里村 武範

所属部署名生物応用化学講座
教員組織生物応用化学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 19/07/25 09:25

研究者基本情報

氏名

    里村 武範
    サトムラ タケノリ
    SATOMURA Takenori

所属

  •  生物応用化学講座 准教授

学歴

  • - 2003年徳島大学 機能システム工学専攻
  • - 1998年徳島大学 工学部 生物工学科

学位

  • 博士(工学)

経歴

  • 2012年04月福井大学大学院 准教授
  • 2011年03月福井大学大学院 講師
  • 2010年01月- 2011年02月米子工業高等専門学校 准教授
  • 2007年04月- 2010年09月米子工業高等専門学校 助教
  • 2006年04月- 2007年03月米子工業高等専門学校 助手
  • 2005年04月- 2006年03月福山大学グリーンサイエンス研究センター 特別研究員
  • 2003年04月- 2005年04月日本学術振興会 (福山大学) 特別研究員(PD)

所属学協会

    極限環境生物学会 一般会員,日本ビタミン学会 一般会員,日本農芸化学会 一般会員,日本生物工学会 代議員,

研究活動情報

論文

  • Construction of a novel bioanode for amino acid powered fuel cells through an artificial enzyme cascade pathway.
    Satomura T, Horinaga K, Tanaka S, Takamura E, Sakamoto H, Sakuraba H, Ohshima T, Suye S
    Biotechnol. Lett 41 605-611 2019年05月 査読有り
  • Development of biofuel cell using a complex of highly oriented immobilized his-tagged enzyme and carbon nanotube surface through a pyrene derivative
    Sakamoto H, Koto A, Takamura EI, Asakawa H, Fukuma T, Satomura T, Suye S.
    J. Nanosci. Nanotechnol. 66 137-141 2019年06月 査読有り
  • Effect of multicopper oxidase orientation in mutiwalled carbon nanotube biocathods on direct electron transfer.
    Takamura E, Nakamura N, Sakamoto H, Satomura T, Sakuraba H, Ohshima T., Suye S.
    Biotechnol. Appl. Biochem. 66 137-141 2019年 査読有り
  • A L-proline/O2 biofuel cell using L-proline dehydrogenase (LPDH) from Aeropyrum pernix. Mol. Biol. Rep.
    A. Tonooka, T. Komatsu, S. Tanaka, H. Sakamoto, T. Satomura, SI. Suye
    Mol. Biol. Rep. 2018年08月 査読有り
  • Enzymological characteristics of a novel archaeal dye‑linked d‑lactate dehydrogenase showing loose binding of FAD
    T. Satomura, J. Hayashi, T. Ohshida, H. Sakuraba, T. Ohshima, SI. Suye
    Extremophiles 22 975-981 2018年11月 査読有り
  • D-Lactate electrochemical biosensor prepared by immobilization of thermostable dye-linked D-lactate dehydrogenase from Candidatus Caldiarchaeum subterraneum
    . Satomura, J. Hayashi, H. Sakamoto, T. Nunoura, Y. Takaki, K. Takai, H. Takami, T. Ohshima, H. Sakuraba, SI. Suye
    J Biosci Bioeng 126 425-430 2018年10月 査読有り
  • An Electrochemical DNA Sensing System Using Modified Nanoparticle Probes for Detecting Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus
    H. Sakamoto, Y. Amano, T. Satomura, S. Suye
    Methods Mol Biol. 1572 13-22 2017年03月 査読有り
  • FAD含有色素依存性新規アミノ酸脱水素酵素の機能解析と酵素機能電極用素子への応用
    里村 武範
    ビタミン 90 590-600 2016年12月 査読有り
  • Design of a multi-enzyme reaction on an electrode surface for an L-glutamate biofuel anode
    H. Sakamoto, T. Komatsu, K. Yamasaki, T. Satomura, SI. Suye
    Biotechnol. Lett. 39 235-240 2016年10月 査読有り
  • First characterization of extremely halophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase.
    T. Ohshida, J. Hayashi, T. Satomura, R. Kawakami, T. Ohshima, H. Sakuraba
    Protein Expr. Purif. 126 62-68 2016年04月 査読有り
  • Dye-linked D-amino acid dehydrogenase from the thermophilic bacterium Rhodothermus marinus JCM9785: characteristics and role in trans-4-hydroxy-L-proline catabolism
    T. Satomura, M. Ishikura, T. Koyanagi, H. Sakuraba, T. Ohshima, S. Suye
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 90 4265-4275 2015年05月 査読有り
  • A smart DNA sensing system for detecting methicillin-resistant Staphylococcus aureus using modified nanoparticle probes
    K. Watanabe, N. Kuwata, H. Sakamoto, Y. Amano, T. Satomura, S. Suye
    Biosens. Bioelectron. 67 419-423 2015年05月 査読有り
  • Efficient Direct Electron Transfer for a Highly Oriented PQQ-GDH Immobilized Electrode for Bioanode
    Koto, A., Taniya, S., Sakamoto, H., Satomura, T., Sakuraba, H., Ohshima, T., Suye, S.
    Journal of Biosensors and Bioelectronics 5(148) 2014年04月 査読有り
  • CcpA-Mediated Catabolite Activation of the Bacillus subtilis ilv-leu Operon and Its Negation by Either CodY- or TnrA-Mediated Negative Regulation
    Y. Fujita, T. Satomura, S. Tojo, K. Hirooka
    J Bacteriol. 196 3793-3806 2014年 査読有り
  • Hydrophilic-modified polyurethane nanofibre scaffolds for culture of hyperthermophiles
    P.Hughes, S.Fujita, T.Satomura, S.Suye
    Materials Letters 72 88-91 2012年01月 査読有り
  • L-Proline dehydrogenases in hyperthermophilic archaea: distribution, function, structure and application
    R. Kawakami, T. Satomura, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 93 83-93 2012年 査読有り
  • Gene expression and characterization of a third type of dye-linked L-proline dehydrogenase from the aerobic hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix
    T. Satomura, Y. Hara, S. Suye, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Biosci. Biotechnol. Biochem. In press 2012年 査読有り
  • Expression, purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of a galactose 1-phosphate uridylyltransferase from a hyperthermophilic archaeon, Pyrobaculum aerophilum
    T. Satomura, A. Hiraki, T. Kawai, R. Kawakami, T. Ohshima, H. Sakuraba
    Acta Crystallogr. Sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun. In press 2012年 査読有り
  • Crystal structure of novel dye-linked L-proline dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix
    H. Sakuraba, T. Satomura, R. Kawakami, K. Kim, Y. Hara, K. Yoneda, T. Ohshima
    J Biol Chem(287) 20070-20080 2012年 査読有り
  • フラビン含有色素依存性脱水素酵素の機能・構造解析とその応用
    里村 武範, 川上竜巳, 櫻庭春彦, 大島敏久
    バイオサイエンスとバイオインダストリー 70 340-345 2012年 査読無し
  • Catabolite repression of the Bacillus subtilis FadR regulon, which is involved in fatty acid catabolism
    S. Tojo, T. Satomura, H. Matsuoka, K. Hirooka, Y. Fujita
    J. Bacteriol. 193 2388-2395. 2011年 査読有り
  • Identification and Characterization of UDP-glucose Dehydrogenase from Hyperthermophilic Archaon, Pyrobaculum islandicum
    T. Satomura, K. Kusumi, T. Ohshima and H. Sakuraba
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 75 2049-2051. 2011年 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray analysis of a dye-linked d -lactate dehydrogenase from the aerobic hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix
    T. Shibahara, T. Satomura, R. Kawakami,T. Ohshima and H. Sakuraba
    Acta Crystallogr. Sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun. 67 1425-1427. 2011年 査読有り
  • Catalytic properties and crystal structure of quinoprotein aldose sugar dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum aerophilum
    H. Sakuraba, K. Yokono, K. Yoneda, A. Watanabe, Y. Asada, T. Satomura, T. Yabutani, J. Motonaka, T. Ohshima
    Arch. Biochem. Biophys. 502 81-88 2010年 査読有り
  • Characterization of a novel dye-linked L-proline dehydrogenase from an aerobic hyperthermophilic archaeon, Pyrobaculum calidifontis
    T. Satomura, X. Zhang, Y. Hara, K. Doi, H. Sakuraba, T. Ohshima
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 89 1075-1082 2010年 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray analysis of a novel dye-linked L-proline dehydrogenase from the aerobic hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix
    T. Satomura, H. Sakuraba, Y. Hara, T. Ohshima
    Acta Crystallogr. Sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun. 66 1508-1510. 2010年 査読有り
  • Novel gene regulation mediated by overproduction of secondary metabolite neotrehalosadiamine in Bacillus subtilis
    Takashi Inaoka, Takenori Satomura, Yasutaro Fujita and Kozo Ochi
    FEMS microbiology letters 291 151-156 2009年 査読有り
  • Structure of D-tagatose 3-epimerase-related protein from the hyperthermophilic bacterium Thermotoga maritima
    Haruhiko Sakuraba, Yoneda Kazunari, Takenori Satomura, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima
    Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun. 65 199-203 2009年 査読有り
  • An amperometric D-amino acid biosensor prepared with the a thermostable D-proline dehydrogenase and carbon nanotube-ionic liquid gel
    Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka
    Analytical Sciences 25 919-923 2009年 査読有り
  • A novel flavin adenine dinucleotide (FAD) containing D-lactate dehydrogenase from the Thermoacidophilic crenarchaeota Sulfolobus tokodaii strain 7: purification and characterization and expression in Escherichia coli
    Takenori Satomura, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, and Toshihisa Ohshima.
    Journal of Bioscience and Bioengineering 106 16-21 2008年 査読有り
  • The molecular mechanisms underlying the positive stringent response of the Bacillus subtilis ilv-leu operon involved in the biosynthesis of branched-chain amino acids
    Sigeo Tojo, Takenori Satomura, Kanako Kumamoto, Kazutake Hirooka, Yasutaro Fujita.
    Journal of Bacteriology 190 6134-6147 2008年 査読有り
  • 超好熱性アーケアのフラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能と構造、及び応用
    大島 敏久、櫻庭春彦、川上竜巳、里村 武範、津下英明
    日本応用酵素協会誌 43 33-44 2008年 査読有り
  • Elaborate transcription regulation of the Bacillus subtilis ilv-leu operon involved in the biosynthesis of branched-chain amino acids through global regulators of CcpA, CodY and TnrA
    S. Tojo, T. Satomura, K. Morisaki, J. Deutscher, K. Hirooka and Y. Fujita
    Molecular Microbiology 56 1560-1573 2005年 査読有り
  • Enhancement of glutamine utilization in Bacillus subtilis through the GlnK-GlnL two-component regulatory system
    T. Satomura, D. Shimura, K. Asai, Y. Sadaie, K. Hirooka, Y. Fujita
    Journal of Bacteriology 187 4813-4821 2005年 査読有り
  • Bacillus subtilis LmrA is a repressor for the lmrAB and yxaGH operons; Identification of its binding sites and functional analysis of lmrB and yxaGH
    K. Yoshida, Y. Ohki, M. Murata, M. Kinehara, H. Matuoka, T. Satomura, R. Ohki, M. Kumano, K. Yamane, and Y. Fujita
    Journal of Bacteriology 186 5640-5648 2004年 査読有り
  • Negative transcriptional regulation of the ilv-leu operon for biosynthesis of branched-chain amino acids through the Bacillus subtilis global regulator TnrA
    S. Tojo, T. Satomura, K. Morisaki, K. Yoshida, K. Hirooka and Y. Fujita
    Journal of Bacteriology 186 7971-7979 2004年 査読有り
  • 胞子形成菌の共食いによる生残り戦略
    里村 武範
    化学と生物 42 394-395 2004年 査読有り
  • 色素依存性アミノ酸脱水素酵素の新展開
    里村 武範、大島 敏久
    生物工学会誌 81 121 2003年 査読有り
  • L-Aspartate oxidase is present in the anaerobic hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3: characteristics and role in the de novo biosynthesis of nicotinamide adenine dinucreotide proposed by genome sequencing
    H. Sakuraba, T. Satomura, R. Kawakami, S. Yamamoto, Y. Kawarabayasi, H. Kikuchi, and T. Ohshima
    Extremophiles 6 275-281 2002年 査読有り
  • ADP-dependent glucokinase/phosphofruktokinase, a novel bifunctional enzyme from the hyperthermophilic archaeon Methanococcus janaschii
    H. Sakuraba, I. Yoshioka, S. Koga, M. Takahashi, Y. Kitahama, T. Satomura, R. Kawakami, and T. Ohshima
    The Journal of Biological Chemistry 277 12495-12498 2002年 査読有り
  • Dye-linked D-proline dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum islandicum is a novel FAD-dependent amino acid dehydrogenase
    T. Satomura, R. Kawakami, H. Sakuraba, and T. Ohshima
    The Journal of Biological Chemistry 277 12861-12867 2002年 査読有り
  • Purification, characterization, and application of a novel dye-linked L-proline dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon, Thermococcus profundus
    H. Sakuraba, Y. Takamatu, T. Satomura, R. Kawakami, and T. Ohshima
    Applied Environmental Microbiology 67 1470-1475 2001年 査読有り
  • Construction of a biocathode using the multicopper oxidase from the hyperthermophilic archaeon, Pyrobaculum aerophilum: towards a long-life biobattery
    Sakamoto, Hiroaki;Uchii, Toshiki;Yamaguchi, Kayo;Koto, Ayako;Takamura, Ei-ichiro;Satomura, Takenori;Sakuraba, Haruhiko;Ohshima, Toshihisa;Suye, Shin-ichiro
    BIOTECHNOLOGY LETTERS 37(7) 1399-1404 2015年 査読有り
  • Dye-linked D-amino acid dehydrogenases: biochemical characteristics and applications in biotechnology.
    T. Satomura, H. Sakuraba, S. Suye, T. Ohshima
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 99 9337-9947 2015年11月 査読有り
  • Regulation of the rhaEWRBMA operon involved in L-rhamnose catabolism through two transcriptional factors, RhaR and CcpA, in Bacillus subtilis.
    K. Hirooka, Y. Kodoi, T. Satomura, Y. Fujita
    J. Bacteriol. 198 830-845 2015年12月 査読有り
  • バイオ電池構築を目指した高性能バイオデバイスと生体触媒の創製
    末 信一朗;坂元 博昭;里村 武範
    繊維学会誌 72(4) P-209-P-210 2016年
  • Construction of biointerface on a carbon nanotube surface for efficient electron transfer
    Y. Amano, A. Koto, S. Matsuzaki, H. Sakamoto, T. Satomura and S. Suye
    Matt. Let 174 184-187 2016年 査読有り
  • A bienzyme electrochemical biosensor for the detection of collagen L-hydroxyproline
    H. Sakamoto, K. Watanabe, A. Koto, G. Koizumi, T. Satomura, S. Watanabe, S. Suye
    Sens. Biosensing, Res. 4 37-39 2015年 査読有り

著書

  • アーキアの生物学 8章1節産業用酵素
    分担執筆
     2017年10月
  • 「バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発」
    里村 武範, 大島敏久
    編集
    第3章2節 安定性の高い超好熱菌由来色素依存性脱水素酵素を用いたバイオセンサの開発
    技術情報協会 2014年04月

講演・口頭発表等

  • バイオ電池電極への酵素固定化のためのカーボンナノチューブ結合ペプチドの応用
    渡辺好一,殿岡愛菜,坂元博昭,里村武範,櫻庭春彦,大島敏久,末信一朗
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月
  • 電極-酵素界面における異種間電子移動の距離依存性解析
    鈴木治人,中村卓登,高村映一郎,坂元博昭,里村武範,櫻庭春彦,大島敏久,末信一朗
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月
  • 高電圧バイオ電池構築のための酸化還元電位シフトを目指した超好熱性アーキア由来マルチ銅オキシダーゼの遺伝子改変
    高村映一郎,坂元博昭,里村武範,櫻庭春彦,大島敏久,末信一朗
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月
  • バイオ電池への応用を目指した好熱菌酵素を用いたバイオアノードの構築
    里村武範,田中志乃,坂元博昭,櫻庭春彦,大島敏久,末信一朗
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月
  • Pyrobaculum aerophilum 由来変異型マルチ銅オキシダーゼの酵素化学的性質の解析
    平野達成,稲垣康平,里村武範,櫻庭春彦,大島敏久,末信一朗
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月
  • 超好熱アーキア由来FAD依存性L-プロリン脱水素酵素の構造解析
    大志田達也,冨家英嗣,川上竜巳,里村武範,米田一成,大島敏久,櫻庭春彦
    日本農芸化学会2018年度大会 2018年03月 選考無し
  • 好熱菌由来酸化還元酵素を用いたアミノ酸を燃料とするバイオ電池用アノードの構築
    田中志乃、里村武範、坂元博昭、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第69回日本生物工学会大会 2017年09月 選考無し
  • バイオ電池構築のためのバイオデバイスを目指したカーボンナノチューブ結合ペプチドによる酵素の配向固定化
    殿岡愛菜、坂元博昭、里村武範、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第69回日本生物工学会大会 2017年09月 選考無し
  • 酵素分子密度制御によるバイオ電池用高性能バイオデバイスの構築
    末信一朗、大西拓、坂元博昭、里村武範、櫻庭春彦、大島敏久
     2017年09月 選考無し
  • 好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaiiに存在する新規な色素依存性D-乳酸脱水素酵素の解析
    角間真人、里村武範、黒沢則夫、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
     2017年09月 選考無し
  • 好熱性アーキアに存在する色素依存性L-乳酸脱水素酵素複合体の機能解析
    里村武範、宇野紘平、角間真人、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
     2017年09月 選考無し
  • アミノ酸を燃料とするバイオ電池のための多段階酸化反応系を有するバイオアノードの構築
    小松丈紘、山崎晃司、坂元博昭、里村武範、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第69回日本生物工学会大会 2017年09月 選考無し
  • 高電圧バイオ電池構築のための酸化還元電位シフトを目指した超好熱性アーキア由来マルチ銅オキシターゼの遺伝子改変
    高村映一郎、坂元博昭、里村武範、末信一朗
    第69回日本生物工学会大会 2017年09月 選考無し
  • Dye-linked D-amino acid dehydrogenase: physiological function and applications in biotechnology
    Takenori Satomura
    Advanced Engineering Platform and School of Engineering 2015年09月 選考無し Monash university
  • A Second dye-linked D-lactate dehydrogenase is present in thermoacidophilic archaeon, Sulfolobus tokodaii.
    T. Satomura, N. Kurosawa, H. Sakuraba, T. Ohshima, S. Suye
    Extremophiles2016 2016年09月 選考無し
  • バイオ電池構築のための超好熱性古細菌Pyrobaculum aerophilum由来multicopper oxidaseを用いたバイオカソード
    末 信一朗、内井 俊貴、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し
  • 好熱性細菌 Rhodothermus marinus由来色素依存性D-フェニルアラニン脱水素酵素の性質の解明と基質特異性の解析
    廣田 湧也、石倉 優、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月
  • L-ヒドロキシプロリンのバイオセンシングシステムの構築
    小泉 岳、渡邊 和也、坂元 博昭、渡辺 誠也、里村 武範、末 信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し
  • プローブ修飾ナノ粒子を用いたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の電気化学的DNAバイオセンシング
    渡邊 和也、桑田 典明、里村 武範、坂元 博昭、末 信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し
  • タンパク質バイオマスを原料とした酵素燃料電池用素子の開発
    里村 武範、川上 竜巳、坂元 博昭、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し
  • 高度好塩菌Haloarcula japonica由来2-デオキシリボース5-リン酸アルドラーゼに関する研究
    大志田 達也、林 順司、里村 武範、川上 竜巳、大島 敏久、櫻庭 春彦
     2017年03月 選考無し
  • バイオ電池への応用を目的としたデバイス上へのマルチエンザイムシステムの構築
    小松 丈紘、山場サ 晃司、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2017年度大会 2017年03月 選考無し
  • 超好熱菌由来酵素を用いたL-プロリンを基質とする燃料電池の構築
    殿岡 愛菜、田中 志乃、小松 丈紘、山崎 晃司、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
     2017年03月 選考無し
  • 好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaiiに存在する2種類の色素依存性D-乳酸脱水素酵素の機能解析
    里村 武範、角間 真人、黒沢 則夫、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
     2017年03月 選考無し
  • 超好熱アーキアPyrobaculum aerophilum由来変異型マルチ銅オキシダーゼの機能解析
    稲垣 康平、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2017年度大会 2017年03月 選考無し
  • 好熱性アーキアSulfolobus acidocaldariusを用いたアーキア由来タンパク質発現系の構築
    小栗 隆寛、前田 英利、里村 武載、鈴木 匠爾、黒沢 則夫、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • 好熱性アーキア由来色素依存性D-乳酸脱水素酵素を用いたD-乳酸バイオセンサの開発
    里村 武範、大柳 佑太、布浦 拓郎、高木 善弘、高見 英人、高井 研、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • 超好熱菌Pyrobaculum islandicum由来グルタミン酸脱水素酵素を用いたバイオアノードの電極表面解析
    小松 丈紘、山崎 晃司、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • プローブ修飾ナノ粒子を用いたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の電気化学的 DNA バイオセンシング
    中村 卓登、澤井 崇行、渡邊 和也、坂本 博昭、吉見 泰治、里村 武範、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • 超好熱菌Pyrobaculum aerophilum由来のグルコース脱水素酵素を用いたバイオアノードの構築
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月
  • バイオ電池のための超好熱性アーキアPyrobaculum aerophilum由来マルチ銅オキシダーゼを用いたバイオカソードの構築
    高村 映一郎、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • バイオ燃料電池のための好熱菌由来酵素を用いたアミノ酸人工代謝経路の構築
    田中 志乃、里村 武範、坂元 博昭、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 選考無し
  • 超好熱菌Pyrobaculum calidifontis 由来Coenzyme A disulfide reductaseの機能解析
    里村 武範、田邊 瑞季、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2015年度大会 2015年03月 選考無し
  • FAD定量バイオセンサ用素子としての色素依存性D-乳酸脱水素酵素の機能評価
    前田 英利、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2015年度大会 2015年03月 選考無し
  • バイオ燃料電池のための超好熱性アーキアPyrobaculum aerophilum由来マルチ銅オキシダーゼを用いたバイオカソードの構築
    高村 映一郎、内井 俊貴、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2015年度大会 2015年03月 選考無し
  • 超好熱菌Pyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素と高分子化補酵素を用いたバイオアノードの構築
    山崎 晃司、坂元 博昭、里村 武範、櫻庭 春彦、大島 敏久、末 信一朗
    日本農芸化学会2015年度大会 2015年03月 選考無し
  • バイオ電池のための超好熱菌Pyrobaculum aerophilum由来マルチ銅オキシターゼを用いたバイオカソードの構築
    高村映一郎、内井俊貴、坂元博昭、里村武範、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第67回日本生物工学会 2015年10月 選考無し
  • 超好熱菌Pyrobaculum islandicum 由来のグルタミン酸脱水素酵素の高分子化補酵素を用いたバイオアノードの構築
    山崎晃司、坂元博昭、里村武範、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第67回日本生物工学会 2015年10月 選考無し
  • プローブナノ粒子を用いたDNAセンシングシステム
    末信一朗、澤井崇行、坂元博昭、里村武範、天谷諭
     2015年10月 選考無し
  • 超好熱菌由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素の基質特異性におけるC末端アミノ酸の役割
    里村武範、松田隼己、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第67回日本生物工学会 2015年10月 選考無し
  • プローブ修飾ナノ粒子を用いたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の電気化学的DNAバイオセンシング
    渡邊和也、桑田典明、里村武範、坂元博昭、末信一朗
    第66回日本生物工学会 2014年09月 選考無し
  • 超好熱性古細菌由来PQQ依存性グルコース脱水素酵素高配向固定バイオデバイスの構築とバイオ電池の構成
    向當綾子、高村映一郎、内井俊貴、坂元博昭、里村武範、末信一朗
    第66回日本生物工学会 2014年09月 選考無し
  • 好熱菌由来色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素はL-ヒドロキシプロリン代謝に関与する
    里村武範、石倉優、小柳隆史、櫻庭春彦、大島敏久、末信一朗
    第66回日本生物工学会 2014年09月 選考無し
  • バイオ燃料電池のためのPyrobaculum aerophilum由来PQQ依存型グルコース脱水素酵素配向固定化によるバイオアノードの構築
    向當 綾子, 坂元 博昭, 里村 武範, 末信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • バイオ電池構築のための超好熱性古細菌Pyrobaculum aerophilum由来multicopper oxidaseを用いたバイオカソード
    末信一朗, 内井 俊貴, 坂元 博昭, 里村 武範, 櫻庭 春彦, 大島 敏久
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 好熱性細菌 Rhodothermus marinus由来色素依存性D-フェニルアラニン脱水素酵素の性質の解明と基質特異性の解析
    廣田 湧也, 石倉 優, 里村 武範, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 末信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • L-ヒドロキシプロリンのバイオセンシングシステムの構築
    小泉 岳, 渡邊 和也, 坂元 博昭, 渡辺 誠也, 里村 武範, 末信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • プローブ修飾ナノ粒子を用いたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の電気化学的DNAバイオセンシング
    渡邊 和也, 桑田 典明, 坂元 博昭, 里村 武範, 末信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • タンパク質バイオマスを原料とした酵素燃料電池用素子の開発
    里村 武範, 川上 竜巳, 坂元 博昭, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 末信一朗
    日本農芸化学会2014年度大会 2014年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 酸素プラズマ処理により改質したポリマー表面への 細菌の接着特性の解析
    木村 友香, 里村 武範, 末 信一朗, 藤田 聡
    平成25年度繊維学会秋季研究発表会 2013年09月 選考無し 一般社団法人 繊維学会
  • Rhodothermus marinus由来色素依存性D-フェニルアラニン脱水素酵素の特性と生理機能の解析
    里村 武範, 石倉優, 小柳峰史, 廣田湧也, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    第65回日本生物工学会大会 2013年09月 選考無し 日本生物工学会
  • 超好熱古細菌Pyrobaculum aerophilum 由来PQQ依存型 glucose dehydrogenaseを高配向固定されたバイオアノード電極の特性評価
    向當綾子, 谷屋早紀, 坂元博昭, 里村 武範, 末信一朗
    第65回日本生物工学会大会 2013年09月 選考無し 日本生物工学会
  • プローブ修飾ナノパーティクルを用いた有害微生物の高感度バイオセンシングシステム
    渡邊和也, 桑田典明, 坂元博昭, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    第65回日本生物工学会大会 2013年09月 選考無し 日本生物工学会
  • 好熱菌由来色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の機能と電気化学的バイオセンサーへの応用
    里村 武範
    生研センタープロジェクト「D-アミノ酸に注目した食品機能開発」公開シンポジウム 2013年03月 選考無し 大島敏久
  • 耐熱性色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の探索と機能解析
    石倉優, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 好熱性細菌Rhodothermus marinas由来プロリンラセマーゼホモログの機能解析
    小柳峰史, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • Stenotrophomonas maltophilia No. 43株由来アルギン酸リアーゼの諸性質の検討及びそのクローニング
    石井理沙, 梅村源, 里村 武範, 末信一朗
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 超好熱性アーキアPyrobaculum aerophilium由来multicopper oxidaseを用いたバイオカソード電極の構築
    内井俊貴, 山口かよ, 坂元博昭, 里村 武範, 末信一朗
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 超好熱アーキアに存在する色素依存性D-乳酸脱水素酵素の機能解析
    里村 武範, 金子 祥, 大井 愛実, 布浦 拓郎, 高木 善弘, 高見 英人, 高井 研, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • 種々のポリマー表面に対する微生物の接着特性
    木村 友香, 里村 武範, 末 信一朗, 藤田 聡
    第1回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会 2012年12月 選考無し 0
  • Functional and structural characterization of Dye-linked L-proline dehydrogenase from hyperthermophiles
    里村 武範, 川上竜巳, 末信一朗, 櫻庭春彦, 大島敏久
    9th INTERNATIONAL CONGRESS ON EXTREMOPHILES 2012年09月 選考有り International Society of Extremophile
  • 超好熱菌ゲノムからの新規酵素の探索
    里村 武範, 石倉優, 末信一朗
    繊維学会秋季研究発表会 2012年09月 選考無し 繊維学会
  • 耐熱性アミノ酸ラセマーゼの探索と機能解析
    小柳峰史, 里村 武範, 末信一朗
    繊維学会秋季研究発表会 2012年09月 選考無し 繊維学会
  • ゲノム情報からの耐熱性色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の探索と機能解析
    石倉優, 里村 武範, 末信一朗
    繊維学会秋季研究発表会 2012年09月 選考無し 繊維学会
  • Stenotrophomonas maltphilia No.43株由来アルギン酸リアーゼの一次構造の解析と大量発現系の構築
    石井理沙, 梅村源, 里村 武範, 末信一朗
    繊維学会秋季研究発表会 2012年09月 選考無し 繊維学会
  • 超好熱性古細菌Pyrobaculum aerophilum由来multicopper oxidaseを用いたバイオカソード電極の特性と評価
    内井俊貴, 山口かよ, 坂元博昭, 里村 武範, 末信一朗
    繊維学会秋季研究発表会 2012年09月 選考無し 繊維学会
  • 好気性超好熱アーキアAeropyrum pernix由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素の構造解析
    里村 武範, 川上竜巳, 末信一朗, 櫻庭春彦, 大島敏久
    日本農芸化学会2012年度大会 2012年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • ゾルゲル光導波路を用いた有機リン化合物の検出
    谷屋早紀, 土屋 圭司, 里村 武範, 中根 幸治, 黒田 浩一, 植田 充美, Ashok Mulchandani, 榎波 康文, 末信一朗
    日本農芸化学会2012年度大会 2012年03月 選考無し 日本農芸化学会
  • ゲノム情報を元にした耐熱性色素依存性脱水素酵素の探索と機能解析
    石倉優, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    第64回日本生物工学会大会 2012年01月 選考無し 日本生物工学会
  • 超好熱アーキアThermoproteus tenax 由来D-乳酸脱水素酵素の機能解析
    大井愛実, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    第64回日本生物工学会大会 2012年01月 選考無し 日本生物工学会
  • 超好熱性古細菌Pyrobaculum aerophilummulticopper oxidase を用いたバイオカソード電極の特性と評価
    内井俊貴, 山口かよ, 坂元博昭, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 末信一朗
    第64回日本生物工学会大会 2012年01月 選考無し 日本生物工学会
  • 超好熱菌の固相培養を可能とする足場材料としてのナノファイバー
    藤田 聡, Peter Hughes, 里村 武範, 末 信一朗
    第60回高分子学会北陸支部研究発表会 2011年11月 選考無し 0
  • カーボンナノチューブ及び耐熱性L-プロリン脱水素酵素を用いた交互積層電極によるバイオセンシングシステム
    桑田典明, 鄭海涛, 里村 武範, 櫻庭春彦, 大島敏久, 高城啓一, 末信一朗
    第63回日本生物工学会大会 2011年09月 選考無し 日本生物工学会

受託研究

  • 電気化学的バイオセンサによる乳酸光学異純度の検出システムの開発 2013年度

受賞

  •  公益財団法人 日本ビタミン学会 日本ビタミン学会奨励賞 FAD含有色素依存性新規アミノ酸脱水素酵素の機能解析と応用2016年06月

科学研究費補助金

  • 好熱性アーキア由来新規色素依存性L-乳酸脱水素酵素複合体の機能解析と応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:里村 武範 2019年度
  • 好熱性アーキア由来新規色素依存性L-乳酸脱水素酵素複合体の機能解析と応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:里村 武範 2018年度
  • 好熱性アーキア由来新規色素依存性L-乳酸脱水素酵素複合体の機能解析と応用基盤研究(C)(一般)
    代表者:里村 武範 2017年度
  • 新規色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の応用利用に向けた機能開発若手研究(B)
    代表者:里村 武範 2015年度
  • 新規色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の応用利用に向けた機能開発若手研究(B)
    代表者:里村 武範 2014年度
  • 新規色素依存性D-アミノ酸脱水素酵素の応用利用に向けた機能開発若手研究(B)
    代表者:里村 武範 2013年度
  • 新規構造をもつ色素依存性プロリン脱水素酵素の構造と機能解析若手研究(B)
    代表者:里村 武範 2012年度
  • 新規構造をもつ色素依存性プロリン脱水素酵素の構造と機能解析若手研究(B)
    代表者:里村 武範 2011年度

教育活動情報

担当授業

  • バイオの世界
  • 大学教育入門セミナー
  • 生物化学Ⅱ
  • 生物情報科学
  • 生物応用化学実験Ⅰ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 生命機能工学特論
  • 生命機能工学ゼミナールⅠ
  • 生命機能工学ゼミナールⅡ