矢野 泰弘

所属部署名病因病態医学講座 医動物学
教員組織病因病態医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名助教
更新日: 19/12/12 17:15

研究者基本情報

氏名

    矢野 泰弘
    ヤノ ヤスヒロ
    YANO Yasuhiro

所属

  •  病因病態医学講座 医動物学 助教

学歴

  • - 1989年九州大学 畜産学専攻
  • - 1982年九州大学 畜産学科

学位

  • 農学博士

経歴

  • 1989年04月1989-現在まで 福井大学医学系部門 病因病態医学講座 医動物学分野 助教

所属学協会

    日本ダニ学会 その他,日本衛生動物学会 監事,日本感染症学会,日本寄生虫学会,日本熱帯医学会 その他,

海外渡航歴

  • USA Georgia Southern University 1996年02月- 1996年07月

研究活動情報

論文

  • 近年の北陸日本海側で発掘されたダニ媒介感染症と背景の寄生性ダニ相
    高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,赤池 重宏,宇田 晶彦,及川 陽三郎,夏秋 優,早坂 大輔
    Clinical Parasitol(27) 78-80 2016年 査読無し
  • Location and ultrastructure of spotted fever rickettsiae in nymphal Haemaphysalis hystricis ticks
    Y. Yano, N. Takada, H. Fujita, M. Gokuden, S. Ando
    J. Acarol. Soc. Jpn 25(S1) 181-184 2016年03月 査読有り
  • 福井県の日本紅斑熱発生地におけるベクターとリケッチアの調査
    石畒 史,藤田 博己,外川 佳奈,矢野 泰弘,高田 伸弘
    福井県衛生環境研究センター年報(14) 61-63 2015年12月 査読有り
  • Tick Attachment Cement with a Feeding Cavity in the Deep Dermis of the Penis
    K.Okahashi, N.Oiso, Y.Yano, A.Kawada
    Acta Derm Venereol. 2014年11月 査読有り
  • Multilocus sequence typing and DNA similarity analysis implicates that a Borrelia valaisiana-related sp. isolated in Japan is distinguishable from European B. valaisiana
    H.Kawabata, A.Takano, T.Kadosaka, H.Fujita, Y.Nitta, M.Gokuden, T.Honda, J.Tomida, Y.Kawamura, T.Masuzawa, F..Ishiguro, N.Takada, Y.Yano, M.Andoh, S.Ando, K.Sato, H.Takahashi, M.Ohnishi
    J. Vet. Med. Sci. 75(9) 1201-1207 2013年09月 査読有り
  • Reproduction in a metastriata tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae)
    T.Matsuo, N.Okura, H.Kakuda, Y.Yano
    日本ダニ学雑誌 22(1) 42027 2013年05月 査読有り
  • 2012年までに確認できた福島県のマダニ類とマダニ媒介リッケチア
    藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘, 安藤 秀二, 川端 寛樹, 藤田 信子
    衛生動物 64(1) 37-41 2013年03月 査読有り
  • 微小なダニ類幼虫の形態観察における低真空走査型電子顕微鏡の有用性
    矢野 泰弘
    衛生動物 64(1) 55-58 2013年03月 査読有り
  • 紅斑熱群リケッチア症の簡易診断法としてのアルカリ多糖体抗原を用いたELISA法の検討
    及川 陽三郎, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    衛生動物 64 33-35 2013年 査読有り
  • Observation of live ticks (Haemaphysalis flava) by scanning electron microscopy under high vacum pressure
    Y.Ishigaki, Y.Nakamura, Y.Oikawa, Y.Yano, and 4 persons
    PLoS ONE 7(3) e32676 2012年 査読有り
  • Multilocus sequence typing implicates rodents as the main reservoir host of human-pathogenic Borrelia garinii in Japan
    A.Takano, M.Nakano, T.Masuzawa, N.Takada, Y.Yano, and 17 persons
    J. Clin. Moicrobiol 49 2035-2039 2011年 査読有り
  • Dermoscopy for tick bite: reconfirmation of the usefulness for the initial diagnosis
    M.Matsuda, N.Oiso, Y.Yano, A.Kawada
    Case Rep. Dermatol. 3 94-97 2011年 査読有り
  • Human Rickettsia heilongjiangensis Infection, Japan
    S.Ando, M.Kurosawa, A.Sakata, H.Fujita, K.Sakai, M.Sekine, M.Katsumi, W.Saitou, Y.Yano, N.Takada, A.Takano, H.Kawabata, N.Hanaoka, H.Watanabe, I.Kurane, T.Kishimoto
    Emerg. Infect. Dis. 16 1306-1308 2010年 査読有り
  • The diagnostic usefulness of dermoscopy for identifying six-legged larval ticks
    N.Oiso, N.Nakano, Y.Yano, A.Kawada
    Ticks and Tick-borne Diseses 1 197-198 2010年 査読有り
  • 最近のマダニ刺咬症,自験例の集約と考察
    矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    Clinical Parasitology 21(1) 107-109 2010年 査読無し
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経確定
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 岩崎 博道, 増澤 俊幸, 角坂 照貴, 川端 寛樹, 及川 陽三郎
    平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究B 海外調査)研究成果報告書 2010年 査読無し
  • Diagnostic effectiveness of dermoscopy for tick bite
    N.Oiso, A.Nakano, Y.Yano, A.Kawada
    J. Eur Acad Dermatol Venereol 24 231-232 2010年 査読有り
  • Tick fauna associated with sika deer density in the Shimane Peninsula, Honshu
    T.Yamauchi, K.Tabara, S.Arai, H.Kawabata, K.Katayama, H.Fujita, Y.Yano, N.Takada
    Jpn. Med. Entomol. & Zool. 60(4) 2009年12月 査読有り
  • 沖縄県宮古島で初めて確認されたつつが虫病
    平良 勝也, 岡野 祥, 仁平 稔, 中村 正治, 稲福 恭雄, 近藤 章之, 伊禮 史朗, 畑 芳夫, 藤田 博己, 下地 崇, 砂川 洋子, 宮城 鈴代, 下地 久代, 平良 セツ子, 上原 真理子, 上原 健司, 宮川 桂子, 糸数 公, 矢野 泰弘, 高田 伸弘, 角坂 照貴, 本田 俊郎, 安藤 秀二
    国立感染症研究所感染症情報センター速報 2009年03月 査読有り
  • Diagnostic effectiveness of dermatoscopy for tick bite
    N.Oiso, S.Kawara, Y.Yano, A.Kawada
    J. Euro. Acad. Delmatol. Venereol. 2009年 査読有り
  • 福井県の紅斑熱発生に係るベクターと病原リケッチアの調査
    石畝 史, 藤田 博己, 山崎 史子, 永田 暁洋, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    福井県衛生環境研究センター年報 7 46-50 2008年12月 査読無し
  • Survey of the vectorial competence of ticks in an endemic area of spotted fever group rickettsioses in Fukui Prefecture
    F.Ishiguro, N.Takada, H.Fujita, Y.Noji, Y.Yano, H.Iwasaki
    Microbiol Immunol 52 305-309 2008年 査読有り
  • Detection of Kobe-type Babesia microti assiciated with Japanese human babesiosis in field rodents in central Taiwan and southeastern mainland China
    A.Saito-Ito, N.Takada, F.Ishiguro, H.Fujita, Y.Yano, X-H.Ma, E-R.Chen
    Parasitology 135 691-699 2008年 査読有り
  • リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    岩崎 博道, 高田 伸弘, 矢野 泰弘
    平成18年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 総括・分担研究報告書 133-144 2007年03月 査読無し
  • Survey of Babesia microti infection in field rodents in Japan: records of the Kobe-type in new foci and findings of a new type related to the Otsu-type
    A.Saito-Ito, M.Kasai, Y.Yano, N.Takada
    Microbiol Immunol 51(1) 15-24 2007年01月 査読有り
  • Records of ticks collected in Asian continent and some islands of Japan around East China Sea
    N.Takada, H.Fujita, F.Ishiguro, Y.Yano, X-H.Ma, H-S.Oh
    Annu. Rep. Ohara Hosp. 47 42324 2007年 査読有り
  • Some suggestive records of rickettiae isolated from ticks in Korea and central China
    H.Fujita, N.Takada, H.Kawabata, S.Yamamoto, Y.Oikawa, Y.Yano, H-S.Oh, X-H.Ma
    Annu. Rep. Ohara Hosp. 47 21-24 2007年 査読有り
  • Epidemiological study of Japanese spotted fever and Tsutsugamushi disease in Shimane prefecture, Japan
    K.Tabara, K.Hoshina, A.Itagaki, T.Katayama, H.Fujita, T.Kadosaka, Y.Yano, N.Takada, H.Kawabata
    Jpn. J. Infect. Dis. 59 204-205 2006年 査読有り
  • 鹿児島県内の野鼠及びダニ類からの病原体検索-2005年度調査から-
    御供田 睦代, 石谷 完二, 吉國 謙一郎, 上野 伸広, 新川 奈緒美, 藏元 強, 本田 俊郎, 川端 寛樹, 藤田 博己, 角坂 照貴, 田原 研司, 丸山 総一, 矢野 泰弘, 高田 伸弘, 宮田 義彦
    鹿児島県環境保健センター所報 7 68-71 2006年 査読有り
  • 島根県における日本紅斑熱とつつが虫病の発生状況および疫学的特徴
    田原 研司, 保科 健, 板垣 朝夫, 藤田 博己, 角坂 照貴, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    病原微生物検出情報 27 33-34 2006年 査読有り
  • The first reported case of spotted fever in Fukui Prefecture, the northern part of central Japan
    Noji, Y., Takada, N., Ishiguro, F., Fujino, S., Aoyama, T., Fujita, H., Yano, Y., Shiomi, S., Mitsuto, I., Takase, K., Takase, K., + Haba, T., Mabuchi, H.
    Jpn. J. Infect. Dis. 58 112-114 2005年 査読有り
  • Japanese Babesia microti cytologically detected in salivary glands of naturally infected tick Ixodes ovatus
    Yano, Y., Saito-Ito, A., Anchalee, D., Takada, N.
    Microbiol. Immunol. 49 (10) 891-897 2005年 査読有り
  • Survey of rodents and ticks in human babesiosis emergence area in Japan: First detection of Babesia microti-like parasites in Ixodes ovatus
    Saito-Ito, A., Yano, Y., Dantrakool, A., Hashimoto, T., Takada, N.
    J. Clin. Microbiol 42(5) 2268-2270 2004年05月 査読有り
  • Ultrastructure of a Japanese rickettsial strain genetically identified as Rickettsia helvetica which was originally found in Europe
    Yano, Y., Fujita, H., Takada, N.
    Microbiol. Immunol 48(7) 535-539 2004年04月 査読有り
  • Dermatitis Caused by Balaustium murorum
    Ido T, Kumakiri M, Lao L-M, Yano Y, Takada N
    Acta Derm Venereol 84 80-81 2004年 査読有り
  • バベシア症
    斎藤あつ子, Anchalee Dantrakool, 河合敦子, 矢野泰弘, 高田伸弘
    日本臨床 61 623-628 2003年 査読無し

著書

  • Proc. 8th Asian-Pacific Congress for Parasitic Zoonoses, Taiwan
    Saito-Ito, A., Takada, N., Yano, Y., Fujita, H., Dantrakool, A., Kawai, A., Kasai, M., Kasahara, M., Chen, E. R.
    Brief report of survey of rodents and ticks for Babesia infection in Taiwan and Japan, two human babesiosis emergence countries in Asia
    Organizing Committee of Asian-Pacific Congress for Parasitic Zoonoses 2004年09月
  • Asian Parasitology. Vol.4.Toxoplasmosis and Babesiosis in Asia
    Takada, N., Yano, Y.
    Vector ticks for human babesiosis in Asia
    AAA Committee 2005年
  • ダニと新興感染症
    矢野 泰弘, 高田 伸弘
    編集
    マダニの微細構造と病原体検出
    全国農村教育協会 2007年03月
  • ダニと新興再興感染症
    高田 伸弘, 石畝 史, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 増澤 俊幸
    執筆、編集
    ライム病媒介マダニの地理病理学
    全国農村教育協会 2007年03月
    ISBN4-88137-127-5
  • ダニと新興再興感染症
    斎藤 あつ子, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    執筆、編集
    ヒトバベシア症の新展開
    全国農村教育協会 2007年03月
    ISBN4-88137-127-5
  • リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築 平成20年度総括・分担研究報告書
    岩崎 博道, 田原 研司, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 上田 孝典
    執筆、編集
    日本紅斑熱における重症度と血中サイトカイン値との関連性(島根県確認症例における検討)
    厚生労働省 2009年03月

講演・口頭発表等

  • 福井県若狭地域の日本紅斑熱および重症熱性血小板減少症候群発生地区にみたマダニ分布相と病原性
    矢野 泰弘,石畝 史,高田 伸弘
    第74回日本衛生動物学会西日本支部大会 2019年10月
  • 福井県若狭地域の日本紅斑熱および重症熱性血小板減少症候群発生地区にみたマダニ分布相と病原性
    矢野 泰弘,石畝 史,高田 伸弘
    第28回日本ダニ学会大会 2019年09月
  • 福井県若狭地域の日本紅斑熱および重症熱性血小板減少症候群発生地区にみたマダニ分布相と病原性
    矢野 泰弘
    第75回日本寄生虫学会 西日本支部大会 2019年09月
  • 福井県若狭地域における重症熱性血小板減少症候群発生地区にみたマダニ分布相と病原性
    矢野 泰弘
    第27回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー SADI 天草大会 2019 2019年05月
  • 日本海側にみた重症熱性血小板減少症候群(SFTS)症例から疫学調査の在り方を考える
    高田 伸弘,及川 陽三郎,夏秋 優,石畝 史,矢野 泰弘,岩崎 博道,宇田 晶彦
    第71回日本衛生動物学会大会 2019年04月
  • 福井県若狭地域における重症熱性血小板減少症候群発生地区にみたマダニ分布相と病原性
    矢野 泰弘,石畝 史,高田 伸弘
    第71回日本衛生動物学会大会 2019年04月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 1.初確認SFTSの疫学概要
    高田 伸弘,石畝 史,矢野 泰弘,宇田 晶彦,小林 元夫,笠松 宏至,高田 由美子
    第70回日本衛生動物学会大会 2018年05月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 紅斑熱の疫学概況
    矢野 泰弘
    第25回リッチケア研究会 2018年12月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 紅斑熱の疫学概況
    矢野 泰弘,高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,清水 達人
    第27回日本ダニ学会大会 2018年10月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 紅斑熱の疫学概況
    矢野 泰弘,高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,清水 達人
    第73回日本衛生動物学会西日本支部大会 2018年10月
  • 福井県のマダニ採集成績を地区別に比較する
    石畝 史,矢野 泰弘,高田 伸弘,藤田 博己
    第73回日本衛生動物学会西日本支部大会 2018年10月
  • 福井県における地区や季節別のマダニ採集成績の比較
    石畝 史,矢野 泰弘,高田 伸弘,藤田 博己
    第36回北陸病害動物研究会 2018年07月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 紅斑熱の疫学概況
    矢野 泰弘,高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,清水 達人
    第36回北陸病害動物研究会 2018年07月
  • 西日本でもさらに気を付けたいシモコン型恙虫病
    高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,中嶋 智子
    第36回北陸病害動物研究会 2018年07月
  • 福井県若狭地方東部に初確認で続発したSFTSの疫学概況
    高田 伸弘,石畝 史,矢野 泰弘,宇田 晶彦,高田 由美子
    第36回北陸病害動物研究会 2018年07月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 紅斑熱の疫学概況
    矢野 泰弘,高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,清水 達人
    第26回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー 2018年06月
  • 福井県若狭湾岸にみるマダニ媒介感染症 2.紅斑熱の疫学概要
    矢野 泰弘,高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,清水 達人
    第70回日本衛生動物学会大会 2018年05月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を推察する
    矢野 泰弘
    第72回日本衛生動物学会西日本支部会大会 2017年10月
  • 2017年の福井県初確認FSTSも紅斑熱と同じ若狭湾東岸にみた(予報)
    高田 伸弘,石畝 史,宇田 晶彦,矢野 泰弘,小林 元夫,笠松 宏至,高田 由美子
    第72回日本衛生動物学会西日本支部会大会 2017年10月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を推察する
    矢野 泰弘
    第25回北陸病害動物研究会 2017年07月
  • 北陸~近畿で続発し始めたマダニ媒介感染症
    高田 伸弘,夏秋 優,石畝 史,矢野 泰弘
    第25回北陸病害動物研究会  2017年07月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を探る
    矢野 泰弘
    第26回日本ダニ学会大会 2017年09月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を推察する
    矢野 泰弘
    第25回ダニと疾患のインターフェースに関するセミナー 2017年06月
  • 地方、雪の丹後から陽光の紀南まで恙虫病ベクターを考える
    高田 伸弘,中嶋 智子,石畝 史,高橋 守,山本 正悟,佐藤 寛子,赤地 重宏,夏秋 優,矢野 泰弘,高田 由美子 
    第25回ダニと疾患のインターフェースに関するセミナー 2017年06月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を推察する
    矢野 泰弘
    第69回日本衛生動物学会大会 2017年04月
  • 海外で咬着を受けたマダニ刺症6例
    夏秋 優,矢野 泰弘,高田 伸弘,伊東 拓也
    第69回日本衛生動物学会大会 2017年04月
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を探る
    矢野 泰弘
    第65回日本生態学会札幌大会自由集会 2018年03月
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長-SFTSの媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘、石畝 史、平野 映子、大村 勝彦、高田 伸弘
    第23回ダニと疾患のインターフェースに関するセミナー 2015年06月
  • 福井県における日本紅斑熱および重症熱性血小板減少症候群のベクターおよび病原体の検索
    矢野 泰弘
    第24回ダニと疾患のインターフェースの関するセミナー2016鹿児島大会 2016年05月
  • 鹿児島県屋久島のヒゲナガチマダニから分離されたリケッチアHKT-1株の遺伝子解析
    安藤 匡子,本田 俊郎,御供田 睦代,藤田 博己,矢野 泰弘,正谷 達謄,田仲 哲也,松尾 智英,遠藤 泰之,安藤 秀二,川端 寛樹
    第68回日本衛生動物学会大会 2016年04月
  • 日本海沿岸地域におけるマダニ媒介性感染症に関する最近の話題
    矢野 泰弘
    東海北陸ブロック環境衛生関係職員研修会 2017年01月
  • 近年の北陸日本海側で見られつつあるダニ媒介感染症、その感染環の概要
    高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,石畝 史,及川 陽三郎,夏秋 優
    第9回日本リケッチア臨床研究会 2017年01月
  • 石川県金沢市にみた重症熱性血小板減少症候群SFTSの発生、特にその感染環調査(予報)
    高田 伸弘,藤田 彗,岩崎 博道,矢野 泰弘,及川 陽三郎,石畝 史
    第74回日本衛生動物学会西日本支部大会 2016年10月
  • 兵庫県北部のSFST感染環:野鼠の抗体検査とマダニの病原体保有率
    高田 伸弘,夏秋 優,早坂 大輔,宇田 晶彦,矢野 泰弘,高田 由美子
    第68回日本衛生動物学 2016年04月
  • 北陸地方で初めてSFTS患者の発生が認められた石川県能登半島志賀町におけるマダニ相の特徴
    及川 陽三郎,村上 学,矢野 泰弘,高田 伸弘
    第68回日本衛生動物学 2016年04月
  • 福井県における日本紅斑熱および重症熱性血小板減少症候群のベクターおよび病原体の検索
    矢野 泰弘,石畝 史,平野 映子,大村 勝彦,藤田 博己,藤田 信子,高田 伸弘
    第68回日本衛生動物学 2016年04月
  • マダニ媒介性感染症に関する最近の話題―病原体のマダニ体内存在様式から感染のタイミングを推察する―
    矢野 泰弘
    第50回ペストコントロールフォーラム 2016年02月
  • 福井県における日本紅斑熱と重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の感染症調査―マダニからの病原体検出―
    矢野 泰弘
    第8回日本リケッチア臨床研究会 2016年01月
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長?重症熱性血小板減少症候群(SFTS) の媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘
    日本衛生動物学会西日本支部第70回記念大会 第10回日本衛生動物学会西日本支部例会 2015年10月
  • 福井県における日本紅斑熱発生地区の感染環調査、2. 特にマダニからの病原体分離状況
    石畒 史,藤田 博己,藤田 信子,平野 映子,矢野 泰弘,高田 伸弘
    日本衛生動物学会西日本支部第70回記念大会 第10回日本衛生動物学会西日本支部例会 2015年10月
  • 福井県における日本紅斑熱発生地区の感染環調査、1. 特に媒介マダニ相の検討
    高田 伸弘,石畝 史,藤田 博己,矢野 泰弘,高田 由美子
    第70回日本衛生動物学会西日本支部大会 2015年10月
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長?重症熱性血小板減少症候群(SFTS) の媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘,石畝 史,平野 映子,大村 勝彦,高田 伸弘
    第24回日本ダニ学会大会 2015年09月
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長?重症熱性血小板減少症候群(SFTS) の媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘,石畝 史,平野 映子,大村 勝彦,高田 伸弘
    第33回北陸病害動物研究会 2015年06月
  • 北近畿日本海側で見たダニ媒介性感染症―SFTS、紅斑熱、またつつがむし病の感染環調査2014年
    高田 伸弘, 夏秋 優, 石畝 史, 藤田 博己, 宇田 晶彦, 山本 正悟, 御供田 睦代, 佐藤 寛子, 矢野 泰弘
    第67回日本衛生動物学会大会 2015年03月 選考無し 0
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長-重症熱性血小板減少症候群の媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘, 石畝 史, 平野 映子, 大村 勝彦, 高田 伸弘
    第67回日本衛生動物学会大会 2015年03月 選考無し 0
  • マダニ体内における病原体の存在様式から感染時期を推定する
    矢野 泰弘
    第7回日本リケッチア症臨床研究会 2015年01月 選考無し 0
  • 福井県南部で初確認できた紅斑熱 若狭湾地方の環境要因と症例比較から
    高田 伸弘, 清水 達人, 五十嵐 一誠, 小林 一浩, 林 百合香, 石? 史, 矢野 泰弘, 岩崎 博道, 御供田 睦代, 藤田 博己
    第21回リケッチア研究会 研究発表会 2014年12月 選考有り 0
  • 福井県近隣発症のつつが虫病にみる重症化要因
    岩崎 博道, 高田 信弘, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 酒巻 一平, 重見 博子, 矢野 泰弘, 上田 孝典
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会、第9回日本衛生動物学会西日本例会 2014年11月 選考無し 0
  • 福井県定点調査地におけるマダニの季節的消長-重症熱性血小板減少症候群の媒介サイクルの解明に向けて
    矢野 泰弘, 石畝 史, 平野 映子, 大村 勝彦, 高田 伸弘
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会 2014年11月 選考無し 0
  • 兵庫県北部のSFTS発生域内でのマダニ調査(予報)
    高田 伸弘, 夏秋 優, 矢野 泰弘
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会 2014年11月 選考無し 0
  • 福井県南部で初確認できた紅斑熱の速報,若狭湾地方の環境要因と症例比較から
    高田 伸弘, 清水 達人, 五十嵐 一誠, 小村 一浩, 林 百合香, 矢野 泰弘, 石畝 史
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会 2014年11月 選考無し 0
  • 福井県内のマダニにおける重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルス遺伝子保有状況の追加調査
    石畝 史, 平野 映子, 大村 勝彦, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会 2014年11月 選考無し 0
  • Situations and ultrastructure of spotted fever rickettsiae in nymphal Haemaphysalis hystricis tick
    Y.Yano, N.Takada, H.Fujita, M.Gokuden, S.Ando
    XIV International congress of acarology 2014年07月 選考無し 0
  • 西日本域の福井県で確認されたシモコシ型恙虫病、その後の展開
    高田 信弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 石畝 史
    第32回北陸病害動物研究会 2014年06月 選考無し 0
  • 西日本域としての福井県で初確認されたシモコシ型恙虫病の感染環調査,2年間の経過
    高田 伸弘, 高橋 守, 山本 正悟, 矢野 泰弘, 佐藤 寛子, 岩崎 博道
    第66回日本衛生動物学会 2014年03月 選考有り 0
  • 昨年のマダニ刺咬症の傾向と北陸地方におけるマダニ媒介性感染症の発生リスク評価
    矢野 泰弘, 高田 伸弘, 石田 久哉, 石畝 史, 及川 陽三郎
    第66回日本衛生動物学会大会 2014年03月 選考無し 0
  • 西日本域としての福井県で初確認されたシモコシ型恙虫病の感染環調査2012年
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 山本 正悟, 藤田 博己, 石? 史
    第65回日本衛生動物学会 2013年04月 選考有り 0
  • ヤマアラシチマダニ若虫体内における紅斑熱リッケチアの存在様式-ベクターとしての検証
    矢野 泰弘, 高田 伸弘, 藤田 博己, 御供田 睦代, 安藤 秀二
    第65回日本衛生動物学会大会 2013年04月 選考無し 0
  • 北陸福井県にみる恙虫病発生の傾向
    高田 伸弘, 岩崎 博道, 矢野 泰弘, 山本 正悟
    第5回日本リケッチア症臨床研究会・第19回リケッチア研究会合同発表会 2012年12月 選考有り 0
  • 福井県の恙虫病型、とくにシモコシ型が意味するところは?
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 藤田 博己, 山本 正悟
    北陸病害動物研究会 第30回記念大会 2012年06月 選考有り 福井県幹事会
  • 福井県で見出されたシモコシ型恙虫病の1例,これで疫学的見地が変わってくる
    岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第67回日本衛生動物学会西日本支部例会 2012年01月 選考有り 田畑 好基
  • 宮古島のつつがむし病患者発生地に生息するカニ寄生ツツガムシ
    高橋 守, 三角 仁子, 亀田 和成, 藤田 博己, 角坂 照貴, 高田 伸弘, 平良 勝也, 山本 正悟, 安藤 秀二, 川端 寛樹, 北野 智一, 岡野 祥, 御供田 睦代, 高野 愛, 矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 本田 俊郎, 岩崎 博道, 平良 セツ子, 岸本 壽男
    第63回日本衛生動物学会 2011年04月 選考有り 0
  • Kawasaki型つつが虫病症例の急性期血中サイトカイン濃度と重症度
    岩崎 博道, 玉置 幸子, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 髙木 和貴, 稲井 邦博, 上田 孝典
    第85回日本感染症学会総会 2011年04月 選考有り 日本感染症学会
  • 多領域DNA配列解析によって推定された国内におけるライム病ボレリア病原体Borrelia gariniiの維持・伝播経路
    川端 寛樹, 高野 愛, 伊東 拓也, 石畝 史, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 中尾 稔, 増沢 俊幸, 藤田 博己
    第56回日本衛生動物学会北日本支部大会 2011年01月 選考有り 0
  • 台湾系ツツガムシ病をみた宮古列島、そこで確認したデリーツツガムシの侵淫
    高田 伸弘, 平良 勝也, 藤田 博己, 山本 正悟, 安藤 秀二, 角坂 照貴, 高橋 守, 川端 寛樹, 北野 智一, 岡野 祥, 御供田 睦代, 高野 愛, 矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 本田 俊郎, 岩崎 博道, 平良 セツ子
    第65回日本衛生動物学会西日本支部大会 2010年11月 選考有り 0
  • 日本紅斑熱リケッチアより抽出したアルカリ-ポリサッカライド抗原感作プレートを用いた酵素抗体法
    及川 陽三郎, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第65回日本衛生動物学会西日本支部大会 2010年11月 選考無し 0
  • 最近のマダニ刺咬症,自験例の集約と考察
    矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    第65回日本衛生動物学会西日本支部大会 2010年11月 選考無し 0
  • 最近のマダニ刺咬症自験例につきその集約と考察
    矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    第19回日本ダニ学会 2010年09月 選考無し 0
  • 岡山県で初めて確認された日本紅斑熱と疫学調査について
    川上 万里, 梅川 康弘, 木田 浩司, 石井 学, 葛谷 光隆, 濱野 雅子, 藤井 理津志, 岸本 寿男, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 藤田 博己, 田原 研司, 島津 幸枝, 及川 陽三郎
    第84回日本感染症学会総会 2010年04月 選考無し 0
  • 急性感染性電撃性紫斑病(AIPF)を合併した日本紅斑熱の1例
    山下 眞史, 岩永 健, 渡邊 雅男, 芝崎 謙作, 井口 保之, 木村 和美, 木田 浩司,, 石井 学, 葛谷 光隆, 濱野 雅子, 藤井 理津志, 岸本 寿男, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 藤田 博己, 田原 研司, 島津 幸枝, 及川 陽三郎
    第84回日本感染症学会総会 2010年04月 選考無し 0
  • 鹿児島県薩南諸島におけるアサヌママダニと紅斑熱群リケッチア保有状況調査
    本田 俊郎, 藤田 博己, 御供田 陸代, 角坂 照貴, 矢野 泰弘, 高田 伸弘, 及川 陽三郎, 安藤 秀二, 川端 寛樹, 山本 正悟
    第62回日本衛生動物学会 2010年04月 選考無し 0
  • 新型走査電顕画像によるマダニの幼若虫の有用分類の試行
    矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第62回日本衛生動物学会 2010年04月 選考無し 0
  • 形態学から見えてくるリッケチアのマダニ共生微生物としての存在様式
    矢野 泰弘
    第84回日本感染症学会総会 2010年04月 選考有り 日本感染症学会
  • 広島県におけるつつが虫病の発生状況と血清型にみた病原リッケチアの地理的分布
    島津 幸枝, 高尾 信一, 谷澤 由枝, 田原 研司, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第84回日本感染症学会総会 2010年04月 選考有り 日本感染症学会
  • 環東シナ海の島嶼に分布するツツガムシ、疫学的な関連は?
    矢野 泰弘, 高田 伸弘, 岩崎 博道, 藤田 博己, 角坂 照貴, 及川 陽三郎, 田原 研司, 山本 正悟, 本田 俊郎, 平良 勝也, 岡野 洋, 安藤 秀二, 川端 寛樹, 岸本 寿男
    第61回日本衛生動物学会大会 2009年04月 選考無し 0
  • 新型走査電顕画像によるマダニ幼若虫の有用分類の試行
    矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第64回日本衛生動物学会西日本支部会大会 2009年01月 選考無し 0
  • Ixodes ovatusはどこから入ってヤマトマダニと呼ばれたか?
    及川 陽三郎, 高田 伸弘, 藤田 博己, 本田 俊郎, 田原 研司, 山本 正悟, 石? 史, 矢野 泰弘, 呉 弘植
    第63回日本衛生動物学会西日本支部会 2008年11月 選考無し 0
  • 近年コンサルテーションのあったマダニ刺症例に関する考察
    矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    第63回日本衛生動物学会西日本支部大会 2008年11月 選考無し 0
  • Survey of acari-borne emerging/reemerging rickettsiae in Shimane Prefecture facing the Asian continet, with reference to the geopathological significance in countries around the East China Sea
    K.Tabara, H.Fujita, Y.Yano, S.Arai, H.Kawabata, N.Takada
    5th International Meeting on Rickettsiae and Rickettsial Diseases 2008年05月 選考無し 0
  • 鹿児島県トカラ列島の野鼠類とその保有病原体の調査
    本田 俊郎, 角坂 照貴, 川端 寛樹, 高野 愛, 藤田 博己, 蔵元 強, 御供田 睦代, 矢野 泰弘, 山本 正悟, 田原 研司, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    第60回日本衛生動物学会大会 2008年04月 選考無し 0
  • 鹿児島県トカラ列島のマダニ保有病原体の調査
    本田 俊郎, 藤田 博己, 蔵元 強, 御供田 睦代, 角坂 照貴, 矢野 泰弘, 川端 寛樹, 高野 愛, 山本 正悟, 田原 研司, 及川 陽三郎, 高田 伸弘
    第60回日本衛生動物学会大会 2008年04月 選考無し 0
  • 環東シナ海地域のツツガムシについて
    矢野 泰弘, 角坂 照貴, 藤田 博己, 及川 陽三郎, 田原 研司, 山本 正悟, 本田 俊郎, 高田 伸弘
    第60回日本衛生動物学会大会 2008年04月 選考無し 0
  • 島根県におけるOrientia tsutsugamushiの流行株
    田原 研司, 川端 寛樹, 角坂 照貴, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第77回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2007年11月 選考無し 0
  • 新たに紅斑熱多発地とみなされた三重県志摩半島におけるベクター調査について
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 岩崎 博道
    第25回北陸病害動物研究会 2007年06月 選考無し 0
  • 新たに紅斑熱多発地とみなされた三重県志摩半島におけるベクター調査(予報)
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 岩崎 博道, 藤田 博巳, 鎮西 康雄
    第59回日本衛生動物学会大会 2007年04月 選考有り 0
  • マダニに見る共生微生物の微細構造,その多様性
    矢野 泰弘, 藤田 博己, 川端 寛樹, 高田 伸弘
    第62回日本衛生動物学会西日本支部大会 2007年01月 選考無し 0
  • 紀伊半島における紅斑熱のベクター調査-2007年の予報-
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 石? 史, 岩崎 博道
    第2回日本衛生動物学会西日本支部例会 2007年01月 選考有り 日本衛生動物学会西日本支部
  • .石川県能登半島における紅斑熱群リケッチアの疫学調査
    及川 陽三郎, 高田 伸弘, 藤田 博己, 矢野 泰弘
    第62回日本衛生動物学会西日本支部大会 2007年01月 選考無し 0
  • 紀伊半島における紅斑熱のベクター調査‐2007年の予報‐
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 及川 陽三郎, 石? 史, 岩崎 博道
    第62回日本衛生動物学会西日本支部大会 2007年01月 選考無し 0
  • .福井県における紅斑熱-患者発生地区および隣接地域でのベクター推定-
    石? 史, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第62回日本衛生動物学会西日本支部大会 2007年01月 選考無し 0
  • 最近経験したマダニ刺症例の検討
    及川 陽三郎, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 村主 節雄, 松岡 裕之
    第61回日本衛生動物学会西日本支部大会 2006年11月 選考有り
  • 福井県の紅斑熱群リケッチア症発生地におけるベクターの探索
    石畝 史, 東方 美保, 藤田 博己, 高田 伸弘, 矢野 泰弘
    日本獣医公衆衛生学会(中部) 2006年08月 選考有り
  • 東アジア各地における神戸型バベシアの探索-マダニ分布相と関連して
    高田 伸弘, 笠井 昌俊, 笠原 みどり, 河合 敦子, 矢野 泰弘, 石畝 史, 藤田 博己, 呉 弘植, 陳 瑩霖, 馬 暁航, 斎藤 あつ子
    第75回日本寄生虫学会大会 2006年05月 選考有り
  • 福井県の紅斑熱群リケッチア症 特に、患者発生地でのベクター調査について
    石畝 史, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 岩崎 博道, 藤田 博己
    第24回北陸病害動物研究会 2006年05月 選考無し
  • 2005年における石川県能登半島を中心としたツツガムシ病およびマダニ媒介性疾患の基礎調査
    及川 陽三郎, 池田 照明, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第58回日本衛生動物学会大会 2006年04月 選考有り
  • 福井県の紅斑熱群リケッチア症、特に患者発生地でのベクター調査について
    石畝 史, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 藤田 博己
    第58回日本衛生動物学会大会 2006年04月 選考有り
  • 島根県産アカネズミ寄生個体に基づくタヌキマダニ幼虫期確定
    田原 研司, 板垣 朝夫, 藤田 博己, 角坂 照貴, 矢野 泰弘, 高田 伸弘, 川端 寛樹
    第58回日本衛生動物学会大会 2006年04月 選考有り
  • 島根県下に生息する野ネズミからのBabesia microti SSU rRNA遺伝子の検出
    田原 研司, 保科 健, 新井 智, 辻 正義, 川端 寛樹, 角坂 照貴, 藤田 博己, 矢野 泰弘, 高田 伸弘
    第58回日本衛生動物学会大会 2006年04月 選考有り
  • マダニ唾液腺からのBabesia microtiの検出
    矢野 泰弘, 斎藤 あつ子, 河合 敦子, 高田 伸弘
    第58回日本衛生動物学会大会 2006年04月 選考有り
  • 中国南部の鼠類にみたボレリア種、そのベクターを考える
    石畝 史, 高田 伸弘, 藤田 博己, 山本 正悟, 矢野 泰弘, 馬 暁航
    第43回レプトスピラ・シンポジウム 2006年03月 選考有り
  • ネズミバベシアをめぐって環東シナ海のマダニ相を考える
    高田 伸弘, 藤田 博己, 田原 研司, 及川 陽三郎, 矢野 泰弘, 呉 弘植
    第15回日本ダニ学会 2006年01月 選考有り
  • 日本産マダニ類からのBabesia microtiの検出
    矢野 泰弘, 斎藤 あつ子, 高田 伸弘
    第15回日本ダニ学会 2006年01月 選考有り
  • 福井県奥越地域における紅斑熱群リケッチアの探索 ― 特に、媒介マダニの調査結果について ―
    石畝史, 高田伸弘, 矢野泰弘, 藤田博己, 野路善博
    第33回北陸公衆衛生学会 2005年11月
  • 自然感染系ヤマトダニ唾液腺におけるBabesia microtiの組織学的追跡
    矢野泰弘, 斎藤あつ子, Anchalee, D., 河合敦子, 高田伸弘
    第59回日本衛生動物学会西日本支部大会 2005年11月
  • 福井県で見出された紅斑熱をめぐって
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 矢野泰弘, 藤田博己, 岩崎博道
    第23回北陸病害動物研究会 2005年07月
  • 島嶼を含む列島各地におけるライム病関連ボレリアの調査, 2004年の成績と考察
    石畝史, 高田伸弘, 藤田博己, 矢野泰弘, 溝口二郎, 田原研司, 川端寛樹, 増澤俊幸
    第57回日本衛生動物学会大会 2005年06月
  • 石川県能登半島における2004年ツツガムシ病発生とタテツツガムシの初確認
    及川陽三郎, 高田伸弘, 矢野泰弘, 渡邊晴二, 池田照明
    第57回日本衛生動物学会大会 2005年06月
  • 隠岐諸島および島根県本土域におけるツツガムシ病の疫学的特性
    矢野泰弘, 田原研司, 板垣朝夫, 藤田博己, 角坂照貴, 川端寛樹, 高田伸弘
    第57回日本衛生動物学会大会 2005年06月
  • 福井県で見出された我国初確認となった欧州共通紅斑熱の疫学的背景
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道
    第57回日本衛生動物学会 2005年06月
  • 我国の野ネズミに寄生する各遺伝型Babesia microtiの分布と媒介マダニの調査
    斎藤あつ子, 笠原みどり, 笠井昌俊, A. Dantrakool, 矢野泰弘, 高田伸弘
    第74回日本寄生虫学会大会 2005年04月
  • 中部地方北半部で見出された紅斑熱群、特に我国で初確認の欧州共通R.helvetica感染について
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 斉藤丈洋, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道, 馬原文彦
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月
  • 台湾に続き中国大陸南部の野ネズミに高率に証明されたKobe-SSUrDNA-typeのBabesia microti
    斎藤あつ子, 笠井昌俊, 笠原みどり, 河合敦子, 矢野泰弘, 陳瑩霖, 馬暁航, 高田伸弘
    第46回日本熱帯医学学会 アジアにおける節足動物媒介原虫症の疫学と対策 2005年01月 選考有り
  • 2004年夏に中部地方北半部で初めて見出された紅斑熱群の意義
    高田伸弘, 野路善博, 斉藤丈洋, 石畝史, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道, 馬場文彦
    第60回日本寄生虫学会西日本支部大会・第59回日本衛生動物学会西日本支部大会 2004年11月
  • 自然感染系ヤマトマダニ唾液腺におけるBabesia microtiの組織学的追跡
    矢野泰弘, 斎藤あつ子, Dantrakool Anchalee, 河合敦子, 高田伸弘
    第56回日本衛生動物学会大会 2004年04月
  • アジアのヒトバベシア症発生, 台湾, 日本のネズミバベシア分離株の比較検討
    斎藤あつ子, Dantrakool Anchalee, 河合敦子, 陳 瑩霖, 藤田博巳, 矢野泰弘, 高田伸弘
    第56回日本衛生動物学会大会 2004年04月
  • わが国のマダニ相とライム病ボレリア分布の関係, 特に東北と南西日本にみる問題
    高田伸弘, 石畝 史, 藤田博巳, 矢野泰弘, 本田俊郎
    第56回日本衛生動物学会大会 2004年04月
  • 南西諸島のマダニ相とライム病関連ボレリアの概況
    高田伸弘, 石畝 史, 藤田博巳, 矢野泰弘
    第12回日本ダニ学会大会 2004年01月
  • 当院感染症外来において最近経験したジアルジア感染7症例について
    岩崎 博道, 木下圭一, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第1回北陸感染症研究会 2003年02月 選考無し
  • 東北地方におけるライム病ベクターとボレリアの追調査
    高田伸弘, 石畝 史, 藤田博己, 矢野泰弘, 増澤俊幸
    第77回日本感染症学会総会.福岡 2003年
  • 多発性マダニ咬症の1例
    加藤 卓浩、飯野 志郎、宇都宮 夏子、笠松 宏至、長谷川 稔、矢野 泰弘、石田 久哉
    日本皮膚科学会北陸地方会第452回例会 2016年12月

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    新興・再興感染症の検査体制と情報交流の確立 矢野 泰弘,Epidemiology of emerging disease 矢野 泰弘,

科学研究費補助金

  • 重症熱性血小板減少症候群のマダニ媒介サイクルの解明基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:矢野 泰弘 2014年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高田 伸弘 2009年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高田 伸弘 2008年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高田 伸弘 2007年度
  • 新興感染症としてのヒトバベシア原虫症の有力ベクターの確定基盤研究(C)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:矢野 泰弘 2006年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:高田 伸弘 2006年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:髙田 伸弘 2005年度
  • 新興感染症としてのヒトバベシア原虫症の有力ベクターの確定基盤研究(C)一般
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:矢野 泰弘 2005年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:髙田 伸弘 2004年度
  • 東アジアにおける新興・再興感染症拡散に係る媒介動物の分布様式の解明基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:髙田 伸弘 2003年度
  • 重症熱性血小板減少症候群のマダニ媒介サイクルの解明基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:矢野 泰弘 2015年度
  • 重症熱性血小板減少症候群のマダニ媒介サイクルの解明基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:矢野 泰弘 2016年度

プロジェクト活動

  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援事業
    研究期間:2010年04月 - 2012年03月  代表者:高田 伸弘,矢野 泰弘,岩崎 博道,所 正治,
    北陸地区新興再興感染症研究ネットワーク
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援事業
    研究期間:2010年04月 - 2012年03月  代表者:高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,所 正治,
    北陸地区新興再興感染症研究ネットワーク

教育活動情報

担当授業

  • 入門テュートリアル (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 入門テュートリアル (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • テュートリアル1 (福井大学)
  • 入門テュートリアル (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • 入門テュートリアル (福井大学)
  • テュートリアル1 (福井大学)
  • 生体と医動物
  • 研究室配属
  • 医学医療と社会1・2(環境保健学実習)
  • 生体反応論Ⅰ (福井大学)
  • 循環器系(テュートリアル) (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • 生体反応論Ⅰ (福井大学)
  • 医学入門 (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)
  • 生体と医動物 (福井大学)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 発症すると発熱・下痢2013年02月 読売