黒田 一樹

所属部署名形態機能医科学講座 脳形態機能学
教員組織形態機能医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名准教授
更新日: 19/07/23 18:58

研究者基本情報

氏名

    黒田 一樹
    クロダ カズキ
    KURODA Kazuki

所属

  •  形態機能医科学講座 脳形態機能学 准教授

学歴

  • 1995年04月- 1999年03月京都大学 分子医学
  • 1993年04月- 1995年03月岡山大学 生物
  • 1989年04月- 1993年03月岡山大学 生物学科

学位

  • 医学

所属学協会

    日本神経化学会 一般会員,日本解剖学会 一般会員,日本分子生物学会 一般会員,日本神経科学学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Subcellular Distribution of Non-Muscle Myosin IIb is Controlled by FILIP through Hsc70
    Hideshi Yagi; Tetsuji Takabayashi; Min-Jue Xie; Kazuki Kuroda; Makoto Sato
    PLOS ONE 12(2) 2017年02月 査読有り
  • Filamin A-interacting protein (FILIP) is a region-specific modulator of myosin 2b and controls spine morphology and NMDA receptor accumulation
    H.Yagi, T.Nagano, Xie.M-J, H.Ikeda, K.Kuroda, M.Komada, T.Iguchi, RM.Tariqur, S.Morikubo, K.Noguchi, K.Murase, M.Okabe, M.Sato
    Sci. Rep. 4 6353 2014年09月 査読有り
  • Notch signaling deficiency underlies age-dependent depletion of satellite cells in muscular dystrophy
    Chunhui Jiang, Yefei Wen, K.Kuroda, Kevin Hannon, Michael A. Rudnicki, Shihuan Kuang
    Dis Model Mech. 7(8) 997 2014年06月 査読有り
  • Canonical Wnt signaling induces BMP-4 to specify slow myofibrogenesis of embryonic myoblasts
    K.Kuroda, S.Kuang, T-M,Makoto, M-A,Rudnicki
    Skelet Muscle. 3(5) 2013年03月 査読有り
  • WAVE2-Abi2 Complex Controls Growth Cone Activity and Regulates the Multipolar-Bipolar Transition as well as the Initiation of Glia-Guided Migration
    MJ.Xie, H.Yagi, K.Kuroda, CC.Wang, M.Komada, H.Zhao, A.Sakakibara, T.Miyata, K.Nagata, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    Cereb. Cortex 23(6) 1410-1423 2012年05月 査読有り
  • 特集1 神経系におけるiPS細胞(iPS細胞の活用も含めた神経機能修復の現状と将来) 「iPS細胞研究とその周辺技術」
    黒田 一樹, 佐藤 真
    脳21 14(3) 234-238 2011年07月 査読無し
  • LL5β directs the translocation of Filamin A and SHIP2 to sites of PtdIns(3,4,5)P3 accumulation and PtdIns(3,4,5)P3 localization is mutually modified by co-recruited SHIP2
    T.Takabayashi, M-J.Xie, S.Takeuchi, M.Kawasaki, H.Yagi, M.Okamoto, RM.Triqur, F.Malik, K.Kuroda, C.Kubota, S.Fujieda, T.Nagano, M.Sato
    J.Biol.Chem. 285(21) 16155-16165 2010年05月 査読有り
  • Msx2-interacting nuclear target protein (Mint) deficiency reveals negative regulation of early thymocyte differentiation by Notch/RBP-J signaling
    M.tsuji, R.Shinkura, K.Kuroda, D.Yabe, T.Honjo
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 104(5) 1610-1615 2007年01月 査読有り
  • Asymmetric self-renewal and commitment of satellite stem cells in muscle
    S.Kuang, K.Kuroda, F.Le Grand, MA.Rudnicki
    Cell 129(5) 999-1010 2007年01月 査読有り
  • Tissue expression of four troponin I genes and their molecular interactions with two troponin C isoforms in Caenorhabditis elegans
    R.Ruksana, K.Kuroda, H.Terami, T.Bando, S.Kitaoka, T.Takaya, Y.Sakube, H.Kagawa
    Genes Cells 10(3) 261-276 2005年03月 査読有り
  • Uterine Wnt/beta-catenin signaling is required for implantation
    OA.Mohamed, M.Jonnaert, C.Labelle-Dumais, K.Kuroda, HJ.Clarke, D.Dufort
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 102(24) 8579-8584 2005年01月 査読有り
  • 「Notch/RBP-Jシグナル伝達を負に制御する転写制御因子MINTの末梢B細胞における役割
    黒田 一樹
    Molecular Medicine 42(7) 763-770 2005年 査読有り
  • 辺縁帯・濾胞B細胞の発生調節におけるNotch/RBP-Jシグナル伝達系の転写抑制因子MINTの役割
    黒田 一樹
    臨床免疫 41(2) 128-134 2004年 査読有り
  • Regulation of B cell development by Notch/RBP-J signaling
    K.Tanigaki, K.Kuroda, H.Han, T.Honjo
    Semin. Immunol. 15(2) 113-119 2003年04月 査読有り
  • Stem cell based therapies to treat muscular dystrophy
    FD.Price, K.Kuroda, M. Rudnicki
    Biochim. Biophys. Acta 1772(2) 272-283 2003年04月 査読有り
  • Regulation of Marginal Zone B Cell Development by MINT, a Suppressor of Notch/RBP-J Signaling Pathway
    K.Kuroda, H.Han, S.Tani, K.Tanigaki, T.Tun, T.Furukawa, Y.Taniguchi, H.Kurooka, Y.Hamada, S.Toyokuni, T.Honjo
    Immunity 18(2) 301-312 2003年02月 査読有り
  • Suppression of differentiation and proliferation of early chondrogenic cells by Notch
    N.Watanabe, Y.Tezuka, K.Matsuno, S.Miyatani, N.Morimura, M.Yasuda, R.Fujimaki, K.Kuroda, Y.Hiraki, N.Hozumi, K.Tezuka
    J. Bone Miner. Metab. 21(6) 344-352 2003年 査読有り
  • Inducible gene knockout of transcription factor recombination signal binding protein-J reveals its essential role in T versus B lineage decision
    H.Han, K.Tanigaki, N.Yamamoto, K.Kuroda, M.Yoshimoto, T.Nakahata, K.Ikuta, T.Honjo
    Int. Immunol. 14(6) 637-645 2002年06月 査読有り
  • Notch-RBP-J signaling is involved in cell fate determination of marginal zone B cells
    K.Tanigaki, H.Han, N.Yamamoto, K.Tashiro, M.Ikegawa, K.Kuroda, A.Suzuki, T.Nakano, T.Honjo
    Nat. Immunol. 3(5) 443-450 2002年05月 査読有り
  • Stimulation of osteoblastic cell differentiation by Notch
    K.Tezuka, MYasuda, N.Watanabe, N.Morimura, K.Kuroda, S.Miyatani, N.Hozumi
    J. Bone Miner. Res. 17(2) 231-239 2002年02月 査読有り
  • Delta-induced Notch signaling mediated by RBP-J inhibits MyoD expression and myogenesis
    K.Kuroda, S.Tani, K.Tamura, S.Minoguchi, H.Kurooka, T.Honjo
    J. Biol. Chem. 274(11) 7238-7244 1999年03月 査読有り
  • Roles of the ankyrin repeats and carboxy-terminal region of the mouse Notch1 intracellular region
    H.Kurooka, K.Kuroda, T.Honjo
    Nucleic Acids Res 26(23) 5448-5455 1998年12月 査読有り

講演・口頭発表等

  • Na/K-ATPaseの神経細胞膜上発現分布の定量的局在解析
    石川 達也, 村田 航志, 黒田 一樹, 深澤 有吾
    第77回日本解剖学会中部支部学術集会 2017年10月
  • FILIP-related molecule binds to NMDA receptor and controls spine morphology and synaptic function of the hippocampal neuron
    Kuroda Kazuki, Hideshi Yagi, Min-Jue Xie, Yugo Fukazawa, Yuichiro Oka, Tokuichi Oka, Makoto Sato
    第60回日本神経化学会大会 2017年09月
  • 認知症における神経細胞死の誘導メカニズムの解明
    石川 達也, 村田 航志, 黒田 一樹, 深澤 有吾
    平成28年度「ライフサイクル医学」推進学部長裁量経費 成果発表会 2017年08月
  • マウス海馬および歯状回神経細胞におけるNa/K-ATPase αサブユニットアイソフォームの細胞膜上発現分布
    石川 達也, 村田 航志, 黒田 一樹, 深澤 有吾
    第40回日本神経科学大会 2017年07月
  • SLENDR法と凍結割断レプリカ法を組み合わせた高感度膜分子局在解析法の確立
    黒田 一樹、石川 達也、村田 航志、深澤 有吾
    第122回日本解剖学会 全国学術集会 2017年03月
  • Phldb2, a phosphoinositide mediator, regulates synaptic plasticity through AMPA reseptor and CaMKⅡ
    謝 敏かく、八木 秀司、猪口 徳一、岡 雄一郎、黒田 一樹、深沢 有吾、松崎 秀夫、岩田 圭子、石川 保幸、佐藤 真
    第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会合同年会 2016年09月 選考有り 日本生物学的精神医学会・日本神経化学会
  • Cellular and Subcellular distribution of Na/K-ATPase isoforms in the mouse brain
    Tatsuya Ishikawa, Koshi Mutrata, Kazuki Kuroda, Yugo Fukazawa
    第39回日本神経科学大会 2016年07月
  • 膜脂質結合タンパク質Phldb2を介したAMPA受容体局在制御機構
    謝 敏カク、八木 秀司、 猪口 徳一、岡 雄一郎、 黒田 一樹、 深澤 有吾、松崎 秀夫、岩田 圭子、 柚崎 通介、松田 信爾、石川 保幸、佐藤 真
    第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016年03月
  • FILIP-related molecule binds to NMDA receptor and controls spine maturation and synaptic function of the hippocampal neuron
    Kazuki Kuroda, Hideshi Yagi, Min-Jue Xie, Yugo Fukazawa, Yuichiro Oka, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato
    Society for Neuroscience 2015 2015年10月
  • 海馬神経細胞におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹、謝 敏カク、深澤 有吾、猪口 徳一、岡 雄一郎、八木 秀司、佐藤 真
    日本解剖学会第75回中部支部学術集会 2015年10月
  • FILIP-related molecule binds to NMDA receptor and controls spine maturation and synaptic function of the hippocampal neuron
    Kazuki Kuroda, Hideshi Yagi, Min-Jue Xie, Minoru Omi, Yugo Fukazawa, Yuichiro Oka, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato
    第38回日本神経科学大会 2015年07月
  • Phldb2 regulates the synaptic plasticity
    Min-Jue Xie, Hideshi Yagi, Tokuichi Iguchi, Yuichiro Oka, Kazuki Kuroda, Yugo Fukazawa, Hideo Matsuzaki, Keiko Iwata, Michisuke Yuzaki, Shinji Matsuda, Yasuyuki Ishikawa, Makoto Sato
    第38回日本神経科学大会 2015年07月
  • 神経細胞のスパインにおけるNMDA受容体と結合するFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 八木 秀司, 謝 敏カク, 尾身 実, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 佐藤 真
    第120回日本解剖学会、第92回日本生理学会大会 2015年03月 選考無し
  • Phldb2はLTD誘導後のシナプスでのAMPA受容体のエンドサイトーシスを制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口  徳一, 岡 雄一郎, 黒田  一樹, 柚崎 通介, 松田 信爾, 石川 保幸, 佐藤 真
    第36回日本生物学的精神医学会、第57回日本神経化学会大会 2014年09月 選考無し
  • Phldb2は樹状突起スパインの成熟および可塑性を制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口 徳一, 黒田 一樹, 岡 雄一郎, 柚崎 通介, 松田信爾, 石川 保幸, 佐藤 真
    第37回日本神経科学大会 2014年09月 選考無し
  • 神経細胞のスパインにおけるFILIP関連分子の生体における機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 尾身 実, 八木 秀司, 佐藤 真
    第119回日本解剖学会・全国学術集会 2014年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Phld2 regulates the maturation of dendritic spines and AMPA receptor endocytosis during long-term depression.
    Xie.M-J, H.Yagi, T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, M.Yuzaki, S.Matsuda, T.Shirao, Y.Ishikawa, M.Sato
    Society For Neuroscience 2013 2013年11月 選考有り Society For Neuroscience
  • FILIP-related molecule controls spine maturation and synaptic function in the hippocampal neuron via non-muscle myosin Ⅱb.
    K.Kuroda, H.Yagi, Xie.M-J, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2013 2013年11月 選考有り Society For Neuroscience
  • Phldb2は樹状突起スパインの成熟および化学的LTD誘導後のシナプスでのAMPA受容体のエンドサイトーシスを制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 黒田 一樹, 柚崎 通介, 松田 信爾, 白尾 智明, 石川 保幸, 佐藤 真
    Neuro2013 2013年06月 選考有り
  • FILIP関連分子によるMyosin-Ⅱbを介した神経細胞野スパイン形成の制御とシナプス可塑性における機能解析
    黒田 一樹, 八木 秀司, 謝 敏カク, 岡 雄一郎, 猪口 徳一, 佐藤 真
    Neuro2013 2013年06月 選考有り
  • 神経細胞の棘状突起(スパイン)形成におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 猪口 徳一, 岡 雄一郎, 尾身 実, 王 振吉, 八木 秀司, 佐藤 真
    第118回日本解剖学会・全国学術集会 2013年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Analyses on the potential candidates of collateral branch inducing factor that are specifically expressed in the targets of axon collaterals from the corticospinal projection.
    T.Iguchi, Y.Oka, K.Kuroda, CC.Wang, MJ.Xie, H.Yagi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • FILIP-related molecule controls spine maturation in the hippcampal neuron via non-muscle myosin llb.
    K.Kuroda, H.Yagi, MJ.Xie, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • A2-pancortins especially Pancortin-4, are involved in the neuronal cell desth after the ischemic stroke during the growth period.
    CC.Wang,, K.Kuroda, MJ.Xie, Y.Oka, T.Iguchi, M.Sato
    第55回日本神経化学会大会、第11回アジア太平洋神経化学会大会合同大会 2012年09月 選考有り 日本神経化学会
  • FILIPによるアクチンミオシン調節能の棘突起動態変化への関与
    八木 秀司, 黒田 一樹, 謝 敏カク, 永野 隆, 池田 弘, 猪口 徳一, 村瀬 一之, 岡部 勝, 佐藤 真
    第35回日本神経科学大会 2012年09月 選考有り 日本神経科学会
  • WAVE-Abi2複合体はradial migration時の成長円錐の活性化およびmultipolar-bipolar transitionとglia-guided migrationの開始を制御する
    謝 敏カク, 八木 秀司, 黒田 一樹, 王 振吉, 駒田 致和, 岡 雄一郎, 猪口 徳一, 佐藤 真
    第35回日本神経科学大会 2012年09月 選考有り 日本神経科学会
  • 皮質脊髄路の発達における軸策側枝形成因子の探索
    猪口 徳一, 岡 雄一郎, 王 振吉, 黒田 一樹, 駒田 致和, 謝 敏カク, 八木 秀司, 佐藤 真
    第117回日本解剖学会・全国学術集会 2012年03月 選考有り 日本解剖学会
  • 神経細胞の棘状突起(スパイン)形成におけるFILIP関連分子の機能解析
    黒田 一樹, 謝 敏カク, 猪口 徳一, 駒田 致和, 岡 雄一郎, 王 振吉, 八木 秀司, 佐藤 真
    第117回日本解剖学会・全国学術集会 2012年03月 選考有り 日本解剖学会
  • Filip is involved in the morphological control of dendritic spine through actomyosin regulation
    H.Yagi, K.Kuroda, MJ.Xie, H.Ikeda, T.Iguchi, M.Komada, K.Murase, M.Okabe, K.Noguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2012 2012年01月 選考有り Society For Neuroscience
  • Dendritic growth cone activities, regulated by Abl kinase and Cdk5 via WAVE2-Abi2, are essential for completing multipolar-bipolar transition and starting glia-guided locomotion.
    Xie, M-J, H.Yagi, K.Kuroda, Wang C.-C., M.Komada, T.Iguchi, M.Sato
    Society For Neuroscience 2011 2011年11月 選考有り Society For Neuroscience

科学研究費補助金

  • 錯体路形成における軸索誘導に係るシグナル分子基盤の解明基盤研究(C)
    代表者:尾身 実 2016年度
  • 錯体路形成における軸索誘導に係るシグナル分子基盤の解明基盤研究(C)
    代表者:尾身 実 2015年度
  • 非筋肉型ミオシンへの新たな結合分子群による脳機能制御の新展開基盤研究(B)
    代表者:佐藤 真 2015年度
  • 新たなアクチン線維制御分子によるシナプスバイオロジーと自閉症の解明挑戦的萌芽研究
    代表者:黒田 一樹 2015年度
  • 非筋肉型ミオシンへの新たな結合分子群による脳機能制御の新展開基盤研究(B)(一般)
    代表者:佐藤 真 2014年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:尾身 実 2014年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    代表者:黒田 一樹 2014年度
  • 非公開基盤研究(C)
    代表者:八木 秀司 2013年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:謝 敏カク 2013年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    代表者:黒田 一樹 2013年度
  • 非公開基盤研究(B)(一般)
    代表者:佐藤 真 2013年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    代表者:黒田 一樹 2012年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:謝 敏カク 2012年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    代表者:佐藤 真 2012年度
  • 非公開基盤研究(C)
    代表者:八木 秀司 2012年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:八木 秀司 2011年度
  • 非公開基盤研究(C)(一般)
    代表者:謝 敏カク 2011年度
  • 非公開挑戦的萌芽研究
    代表者:佐藤 真 2011年度

教育活動情報

担当授業

  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係
  • 人体解剖学2
  • 研究室配属
  • 研究室配属
  • 神経系(テュートリアル)
  • 消化器系(テュートリアル)
  • 研究室配属
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係
  • 人体解剖学2
  • 神経系(テュートリアル)
  • 研究室配属
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係
  • 人体解剖学2
  • 形態機能論Ⅰ
  • 形態機能論実習
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係
  • 人体解剖学2
  • 形態機能論Ⅰ
  • 形態機能論実習
  • 組織・各臓器の構成,機能と位置関係
  • 人体解剖学2
  • 神経系(テュートリアル)