寺田 聡

所属部署名生物応用化学講座
教員組織生物応用化学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名准教授
更新日: 18/12/17 10:07

研究者基本情報

氏名

    寺田 聡
    テラダ サトシ
    TERADA Satoshi

基本情報

所属

  •  生物応用化学講座 准教授

学歴

  • 1992年04月- 1995年03月東京大学
  • 1990年04月- 1992年03月東京大学
  • 1986年04月- 1990年03月東京大学

経歴

  • 2003年04月福井大学 助教授
  • 2000年04月- 2007年03月福井工業高等専門学校 非常勤講師
  • 1998年04月- 1998年09月国立精神神経センター 神経研究所 流動研究員
  • 1998年01月福井大学 助手
  • 1995年04月- 1998年03月日本学術振興会 特別研究員 PD
  • 1992年04月- 1995年03月日本学術振興会 特別研究員 DC

所属学協会

    日本生物工学会 編集委員,日本動物細胞工学会 評議員,日本再生医療学会 一般会員,農芸化学会 一般会員,化学工学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Real-time Noninvasive Monitoring of UV Light-induced Cell Death by the Deflection of a Probe Beam
    X.Z.Wu, T.Kato, S.Terada
    Analytical Science 30 1023-1025 2014年01月 査読有り
  • Rakkyo fructan as a cryoprotectant for serum-free cryopreservation of mammalian cells
    A.Ogawa, S.Mizui, Y.Chida, M.Shimizu, S.Terada, T.Ohura, K.Kobayashi, S.Yasukawa, N.Moriyama
    Journal of Bioscience and Bioengineering 118(1) 101-106 2014年01月 査読有り
  • Establishment of a mammalian cell line suitable for industrial production of recombinant protein using mutations induced by high-energy beam radiation
    Y.Chida, K.Takagi, S.Terada
    Cytotechnology 65(6) 955-965 2013年12月 査読有り
  • Rice bran extract affects differentiation of mesenchymal stem cells potency into osteogenic cells
    K.Fukumoto, T.Tsuno, M.Taniguchi, S.Terada
    Cytotechnology 65(6) 937-943 2013年12月 査読有り
  • Production of Supplemented Factors for Realizing Serum-Free or Animal-Free Culture
    S.Terada, K.Yanagihara
    Notes on Methods of Culturing Animal Cells 21(2) 15-17 2012年09月 査読無し
  • 無血清培養/アニマルフリー培養を実現する培養添加因子
    寺田 聡, 柳原 佳奈
    JAACTニュースレター 20(2) 40-42 2011年01月 査読無し
  • 動物細胞培養で求められる安心・安全: 見直される水産品
    寺田 聡, 藤原 政司
     生物工学会誌 88(12) 667 2010年12月 査読無し
  • 教育のGPと生物工学教育
    寺田 聡
    生物工学会誌 88(11) 585-587 2010年11月 査読無し
  • Rat islet culture in serum-free medium containing silk protein sericin
    M.Morikawa, T.Kimura, M.Murakami, K.Katayama, S.Terada, A.Yamaguchi
    Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 16(2) 223-228 2009年03月 査読有り
  • Effective Antibody Production by Reuse of Culture Medium previously used in Antibody Purification
    Akiko Ogawa, Naoki Takada, Satoshi Terada
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 16 223-228 2009年 査読有り
  • 動物組織を薄切した切片担体およびコラーゲンビトリゲル薄膜担体を利用した培養モデルの特徴と創薬研究への応用構想
    竹澤 俊明, 竹内 朋代, 柳原 佳奈, 中沢 有紀子, 二谷 綾, 寺田 聡, 落谷 孝広, 上野 光一
    薬学雑誌 128 51-60 2008年01月 査読有り
  • EFFECTS OF SERICIN ON PROMOTING PROLIFERATION AND INHIBITING APOPTOSIS OF MAMMALIAN CELLS
    K.Yanagihara, M.Miki, A.Ogawa, M.Sasaki, H.Yamada, S.Terada
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY:BASIC & APPLIED ASPECTS 15 29-34 2008年 査読無し
  • THE EFFECT OF INTERLEUKIN-6 AND LEUKEMIA INHIBITORY FACTOR ON HYBRIDOMA CELLS
    M.Tanaka, T.Yamashita, S.Terada
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY:BASIC & APPLIED ASPECTS 15 47-52 2008年 査読無し
  • Effects of Sugar Chain Precursors on Recombinant Protein Production in BHK Cells
    M.Hayashi, K.Doi, I.Ebata, S.Yamaguchi, Y.Ohta, S.Terada
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY:BASIC & APPLIED ASPECTS 15 85-91 2008年 査読無し
  • THE EFFECT OF SCAFFOLD ON THE MORPHOLOGY AND INSULIN SECRETION OF ISLET CELLS
    T. Kanayama, H. Mitsuishi, S.Terada
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY:BASIC & APPLIED ASPECTS 15 165-170 2008年 査読無し
  • 安価な新規増殖促進因子を用いた動物細胞の培養技術
    寺田 聡, 柳原 佳奈, 佐久間 紹子, 山口 明夫, 佐々木 真宏, 小林 恭一
    ケミカルエンジニヤリング 53 844-849 2008年
  • セリシンを利用した無血清培地の開発とその応用
    寺田 聡
    日本生物工学会誌 86 387-389 2008年 査読無し
  • 組織病理学用の切片を動物細胞の培養担体に利用した先端研究
    竹沢 俊明, 竹内 朋代, 落合 孝広, 柳原 佳奈, 寺田 聡, 鈴木 尚真, 渡辺 昌俊
    Organ Biology 15 107-114 2008年 査読無し
  • Hazard Identification on a Single Cell Level Using a Laser Beam
    X.-Z.Wu, Tomohisa Kato, Yumiko Tsuji, S.Terada
    Analytical Chemistry Insight 2007年09月 査読有り
  • Silk Protein Sericin Improves Mammalian Cell Culture
    S.Terada, N.Takada, K.Itoh, T.Saitoh, M.Sasaki, H.Yamada
    Cell Technology for Cell Products 1(1) 397-401 2007年07月
  • Development of a Novel Serum-Free Cryopreservative Solution
    T.Toyosawa, M.Sasaki, Y.Kato, H.Yamada, S.Terada
    Cell Technology for Cell Products 225-231 2007年07月
  • Hepatic cell lines cultured on different scaffolds and in different stages for bioartificial liver systems
    K.Kaito, Y.Narita, S.Terada
    Cell Technology for Cell Products 233-238 2007年07月
  • Noninvasive Diagnosis of a Single Cell with a Probe Beam
    X.-Z.Wu, S.Terada
    Proceedings of the 4th International Symposium of Worldwide Chinese Scholars on Analytical Chemistry 95 2006年09月
  • Effect of the silk protein sericin on production of adenovirus-based gene therapy vectors
    K.Yanagihara, S.Terada, M.Miki, M.Sasaki, H. Yamada
    Biotechnology and Applied Biochemistry 45 59-64 2006年08月 査読有り
  • Effect of the Silk Protein Sericin on Production of Adenovirus-Based Gene Therapy Vectors
    K.Yanagihara, S.Terada, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    Biotechnology and Applied Biochemistry 45 59-64 2006年 査読有り
  • Supplementation of Sericin is Effective in Maintenance of Islet Survival And Function Under Serum Free Culture
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, T. Kimura, Y.Akio, M.Sasaki, H.Yamada
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects 14 107-112 2006年
  • Observation of Individual Cell Behaviors To Analyze Mitogenic Effects of Sericin
    T.Toyosawa, S.Terada, M.Sasaki, H.Yamada, M.Kino-oka
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects 14 155-161 2006年
  • Culture of insulinoma cells on pancreas section
    Y.Saito, S.Terada, T.Takezawa
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects 14 271-276 2006年
  • Analysis of The Interleukin-6-Induced Signanling in Murine Hybridoms Cell Lines
    K.Takemura, S.Terada, T.Yamashita
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects 14 347-352 2006年
  • 細胞培養のための添加因子としての絹タンパク質セリシン
    寺田 聡
    和光純薬時報 74 42351 2006年 査読無し
  • 優秀教員のどこが素晴らしいのか 生物応用化学科の学生の声
    寺田 聡
    FD FOrum 福井大学工学部 12 6 2006年 査読無し
  • Preparation of Silk Protein Sericin as a Mitogenic Factor for Better Mammalian Cell Culture
    S.Terada, M.Sasaki, K.Yanagihara, H.Yamada
    Journal of Bioscience and Bioengineering 100(6) 667-671 2005年12月 査読有り
  • Noninvasive Diagnosis of a Single Cell with a Probe Beam
    X.-Z.Wu, S.Terada
    Biotechnology Progress 21 1772-1774 2005年12月 査読有り
  • Serum-Free Preparation and Cryo-Preservation of Islets by Using Sericin in order to Improve Cell Therapy for Diabetes (Invited)
    S.Terada
    The 7th Northeastern Asia Symposium on Biotechnology 2005年11月 査読有り
  • Development of a novel serum-free freezing medium for mammalian cells using silk protein sericin
    M.Sasaki, Y.Kato, H.Yamada, S.Terada
    Biotechnology and Applied Biochemistry 42 183-188 2005年07月 査読有り
  • Development of Novel Serum-Free Cryopreservative Solution by Using Sericin
    T.Toyosawa, S.Terada, M.Sasaki, H.Yamada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Establishment of hepatic cell lines suitable for improvement of bioartificial liver
    K.Kaito, J.Ishimura, T.Kumagai, T.Omasa, S.Terada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • IL-6 signaling pathways of hybridoma cell lines differed in growth-response to IL-6
    K.Takemura, T.Yamashita, S.Terada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Silk Protein Sericin Improves Mammalian Cell Culture: As Mitogenic Supplement to Culture Media and as Protective Supplement to Cryo-preservative Solution
    S.Terada, K.Yanagihara, A.Ogawa, T.Toyosawa, M.Sasaki, H.Yamada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Sericin is Effective Supplement for Serum-Free Medium in Producing Monoclonal Antibody
    M.Hayashi, T.Toyosawa, S.Terada, M.Sasaki, H.Yamada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Effective Production of Adenoviral Vector By Using Sericin
    K.Yanagihara, S.Terada, N.Takada, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Improvement of Islet Culture Utilizing Sericin
    A.Ogawa, T.Kanayama, S.Terada, M.Miki, T.Kimura, A.Yamaguchi, M.Sasaki, H.Yamada
    19th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology 2005年06月
  • Development of Novel Cryopreservative Solution with Silk Protein, Sericin
    S.Terada, T.Toyosawa, M.Sasaki, H.Yamada
    International Symposium Cell Processing Engineering For The Industrialization of Regenerative Medicine 2005年02月 査読無し
  • Development of Serum-Free Medium with Silk Protein, Sericin
    S.Terada, A.Ogawa, T.Toyosawa, T.Kimura, A.Yamaguchi, M.Sasaki, H.Yamada
    International Symposium Cell Processing Engineering For The Industrialization of Regenerative Medicine 2005年02月 査読無し
  • Morphology and function of insulinoma cells cultured on thin collagen gel membranes
    T.Kanayama, S.Terada, T.Takezawa
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 63 2004年11月
  • Sericin Improved Serum-Free Culture of Rat Pancreatic Islets and the Cultured Islets Were Successfully Transplanted into Diabetes Rats to Lower Blood-Sugar Levels
    M.Morikawa, T.Kimura, M.Murakami, K.Katayama, S.Terada, M.Miki, A.Yamaguchi
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 65 2004年11月
  • Sericin Successfully Substitutes FBS In Producing Adenoviral Vector
    S.Terada, K.Yanagihara, A.Ogawa, M.Sasaki, H.Yamada
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 66 2004年11月
  • Development of Sericin Supplemented Serum-Free Medium for Islet of Langerhans
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, T.Kimura, A.Yamaguchi, M.Sasaki, H.Yamada
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 50 2004年11月
  • Development of novel serum-free-media using sericin
    T.Toyosawa, S.Terada, M.Sasaki, H.Yamada, M.Kino-oka
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 57 2004年11月
  • Establishment of Anti-Apoptotic Hepatoma with Improved Liver-Specific Functions for Bioartificial Liver
    K.Kaito, S.Terada, J.Ishimura, T.Kumagai, T.Omasa
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 59 2004年11月
  • Analysis of the interleukin-6-induced signaling in murine hybridoma cell lines
    K.Takemura, S.Terada
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 68 2004年11月
  • Culture on thin tissue section enhances insulin secretion of insulinoma
    Y. Saito, S.Terada, T. Takezawa
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 64 2004年11月
  • Sericin As A Novel Supplement For Various Mammalian Cell Culture
    S.Terada, K.Yanagihara, A.Ogawa, T.Toyosawa, M.Sasaki, H.Yamada
    The 17th International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2004) 47 2004年11月
  • In vitro islet culture with silkworm protein sericin, new culture medium instead of fetal bovine serum
    M.Morikawa, T.Kimura, M.Murakami, K.Katayama, A.Yamaguchi, S.Terada, M.Miki
    XX International Congress of the Transplantation Society 2004年09月
  • Anti-apoptotic genes protect an insulinoma cell line from cell death induced by hyperglycemia
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, T.Kimura, A.Yamaguchi
    Animal Cell Technology meets Genomics 2 2004年09月 査読無し
  • Silk protein sericin accelerates proliferation of various mammalian cells
    S.Terada, K.Yanagihara, K.Kaito, M.Miki, M.Sasaki, K.Takashima, K.Tsujimoto, H.Yamada
    Animal Cell Technology meets Genomics 2 2004年09月 査読無し
  • CrmA and Bcl-2 protect a cell line derived from islet of Langerhans, RIN-5F from hypoxia-induced apoptosis
    A.Ogawa, S.Terada, Y.Saito, T.Kimura, A.Yamaguchi, M.Miki
    Biochemical Engineering Journal 20(42038) 209-215 2004年08月 査読有り
  • Generation of Anti-Apoptosis Hepatic Cell Lines in order to Improve Bio-Artificial Liver
    S.Terada, J.Ishimura, T.Kumagai, K.Kaito, A.Ogawa, M.Miki, T.Omasa
    10th The Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE) 1P-01-025, CD-ROM 6 pages 2004年01月 査読有り
  • Silk Protein Sericin : as a Novel Mitogenic Supplement for Mammalian Cell Culture
    K.Yanagihara, S.Terada, T.Toyosawa, T.Nishimura, T.Kumagai, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    10th The Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE) 1P-01-024, CD-ROM 6 pages 2004年01月 査読有り
  • Improvement of Islet culture with sericin
    A.Ogawa, S.Terada, T.Kanayama, M.Miki, M.Morikawa, T.Kimura, A.Yamaguchi, M.Sasaki, H.Yamada
    Journal of Bioscience and Bioengineering 98(3) 217-219 2004年01月 査読有り
  • Progesterone, but not 17b-Estradiol, Up-regulates Erythropoietin (EPO) Production in Human Amniotic Epithelial Cells
    A.Ogawa, S.Terada, N.Sakuragawa, M.Nagao, M.Miki
    J. Biosci. Bioeng., 96, 448-453 2003年11月 査読有り
  • 肝細胞への遺伝子導入による凍結耐性の獲得
    寺田 聡, 熊谷 智彰, 小川 亜希子, 石村 純一, 三木 正雄, 尾崎 克之, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    低温医学, 29, 1, 1-5 2003年04月 査読有り
  • Generation of a Novel Apoptosis-Resistant Hepatoma Cell Line
    S.Terada, T.Kumagai, N.Yamamoto, A.Ogawa, J.Ishimura, T.Fujita, E.Suzuki, M.Miki
    J. Biosci. Bioeng., 95, 146-151 2003年02月 査読有り
  • Sericin, a Protein Derived from Silkworms, Accelerates the Proliferation of Several Mammalian Cell Lines Including a Hybridoma
    S.Terada, T.Nishimura, M.Sasaki, H.Yamada, M.Miki
    Cytotechnology, 40, 3-12  2002年12月 査読有り
  • Sericin Protein Derived from Silk Accelerates Proliferation of Mammalian Cells
    S.Terada, K.Takemura, Y.Saitoh, K.Yanagihara, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    The 15th International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT’2002), Fuchu, Japan, 115  2002年11月
  • Establishment of Anti-Apoptotic Hepatomas and Evaluation of its Liver Function for Better Bio-artificial Liver (BAL) System
    T.Kumagai, S.Terada, M.Miki, T.Omasa, E.Suzuki
    The 15th International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT’2002), Fuchu, Japan, 97  2002年11月
  • Analysis of Mammalian Cell Culture Prevented from Apoptosis in order to Improve its Productivity
    N.Sakai, S.Terada, M.Miki, E.Suzuki
    The 15th International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT’2002), Fuchu, Japan, 80  2002年11月
  • Introduction of Anti-Caspase Genes to Hepatoblastoma HepG2 for Bio-Artificial Liver
    J.Ishimura, S.Terada, T.Kumagai, M.Miki, T.Omasa, E.Suzuki
    The 15th International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT’2002), Fuchu, Japan, 95  2002年11月
  • Lysozyme-Dependent Proliferation Switch: Hematopoietic and Hybridoma Cell Growth Control with the Use of Antibody/gp130 Chimera
    M.Kawahara, A.Natsume, S.Terada, K.Kato, K.Tsumoto, I.Kumagai, M.Miki, W.C.Mahoney, H.Ueda, T.Nagamune
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 12, 337-341  2002年05月 査読無し
  • 再生医療実用化の課題を考える
    寺田 聡
    生物工学会誌, 80, 216-217  2002年05月 査読無し
  • Human Amniotic Epithelial (HAE) Cells Produce Erythropoietin
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, K.Matsuura, A.Hoshika, N.Sakuragawa
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 12, 309-313  2002年05月 査読無し
  • Establishment of Novel Cell Line for Artificial Liver
    S.Terada, N.Yamamoto, T.Kumagai, A.Ogawa, M.Miki, T.Fujita, E.Suzuki
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 12, 201-205  2002年04月 査読無し
  • 絹タンパク質セリシンの動物細胞培養への有効性
    寺田 聡
    バイオサイエンスとインダストリー, 60, 683-684  2002年01月 査読無し
  • カイコの繭由来タンパク質セリシン
    寺田 聡
    生物工学会誌, 79, 8, 323 2001年08月 査読無し
  • 北陸化学懇話会創立50周年記念座談会 21世紀の化学工学の役割
    榊原 三樹男, 城石 昭弘, 小林 史尚, 寺田 聡, 山根 岳志, 市川 康治, 多久美 徹, 林 誠治, 川口 俊博, 黒谷 誠, 添田 順之
    創立50周年記念 五十年の歩み, 35?48  2001年07月 査読無し
  • Establishing novel hepatoma cell line for bioartificial liver
    S.Terada, T.Kumagai, N.Yamamoto, A.Ogawa, M.Miki, E.Suzuki
    The 17th European Society for Animal Cell Technology (ESACT) Meeting, Tylosand, Sweden, 212  2001年06月
  • Induction of erythropoietin production by human amniotic epithelial cells
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, K.Matsuura, N.Sakuragawa
    The 17th ESACT Meeting, Tylosand, Sweden, 170  2001年06月
  • Controlling IL-6 dependent hybridoma cell growth and MAb producion by transfecting artificial receptor recognizing affordable protein lysozyme
    M.Kawahara, A.Natsume, S.Terada, K.Kato, K.Tsumoto, I.Kumagai, M.Miki, W.C.Mahoney, H.Ueda, T,Nagamune
    Biotechnology and Bioengneering 74, 416?423  2001年 査読有り
  • Synthesis and Release of Erythropoietin by Human Amniotic Epithelial Cells
    K.Matsuura, S.Terada, S.Koyano, T.Miyajima, A.Hoshika, N.Sakuragawa
    J. Tokyo Med. Co., 59, 38-44  2001年 査読有り
  • Increasing population of amniotic epithelial cells
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, N.Sakuragawa
    Animal Cell Technology : From Target to Market, 17, 250-252  2001年 査読無し
  • Establishing novel hepatoma cell line for bioartificial liver
    S.Terada, T.Kumagai, A.Ogawa, N.Yamamoto, M.Miki, T.Fujita, E.Suzuki
    Animal Cell Technology : From Target to Market, 17, 541-544  2001年 査読無し
  • Apoptosis Inhibiting Genes and Caspase Inhibitors Improved Mammalian Cell Survival and enhanced Protein Production
    S.Terada, A.Ogawa, N.Yamamoto, M.Miki, T.Fujita, T.Yata, K.Fukuoka, H.Aisawa, T.Nagamune, E.Suzuki
    招待講演2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, BIOS O-516, Honolulu, USA  2000年12月
  • Cell-growth control by antibody/cytokine receptor chimera
    M.Kawahara, H.Ueda, T.Aburatani, A.Natsume, S.Terada, K.Tsumoto, W.Mahoney, I.Kumagai, T.Nagamune
    2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, BIOS O-512, Honolulu, USA  2000年12月
  • Lysozyme-dependent proliferation switch: hematopoietic and hybridoma cell growth control with the use of antibody/gp130 chimera
    M.Kawahara, A.Natsume, S.Terada, K.Kato, K.Tsumoto, I.Kumagai, M.Miki, W.C.Mahoney, H.Ueda, T.Nagamune
    JAACT’2000, Fukuoka, Japan, O-18  2000年11月
  • Establishing Apoptosis-Resistant Hepatoma Cell LineFor Artificial Liver
    S.Terada, N.Yamamoto, M.Miki, E.Suzuki
    JAACT’2000, Fukuoka, Japan, P3-1  2000年11月
  • The role of progesterone to regulate erythropoietin synthesis of human amniotic epithelial cells
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, K.Matsuura, N.Sakuragawa
    The 13th Annual Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT’2000), Fukuoka, Japan, O-13  2000年11月
  • Inducing Proliferation of Human Amniotic Epithelial (HAE) Cells for Cell Therapy
    S.Terada, K.Matsuura, S.Enosawa, M.Miki, A.Hoshika, S.Suzuki, N.Sakuragawa
    Cell Transplantation, 9, 701-704  2000年 査読有り
  • 免疫の境界・・・羊膜の細胞を利用する
    寺田 聡, 松浦 恵子
    バイオサイエンスとインダストリー, 57巻, 824-825  1999年12月 査読無し
  • Increasing Population of Human Amniotic Epithelial Cell for Allotransplantation
    S.Terada, A.Ogawa, N.Yamamoto, M.Miki, K.Matsuura, N.Sakuragawa
    Abstract of 16th Annual Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT), 17  1999年11月
  • Inducing Proliferation of Human Amniotic Epithelial Cell for Transplantation or for Cell Therapy
    S.Terada, K.Matsuura, M.Miki, N.Sakuragawa
    Abstract of 16th Annual Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT), 71  1999年04月
  • Human Amnion Epithelial (HAE) Cells Produce Erythropoietin (Epo) into Amniotic Fluid
    K.Matsuura, S.Terada, A.Hoshika, N.Sakuragawa
    Abstract of 16th Annual Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT), 203  1999年04月
  • Increasing antibody production by suppressing cell proliferation with controllable expression of cyclin inhibitor p21 and p27
    T.Fujita, S.Terada, H.Ueda, T.Nagamune, E.Suzuki
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 10, 171-175  1999年 査読無し
  • improvement of cell survival by inhibition of caspases playing key roles in apoptosis
    S.Terada, T.Yata, K.Fukuoka, H.Aizawa, T.Fujita, T.Nagamune, E.Suzuki
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 10, 185-189  1999年 査読無し
  • Human Amniotic Epithelial (HAE) Cells Express Erythropoietin (Epo) And Epo-Receptor
    K.Matsuura, A.Hoshika, S.Terada, N.Sakuragawa
    Animal Cell Technology : Products from Cells, Cells as Products, 16, 521-523  1999年 査読無し
  • アポトーシス(細胞死)耐性能付与技術 動物細胞の機能的利用に向けて
    寺田 聡, 矢田 剛, 福岡 克之, 相沢 寛史, 藤田 哲男, 長棟 輝行, 鈴木 栄二
    生物工学会誌, 77, 2-11  1999年 査読有り
  • A New Method For Measuring ATP Regeneration Rate By Using A pH Meter
    S.Yao, X.Shen, S.Terada, T.Nagamune, E.Suzuki
    Journal of Bioscience and Bioengineering, 87, 238-240  1999年 査読有り
  • Coexpression of bag-1 and bcl-2, Apoptosis Suppressing Genes : Prolonged Viable Culture Period of Hybridoma and Enhanced Antibody Production
    S.Terada, T.Komatsu, T.Fujita, A.Terakawa, T.Nagamune, S.Takayama, J.C.Reed, E.Suzuki
    Cytotech., 31, 141-149  1999年 査読有り
  • Poly[G] improved protein productivity of cell-free translation by inhibiting mRNase in wheat germ extract
    X.Shen, S.Yao, H.Fukano, S.Terada, A.Kitayama, T.Nagamune, E.Suzuki
    J.Biotechnol, 75, 221-228  1999年 査読有り
  • Effect of cytokines on growth of a mouse hybridoma cell line and its antibody production
    S.Terada, F.Makishima, H.Ueda, E.Suzuki
    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 9, 337-342  1998年07月 査読無し
  • Inhibition of apoptosis for using effectively mammalian cell lines
    S.Terada, T.Fujita, T.Yata, K.Fukuoka, H.Aisawa, T.Nagamune, E.Suzuki
    The Joint International meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology and the European Society Animal Cell Technology (JAACT/ESACT’98 Meeting), Kyoto, Japan 1998年06月
  • 細胞周期制御と有用タンパク生産
    寺田 聡
    生物工学会誌, 76, 6, 277  1998年03月 査読無し
  • Establishment of an Apoptosis-Resistant and Growth-Controllable Cell Line by Transfecting with Inducible Antisense c-Jun Gene
    Y.H.Kim, T.Iida, T.Fujita, S.Terada, A.Kitayama, H.Ueda, E.Prochowink, E.Suzuki
    Biotechnology and Bioengineerng, 58, 65-72  1998年 査読有り
  • Protein Productivity of Cell-Free Translation was Improved by Removing Phosphatase from Wheat Germ Extract with Immunoprecipitation
    X.C.Shen, S.L.Yao, S.Terada, T.Nagamune, E.Suzuki
    Biochemical Engineering Journal, 2, 23-28  1998年 査読有り
  • 血清飢餓培養の実現を目指した、ハイブリドーマ細胞への細胞死耐性能の付与
    寺田 聡, 伊藤 世人, 鈴木 栄二
    化学工学論文集, 24, 1, 161-164  1998年 査読有り
  • Sericin in the isolating solution improves the yield of islets isolated from the pancreas
    S.Yokoi,M.Murakami,M.Morikawa,T.Goi,A.Yamaguchi,S.Terada
    Cytotechnology 68(6) 2491-2502 2016年12月 査読有り
    S.Yokoi
  • Rakkyo fructan as a cryoprotectant for serum-free cryopreservation of mammalian cells
    Ogawa, Akiko;Mizui, Shinya;Chida, Yasuhito;Shimizu, Masafumi;Terada, Satoshi;Ohura, Takeshi;Kobayashi, Kyo-ichi;Yasukawa, Saori;Moriyama, Nobuyuki
    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING 118(1) 101-106 2014年
  • Sericin in the isolating solution improves the yield of islets isolated from the pancreas.
    Yokoi Shigehiro;Murakami Makoto;Morikawa Mitsuhiro;Goi Takanori;Yamaguchi Akio;Terada Satoshi
    Cytotechnology 68(6) 2016年
    :Approximately half of the transplantable pancreatic islet tissue is lost during isolation, including the digestion and purification steps. Modifying the isolation method could increase the yield. This would enable the one donor-one recipient concept and improve the therapeutic effects of islet transplantation. This study aims to improve islet transplantation by increasing the yield of islets from the pancreas, both the number of islets and their size. Therefore, we used a sericin-containing isolating solution. Rat pancreatic islets were isolated by collagenase digestion and hand picking. We refer to islets isolated with or without sericin in the isolation solution as the sericin and control group, respectively. Volume yield, endocrine function, and islet morphology were compared between the groups. Histological distribution of sericin was evaluated by immunofluorescence staining to examine its mechanism of action in pancreatic islets. The pancreatic islet yield in the sericin group was significantly higher than that in the control group. The endocrine function of islets in the sericin group was comparable to that of islets isolated by conventional methods. Sericin adhered to the surface of isolated pancreatic islets and colocalized with E-cadherin, a cell membrane protein, which might explain the cytoprotective effects of sericin. The islet morphology tended to be better preserved in the sericin group. Sericin could prevent cytoarchitectural damage during the isolation and purification process, resulting in increased pancreatic islet yield. This suggests that sericin could contribute to islet therapy by enhancing the stability of islets.
  • Real-time Noninvasive Monitoring of UV Light-induced Cell Death by the Deflection of a Probe Beam
    Wu, Xing-Zheng;Kato, Tomohisa;Terada, Satoshi
    ANALYTICAL SCIENCES 30(10) 1023-1025 2014年
  • Real-time Noninvasive Monitoring of UV Light-induced Cell Death by the Deflection of a Probe Beam
    WU Xing-Zheng;KATO Tomohisa;TERADA Satoshi
    Analytical Sciences 30(10) 1023-1025 2014年
    Cell death and its deregulation characterize numerous human diseases. Here, we report on real-time noninvasive monitoring of UV light-induced cell death by the deflection of a probe beam. UV light of 330 – 370 nm from a high-pressure Hg lamp illuminated cultured HepG2 cells, and at the same time a probe beam from a diode laser was passed through a vicinity of the HepG2 cell. The deflection signal of the probe beam, which was induced by changes of the concentration gradients in processes of the active materials movements across the cell membrane, was monitored. It was found that the deflection signals changed greatly after UV illumination, suggesting that the materials movements across the cell membrane were greatly affected by the UV illumination. After UV illumination of about 5400 – 7400 s at a light power of 0.028 W/cm2, the deflection signals became little changed with time, suggesting that the living cells had been killed by the UV illumination. This conclusion agreed well with cell viability determinations of the traditional trypan blue method.
  • Microbiome Analysis of Biofilms of Silver Nanoparticle-Dispersed Silane-Based Coated Carbon Steel Using a Next-Generation Sequencing Technique.
    Ogawa Akiko;Takakura Keito;Sano Katsuhiko;Kanematsu Hideyuki;Yamano Takehiko;Saishin Toshikazu;Terada Satoshi
    Antibiotics (Basel, Switzerland) 7(4) 2018年
    :Previously, we demonstrated that silver nanoparticle-dispersed silane-based coating could inhibit biofilm formation in conditions where seawater was used as a bacterial source and circulated in a closed laboratory biofilm reactor. However, it is still unclear whether the microbiome of a biofilm of silver nanoparticle-dispersed silane-based coating samples (Ag) differs from that of a biofilm of non-dispersed silane-based coating samples (Non-Ag). This study aimed to perform a microbiome analysis of the biofilms grown on the aforementioned coatings using a next-generation sequencing (NGS) technique. For this, a biofilm formation test was conducted by allowing seawater to flow through a closed laboratory biofilm reactor; subsequently, DNAs extracted from the biofilms of Ag and Non-Ag were used to prepare 16S rRNA amplicon libraries to analyze the microbiomes by NGS. Results of the operational taxonomy unit indicated that the biofilms of Non-Ag and Ag comprised one and no phyla of archaea, respectively, whereas Proteobacteria was the dominant phylum for both biofilms. Additionally, in both biofilms, Non-Ag and Ag, Marinomonas was the primary bacterial group involved in early stage biofilm formation, whereas Anaerospora was primarily involved in late-stage biofilm formation. These results indicate that silver nanoparticles will be unrelated to the bacterial composition of biofilms on the surface of silane-based coatings, while they control biofilm formation there.

著書

  • 動物細胞工学ハンドブック, 「アポトーシスとその制御」等4項目
    寺田 聡, 鈴木 栄二
    執筆、編集
    4項目担当
    寺田 聡, 鈴木 栄二(分担執筆, 日本動物細胞工学会編集) 朝倉書店 2000年01月
  • ティッシュエンジニアリングの展望 再生医療関連の産業化動向・日米比較
    寺田 聡
    執筆、編集
    分担執筆
    寺田 聡(分担執筆), セル&ティッシュエンジニアリング研究部会(編) 三恵社, 57-62 2002年03月
  • 生物工学実験書 (1.2.2)
    寺田 聡
    執筆、編集
    ELISA
    培風館 2002年04月
  • 再生医療実用化にむけた生物工学研究-米英および国内生物工学者の活動-
    大政 健史, 小山 純弘, 上平 正道, 川瀬 雅也, 紀ノ岡 正博, 黒澤 尋, 酒井 康行, 新海 政重, 高木 睦, 寺田 聡, 原 正之, 棟方 正信, 森山 剛, 八木 清仁, 山地 秀樹, 山本 進二郎, 王 碧昭
    執筆、編集
    分担
    三恵社 2003年03月
  • 「バイオミメティック組織デバイス」-開発の現状と将来展望-
    寺田 聡, 酒井 康行, 大政 健史, 井嶋 博之, 黒澤 尋, 新海 政重, 高木 睦, 王 碧昭
    執筆、編集
    複数の項目
    (株)三恵社 2004年03月
    4-88361-210-4 C3060
  • 抗体医薬のための細胞構築と培養技術
    小川亜希子, 寺田 聡
    執筆、編集
    植物由来多糖を利用した新規培地添加剤と抗体精製後廃液の再生利用
    株式会社シーエムシー出版 2010年06月

講演・口頭発表等

  • 細胞増殖促進を示す非哺乳類因子セリシン加水分解物のシグナル伝達
    栗山恭平、寺田聡、神道紀志
    北陸地区化学工学研究交流会 2017年12月 選考無し
  • 細胞への加熱ストレスと、セリシンによる保護効果
    細見知史、寺田聡、佐々木真宏、高橋潤
    日本動物細胞工学会 2017年07月 選考無し
  • セリシンによる細胞増殖促進作用の情報伝達経路の解明
    栗山恭平、寺田聡、佐々木真宏、高橋潤
    日本動物細胞工学会 2017年07月 選考無し
  • 培地を希釈することによる有用物生産の改善
    廣部崚馬、寺田聡、佐々木真宏、高橋潤
    日本動物細胞工学会 2017年07月 選考無し
  • ラッキョウ由来フルクタンによる細胞の凍結と細胞機能
    寺田聡,小川亜希子,小林恭一,森山展行
    Cryopreservation Conference 201 2017年11月 選考無し
  • 安価な新規増殖促進因子を用いた動物細胞の培養技術
    寺田 聡
    福井大学 新技術説明会 2007年11月 選考無し
  • 福井特産農作物から得られる多糖を用いた細胞凍結液の開発
    寺田 聡
    FUNTECフォーラム発表会 2007年11月 選考無し
  • 単一細胞の非侵襲的なビーム偏向測定及び化学試薬の細胞への毒性の研究
    加藤 智久, 寺田 聡, 呉 行正
    日本分析化学会第56年会 2007年09月 選考無し
  • 絹蛋白セリシン・ラッキョウフルクタンを利用した細胞培養によるバイオ医薬品生産
    寺田 聡
    福井大学 研究シーズ説明会 2007年09月 選考無し
  • 植物に由来する、動物細胞培養の新規添加因子フルクタン
    東屋 秀治, 寺田 聡, 小林 恭一
    日本生物工学会 2007年09月 選考無し
  • 動物細胞に対するセリシンの増殖促進機構の解析
    柳原 佳奈, 斉藤 卓也, 三木 正雄, 小川 亜希子, 佐々木 真宏, 山田 英幸, 寺田 聡
    日本生物工学会 2007年09月 選考無し
  • ラット各種臓器より作製した切片担体上でのラットインスリノーマ細胞株の培養
    柳原 佳奈, 斉藤 泰行, 寺田 聡, 三木 正雄, 竹澤 俊明
    日本生物工学会57回大会 2005年11月 選考無し
  • インスリン分泌細胞株の足場の検討
    金山 貴宜, 寺田 聡, 竹澤 俊明
    日本生物工学会57回大会 2005年11月 選考無し
  • セリシンの細胞増殖促進作用の検討
    高田 直樹, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本生物工学会57回大会 2005年11月 選考無し
  • セリシンを用いた無血清培養
    高田 直樹, 山下 達也, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • バイオ人工肝臓のための肝細胞株の検討
    垣外 梢, 成田 裕美, 寺田 聡
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • 培養中でのセリシンの活性持続
    高田 直樹, 伊東 一昭, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • セリシンを利用した無血清の細胞凍結液
    豊澤 智弘, 淡海 陽子, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • インターロイキン6により誘導される細胞内シグナル伝達機構の解析
    山下 達也, 田中 真人, 武村 和彦, 寺田 聡
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • 膵島の機能維持可能な体外培養技術の検討
    金山 貴宣, 三石 紘史, 寺田 聡, 木村 俊久, 山口 明夫
    化学工学会第37回秋季大会 2005年09月 選考無し
  • ビーム偏向法による単一細胞の非侵襲的な測定法の開発
    加藤 智久, 杉原 尚佑紀, 山下 達也, 小川 亜希子, 寺田 聡, 呉 行正
    日本分析化学会第54年会議要旨集 2005年09月 選考無し
  • 細胞培養材料としてセリシンの機能性
    寺田 聡
    戦略的地域産学官共同研究促進事業成果発表会 2005年08月 選考無し
  • 組織切片を足場に利用した、膵β細胞株の培養
    齋藤 恭行, 寺田 聡, 竹澤 俊明
    日本動物細胞工学会国内大会 2005年07月 選考無し
  • セリシンの細胞培養への有効性の検討(1)
    柳原 佳奈, 三木 正雄, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    2004年度日本動物細胞工学会国内大会 2005年07月 選考無し
  • セリシンの細胞培養への有効性の検討(2)
    柳原 佳奈, 斉藤 卓也, 高田 直樹, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本動物細胞工学会国内大会 2005年07月 選考無し
  • 糖鎖前駆体の細胞培養への影響
    林 めぐみ, 寺田 聡, 丸 勇史, 太田 泰弘
    日本動物細胞工学会国内大会 2005年07月 選考無し
  • セリシンを利用した無血清凍結技術
    豊澤 智弘, 淡海 陽子, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本動物細胞工学会国内大会 2005年07月 選考無し
  • 絹由来タンパク質セリシンを利用した細胞治療の無血清化
    寺田 聡
    第4回産学官連携推進会議 2005年06月 選考無し
  • バイオ医薬品生産と細胞治療のための新技術の開発 アポトーシス制御工学と、FBS代替セリシン(第1回 日本動物細胞工学会奨励賞受賞講演)
    寺田 聡
    第12回日本動物細胞工学会動物細胞工学シンポジウム 2005年05月 選考無し
  • 絹タンパク質sericinの膵島培養における有効性の検討
    森川 充洋, 木村 俊久, 片山 寛次, 山口 明夫, 寺田 聡, 三木 正雄
    第31回膵・膵島移植研究会 2005年03月 選考無し
  • バイオ人工肝臓装置内の酸素不足でも、機能持続可能な新規肝細胞株の樹立
    垣外 梢, 寺田 聡, 石村 純一, 大政 健史
    日本再生医療学会総会 2005年03月 選考有り
  • 絹由来タンパク質セリシンを利用した新規な無血清細胞凍結液の開発
    豊澤 智弘, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本再生医療学会総会 2005年03月 選考有り
  • 絹由来タンパク質セリシンを利用した、細胞治療の無血清化
    寺田 聡
    第3回産学交流プラザ 2005年03月 選考無し
  • 糖尿病治療細胞治療のための、膵島細胞の凍結・培養の無血清化
    寺田 聡, 金山 貴宜, 豊澤 智弘, 小川 亜希子, 木村 俊久, 山口 明夫, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会 第70年会 2005年03月 選考無し
  • 増殖応答の異なる細胞間でのIL-6のシグナル伝達経路の比較
    武村 和彦, 山下 達也, 寺田 聡
    日本農芸化学会2005 大会 2005年03月 選考無し
  • セリシンを利用した、細胞の無血清凍結保存
    豊澤 智弘, 林 めぐみ, 柳原 佳奈, 寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本農芸化学会 2005 大会 2005年03月 選考無し
  • 高大連携による高校の理科教育支援(Ⅱ)
    大久保 貢, 寺田 聡
    第52回応用物理学関係連合講演会 2005年03月 選考無し
  • 動物細胞を用いた有用物生産を、飛躍的に向上する技術
    寺田 聡
    産学官テクノプラザ金沢 2004年11月 選考無し
  • Sericin improved serum-free culture of rat pancreatic lslets and the cultured lslets were successfully transplanted into diadetes rats to lower blood-suger levels
    M.Morikawa, T.Kimura, M.Murakami, K.Katayama, S.Terada, M.Miki, Y.Akio
    The 17th annual and international meeting of the Japanese association for animal cell technology 2004年11月 選考有り
  • Development of sericin supplemented serum-free medium for lslet of langerhans
    A.Ogawa, S.Terada, M.Miki, 木村 俊久, Y.Akio, M.Sasaki, Yamada,H.
    The 17th annual and international meeting of the Japanese association for animal cell technology 2004年11月 選考有り
  • 組織切片上での培養による、インスリノーマ細胞の機能向上
    齋藤 恭行, 寺田 聡, 小川 亜希子, 三木 正雄, 竹澤 俊明
    日本生物工学会大会 2004年09月 選考無し
  • 低酸素分圧下での、アポトーシス抑制遺伝子発現肝細胞株の機能評価
    垣外 梢, 寺田 聡, 石村 純一, 三木 正雄, 大政 健史
    日本生物工学会大会 2004年09月 選考無し
  • 医療工学のための分子ナノテクノロジー
    寺田 聡
    北陸マイクロナノプロセスシンポジウム 2004年09月 選考無し
  • セリシンを利用した、ほ乳類細胞培養の無血清化
    寺田 聡, 豊澤 智弘, 山下 達也, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本生物工学会大会 2004年09月 選考無し
  • プローブ光の偏向を利用した細胞の非損傷、非侵襲的な生死判定
    杉原 尚祐紀, 辻 裕美子, 寺田 聡, 呉 行正
    日本分析化学会題53年会 2004年09月 選考無し
  • In vitro rat islet culture with silk protein sericin, a new culture medium instead of fetal bovine serum
    M.Morikawa, 木村 俊久, M.Murakami, K.Katayama, S.Terada, M.Miki, Y.Akio
    XX international congress of the transplantation society 2004年09月 選考有り
  • 膵島移植療法のための細胞工学・培養工学的検討
    寺田 聡, 小川亜希子, 三木 正雄, 森川充洋, 木村 俊久, 山口 明夫, 佐々木真宏, 山田英幸
    第4回糖尿病教育資源共有機構年次学術集会 2004年08月 選考無し
  • コラーゲンゲル薄膜:上皮間充織あるいは強度のある結合組織の再構築に適した三次元培養担体
    竹澤 俊明, 尾崎 克之, 高林 千幸, 二谷 綾, 下岡 正志, 金山 貴宜, 寺田 聡, 野谷 拓也, 王 碧昭
    第25回日本炎症・再生医学会 2004年07月 選考有り
  • 細胞培養のための新規添加因子としてのセリシン
    寺田 聡, 柳原 佳奈, 豊澤 智弘, 小川 亜希子, 高田 直樹, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会秋田大会 2004年07月 選考無し
  • セリシンを利用した、遺伝子治療用ベクターの安全かつ高効率な生産
    柳原 佳奈, 寺田 聡, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会秋田大会 2004年07月 選考無し
  • 絹由来タンパク質セリシンを利用した、新規な無血清細胞凍結液の開発
    豊澤 智弘, 寺田 聡, 熊谷 智彰, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会秋田大会 2004年07月 選考無し
  • プローブ光偏向を利用した、細胞に損傷を与えない、細胞生死を迅速に判定する技術
    呉 行正, 寺田 聡, 柳原 佳奈, 辻 裕美子
    化学工学会 第69年会 2004年04月 選考無し
  • バイオ人工肝臓のためのアポトーシス抑制遺伝子複数発現肝細胞株の樹立
    石村 純一, 垣外 梢, 寺田 聡, 三木 正雄, 大政 健史
    日本農芸化学会2004年度大会 2004年03月 選考無し
  • 組織切片上での膵β細胞の培養
    齋藤 恭行, 寺田 聡, 小川 亜希子, 三木 正雄, 竹澤 俊明
    第3回日本再生医療学会総会 2004年03月 選考有り
  • コラーゲンゲル薄膜を用いて培養したインスリノーマ細胞の形態と機能
    金山 貴宜, 寺田 聡, 小川 亜希子, 三木 正雄, 竹澤 俊明
    第3回日本再生医療学会総会 2004年03月 選考有り
  • 絹由来タンパク質セリシンの培地添加因子としての有用性
    柳原 佳奈, 寺田 聡, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本農芸化学会2004年度大会 2004年03月 選考無し
  • アポトーシス抑制遺伝子の過剰発現インスリノーマ細胞の低酸素培養下での生存とインスリン産生
    小川亜希子, 寺田 聡, 斎藤恭行, 金山貴宜, 三木正雄, 森川充洋, 木村俊久, 山口明夫
    第3回日本再生医療学会総会 2004年03月
  • 絹タンパク質Sericinの膵島培養における有効性の検討
    森川充洋, 木村俊久, 村上 真, 片山寛次, 山口明夫, 寺田 聡, 三木正雄
    第31回膵・膵島移植研究会 2004年03月
  • 抗アポトーシス遺伝子発現ラットインスリノーマによる低酸素培養下での細胞生存とインスリン産生
    小川亜希子, 寺田 聡, 齋藤恭行, 三木正雄, 森川充洋, 木村俊久, 山口明夫
    日本農芸化学会2004年度大会 2004年03月
  • バイオ人工肝臓のための細胞死耐性肝細胞株の樹立
    寺田 聡, 石村 純一, 齋藤 恭行, 小川 亜希子, 三木 正雄, 大政 健史, 鈴木 栄二
    第55回日本生物工学会大会 2003年09月 選考無し
  • セリシンによる細胞増殖促進と細胞保護効果
    寺田 聡, 柳原 佳奈, 豊澤 智弘, 垣外 梢, 金山 貴宜, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    第55回日本生物工学会大会 2003年09月 選考無し
  • Silk Protein Sericin as a Novel Autoclavable Growth Factor for Mammalian Cell Culture
    S.Terada, K.Yanagihara, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    11th European Congress on Biotechnology (ECB11) 2003年08月 選考有り
  • Generating anti-apoptotic cell lines for cell therapy and bio-artificial organ
    S.Terada, A.Ogawa, J.Ishimura, T.Kumagai, Y.Saito, M.Miki, T.Kimura, A.Yamaguchi
    11th European Congress on Biotechnology (ECB11) 2003年08月 選考有り
  • セリシンの細胞保護作用
    柳原 佳奈, 金山 貴宜, 豊澤 智弘, 垣外 梢, 寺田 聡, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本動物細胞工学会2003年度大会 2003年06月 選考無し
  • 新しい細胞培養の添加因子 絹由来タンパク質セリシン
    寺田 聡, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本動物細胞工学会2003年度大会 2003年06月 選考無し
  • アポトーシス抑制技術とGln流加の併用による効率的な物質生産
    坂井 尚人, 武村 和彦, 寺田 聡, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    日本動物細胞工学会2003年度大会 2003年06月 選考無し
  • セリシンによる細胞増殖促進
    寺田 聡, 垣外 梢, 金山 貴宜, 豊澤 智弘, 柳原 佳奈, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    日本動物細胞工学会2003年度大会 2003年06月 選考無し
  • バイオ人工肝臓のための細胞死耐性肝細胞株の樹立とその評価
    齋藤 恭行, 寺田 聡, 石村 純一, 三木 正雄, 大政 健史, 鈴木 栄二
    日本動物細胞工学会2003年度大会 2003年06月 選考無し
  • Feeding Nutrient to the Culture of Hybridoma Overexpressing Anti-Apoptosis Genes Amazingly Improved MoAb Production
    S.Terada, N.Sakai, K.Takemura, M.Miki, E.Suzuki
    The 18th Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT) 2003年05月 選考有り
  • Generating Anti-Apoptosis Cell Lines by Transfection for Bioartificial Liver and Cell Therapy
    A.Ogawa, S.Terada, T.Kumagai, J.Ishimura, Y.Saito, M.Miki, T.Omasa, E.Suzuki
    The 18th Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT) 2003年05月 選考有り
  • Silk Protein Sericin Accelerates Proliferation of Various Mammalian Cell Lines
    K.Yanagihara, S.Terada, Y.Saitoh, K.Takemura, T.Nishimura, M.Miki, M.Sasaki, H.Yamada
    The 18th Meeting of European Society Animal Cell Technology (ESACT) 2003年05月 選考有り
  • アポトーシス抑制技術を利用した、効率的なモノクローナル抗体生産
    寺田 聡, 武村 和彦, 坂井 尚人, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    化学工学会第68年会 2003年03月 選考無し
  • オートクレーブ滅菌が可能な培地添加剤(細胞増殖促進因子)、絹タンパク質セリシン
    寺田 聡, 柳原 佳奈, 斉藤 恭行, 武村 和彦, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    第2回日本再生医療学会 2003年03月 選考有り
  • ハイブリッド型人工肝臓用の新規肝細胞株の樹立とその機能評価
    寺田 聡, 斉藤 恭行, 石村 純一, 小川 亜希子, 熊谷 智彰, 三木 正雄, 大政 健史
    第2回日本再生医療学会 2003年03月 選考有り
  • カイコ由来タンパク質「セリシン」の動物細胞に対する保護効果
    寺田 聡, 斉藤 恭行, 柳原 佳奈, 西村 多衣子, 佐々木 真宏, 山田 英幸, 三木 正雄
    化学工学会第35回秋季大会, L121  2002年09月
  • 生産性向上を目的とした、アポトーシス抑制下での動物細胞培養の解析
    坂井 尚人, 寺田 聡, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    化学工学会第35回秋季大会, L123  2002年09月
  • 人工肝臓のための新規肝細胞株の樹立
    石村 純一, 寺田 聡, 熊谷 智彰, 武村 和彦, 三木 正雄, 大政 健史
    化学工学会第35回秋季大会, L124  2002年09月
  • 肝細胞株へのアポトーシス抑制遺伝子導入
    石村 純一, 寺田 聡, 熊谷 智彰, 三木 正雄, 大政 健史
    日本再生医療学会雑誌, 1, 105  2002年04月
  • カイコ由来タンパク質「セリシン」による動物細胞増殖誘導と, 培地添加剤としての有用性
    寺田 聡, 西村 多衣子, 佐々木 真宏, 山田 英幸, 三木 正雄
    化学工学会第67回年会, U123 2002年03月
  • 肝細胞株への細胞死耐性能の付与と肝機能の評価
    熊谷 智彰, 寺田 聡, 三木 正雄, 大政 健史, 鈴木 栄二
    化学工学会第67回年会, U307  2002年03月
  • プロゲステロンによる羊膜細胞のエリスロポエチン発現誘導
    小川 亜希子, 寺田 聡, 三木 正雄, 櫻川 宣男
    日本農芸化学会大会講演要旨集, 3-4Fp05, 152  2002年03月
  • 絹タンパク質セリシンの動物細胞培養への効果
    寺田 聡, 柳原 佳奈, 斉藤 恭行, 武村 和彦, 佐々木 真宏, 山田 英幸, 三木 正雄
    日本生物工学会大会講演要旨集, 205  2002年01月
  • 細胞死抑制型肝細胞の樹立と肝機能評価
    熊谷 智彰, 寺田 聡, 石村 純一, 三木 正雄, 大政 健史, 鈴木 栄二
    日本生物工学会大会講演要旨集, 209  2002年01月
  • セリシン蛋白の細胞機能に及ぼす作用
    武村 和彦, 寺田 聡, 斉藤 恭行, 柳原 佳奈, 三木 正雄, 佐々木 真宏, 山田 英幸
    化学工学会四日市大会研究発表講演要旨集, 41  2002年01月
  • Synthesis and release of erythropoietin by human amniotic epithelial cells
    松浦 恵子, 寺田 聡, 宮島 祐, 児矢野 聡, 星加 明徳, 桜川 宣男
    論文奨励賞受賞講演, 第148回東京医科大学医学会総会 2001年11月
  • 肝細胞への遺伝子導入による凍結耐性の獲得
    寺田 聡, 熊谷 智彰, 石村 純一, 山本 直大, 小川 亜希子
    招待講演, 第28回日本低温医学会総会 10-2  2001年11月
  • アポトーシス抑制技術を用いた有用細胞の創製
    寺田 聡, 小川 亜希子, 熊谷 智彰, 坂井 尚人, 山本 直大, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    化学工学会福井大会, A101  2001年07月
  • アポトーシスの制御機構
    坂井 尚人, 寺田 聡, 三木 正雄
    化学工学会福井大会, D132  2001年07月
  • アポトーシスの抑制下における動物細胞の培養解析
    坂井 尚人, 寺田 聡, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    化学工学会34回秋季大会, K303  2001年07月
  • 遺伝子導入によるアポトーシス耐性細胞株の創製
    寺田 聡, 熊谷 智彰, 山本 直大, 小川 亜希子, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    第9回細胞療法研究会, A-12  2001年04月
  • ハイブリッド型人工肝臓のための、アポトーシス耐性肝細胞株の創製
    寺田 聡, 山本 直大, 熊谷 智彰, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    第66化学工学会年会, O313  2001年04月
  • 人工肝臓のための肝細胞株の樹立
    熊谷 智彰, 寺田 聡, 山本 直大, 三木 正雄, 大政 健史, 菅 健一, 絵野沢 伸, 鈴木 栄二
    農芸化学会2001年度大会, 1S7p5  2001年03月
  • Growth control of IL-6-dependent hybridoma expressing Fv-gp130 chimera results in inexpensive antibody production
    河原 正浩, 夏目 暁人, 寺田 聡, 上田 宏, 津本 浩平, W.Mahoney, 熊谷 泉, 長棟 輝行
    化学工学会第33秋季大会講演要旨集CD-ROM  2000年09月
  • 羊膜細胞のエリスロポエチン生産に寄与する因子の検索
    寺田 聡, 小川 亜希子, 三木 正雄, 松浦 恵子, 桜川 宣男
    日本生物工学会第52大会講演要旨集, p.118 2000年08月
  • 人工肝臓のための、アポトーシス耐性肝細胞株の樹立
    山本 直大, 寺田 聡, 三木 正雄, 鈴木 栄二
    日本生物工学会第52大会講演要旨集, p.118  2000年08月
  • ヒト羊膜のエリスロポエチン生産に寄与する因子の検索
    小川 亜希子, 寺田 聡, 三木 正雄, 松浦 恵子, 桜川 宣男
    日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.154  2000年04月
  • アポトーシス抑制と細胞周期制御による動物細胞培養の有用物生産性
    鈴木 栄二, 寺田 聡, 伊藤 世人, 藤田 哲男, Y.H.Kim, 矢田 剛, 福岡 克之, 相沢 寛史
    日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.470  2000年04月
  • 細胞周期制御、アポトーシス抑制による動物細胞機能の制御技術の開発
    寺田 聡
    研究奨励賞受賞講演, 化学工学会第65年会 2000年03月
  • Human amniotic epithelial cells produce erythropoietin
    寺田 聡, 三木 正雄, 松浦 恵子, 櫻川 宣男
    化学工学会第32秋季大会要旨集, PO-17  1999年09月
  • 細胞療法を目指した、ヒト羊膜細胞の培養工学的検討
    寺田 聡, 三木 正雄, 松浦 恵子, 絵野沢 伸, 鈴木 盛一, 櫻川 宣男
    第7回細胞療法研究会抄録集, S2-8, 18  1999年04月
  • ヒト羊膜によるエリスロポエチン産生
    寺田 聡, 三木 正雄, 松浦 恵子, 櫻川 宣男
    日本農芸化学会1999年度大会要旨集, 2p486D, 181  1999年03月
  • ヒト羊膜細胞の増殖誘導 セルセラピーを目指して
    寺田 聡, 三木 正雄, 松浦 恵子, 櫻川 宣男
    化学工学会第64年会要旨集, D320  1999年03月
  • 動物細胞による有用物質生産増強のための,アポトーシス抑制と増殖制御
    寺田 聡, 矢田 剛, 相沢 寛史, 藤田 哲男, 長棟 輝行, 鈴木 栄二
    化学工学会第63年会研究発表講演要旨集3, I316  1998年11月
  • 細胞療法を目指した、ヒト羊膜細胞の増殖誘導
    寺田 聡, 松浦 恵子, 絵野沢 伸, 鈴木 盛一, 桜川 宣男
    第41回日本先天代謝異常学会  1998年
  • 絹タンパク質sercinとalbuminを用いた無血清培地によるラットにおける長期膵島培養 への有効性の検討
    森川充洋,西野拓磨,村上 真,藤本大裕,小練研司,廣野靖夫,前田浩幸,五井孝憲,片山寛次,寺田 聡,山口明夫
    第116回日本外科学会定期学術集会 2016年04月 選考有り

共同研究

  • セリシンペプチドの細胞保護効果 2015年度
  • セリシンを利用した新しい細胞培養のための添加剤の開発 2007年度
  • セリシンを利用した新しい細胞培養のための添加剤の開発 2006年度
  • 動物細胞培養へのN-アセチルマンノサミン(ManNAc)誘導体添加の作用の検討 2005年度
  • 絹由来タンパク質セリシンの細胞培養・生化学実験への利用に関する研究 2005年度
  • N-アセチルマンノサミン(ManNAc)及びその誘導体を利用した糖鎖付加の安定化研究 2005年度
  • N-アセチルマンノサミン(ManNAc)を利用した糖鎖付加の安定化研究 2004年度

特許

  • 特許4618648:免疫測定用ブロッキング剤組成物およびそれを用いたブロッキング方法
    小川 亜希子、佐々木 真弘、山田 英幸、寺田 聡
    特番4618648
  • 特許5140829:培地添加因子
    寺田聡
    特番5140829
  • 特許5699300:酵素安定化剤
    寺田聡、佐久間紹子、柳原佳奈、竹下悟史、小林恭一、大浦剛
    特番5699300
  • 特許586791:細胞の凍結保存液および凍結保存方法
    寺田聡、柳原佳奈,水井慎也,小川亜希子,小林恭一,大浦剛、福田忠義、森山展行、安川沙織、久留宮元宮元
    特番586791
  • 培地添加因子
    寺田 聡,
    特願2007-069284
  • 免疫測定用ブロッキング剤組成物およびそれを用いたブロッキング方法
    小川亜希子,佐々木真宏,山田英幸,寺田 聡,
    特願2006-074835
  • 特許特願2003-355138:「新規光学顕微鏡、及び、ビーム偏向の検出を利用した細胞観察方法」
    呉 行正,寺田 聡,
    特番特願2003-355138
  • 特許公開番号: WO 02/086133 A1 :Medium additives and media for culturing animal cells
    M.Sasaki,H.Yamada,K.Osada,S.Terada,
    特番公開番号: WO 02/086133 A1
  • 特許4047176:培地添加剤および動物細胞培養用培地
    佐々木 真宏,山田 英幸,長田 勝栄,寺田 聡,
    特番4047176

受賞

  •  日本動物細胞工学会 第1回JAACT奨励賞2005年
    バイオ医薬品生産と細胞治療のための新技術の開発 アポトーシス制御工学と、FBS代替因子セリシン
  •  東京医大医学会 論文奨励賞2001年
    Synthesis and Release of Erythropoietin by Human Amniotic Epithelial Cells
  •  化学工学会 化学工学会 研究奨励賞(内藤雅喜記念賞)2000年
    細胞周期制御、アポトーシス制御による動物細胞機能の制御技術の開発

科学研究費補助金

  • 単一細胞の膜内外物質輸送の非侵襲的なビーム偏向リアルタイム計測及び電気泳動分析特定領域研究(継続領域)
    代表者:呉 行正 2008年度
    細胞培養、従来法による評価
  • プローブ光の偏向を利用した化学物質の細胞への毒性の迅速判定技術の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:呉 行正 2007年度
    細胞培養、従来法による評価
  • 膵島移植療法実現のための、膵島調製・体外培養技術の確立基盤研究(C)一般
    代表者:寺田 聡 2006年度
  • 膵島移植療法実現のための、膵島調製・体外培養技術の確立基盤研究(C)一般
    代表者:寺田 聡 2005年度
  • 機能付与による、細胞療法・再生医工学のための有用動物細胞株の創製若手研究B
    代表者:寺田 聡 2003年度

教育活動情報

担当授業

  • バイオの世界
  • 科学演習
  • 生物化学Ⅰ
  • 生物応用化学演習Ⅰ
  • 細胞工学
  • 生物応用化学実験Ⅰ
  • 生物応用化学特別演習及び実験Ⅰ
  • 細胞工学ゼミナールⅠ
  • 細胞工学ゼミナールⅡ
  • 生物工学特論

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • ES細胞の生存率向上 セーレンが保存液 絹たんぱく質を利用2008年03月 日本経済新聞
  • ES細胞機能低下抑制 保存液,セシリンで開発 セーレンと寺田准教授 きょう医療学会,発表2008年03月 福井新聞,日刊県民福井
  • ようこそ研究室へ 細胞工学 繭糸成分で新産業を2007年12月 福井新聞
  • ES細胞の生存率向上 セーレンが保存液 絹たんぱく質を利用2008年03月 日本経済新聞
  • ES細胞機能低下抑制 保存液,セシリンで開発 セーレンと寺田准教授 きょう医療学会,発表2008年03月 福井新聞,日刊県民福井
  • ようこそ研究室へ 細胞工学 繭糸成分で新産業を2007年12月 福井新聞