竹内 健司

所属部署名病因病態医学講座 ゲノム科学・微生物学
教員組織病因病態医学講座
教育研究組織医学部医学科
職名助教
更新日: 19/07/23 18:45

研究者基本情報

氏名

    竹内 健司
    タケウチ ケンジ
    TAKEUCHI Kenji

基本情報

所属

  •  病因病態医学講座 ゲノム科学・微生物学 助教

学歴

  • - 1989年03月京都大学
  • - 1984年03月京都大学 製薬化学科

学位

  • 修士(薬学)
  • 博士(医学)

経歴

  • 2013年04月福井県立大学 非常勤講師(兼任)
  • 2012年04月- 2012年09月福井県立大学・海洋生物資源学部 非常勤講師(兼任)
  • 2011年04月- 2011年09月福井県立大学・海洋生物資源学部 非常勤講師(兼任)
  • 2010年04月- 2010年09月福井県立大学・海洋生物資源学部 非常勤講師(兼任)
  • 2006年04月- 2008年03月福井県歯科医師会立歯科専門学校・歯科衛生士科 非常勤講師(兼任)
  • 1998年04月- 1998年09月福井県立大学・看護短期大学部 非常勤講師(兼任)
  • 1997年04月- 1997年09月福井県立大学・看護短期大学部 非常勤講師(兼任)
  • 1991年04月福井医科大学(現福井大学)・医学部 助手(1991.04-2007.03)、助教(2007.04-)、学内講師(2012.02-)
  • 1989年04月- 1991年03月財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 流動研究員

所属学協会

    日本分子生物学会 一般会員,日本ウイルス学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Dectin-1-mediated Signaling Leads to Characteristic Gene Expressions and Cytokine Secretion via Spleen Tyrosine Kinase (Syk) in Rat Mast Cells
    Y.Kimura, K.Chihara, C.Honjoh, K.Takeuchi, S.Yamauchi, H.Yoshiki, S.Fujieda, K.Sada
    J. Biol. Chem. 289(45) 31565-31575 2014年09月 査読有り
  • 最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-Ⅷ.関節リウマチの治療 最新開発治療薬Syk阻害薬
    本定 千知, 千原 一泰, 木村 幸弘, 竹内 健司, 定 清直
    日本臨牀 72(3) 521-524 2014年04月 査読有り
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 is indispensable for the interaction with Vav3 in chicken DT40 cells
    K.Chihara, Y.Kimura, C.Honjoh, S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Sada
    Exp. Cell Res. 322(1) 99-107 2014年03月 査読有り
  • Syk
    千原 一泰, 本定 千知, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 定 清直
    分子リウマチ治療 7(4) 42164 2014年01月 査読無し
  • チロシンキナーゼSykの生理機能とその阻害薬 分子標的治療からみた病態へのアプローチ
    千原 一泰, 木村 幸弘, 竹内 健司, 定 清直
    日本臨床免疫学会会誌 36(4) 197-202 2013年08月 査読無し
  • 関節リウマチ ケアからキュアを目指した治療:Syk 阻害薬
    木村 幸弘, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    日本臨牀 71(7) 1248-1252 2013年07月 査読無し
  • Spleen tyrosine kinase (Syk)の生理的役割とその阻害薬の作用
    千原一泰, 中島謙治, 竹内健司, 定清直
    リウマチ科 47(6) 694-699 2012年06月 査読無し
  • 次世代低分子化合物:Syk 阻害薬
    中島 謙治, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    最新医学 67(2) 101-106 2012年02月 査読無し
  • HCV NS5A protein containing potential liands for both Src homology 2 and 3 domains enhances autophosphorylation of Src family kinase Fyn in B cells
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, T.Horiguchi, X.Sun, L.Deng, I.Shoji, H.Hotta, K.Sada
    PLoS One 7(10) e46634 2012年01月 査読有り
  • Association of 3BP2 with SHP-1 regulates SHP-1-mediated production of TNF-α in RBL-2H3 cells
    K.Chihara, K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Sada
    Genes Cells 16(12) 1133-1145 2011年12月 査読有り
  • Inhibition of hepatitis C virus replication through adenosine monophosphate-activated protein kinase-dependent and -independent pathways
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, H.Hotta, K.Sada
    Microbiol Immunol 55(11) 774-782 2011年11月 査読有り
  • Enhancement of B-cell receptor signaling by a point mutation of adaptor protein 3BP2 identified in human inherited disease cherubism
    K. Ogi, K. Nakashima, K. Chihara, K. Takeuchi, T. Horiguchi, S. Fujieda, K. Sada
    Genes Cells 16(9) 951-960 2011年09月 査読有り
  • A tryptophan-rich motif in the human parainfluenza virus type 2 V protein is critical for the blockade of toll-like receptor 7 (TLR7)- and TLR9-dependent signaling
    Y.Kitagawa, M.Yamaguchi, M.Zhou, T.Komatsu, M.Nishio, T.Sugiyama, K.Takeuchi, M.Itoh, B.Gotoh
    J Virol 85(9) 4606-4611 2011年05月 査読有り
  • Human metapneumovirus M2-2 protein inhibits viral transcription and replication
    Y.Kitagawa, M.Zhou, M.Yamaguchi, T.Komatsu, K.Takeuchi, M.Itoh, B.Gotoh
    Microbes Infect 12(2) 135-145 2010年02月 査読有り
  • Sendai virus C protein plays a role in restricting PKR activation by limiting the generation of intracellular double-stranded RNA
    K.Takeuchi, T.Komatsu, Y.Kitagawa, K.Sada, B.Gotoh
    J Virol 82(20) 10102-10110 2008年01月 査読有り
  • Bovine parainfluenza virus type 3 accessory proteins that suppress beta interferon production
    T.Komatsu, K.Takeuchi, B.Gotoh
    Microbes Infect. 9(8) 954-962 2007年07月 査読有り
  • 形質細胞様樹状細胞の活性化とその制御機構の解析
    伊保 澄子, 高塚 尚和, 竹内 健司, 小松 孝行
    福井大学重点研究成果集2007 70-71 2007年03月 査読無し
  • 免疫刺激オリゴDNApalGACGA0901のアレルギー治療への応用
    伊保 澄子, 高塚 尚和, 北川 治和, 堀口 里美, 村田 恵理, 大澤 陽子, 竹内 健司, 山本 三郎
    福井大学重点研究成果集2007 154-155 2007年03月 査読無し
  • ウイルスによるインターフェロン誘導の抑制 IRF-3の活性化を抑制するウイルス
    後藤敏, 小松孝行, 竹内健司
    蛋白質 核酸 酵素 49(4) 511-516 2004年03月 査読無し
  • Inhibition of the gamma interferon response by a Sendai virus C protein mutant with no STAT1-binding ability
    B Gotoh, K Takeuchi, T Komatsu
    FEBS Letters 567 291-296 2004年 査読有り
  • C and V proteins of Sendai virus target signaling pathways leading to IRF-3 activation for the negative regulation of interferon-b production
    T Komatsu, K Takeuchi, J Yokoo, B Gotoh
    Virology 325 137-148 2004年 査読有り
  • The C-terminal half-fragment of the Sendai virus C protein prevents the gamma-activated factor from binding to a gamma-activated sequence site
    B Gotoh, T Komatsu, K akeuchi, J Yokoo
    Virology 316(1) 29-40 2003年11月 査読有り
  • The STAT2 activation process is a crucial target of Sendai virus C protein for the blockade of alpha interferon signaling
    B Gotoh, K Takeuchi, T Komatsu, J Yokoo
    Journal of Virology 77(6) 3360-3370 2003年03月 査読有り
  • Paramyxovirus strategies for evading the interferon response
    B Gotoh, T Komatsu, K Takeuchi, Yokoo J
    Rev Med Virol 12(6) 337-57 2002年11月 査読有り
  • Sendai virus C protein impairs both phosphorylation and dephosphorylation processes of Stat1
    T Komatsu, K Takeuchi, J Yokoo, B Gotoh
    FEBS Lett 511(42007) 139-144 2002年01月 査読有り
  • Paramyxovirus accessory proteins as interferon antagonists
    B.Gotoh, T.Komatsu, K.Takeuchi, J.Yokoo
    Microbiol Immunol 45(12) 787-800 2001年12月 査読有り
  • Sendai virus C protein physically associates with Stat1
    K Takeuchi, T Komatsu, Gotoh B
    Genes Cells 42161(6) 545-557 2001年06月 査読有り
  • Sendai virus blocks alpha interferon signaling to signal transducers and activators of transcription
    T.Komatsu, K.Takeuchi, J.Yokoo, Y.Tanaka, B.Gotoh
    J.Virol 74(5) 2477-2480 2000年03月 査読有り
  • Kockout of the Sendai virus C gene eliminates the viral ability to prevent the interferon-alpha/beta-mediated resposes
    B Gotoh, K Takeuchi, T Komatsu, J Yokoo, Y Kimura
    FEBS Lett. 459(2) 205-210 1999年01月 査読有り
  • Dectin-1-mediated Signaling Leads to Characteristic Gene Expressions and Cytokine Secretion via Spleen Tyrosine Kinase (Syk) in Rat Mast Cells
    Kimura, Yukihiro;Chihara, Kazuyasu;Oh, Chisato Honj;Takeuchi, Kenji;Yamauchi, Shota;Yoshiki, Hatsumi;Fujieda, Shigeharu;Sada, Kiyonao
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 289(45) 31565-31575 2014年
  • Tyrosine phosphorylation of 3BP2 is indispensable for the interaction with VAV3 in chicken DT40 cells
    Chihara, Kazuyasu;Kimura, Yukihiro;Honjoh, Chisato;Yamauchi, Shota;Takeuchi, Kenji;Sada, Kiyonao
    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 322(1) 99-107 2014年
  • Dectin-1-mediated signaling leads to characteristic gene expressions and cytokine secretion via spleen tyrosine kinase (Syk) in rat mast cells.
    Kimura Yukihiro;Chihara Kazuyasu;Honjoh Chisato;Takeuchi Kenji;Yamauchi Shota;Yoshiki Hatsumi;Fujieda Shigeharu;Sada Kiyonao
    J Biol Chem 289(45) 31565-31575 2014年
    :Dectin-1 recognizes β-glucan and plays important roles for the antifungal immunity through the activation of spleen tyrosine kinase (Syk) in dendritic cells or macrophages. Recently, expression of Dectin-1 was also identified in human and mouse mast cells, although its physiological roles were largely unknown. In this report, rat mast cell line RBL-2H3 was analyzed to investigate the molecular mechanism of Dectin-1-mediated activation and responses of mast cells. Treatment of cells with Dectin-1-specific agonist curdlan induced tyrosine phosphorylation of cellular proteins and the interaction of Dectin-1 with the Src homology 2 domain of Syk. These responses depended on tyrosine phosphorylation of the hemi-immunoreceptor tyrosine-based activation motif in the cytoplasmic tail of Dectin-1, whereas they were independent of the γ-subunit of high-affinity IgE receptor. DNA microarray and real-time PCR analyses showed that Dectin-1-mediated signaling stimulated gene expression of transcription factor Nfkbiz and inflammatory cytokines, such as monocyte chemoattractant protein-1, IL-3, IL-4, IL-13, and tumor necrosis factor (TNF)-α. The response was abrogated by pretreatment with Syk inhibitor R406. These results suggest that Syk is critical for Dectin-1-mediated activation of mast cells, although the signaling differs from that triggered by FcϵRI activation. In addition, these gene expressions induced by curdlan stimulation were specifically observed in mast cells, suggesting that Dectin-1-mediated signaling of mast cells offers new insight into the antifungal immunity.
  • STAT1 is essential for the inhibition of hepatitis C virus replication by interferon-λ but not by interferon-α.
    S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Chihara, C.Honjoh, Y.Kato, H.Yoshiki, H.Hotta, K.Sada
    Sci Rep 6 38336 2016年12月 査読有り
    S.Yamauchi
  • Hepatitis C virus particle assembly involves phosphorylation of NS5A by the c-Abl tyrosine kinase
    S.Yamauchi, K.Takeuchi, K.Chihara, X.Sun, C.Honjoh, H.Yoshiki, H.Hotta, K.Sada
    J Biol Chem 290(36) 21857-21864 2015年09月 査読有り
    S.Yamauchi
  • Development of a Multiplex Real-Time PCR Assay for Detection of Human Enteric Viruses Other Than Norovirus Using Samples Collected from Gastroenteritis Patients in Fukui Prefecture, Japan.
    K.Kowada, K.Takeuchi, E.Hirano, M.Toho, K.Sada
    J Med Virol 90(1) 67-75 2018年01月 査読有り
    K.Kowada
  • Syk-dependent tyrosine phosphorylation of 3BP2 is required for FcRγ-mediated phagocytosis and chemokine expression in U937 cells.
    K.Chihara, Y.Kato, H.Yoshiki, K.Takeuchi, S.Fujieda, K.Sada
    Sci Rep 7(1) 11480 2017年 査読有り
    K.Sada
  • Association of C-type lectin Mincle with FcεRIβγ subunits leads to functional activation of rat mast cells through Syk protein tyrosine kinase.
    C.Honjoh, K.Chihara, H.Yoshiki, S.Yamauchi, K.Takeuchi, Y.Kato, Y.Hida, T.Ishizuka, K.Sada
    Sci Rep 7 46064-46064 2017年04月 査読有り
    K.Chihara
  • C型レクチンによるマスト細胞の活性化メカニズム
    千原 一泰, 本定 千知, 木村 幸弘, 竹内 健司, 藤枝 重治, 石塚 全, 定 清直
    臨床免疫・アレルギー科 69((3)) 271-276 2018年03月 査読無し

著書

  • 蛋白質 核酸 酵素
    後藤 敏, 小松 孝行, 竹内 健司
    編集
    共立出版株式会社 2004年03月
  • 最新医学、67巻
    中島 謙治, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    編集
    次世代低分子化合物:Syk阻害薬
    最新医学社 2012年02月

講演・口頭発表等

  • マスト細胞におけるDectin-1の機能解析:真菌感染防御におけるマスト細胞の新たな役割
    千原 一泰, 木村 幸弘, 本定 千知, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第32回大会 2014年05月 選考無し 0
  • ニワトリDT40細胞におけるアダプター蛋白質3BP2のチロシンリン酸化とVav3との会合メカニズム
    千原 一泰, 木村 幸弘, 本定 千知, 竹内 健司, 定 清直
    第36回日本分子生物学会年会 2013年12月 選考有り 0
  • C型レクチンDectin-1を介するマスト細胞の活性化機構
    木村 幸弘, 千原 一泰, 竹内 健司, 本定 千和, 藤枝 重治, 定 清直
    第36回日本分子生物学会年会 2013年12月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルス非構造蛋白質NS5AにおけるFyn-SH2ドメインとの結合に重要なチロシン残基同定の試み
    竹内 健司, 孫 雪東, 千原 一泰, Deng Lin, 勝二 郁夫, 堀田 博, 定 清直
    第61回日本ウイルス学会学術集会 2013年11月 選考有り 0
  • 一酸化窒素産生抑制におけるセンダイウイルスC蛋白質の役割
    小松 孝行, Odkhuu Erdenezaya, 竹内 健司, 小出 直樹, 横地 高志, 後藤 敏
    第61回日本ウイルス学会学術集会 2013年11月 選考有り 0
  • マスト細胞におけるDectin-1シグナル伝達機構の解析
    木村 幸弘, 千原 一泰, 竹内 健司, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第31回大会 2013年05月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスNS5A蛋白質のSrc homology 2/3ドメイン結合能とB細胞での発現によるSrcファミリーキナーゼFynの活性化
    中島謙治, 竹内 健司, 千原一泰, 堀口朋子, 孫雪東, Lin Deng, 勝二郁夫, 堀田博, 定清直
    第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 選考有り 0
  • パラミクソウイルスC蛋白質とIRF7依存性インターフェロン産生シグナル
    山口まゆ, 北川善紀, 周敏, 小松孝行, 竹内 健司, 伊藤正恵, 後藤敏
    第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 選考有り 0
  • TLR7/9依存性インターフェロン産生抑制におけるV蛋白質とTRAF6の相互作用の重要性
    北川善紀, 山口まゆ, 小松孝行, 周敏, 竹内 健司, 西尾真智子, 伊藤正恵, 後藤敏
    第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルスNS5AはB細胞のチロシンキナーゼFynを活性化する
    中島謙治, 竹内 健司, 千原一泰, 堀口朋子, 孫雪東, Lin Deng, 勝二郁夫, 堀田博, 定清直
    第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 選考有り 0
  • HCV NS5A protein containing potential ligands for both Src homology 2 and 3 domains enhances autophosphorylation of Src family kinase Fyn in B cells.
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, T.Horiguchi, X.Sun, L.Deng, I.Shoji, H.Hotta, K.Sada
    Congress 22ndIUBMB&37thFASEB 2012年09月 選考有り 0
  • Association of 3BP2 with SHP-1 regulates SHP-1-mediated production of TNF-α in RBL-2H3 cells.
    千原 一泰, 中島 謙治, 竹内 健司, 定 清直
    第34回日本分子生物学会年会 2011年12月 選考有り 0
  • ANTAGONISTIC ACTIVITY OF PARAMYXOVIRUS V PROTEINS AGAINST TOLL-LIKE RECEPTOR 7/9 DEPENDENT ALPHA INTERFERON INDUCTION
    Y.Kitagawa, M.Yamaguchi, M.Zhou, T.Komatsu, M.Nishio, T.Sugiyama, K.Takeuchi, M.Itoh, B.Gotoh
    IUMS2011 2011年09月 選考有り 0
  • INHIBITION OF HEPATITIS C VIRUS REPLICATION THROUGH AMP-ACTIVATED PROTEIN KINASE-DEPENDENT AND -INDEPENDENT PATHWAYS
    K.Nakashima, K.Takeuchi, K.Chihara, H.Hotta, K.Sada
    IUMS2011 2011年09月 選考有り 0
  • C型肝炎ウイルス複製におけるエネルギーセンサーAMPKの役割
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第29回大会 2011年05月 選考無し 0
  • エネルギーセンサーAMPKの活性化によるC型肝炎ウイルス複製の抑制
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    BMB2010 2010年12月 選考有り 0
  • エネルギーセンサーAMPKの活性化によるC型肝炎ウイルス複製の抑制
    中島 謙治, 竹内 健司, 千原 一泰, 堀田 博, 定 清直
    第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 選考有り 0
  • パラミクソウイルスV蛋白質はTRAF6によるIRF7のユビキチン化を阻害する
    北川 善紀, 山口 まゆ, 周 敏, 小松 孝行, 竹内 健司, 西尾 真智子, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2010年11月 選考有り 0
  • センダイウイルスC蛋白質によるTLR7/9シグナル伝達の阻害
    山口 まゆ, 北川 善紀, 周 敏, 小松 孝行, 竹内 健司, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2010年11月 選考有り 0
  • 転写因子IRF3、IRF7に対するヒトRSウイルスNS1蛋白質発現の影響
    小松 孝行, 北川 善紀, 山口 まゆ, 周 敏, 竹内 健司, 内記 良一, 小出 直樹, 吉田 友昭, 横地 高志, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2009年01月 選考有り 0
  • ヒトメタニューモウイルスM2-2蛋白質の転写複製機構の解析
    北川 善紀, 周 敏, 山口 まゆ, 小松 孝行, 竹内 健司, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2009年01月 選考有り 0
  • ヒトメタニューモウイルスゲノムcDNAからのウイルス回収系
    周 敏, 北川 善紀, 山口 まゆ, 小松 孝行, 竹内 健司, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2008年01月 選考有り 0
  • ヒトメタニューモウイルスミニゲノム系を利用したM2-2蛋白質の転写複製調節の解析
    北川 善紀, 周 敏, 山口 まゆ, 小松 孝行, 竹内 健司, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2008年01月 選考有り 0
  • ニパウイルスと局所感染型パラミクソウイルスのTLR7・9経路阻害能
    北川 善紀, 山口 まゆ, 周 敏, 小松 孝行, 竹内 健司, 西尾 真智子, 伊藤 正恵, 後藤 敏
    日本ウイルス学会 2008年01月 選考有り 0
  • センダイウイルスC蛋白質の新しい役割:二重鎖RNA生成の抑制
    竹内 健司, 小松 孝行, 北川 善紀, 定 清直, 後藤 敏
    第56回日本ウイルス学会 2008年01月 選考有り 0
  • ヒト RS ウイルスと TLR7/9 依存症 IFN-α産生シグナル
    小松 孝行, 竹内 健司, 北川 善紀, 定 清直, 後藤 敏
    第55回日本ウイルス学会学術集会抄録集 2007年01月 選考有り 0
  • ヒトメタニューモウイルスとインターフェロン抵抗能
    後藤敏, 小松 孝行, 竹内 健司, 北川善紀
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 選考有り
  • RSウイルスのインターフェロンアンタゴニズム
    小松 孝行, 竹内 健司, 後藤敏
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 選考有り
  • センダイウイルスのIFN抵抗性:第三の機構
    竹内 健司, 小松 孝行, 後藤敏
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 選考有り
  • Blockage of PKR activation in Sendai virus infected cells: Involvement of the viral C gene.
    K.Takeuchi, T.Komatsu, B.Gotoh
    The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology 2006年06月 選考有り
  • センダイウイルスの感染により培養細胞のPKR経路上に生じた障碍
    竹内 健司, 小松 孝行, 木村 吉延, 後藤 敏
    第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月
  • ウシパラインフルエンザ3型ウイルスのアクセサリー蛋白質とインターフェロンアンタゴニズム
    後藤 敏, 小松 孝行, 竹内 健司, 木村 吉延
    第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月
  • ウシパラインフルエンザ3型ウイルスによるベータインターフェロン産生の制御
    小松 孝行, 竹内 健司, 木村 吉延, 後藤 敏
    第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月
  • パラインフルエンザウイルスの抗インターフェロン蛋白質
    後藤 敏, 小松 孝行, 竹内 健司
    平成16年度文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 第2回班会議. 課題番号:16017236 2005年01月
  • センダイウイルスC蛋白質のSTAT1結合能とインターフェロン応答阻害能
    後藤敏, 竹内健司, 小松孝行, 木村吉延
    第52回日本ウイルス学会学術集会 2004年11月
  • センダイウイルスのN-Pシャペロン複合体に関する研究
    竹内健司, 小松孝行, 後藤敏, 木村吉延
    第52回日本ウイルス学会学術集会 2004年11月
  • A Sendai virus C protein mutant inhibits the gamma-interferon response without associating with STAT1
    Bin, Gotoh, Takayuki, Komatsu, Kenji, Takeuchi.
    The Awaji International Forum on Infection and Immunity 2004年08月
  • パラインフルエンザウイルスのインターフェロン産生制御機構
    後藤敏, 小松孝行, 竹内健司
    平成15年度文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 第2回班会議. 課題番号:15019034 2004年01月
  • Sendai virus C protein and their effects on induction of beta interferon
    Gotoh, B., Komatsu, T., Takeuchi, K.
    The Awaji International Forum on Infection and Immunity 2003年08月
  • 抗インターフェロン因子としてのセンダイウイルスC蛋白質
    後藤敏, 小松孝行, 竹内健司, 木村吉延
    第51回日本ウイルス学会学術集会・総会 2003年01月
  • センダイウイルスC蛋白質-STAT1複合体のGAS結合能
    後藤敏, 小松孝行, 竹内健司, 木村吉延
    第51回日本ウイルス学会学術集会・総会 2003年01月
  • パラミクソウイルスの自然免疫回避機構
    後藤敏, 小松孝行, 竹内健司
    平成14年度文部科学省科学研究費補助金. 特定領域研究 第2回班会議 課題番号:14021036 2003年01月
  • センダイウイルスC蛋白質によるインターフェロンβ誘導抑制機構とC蛋白質の機能領域
    小松孝行, 竹内健司, 木村吉延, 後藤敏
    第51回日本ウイルス学会学術集会・総会 2003年01月
  • センダイウイルスのゲノム複製におけるN蛋白可変領域の役割
    竹内健司, 小松孝行, 後藤敏, 木村吉延
    第51回日本ウイルス学会学術集会・総会 2003年01月
  • チロシンキナーゼによるHCV複製の制御機構
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第33回大会 2015年05月 選考有り
  • アダプター蛋白質3BP2は分化したAML細胞においてSrc型チロシンキナーゼの活性化を促進する
    千原 一泰, 吉木 はつみ, 加藤 雄士, 本定 千知, 山内 翔太, 竹内 健司, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • マスト細胞におけるC型レクチンMincleの機能解析
    本定 千知, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 加藤 雄士, 飛田 征男, 岩野 正之, 石塚 全, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • C型肝炎ウイルス粒子形成におけるNS5Aチロシンリン酸化の役割
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    第63回日本ウイルス学会学術集会 2015年11月 選考有り
  • マスト細胞におけるC型レクチンMincleの機能解析
    本定 千知, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 飛田 征男, 岩野 正之, 石塚 全, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第33回大会 2015年05月 選考有り
  • 貪食細胞によるアダプター蛋白質3BP2の機能解析
    加藤 雄士, 千原 一泰, 本定 千知, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 選考有り
  • 貪食細胞におけるアダプター蛋白質3BP2の機能解析
    加藤 雄士, 千原 一泰, 吉木 はつみ, 山内 翔太, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第34回大会 2016年05月 選考有り
  • 宿主チロシンキナーゼc-AblによるC型肝炎ウイルス増殖の促進
    定 清直, 竹内 健司, 山内 翔太, 千原 一泰
    平成27年度北陸腸内細菌研究会 2015年07月
  • センダイウイルス変異核蛋白質を利用したウイルスゲノム複製機構の解析
    定 清直, 竹内 健司, 山内 翔太, 千原 一泰
    平成28年度北陸腸内細菌研究会 2016年07月
  • C型肝炎ウイルス粒子形成におけるc-Ablの役割
    山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰, 孫 雪東, 本定 千知, 吉木 はつみ, 堀田 博, 定 清直
    BMB2015 2015年12月 選考有り
  • アダプター蛋白質3BP2による貪食細胞の機能調節メカニズム
    千原 一泰, 加藤 雄士, 竹内 健司, 藤枝 重治, 定 清直
    日本生化学会北陸支部第35回大会 2017年06月
  • ヒト肝細胞癌由来培養細胞のIFN-α、λ応答のSTAT1依存性における違い
    定 清直, 山内 翔太, 竹内 健司, 千原 一泰
    平成29年度北陸腸内細菌研究会 2017年07月 北陸乳酸菌研究会

発表会

  • 平成28年度北陸腸内細菌研究会
    センダイウイルス変異核蛋白質を利用したウイルスゲノム複製機構の解析
    金沢市北陸乳酸菌研究会
     2016年07月 - 2016年07月
  • 平成27年度北陸腸内細菌研究会
    宿主チロシンキナーゼc-AblによるC型肝炎ウイルス増殖の促進
    富山市北陸乳酸菌研究会
     2015年07月 - 2015年07月
  • 平成26年度北陸腸内細菌研究会
    宿主チロシンキナーゼによるC型肝炎ウイルス非構造蛋白質のリン酸化
    金沢市全国乳酸菌研究会
     2014年07月 - 2014年07月
  • 平成25年度北陸腸内細菌研究会
    RNAウイルス蛋白質のチロシンリン酸化
    福井市
     2013年07月 - 2013年07月
  • 平成19年FUNTEC
    免疫刺激オリゴDNAのアレルギー・ウイルス感染予防・治療への応用を目指して
    福井市福井大学
     2007年11月 - 2007年11月

科学研究費補助金

  • ウイルス感染宿主因子としてのチロシンキナーゼAblの新しい役割基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:定 清直 2017年度
  • 形質細胞様樹状細胞を活性化するアジュバントを取り入れた感染症粘膜ワクチンの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:伊保 澄子 2013年度
  • 形質細胞様樹状細胞を活性化するアジュバントを取り入れた感染症粘膜ワクチンの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:伊保 澄子 2012年度
  • 形質細胞様樹状細胞を活性化するアジュバントを取り入れた感染症粘膜ワクチンの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:伊保 澄子 2011年度
  • 形質細胞様樹状細胞を活性化するアジュバントを取り入れた感染症粘膜ワクチンの開発基盤研究(C)(一般)
    代表者:伊保 澄子 2010年度
  • パラインフルエンザウイルスの抗インターフェロン蛋白質特定領域研究(継続領域)
    代表者:後藤 敏 2005年度
  • パラインフルエンザウイルスの抗インターフェロン蛋白質特定領域研究(継続領域)
    代表者:後藤 敏 2004年度
  • パラインフルエンザウイルスのインターフェロン産生制御機構特定領域研究
    代表者:後藤 敏 2003年度
  • センダイウイルスのインターフェロンシグナル伝達阻害機構基盤研究(C)
    代表者:後藤 敏 2003年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • CRISPR/Cas9 システムを用いた肝細胞インターフェロン応答の解析
    ライフサイエンスイノベーションセンター
    代表者:竹内 健司

プロジェクト活動

  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2014年04月 - 2015年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,大黒 徹,
    ウイルス病原性発現の分子機能解析研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2013年04月 - 2014年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    ウイルス病原性発現の分子機能解析研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援事業
    研究期間:2011年04月 - 2012年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    病原ウイルス遺伝子機能研究グループ
  • 北陸地区国立大学学術研究連携支援
    研究期間:2011年04月 - 2013年03月  代表者:定 清直,竹内 健司,白木 公康,大黒 徹,
    病原ウイルス遺伝子機能研究グループ
  • 魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
    福井県:その他の研究
    研究期間:2015年04月 - 2017年03月  代表者:定 清直
    魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
  • 魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明
    福井県:その他の研究
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:定 清直
    魚類の2次リンパ器官の形成機構の解明

教育活動情報

担当授業

  • 生体反応論Ⅰ
  • 生体と微生物
  • アドバンストコースⅡ
  • 生体反応論Ⅰ
  • 地域医療テュートリアル
  • 生体と微生物
  • アドバンストコースⅡ
  • アドバンストコースⅡ
  • 微生物学特論演習
  • 微生物学特論実習
  • 感染防御医科学特論
  • 感染防御医科学演習
  • 微生物学特論演習
  • 微生物学特論実習