山田 徳史

所属部署名情報・メディア工学講座
教員組織情報・メディア工学講座
教育研究組織工学部・工学研究科
職名教授
更新日: 19/07/23 19:04

研究者基本情報

氏名

    山田 徳史
    ヤマダ ノリフミ
    YAMADA Norifumi

基本情報

所属

  •  情報・メディア工学講座 教授

その他の所属

  •  学長補佐

学歴

  • 1989年04月- 1992年03月東北大学 理学研究科 物理学第二
  • 1983年04月- 1987年03月東北大学 物理学第二

学位

  • 博士(理学)

経歴

  • 2007年07月福井大学大学院工学研究科 教授
  • 2007年04月- 2007年06月福井大学大学院工学研究科 准教授
  • 2004年03月福井大学大学院工学研究科 助教授
  • 2000年07月- 2004年02月福井大学工学部 講師
  • 1999年01月- 2000年06月科学技術庁 金属材料技術研究所 極高真空場ステーション  科学技術特別研究員(科学技術振興事業団)
  • 1996年04月- 1998年12月理化学研究所 国際フロンティア研究システム ナノ電子材料研究チーム 基礎科学特別研究員
  • 1993年08月- 1995年07月Clarkson University  日本学術振興会海外特別研究員

所属学協会

    日本シミュレーション学会 代議員,電子情報通信学会 一般会員,日本物理学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • First passage time amplitude in nonrelativistic quantum mechanics
    N. Yamada
    Path Integrals : Dubna'96 (Proceedings of Dubna Joint Meeting of International Seminar “Path Integrals: Theory & Applications” and 5th International Conference "Path Integrals From meV to MeV") 144-148 1996年 査読有り
  • Non-relativistic sum over paths on real-spacetime lattice
    N. Yamada and S. Takagi
    Quantum Control and Measurement 87-92 1993年06月 査読有り
  • The continuous consistent history approach to the tunneling time problem
    N.Yamada
    Tunneling And Its Implications: Proceedings of The Adriatico Research Conference 80-94 1997年04月 査読有り
  • Novel numerical method for charging characteristics of electron in Direct Tunneling Memory type potential
    Masaki Tsuchiya and Norifumi Yamada
    Proceedings of The 36th JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology (JSST2017) 202-205 2017年10月 査読有り
  • Charging and discharging characteristics of a quantum well with an initially Lorentzian wave packet incident on a DTM type potential
    Y. Kubo and N. Yamada
    Communications in Computer and Information Science 603 118-128 2016年06月 査読有り
  • Numerical Simulation of Quantum Buildup and Decay Processes with a Lorentzian Wave Packet Incident on a DTM Type Potential
    Y. Kubo and N. Yamada
    Proceedings of the 15th Asia Simulation Conference 2015 54-61 2015年11月 査読有り
  • Efficient simulation method for quantum build-up and decay processes in resonant tunneling
    H. Azuma and N. Yamada
    Proceedings of The 34th JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology (JSST2015) 402-405 2015年10月 査読有り
  • Novel method for simulating quantum buildup process in the potential well of a DTM type potential
    Y. Kubo and N. Yamada
    Proceedings of The 33rd JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology (JSST2014) 70-71 2014年10月 査読有り
  • 波束のポテンシャル散乱における障壁通過時間の再検討
    嶋田 修, 山田 徳史
    電子情報通信学会論文誌 C J95-C(2) 34-40 2012年02月 査読有り
  • Decoherent histories approach might be predictive even when the decoherence condition does not hold
    N.Yamada
    AIP Conference Proceedings (QUANTUM THEORY: Reconsideration of Foundations―4) 962 349-355 2007年12月 査読有り
  • Decoherent histories approach to tunneling times and its implication
    N.Yamada
    Journal of Physics: Conference Series 67 012042-(6) 2007年07月 査読有り
  • Understanding four tunneling times with real time Feynman histories
    N.Yamada
    International Symposium of Complexified dynamics, Tunnelling and Chaos 96-97 2005年08月 査読無し
  • Quantum-shutter approach to tunneling time scales with wave packets
    N.Yamada, G.Garcia-Calderon, J.Villavicencio
    Phys. Rev. A 72(1) 012106-(6) 2005年07月 査読有り
  • 外部井戸を有する単一障壁構造における共鳴トンネル特性及び滞在時間の解析
    濱口 浩規, 山本 弘明, 山田 徳史
    電子情報通信学会論文誌C J87-C(9) 738-741 2004年09月 査読有り
  • 非対称二重障壁構造における滞在時間の共鳴点電圧依存性
    阿部 真幸, 濱口 浩規, 山本 弘明, 山田 徳史
    電子情報通信学会論文誌 J87-C(9) 720-728 2004年09月 査読有り
  • 透過振幅の微分で表される4つの「トンネル時間」の統一的導出
    山田 徳史
    素粒子論研究 109(6) F38-F38 2004年09月 査読無し
  • Resonant tunneling transmission characteristics and tunneling time in asymmetrical double-barrier structures with multiple prewells
    H.Hamaguchi, H.Yamamoto, N.Yamada
    Jap. J. Appl. Phys. 43(8A) 5157-5165 2004年08月 査読有り
  • Quasi-distribution of tunneling time
    N.Yamada
    Acta Physica Hungarica A) Heavy Ion Physics 19(42067) 329-332 2004年04月 査読有り
  • Unifid derivation of tunneling times from decoherence functionals
    N.Yamada
    Phys. Rev. Lett. 93(17) 170401-(4) 2004年01月 査読有り
  • 非対称方形2重障壁構造における波束のピーク出現時間の解析
    板村 啓人, 山田 徳史, 山本 弘明
    電子情報通信学会論文誌 J86-C(9) 1017-1024 2003年09月 査読有り
  • 加速井戸を有する非対称方形2重障壁構造におけるトンネル現象の解析
    濱口 浩規, 山本 弘明, 山田 徳史
    電子情報通信学会論文誌C J86-C(8) 934-943 2003年08月 査読有り
  • Equivalence between the real-time Feynman histories and the quantum-shutter approaches for the ’passage time’ in tunneling
    G.Garcia-Calderon, J.Villavicencio, N.Yamada
    Phys. Rev. A 67(5) 052106-(6) 2003年05月 査読有り
  • The tunneling time problem and the consistent history approach to quantum mechanics
    N.Yamada
    Fundamental Aspects of Quantum Physics (Proceedings of the Japan-Italy Joint Workshop on Quantum Open Systems, Quantum Chaos and Quantum Measurement : Waseda University, Tokyo, Japan, 27-29 September 2001) 247-266 2003年02月 査読有り
  • 3重障壁構造における電界下の共鳴トンネル現象の理論解析
    荒川 正和, 山本 弘明, 田中 覚, 山田 徳史
    電子情報通信学会論文誌C J85-C(5) 374-383 2002年05月 査読有り
  • トンネル時間とは何だろうか?
    山田 徳史
    第4回量子情報技術研究会(QIT4)プロシーディングス 33-38 2000年11月 査読無し
  • トンネル時間は定義できるか?- ファインマン経路で考える -
    山田 徳史
    TTNews Letter 9 17-24 1999年09月 査読無し
  • A Feynman paths approach to the tunneling time problem
    N.Yamada
    Proceedings of PATH-INTEGRALS from peV to TeV -- 50 Years after Feynman's Paper -- 605-608 1999年08月 査読有り
  • Continuous consistent histories and the tunneling time problem
    N.Yamada
    Proceedings of 8th Marcel Grossmann Meeting on General Relativity 1999年05月 査読無し
  • ファインマン経路を使ってトンネル時間を考える
    山田 徳史
    物性研究 72(3) 267-294 1999年06月 査読無し
  • Speakable and unspeakable in the tunneling time problem
    N.Yamada
    Phys. Rev. Lett. 83(17) 3350-3353 1999年10月 査読有り
  • Probabilities for Histories in Nonrelativistic Quantum Mechanics
    N.Yamada
    Physical Review A 54(1) 182-203 1996年07月 査読有り
  • Spacetime Probabilities in Nonrelativistic Quantum Mechanics
    N.Yamada
    Progress of Theoretical Physics 87(1) 77-91 1992年01月 査読有り
  • Quantum mechanical probabilities on a general spacetime-surface II
    N.Yamada, S. Takagi
    Prog. Theor. Phys. 86(3) 599-615 1991年09月 査読有り
  • Quantum Mechanical Probabilities on a General Spacetime-Surface
    N.Yamada
    Progress of Theoretical Physics 85(5) 985-1012 1991年05月 査読有り

著書

  • Electrons and Electromagnetic Fields in Nanometer-Scale Structures
    J.Bae, Z.-C.Dong, D.Fujita, H.Hori, J.G.Hou, R.Ishikawa, B.Li, S.Mashiko, K.Mizuno, H.Nejo, T.Ohgi, T.Okamoto, I.S.Osad’ko, T.Terui, A.G.Vitukhnovsky, S.Yokoyama, N.Yamada
    分担執筆
    The tunneling time problem revisited
    Springer Verlag 2003年01月

講演・口頭発表等

  • Wave packet tunneling through oscillating barriers
    山田 徳史
    日本物理学会 第74回年次大会 2019年03月
  • 三角DTM構造における電子の充放電特性
    寺脇智紀、山田徳史
    平成30年度電気関係学会北陸支部連合大会 2018年09月 選考無し
  • 三角ポテンシャルにおける位相時間の解析
    山藤裕也、山田徳史
    平成30年度電気関係学会北陸支部連合大会 2018年09月 選考無し
  • Non-relativistic counterpart of Problem 2-6 in Feynman and Hibbs
    山田 徳史
    日本物理学会2017年秋季大会 2017年09月 選考無し
  • 時間に依存したシュレーディンガー方程式の近似解析解の改良
    井久保 健、山田 徳史
    2017年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2017年12月 選考無し
  • DTM構造の充電特性を得るための効率的な方法
    土屋 柾貴、山田 徳史
    平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会 2017年09月 選考無し
  • DTM構造の井戸領域に局在した初期波束の時間発展
    寺脇 智紀、山田 徳史
    平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会 2017年09月 選考無し
  • 三角ポテンシャルにおけるトンネル現象 ートンネル確率およびトンネル時間の解析ー
    山藤 裕也、山田 徳史
    平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会 2017年09月 選考無し
  • 新しいハートマン効果の持続距離拡大に関する研究
    佐々木 真帆、山田 徳史
    平成29 年度電気関係学会北陸支部連合大会 2017年09月 選考無し
  • 通常型と井戸型のDTM構造における電子の充放電特性
    久保田 英郁、山田 徳史
     2017年09月
  • DTM型ポテンシャル構造にローレンツ型波束が入射した場合の充放電特性
    久保 陽一郎,山田 徳史
    平成27年度電気関係学会北陸支部連合大会 2015年09月
  • 近似波動関数に見られる不正に高いピークの抑制方法の検討
    岡田 佳明,山田 徳史
    平成27年度電気関係学会北陸支部連合大会 2015年09月
  • 二重障壁構造にガウス型波束が共鳴入射した場合の井戸内存在確率の時間変化の解明
    東 英志,山田 徳史
    平成27年度電気関係学会北陸支部連合大会 2015年09月
  • Wave packet tunneling through an oscillating barrier and tunneling times
    Shun Ando and Norifumi Yamada
     2016年12月 選考有り
  • DTM構造のポテンシャル障壁をポテンシャル井戸に置き換えた場合の電子の充放電特性
    久保田英郁、山田徳史
    平成28 年度電気関係学会北陸支部連合大会 2016年09月 選考無し
  • 単一井戸構造における新しいハートマン効果
    佐々木真帆、山田徳史
    平成28 年度電気関係学会北陸支部連合大会 2016年09月 選考無し
  • DTM構造の最大充電時刻を与える式とその利用
    土屋柾貴、山田徳史
    平成28 年度電気関係学会北陸支部連合大会 2016年09月 選考無し
  • 二重障壁構造にガウス型波束が共鳴入射した場合の井戸内存在確率の時間変化を表す式
    東英志、山田徳史
    平成28 年度電気関係学会北陸支部連合大会 2016年09月 選考無し
  • 波束が振動ポテンシャルに入射した場合の透過確率の振動周期依存性
    山田徳史, 安土隼
    日本物理学会第71回年次大会 2016年03月 選考有り
  • ガウス型波束がDTM型ポテンシャルに入射した場合のbuild-up特性
    高瀬 卓也, 山田 徳史
    2014年電子情報通信学会総合大会 2014年03月 選考無し 0
  • DTM型ポテンシャル構造にガウス型波束が入射した場合のbuild-up特性
    高瀬卓也, 山田 徳史
    2013 年度 日本物理学会北陸支部 定例学術講演会 2013年11月 選考無し 0
  • ガウス型波束がDTM型ポテンシャルに入射した場合のbuild-up特性
    高瀬 卓也, 山田 徳史
    平成25年度電気関係学会北陸支部連合大会 2013年09月 選考無し 0
  • DTM 型ポテンシャル構造における充電特性の研究
    高瀬 卓也, 篠 競, 山田 徳史
    2012年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2012年12月 選考無し 0
  • エネルギー領域に応じた透過波束の近似解析式
    中田 秀之, 篠 競, 山田 徳史
    平成24年度電気関係学会北陸支部連合大会 2012年09月 選考無し 0
  • ポテンシャル障壁により反射された波束の高次近似式の精度に関する研究
    山本 紘嗣, 篠 競, 山田 徳史
    平成24年度電気関係学会北陸支部連合大会 2012年09月 選考無し 0
  • DTM 型ポテンシャル構造に波束が入射する場合の充電特性に関する研究
    齊藤 惣市, 篠 競, 山田 徳史
    2011年度日本物理学会北陸支部 定例学術講演会 2011年11月 選考無し 0
  • ポテンシャル障壁を透過した波束の高次近似式に関する研究
    山本 紘嗣, 篠 競, 山田 徳史
    平成23年度電気関係学会北陸支部連合大会 2011年09月 選考無し 0
  • 振動する井戸型ポテンシャルに入射した波束の透過確率に見られる特異な振る舞いに関する研究
    橋本 嘉寛, 篠 競, 山田 徳史
    平成23年度電気関係学会北陸支部連合大会 2011年09月 選考無し 0
  • 共鳴と共鳴の間のエネルギー領域で有用な透過波束の近似解析式
    中田 秀之, 篠 競, 山田 徳史
    平成23年度電気関係学会北陸支部連合大会 2011年09月 選考無し 0
  • 振動する井戸型ポテンシャルによるガウス型波束の散乱 ―振動が透過確率に与える影響―
    橋本 嘉寛, 山田 徳史
    平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010年09月 選考無し 0
  • DTM型ポテンシャル構造の井戸領域における近似波動関数
    齊藤 惣市, 山田 徳史
    平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010年09月 選考無し 0
  • ガウス型波束がポテンシャル障壁に入射した場合の透過波束の近似解析式―フライング効果と速度増大効果―
    玉石 健太, 山田 徳史
    平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010年09月 選考無し 0
  • トンネル効果における二つの障壁通過時間の関係―peak to peak time と位相時間―
    嶋田 修, 山田 徳史
    平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010年09月 選考無し 0
  • 量子力学的な到達時間分布と古典的な到達時間分布の比較
    倉本 雅章, 山田 徳史
    2009年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2009年12月 選考無し 0
  • 波束のトンネル確率の高精度な近似計算法
    玉石 健太, 山田 徳史
    平成21年度電気関係学会北陸支部連合大会 2009年09月 選考無し 0
  • 波束の障壁通過時間の再検討
    嶋田 修, 山田 徳史
    平成21年度電気関係学会北陸支部連合大会 2009年09月 選考無し 0
  • ガウス型波束の散乱問題への新しいアプローチ -リアルタイムシミュレーションも可能な方法-
    山田 徳史
    日本物理学会2009年秋季大会 2009年09月 選考有り 0
  • ポテンシャル構造を透過した波束の簡潔な近似表現 ~既存の近似式との比較および波束のトンネル確率の計算への応用~
    山田 徳史
    日本物理学会第64回年次大会 2009年03月 選考有り 日本物理学会
  • 三つの到達時間分布の比較
    倉本 雅章, 定永 幸恵, 山田 徳史
    2008年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2008年11月 選考無し 日本物理学会北陸支部
  • 数値シミュレーションによるCNOTゲートの動作効率の研究
    森下 和也, 山田 徳史
    平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会 2008年09月 選考無し 0
  • 二重障壁構造における位相時間の井戸幅依存性
    上田 祐輔, 山田 徳史
    平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会 2008年09月 選考無し 0
  • 振動障壁に入射した波束の透過確率に現れるピーク構造の解析
    安土 隼, 山田 徳史
    平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会 2008年09月 選考無し 0
  • ポテンシャル障壁にガウス型波束が入射した場合の透過波束の新たな表現
    山田 徳史
    日本物理学会2008年秋季大会 2008年09月 選考無し 0
  • 振動障壁に入射する波束の透過確率とトンネル時間
    安土 隼, 山田 徳史
    平成19年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2007年12月 選考無し
  • ラーモア時間とビューテッカ・ランダウアー時間の物理的意味
    山田 徳史
    日本物理学会第62回年次大会 2007年09月 選考有り 日本物理学会
    北海道大学: 9月21日(金)~24日(月) 講演23日
  • 騒音環境下におけるエコー消去の高速収斂に関する研究
    森下 和也, 高橋 謙三, 谷口 秀次, 森 幹男, 山田 徳史
    平成19年度電気関係学会連合大会 2007年09月 選考無し 電気学会北陸支部、電子情報通信学会北陸支部、他
    B.音声・聴覚2(第4会場、9月8日午前2、10:45-11:39)
  • トンネル確率の数値計算に基づいたビューテッカ・ランダウア時間の物理的意味の検証
    安土 隼, 山田 徳史
    平成19年度電気関係学会連合大会 2007年09月 選考無し 電気学会北陸支部、電子情報通信学会北陸支部、他
    D.物性(第6会場、9月8日午前2、10:45-11:45) 福井工業大学
  • Decoherent histories approach might be predictive even when the decoherence condition does not hold
    N.Yamada
    Quantum Theory: Reconsideration and Foundations 4 2007年06月 選考有り ICMM at Vaxjo University
    QTRF4 11-16 June 2007, Vaxjo University, Sweden
  • 到達時刻の問題におけるKijowski分布の位置づけについて-decoherent histories approachによる考察-
    山田 徳史
    日本物理学会2007年春季大会 2007年03月 選考有り 日本物理学会
    鹿児島大学郡元キャンパス 3月18日(日)~21日(水) 講演18日
  • 非矩形パルスを用いたCNOTゲート動作シミュレーション
    森 弘至, 山田 徳史, 山本 弘明
    電子情報通信学会2007年総合大会 2007年03月 選考有り 電子情報通信学会
    名城大学 天白キャンパス(名古屋市) 平成19年3月20日(火)~3月23日(金) 3月22日発表
  • Decoherent history approach to tunneling times and its implication
    N.Yamada
    Third International Workshop DICE2006 - Quantum Mechanics between Decoherence and Determinism: new aspects from particle physics to cosmology 2006年09月 選考有り
    11?15 September 2006 Presentation: 13/09/2006
  • 外部井戸つき二重障壁構造における共鳴トンネル現象
    根津 浩倫, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • 外部井戸を有する非対称単一障壁構造における共鳴トンネル特性
    堀田 正道, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • 外部井戸を有する非対称三重障壁構造におけるトンネル特性の解析
    田倉 洋幸, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • 波束の諸パラメータの揺らぎが透過完了時間に及ぼす影響
    森 弘至, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • 領域による電子の有効質量の違いを考慮した場合の透過完了時間
    土屋 圭, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • 電子の有効質量が空間的に変化する場合のbuild-up timeの解析
    大澤 良治, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 2005年09月 選考無し
  • Understanding four tunneling times with real time Feynman histories
    N.Yamada
    International Symposium of Complexified Dynamics, Tunnelling and Chaos 2005年08月 選考無し 立命館大学理工学部,
  • 前付き井戸を有する単一障壁構造における共鳴トンネル特性
    濱口 浩規, 田倉 洋幸, 山田 徳史, 山本 弘明
    2005年電子情報通信学会総合大会 2005年03月 選考無し
  • 外部井戸を有する単一障壁構造における共鳴トンネル特性及び滞在時間の解析
    濱口 浩規, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集 2004年09月 選考無し
  • 対称矩形二重障壁構造における波束の透過完了時間と反射完了時間
    土屋 圭, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月 選考無し
  • 自由波束の運動と関連付けたbuild-up time の新たな定義
    大澤 良治, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会 2004年09月 選考無し
  • Gell-Mann,Hartleの非干渉汎関数を用いた到達時刻の問題へのアプローチ
    山田 徳史
    日本物理学会2004年秋季大会 2004年09月 選考有り 日本物理学会
  • 非対称矩形三重障壁構造に付加した前付き井戸がトンネル時間に及ぼす影響
    田倉 洋幸, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集 2004年09月 選考無し
  • Tunneling Time Scales and the Quantum Shutter Approach for Wave Packets
    N.Yamada, G.Garcia-Calderon, J.Villavicencio
    日本物理学会第59回年次大会 2004年03月 選考有り 日本物理学会
  • 透過振幅の微分で表される4つの「トンネル時間」の統一的導出
    山田 徳史
    京都大学基礎物理学研究所研究会「場の量子論の基礎的諸問題と応用」 2003年12月 選考無し 京都大学基礎物理学研究所
  • 非対称二重障壁構造における滞在時間のバイアス電圧依存性の解析
    阿部 真幸, 山田 徳史, 篠 競, 山本 弘明
    平成15年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, D-7, 176 2003年09月 選考無し
  • 前付きおよび後付き井戸を有する非対称矩形二重障壁構造の共鳴時の滞在時間の解析
    濱口 浩規, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成15年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, D-8, 177 2003年09月 選考無し
  • 非矩形パルスの照射による制御NOTゲートの動作解析
    田中 敬造, 山田 徳史, 篠 競, 山本 弘明
    平成15年度電気関係学会北陸支部連合大会 2003年09月 選考無し
  • 透過振幅から導かれる4つのトンネル時間の統一的理解
    山田 徳史
    日本物理学会2003年秋季大会 2003年09月 選考有り 日本物理学会
  • 非干渉汎関数とトンネル時間
    山田 徳史
    日本物理学会第58回年次大会 2003年03月 選考有り 日本物理学会
  • 非対称矩形二重障壁構造における波束の平均透過時間
    板村 啓人, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 2002年09月 選考無し
  • 多段加速井戸を有する非対称矩形二重障壁構造における滞在時間制御
    濱口 浩規, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-28,213 2002年09月 選考無し
  • 確率過程サンプリング法のネットワークを用いた並列分散処理
    市村 智和, 田中 覚, 山本 弘明, 山田 徳史, 篠 競
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 2002年09月 選考無し
  • 滞在時間型トンネル時間の擬分布
    山田 徳史
    日本物理学会2002年秋季大会 2002年09月 選考有り 日本物理学会
  • 非対称矩形二重障壁構造における位相時間及びバイアス電圧依存性
    阿部 真幸, 山田 徳史, 篠 競, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-18,203 2002年09月 選考無し
  • 加速井戸付き対称三重障壁構造における滞在時間
    木村 正憲, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-19,204 2002年09月 選考無し
  • 固有関数展開法を用いたトンネル完了時間の数値計算
    楽木 和美, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 2002年09月 選考無し
  • 量子ゲートとラビ振動 -1キュービット動作の光パルス依存性-
    田中 敬造, 山田 徳史, 篠 競, 山本 弘明
    平成14年度電気関係学会北陸支部連合大会 2002年09月 選考無し
  • Consistent History Approach to Time Observables" in Quantum Mechanics"
    N.Yamada
    メキシコ国立自治大学物理学科セミナー 2001年11月 選考無し メキシコ国立自治大学物理学科
  • Real Time Feynman Paths and Its Applications
    N.Yamada
    メキシコ国立自治大学物理学科特別講義 2001年11月 選考無し メキシコ国立自治大学物理学科
  • 加速井戸を有する非対称矩形二重障壁構造における共鳴トンネル現象
    濱口 浩規, 田中 覚, 山田 徳史, 山本 弘明
    電子情報通信学会2001年総合大会 講演論文集,C-10,13 2001年03月 選考無し
  • 加速井戸付き対称二重障壁構造の共鳴トンネル現象
    木村 正憲, 濱口 浩規, 山田 徳史, 田中 覚, 山本 弘明
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-7,244 2001年01月 選考無し
  • 対称矩形二重障壁構造における波束のトンネル現象 -トンネル完了時間 -
    楽木 和美, 山田 徳史, 田中 覚, 山本 弘明
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集,D-8,245 2001年01月 選考無し
  • 非対称矩形二重障壁構造における共鳴トンネル現象 - 滞在時間および波束のピーク出現時間の解析 -
    板村 啓人, 山田 徳史, 田中 覚, 山本 弘明
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集 2001年01月 選考無し
  • 非対称矩形四重障壁構造における共鳴トンネル現象
    濱口 浩規, 山田 徳史, 田中 覚, 山本 弘明
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-10,247 2001年01月 選考無し
  • 電界下の三重障壁構造における共鳴トンネル現象
    荒川 正和, 秋山 匠, 田中 覚, 山田 徳史, 山本 弘明
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,D-11,248 2001年01月 選考無し
  • 確率過程的サンプリング法の並列分散処理
    市村 智和, 山本 弘明, 田中 覚, 山田 徳史
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会 2001年01月 選考無し
  • 成長型モデルを用いた陰関数図形の形状モデリング
    中村 智晴, 田中 覚, 山本 弘明, 山田 徳史
    平成13年度電気関係学会北陸支部連合大会 2001年01月 選考無し
  • トンネル時間とは何か
    山田 徳史
    第33回量子計算研究会(関西) 2000年11月 選考無し 量子計算研究会(関西)
    http://www.qc.ee.es.osaka-u.ac.jp/qcwest/record00.html
  • 通過時間型トンネル時間の解析
    山田 徳史
    日本物理学会第55回年次大会 2000年09月 選考有り 日本物理学会
    新潟大学: 9月22日~25日
  • トンネル時間は定義できるか? ― ファインマン経路で考える ―
    山田 徳史
    文部省科研費重点領域研究“多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象”第3回理論研究会 1999年03月 選考無し
    科学技術信仰事業団 科学技術特別研究員(金属材料技術研究所)
  • トンネル時間は定義できるか
    山田 徳史
    「冷中性子スピン干渉実験の進展とその応用(III)」ワークショップ「干渉性研究と冷中性子スピン干渉実験 (III)」 1999年03月 選考無し
    科学技術信仰事業団 科学技術特別研究員(金属材料技術研究所)
  • トンネル時間の問題
    山田 徳史
    第7回理研シンポジウム 極限微細構造の物理と制御(7) ― 材料工学から見た量子コンピューティングの可能性 ― 1998年07月 選考無し 理化学研究所 半導体工学研究室・フロンティアナノ電子材料研究チーム
  • 滞在時間型トンネル時間に対する近似的確率分布
    山田 徳史
    日本物理学会第53回年会 1998年03月 選考有り 日本物理学会
    理化学研究所 国際フロンティア ナノ電子材料研究チーム 基礎科学特別研究員

科学研究費補助金

  • 4つのトンネル時間の物理的意味の解明基盤研究(C)一般
    代表者:山田 徳史 2008年度
    研究の全てを計画し実行
  • 4つのトンネル時間の物理的意味の解明基盤研究(C)一般
    代表者:山田 徳史 2006年度
  • 4つのトンネル時間の物理的意味の解明基盤研究(C)一般
    代表者:山田 徳史 2005年度

プロジェクト活動

  • Quantum shutter approach to tunneling time scales
    研究期間:2005年01月  代表者:山田 徳史,
    メキシコメキシコ国立自治大学
  • トンネル効果の時間的側面に関する共同基礎研究
    研究期間:2004年01月  代表者:山田 徳史,
    メキシコメキシコ国立自治大学
  • トンネル効果の時間的側面に関する共同基礎研究
    研究期間:2003年05月  代表者:山田 徳史,
    メキシコ, メキシコ国立自治大学
  • トンネル効果の時間的側面に関する共同基礎研究
    研究期間:2001年05月  代表者:山田 徳史,
    メキシコ,メキシコ国立自治大学(2001.5~)
  • 滞在時間型トンネル時間の幅
    研究期間:1999年09月  代表者:山田 徳史,
    日本物理学会講演予稿集,54,2,第2分冊,26pQ-16,258
  • Consistent Histories Approach to the Arrival Time Problem
    研究期間:1999年08月  代表者:山田 徳史,
    カナダ,National Research Council of Canada

教育活動情報

担当授業

  • 数学演習
  • 電気数学
  • 量子コンピューティング
  • 情報処理基礎
  • 数学のことばで理解する物理学
  • 数学のことばで理解する物理学
  • 情報処理基礎
  • 力学と微分方程式
  • 電子デバイス基礎
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅰ
  • 情報・メディア工学特別演習及び実験Ⅱ
  • 量子コンピューティング