森 哲也

所属部署名分子イメージング展開領域
教員組織分子イメージング展開領域
教育研究組織高エネルギー医学研究センター
職名助教
更新日: 19/07/23 18:49

研究者基本情報

氏名

    森 哲也
    モリ テツヤ
    Mori Tetsuya

基本情報

所属

  •  分子イメージング展開領域 助教

学歴

  • 2003年04月- 2007年03月福井医科大学 医学研究科 形態学
  • 1996年04月- 1998年03月大阪薬科大学 放射薬品学専攻
  • - 1996年大阪薬科大学 薬学科

学位

  • 博士(医学)

経歴

  • 2007年11月- 2009年07月Washington University in St.Louis, School of Medicine Visitung Assistant Professor
  • 2003年04月- 2004年03月財団法人先端医療振興財団 神戸市地域結集型共同研究事業 特別研究員
  • 2002年04月- 2003年03月兵庫県立姫路循環器病センター 薬剤部・技術吏員
  • 1998年04月- 2002年03月兵庫県立高齢者脳機能研究センター(2002年廃止) 研究部画像研究科・研究員

所属学協会

    日本核医学会 その他,日本核医学 その他,Society of Radiopharmaceutical Science 一般会員,Society of Nuclear Medicine 一般会員,日本分子イメージング学会 一般会員,Society for Molecular Imaging 一般会員,日本核医学会 一般会員,日本薬学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Predictive value of early stage uptake of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine in cancer cells treated with charged particle irradiation.
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, ME.Martinez , H.Okazawa, Y.Kiyono
    J Nucl Med 56(6) 945-950 2015年06月 査読有り
    Y.Kiyono
  • Assessing Tumor Hypoxia in Head and Neck Cancer by PET With Cu-62-Diacetyl-Bis(N-4-Methylthiosemicarbazone)
    Sato, Yoshitaka;Tsujikawa, Tetsuya;Oh, Myungmi;Mori, Tetsuya;Kiyono, Yasushi;Fujieda, Shigeharu;Kimura, Hirohiko;Okazawa, Hidehiko
    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE 39(12) 1027-1032 2014年
  • Evaluation of target sites for nano-irradiation therapy with Auger electron
    Kiyono, Yasushi;Mori, Tetsuya;Asai, Tatsuya;Yoshii, Yukie;Okazawa, Hidehiko
    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 55 2014年
  • Development of a low cost flexible module system for F-18 labeled PET tracer production
    Mori, Tetsuya;Takaki, Kenji;Fujibayashi, Yasuhisa;Okazawa, Hidehiko;Kiyono, Yasushi
    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 55 2014年
  • Volume-based hypoxic parameters of 62Cu-ATSM PET as prognostic indicators in head and neck cancer
    Tsujikawa, Tetsuya;Asahi, Satoko;Oh, Myungmi;Sato, Yoshitaka;Tsuchida, Tatsuro;Makino, Akira;Mori, Tetsuya;Kiyono, Yasushi;Fujieda, Shigeharu;Okazawa, Hidehiko
    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 55 2014年
  • Evaluation of cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis using Cu-62-ATSM PET
    Okazawa, Hidehiko;Ikawa, Masamichi;Tsujikawa, Tetsuya;Matsunaga, Akiko;Mori, Tetsuya;Kiyono, Yasushi;Yoneda, Makoto
    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 55 2014年
  • Assessing Tumor Hypoxia in Head and Neck Cancer by PET With 62Cu-Diacetyl-Bis(N4-Methylthiosemicarbazone)
    Y.Sato, T.Tsujikawa, M.Oh, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Kimura, H.Okazawa
    Clin Nucl Med 39(12) 1027-1032 2014年12月 査読有り
  • エンドトキシン保存検量線の他施設での利用の可能性の検討
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡  文, 清野  泰, 藤林 靖久
    核医学 51(4) 383-386 2014年11月 査読有り
  • エンドトキシン測定法における検量線の保存利用の妥当性: 測定値の真値からの乖離と分散の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 靖久
    核医学 50(4) 289-296 2013年11月 査読有り
  • Development and evaluation of a radio bromine-labeled sigma ligand for tumor imaging
    Kazuma Ogawa, Hiroya Kanbara, Yasushi Kiyono, Yoji Kitamura, Tatsuto Kiwada, Takashi Kozaka, Masanori Kitamura, Tetsuya Mori, Kazuhiro Shiba, Akira Odani
    Nucl Med Biol 40(4) 445-450 2013年05月 査読有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET for Differential Diagnosis and Quantitative Evaluation of Mesenchymal Uterine Tumors: Correlation with Immunohistochemical Analysis
    Z.Zhao, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    J Nucl Med 54(4) 499-506 2013年04月 査読有り
  • Positron Emission Tomography Radiopharmaceuticals for Sex Steroid Hormone Receptor Imaging
    Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    Curr Med Chem 19(20) 3266-3270 2012年06月 査読無し
  • Oestrogen-related tumour phenotype: PET characterisation with 18F-FDG and 18F-FES
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, H.Maeda, T.Tsuchida, T.Mori, Y.Kiyono, H.Kimura, H.Okazawa
    Br J Radiol 85(1015) 1020-1024 2012年06月 査読有り
  • Different distribution of 62Cu ATSM and 18F-FDG in head-and-neck cancers
    A.Kositwattanarerk, M.Oh, T.Kudo, Y.Kiyono, T.Mori, Y.Kimura, R.Maruyama, Y.Fujibayashi, S.Fujieda, H.Okazawa
    Clin Nucl Med 37(3) 252-257 2012年03月 査読有り
  • Appropriate parameters of ordered-subset expectation maximization algorithm on measurement of myocardial blood flow and oxygen consumption with 11C-acetate PET
    M.Kobayashi, T.Mori, Y.Kiyono, T.Tsujikawa, R.Maruyama, Y.Higaki, N.Shikano, R.Nishii, K.Kawai, T.Kudo, H.Okazawa
    Nucl Med Commun 33(2) 130-138 2012年02月 査読有り
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced intracellular state due to mitochondrial dysfunction: studies with mitochondrial DNA-less rho0 cells and cybrids carrying MELAS DNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T.Saga, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 39(2) 117-185 2012年02月 査読有り
  • Cerebral oxygen metabolism of rats using injectable 15O-oxygen with a steady-state method
    M.Kobayashi, T.Mori, Y.Kiyono, V.N.Tiwari, R.Maruyama, K.Kawai, H.Okazawa
    J Cereb Blood Flow Metab 32(1) 33-40 2012年01月 査読有り
  • New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a bacterial infections imaging agent
    M.E.Martinez, Y.Kiyono, S.Noriki, K.Inai, K.S.Mandap, M.Kobayashi, T.Mori, Y.Tokunaga, V.N.Tiwari, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, T.Ido
    Nucl Med Biol 38(6) 807-817 2011年08月 査読有り
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET for evaluation of brain ischaemia and misery perfusion in patients with cerebrovascular disease
    M.Isozaki, Y.Kiyono, Y.Arai, T.Kudo, T.Mori, R.Maruyama, K.Kikuta, H.Okazawa
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(6) 1075-1082 2011年06月 査読有り
  • Internal radiotherapy with copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) reduces CD133+ highly tumorigenic cells and metastatic ability of mouse colon carcinoma
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, T.Asai, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 38(2) 151-157 2011年02月 査読有り
  • Development of an H215O steady-state method combining a bolus and slow increasing injection with a multi-programming syringe pump
    M.Kobayashi, Y.Kiyono, R.Maruyama, T.Mori, K.Kawai, H.Okazawa
    J Cereb Blood Flow Metab 31(2) 527-534 2011年02月 査読有り
  • 人工赤血球を用いた脳酸素代謝測定
    岡沢 秀彦, 清野 泰, V.N.Tiwari, 森 哲也, 小林 正和, 藤林 康久
    人工血液 18(3) 97-101 2010年12月 査読有り
  • Copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) accumulates in rich regions of CD133+ highly tumorigenic cells in mouse colon carcinoma
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, A.Waki, T.Mori, H.Yoshii, M.Oh, T.Asai, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 37(4) 395-404 2010年05月 査読有り
  • Automatic labeling method for injectable 15O-oxygen using hemoglobin-containing liposome vesicles and its application for measurement of brain oxygen consumption by PET
    V.N.Tiwari, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 37(1) 77-83 2010年01月 査読有り
  • PETによる脳循環エネルギー代謝研究
    岡沢 秀彦, 清野 泰, 磯崎 誠, 井川 正道, 森 哲也, 米田 誠
    脳循環代謝 21(2) 42291 2010年01月 査読有り
  • Cytosolic acetyl-CoA synthetase affected tumor cell survival under hypoxia: the possible function in tumor acetyl-CoA/acetate metabolism
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, Y.Kiyono, A.Waki, M.Kobayashi, T.Tsujikawa, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Cancer Science 100(5) 821-827 2009年05月 査読有り
  • Development of microwave-based automated nucleophilic [18F]fluorination system and its application to the production of [18F]flumazenil
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(4) 403-409 2009年05月 査読有り
  • Radio-copper-labeled Cu-ATSM: an indicator of quiescent but clonogenic cells under mild hypoxia in a Lewis lung carcinoma model
    M.Oh, T.Tanaka, M.Kobayashi, T.Furukawa, T.Mori, T.Kudo, S.Fujieda, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Boil 36(4) 419-426 2009年05月 査読有り
  • Preparation and evaluation of ethyl [18F]fluoroacetate as a pro-radiotracer of [18F]luoroacetate for the measurement of glial metabolism by PET
    T.Mori, Li-Quan Sun, M.Kobayashi, Y.Kiyono, H.Okazawa, T.Furukawa, H.Kawashima, M.J. Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(2) 155-162 2009年02月 査読有り
  • Tumor uptake of radiolabeled acetate reflects the expression of cytosolic acetyl-CoA synthetase: implications for the mechanism of acetate PET
    Y.Yoshii, A.Waki, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, T.Kudo, H.Okazawa, MJ Welch, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 36(7) 771-777 2009年01月 査読有り
  • Basic evaluation of FES-hERL PET tracer-reporter gene system for in vivo monitoring of adenoviral-mediated gene therapy
    T.G.Lohith, T.Furukawa, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    Mol Imaging Biol 10(5) 245-252 2008年09月 査読有り
  • Uterine tumors: Pathophysiologic imaging with 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol and FDG-PET ? Initial experience
    T.Tsujikawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Fujibayashi, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Radiology 248(2) 599-605 2008年08月 査読有り
  • Non-standard radionuclide production for PET in Japan
    Y.Fujibayashi, K.Suzuki, T.Furukawa, T.Mori, S.Kasamatsu
    Q J Nucl Mol Imaging 52(2) 140-144 2008年06月 査読無し
  • Distinctive FDG and FES accumulation pattern of two tamoxifen treated patients with endometrial hyperplasia
    T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, M.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi
    Ann Nucl Med 22(1) 73-77 2008年01月 査読有り
  • Ovarian theca cells in follicular function
    K.Tajima, M,Orisaka, T.Mori, F,Kotsuji
    RBM Online 15(5) 591-609 2007年11月 査読有り
  • In vivo imaging of estrogen receptor concentration in the endometrium and myometrium using FES PET - influence of menstrual cycle and endogenous estrogen level
    T.Tsuchida, H.Okazawa, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Yoshida, Y.Fujibayashi, H.Itoh
    Nucl Med Biol 34(2) 205-210 2007年02月 査読有り
  • 基礎研究と臨床開発-福井大学FES-PETの産婦人科疾患における臨床応用の可能性
    森 哲也, 笠松 眞吾, 藤林 康久
    PET通信 54 42321 2006年04月 査読無し
  • Automatic synthesis of 16 alpha-[18F]fluoro-17beta-estradiol using a cassette-type [18F]fluorodeoxyglucose synthesizer
    T.Mori, S.Kasamatsu, C.Mosdzianowski, M.J.Welch, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 33(2) 281-286 2006年02月 査読有り
  • Effects of 5-HT1B/1D receptor agonist rizatriptan on cerebral blood flow and blood volume in normal circulation
    H.Okazawa, T.Tsuchida, M.Pagani, T.Mori, M.Kobayashi, F.Tanaka, Y.Yonekura
    J Cereb Blood Flow Metab 26(1) 92-98 2006年01月 査読有り
  • New approach to fully automated synthesis of sodium [18F]fluoroacetate - a simple and fast method using a commercial synthesizer
    L.Q.Sun, T.Mori, C.S.Dence, D.E.Ponde, M.J.Welch, T.Furukawa, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 33(1) 153-158 2006年01月 査読有り
  • Potential of the FES-hERL PET reporter gene system - basic evaluation for gene therapy monitoring
    T.Furukawa, T.G.Lohith, S.Takamatsu, T.Mori, T.Tanaka, Y.Fujibayashi
    Nucl Med Biol 33(1) 145-151 2006年01月 査読有り
  • 超高速反応による核種標識は分子イメージングに変革をもたらすか
    森 哲也
    ファルマシア 42(1) 71-72 2006年01月 査読有り
  • Noninvasive imaging of transplanted living functional cells transfected with a reporter estrogen receptor gene
    S.Takamatsu, T.Furukawa, T.Mori, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Nuclear Medicine and Biology 32(8) 821-829 2005年11月 査読有り
  • Clinical Engineering用語解説
    森 哲也
    Clinical Engineering 16(8) 817 2005年08月 査読無し
  • Comparison of image quality with 62Cu and 64Cu-labeled radiotracers in positron emission tomography whole-body phantom imaging.
    M.Kobayashi, T.Mori, T.Tsujikawa, K.Ogai, J.Sugama, Y.Kiyono, K.Kawai, H.Okazawa
    Hell J Nucl Med 18(2) 103-107 2015年05月 査読有り
    H.Okazawa
  • Assessment of the Tumor Redox Status in Head and Neck Cancer by 62Cu-ATSM PET.
    Tsujikawa T, Asahi S, Oh M, Sato Y, Narita N, Makino A, Mori T, Kiyono Y, Tsuchida T, Kimura H, Fujieda S, Okazawa H
    PLoS ONE 11(5) e0155635 2016年05月 査読有り
    Okazawa H
  • Increased oxidative stress is related to disease severity in the ALS motor cortex: A PET study
    M.Ikawa,H.Okazawa,T.Tsujikawa,A.Matsunaga,O.Yamamura,T.Mori,T.Hamano,Y,Kiyono,Y.Nakamoto,M.Yoneda
    Neurology 84(20) 2033-2039 2015年05月 査読有り
  • Estimation of arterial input by a noninvasive image derived method in brain H215O PET study confirmation of arterial location using MR angiography
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    Phys Med Biol 62(11) 4514-4524 2017年06月 査読有り
    Okazawa H
  • 18F-FDG/18F-FES standardized uptake value ratio determined using PET predicts prognosis in uterine sarcoma
    Yamamoto M, Tsujikawa T, Yamada S, Kurokawa T, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H, Yoshida Y
    Oncotarget 8(14) 22581-22589 2017年04月 査読有り
  • Pixel-by-pixel precise delay correction for measurement of cerebral hemodynamic parameters in H2(15)O PET study
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    Ann Nucl Med 31(4) 283-294 2017年05月 査読有り
    Okazawa H
  • Noninvasive method for measurement of cerebral blood flow using O-15 water PET/MRI with ASL correlation
    Okazawa H, Higashino Y, Tsujikawa T, Arishima H, Mori T, Kiyono Y, Kimura H, Kikuta K
    Eur J Radiol 105 102-109 2018年06月 査読有り
    Okazawa H
  • No significant difference found in PET/MRI CBF values reconstructed with CT-atlas-based and ZTE MR attenuation correction
    Okazawa H, Tsujikawa T, Higashino Y, Kikuta K, Mori T, Makino A, Kiyono Y
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年03月 査読有り
    Okazawa H
  • 18F-FLT PET/MRI for bone marrow failure syndrome-initial experience
    Tsujikawa T, Tasaki T, Hosono N, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Zanotti-Fregonara P, Yamauchi T, Okazawa H
    Eur J Nucl Med Mol Img Re 9(1) 26 2019年02月 査読有り
    Tsujikawa T
  • The vertebral 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake predicts the hematological toxicity after systemic chemotherapy in patients with lung cancer.
    Umeda Y, Tsujikawa T, Anzai M, Morikawa M, Waseda Y, Kadowaki M, Shigemi H, Ameshima S, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H, Ishizuka T.
    Eur Radiol. 29(7) 3908-3917 2019年07月 査読有り

著書

  • 治験薬の品質管理の基礎と実務~製造、文書管理、査察、CMC、保管・輸送、原薬~
    脇 厚生, 森 哲也, 藤林 靖久
    執筆
    第12章 病院内におけるPET薬剤製造の留意点
    情報機構 2016年12月
    978-4-86502-122-6
  • Technology of Nuclear Medicine 核医学技術総論
    森 哲也, 藤林 康久
    執筆、編集
    第3章 ポジトロン放射性医薬品
    山代印刷株式会社出版部 2008年09月
    978-4-9904207-0-3

講演・口頭発表等

  • 汎用型PET薬剤自動合成装置システムの開発
    森 哲也, 國枝 正基, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 学会製造基準の更新監査実施報告
    森 哲也, 矢野良一, 伊藤 陽, 牧野 顕, 辻川 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • 低価格化を目指したPET薬剤自動合成システムによる[F-18]FDHTの合成
    國枝正基, 森哲也, 近藤篤彦, 藤林靖久, 岡沢秀彦, 清野泰
    日本分子イメージング学会 第11回総会・学術集会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 64Cu製造と精製(陰イオン交換法)
    森 哲也
    PET化学ワークショップ2015 2015年02月 選考無し 0
  • 18F-FLTを用いた粒子線治療効果予測のための基礎的検討
    清野 泰, 林超, 久米 恭, 森 哲也, Martinez Pozo Miguel Ernesto, 高田卓志, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • 婦人科腫瘍のエストロゲン受容体ダイナミックPETと動態解析~静態画像(SUV値)が意味するもの~
    辻川 哲也, 牧野 顕, 森 哲也, 清野 泰, 吉田 好雄, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • PET薬剤のフィルター完全性試験における工程管理値の検討
    森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第54回日本核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 日本核医学会
  • Increased cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis: a 62Cu-ATSM PET study
    K.Miyazaki, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, T.Hamano, Y.Nakamoto, Y.Kiyono, H.Okazawa, M.Yoneda
    The 11th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine 2014年11月 選考有り 0
  • 他の施設で作成されたエンドトキシン保存検量線の利用妥当性の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 康久
    第54回日本各核医学会学術総会 2014年11月 選考有り 0
  • Hypoxic volume measurement using Cu-ATSM PET may be a predictive index for prognosis of advanced head-and-neck cancers: Comparison with FDG-PET.
    H.Okazawa, T.Tsujikawa, M.Oh, Y.Sato, T.Mori, S.Fujieda, Y.Kiyono
    World Molecular Imaging Conference 2014年09月 選考有り World Molecular Imaging Conference 2014
  • Comparison of target sites for exploring an effective nano-irradiation therapy using Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • Predictive value of early stage uptake of 18F-FLT in colorectal cancer treated with charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, H.Okazawa, Y.Kiyono
    World Molecular Imaging Congress 2014 2014年09月 選考有り 0
  • Evaluation of cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis using 62Cu-ATSM PET.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, M.Yoneda
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine
  • Volume-based hypoxic parameters of 62Cu-ATSM PET as prognostic indicators in head and neck cancer
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M. Oh, Y. Sato, T.Tsuchida, A. Makino, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Okazawa
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • Evaluation of target sites for nano-irradiation therapy with Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り 0
  • Development of a low cost flexible module system for F-18 labeled PET tracer production
    T.Mori, K.Takaki, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    The 61st Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2014年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    日本分子イメージング学会第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 低価格高汎用性を目指したF-18標識薬剤自動合成システムの開発
    森 哲也, 高木 健志, 近藤 篤彦, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    日本分子イメージング学会第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • βアミロイド斑イメージング用トレーサー、[18F]FBOX-2合成法の検討
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 清野 泰
    日本分子イメージング学会 第9回総会・学術集会 2014年05月 選考有り 0
  • Increased cerebral oxidative stress in amyotrophic lateral sclerosis: a 62Cu-ATSM PET study
    M.Ikawa, H.Okazawa, T.Tsujikawa, T.Muramatsu, T.Kishitani, T.Kamisawa, A.Matsunaga, O.Yamamura, T.Mori, T.Hamano, Y.Kiyono, Y.Nakamoto, M.Yoneda
    2014 AAN 2014年05月 選考有り 0
  • 62Cu-ATSM PETによる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の評価
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 辻川 哲也, 米田 誠, 森 哲也, 清野 泰
    第73回日本医学放射線学会総会 2014年04月 選考有り 日本医学放射線学会
  • FES-PET検査による転移再発乳癌の内分泌治療効果予測
    前田 浩幸, 中澤 雅子, 藤本 大裕, 澤井 利次, 森川 充洋, 小練 研司, 村上 真, 廣野 靖夫, 五井 孝憲, 飯田 敦, 片山 寛次, 今村 好章, 土田 龍郎, 森 哲也, 辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 山口 明夫
    第114回日本外科学会定期学術集会 2014年04月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobrominated (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Mori, Miguel Martinez, T.Asai, H.Okazawa
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Evaluation of target sites for nano-irradiation therapy with Auger electron.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • 効率的なAuger電子内照射治療のための治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    日本薬学会第134年会 2014年03月 選考有り 0
  • PET Imaging of Estrogen Receptors in Metastatic Breast Cancer Patients
    H.Maeda, M.Nakazawa, T.Tsuchida, Y.Imamura, T.Mori, T.Tsujikawa, A.Yamaguchi, H.Okazawa
    International Workshop for Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Regional changes in cerebral oxidative stress of neurodegenerative disease evaluated by 62Cu-ATSM PET
    M.Yoneda, M. Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    International Workshop for Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies.
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E.Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014年03月 選考無し BIRC, Univ. Fukui
  • Regional changes in cerebral oxidative stress evaluated by 62Cu-ATSM PET in patients with amyotrophic lateral sclerosis.
    M.Yoneda, M. Ikawa, T.Tsujikawa, A.Matsunaga, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    International Workshop for Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り BIRC, Univ. Fukui
  • In vitro and in vivo evaluation of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine for monitoring early therapeutic responses to charged particle radiotherapies
    C.Lin, K.Kume, T.Mori, M.E. Martinez, T.Takata, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考無し 0
  • Evaluation of new precursors for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, S.Noriki, K.Inai, T.Ido, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り 0
  • Fully automated production of [18F]fluoroacetate on a compact FDG synthesizer
    T.Mori, R.Arai, D.Blampain, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考無し University of Fukui
  • Development of a flexible synthesis module system for F-18 labeled PET tracer
    T.Mori, T.Takaki, Y.Fujibayashi, T.Asai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology 2014年03月 選考有り University of Fukui
  • 62Cu-ATSMを用いた低酸素イメージングによる頭頸部癌の予後予測
    辻川 哲也, 呉 明美, 佐藤 義高, 森 哲也, 清野 泰, 藤枝 重治, 岡沢 秀彦
    分子イメージング研究戦略推進プログラム成果報告シンポジウム 2014 2014年02月 選考無し 分子イメージング研究戦略推進プログラム
  • エンドトキシン試験における保存検量線の利用および注意点
    森 哲也
    PET化学ワークショップ2014 2014年02月 選考無し 0
  • Which target site is effective for nano-irradiation therapy using Auger electron?
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • HPLC and HPLC-ESI-MS/MS methods for the determination of 2-acetamido-2-deoxy-D-glucopyranose analogues
    M.E.Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, S.Noriki, K.Inai, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2014 2014年01月 選考有り 0
  • PET imaging of cerebral oxidative stress in neurodegenerative disorders
    M.Yoneda, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, T.Hamano, Y.Nakamoto, Y.Kiyono, H.Okazawa
    5th World Congress on Targeting Mitochondria 2014年01月 選考有り 0
  • Cu-ATSM uptake may predict prognosis after treatment in advanced head-and-neck cancers: Evaluation of resistant hypoxic tissue with tumor-to-muscle ratio
    Y.Sato, M.Oh, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda, H.Okazawa
    RSNA 2013 2013年12月 選考有り RSNA (北米放射線学会)
  • 筋萎縮性側索硬化症の脳内酸化ストレス・イメージング
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 松永 晶子, 山村 修, 濱野 忠則, 辻川 哲也, 森 哲也, 清野 泰, 米田 誠
    第25回日本脳循環代謝学会 2013年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • 62Cu-ATSMおよびFDG集積による進行頭頚部癌の予後予測の検討
    佐藤 義高, 呉 明美, 辻川 哲也, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第53回日本核医学会総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • Auger電子を利用した内用療法のための治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林靖久, 岡沢 秀彦
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 0
  • 院内製造PET薬剤の品質管理におけるエンドトキシン試験法に影響を与える因子の検討
    森 哲也, 脇 厚生, 高岡 文, 白石 浩巳, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • エンドトキシン測定法における検量線の保存利用の妥当性:測定値の真値からの乖離と分散の検証
    脇 厚生, 森 哲也, 西嶋 剣一, 本城 和義, 萱野 勇一郎, 矢野 良一, 白石 浩巳, 高岡 文, 清野 泰, 藤林 靖久
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • 汎用型PET薬剤自動合成システムの開発と実用性試験
    森 哲也, 高木 健志, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第53回日本核医学会学術総会 2013年11月 選考有り 日本核医学会
  • 人工赤血球を用いたラットO-15 PET循環代謝測定法
    岡沢 秀彦, 小林 正和, 森 哲也, 清野 泰
    第9回小動物インビボイメージング研究会 2013年08月 選考無し 小動物インビボイメージング研究会
  • サイクロ廃棄の経験と放射化物の対応について
    森 哲也, 清野 泰, 牧野 顕, 杉本 勝也, 安達 登志樹, 岡沢 秀彦
    PETサマーセミナー2013 2013年08月 選考無し 日本核医学会PET核医学分科会
  • Tumor-to-muscle ratio of Cu-ATSM uptake may reflect outcome of treatment in head-and-neck cancers: Predictability of resistant hypoxic tissue.
    Y.Sato, M.Oh, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Imaging of changes in norepinephrine transporter in depression model rats with a radiobrominated (2S, αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine.
    Y.Kiyono, M.Kashiwahara, N.Omata, T.Mizuno, T.Mori, T.Asai, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • Predictability of later developed relapse in endometrial carcinoma in young women with functional imaging parameters of FES/FDG SUV ratio after hormone treatment.
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, H.Tsuyoshi, A.Shinagawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Okazawa
    The 60th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2013年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • 乳癌患者の内分泌治療効果予測におけるFES-PET検査の有用性
    前田 浩幸, 横井 繁周, 中澤 雅子, 小練 研司, 村上 真, 廣野 靖夫, 五井 孝憲, 飯田 敦, 片山 寛次, 今村 好章, 土田 龍郎, 森 哲也, 岡沢 秀彦, 山口 明夫
    第38回日本外科系連合学会学術集会 2013年06月 選考有り 0
  • Predictability of later developed relapse in endometrial carcinoma in young women with functional imaging parameters of FES/FDG SUV ratio after hormone treatment.
    Y.Yoshida, H.Okazawa, A.Shinagawa, Y.Kiyono, T.Mori, T.Kurokawa
    2013 ASCO Annual Meeting 2013年06月 選考有り 0
  • エストロゲンの誘導体を用いたPET検査の有用性
    前田 浩幸, 横井 繁周, 中澤 雅子, 小練 研司, 片山 寛次, 山口 明夫, 今村 好章, 土田 龍郎, 森 哲也, 岡沢 秀彦
    第21回日本乳癌学会学術集会 2013年06月 選考有り 0
  • Auger電子による内照射治療を目的とした治療標的部位の評価
    清野 泰, 池田理絵, 森 哲也, 吉井幸恵, 浅井竜哉, 藤林靖久, 岡沢秀彦
    第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2013年05月 選考有り 0
  • Fully automated production of [18F]fluoroacetate on IBA Synthera platform
    T.Mori, R.Arai, D.Blampain, C.Gameiro-Paris, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    20th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2013年05月 選考有り Society of Radiopharmaceutical Sciences
  • FLTおよび64Cu-ATSM PETを用いた腎細胞癌治療における分子標的薬の早期治療効果判定のための基礎的研究
    大山 伸幸, 長谷川陽子, 高原典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • FLTおよび64Cu-ATSM PETを用いた腎細胞癌治療における分子標的薬の早期治療効果判定のための基礎的研究
    大山 伸幸, 長谷川 陽子, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • 18F-fluorodihydrotestosterone(FDHT)によるアンドロゲン受容体を標的とした前立腺癌診断の基礎的研究
    高原 典子, 大山 伸幸, 長谷川 陽子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • PETトレーサー16α-[18F]fluoro-17β-estradiolを用いたアンドロゲン除去療法がおよぼす前立腺癌細胞におけるEstrogen受容体発現の変化に関する基礎的検討:第2報
    長谷川 陽子, 大山 伸幸, 高原 典子, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 森 哲也, 清野 泰, 横山 修
    第101回日本泌尿器科学会総会 2013年04月 選考有り 0
  • レイアウトの自由な分注装置
    森 哲也, 山下 國男, 高木 健志, 近藤 篤彦
    PET化学ワークショップ2013 2013年02月 選考無し 0
  • 製造施設認証取得までの道のり
    森 哲也
    PET化学ワークショップ2013 2013年02月 選考無し 0
  • Predictability of treatment effects with Cu-ATSM PET in head-and-neck cancers: Comparison with FDG-PET.
    H.Okazawa, Y.Kimura, M.Oh, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    2012 World Molecular Imaging Congress 2012年09月 選考有り 0
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET and its predictability of treatment effects in head-and-neck cancers: Comparison of 62Cu-ATSM and 18F-FDG PET.
    佐藤 義高, 呉 明美, 木村 有一, 清野 泰, 森 哲也, 藤枝 重治, 岡沢 秀彦
    分子イメージング研究戦略推進プログラム(J-AMP) 成果発表シンポジウム2012 2012年08月 選考無し 文部科学省
  • Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Evaluation of 5-[77Br]bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a radiopharmaceutical for DNA targeted nanoirradiation therapy.
    Y.Kiyono, R.Ikeda, T.Mori, Y.Yoshii, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り 0
  • Predictability of 62Cu-ATSM uptake to evaluate resistant hypoxic tissue and effects of treatment in head-and-neck cancers
    H.Okazawa, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    SNM 2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Developement of an automatic Copper-62 ATSM preparation module in asceptic condition.
    T.Mori, K.Takaki, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM 2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 5-[77Br]bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの内照射治療薬剤としての評価
    清野 泰, 池田理絵, 森 哲也, 吉井幸恵, 浅井竜哉, 藤林康久, 岡沢秀彦
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考有り 0
  • アンドロゲンレセプターイメージングを目的とした F-18標識FDHTの簡便合成法の開発
    森 哲也, 清野 泰, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2012年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Cu-ATSM PETによる過還元状態(酸化ストレス)イメージングの基礎的研究
    井川 正道, 吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 靖久, 米田 誠
    第53回日本神経学会学術大会 2012年05月 選考有り 0
  • 新規PETトレーサー16α[18F]fluoro-17β-estradiolを用いたアンドロゲン除去療法がおよぼす前立腺癌細胞におけるEstrogen受容体発現の変化に関する基礎的検討
    長谷川陽子, 大山 伸幸, 高原典子, 森 哲也, 岡沢 秀彦
    第100回日本泌尿器科学会総会 2012年05月 選考有り 0
  • Relationship between effects of treatment and Cu-ATSM uptake in head-and-neck cancers: Predictability of resistant hypoxic tissue in cancers.
    H.Okazawa, Y.Kimura, M.Oh, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2012) 2012年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 内用療法を目的とする5-[77Br]bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの開発
    清野 泰, 池田 理絵, 森 哲也, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • Evaluation of 5-[77Br]bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a radiopharmaceutical for DNA targeted internal radiation therapy.
    Y.Kiyono, R.Ikeda, T.Mori, Y.Yoshii, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2012) 2012年01月 選考有り 0
  • PET薬剤の学会製造基準に準拠した衛生環境モニタリングの実際
    森 哲也, 脇 厚生, 野島 靖子, 田中 暁典, 松本 泉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 日本核医学会
  • FESを用いたアンドロゲン除去療法が及ぼす前立腺癌のエストロゲン受容体発現の変化に関する基礎的検討
    大山 伸幸, 長谷川陽子, 高原典子, 森 哲也, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • 18F-fluorodihydrotestosterone(FDHT)によるアンドロゲン受容体を標的とした前立腺癌診断の基礎的研究
    高原典子, 大山 伸幸, 長谷川陽子, 森 哲也, 清野 泰
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • 18F-FLTおよび64Cu-ATSM PETを用いた腎細胞癌治療における分子標的薬の早期治療効果判定のための基礎的研究
    長谷川陽子, 大山 伸幸, 高原典子, 森 哲也, 岡沢 秀彦
    第52回日本核医学会学術総会 2012年01月 選考有り 0
  • Assessment of 16α-[18F] Fluoro-17β-Estradiol as a New PET Tracer for Evaluating ER Expression of Prostate Cancer Following Androgen Ablation Therapy.
    Y.Hasegawa, N.Oyama, N.Takahara, Y.Miwa, H.Akino, T.Mori, Y.Kiyono, O.Yokoyama
    32nd congress of the Societe Internationale d’Urologie(SIU) 2012年01月 選考有り 0
  • シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発にむけた基礎的検討
    神原弘弥, 小川数馬, 清野 泰, 森 哲也, 柴 和弘, 北村陽二, 小坂孝史, 黄檗達人, 小谷 明
    第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2011年12月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states in mitochondrial disorders: studies with mtDNA-less ρ0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T.Saga, Y.Fujibayashi
    2011 World Molecular Imaging Congress 2011年09月 選考有り 0
  • FES-PETを用いた転移性乳癌に対する内分泌治療効果予測の試み
    前田 浩幸, 中澤 雅子, 横井 繁周, 小練 研司, 片山 寛次, 山口 明夫, 今村 好章, 土田 龍郎, 森 哲也, 岡沢 秀彦
    第19回日本乳癌学会学術集会総会 2011年09月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states in mitochondrial disorders: studies with mtDNA-less rho0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, T. Saga, Y.Fujibayashi
    2011 World Molecular Imaging Congress 2011年09月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobrominated (2S,aS)-2-(a-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine for imaging brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Takuda, K.Sano, R.Ikeda, T.Mori, M.Martinez, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2011年08月 選考有り 0
  • Automated synthesis of [18F]fluoroacetate using a compact FDG synthesizer
    T.Mori, R.Arai, B.Lambert, C.Gameiro-Paris, T.Kosuga, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2011年08月 選考有り Society of Radiopharmaceutical Sciences
  • Development of a flexible automatic synthesis module system for PET probe preparation
    T.Mori, R.Watanabe, Y.Kiyono, Y.Yoshii, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • Additional diagnostic value of [F-18]-fluoroestradiol PET in patients with uterine smooth muscle tumors.
    Y.Yoshida, Y.Kiyono, T.Kurokawa, T.Tsujikawa, T.Mori, F.Kotsuji, H.Okazawa
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting (第58回米国核医学会議) 2011年06月 選考有り 0
  • A novel application of radiolabeled Cu-ATSM as an indicator of intracellular over-reduced states in disorders with mitochondrial dysfunction: Studies with cybrids carrying mitochondrial DNA mutation from MELAS patients.
    Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • In ultra-short ECG gated acquisition of C-11 acetate PET reliable for simultaneous MBF, oxidative metabolism and myocardial function assessment?
    T.Kudo, K.Sarasawa, A.Nakano, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • In vivo evaluation of radiobromine-labeled 5-bromo-4-thio-2'-deoxyuridine as an imaging agent for tumor proliferation.
    Y.Kiyono, S.Sano, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nucelar Medicine 58th Annual Meeting 2011年06月 選考有り 0
  • Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced states due to mitochondrial dysfunction: studies with mtDNA-less rho0 cells and the cybrids carrying MELAS mtDNA mutation
    M.Yoneda, Y.Yoshii, M.Ikawa, T.Takeda, T.Furukawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, N.Oyama, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Euromit8 2011年06月 選考有り 0
  • 汎用型放射性薬剤自動合成装置システムの開発:低酸素イメージング薬剤62Cu-ATSMの自動製剤化
    森 哲也, 高木 健志, 中小路 聡直, 伊藤 陽, 清野 泰, 浅井 竜哉, 藤林 靖久, 岡沢 秀彦
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 脳内ノルエピネフリン・トランスポータのイメージングを目的とする放射性臭素標識PETプローブの開発
    清野 泰, 角田 拓也, 池田 理絵, 佐野 圭祐, 森 哲也, Miguel Martinez, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • ミトコンドリア病MELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積にカンする検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • ミトコンドリア病MELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積にカンする検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第6回日本分子イメージング学会総会学術集会 2011年05月 選考有り 0
  • Development and evaluation of a radiobromine labeled sigma ligand for tumor imaging
    K. Ogawa, H. Kanbara, K. Shiba, K. Kiyono, T. Mori, Y. Kitamura, T. Kozaka, T. Kiwada, A. Odani
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り 0
  • Evaluation of radiobrominated (2S,aS)-2-(a-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter
    Y.Kiyono, T.Kakuda, R.Ikeda, K.Sano, T.Mori, M.Martinez, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り 0
  • シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発
    神原 弘弥, 小川 数馬, 清野 泰, 森 哲也, 北村 陽二, 小坂 孝史, 柴 和弘
    第51回日本核医学会学術総会 2011年01月 選考有り 0
  • 脳内ノルエピネフリン・トランスポータイメージングPET薬剤としての放射性臭素標識(SS)-BPBMの基礎的評価
    清野 泰, 角田 拓也, 池田 理絵, 佐野 圭祐, 森 哲也, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会学術総会 2011年01月 選考有り 0
  • Predictive value of tracer accumulation to evaluate effects of cancer treatment studied using 62Cu-ATSM and 18F-FDG PET in head-and-neck cancers.
    H.Okazawa, A.Kositwattanarerk, Y.Kimura, Y.Kiyono, T.Mori, S.Fujieda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM '11) 2011年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 頭頸部腫瘍における[Cu-62]-ATSMおよび[F-18]-FDG集積の比較
    岡沢 秀彦, 清野 泰, 森 哲也, 工藤 崇
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • 超短時間心電図同期Acetate PETによる心筋血流・代謝・機能同時測定の試み
    工藤 崇, 中野 顯, 荒川 健一郎, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • PET薬剤供給体制の強化を目指した減菌濾過フィルター完全性試験装置の開発
    森 哲也, 高木 健志, 清野 泰, 浅井 竜哉, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞並びにMELAS患者由来サイブリッドを用いた細胞内還元状態と放射性Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 米田 誠, 井川 正道, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 大山 伸幸, 岡沢 秀彦, 佐賀 恒夫, 藤林 康久
    第51回日本核医学会総会 2011年01月 選考有り 日本核医学会
  • Development of automatic synthesis of 16β-[18F]fluoro-5α-dihydrotestosterone using a plastic cassette-type FDG synthesizer
    T.Mori, C.S.Dence, M.J.Welch, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2011) 2011年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 放射性臭素標識5-bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの増殖能イメージングプローブとしての基礎的検討
    清野 泰, 佐野 圭祐, M.E.Martinez, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2010年12月 選考有り 0
  • Design and application of a flexible synthesis module system for PET probes
    T.Mori, R. Watanabe, Y.Yoshii, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2010年12月 選考有り 0
  • Investigation on accumulation and therapeutic effect of64 Cu-ATSM in mouse colon carcinoma model: the relation to CD133+ highly tumorigenic cells
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2010年12月 選考有り 0
  • Cu-ATSM is a novel indicator of intercellular over-reduced states in mitochondrial dysfunction: fundamental evaluation using mitochondrial DNA-less(ρ0)cells and cybrids carrying causal mitochondrial DNA mutation of MELAS syndrome
    Y.Kuroda, Y.Yoshii, M.Yoneda, M.Ikawa, Y.Kiyono, T.Mori, H.Yoshii, T.Furukawa, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine and The 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine 2010年12月 選考有り 0
  • 腫瘍増殖能イメージング薬剤としての放射性標識5-bromo-4'-thio-2'-deoxyuridineの基礎的評価
    清野 泰, 佐野 圭祐, 中山 陽介, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞局在領域イメージング:内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 渡辺 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, M.J.Welch, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 0
  • 15Oガス標識ヘモグロビンを用いた脳循環代謝測定の検討
    小林 正和, 森 哲也, 清野 泰, 大江 和代, 高橋 典也, 岡 優治, 灘村 崇裕, 及川 広志, 川井 惠一, 岡沢 秀彦
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 日本核医学会
  • 高汎用性PET薬剤自動合成装置システムの構築-64Niメッキ装置および64Cu自動分離精製装置の開発-
    森 哲也, 渡邉 亮, 吉井 幸恵, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉, 藤林 康久
    第50回日本核医学会学術総会 2010年11月 選考有り 日本核医学会
  • Development of radiobromine-labeled thymidine analogue as a tumor proliferation imaging agent
    Y.Kiyono, K.Sano, T.Mori, M.E.Martinez, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り 0
  • Development of flexible automatic liquid handling modules for PET probe preparation
    T.Mori, R.Watanabe, Y.Yoshii, Y.Kiyono, T.Asai, Y.Fujibayashi
    2010 World Molecular Imaging Congress 2010年09月 選考有り 0
  • 水に対するX線・陽子線照射によるフリーラジカルの発生
    吉井 裕, 吉井 幸恵, 久米 恭, 長谷川 崇, 藤井 裕也, 浅井 竜哉, 森 哲也, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 山本 和高, 藤林 康久
    原子衝突研究協会第35回年会 2010年08月 選考無し 0
  • Evaluation of radiobromine-labeled 5-bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a tumor proliferation imaging agent.
    Y.Kiyono, K.Sano, Y.Nakayama, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez Pozo, K.S.Mandap, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Automated synthesis of 16β-[18F]fluoro-5α-dihydrotestosterone using a cassette-type FDG synthesizer
    T.Mori, Y.Kiyono, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa, C.S.Dence, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り 0
  • Evaluation of 64Cu-ATSM for an internal radiotherapy agent: 64Cu-ATSM treatment reduces CD133+ highly tumorigenic cells and metastatic ability of tumors
    Y.Yoshii, T.Furukawa, Y.Kiyono, R.Watanabe, T.Mori, H.Yoshii, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    The Society of Nuclear Medicine (SNM) annual meeting 2010 2010年06月 選考有り The Society of Nuclear Medicine (SNM)
  • Different distribution of 62Cu-ATSM and 18F-FDG in head-and-neck cancers
    H.Okazawa, M.Oh, T.Kudo, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 57th Annual Meeting 2010年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞(ρ0細胞)を用いたミトコンドリア機能不全と64Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 黒田 悠生, 米田 誠, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • がん幹細胞の低酸素・栄養飢餓生存性とがん幹細胞生存環境マーカーとしての64Cu-ATSMの可能性
    鈴木 佑哉, 吉井 幸恵, 古川 高子, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • ミトコンドリアDNA欠損細胞(ρ0細胞)を用いたミトコンドリア機能不全と64Cu-ATSM集積に関する検討
    吉井 幸恵, 黒田 悠生, 米田 誠, 清野 泰, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 腫瘍の増殖能イメージングを目的とする放射性臭素標識ヌクレオシド誘導体の開発
    佐野 圭祐, 中山 陽介, 森 哲也, 豊原 潤, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久, 清野 泰
    第5回 日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 0
  • Metabolite analysis of Cu-64 labeled core-shell PEGylated star-like copolymer as a platform for drug delivery nanosystem
    T. Mori, A. Hagooly, E. Pressly, K. Fukukawa, C. Hawker, M. J. Welch
    第5回日本分子イメージング学会 学術集会 2010年05月 選考有り 0
  • Development of norepinephrine transporter imaging probe
    Y.Kiyono, N.Kanegawa, T.Sugita, K.S.Mandap, T.Mori, H.Saji, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Development of microwave-based autmated nucleophilic[18 F]fluorination system and its application for the production of[18F]flumazenil
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    Internatioal Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Automatic labeling method for injectabel 15O-oxygen using hemoglobin-containing liposome vesicles and its application for measurement of brain oxygen consumption by PET
    V.N.Tiwari, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.Mori, T.Kudo, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    International Conference on Brain Function and Development 2010年01月 選考無し 福井大学高エネルギー医学研究センター、生命科学複合研究教育センター
  • Development of radiobromine-labeled 5-bromo-4’-thio-2’-deoxyuridine as a tumor proliferation imaging agent.
    Y.Kiyono, K.Sano, Y.Nakayam, T.Mori, J.Toyohara, M.E.Martinez, K.S.Mandap, T.Asai, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    23rd Annual Congress of The European Association of Nuclear Medicine -EANM'10 2010年01月 選考有り The European Association of Nuclear Medicine
  • Feasibility of 62Cu-ATSM PET to delineate misery perfusion in patients with major cerebral arterial occlusive disease.
    H.Okazawa, M.Isozaki, Y.Arai, Y.Kiyono, T.Kudo, T.Mori, K.Kikuta
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2010) 2010年01月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • 放射性薬剤自動製造装置の開発と応用
    渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 幸恵, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉, 藤林 康久
    第9回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2009年11月 選考無し 放射性医薬品・画像診断薬研究会
  • ナノテクノロジーによるドラッグデリバリーシステムの開発-新規64Cu標識ナノパーティクルの基礎的検討-
    T.Mori, Aviv.Hagooly, Eric.Pressly, K.Fukukawa, Craig.Hawaker, Michael.J.Welch
    第9回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2009年11月 選考無し 放射性医薬品・画像診断薬研究会
  • 64Cu-ATSM imaging for cancer stem cell-rich regions: in vivo and in vitro characterization
    Y.Yoshii, Y.Kiyono, A.Waki, R.Watanabe, Y.Suzuki, T.Mori, H.Yoshii, T.Furukawa, T.Asai, T.Kudo, H.Okazawa, M.J.Welch, Y.Fujibayashi
    2009 World Molecular Imaging Congress 2009年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • Automatic synthesis of 16beta-[18F]fluoro-5alpha-dihydrotestosterone using cassette-type [18F]FDG synthesizer
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Yoshii, H.Okazawa, Carmen S.Dence, Michael J.Welch, Y.Fujibayashi
    2009 World Molecular Imaging Congress 2009年09月 選考有り World Molecular Imaging Congress
  • Long-term evaluation of a commercially available 68Ge/68Ga generator for PET imaging
    T.Mori, A.Hagooly, C.Glaus, R.Rossin, M.J.Welch
    18th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2009年07月 選考有り 0
  • Hypoxia imaging agent 64Cu-ATSM visualizes cancer stem cell-rich regions within tumors
    Y.Yoshii, Y.Kiyono, R.Watanabe, A.Waki, T.Mori, Y.Yoshii, T.Furukawa, M.Oh, M.Kobayashi, M.Welch, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism
  • Analysis of metabolites of Cu-64 labeled DOTA PEGylated star-like copolymeric nanoparticles
    T.Mori, Aviv.Hagooly, Eric.Pressly, K.Fukukawa, Craig.Hawker, Michael.J.Welch
    Society of Nuclear Medicine, the 56th Annual Meeting 2009年06月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞ニッチイメージングと内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 呉 明美, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • がん幹細胞の低酸素・栄養飢餓耐性:がん幹細胞生存環境マーカーとしての64Cu-ATSMの有用性に関する基礎検討
    鈴木 佑哉, 吉井 幸恵, 清野 泰, 渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, MJ Welch, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMによる腫瘍内がん幹細胞ニッチイメージングと内用放射線治療への応用
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 呉 明美, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第4回日本分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 高再現性64Niメッキ装置及び64Cu自動分離精製装置の開発
    渡邉 亮, 吉井 幸恵, 森 哲也, 浅井 竜哉, 清野 泰, 中小路 聡直, 藤林 康久
    第4回分子イメージング学会 2009年05月 選考無し 0
  • Hypoxic metabolism as a target for tumor imaging
    Y.Fujibayashi, Y.Yoshii, T.Furukawa, T.Mori, Y.Kiyono
    韓国分子イメージング学会 2009年05月 選考有り 0
  • 64Cu-ATSMイメージング: 低酸素・栄養飢餓とがん幹細胞との関係に関する検討
    吉井 幸恵, 鈴木 佑哉, 清野 泰, 脇 厚生, 渡邉 亮, 森 哲也, 吉井 裕, 古川 高子, 浅井 竜哉, Michael J. Welch, 藤林 康久
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • FDG自動合成装置を用いた[18F]FDHT合成法の開発
    清野 泰, 森 哲也, 辻村 修一, 吉井 幸恵, 浅井 竜哉, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第49回日本核医学会学術総会 2009年01月 選考有り 0
  • Injectable O-15 system for oxygen metabolism studies using Hemoblobin vesicle (HbV):automatic labeling and applivation in rats using PET
    V.N.Tiwari, H.Okazawa, M.Kobayashi, T.Mori, S.Kasamatsu, Y.Fujibayashi
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • Preparation and biological evalution of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a mondified microwave reactor system
    K.S.Mandap, T.Ido, Y.Kiyono, M.Kobayashi, T.G.Lohith, T.Mori, S.Kasamatsu, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • PET用低酸素イメージング薬剤64Cu-ATSMによるがん幹細胞イメージング
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 渡邉 亮, 中小路 聡直, 笠松 眞吾, 吉井 裕, 古川 高子, 脇 厚生, 小林 正和, 辻川 哲也, 浅井 竜哉, 工藤 崇, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第8回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2008年12月 選考有り 0
  • Hypoxic metabolism as a target for tumor imaging/therapy
    Y.Fujibayashi, Y.Yoshii, T.Furukawa, T.Mori, Y.Kiyono
    The 36th Annual Conference International Society on Oxygen Transport to Tissue 2008年08月 選考無し Eiji Takahashi
  • Effect of L-systeine on bimding efficiency of hemoglobin-vesicles for development of an injectable O-15 labeling system.
    V.N.Tiwari, S.Kasamatsu, T.Mori, M.Kobayashi, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 55th SNM Annual Meeting 2008年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Tumor acetate imaging: a new paradigm for understanding tumor-specific hypoxic metabolism
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    The Society of Nuclear Medicine (SNM) annual meeting 2008 2008年06月 選考有り 0
  • Preparation and biological evaluation of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a modified microwave reactor system
    K.S.Mandap, T.Ido, S.Kasamatsu, T.Mori, Y.Kiyono, T.G.Lohith, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    55th SNM Annual Meeting Scientific 2008年06月 選考有り 0
  • Preparation and biological evaluation of [18F]Flumazenil synthesized utilizing a modified microwave reactor system
    K.S.Mandap, 清野 泰, 小林 正和, T.G.Lohith, 森 哲也, 笠松 眞吾, 井戸 達雄, 藤林 康久
    第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2008年05月 選考有り 0
  • 低酸素イメージング剤64Cu-ATSMはがん幹細胞局在領域を描出する
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 呉 明美, 渡辺 亮, 小林 正和, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 古川 高子, 藤林 康久
    第3回日本分子イメージング学会 2008年05月 選考無し 0
  • 高感度in vivo細胞追跡システムの検討
    鎌田 和加子, 馬原 淳, 清野 泰, 森 哲也, 藤林 康久, 山岡 哲二
    第7回日本再生医療学会総会 2008年03月 選考有り 0
  • 高放射能ハンドリングに適した研究用ロボットシステムの開発
    藤林 康久, 渡邉 亮, 吉井 幸恵, 森 哲也, 清野 泰, 中小路 聡直, 浅井 竜哉
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 米倉 義晴
  • 低酸素検出薬剤64Cu-ATSMによるがん幹細胞イメージング
    吉井 幸恵, 清野 泰, 森 哲也, 呉 明美, 渡辺 亮, 小林 正和, 吉井 裕, 浅井 竜哉, 古川 高子, 藤林 康久
    第48回日本核医学会学術総会 2008年01月 選考有り 0
  • Radioiodinated (2S,αS)-2-[α-(2-iodophenoxy)benzyl]morpholine as a PET tracer for neuroendocrine tumor imaging
    Y.Kiyono, R.Nishii, J.Balatoni, T.Mori, J.G.Gelovani, Y.Fujibayashi
    Seventh Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry 2007年09月 選考有り 0
  • ノルエピネフリン・トランスポータを標的とする腫瘍イメージング剤の開発
    清野 泰, 西井 龍一, 森 哲也, 小林 正和, 吉井 幸恵, 岡沢 秀彦, Gelovani Juri, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • エステルの性質を利用した多目的腫瘍イメージングPETトレーサーの開発
    森 哲也, 清野 泰, 小林 正和, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 0
  • A noble O-15 automatic labeling system using hemoglobin vesicle for clinical oxygen metabolism studies
    V.N.Tiwari, S.Kasamatsu, H.Haddad, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り 0
  • Tumor-specific fermentative pathway for energy production: a possible target for tumor imaging
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, Y.Fujibayashi
    The Society of Nuclear Medicine (SNM) annual meeting 2007 2007年06月 選考有り 0
  • Evaluation of a new PET tracer-reporter gene system for monitoring gene therapy
    Talakad Goolaiah Lohith, T.Furukawa, S.Takamatsu, T.Mori, Y.Fujibayashi
    38th Annual Conference of Society of Nuclear Medicine ,India 2006年12月 選考有り 0
  • Injectable 15O system for clinical oxygen metabolism studies using Hemoglobin-vesicles
    Tiwari Vijay Narayan, S.Kasamatsu, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    38th Annual Conference of Society of Nuclear Medicine ,India 2006年12月 選考有り 0
  • Evaluation of New Adenoviral Mediated In Vivo FES-Herl PET Tracer-Reporter Gene System for Gene Therapy Monitoring
    Talakad Goolaiah Lohith, T.Furukawa, S.Takamatsu, T.Mori, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2006年08月 選考有り 0
  • Injectable 15O system for clinical oxygen metabolism studies using hemoglobin vesicles(HbV)as artificial oxygen carrier
    V.N.Tiwari, S.Kasamatsu, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura
    Society of Nuclear Medicine, The 53rd Annual Meeting 2006年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 施設間で利用可能なC-11標識薬剤用エンドトキシン試験保存検量線の検証
    森 哲也、脇 厚生、西嶋 剣一、本城 和義、岩隈 佳寿子、白石 浩巳、高岡 文、清野 泰、藤林 靖久
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月 選考有り 日本核医学会
  • Development of a low cost multipurpose system for F-18 labeled PET probe synthesis
    T.Mori, M.Kunieda, H.Okazawa, Y.Kiyono
    The 62nd Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2015年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging(SNMMI)
  • 実演:クリーンルームに入室と無菌操作のお作法
    森 哲也, 脇 厚生, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    PETサマーセミナー2015 in 東京ベイ 2015年09月 選考無し 日本核医学会PET核医学分科会
  • Estimation of noninvasive arterial input in brain O-15 water PET study
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • PET/MRによる定量的脳血流測定法の検討
    岡沢秀彦, 東野芳史, 辻川哲也, 森哲也, 牧野顕, 清野泰, 菊田健一郎
    第59回日本脳循環代謝学会学術集会 2016年11月 選考有り 日本脳循環代謝学会
  • Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.Evaluation of radiobromine-labeled (2S,αS)-2-(α-(2-bromophenoxy)benzyl)morpholine as an imaging probe for brain norepinephrine transporter.
    Y.Kiyono, T.Mori, T.Asai, Y.Fujibayashi, H.Okazawa
    SNM2012 Annual Meeting 2012年06月 選考有り
  • ノルエピネフリン・トランスポータイメージングプローブを用いた腫瘍イメージング
    清野 泰, 西井 龍一, 森 哲也, 小林 正和, 吉井 幸恵, 岡沢 秀彦, Gelovani Juri, 藤林 康久
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り 日本核医学会
  • 18F-FESおよび18F-FDG PETを用いた子宮内膜腫瘍性疾患の鑑別
    辻川 哲也, 吉田 好雄, 森 哲也, 小林 正和, 土田 龍郎, 工藤 崇, 藤林 康久, 岡沢 秀彦
    第47回日本核医学会学術総会 2007年11月 選考有り
  • An injectabel O-15 automatic labeling system using hemoglobin vesicle(HbV)
    V.N.Tiwari, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2007年09月 選考有り
  • In vivo evaluation of adenoviral mediated FES-hERL PET tracer-reporter gene system for gene therapy monitoring
    T.G.Lohith, T.Furukawa, T.Mori, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2007年09月 選考有り
  • Evaluation of quantitative accuracy using the transmissionless-based emission segmented attenuation correction method in small animal PET
    M.Kobayashi, H.Okazawa, M.Oh, T.Tsujikawa, T.Mori, K.Sakai, M.Watanabe, Y.Kiyono, T.Kudo, K.Kawai, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2007年09月 選考有り
  • Differential diagnosis of endometrial hyperplasia and cancer using combined 18F-FES and 18F-FDG PET
    T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, K.Kobayashi, T.Tsuchida, Y.Fujibayashi
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り
  • 子宮腫瘍性疾患におけるエストロゲン依存性とブドウ糖代謝の関連
    辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 森 哲也, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り
  • 癌特異な酢酸産生発酵過程-癌分子イメージング研究から生まれた新知見
    吉井 幸恵, 古川 高子, 吉井 裕, 森 哲也, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り
  • FES-PET検査による乳癌内分泌治療効果予測の検討
    前田 浩幸, 川崎 磨美, 小練 研司, 石田 誠, 飯田 敦, 片山 寛次, 山口 明夫, 土田 龍郎, 森 哲也, 岡沢 秀彦, 今村 好章
    第15回日本乳癌学会学術総会 2007年06月 選考有り
  • Tumor-specific fermentative pathway for nergy production : A possible target for tumor imaging.
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, Y.Fujibayashi
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り
  • Development of [18F]ethyl fluoroacetate as a tracer of oxidative metabolism in the brain
    T.Mori, L.Sun, M.Kobayashi, Y.Kiyono, T.Furukawa, H.Okazawa, Y.Fujibayashi
    The 54th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine 2007年06月 選考有り
  • 非侵襲的な定量性保持を目指したmicro PET性能評価
    小林 正和, 岡沢 秀彦, 呉 明美, 酒井 浩一, 片部 篤志, 森 哲也, 土田 龍郎, 川井 恵一, 藤林 康久
    第2回日本分子イメージング学会 2007年06月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Nucleophilic 18F-radiofluorination by a modified microwave reactor system
    K.S.Mandap, T.Ido, D.Hirayama, T.Mori, T.Asai, Y.Fujibayashi
    17th International Symposium on Radiopharmaceuical Sciences 2007年05月 選考有り
  • Development of a simple automatic preparation system using solid phase extraction method for 16α-(18F)fluoro-17β-estradiol((18F)FES
    T.Mori, S.Kasamatsu, T.Ido, Y.Fujibayashi
    17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2007年05月 選考有り
  • Design and application of a general-purpose automatic liquid handling module for PET tracers
    T.Mori, D.Hirayama, T.Ido, S.Kasamatsu, T.Asai, Y.Fujibayashi
    17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2007年05月 選考有り
  • 子宮体癌が疑われPETが診断に有用であった2例
    辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 工藤 崇, 吉田 好雄, 土田 龍郎, 森 哲也, 小林 正和, 藤林 康久
    第15回福井核医学研究会 2007年04月 選考有り
  • 低価格高汎用性自動合成装置の開発
    平山 大祐, 森 哲也, 浅井 竜哉, 井戸 達雄, 藤林 康久
    日本薬学会第127年会 2007年03月 選考有り
  • 固相抽出法によるエストロゲンα受容体イメージングPET薬剤F-18標識estradiol(FES)精製法の検討
    森 哲也, 笠松 眞吾, 藤林 康久
    日本薬学会第127年会 2007年03月 選考有り
  • 乳癌腫瘍におけるFES-PET検査所見と免疫染色法のER発現の検討
    前田 浩幸, 小練 研司, 永野 秀樹, 本多 桂, 村上 真, 廣野 靖夫, 五井 孝憲, 石田 誠, 飯田 敦, 片山 寛次, 山口 明夫, 土田 龍郎, 森 哲也, 岡沢 秀彦, 今村 好章
    第16回日本乳癌画像研究会 2007年02月 選考有り
  • 婦人科疾患に対する18F-FES PETの有用性
    辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 森 哲也, 小林 正和, 土田 龍郎, 藤林 康久
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り
  • 簡易的な定量性確保を目標としたmicroPET性能評価
    小林 正和, 岡沢 秀彦, 森 哲也, 辻川 哲也, 清野 泰, 川井 惠一, 藤林 康久
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 日本核医学会
  • F-18FES-PETが内分泌療法に関する情報を与えた乳癌の2例
    土田 龍郎, 上林 倫史, 伊藤 春海, 岡沢 秀彦, 小林 正和, 森 哲也, 辻川 哲也, 藤林 康久
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り 日本核医学会
  • LC/MS/MSを用いた高感度PET薬剤品質管理検定法の開発
    森 哲也, 川瀬 卓也, 浅井 竜哉, 井戸 達雄, 藤林 康久
    第46回日本核医学会総会 2006年11月 選考有り
  • Feasibility of F-18 FES-PET for gynecological tumors
    T.Tsujikawa, H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Tsuchida, T.Kurokawa, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    21世紀COE「生体画像医学の統合研究プログラム」ワークショップ 2006年09月 選考有り
  • Evaluation of gynecological tumors and endometriosis using [F-18]-fluoroestradiol and PET
    H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Tsuchida, T.Kurokawa, M.Kobayashi, T.Tsujikawa, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2006年09月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • How accurately can reductions in baseline CBF and vasoreactivity detect misery perfusion in cerebrovascular disease?
    H.Okazawa, T.Tsuchida, Y.Arai, M.Kobayashi, T.Mori, T.Tsujikawa, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2006年09月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • Diagnosis of misery perfusion using noninvasive 15O-gas PET
    M.Kobayashi, H.Okazawa, T.Tsuchida, K.Kawai, T.Mori, T.Tsujikawa, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 2006年09月 選考有り European Association of Nuclear Medicine
  • Development of [18F]Ethyl fluoroacetate as a tracer of acetate metabolism imaging in whole body
    T.Mori, M.Kobayashi, L.Q.Sun, H.Kawashima, Y.Kiyono, Y.Fujibayashi
    The Fifth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging 2006年09月 選考有り
  • エステル官能基の特性を利用したF-18標識脳血流トレーサーの開発
    森 哲也, 小林 正和, 清野 泰, 岡沢 秀彦, 藤林 康久
    第6回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2006年09月 選考有り
  • Evidence of tumor-specific acetate production: basic study to find a possible biomarker for tumor imaging
    Y.Yoshii, T.Furukawa, H.Yoshii, T.Mori, Y.Fujibayashi
    The Society for Molecular Imaging 2006年08月 選考有り
  • Evaluation of uterine endometrium related gynecological diseases using F-18 fluoroestradiol and PET
    H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Mori, T.Tsuchida, T.Kurokawa, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura
    Society of Nuclear Medicine 53rd Annual Meeting 2006年06月 選考有り
  • 婦人科疾患に対するF-18 FES-PETの有用性について
    辻川 哲也, 岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 森 哲也, 土田 龍郎, 小林 正和, 藤林 康久
    日本核医学会第63回中部地方会 2006年06月 選考有り
  • 汎用性に富む自動放射性薬剤合成装置の開発
    平山 大祐, 藤田 理絵, 森 哲也, 浅井 竜哉, 日下部 正宏, 藤林 靖久
    日本分子イメージング学会設立総会 2006年05月 選考無し 日本分子イメージング学会
  • 非侵襲的な定量性保持を目指したmicro PET性能評価
    小林 正和, 岡沢 秀彦, 呉 明美, 酒井 浩一, 片部 篤志, 森 哲也, 土田 龍郎, 川井 恵一, 藤林 康久, 米倉 義晴
    日本分子イメージング学会設立総会・第1回学術集会 2006年05月 選考有り
  • 酢酸誘導体を用いた脳イメージングPETトレーサーの開発
    森 哲也, 川瀬 卓也, 孫 立権, 小林 正和, 藤林 康久
    第1回日本分子イメージング学会 2006年05月 選考有り
  • F-18FES-PETによる婦人科疾患の診断
    岡沢 秀彦, 吉田 好雄, 土田 龍郎, 森 哲也, 小林 正和, 藤林 康久, 米倉 義晴
    日本分子イメージング学会設立総会・第1回学術集会 2006年05月 選考有り
  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    藤林 康久, 徳永 雄次, 古川 高子, 森 哲也, 米倉 義晴, 岡沢 秀彦, 富樫 かおり, 谷森 達, 窪 秀利, 身内 賢太朗
    平成17年度厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業萌芽的先端医療技術推進研究ナノメディシン研究成果発表会 2006年02月 選考有り
  • Evaluation of gynecological tumors and endometriosis using F-18 fluoroestradiol and PET
    H.Okazawa, Y.Yoshida, T.Tsujikawa, T.Mori, T.Tsuchida, M.Kobayashi, Y.Fujibayashi
    The 9th Congress of World Federation of Nuclear Medicine & Biology 2006年01月 選考有り
  • Synthesis and evaluation of [F-18]Ethyl fluoroacetate as a tracer of imaging oxidative metabolism in whole body
    T.Mori, L.Q.Sun, M.Kobayashi, H.Kawashima, Y.Fujibayashi
    The 9th Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology 2006年01月 選考有り
  • がんの代謝特性の解明と分子イメージングに向けた基礎検討
    藤林 康久, 古川 高子, 森 哲也, 田中 健, 笠松 眞吾, 米倉 義晴
    文部科学省科学研究費補助金学術創成研究費「生物新機能と創薬をめざす生体内分子科学」第8回シンポジウム 2006年01月 選考有り
  • Evaluation of ethyl[18F]fluoroacetate as atracer of acetic acid metabolism in brain
    T.Mori, L.Q.Sun, M.Kobayashi, H.Kawashima, M.J.Welch, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    PACIFICHEM 2005, Chemistry of Molecular Imaging 2005年12月 選考有り
  • Development of adenoviral mediated [18F]-FES-hERL In Vivo PET tracer-reporter gene system for monitoring of gene therapy
    Lohith, T. G., Furukawa, T., Takamatsu, S., Mori, T., Fujibayashi, Y.
    37th Annual Conference of SNM 2005年12月 選考有り
  • F-18フルオロエストラジオールの子宮内膜への集積-月経周期および血中エストロゲン濃度との関連について-
    土田龍郎, 岡沢秀彦, 森 哲也, 小林正和, 田中富美子, 藤林康久, 米倉義晴, 伊藤春海
    第45回日本核医学会総会 2005年11月 選考有り
  • PET用脳内酢酸代謝イメージング薬剤の開発に関する基礎的検討
    森哲也, 孫立権, 小林正和, 河嶋秀和, 藤林靖久
    第45回日本核医学会総会 2005年11月
  • Evaluation of [18F]FES-hERL repoter gene system in vivo for gene therapy
    Furukawa, T., Lohith, T. G., Takamatsu, S., Mori, T., Tanaka, T., Fujibayashi, Y.
    Fourth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging 2005年09月
  • Development of adenoviral medicated [16F]-FES-hERL In Vivo PET tracer-repoter gene system for monitoring of gene therapy
    Lohith, T. G., Furukawa, T., Takamatsu, S., Mori, T., Tanaka, T., Fujibayashi, Y.
    Fourth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging 2005年09月
  • Automated radiosynthesis of a novel [18F]fluoroethylation agent
    L.Q.Sun, T.Furukawa, T.Mori, S.Kasamatsu, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    17th International Symposium on Fluorine Chemistry 2005年07月 選考有り
  • 低酸素がん選択的DDSを用いたPETイメージングと内用放射線治療
    藤林 康久, 古川 高子, 森 哲也, 岡沢 秀彦, 米倉 義晴
    第9回がん分子標的治療研究会総会, 創薬と分子イメージング 2005年07月 選考有り
  • PET用脳内酢酸代謝イメージング薬剤の開発
    森哲也
    第9回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2005年07月
  • Evaluation of critical hemodynamic status induced by acetazolamide challenge in patients with cerebrovascular disease:assessment of regional perfusion pressure.
    H.Okazawa, T.Tsuchida, Y.Arai, T.Mori, M.Kobayashi, F.Tanaka, Y.Yonekura
    Brain '05 & BrainPET '05 2005年06月 選考有り
  • Fluorine-18 fluoroestradional uptake in endometirum-influence of menstrual cycle and endogenous estrogen level.
    T.Tsuchida, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, T.Mori, F.Tanaka, M.Kobayashi, K.Sugimoto, Y.Yonekura, H.Itoh
    Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting 2005年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • Effects of 5-HT1B/1D receptor agonist on cerebral blood flow and arterial blood volume:PET study with healthy volunteers.
    H.Okazawa, T.Tsuchida, M.Pagani, T.Mori, F.Tanaka, M.Kobayashi, Y.Yonekura
    Human Brain Mapping 2005 2005年06月 選考有り Organization for Human Brain Mapping
  • Fully automated synthesis of sodium [18F]fluoroacetate
    L.Q.Sun, T.Mori, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting 2005年06月 選考有り
  • Relationship between misery perfusion and vasodilatory capacity assessed by acetazolamide test in patients with cerebrovascular disease:a PET syudy with O-15 gas and water
    H.Okazawa, T.Tsuchida, Y.Arai, T.Mori, M.Kobayashi, F.Tanaka, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura
    Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting 2005年06月 選考有り
  • Automatic synthesis of 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol using a cassette type FDG synthesizer
    Mori, T., Kasamatsu, S., Mosdzianowski, C., Welch, M. J., Fujibayashi, Y.
    Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting 2005年06月
  • New aproach to the preparation of Ethyl [18F]fluoroacetate-a simple method via distillation
    L.Q.Sun, T.Mori, T.Furukawa, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Sixteenth International Symposium on Radiopharmaceutical Chemistry 2005年06月 選考有り
  • Purification of O-18 water with a crystal water method
    L.Q.Sun, T.Mori, S.Kasamatsu, Y.Fujibayashi
    8th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology 2005年01月 選考有り
  • Localization of partial epilepsy using simultaneous recording of EEG and fMRI
    F.Tanaka, K.Anami, T.Mori, T.Ohnishi, H.Matsuda, O.Saitoh, Y.Yonekura
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考無し
  • Preliminary study on ethyl-ester of [18F]fluoroacetic acid as a tracer of acetic acid metabolism in brain
    T.Mori, L.Q.Sun, Y.Fujibayashi
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • Evaluation of [18F]FES-hERL in vivo reporter gene system for gene therapy monitoring
    T.Furukawa, T.G.Lohith, S.Takamatsu, T.Mori, T.Tanaka, Y.Fujibayashi
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • Development of adenoviral-mediated PET tracer-reporter gene system for monitoring of gene therapy
    T.G.Lohith, T.Furukawa, S.Takamatsu, T.Mori, Y.Fujibayashi
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • Non-invasive imaging of transplanted living functional cells transfected with a reporter estrogen receptor gene
    S.Takamatsu, T.Furukawa, T.Mori, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • Preparation of 16α-[18F]fluoro-17β-estradiol using a cassette type FDG synthesizer
    Mori, T., Kasamatsu, S., Fujibayashi, Y.
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月
  • Development of preparation of [18F]fluoroacetate with a commercial auto-synthesizer
    L.Q.Sun, T.Mori, S.Kasamatsu, Y.Fujibayashi
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • Evaluation of critical changes in cerebral perfusion pressure induced by vasodilatory stimulus in patients with cerebrovascular disease
    H.Okazawa, T.Tsuchida, T.Mori, Fujibayashi, Y., Y.Yonekura
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考有り
  • PET従事者における被ばくの現状
    小林正和, 杉本勝也, 石田智一, 藤渕洋士, 東村享治, 森 哲也, 笠松眞吾, 藤林康久, 米倉義晴
    日本放射線技術学会第39回中部部会学術大会 2004年11月
  • Radio-labeled probes for molecular-genetic imaging
    Y.Fujibayashi, T.Furukawa, S.Takamatsu, T.Mori, Y.Yonekura
    2004 Taipei International Symposium on Molecular-Genetic Imaging 2004年11月 選考無し
  • FDG自動合成装置を用いたF-18-Estradiolの合成
    森 哲也, 笠松眞吾, 藤林靖久
    第44回日本核医学会総会 2004年11月
  • 市販自動合成装置を用いるF-18-Acetateの合成について
    孫 立権, 森 哲也, 藤林 康久
    第4回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2004年11月 選考有り
  • カセット式FDG合成装置TRACERlabMXを用いた16α-[F-18]fluoroestradiol (FES)合成法の確立
    森 哲也, 笠松眞吾, 藤田理絵, 藤林靖久
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月
  • サイクロトロン核医学の光と陰- サイクロトロン施設の運用から廃止まで
    森 哲也
    第2回関西PET研究会 2004年07月
  • Evaluation of BOLD changes related to interictal epileptic discharges using continuous and simultaneous EEG-fMRI
    F.Tanaka, K.Anami, T.Mori, T.Ohnishi, Y.Yonekura, H.Matsuda, O.Saitoh
    10th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 2004年06月 選考有り
  • Non-invasive imaging of transplanted living functional cells transfected with a reporter estrogen receptor gene
    S.Takamatsu, T.Furukawa, T.Mori, Y.Yonekura, Y.Fujibayashi
    Society of Nuclear Medicine's 51st Annual Meeting 2004年06月 選考有り
  • 遺伝子・再生医療の治療評価における分子イメージングの役割
    藤林 康久, 古川 高子, 高松 真二, 森 哲也
    第33回日本血管造影・IVR学会総会# 分子時代のIVR 2004年05月 選考無し
  • 遺伝子イメージング
    森 哲也
    PET化学ワークショップ2004 2004年02月
  • 再生医療を目指した機能性移植細胞のPET画像化の試み
    高松 真二, 森 哲也, 古川 高子, 藤林 康久
    第3回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2003年11月 選考有り
  • 市販自動合成装置を用いるF-18-Estradiolの合成
    森 哲也, 笠松 眞吾, 藤林 康久
    第3回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2003年11月 選考有り
  • 市販自動合成装置を用いるF-18標識前駆体の合成とその応用
    孫 立権, 笠松 眞吾, 森 哲也, 藤林 康久
    第3回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2003年11月 選考有り
  • PET tracer-reporter gene system for monitoring of gene therapy
    T.G.Lohith, 古川 高子, 高松 真二, 森 哲也, 藤林 康久
    第3回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2003年11月 選考有り
  • PET用院内サイクロトロン廃止時における放射線管理の現状 -兵庫県立姫路循環器病センターでの経験
    森 哲也, 石本 剛, 久保田晴元, 石井一成
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • TracerLabを用いた18F-fluoroestradiolの合成
    吉本 光喜, 森 哲也, 笠松 眞吾, 米倉 義晴, 藤林 康久
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月 選考無し
  • PET用院内サイクロトロン廃止時における放射線管理 -兵庫県立姫路循環器病センターでの経験
    森 哲也, 石井一成, 久保田晴元, 石本 剛
    第43回日本核医学会総会 2003年01月
  • 再生医療における移植細胞可視化の試み
    高松 真二, 古川 高子, 森 哲也, 笠松 眞吾, 米倉 義晴, 藤林 康久
    第43回日本核医学会総会 2003年01月 選考有り
  • 3'-deoxy-3'-[18F]fluorothymidine-PETによる粒子線治療の効果予測に関する基礎的研究
    清野 泰, 林 超, 久米 恭, 森 哲也, ME. Martinez, 岡沢 秀彦
    日本分子イメージング学会第10回総会・学術集会 2015年05月
  • 3'-deoxy-3'-[18F]fluorothymidine-PETによる粒子線治療効果予測の有用性に関する基礎的検討
    清野 泰, 林 超, 久米 恭, 森 哲也, ME. Martinez, 岡沢 秀彦
    放射性医薬品・画像診断薬研究会 2015年09月
  • 62/64Cu-ATSMを用いた腫瘍診断イメージングの画質比較
    小林 正和, 水谷 明日香, 高橋 浩太郎, 森 哲也, 辻川 哲也, 清野 泰, 須鎌 淳子, 川井 恵一, 岡沢 秀彦
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • Assessment of hormone sensitivity in uterine leiomyoma patients using 18F-FES PET
    T.Tsujikawa, Y.Chino, A.Shinagawa, M.Yamamoto, A.Makino, T.Mori, T.Kurokawa, Y.Kiyono, Y.Yoshida, H.Okazawa
    SNMMI 2015 Annual Meeting 選考有り
  • Evaluation of a new precursor for radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose
    ME. Martinez, Y.Tokunaga, T.Mori, A.Makino, H.Okazawa, Y.Kiyono
    第10回日本分子イメージング学会学術集会 2015年05月 選考有り
  • Evaluation of nigrostriatal oxidative stress intensity in patients with Parkinson’s disease using [Cu-62]ATSM PET and FP-CIT SPECT.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa , T.Mori, A.Makino, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2015)  2015年10月
  • Evaluation of Striatal oxidative stress in Parkinson’s disease using [Cu-62]ATSM PET.
    H.Okazawa, M.Ikawa, T.Tsujikawa, T.Mori, Y.Kiyono, M.Yoneda
    Brain & Brain PET 2015 (XXVIIth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function) 2015年06月
  • PET/MR装置による臨床画像の初期経験
    岡沢 秀彦, 辻川 哲也, 及川 広志, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰
    日本核医学会第82回中部地方会 2016年01月
  • Prediction of head and neck cancer outcome evaluated by tumor redox status using 62Cu-ATSM PET.
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M.Oh, T.Mori, Y.Kiyono, H.Okazawa
    The 62th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • Predictive value of early stage uptake of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine in colorectal cancer treated with charged particle irradiation.
    Y.Kiyono, C.Lin, K.Kume, T.Mori, ME.Martinez, H.Okazawa
    62nd Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine 2015年06月
  • パーキンソン病(PD)における脳線条体酸化ストレス強度の評価
    岡沢 秀彦, 井川 正道, 辻川 哲也, 森 哲也, 牧野 顕, 清野 泰, 米田 誠
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月
  • Hypoxic intensity and tumor burden measured by 62Cu-ATSM-PET in head and neck cancer patients: Comparison of prognostic prediction with FDG-PET
    T.Tsujikawa, S.Asahi, M.Oh, Y.Sato, T.Mori, Y.Kiyono, S.Fujieda, H.Kimura, H.Okazawa
    第74回日本医学放射線学会学術集会 2015年04月
  • Development of a low cost multipurpose synthesis system for F-18 PET tracers
    T.Mori, M.Kunieda, Y.Fujibayashi, H.Okazawa, Y.Kiyono:
    Ninth Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry (JCSRC2015). 2015年11月
  • FES-PET 検査を用いた転移再発乳癌に対する2次内分泌治療効果予測の検討
    前田浩幸, 東 瑞穂, 中澤雅子, 今村好章, 土田龍郎, 森 哲也, 辻川哲也, 岡沢秀彦, 片山寛次, 山口明夫
    第23回日本乳癌学会学術総会 2015年07月 選考有り
  • PET Imaging of Estrogen Receptors in Metastatic Breast Cancer
    Maeda H, Higashi M, Tsuchida T, Mori T,Tsujikawa T, Imamura Y, Okazawa H, Goi T
    40th World Congress of the International College of Surgeons/62nd Annual Congress of the International College of Surgeons Japan Section 2016年10月 選考有り
  • Clinical benefits of precise delay correction for CBF measurement in O-15 water PET study.
    Islam MM, Tsujikawa T, Mori T, Kiyono Y, Okazawa H.
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー、[18F]FBOX-2の自動合成
    牧野 顕, 森 哲也, 飯國 慎平, 小野 正博, 佐治 英郎, 岡沢 秀彦, 清野 泰
    第55回日本核医学会学術総会 2015年11月 選考有り
  • Predictive value of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake in colorectal cancer treated with carbon ion irradiation under hypoxic condition.
    Kiyono Y, Kume K, Mori T, Okazawa H
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り
  • 低酸素環境下のがん細胞に対する粒子線治療の効果予測に関する基礎的検討
    清野 泰、村田桃子、久米 恭、森 哲也、浅井竜哉、岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り
  • PET機能画像は子宮肉腫患者の予後を予測する -エストロゲン受容体とFDG PET-
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 森 哲也, 牧野 顕, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第56回日本核医学会学術総会 2016年11月 選考有り 日本核医学会
  • FES-およびFDG-PETによる 子宮肉腫の予後予測
    辻川哲也, 山本 真, 知野陽子, 品川明子, 牧野 顕, 森 哲也, 黒川哲司, 清野 泰, 吉田好雄, 岡沢秀彦
    第11回 日本分子イメージング学会 2016年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • Functional images predict prognosis of uterine sarcoma patient: Estrogen receptor expression combined with FDG PET
    Tsujikawa T, Yamamoto M, Chino Y, Shinagawa A, Tsuchida T, Mori T, Kurokawa T, Kiyono Y, Yoshida Y, Okazawa H
    The 63th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2016年06月 選考有り Society of Nuclear Medicine
  • 低酸素がん細胞に対する粒子線治療の効果予測に関する基礎的検討
    清野 泰、村田 桃子、牧野 顕、久米 恭、森 哲也、浅井 竜哉、岡沢 秀彦
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • Predictive value of 3'-deoxy-3'-18F-fluorothymidine uptake in colorectal cancer treated with proton irradiation under hypoxic condition.
    Kiyono Y, Murata M, Makino A, Kume K, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り 日本核医学会
  • Prognostic value of FES PET in patients with endometrial cancer
    Tsujikawa T, Yamada S, Tsuyoshi H, Kurokawa T, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Yoshida Y
    第12回分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • 18F-FES and 18F-FDG PET/MR imaging of gynecologic tumors:Initial experience in 5 cases
    Tsujikawa T, Tsuyoshi H, Yamada S, Shinagawa A, Chino Y, Mori T, Kurokawa T, Kiyono Y, Yoshida Y, Okazawa H
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り
  • Automated Synthesis of[18F]FFNP and[18F]FES with a low cost module systems
    Mori T, Kunieda M, Asai T, Okazawa H, Kiyono Y
    22nd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences(ISRS2017) 2017年05月 選考有り
  • 低価格化を目指したPET薬剤自動合成システムによるF-18標識FES簡便合成法の確立
    森 哲也、國枝 正基、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    第12回日本分子イメージング学会学術集会 2017年05月 選考有り
  • ここから始めよう!PET薬剤品質向上ベスト10
    森 哲也
    PETサマーセミナー2017in奈良 2017年08月 選考有り
  • PET薬剤のろ過滅菌後におけるフィルター完全性試験の実績報告
    森 哲也、伊藤 陽、牧野 顕、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • 低価格化を目指した汎用型自動合成装置システムによる[F-18]FFNPおよび[F-18]FESの合成
    森 哲也、國枝 正基、浅井 竜哉、岡沢 秀彦、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • PET/MRI定量評価のための動脈カウントキャリブレーション法の検討
    岡沢 秀彦、及川 広志、辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰
    第57回日本核医学会学術総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • アルツハイマー病患者における64Cu-ATSM PET酸化ストレスイメージング
    井川 正道, 岡沢  秀彦, 辻川  哲也, 森  哲也, 清野  泰, 米田  誠
    第57回日本核医学会総会 2017年10月 選考有り 日本核医学会
  • O-15水PET/MRIによる脳血流量の定量
    岡沢 秀彦、辻川 哲也、森 哲也、清野 泰
    第76回日本医学放射線学会総会 2017年04月 選考有り 日本医学放射線学会
  • Measurement of cerebral blood flow with H215O PET/MRI.
    Okazawa H, Tsujikawa T, Higashino Y, Arishima H, Mori T, Kiyono Y, Kikuta K.
    Brain & Brain PET 2017 2017年04月 選考有り
  • Measurement of cerebral blood flow using H215O PET/MRI with a noninvasive method.
    Okazawa H, Higashino Y, Tsujikawa T, Mori T, Arishima H, Kiyono Y, Kikuta K.
    The 64th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2017年06月 選考有り
  • 全身骨髄TK1活性を可視化する FLT-PET/MRIによる 骨髄不全症の病態解明
    辻川 哲也、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、岡沢 秀彦、多崎 俊樹、細野 奈穂子、山内 高弘
    第26回 福井県核医学研究会 2018年04月 選考有り 福井県核医学研究会
  • Assessment of bone marrow proliferation in bone marrow failure syndrome by FLT-PET/MRI
    辻川 哲也、多崎 俊樹、細野 奈穂子、森 哲也、牧野 顕、清野 泰、山内 高弘、岡沢 秀彦
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • 抗がん剤と治療用放射性同位元素を内包した内照射治療用ナノ粒子の開発
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • Cu-64標識ナノ粒子の簡便合成法の検討
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第13回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2018年05月 選考有り 日本分子イメージング学会
  • 組織内照射と局所での化学療法との併用療法を可能にする温度応答性高分子ミセルの調製
    牧野 顕、森 哲也、岡沢 秀彦、清野 泰
    第7回日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック若手研究発表会 2018年12月 選考有り 日本バイオマテリアル学会
  • Predictive value of 18F-FDG and 18F-FLT uptake in colorectal cancer treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Makino A,Kume K,Mori T,Asai T, Okazawa H
    The 65th Annual Meeting of The Society of Nuclear Medicine 2018年06月 選考無し
  • Changes in the accumulation of 18F-FDG and 18F-FLT in colorectal cancer cells treated with charged particle irradiation under hypoxic condition
    Kiyono Y, Kume K, Makino A, Mori T, Asai T, Okazawa H
    The 12th World Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology (WFNMB 2018) 2018年04月 選考有り
  • 18F-NaFの製造管理・品質管理
    森 哲也
    第18回日本核医学会春季大会 2018年05月 選考無し 日本核医学会
  • PET2薬剤で製造施設認証を取得して理解できたこと
    森 哲也
    PETサマーセミナー2018 2018年08月 選考有り 日本核医学会PET核医学分科会
  • 学会製造認証基準に準拠した[F-18] NaFの製造および品質管理の検討
    森 哲也、清野 泰、大崎 勝彦、脇 厚生、岡沢 秀彦
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会
  • 過酸化水素ガスによるPET薬剤製造設備の微生物除染効果の検討
    森 哲也
    第58回日本核医学会学術総会 2018年11月 選考有り 日本核医学会

共同研究

  • 再生医療における移植細胞の追跡技術の開発研究 2004年度
  • 再生医療における移植細胞の追跡技術の開発研究 2004年度

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2012年度後期優秀論文賞2013年05月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2011年度前期 優秀論文賞2011年11月
  •  米国核医学 米国核医学2011総会 腫瘍臨床診断部門最優秀優秀ポスター賞2011年06月
  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2010年度後期 優秀論文賞2011年05月

科学研究費補助金

  • 婦人科腫瘍診断を目指したプロゲステロンレセプターイメージング薬剤の開発基盤研究(C)
    代表者:森 哲也 2015年度
  • 腎癌に対するFLT PETを用いた分子標的薬の早期治療効果判定のための臨床研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:大山 伸幸 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2014年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:清野 泰 2014年度
  • グアニン四重鎖構造を標的とするテロメラーゼ活性測定プローブの開発挑戦的萌芽研究
    代表者:清野 泰 2014年度
  • 有用薬剤の橋渡し研究を推進する薬剤自動製造システムの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:森 哲也 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2013年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:清野 泰 2013年度
  • 有用薬剤の橋渡し研究を推進する薬剤自動製造システムの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:森 哲也 2013年度
  • 治療法最適化のためのがん分子イメージングと治療効果に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:佐藤 義高 2013年度
  • 腎癌に対するFLT PETを用いた分子標的薬の早期治療効果判定のための臨床研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:大山 伸幸 2013年度
  • 18F標識酢酸誘導体を用いたグリア細胞エネルギー代謝機能測定への挑戦挑戦的萌芽研究
    代表者:清野 泰 2013年度
  • 有用薬剤の橋渡し研究を推進する薬剤自動製造システムの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:森 哲也 2012年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2012年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    代表者:石田 泰一 2012年度
  • 18F標識酢酸誘導体を用いたグリア細胞エネルギー代謝機能測定への挑戦挑戦的萌芽研究
    代表者:清野 泰 2012年度
  • 戦略的治療計画のための特異的腫瘍機能画像法の開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2011年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    代表者:石田 泰一 2011年度
  • アンドロゲン受容体イメージング薬剤の簡便合成法の確立ならびに薬物動態の解明若手研究(B)
    代表者:森 哲也 2011年度
  • アンドロゲン受容体イメージング薬剤の簡便合成法の確立ならびに薬物動態の解明若手研究(B)
    代表者:森 哲也 2010年度
  • 前立腺癌のエストロゲン受容体の発現とそのリガンドを用いた新規PET画像診断法基盤研究(C)(一般)
    代表者:石田 泰一 2010年度
  • 戦略的治療計画のための特異的腫瘍機能画像法の開発基盤研究(B)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2010年度
  • 酢酸代謝に着目した新規分子イメージング用PET薬剤の開発若手研究(B)
    代表者:森 哲也 2007年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    代表者:藤林 康久 2007年度
  • 脳内微小循環動態の計測と自動調節能に関する定量的研究基盤研究(C)一般
    代表者:岡沢 秀彦 2007年度
  • PET用脳内酢酸代謝イメージング薬剤の開発若手研究(B)
    代表者:森 哲也 2006年度
  • 脳内微小循環動態の計測と自動調節能に関する定量的研究基盤研究(C)一般
    代表者:岡沢 秀彦 2006年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    代表者:藤林 康久 2006年度
  • PET用脳内酢酸代謝イメージング薬剤の開発若手研究(B)
    代表者:森 哲也 2005年度
  • PETを用いるがんの分子イメージングに関する総合研究基盤研究(A)一般
    代表者:藤林 康久 2005年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)
    代表者:岡沢 秀彦 2015年度
  • 新しい脳内水動態画像化法の開発萌芽研究
    代表者:岡沢 秀彦 2015年度
  • 治療抵抗性うつ病の病態解明・治療法開発に資する分子イメージングプローブの開発基盤研究(B)
    代表者:清野 泰 2015年度
  • グアニン四重鎖構造を標的とするテロメラーゼ活性測定プローブの開発萌芽研究
    代表者:清野 泰 2015年度
  • PET/MRによるエストロゲン依存性腫瘍の受容体発現と酸化ストレスの関連性解明基盤研究(C)
    代表者:辻川 哲也 2016年度
  • 婦人科腫瘍診断を目指したプロゲステロンレセプターイメージング薬剤の開発基盤研究(C)
    代表者:森 哲也 2016年度
  • 新しい脳内水動態画像化法の開発萌芽研究
    代表者:岡沢 秀彦 2016年度

厚生科研補助金

  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久
  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久
  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久
  • 新規γ・β線核種によるがん診断・治療の開発研究
    代表者:藤林 康久