松岡 達

所属部署名形態機能医科学講座 統合生理学
教員組織形態機能医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/07/23 20:20

研究者基本情報

氏名

    松岡 達
    マツオカ サトシ
    MATSUOKA Satoshi

基本情報

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 心臓生理学 機関内共同研究
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / システム生理学数理生物学 コンピューターシミュレーション  /  機関内共同研究
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / ミトコンドリア生理学ミトコンドリア, トランスポータ-, チャネル, 細胞機能 /  機関内共同研究

所属

  •  形態機能医科学講座 統合生理学 教授

学位

  • 医学博士

所属学協会

    日本生理学会 その他,The Physiological Society 一般会員,日本生理学会 評議員,米国生物物理学会 一般会員,日本循環器学会 一般会員,日本不整脈心電学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • The ventromedial hypothalamus oxytocin induces locomotor behavior regulated by estrogen.
    Narita K, Murata T, Matsuoka S
    Physiol Behav 164(16) 107-112 2016年05月 査読有り
    Narita K
  • Roles of the mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, NCLX, in B lymphocyte chemotaxis.
    Kim B, Takeuchi A, Hikida M, Matsuoka S
    Sci Rep 22(6) 28378-28378 2016年06月 査読有り
    Matsuoka S
  • Dysregulation of a potassium channel, THIK-1, targeted by caspase-8 accelerates cell shrinkage.
    Sakamaki K, Ishii TM, Sakata T, Takemoto K, Takagi C, Takeuchi A, Morishita R, Takahashi H, Nozawa A, Shinoda H, Chiba K, Sugimoto H, Saito A, Tamate S, Satou Y, Jung SK, Matsuoka S, Koyamada K, Sawasaki T, Nagai T, Ueno N.
    Biochim Biophys Acta 1863(11) 2766-2783 2016年11月 査読有り
  • A simulation study on the constancy of cardiac energy metabolites during workload transition.
    Saito R, Takeuchi A, Himeno Y, Inagaki N, Matsuoka S
    J Physiol 594(23) 6929-6945 2016年12月 査読有り
    Matsuoka S
  • The destiny of Ca2+ released by mitochondria
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    J Physiol Sci. 65(1) 42332 2015年01月 査読有り
    Takeuchi A
  • Tracking and quantification of dendritic cell migration and antigen trafficking between the skin and lymph nodes
    Tomura M, Hata A, 松岡 達, Shand FH, Nakanishi Y, Ikebuchi R, Ueha S, Tsutsui H, Inaba K, Matsushima K, Miyawaki A, Kabashima K, Watanabe T, Kanagawa O
    Sci Rep. 4 6030 2014年08月 査読有り
  • 血液循環シミュレーションの近況
    松岡 達
    循環制御 35(2) 82-83 2014年08月 査読有り
  • Identification of chemicals inducing cardiomyocyte proliferation in developmental stage-specific manner with pluripotent stem cells
    Uosaki H, Magadum A, Seo K, Fukushima H, Takeuchi A, Nakagawa Y, Moyes KW, Narazaki G, Kuwahara K, Laflamme M, Matsuoka S, Nakatsuji N, Nakao K, Kwon C, Kass DA, Engel FB, Yamashita JK
    Circulation-Cardiovascular Genetics 6(6) 624-33 2013年12月 査読有り
  • The mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, NCLX, regulates automaticity of HL-1 cardiomyocytes
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    Scientific Reports 3 2766 2013年09月 査読有り
  • Basophils are required for the induction of Th2 immunity to haptens and peptide antigens
    Otsuka A, Nakajima S, Kubo M, Egawa G, Honda T, Kitoh A, Nomura T, Hanakawa S, Sagita Moniaga C, Kim B, Matsuoka S, Watanabe T, Miyachi Y, Kabashima K
    Nature Communications 4 1738 2013年04月 査読有り
  • Mitochondria Na+-Ca2+ exchange in cardiomyocytes and lymphocytes
    Kim B, Takeuchi A, Koga O, Hikida M, Matsuoka S
    Advances in Experimental Medicine and Biology 961 193-201. 2013年 査読有り
  • NHE-1 blockade reversed changes in calcium transient in myocardial slices from isoproterenol-induced hypertrophied rat left ventricle
    Hattori H, Takeshita D, Takeuchi A, Kim B, Shibata M, Matsuoka S, Obata K, Mitsuyama S, Zhang GX, Takaki M
    Biochemical and Biophysical Research Communications 419(2) 431-5 2012年03月 査読有り
  • Pivotal role of mitochondrial Na+-Ca2+ exchange in antigen receptor mediated Ca2+ signalling in DT40 and A20 B lymphocytes
    Kim B, Takeuchi A, Koga O, Hikida M, Matsuoka S
    Journal of Physiology 590(3) 459-74 2012年02月 査読有り
  • Impairment of Ubiquitin-Proteasome System by E334K cMyBPC Modifies Channel Proteins, Leading to Electrophysiological Dysfunction
    Bahrudin U, Morikawa K, Takeuchi A, Kurata Y, Miake J, Mizuta E, Adachi K, Higaki K, Yamamoto Y, Shirayoshi Y, Yoshida A, Kato M, Yamamoto K, Nanba E, Morisaki H, Morisaki T, Matsuoka S, Ninomiya H, Hisatome I
    Journal of Molecular Biology 413(4) 857-78 2011年11月 査読有り
  • Requirement of Interaction between Mast Cells and Skin Dendritic Cells to Establish Contact Hypersensitivity
    Otsuka A, Kubo M, Honda T, Egawa G, Nakajima S, Tanizaki H, Kim B, Matsuoka S, Watanabe T, Nakae S, Miyachi Y, Kabashima K
    PLoS One 6(9) e25538 2011年09月 査読有り
  • Minimum Information about a Cardiac Electrophysiology Experiment (MICEE): Standardised reporting for model reproducibility, interoperability, and data sharing
    Quinn TA, Granite S, Allessie MA, Matsuoka S, Kohl P
    Progress in Biophysics and Molecular Biology 107(1) 4-10. 2011年01月 査読有り
  • 心筋自動能発生におけるミトコンドリアNa+-Ca2+交換輸送体NCLXの役割
    竹内 綾子;松岡 達
    心電図 34(2) 69-81 2014年
    ミトコンドリアは,ATPの主な合成部位であるとともに,Ca2+貯蔵部位としての役割も果たす.また,ミトコンドリアCa2+はミトコンドリアエネルギー代謝を制御すると考えられる.ミトコンドリアCa2+動態は,主にCa2+ユニポータ(MCU)を介した取り込みと,Na+-Ca2+交換輸送体(NCLX)を介した排出のバランスにより決定される.しかし,これらミトコンドリアCa2+輸送担体が,心筋細胞機能発現にどのような役割を果たすかは不明であった.われわれは,自動能をもつマウス心房筋由来株化細胞HL-1を用いて,NCLXの発現減少が活動電位・Ca2+トランジェント発生周期の延長をもたらすことを発見した.細胞生理学実験と数理モデル解析による検討から,NCLXはミトコンドリアから筋小胞体へのCa2+供給を担うこと,それに伴い筋小胞体からのCa2+放出で決定されるHL-1細胞の拍動リズムを制御することが判明した.この結果は,NCLXを介したミトコンドリアCa2+動態が,異常自動能発生や不整脈に関与する可能性を示唆するものである.
  • Patient-Specific Human Induced Pluripotent Stem Cell Model Assessed with Electrical Pacing Validates S107 as a Potential Therapeutic Agent for Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia.
    Sasaki Kenichi;Makiyama Takeru;Yoshida Yoshinori;Wuriyanghai Yimin;Kamakura Tsukasa;Nishiuchi Suguru;Hayano Mamoru;Harita Takeshi;Yamamoto Yuta;Kohjitani Hirohiko;Hirose Sayako;Chen Jiarong;Kawamura Mihoko;Ohno Seiko;Itoh Hideki;Takeuchi Ayako;Matsuoka Satoshi;Miura Masaru;Sumitomo Naokata;Horie Minoru;Yamanaka Shinya;Kimura Takeshi
    PloS one 11(10) 2016年 査読有り
  • 左心室大動脈結合状態(Ees/Ea)と一回拍出量(SV)から左心室拡張末期容量(Ved)を算定する方法(パイロット・スタデイ)
    早渕 光代, 小畑 友里江, 高久 明子, DK.Kayembe, 伊佐田 哲朗, 早渕 由朗, 浜田 敏彦, 松岡 達, 重見 研司
    麻酔・集中治療とテクノロジー2015 65-69 2016年05月 査読無し
  • Uncovering the arrhythmogenic potential of TRPM4 activation in atrial-derived HL-1 cells using novel recording and numerical approaches
    Hu Y, Duan Y, Takeuchi A, Hai-Kurahara L, Ichikawa J, Hiraishi K, Numata T, Ohara H, Iribe G, Nakaya M, Mori MX, Matsuoka S, Ma G, Inoue R
    Cardiovascular Research 113(10) 1243-1255 2017年08月 査読有り

著書

  • Patch clamp techniques. From beginning to advanced protocols.
    Matsuoka S, Takeuchi A
    編集
    Giant patch and macro patch. In Patch clamp techniques.
    Springer 2012年
  • 新訂・生理学実習書
    竹内綾子, 松岡達
    編集
    心室筋細胞興奮収縮連関のシミュレーション実習
    南江堂 2013年09月
  • プログレッシブ 生命科学
    松岡 達
    執筆、編集
    生体リズム:心臓のリズム・呼吸のリズム
    南山堂 2014年09月

講演・口頭発表等

  • Mitochondrial Ca2+ and ROS regulation
    Satoshi Matsuoka
    University of California-Davis Cardiovascular Symposium, Mechanics and Energetics in Cardiac Arrhythmias and Heart Failure 2018年02月 選考無し University of California-Davis
  • Na/Ca exchange and Mitochondria function. The use of Mathematical models.
    Satoshi Matsuoka
    38th world congress of the International Union of Physiological Sciences 2017年08月 選考無し International Union of Physiological Sciences
  • シングルファイバーを用いた神経膠芽腫細胞遊走におけるミトコンドリア動態の解析
    河合佑介、末信一朗、藤田聡、竹内綾子、松岡達
    第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017年11月 選考無し 日本バイオマテリアル学会
  • Frequency-dependences of action potential and Ca2+ transient and roles of mitochondrial Na+/Ca2+ exchange in mice ventricular myocytes
    Yukari Takeda, Misaki Tsukioka, Shino Fujisawa, Moe Fujisawa, Yousuke Shimizu, Erika Iwai, Rena Horie, Saki Matsunaka, Ayako Takeuchi and Satoshi Matsuoka
    2017 Cardiac Physiome Workshop 2017年11月 選考無し Cardiac Physiome Society
  • Dysregulation of a potassium channel, THIK-1, targeted by the caspase accelerates cell shrinkage during apoptosis
    Kazuhiro Sakamaki, Toshiya Sakata, Ayako Takeuchi, Chiyo Takagi, Hajime Shinoda, Akiko Saito, Takeharu Nagai, Satoshi Matsuoka, Naoto Ueno
    第40回日本分子生物学会年会 2017年12月 選考無し 日本分子生物学会
  • Intracellular localization of mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger NCLX in mice ventricular myocytes
    Ayako Takeuchi, Satoshi Matsuoka
    62nd Biophysical Meeting 2018年02月 選考有り Biophysical Society
  • ミトコンドリア-小胞体Ca2+クロストークに関するフィジオーム研究
    竹内綾子, 松岡達
    日本膜学会第38年会 2016年05月 選考無し
  • 新規ミトコンドリアエネルギー代謝数理モデルを用いた心臓エネルギー代謝制御メカニズムの解析
    竹内綾子、齋藤隆太、姫野友紀子、松岡達
    平成28年度生理学研究所 研究会「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」 2016年10月 選考無し
  • 神経膠芽腫細胞遊走におけるミトコンドリア動態のシングルファイバーを用いた解析
    河合 佑介, 竹内 綾子, 藤田 聡, 松岡 達
    第63回 中部日本生理学会 2016年11月 選考無し
  • 心臓仕事量増大時におけるエネルギー代謝産物安定性制御メカニズムに関する数理解析
    竹内綾子、齋藤隆太、姫野友紀子、松岡達
    第63回 中部日本生理学会 2016年11月 選考無し
  • A simulation study on roles of Ca2+ in constancy of cardiac energy metabolites during workload transition.
    Ayako Takeuchi, Ryuta Saito, Yukiko Himeno, Satoshi Matsuoka.
    2016 Cardiac Physiome Workshop 2016年08月 選考有り
  • A theoretical study on the roles of Ca2+ in the energy metabolite stability during cardiac workload transition.
    Ayako Takeuchi, Ryuta Saito, Yukiko Himeno. Satoshi Matsuoka.
    Biophysical Society 61th Annual Meeting 2017年02月 選考有り
  • Involvement of vitamin D receptor and its related genes in the generation of rhythmic Ca transient in murine atrial myocyte-derived cell line HL-1.
    Takuya Murata, Ayako Takeuchi, Satoshi Matsuoka.
    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2017年03月 選考有り
  • Mechanisms for external K+ dependence of K+ permeation and gating of Kir2.1 inward rectifier K+ channel
    Keiko Ishihara, Satoshi Matsuoka, Makoto Takano
    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2017年03月 選考有り
  • Physiome study on the roles of mitochondria-endoplasmic reticulum Ca2+ crosstalk in lymphocytes.
    Ayako Takeuchi, Bongju Kim, Satoshi Matsuoka.
    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2017年03月 選考有り
  • A simulation study on Ca2+ regulation of energy metabolism in cardiac mitochondria.
    Satoshi Matsuoka, Ayako Takeuchi, Ryuta Saito, Yukiko Himeno.
    第94回日本生理学会大会 2017年03月 選考有り
  • Contribution of mitochondria to the generation of automaticity of sinoatrial node cells; a simulation study
    Takeuchi A, Horiguchi K, Iino S, Fukazawa Y, Matsuoka S
    e-Heartシンポジウム 2015年09月 選考無し
  • 心筋細胞 HL -1の周期的 Ca transient発生におけるvitamin D receptorの関与
    村田 拓也、竹内 綾子、松岡 達
    生理学研究所研究会 2015「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」 2015年10月 選考無し
  • Simulation analysis of automaticity of sinoatrial node
    Ayako Takeuchi, Satoshi Matsuoka
    Society for Mathematical Biology 2015 conference 2015年07月 選考無し
  • Physiome study on mitochondrial Ca2+ dynamics.
    Satoshi Matsuoka and Ayako Takeuchi
    67th Annual meeting of the Korean Physiological Society 2015年10月 選考無し
  • 心臓リズム・代謝制御機構
    松岡 達
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考無し
  • Involvement of vitamin D receptor in the generation of rhythmic Ca transient in murine atrial myocyte-derived cell line HL-1.
    Murata Takuya, Takeuchi Ayako, Matsuoka Satoshi.
    The 93 Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2016年03月 選考無し
  • Construction of a mathematical model of mouse sinoatrial node cell considering structural crosstalk between mitochondria and sarcoplasmic reticulum.
    Ayako Takeuchi, Satoshi Matsuoka.
    The 93 Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2016年03月 選考無し
  • Beta-adrenergic stimulation induced cardiac fibrosis in Tric-A-knockout mice.
    Daiju Yamazaki, Ayako Takeuchi, Chengzhu Zhao, Miyuki Nishi, Satoshi Matsuoka, Hiroshi Takeshima.
    The 93 Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2016年03月 選考有り
  • Numerical model-based investigation of TRPM4 channel in cardiac remodeling-ssociated arrhythmogenicity
    Ryuji Inoue, Yaopeng Hu, Yubin Duan, Ayako Takeuchi, Lin Hai Kurahara-hai, Jun Ichikawa, Satoshi Matsuoka.
    The 93 Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2016年03月 選考有り
  • リンパ球細胞走化・遊走におけるイオン・水動態
    竹内綾子, 松岡 達, 金 鳳柱
    第2回「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会 2015年03月 選考無し 0
  • 洞房結節細胞におけるミトコンドリア―筋小胞体クロストークの役割
    竹内 綾子, 堀口 和秀, 飯野 哲, 深澤 有吾, 松岡 達
    第120回日本解剖学会全国学術集会・第92回日本生理学会大会 合同大会 2015年03月 選考有り 0
  • ミトコンドリアによる心自動能制御メカニズムの多階層解析
    竹内 綾子, 松岡 達
    新学術領域「多階層生体機能学 HD Physiology」 最終成果報告会 2015年03月 選考無し 0
  • HD physiological analysis of mechanisms underlying generation of cardiac automaticity via mitochondria
    Takeuchi A, Matsuoka S
    Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Area “HD Physiology” The Final HD Physiology Symposium 2015年03月 選考無し 0
  • Rat uterine oxytocin receptor and estrogen receptor a and b mRNA levels are regulated by estrogen through multiple estrogen receptors
    村田 拓也, 市丸 徹, 成田 和巳, 松岡 達
    第92回日本生理学会大会 2015年03月 選考無し 0
  • 全身麻酔中・集中治療中の新しい循環管理モニタの開発ー血液循環の自動管理を目指してー
    重見 研司, 小畑 友里江, 高久 明子, 松岡 達, 早渕 光代, デイビッド カイェンベ, 濵田 敏彦, 岡藤 和博
    第5回『ふくい知財フォーラム』セミナー 2015年03月 選考無し 0
  • ミトコンドリアモデル
    松岡 達, 竹内綾子
    e-Heartシンポジウム 2015年02月 選考無し 0
  • 左心室大動脈結合状態(Ees/Ea)と一回拍出量(SV)から左心室拡張末期容量(Ved)を算出する方法
    早渕 光代, 小畑 友里江, 高久 明子, デイビッド カイェンベ, 早渕 由朗, 濵田 敏彦, 松岡 達, 重見 研司
    第32回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会 2014年12月 選考有り 0
  • 数理解析から解き明かす細胞機能
    松岡 達
    第26 回分子糖尿病学シンポジウム 2014年12月 選考無し 0
  • ラット視床下部腹内側核に投与したオキシトシンにより誘発される走行運動に対するエストロジェンの増強効果
    成田 和巳, 村田拓也, 松岡達
    中部日本生理学会 2014年11月 選考無し 0
  • ラット子宮オキシトシンレセプターのエストロゲンによる調節
    村田 拓也, 成田 和巳, 市丸 徹, 松岡 達
    第61回 中部生理学会 2014年11月 選考無し 0
  • ミトコンドリアNa+-Ca2+交換輸送体NCLX によるB リンパ球細胞走化の調節
    竹内 綾子, 松岡 達, 金 鳳柱
    第61 回中部日本生理学会 2014年11月 選考無し 0
  • 心筋梗塞時の活動電位の変化 ~コンピュータシミュレーションを用いての検討~
    松岡 達
    犬山不整脈カンファランス 2014年08月 選考無し 0
  • Simulation study of Ca2+ response in lymphocytes
    Matsuoka S, Kim B, Takeuchi A, Koga O, Hikida M
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2014年03月 選考有り 0
  • Mitochondrial Na-Ca exchanger NCLX-mediated mitochondria-sarcoplasmic reticulum Ca crosstalk and cardiomyocyte automaticity
    Takeuchi A, Matsuoka S
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2014年03月 選考有り 0
  • 細胞容積調節におけるチャネル・トランスポーターの寄与~包括的心筋細胞数理モデルと細胞生理実験によるイオン・水動態の解明~
    竹内綾子, 松岡達
    水シグナル研究会 2014年03月 選考無し 福井市
  • Mitochondria-endoplasmic/sarcoplasmic reticulum Ca crosstalk and cellular function
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2014年03月 選考有り 0
  • システム生理学研究による細胞内イオンダイナミクス―細胞生理機能連関の包括的理解
    竹内綾子, 松岡達
    第7回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 洞房結節細胞自動能におけるミトコンドリアNCLXの寄与―シミュレーション解析
    竹内綾子, 松岡達
    生理学研究所研究会 2013年11月 選考無し 0
  • Contribution of mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, NCLX, in making the cardiac rhythmicity
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 2nd HD Physiology International Symposium: Multi-Level Systems Biology 2013年05月 選考無し 0
  • Theoretical analysis of mitochondrial NCX-mediated regulation of automaticity in sinoatrial node cells
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 2nd HD Physiology International Symposium: Multi-Level Systems Biology 2013年05月 選考無し 0
  • Simulation analyses of the role of NCLX, a mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, on the regulation of automaticity in sinoatrial node cells
    Takeuchi A, Matsuoka S
    2013 Cardiac Physiome Workshop 2013年01月 選考有り 0
  • Mitochondria-sarcoplasmic reticulum Ca2+ communication on the rhythmicity of sinoatrial node cells
    Matsuoka S, Takeuchi A
    2013 Cardiac Physiome Workshop 2013年01月 選考有り 0
  • Mitochondrial NCX controls directional migration of B lymphocytes
    Kim B, Takeuchi A, Matsuoka S
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2013年03月 選考有り 0
  • Theoretical analysis of mitochondrial NCX (NCLX)-mediated regulation of cardiac automaticity
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2013年03月 選考有り 0
  • Role of mitochondrial NCX on CXCL12-induced chemotaxis in A20 B lymphocytes
    Kim B, Matsuoka S, Takeuchi A
    57th Annual Meeting of Biophysical Society 2013年02月 選考有り 0
  • Prolongation of beating rate caused by reduction of NCLX, a mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, in HL-1 cardiomyocytes.
    松岡 達, Kim B, Takeuchi A
    57th Annual Meeting of Biophysical Society 2013年02月 選考有り 0

科学研究費補助金

  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)(一般)
    代表者:松岡 達 2015年度
  • ミトコンドリア代謝によるリンパ球ケモタクシス制御挑戦的萌芽研究
    代表者:松岡 達 2014年度
  • ミトコンドリアNa-Ca交換蛋白(NCLX)の構造と機能連関に関する研究基盤研究(B)(一般)
    代表者:松岡 達 2013年度
  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)
    代表者:松岡 達 2016年度
  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:松岡 達 2017年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 腫瘍細胞におけるミトコンドリアによる細胞遊走・走化制御に関する研究
    ライフサイエンスイノベーションセンター:ライフセンター 学内共同研究等
    代表者:松岡 達、藤田 聡
  • ナノファイバーデバイスを用いた細胞遊走時における細胞内イオンの定量的解析
    生命科学複合研究教育センター:生命センター 学内共同研究等
    代表者:藤田 聡、松岡 達

教育活動情報

担当授業

  • 個体の調節機構とホメオスターシス
  • 個体の調節機構とホメオスターシス
  • 形態機能論Ⅱ
  • 形態機能論Ⅱ
  • アドバンストコースI
  • 医学入門と医学概論
  • 形態機能論Ⅱ
  • 個体の調節機構とホメオスターシス
  • 消化器系(テュートリアル)
  • アドバンストコースⅠ
  • 医学入門と医学概論
  • 形態機能論Ⅱ
  • 個体の調節機構とホメオスターシス
  • 消化器系(テュートリアル)
  • アドバンストコースⅠ
  • 形態機能論Ⅱ
  • 医学入門
  • 個体の調節機構とホメオスターシス
  • アドバンストコースⅠ
  • アドバンストコースⅠ
  • 健康科学・医科学概論
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 生体情報医科学特論Ⅰ
  • 生体情報医科学特論Ⅱ
  • 生体情報医科学演習
  • 統合生理学特論演習
  • 医科学基礎総論
  • 生体情報医科学特論Ⅰ
  • 生体情報医科学特論Ⅱ
  • 生体情報医科学演習
  • 統合生理学特論演習
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 生体情報医科学特論Ⅰ
  • 生体情報医科学特論Ⅱ
  • 生体情報医科学演習
  • 統合生理学特論演習
  • 統合生理学特論実習