飯井 俊行

所属部署名重点研究推進講座
教員組織重点研究推進講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 17/12/08 08:51

研究者基本情報

氏名

    飯井 俊行
    メシイ トシユキ
    MESHII Toshiyuki

基本情報

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 破壊靱性評価の高度化破壊靭性 /  国内共同研究 2007年 / 国立機関原子力試験研究費による研究

所属

  •  重点研究推進講座 教授

学歴

  • 1981年04月- 1983年03月東京大学 工学系研究科 舶用機械工学
  • 1977年04月- 1981年03月東京大学 工学部 舶用機械工学

経歴

  • 2004年04月福井大学大学院 教授
  • 1999年04月- 2004年03月福井大学 助教授
  • 1998年04月- 1998年10月コーネル大学 その他
  • 1997年12月東京大学生産技術研究所 研究員
  • 1983年04月三菱重工業株式会社 技師

所属学協会

    European Structural Integrity Society その他,日本原子力学会 その他,日本保全学会 理事,日本機械学会 その他,日本機械学会 その他,日本原子力学会 その他,日本保全学会 一般会員,日本原子力学会 理事,日本原子力学会 その他,日本原子力学会 その他,日本機械学会 その他,日本機械学会 その他,日本機械学会 その他,日本材料学会 一般会員,米国機械学会 一般会員,American Society for Testing and Materials 一般会員,日本計算工学会 一般会員,日本機械学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • T-scaling method for stress distribution scaling under small-scale yielding and its application to the prediction of fracture toughness temperature dependence
    Ishihara, Kenichi; Hamada, Takeshi; Meshii, Toshiyuki
    Theoretical and Applied Fracture Mechanics 90 182-192 2017年07月 査読有り
  • Applicability of the modified Ritchie–Knott–Rice failure criterion to transfer fracture toughness Jc of reactor pressure vessel steel using specimens of different thicknesses—Possibility of deterministic approach to transfer the minimum Jc for specified specimen thicknesses
    Meshii, Toshiyuki; Yamaguchi, Teruhiro
    Theoretical and Applied Fracture Mechanics 85 328-344 2016年10月 査読有り
  • Applicability of the Modified Ritchie-Knott-Rice Failure Criterion to Examine the Feasibility of Miniaturized Charpy Type SE(B) Specimens
    Meshii, Toshiyuki;Yamaguchi, Teruhiro;Higashino, Yuma
    Advances in Materials Science and Engineering 2016 3728035-(12) 2016年11月 査読有り
  • 小規模降伏条件下応力分布スケーリング法の提案と破壊靭性値の温度依存性予測への適用
    石原 健一;濵田 猛;飯井 俊行
    日本機械学会論文集 83(847) 16-00499-1-16-00499-13 2017年03月 査読有り
  • 応力分布Tスケーリング法適用による圧縮残留応力付与時破壊靭性値の予測
    石原 健一;下池 利孝;飯井 俊行
    日本機械学会論文集 83(855) 17-00323-17 2017年11月 査読有り

    The fracture toughness Jc of the material in the ductile to brittle transition temperature (DBTT) region shows test specimen thickness (TST) effect and temperature dependence, and apparently increases when compressive residual stress is applied. In this paper, as TST effect and temperature dependence, the fact that Jc apparently increases due to compressive residual stress is attributable to the loss in the one-to-one correspondence between J and the crack-tip stress distribution, and then, the fracture prediction of the specimen with compressive residual stress was performed using the T-scaling method proposed by the authors, and its validity was confirmed for high strength steel of 780 MPa class and 0.45 % carbon steel JIS S45C. In addition, it was suggested that the minimum of Jc with compressive residual stress can be predicted by requiring only the tensile test.

  • Experimental T33-stress Formulation of Test Specimen Thickness Effect on Fracture Toughness in the Transition Temperature Region
    T. Meshii, T. Tanaka
    Engineering Fracture Mechanics 77(5) 867-877 2010年03月 査読有り
  • T-Stress solutions for a semi-elliptical axial surface crack in a cylinder subjected to mode-I non-uniform stress distributions
    Meshii, Toshiyuki;Tanaka, Tomohiro;Lu, Kai
    Engineering Fracture Mechanics 77(13) 2467-2478 2010年09月 査読有り
  • Three-dimensional T-stresses for three-point-bend specimens with large thickness variation
    K.Lu, T.Meshii
    Engineering Fracture Mechanics 116 197-203 2014年02月 査読有り
  • Application of T33-stress to predict the lower bound fracture toughness for increasing the test specimen thickness in the transition temperature region
    K.Lu, T.Meshii
    Advances in Materials Science and Engineering 2014 26197-(12) 2014年03月 査読有り
  • A failure criterion to explain the test specimen thickness effect on fracture toughness in the transition temperature region
    Meshii, Toshiyuki;Lu, Kai;Takamura, Ryota
    ENGINEERING FRACTURE MECHANICS 104 184-197 2013年05月
  • Extended investigation of test specimen thickness (TST) effect on the fracture toughness (Jc) of a material in the transition temperature region as a difference in the crack tip constraint - what is a loss in constraint in the TST effect on Jc?
    T.Meshii, K.Lu, Y.Fujiwara
    Engineering Fracture Mechanics 135 286-295 2015年02月 査読有り
  • A systematic investigation of T-stresses for a variety of center-cracked tension specimens
    Lu, Kai;Meshii, Toshiyuki
    THEORETICAL AND APPLIED FRACTURE MECHANICS 77 74-81 2015年06月 査読有り
  • Influence of circumferential flaw length on internal burst pressure of a wall-thinned pipe
    Tsuji, Masataka;Meshii, Toshiyuki
    NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN 255 59-67 2013年02月
  • Extending image processing strain measurement system to evaluate fracture behavior of wall-thinned pipes
    Tsuji, Masataka;Meshii, Toshiyuki
    NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN 241(9) 3605-3612 2011年09月
  • Proposal of limit moment equation applicable to planar/non-planar flaw in wall thinned pipes under bending
    Tsuji, Masataka;Meshii, Toshiyuki
    NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN 241(10) 4089-4094 2011年10月
  • Assessment of Piping Field Failures and Burst Tests on Carbon Steel Pipes With Local Wall Thinning Using ASME Section XI Code Case N-597-2
    Hasegawa, Kunio;Meshii, Toshiyuki;Scarth, Douglas A.
    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME 133(3) 2011年06月
  • Applicability of modified Ritchie-Knott-Rice failure criterion to predict the occurrence of cleavage fracture under residual stress field
    Ishihara, Kenichi; Hamada, Takeshi; Meshii, Toshiyuki
    SSRG International Journal of Material Science and Engineering 2(4) 1-6 2016年08月 査読有り
  • A Proposal for an Element Division Determination Technique for Finite Element Wave Propagation Analysis
    Ishida, Hitoshi;Meshii, Toshiyuki
    MATERIALS EVALUATION 68(9) 1021-1029 2010年09月
  • Stress Intensity Factors of Various Surface Cracks Inside a Hollow Cylinder Under Steady State Thermal Striping
    Meshii, Toshiyuki;Shibata, Kentaro
    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME 131(3) 2009年06月
  • Failure pressure of straight pipe with wall thinning under internal pressure
    Kamaya, Masayuki;Suzuki, Tomohisa;Meshii, Toshiyuki
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRESSURE VESSELS AND PIPING 85(9) 628-634 2008年09月
  • Normalizing the influence of flaw length on failure pressure of straight pipe with wall-thinning
    Kamaya, Masayuki;Suzuki, Tomohisa;Meshii, Toshiyuki
    NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN 238(1) 8-15 2008年01月
  • Crack arrest analysis under cyclic thermal shock for an inner-surface circumferential crack in a finite-length thick-walled cylinder
    Meshii, T;Watanabe, K
    JOURNAL OF THERMAL STRESSES 25(12) 1121-1131 2002年12月
  • Closed Form Stress Intensity Factor for an Arbitrarily Located Inner-Circumferential Surface Crack in a Cylinder Subjected to Axisymmetric Bending Load
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 59(5) 589-597 1998年03月 査読有り
  • Stress Intensity Factor of an Arbitrarily Located Circumferential Crack in a Thin-Walled Cylinder with Axisymmetrically Loaded Ends
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 62(42099) 371-382 1999年03月 査読有り
  • Characteristics of the Stress Intensity Factor of a Circumferential Crack in a Cylinder under Radial Temperature Distribution
    T.Meshii, K.Watanabe
    JSME International Journal 42(2) 259-264 1999年04月 査読有り
  • Stress Intensity Factor Evaluation of a Circumferential Crack in a Finite Length Thin-Walled Cylinder for Arbitrarily Distributed Stress on Crack Surface by Weight Function Method
    T.Meshii, K.Watanabe
    Nuclear Engineering and Design 206(1) 13-20 2001年03月 査読有り
  • Stress Intensity Factor for a Circumferential Crack in a Finite-Length Thin to Thick Walled Cylinder under an Arbitrary Biquadratic Stress Distribution on the Crack Surfaces
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 68(8) 975-986 2001年05月 査読有り
  • Proposal of Failure Criterion Applicable to Finite Element Analysis Results for Wall-Thinned Pipes under Bending Load
    T.Meshii, Y.Ito
    Nuclear Engineering and Design 242(1) 34-42 2012年01月 査読有り
  • Stress Intensity Factor Error Index for Finite Element Analysis with Singular Elements
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 70(5) 657-669 2002年03月 査読有り
  • Crack Arrest Analysis under Cyclic Thermal Shock for an Inner-Surface Circumferential Crack in a Finite-Length Thick-Walled Cylinder
    T.Meshii, K.Watanabe
    Journal of Thermal Stresses 25(12) 1121-1131 2002年12月 査読有り
  • Analytical Approach to Crack Arrest Tendency under Cyclic Thermal Stress for an Inner-Surface Circumferential Crack in a Finite-Length Cylinder
    T.Meshii, K.Watanabe
    Trans. ASME, J. Pressure Vessel Technology 123(2) 220-225 2001年05月 査読有り
  • Comparison of near threshold fatigue crack growth data by Kmax-constant method with the post-construction codes
    T.Meshii, K.Watanabe
    Nuclear Engineering and Design 220(3) 285-292 2003年02月 査読有り
  • Maximum Stress Intensity Factor for a Circumferential Crack in a Finite-Length Thin-Walled Cylinder under Transient Radial Temperature Distribution
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 63(1) 23-38 1999年05月 査読有り
  • Normalized Stress Intensity Factor Range Solutions of an Inner-Surface Circumferential Crack in Thin- to Thick-Walled Cylinder under Thermal Striping by Semi-Analytical Numerical Method
    T.Meshii, K.Watanabe
    Journal of Thermal Stresses 27(3) 253-268 2004年03月 査読有り
  • Stress Intensity Factor of a Circumferential Crack in a Thick-Walled Cylinder under Thermal Striping
    T. Meshii, K.Watanabe
    Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology 126(2) 157-162 2004年05月 査読有り
  • Assessment for Decrease in Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range due to High Maximum SIF
    T. Meshii, K.Ishihara, K.Watanabe
    Journal of ASTM International 2(6) 42017 2005年06月 査読有り
  • Simulation on the Decrease in Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range due to High Maximum SIF
    T.Meshii, K. Ishihara, T.Asakura
    Journal of ASTM International 3(2) 42014 2006年02月 査読有り
  • Normalizing the influence of flaw length on failure pressure of straight pipe with wall-thinning
    M.Kamaya, T.Suzuki, T.Meshii
    Nuclear Engineering and Design 238(1) 42231 2008年01月 査読有り
  • Failure pressure of straight pipe with wall thinning under internal pressure
    M.Kamaya, T.Suzuki, T.Meshii
    International Journal of Pressure Vessels and Piping 85(9) 628-634 2008年09月 査読有り
  • Simplified Method to Evaluate Upper Limit Stress Intensity Factor Range of an Inner-Surface Circumferential Crack under Steady State Thermal Striping
    T.Meshii, K.Shibata, K.Watanabe
    Nuclear Engineering and Design 236(10) 1081-1085 2006年05月 査読有り
  • Closed Form Stress Intensity Factor for an Arbitrarily Located Inner-Surface Circumferential Crack in an Edge-Restraint Cylinder under Linear Radial Temperature Distribution
    T.Meshii, K.Watanabe
    Engineering Fracture Mechanics 60(42130) 519-527 1998年07月 査読有り
  • Simplified method to evaluate upper limit stress intensity factor range of an inner-surface circumferential crack under steady state thermal striping
    Meshii, Toshiyuki;Shibata, Kentaro;Watanabe, Katsuhiko
    NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN 236(10) 1081-1085 2006年05月
  • A Proposal for an Element Division Determination Method for Finite Element Waves Propagation Analysis
    H. Ishida, T.Meshii
    Materials Evaluation 68(9) 1021-1029 2010年09月 査読有り
  • T-Stress solutions for a semi-elliptical axial surface crack in a cylinder subjected to mode-I non-uniform stress distributions
    T. Meshii, T. Tanaka, K. Lu
    Engineering Fracture Mechanics 77(13) 2467-2478 2010年09月 査読有り
  • Proposal of Limit Moment Equation Applicable to Planar/Non-Planar Flaw in Wall Thinned Pipes under Bending
    T. Tsuji, T. Meshii
    Nuclear Engineering and Design 241(10) 4089-4094 2011年01月 査読有り
  • Displacement based failure criterion applicable to finite element analysis results for wall-thinned pipes under pressure load
    T.Meshii, K.Yoshii
    Proceedings of 2013 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 3: Design and Analysis V003T03A068-1-V003T03A068-6 2013年07月 査読有り
  • Application of SDS method to predict fracture toughness temperature dependency of A533B steel
    T.Meshii, K.Ishihara, H.Nakano
    Proceeding of 2017 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 3B: Design and Analysis V03BT03A023-7 2017年07月 査読有り
  • Prediction of the temperature dependence on fracture toughness by new stress distribution scaling method
    K.Ishihara, T.Hamada, T.Meshii
    Proceeding of 2017 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 5: High-Pressure Technology; ASME Nondestructive Evaluation, Diagnosis and Prognosis Division (NDPD) V005T11A022-9 2017年07月 査読有り
  • J's disability could explain all the test specimen size effects observed for the fracture toughness (Jc) of a material in the DBTT region
    T.Meshii
    Proceeding of 2015 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 6B: Materials and Fabrication V06BT06A028;1-7 2015年07月 査読有り
  • Improving prediction of limit bending load for wall-thinned pipes by reconsidering the effect of biaxiality
    K.Mori, T.Meshii
    Proceeding of 2015 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 5: High-Pressure Technology V005T09A001-V005T09A007 2015年07月 査読有り
  • Applicability of a deterministic approach to transfer the fracture toughness Jc between different specimen thicknesses
    T.Meshii, K.Lu
    Proceeding of 2015 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 3: Design and Analysis V003T03A059; 9 pages 2015年07月 査読有り
  • Stress Intensity Factors of Various Surface Cracks inside a Hollow Cylinder under Steady State Thermal Striping
    T. Meshii, K. Shibata
    Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology 131(3) 031208-1~031208-6 2009年04月 査読有り
  • Stress intensity factor error index for finite element analysis with singular elements
    Meshii, T;Watanabe, K
    ENGINEERING FRACTURE MECHANICS 70(5) 657-669 2003年03月
  • Assessment of Piping Field Failures and Burst Tests on Carbon Steel Pipes With Local Wall Thinning Using ASME Section XI Code Case N-597-2
    K.Hasegawa, T.Meshii, D.A.Scarth
    Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology 133(3) 03110-1~10 2011年06月 査読有り
  • Extending Image Processing Strain Measurement System to Evaluate Fracture Behavior of Wall-Thinned Pipes
    M.Tsuji, T.Meshii
    Nuclear Engineering and Design 241(9) 3605-3612 2011年09月 査読有り
  • Influence of circumferential flaw length on internal burst pressure of a wall-thinned pipe
    T.Tsuji, T.Meshii
    Nuclear Engineering and Design 255 59-67 2013年02月 査読有り
  • Study of failure criterion applicable to elastic-plastic finite element analyses of wall-thinned pipes subjected to multi-axial loading (case for groove type flaw under combined internal pressure and bending loading)
    K.Mori, T.Meshii
    Proceedings of ICONE-23 CD-Rom 1-6 2015年05月 査読有り
  • Method to convert fracture toughness (Jc) of a material in the ductile-to-brittle transition temperature
    K.Lu, T.Meshii
    Proceedings of 2014 CCM 32 2014年11月 査読有り
  • Three-dimensional T-stresses for compact tension specimens with large thickness variation
    M.Yang, T.Meshii
    Proceedings of 2014 CCM 31 2014年11月 査読有り
  • Extended investigation of test specimen thickness (TST) effect on the fracture toughness (Jc) of a material in the transition temperature region as a difference in the crack tip constraint - what is a loss in constraint in the TST effect on Jc?
    T.Meshii, K.Lu, Y.Fujiwara
    Procedia Materials Science 3(C) 57-62 2014年07月 査読有り
  • Reconsidering the effect of stress biaxiality on pipe burst (effect of axial loading on the onset of plastic instability)
    K.Yoshii, T.Meshii
    Proceedings of 2014 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 1: Codes and Standards V001T01A016-(6) 2014年07月 査読有り
  • Validation of the (4δt, σ22c) failure criterion to explain the test specimen thickness effect of A533 grade B steel in the ductile-to-brittle transition temperature region
    Y.Fujiwara, K.Lu, R.Takamura, Y.Fujita, T.Meshii
    Proceedings of 2014 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 1: Codes and Standards V001T01A006-(6) 2014年07月 査読有り
  • Understanding test specimen thickness rffect on fracture toughness of a material in the transition temperature region as a difference in crack tip constraint
    T.Meshii, K.Lu, Y.Fujiwara
    Proceeding of 39th National Symposium on Fatigue and Fracture Mechanics CD-Rom 42012 2013年11月 査読有り
  • Validating the mechanical nature of the test specimen thickness effect on fracture toughness in the transition temperature region
    T.Meshii, K.Lu, R.Takamura
    Proceedings of 2013 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 3: Design and Analysis V003T03A057-1-V003T03A057-10 2013年07月 査読有り
  • A failure criterion to explain the test specimen thickness effect on fracture toughness in the transition temperature region
    T.Meshii, K.Lu, R.Takamura
    Engineering Fracture Mechanics 104 184-197 2013年05月 査読有り
  • Influence of circumferential flaw length on internal burst pressure of a wall-thinned pipe
    M.Tsuji, T.Meshii
    Proceedings of 2012 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 9: Rudy Scavuzzo Student Paper Symposium and Competition 155-161 2012年07月 査読有り
  • Prediction of lower bound fracture toughness in the transition temperature region by T33-stress
    K.Lu, T.Meshii
    Proceedings of 2012 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 9: Rudy Scavuzzo Student Paper Symposium and Competition 1-9 2012年07月 査読有り
  • Study on the effect of axial flaw length on limit bending load of wall thinned straight pipes by large strain finite element analyses
    Y.Ito, T.Meshii
    Proceedings of 2012 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 9: Rudy Scavuzzo Student Paper Symposium and Competition 149-154 2012年07月 査読有り
  • Crack-tip constraint and fracture toughness of an inner-surface crack under thermal shock
    T.Meshii
    Proceedings of 2012 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 3: Design and Analysis 283-287 2012年07月 査読有り
  • 減肉配管の有限要素解析結果に対する限界曲げ荷重評価基準の提案
    伊藤 嘉晃, 飯井 俊行
    日本機械学会論文集(A編) 77(783) 1871-1883 2011年11月 査読有り
  • Framework to correlate test specimen thickness effect on fracture toughness with T33-stress
    T.Meshii, T.Tanaka
    Proceedings of 2011 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 6: Materials and Fabrication, Parts A and B 1109-1117 2011年07月 査読有り
  • Proposal of a guideline to classify planar/non-planar flaw in wall thinned straight pipes under bending load
    T.Meshii
    Proceedings of 2011 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 6: Materials and Fabrication, Parts A and B 1379-1384 2011年07月 査読有り
  • Proposal of limit moment equation applicable to planar/non-planar flaw in wall thinned pipes under bending
    M.Tsuji, T.Meshii
    Proceedings of 2011 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 1: Codes and Standards 1027-1032 2011年07月 査読有り
  • 減肉配管の平面状/非平面状欠陥に適用可能な破裂内圧式の提案
    辻 将隆, 飯井 俊行
    保全学 9(4) 76-81 2011年01月 査読有り
  • 減肉配管の平面状/非平面状欠陥に適用可能な限界曲げ荷重式の提案
    辻 将隆, 飯井 俊行
    保全学 10(3) 45-50 2011年01月 査読有り
  • 画像ひずみ計測による減肉配管の破壊挙動観察
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会論文集(A編) 76(772) 1667-1673 2010年12月 査読有り
  • Proposal of an Internal Burst Equation Applicable to Planar/Non-Planar Flaw in Wall Thinned Pipes
    T.Meshii
    Proceedings of 2010 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42010 2010年07月 査読有り
  • Formulating Test Specimen Thickness Effect on Fracture Toughness with T33-Stress: Case of 3PB Test Specimen
    T. Tanaka, T.Meshii
    Proceedings of 2010 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42011 2010年07月 査読有り
  • Tz-stressに対する重ね合わせ原理の定式化
    飯井 俊行, 田中 智大
    日本機械学会論文集(A編) 75(759) 1526-1530 2009年11月 査読有り
  • Assessment of Piping Field Failures and Burst Tests on Carbon Steel Pipes with Local Wall Thinning Using ASME Section XI Code Case N-597-2
    K. Hasegawa, T.Meshii, D. A. Scarth
    Proceedings of 2009 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42013 2009年07月 査読有り
  • Assessment of Environmental Effect on the Closure-Free Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range
    T. Meshii, M. Tsuji
    Proceeding of 12th International Conference on Fracture (CD-ROM) 42013 2009年07月 査読有り
  • Effect of Flaw Geometry on the Fracture Behavior of Wall-thinned Pipe under Internal Pressure
    I. Herman, O. Kuwazuru, T. Meshii
    Proceeding of 12th International Conference on Fracture (CD-ROM) 42014 2009年07月 査読有り
  • A Trial of Application to Ultrasonic Testing System Development with Finite Element Elastic Waves Propagation Analysis
    H. Ishida, T.Meshii
    Proceedings of the 7th International conference on NDE in Relation to Structural Integrity for Nuclear and Pressurized Components CD-Rom 163-176 2009年05月
  • 弾性波伝播3次元有限要解析における要素分割選定方法の一提案
    石田 仁志, 飯井 俊行
    保全学 8(1) 62-67 2009年04月 査読有り
  • Fracture Mode Prediction Method for Pipes with Wall-Thinning by Using the History Data of Strain Ratio
    I.Herman, T.Meshii
    Proceedings of 2008 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42011 2008年07月 査読有り
  • 最近の原子力教育,人材育成―大学・学会の立場から
    飯井 俊行
    北陸信越工学協会会報 56 29-34 2008年03月 査読無し
  • Educating Nuclear Engineers of the 21st century- Introduction of the recent activities by the Atomic Energy Society of Japan
    T.Meshii
    Proceedings the 16th Pacific Basin Nuclear Conference CD-Rom 42011 2008年01月 査読有り
  • Program for Educating Nuclear Engineers in Japan -Partnership with Industries, Government and Academe Starts
    T.Meshii
    Proceedings of International Symposium on EcoTopia Science 2007 CD-Rom 42008 2007年11月 査読有り
  • Assessment of Environmental Effect on the Decrease in Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range due to High Maximum SIF
    T.Meshii, Y.Sato, N. Kouno, L. Chai, H. Aoki, M. Tsuji, K. Inoue
    Proceeding of 36th National Symposium on Fatigue and Fracture Mechanics 90 2007年11月
  • Burst Pressure of Steel-Lined Hoop-Wrapped Cylinders With Local Wall Thinning
    Irwan Herman, Yasumoto SATO, T.Meshii
    Proceedings of 2007 International Symposium on Advanced Mechanical and Power Engineering 12 2007年11月 査読無し
  • Development of Experimental Methodology for Burst Tests using Pipe Containing Local Wall-Thinning
    Tomohisa Suzuki, Yasumoto SATO, Irwan Herman, T.Meshii
    Proceedings of 2007 International Symposium on Advanced Mechanical and Power Engineering 39 2007年11月 査読無し
  • 原子力人材育成への原子力学会の取り組み
    飯井 俊行
    原子力eye 53(8) 22-25 2007年08月 査読無し
  • 防爆機能を有するプラント配管保温構造の開発の試みの研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 14 59 2007年08月 査読無し
  • 減肉配管の内圧破壊強度と破壊形態評価に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 14 60 2007年08月 査読無し
  • 原子力緊急時の初期対応基本モデルの策定による地域防災計画(原子力編)の実効性向上について
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 14 61 2007年08月 査読無し
  • 日本保全学会第4回学術講演会の開催にあたって
    飯井 俊行
    日本保全学会第4回学術講演会要旨集 i 2007年07月 査読無し
  • Influence of Flaw Length on Failure Pressure of Straight Pipe with Wall Thinning
    M. Kamaya, T.Meshii, T. Suzuki, M. Yamada
    Proc. 2007 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42011 2007年07月 査読有り
  • Stress Intensity Factors of Various Surface Cracks inside a Hollow Cylinder under Steady State Thermal Striping
    T.Meshii, T. Shibata
    Proc. 2007 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42010 2007年07月 査読有り
  • 教育委員会委員長就任にあたって
    飯井 俊行
    日本原子力学会誌 48(11) 890 2006年11月 査読無し
  • 知識・時間・熱気を共有できる場の提供を目指して―部会等運営委員会委員長就任にあたって―
    飯井 俊行
    日本原子力学会誌 48(9) 714 2006年09月 査読無し
  • Stress Intensity Factor Error Index for Finite Element Analysis with Non-Singular Elements
    T.Meshii, K.Kageyama
    Proc. 2006 ASME Pressure Vessels and Piping Conference CD-Rom 42009 2006年07月 査読有り
  • 教育委員会が本格的活動開始
    飯井 俊行
    日本原子力学会誌 48(6) 387 2006年06月 査読無し
  • Failure Pressure of Straight Pipe Containing Metal-Loss Flaw under Internal Pressure
    M.Kamaya, T.Meshii
    Proceedings of the 6th Asian International Symposium on the Structural Integrity of Nuclear Components 87-97 2006年04月
  • 原子力・エネルギー安全工学専攻―第1期修了生を送り出して―
    飯井 俊行
    福井大学工業会誌 57 18 2006年04月 査読無し
  • 夢を語る~巨大システムを“不老不死”に~
    飯井 俊行
    福井大学工学部2007年度入学希望者案内 23 2006年04月 査読無し
  • 革新的原子力プラントへの光ファイバーセンサー実用化研究
    飯井 俊行, 桜井 哲真
    福井大学重点研究成果集2006―明日への挑戦― 14-15 2006年03月 査読無し
  • 教育利用ワーキング・グループ活動報告書
    飯井 俊行, 橋本 憲吾, 竹田 敏一, 榎田 洋一, 佐藤 正明, 仁田脇 武士, 宇根崎 博信, 長谷川 信
    日本原子力学会もんじゅ研究利用に関する検討報告書 2006年03月 査読無し
  • TLM Modeling of Elastic Wave Propagation and its Back Propagation in Time Reversal
    L. Chai, Y. Kagawa, T.Meshii
    Proc. Asian Simulation Conference 2006 CD-Rom 42006 2006年01月
  • 定常温度揺らぎ下円筒環状き裂の応力拡大係数範囲上限値簡易評価
    飯井 俊行, 柴田 健太一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集(A編) 72(713) 127-132 2006年01月 査読有り
  • 福井県からのニュース
    飯井 俊行
    JSME北陸信越支部ニュース 8 4 2006年01月 査読無し
  • 原子力・エネルギー安全工学専攻の概要(目指せ,オールラウンド・エンジニア)
    飯井 俊行
    福井大学広報誌 Campus Express(8) 42257 2005年09月 査読無し
  • Simplified Method to Evaluate Upper Limit Stress Intensity Factor Range of an Inner-Surface Circumferential Crack under Steady State Thermal Striping
    T. Meshii, K.Shibata, K.Watanabe
    Proceedings of the 2005 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 3 263-267 2005年07月 査読有り
  • Simulation on the Decrease in Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range due to High Maximum SIF
    T. Meshii, K.Ishihara, T.Asakura
    Proceeding of 35th National Symposium on Fatigue and Fracture Mechanics 35(STP 1480) 234-243 2005年05月 査読有り
  • Upper Limit Stress Intensity Factor Range Evaluation of an Inner-Surface Circumferential Crack under Steady State Thermal Striping by a Simplified Method
    T. Meshii, K.Shibata, K.Watanabe
    Proc. 6th International Congress on Thermal Stresses 1 293-296 2005年05月 査読有り
  • 熱応力によるき裂駆動力評価手法の開発に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 12 34 2005年04月 査読無し
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 12 21 2005年04月 査読無し
  • 原子力材料の下限界近傍疲労き裂進展挙動評価
    飯井 俊行, 福元 謙一, 笠田 竜太, 木村 晃彦
    京都大学エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター共同研究成果報告書平成16年度 44-45 2005年03月 査読無し
  • Near Threshold Fatigue Crack Growth Simulation
    T. Meshii, K.Ishihara, K.Watanabe
    Proceeding of 11th International Conference on Fracture (CD-ROM) 42010 2005年03月
  • 革新的原子力プラントへの光ファイバーセンサー実用化研究
    飯井 俊行, 桜井 哲真
    福井大学重点研究成果集2005―明日への挑戦― 42225 2005年03月 査読無し
  • 最大応力拡大係数(K値)増による下限界K値範囲漸減率の定量予測
    飯井 俊行, 石原 健一, 朝倉 俊行
    日本機械学会論文集 (A編) 71(710) 1369-1376 2005年01月 査読有り
  • リスクコミュニケーション教育の試み(福井大学「原子力危機管理工学」の実施例)
    飯井 俊行
    エネルギー 37(12) 25-29 2004年12月 査読無し
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究(Phase-II)
    飯井 俊行
    大学等との共同研究に関する平成15年度研究概要報告 JNC TY4400 2004-010 88-92 2004年09月 査読無し
  • Simulation on decrease in threshold stress intensity factor (SIF) range due to high maximum SIF
    T. Meshii, K.Ishihara, K.Watanabe
    International Conference on Fatigue Damage of Structural Materials V 24 2004年09月
  • 下限界応力拡大係数(K値)範囲の最大K値による漸減現象発生予測
    飯井 俊行, 石原 健一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 70(692) 604-611 2004年04月 査読有り
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究(Phase-II)平成15年度(共同研究報告書)
    飯井 俊行, 渡士 克己, 土井 基尾, 橋本 貴司
    JNC TY4400 2004-001 2004年03月 査読無し
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同研究センター年報 11 25 2004年03月 査読無し
  • Assessment for Decrease in Threshold Stress Intensity Factor (SIF) Range due to High Maximum SIF
    T.Meshii, K.Ishihara, K.Watanabe
    Proceeding of 34th National Symposium on Fatigue and Fracture Mechanics STP1461 138-150 2003年11月 査読有り
  • Timestep Size Selection Strategy for MD Analysis by Verlet Algorithm
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. 5th International Conference for Mesomechanics 72-79 2003年08月 査読有り
  • Normalized Stress Intensity Factor Solution of an Inner-Surface Circumferential Crack in Thin- to Thick-Walled Cylinder under Thermal Striping
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. 2003 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 461 45-50 2003年07月 査読有り
  • 温度揺らぎ下円筒環状き裂の過渡応力拡大係数無次元解
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 69(681) 894-901 2003年05月 査読有り
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究(Phase-II)平成14年度(共同研究報告書)
    飯井 俊行, 渡士 克己, 土井 基尾, 橋本 貴司
    JNC TY4400 2003-002 2003年03月 査読無し
  • Stress Intensity Factor Error Index for Finite Element Analysis with Singular Elements
    K.Ishihara, T.Meshii
    Proc. International Symposium on Advanced Mechanical Engineering, Fukui 85-90 2002年09月 査読無し
  • Stress Intensity Factor of a Circumferential Crack in a Thick-Walled Cylinder under Thermal Striping
    N.Yasumoto, T.Meshii
    Proc. International Symposium on Advanced Mechanical Engineering, Fukui 79-84 2002年09月 査読無し
  • Stress Intensity Factor of a Circumferential Crack in a Thick-Walled Cylinder under Thermal Striping
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. 2002 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 443(1) 93-99 2002年08月 査読有り
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究(Phase-II)(平成13年度共同研究報告書)
    飯井 俊行
    JNC TY4400 2002-001 2002年03月 査読無し
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同センター年報, 10, 23 2002年01月 査読無し
  • 電子ジャーナルを利用して
    飯井 俊行
    福井大学附属図書館概要, 6 2002年01月 査読無し
  • Stress Intensity Factor Error Index for Finite Element Analysis with Singular Elements
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. 10th International Conference on Fracture, Hawaii, CD-ROM 42011 2001年12月 査読有り
  • An Arbitrarily Located Inner Surface Crack in a Cylinder Subjected to Axisymmetric Bending Loads
    T.Meshii, K.Watanabe
    In “Stress Intensity Factors Handbook”, 4, 757-760, Elsevier Science 2001年11月 査読無し
  • An Arbitrarily Located Circumferential Crack in a Thin-Walled Cylinder with Axisymmetrically Loaded Ends
    T.Meshii, K.Watanabe
    In “Stress Intensity Factors Handbook”, 4, 761-762, Elsevier Science 2001年11月 査読無し
  • Stress-Intensity Factor Equation for an Inner-Surface Circumferential Crack in a Finite Length Cylinder under Quadratic Stress Distribution
    T.Meshii, K.Watanabe
    In “Stress Intensity Factors Handbook”, 4, 753-756, Elsevier Science 2001年11月 査読無し
  • 繰り返し熱衝撃下円筒内表面環状き裂の停留深さ
    飯井 俊行, 細田 誠, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 67(661) 1535-1541 2001年09月 査読有り
  • Crack Arrest under Cyclic Thermal Shock for an Inner-Surface Circumferential Crack in a Finite-Length Cylinder
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. 4th International Congress on Thermal Stresses, Osaka, 467-470 2001年06月 査読有り
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究(平成12年度共同研究報告書)
    飯井 俊行, 渡士 克己, 土井 基尾, 橋本 貴司, 浅山 泰
    JNC TY4400 2001-001, 2001年03月 査読無し
  • FBRプラントにおけるき裂進展評価手法の高度化に関する研究
    飯井 俊行
    地域共同研究センター年報 9 40 2001年01月 査読無し
  • 特異要素を用いた有限要素解析による応力拡大係数誤差評価指標
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 66(652) 2106-2112 2000年12月 査読有り
  • スーパー繊維の強度評価に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同センター年報 8 48 2000年09月 査読無し
  • 回転体の構造健全性評価に関する研究
    飯井 俊行
    福井大学地域共同センター年報 8 36 2000年09月 査読無し
  • 有限長円筒内表面環状き裂の応力拡大係数評価用実用式
    飯井 俊行, 服部 修次, 渡邊 勝彦
    材料 49(8) 839-844 2000年08月 査読有り
  • Analytical Approach to Crack Arrest Tendency under Cyclic Thermal Stress for an Inner-Surface Circumferential Crack in a Finite-Length Cylinders
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. of ASME Pressure Vessels and Piping Conference 404 29-35 2000年07月 査読有り
  • 構造設計の最前線(壊せぬなら,壊してみようパソコン上で)
    飯井 俊行
    機械の設計生産システムの知能化・高度化に関するリフレッシュ講座講義実習資料集 92-99 2000年01月 査読無し
  • 有限円筒中任意位置環状き裂の軸対称曲げ下応力拡大係数簡易評価式
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 64(625) 2361-2366 1998年09月 査読有り
  • 有限円筒内表面環状き裂の過渡一次元温度分布下最大応力拡大係数評価
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 64(624) 2164-2170 1998年08月 査読有り
  • Stress Intensity Factor of an Arbitrarily Located Circumferential Crack in Axisymmetrically Loaded Cylinders
    T.Meshii, K.Watanabe
    Proc. of ASME Pressure Vessels and Piping Conference 365 303-309 1998年07月 査読有り
  • 円筒環状き裂の熱応力下応力拡大係数の特性
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 64(623) 1884-1889 1998年07月 査読有り
  • 重み関数法による有限円筒内表面環状き裂の軸対称任意き裂内面応力下応力拡大係数評価
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 64(621) 1192-1197 1998年05月 査読有り
  • 有限円筒中任意位置環状き裂の一次元温度分布下応力拡大係数簡易評価式
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会論文集 (A編) 64(620) 912-918 1998年04月 査読有り
  • 軸対称荷重を受ける円筒の任意位置環状き裂の応力拡大係数簡易評価
    飯井俊行, 渡邊勝彦
    日本機械学会論文集(A) 63(616) 2655-2660 1997年12月 査読有り
  • 環状き裂を有する円筒の一次元温度分布下応力拡大係数簡易評価式
    飯井俊行, 渡邊勝彦
    日本機械学会論文集(A) 63(610) 1205-1212 1997年06月 査読有り
  • 厚肉円筒の熱応力下の疲労き裂停留(第1報、片側き裂板による予備検討)
    飯井 俊行, 酒井信介
    日本機械学会論文集(A) 63(606) 275-280 1997年02月 査読有り
  • 厚肉円筒の熱応力下の疲労き裂停留(第2報、円筒と片側き裂板)
    飯井 俊行, 酒井信介
    日本機械学会論文集(A) 63(606) 281-285 1997年02月 査読有り
  • 大容量単車室再熱蒸気タービンの開発
    山本哲也, 西村重夫, 飯井 俊行, 南 芳弘
    三菱重工技報 32(1) 16-19 1995年01月 査読無し
  • Development of Large-Capacity Single Casing Reheat Steam Turbine
    T.Yamamoto, S.Nishimura, M.Minatomoto, H.Yokota, T.Meshii
    Proc. CSPE-JSME-ASME International Conference on Power Engineering-95, Shanghai 667-670 1995年 査読有り
  • Decade of Wakamatsu High-Temperature Turbine Project
    T.Fujikawa, T.Meshii
    Proc. JSME-ASME International Conference on Power Engineering-93, Kawasaki 2 71-76 1993年09月 査読有り
  • 若松超高温タービンSTEPⅡの運転実績
    藤川卓爾, 飯井 俊行, 竹田頼正, 湯上 博, 肥爪彰夫
    三菱重工技報 29(3) 188-192 1992年05月 査読無し
  • Operating Experience of EPDC’s Wakamatsu 50MW High-Temperature Turbine STEP II (649/593 C)
    T.Fujikawa, T.Meshii
    Proc. EPRI 3rd Int. Conf. on Improved Coal-Fired Power Plants, San Francisco 1991年 査読有り
  • Application of the modified Ritchie-Knott-Rice criterion to predict fracture toughness of miniaturized Charpy type SE(B) specimens
    T.Yamaguchi, Y.Higashino, T.Meshii
    Proceeding of 2016 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 5: High-Pressure Technology; Rudy Scavuzzo Student Paper Symposium and 24th Annual Student Paper Competition; V005T09A018; 1-6 2016年.0月 査読有り
  • Engineering Framework to Utilize Miniaturized Charpy Type SE(B) Specimens to Predict Jc of Full Sized Specimens
    T.Yamaguchi, Y.Higashino, T.Meshii
    Procedia Structural Integrity 2 712-719 2016年.1月 査読有り
  • Applicability of a deterministic approach to transfer the minimum fracture toughness between different temperatures in the DBTT region
    T.Meshii, T.Yamaguchi, K.Fukinbara
    Proceeding of 2016 ASME Pressure Vessels and Piping Conference 3: Design and Analysis V003T03A067; 1-6 2016年.0月 査読有り
  • Engineering Framework to Transfer the Lower Bound Fracture Toughness between Different Temperatures in the DBTT Region
    T.Meshii, T.Yamaguchi
    Procedia Structural Integrity 2 697-703 2016年.1月 査読有り
  • Engineering framework to transfer the minimum fracture toughness in the DBTT region between SE(B) and 1T CT specimens
    T.Meshii, K.Ishihara
    Procedia Structural Integrity 2 704-711 2016年.1月 査読有り
  • Applicability of a deterministic approach to predict the minimum fracture toughness in the DBTT region from tensile test results~ example for 0.5T SE(B) and 1T CT specimens
    T.Meshii, Y. Fujita, T.Yamaguchi
    Proceeding of 2016 ASME Pressure Vessels and Piping Conference Volume 3: Design and Analysis V003T03A068; 1-6 2016年.0月 査読有り
  • Applicability of modified Ritchie-Knott-Rice failure criterion to predict the onset of cleavage fracture for the test specimen with residual stress introduced to the crack tip
    K.Ishihara, T.Hamada, N.Kikuya, T.Meshii
    Procedia Structural Integrity 2 728-735 2016年.1月 査読有り
  • Joint evaluation of fracture results from distinct test conditions, implying loading, specimen size and geometry
    M. Muniz-Calvente, V.N.Shlyannikov, T.Meshii, E.Giner, A.Fernández-Canteli
    Procedia Structural Integrity 2 720-727 2016年.1月 査読有り
  • 1120 延性-脆性遷移温度域材ミニチュア破壊靭性試験片の開発(OS8-4 材料力学と計算力学の新展開)
    山口 晃弘;東野 勇馬;富金原 貢希;熊野 秀樹;佐伯 好博;栗下 裕明;飯井 俊行
    講演論文集 2016(53) "1120-1"-"1120-5" 2016年03月
    Fracture toughness in the transition temperature: J_c has two types of size effect. One is planar size effect on J_c. Another one is test specimen thickness (TST) effect. Planar size effect and TST effect for non-proportional specimens are shown that they are explained by applying (4δ_t, σ_<22c>) failure criterion. In this paper, as an improving step, (4δ_t, σ_<22c>) failure criterion shows that can be applied in a miniature test piece. In addition, J_c which is obtained from miniature test pieces make sure that it is possible to predict from the results of the full size test piece.

著書

  • 飯井俊行(主査植田辰洋教授)、垂直高温面の液膜冷却に関する研究
    飯井 俊行
    東京大学卒業論文 1981年
  • 飯井俊行(主査岡村弘之教授)、地震時の構造物の強度と信頼性に関する研究
    飯井 俊行
    東京大学修士論文 1983年
  • 飯井俊行(主査渡邊勝彦教授)、熱応力下の応力拡大係数簡便評価方法の開発とその円筒状構造物健全性評価への適用
    飯井 俊行
    東京大学博士論文 1997年
  • 演習・材料力学
    渡邊 勝彦, 飯井 俊行, 宇都宮 登雄, 吉川 暢宏, 永井 学志, 桑水流 理
    執筆、編集
    4章 はりの応力とたわみ,7章 柱の座屈
    培風館 2005年09月
    4-563-06752-0
  • 材料力学
    渡邊 勝彦, 吉川 暢宏, 飯井 俊行, 宇都宮 登雄, 桑水流 理
    執筆、編集
    2章 軸力を受ける棒,6章 組み合わせ応力
    培風館 2006年11月
    4-563-06754-7

講演・口頭発表等

  • 延性-脆性遷移温度域にある材料の破壊靱性値板厚効果に関するA533 Grade Bを対象とした(4δt, σ22c)破壊評価基準の適用性検討
    藤田 裕介, Lu Kai, 藤原 悠輝, 高村 亮太, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第43回学生員卒業研究発表講演会 2014年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 延性-脆性遷移温度域にある材料の破壊靭性値板厚効果に関するA533 Grade B を対象とした(4δt,σ22c)破壊評価基準の適用性検討
    藤原 悠輝, Lu Kai, 高村 亮太, 藤田 裕介, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第51期総会・講演会 2014年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉直管限界曲げ荷重の減肉長さに対する下限値
    伊藤 嘉晃, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第50期総会・講演会 2013年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 3 点曲げ試験片に対するT-stress 解
    Lu Kai, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第50期総会・講演会 2013年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 極限荷重解析による減肉管の破裂内圧評価および評価法が有する裕度の把握
    小嶋 龍太郎, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第42回学生員卒業研究発表講演会 2013年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 遷移温度域にある材料の破壊靱性値板厚効果
    高村 亮太, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第42回学生員卒業研究発表講演会 2013年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 減肉配管の有限要素解析結果に対する内圧破裂評価基準の提案
    吉井 貫, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第42回学生員卒業研究発表講演会 2013年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 減肉配管周方向欠陥長さが破裂内圧へ及ぼす影響
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会2012年度年次大会 2012年09月  日本機械学会
  • 減肉配管の減肉長さが限界曲げ荷重へ及ぼす影響の検討
    伊藤 嘉晃, 飯井 俊行
    日本機械学会2012年度年次大会 2012年09月  日本機械学会
  • 遷移温度域にある材料の破壊靭性値板厚に対する下限値のT33-stress による予測
    Lu Kai, 飯井 俊行
    日本機械学会2012年度年次大会 2012年09月  日本機械学会
  • 減肉配管の有限要素解析結果による限界曲げ荷重評価(減肉長さの影響)
    伊藤 嘉晃, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第49期総会・講演会 2012年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 遷移温度域にある材料の破壊靭性値板厚に対する下限値のT33-stress による予測
    Lu Kai, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第49期総会・講演会 2012年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉配管周方向欠陥長さが破裂内圧へ及ぼす影響
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第49期総会・講演会 2012年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉配管の平面状/非平面状欠陥に適用可能な限界曲げ荷重式の提案
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会動力エネルギーシンポジウム 2011年06月  日本機械学会動力エネルギー部門
  • 減肉配管の有限要素解析結果に対する限界曲げ荷重評価基準の提案
    伊藤 嘉晃, 山田 拓男, 飯井 俊行
    日本機械学会動力エネルギーシンポジウム 2011年06月  日本機械学会動力エネルギー部門
  • 減肉直管の有限要素解析結果に対する限界曲げ荷重評価基準の提案
    伊藤 嘉晃, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第48期総会・講演会 2011年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉エルボ配管の面内・面外曲げ非比例負荷試験装置の開発
    石黒 貴寛, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第48期総会・講演会 2011年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉直管の限界曲げ荷重下破壊モードの有限要素解析予測手法
    山田 拓男, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第48期総会・講演会 2011年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 破壊靭性値の板厚効果のT33-stressによる表現;SCM440, CT試験片の場合
    田中智大, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2010年秋の大会 2010年09月  日本原子力学会
  • SCM440における破壊靱性値の板厚効果;T33-stressによる表現;3PB試験片の場合
    Kai Lu, 飯井 俊行, 田中智大
    日本原子力学会 2010年秋の大会 2010年09月  日本原子力学会
  • 減肉配管の破壊モード評価法の高度化(内圧破裂評価)
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2010年秋の大会 2010年09月  日本原子力学会
  • 破壊靱性値の板厚効果のT33-stressによる表現;試験片構造の差異
    田中 智大, 飯井 俊行
    日本保全学会第7回学術講演会 2010年07月  日本保全学会
  • 減肉配管の平面状/非平面状欠陥に適用可能な内圧破裂式の提案
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本保全学会第7回学術講演会 2010年07月  日本保全学会
  • 画像ひずみ計測による減肉配管の破壊挙動評価
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会動力エネルギーシンポジウム 2010年06月  日本機械学会動力エネルギー部門
  • 減肉エルボ配管の内圧および面内曲げ崩壊挙動
    桑水流 理, 小林 直紀, モハマドカイリ, イルワン・ヘルマン, 辻 将隆, 日下貴文, ヌルハイマン, 飯井 俊行
    日本機械学会動力エネルギーシンポジウム 2010年06月  日本機械学会動力エネルギー部門
  • 広領域ひずみ計測技術の局部減肉破壊現象への適用
    辻 将隆, Irwan Herman, 日下 貴文, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第47期総会・講演会 2010年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • S55Cにおける破壊靱性値の板厚効果;Tz-stressによる表現~3点曲げ試験片の場合~
    田中 智大, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第47期総会・講演会 2010年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 多媒質間音響伝播簡易シミュレーション手法の開発:水中実験による検証
    熊木 貴之, 飯井 俊行, 上田 雅司
    日本機械学会北陸信越支部 第47期総会・講演会 2010年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 多媒質間音響伝播簡易シミュレーション手法の開発
    飯井 俊行, 上田 雅司
    日本原子力学会 2009年秋の大会 2009年09月  日本原子力学会
  • アクセス不能構造物における弾性波伝播解析による弾性波強度指標評価の試み
    石田 仁志, 飯井 俊行
    日本保全学会第6回学術講演会 2009年08月  日本保全学会
  • アクセス不可能位置の超音波探傷試験システム開発の試み
    石田 仁志, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第46期総会・講演会 2009年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 三次元画像計測による減肉配管の内圧破裂挙動評価
    Irwan Herman, 塚崎 督明, 平野 雅裕, 桑水流 理, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第46期総会・講演会 2009年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 破壊靭性値の板厚効果;Tz-stressによる表現の試み
    田中 智大, 飯井 俊行
    第14回破壊力学シンポジウム 2009年01月  0
  • 蒸気発生器内部の音響伝搬シミュレーションに関する研究
    柴 凌云, 飯井 俊行, 宮原 信哉, 上田 雅司, 岡本 久彦
    日本原子力学会 2008年秋の大会 2008年09月  日本原子力学会
  • 3D ひずみ計測による減肉配管破裂位置予測の試み
    Irwan Herman, 飯井 俊行
    日本機械学会 M&M2008材料力学カンファレンス 2008年09月  日本機械学会
  • 下限界応力拡大係数範囲漸減現象 (環境効果による影響の検討)
    辻 将隆, 飯井 俊行
    日本機械学会 M&M2008材料力学カンファレンス 2008年09月  日本機械学会
  • 弾性波伝播解析のための3次元有限要素法における要素寸法および時間増分の設定方法の検討
    石田 仁志, 飯井 俊行
    日本保全学会第5回学術講演会 2008年07月  日本保全学会
  • 原子力人材育成プログラムと各大学の動向
    飯井 俊行
    原子力総合シンポジウム2008 2008年05月  日本学術会議
  • き裂先端拘束パラメータによる破壊靱性評価方法の高度化
    豊岡 徹二, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 下限界応力拡大係数範囲漸減現象
    辻 将隆, 飯井 俊行, 佐藤 康元
    日本機械学会北陸信越学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 任意方向のき裂に対する誘導型電位差法センサの開発
    井上 和也, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 3 次元変形データ解析による減肉配管破壊評価
    東 慎也, 佐藤 康元, 飯井 俊行, 鈴木 智久
    日本機械学会北陸信越学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 下限界応力拡大係数範囲漸減現象
    辻 将隆, 飯井 俊行, 佐藤 康元
    日本機械学会北陸信越支部 第45期総会・講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉を有する直管の破壊モード評価法の高度化
    鈴木 智久, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第45期総会・講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 超音波伝播3 次元有限要素解析における要素分割数および時間刻みの検討
    石田 仁志, 飯井 俊行, 柴 凌云
    日本機械学会北陸信越支部 第45期総会・講演会 2008年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 最大応力拡大係数(K値)Kmax増による下限界K値範囲ΔKth漸減現象への環境効果の検討
    石原 一輝, 内田 武伸, 青木 宏昭, 審良 優貴, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2006年秋の大会 2006年09月  日本原子力学会
  • 下限界近傍疲労き裂進展シミュレーション~ΔKth漸減メカニズムモデルの検証~
    石原 健一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第32回学生員卒業研究発表講演会 2003年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 軸対称荷重下有限円筒複数環状き裂の応力拡大係数簡易評価
    安本 展明, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第32回学生員卒業研究発表講演会 2003年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 有限要素解析誤差へのSAN(Semi-Analytical/Numerical)法適用の試み
    箱家 光敏, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第29回学生員卒業研究発表講演会 2000年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 熱応力下疲労き裂停留に関する実験的研究
    細田 誠, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第29回学生員卒業研究発表講演会 2000年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • △K制御疲労き裂進展試験システムの開発
    渡辺 清嗣, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第29回学生員卒業研究発表講演会 2000年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 延性-脆性遷移温度域材ミニチュア破壊靭性試験片の開発
    山口晃弘, 東野勇馬, 富金原貢希, 熊野秀樹, 佐伯好博, 栗下裕明, 飯井俊行
    日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会 2016年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 残留応力場中のき裂へのModified Ritchie-Knott-Rice 破壊基準の適用
    石原健一, 濱田猛, 菊谷直宏, 飯井俊行
    日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会 2016年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 定常温度揺らぎ下各種円筒内表面き裂の応力拡大係数範囲上限値比較
    飯井 俊行, 柴田 健太一
    日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会 2007年09月  日本機械学会
  • コンクリート埋設鋼板における超音波伝播特性
    石田 仁志, 柴 凌云, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2007年秋の大会 2007年09月  日本原子力学会
  • 減肉配管内圧破裂試験法の妥当性検証
    佐藤康元, Irwan Herman, 鈴木 智久, 山田 真己, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会 2007年09月  日本機械学会
  • 減肉配管の内圧による破裂形態予測法に関する検討
    鈴木 智久, 佐藤 康元, Irwan Herman, 山田 真己, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会 2007年09月  日本機械学会
  • 減肉配管の内圧による破裂形態の予測
    Irwan Herman, 佐藤 康元, 鈴木 智久, 山田 真己, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会 2007年09月  日本機械学会
  • 文科省委託事業「原子力コアカリキュラム開発調査」
    飯井 俊行
    日本原子力学会2007年秋の大会 2007年09月  日本原子力学会
  • 減肉配管の破裂内圧予測と減肉長さの無次元化
    佐藤 康元, 鈴木 智久, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    日本保全学会第4回学術講演会 2007年07月  日本保全学会
  • 減肉配管の破裂形態予測
    Irwan Herman, 鈴木 智久, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本保全学会第4回学術講演会 2007年07月  日本保全学会
  • エネルギー教育―持続可能な成長基盤に向けた産・官・学一体の取り組みの始まり
    飯井 俊行
    原子力総合シンポジウム2007 2007年05月  日本学術会議
  • 原子力立国計画と教育委員会の現状
    飯井 俊行
    日本原子力学会2007年春の年会 2007年03月  日本原子力学会
  • 表面粗さ情報を活用したフラクトグラフィ高度化の試み
    内田 武伸, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第44期総会・講演会 2007年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 防爆機能を有するプラント配管保温構造の開発の試み
    石原 一輝, 佐藤 康元, 飯井 俊行, 岩佐 尚邦
    日本機械学会北陸信越支部 第44期総会・講演会 2007年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉円筒の内圧による降伏と破壊
    山田 真己, 飯井 俊行, 佐藤 康元, 鈴木 智久, 釜谷 昌幸
    日本機械学会北陸信越学生会 第36回学生員卒業研究発表講演会 2007年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 超音波伝播解析結果の可視化による超音波探触子開発支援の試み
    田中 優, 飯井 俊行, 柴 凌雲, 石田 仁志
    日本機械学会北陸信越学生会 第36回学生員卒業研究発表講演会 2007年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 減肉配管破壊強度評価法の高度化;減肉長さの無次元化に関する検討
    鈴木智久, 佐藤康元, 山田真己, 飯井 俊行, 釜谷昌幸
    日本原子力学会 2007年春の年会 2007年03月  日本原子力学会
  • コンクリート埋設鋼板の超音波伝播基礎特性の実験と解析による評価;1.振動子大きさによる水平方向伝播特性
    石田 仁志, 飯井 俊行, 柴 凌云, 田中 優
    日本原子力学会 2007年春の年会 2007年03月  日本原子力学会
  • コンクリート埋設鋼板の超音波伝播基礎特性の実験と解析による評価;2.振動子の入射角による板厚方向伝播特性
    飯井 俊行, 柴 凌云, 田中 優, 石田 仁志
    日本原子力学会 2007年春の年会 2007年03月  日本原子力学会
  • 減肉を有する周方向被覆鋼管の破裂内圧
    Irwan Herman, 佐藤 康元, 飯井 俊行
    日本機械学会 M&M2007材料力学コンファレンス 2007年01月  日本機械学会
  • 減肉配管破壊強度評価法の高度化;内圧下破壊の様相に関する一考察
    鈴木 智久, Irwan Herman, 山田真己, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    日本原子力学会 2006年秋の大会 2006年09月  日本原子力学会
  • 内圧荷重下における非き裂状欠陥を有する配管の破壊強度
    釜谷 昌幸, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2006年秋の大会 2006年09月  日本原子力学会
  • 福井大学 原子力・エネルギー安全工学専攻 2年半の歩み
    飯井 俊行
    日本原子力学会2006年秋の大会 2006年09月  日本原子力学会
  • 炭素鋼減肉模擬配管の内圧破壊強度(減肉長さの影響)
    内田武伸, 飯井 俊行, 鈴木 智久, 釜谷 昌幸
    日本機械学会M&M2006材料力学コンファレンス 2006年08月  日本機械学会
  • 最大応力拡大係数(K値)増による下限界K値範囲漸減量の定量予測
    Irwan Herman, 飯井 俊行, 朝倉 俊行
    日本機械学会 M&M2006材料力学コンファレンス 2006年08月  日本機械学会
  • 内圧荷重下における非き裂状欠陥を有する配管の破壊強度評価
    釜谷 昌幸, 飯井 俊行
    日本機械学会 M&M2006材料力学コンファレンス 2006年08月  日本機械学会
  • 福井大学における高経年化研究の取組み
    飯井 俊行
    高経年化対策に関わる劣化・損傷の評価技術の最前線 2006年08月  日本保全学会
  • 減肉配管強度評価法の高度化
    飯井 俊行
    シンポジウム「福井県内における原子力・エネルギー関係研究の連携強化に向けて」 2006年03月  福井大学
  • 内圧を受ける減肉配管の破裂圧力の検討-内圧下減肉長さの影響検討-
    鈴木 智久, 飯井 俊行, 影山 恭平, 釜谷 昌幸
    日本機械学会北陸信越学生会 第35回学生員卒業研究発表講演会 2006年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 定常温度揺らぎ下各種円筒内表面き裂の応力拡大係数範囲上限値
    柴田 健太一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越支部 第43期総会・講演会 2006年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉配管破壊強度評価法の高度化―内圧下減肉長さの影響検討―
    影山 恭平, 飯井 俊行, 鈴木 智久, 釜谷 昌幸
    日本機械学会北陸信越支部 第43期総会・講演会 2006年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 減肉配管破壊強度評価法の高度化-内圧下減肉長さの影響検討-
    鈴木 智久, 飯井 俊行, 影山 恭平, 釜谷 昌幸
    日本原子力学会 2006年春の年会 2006年03月  日本原子力学会
  • 定常温度揺らぎ下円筒内表面軸方向き裂の応力拡大係数範囲上限値簡易評価
    柴田 健太一, 飯井 俊行
    日本原子力学会 2006年春の年会 2006年03月  日本原子力学会
  • 福井大学の原子力教育研究と広域連携戦略
    飯井 俊行
    原子力研究広域連携シンポジウム 2006年01月  (財)若狭湾エネルギー研究センター
  • 定常温度揺らぎ下各種円筒内表面き裂の応力拡大係数範囲上限値簡易評価
    柴田 健太一, 飯井 俊行
    連携融合事業講演発表会 2005年12月  福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻
  • 減肉配管破壊強度評価法の高度化―内圧下減肉長さの影響検討―
    影山 恭平, 飯井 俊行, 釜谷 昌幸
    連携融合事業講演発表会 2005年12月  福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻
  • 非き裂状欠陥評価基準の検討―内圧を受ける減肉配管の破壊強度―
    釜谷 昌幸, 飯井 俊行
    連携融合事業講演発表会 2005年12月  福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻
  • 内圧を受ける減肉配管の破壊強度
    釜谷 昌幸, 影山 恭平, 飯井 俊行
    日本機械学会2005年度年次大会講演会 2005年09月  日本機械学会
  • 減肉配管の変形特性とそれに着目した減肉形状推定手法
    影山 恭平, 飯井 俊行
    日本機械学会2005年度年次大会講演会 2005年09月  日本機械学会
  • 一般要素を用いた有限要素解析による応力拡大係数誤差指標
    飯井 俊行, 鈴木 智久, 影山 恭平
    日本機械学会2005年度年次大会講演会 2005年09月  日本機械学会
  • 内圧荷重を受ける減肉配管の強度解析
    釜谷 昌幸, 飯井 俊行, 影山 恭平
    日本原子力学会2005年秋の大会 2005年09月  日本原子力学会
  • インコネル718の最大応力拡大係数一定下疲労き裂進展特性の検討
    石原 一輝, 飯井 俊行
    日本原子力学会2005年秋の大会 2005年09月  日本原子力学会
  • 応力拡大係数(K値)増による下限界K値範囲漸減現象
    イルワン ヘルマン, 飯井 俊行
    日本原子力学会2005年秋の大会 2005年09月  日本原子力学会
  • 下限界応力拡大係数(K値)範囲に及ぼす最大K値(Kmax)の影響の検討(S55Cの場合)
    内田 武伸, 飯井 俊行
    日本原子力学会2005年秋の大会 2005年09月  日本原子力学会
  • 原子力人材育成に対するネットワーク化への期待
    飯井 俊行
    核燃料サイクル東海事業所大学連携研究推進センター開所記念講演会 2005年07月  核燃料サイクル開発機構
  • 内圧を受ける減肉配管の変形特性に着目した減肉形状推定手法
    飯井 俊行
    日本保全学会第2回学術講演会 2005年07月  日本保全学会
  • 減肉配管の強度評価
    飯井 俊行
    原子力発電所の高経年化研究に関するシンポジウム―産官学における取り組みから― 2005年05月  福井大学・(株)原子力安全システム研究所
  • K値の次元を持つ応力拡大係数(K値)誤差指標ΔKDCEの一般要素への拡張
    影山 恭平, 飯井 俊行
    日本原子力学会2005年春の年会 2005年03月  日本原子力学会
  • 定常温度揺らぎ下円筒各種き裂応力拡大係数範囲上限値の簡易評価
    柴田 健太一, 飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本原子力学会2005年春の年会 2005年03月  日本原子力学会
  • プラントシステム安全工学研究の現状及び連携の展望
    飯井 俊行
    特別講演会「核燃料サイクル技術開発の魅力とは」―連携大学院ネットによる試み― 2005年03月  福井大学・核燃料サイクル開発機構
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた最大応力拡大係数(K値)増による下限界K値範囲漸減量の定量評価近
    石原 健一, 飯井 俊行, 朝倉 俊行
    日本機械学会北陸信越支部第42期総会・講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • S55Cの下限界応力拡大係数範囲の結晶粒径依存性
    金村 佳彦, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 腐食法による破面上結晶粒界同定法の検討
    加山 直樹, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 下限界応力拡大係数範囲の結晶粒径依存性シミュレーションの検討
    イルワン ヘルマン, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会講演論文集 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • インコネル718の最大応力拡大係数一定下疲労き裂進展特性
    石原 一輝, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • プラント配管オンライン広領域稠密応力モニタリングシステム開発~配管減肉形状同定法の検討~
    竹山 昭嗣, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • イオンエッチングによる破面上結晶粒界同定法の開発
    大久保 博之, 福元 謙一, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第34回学生員卒業研究発表講演会 2005年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • Microstructural examination of V-Fe-Ti alloys after thermal creep
    K.Fukumoto, T. Meshii, S.Takahashi, R.J.Kurtz, D.L.Smith, H.Matsui
    International symposium on advanced mechanical engineering between Univ. of Fukui and Pukyong National Univ. 2004年11月
  • リスクコミュニケーション教育の試み:福井大学「原子力危機管理工学」の実施例
    飯井 俊行, 小高 知宏, 福井 卓雄, 西川 嗣雄, 仁木 秀明, 福元 謙一, 浅井 竜哉, 玉川 洋一, 金邉 忠, 川本 義海
    日本原子力学会2004年秋の大会 2004年09月  日本原子力学会
  • 温度揺らぎ下円筒環状き裂の応力拡大係数範囲上限値
    飯井 俊行, 柴田 健太一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2004年度年次大会講演会 2004年09月  日本機械学会
  • 応力拡大係数(K値)誤差を指定できる三次元き裂有限要素解析システムの開発
    影山 恭平, 飯井 俊行
    日本機械学会2004年度年次大会講演会 2004年09月  日本機械学会
  • 下限界近傍疲労き裂進展シミュレーション
    飯井 俊行, 石原 健一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会北陸信越支部第41期総会・講演会 2004年03月  日本機械学会北陸信越支部
  • 応力拡大係数(K値)誤差指標を活用した三次元き裂有限要素解析システムの開発
    影山 恭平, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第33回学生員卒業研究発表講演会 2004年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 電気ポテンシャル法によるき裂長さ計測誤差に関する研究
    吉田 剛士, 飯井 俊行
    日本機械学会北陸信越学生会第33回学生員卒業研究発表講演会 2004年03月  日本機械学会北陸信越学生会
  • 福井大学原子力・エネルギー安全工学専攻の研究の方針
    飯井 俊行
    国際シンポジウム「原子力学の新しい展開」 2004年01月  福井大学
  • 福井大学大学院工学研究科原子力・エネルギー安全工学専攻(独立専攻)準備状況
    飯井 俊行
    京都大学原子炉実験所・将来計画短期研究会・準備研究会 2003年11月  京都大学原子炉実験所
  • 温度ゆらぎ下円筒環状き裂の応力拡大係数無次元解
    飯井 俊行, 柴田 健太一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2003年度材料力学部門講演会 2003年09月  日本機械学会材料力学部門・北陸信越支部
  • 速度Verlet法における時間刻み選定に関する一考察
    飯井 俊行, 影山 恭平, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2003年度材料力学部門講演会 2003年09月  日本機械学会度材料力学部門・北陸信越支部
  • 下限界近傍疲労き裂進展シミュレーション
    飯井 俊行, 石原 健一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2003年度材料力学部門講演会 2003年09月  日本機械学会材料力学部門・北陸信越支部
  • 下限界応力拡大係数(K値)範囲の最大K値による漸減現象
    飯井 俊行, 石原 健一, 清水 稔, 渡邊 勝彦
    日本材料学会第26回疲労シンポジウム 2002年11月  日本材料学会
  • 下限界応力拡大係数範囲の漸減・消失メカニズム解明の試み
    飯井 俊行, 清水 稔, 石原 健一, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2002年度年次大会講演会 2002年09月  日本機械学会
  • 下限界応力拡大係数範囲の消失に関する実験的研究
    飯井 俊行, 細田 誠, 渡邊 勝彦
    第45回日本学術会議材料研究連合会講演会 2001年09月  日本材料学会
  • 温度揺らぎ下円筒環状き裂の応力拡大係数
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2001年度年次大会 2001年08月  日本機械学会
  • 下限界応力拡大係数範囲の消失に関する実験的研究
    飯井 俊行, 細田 誠, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2001年度年次大会 2001年08月  日本機械学会
  • 分子動力学解析の効率化の試み
    飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会平成13年度材料力学部門講演会 2001年08月  日本機械学会材料力学部門・北海道支部
  • 繰り返し熱応力下円筒内表面環状き裂の停留解析
    飯井 俊行, 細田 誠, 渡邊 勝彦
    第4回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム(JCOSSAR2000) 2000年11月  日本学術会議メカニクス・構造研究連絡委員会
  • コンプライアンス理論に基づく三次元構造体中表面き裂の応力拡大係数簡易評価式の導出
    二階堂 誠, 飯井 俊行, 渡邊 勝彦
    日本機械学会2000年度年次大会 2000年08月 
  • コンプライアンス理論に基づく三次元構造体中表面き裂の応力拡大係数簡易評価式の導出(第一報)
    二階堂 誠, 飯井 俊行
    日本機械学会関東支部ブロック合同講演会 2000年06月  日本機械学会関東支部・群馬/栃木/埼玉ブロック
  • 熱応力下疲労き裂停留に関する実験的研究(第一報)
    細田 誠, 飯井 俊行
    日本機械学会関東支部ブロック合同講演会 2000年06月  日本機械学会関東支部・群馬/栃木/埼玉ブロック
  • キャビテーション壊食と疲労のアナロジー
    大勝 啓央, 服部 修次, 飯井 俊行
    キャビテーションに関するシンポジウム(第10回),A8, 31-34 1999年11月 
  • キャビテーションによる鉄鋼材料の疲労強度の向上
    服部 修次, 北嶋 真, 飯井 俊行
    キャビテーションに関するシンポジウム(第10回),A8, 31-34 1999年11月 
  • キャビジェット法によるキャビテーション壊食(気泡崩壊圧の測定と壊食量評価)
    桑原 正明, 服部 修次, 飯井 俊行, 中尾 栄作
    キャビテーションに関するシンポジウム(第10回),A8, 31-34 1999年11月 
  • 有限長円筒内表面環状き裂の応力拡大係数評価用実用式
    飯井 俊行, 服部 修次, 渡邊 勝彦
    第10回破壊力学シンポジウム 1999年09月 
  • 特異要素を用いた応力拡大係数評価のためのアダプティブリメッシング指標
    箱家 光敏, 飯井 俊行, 服部 修次
    日本機械学会平成11年度材料力学部門講演会 1991年01月 

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    疲労き裂進展評価 飯井 俊行,破壊力学パラメータ評価 飯井 俊行,減肉配管の強度評価 飯井 俊行,

共同研究

  • 大規模殻状埋設構造物の超音波伝播特性に関する基礎研究 2007年度
  • 原子力緊急時の初期対応基本モデルの策定による地域防災計画(原子力編)の実効性向上について 2007年度
  • 原糸強度より織物強度を推定する手法の研究 2006年度
  • 原糸強度より織物強度を推定する手法の研究 2007年度
  • 減肉配管の内圧破壊強度と破壊形態評価に関する研究 2006年度
  • 原子力緊急時の初期対応基本モデルの策定による地域防災計画(原子力編)の実効性向上について 2006年度

受託研究

  • 減肉配管の破壊モード評価法の高度化 2007年度

特許

  • 配管の減肉状態推定方法及びその装置
    飯井 俊行,竹山 昭嗣,
    特願2005-203556
  • 特許3051560:蒸気タービンにおける外車室上下半部間温度差の低減方法及び装置
    飯井 俊行,藤川 卓爾,
    特願特願平4-115189
    特番3051560
    蒸気タービン
  • 特許2948383:高速回転用ロータ
    藤川 卓爾,飯井 俊行,
    特願特願平3-305260
    特番2948383
    蒸気タービン
  • 特許2721730:漏洩蒸気温度計測方法
    飯井 俊行,国分 孝友,浜上 義行,
    特願特願平2-93155
    特番2721730
    蒸気タービン

受賞

  •  (社)日本原子力学会 日本原子力学会フェロー2010年02月
    原子力学会教育担当理事,初代教育委員会委員長

科学研究費補助金

  • 応力分布スケーリング新手法確立による破壊靱性値温度依存性予測法構築への展開基盤研究(C)
    代表者:飯井 俊行 2017年度
  • 面外拘束パラメータを考慮した照射材破壊靱性値の試験片寸法依存性補正手法構築基盤研究(C)
    代表者:飯井 俊行 2014年度
  • 面外拘束パラメータを考慮した照射材破壊靱性値の試験片寸法依存性補正手法構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:飯井 俊行 2013年度
  • 面外拘束パラメータを考慮した照射材破壊靱性値の試験片寸法依存性補正手法構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:飯井 俊行 2012年度
  • 下限界近傍疲労き裂進展メゾモデルの拡張―高真空下の挙動解明基盤研究(C)一般
    代表者:飯井 俊行 2007年度
    研究計画全部
  • 下限界近傍疲労き裂進展メゾモデルの拡張―高真空下の挙動解明基盤研究(C)一般
    代表者:飯井 俊行 2006年度
  • 下限界近傍疲労き裂進展挙動の新展開とそのメゾモデリングによる現象の発生予測基盤研究(C)一般
    代表者:飯井 俊行 2005年度
  • 下限界近傍疲労き裂進展挙動の新展開とそのメゾモデリングによる現象の発生予測基盤研究(C)一般
    代表者:飯井 俊行 2004年度
  • 熱応力下疲労き裂停留の判定基準導出に関する研究基盤研究(C)
    代表者:飯井 俊行 2001年度
  • 熱応力下疲労き裂停留の判定基準導出に関する研究基盤研究(C)
    代表者:飯井 俊行 2000年度

プロジェクト活動

  • 地域研究機関との連携による原子力・エネルギー安全教育研究
    研究期間:2006年04月 - 2007年03月  代表者:飯井 俊行,小高 知宏,浅井 竜哉,福元 謙一,仁木 秀明,玉川 洋一,金邉 忠,釜谷 昌幸,福谷 耕司,榊原 安英,
    研究開発機能の強化,人材の育成,産業の創出といった3つのテーマを総合的に推進するために,大学と地方公共団体等が,それぞれ役割分担をしながら,研究者・学生を相互派遣しつつ連携を図る.
  • 地域研究機関との連携による原子力・エネルギー安全教育研究
    研究期間:2005年04月 - 2006年03月  代表者:福井 卓雄,飯井 俊行,小高 知宏,浅井 竜哉,福元 謙一,仁木 秀明,玉川 洋一,金邉 忠,釜谷 昌幸,福谷 耕司,榊原 安英,西川 嗣雄,川本 義海,
    研究開発機能の強化,人材の育成,産業の創出といった3つのテーマを総合的に推進するために,大学と地方公共団体等が,それぞれ役割分担をしながら,研究者・学生を相互派遣しつつ連携を図る.

教育活動情報

担当授業

  • 機械工学実験
  • 機械工学実験
  • 機械工学実験
  • 構造設計工学
  • 破壊力学
  • エネルギー変換工学
  • 安全工学
  • 構造健全性評価工学
  • 構造設計工学
  • 破壊力学
  • エネルギー変換工学
  • 構造健全性評価工学
  • 主専門研究ゼミナールⅡ
  • 構造設計工学
  • 破壊力学
  • エネルギー変換工学
  • 構造健全性評価工学

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 原子力人材育成継続を 都内でシンポ 福井大教授ら討論2007年05月 日刊県民福井
  • 美浜原発事故受け研究 配管破裂の仕方 福井大グループ発見 現象解明へ2006年01月 日刊県民福井
  • 美浜原発事故受け研究 配管破裂の仕方 福井大グループ発見 現象解明へ2006年01月 NHK福井
  • 研究開発 国際拠点に課題など意見交換 福井大で原子力シンポ2005年01月 日刊県民福井
  • 国の原発老朽化対策委 16日に福井で初会合2004年12月 産経、読売、福井
  • 原発・高経年化で初会合 国の対策委 来年夏に検討結果2004年12月 日刊県民福井
  • 原発 老朽化対策へ委員会  経産省の諮問機関 第1回会合16日に福井で2004年12月 朝日(福井)
  • 原子力人材育成継続を 都内でシンポ 福井大教授ら討論2007年05月 日刊県民福井
  • 美浜原発事故受け研究 配管破裂の仕方 福井大グループ発見 現象解明へ2006年01月 日刊県民福井
  • 美浜原発事故受け研究 配管破裂の仕方 福井大グループ発見 現象解明へ2006年01月 NHK福井
  • 研究開発 国際拠点に課題など意見交換 福井大で原子力シンポ2005年01月 日刊県民福井
  • 国の原発老朽化対策委 16日に福井で初会合2004年12月 産経、読売、福井
  • 原発・高経年化で初会合 国の対策委 来年夏に検討結果2004年12月 日刊県民福井
  • 原発 老朽化対策へ委員会  経産省の諮問機関 第1回会合16日に福井で2004年12月 朝日(福井)