折坂 誠

所属部署名産科婦人科
教員組織産科婦人科学
教育研究組織医学部 附属病院
職名講師
更新日: 19/07/23 18:48

研究者基本情報

氏名

    折坂 誠
    オリサカ マコト
    ORISAKA Makoto

所属

  •  産科婦人科 講師

学歴

  • - 2006年12月福井大学 生化系
  • - 1993年福井医科大学 医学科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

    日本人類遺伝学会 一般会員,日本生殖内分泌学会 評議員,日本内分泌学会 一般会員,福井県産科婦人科医師連合 理事,日本卵子学会 一般会員,福井県母性衛生学会 その他,日本生殖医学会 一般会員,日本産科婦人科学会,日本受精・着床学会,

研究活動情報

論文

  • 卵胞発育における卵子~顆粒膜細胞~莢膜細胞間のクロストーク
    折坂 誠
    日本産科婦人科学会雑誌 67(10) 2141-2151 2015年10月 査読有り
  • Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial
    H.Kosaka, Y.Okamoto, T.Munesue, H.Yamasue, K.Inohara, T.Fujioka, T.Anme, M.Orisaka, M.Ishitobi, M.Jung, TX.Fujisawa, S.Tanaka, S.Arai, M.Asano, DN.Saito, N.Sadato, A.Tomoda, M.Omori, M.Sato, H.Okazawa, H.Higashida, Y.Wada
    Transl Psychiatry 6(8) e872-e872 2016年08月 査読有り
  • 卵胞発育と卵子・顆粒膜細胞・莢膜細胞の相互応答
    折坂 誠,白藤 文,玉村 千代
    臨床婦人科産科 70(12) 1104-1108 2016年12月 査読有り
  • Authors' reply: Transverse uterine fundal incision in placenta praevia with possible placenta accreta: a last resort
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, C.Tamamura, A.Yoshida, H.Masuzaki, T.Sekiya, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    BJOG 122(3) 448-9 2015年02月 査読有り
  • Protective effect of dienogest on chemotherapy-induced reduced fertility in female rats
    H.Tsuyoshi, M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, BK.Tsang, Y.Yoshida
    Steroids 93 42011 2015年01月 査読有り
  • 産婦人科処方のすべて-すぐに使える実践ガイド 婦人科編 Ⅱ内分泌・不妊 高プロラクチン血症
    福田 真, 折坂 誠, 吉田 好雄
    臨床婦人科産科 68(4) 59-61 2014年04月 査読有り
  • Necessity of antihypertensive therapy with alpha-methyldopa for pregnant women with hypertensive disorders after 36 weeks of gestation
    D.Kamibayashi, K.Nishijima, I.Uchinami, J.Takahashi, H.Tsuyoshi, K.Sato, M.Orisaka, Y.Yoshida
    Med Glas (Zenica) 11(1) 246-7 2014年02月 査読有り
  • 子宮体下部~峡部の側壁を縦走する非瘢痕子宮破裂の4症例
    白藤 文, 黒川 哲司, 鈴木 秀文, 折坂 誠, 西島 浩二, 品川 明子, 髙橋 望, 岡 秀明, 山本 宝, 吉田 好雄
    産科と婦人科 81(2) 271-5 2014年02月 査読有り
  • Adverse effect(s) of chronically elevated LH in PCOS
    M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, Y.Yoshida
    J Mamm Ova Res 31(1) 42354 2014年02月 査読有り
  • 重症妊娠高血圧腎症における新たな降圧指針作成の可能性~胎児臍帯動脈血流速度波形からのアプローチ~
    上林 大岳, 西島 浩二, 打波 郁子, 山本 真, 佐藤 久美子, 髙橋 仁, 折坂 誠, 吉田 好雄, 黒川 哲司
    福井大学医学部研究雑誌 14(1) 42008 2014年01月 査読有り
  • Relation between outcomes and expression of estrogen receptor-α phosphorylated at Ser167 in endometrioid endometrial cancer
    E.Kato, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Chino, Y.Fujita, A.Shinagawa, Y.Yoshida
    Cancer Sci 105(10) 1307-12 2014年01月 査読有り
  • Dysregulation of ovarian follicular development in female rat: LH decreases FSH sensitivity during preantral-early antral transition
    M.Orisaka, K.Hattori, S.Fukuda, T.Mizutani, K.Miyamoto, T.Sato, BK.Tsang, F.Kotsuji, Y.Yoshida
    Endocrinology 154(8) 2870-2880 2013年08月 査読有り
  • 18F-fluorothymidine PET is a potential predictive imaging biomarker of the response to gemcitabine-based chemotherapeutic treatment for recurrent ovarian cancer: preliminary results in three patients
    H.Tsuyoshi, F.Morishita, M.Orisaka, H.Okazawa, Y.Yoshida
    Clin Nucl Med 38(7) 560-3 2013年06月 査読有り
  • A novel treatment strategy for the gastrointestinal development of extremely premature infants:Administration of micelles derived from pulmonary surfactants and the vernix caseosa in pregnant rabbits
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Orisaka, T.Kurokawa, Y.Yoshida
    Proceedings of 11th World Congress of Perinatal Medicine 2013年06月 査読有り
  • A novel isoform of liver receptor homolog-1 is regulated by steroidogenic factor-1 and the specificity protein family in ovarian granulosa cells
    S.Kawabe, T.Yazawa, M.Kanno, Y.Usami, T.Mizutani, Y.Imamichi, Y.Ju, T.Matsumura, M.Orisaka, K.Miyamoto
    Endocrinology 154(4) 1648-1660 2013年04月 査読有り
  • 卵胞発育における卵胞細胞間の相互作用
    折坂 誠, 小辻 文和
    Horone Frontier in Gynecology 18(4) 61-66 2011年12月 査読有り
  • The potent peptide antagonist to angiogenesis, C16Y, and cisplatin act synergistically in the down- regulation of the Bcl-2/Bax ratio and the induction of apoptosis in human ovarian cancer cells
    A.Shinagawa, Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Horiuchi, H.Tsuyoshi, M.Orisaka, Y.Sawamura, Kleinman HK, F.Kotsuji
    Int J Oncol 39(6) 1359-1364 2011年11月 査読有り
  • 多?胞性卵巣症候群を合併したてんかんの1症例
    宿南 憲一, 神近 哲郎, 小坂 浩隆, 小俣 直人, 村田 哲人, 折坂 誠, 和田 有司
    精神医学 53(7) 663-666 2011年07月 査読有り
  • 広範囲な穿通胎盤症例の膀胱温存法~病的膀胱の修復とカテーテル留置による膀胱摘出の回避~
    西島 浩二, 高橋 仁, 山本 真, 折坂 誠, 黒川哲司, 吉田 好雄, 小辻 文和, 秋野 裕信, 青木 芳隆
    産婦人科の実際 60(4) 609-613 2011年04月 査読有り
  • Oocyte-thecal cell regulatory loop in the control of preantral follicle development
    M.Orisaka, K.Hattori, S.Fukuda, F.Kotsuji
    J Mamm Ova Res 28(1) 42042 2011年01月 査読有り
  • Images in emergency medicine. Pregnant woman with gastric pain. Hypertriglyceridemia-induced pancreatitis
    K.Nishijima, J.Takahashi, M.Yamamoto, M.Orisaka, C.Suzuki, H.Tsukahara, K.Syukunami, T.Kurokawa, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Ann Emerg Med. 55(5) 483-490 2010年05月 査読有り
  • Peroxisome proliferator-activated receptor-gamma coactivator-1 alpha regulates progesterone production in ovarian granulosa cells with steroidogenic factor-1 and liver receptor homolog-1
    T.Yazawa, Y.Inaoka, R.Okada, T.Mizutani, Y.Yamazaki, Y.Usami, M.Kuribayashi, M.Orisaka, A.Umezawa, K.Miyamoto
    Mol Endocrinol 24(3) 485-496 2010年03月 査読有り
  • Decreased pregnancy rate is linked to abnormal uterine peristalsis caused by intramural fibroids
    O.Yoshino, T.Hayashi, Y.Osuga, M.Orisaka, H.Asada, S.Okuda, M.Hori, M.Furuya, H.Onuki, Y.Sadoshima, H.Hiroi, T.Fujiwara, F.Kotsuji, Y.Yoshimura, O.Nishii, Y.Taketani
    Hum Reprod 25(10) 210260 2010年01月 査読有り
  • 救急受診した稀な腹膜妊娠破裂の1症例
    瀧波 慶和, 内山 崇, 山本 真, 折坂 誠, 松寺 直樹, 後藤 健次
    日本救急医学会中部地方会誌 5 26-28 2009年12月 査読有り
  • Growth differentiation factor-9 mediates follicle-stimulating hormone-thyroid hormone interaction in the regulation of rat preantral follicular development
    N.Kobayashi, M.Orisaka, M.Cao, F.Kotsuji, A.Leader, N.Sakuragi, BK.Tsang
    Endocrinology 150(12) 5566-5574 2009年12月 査読有り
  • Luteinizing hormone-induced Akt phosphorylation and androgen production are modulated by MAP Kinase in bovine theca cells
    S.Fukuda, M.Orisaka, K.Tajima, K Hattori, F.Kotsuji
    J Ovarian Res 2(1) 17 2009年11月 査読有り
  • Oocyte-granulosa-theca cell interactions during preantral follicular development
    M.Orisaka, K.Tajima, BK.Tsang, F.Kotsuji
    J Ovarian Res 2(1) 9 2009年07月 査読有り
  • Growth differentiation factor 9 promotes rat preantral follicle growth by up-regulating follicular androgen biosynthesis
    M.Orisaka, JY.Jiang, S.Orisaka, F.Kotsuji, BK.Tsang
    Endocrinology 150(6) 2740-2748 2009年06月 査読有り
  • 膀胱の著しい頭側偏位を認めた尿膜管手術後の1症例
    田嶋 公久, 打波 郁子, 福田 真, 折坂 誠, 小辻 文和
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24(2) 392-395 2008年12月 査読有り
  • 小型カボチャを利用した子宮鏡手術訓練モデル
    田嶋 公久, 池野 しず佳, 打波 郁子, 福田 真, 折坂 誠, 島田 逸人, 小辻 文和
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24(2) 287-290 2008年12月 査読有り
  • A convenient resectoscope model for self-training
    K.Tajima, A.Okuda, S.Fukuda, M.Orisaka, H.Shimada, F.Kotsuji
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24(2) 291-295 2008年12月 査読有り
  • 動脈管早期閉鎖により新生児遷延性肺高血圧症をきたした1例
    巨田 尚子, 田村 知史, 徳力 周子, 小倉 一将, 畑 郁江, 塚原 宏一, 鈴木 千代, 西島 浩二, 折坂 誠, 小辻 文和, 眞弓 光文
    小児科臨床 61(8) 1685-1689 2008年08月 査読有り
  • Clinical significance of the balance between the L-arginine/NOS/NO pathway and the PRMT/ADMA/DDAH pathway
    H.Tsukahara, N.Oota, S.Tokuriki, S.Tamura, M.Toyooka, K.Nishijima, M.Orisaka, F.Kotsuji, N.Ohta, H.Kawakami, K.Sekine, H.Nagasaka, M.Mayumi
    Journal of Developmental Nephrology(発達腎研究会誌) 16(1) 21-28 2008年07月 査読無し
  • 前置胎盤、低置胎盤、前置血管の帝切法 ~従来法に「子宮底部横切開法」「子宮下部U字縫合」を組み合わせた治療指針~
    小辻 文和, 西島 浩二, 折坂 誠, 田嶋 公久, 吉田 好雄
    産婦人科の実際 57(6) 989-995 2008年06月 査読無し
  • Laminin-1-derived scrambled peptide AG73T disaggregates laminin-1-induced ovarian cancer cell spheroids and improves the efficacy of cisplatin
    Y.Yoshida, T.Kurokawa, Y.Nishikawa, M.Orisaka, HK.Kleinman, F.Kotsuji
    Int J Oncology 32(3) 673-81. 2008年03月 査読有り
  • 前置癒着胎盤及び広範な前壁付着を伴う前置胎盤に対する新たな帝王切開法:子宮底部横切開法の安全性と有用性
    西島 浩二, 宿南 憲一, 折坂 誠, 田嶋 公久, 塚原 宏一, 河合 泰一, 吉田 好雄, 小辻 文和
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 17(2) 39-42 2008年03月 査読無し
  • A comparison of uterine peristalsis in women with normal uteri and uterine leiomyoma by cine magnetic resonance imaging
    M,Orisaka, T.Kurokawa, K.Shukunami, S.Orisaka, S,Fukuda, A.Shinagawa, N,Ihara, H,Yamada, H,Itoh, F,Kotsuji
    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 135(1) 111-5 2007年11月 査読有り
  • Ovarian theca cells in follicular function
    K.Tajima, M,Orisaka, T.Mori, F,Kotsuji
    RBM Online 15(5) 591-609 2007年11月 査読有り
  • Gonadotropin and intra-ovarian signals regulating follicle development and atresia: the delicate balance between life and death
    J.Craig, M.Orisaka, K.Wang, S.Orisaka, W.Thompson, C..Zhu, F.Kotsuji, BK.Tsang
    Front Biosci 12 3628-39 2007年03月 査読有り
  • Granulosa cells promote differentiation of cortical stromal cells into theca cells in the bovine ovary
    M.Orisaka, K.Tajima, T.Mizutani, K.Miyamoto, B.K.Tsang, S.Fukuda, Y.Yoshida, F.Kotsuji
    Biol Reprod 75(5) 734-740 2006年11月 査読有り
  • Micelles of pulmonary surfactant in human amniotic fluid at term
    K.Nishijima, K.Shukunami, H.Tsukahara, M.Orisaka, J.Miura, F.Kotsuji
    Pediatric Research 60(2) 196-199 2006年08月 査読有り
  • A benign solitary uterine leiomyuoma on the pelvic peritoneum detected long after the hysterectomy for fibroids
    K.Shukunami, K.Nishijima, T.Kurokawa, M,Orisaka, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    J Obstet 26(6) 589 2006年08月 査読有り
  • Effects of ovarian theca cells on granulosa cell differentiation duringgonadotropin-independent follicular growth in cattle
    M.Orisaka, T.Mizutani, K.Tajima, S.Orisaka, K.Shukunami, K.Miyamoto, F.Kotsuji
    Mol Reprod Dev 73(6) 737-744 2006年06月 査読有り
  • Role of Granulosa and theca cell interactions in ovarian follicular maturation
    K.Tajima, M,Orisaka, H,Yata, K,Goto, K,Hosokawa, F,Kotsuji
    Microscopy Research and Technique 69(6) 450-458 2006年06月 査読有り
  • A very low transverse uterine incision
    K.Shukunami, M,Orisaka, K.Nishijima, K.Yoshi, T,Senda, Y.Yoshida, F,Kotsuji
    European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology 126(2) 269-270 2006年06月 査読有り
  • Growth differentiation factor 9 is antiapoptotic during follicular development from preantral to early antral stage
    M.Orisaka, S.Orisaka, JY.Jiang, J.Craig, Y.Wang, F.Kotsuji, BK.Tsang
    Mol Endocrinol 20(10) 2456-2468 2006年01月 査読有り
  • Luteinizing hormone-induced extracellular-signal regulated kinase activation differently modulates progesterone and androstenedione production in bovine theca cells
    K.Tajima, K.Yoshii, S.Fukuda, M.Orisaka, K.Miyamoto, A.Amsterdam, F.Kotsuji
    Endocrinology 146(7) 2903-2910 2005年07月 査読有り
  • Massive subchorionic hematoma: peculiar prenatal images and review of the literature
    K. Nishijima, K. Shukunami, H. Tsuyoshi, M. Orisaka, K. Tajima, T. Kurokawa, Y.Yoshida, F. Kotsuji
    Fetal Diagn Ther. 20(1) 23-26 2005年01月 査読有り
  • Unilateral and bilateral multicystic dysplastic kidneys in fetuses",",K.Shukunami K.Nishijima M.Orisaka K.Tajima S.Fukuda Y.Yoshida F.Kotsuji"
    J Obstet Gynaecol #N/A(#N/A) #N/A 2004年06月 査読有り
  • Acute Abdomen in a Jehovah's Witness with Chronic Anemia Am
    Shukunami, K, Nishijima, K, Yoshida, Y, Orisaka, M, Kotsuji, F
    J.Emergency Medicine.  22 242-245 2004年 査読有り
  • Galactocele of breast in a postmenopausal woman
    Shukunami, K, Nishijima, K, Tajima, K, Orisaka, M, Kotsuji, F
    Current Surgery 319 2004年 査読有り
  • Recanalization of an affected tube after detorsion of a twisting adnexa: Follow-up by repeated hysterosalpingography
    Shukunami, K, Nishijima, K, Orisaka, M, Kotsuji, F
    J Reproductive Medicine 49(9) 756-8 2004年 査読有り
  • 帝王切開の手術手技―子宮筋層の切開と縫合:低いレベルでの子宮下部横切開と単結節一層縫合の有用性
    宿南憲一, 折坂誠, 小辻文和
    産婦人科の世界 56 253-259 2004年 査読無し
  • A subamniotic hematoma resembling a deflated balloon
    Shukunami, K, Orisaka, M, Orisaka, S, Nishijima, K, Tajima, K, Goto, K, Kotsuji, F
    J Matern Fetal Neonatal Med 16 373-5 2004年 査読有り
  • 切迫流産治療薬の副作用軽減に有効であった桂枝竜骨牡栃湯
    宿南憲一, 西嶋浩二, 津吉秀昭, 折坂誠, 小辻文和
    漢方医学 127(4) 177 2003年09月 査読有り
  • 思春期のメルスケアとメンタルケア:痩せに伴う月経異常の診療
    小辻文和, 田嶋公久, 折坂誠
    臨婦産 57 1187-1191 2003年 査読無し
  • Protective effect of dienogest on chemotherapy-induced reduced fertility in female rats.
    H.Tsuyoshi, M.Orisaka, S.Fukuda, K.Hattori, BK.Tsang, Y.Yoshida
    Steroids 93 1-7 2015年01月 査読有り
  • Saikosaponin-d, a calcium mobilizing agent, sensitizes chemoresistant ovarian cancer cells to cisplatin-induced apoptosis by facilitating mitochondrial fission and G2/M arrest
    H.Tsuyoshi, VKW.Wong, Y.Han, M.Orisaka, Y.Yoshida, BK.Tsang
    Oncotarget 8(59) 99825-99840 2017年09月 査読有り
    Y.Yoshida, BK.Tsang
  • Primary intramedullary spinal cord tumour in pregnancy: a case report
    K.Fujii, M.Orisaka, M.Yamamoto, K.Nishijima, Y.Yoshida
    Spinal Cord Ser Cases 4 25-25 2018年03月 査読有り
    M.Orisaka

著書

  • CBT・医師国家試験のためのレビューブック産婦人科 2018-2019
    折坂 誠
    執筆、編集
    メディック・メディア 2017年07月
    978-4-89632-682-6

講演・口頭発表等

  • Oocyte-granulosa-theca cell interactions during ovarian follicle growth.
    M.Orisaka
    The 1th Taiwan-Japan-Korea Joint Conference of OBS/GYN. 2017年03月 選考有り
  • 不妊治療経験がない日本人女性のAMH normogramsと生活習慣との関連
    上澤 悦子,中山 美由紀,折坂 誠,川内 博人
    第61回日本生殖医学会学術講演会 2016年11月 選考有り
  • Oocyte-granulosa-theca cell interactions during early follicular growth
    M.Orisaka
    The 8th Japan-Korea ART Conference 2016年09月 選考有り
  • Oocyue-Granulosa-Theca Cell Interactions during Early Follicular Growth
    M.Orisaka
    BIT’s 4th Annual World Congress of Diabetes BIT’s 5th Annual World Congress of Endobolism 2015年11月 選考無し
  • GnRHアゴニストが胎盤ポリープの血流減少に有効だった症例
    折坂 誠
    中日本産婦人科セミナー 2015年07月 選考有り
  • Protective effect of dienogest on chemotherapy-induced reduced fertility in female rats
    M.Orisaka, H.Tsuyoshi, Y.Yoshida
    IFFS/JSRM International Meeting 2015 2015年04月 選考有り
  • 卵胞細胞における卵子~顆粒膜細胞~莢膜細胞間のクロストーク
    折坂 誠
    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015年04月 選考有り
  • ヒトにおける11-ケトテストステロンの合成と役割
    今道 力敬,矢澤 隆志,河邉 真也,石兼 真,向井 邦晃,折坂 誠, 水谷 哲也,宮本 薫
     2015年04月 201504
  • 抗がん剤治療におけるジエノゲストの卵巣保護作用
    折坂 誠
    第5回プロゲスチン研究会 2016年02月 選考無し
  • Kinematic MRIによる産褥子宮の機能的評価
    打波郁子, 西島浩二, 福田真, 折坂誠, 黒川哲司, 有倉清香, 宿南憲一, 小辻文和
    第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年04月
  • Kimematic MRIによる産褥子宮の機能的評価の試み
    打波郁子, 西島浩二, 有倉清香, 福田 真, 黒川哲司, 折坂 誠, 宿南憲一, 小辻文和, 伊原 昇, 河村泰孝, 伊藤春海
    第16回福井MR研究会 2005年03月
  • Growth differentiation factor-9 facilitates preantral follicle
    Orisaka, M, Tajima, K, Kotsuji, F
    The 3rd Canada- Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • The role of ERK pathway in the control of steroidognenesis in ovarian granulosa and theca cells
    Tajima, K, Orisaka, M, Fukuda, S, Yoshii, K, Kotsuji, F
    The 3rd Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction & Reproductive Bilolgy 2004年11月
  • 痩せに起因するPCOS様病態の存在とその内分泌学的特徴
    小辻文和, 田嶋公久, 折坂 誠
    第9回日本生殖内分泌学会 2004年11月
  • 初期卵胞における莢膜細胞層出現とLH反応性獲得のメカニズム
    折坂 誠, 田嶋 公久, 水谷 哲也, 宮本 薫, 小辻 文和
    第9回日本生殖内分泌学会 2004年11月 選考無し 玉舎 輝彦
  • Gonadotropin- induced dephosphorylation of extracellular- signal regulated kinases augments steroidogenesis in bovine granulose and theca cells
    Tajima, K, Yosii, K, Fukuda, S, Orisaka, M, Amsterdam, A, Kotsuji, F
    37th annual meeting of the society for the study of reproduction、Poster Session 2004年08月
  • Differentiation of ovarian stromal cells in vitro: Effect of granulose cells on the theca cell recruitment in cattle
    M.Orisaka, K.Tajima, T.Mizutani, M.Fukuda, K.Miyamoto, F.Kotsuji
    37th annual meeting of the society for the study of reproduction 2004年08月 選考無し
  • kinematic MRIを用いた新たな子宮機能評価の試み 【高得点採択演題】
    福田 真, 折坂 誠, 黒川哲司, 折坂早苗, 福田美佳, 品川明子, 小辻文和
    第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2004年04月
  • kinematic MRIを用いた新たな子宮機能評価の試み田嶋公久:卵胞細胞における性ステロイド産生に果たすMAPKの役割
    福田真, 折坂誠, 黒川哲司, 小辻文和
    第2回生殖生物学に関する合同セミナー 2004年03月
  • 莢膜細胞層の出現メカニズム:顆粒膜細胞が間質細胞の機能分化を誘導する可能性の検討
    折坂誠
    第2回生殖生物学に関する合同セミナー 2004年03月
  • Effects of ovarian theca cells on granulose cell differentiation during gonadotropin?independent follicular grothw in cattel
    M.Orisaka, T.Mizutani, K.Tajima, K.Miyamoto, F.Kotsuji
    36th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR THE STUDY OF REPRODUCTION 2003年07月 選考無し
  • Effects of ovarian theca cells on apoptosis, proliferation and steroid production of granulose cells: Changes during bovine follicular maturation
    Tajima, K, Orisaka, M, Hosokawa, K, Amsterdam, A, Kotsuji, F
    36th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR THE STUDY OF REPRODUCTION 2003年07月
  • 帝王切開の手術手技:子宮筋層の切開と縫合: 低いレベルでの子宮下部横切開と単結節一層縫合の有用性 ―
    宿南憲一, 折坂 誠, 小辻文和
    第20回日本分娩管理研究 帝王切開をめぐる諸問題 2003年07月
  • Kinematic MRI を用いた新たな子宮機能評価の試み
    品川明子, 西川有紀子, 福田真, 折坂誠, 折坂早苗, 吉田好雄, 後藤健次, 小辻文和, 山田弘樹, 伊原昇
    第31回日本産科婦人科学会北陸連合地方部会 2003年06月
  • 性器脱に潜在する腹圧性尿失禁を術前に予知することは可能か
    後藤健次, 八木原亮, 折坂誠, 折坂早苗, 小辻文和
    第2回Urogynecology研究会 2003年05月
  • 卵巣ステロイド産生における上皮系・間質系細胞間の相互作用:共培養システムを用いた検討
    田嶋公久, 福田真, 折坂誠, 小辻文和
    第22回北陸合同内分泌・代謝懇話会 2003年05月
  • 莢膜細胞層の出現メカニズム:顆粒膜細胞が間質細胞の機能分化を誘導する可能性の検討
    折坂 誠, 田嶋公久, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • 性器脱に潜在する腹圧性尿失禁を術前に予知することは可能か
    後藤健次, 八木原亮, 折坂 誠, 折坂早苗, 小辻文和
    第55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • ステロイド産生抑制の分子メカニズム:ステロイド産生調節因子StARの分解の関与
    田嶋公久, 折坂 誠, 吉田好雄, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • 排尿障害を伴う性器脱に対する手術治療成績
    八木原亮, 後藤健次, 折坂誠, 折坂早苗, 小辻文和
    55回日本産科婦人科学会学術講演会 2003年04月
  • 莢膜細胞による、顆粒膜細胞のアポトーシス抑制の分子メカニズム:共培養系を用いた検討
    田嶋公久, 福田真, 折坂 誠, 小辻文和
    第51回日本産婦人科学会北日本連合地方部会総会 2003年01月
  • Genitourinary syndrome of menopause(閉経期 生殖器・尿路症候群)とエストロゲン
    折坂 誠
    第19回日本女性骨盤底医学会 2017年07月
  • Saikosaponin-d sensitizes chemoresistant ovarian cancer cells to cisplatin-induced apoptosis by facilitating mitochondrial fission and G2/M arrest
    H.Tuyoshi,M.Orisaka,Y.Yoshida
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 常位胎盤早期剥離診断スコアの有用性の検討
    里見 裕之,折坂 誠,西島 浩二,+高多 佑佳,+熊谷 亜矢子,三屋 和子,河野 久美子,福野 直孝,細川 久美子,金嶋 光夫,紙谷 尚之,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2014年04月
  • 卵胞選択における高エストロゲン環境とIGFシステムの活性化はLH-莢膜細胞系が主導する
    服部 克成,折坂 誠,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • ART妊娠の周産期リスク
    玉村 千代,白藤 文,折坂 誠,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • 妊娠中に肝膿瘍による血球貧食症候群を引き起こし、救命できなかった一例
    清水 可奈子,飯藤 弘光,伊藤 太郎,冨士井 杏子,坂野 陽通,川村 裕士,玉村 千代,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,吉田 好雄
    第69回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年04月
  • LSCにおけるESBL産生大腸菌メッシュ感染に対しST合剤が著効した1例
    大沼 利通,白藤 文,知野 陽子,伊藤 太郎,飯藤 弘光,清水 可奈子,山田 しず佳,髙橋 望,川村 裕士,玉村 千代,津吉 秀昭,倉田 和巳,品川 明子,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第19回日本女性骨盤底医学会 2017年07月
  • 胞状卵胞がLH依存性を獲得するためにはLHが必要である
    服部 克成,折坂 誠,福田 真
    第62回日本生殖医学会学術講演会・総会 2017年11月
  • オウム病に罹患し、母体死亡に至った本邦初の症例
    清水 可奈子,坂野 陽通,川村 裕士,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,吉田 好雄
    第45回北陸産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 2017年06月
  • オウム病による国内初の妊産婦死亡例
    清水 可奈子,+吉村 芳修,坂野 陽通,川村 裕士,髙橋 仁,西島 浩二,折坂 誠,河原 和美,+柳原 格,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • APAMの長期経過観察中に悪性転化を疑い子宮摘出に至った若年者の一例
    新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,西村 俊哉,玉村 千代,大沼 利通,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第65回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2017年09月
  • 胞状卵胞がLH依存性を獲得するためにはLHが必要である
    折坂 誠,服部 克成,福田 真,田嶋 公久,吉田 好雄
    第5回FARM(Fukui Art and Reproductive Medicine)研究会 2017年05月
  • 抗癌剤抵抗性卵巣癌のカルシウム伝達とミトコンドリア動態に着目した治療戦略の開発
    津吉 秀昭,折坂 誠,吉田 好雄
    第4回中日本産婦人科セミナー 2017年07月
  • 不妊治療における子宮鏡下手術の役割
    山本 輝,折坂 誠,白藤 文,宮﨑 有美子,玉村 千代,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回中日本産婦人科セミナー 2017年07月
  • 広汎子宮頚部摘出術後に妊娠が成立した一例
    八代 憲司,田中 良明,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    福井県産婦人科医師連合第84回夏期臨床研修会 2017年08月
  • 胎盤肥厚に遺残胎盤を伴った1例
    西村 俊哉,髙橋 仁,新谷 万智子,田中 良明,八代 憲司,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第31回北陸周産期・新生児研究会 2017年10月
  • 子宮平滑筋腫の悪性転化と考えられる子宮平滑筋肉腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 中分化型セルトリ・ライディッヒ細胞腫の1例
    八代 憲司,新谷 万智子,田中 良明,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,川村 裕士,玉村 千代,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,西島 浩二,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄
    第4回EGOG CPiC meeting 2018年01月
  • 子宮底部横切開法後に妊娠成立し、計画的な周産期管理を行った一例
    田中 良明,西島 浩二,玉村 千代,八代 憲司,新谷 万智子,西村 俊哉,冨士井 杏子,山本 輝,宮﨑 有美子,山田 しず佳,白藤 文,川村 裕士,大沼 利通,倉田 和巳,津吉 秀昭,品川 明子,髙橋 仁,知野 陽子,折坂 誠,黒川 哲司,吉田 好雄,服部 克成,田嶋 公久
    福井県産婦人科医師連合第85回冬期臨床研修会 2018年02月

受託研究

  • 体外受精の着床率向上に向けた新規卵機能マーカーの確立 2006年度

受賞

  •  福井大学医学部 福井大学医学部 2013年度前期教員等による優秀論文賞2013年08月
  •  日本生殖内分泌学会・学術奨励賞2012年11月

科学研究費補助金

  • 生殖細胞の質をメンテナンスする:ミトコンドリア品質管理の観点より基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2015年度
  • 莢膜細胞/アンドロゲン系を制御する:ゴナドトロピン不応症の克服を目指して基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2014年度
  • 莢膜細胞/アンドロゲン系を制御する:ゴナドトロピン不応症の克服を目指して基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2013年度
  • 莢膜細胞/アンドロゲン系を制御する:ゴナドトロピン不応症の克服を目指して基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2012年度
  • GDF-9の卵胞内標的遺伝子解析に基づく卵子機能マーカーの確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2011年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2010年度
  • GDF-9の卵胞内標的遺伝子解析に基づく卵子機能マーカーの確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2010年度
  • GDF-9の卵胞内標的遺伝子解析に基づく卵子機能マーカーの確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2009年度
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討基盤研究(C)(一般)
    代表者:小辻 文和 2009年度
  • 体外受精の着床率向上に向けた卵子機能マーカーの確立を目指して基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2008年度
  • 体外受精の着床率向上に向けた卵子機能マーカーの確立を目指して基盤研究(C)(一般)
    代表者:折坂 誠 2007年度
  • 卵胞周囲への莢膜細胞出現メカニズムの研究若手研究(B)
    代表者:折坂 誠 2006年度
  • 卵-顆粒膜-莢膜細胞の相互作用による卵の成長・成熟機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:小辻 文和 2006年度
  • 卵胞周囲への莢膜細胞出現メカニズムの研究若手研究(B)
    代表者:折坂 誠 2005年度
  • 卵-顆粒膜-莢膜細胞の相互作用による卵の成長・成熟機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:小辻 文和 2005年度
  • “ゴナドトロピン”と“卵巣局所調節”のCross-Talkによる卵胞発育調節基盤研究(C)
    代表者:小辻 文和 2003年度
  • 母娘世代間妊孕性に関与するリスク因子の探求と妊孕性支援教育プログラムの構築基盤研究(C)
    代表者:上澤 悦子 2015年度
  • 卵巣予備能に影響する胎内環境要因の解明基盤研究(C)(一般)
    代表者:上澤 悦子 2016年度
  • 生殖細胞の質をメンテナンスする:ミトコンドリア品質管理の観点より基盤研究(C)
    代表者:折坂 誠 2016年度