稲谷 大

所属部署名感覚運動医学講座 眼科学
教員組織感覚運動医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/05/15 13:45

研究者基本情報

氏名

    稲谷 大
    イナタニ マサル

所属

  •  感覚運動医学講座 眼科学 教授

所属学協会

    日本眼科学会 その他,日本眼科学会 編集委員,日本眼科学会 その他,日本眼科学会 編集委員,日本眼科手術学会 編集委員,

研究活動情報

論文

  • The relationship between self-reported habitual exercise and visual field defect progression a retrospective cohort study
    S.Yokota, Y.Takihara, K.Kimura, Y.Takamura, M.Inatani
    BMC Ophthalmology 16(1) 147-147 2016年 査読有り
    M.Inatani
  • Mitochondrial pathogenic mechanism and degradation in optineurin E50K mutation-mediated retinal ganglion cell degeneration
    MS. Shim, Y. Takihara, KY. Kim, T. Iwata, BY. Yue, M. Inatani, R. Weinreb, GA. Perkins, WK. Ju
    Scientific Reports 22(6) 33830-33830 2016年 査読有り
  • Change in visual acuity and associated risk factors after trabeculectomy with adjunctive mitomycin C
    K. Kashiwagi, S. Kogure, F. Mabuchi, T. Chiba, T. Yamamoto, Y. Kuwayama, M. Araie, Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group
    Acta Ophthalmologica 94(7) e561-e570 2016年 査読有り
  • SLC1A1 gene variants and normal tension glaucoma
    M. Nishisako, A. Meguro, E. Nomura, T. Yamane, M. Takeuchi, M. Ota, K. Kashiwagi, F. Mabuchi, H. Iijima, K. Kawase , T. Yamamoto, M. Nakamura, Negi. A, T. Sagara, T. Nishida, M. Inatani, H. Tanihara, M. Aihara, M. Araie, T. Fukuchi, H. Abe, T. Higashide, K. Sugiyama, T. Kanamoto, Y. Kiuchi, A. Iwase, S. Chin, S. Ohno, H. Inoko, N. Mizuki
    Ophthalmic Genet 37(2) 194-200 2016年 査読有り
  • Haemangiopericytoma of the lacrimal sac
    A.Watanabe, A.Wu, MT.Sun, M.Inatani, N.Katori, D.Selva
    Orbit 35(4) 233-235 2016年 査読有り
  • Limbus- versus fornix-based trabeculectomy for open-angle glaucoma eyes with prior ocular surgery: the collaborative bleb-related infection incidence and treatment study
    S.Yokota, Y.Takihara, M.Inatani
    Sci Rep 2015年03月 査読有り
  • Association of macular pigment optical density with serum concentration of oxidized low-density lipoprotein in healthy adults
    N.Nagai, K.Izumi-Nagai, M.Suzuki, H.Shinoda, T.Koto, A.Uchida, H.Mochimaru, Y.Tomita, S.Miyake, S.Kobayashi, M.Sasaki, K.Tsubota, Y.Ozawa
    Retina 35(4) 820-826 2015年 査読有り
  • Blue light-induced inflammatory marker expression in the retinal pigment epithelium-choroid of mice and the protective effect of a yellow intraocular lens material in vivo
    T.Narimatsu, K.Ngishi, S.Myake, M.Hirasawa, H.Oada, T.Kurihara, K.Tsubota, Y.Ozawa
    Exp Eye Res 132 48-51 2015年 査読有り
  • Vitreous and aqueous concentrations of brimonidine following topical application of brimonidine tartrate 0.1% ophthalmic solution in humans
    Y.Takamura, T.Tomomatsu, T.Matsumura, Y.Takihara, S.Kozai, S.Arimura, S.Yokota, M.Inatani
    Journal of Ocular Pharmacology and Therapeutics 31(5) 282-285 2015年 査読有り
    Y.Takamura
  • Changes in matrix metalloproteinases in diabetes patients' tears after vitrectomy and the relationship with corneal epithelial disorder
    T.Matsumura, Y.Takamura, T.Tomomatsu, S.Arimura, M.Gozawa, Y.Takihara, M.Inatani
    Investigative Ophthalmology & Visusal Science 56(6) 3559-3564 2015年 査読有り
    Y.Takamura
  • Limbus- versus fornix-based trabeculectomy for open-angle glaucoma eyes with prior ocular surgery: the Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study
    S.Yokota, Y.Takihara, M.Inatani
    Scientific Reports 19(5) 9290-9290 2015年 査読有り
    M.Inatani
  • Intra-ocular pressure-lowering effects of a Rho kinase inhibitor, ripasudil (K-115),over 24 hours in primary open-angle glaucoma and ocular hypertension: a randomized, open-label crossover study
    H.Tanihara, T.Inoue, T.Yamamoto, Y.Kuwayama, H.Abe, H.Suganami, M.Araie, K-115 Clinical Study Group
    Acta Ophthalmologica 93(4) e254-e260 2015年 査読有り
  • Altered transport velocity of axonal mitochondria in retinal ganglion cells after laser-induced axonal injury in vitro
    S.Yokota, Y.Takihara, S.Arimura, S.Miyake, Y.Takamura, N.Yoshimura, M.Inatani
    Investigative Ophthalmology & Visual Science 56(13) 8019-8025 2015年 査読有り
    Y.Takihara
  • Correlation between central retinal thickness after successful macular hole surgery and visual outcome.
    Y.Takamura, T.Tomomatsu, T.Matsumura, S.Arimura, M.Gozawa, Y.Takihara, M.Inatani:
    Japanese Journal of Ophthalmology 59(6) 394-400 2015年 査読有り
    Y.Takamura
  • In vivo imaging of axonal transport of mitochondria in the diseased and aged mammalian CNS
    Y.Takihara, M.Inatani, K.Eto, T.Inoue, A.Kreymerman, S.Miyake, S.Ueno, M.Nagaya, K.Iwao, Y.Takamura, H.Sakamoto, K.Satoh, M.Kondo, T.Sakamoto, JL.Goldberg, J.Nabekura, H.Tanihara
    Proceedings of the National Academy of Sciences 112(33) 10515-10520 2015年 査読有り
    M.Inatani
  • Large capsulorhexis with implantation of a 7.0 mm optic intraocular lens during cataract surgery in patients with diabetes mellitus
    Y.Takamura, T.Tomomatsu, S.Yokota, T.Matsumura, Y.Takihara, M.Inatani
    J Cataract Refract Surg 40(11) 1850-1856 2014年11月 査読有り
  • The effect of photocoagulation in ischemic areas to prevent recurrence of diabetic macular edema after intravitreal bevacizumab injection
    Y.Takamura, T.Tomomatsu, T.Matsumura, S.Arimura, M.Gozawa, Y.Takihara, M.Inatani
    Invest Ophthalmol Vis Sci 55(8) 4741-4746 2014年08月 査読有り
  • Risk factors for hyphema after trabeculectomy with mitomycin C
    S.Kojima, M.Inatani, K.Shobayashi, A.Haga, T.Inoue, H.Tanihara
    Journal of Glaucoma 23(5) 307-311 2014年05月 査読有り
  • The 5-year Incidence of Bleb-related Infection and Its Risk Factor Following Filtering Surgeries with Adjunctive Mitomycin C:CBITS 2
    Yamamoto T, Sawada A, Mayama C, Araie M, Ohkubo M, Sugiyama K, Kuwayama Y, The Collaborative Bleb-related Infection Incidence and Treatment Study Group.
    Ophthalmology 121(5) 1001-1006 2014年05月 査読有り
  • Long-term outcomes and prognostic factors for trabeculectomy with mitomycin C in eyes with uveitic glaucoma:a retrospective cohort study
    K.Iwao, M.Inatani, T.Seto, Y.Takihara, M.Ogata-Iwao, S.Okinami, H.Tanihara
    Journal of Glaucoma 23(2) 88-94 2014年02月 査読有り
  • Trabeculectomy for open-angle glaucoma in phakic eyes vs in pseudophakic eyes after phacoemulsification : a prospective clinical cohort study
    Takihara Y, Inatani M, Ogata-Iwao M, Kawai M, Inoue T, Iwao K, Tanihara H
    JAMA Ophthalmol 132(1) 69-76 2014年01月 査読有り
  • Management of Neovascular Glaucoma
    M.Inatani, Y.Takihara, Y.Takamura
    Expert Review of Ophthalmology 9(1) 33-42 2014年01月 査読有り
  • Aldose reductase inhibitor counteracts the enhanced expression of matrix metalloproteinase-10 and improves corneal wound healing in galactose-fed rats
    Takamura Y, Matsumoto T, Tomomatsu T, Matsumura T, Takihara Y, Inatani M
    Molecular Vision(19) 2477-2486 2013年12月 査読有り
  • Association study of genetic variants on chromosome 7q31 with susceptibility to normal tension glaucoma in a Japanese population
    Kato T, Meguro A, Nomura E, Uemoto R, Nomura N, Ota M, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T, Nakamura M, Negi A, Sagara T, Nishida T, Inatani M, Tanihara H, Aihara M, Araie M, Fukuchi T, Abe H, Higashida T, Sugiyama K, Kanamoto T, Kiuchi Y, Iwase A, Chin S, Ohno S, Inoko H, Mizuki N
    Eye 2013 27(8) 979-983 2013年08月 査読有り
  • Anterior capsule contraction and flare intensity in the early stages after cataract surgery in eyes with diabetic retinopathy
    Takamura Y, Tomomatsu T, Arimura S, Tomomatsu Y, Matsumura T, Takihara Y, Inatani M
    Journal of Cataract & Refract Surgery 39(5) 716-721 2013年07月 査読有り
  • Relationship between lenticular power and refractive error in children with hyperopia
    Tomomatsu T, Kono S, Arimura S, Tomomatsu Y, Matsumura T, Takihara Y, Takamura Y, Inatani M
    Clinical Ophthalmology 2013(7) 601-606 2013年07月 査読有り
  • Risk factors for choroidal detachment after trabeculectomy with mitomycin C
    Haga A, Inatani M, Shobayashi K, Kojima S, Inoue T, Tanihara H
    Clinical Ophthalmology 2013(7) 1417-1421 2013年07月 査読有り
  • Frequency and risk factors for neovascular glaucoma after vitrectomy in eyes with proliferative diabetic retinopathy
    Goto A, Inatani M, Inoue T, Awai-Kasaoka N, Takihara Y, Ito Y, Fukushima M, Tanihara H
    Journal of Glaucoma 2013 22(7) 572-576 2013年07月 査読有り
  • A Prospective Comparison between Trabeculectomy with Mitomycin C and Phacotrabeculectomy with Mitomycin C
    Ogata-Iwao M, Inatani M, Takihara Y, Inoue T, Iwao K, Tanihara H
    Acta Ophthalmologica 2013 91(6) 500-501 2013年06月 査読有り
  • Change in visual acuity and intra-ocular pressure following bleb-related infection:the Japan Claucoma Society Survey of Bleb-related Infection Report2
    Yamamoto T, Kuwayama Y, Nomura E, Tanihara H, Mori K & The Study for the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection
    Acta Ophthalmologica 2013 91(6) e420-426 2013年06月 査読有り
  • Study on prognostic factor in trabeculectomy with mitomycin C having history of previous glaucoma surgery
    Awai-Kasaoka N, Inoue T, Inatani M, Takihara Y, Ogata-Iwao M, Tanihara H
    Japanese Journal of Ophthalmology 57(6) 514-519 2013年06月 査読有り
  • Human glutathione S-transferase A (GSTA) family genes are regulated by steroidogenic factor 1 (SF-1) and are involved in steroidogenesis
    T.Matsumura, Y.Imamichi, T.Mizutani, J.Yunfeng, T.Yazawa, S.Kawabe, M.Kanno, T.Ayabe, N.Katsumata, M.Fukami, M.Inatani, Y.Akagi, A.Umezawa, T.Ogata, K.Miyamoto
    The FASEB Journal 27(8) 3198-3208 2013年05月 査読有り
  • Phase 2 randomized clinical study of a Rho kinasa inhibitor,K-115,in primary open-angle glaucoma and ocular hypertension
    Tanihara H, Inoue T, Yamamoto T, Kuwayama Y, Abe H, Araie M, K-115 Clinical Study Group
    Am J Ophthalmol 156(4) 731-736 2013年04月 査読有り
  • Long-term Efficacy of Goniosynechialysis Combined with Phacoemulsification for Primary Angle Closure
    Kameda T, Inoue T, Inatani M, Tanihara H, Japanese Phaco-Goniosynechialysis Multicenter Study Group
    Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology 2013 25(1) 825-830 2013年01月 査読有り
  • Elevated Levels of Monocyte Chemoattractant Protein-1 in the Aqueous Humor after Phacoemulsification
    Kawai M, Inoue T, Inatani M, Tsuboi N, Shobayashi K, Matsukawa A, Yoshida A, Tanihara H
    Investigative Ophthalmology & Visual Science 2012 53(13) 7951-7960 2012年12月 査読有り
  • 線維柱帯切除術における術後フレア値の前向き臨床試験 単独手術と超音波乳化吸引術同時手術との比較
    稲谷 大, 岩尾 美奈子, 瀧原 祐史, 岩尾 圭一朗, 井上 俊洋, 笠岡 奈々子, 谷原 秀信
    日本眼科学会誌 856-861 2012年09月 査読有り
  • Simultaneous increases in multiple proinflammatory cytokines in the aqueous humor of pseudophakic glaucomatous eyes
    Inoue T, Kawaji T, Inatani M, Kameda T, Yoshimura N, Tanihara H
    Journal of Cataract & Refractive Surgery 2012 38(8) 1389-1397 2012年08月 査読有り
  • The effect of Rho-associated protein kinase inhibitor on monkey Schlemm's canal endothelial cells
    Kameda T, Inoue T, Inatani M, Fujimoto T, Honjo M, Kasaoka N, Inoue-Mochita M, Yoshimura N, Tanihara H
    Investigative Ophthalmology Visual Science 2012 53(6) 3092-3103 2012年06月 査読有り
  • Prognostic risk factors for failure of trabeculectomy with mitomycin C after vitrectomy
    Inoue T, Inatani M, Takihara Y, Awai-Kasaoka N, Ogata-Iwai M, Tanihara H
    Japanese Journal of Ophthalmology 2012 56(5) 464-469 2012年05月 査読有り
  • 上下直筋全幅移動術が奏効した動眼神経不全麻痺の1例
    増谷 洋子, 友松 威, 高村 佳弘, 稲谷 大
    臨床眼科 2012年03月 査読有り
  • Impact of phacoemulsification on failure of trabeculectomy with mitomycin C
    Awai-Kasaoka N, Inoue T, Takihara Y, Kawaguchi A, Inatani M, Ogata-Iwao M, Tanihara H
    Journal of Catract & Refractive Surgery 2012 38(3) 419-424 2012年03月 査読有り
  • Combined in travitreal bevacizumab and trabeculectomy with mitomycin C versus trabeculectomy with mitomycin C alone for neovascular glaucoma
    Takihara Y, Inatani M, Kawaji T, Fukushima M, Iwao K, Iwao M, Tanihara H
    Journal of Glaucoma 2011 196-201 2011年 査読有り
  • Trabeculectomy with mitomycin C for open-angle glaucoma in phakic eyes vs pseudophakic eyes after phacoemulsification
    Takihara Y, Inatani M, Seto T, Iwao K, Iwao M, Inoue T, Kasaoka N, Murakami A, Futa R, Tanihara H
    Archives of Opthalmology 2011 2011年 査読有り
  • Success rates of trabeculotomy for steroid-induced glaucoma:a comparative, multicenter, retrospective, cohort study
    Iwao K, Inatani M, Tanihara H
    American Journal of Ophthalmology 2011年 査読有り
  • Dynamic Imaging of axonal transport in living retinal ganglion cells
    Takihara Y, Inatani M, Hayashi H, Adachi N, Iwao K, Inoue T, Iwao M, Tanihara H
    Investigative Ophthalmology and Visual Science 2011 2011年 査読有り
  • Investigation of the association between SLC1A3 gene polymorphisms and normal tension glaucoma
    Yasumura R, Meguro A, Ota M, Nomura E, Uemoto R, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T, Nakamura M, Negi A, Sagara T, Nishida T, Inatani M, Tanihara H, Aihara M, Araie M, Fukuchi T, Abe H, Higashide T, Sugiyama K, Kanamoto T, Kiuchi Y, Iwase A, Ohno S, Inoko H, Mizuki N
    Molecular Vision 2011 2011年 査読有り
  • Heparan sulfate regulates intraretinal axon pathfinding by retinal ganglion cells
    Ogata-Iwao M, Inatani M, Iwao K, Takihara Y, Nakaishi-Fukuchi Y, Irie F, Sato S, Furukawa T, Yamagucho Y, Tanihara H
    Investigative Ophthalmology and Visual Science 2011 2011年 査読有り
  • Interim clinical outcomes in the collaborative bleb-related infection incidence and treatment Study
    Yamamoto T, Kuwayama Y, Inatani M, The Collaborative Bleb-related Infection Incidence and Treatment Study Group
    Ophthalmology 2011 2011年 査読有り

著書

  • 今日の眼疾患治療指針第3版
    稲谷 大
    分担執筆
    緑内障手術
    医学書院 2016年
  • 前視野緑内障と向き合う
    稲谷 大
    分担執筆
    新しい緑内障手術
    文光堂 2016年
  • 私はこうして治療している
    稲谷 大
    分担執筆
    緑内障(薬物治療)今日の治療方針
    医学書院 2016年
  • 白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準
    白内障手術併用眼内ドレーン会議(稲谷 大)
    分担執筆
    日本眼科学会雑誌 2016年
  • Frontiers in Glaucoma
    真鍋伸一,稲谷大
    分担執筆
    MIGS総論
    メディカルレビュー社 2016年
  • 眼科
    横田 聡,稲谷 大
    分担執筆
    線維柱帯切除術の光と影 正常眼圧緑内障に対する視野維持の観点から
    金原出版株式会社 2016年
  • 前眼部OCTの水晶体因子ってなんですか?臨床眼科増刊号緑内障なんでも質問箱
    有村尚悟
    分担執筆
    医学書院 2015年
  • 流出路再建術の歴史と役割
    有村尚悟、稲谷大
    分担執筆
    医学書専門出版社 2015年
  • 糖尿病網膜症の病気分類
    高村 佳弘
    分担執筆
    医学出版 2015年
  • 緑内障濾過手術のブレブ再建,再手術
    横田聡、稲谷大
    分担執筆
     2015年
  • 緑内障なんでも質問箱
    稲谷 大(編集)
    分担執筆
    医学書院 2015年
  • 手術治療のトピックス
    稲谷 大
    分担執筆
    医事出版社 2015年
  • 緑内障の診断に苦慮した例
    須田謙史、稲谷 大
    分担執筆
     2015年
  • Leber遺伝性視神経症認定基準
    中村 誠、三村 治、若倉雅登、稲谷 大、中澤 徹、白神史雄
    分担執筆
     2015年
  • Medical View Point
    稲谷 大
    執筆、編集
    緑内障インプラント手術
    株式会社医事出版社 2014年12月
  • あたらしい眼科
    石田 恭子, 稲谷 大
    執筆、編集
    新しい治療と検査シリーズ 218.エクスプレスTM(EX-PRESSTM) EX-PRESSに対するコメント
    メディカル葵出版 2014年06月
  • 眼科グラフィック
    池田 華子, 豊川 紀子, 井上 俊洋, 稲谷 大
    執筆、編集
    Basic surgical skills トラベクロトミーの基本手技
    メディカ出版 2014年03月
  • 専門医のための眼科診療クオリファイ21眼救急スクランブル
    有村 尚悟, 稲谷 大
    執筆、編集
    中山書店 2014年03月
    978-4-521-73918-2
  • 眼科グラフィック
    今野 伸介, 安楽 礼子, 富田 剛司, 中野 匡, 稲谷 大
    執筆、編集
    自動視野計検査の読み方
    メディカ出版 2014年02月
  • 眼科手術
    稲谷 大
    執筆、編集
    論点 特集:緑内障の手術選択
    メディカル葵出版 2014年01月
  • All About 原発閉塞隅角緑内障
    稲谷 大
    執筆、編集
    トラベクレクトミー 手術適応と成績 予後要因
    医学書院 2014年
  • Forintier in Glaucoma
    稲谷 大
    執筆、編集
    緑内障診療に吹く新しい風
    メディカルレビュー社 2014年
  • 眼科グラフィック2013第6号
    稲谷 大
    執筆、編集
    メディカ出版 2013年12月
  • 眼科
    稲谷 大
    執筆、編集
    緑内障濾過手術
    金原出版 2013年11月
  • あたらしい眼科
    稲谷 大
    執筆、編集
    ザラカムとデュオトラバ 私の緑内障薬チョイス
    メディカル葵出版 2013年06月
  • 日本眼科学会雑誌
    稲谷 大
    執筆、編集
    学会トピックス 第36回日本眼科学会総会 流出路再建術の新しい流れ
    日本眼科学会 2013年05月
  • 眼科グラフィック2013第4号
    稲谷 大
    執筆、編集
    メディカ出版 2013年04月
  • All About開放隅角緑内障
    横田 聡, 稲谷 大
    執筆、編集
    視神経の解剖学的、生理学的特殊性と視神経症との関連
    医学書院 2013年04月
  • All About開放隅角緑内障
    瀧原 祐史, 稲谷 大
    執筆、編集
    緑内障性視神経症の病態と軸索輸送
    医学書院 2013年04月
  • 眼科グラフィック
    稲谷 大
    執筆、編集
    WOCがやってくる
    メディカ出版 2013年03月
  • Frontiers in Glaucoma
    稲谷 大
    執筆、編集
    Doctor interview, My practice
    メディカルレビュー社 2013年03月
  • 眼科グラフィック2013第1号
    稲谷 大
    執筆、編集
    メディカ出版 2013年02月
  • 眼科手術2013
    稲谷 大
    執筆、編集
    論点 特集:緑内障インプラント手術の成績
    メディカル葵出版 2013年02月
  • 眼科グラフィック
    稲谷 大
    執筆、編集
    Advanced surgical skills 緑内障チューブシャント手術
    メディカ出版 2013年02月
  • 眼科グラフィック
    稲谷 大
    執筆、編集
    Basic surgical skills 一から学ぶトラベクレクトミー
    メディカ出版 2013年02月
  • 眼科グラフィック
    稲谷 大
    執筆、編集
    Advanced surgical skills 眼科手術の切開&縫合完全マニュアル
    メディカ出版 2013年02月
  • 今日の治療指針2013
    稲谷 大
    執筆、編集
    緑内障(手術療法)
    医学書院 2013年01月
  • 眼科疾患最新の治療
    稲谷 大
    執筆、編集
    血管新生緑内障
    南江堂 2013年01月
  • 日本医師会雑誌特集企画 白内障と緑内障
    木村加奈子, 稲谷 大
    執筆、編集
    副腎皮質ステロイド薬と白内障・緑内障
    メディカル葵出版 2012年04月
  • 巻頭言ー手術の才能ー
    稲谷 大
    執筆
    メディカル葵出版 2012年01月
  • 論点 ー特集 緑内障手術のEBMー
    稲谷 大
    執筆
    メディカル葵出版 2012年01月
  • 眼科手術
    稲谷 大
    執筆
    眼内レンズ亜脱臼を合併した落屑緑内障
    メディカル葵出版 2012年01月
  • 日本の眼科
    稲谷 大
    執筆、編集
    男女共同参画推進委員会の頁 眼科医局での男女共同参加の取り組みについて
    日本眼科医会 2012年01月
  • ステロイド緑内障 3.緑内障診断ガイド
    稲谷 大
    執筆
    眼科診療クオリファイ 2011 2011年
  • 軸策ガイダンスにおけるヘパラン硫酸の役割
    稲谷 大
    執筆
    (社)日本生化学会 2011年
  • 症例12 全層角膜移植後のステロイド投与によって生じた続発緑内障 GlaucomaPro 「苦慮する眼疾患、私はこう対処する」
    稲谷 大, 谷原 秀信
    編集
    Web サイト ターギス株式会社 東京 2011年
  • 症例13 ステロイド内服による続発緑内障 GlaucomPro 「苦慮する眼疾患、私はこう対処する」
    稲谷 大, 谷原 秀信
    編集
    Webサイト ターギス株式会社 東京 2011年
  • 眼科診療:5年前の常識は、現在の非常識!
    稲谷 大
    執筆、編集
    医学書院 東京 2011年
  • 抗VEGF剤 緑内障治療の最新
    稲谷 大
    執筆
    MSD株式会社 東京 2011年
  • レーザー治療とサイトカイン
    高村 佳弘
    分担執筆
    日本眼科医会
  • 論点  特集 緑内障手術の合併症とその対策
    稲谷 大(編集)
    分担執筆
    メディカル葵出版

講演・口頭発表等

  • The effect of triamcinolone acetonide or bevacizumab on the levels of proinflammatory cytokines after retinal laser photocoagulation in pigmented rabbits
    Y.Takamura, S.Arimura, S.Miyake, T.Tomomatsu, T.Matsumura, M.Gozawa, Y.Takihara, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Panretinal Photocoagulation using Short-Pulse Laser Induces less Inflammation and Macular Thickening in Patients with Diabetic Retinopathy
    Y.Takamura, S.Arimura, M.Gozawa, T.Matsumura, S.Miyake, M.Inatani
    Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (APAO) 2017年03月
  • Comparing trabeculectomy outcomes between first and second operated eyes : a multicenter study
    K.Iwasaki, M.Inatani
    Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (APAO) 2017年03月
  • The effect of 0.05% difluprednate ophthalmic emulsion on the levels of proinflammatory cytokines after retinal laser photocoagulation in rabbits
    H.Kakimoto, S.Arimura, M.Inatani, T.Matsumura, S.Miyake, Y.Takamura
    Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (APAO) 2017年03月
  • Mitochondrial trafficking
    M.Inatani
    Optic Nerve Meeting 2016年12月
  • 落屑緑内障の診断と治療
    稲谷 大
    第64回川崎医科大学眼科学術会 2016年12月
  • 濾過手術アップデート
    稲谷 大
    第7回眼蜜クラブ 2016年11月
  • 緑内障薬物治療に対する私の取り組み. Keep the Visual Filed in Shiga
    稲谷 大
    ミケルナ発売記念講演会 2016年11月
  • 0.05%ジフルプレドナート点眼薬使用による網膜光凝固術後の炎症性サイトカイン抑制について
    柿本宙志 高村佳弘、有村尚悟、三宅誠司、松村健大、後沢誠、岩崎健太郎、稲谷大
    第75回富山眼科集談会 2016年11月
  • 0.05%ジフルプレドナート点眼薬使用による網膜光凝固術後の炎症性サイトカイン抑制について
    柿本宙志 高村佳弘、有村尚悟、三宅誠司、松村健大、後沢誠、岩崎健太郎、稲谷大
    第338回金沢眼科集談会 2016年11月
  • Clinical evidence for the most effective filtering surgery
    M.Inatani
    32th Korean Glaucoma Society 2016年11月
  • In vivo imaging of mitochondrial axonal transport
    M.Inatani
    32th Korean Glaucoma Society 2016年11月
  • 第1部手術Glaucoma for Tomorrow
    稲谷 大
    第70回日本臨床眼科学会 2016年11月
  • Clinical evidence for the most effective filtering surgery
    稲谷 大
    The 13th Taiwan-Japan Ophthalmology Joint Meeting 2016年11月
  • 緑内障手術治療の温故知新:緑内障治療の温故知新
    稲谷 大
    ファイザー製薬モーニングセミナー 2016年11月
  • LTSS術後の斜視とその対応: インストラクションコース ロングチューブ型緑内障チューブシャント手術の適応・手技・合併症
    稲谷 大
    第70回日本臨床眼科学会 2016年11月
  • 糖尿病黄斑浮腫に対する併用療法による治療戦略、虚血領域への光疑固併用による薬物療法の相乗効果
    高村佳弘
    第70回日本臨床眼科学会 2016年11月
  • 糖尿病黄斑浮腫の治療-できるだけよい視力をえるためにできること
    高村佳弘
    第70回日本臨床眼科学会 インストラクションコース51 2016年11月
  • 最新!糖尿病網膜症マネジメントのすべて2016アップデートと症例検討会
    高村 佳弘
    第70回日本臨床眼科学会インストラクションコース57 2016年11月
  • 濾過手術アップデート(フルバージョン)
    稲谷 大
    第4回Senju Ophthalmic Seminar in 岡山 〜まるごと緑内障! 2016年10月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第199回宮城県眼科集談会 2016年10月
  • 網膜虚血家兎モデルにおける無灌流領域への光凝固とVEGF産生抑制効果
    後沢誠、高村佳弘、有村尚悟、三宅誠司、稲谷大
    第22回日本糖尿病眼学会 2016年10月
  • The role of extracellular matrics in the anterior chamber angle development
    M.Inatani
    ISER 2016年09月
  • 落屑症候群症例と落屑緑内障症例とを比較したゲノムワイド関連解析
    尾崎峰生、溝口尚則、中野聡子、真鍋伸一、林 研、風間成泰、出田隆一、森 洋斉、宮田和典、杉山和久、東出朋巳、千原悦夫、井上賢治、石子智土、吉田晃敏、柳昌秀、木内良明、相原一、大橋勉、櫻井寿也、杉本貴子、中馬秀樹、森和彦、池田陽子、木下茂、稲谷大、久保田敏昭、吉村長久、Tin Aung,Chiea Chuen Khor
    第27回日本緑内障学会 2016年09月
  • 両眼トラベクレクトミーを施行した患者における術後成績についての後ろ向き多施設比較試験
    岩﨑健太郎、高村佳弘、西田崇、澤田明、岩尾圭一郎、新村彩乃、国松志保、谷原秀信、杉山和久、中澤徹、稲谷大
    第27回日本緑内障学会 2016年09月
  • プレートのある緑内障インプラントの合併症 : 手術合併症困った症例と対応策
    稲谷 大
    第27回日本緑内障学会 2016年09月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第8回福島眼科シンポジウム 2016年08月
  • 眼底読影勉強会IV OCTを併用する眼底読影の実際 進化編
    稲谷 大
    第9回北九州眼科画像研究会 2016年07月
  • 水晶体タンパク質・αクリスタリンと血管新生の関連性についての検討
    有村尚悟、三宅誠司、古島淳史、櫻井秀司、鶴間一寛、高村佳弘、原英彰、稲谷大
    第55回日本白内障学会総会 2016年07月
  • 糖尿病白内障に対するアプローチ
    高村 佳弘
    第55回日本白内障学会総会 2016年07月
  • Retinal ganglion cell imaging. The 3rd Asia-Pacific Glaucoma Congress
    M.Inatani
    The 3rd Asia-Pacific Glaucoma Congress 2016年07月
  • 緑内障治療に対する私の取り組み
    稲谷 大
    第14回京滋緑内障セミナー 2016年06月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第8回東邦大学佐倉病院眼科フォーラム 2016年05月
  • Comparison of the inverted inner limiting membrane flap technique and the inner limiting membrane peeling merthod for macular hole with retinaldetachment
    T.Matsumura, T.Tomomatsu, Y.Takamura, A.Kobori, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • The association between the progression of rat sugar cataract and the levels of aldose reductase in lens epithelium
    T.Tomomatsu, Y.Takamura, T.Matsumura, S.Arimura, M.Gozawa, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Culture of retinal ganglion cells (RGC) purified from 3D retinal organoids differentiated from human induced pluripotent stem (ips) cells
    W.Kobayashi, A.Onishi, Y.Takihara, M.Inatani, T.Nakazawa, M.Takahashi
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Optineurin E50K mutation and mitochondrial mechanism in retinal ganglion cell degeneration
    Ju.Wonkyu, M.Sim, Y.Takihara, K.Kim, M.Inatani, N.R.Weinreb, A.G.Perkins
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Early postoperative complications of the Ex-PRESS implantation versus trabeculectomy : A Randomized Clinical Trial
    S.Arimura, Y.Takihara, S.Miyake, K.Iwasaki, M.Gozawa, T.Matsumura, T.Tomomatsu, Y.Takihara, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Comparison of conjunctival scarring after micro incision vitrectomy surgery using 20-, 23-, 25-, and 27-gauge systems in rabbits
    M.Gozawa, Y.Takamura, S.Miyake, K.Iwasaki, S.Arimura, Y.Takihara, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Trabeculectomy in both eyes : the first-operated versus the second-operated eyes
    K.Iwasaki, Y.Takamura, T.Nishida, A.Sawada, K.Iwao, A.Shinmura, S.Kunimatsu-Sanuki, H.Tanihara, K.Sugiyama, T.Nakazawa, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • Difference in tear meniscus between conjunctivochalasis eyes and normal eyes using anterior segment optional coherence tomography
    K.Kimura, Y.Takamura, Gozawa M, S.Yokota, T.Matsumura, Inatani M
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2016年05月
  • 緑内障・生化学と遺伝子 落屑症候群に関連するLOXL1、CACNA1Aのrare variant解析
    尾崎峰生、溝口尚則、中野聡子、真鍋伸一、林 研、風間成泰、出田隆一、森洋斉、宮田和典、杉山和久、東出朋巳、千原悦夫、井上賢治、石子智土、吉田晃敏、柳昌秀、木内良明、相原一、大橋勉、櫻井寿也、杉本貴子、中馬秀樹、森和彦、池田陽子、木下茂、稲谷大、久保田敏昭、吉村長久、Tin Aung,Chiea Chuen Khor
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 黄斑円孔網膜剥離に対するInverted ILM flap法とILM剥離法の比較
    松村健大、友松威、高村佳弘、小堀朗、稲谷大
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 尿病患者における白内障手術後の角膜における侵襲性の解析
    友松威、高村佳弘、松村健大、後沢誠、有村尚悟、岩崎健太郎、稲谷大
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 増殖糖尿病網膜症による血管新生緑内障眼の視神経乳頭形状変化
    横田聡、瀧原祐史、高村佳弘、稲谷大
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 緑内障・視野 因子分析を用いたハンフリー 24-2・10-2統合視野の局所視野セフター分割
    中西秀雄、赤木忠道、須田謙史、池田華子、諸岡論、石原健司、長谷川智子、山田裕史、横田聡、吉川宗光、飯田悠人、吉村長久
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 極小切開硝子体手術後の結膜瘢痕の家兎における観察研究
    後沢誠、高村佳弘、三宅誠司、有村尚悟、岩崎健太郎、瀧原祐史、稲谷大
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 炎症・酸化ストレス、網膜光疑固後の炎症性サイトカイン上昇に対する薬物療法の有用性
    有村尚悟、高村佳弘、三宅誠司、後沢誠、松村健太、瀧原祐史、友松威、稲谷大
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 動物モデルから糖尿病網膜症の病態に迫る、光疑固後のDMEの悪化と薬物療法
    高村佳弘
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    京滋網膜疾患フォーラム 2015年12月
  • DME strategy
    高村 佳弘
     2015年11月
  • 糖尿病眼合併症に対する低侵襲眼科手術: 糖尿病患者における低侵襲白内障手術と術後合併症の抑制
    後沢 誠
    第21回日本糖尿病眼科学会 2015年11月
  • 中高年労働者への健康管理.
    稲谷 大
    福井県医師会産業医研修会 2015年11月
  • 緑内障手術治療の進歩.
    稲谷 大
    兵庫県東部地区眼科医会学術講演会 2015年11月
  • 眼科最新の話題
    稲谷 大
    福井県アルコンイブニングセミナー2015 2015年11月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    網膜疾患Up date Seminar 2015年10月
  • Surgical management of glaucoma patients with prior ocular surgery
    M.Inatani
    2nd ASEAN Ophthalmology Society 2015年10月
  • 緑内障患者の白内障手術「私、失敗しないので」ワケあり白内障手術
    稲谷 大
     2015年10月
  • インストラクションコース 10 糖尿病黄斑浮腫の治療: できるだけよい視力を得るためにできること 網膜光凝固と黄斑浮腫~薬剤併用について~.
    高村 佳弘
    第69回日本臨床眼科学会 2015年10月
  • 糖尿病患者における白内障: インストラクションコース54 最新!糖尿病網膜症マネジメントのすべてーアップデートと症例検討会
    高村 佳弘
    第69回日本臨床眼科学会 2015年10月
  • Wound healing and ocular inflammation in trabeculectomy: Part 3. Glaucoma: Recent advance in the management of glaucoma part 2
    稲谷 大
    第69回日本臨床眼科学会 2015年10月
  • チューブシャント手術(ロングチューブ)の手技
    稲谷 大
    第69回日本臨床眼科学会 2015年10月
  • 白内障術後の硝子体において発現量が減少する因子の同定
    有村尚悟,高村佳弘,後沢誠,松村健大,瀧原祐史,友松威,稲谷大
    第54回日本白内障学会総会 第41回水晶体研究会 2015年09月
  • トラベクレクトミーとエクスプレス併用濾過手術の術後合併症の無作為比較試験
    有村尚悟,瀧原祐史,高村佳弘,稲谷大
    第26回日本緑内障学会 2015年09月
  • 初代培養ラット網膜神経節細胞におけるレーザーによる軸索障害時のミトコンドリア輸送の動的変化
    横田聡,瀧原祐史,有村尚悟,三宅誠司,高村佳弘,吉村長久,稲谷大
    第26回日本緑内障学会 2015年09月
  • トラベクレクトミーとエクスプレス併用濾過手術の術後合併症の無作為比較試験.
    有村尚悟,瀧原祐史,高村佳弘,稲谷大
     2015年09月
  • 初代培養ラット網膜神経節細胞におけるレーザーによる軸索障害時のミトコンドリア輸送の動的変化
    横田聡,瀧原祐史,有村尚悟,三宅誠司,高村佳弘,吉村長久,稲谷大
    第26回日本緑内障学会 2015年09月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    第6回糖尿病診療フォーラム 2015年09月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第3回平城緑内障フォーラム 2015年08月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第196回茨城県眼科医会学術講演会 2015年08月
  • 緑内障の神経保護治療の現状
    稲谷 大
    アイファガン点眼液発売3周年ルミガン点眼液発売5周年記念講演会in 東京 2015年08月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    網膜疾患フォーラム 2015年07月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第9回そのまんま緑内障研究会 2015年07月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第36回福岡眼科研究会 2015年07月
  • 緑内障の神経保護治療の現状
    稲谷 大
    Pearls of Glaucoma 2015年07月
  • Which is better for IOP control in OAG eyes, limbus-based or fornix-based surgery?
    M.Inatani
    6th World Glaucoma Congress 2015年06月
  • 抗VEGF療法と糖尿病黄斑浮腫の治療
    松村 健大
    福井県網膜硝子体勉強会 2015年06月
  • 視神経の特殊性とミトコンドリア.
    横田 聡、稲谷 大
    北陸神経眼科セミナー 2015年06月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    熊本眼疾患研究会 2015年06月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    糖尿病黄斑浮腫適応追加記念講演会 2015年06月
  • ハンフリー視野計10-2で明らかになった後頭葉脳梗塞による傍中心暗点の1例
    田中波
    第4回日本視野学会 2015年05月
  • 運動習慣と緑内障視野障害進行
    横田聡,瀧原祐史,木村加奈子,高村佳弘,稲谷大
    第4回日本視野学会 2015年05月
  • Visualization for axonal damage in glaucoma
    M.Inatani
    SNEC 25th anniversary international meeting 2015年05月
  • 緑内障手術治療の進歩
    稲谷 大
    第44回関西医科大学眼科同窓会特別講演 2015年05月
  • Live imaging for mitochondrial axonal transport in the retinal ganglion cells after Iaser-induced axonal damage
    S.Yokota, Y.Takihara, S.Arimura, S.Miyake, Y.Takamura
    ARVO 2015年05月
  • Changes of matrix metalloproteinases in tears of patients with diabetes after vitrectomy, and relationship with corneal epithelial disorder
    T.Matsumura,Y.Takamura,T.Tomomatsu, Y.Takihara,M.Inatani
    ARVO 2015年05月
  • Prospective observational study for conjunctival scar after phacoemulsification.
    M.Gozawa, Y.Takihara, S.Miyake,S.Yokota, M.Sakashita, M.Inatani
    ARVO 2015年05月
  • Vitreous and aqueous concentration of brimonidine following topical application of brimonidine tartrate 0.1% ophthalmic solution in human. The Annual Meeting of the association for Research in Vision and Ophthalmology
    Y.Takamura,T.Tomomatsu,T.Matsumura,Y.Takihara,S.Kozai,S.Arimura,S.Yokota,M.Inatani
    ARVO 2015年05月
  • Totally organized mitochondrial axonal transport patterns in retinal ganglion cells of old mice in vivo
    Y.Takihara,M.Inatani,T.Inoue,K.Iwao,Y.Takamura,H.Tanihara
    ARVO 2015年05月
  • Eylea Advisory Meeting “Evolving Treatment Strategies for Diabetic Macular Edema
    Y.Takamura
    Denver athletic Club 2015年05月
  • Live imaging for mitochondrial axonal transport in the retinal ganglion cells after laser-induced aonal damage.
    ARVO2015 2015年05月 選考有り
  • 緑内障治療薬の最前線-ROCK阻害薬への期待
    稲谷 大
    KOWA緑内障&白内障セミナー 2015年04月
  • 超音波乳化吸引術後の結膜瘢痕観察研究
    後沢誠,高村佳弘,三宅誠司,横田聡,坂下正典,瀧原祐史,稲谷大
    第119回日本眼科学会総会 2015年04月
  • 眼圧上昇モデルの作成と網膜神経節細胞(RGC)障害の評価
    瀧原祐史
    第119回日本眼科学会総会 2015年04月
  • 虚血の管理を念頭においた糖尿病黄斑浮腫に対する治療
    高村 佳弘
    第119回日本眼科学会総会 2015年04月
  • 房水流出異常の実態:主流出路へのフォーカス
    稲谷 大
    興和創薬ランチョンセミナー 2015年04月
  • Vitreous and aqueous concentrations of topically applied brimonidine tartate 0.1%
    M.Inatani , Y.Takamura, T.Tomomatsu
    The 30th APAO Congress 2015年04月
  • Glaucoma drainage device
    M.Inatani
    The 31th APAO Congress 2015年03月
  • In vivo imaging of mitochondrial axonal transport in the deseased and aged mammalian CNS
    M.Inatani
    The 31th APAO Congress 2015年03月
  • 硝子体手術後の涙液中マトリックスメタロプロテアーゼの変化と角膜上皮障害の検討
    松村 健大, 高村 佳弘, 友松 威, 瀧原 祐史, 稲谷 大
    第20回日本糖尿病眼学会総会 2015年03月 選考有り 0
  • Clinical experience of tafluprost in Japan
    M.Inatani
    The 1st Santen Ophthalmology forum 2015年02月
  • Glaucoma cross talk 網膜編(アルコン)
    高村 佳弘、稲谷 大
     2015年
  • Vision Research Day
    高村 佳弘
  • Circumpapillary retinal nerve fiber layer thickness, anterior lamina cribrosa depth, and lamina crib rosa thickness in neovascular Glaucoma Secondary to Diabetic Retinopathy
    S.Yokota, Y.Takihara, Y.Takamura, M.Inatani
    The Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)

受賞

  •  World Glaucoma Association World Glaucoma Association Reserch Award 20112011年07月

科学研究費補助金

  • 免疫学に基づいた緑内障手術の新たな臨床エビデンスの確立挑戦的萌芽研究
    代表者:稲谷 大 2015年度
  • ミトコンドリア視神経軸索流をバイオマーカーにした新しい緑内障診断法の創出基盤研究(B)(一般)
    代表者:稲谷 大 2014年度
  • 再生医療を応用した新しい緑内障手術挑戦的萌芽研究
    代表者:稲谷 大 2014年度
  • 水晶体における血管新生抑制因子の探索と血管新生緑内障の新しい病態概念の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:高村 佳弘 2014年度
  • ミトコンドリア視神経軸索流をバイオマーカーにした新しい緑内障診断法の創出基盤研究(B)(一般)
    代表者:稲谷 大 2013年度
  • 水晶体における血管新生抑制因子の探索と血管新生緑内障の新しい病態概念の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:高村 佳弘 2013年度
  • 再生医療を応用した新しい緑内障手術挑戦的萌芽研究
    代表者:稲谷 大 2013年度
  • ミトコンドリア視神経軸索流をバイオマーカーにした新しい緑内障診断法の創出基盤研究(B)(一般)
    代表者:稲谷 大 2012年度
  • 再生医療を応用した新しい緑内障手術挑戦的萌芽研究
    代表者:稲谷 大 2012年度
  • 水晶体における血管新生抑制因子の探索と血管新生緑内障の新しい病態概念の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:高村 佳弘 2012年度
  • ヘパラン硫酸による神経堤細胞の分化制御機構の解明と緑内障の新しい病態概念の確立若手研究(S)
    代表者:稲谷 大 2011年度
  • ミトコンドリア視神経軸索流をバイオマーカーにした新しい緑内障診断法の創出基盤研究(B)
    代表者:稲谷 大 2015年度
  • 涙液サイトカインをバイオマーカーとした網脈絡膜血管新生疾患の新しい検査法の創出基盤研究(C)
    代表者:友松 威 2015年度
  • 水晶体における血管新生抑制因子の探索と血管新生緑内障の新しい病態概念の確立基盤研究(C)
    代表者:高村 佳弘 2015年度
  • 緑内障視神経症の病態を断ち切る画期的な手術手技の確立基盤研究(B)(一般)
    代表者:稲谷 大 2016年度
  • 免疫学に基づいた緑内障手術の新たな臨床エビデンスの確立挑戦的萌芽研究
    代表者:稲谷 大 2016年度
  • 糖尿病網膜症におけるエピジェネティックな制御機構の解明による新しい病態概念の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:高村 佳弘 2016年度
  • 涙液サイトカインをバイオマーカーとした網脈絡膜血管新生疾患の新しい検査法の創出基盤研究(C)
    代表者:友松 威 2016年度

厚生科研補助金

  • 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究
    代表者:小椋 祐一郎
  • 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究
    代表者:小椋 祐一郎
  • 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究
    代表者:小椋 祐一郎
  • 網膜脈絡膜・視神経委縮症に関する調査研究
    代表者:白神 史雄

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 緑内障治療啓発 丸岡城が緑色に 全国でライトアップ2017年03月 福井
  • 早期治療で失明防ごう 福井で目の講座、医師解説2018年10月 福井