療ハンドブック
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    尿酸産生過剰型二次性高尿酸血症
    文光堂 2004年11月
  • 臨床薬理の進歩
    山内高弘, 上田孝典
    代表的抗白血病剤シタラビンの患者白血病細胞DNAレベルにおける治療薬物モニタリングの確立
     2005年01月
  • 血液疾患ハンドブック 上巻
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    急性骨髄性白血病のM2
    医薬ジャーナル社 2005年07月
  • 癌治療の新たな試み 新編3
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    新しい抗悪性腫瘍薬を用いたグローバルスタンダード
    医薬ジャーナル社 2005年09月
  • 臨床薬理の進歩
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    代表的抗白血病剤シタラビンの白血病細胞DNA内薬剤濃度の検討
     2006年
  • 新臨床腫瘍学 がん薬物療法専門医のために
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    ⑯抗悪性腫瘍薬の薬理学 5)アルキル化剤、抗生物質
    南江堂 2006年01月
  • 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 36巻
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    急性白血病に使用される薬物
    最新医学社 2006年02月
  • 日本臨床増刊号 造血器腫瘍
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    多剤併用化学療法と大量療法
    日本臨床社 2007年01月
  • 血液疾患ハンドブック 第二版、
    山内 高弘, 上田孝典
    編集
    急性骨髄性白血病のM2
    医薬ジャーナル社 2009年11月
  • 新臨床腫瘍学―がん診療専門研修のために、日本臨床腫瘍学会編、第二版、
    山内 高弘
    執筆、編集
    アルキル化剤、抗生物質
    南江堂 2009年11月
  • 抗悪性腫瘍薬コンサルトブック
    山内 高弘, 上田孝典
    編集
    シタラビン(ara-C)
    南江堂 2010年04月
  • 血液疾患 最新の治療 2011-2013
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    II-4抗がん薬(抗体医薬を除く)
    南江堂 2010年04月
  • 臨床薬理の進歩
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    シタラビンとゲムツズマブオゾガマイシンのがん細胞内薬理・薬物動態に基づく白血病治療のテーラーメイド化
    臨床薬理研究振興財団 2010年06月
  • 血液専門医テキスト
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗がん薬の作用機序と分類
    南江堂 2011年01月
  • 新しい治療と診断のABC36,血液4、急性白血病 改訂第2版
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    急性白血病の管理・治療:急性白血病に使用される薬物
    最新医学社 2012年08月
  • 抗がん薬の臨床薬理
    上田孝典, 山内 高弘
    執筆、編集
    Cytarabineと類似化合物、プリン拮抗薬
    南江堂 2013年01月
  • チーム医療のための血液がんの標準的化学療法
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    アルキル化薬、
    MEDSI 2013年01月
  • 今日の診療のために ガイドライン 外来診療2014
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    高尿酸血症・痛風
    日経メディカル開発 2014年04月
  • 血液専門医テキスト V-2抗がん薬の作用機序と分類
    山内 高弘, 上田 孝典
    分担執筆
    南江堂 2015年
  • ここまで明らかになった尿酸代謝ワールドと高尿酸血症の病態解明 診療と医学の最前線 2)腫瘍崩壊症候群
    山内 高弘, 森田 美穂子, 上田 孝典
    分担執筆
    メディカルレビュー社 2015年06月
  • 最新医学別冊 治療と診断のABC105、高尿酸血症・痛風 第3章 診断:検査所見
    山内 高弘, 森田 美穂子, 上田 孝典
    分担執筆
    最新医学社 2015年06月
  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ 抗悪性腫瘍薬―分子標的治療薬― 3 ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)
    細野 奈穂子, 山内 高弘
    分担執筆
    医薬ジャーナル社 2015年11月
  • 血液疾患診療ハンドブック ~診療の手引きと臨床データ集~ 11 急性骨髄性白血病のM2
    山内 高弘, 上田 孝典
    分担執筆
    医薬ジャーナル社 2015年11月
  • 新薬展望 2016:第Ⅲ部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~ 血液腫瘍治療薬
    細野 奈穂子, 山内 高弘
    分担執筆
    医薬ジャーナル社 2016年01月

講演・口頭発表等

  • がん化学療法に伴う腫瘍崩壊症候群と急性尿酸性腎症に関する後方視的アンケート調査について
    森田 美穂子、山内 高弘
    第64回北陸造血器腫瘍研究会 2017年02月 選考有り
  • 当科における血液疾患に対するCaspofunginの有効性の検討
    田居 克規、伊藤 和広、高井 美穂子、重見 博子、池ヶ谷 諭史、山内 高弘、岩崎 博道
    福井県感染制御研究会 2016年04月
  • 長期治療を想定した診療が必要であったらせん菌菌血症の経験事例
    伊藤 和広、塚﨑 光、田居 克規、重見 博子、山内 高弘、岩崎 博道
    敗血症研究会 2017年03月 選考有り
  • 持続する発熱性好中球減少症に対するアムホテリシンBリポソーム製剤の経験的治療と先制攻撃的治療の無作為割付比較試験
    伊藤 和広、岩崎 博道、田居 克規、山内 高弘、上田 孝典
    第64回北陸造血器腫瘍研究会 2017年02月 選考有り
  • 日本紅斑熱の治療に関する検討
    伊藤 和広、田居 克規、重見 博子、酒巻 一平、山内 高弘、岩崎 博道
    第23回リケッチア研究会 2016年12月 選考有り
  • インド渡航者に発症した神経嚢虫症
    伊藤 和広、田居 克規、重見 博子、矢野 泰弘、高田 伸弘、山内 高弘、岩崎 博道
    敗血症研究会 2016年10月 選考有り
  • 抗菌薬不応のFNに対するカスポファンギンの使用経験
    伊藤 和広、田居 克規、重見 博子、山内 高弘、岩崎 博道
    Caspofungin Expert Forum 2016年09月 選考有り
  • BRAF V600遺伝子変異陽性の悪性黒色腫に対しdabrafenibとtrametinibの併用療法が奏功した1例
    位田 奈緒子、藤田 慧、松田 安史、田居 克規、細野 奈穂子、山内 高弘
    第231回日本内科学会北陸地方会 2017年03月 選考有り 日本内科学会北陸地方会
  • 福井大学での血液がん化学療法における支持療法の取り組み
    山内 高弘
    がんサポーティブケアセミナーin出雲 2017年03月 選考無し 大鵬薬品工業㈱
  • がんの話・痛風の話
    山内 高弘
    第8回堺・黒土病診連携ネットワーク 2017年03月 選考無し 医療法人方佑会植木病院、大鵬薬品工業㈱
  • 急性白血病の化学療法 Pharmacologically-directed chemotherapy
    山内 高弘
    第16回血液腫瘍フォーラム 2017年03月 選考無し 血液腫瘍フォーラム、三重大学がんセンター、大日本住友製薬㈱
  • 福井大学での血液癌化学療法における支持療法の取り組み
    山内 高弘
    東南埼玉血液腫瘍マネジメントセミナー 2017年02月 選考無し 大鵬薬品工業㈱
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント
    山内 高弘
    腫瘍崩壊症候群 講演会 2017年02月 選考無し 帝人ファーマ㈱
  • 痛風・高尿酸血症のガイドラインの今後と最近の話題
    山内 高弘
    尿酸マネジメントセミナーin南加賀 2017年02月 選考無し ㈱スズケン、㈱三和化学研究所
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント―多発性骨髄腫におけるリスク因子―
    山内 高弘
    TLS Online 2016年11月 選考無し サノフィ㈱
    web講演会
  • 福井大学での血液癌化学療法における支持療法の取り組み
    山内 高弘
    富山血液癌治療・マネジメントセミナー 2016年09月 選考無し 大鵬薬品工業㈱
  • 抗腫瘍薬のがん細胞内総合的薬理解析に基づく白血病治療の基礎的検討
    山内 高弘
    第38回京阪血液研究会 2016年09月 選考無し
  • 福井大学での血液癌化学療法における支持療法の取り組み
    山内 高弘
    Kanazawa Hematology Seminar 2016年09月 選考無し 大鵬薬品工業㈱
  • 痛風・高尿酸血症のガイドラインの今後と最近の話題
    山内 高弘
    尿酸マネジメントセミナーin滑川 2016年07月 選考無し 三和化学研究所
  • 福井大学での血液癌化学療法における支持療法の取り組み
    山内 高弘
    内灘制吐療法勉強会 2016年07月 選考無し 大鵬薬品工業㈱
  • 臍帯血移植後に二次性ITPを発症した急性骨髄性白血病
    松本 玲奈,伊藤 和広,細野 奈穂子,松田 安史,田居 克規,酒巻 一平,青木 剛,山﨑 宏人,中尾 眞二,山内 高弘
    第34回日本血液学会北陸地方会 2016年07月 選考有り 日本血液学会北陸地方会
  • 多発肺病変をみとめた多発性骨髄腫の1例
    松岡 紗恵、松本 玲奈、塚崎 光、山本 雄也、大岩 加奈、伊藤 和広、松田 安史、田居 克規、細野 奈穂子、山内 高弘
    第230回日本内科学会北陸地方会 2016年09月 選考有り 日本内科学会北陸支部
  • インド渡航者に発症した神経嚢虫症
    伊藤 和広、田居 克規、重見 博子、稲井 邦弘、矢野 泰弘、高田 伸弘、山内 高弘、岩崎 博道
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2016年11月 選考有り 日本感染症学会中日本地方会
  • 本学附属病院におけるインフルエンザ院内感染事例の解析
    重見 博子、伊藤 和広、田居 克規、山内 高弘、岩崎 博道
    第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2016年11月 選考有り 日本感染症学会西日本地方会
  • 造血器腫瘍患者におけるMRSA菌血症の予後
    田居 克規、伊藤 和広、重見 博子、山内 高弘、岩崎 博道
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2016年11月 選考有り 日本感染症学会中日本地方会
  • 外来通院化学療法にて経過良好である再発性左上顎がんの1症例 
    重見 博子、細野 奈穂子、片山 寛治、菅野 麻央、加藤 幸宣、藤枝 重治、山内 高弘 
    日本老年医学学会北陸地方会 2016年10月 選考有り 日本老年医学学会北陸地方支部
  • 頭痛、視野障害を主訴に発見された脳有鈎嚢虫症
    松本 玲奈、伊藤 和広、田居 克規、川尻 智士、北井 隆平、矢野 泰弘、高田 伸弘、山内 高弘、岩崎 博道
    第34回北陸病害動物研究会 2016年07月 選考有り 北陸病害動物研究会
  • 帯状疱疹罹患後にElsberg症候群を合併した急性前骨髄球性白血病患者の1例
    山本 雄也、田居 克規、岸 慎治、山内 高弘
    第229回日本内科学会北陸地方会 2016年06月 選考有り 日本内科学会北陸支部
  • 無菌室病棟で発生したアスペルギルス症の検討
    重見 博子、田居 克規、伊藤 和広、室井 洋子、松山 千夏、山内 高弘、岩崎 博道 
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考有り 日本環境感染学会
  • 小児科病棟におけるBacillus cereus菌血症の後方視的検討
    松山 千夏、重見 博子、田居 克規、伊藤 和広、室井 洋子、山田 xx、大島 勇成、山内 高弘、岩崎 博道
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考有り 日本環境感染学会
  • 院内保育所で発生したアデノウイルス感染のアウトブレイクに関する検証 
    室井 洋子、重見 博子、田居 克規、伊藤 和広、松山 千夏、山内 高弘、岩崎 博道
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考有り 日本環境感染学会
  • Using Rasburicase for tumor lysis syndrome with hematological malignancies and electrolytic changes
    H Shigemi,M Kawamichi,T Hosoya,R Matsumoto,S Matsuoka,H Tsukasaki,Y Yamamoto,K Oiwa,K Itoh, M Ookura,Y Matsuda,T Tasaki,M Morita,K Tai,N Hosono,I Sakamaki,T Ueda,T Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • AML-Score、AML-Scoreの各変数因子、ならびにPSを用いた高齢者AML自験28例の検討
    多崎 俊樹、細野 奈穂子、塚崎 光、 山本 雄也、大岩 加奈、伊藤 和広、大蔵 美幸、 松田 安史、田居 克規、酒巻 一平、 山内 高弘
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • Peripheral monocytosis as an initial presentation in a patient with diffuse large B cell lymphoma
    M.Matsumoto,Y.Matsuda,I.Sakamaki,H.Tsukasaki,Y.Yamamoto,K.Oiwa,K.Itoh,K.Tai,N.Hosono,S.Kishi,T.Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • Two cases of cryptococcosis with hematological malignancies diagnosed by blood culture.(造血器悪性腫瘍患者の末梢血幹細胞採取におけるpoor mobilizersの予測)
    K Ito,H Iwasaki,K Tai,H Shigemi,I Sakamaki,T Ueda,T Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • The risk factors of tumor lysis syndrome in symptomatic myeloma treated with new agents(新規薬剤による症候性骨髄腫治療における腫瘍崩壊症候群のリスク因子)
    大岩加奈, 岸 慎治, 森田美穂子, 大藏美幸,多崎俊樹,松田安史,田居克規,細野奈穂子,上田孝典,山内高弘
    第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016年07月 選考有り 日本臨床腫瘍学会
  • テトラサイクリン系抗菌薬のサイトカイン産生及びオートファジー誘導による生体防御に与える影響
    重見 博子、酒巻 一平、伊藤 和広、田居 克規、山内 高弘、岩崎 博道
    第64回日本化学療法学会総会 2016年06月 選考有り 日本化学療法学会
  • 高度の寒冷凝集素症を合併した非Hodgkinリンパ腫
    大岩 加奈, 岸 慎治, 大藏 美幸, 松田 安史, 浦崎 芳正, 山内 高弘
    第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016年04月 選考有り 日本輸血・細胞治療学会
  • 新規プリンヌクレオシドアナログForodesine耐性白血病細胞株の樹立
    大岩 加奈, 細野 奈穂子, 西  理恵, 上田 孝典, 山内 高弘
    第50回日本痛風核酸代謝学会 2017年02月 選考有り 日本痛風・核酸代謝学会
  • 本学附属病院通院治療センターの利用状況
    笹川 良明、重見 博子、吉田 尚美、小川 奉心、吉田 薫、小寺 美智子、細野 奈穂子、片山 寛次、山内 高弘
    第54回日本癌治療学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本癌治療学会
  • The clinical characteristics of t-MDS/t-AML; 18 cases of single institution experience
    Y.Yamamoto,N.Hosono,H.Tsukasaki,K.Oiwa,K.Ito,M.Ookura,T.Tasaki,Y.Matsuda,K.Tai,I.Sakamaki,S.Ikegaya,S.Kishi,Y.Urasaki,A.Yoshida,T.Ueda,T.Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • Survivin inhibitor YM155 exerts potent cytotoxicity against quiescent (G0/G1) myeloma cells
    M.Ookura,S.Kishi,T.Yamauchi,T.Ueda,A.Yoshida.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント
    山内 高弘
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
    コーポレートセミナー
  • Prediction for poor mobilization of PBSC in patients with hematological malignancy
    K.Oiwa,S.Kishi,R.Matsumoto,H.Tsukasaki,Y.Yamamoto,K.Ito,M.Ookura,T.Tasaki,M.Morita,Y.Matsuda,K.Tai,N.Hosono,S.Ikegaya,I.Sakamaki,Y. Urasaki,A.Yoshida,H.Iwasaki,T.Ueda,T.Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • Diagnostic value of presepsin for early detection of bacterial infection in hematological diseases
    H.Tsukasaki,K.Ito,K.Tai,Y.Yamamoto,K.Oiwa,Y.Matsuda,N.Hosono,S.Ikegaya,I.Sakamaki,S.Kishi,Y.Urasaki,H.Iwasaki,T.Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • Comparison of the efficacy of Initial recommended antibiotics against febrile neutropenia associated with hematologic disease(血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対する初期推奨抗菌薬3剤の有効性の比較)
    K.Tai,K.Ito,H.Shigemi,T.Yamauchi,H.Iwasaki
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • 新規テトラサイクリン系チゲサイクリンはカスパーゼ3,9経路とNFkB経路を介して急性白血病HL60細胞株に有効である
    重見 博子,大蔵 美幸,岩崎 博道,山内 高弘
    第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 選考有り 日本癌学会
  • テトラサイクリン系抗菌剤のTHP-1細胞におけるTNF-alfa及びIL-8産生修飾作用とオートファジー修飾作用の検討
    重見 博子,孫 健,伊藤 和広,田居 克規,山内 高弘,岩崎 博道
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考有り 日本感染症学会
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対する初期推奨抗菌薬3剤の有効性の比較
    田居 克規,伊藤 和広,池ヶ谷 諭史,山内 高弘,岩崎 博道
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考有り 日本感染症学会
  • CHOP療法でのvincristineとdoxorubicinのPK/PD相関
    岸 愼治、五十嵐 敏明,山内 高弘
    第37回日本臨床薬理学会学術総会 2016年12月 選考有り 日本臨床薬理学会
  • 再発・難治・高齢者AMLの治療
    山内 高弘
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 日本血液学会
    教育講演
  • The Good Correlation between Amp-CML and International Scale by RQ-PCR in the patients with CML.-A single institution experience
    M.Ookura,N.Hosono,Y.Matsuda,K.Tai,I.Sakamaki,S.Kishi,Y.Urasaki,T.Yamauchi.
    第7回日本血液学会(JSH)国際シンポジウム 2016年05月 選考有り
  • Tetracyclines modulate cytokine production and induce autophagy in THP-1 cells.
    H.Shigemi,K.Itoh,K.Tai,Y.Fujitomo,T.Yamauchi,H.Iwasaki.
    International meeting of Emerging Diseases and Surveillence (IMED) 2016 2016年11月 選考有り
  • Clear correlation between reduction of WT1 and the efficacy of Azacitidine.
    N.Hosono,H.Tsukasaki,Y.Yamamoto,K.Oiwa,K.Ito,M.Ookura,T.Tasaki,Y.Matsuda,K.Tai,I.Sakamaki,S.Ikegaya,S.Kishi,Y.Urasaki,T.Ueda,T.Yamauchi.
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考有り 日本血液学会
  • 白血病治療と核酸代謝
    山内 高弘
    第49回日本痛風・核酸代謝学会総会 2016年02月 日本痛風・核酸代謝学会
  • 発熱・汎血球減少を契機に診断された高齢者HIV感染症の一例
    松本 玲奈, 新家 裕朗, 田居 克規, 岩崎 博道, 山内 高弘, 上田 孝典
    日本内科学会北陸地方会 2015年03月 選考無し 0
  • 福井大学医学部血液・腫瘍内科における展望
    山内 高弘
    武田薬品工業株式会社 社内教育勉強会 2015年07月 武田薬品工業株式会社
  • 抗体医薬を用いた血液疾患、膠原病の治療
    山内 高弘
    第14回福井大学医学部同窓会白翁会総会並びに学術講演会 2015年08月 選考無し
  • 血液と血液がんの理解
    山内 高弘
    NPO法人血液情報広場つばさフォーラムin佐賀 血液がん-より良い治療とより良い治癒- 2015年09月 NPO法人血液情報広場・つばさ
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント
    山内 高弘
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考無し 第77回日本血液学会学術集会、サノフィ株式会社
    コーポレートセミナー1-7
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント-尿酸酸化酵素製剤と尿酸生成抑制薬を用いて-
    山内 高弘
    第45回日本腎臓学会西部学術大会 2015年10月 第45回日本腎臓学会西部学術大会、株式会社三和化学研究所
    ランチョンセミナー演者
  • 臨床腫瘍学とがん化学療法の進歩 ~白血病を例に~
    山内 高弘
    福井市医師会白翁クラブ学術講演会 2015年12月 福井市医師会白翁クラブ
  • 抗腫瘍薬領域におけるTDM
    山内高弘, 上田孝典
    日本臨床薬理学会年会(受賞講演) 2005年12月
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株におけるSrcキナーゼ阻害剤の併用効果
    森永浩次, 山内高弘, 上田孝典
    第26回日本臨床薬理学会年会 2005年12月
  • イマチニブ600mgを使用し分子遺伝学的寛解に到達したインターフェロン不応性慢性骨髄性白血病
    山内 高弘, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 吉田 明, 武村 晴行, 岩崎 博道, 上田 孝典, 今村 信
    CML研究会 2005年11月 選考無し
  • 新規抗がん剤テモゾロミドのカルムスチン耐性細胞における殺細胞効果
    山内高弘, 小川真実, 森貞亜紀子, 上田孝典
    日本癌学会総会(ワークショップ), 抗がん剤耐性(2) 2005年09月
  • 代表的抗白血病剤シタラビンの細胞内活性体シタラビン3リン酸の生成と関連タンパクの検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    第67回日本血液学会第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月
  • Carboplatin誘発DNA障害に誘導されたDNA修復を標的としたFludarabine併用による抗腫瘍増強効果の検討
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • 大腿骨骨折を併発した悪性リンパ腫の1例
    武村晴行, 荒井 肇, 岸 慎治, 山内高弘, 河合泰一, 吉田 明, 岩崎博道, 上田孝典, 佐藤竜一郎
    第197回内科北陸地方会 2005年09月
  • Ara-C耐性造血器悪性腫瘍細胞株の樹立と交叉耐性の検討
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • 血液疾患に合併した敗血症におけるマイクロアレイを用いた遺伝子診断の有用性
    根来 英樹, 岩崎 博道, 細野 奈穂子, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 山内 高弘, 河合 泰一, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸, 上田 孝典
    第53回日本化学療法学会総会 2005年05月 選考有り
  • Low level of cross-resistance to cytidine analogs in a 9-B -D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine-resistant variant of L1210 mouse leukemia cells
    Kawai, Y., Yoshio, N., Yamauchi, T., Ueda, T.
    96th Annual meeting of American Association for Cancer Resarch 2005年04月
  • Inhibition of carboplatin-induced DNA repair by 9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine in both proliferating and quiescent cells with different combinational effect
    Takagi, K., Kawai, Y., Yamauchi, T., Ueda, T.
    96th annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR) 2005年04月
  • Temozolomide is cytotoxic to carmustine-resistant CCRF-CEM cells due to the mismatch repair function restored during the development of carumustine-resistance
    Yamauchi, T., Ogawa, M., Morisada, A., Ueda, T.
    96th annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR) (late-breaking abstract session) 2005年04月
  • ヌクレオシドアナログによるDNA除去修復阻害効果の比較
    山内 高弘, 高木 和貴, 山本 秀二, 河合 泰一, 上田 孝典
    第38回痛風核酸代謝学会 2005年02月
  • 救命できたものの原因疾患の特定に難渋したDICおよび多臓器不全の1例
    信川泰成, 江口広毅, 立山博一, 鈴木久人, 安田善一, 山内高弘, 上田孝典, 福田 悟
    第32回日本集中治療医学会学術集会 2005年02月 選考有り
  • 静止期ヒトリンパ球におけるcarboplatin誘発DNA損傷の修復に対する9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenineの阻害効果
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    福井Blood and Circulation フォーラム 2004年12月
  • FLAGMの登録状況とシタラビン・フルダラビン併用効果のシタラビン耐性細胞における基礎的な検討と患者白血病におけるパイロットデータ
    山内高弘, 宮脇修一
    厚生労働科学研究費補助金・効果的医療技術の確立推進臨床研究事業『難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究』班 (大野班), 厚生労働省がん研究助成金『成人難治性白血病の分子生物学的特徴に基づく治療法に関する研究』班(直江班)平成16年度第2回合同班会議プログラム 2004年12月
  • 喀血で発症し3年間の経過を観察しえたリンパ増殖性肺疾患の一例
    加藤桂子, 高橋秀房, 河原栄, 山内高弘
    第65回日本結核病学会,第54回日本呼吸器学会,第39回日本呼吸器内視鏡学会,第24回日本サルコイド-シス学会,合同北陸地方会 2004年11月
  • 救命できたものの原因疾患の特定に難渋したDICおよび多臓器不全の1例
    信川泰成, 安田善一, 山内高弘, 上田孝典, 福田 悟
    第2回「北陸DIC研究会」 2004年11月 選考有り
  • シタラビンによるDNA修復阻害とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法の効果
    山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 慎治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 高木 和貴, 根来 英樹, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会合同開催 2004年09月
  • 代表的抗白血病剤シタラビンのGenomic TDMに基づく白血病治療のテーラーメイド化
    山内高弘, 上田孝典
    第25回日本臨床薬理学会年会. 抗がん剤におけるTDM, 進歩と展望 2004年09月
  • シタラビンによるDNA損傷修復の阻害効果とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法
    山内高弘, 上田孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会 2004年09月
  • 活性化正常リンパ球におけるカンプトテシンによるDNA鎖切断と殺細胞効果の増強
    山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 武村 晴行, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株の樹立およびSrcキナーゼインヒビターによる耐性克服の試み
    森永 浩次, 山内 高弘, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 岩崎 博道, 吉田 明, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • 血液疾患に併発した敗血症起炎菌のマイクロアレイを用いた遺伝子診断
    根来 英樹, 岩崎 博道, 荒井 肇, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会同時期開催. 血液感染症の診断と治療 2004年09月 選考有り
  • ATRAによる寛解導入療法施行中に房室ブロックを生じた急性前骨髄球性白血病の一例
    荒井 肇, 山内 高弘, 多賀 雅浩, 岩崎 博道, 浦崎 芳正, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 稲井 邦博, 武村 晴行, 上田 孝典
    第22回日本血液学会北陸地方会 2004年07月 選考有り
  • 二系統の血球減少に引き続き、末梢血中に空胞を有する細胞が出現した原発性胆汁性肝硬変の一例
    田居 克規, 岸 愼治, 河合 泰一, 山内 高弘, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 大野 克
    第416回福井県内科臨床懇話会 2004年07月 選考無し
  • インターフェロン不応性となりグリベックを使用した移行期慢性骨髄性白血病の1例
    池田 裕之, 高木 和貴, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 武村 晴行, 上田 孝典, 浦崎 芳正
    第193回日本内科学会北陸地方会 2004年06月 選考有り
  • 原発性胆汁性肝硬変に、Burkitt's Lymphoma白血病化を合併した一例
    田居 克規, 稲井 邦博, 滝本 伸夫, 大野 克, 河合 泰一, 岸 愼治, 山内 高弘, 武村 晴行, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第38回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2004年05月 選考有り
  • New quantitation method for monitoring cytarabine incorporated into DNA of leukemic cells from patients receiving cytarabine therapy
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    95th Annual Meeting of AACR 2004年03月
  • 静止細胞においてcarboplatinにより誘導されたDNA修復を標的としたF-ara-Aの修復阻害効果のcomet assayによる定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第2回日本臨床腫瘍学会 2004年03月
  • 急性前骨髄球性白血病の分子再発に対する自己末梢血幹細胞移植
    根来 英樹, 河合 泰一, 荒井 肇, 山内 高弘, 岸 愼治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第16回福井造血幹細胞移植研究会 2004年03月 選考無し
  • 臨床研究に対する福井大学病院治験管理センターの関わり
    白波瀬正樹, 渡辺享平, 藤田純子, 渡辺典子, 矢野七恵, 五十嵐敏明, 山内高弘, 上田孝典, 後藤伸之, 脇屋義文, 政田幹夫
    日本薬学会第124年会 2004年03月 選考有り
  • 抗がん剤とプリン・プリミジン代謝
    上田 孝典, 山内 高弘, 河合 泰一, 高木 和貴
    日本痛風・核酸代謝学会. 核酸代謝への多角的アプローチとトランスレーショナルメディスン 2004年02月
  • 代表的抗白血病剤シトシンアラビノシドの白血病細胞DNA内薬剤転入量の検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 山本 秀二, 上田 孝典
    第37回日本痛風・核酸代謝学会総会 2004年02月
  • 新鮮白血病細胞におけるaphidicolinとcytosine arabiniosideとの併用効果
    河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第37回日本核酸・痛風代謝学会総会 2004年02月
  • 抗白血病剤シタラビン (ara-C) によるアルキル化剤のDNA損傷修復の阻害と殺細胞効果の増強
    上田孝典, 山内高弘
    厚生労働科学研究費補助金・難治性疾患克服研究事業特発性造血障害に関する調査研究班 (小峰班), 重点研究:骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班 (三谷班) 平成15年度第2回合同班会議総会 2004年01月
  • FLAGM療法におけるara-CのCellular TDMによるPK/PD相関の検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    厚生労働省難治性白血病に対する標準的治療の確立に関する研究班 2003年12月
  • 代表的抗白血病剤シタラビン(ara-C)治療における患者白血病細胞DNA内転入ara-Cの微量定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    日本臨床薬理学会総会 2003年12月
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    第24回日本臨床薬理学会年会 2003年12月 選考有り
  • 急性リンパ性白血病治療経過中に発症し、高βーDグルカン値が遷延した難治性多発肝・脾膿瘍の治療経験
    村上 究, 荒井 肇, 山本 秀二, 木下 圭一, 吉田 明, 河合 泰一, 山内 高弘, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 丸田 みちる, 富士 榮博昭, 津谷 寛
    第191回日本内科学会地方会 2003年09月 選考無し
  • Carboplatinにより誘導されたDNA修復を標的としたFludarabineのヒトリンパ球における効果
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • アルキル化剤耐性化白血病細胞株CCRF-CEMにおけるDNA除去修復機能の亢進とコメットアッセイによる定量
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • 難治性B細胞性リンパ腫に対するリツキシマブを用いた自家末梢血幹細胞移植併用超大量療法
    荒井 肇, 森永浩治, 根来英樹, 木下圭一, 山本秀二, 山内高弘, 河合泰一, 今村 信, 吉田 明, 浦崎芳正, 津谷 寛, 上田孝典, 岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 稲井邦博
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • VAD療法により共に改善が見られた潰瘍性大腸炎を合併した多発性骨髄腫
    山内高弘, 桑田敦, 荒井肇, 道上学, 上田孝典
    第65回日本血液学会総会,第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • Comet assayを用いたcarboplatin-induced DNA repairとFludarabineによる修復阻害効果の定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時期開催 2003年08月
  • ara-C大量療法の現状とTDMの試み
    山内高弘, 上田孝典
    北陸造血器腫瘍研究会 2003年08月
  • 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月 選考有り
  • ? 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月
  • 高度の腋窩リンパ節転移を伴った非触知乳癌の2例
    前田浩幸, 石田 誠, 堀田幸次郎, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 廣瀬和郎, 山口明夫, 山内高弘, 上田孝典, 法木左近, 今村好章
    第10回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2003年04月
  • RAの経過中にループス腎炎を合併した一生検例
    大越忠和, 木村記代, 町口敏彦, 李 軒, 木村秀樹, 吉田治義, 山内高弘, 上田孝典
    第8回福井腎症疾患研究会 2003年03月
  • 精巣,中枢病変を認めたCD5陽性diffuse large cell lymphoma
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 井内 里恵, 佐藤 義高, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 今村 信, 津谷 寛, 上田 孝典, 今村 好章
    第37回リンパ増殖性疾患検討会 2003年03月 選考無し
  • 正常リンパ球と慢性リンパ性白血病細胞におけるUCN-01によるDNA修復阻害と殺細胞効果の増強
    山内高弘, Mechael, K., William, P., 上田孝典
    第一回日本臨床腫瘍学会総会 2003年02月
  • Carboplatinにより誘導されたDNA damageとFludarabine(F-ara-A)による修復阻害効果の定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • 高速液体クロマトグラフィー法を用いた抗白血病剤フルダラビンの細胞内活性体9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine (F-ara-ATP)新定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • YM155 Exerts Potent Cytotoxic Activity Against Quiescent (G0/G1) Multiple Myeloma and Bortezomib Resistant Cells Via Inhibition of Mcl-1 and Survivin
    M.Ookura,T.Fujii,S.Kishi,H.Shigemi,N.Hosono, T.Yamauchi,T.Ueda,A.Yoshida
    57th ASH Annual Meeting 2015年12月
  • 悪性リンパ腫患者におけるvincristineの薬物動態と副作用、治療効果の検討
    岸 慎治, 五十嵐 敏明, 東 高士, 細野 奈穂子, 浦崎 芳正, 矢野 良一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第36回日本臨床薬理学会学術総会 2015年12月
  • 核酸代謝に関係する薬剤―抗腫瘍薬―
    山内 高弘
    第49回日本痛風・核酸代謝学会総会 2016年02月
  • The PS and the time to the first relapse predicts outcome for patients with relapsed DLBCL
    新家 裕朗, 岸 慎治, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 森田 美穂子, 田居 克規, 細野 奈穂子, 池ヶ谷 諭史, 酒巻 一平, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 山内 高弘
    第77回日本血液学会学術総会 2015年10月
  • The risk factors of tumor lysis syndrome in patients with multiple myeloma
    森田 美穂子, 岸 慎治, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 松田 安史, 田居 克規, 細野 奈穗子, 池ヶ谷 諭史, 酒巻 一平, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 山内 高弘
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月
  • Survivin inhibitor YM155 overcomes the resistance to bortezomib in multiple myeloma
    大蔵 美幸, 岸 慎治, 藤井 達也, 重見 博子, 細野 奈穂子, 上田 孝典, 山内 高弘, 吉田 明
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月
  • Prognostic significance of epigenetic silencing of BIM in aggressive non-Hodgkin lymphoma
    細野 奈穂子, 岸 慎治, 浦崎 芳正, 池ヶ谷 諭史, 津谷 寛, 上田 孝典, 山内 高弘
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月
  • Reversal of bortezomib resistance in myeloma cells by Ixazomib in combination with HSP90 inhibitor
    吉田 明, 大蔵 美幸, 岸 慎治, 藤井 達也, 重見 博子, 細野 奈穂子, 上田 孝典, 山内 高弘 
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月
  • 発熱性好中球減少症に対する抗真菌薬の有効性
    加藤 永一, 伊藤 和広, 森田 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第59回日本医真菌薬学会総会・学術集会 2015年10月
  • 初期抗菌治療無効のFNに対するcaspofunginの有効性
    池ヶ谷 諭史, 新家 裕朗, 伊藤 和広, 森田 美穂子, 田居 克規, 木下 圭一, 山内 高弘, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2015年10月 選考有り 日本感染症学会中日本地方会
  • 健診センターの職員における尿酸値異常症とメタボリックシンドロームとの相関についての解析
    重見 博子, 大岩 加奈, 森田 美穂子, 松田 安史, 上田 孝典, 山内 高弘
    第49回日本痛風・核酸代謝学会 2016年02月
  • 健診部職員における尿酸値異常症と脂質異常症についての検討
    大岩 加奈, 重見 博子, 森田 美穂子, 松田 安史, 上田 孝典, 山内 高弘
    第49回日本痛風核酸代謝学会 2016年02月
  • 超高齢者びまん性大細胞型B細胞リンパ腫における標準的化学療法の有用性
    新家 裕朗, 岸 慎治, 山内 高弘
    第112回日本内科学会総会 2015年04月 選考有り 日本内科学会
  • 髄膜播種を認めた多発性骨髄腫の一剖検例
    新家 裕朗, 酒巻 一平, 森田 美穂子, 岸 慎治, 山内 高弘, 上田 孝典
    第112回日本内科学会総会 2015年04月 選考有り 日本内科学会
  • Decitabine Induces Cell Differentiation and Growth Inhibition, which Accompanies Up-regulation of PRKC apoptosis WT1 regulator (PAWR) protein and Down-regulation of WT1 in Myelodysplastic Syndrome Cell Line, MDS-L
    N.Hosono,R.Nishi,T.Yamauchi,K.Tohyama,T.Ueda
    The 6th JSH International Symposium 2015年05月
  • Decitabine Induced Cell Differentiation of MDS cell line with the Reduction of WT1 Expression Level and HSP70
    R.Nishi,N.Hosono,M.Ookura,K.Tohyama,T.Ueda,T.Yamauchi
    第74回日本癌学会学術総会 2015年10月 選考有り 日本癌学会
  • AML-Scoreが算出した高齢者急性骨髄性白血病の早期死亡率予測値・完全寛解率予測値と自験25症例の比較検討
    多崎 俊樹, 新家 裕朗, 伊藤 和広, 大蔵 美幸, 森田 美穂子, 田居 克規, 細野 奈穂子, 酒巻 一平, 岸 慎治, 山内 高弘
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り 日本血液学会
  • The estimation of hemoglobin level in auto transfusion of BMT donor
    浦崎 芳正, 田居 克規, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 松田 安史, 森田 美穂子, 多崎 俊樹, 大蔵 美幸, 伊藤 和広, 新家 裕朗, 岸 慎治, 山内 高弘, 上田 孝典, 岩崎 博道
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り 日本血液学会
  • A case of successful treatment of hepatosplenic fungal abscesses in a patient with acute myeloid leukemia(急性骨髄性白血病患者における真菌性肝脾膿瘍の治療に成功した一例)
    K.Tai,H.Iwasaki,S.Ikegaya,T.Yamauchi
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り 日本血液学会
  • 血液・腫瘍内科での休日完全当番医制の有用性
    岸 慎治,新家 裕朗,伊藤 和広,大蔵 美幸,森田 美穂子,多崎 俊樹,田居 克規,細野 奈穂子,池ヶ谷 諭史,酒巻 一平,山内 高弘,上田 孝典
    第53回日本癌治療学会学術集会 2015年10月 選考有り 日本癌治療学会
  • 悪性リンパ腫が疑われた無色素性食道原発悪性黒色腫
    塚﨑 光,新家 裕朗,岸 慎治,酒巻 一平,池ヶ谷 諭史,細野 奈穂子,田居 克規,浦崎 芳正,山内 高弘,上田 孝典
    第226回日本内科学北陸地方会 2015年06月
  • 成人スティル病と診断された不明熱の一例
    新家 裕朗,池ヶ谷 諭史,山内 高弘,岩崎 博道
    第63回北陸臨床免疫・症例検討/研究会 2015年06月
  • AYA世代の再発・難治性横紋筋肉腫の1例
    松田 安史,細野 奈穂子,田中 伸樹,松岡 紗恵,新家 裕朗,岸 慎治,山内 高弘
    第227回日本内科学会北陸地方会 2015年09月
  • 血液疾患に合併したFNに対するCFPMの有効性
    伊藤 和広,池ヶ谷 諭史,田居 克規,岸 慎治,浦﨑 芳正,岩崎 博道,山内 高弘
    第58回日本感染症学会中日本地方会 2015年10月
  • 治療経過中にM蛋白および形質細胞の増加を認めた高齢MALTリンパ腫の一例
    松岡 紗恵,伊藤 和広,酒巻 一平,多崎 俊樹,田居 克規,細野 奈穂子,浦崎 芳正,岸 慎治,上田 孝典,山内 高弘
    第26回日本老年医学会北陸地方会 2015年10月
  • 自家末梢血幹細胞移植後の意識障害でカタトニアが疑われた再発悪性リンパ腫
    塚﨑 光,松本 玲奈,大岩 加奈,田居 克規,細野 奈穂子,酒巻 一平,岸 慎治,山内 高弘
    第228回日本内科学北陸地方会 2016年03月
  • 多発性骨髄腫に対するBortezomibとLenalidomideを組み合わせる意義
    山内 高弘
    Multiple Myeloma Forum in Fukui 2015年07月
  • 腫瘍崩壊症候群のマネジメント-尿酸酸化酵素製剤と尿酸生成抑制薬を用いて―
    山内 高弘
    福井高尿酸血症治療フォーラム 2015 2015年10月
  • 臨床腫瘍学とがん化学療法の進歩~白血病を例に~
    山内 高弘
    福井市医師会白翁クラブ学術講演会 2015年12月
  • ガン診療の現場で思うこと
    山内 高弘
    第9回熊野の森の健康塾 2016年03月 選考無し
  • 化学療法に不応であった腹腔内巨大腫瘤を伴う濾胞性リンパ腫
    伊藤 和広,酒巻 一平,森田 美穂子,岸 慎治,山内 高弘,上田 孝典
    難治性リンパ腫研究会 2015年06月
  • 地域における日常診療の向上のため
    山内高弘
    Fukui CML Conference 2015 2015年06月
  • 発熱と好中球減少で当科紹介となった一例
    山本 雄也,多崎 俊樹,田居 克規,池ヶ谷 諭史,酒巻 一平,岸 慎治,山内 高弘
    第522回福井県内科臨床懇話会 2015年07月
  • Dasatinib投与中にMDSを発症したCML
    大岩 加奈,酒巻 一平,塚﨑 光,山本 雄也,伊藤 和広,大蔵 美幸,森田 美穂子,松田 安史,田居 克規,細野 奈穂子,岸 慎治,浦崎 芳正,山内 高弘
    福井血液疾患フォーラム 2015年10月 持田製薬㈱
  • 再発・難治性悪性リンパ腫患者における末梢血幹細胞移植後の意識障害
    塚﨑 光,岸 慎治,松本 玲奈,山本 雄也,大岩 加奈,伊藤 和広,松田 安史,田居 克規,細野 奈穂子,酒巻 一平,山内 高弘
    第45回【福井】血液・腫瘍Roundtable Conference
  • テトラサイクリン系チゲサイクリンは治療抵抗性白血病の新たな治療戦略となりうる可能性を有する
    重見 博子,孫 健,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内 高弘
    第20回敗血症研究会 2015年10月
  • THP-1細胞におけるテトラサイクリン系抗菌剤のオートファジー修飾作用の検討
    孫 健,重見 博子,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内 高弘
    第20回敗血症研究会 2015年10月
  • 皮膚,骨髄に浸潤しているCD7,CD56陽性腫瘍の一例
    松本 玲奈,大越 忠和,大岩 加奈,松田 安史,岸 慎治,竹内 文,小上 瑛也,今村 好章,長谷川 稔,山内 高弘
    北陸Lymphoma Conference2016 第50回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2016年01月
  • 左半身不全麻痺と意識障害で救急搬送された症例
    塚﨑 光,山本 雄也,大岩 加奈,伊藤 和広,松田 安史,岸 慎治,山内 高弘,北﨑 祐樹,濱野 忠則,相木 孝允,長谷川 奏恵,絈野 健一,夛田 浩
    第526回福井県内科臨床懇話会 2016年02月
  • 多発性骨髄腫における腫瘍崩壊症候群のリスク因子-当院での後方視的検討
    大岩加奈, 岸 慎治, 森田美穂子, 上田孝典, 山内高弘
    第10回 北陸痛風・高尿酸血症フォーラム 2016年02月
  • アムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)の経験的、先制攻撃的治療の有効性
    伊藤 和広,岸 慎治,岩崎 博道,山内 高弘,上田 孝典
    第62回北陸造血器腫瘍研究会 2016年03月
  • 多発脊髄膿瘍により発症し診断に苦慮したCladophialophora Bantiana感染例
    田居克規、重見博子、伊藤和広、山内高広、岩崎博道
    第92回日本感染症学会総会 2018年05月
  • 本施設における抗菌薬使用と耐性菌動向 ー本県感染症ネットワーク関連施設内での比較ー
    重見博子、田居克規、伊藤和広、山内高広、岩崎博道
    第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学術総会 2018年05月
  • 抗真菌薬によるサイトカイン産生修飾作用の特徴
    伊藤和広、田居克規、重見博子、山内高弘、岩崎博道
    第66回日本化学療法学会総会 2018年06月
  • リケッチア症診療の手引き作成に関する報告
    田居克規、重見博子、伊藤和広、山内高弘、岩崎博道
    SADI2018第26回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー 2018年06月
  • 一般演題3 臨床2本院におけるアスペルギルス症の診断及び治療に関する後方視的解析
    重見博子、石塚 全、田居克規、伊藤和広、山内高弘、岩崎博道
    第62回日本医真菌学会総会・学術集会  2018年09月
  • 血液疾患に合併したFNに対するカスポファンギンの有効性と安全性の検討:他施設共同後方視的研究
    伊藤和広、岩崎博道、木下圭一、塚崎光、田居克規、今村信、森永浩次、吉尾伸之、中山俊、井上仁、重見博子、上田孝典、山内高弘
    第80回日本血液学会学術集会 2018年10月
  • 全身播種を伴う迅速発育性抗酸菌Mycobacterium senegalenseによる踵骨骨髄炎の一例
    田居克規、重見博子、伊藤和広、山内高弘、岩崎博道
    第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2018年11月
  • Syk依存性経路を介したカスポファンギンによるサイトカイン産生修飾作用
    伊藤和広、重見博子、田居克規、山内高弘、岩崎博道
    第66回日本化学療法学会西日本支部総会 2018年11月
  • 一般演題3 臨床2本院におけるアスペルギルス症の診断及び治療に関する後方視的解析
    重見博子、石塚 全、田居克規、伊藤和広、山内高弘、岩崎博道
    第62回日本医真菌学会総会・学術集会 2018年09月
  • 抗腫瘍性ヌクレオシドアナログ耐性白血病細胞株に対する抗アポトーシスタンパク標的薬の抗腫瘍効果
    西理恵、 重見 博子、根来英樹、上田孝典、山内高弘
    第52回日本痛風・核酸代謝学会学術集会 2019年02月
  • ステロイド治療後の初回化学療法開始後、腫瘍崩壊症候群を認めた非細胞肺がん
    重見博子、島田昭和、中嶋康貴、佐藤譲之、杉山光寿、園田智明、山口牧子、門脇麻衣子、梅田幸寛、早稲田優子、安斎正樹、山内高弘、石塚 全
    第52回日本痛風・核酸代謝学会学術集会 2019年02月

共同研究

  • 骨髄異形成患者由来細胞の悪性転化に関するゲノム解析研究 2014年度
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群の領域における用途開発及び実用化に関する研究 2013年度
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群の領域における用途開発及び実用化に関する研究 2014年度
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群の領域における用途開発及び実用化に関する研究 2015年度
  • 骨髄異形成患者由来細胞の悪性転化に関するゲノム解析研究 2015年度
  • MTAP欠損腫瘍に対する最適治療法に関する研究 2016年度

特許

  • 腫瘍融解症候群の治療薬及び予防薬
    上田 孝典,山内 高弘,高井 美穂子,
    特願2013-002913
  • 特許5907396:腫瘍融解症候群の治療薬及び予防薬
    上田 孝典,山内 高弘,森田 美穂子,堀内 秀樹
    特番5907396

受賞

  •  Best Teacher Award2013年07月

科学研究費補助金

  • 白血病細胞の機能薬理に基づく抗腫瘍薬耐性の克服とテーラーメイド化学療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:山内 高弘 2013年度
  • 白血病細胞の機能薬理に基づく抗腫瘍薬耐性の克服とテーラーメイド化学療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:山内 高弘 2012年度
  • 白血病細胞の機能薬理に基づく抗腫瘍薬耐性の克服とテーラーメイド化学療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:山内 高弘 2011年度
  • マルチ薬剤耐性による難治性白血病へのゲノム薬理学に基づくテーラーメイド治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:上田 孝典 2007年度

プロジェクト活動

  • 平成15年度 研究助成金
    研究期間:2003年04月 - 2006年03月  代表者:山内高弘,上田孝典,
    ara-Cの臨床薬理学的検討に関する研究助成

教育活動情報

担当授業

  • 血液・造血器・リンパ系
  • 実用医学英語
  • コミュニケーションとチーム医療
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 基本的診療技能
  • 腫瘍
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 血液・造血器・リンパ系
  • コミュニケーションとチーム医療
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 基本的診療技能
  • 腫瘍
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(臨床腫瘍/内科1)
  • 臨床腫瘍学特論
  • 臨床腫瘍学演習Ⅰ(総論)
  • 臨床腫瘍学演習Ⅱ(各論)
  • 内科学特論演習Ⅰ
  • 内科学特論実習Ⅰ
  • 先端応用医学概論
  • 臨床腫瘍学特論
  • 臨床腫瘍学演習Ⅰ(総論)
  • 臨床腫瘍学演習Ⅱ(各論)
  • 内科学特論演習Ⅰ
  • 内科学特論実習Ⅰ

社会貢献・国際交流活動情報

学外教育活動

  • Otsuka e講演会

管理活動情報

その他所属委員会一覧

  • 2006年環境ISOユニット代表者
  • 2002年光学医療診療部会委員