塩浦 宏樹

所属部署名放射線部
教員組織放射線部
教育研究組織医学部 附属病院
職名准教授
更新日: 19/07/23 18:46

研究者基本情報

氏名

    塩浦 宏樹
    シオウラ ヒロキ
    SHIOURA Hiroki

所属

  •  放射線部 准教授

学歴

  • - 1987年福井医科大学 医学

学位

  • 博士(医学)

経歴

  • 1989-1991 東京女子医科大学 助手 1991-1997 福井医科大学 助手 2001-2003 福井医科大学 助手 2003- 福井大学 助手

所属学協会

    日本ハイパーサーミア学会,日本医学放射線学会,日本癌学会,日本癌治療学会,日本放射線影響学会,日本放射線腫瘍学会,

研究活動情報

論文

  • Stereotactic radiosurgery with or without whole-brain radiotherapy for brain metastases:Secondary analysis of the JROSG 99-1 randomized clinical trial.
    H Aoyama, M Tago, H Shirato, Collaborators:N Kato, T Iuchi, K Nakagawa, T Toyoda, K Hatano, M Kenjyo, N Oya, S Hirota, H Shioura, E Kunieda, T Inomata, K Hayakawa, K Akazawa, MP Mehta
    JAMA Oncol. 1(4) 457-464 2015年07月 査読有り
  • Alpha 1-Adrenoceptor Blocker May Improve Not Only Voiding But Also Storage Lower Urinary Tract Symptoms Caused by 125I Brachytherapy for Prostate Cancer
    N.Oyama, Y.Aoki, H.Ito, Y.Miwa, H.Akino, Y.Sato, H.Shioura, H.Kimura, O.Yokoyama
    ISRN Urology 2014年03月 査読有り
  • Arterial spin labeling perfusion-weighted MRI for long-term follow-up of a cerebral arteriovenous malformation after stereotactic radiosurgery
    Kazuhiro Shimizu, Nobuyuki Kosaka, Tatsuya Yamamoto, Hiroki Shioura, Toshiaki Kodera, Ken-ichiro Kikuta, Hirohiko Kimura
    Acta Radiologica Short Reports 3(1) 2.05E+15 2014年01月 査読有り
  • Monitoring of extra-axial brain tumor response to radiotherapy using pseudo-continuous arterial spin labeling images: Preliminary results
    Yamamoto T, Kinoshita K, Kosaka N, Sato Y, Shioura H, Takeuchi H, Kimura H
    Magn Reson Imaging 31(8) 1271-1277 2013年01月 査読有り
  • Thermosensitization and induction of apoptosis or cell-cycle arrest via the MAPK cascade by parthenolide, an NF-κB inhibitor, in human prostate cancer androgen-independent cell lines
    S. Hayashi, K. Koshiba, M. Hatashita, T. Sato, Y. Jujo, R. Suzuki, Y. Tanaka, H. Shioura
    Int J Mol Med 28(6) 1033-1042 2011年12月 査読有り
  • 高リスク前立腺癌に対する密封小線源治療の初期経験
    大山 伸幸, 青木 芳隆, 稲村 聡, 岡田 昌裕, 関 雅也, 楠川 直也, 松田 陽介, 石田 泰一, 棚瀬 和弥, 伊藤 秀明, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 横山 修, 佐藤 義高, 塩浦 宏樹, 木村 浩彦
    西日本泌尿器科 72(8) 436-440 2010年08月 査読有り
  • PSA 20ng/ml以上の前立腺癌症例に対する密封小線源治療の経験
    大山 伸幸, 青木 芳隆, 稲村 聡, 岡田 昌裕, 関 雅也, 楠川 直也, 松田 陽介, 石田 泰一, 棚瀬 和弥, 伊藤 秀明, 三輪 吉司, 秋野 裕信, 佐藤 義高, 塩浦 宏樹, 木村 浩彦, 横山 修
    泌尿器外科 23(8) 1185-1187 2010年08月 査読有り
  • Inhibition of NF-κB by combination therapy with parthenolide and hyperthermia and kinetics of apoptosis induction and cell cycle arrest in human lung adenocarcinoma cells
    S.Hayashi, H.Sakurai, A.Hayashi, Y.Tanaka, M.Hatashita, H.Shioura
    Int J Mol Med 25(1) 81-87 2010年01月 査読有り
  • Thermosensitization by parthenolide in human lung adenocarcinoma A549 cells and p53- and hsp72-independent apoptosis induction via the nuclear factor-κB signal pathway
    S.Hayashi, M.Hatashita, A.Hayashi, H.Matsumoto, H.Shioura, R.Kitai
    Int J Mol Med 21(5) 585-592 2008年04月 査読有り
  • Neurocognitive function of patients with brain metastasis who received either whole brain radiotherapy plus stereotactic radiosurgery or radiosuregery alone
    Hidefumi Aoyama, Masao Tago, Norio Kato, Tatsuya Toyoda, Masahiro Kenjyo, Saeko Hirota, Hiroki Shioura, Taisuke Inomata, Etsuo Kunieda, Kazushige Hayakawa
    Int. J. Radiation Oncology Biol. Phys. 68(5) 1388-1395 2007年05月 査読有り
  • Enhancement of radiosensitivity by topoisomerase II inhibitor, amrubicin and amrubicinol, in human lung adenocarcinoma A549 cells and kinetics of apoptosis and necrosis induction
    S.Hayashi, M.Hatashita, H.Matsumoto, H.Shioura, R.Kitai, E.Kano
    Int J Mol Med 18(5) 909-915 2006年09月 査読有り
  • Stereotactic radiosurgery plus whole-brain radiation therapy vs stereotactic radiosurgery alone for treatment of brain metastases: a randomized controlled trial
    H.Aoyama, H.Shirato, M.Tago, K.Nakagawa, T.Toyoda, K.Hatano, M.Kenjyo, N.Oya, S.Hirota, H.Shioura, E.Kunieda, T.Inomata, K.Hayakawa, N.Katoh, G.Kobayashi
    JAMA 295(21) 2483-2491 2006年06月 査読有り
  • Osteonecrosis induced by intraoperative radiotherapy for pancreatic cancer
    Y.Sato, H.Uematsu, M.Yoshida, H.Shioura, J.Muramatsu, H.Kimura, Y.Kawamura, Y.Imamura, H.Itoh
    Eur Radiol 16(1) 242-243 2006年01月 査読有り
  • Modification of thermosensitivity by amrubicin or amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells and the kinetics of apoptosis and necrosis induction
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Zhao-Hui, Jin., Shioura, H., Kano, E
    International Journal of Molecular Medicine 16(3) 381-387 2005年09月 査読有り
  • p53-independent thermosensitization by mitomycin C in human non-small-cell lung cancer Cells
    Jin, Z.H., Matsumoto, H., Hayashi, S., Hatashita, M., Ohtsubo, T., Shioura, H., Kitai, R., Kano, E.
    Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys 59(3) 852-860 2004年07月 査読有り
  • 直線加速器を用いた定位手術的放射線照射による下垂体腺腫の治療成績
    村松樹里亜, 吉田正徳, 塩浦宏樹, 河村泰孝, 伊藤春海, 竹内浩明, 久保田紀彦, 丸山市郎
    日本医学放射線学会雑誌 63(5) 225-230 2003年05月 査読有り
  • ガントリー移動型CTによるFocal unitの使用経験
    西島昭彦, 西本康宏, 指江浩之, 村井恵巳, 東村享治, 吉田正徳, 塩浦宏樹, 伊藤春海, 鍵谷 豪, 横濱則也, 丸山市郎, 山本和高
    東芝メディカルレビュー -88 24-39 2003年04月 査読無し
  • Effects of combined treatment with 40℃ hyperthermia and bleomycin on the accumulation of heat shock protein in murine L cells
    ZH.Jin, H.Shioura, E.Kano, S.Hayashi, M.Hatashita, H.Matsumoto, T.Ohtsubo
    Int J Oncol 20 137-142 2002年 査読有り
  • Nitric oxide is an initiator of intercellular signal transduction for stress response after hyperthermia in mutant p53 cells of human glioblastoma
    H.Matsumoto, S.Hayashi, M.Hatashita, K.Ohnishi, T.Ohtubo, R.Kitai, H.Shioura, T.Ohnishi, E.Kano
    Cancer Res 59(13) 3239-3244 1999年07月 査読有り
  • Thermosensitivity, incidence of apoptosis and accumulations of hsp72 and p53 proteins of murine L cells in wild type status of p53 gene
    S.Hayashi, E.Kano, H.Matsumoto, M.Hatashita, T.Ohtsubo, T.Nishida, H.Shioura, R.Kitai
    J Exp Clin Cancer Res 18(2) 181-189 1999年06月 査読有り
  • Intracellular signaling initiated by nitric oxide produced in heat-shocked human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, T.Ohnishi, H.Shioura, T.Ohtubo, R.Kitai, T.Ohnishi, E.Kano
    Nitric Oxide Biology and Chemistry 3(2) 180-189 1999年 査読有り
  • Sensitization to hyperthermia by intracellular acidification of C6 glioma cells
    R.Kitai, M.Kabuto, T.Kubota, H.Kobayashi, H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtubo, K.Katayama, E.Kano
    J Neurooncology 39(3) 197-203 1998年09月 査読有り
  • Suppression of heat-induced HSF activation by CDDP in human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtsubo, R.Kitai, K.Ohnishi, N.Hayashi, T.Ohnishi, E.Kano
    Int J Radiat Oncol Biol Phys 41(4) 915-920 1998年07月 査読有り
  • Suppression of heat-induced p53 accumulation and activation by CDDP or x-rays in human glioblastoma cells
    H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, T.Ohtsubo, R.Kitai, K.Ohnishi, N.Hayashi, T.Ohnishi, E.Kano
    Int J Oncol 13(4) 741-747 1998年01月 査読有り
  • In vitro effects of hyperthermia combined with cisplatin or peplomycin on the human maxillary carcinoma cell line IMC-2
    T.Ohtsubo, H.Saito, H.Matsumoto, S.Hayashi, H.Shioura, R.Kitai, T.Saito, E.Kano
    Int J Hyperthermia 13(1) 59-67 1997年01月 査読有り
  • Comparison of AAPM addendum to TG-51,IAEA TRS-398,and JSMP 12:Calibration of photon beams in water
    N.Kinoshita, H.Oguchi, Y.Nishimoto, T.Adachi, H.Shioura, H.Kimura, K.Doi
    J Appl Clin Med Phys 18(5) 271-278 2017年09月 査読有り
  • Evaluation of obliteration of arteriovenous malformations after stereotactic radiosurgery with arterial spin labeling MR imaging
    T.Kodera, Y.Arai, H.Arishima, Y.Higashino, M.Isozaki, K.Tsunetoshi, K.Matsuda, R.Kitai, K.Shimizu, N.Kosaka, T.Yamamoto, H.Shioura, H.Kimura, KI.Kikuta
    Br J Neurosurg 31(6) 641-647 2017年12月 査読有り
    T.Kodera

講演・口頭発表等

  • ヒト肺癌A549細胞におけるanthracyclin誘導物質Amrubicinの温熱増感効果
    林幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 塩浦宏樹
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議 2005年11月
  • LINACによる定位放射線治療による術後合併症(旧機種との比較より)
    竹内浩明, 有島英孝, 佐藤一史, 半田裕二, 久保田紀彦, 塩浦宏樹
    第14回日本定位放射線治療学会 2005年09月
  • ヒト肺癌A549細胞におけるAmrubicinol併用による温熱増感効果及びApoptosis誘導動態
    林 幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 金朝暉, 塩浦宏樹
    第7回関西ハイパーサーミア研究会・第13回高温度療法臨床研究会合同研究会 2005年06月
  • 癌性髄膜炎をきたした乳癌2症例
    前田浩幸, 石田 誠, 川崎磨美, 上藤聖子, 飯田 敦, 片山寛次, 山口明夫, 上田佳史, 新井良和, 塩浦宏樹, 今村好章
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 照射2日後に発症した重症放射線肺臓炎の1例
    森川美羽, 上坂太祐, 梅田幸寛, 門脇麻衣子, 水野史朗, 出村芳樹, 飴嶋慎吾, 宮森勇, 石﨑 武志, 塩浦宏樹
    第51回日本肺癌学会北陸部会 2005年02月 選考有り
  • 当院における膵臓癌術中照射の治療成績
    佐藤義高, 塩浦宏樹, 村松樹里亜, 伊藤春海, 吉田正徳, 木村俊久, 片山寛次
    日本医学放射線学会 第137回中部地方会 2005年02月
  • Modification of thermosensitivity by amrubicin or amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells and its mechanism
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Jin, Z.H., Shioura, H., Kano, E.
    10th World Congress on Advances in Oncology and 8th International Symposium on Molecular Medicine.  2005年01月
  • 当院における前立腺癌の放射線治療成績
    塩浦宏樹, 吉田正徳, 村松樹里亜, 佐藤義高, 伊藤春海, 丸山市郎, 山本和高
    日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 2004年11月
  • ヒト肺癌A549細胞におけるamrubicinolによる温熱増感効果及びapoptosis誘導動態
    林 幸子, 松本英樹, 畑下昌範, 金 朝暉, 塩浦宏樹
    日本ハイパーサーミア学会第21回大会 2004年09月
  • 脳動静脈奇形に対する塞栓術と Stereotactic Radiosurgery の併用療法
    上田佳史, 新井良和, 半田裕二, 石井久雅, 廣瀬敏士, 宇野初二, 久保田紀彦, 吉田正徳, 塩浦宏樹
    第13回日本定位放射線治療学会 2004年07月
  • 膵臓癌術中照射後に生じた放射線性骨壊死の1例
    佐藤義孝, 村松樹里亜, 塩浦宏樹, 吉田正徳, 木村浩彦, 河村泰孝, 伊藤春海
    日本医学放射線学会 第136回中部地方会 2004年06月
  • 進行再発の乳癌治療
    前田浩幸, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 石田 誠, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 山口明夫, 塩浦宏樹, 吉田正徳, 伊藤春海, 今村好章
    第41回北陸乳癌懇話会 2004年05月
  • 腰椎病的骨折と多発性肝転移を認めた進行乳癌の1例
    前田浩幸, 村上真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 石田誠, 木村俊久, 飯田敦, 片山寛次, 山口明夫, 塩浦宏樹, 吉田正徳, 伊藤春海, 今村好章
    第41回北陸乳癌懇話会 2004年05月
  • 切除不能膵臓癌に対する術中照射と温熱療法を含む集学的治療
    吉田正徳, 塩浦宏樹, 村松樹里亜, 佐藤義高, 伊藤春海, 片山寛次
    第63回日本医学放射線学会学術発表会 2004年04月
  • 脳動静脈奇形に対する塞栓術併用LINAC Radiosurgery
    宇野初二, 上田佳史, 新井良和, 廣瀬敏士, 半田裕二, 久保田紀彦, 吉田正徳, 塩浦宏樹, 石井久雅
    第63回日本脳神経外科学会総会 2004年01月
  • 肺癌放射線治療における亜硝酸薬による放射線応答の修飾
    塩浦宏樹, 吉田正徳, 村松樹里亜, 伊藤春海, 松本英樹, 加納永一, 丸山市郎, 山本和高
    日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 2003年11月
  • T2NOMO声門部癌に対する放射線治療成績
    吉田正徳, 塩浦宏樹, 村松樹里亜, 伊藤春海, 藤枝重治, 丸山市郎, 山本和高
    日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 2003年11月 選考有り
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    日本ハイパーサーミア学会第20回大会 2003年09月
  • Modification of radio- and thermo-sensitivity by amrubicin or Amrubicinol in human lung adenocarcinoma A549 cells
    Hayashi, S., Hatashita, M., Matsumoto, H., Jin, Z.H., Shioura, H., Ohtsubo, T., Kitai, R., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. 2003年08月
  • p53-independent thermosensitization by mitomycin C in human non-small cell lung carcinoma cells
    Jin, Z.H., Matsumoto, H., Hayashi, S., Hatashita, M., Ohtsubo, T., Shioura, H., Kitai, R., Kano, E.
    12th International Congress of Radiation Research. 2003年08月
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    第19回東海ハイパーサーミア懇話会・第4回北陸高温度療法研究会・合同研究会 2003年08月
  • T2, N0声門部癌の放射線治療成績(5年経過症例での検討)
    吉田正徳, 塩浦宏樹, 村松樹里亜, 伊藤春海, 藤枝重治
    日本医学放射線学会第134回中部地方会 2003年06月 選考有り
  • 1,2期声門部癌に対する放射線治療 (5年経過症例での検討)
    吉田正徳, 塩浦宏樹, 村松樹里亜, 伊藤春海, 藤枝重治
    第62回日本医学放射線学会学術発表会 2003年04月 選考有り
  • Amrubicin及びAmrubicinolのヒト肺癌A549細胞における温熱又は放射線感受性に対する修飾
    林 幸子, 畑下昌範, 松本英樹, 金 朝暉, 塩浦宏樹, 加納永一
    日本放射線影響学会第46回大会 2003年01月
  • 視力低下をきたした乳癌副鼻腔転移の1例
    東 瑞穂,前田 浩幸,中澤 雅子,小練 研司,塩浦 宏樹,今村 好章,五井 孝憲,片山 寛次,山口 明夫
    第12回日本乳癌学会中部地方会 2015年09月 選考無し
  • 前立腺癌密封小線源挿入療法後に膀胱癌を発症した1例
    岡田 昌裕, 青木 芳隆, 堤内 真実, 稲村 聡, 松田 陽介, 伊藤 秀明, 横山 修, 塩浦 宏樹, 大越 忠和, 今村 好章, 大山 伸幸
    第455回日本泌尿器科学会北陸地方会 2017年03月 選考有り
    金沢都ホテル(石川県金沢市)
  • 当院における高リスク前立腺癌に対する密封小線源治療の有用性に関する検討
    谷尾 信, 大山 伸幸, 青木 芳隆, 稲村 聡, 横山 修, 木下 聡子, 朝日 智子, 塩浦 宏樹, 木村 浩彦, 佐藤 義高
    第103回日本泌尿器科学会総会 2015年04月 選考有り
    金沢都ホテル(石川県金沢市)
  • 局所進行乳癌(病期3)の検討
    東 瑞穂,前田 浩幸,中澤 雅子,横井 繁周,小練 研司,塩浦 宏樹,今村 好章,片山 寛次,山口 明夫
    第23回日本乳癌学会学術総会 2015年07月 選考有り
  • Her2陽性乳癌と食道癌の異時性重複癌の1例
    横井 繁周,前田 浩幸,西野 拓磨,渡邉 剛史,戸川 保,木村 俊久,飯田 敦,佐藤 保則,塩浦 宏樹
    第13回日本乳癌学会中部地方会 2016年09月 選考無し

科学研究費補助金

  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2014年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2013年度
  • 治療法最適化のためのがん分子イメージングと治療効果に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:佐藤 義高 2013年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)(一般)
    代表者:岡沢 秀彦 2012年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2009年度
  • 硝酸イソソルビドの放射線増感剤としてのエビデンスの蓄積基盤研究(B)一般
    代表者:松本 英樹 2008年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2008年度
  • 放射線療法における腫瘍内血管系からみた治療効果増強のメカニズム基盤研究(C)(一般)
    代表者:塩浦 宏樹 2007年度
  • 硝酸イソソルビドの放射線増感剤としてのエビデンスの蓄積基盤研究(B)一般
    代表者:松本 英樹 2007年度
  • 硝酸イソソルビドの放射線増感剤としてのエビデンスの蓄積基盤研究(B)一般
    代表者:松本 英樹 2006年度
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究基盤研究(A)
    代表者:岡沢 秀彦 2015年度

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 早期がんに高い有効性 切らずに根治放射線治療 専門医不足が課題2005年01月 福井新聞
  • 早期がんに高い有効性 切らずに根治放射線治療 専門医不足が課題2005年01月 福井新聞