今野 卓

所属部署名形態機能医科学講座 分子生理学
教員組織形態機能医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名准教授
更新日: 19/07/23 19:09

研究者基本情報

氏名

    今野 卓
    コンノ タカシ
    KONNO Takashi

所属

  •  形態機能医科学講座 分子生理学 准教授

学歴

  • - 1989年京都大学 生理系
  • - 1985年京都大学 医学科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

    日本生物物理学会 一般会員,日本蛋白質科学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Positional effects of phosphorylation on the stability and morphology of tau-related amyloid fibrils
    Masafumi Inoue, Takashi Konno, Kazuki Tainaka, Eiji Nakata, Yoshida, Takashi Morii
    Biochemistry 51(7) :1396-1406 2012年02月 査読有り
  • Single Molecular Gating Dynamics for KcsA Potassium Channel
    S.Oiki, H.Shimizu, M.Iwamoto, T.Konno
    Adv. Chem. Phys. 146 147-194 2011年11月 査読有り
  • The mechanism of fibril formation of a non-inhibitory serpin ovalbumin revealed by the identification of amyloidogenic core regions
    Naoki Tanaka, Yumi Morimoto, Yurika Noguchi, Tomoko Tada, Tomonori Waku, Shigeru Kunugi, Takashi Morii, Yin-Fai Lee, Takashi Konno, Nobuyuki Takahashi
    J. Biol. Chem. 286(7) 5884-5894 2011年02月 査読有り
  • Dehydration of mainchain amides in the final folding step of single chain monellin revealed by time-resolved infrared spectroscopy
    T.Kimura, A.Maeda, S.Nishiguchi, K.Ishimori, I.Morishima, T.Konno, Y.Goto, S.Takahashi
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 105(36) 13391-13396 2008年09月 査読有り
  • Global Twisting Motion of Single Molecular KcsA Potassium Channel Upon Gating
    H. Shimizu, M. Iwanoto, T. Konnno, A. Nihei, Y. C. Sasaki, S. Oiki
    Cell 132(1) 67-78 2008年01月 査読有り
  • A charge-pairing mechanisms of phosphorylation effect upon amyloid fibrillation of human tau core peptide
    M.Inoue, A.Hirata, K.Tainaka, T.Morii, 今野 卓
    Biochemistry 47(45) 11847-11857 2008年01月 査読有り
  • Amyloid-forming propensity of the hydrophobic non-natural amino acid on the fibril-forming core peptide of human tau
    A.Hirata, K.Sugimoto, T.Konno, T.Morii
    BMC lett 17(11) 2971-2974 2007年06月 査読有り
  • Cooperative action of polyanionic and hydrophobic cofactors in fibrillation of human islet amyloid polypeptide
    T. Konno, S. Oiki, T. Morii
    FEBS lett 581 1635-1638 2007年 査読有り
  • Surface structure and its dynamic rearrangements of the KcsA potassium channel upon gating and tetrabutylammonium blocking
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    J. Biol. Chem. 281 28379-28386 2006年09月 査読有り
  • Conformational changes in the cytoplasmic domain of KcsA potassium channel upon gating
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, A.Nihei, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    J. Physiol. Sci. 56 suppl s157 2006年 査読無し
  • Role of Aquaporin-3 water channels in volume-regulatory water flow in a human epithelial cell line
    Kida, H., Miyoshi, T., Manabe, K., Takahashi, N., Konno, T., Ueda, S., Chiba, T., Shimizu, T., Okada, Y., Morishima, S.
    J. Membrane Biol 208(1) 55-64 2005年11月 査読有り
  • Paradoxical inhibition of protein aggregation and precipitation by transglutaminase-catalyzed intermolecular aross-lonking
    Konno,T., Morii,T., Shimizu, H., Oiki,S., Ikura,K.
    J. Biol. Chem 280(17) 17520 -17525 2005年04月 査読有り
  • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloid genic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
    Konno,T., Morii,T., Hirata, A., Sato, S., Oiki,S., Ikura,K.
    Biochemistry 44(6) 2072-2079 2005年02月 査読有り
  • Specific collaps folled by slow hydrogen-bond formation of β-sheet in the folding of single-chain monellin
    Kimura, T., Uzawa, T., Ishimiri, K., Morishima, I., Takahashi, S., Konno, T., Akiyama, S., Fujisawa,T.
    Proc. Natl. Acad. Sci.USA 102(8) 2748-2753 2005年02月 査読有り
  • トランスグルタミナーゼ架橋:生体内タンパク質凝集の修飾因子
    今野 卓, 森井 孝, 伊倉 宏司
    生物物理 46 82-86 2005年 査読無し
  • Probing cytoplasmic domain of single KcsA channel by use of surface plasmon resonance signal and planar lipid bilayer
    M.Iwamoto, H.Shimizu, F.Inoue, T.Konno, Y.C.Sasaki, S.Oiki
    Jpn. J. Physiol. 55 suppl s135 2005年 査読無し
  • Anionic contribution for fibrous maturation of proto-fibrillar assemblies of human tau repeat domain in a fluoro-alcohol solution
    Konno, T., Oiki, S., Hasegawa, K., Naiki, H.
    Biochemistry 43(42) 13613-13620 2004年01月 査読有り
  • Pressure-dissociable reversible assembly of intrinsically denatured lysozyme is a precursor for amyloid fibrils
    Niraula,T.N., Konno,T., Li,H., Yamada,H., Akasaka,K., Tachibana,H.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 101(12) 4089-4093 2004年 査読有り
  • Structural dissection of alkaline-denatured pepsin
    Kamatari,Y.O., Christopher,M.Dobson,., Konno, T
    Spectroscopy - An International Journal 18 227-236 2004年 査読無し
  • Regulatory interaction of sodium channel IQ-motif with calmodulin C-terminal lobe
    Mori,M., Konno,T., Morii,T., Nagayama,K., Imoto,K.
    Biochem. Biophys. Res. Commun 307(2) 290-296 2003年07月 査読有り
  • Structural dissection of alkaline-denatured pepsin
    Kamatari,Y.O., Dobson,C.M., Konno,T.
    Protein Sci 12 717-724 2003年 査読有り

著書

  • Trends in High Pressure Bioscience and Biotechnology
    Naoki Tanaka, Chizuko Ikeda, Kenji Kanaori, Kazumi Hiraga, 今野 卓, Shigeru Kunugi
    執筆、編集
    Fluctuation of apomyoglobin monitored from H/D exchange and proteolysis under high pressure
    Elsevier Science 2002年

講演・口頭発表等

  • Attempts at CA-type formal analysis of fibrous assembly of particles
    T.Konno
    第54回日本生物物理学会年会 2016年11月 選考無し
  • Attempts at CA-type formal analysis of fibrous assembly of particles
    今野 卓
    日本生物物理学会第53回年会 2015年09月 選考有り
  • 病理的タンパク質凝集の促進に関わる環境分子間の非線形的協同の一例
    今野卓, 森井卓, 老木成稔(2005.11)
    第43回日本生物物理学会年会,第43回生物物理学会年会 2005年11月
  • 蛋白質の折り畳み運動の長時間測定を目指した一分子蛍光検出装置
    前田晃央, 木下雅仁, 今野卓, 後藤祐児, 高橋聡
    第43回生物物理学会年会 2005年11月
  • Probing cytoplasmic domain of single Kcs A channel by use of surface plasmon resonance signal and planar lipid bilayer
    Iwamoto, M., Shimizu,H., Inoue,F., Konno,T., Sasaki,Y.C., Oiki,S.
    Jpn.J.Physiol.55 2005年05月 選考無し
  • 非電解質の中心空洞へのアクセスはKcsAカリウムチャネルの開確率を増大させる
    清水啓史, 井上史子, 今野卓, 老木成稔
    第42回日本生物物理学会年会 2004年12月 選考無し
  • タウ蛋白リピートドメインの繊維性凝集における陰イオンの寄与
    今野卓, 老木成稔, 長谷川一浩, 内木宏延
    第42回日本生物物理学会年会 2004年12月 選考無し
  • One-sided Action of non-electrolytes on the gating of KcsA Channel
    Shimizu,H., Inoue,F., Konno,T., Oiki,S.
    2418-Pos.Biophysical Society 48th Annual Meeting 2004年02月 選考無し
  • Non-native structure in the alkaline-denatured pepsin and its implication for folding of the zymogen-drived protein
    Kamatari,Y.O., Dobson,C.M., Konno,T.
    International Conference on Aspartic Proteases and Inhibitors 2003年11月
  • 蛋白質の共有結合的凝集と非共有結合的凝集の過程間相互作用
    今野卓, 森井孝, 伊倉宏司
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • 単一チャネル分子の電流-動態同時計測にむけて:KcsAチャネル測定系の開発
    清水啓史, 宮崎拓也, 井上史子, 奥村泰章, 山田克幸, 今野卓, 佐々木裕次, 老木成稔
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月 選考無し
  • 一本鎖モネリンの折り畳み機構に関する研究~二次構造形成過程と疎水性残基パッキング過程の追跡
    木村 哲就, 高橋 聡, 今野 卓, 石森 浩一郎, 森島 績
    第41回日本生物物理学会年会 2003年09月
  • Structural dissection of alkaline-denatured pepsin
    Kamatari,Y.O., Dobson,C.M., Konno,T.
    Second International Conference on Biomedical Spectroscopy 2003年07月
  • マイクロ秒分割FTIおよびCD分光法による一本鎖モネリンの折り畳み初期過程の観測
    木村 哲就, 高橋 聡, 今野 卓, 石森 浩一郎, 森島 績
    日本化学会.第83回春季年会 2003年03月

科学研究費補助金

  • イオンチャネルの構造-機能ダイナミクス:ゲーティング構造変化の単一分子解析基盤研究(A)(一般)
    代表者:老木 成稔 2010年度
  • 被修飾タウ分子の病理的視点からの分子構造論:繊維性凝集と環境相互作用を中心に基盤研究(C)(一般)
    代表者:今野 卓 2010年度
  • イオンチャネルの構造-機能ダイナミクス:ゲーティング構造変化の単一分子解析基盤研究(A)(一般)
    代表者:老木 成稔 2009年度
  • 被修飾タウ分子の病理的視点からの分子構造論:繊維性凝集と環境相互作用を中心に基盤研究(C)(一般)
    代表者:今野 卓 2009年度
  • 被修飾タウ分子の病理的視点からの分子構造論:繊維性凝集と環境相互作用を中心に基盤研究(C)(一般)
    代表者:今野 卓 2008年度
  • イオンチャネルの構造-機能ダイナミクス:ゲーティング構造変化の単一分子解析基盤研究(A)(一般)
    代表者:老木 成稔 2008年度
  • 蛋白質凝集体モデル結晶の水和構造とゆらぎ―理論と実験のコラボレーション特定領域研究(継続領域)
    代表者:玉井 良則 2008年度
    凝集体モデル結晶の分子科学実験
  • トランスグルタミナーゼ修飾が誘起する変性疾患関連タンパク質の分子構造変化の解明基盤研究(C)一般
    代表者:今野 卓 2006年度
  • 蛋白質モデル高分子における分子鎖と水との分子レベル相関の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:玉井 良則 2005年度
  • プリオン/アミロイド型蛋白質凝集の生細胞系での解析・評価システムの開発萌芽研究
    代表者:今野 卓 2004年度
  • アミロイド線維形成を引き起こす生体内分子環境の解明特定領域研究(継続領域)
    代表者:内木 宏延 2004年度
  • プリオン/アミロイド型蛋白質凝集の生細胞系での解析・評価システムの開発萌芽研究
    代表者:今野 卓 2003年度