古屋 岳

所属部署名遠赤外領域開発研究センター
教員組織遠赤外領域開発研究センター
教育研究組織遠赤外領域開発研究センター
職名助教
更新日: 20/10/22 16:44

研究者基本情報

氏名

    古屋 岳
    フルヤ タカシ
    FURUYA Takashi

所属

  •  遠赤外領域開発研究センター 助教

学位

  • 修士(工学)
  • 博士(工学)

研究活動情報

論文

  • Study on Irradiation Effect of Mid-Infrared Free Electron Laser on Hen Egg-White Lysozyme by Using Terahertz-Time Domain Spectroscopy and Synchrotron-Radiation Vacuum-Ultraviolet Circular-Dichroism Spectroscopy
    Takayasu Kawasaki, Yudai Izumi, Gaku Ohori, Hideaki Kitahara, Takashi Furuya, Kohji Yamamoto, Koichi Matsuo, Masahiko Tani, Koichi Tsukiyama
    Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves 40 998-1009 2019年09月 査読有り
  • Fast-Scan Terahertz Time Domain Spectrometer Based on Laser Repetition Frequency Modulation
    Takashi Furuya, E.S.Estacio, Kazuki Horita, Christopher T. Que, Kohji Yamamoto, Fumiaki Miyamaru, Seiji Nishizawa, Masahiko Tani
    The Japanese Journal of Applied Physics 52 022401 (5 pages) 2013年02月 査読有り
  • Recent Development and Experiments of Magnetic Resonance at University of Fukui
    Y. Fujii, S.Mitsudo, M. Toda, T. Furuya, Y. Shimoyama, T. Fujita, T. Nakagawa, Y. Ohhashi, T. Katayama, Y.Tatematsu, I.Ogawa, T.Idehara, T.Saito, H. Ito, S. Minami, Y. Ishiguro, M.Chiba
    Proceedings of the 3rd International Workshop on Far Infrared Technologies 2010 154-161 2010年06月 査読無し
  • Measurement of Radiation Frequency of Gyrotron by GaAs Schottky Barrier Diodes Coupled with Thin-Film Slot Antenna
    Kosuke Hayashi, Takashi Furuya, Takashi Tachiki, Takashi Uchida, Toshitaka Idehara, Yoshizumi Yasuoka
    Japanese Journal of Applied Physics 49 38002 2010年03月 査読有り
  • テラヘルツ時間領域コヒーレントラマン分光とその生体分子計測への可能性
    谷 正彦, 山本 晃司, 古屋 岳, ケ・クリストファー, 山口 真理子, 萩行正憲
    電子情報通信学会 信学技報 ED2009-172 69-73 2009年11月 査読無し
  • Gigahertz time-domain spectroscopy and imaging for non-destructive materials research and evaluation.
    Bulgarevich Dmitry S;Shiwa Mitsuharu;Furuya Takashi;Tani Masahiko
    Scientific reports 6 2016年06月 査読有り
    :By using optical sampling with repetition frequency modulation of pump/probe laser pulses on photoconductive emitter/detector antennas, the high-speed time/frequency domain gigahertz imaging is reported due to the absence of opto-mechanical delay line in this optical scheme. The clear contrast for a 3-cm wide metal plate, which was placed behind a 5-cm thick concrete block, was observed with a 1 × 1 mm image pixilation. On average, it took only ~0.75 s per pixel/waveform acquisition/assignment with a 675 ps time-domain window. This could become a valuable non-destructive evaluation technique in gigahertz spectral range with all benefits of time-domain spectroscopy.
  • A matter of symmetry: terahertz polarization detection properties of a multi-contact photoconductive antenna evaluated by a response matrix analysis
    Niehues, Gudrun;Funkner, Stefan;Bulgarevich, Dmitry S.;Tsuzuki, Satoshi;Furuya, Takashi;Yamamoto, Koji;Shiwa, Mitsuharu;Tani, Masahiko
    OPTICS EXPRESS 23(12) 16184-16195 2015年06月 査読有り
  • 高周波ジャイロトロン開発と応用の現状と見通し
    斉藤 輝雄;出原 敏孝;光藤 誠太郎;小川 勇;藤井 裕;AGUSU La;戸田 充;藤田 敏之;古屋 岳
    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス 106(200) 83-88 2006年07月
    福井大学遠赤外領域開発研究センターでは,高周波ジャイロトロンの開発とその応用研究を展開している.最近ジャイロトロンの発振周波数として当センターの持つ世界最高記録を更新し,1THz超の発振に成功した.また,セラミック焼結・核融合プラズマ診断・遠赤外領域超低温物性研究・蛋白質解析、新医療技術開発等への応用のため,数100GHzから1THzに至るCWジャイロトロンの開発を進めている,本講演では,当センターにおける高周波ジャイロトロン開発と応用に関して,最近の研究成果を発表するとともに,今後の研究の展開を示す.Research Center for Far-Infrared Region, University of Fukui is aiming to development and application of high frequency gyrotrons. We have recently succeeded in over-1THz oscillation of gyrotron improving our own world record. We are developing cw gyrotrons with frequencies of several hundred GHz to 1THz for application to ceramic sintering, fusion plasma diagnostics, low temperature condensed matter physics in far-infrared region, protein analysis, new medical processing technology, etc. In this talk, our recent results and future prospects of high frequency gyrotron development and applications in FIR FU are presented.
  • 薄膜スロットアンテナを結合したGaAsショットキーバリアダイオードのビデオ検波・ミクシング特性
    内田 貴司;林 功輔;立木 隆;古屋 岳;出原 敏孝;安岡 義純
    映像情報メディア学会技術報告 33(7) 17-22 2009年02月
    100GHz帯で動作する薄膜スロットアンテナを結合した完全薄膜型のGaAsショットキバリアダイオード(SBD)を製作し、ビデオ検波ならびにミクシング特性を中心に検討を行った。94GHz電磁波照射時のビデオ検波における検出電圧は、製作した素子の電流-電圧(I-V)特性から得られた理論的なバイアス電圧の依存性とよく一致し、アンテナで受信した信号を素子のI-V特性の非線形性により検波していることが確認できた。また、最適バイアス点での雑音等価電力密度(NEI)は約5.1×10^<-8>W/cm^2Hz^<1/2>であった。また、検出感度をさらに向上させるためSi延長半球レンズを準光学的に素子に結合した。半径10mmのレンズを結合することにより検出電圧は22.2dB向上し、3.12×10^<-10>W/cm^2Hz^<1/2>のNEIの値を得た。さらに、ミクシング測定において、完全薄膜型のSBDにより94GHzに対して7次までのハーモニックミクシングにおけるIF信号が観測できた。
  • 30pXE-11 Gyrotron FU IIを光源とするサブテラヘルツESR測定(30pXE プラズマ科学(電磁波源・ジャイロトロン),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理))
    武沢 圭朗;古屋 岳;小川 勇;光藤 誠太郎;出原 敏孝;斉藤 忠昭
    日本物理学会講演概要集 64(1) 2009年03月
  • 27aPS-139 ジャイロトロンを用いたミリ波帯スピンエコー測定装置の開発(27aPS 領域3ポスターセッション(遍歴磁性体・化合物磁性体・f電子系・磁性一般),領域3(磁性,磁気共鳴))
    古屋 岳;下山 祐一;藤田 敏之;光藤 誠太郎;立松 芳典;小川 勇;出原 敏孝;斉藤 輝雄
    日本物理学会講演概要集 64(1) 2009年03月
  • 26pYP-13 Gyrotron FU IIの動作特性(プラズマ科学(ジャイロトロン),領域2,プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理)
    武沢 圭朗;古屋 岳;小川 勇;光藤 誠太郎;出原 敏孝;斉藤 忠昭
    日本物理学会講演概要集 64(2) 2009年08月
  • テラヘルツ時間領域コヒーレントラマン分光法とその生体分子計測への可能性
    谷 正彦;山本 晃司;古屋 岳;ケ クリストファー;山口 真理子;萩行 正憲
    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス 109(313) 69-73 2009年11月
    周波数チャープさせた2つのフェムト秒レーザーパルスによる光ビートを励起光源に用いテラヘルツ帯のコヒーレントラマン分光を時間領域で行う新手法を提案する。半導体試料であるGaSeを用いて原理実証を行い,生体分子計測への応用の可能性を検討する。
  • 高ドープ導電性高分子ポリピロールのテラヘルツ時間領域分光解析 : ドーピングレベル依存性
    大槻 祐也;松井 龍之介;須藤 良太;高野 恵介;古屋 岳;山本 晃司;谷 正彦;萩行 正憲
    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 109(468) 11-14 2010年03月
    導電性高分子は高分子主鎖上にπ共役系が高度に発達した高分子であり、中でもポリアセチレン、ポリアニリン、ポリピロールなどは、高ドープ状態において金属的な振る舞いを示すことが知られている。また近年はテラヘルツデバイスへの応用も提案されている。本研究では、ドーピングレベルの異なる高ドープ・ポリピロールの光学的性質を、テラヘルツ時間領域分光法により詳細に解析したので報告する。
  • 差周波同期サンプリング法を用いた超高速テラヘルツ波形計測
    谷 正彦;古屋 岳;堀田 和希;山本 晃司;宮丸 文章;西澤 誠治
    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス 110(66) 7-8 2010年05月
    新たな非同期光サンプリングである「差周波同期サンプリング」法を用いた超高速テラヘルツ(THz)波測定を報告する。差周波同期サンプリングでは,周期間隔が一定量増加(または減少)する光パルス列,およびその1周期間隔遅れた光パルス列をポンプ光およびプローブ光として用いる。測定時間窓156psのTHz波形を3msで測定することに成功した。しかし,レーザーのタイミングジッター(〜10ps)のためTHzスペクトルの測定帯域が制限されている。今後,測定帯域を拡げるためにはレーザー光源のタイミングジッターを低減する必要がある。
  • 金属V溝構造におけるテラヘルツ波の超集束効果
    都築 聡;栗原 一嘉;桑島 史欣;古屋 岳;山本 晃司;谷 正彦
    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス 111(56) 41-42 2011年05月
    テラヘルツ(THz)波をサブ波長領域に集束させる技術は,微小試料のTHz分光や高空間分解THzイメージングなどにとって極めて重要である。最近,テーパー付金属導波路構造を用いたテラヘルツ波の超集束(波長より極めて小さい領域への集束)が可能であること示した理論あるいはシミュレーションの報告,および実験的な検証報告が行われている。我々はV溝型の金属製中空導波路に注目し,そのTHz波の集束効果について定量的な測定を行ったので,これを報告する。
  • Transmission characteristic of graphene/TlO2 paper measured at Ka-band
    La Agusu, Seitaro Mitsudo, La Ode Ahmad, Herdianto, Yutaka Fujii, Yuya Ishikawa, Takahashi Furuya, La Ode Ahmad Nur Ramadhan
    AIP Conference Proceedings 1801 05006-(6) 2017年01月 査読有り
  • Evaluation of high-stability optical beats in laser chaos by plasmonic photomixing
    Fumiyoshi Kuwashima, Mona Jarrahi, Semih Cakmakyapan, Osamu Morikawa, Takuya Shirao, Kazuyuki Iwao, Kazuyoshi Kurihara, Hideaki Kitahara, Takashi Furuya, Kenji Wada, Makoto Nakajima, Masahiko Tani
    Optics Express 28 24833-24844 2020年08月 査読有り

講演・口頭発表等

  • ニュートリノ崩壊光子検出器較正用光学系の設計と評価
    若林凜, 鈴木健吾, 浅胡武志, 竹下 勉, 木村碧海, 吉田拓生, 岡島茂樹, 中山和也,古屋 岳, 金信弘, 武内勇司, 飯田崇史, 他COBAND 実験メンバー
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2019年12月
  • 宇宙背景ニュートリノ崩壊光子探索実験のためのSTJ 検出器性能評価用パルス光源の開発
    浅胡武志, 鈴木健吾, 竹下勉, 木村碧海, 若林凜, 吉田拓生, 岡島茂樹, 中山和也, 古屋岳, 金信弘, 武内勇司, 飯田崇史, 他COBAND 実験メンバー
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2019年12月
  • ミリ波ジャイロトロンを励起光源としたガス分子からの自由誘導減衰測定
    森祐揮,古屋岳,眞田洋希,堂野壱暉,林哉汰,北原英明A,石川裕也,光藤誠太郎,谷正彦
    日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2019年12月
  • ミリ波ジャイロトロンを用いた気相分子からの自由誘導減衰測定
    古屋岳,森祐揮,眞田洋希,堂野壱暉,林哉汰,北原英明,石川裕也,光藤誠太郎,谷正彦
    第28回日本赤外線学会研究発表会 2019年11月
  • テラヘルツ波電気光学サンプリングの偏光フィルタリングによるダイナミックレンジの改善
    北原英明,加藤博之,椎原正基,江崎晃弘,山本晃司,古屋岳,エスタシオエルマー,バクノフマイケル,谷正彦
    2019 年応用物理学会春季学術講演会 2019年03月
  • 偏光フィルタリングによるテラヘルツ波ヘテロダイン電気光学サンプリングのノイズフロアとダイナミックレンジ
    北原英明, 加藤博之, 椎原正基, 江崎晃弘, 山本晃司, 古屋岳, エルマーエスタシオ, マイケルバクノフ, 谷正彦
    ンポジウム「テラヘルツ科学の最先端V」 2018年12月
  • 偏光フィルタリングによるテラヘルツ波のEO サンプリング検出
    北原英明,加藤博之,椎原正基,江崎晃弘,Jessica Afalla,Valynn Mag-usara,山本晃司,古屋岳,谷正彦
    レーザー学会第526 回研究会「レーザー計測とその応用」 2018年12月
  • 偏光フィルタリングによるテラヘルツ領域ヘテロダイン電気光学サンプリングの感度向上
    北原英明, 安本拓朗, 後藤大輝, 加藤博之, 椎原正基, ジェシカ・アファリア, バリン・マグウサラ, 山本晃司, 古屋岳, エルマー・エスタシオ, マイケル・バクノフ, 谷正彦
    平成30 年度(2018 年)日本分光学会年次講演会 2018年05月
  • メタマテリアルおよびプラズモ ニクスを活用したテラヘルツ波の波長変換素子の開発
    谷正彦,山本晃司,北原英明,古屋 岳,高野恵介,中嶋誠
    光・量子ビーム科学合同シンポジウム2018 2018年05月
  • Development of THz spectrometers for materials characterization and semiconductor carrier dynamics studies
    Jessica Afalla, Hideaki Kitahara, Valynn Mag-usara, Hiroyuki Kato, Masaki Shiihara, Takashi Furuya, Yusuke Akamine, Shoji Hayashi, Miezel Talara, Kazuko Mizuna, Mary Clare Escaño, Armando Somintac, Arnel Salvador, Elmer Estacio, Masahiko Tani
    Symposium on Advanced Spectroscopic Techniques 2018年10月
  • Photoconductive and electro-optic sampling of THz pulsed waves by using 1.55-μm fs laser pulses
    Masahiko Tani, Hideaki Kitahara, Mary Clare S. Escaño, Hiroyuki Kato, Valynn Mag-usara, Jessica Afalla, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Elmer Estacio, Michael Bakunov
    The 10th International Conference on Photonics and Applications 2018年11月
  • Millimeter wave and Terahertz investigations on some dielectric materials
    M. G. Banciu, T. Furuya, D. C. Geambasu, L. Nedelcu, D. Pantelica, M.-D. Dracea, P. Ionescu, A. Iuga, C. Chirila, L. Hrib, L. Trupina, M. Tani
    the 41st edition of the International Semiconductor Conference - CAS 2018 2018年10月
  • Sensitivity Improvement of Heterodyne Electro-Optic Sampling
    Hideaki Kitahara, Takuro Yasumoto, Daiki Goto, Hiroyuki Kato, Masaki Shiihara, Jessica Afalla, Valynn Mag-usara, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Elmer Estacio, Michael Bakunov, and Masahiko Tani
    2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz 2018年09月
  • Terahertz Time-Domain Coherent Raman Spectroscopy of Aqueous Solution
    Shoji Hayashi, Shun Nakae, Kunji Takemura, Stefan Funkner, Hideaki Kitahara, Takashi Furuya, Kohji Yamamoto, Jessica Afalla, Valynn Mag-usara, Dmitry Bulgarevich, Masahiko Tani
    2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves 2018年09月
  • Photo-carrier dynamics of MBE-grown GaAs on Silicon studied by optical-pump terahertz-probe
    Jessica Afalla, Karl Cedric Gonzales, Joselito Muldera, Elizabeth Ann Prieto, Gerald Catindig, John Daniel Vasquez, Horace Andrew Husay, Takeshi Moriyasu, Hideaki Kitahara, Dmitry Bulgarevich, Valynn Mag-usara, Takashi Furuya, Armando Somintac, Arnel Salvador, Elmer Estacio and Masahiko Tani
    2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves 2018年09月
  • Development of metamaterial structures for THz frequency conversion device
    Yusuke Akamine, Dmitry S. Bulgarevich, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Hideaki Kitahara, Jessica Afalla, Valynn Mga-usara, Keisuke Takano, Makoto Nakajima, Khoa Nhat Thanh Phan, Kosaku Kato, Masahiko Tani
    2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves 2018年09月
  • Enhancement of THz EO Sampling Signal by Polarization Filtering
    Hiroyuki Kato, Hideaki Kitahara, Daiki Goto, Takuro Yasumoto, Masaki Shihara, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Jessica Afalla, Valynn Mag-usara, Clare Escaño, Michael Bakunov, Elmer Estacio, Masahiko Tani
    2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves 2018年09月
  • Sensitivity improvement of electro-optic sampling
    Hideaki Kitahara, Takuro Yasumoto, Daiki Goto, Hiroyuki Kato, Masaki Shiihara, Jessica Afalla, Valynn Mag-usara, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Alvin Tapia, Christopher Que, Elmer Estacio, Michael Bakunov, Keisuke Tominaga, Masahiko Tani
    The 36th Samahang Pisika ng Pilipinas International Physics Conference and Annual Meeting 2018年06月
  • Development of THz Emitters and Detectors for Femtosecond-Fiber-Laser-Based Terahertz Time-Domain Spectroscopy
    Masahiko Tani, Hideaki Kitahara, Takuro Yasumoto, Daiki Goto, Hiroyuki Kato, Valynn Mag-usara, Jessica Afalla, Joselito Muldera, Dmitry Bulgarevich, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Elmer Estacio, Michael Bakunov, Garik Torosyan, Johannes L’huillier, Evangelos Th. Papaioannou, René Beigang
    The 9th International Symposium on Ultrafast Phenomena and Terahertz Waves 2018年04月
  • Non-Collinear and Non-Ellipsometric Electro-Optic Sampling Techniques for Efficient Terahertz Wave Detection
    Masahiko Tani, Hiroyuki Kato, Daiki Goto, Takuro Yasumoto, Hideaki Kitahara, Takashi Furuya, Kohji Yamamoto, Takashi Notake, Hiroaki Minamide, Elmer S. Estacio, and Michael Bakunov
    SPIE Defense + Commercial Sensing 2018 2018年04月
  • COBAND実験のための光学系設計開発II
    髙橋光太郎, 金信弘, 武内勇司, 飯田崇史, 武政健一, 浅野千紗, 若狭玲那, 笠島誠嘉, 辻悠汰, 寺田侑史, 吉田拓生, 西村航, 鈴木健吾, 浅胡武志, 竹下勉, 古屋岳, 松浦周二, 橋本遼, 岡島茂樹, 中山和也
    物理学会第74回年次大会2019 2019年03月
  • COBAND実験のためのSTJ検出器性能評価用遠赤外レーザービームのリアルタイムプロファイルモニター
    竹下勉, 鈴木健吾, 浅胡武志, 木村碧海, 若林凜, 吉田拓生, 岡島茂樹, 中山和也, 金信弘, 武内勇司, 飯田崇史, 浅野千紗, 笠島誠嘉, 古屋岳, 他COBAND実験メンバー
    日本物理学会 2019年秋季大会 2019年09月 選考有り
  • レーザー発振における各パルスのタイミングジッター測定
    古屋 岳, 山本 晃司, 谷 正彦
    2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会 2014年03月 選考有り 0
  • Cherenkov位相整合EOサンプリングにおけるTHz波の周波数分解検出Ⅱ
    東奨悟, 永瀬友大, 小澤慎平, シュテファンフンクナー, グドルンニフース, 岩前敦, 山本晃司, 古屋岳, エルマーエスタシオ, マイケルバクノフ, 谷正彦
    2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会 2014年03月 選考有り 0
  • Frequency-Resolved Detection of THz Waves with Cherenkov-Phase-Matched Heterodyne Electro-Optical Sampling
    Tomohiro Nagase, Shinpei Ozawa, Syougo Azuma, Stefan Funkner, Gudrun Niehues, Atsushi Iwamae, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Elmer Estacio, Michael I. Bakunov, Masahiko Tani
    Optics & Photonics Taiwan, International Conference (OPTIC2013) 2013年12月 選考有り 0
  • Non-collinear and Non-ellipsometric EO Sampling Techniques for Efficient Detection of THz Radiation
    Masahiko Tani, T. Kinoshita, T. Nagase, S. Ozawa, S. Azuma, S. Tsuzuki, D. Takeshima, T. Joja, T. Furuya, Atsushi Iwamae, S. Funkner, G. Niehues, Elmer Estacio, K. Kurihara, Kohji Yamamoto, M. Bakunov
    Optics & Photonics Taiwan, International Conference (OPTIC2013) 2013年12月 選考無し 0
  • Cherenkov位相整合EOサンプリングにおけるTHz波の検出特性
    永瀬友大, 小澤慎平, 東奨悟, シュテファン フンクナー, グドルン ニフース, 岩前敦, 山本晃司, 古屋岳, エルマー エスタシオ, マイケル バクノフ, 谷 正彦
    平成25年度 日本分光学会年次講演会 2013年11月 選考有り 0
  • Extending spectral focusing techniques into the THz regime
    S. Funkner, K. Saito, T. Furuya, K. Yamamoto, M. Yamaguchi, M. Hangyo, M. Tani
    The 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2013) 2013年09月 選考有り 0
  • Detection of THz radiation by using GaAs in Cherenkov-phase-matched electro-optic sampling
    S. Ozawa, T. Nagase, S. Tsuzuki, D. Takeshima, T. Furuya, S. Nishizawa, K. Kurihara, F. Kuwashima, R. de los Santos, A. Somintac, E. Estacio, K. Yamamoto, M. Bakunov, M. Tani
    The 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2013) 2013年09月 選考有り 0
  • Influence of metal surface roughness on the phase velocity of terahertz waves propagating in parallel plate waveguides
    D. Takeshima, T. Sakon, S. Tsuzuki, F. Matsui, Y. Kusuda, T. Furuya, S. Nishizawa, K. Kurihara, F. Kuwashima, E. Estacio, K. Yamamoto, M. Tani
    The 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2013) 2013年09月 選考有り 0
  • Cherenkov 位相整合EOサンプリングにおけるTHz波の周波数分解検出
    永瀬友大, 小澤慎平, 東奨悟, シュテファン フンクナー, グドルン ニフース, 岩前敦, 山本晃司, 古屋岳, エルマー エスタシオ, マイケル バクノフ, 谷 正彦
    2013年秋季第74回応用物理学会学術講演会 2013年09月 選考有り 0
  • 平行平板導波路を用いたテラヘルツ波位相速度の表面粗さ依存性Ⅱ
    竹嶋大貴, 錠者達也, 都築聡, 松井多志, 楠田祐二, 古屋岳, 西澤誠治, 栗原一嘉, 桒島史欣, 山本晃司, 谷 正彦
    2013年秋季第74回応用物理学会学術講演会 2013年09月 選考有り 0
  • Measurements using an OSREFM Fast-Scan Terahertz Time Domain Spectrometer
    Gudrun Niehues, Takashi Furuya, Elmer S. Estacio, Kohji Yamamoto, Fumiaki Miyamaru, Seiji Nishizawa, Masahiko Tani
    2013年秋季第74回応用物理学会学術講演会 2013年09月 選考有り 0
  • Frequency-Resolved Detection of THz Waves with Cherenkov-Phase-Matched Heterodyne EO Sampling
    Tomohiro Nagase, Shinpei Ozawa, Syougo Azuma, Stefan Funkner, Gudrun Niehues, Atsushi Iwamae, Kohji Yamamoto, Takashi Furuya, Elmer Estacio, Michael I. Bakunov, Masahiko Tani
    31st Samahang Pisika ng Pilipinas Physics Congress (SPP2013) 2013年01月 選考有り 0
  • Enhancement of EO sampling sensitivity for THz waves by using super-focusing effect in metallic parallel plate waveguide
    Satoshi Tsuzuki, Daiki Takeshima, Tomohiro Nagase, Shinpei Ozawa, Tatsuya Joja, Takashi Furuya, Kazuyoshi Kurihara, Kohji Yamamoto, Fumiyoshi Kuwashima, Michael I Bakunov, Masahiko Tani
    31st Samahang Pisika ng Pilipinas Physics Congress (SPP2013) 2013年01月 選考有り 0
  • 平行平板導波路を用いたテラヘルツ波の表面粗さ依存性
    竹嶋大貴, 錠者達也, 都築聡, 松井多志, 楠田祐二, 古屋岳, 西澤誠治, 栗原一嘉, 桑島史欣, 山本晃司, 谷 正彦
    日本分光学会 テラヘルツ分光部会 シンポジウム テラヘルツ分光法の最先端 Ⅶ ~どこへ行くテラヘルツ分光~ 2013年01月 選考有り 0
  • 154 GHzジャイロトロンを用いた希釈BDPAラジカルのFID信号の測定と解析
    堂野壱暉, 林哉汰, 石川裕也, 佐藤丈賀, 藤井裕, 古屋岳, 光藤誠太郎
    第58回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2019) 2019年11月 選考無し
    2019年11月7-9日, 川崎市コンベンションホール
  • 遠赤外ジャイロトロンを用いたパルスESR装置開発
    林哉汰, 堂野壱暉, 石川裕也, 佐藤丈賀, 藤井裕, 古屋岳, 光藤誠太郎
    日本赤外線学会研究発表会 2019年11月
    福井大学文京キャンパス, 2019年11月14日-15日
  • 遠赤外ジャイロトロンを用いたパルスESRのFTスペクトル解析
    堂野壱暉, 林哉汰, 石川裕也, 佐藤丈賀, 藤井裕, 古屋岳, 光藤誠太郎
    日本赤外線学会研究発表会 2019年11月
    福井大学文京キャンパス, 2019年11月14日-15日
  • DNP-NMR測定に向けた円筒型共振器によるESR
    佐藤丈賀,林哉汰,堂野壱暉,石川裕也,藤井裕,古屋岳,光藤誠太郎
    2019年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2019年12月
    富山県立大学射水キャンパス, 2019年12月7日
  • ジャイロトロンを用いたPulsed-ESR装置による希釈BDPAラジカルのFT-ESR
    堂野壱暉,林哉汰,石川裕也,佐藤丈賀,藤井裕,古屋岳,光藤誠太郎
    2019年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2019年12月 日本物理学会北陸支部
    富山県立大学射水キャンパス, 2019年12月7日
  • 希釈BDPAラジカルを用いた154GHzジャイロトロン光源によるFT-ESR
    堂野壱暉, 林哉汰, 石川裕也, 佐藤丈賀, 藤井裕, 古屋岳, 光藤誠太郎
    物性研短期研究会 強磁場コラボラトリーによる強磁場科学の新展開〜光科学との融合も視野にいれて〜 2019年12月 選考有り
    東京大学物性研究所 短期研究会 2019年12月3-5日 大阪大学豊中キャンパス 南部洋一郎ホール
  • 154 GHzジャイロトロン光源を用いたBDPAラジカルのFT-ESRII
    林哉汰, 堂野壱暉, 石川裕也, 藤井裕, 佐藤丈賀, 古屋岳, 光藤誠太郎
    日本物理学会第75回年次大会(2020) 2020年03月 選考有り 日本物理学会
    2020.3.16-19 名古屋大学東山キャンパス
  • 福井大学における地域の児童・生徒に対する先進的教育提供事業−小学校5・6年生向けチャレンジ理科教室−
    栗原 一嘉,石川 裕也,古屋 岳,守安 毅,田中 百音,谷内 柚太,倉知 豊,佐々木 慶伍,下野 望,小出 大士朗,野末 悟郎
    第67回応用物理学会春季学術講演会 2020年03月 選考有り 公益社団法人 応用物理学会
    2020.3.12〜15 上智大学 四谷キャンパス
  • 154GHzジャイロトロン光源を用いたパルスESR測定装置の開発
    石川裕也,堂野壱暉,林哉汰,佐藤丈賀,藤井裕,古屋岳,光藤誠太郎
    第14回量子スピン系研究会 2020年01月 選考無し

受賞

  •  International Photonics Conference 2011 (IPC2011), Student Paper Award2011年11月

科学研究費補助金

  • ランダムサンプリングによる高速THz-TDSシステムの開発若手研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:古屋 岳 2013年度
  • ランダムサンプリングによる高速THz-TDSシステムの開発若手研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:古屋 岳 2014年度