田嶋 直樹

所属部署名物理工学講座
教員組織物理工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/07/23 18:52

研究者基本情報

氏名

    田嶋 直樹
    タジマ ナオキ
    TAJIMA Naoki

基本情報

研究分野

  • 数物系科学 / 物理学 / ほとんど誤差のない数値計算を可能にする回転行列の計算式回転行列,数値誤差 /  個人研究 2013年
  • 数物系科学 / 物理学 / 原子核の偏長変形優勢の起源偏長変形, 扁平変形, スピン軌道結合力, 擬スピン対称性 /  国内共同研究
  • 数物系科学 / 物理学 / 座標空間表示正準基底Hartree-Fock-Bogoliubov法の開発正準基底Hartree-Fock-Bogoliubov法,連続状態,核変形

所属

  •  物理工学講座 教授

学歴

  • 1986年04月- 1989年03月東京大学 理学 物理学
  • 1980年04月- 1984年03月東京大学 理学 物理学

学位

  • 理学博士

経歴

  • 1989年04月1989-1998 東京大学 助手 1998-2006 福井大学 助教授 2007-2018 福井大学 准教授 2018-福井大学教授 工学部 物理工学科

所属学協会

    物理学会 一般会員,日本物理学会 その他,

研究活動情報

論文

  • 北陸支部活動雑感
    田嶋直樹
    日本物理学会誌 73(1) 51-51 2018年01月 査読無し
  • Analytical formula for numerical evaluations of the Wigner rotation matrices at high spins
    Naoki Tajima
    Phys. Rev. C 91(1) 014320-1 - 014320-5 2015年01月 査読有り
  • Angular correlation between proton and neutron rotors
    N.Tajima
    Journal of Physics:Conference Series 445(1) 012014_1-012014_6 2013年07月 査読有り
  • Nuclear prolate-shape dominance with the Woods-Saxon potential
    Satoshi Takahara, 田嶋 直樹, Yoshifumi R. Shimizu
    Phys. Rec. C 86(6) 064323-1-064323-13 2012年12月 査読有り
  • Meaning of antiparallel proton and neutron angular momenta at low spins
    Naoki Tajima, Takaharu Otsuka
    Phys. Rev. C 84(6) 064316-1 - 064316-8 2011年12月 査読有り
  • The role of spin-orbit potential in nuclear prolate-shape dominance
    Satoshi Takahara, Naoki Onishi, Yoshifumi R. Shimizu, NaokiTajima
    Phys. Lett. B 702(5) 429-432 2011年08月 査読有り
  • Improved microscopic-macroscopic approach incorporating the effects of continuum states
    N.Tajima, Yoshifumi R. Shimizu, Satoshi Takahara
    Phys. Rev. C 82(3) 034316,1-28 2010年09月 査読有り
  • Method to circumvent the neutron gas problem in the BCS treatment for nuclei far from stability
    Toshiya Ono, Yoshifumi R. Shimizu, N.Tajima, Satoshi Takahara
    Phys. Rev. C 82(3) 034310,1-11 2010年09月 査読有り
  • Canonical-basis HFB method
    N.Tajima
    素粒子論研究 112(2) B36-B38 2005年11月 査読無し
  • Continuum effects on the pairing in neutron drip-line nuclei studied with the canonical-basis HFB method
    N.Tajima
    The European Physical Journal A 25(supplement 1) 571-572 2005年09月 査読有り
  • Nodal lines in the cranked HFB overlap kernels
    M.Oi, N.Tajima
    Phys. Lett. B606(42006) 43-51 2005年01月 査読有り
  • Canonical-basis solution of the Hartree-Fock-Bogoliubov equation on three-dimensional Cartesian mesh
    N.Tajima
    Phys. Rev. C 69(3) 034305,1-22 2004年03月 査読有り
  • Origin of prolate dominance of nuclear deformation
    N.Tajima, Y.R.Shimizu, N.Suzuki
    Progr. Theor. Phys. Suppl.(146) 628-629 2002年12月
  • Prolate dominance of nuclear shape caused by a strong interference between the effects of spin-orbit and l2 terms of the Nilsson potential
    N.Tajima, N.Suzuki
    Phys. Rev. C 64(3) 037301_1-037301_4 2001年09月 査読有り
  • Hartree-Fock+BCS approach to unstable nuclei with the Skyrme force
    N.Tajima
    Progr. Theor. Phys. Suppl.(142) 265-296 2001年09月 査読無し
  • Cut-off schemes for zero-range pairing interactions in canonical-basis Hartree-Fock-Bogoliubov method
    N.Tajima
    High Performance Computing in RIKEN 1998, RIKEN Review,25,75-77 1999年11月 査読無し
  • Pairing correlation involving the continuum states
    N.Tajima
    Proc. of Int. Symp. on Models and Theories of the Nuclear Mass, Wako, Japan, RIKEN Review,26,87-94 1999年07月
  • Study of Superdeformation in Non-rotating States using the Skyrme-Hartree-Fock Method
    S.Takahara, N.Tajima, N.Onishi
    Nucl. Phys. A642, 461-479  1998年 査読有り
  • Signature and angular momentum in 3d-cranked HFB states
    M.Oi, N.Onishi, N.Tajima, T.Horibata
    Phys. Lett. B418, 1-6  1998年 査読有り
  • Hartree-Fock-Bogoliubov for deformed neutron-rich nuclei
    N.Tajima
    Proc. on Innovative Computational Methods in Nuclear Many-Body Problems, Osaka, Japan, 343-351  1998年
  • Reaction cross Sections and radii of A=17 and A=20 isobars
    H. Kitagawa, N.Tajima, H. Sagawa
    Zeitschrift fur Physik A A358(4) 381-387 1997年09月 査読有り
  • Extensive Hartree-Fock+BCS calculation with Skyrme SIII force
    N.Tajima, S. Takahara, N. Onishi
    Nuclear Physics A603(1) 23-49 1996年06月 査読有り
  • Deformed Hartree-Fock Calculation of Proton-Rich Nuclei (共著)
    N.Tajima
    Nuclear Physics A 588 215C 1995年
  • Roles of triaxiality and residual interaction in signature inversions of A~130odd-odd nuclei
    N.Tajima
    Nuclear Physics A 572 365 1994年
  • Pairing correlation in nuclear matter from Skyrme force (共著)
    N.Tajima
    Physics Letters B 331 261 1994年
  • Microscopic approach to collective motion (共著)
    N.Tajima
    Nuclear Physics A 574 185C 1994年
  • Generator coodinate kernels between zero-and two-quasiparticle BCS states (共著)
    N.Tajima
    Nulear Physics A542 355 1992年
  • Seeing the nuclear shape using K-isomers
    N.Tajima
    Butsuri (Physical Society of Japan), in Japanese 45 916 1990年
  • K異性体で原子核の形を見る
    田嶋 直樹
    日本物理学会誌 45 916 1990年
  • Is the signature inversion of energy levels due to the γ-degree of freedom?
    N.Tajima
    Nuclear Physics A520 317C 1990年
  • K-isomerism and γ-softness (共著)
    N.Tajima
    Nuclear Physics A491 179 1989年
  • An interpretation of Signature Inversion (共著)
    N.Tajima
    Progress of Theoretical Physics 80 130 1988年
  • The unusual high-spin isomer in 182Os and the proton-neutron interaction in high-j orbitals (共著)
    N.Tajima
    Physics Letters B 179 187 1986年
  • 28aSP-1 HFB方程式の奇核に対応する自己無撞着解の頑健な求め方
    田嶋 直樹;杉浦 友章
    日本物理学会講演概要集 70(2) 2015年09月
  • 21pAB-4 中性子共鳴準位スペクトル中に発見された等間隔系列について
    田嶋 直樹;草間 究
    日本物理学会講演概要集 71(1) 2016年03月

著書

  • Diabatic effects and shape coexistence in neutron defficient Pb isotopes" in Nuclear Shapes and Nuclear Structure at Low Excitation Energy (共著)"
    N.Tajima
    Plenum Press 1992年
  • The Hartree-Fock+BCS and Generator Coordinate Methods" in Nuclear Strecture Models (共著)"
    N.Tajima
    World Scientific (Singapore) 1992年

講演・口頭発表等

  • 様々な型の規則的系列の発生頻度に関する中性子共鳴準位とGOEの比較
    二村 聖, 田嶋 直樹
    日本物理学会第74回年次大会 2019年03月 選考無し 日本物理学会
  • 中性子共鳴準位中の3次式系列の発生頻度とGOEとの比較
    二村 聖, 田嶋 直樹
    物理学会北陸支部定例学術講演会 2018年11月 選考無し 日本物理学会北陸支部
  • 中性子共鳴準位中の規則的系列の探索とGOEとの比較
    二村 聖, 湯口 穂乃佳, 田嶋 直樹
    日本物理学会第73回年次大会 2018年03月 選考無し 日本物理学会
  • 原子核の偏長変形優勢におけるStrutinsky 法の巨視的部分の寄与II
    高原哲士(登壇者), 田嶋直樹, 清水良文
    日本物理学会 第69回年次大会 2014年03月 選考無し 日本物理学会
  • 平均場模型による奇核・奇々核の配位決定
    伊藤研人, 杉浦友章, 田嶋直樹
    日本物理学会 第69回年次大会 2014年03月 選考無し 日本物理学会
  • 一体波動関数を有限次元基底で展開したときの空間分解能の評価法
    田嶋直樹
    日本物理学会 2017年秋季大会 2017年09月 選考無し 日本物理学会
  • ガウス型直交ランダム行列スペクトルで等間隔系列の頻繁な出現をもたらす機構
    田嶋直樹
    日本物理学会 第72回年次大会 2017年03月 選考無し 日本物理学会
  • ガウス型直交ランダム行列スペクトルにおける等間隔系列の出現頻度
    田嶋直樹
    2016年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2016年11月 選考無し 物理学会北陸支部
  • 中性子共鳴準位スペクトル中に発見された等間隔系列について
    田嶋直樹, 草間究
    日本物理学会 第71回年次大会 2016年03月 選考無し 日本物理学会
  • HFB方程式の奇核に対応する自己無撞着解の頑健な求め方
    田嶋直樹, 杉浦友章
    日本物理学会 2015年秋季大会 2015年09月 選考無し 日本物理学会
  • 誤差のほとんどない回転行列の数値評価公式とプログラム改良版の公開
    田嶋直樹
    日本物理学会 第70回年次大会 2015年03月 選考無し 日本物理学会
  • 高スピン核異性体の理論予想
    伊藤研人, 田嶋 直樹
    2014年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月 選考無し 日本物理学会北陸支部
  • 奇数粒子系の自己無撞着Hartree-Fock-Bogoliubov解
    杉浦友章, 田嶋 直樹
    2014年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2014年12月 選考無し 日本物理学会北陸支部
  • 原子核の偏長変形優勢におけるStrutinsky法の巨視的部分の寄与II
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会第69回年次大会 2014年03月 選考無し 日本物理学会
  • 平均場模型による奇核・奇々核の配位決定
    伊藤研人, 杉浦友章, 田嶋 直樹
    日本物理学会 第69回年次大会 2014年03月 選考無し 日本物理学会
  • 高スピン間の回転行列の数値評価における著しい桁落の回避方法
    田嶋 直樹
    日本物理学会 2013年秋季大会 2013年09月 選考無し 日本物理学会
  • 原子核の偏長変形優勢におけるStrutinsky法の巨視的部分の寄与
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会第68回年次大会 2013年03月 選考無し 日本物理学会
  • Skyrme力型の対相関力II
    田嶋 直樹
    日本物理学会 2012年秋季大会 2012年09月 選考無し 日本物理学会
  • Skyrme力型の対相関力
    田嶋 直樹
    日本物理学会 第67回年次大会 2012年03月 選考無し 日本物理学会
  • Angular correlation between proton and neutron rotors
    N.Tajima
    International Symposium on Exotic Nuclear Structure From Nucleons 2012年01月 選考有り RIKEN Nishina Center (RNC) and Center for Nuclear Study (CNS), University of Tokyo
  • 角運動量射影された2回転子系の角度相関
    田嶋 直樹
    日本物理学会 2011年秋季大会 2011年09月 選考無し 日本物理学会
  • Strutinsky法とKruppaの処方
    田嶋 直樹, 清水良文, 高原哲士
    日本物理学会 第65回年次大会 2010年03月 選考無し 日本物理学会
  • 連続状態の効果を取り入れたKruppa処方による不安定核の研究
    小野寿哉, 清水良文, 田嶋 直樹, 高原哲士
    日本物理学会 第65回年次大会 2010年03月 選考無し 日本物理学会
  • プロレート優勢におけるスピン軌道力の役割
    高原哲士, 清水良文, 大西直毅, 田嶋 直樹
    日本物理学会 第65回年次大会 2010年03月 選考無し 日本物理学会
  • HFB状態に対する3次元角運動量射影における位相問題
    大井万紀人, 水崎高浩, 大西直毅, 田嶋 直樹
    日本物理学会 第65回年次大会 2010年03月 選考無し 日本物理学会
  • 核図表計算のための新しいWoods-Saxon Strutinsky法
    田嶋 直樹, 清水良文, 高原哲士, 大西直毅
    日本の核データ~天と地の核エネルギー 2009年07月 選考有り 宇宙核物理連絡協議会
  • 相対論的平均場模型とKUTY流の近似的な変形の扱いに基づく原子核質量公式
    山田昌平, 田嶋 直樹
    日本物理学会 第64回年次大会 2009年03月 選考無し 日本物理学会
  • スピン軌道力を取り入れた正準基底HFB法プログラムの開発
    田嶋 直樹
    日本物理学会第63回年次大会 2008年03月 選考無し 日本物理学会
  • Woods-Saxon Strutinsky法における連続状態の扱いII
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会第63回年次大会 2008年03月 選考無し 日本物理学会
  • 対相関の中性子暈抑制効果と核変形II
    田嶋 直樹
    日本物理学会第62回年次大会 2007年09月 選考無し 日本物理学会
  • Woods-Saxon Strutinsky法における連続状態の扱い
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会第62回年次大会 2007年09月 選考無し 日本物理学会
  • Treatment of the continuum states in the Woods-Saxon Strutinsky method
    高原哲士, 清水良文, 田嶋 直樹
    International Nuclear Physics Conference 2007年06月 選考有り 日本学術会議, International Union of Pure and Applied Physics, 日本物理学会
  • 対相関の中性子暈抑制効果と核変形
    田嶋 直樹
    日本物理学会春季大会 2007年03月 選考無し 日本物理学会
  • 核変形におけるprolate優勢の起源 ―Woods-Saxonポテンシャルでの解析II―
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会2006年秋季大会 2006年09月 選考無し 日本物理学会
  • 正準基底HFB法で見る中性子ドリップ線とその向こう
    田嶋 直樹
    日本物理学会第61回年次大会 2006年03月 選考無し 日本物理学会
  • 核変形におけるprolate優勢の起源 ―Woods-Saxonポテンシャルでの解析―
    高原哲士, 田嶋 直樹, 清水良文
    日本物理学会第61回年次大会 2006年03月 選考無し 日本物理学会
  • Canonical Basis HFB method - drip lines and beyond -
    N.Tajima
    Nuclear Structure Near the Limits of Stability (INT-05-3) 2005年11月 選考有り Institute for nuclear theory, University of Washington, USA
  • Toward a model for a universal description of the nuclear pairing
    N.Tajima
    RIKEN RIBF international workshop on Collective motions in unstable nuclei -experiments vs. theories- 2005年05月 選考無し 理化学研究所
  • 中性子ドリップ線を超える核の近似的局在HFB解
    田嶋 直樹
    日本物理学会講演概要集, 60, 1, 第1分冊 2005年03月 選考無し 日本物理学会
  • 中性子ドリップ線を超える核の近似的局在HFB解
    田嶋 直樹
    KEK素核研 原子核理論呑舟研究会 2005年03月 選考無し KEK
  • Continuum effects on the pairing in neutron drip-line nuclei studied with the canonical-basis HFB method
    田嶋 直樹
    RIBF核物理ワークショップ「不安定原子核の平均場と集団運動」 2004年09月 選考無し 理化学研究所
  • Pairing with Skyrme forces in asymmetric nuclear matter
    N.Tajima, Y. Kitajima
    US-Japan collaboration workshop on Mean-field Approach to Collective Excitations in Unstable Medium-Mass and Heavy Nuclei 2004年09月 選考無し Oak Ridge National Laboratory
  • 正準基底HFB解法の中性子過剰変形核への応用
    田嶋 直樹
    日本物理学会講演概要集, 59, 1 2004年03月 選考無し 日本物理学会
  • Canonical-basis Hartree-Fock-Bogoliubov method with a Skyrme-type pairing force
    N.Tajima
    Mini Workshop for Japan-US Collaboration on Mean-field Approach to Collective Excitations in Unstable Medium-Mass and Heavy Nuclei, Kyoto, Japan 2003年12月
  • Cartesian-mesh canonical-basis Skyrme-HFB
    N.Tajima
    US-Japan collaboration mini workshop, Oak Ridge, USA 2003年08月
  • Canonical-basis Hartree-Fock-Bogoliubov method with a Skyrme-type pairing force
    田嶋 直樹
    招待講演, 会津大学 2003年03月
  • Canonical basis solution of HFB with Skyrme-type pairing force
    N.Tajima
    Workshop on Mean-field Approach to Collective Excitations in Unstable Medium-Mass and Heavy Nuclei, Kyoto  2002年12月
  • Skyrme型対相関力を用いた正準基底HFB法
    田嶋 直樹
    日本物理学会秋季大会, 16aRG-13,講演概要集,57,2,第1分冊,35-35 2002年09月 選考無し
  • Canonical basis solution of HFB to include pairing in the continuum
    N.Tajima
    Int. Conf. on Continuum Aspects of the Nuclear Shell Model, Trento, Italy 2002年06月 選考有り
  • 核変形の偏長・扁平と対相関
    田嶋 直樹, 清水 良文
    日本物理学会年会, 24pWK-8,講演概要集,57,1,第1分冊,39-39 2002年03月
  • Skyrme力による非対称核物質の対相関
    北嶋 靖, 田嶋 直樹
    日本物理学会年会, 27pSB-9, 講演概要集,56,1,第1分冊,19-19 2001年03月
  • 座標空間HFB法による中性子過剰核の対相関
    田嶋 直樹
    研究会「不安定核物理に向けて」, 理化学研究所 2001年03月
  • Origin of the prolate dominance of nuclear shape
    田嶋 直樹, 鈴木 紀史
    Kyoto informal workshop on nuclear structure of unstable nuclei, 京都大学基礎物理学研究所  2001年02月
  • Pairing with Skyrme forces in asymmetric nuclear matter
    田嶋 直樹, 北嶋 靖
    Kyoto informal workshop on nuclear structure of unstable nuclei, 京都大学基礎物理学研究所  2001年02月
  • Why are there much more prolate nuclei than oblate ones ?
    N.Tajima, N.Suzuki
    Workshop  2000年11月
  • ニルソン模型でみる原子核の偏長変形優勢の起源
    田嶋 直樹, 鈴木 紀史
    日本物理学会年会, 25aTC-12,講演概要集,55,2,第1分冊,35-35 2000年09月
  • Caconical Basis HFB on 3D mesh for pairing correlation in neutron-rich nuclei
    N.Tajima
    Workshop  2000年01月
  • 連続状態の対相関とカットオフ
    田嶋 直樹
    日本物理学会年会, 30pYF-1 1999年03月
  • 座標表示HFB方程式の正準基底での解法
    田嶋 直樹
    日本物理学会年会, 31a-F-8; 講演概要集,53,1,第1分冊,34-34 1998年03月
  • Angular momentum projected GCM
    大井 万紀人, 大西 直毅, 田嶋 直樹, 堀端 孝俊
    日本物理学会年会, 31aF-1; 講演概要集,53,1,第1分冊,33-33 1998年03月
  • 中性子過剰核での対相関
    田嶋 直樹
    研究会「極限における原子核の構造の理論」, 京都大学基礎物理学研究所, (1998.1); 素粒子論研究,97,2,B9-B12  1998年01月

科学研究費補助金

  • 超流動変形中性子過剰核の時間依存HFB法の開発基盤研究(C)一般
    代表者:田嶋 直樹 2009年度
    研究全般
  • 超流動変形中性子過剰核の時間依存HFB法の開発基盤研究(C)一般
    代表者:田嶋 直樹 2008年度
    研究全般
  • 超流動変形中性子過剰核の時間依存HFB法の開発基盤研究(C)一般
    代表者:田嶋 直樹 2006年度

教育活動情報

担当授業

  • 微分積分Ⅰ(b)
  • 微分積分Ⅱ(b)
  • 応用数学Ⅲ
  • 微分積分演習Ⅰ
  • 力学Ⅱ
  • 応用数理特論
  • 物理工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 物理工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 物理工学ゼミナールⅠ
  • 物理工学ゼミナールⅡ
  • 物理工学ゼミナールⅢ
  • 物理工学ゼミナールⅣ
  • 量子多体論