謝 敏カク

所属部署名脳機能発達研究部門
教員組織脳機能発達研究部門
教育研究組織子どものこころの発達研究センター
職名助教
更新日: 19/11/29 15:04

研究者基本情報

氏名

    謝 敏カク
    シャ ビンカク
    Xie Min-Jue

所属

  •  脳機能発達研究部門 助教

学歴

  • 1997年04月- 2001年03月金沢大学
  • 1884年09月- 1990年07月その他 医学科

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2008年福井大学医学部 助教
  • 2006年- 2008年福井大学医学部 COE 研究員
  • 2004年- 2006年独立行政法人 科学技術振興機構事業 研究員
  • 2001年- 2003年フランス国立健康医学研究所(INSERM) 博士研究員
  • 1990年- 1996年中国上海第二医科大学付属仁済病院 内科医員

所属学協会

    日本解剖学会 一般会員,日本神経科学会 一般会員,日本神経化学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Subcellular distribution of non-muscle myosin IIb is controlled by FILIP through Hsc70.
    H.Yagi, T.Takabayashi, MJ.Xie, K.Kuroda, M.Sato
    PLoS ONE 12(2) e0172257 2017年02月 査読有り
  • Filamin A interacting protein plays a role in proper positioning of callosal projection neurons in the cortex
    Yagi H, Oka Y, Komada M, Xie MJ, Noguchi K, Sato M
    Neurosci Lett 612 18-24 2016年01月 査読有り
  • DBZ Regulates Cortical Cell Positioning and Neurite Development by Sustaining the Anterograde Transport of Lis1 and DISC1 through Control of Ndel1 Dual-Phosphorylation
    Okamoto, Masayuki;Iguchi, Tokuichi;Hattori, Tsuyoshi;Matsuzaki, Shinsuke;Koyama, Yoshihisa;Taniguchi, Manabu;Komada, Munekazu;Xie, Min-Jue;Yagi, Hideshi;Shimizu, Shoko;Konishi, Yoshiyuki;Omi, Minoru;Yoshimi, Tomohiko;Tachibana, Taro;Fujieda, Shigeharu;Katayama, Taiichi;Ito, Akira;Hirotsune, Shinji;Tohyama, Masaya;Sato, Makoto
    JOURNAL OF NEUROSCIENCE 35(7) 2942-2958 2015年02月
  • Filamin A-interacting protein (FILIP) is a region-specific modulator of myosin 2b and controls spine morphology and NMDA receptor accumulation
    H.Yagi, T.Nagano, Xie, M-J, H.Ikeda, K.Kuroda, M.Komada, T.Iguchi, RM.Tariqur, S.Morikubo, K.Noguchi, K.Murase, M.Okabe, M.Sato
    Sci. Rep. 4 6353 2014年09月 査読有り
  • Anxiety- and depression-like behavior in mice lacking the CD157/BST1 gene, a risk factor for Parkinson's disease
    O.Lopatina, T.Yoshihara, T.Nishimura, J.Zhong, S.Akther, AA.Fakhrul, M.Liang, C.Higasida, K.Sumi, K.Furuhata, Y.Inahata, JJ.Huang, K.Koizumi, S.Yokoyama, T.Tsuji, Y.Petugina, A.Sumarokov, AB.Salmina, K.Hashida, Y.Kitao, O.Hori, M.Asano, Y.Kitamura, T.Kozaka, K.Shiba, F.Zhong, MJ.Xie, M.Sato, K.Ishihara, H.Higashida
    Front Behav Neurosci 22(8) 133 2014年04月 査読有り
  • WAVE2-Abi2 Complex Controls Growth Cone Activity and Regulates the Multipolar-Bipolar Transition as well as the Initiation of Glia-Guided Migration
    MJ.Xie, H.Yagi, K.Kuroda, CC.Wang, M.Komada, H.Zhao, A.Sakakibara, T.Miyata, K.Nagata, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    Cereb. Cortex 23(6) 1410-1423 2012年05月 査読有り
  • LL5β directs the translocation of Filamin A and SHIP2 to sites of PtdIns(3,4,5)P3 accumulation and PtdIns(3,4,5)P3 localization is mutually modified by co-recruited SHIP2
    T.Takabayashi, M-J.Xie, S.Takeuchi, M.Kawasaki, H.Yagi, M.Okamoto, RM.Triqur, F.Malik, K.Kuroda, C.Kubota, S.Fujieda, T.Nagano, M.Sato
    J.Biol.Chem. 285(21) 16155-16165 2010年05月 査読有り
  • A novel sensitive immunoassay method based on the Invader technique
    Xie, M-J, K.Fukui, M.Horie, Y.Sakashita, K.Hashino, H.Kimura, K.Matsumoto
    Anal. Biochem. 374(2) 278-284 2008年05月 査読有り
  • Suppressive Effect of Herbal Medicine Saikokeishito on Acinar Cell Apoptosis in Rat Spontaneous Chronic Pancreatitis
    SB.Su, Xie, M-J, N.Sawabu, Y.Motoo
    Pancreatology 7(1) 28-36 2007年04月 査読有り
  • The N-terminal region is important for the nuclease activity and thermostability of the flap endonuclease-1 from Sulfolobus tokodaii
    M.Horie, K.Fukui, Xie, M-J, Y.Kageyama, K.Hamada, Y.Sakihama, K.Sugimori, K.Matsumoto
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 71(4) 855-865 2007年04月 査読有り
  • TP53INP1 expression is repressed by miR-155 and its restoration inhibits pancreatic tumor development
    M.Gironella, M.Seux, Xie, M-J, C.Cano, R.Tomasini, J.Gommeaux, S.Garcia, J.Nowak, ML.Yeung, KT.Jeang, A.Chaix, L.Fazli, Y.Motoo, Q.Wang, P.Rocchi, A.Russo, M.Gleave, JC.Dagorn, JL.Iavanna, A.Carrier, MJ.Pebusque, NL.Dusetti
    Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 104(41) 16170-16175 2007年01月 査読有り
  • Tumor protein p53-induced nuclear protein 1 (TP53INP1) in spontaneous chronic pancreatitis in the WBN/Kob rat: drug effects on its expression in the pancreas
    Jiang.PH, Motoo.Y, Iovanna.JL, Pebusque.MJ, Xie, M-J, G.Okada, N.Sawabu
    JOP 5(4) 205-216 2004年06月 査読有り
  • Expression of interleukin-8 in human obstructive pancreatitis
    Motoo.Y, H.Mouri, Xie, M-J, N.Sawabu
    JOP 5(3) 138-144 2004年05月 査読有り
  • FOP-FGFR1 tyrosine kinase, the product of a t(6;8) translocation, induces a fatal myeloproliferative disease in mice
    G.Guasch, B.Delaval, C.Arnoulet, Xie, M-J, L.Xerri, D.Sainty, D.Birnbaum, MJ.Pebusque
    Blood 103(1) 309-3012 2004年01月 査読有り
  • Overexpression of pancreatitis-associated protein (PAP) in human pancreatic ductal adenocarcinoma
    Xie, M-J, Y.Motoo, JL.Iovanna, SB.Su, K.Ohtsubo, F.Matsubara, N.Sawabu
    Dig. Dis. Sci. 48(3) 459-464 2003年03月 査読有り
  • Superoxide dismutase is induced during rat pancreatic acinar cell injury
    SB.Su, Y.Motoo, Xie, M-J, H.Mouri, K.Asayama, N.Sawabu
    Pancreas 24(2) 146-152 2002年03月 査読有り
  • Induction of chemokine in rat pancreatic acinar cell injury
    Xie, M-J, Y.Motoo, SB.Su, H.Mouri, N.Sawabu
    Pancreas 24(2) 198-204 2002年03月 査読有り
  • Effect of carboxamide derivative (IS-741) on rat spontaneous chronic pancreatitis
    Xie, M-J, Y.Motoo, JL.Iovanna, N.Sawabu
    Dig. Dis. Sci. 47(1) 139-147 2002年01月 査読有り
  • Expression of clusterin in human pancreatic cancer
    Xie, M-J, Y.Motoo, SB.Su, H.Mouri, K.Ohtsubo, F.Matsubara, N.Sawabu
    Pancreas 25(3) 234-238 2002年01月 査読有り
  • Effect of camostat mesilate on the expression of pancreatitis-associated protein (PAP), p8 and cytokines in rat spontaneous chronic pancreatitis
    SB.Su, Y.Motoo, JL.Iovanna, Xie, M-J, N.Sawabu
    Pancreas 23(2) 134-140 2001年08月 査読有り
  • p8 expression is induced in the acinar cells during chronic pancreatitis
    Y.Motoo, JL.Iovanna, GV.Mallo, SB.Su, Xie, M-J, N.Sawabu
    Dig. Dis. Sci. 46(8) 1640-1646 2001年08月 査読有り
  • Overexpression of p8 is inversely correlated with apoptosis in pancreatic cancer
    SB.Su, Y.Motoo, JL.Iovanna, P.Berthezene, Xie, M-J, H.Mouri, K.Ohtsubo, F.Matsubara, N.Sawabu
    Clin. Cancer Res. 7(5) 1320-1324 2001年05月 査読有り
  • Expression of tumor necrosis factor-alpha, interleukin-6, and interferon-gamma in spontaneous chronic pancreatitis in the WBN/Kob rat
    Xie, M-J, Y.Motoo, SB.Su, N.Sawabu
    Pancreas 22(4) 400-408 2001年05月 査読有り
  • Expression of clusterin in pancreatic acinar cell injuries in vivo and in vitro
    Xie, M-J, Y.Motoo, SB.Su, N.Sawabu
    Pancreas 22(2) 126-134 2001年03月 査読有り
  • Expression of p8 in human pancreatic cancer
    SB.Su, Y.Motoo, JL.Iovanna, Xie, M-J, H.Mouri, K.Ohtsubo, Y.Yamaguchi, H.Watanabe, T.Okai, F.Matsubara, N.Sawabu
    Clin. Cancer Res. 7(2) 309-313 2001年02月 査読有り
  • Antifibrotic effect of herbal medicine Saiko-keishi-to (TJ-10) on chronic pancreatitis in the WBN/Kob rat
    SB.Su, Y.Motoo, Xie, M-J, H.Taga, N.Sawabu
    Pancreas 22(1) 42233 2001年01月 査読有り
  • Apoptosis in rat spontaneous chronic pancreatitis: role of the Fas and Fas ligand system
    SB.Su, Y.Motoo, Xie, M-J, N.Sawabu
    Dig. Dis. Sci. 46(1) 166-175 2001年01月 査読有り
  • Effect of herbal medicine Keishi-to (TJ-45) and its components on rat pancreatic acinar cell injuries in vivo and in vitro
    Y.Motoo, SB.Su, Xie, M-J, H.Mouri, H.Taga, N.Sawabu
    Pancreatology 1(2) 102-109 2001年01月 査読有り
  • Pancreatitis-associated protein levels in pancreatic juice from patients with pancreatic diseases
    Y.Motoo, H.Watanabe, Y.Yamaguchi, Xie, M-J, H.Mouri, K.Ohtsubo, T.Okai, T.Wakabayashi, N.Sawabu
    Pancreatology 1(1) 43-47 2001年01月 査読有り
  • Effect of herbal medicine Saiko-keishi-to (TJ-10) on rat spontaneous chronic pancreatitis: comparison with other herbal medicines
    Y.Motoo, SB.Su, Xie, M-J, H.Taga, N.Sawabu
    Int. J. Pancreatol. 45(1) 151-159 2000年04月 査読有り
  • Expression of transforming growth factor beta in spontaneous chronic pancreatitis in the WBN/Kob rat
    SB.Su, Y.Motoo, Xie, M-J, K.Miyazono, N.Sawabu
    Dig. Dis. Sci. 45(1) 151-159 2000年01月 査読有り
  • Arginine induces apoptosis and pancreatitis-associated protein (PAP) gene expression in rat pancreatic acinar AR4-2J cells
    Y.Motoo, H.Taga, SB.Su, Xie, M-J, N.Sawabu
    Pancreas 20(1) 61-66 2000年01月 査読有り
  • Expression of pancreatitis-associated protein (PAP) in rat spontaneous chronic pancreatitis: effect of herbal medicine Saiko-keishi-to (TJ-10)
    SB.Su, Y.Motoo, Xie, M-J, J.Sakai, H.Taga, N.Sawabu
    Pancreas 19(3) 239-247 1999年01月 査読有り
  • Effects of Buyang Huanwu decoction combined with edaravone on mitochondrial apoptotic pathway of nerve cells in mice with cerebral ischemia-reperfusion injury.
    FF.Zhong, CL.Wu, YX.Zhang, XF.Sun, MJ.Xie, M.Sato.
    Int J Clin Exp Med 10(4) 6749-6755 2017年 査読有り
  • PIP3-Phldb2 is crucial for LTP regulating synaptic NMDA and AMPA receptor density and PSD95 turnover.
    MJ.Xie, Y.Ishikawa, H.Yagi, T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, K.Iwata, H.Kiyonari, S.Matsuda, H.Matsuzaki, M.Yuzaki, Y.Fukazawa and M.Sato.
    Sci Rep. 9(1) 4305 2019年03月 査読有り
    M.Sato

講演・口頭発表等

  • Phosphoinositide responsive Phldb2 regulates synaptic plasticity.
    MJ.Xie, H.Yagi, T.Iguchi, Y.Oka, Y.Fukazawa, H.Matsuzaki, K.Iwata, Y.Ishikawa, M.Sato.
    The Society for Neuroscience 46th annual meeting 2016年11月 選考有り The Society for Neuroscience
  • Phldb2, a phosphoinositide mediator, regulates synaptic plasticity through AMPA reseptor and CaMKⅡ.
    謝 敏かく、八木 秀司、猪口 徳一、岡 雄一郎、黒田 一樹、深沢 有吾、松崎 秀夫、岩田 圭子、石川 保幸、佐藤 真
    第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会合同年会 2016年09月 選考有り 日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
  • 膜脂質結合タンパク質Phldb2を介したAMPA受容体局在制御機構
    謝 敏カク、八木 秀司、 猪口  徳一、 岡 雄一郎、 黒田  一樹、 深澤 有吾、松崎 秀夫、岩田 圭子、 柚崎 通介、松田 信爾、石川 保幸、佐藤 真
    第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016年03月
  • 海馬神経細胞におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹、謝 敏カク、深澤 有吾、猪口 徳一、岡 雄一郎、八木 秀司、佐藤 真
    日本解剖学会第75回中部支部学術集会 2015年10月
  • FILIP-related molecule binds to NMDA receptor and controls spine maturation and synaptic function of the hippocampal neuron
    K.Kuroda, H.Yagi, MJ.Xie, Y.Fukazawa, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato.
    Society for Neuroscience 2015 2015年10月
  • FILIP-related molecule binds to NMDA receptor and controls spine maturation and synaptic function of the hippocampal neuron
    K.Kuroda, H.Yagi, MJ. Xie, M.Omi, Y.Fukazawa, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato.
    第38回日本神経科学大会 2015年07月
  • Phldb2 regulates the synaptic plasticity
    MJ.Xie, H.Yagi, T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, Y. Fukazawa, H.Matsuzaki, K.Iwata, M.Yuzaki, S.Matsuda, Y.Ishikawa, M.Sato
    第38回日本神経科学大会 2015年07月
  • 神経細胞のスパインにおけるNMDA受容体と結合するFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 八木 秀司, 謝 敏カク, 尾身 実, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 佐藤 真
    第120回日本解剖学会、第92回日本生理学会大会 2015年03月 選考無し 0
  • 脂質関連分子はLTD誘導後のシナプスでのAMPA受容体のエンドサイトーシスを制御する
    謝 敏カク, 佐藤 真
    第41回日本脳科学会 2014年11月 選考無し 0
  • Phldb2はLTD誘導後のシナプスでのAMPA受容体のエンドサイトーシスを制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口  徳一, 岡 雄一郎, 黒田  一樹, 柚崎 通介, 松田 信爾, 石川 保幸, 佐藤 真
    第36回日本生物学的精神医学会、第57回日本神経化学会大会 2014年09月 選考無し 0
  • Phldb2は樹状突起スパインの成熟および可塑性を制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 岡 雄一郎, 柚崎 通介, 松田信爾, 石川 保幸, 佐藤 真
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考無し 0
  • 神経細胞のスパインにおけるFILIP関連分子の生体における機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 尾身 実, 八木 秀司, 佐藤 真
    第119回日本解剖学会・全国学術集会 2014年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Phld2 regulates the maturation of dendritic spines and AMPA receptor endocytosis during long-term depression.
    Xie, M-J, H.Yagi, T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, M.Yuzaki, S.Matsuda, T.Shirao, Y.Ishikawa, M.Sato
    Society For Neuroscience 2013 2013年11月 選考有り Society For Neuroscience
  • FILIP-related molecule controls spine maturation and synaptic function in the hippocampal neuron via non-muscle myosin Ⅱb.
    K.Kuroda, H.Yagi, Xie, M-J, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2013 2013年11月 選考有り Society For Neuroscience
  • Phldb2はAMPA受容体のエンドサイトーシスおよびLTDを制御する
    謝 敏カク
    第14回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ 2013年08月 選考有り ORIGIN神経科学研究会
  • Phldb2は樹状突起スパインの成熟および化学的LTD誘導後のシナプスでのAMPA受容体のエンドサイトーシスを制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 黒田 一樹, 柚崎 通介, 松田 信爾, 白尾 智明, 石川 保幸, 佐藤 真
    Neuro2013 2013年06月 選考有り 0
  • FILIP関連分子によるMyosin-Ⅱbを介した神経細胞野スパイン形成の制御とシナプス可塑性における機能解析
    黒田 一樹, 八木 秀司, 謝 敏カク, 岡 雄一郎, 猪口 徳一, 佐藤 真
    Neuro2013 2013年06月 選考有り 0
  • 神経細胞の棘状突起(スパイン)形成におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 尾身 実, 王 振吉, 八木 秀司, 佐藤 真
    第118回日本解剖学会・全国学術集会 2013年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Analyses on the potential candidates of collateral branch inducing factor that are specifically expressed in the targets of axon collaterals from the corticospinal projection.
    T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, CC.Wang, MJ.Xie, H.Yagi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • FILIP-related molecule controls spine maturation in the hippcampal neuron via non-muscle myosin llb.
    K.Kuroda, H.Yagi, MJ.Xie, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • A2-pancortins especially Pancortin-4, are involved in the neuronal cell desth after the ischemic stroke during the growth period.
    CC.Wang,, K.Kuroda, MJ.Xie, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • FILIPによるアクチンミオシン調節能の棘突起動態変化への関与
    八木 秀司, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 永野 隆, 池田 弘, 猪口 徳一, 村瀬 一之, 岡部 勝, 佐藤 真
    第35回日本神経科学大会 2012年09月 選考有り 日本神経科学会
  • WAVE-Abi2複合体はradial migration時の成長円錐の活性化およびmultipolar-bipolar transitionとglia-guided migrationの開始を制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 黒田 一樹, 王 振吉, 駒田 致和, 岡 雄一郎, 猪口 徳一, 佐藤 真
    第35回日本神経科学大会 2012年09月 選考有り 日本神経科学会
  • 神経細胞の棘状突起(スパイン)形成におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 猪口 徳一, 駒田 致和, 岡 雄一郎, 王 振吉, 八木 秀司, 佐藤 真
    第117回日本解剖学会・全国学術集会 2012年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Filip is involved in the morphological control of dendritic spine through actomyosin regulation
    H.Yagi, K.Kuroda, MJ.Xie, H.Ikeda, T.Iguchi, M.Komada, K.Murase, M.Okabe, K.Noguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2012 2012年01月 選考有り Society For Neuroscience
  • Dendritic growth cone activities, regulated by Abl kinase and Cdk5 via WAVE2-Abi2, are essential for completing multipolar-bipolar transition and starting glia-guided locomotion.
    Xie, M-J, H.Yagi, K.Kuroda, Wang C.-C., M.Komada, T.Iguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り Society For Neuroscience
  • 大脳皮質でのglia-guided locomotionの開始には、樹状突起の成長円錐が重要である
    謝 敏カク, 八木 秀司, 黒田 一樹, 駒田 致和, 猪口 徳一, 佐藤 真
    第34回日本神経科学大会 2011年09月 選考有り 日本神経科学会
  • 神経棘突起の形態調節におけるFILIPの役割
    八木 秀司, 謝 敏カク, 池田 弘, 駒田 致和, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 岡部 勝, 佐藤 真
    第34回日本神経科学大会 2011年09月 選考有り 日本神経科学会
  • 中間前駆細胞の増殖・分化におけるヘッジホッグシグナルの役割
    駒田 致和, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    第34回日本神経科学大会 2011年09月 選考有り 日本神経科学会
  • Filip play a role in cortical development and spine morphology.
    H.Yagi, Xie, M-J, H.Ikeda, M.Komada, T.Iguchi, K.Kuroda, M.Okabe, M.Sato
    第54回日本神経化学会大会 2011年09月 選考有り 日本神経化学会
  • Intermediate progenitorの増殖・分化におけるHedgehogシグナルの役割
    駒田 致和, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    第51回日本先天異常学会学術集会 2011年07月 選考有り 日本先天異常学会
  • FILIPの新たな側面:FILIP欠損による梨状葉神経細胞棘突起の形態変化
    八木 秀司, 謝 敏カク, 池田 弘, 駒田 致和, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 岡部 勝, 佐藤 真
    第116回日本解剖学会・全国学術集会 第88回日本生理学会大会 2011年03月 選考有り 日本解剖学会、日本生理学会
  • 大脳皮質形成期の法線方向移動における神経細胞の多極性から双極性への形態変化に成長円錐が重要である
    謝 敏カク, 黒田 一樹, 八木 秀司, 駒田 致和, 猪口 徳一, 佐藤 真
    第116回日本解剖学会・全国学術集会 第88回日本生理学会大会 2011年03月 選考有り 日本解剖学会、日本生理学会
  • LL5βは樹状突起スパインの形成及び成熟を制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口 徳一, 白尾 智明, 佐藤 真
    Neuro2010 2010年09月 選考有り 日本神経化学会、日本神経科学会
  • 誘導型遺伝子発現系を利用した神経回路形成におけるアミロイド前駆体たんぱく質の機能解析
    猪口 徳一, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    Neuro2010 2010年09月 選考有り 日本神経化学会、日本神経科学会
  • 脳皮質形成関連因子の神経回路形成における機能解析~トランスポゾンによる染色体遺伝子導入と遺伝子発現誘導系を用いたアプローチ
    猪口 徳一, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    第115回日本解剖学会・全国学術集会 2010年03月 選考有り 日本解剖学会
  • 胎仔期神経発生におけるアクチン繊維の可視化
    八木 秀司, 謝 敏カク, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 佐藤 真
    第115回日本解剖学会・全国学術集会 2010年03月 選考有り 日本解剖学会
  • 脳皮質形成の神経細胞移動においてAbi2はWAVE-Arp2/3を介して重要な役割を担う
    謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    第52回日本神経化学会大会 2009年06月 選考有り 日本神経化学会
  • 脂質の細胞内時空間調節に関わる分子群による細胞移動制御と大脳皮質構築
    謝 敏カク, 高林 哲司, 岡本 昌之, 八木 秀司, 佐藤 真
    第114回日本解剖学会・全国学術集会 2009年03月 選考有り 日本解剖学会
  • FILIP(Filamin A-Interacting Protein)分子と相互作用する分子の検索
    八木 秀司, 謝 敏カク, 佐藤 真
    第114回日本解剖学会・全国学術集会 2009年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Phosphatidylinositol (3,4,5)-triphosphate associated factor LL5βregulates morphology and maturation of dendritic spines
    Xie, MJ, H.Yagi, T.Iguchi, M.Sato
    Costruction and Reconstruction of the Brain 2009年01月 選考有り 大阪大学グローバルCOEプログラム”System Dynamics of Biological Fuction",淡路島"
  • Abi2は非筋肉性ミオシンⅡ型の相互作用によってラディアルマイグレーションを制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 岡本 昌之, 佐藤 真
    第51回日本神経化学会大会 2008年09月 選考有り 日本神経化学会
  • FILIP欠損による大脳皮質の異常と行動異常の検討
    八木 秀司, 池田 弘, 山崎 信幸, 宮川 剛, 岡部 勝, 謝 敏カク, 佐藤 真
    第51回日本神経化学会大会 2008年09月 選考有り 0
  • FILIP遺伝子欠損マウスは大脳皮質の異常が示唆される
    八木 秀司, 池田 弘, 山崎 信幸, 宮川 剛, 岡部 勝, 謝 敏カク, 佐藤 真
    第31回日本神経科学大会(Neuroscience 2008) 2008年07月 選考有り 0
  • Autism-like behavioral abnormalities in N-ethylmaleimide-sensitive factor knockout mice.
    MJ.Xie, K.Iwata, Y.Fukazawa, H.Matsuzaki
    第60回日本神経化学会大会 2017年09月 選考有り 日本神経化学会
  • 自閉症様のNSFヘテロノックアウトマウスの解析
    謝 敏カク,松﨑 秀夫
    第19回ORIGIN神経科学研究会 2018年08月 選考有り
  • Abnormal membrane protein trafficking in the autistic like the N-ethylmaleimide sensitive factor knockout mice.
    MJ.Xie, K.Iwata, Y.Fukazawa and H.Matsuzaki
    The Society for Neuroscience 48th annual meeting 2018年11月 選考有り
  • Reduced social interaction and communication in N-ethylmaleimide sensitive factor knockout mice.
    MJ.Xie, K.Iwata, Y.Fukazawa and H.Matsuzaki
    第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会合同年会 2018年07月 選考有り

科学研究費補助金

  • 脂質関連分子を介する新たなAMPA型グルタミン酸受容体のシナプス集積機構の解明基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:謝 敏カク 2015年度
  • 非筋肉型ミオシンへの新たな結合分子群による脳機能制御の新展開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2014年度
  • マイクログリアを介するストレスと脳発達の新展開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2014年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:黒田 一樹 2014年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:謝 敏カク 2013年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:黒田 一樹 2013年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2013年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2013年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:謝 敏カク 2012年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:黒田 一樹 2012年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:謝 敏カク 2011年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2011年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐藤 真 2010年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:八木 秀司 2010年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:八木 秀司 2009年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐藤 真 2009年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐藤 真 2009年度
  • アクチンと微小管をつなぐ新たな分子の細胞内制御機構及び生体内機能の解明基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐藤 真 2008年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:八木 秀司 2008年度
  • 非公開萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:佐藤 真 2008年度
  • 新たなアクチン線維制御分子によるシナプスバイオロジーと自閉症の解明挑戦的萌芽研究
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:黒田 一樹 2015年度
  • 非筋肉型ミオシンへの新たな結合分子群による脳機能制御の新展開基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:佐藤 真 2015年度
  • 脂質関連分子を介する新たなAMPA型グルタミン酸受容体のシナプス集積機構の解明基盤研究(C)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:謝 敏カク 2016年度
  • PET所見に基づく自閉症・シナプス膜移行異常仮説の検証基盤研究(B)(一般)
    日本学術振興会科学研究費助成事業
    代表者:松崎 秀夫 2016年度

教育活動情報

担当授業

  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 神経系(テュートリアル) (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 神経系(テュートリアル) (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 研究室配属 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 形態機能論Ⅰ (福井大学)
  • 形態機能論実習 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)
  • 人体解剖学2 (福井大学)
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係 (福井大学)