岩崎 博道

所属部署名医療環境制御センター 感染制御部
教員組織医療環境制御センター
教育研究組織医学部 附属病院
職名教授
更新日: 19/07/23 18:46

研究者基本情報

氏名

    岩崎 博道
    イワサキ ヒロミチ
    IWASAKI Hiromichi

所属

  •  医療環境制御センター 感染制御部 教授

学歴

  • - 1992年福井医科大学 生化系
  • - 1986年福井医科大学 医学科

学位

  • 医学博士

所属学協会

    リケッチア研究会 その他,日本化学療法学会 その他,日本化学療法学会 その他,日本感染症学会 その他,日本化学療法学会西日本支部 その他,日本衛生動物学会西日本支部 その他,日本検査血液学会 評議員,日本内科学会 評議員,日本内科学会 その他,日本内科学会 その他,日本感染症学会 その他,日本内科学会北陸地方会 その他,日本環境感染学会 評議員,日本感染症学会 その他,日本感染症学会 その他,日本感染症学会 その他,日本血液学会 その他,日本感染症学会/日本化学療法学会「発熱性好中球減少症」 その他,日本感染症学会中日本地方会学術集会 その他,日本リケッチア症臨床研究会 その他,日本サイトメトリー学会 評議員,日本感染症学会 その他,第51回日本感染症学会中日本地方会学術集会 その他,日本輸血・細胞治療学会 編集委員,中部リウマチ学会 一般会員,日本内科学会北陸支部 評議員,日本血液学会 その他,日本血液学会 評議員,日本化学療法学会 評議員,日本化学療法学会西日本支部総会 評議員,日本血液学会北陸地方会 評議員,日本造血細胞移植 一般会員,日本環境感染学会 一般会員,日本臨床腫瘍学会 一般会員,日本検査血液学会 一般会員,日本自己血輸血学会 一般会員,日本痛風・核酸代謝学会 評議員,日本輸血・細胞治療学会北陸支部会 評議員,日本感染症学会 評議員,日本感染症学会中日本地方会 評議員,日本臨床微生物学会 一般会員,日本衛生動物学会 一般会員,米国微生物学会 一般会員,日本輸血・細胞治療学会 評議員,日本老年医学会 一般会員,日本リウマチ学会 一般会員,日本医真菌学会 一般会員,日本臨床電子顕微鏡学会 一般会員,日本バイオセラピイ学会 一般会員,日本癌治療学会 一般会員,日本臨床薬理学会 評議員,日本臨床血液学会 評議員,日本内科学会 一般会員,日本熱帯医学会 一般会員,日本癌学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • 福井県感染症情報
    岩崎博道
    福井県医師会だより(687) 9 2018年08月 査読無し
  • IoTを活用し耐性菌撲滅を目指した研究開発のスタート
    岩崎博道
    院内だより(75) 4 2018年07月 査読無し
  • 節足動物媒介感染症 つつが虫病
    岩崎博道,重見博子.
    小児科臨床 70(増刊号) 2220-2225 2017年 査読無し
  • 地方拠点病院におけるHIVサテライト相談会開催の意義―参加者に対する効果と不参加者の要因を分析して―
    三嶋一輝,山内高弘,岩崎博道.
    The Journal of Research 20(1) 82-88 2018年 査読無し
  • 最近のダニ媒介感染症―リケッチア感染症を中心に―
    岩崎博道,伊藤和広,重見博子.
    日本小児皮膚科学会雑誌 別刷 37(1) 15-21 2018年03月 査読有り
  • インフルエンザ
    岩崎博道.
    今日の耳鼻咽喉科・頭頚部外科治療指針 4 606-608 2018年06月 査読有り
  • 真菌性髄膜炎の治療
    岩崎博道,重見博子.
    Neuroinfection 23(1) 104-109 2018年 査読有り
  • 薩南諸島の徳之島で3例目の報告となる,テトラサイクリン系薬端坐位で治癒し得た日本紅斑熱の1例と疫学的考察.
    小林晃,御共田睦代,藤田博己,鈴木真紀,岩崎博道.
    感染症学雑誌 92(4) 547-551 2018年07月 査読有り
  • リケッチア感染症の診断と治療~つつが虫病と日本紅斑熱を中心に~
    田居克規,岩崎博道.
    日本化学療法学会雑誌 66(6) 704-714 2018年 査読有り
  • Tetanus attacks an old person with inadequate vaccination showing 'Risus Sardonicus' face.
    Akira Kobayashi, Hiromichi Iwasaki.
    IDCases 38-39 2017年 査読無し
  • つつが虫病
    岩崎博道
    私の治療(2017-18年度版) 925-926 2017年 査読無し
  • Q熱
    岩崎博道
    私の治療(2017-18年度版) 924-925 2017年 査読無し
  • 日本紅斑熱
    岩崎博道
    私の治療(2017-18年度版) 914-915 2017年 査読無し
  • その他のリケッチア感染症
    岩崎博道
    内科学 11 306 2017年03月 査読有り
  • 日本紅斑熱
    岩崎博道
    内科学 11 304-305 2017年03月 査読有り
  • つつがむし病
    岩崎博道
    内科学 11 303-304 2017年03月 査読有り
  • Human feet bitten by multiple brown dog ticks,Rhipicephalus sanguineus.
    Akira Kobayashi, Hiromichi Iwasaki.
    IDCases 9(8) 2017年 査読有り
  • 需要が増えるAiに対応するためのCT検査室:環境調査の結果から―Ai-CT実施に伴うCT検査室の環境調査
    西島昭彦, 稲井邦博, 法木左近, 飛田征男, 木村浩彦, 岩崎博道.
    INNERVISION 32(1) 58-60 2017年 査読無し
  • 発疹チフス
    岩崎 博道
    今日の治療指針2017年版 1(-) 186-186 2017年 査読無し
  • リンパ腫治療における発熱性好中球減少症
    酒巻 一平,岩崎 博道
    化学療法の領域 117(6) 1347-1350 2016年 査読無し
  • 抗菌薬予防投与の耐性菌への影響
    岩崎 博道,田居 克規
    EBM血液疾患の治療 455-459 2016年 査読無し
  • 近年の北陸日本海側で発掘されたダニ媒介感染症と背景の寄生性ダニ相
    高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,石畝 史,赤地 重宏,宇田 晶彦,及川 陽三郎,夏秋 優,早坂 大輔
    Clinical Parasitology 27(1) 78-80 2016年 査読無し
  • つつが虫病・日本紅斑熱・その他のリケッチア感染症
    岩崎 博道
    内科学 2016年11月 査読無し
  • Postmortem CT is more accurate than clinical diagnosis for identifying the immediate cause of death in hospitalized patients: a prospective autopsy-based study.
    K.Inai, S.Noriki, K.Kinoshita, T.Sasaki, H.Kimura, A.Nishijima, H.Iwasaki, H.Naiki
    Virchows Archiv : an international journal of pathology 469(1) 101-109 2016年04月 査読有り
  • Prognostic effect of Peripheral Blood Cell Counts in Advanced Diffuse Large B-cell Lymphoma
    T.Yamauchi, T.Tasaki, K.Tai, S.Ikegaya, K.Takagi, E.Negoro, S.Kishi, A.Yoshida, H.Iwasaki, T.Ueda
    Oncol Let 9(2) 851-856 2015年02月 査読有り
  • Febuxostat for management of tumor lysis syndrome including its effects on levels of purine metabolites in patients with hematological malignancies. - A single institution’s, pharmacokinetic and pilot prospective study -
    Takai M, Yamauchi T, Ookura M, Matsuda Y, Tai K, Kishi S, Yoshida A, Iwasaki H, Nakamura T, Ueda T
    Anticancer Res 34 7287-7296 2014年12月 査読有り
  • Clinical effect of a multidisciplinary team approach to the initial treatment of patients with hospital-acquired bloodstream infections at a Japanese university hospital
    Hitoshi Tsukamoto, Takashi Higashi, Toshiaki Nakamura, Ryoichi Yano, Yukio Hida, Yoko Muroi, Satoshi Ikegaya, Hiromichi Iwasaki, Mikio Masada
    Am J Infect Control 42(9) 970-975 2014年09月 査読有り
  • Risk factor analysis for bone marrow histiocytic hyperplasia with hemophagocytosis: an autopsy study
    K.Inai, S.Noriki, H.Iwasaki, H.Naiki
    Virchows Arch 465(1) 109-118 2014年06月 査読有り
  • Significantly higher cytokine and chemokine levels in patients with Japanese spotted fever compared with those with tsutsugamushi disease
    Tai K, Iwasaki H, Ikegaya S, Yamauchi T, Ueda T
    J. Clin. Microbiol. 52(6) 1938-1946 2014年06月 査読有り
  • Spontaneous spinal epidural hematoma in a patient with acquired Factor X deficiency secondary to systemic amyloid light-chain amyloidosis
    H.Arishima, A.Tada, M.Isozaki, R.Kitai, T.Kodera, K.Kikuta, K.Tai, H.Iwasaki
    J Spinal Cord Med 29 Epub ahead of print 2014年06月 査読有り
  • 同種骨髄移植後再発しドナーリンパ球輸注療法により再寛解を得て13年後にSudden Blast Crisisで再発した慢性骨髄性白血病
    大蔵 美幸, 山内 高弘, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 稲井 邦博, 和野 雅治, 松元 加奈, 岩崎 博道, 森田 邦彦, 上田 孝典
    癌と化学療法 41(2) 265-268 2014年02月 査読無し
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai M, Yamauchi T, Fujita K, Lee S, Ookura M, Kishi S, Urasaki Y, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Let 2014年01月 査読有り
  • Should prophylactic thrombolysis be routine in clinical practice? Evidence from an autopsy case of septicemia
    K.Inai, S.Noriki, H.Iwasaki
    BMC Clin Pathol 14(1) 6 2014年01月 査読有り
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai M, Yamauchi T, Fujita K, Lee S, Ookura M, Kishi S, Urasaki Y, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Lett 2014年01月 査読有り
  • The response to induction therapy is crucial for the treatment outcomes of elderly patients with acute myeloid leukemia: single-institution experience
    Tasaki T, Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Ookura M, Lee S, Tai K, Ikegaya S, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 34 5631-5636 2014年01月 査読有り
  • A high serum uric acid level is associated with poor prognosis in patients with acute myeloid leukemia
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Takagi K, Matsuda Y, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasaki T, Ikegaya S, Inai K, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(9) 3947-3951. 2013年09月 査読有り
  • Detectable Wilms’ tumor-1 transcription at treatment completion is associated with poor prognosis of acute myeloid leukemia: A single institution’s experience
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Matsuda Y, Takagi K, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasakai T, Ikegaya S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(8) 3335-3340 2013年08月 査読有り
  • Case Report: Tsutsugamushi Disease Caused by Shimokoshi-Type Orientia tsutsugamushi: The First Report in Western Japan
    S.Ikegaya, H.Iwasaki, N.Takada, S.Yamamoto, T.Ueda
    The American Society of Tropical Medicine and Hygiene 88(6) 1217-1219 2013年06月 査読有り
  • Utility of PCR amplification and DNA microarray hybridization of 16S rDNA for rapid diagnosis of bacteremia associated with hematological diseases
    Negoro E, Iwasaki H, Tai K, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Shimadzu M, Ueda t
    Int J Infect Dis 17 e271-276 2013年04月 査読有り
  • Minocycline modulates cytokine and chemokine production in lipopolysaccharide-stimulated THP-1 monocytic cells by inhibiting IκB kinase α/βphosphorylation
    K. Tai, H.Iwasaki, S. Ikegaya, T.Ueda
    Translational Res 161(2) 99-109 2013年02月 査読有り
  • Rapid Detection of the Mycobacterium tuberculosis Complex by Use of Quenching Probe PCR (geneCube)
    Y.Hida, K.Hisada, A.Shimada, M.Yamashita, H.Kimura, H.Yoshida, H.Iwasaki, M.Iwano
    Journal of Clinical Microbiology 50(11) 3604-3608 2012年11月 査読有り
  • Early relapse is associated with high serum soluble interleukin-2 receptor after the sixth cycle of R-CHOP chemotherapy in patients with advanced diffuse large B-cell lymphoma
    Yamauchi T, Matuuda Y, Takai M, Tasaki T, Tai K, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 32(11) 5051-5057 2012年11月 査読有り
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対するmeropenem 1g1日3回投与の臨床的有用性
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 李 心, 高井 美穂子, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    日本化学療法学会雑誌 60(5) 549-552 2012年09月 査読有り
  • Fulminant candidemia diagnosed by prompt detection of pseudohyphae in a peripheral blood smear
    S. Ikegaya, K. Tai, H. Shigemi, H.Iwasaki, T. Okada, T.Ueda
    Am J Med Sci 343(5) 419-20 2012年05月 査読有り
  • Synergistic effects of combination with fludarabine and carboplatin depend on fludarabine-mediated inhibition of enhanced nucleotide excision repair in leukemia
    Kazutaka Takagi, Yasukazu Kawai, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Int J Hematol 2011年09月 査読有り
  • 感染症診療のエッセンス -血液内科-
    岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 飛田征男, 塚本 仁, 上田 孝典
    感染と抗菌薬 14(1) 32-39 2011年01月 査読無し
  • Successful administration of recombinant human soluble thrombomodulin α (Recomodulin) for disseminated intravascular coagulation during induction chemotherapy in an elderly patient with acute monoblastic leukemia involving the t(9;11)(p22;q23) MLL/AF9 translocation
    Kazutaka Takagi, Toshiki Tasaki, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Case Reports in Hematology 2011 Article ID 273070, 5 pages 2011年 査読有り
  • 炎症性サイトカイン過剰産生ヒト胸腺癌細胞株(ThyL-6)におけるFlavopiridolによる転写抑制を介したIL-6分泌抑制
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 内木 宏延, 岩崎 博道, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 34(2) 179-187 2010年12月 査読有り
  • 大学病院、研究機関における感染症法に基づく診療と健康保険の課題
    岩崎 博道
    医学のあゆみ 232(11) 1147-1149 2010年11月 査読無し
  • 感染症発生動向調査情報解析
    岩崎 博道
    福井県医師会だより(591) 17 2010年09月 査読無し
  • 血液疾患患者の血液培養から検出されたCoagulase-negative Staphylococciの臨床的意義: 真の菌血症か単なる汚染か
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    臨床血液 51(6) 398-401 2010年06月 査読有り
  • 第84回日本感染症学会・最新の話題
    岩崎 博道
    感染制御 6(3) 212-214 2010年06月 査読無し
  • 浙江大学附属病院・感染症センター訪問記
    岩崎 博道
    ダニ研究 5 42006 2010年04月 査読無し
  • Correlation between the concentrations of tumor necrosis factor-α and the severity of disease in patients infected with Orientia tsutsugamushi
    H.Iwasaki, J.Mizoguchi, N.Takada, K.Tai, S.Ikegaya, T.Ueda
    Int. J. Inf. Dis. 14 e328-333 2010年 査読有り
  • 山や川などの自然からうつる病気(第8回)
    岩崎 博道
    名田庄多聞の会・記録 2010年 査読無し
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経確定
    高田 伸弘, 矢野 泰弘, 岩崎 博道, 増澤 俊幸, 角坂 照貴, 川端 寛樹, 及川 陽三郎
    平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究B 海外調査)研究成果報告書 2010年 査読無し
  • リケッチア症重症化に関する臨床および基礎的検討
    岩崎 博道
    厚生労働科学研究補助金(新型インフルエンザ等新興・再興感染症事業)リケッチアを中心としたダニ媒介性感染症の総合的対策に関する研究.総括・分担研究報告書 99-108 2010年 査読無し
  • 福井県感染症情報
    岩崎 博道
    福井県医師会だより(579) 8 2009年09月 査読無し
  • Azithromycin reduces tumor necrosis factor-alpha production in lipopolysaccharide-stimulated THP-1 monocytic cells by modification of stress response and p38 MAPK pathway
    S.Ikegaya, K.Inai, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    J Chemother 21(4) 396-402 2009年08月 査読有り
  • Intracellular cytarabine triphosphate production correlates to deoxycytidine kinase / cytosolic 5’-nucleotidase II expression ratio in primary acute myeloid leukemia cells
    T.Yamauchi, E.Negoro E, S.Kishi, K.Takagi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Biochem. Pharmacol 77(i12) 1780-1786 2009年06月 査読有り
  • 百日咳流行に対する介入予防の成功事例
    玉川 美津恵, 山本 恭弘, 齋藤 由紀雄, 石本 秀守, 上野 栄一, 梅澤 有美子, 眞弓 光文, 李 鍾大, 伊藤 春海, 大林 貴代, 山田 和弘, 岩井 敬治, 日下 幸則, 室井洋子, 岩崎 博道, 小淵 岳恒, 寺澤 秀一, 山口 明夫
    第46回全国大学保健管理研究集会報告書 46(1) 254-255 2009年02月 査読有り
  • インフェクションコントロールは総力戦~ヨハン・クライフに思いを寄せて~
    岩崎 博道
    福井県医師会だより(580) 76-77 2009年01月 査読無し
  • 原発性アミロイドーシスに対する自己末梢血幹細胞移植併用melphalan大量療法
    河合 泰一, 酒巻 一平, 根来 英樹, 大槻 希美, 森永 浩次, 木下 圭一, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 54(4) 497-502 2008年04月 査読有り
  • Survey of the vectorial competence of ticks in an endemic area of spotted fever group rickettsioses in Fukui Prefecture
    F.Ishiguro, N.Takada, H.Fujita, Y.Noji, Y.Yano, H.Iwasaki
    Microbiol Immunol 52 305-309 2008年 査読有り
  • 感染症における生体防御
    岩崎 博道
    日本検査血液学会雑誌 9 44-51 2008年 査読無し
  • わが国と周辺域にみるマダニ寄生例と媒介感染症のポイント(近年の経過と実情から)
    高田 伸弘, 岩崎 博道, 藤田 博己, 川端 寛樹, 田原 研司, 及川 陽三郎
    Clinical Parasitology 18 42321 2008年 査読有り
  • 感染症発生動向調査情報解析コメント
    岩崎 博道
    福井県医師会だより 567 14 2008年 査読無し
  • 主な真菌感染症 カンジダ症
    岩崎 博道, 上田 孝典
    血液フロンティア 17(9) 65-72 2007年09月 査読無し
  • 感染症発生動向調査情報解析コメント
    岩崎 博道
    福井県医師会だより(555) 10 2007年09月 査読無し
  • Combined low-dose cytarabine, melphalan and mitoxantrone for older patients with acute myeloid leukemia or high-risk myelodysplastic syndrome
    T.Yamauchi, E.Negoro, H.Arai, S.Ikegaya, K.Takagi, H.Takemura, K.Inai, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 27(4C) 2635-2639 2007年07月 査読有り
  • 真菌感染症に係わるリスクファクター
    岩崎 博道, 木下 圭一, 上田 孝典
    血液フロンティア 17(4) 105-111 2007年04月 査読無し
  • ツツガムシ病重症化にみる臨床の新たな視点
    岩崎 博道
    ダニと新興再興感染症 147-150 2007年03月 査読無し
  • リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    岩崎 博道, 高田 伸弘, 矢野 泰弘
    平成18年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 総括・分担研究報告書 133-144 2007年03月 査読無し
  • コンプロマイズドホストの感染制御
    岩崎 博道, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 54(3) 301-308 2007年03月 査読無し
  • Fludarabine-mediated circumvention of cytarabine resistance is associated with fludarabine triphosphate accumulation in cytarabine-resistant leukemic cells
    S, Yamamoto, T.Yamauchi, Y.Kawai, H.Takemura, S.Kishi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Int J Hematol 85(2) 108-115 2007年02月 査読有り
  • Frequent detection of multidrug-resistant pneumonia-causing bacteria in the pneumonia lung tissues of patients with hematological malignancies
    K.Inai, H.Iwasaki, S.Noriki, S.Ikegaya, M.Yamashita, Y.Imamura, N.Takimoto, H.Kato, T.Ueda, H.Naiki
    Int J Hematol 86(3) 225-232 2007年01月 査読有り
  • わが国と周辺域にみるマダニ寄生例と媒介感染症のポイント(近年の経過と実情から)
    高田 伸弘, 岩崎 博道, 藤田 博己, 川端 寛樹, 田原 研司, 及川 陽三郎
    Clin Parasitol 18(1) 42321 2007年01月 査読有り
  • 発熱性好中球減少症におけるDNAチップを用いた敗血症診断法の改良
    岩崎 博道
    福井大学 重点研究成果集2007 -明日への挑戦- 80-81 2007年 査読無し
  • リケッチア感染症(ツツガムシ病,日本紅斑熱)
    岩崎 博道
    今日の治療指針2006年度版 143‐144 2006年01月 査読無し
  • Candin family antifungal agent micafungin(FK463) modulates the inflammatory cytokine production stimulated by lipopolysaccharide in THP-1 cells
    K.Kinoshita, H.Iwasaki, H.Uzui, T.Ueda
    Translational Res 148(4) 207-213 2006年01月 査読有り
  • 福井大学医学部附属病院における注射用抗菌剤の使用状況
    塚本仁, 岩崎博道, 中村敏明, 後藤伸之, 政田幹夫
    化学療法の領域 21(9) 107-116 2005年09月 査読有り
  • 福井大学医学部附属病院における注射用抗菌剤の使用状況
    塚本 仁, 岩崎 博道, 中村 敏明, 後藤 伸之, 政田 幹夫
    化学療法の領域 21(9) 1315-1324 2005年09月 査読有り
  • Anti-CD20 antibody (Rituximab) therapy in a myasthenia gravis patient with follicular lymphoma
    K.Takagi, A.Yoshida, H.Iwasaki, H.Inoue, T.Ueda
    Ann Hematol 84(8) 548-550 2005年08月 査読有り
  • Anti-CD20 antibody (Rituximab) therapy in a myasthenia gravis patient with follicular lymphoma
    Takagi K, Yoshida A, Iwasaki H, Inoue H, Ueda T
    Ann Hematol 84(8) 548-50 2005年08月 査読有り
  • 免疫組織化学法と分子生物学的診断した結膜悪性リンパ腫の2例
    南部浩隆, 久保江理, 岩崎博道, 中村栄男, 赤木好男
    眼紀 56(10) 847-851 2005年01月 査読有り
  • Erythromycin differentially inhibits LPS- or poly (I:C)-induced but not peptidoglycan-induced activation of human monocyte-derived dendritic cells
    Y.Yasutomi, Y.Ohshima, N.Omata, A.Yamada, H.Iwasaki, Y.Urasaki, M.Mayumi
    J Immunol 175(12) 8069?8076 2005年 査読有り
  • 血液感染症
    岩崎博道, 室井洋子, 上田孝典
    Medicament News 1801 2004年06月 査読無し
  • Modulation of the human interleukin-12p40 response by a triazole antifungal derivative, itraconazole
    Inoue, H., Iwasaki, H., Abe, S., Yamaguchi, H., Ueda, T.
    Scand J Infect Dis 36 607-609 2004年04月 査読有り
  • MRSAはどこから来るのか?-MRSAの正体-
    岩崎博道, 室井洋子, 山下政宣, 熊切正信
    院内だより 11 42163 2004年04月 査読無し
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本感染症学会雑誌 78(3) 241-247 2004年04月 査読有り
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    感染症学雑誌 78(3) 241-247 2004年03月 査読有り
  • 200匹以上のタカサゴキララマダニ幼虫に寄生されたマダニ刺症の1例
    石田勝英, 塩入有子, 石坂泰三, 岩崎博通, 藤田博巳, 高田伸弘
    皮膚の科学 3(1) 55-61 2004年02月 査読無し
  • 血液内科領域における抗菌薬サイクリング療法
    岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 木下圭一, 上田孝典
    Progress in Medicine 24(2) 2004年02月 査読無し
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35(1) 99s 2004年01月 査読有り
  • Nicotine induces human neutrophils to produce IL-8 through the generation of peroxynitrite and subsequent activation of NF-kB
    S.Iho, Y.Tanaka, R.Takauji, C.Kobayashi, I.Muramatsu, H.Iwasaki, K.Nakamura, Y.Sasaki, K.Nakao, T.Takahashi
    J. Leukoc. Biol 74(5) 942-951 2003年11月 査読有り
  • 特定研究2 喫煙者における臨床検査値の特徴に関する研究--ニコチン刺激T細胞のRANTES産生と転写因子の活性化
    高橋隆幸, 伊保澄子, 高氏留美子, 岩崎博道, 中村紀士子
    平成14年度喫煙科学研究財団研究年報 933-938 2003年06月 査読無し
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S.Ikegaya, A.Yoshida, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int. J. Hematol 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S. Ikegaya, Yoshida A, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int J Hematology 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • X-ray microscopy in Ritsumeikan Synchrotron Radiation center
    Takemoto, K., Mizuno, T., Yoshikawa, T., Mishibata, H., Ueki, T., Uyama, T., Miyoshi, N., Sawa, D., Matsumoto, T., Wada, N., Onoda, H., Kojima, K., Niemann, B., Hettwer, M., Rudolph, D., Anderson, E., Attwood, D., Kem, D.P., Iwasaki, H., Kihara, H.
    J. Phys. IV France 104 57-61 2003年04月 査読有り
  • Unrelated donor bone marrow transplantation for acute mixed lineage (myeloid and B-lymphoid lineage) leukemia in an adult with down syndrome
    K.Takagi, A.Yoshida, K.Kinoshita, D.Iwashima, S.Imamura, H.Iwasaki, H.Tsutani, T.Ueda
    Ann Hematol 82(4) 236-240 2003年04月 査読有り
  • Unrelated donor bone marrow transplantation for acute mixed lineage (myeloid and B-lymphoid lineage) leukemia in an adult with Down syndrome
    Takagi K, Yoshida A, Kinoshita K, Iwashima D, Imamaura S, Iwasaki H, Tsutani H, Ueda T
    Ann Hematol 82(4) 236-40 2003年04月 査読有り
  • The mechanism of severity of tsutsugamushi disease (scrub typhus) in asia
    H.Iwasaki, N.Takada, T.Ueda
    Res Adv Microbiol 3 131-137 2003年03月 査読無し
  • A comparison of the specificity and sensitivity of two Candida antigen assay systems for the diagnosis of deep candidiasis in patients with hematologic diseases
    H.Misaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Med Sci Monit 9(2) MT1-7 2003年02月 査読有り
  • コンピューター制御24時間温度管理システムを用いた血液製剤保冷庫管理のリスクマネージメント
    岩崎 博道, 小林 洋子, 高澤 ゆみえ, 今村 信, 西野 主眞, 上田 孝典
    日本輸血学会雑誌 49(3) 403-410 2003年02月 査読有り
  • Atypical nuclear apoptosis downstream to caspase-3 activation in ara-C treated CCRF-CEM cells
    A.Badran, H.Iwasaki, H.Inoue, T.Ueda
    Int J Oncol 22 517-522 2003年01月 査読有り
  • 喫煙者における臨床検査値の特徴に関する研究-ニコチン刺激T細胞のRANTES産生と転写因子の活性化-
    高橋隆幸, 伊保澄子, 高氏留美子, 岩崎博道, 中村紀士子
    平成14年度喫煙科学研究財団研究年報 951-956 2003年01月 査読無し
  • CpG DNA-induced IFN-a production involves p38 MAPK-dependent STAT1 phosphorylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors
    R.Takauji, S.Iho, H.Takatsuka, S.Yamamoto, T.Takahashi, H.Kitagawa, H.Iwasaki, R.Iida, T.Yokochi, T.Matsuki
    J Leukoc Biol 72 1011-1019 2002年 査読有り
  • Serum cytokine level during continuous venovenous hemofiltration in toxic shock-like syndrome due to group G beta-streptococcus bacteremia in a patients with ideopathic thrombocytopenic purpura
    Takagi K, Shimizu H, Iwasaki H, Tsutani H, Ueda T
    Scandinavian Journal of Infectious Disease 34 403-406 2002年 査読有り
  • Serum cytokine level during continuous venovenous hemofiltration in toxic shock-like syndrome due to group G streptococcus bacteremia in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura. (共著)
    H.Iwasaki
    Scand J Infect Dis 34(6) : 403-6 2002年
  • Monocyte chemoattractant protein-1 selectively inhibits the acquisition of CD40 ligand-dependent IL-12-producing capacity of monocyte-derived dendritic cells and modulates Th1 immune response. (共著)
    H.Iwasaki
    J. Immunol 169(9): 4861-6 2002年
  • CpG-DNA-induced IFN-α production involoves p38 MAPK-dependent STAT1 phoshporylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors. (共著)
    H.Iwasaki
    J. Leuk. Biol 72(5): 1011-1019 2002年
  • Doxycycline induces apoptosis by way of caspase-3 activation with inhibition of matrix metalloproteinase in human T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM cells
    H.Iwasaki
    J. Lab. Clin. Med 140(6): 382-386 2002年
  • High molecular weight DNA fragmentation assay: a sensitive method for monitoring in vivo response to antileukemic chemotherapy. (共著)
    H.Iwasaki
    Anticancer Res 22: 3025-3028 2002年
  • アジアにみられるリケッチア感染の重症化機序に関する研究
    岩崎 博道
    財団法人大山健康財団2000年度版年報 No.26 2002年
  • ヒトリンパ系白血病細胞CCRF-CEM細胞に対するDoxycyclineの増殖抑制効果
    岩崎 博道
    臨床薬理 33(1): 59S-60S 2002年
  • 免疫増強性CpG-DNA配列を組み込んだ抗結核ワクチンの開発(共著)
    岩崎 博道
    財団法人福井県産業支援センター技術研究開発助成事業完了実績報告書 2002年
  • 喫煙者における臨床検査値の特徴に関する研究. -ニコチン刺激T cellによるRANTESの産生-(共著)
    岩崎 博道
    喫煙科学研究財団研究年報(平成13年度) 951-956 2002年
  • CpG DNA-induced IFN-α production involves p38 MARK-dependent STATI phosphorylation in human plasmacytoid dendritic cell precursors
    Takauji, R., Iho, S., Yamamoto, S., Takahashi, T., Kitagawa, H., Iwasaki, H., Iida, R., Yokochi, T., Matsuki, T.
    J Leukoc Biol 72(5) 1011-1019 2002年 査読有り
  • Effect of azithromycin on cytokine production by THP-1 cells
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 井上 仁, 高木 和貴, 上田 孝典
    Jpn J Antibiotics 54(Suppl C) 80-82 2001年12月 査読無し
  • Nitric oxide synthase activity in peripheral polymorphonuclear leukocytes in patients with chronic congestive heart failure
    Y.Mitsuke, JD.Lee, H.Shimizu, H.Uzui, H.Iwasaki, T.Ueda
    Am J Cardiol. 2001 Jan 15;87(2):183-187. 2001年01月 査読有り
  • Close correlation of 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate, an intracellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 975-982 2001年 査読無し
  • Monitoring of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate in 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low- and conventional- doses
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 546-553 2001年 査読有り
  • Successful treatment of Aspergillus spondylodiscitis with high-dose itraconazole in a patient with acute myelogeneous leukemia
    Takagi K, Yoshida A, Yamauchi T, Yamashita T, Iwasaki H, Tsutani H, Maezawa Y, Baba H, Ueda T
    Leukemia 15 1670-1671 2001年 査読有り
  • 福井県奥越地方で発症した発疹熱
    高木和貴, 岩崎博道, 岸慎治, 高田伸弘, 中村徹, 上田孝典
    感染症誌 75 341-344 2001年 査読有り
  • Azithromycin の THP-1 細胞の cytokine 産生に及ぼす影響
    池ケ谷諭史, 岩崎博道, 井上仁, 髙木和貴, 上田孝典
    Jpn J of Antibiotics 54(Suppl.C) 80-82 2001年 査読無し
  • リケッチア感染症におけるテトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン抑制
    岩崎博道, 井上 仁, 溝口二郎, 高田伸弘, 池ヶ谷諭史, 髙木和貴, 三崎裕史, 上田孝典
    臨床薬理 32(2) 283S-284S 2001年 査読無し
  • Time sequential expression of markers of apoptosis induced by 1-β-D-arabinofuranosylcytosine in human T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM cells.(共著)
    H.Iwasaki
    Anticancer Res 2(1897-1996) 2001年
  • First records of tick-borne pathogens, Borrelia, and spotted fever group rickettsiae in Okinawajima Island, Japan.(共著)
    H.Iwasaki
    Microbiol Immunol 45(163-165) 2001年
  • New findings of Leptotrombidium scutellare (Acari: Trombiculidae) in western Japan, and its epidemiological significance.(共著)
    H.Iwasaki
    Med Entomol Zool 52(59-62) 2001年
  • Fulminant Japanese spotted fever associated with hypercytokinemia
    H.Iwasaki
    J Clin Microbiol 39(2341-2343) 2001年
  • Nitric oxide synthase activity in peripheral polymorphonuclear leukocytes in patients with chronic congestive heart failure.(共著)
    H.Iwasaki
    Am J Cardiol 87(183-187) 2001年
  • Long-term follow-up of the clinical efficacy of chemotherapy for acute myeloid leukemia at a single institute.(共著)
    H.Iwasaki
    J Infect Chemother 7(156-162) 2001年
  • Monitoring of intracellular 1-β-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate in 1-β-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low and conventional doses.(共著)
    H.Iwasaki
    Jpn J Cancer Res 92(546-553) 2001年
  • Close correlation of 1-β-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate, an intercellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-β-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia. (共著)
    H.Iwasaki
    Jpn J Cancer Res 9(975-982) 2001年
  • Successful treatment of Aspergillus spondylodiscitis with high-dose itraconazole in a patient with acute myelogenous leukemia. (共著)
    H.Iwasaki
    Leukemia 15(1670-1671) 2001年
  • カンジダ症の実験室診断
    岩崎 博道
    臨床と微生物 28(161-167) 2001年
  • リケッチア感染症におけるテトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン抑制
    岩崎 博道
    臨床薬理 32(283S-284S) 2001年
  • 福井県奥越地方で発症した発疹熱. (共著)
    岩崎 博道
    感染症誌 75(341-344) 2001 2001年
  • 広島県において見いだされたツツガムシ病多数例の臨床的および疫学的解析
    岩崎 博道
    感染症誌 75(365-370) 2001年
  • Azithromycin の THP-1 細胞の cytokine 産生に及ぼす影響.(共著)
    岩崎 博道
    Jpn J Antibiotics 54 (Suppl. C),/ 80-82 2001年
  • イトラコナゾールによるcytokine modulationを介する抗炎症作用の可能性. (共著)
    岩崎 博道
    Biotherapy 15(303-306) 2001年
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mycophenolate mofetil
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Fukushima, H.Iwasaki, S.Imamura, Y.Wano, Y.Nemoto, H.Naiki, T.Ueda
    Leukemia Res 24(9) 761-768 2000年09月 査読有り
  • テトラサイクリンにより誘導されるヒト白血病細胞のアポトーシス
    岩崎博道, 井上仁, 見附保彦, Badran A, 池ヶ谷諭史, 髙木和貴, 三崎裕史, 上田孝典
    臨床薬理 31(2) 337-338 2000年 査読無し
  • Surveillance of the serum Candida antigen titer for initiation of antifungal therapy after post remission chemotherapy in patients with acute leukemia
    H.Iwasaki
    Int. J. Hematol. 71 266-272 2000年
  • テトラサイクリンにより誘導されるヒト白血病細胞のアポトーシス
    岩崎 博道
    臨床薬理 31(2) 337-338 2000年
  • 深在性真菌症
    岩崎 博道
    綜合臨牀 49 1384-1387 2000年
  • ヒトにおける抗真菌剤イトラコナゾールのcytokine modulation(共著)
    岩崎 博道
     14(5) 507-509 2000年
  • ツツガムシ病治癒機転に及ぼすminocyclineのcytokine modulation
    岩崎 博道
    感染症学雑誌 74(7) 598-600 2000年
  • 喫煙者における白血球増多の機序:喫煙とC-Cケモカイン産生(第一報)-ヒト好中球のMCP-1およびMIP-1の産生に対するニコチンの影響-
    岩崎 博道
    平成11年度 喫煙科学研究財団 研究年報 201-206 2000年
  • Molecular remission induced by fractionated dose-escalating donor leukocyte infusion without graft-versus-host disease in a patient with chronic myelogenous leukemia relapsed after allogeneic bone marrow transplantation
    K.Inai, Y.Wano, S.Yamamoto, Y.Ikebata, H.Iwasaki, H.Tsutani, H.Naiki, T.Ueda
    Anticancer Res 19(6C) 5631-5634 1999年11月 査読有り
  • Molecular remission induced by fractionated dose-escalating donor leukocyte infusion without graft-versus-host disease in a patient with chronic myelogenous leukemia relapsed after allogenic bone marrow transplantation(共著)
    H.Iwasaki
    Anticancer Res 19 5631-5634 1999年
  • 多剤耐性白血病細胞におけるPSC833とアンソラサイクリン系薬剤の併用効果(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 30(1) 363-364 1999年
  • 輸血による最近の感染症
    岩崎 博道
    検査と技術 27(10) 1216-1217 1999年
  • 河川敷環境のツツガムシ病予防の手引き(共著)
    岩崎 博道
    河川整備基金助成事業報告書 1999年
  • テトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン産生の修飾と慢性関節リウマチに対する治療の可能性
    岩崎 博道
    財団法人 横山臨床薬理研究助成基金 研究業績輯 7 63-70 1999年
  • The expression of co-stimulatory molecules and their relationship to the prognosis of human acute myeloid leukemia : poor prognosis of B7-2-positiVe leukaemia(共著)
    H.Iwasaki
    British Journal of Haematology 102 1257-1262 1998年
  • ヌクレオシド系代謝拮抗剤のDNAへの転入経路とbiochemical modulation
    岩崎 博道
    癌の臨床 44(2) 197-198 1998年
  • 癌細胞核酸代謝に及ぼす化学療法剤の作用機序
    岩崎 博道
    癌の臨床 44(2) 125-128 1998年
  • 早期に敗血症性ショック、汎発性血管内凝固症候群による急性心筋梗塞を主徴としたレジオネラ感染疑診例(共著)
    岩崎 博道
    感染症学雑誌 72(3) 286-292 1998年
  • Cytosine arabinosideの修復DNA転入に関連する生化学的修飾
    岩崎 博道
    臨床薬理 29(1) 2,223-224 1998年
  • 末梢血幹細胞におけるP糖蛋白の発現および機能についてのPilot study(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 29(1) 2,365-366 1998年
  • Indarubicinの13-OH代謝体idarubicinolのatypical MDRに対する抗腫瘍効果
    岩崎 博道
    臨床薬理 29(1) 2,371-372 1998年
  • カンジダ症における血中抗原検出およびβ-グルカン測定の有用性
    岩崎 博道
    JAMA(日本語版)(6) 64-65 1998年
  • 新白血病治療薬(含抗体)(共著)
    岩崎 博道
    カレントテラピー 16(9) 31-35 1998年
  • 白血病・悪性リンパ腫(共著)
    岩崎 博道
    綜合臨床 47(9) 2536-2540 1998年
  • 早期の敗血症性ショック,汎発性血管内凝固症候群による急性心筋梗塞を主徴としたレジオネラ感染疑診例
    山内高弘, 山本秀二, 福本雅和, 大山伸幸, 中野 顕, 中山 俊, 岩崎博道, 清水寛正, 津谷 寛, 李 鍾大, 岡田謙一郎, 上田孝典
    感染症学雑誌 72 286-292 1998年 査読無し
  • Differential incorporation of ara-C, gemcitabine, and fludarabine into replicating and repairing DNA in proliferating human leukemia cells
    H.Iwasaki
    Blood 90(1) 270-278 1997年
  • Intracellular pharmacodynamics of ara-C and flowcytometric analysis of cell cycle progression in leukemia chemotherapy(共著)
    H.Iwasaki
    Leukemia(Supple3) 548-551 1997年
  • Anti-leukemia chemotherapy of high-risk myelodysplastic syndromes(共著)
    H.Iwasaki
    The oncologist 2 160-163 1997年
  • Increased levels of macrophage colony-stimulating factor, gamma interferon, and tumor necrosis factor alpha in sera of patients with Orientia tsutsugamushi infection
    H.Iwasaki
    J Clin Microbiol 35(12) 3320-3322 1997年
  • 抗白血病薬-新薬と合理的投与法の試み-(共著)
    岩崎 博道
    臨床血液 37(8) 635-639 1996年
  • 特集 緑膿菌感染症 血液症患(共著)
    岩崎 博道
    化学療法の領域 12(6) 1041-1046 1996年
  • 赤白血病加療中に発生した肺アスペルギルス症にamphotericin B持続点滴療法が奏効した1例
    稲井 邦博, 上田 孝典, 加川 大三郎, 岩崎 博道, 中村 徹
    感染症学雑誌 69(5) 602-607 1995年05月 査読有り
  • Plasma(1→3)-β-D-glucan measurement in diagnosis of invasive deep mycosis and fungal febrile episodes(共著)
    H.Iwasaki
    Lancet 345 17-20 1995年
  • Quantitative description of morphologic changes effected by antileukemic agents in L1210 leukemia cells
    H.Iwasaki
    Anticancer Res. 15 133-140 1995年
  • A case of erythroleukemia associated with lung aspergilloma successfully treated with continuous drip infusion of amphotericin B
    H.Iwasaki
     69(5) 602-607 1995年
  • Enhancement of Ca2+-dependent endonuclease activity in L1210 cells during apoptosis induced by 1-β-D-arabinofuranosylcytosine : Possible involvement of activation factor(s). (共著)
    H.Iwasaki
    Jpn. J. Cancer Res. 86 677-684 1995年
  • Anthracycline系抗癌剤の心毒性評価における123I-MIBG心筋シンチの診断指標の検討(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 36(1) 435-436 1995年
  • 赤白血病加療中に発生した肺アスペルギルス症にamphotericin B持続点滴療法が奏効した1例.(共著)
    岩崎 博道
    感染症学雑誌 69(5) 602-607 1995年
  • 深在性のカンジダ症の血清学的診断法の評価.(共著)
    岩崎 博道
    機器・試薬 18(1) 121-126 1995年
  • Cytosine arabinosideおよびdaunorubicinにより誘導されるapoptosisの経時的形態変化
    岩崎 博道
    日本プリン・ピリミジン代謝 19(2) 169-175 1995年
  • 治療抵抗性急性骨髄性白血病に対するcarboplatin併用化学療法の臨床効果
    山内 高弘, 津谷 寛, 中山 俊, 今村 信, 稲井 邦博, 綿谷 須賀子, 田中 経雄, 吉田 明, 岩崎 博道, 福島 俊洋, 遠山 薫, 和野 雅治, 上田 孝典, 中村 徹
    癌と化学療法 21(16) 2843-2847 1994年09月 査読有り
  • Serious bacterial infections in patients with hematologic disorders
    H.Iwasaki
    Japanese Journal of Clinical Medicine 52(2) 462-468 1994年
  • Effect of M-CSF on myelodysplastic syndrome
    H.Iwasaki
    Biotherapy 8(3) 455-456 1994年
  • High dose intermittent ubenimex therapy in patients with myelodysplastic syndrome
    H.Iwasaki
    Biotherapy 8(3) 332-333 1994年
  • Fluminant Rickettsia tsutsugamushi infection associated with haemophagocytic syndrome
    H.Iwasaki
    Lancet 343(8907) 1236 1994年
  • Effect of harringtonine on apoptotic cell death and cell cycle progression in human leukemia HL60 cells. (共著)
    H.Iwasaki
    Anticancer Res. 14 1509-1516 1994年
  • Pharmacokinetic and clinical pilot study of high-dose intermittent ubenimex treatment in patients with myelodysplastic syndrome(共著)
    H.Iwasaki
    Anticancer Res. 14 2093-2098 1994年
  • 造血器腫瘍疾患の深在性真菌症(共著)
    岩崎 博道
    癌治療と宿主 6(1) 41-49 1994年
  • 器官別難治性細菌感染症(血液・造血器系).(共著)
    岩崎 博道
    日本臨床 52(2) 462-468 1994年
  • Cytosine ArabinosideおよびDaunorubicinの併用における細胞回転学的立場からみた抗腫瘍効果増強に関する検討
    岩崎 博道
    臨床薬理 25(1) 67-68 1994年
  • アンソラサイクリン系新抗腫瘍剤SM5887の作用機序(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 25(1) 59-60 1994年
  • EtoposideによるApoptosis誘発過程におけるCa2+の役割(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 25(1) 63-64 1994年
  • Cytosine Arabinoside少量皮下投与の薬物動態、(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 25(1) 65-66 1994年
  • M-CSFの効果が認められた骨髄異形成症候群(MDS)の一例.(共著)
    岩崎 博道
     8(3) 455-456 1994年
  • 骨髄異形成症候群(MDS)におけるubenimex大量間欠療法の薬物動態および臨床効果(共著)
    岩崎 博道
     8(3) 332-333 1994年
  • カンジダ抗原価の推移が早期診断・治療効果判定の指標に
    岩崎 博道
    (42241) 13 1994年
  • 悪性腫瘍の治療における化学療法の限界と展望.(共著)
    岩崎 博道
    臨床成人病 24(8) 1032-1039 1994年
  • 血液病に合併する真菌症.5.血液病に合併する深在性真菌感染症の診断法~特に(1→3)β-D-グルカン測定の診断的意義
    岩崎 博道
    日常診療と血液 4(10) 39-45 1994年
  • 治療抵抗性急性骨髄性白血病に対するCarboplatin併用化学療法の臨床効果.(共著)
    岩崎 博道
    癌と化学療法 21(16) 2843-2847 1994年
  • Mirimostim(human macrophage colony-stimulating factor)が骨髄機能回復促進に有効であった急性骨髄性白血病の1例
    岩崎 博道
    日常診療と血液 4(12) 1636-1641 1994年
  • 造血器疾患に合併する深在性Candidaの感染症の診断と治療
    岩崎 博道
    白血病の支持療法シリーズ 42014 1994年
  • 造血器腫瘍の化学療法中の顆粒球減少時に併発する感染症に対するSulbactam/Cefoperazoneと他剤との併用効果(共著)
    岩崎 博道
     47(9) 1196-1201 1994年
  • 造血器疾患における深在性Candida感染症の血中Candida抗原検出による診断および治療効果判定
    岩崎 博道, 上田 孝典, 中山 俊, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 津谷 寛, 山下 政宣, 中村 徹
    Biotherapy 7(3) 531-536 1993年03月 査読有り
  • 抗腫瘍剤によるL1210細胞形態変化の画像解析装置による定量的評価
    岩崎 博道
    臨床薬理 24(1) 87-88 1993年
  • 造血器疾患における深在性Caudida感染症の血中Candida抗原検出による診断および治療効果判定
    岩崎 博道
     7(3) 531-536 1993年
  • 造血器疾患に合併した感染症に対するimipenem/cilastatin sodiumの臨床的検討と血中entotoxin値およびCandida抗原価の変動
    岩崎 博道
    日本化学療法学会誌 41(6) 672-679 1993年
  • 血液病とMRSAの治療と対策.臨床例III
    岩崎 博道
    日常診療と血液 3(11) 27-33 1993年
  • Crow-Fukase syndrome associated with pulmonary hypertension
    H.Iwasaki
    Internal Medicine 32(7) 556-560 1993年
  • Sequential promotion of normal and leukemic hemopoiesis by recombinant human granulocyte colony-stimulating factor during the course of myelodysplastic syndrome. (共著)
    H.Iwasaki
    International Journal of Hematology 59(1) 47-52 1993年
  • Discordant LFA-1/ICAM-1 expression in a case of secondary plasma cell leukemia associated with subcutaneous plasmacytoma(共著)
    H.Iwasaki
    An. J. Hematol 42 299-304 1993年
  • 急性前骨髄性白血病(共著)
    岩崎 博道
     6(2) 67-71 1993年
  • 新抗腫瘍剤Idarubicinの急性白血病患者における薬理動態と代謝物Idarubicinolの作用機序(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 24(1) 81-82 1993年
  • Etoposideにより誘起されるInternucleosomal DNA Fraymentation
    岩崎 博道
    臨床薬理 24(1) 83-84 1993年
  • 造血器腫瘍患者におけるmethicillin-resistant staphylococcus aurens検出例の検討.(共著)
    岩崎 博道
     41(10) 1098-1103 1993年
  • Morphologic differences in leukemic cells(L1210) exposed to 1-β-D-arabinofuranosylcytosine and daunorubicin
    H.Iwasaki
    Anticancer Research 12(4) 1992年
  • Cytosine arabinosideおよびdaunorubicinによるL1210細胞の経時的形態変化の相違点
    岩崎 博道
    臨床薬理 23,273-274 1992年
  • 福井県におけるツツガムシ病の臨床と疫学
    岩崎 博道
     3,179-182 1992年
  • Prophylactic use of ofloxacin in granulocytopenic patients with hematological malignancies during post-remission chemotherapy (共著)
    H.Iwasaki
    Internal Medicine 31,319-324 1992年
  • The efficacy of rhG-CSF for infection after anti-neoplastic chemotherapy for hematologic malignancy
    H.Iwasaki
    Biotherapy 6(9) 1398-1405 1992年
  • 造血器腫瘍患者に併発する感染症に対するrhG-CSF(KRN8601)の臨床効果
    岩崎 博道
     6(9) 1398-1405 1992年
  • 急性白血病加療中に発症し血漿交換にて救命し得たB型劇症肝炎の1例
    岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 津谷 寛, 内田 三千彦, 中村 徹
    臨床血液 32(3) 272-276 1991年03月 査読有り
  • L1210白血病細胞に対するdaunorubicin,cytosine arabinosideおよびvincristineの抗腫瘍効果の動的細胞形態観察
    岩崎 博道
    臨床薬理 22 415-420 1991年
  • Immunocompromised hostに発症し感染拡大をみたノルウェー疥癬について
    岩崎 博道
    感染症学雑誌 65 1991年
  • Atypical lymphocytes with a multilobated nucleus from a patient with tsutsugamushi disease(scrub typhus)in Japan
    H.Iwasaki
    American Journal of Hematology 36(2) 150-151 1991年
  • Dynamic morphogical differences in leukemic cells(L1210) exposed to daunorubicin, cytosine arabinoside or vincristine
    岩崎 博道
    Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 22 415-420 1991年
    DOI:1
  • 急性白血病加療中に発症し,血漿交換にて救命し得たB型劇症肝炎の1例
    岩崎 博道
    臨床血液 32(3) 272-276 1991年
  • Fulminant hepatitis cured by plasma exchange in a patient with acute leukemia -A case report-
    H.Iwasaki
    The Japanese Journal of Clinical Hematology 32(3) 272-276 1991年
  • 造血器疾患と真菌感染症
    岩崎 博道
     15(2) 1991年
  • Hematologic disease and fungal intection
    H.Iwasaki
    TODAY'S THERAPY'91 15(2) 1991年
  • Prophylactic use of ofloxacxin in chemotherapy patients with hematological malignancies (共著)
    H.Iwasaki
    European Journal of Clinical Microbiology Special Issue,332-333 1991年
  • Quantitative analysis of bone marrow MRI using STIR technique
    H.Iwasaki
     11(6) 420-426 1991年
  • 造血器腫瘍の難治性感染症(共著)
    岩崎 博道
    化学療法の領域 7(3) 484-491 1991年
  • Microgranular acute promyelocytic leukemiaの1症例(共著)
    岩崎 博道
    診断と治療 79(2) 386-389 1991年
  • Ara-Cの化学構造類似物質difluorodeoxycytidine(dFdC)の作用機序からみた抗腫瘍効果(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 22(1) 411-414 1991年
  • 造血器腫瘍患者における感染症に対するrhG-CSF(KRN8601)の臨床効果(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 22(1) 119-120 1991年
  • Cytosine arabinosideの細胞内蓄積と活性化に対するnucleoside併用の影響(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 22(1) 115-116 1991年
  • Cytosine arabinosideのL1210細胞DNAへの転入とDNAの損傷(共著)
    岩崎 博道
    臨床薬理 22(1) 105-106 1991年
  • 抗生物質(共著)
    岩崎 博道
    医薬ジャーナル 27(2) 293-299 1991年
  • STIRを加えた骨髄MRIの定量的評価(共著)
    岩崎 博道
    日磁医誌 11(6) 420-426 1991年
  • 849mgの硫酸アトロピンを投与し後遺症なく救命しえた激症有機リン(fenthion)中毒の1例.-アトロピン投与の意義-
    岩崎 博道
    救急医学 14(6) 789-792 1990年
  • Treatment of severe organophate(fenthion)poisoning with maximum dose(849mg) of atropine sulphate in Japan
    H.Iwasaki
    The Japanese Journal of Acute Medicine 14(6) 789-792 1990年
  • Reduction of leukemic cell growth in a patient with acute promyelocytic leukemia treated by retinol palmitate (共著)
    H.Iwasaki
    Leukemia research 14,595-600 1990年
  • 全身にMyeloblastoma形成をともない急性転化した原発性骨髄線維症の1剖検例(共著)
    岩崎 博道
    臨床血液 31(1) 95-99 1990年
  • 白血病細胞の増殖異常と抗腫瘍剤、とくにアルキル化剤(共著)
    岩崎 博道
    薬局 41(4) 519-525 1990年
  • Blastic crisis of primary myelofibrosis associated with multiple myeloblastomas
    H.Iwasaki
     31(1) 95-99 1990年
  • Empty Sellaを伴ったCrow-Fukase症候群における網膜血管ループ形成の1例(共著)
    岩崎 博道
    臨眼 44(7) 1088-1089 1990年
  • Retinal arterial loop formation in a case of Crow-Fukase syndrome with emptiy sella
    H.Iwasaki
     44(7) 1088-1089 1990年
  • ヒト前骨髄性白血病細胞のRetinoid処理による分化誘導時におけるプリンヌクレオチド代謝の検討(共著)
    岩崎 博道
    プリン・ピリミジン代謝 14(1) 30-36 1990年
  • Clinical significance of an endotoxin-specific assay(endospecy)for diagnosing infections in patients with hematological malignancies
    H.Iwasaki
    Chemotherapy 38(11) 1092-1096 1990年
  • 造血器悪性疾患に合併した感染症におけるendotoxin specific assay(endospecy)の臨床的意義(共著)
    岩崎 博道
     38(11) 1092-1096 1990年
  • 非流行地福井県にて迅速診断しえた新型つつがむし病の1例
    岩崎 博道
    内科 63 174-177 1989年
  • Empty sellaをともなったCrow-Fukase症候群の1例
    岩崎 博道
    内科宝函 36 479-484 1989年
  • A case of tsutsugemushi disease diagnosed promptly in Fukui prefecture
    H.Iwasaki
    Internal Medicine 63 174-177 1989年
  • A case of Crow-Fukase syndrome associated with empty sella
    H.Iwasaki
    Japanese Archives of Internal Medicine 36 479-484 1989年
  • Interferon α-2a(canferon-A)が有効であったCrow-Fukase症候群の1例
    岩崎 博道
    診断と治療 77(6) 1600-1603 1989年
  • 福井県における寄生虫感染の疫学 3.ツツガムシ病の発生状況と媒介サイクル(共著)
    岩崎 博道
    北陸公衛誌 14(1) 19-24 1987年
  • 冠動脈内アセチルコリン投与による血管反応性についての検討(共著)
    岩崎 博道
    循環器科 21 414-418 1987年
  • Epidemiology of parasitic infections in Fukui prefecture 3. Present status of outbreaks and vector-pathogen relationship of tsutsugamushi disease
    H.Iwasaki
     14(1) 19-24 1987年
  • Intracoronary acetylcholine injection as a provocative test for coronary arterial spasm
    H.Iwasaki
     21 414-418 1987年
  • Reduced administration of rasburicase for tumor lysis syndrome: A single-institution experience
    M.Takai, T.Yamauchi, Y.Matsuda, K.Tai, S.Ikegaya, S.Kishi, Y.Urasaki, A.Yoshida, H.Iwasaki, T.Ueda
    ONCOLOGY LETTERS 9(5) 2119-2125 2015年 査読有り
  • Spontaneous spinal epidural hematoma in a patient with acquired Factor X deficiency secondary to systemic amyloid light-chain amyloidosis
    H.Arishima, A.Tada, M.Isozaki, R.Kitai, T.Kodera, K.Kikuta, K.Tai, H.Iwasaki
    JOURNAL OF SPINAL CORD MEDICINE 38(5) 641-644 2015年 査読有り
  • O-03 発熱性好中球減少症に対する抗真菌薬の有効性(深在性真菌症,一般演題(口演),医真菌学の新たな地平へ)
    加藤 永一,加藤 和広,森田 美穂子,田居 克規,池ヶ谷 諭史,山内 高広,岩崎 博道,上田 孝典
    日本医真菌学会総会プログラム抄録集 56(1) 2015年09月 査読無し
  • P1119-22-PM Staphylococcus aureus菌血症においてメチシリン耐性は予後不良のリスク因子ではない(感染制御(その他)2,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)
    新谷 智則,塚本 仁,東 高士,飛田 征,室井 洋子,西村 一美,池ヶ谷 諭史,中村 敏明,岩崎 博道
    日本医療薬学会年会講演要旨集 25 2015年10月 査読無し
  • Tetracyclines downregulate the production of LPS-induced cytokines and chemokines in THP-1 cells via ERK, p38 and nuclear factor-κB signaling pathways.
    J.Sun, H.Shigemi, Y.Tanaka, T.Yamauchi, T.Ueda, H.Iwasaki
    Biochem Biophys Rep 4 397-404 2015年 査読有り
  • The Inhibitory Effect of Ciprofloxacin on the β-Glucuronidase-mediated Deconjugation of the Irinotecan Metabolite SN-38-G.
    T.Kodawara, T.Higashi, Y.Negoro, Y.Kamitani, T.Igarashi, K.Watanabe, H.Tsukamoto, R.Yano, M.Masada, H.Iwasaki, T.Nakamura
    Basic Clin Pharmacol Toxicol 118(5) 333-337 2016年05月 査読有り
  • Neutrophil CD64 level as a rapid and promising diagnosis tool for infectious diseases in elderly patients.
    N.Otsuki, H.Tsutani, T.Matsui, H.Iwasaki, T.Ueda
    Geriatr Gerontol Int 16(-) 307-313 2016年03月 査読有り
  • リケッチア症の診断
    岩崎博道, 高田伸弘.
    化学療法の領域 31 1061-1068 2015年 査読有り
  • 地球温暖化にともなう国内感染リスクの拡散.
    岩崎 博道
    化学療法の領域 32 201 2016年 査読有り
  • 感染制御部10年の歩み
    岩崎 博道
    福井大学医学部附属病院 医療環境制御センター10周年記念誌 -(-) --- 査読無し
  • 福井県感染症情報 感染症発生動向調査情報解析コメント.
    岩崎 博道
    福井県医師会だより 651 76 2015年 査読無し
  • Effects of febuxostat on serum urate level in Japanese hyperuricemia patients.
    T.Yamamoto, Y.Hidaka, M.Inaba, E.Ishimura, H.Ooyama, H.Kakuta, Y.Moriwaki, K.Higami, A.Ohtawara, T.Hosoya, H.Nishikawa, A.Taniguchi, T.Ueda, T.Yamauchi, S.Fujimori, I.Mineo, H.Yamanaka
    Mod Rheumatol 25 779-783 2015年03月 査読有り

著書

  • Study on atypical lymphocytes in rickettsial infections in Japan.
    H.Iwasaki
    Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 1990年
  • 血液疾患における感染症(共著)
    岩崎 博道
    セフエム系抗生物質 1991年
  • Detection of Camdida antigen and D-arabinitol for diagnosing Candida infection in sera of patients with hematological disease.
    H.Iwasaki
    Recent Advance in Chemotherapy, Antimicrobial Section II 1992年
  • Prophylactic effect of ofloxacin on infections in patients with hematological malignancies(共著)
    H.Iwasaki
    Recent Advance in Chemotherapy, Antimicrobial Section II 1992年
  • Treatment with retinal palmitate in acute promyelocytic leukemia following conventional anticancer chemotherapy(共著)
    H.Iwasaki
    Recent Advance in Chemotherapy 1992年
  • Daunorubicin resistance in a K562-derived cell line and its reversal by Idarubicin(共著)
    H.Iwasaki
    The Mecanism and New Approach on Drug Resistance of Cancer Cell 1993年
  • A new diagnostic aid for deep mycosis associated with hematologic disease using(1→3)-β-D-glucan assay.
    H.Iwasaki
    Recent Advances in Chemotherapy 1993年
  • Mechanism of action of SM5887, a new anthracycline agent, in HL60 cells. (共著)
    H.Iwasaki
    Recent Advances in chemotherapy 1993年
  • Different doses of cytosine arabinoside in leukemia chemotherapy have different mechanism of action. (共著)
    H.Iwasaki
    Recent Advances in Chemotherapy 1993年
  • 血液内科診療からみたダニ起因性疾患
    岩崎 博道
    ダニと疾患のインターフェイス 1994年
  • 皮膚T細胞性リンパ腫の1例(共著)
    岩崎 博道
    皮膚のリンフォーマXIII 1994年
  • Acari-borne diseases reviewed from a standpoint of clinical hematologist
    H.Iwasaki
     1994年
  • 血液疾患に合併する深在性カンジダ感染症の血清診断
    岩崎 博道
    血液領域における真菌感染症の現状と対策 1996年
  • 造血器疾患に合併した深在性真菌症の血清学的診断法の有用性(共著)
    岩崎 博道
    深在性真菌症フォーラム第3回学術集合講演集 1996年
  • 造血器疾患に合併する深在性Candida感染症の診断と治療
    岩崎 博道
    白血病の支持療法 1997年
  • 座談会 感染症対策関連(共著)
    岩崎 博道
    白血病の支持療法 1997年
  • 急性骨髄白血病の治療-北陸造血器腫瘍研究会プロトコール-(共著)
    岩崎 博道
    30の大学病院による診断と治療シリーズ貧血・出血傾向・白血病の診断と治療 1998年
  • カンジダ症における血中抗原検出およびβ-グルカン測定の有用性
    岩崎 博道
    深在性真菌症フォーラム第5回学術集会講演会 1998年
  • 血液疾患に合併した深在性真菌感染症に対するCAND-TEC MTとG-Test(共著)
    岩崎 博道
    深在性真菌症フォーラム第5回学術集会講演集 1998年
  • 血中(1→3)-β-Dグルカン測定による造血器疾患に合併した深在性真菌症の診断(共著)
    岩崎 博道
    エンドトキシン研究1 基礎と臨床 1998年
  • リケッチア感染症治癒機転としてのテトラサイクリンによるサイトカイン誘導ならびにアポトーシス誘導.
    岩崎 博道
    臨床薬理の進歩2001 2001年
  • アジアにみられるリケッチア感染の重症化機序に関する研究.
    岩崎 博道
    財団法人大山健康財団2000年度版年報 2001年
  • 厚生労働科学研究補助金(新興・再興感染症事業)リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    岩崎 博道
    執筆、編集
    ツツガムシ病における重症化とサイトカイン産生制御
    厚生労働省 2007年
  • ツツガムシ病重症化にみる臨床の新たな視点
    岩崎 博道
    執筆
    ダニと新興再興感染症 2007年03月
  • 新呼吸器症候群(第2版)
    岩崎 博道, 高田 伸弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    リケッチア肺炎(つつが虫病、日本紅斑熱、Q熱)
    日本臨牀 2008年
  • 血液疾患合併感染症
    岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 上田 孝典
    執筆、編集
    全身性炎症反応症候群(SIRS)の診断
    最新医学社 2008年
  • 厚生労働科学研究補助金(新興・再興感染症事業)リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    岩崎 博道
    執筆、編集
    和歌山県に発生するつつが虫病における重症度と血中サイトカイン濃度との関連
    厚生労働省 2008年
  • 思春期貧血ガイドブック
    岩崎 博道
    執筆、編集
    医療機関における思春期貧血の治療
    福井大学 2009年03月
  • リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築 平成20年度総括・分担研究報告書
    岩崎 博道, 田原 研司, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 上田 孝典
    執筆、編集
    日本紅斑熱における重症度と血中サイトカイン値との関連性(島根県確認症例における検討)
    厚生労働省 2009年03月
  • 思春期貧血ガイドブック
    森川 浩子, 若林正三郎, 吉弘淳一, 前田美帆, 春木伸一, 三崎裕史, 岩崎 博道, 幣 憲一郎
    執筆、編集
    思春期貧血の疫学
    福井県大学連携研究推進事業 2009年03月
  • 領域別症候群シリーズ No.13 肝・胆道系症候群?その他の肝・胆道系疾患を含めて- I 肝臓編(上) I. 感染症、その他感染症.
    岩崎 博道, 安藤 秀二, 高田 伸弘
    執筆、編集
    肝リケッチア症
    日本臨牀 2010年
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗菌薬サイクリング療法
    医薬ジャーナル社 2010年
  • 臨床感染症ブックレット
    岩崎 博道, 高田 伸弘
    執筆、編集
    リケッチア症を診断する
    文光堂 2012年03月
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策 改訂版
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗菌薬サイクリング療法
    (株)医薬ジャーナル社 2012年08月
  • 多発性骨髄腫ー現状と進歩
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道
    執筆、編集
    骨髄腫治療における感染症の制御
    医歯薬出版 2012年09月

講演・口頭発表等

  • 真菌症の感染制御
    岩崎博道
    感染対策Webセミナーin福井 2018年10月 選考有り
  • 血液領域における感染対策~真菌感染症およびMRSA感染症を中心に~
    岩崎博道
    富山県血液・感染症講演会 2018年10月 選考有り
  • ダニ媒介性細菌感染症の総合的な対策に向けた研究.
    岩崎博道
    平成30年度日本医療研究開発機構第一回班会議 2018年09月 選考無し
  • 本院におけるアスペルギルス症の診断及び治療に関する後方視的解析.
    重見博子,石塚全,田居克規,伊藤和広,岩崎博道.
    第62回日本医真菌学会総会・学術集会 2018年09月 選考無し
  • Internet of things(IoT)を活用したICUでの手指衛生の可視化
    室井洋子,重見博子,山下芳範,飛田征男,出野義則,岩崎博道.
    第10回J感染制御ネットワークフォーラム 2018年09月 選考有り
  • 我が国における節足動物媒介感染症の現状と課題
    岩崎博道
    第14回中部アンチバイオグラム研究会 2018年08月 選考有り
  • AMRアクションプランとMRSA感染対策
    岩崎博道
    福井県整形外科医会 2018年07月 選考有り
  • AMRアクションプランと耐性菌対策
    岩崎博道
    第19回静岡感染制御研究会 2018年07月 選考無し
  • 経験的治療におけるキャンディン系薬剤の位置づけ
    岩崎博道
    感染症インターネット講演会 2018年07月 選考有り
  • 混合病棟において遷延化したMRSAアウトブレイクの事例
    重見博子,室井洋子,松山千夏,新谷智則,石塚全,岩崎博道.
    MRSAフォーラム2018 2018年07月 選考有り
  • Trend of Antimicrobial use and drug resistant bacteria and the comparison between our facility and 4 other facilities in Fukui Prefecture.
    H.Shigemi, K.Tai, M.Kadowaki, A.Shimada, M.Morikawta, Y.Umeda, Y.Waseda, M.Anzai, T.Ishizuka, H.Iwasaki.
    18th WORLD CONGRESS OF BASIC AND CLINICAL PHARMACOLOGY 2018年07月 選考有り
  • Analysis of Prognosis Factors Related with Mortality of Staphylococcus aureus Bacteremia in Our Facility Primary Author Block.
    H.Shigemi, T.Aratani, H.Tsukamoto, N.Goto, T.Ishizuka, H.Iwasaki.
    asm microbe2018 2018年06月 選考有り
  • 多発脊髄腫瘍により発症し診断に苦慮したCladophialophora Bantiana感染例
    田居克規,重見博子,伊藤和広,山内高弘,岩崎博道.
    第92回日本感染症学会学術講演会、第66回日本化学療法学会総会合同学会 2018年06月 選考有り
  • 抗真菌薬によるサイトカイン産生修飾作用の特徴
    伊藤和広,田居克規,重見博子,山内高弘,岩崎博道.
    第92回日本感染症学会学術講演会、第66回日本化学療法学会総会合同学会 2018年06月 選考有り
  • 2016年に中部地方の医療施設で分離されたセフェム耐性腸内細菌科最近の薬剤感受性
    久田晴美,大西由美,二口直子,門田卓美,野村伸彦,満山順一,浅野裕子,岩崎博道,大野智子,澤村治樹,柴田尚宏,末松寛之,松川洋子,松原茂規,山岡一清,山本善裕,山岸由佳,三鴨廣重.
    第92回日本感染症学会学術講演会、第66回日本化学療法学会総会合同学会 2018年05月 選考有り
  • 本施設における抗菌薬使用と耐性菌動向ー本県感染症ネットワーク関連施設内での比較ー
    重見博子,田居克規,伊藤和広,山内高弘,岩崎博道.
    第92回日本感染症学会学術講演会、第66回日本化学療法学会総会合同学会 2018年05月 選考有り
  • ASTの実践と抗菌薬適正使用
    岩崎博道
    第25回敗血症研究会 2018年05月 選考有り
  • 確定診断に難渋した脳腫瘍を伴った黒色真菌症の1例
    重見博子,田居克規,伊藤和広,石塚全,岩崎博道.
    真菌症フォーラム第24回学術集会 2018年05月 選考有り
  • 多型滲出性紅斑にて発症した旅行者下痢症としてのSalmonella Poona/Farmsen菌血症・腸炎
    山内英暉,田居克規,松田安史,細野奈穂子,山内高弘,岩崎博道.
    第115回日本内科学会総会・講演会 2018年04月 選考有り
  • FNにおける好中球減少症が遷延する場合の抗菌薬中止に関する研究
    伊藤和広, 岩崎博道.
    第66回北陸造血器腫瘍研究会 2018年02月 選考有り
  • 北陸3県施設におけるカンジダ血症の実態
    伊藤和広, 岩崎博道.
    第66回北陸造血器腫瘍研究会 2018年02月 選考有り
  • 尿路由来菌血症における原因菌と予後に関する解析
    新谷智則, 塚本仁, 飛田征男, 室井洋子, 松山千夏, 重見博子, 岩崎博道.
    第33回日本環境感染学会総会・学術集会 2018年02月 選考有り
  • 混合病棟における長期化したMRSA検出患者のアウトブレイクへのICT介入
    室井洋子, 松山千夏, 西村一美, 飛田征男, 新谷智則, 岩崎博道.
    第33回日本環境感染学会総会・学術集会 2018年02月 選考有り
  • インフルエンザ院内感染時の手指衛生の重要性についての後方視的解析
    重見博子, 室井洋子, 松山千夏, 伊藤和広, 山内高弘, 岩崎博道.
    第33回日本環境感染学会総会・学術集会 2018年02月 選考無し
  • AMRアクションプランと耐性菌対策
    岩崎博道
    愛媛感染症研究会 2018年02月 選考有り
  • 脳腫瘍と多発性皮下脳腫を主訴としたCladophialophora Bantianaの1例。
    重見博子, 田居克規, 伊藤和広, 石塚全, 岩崎博道.
    日本医真菌学会 東海・北陸支部 第3回深在性真菌症部会 2018年01月 選考無し
  • 血液領域における感染対策~真菌感染症およびMRSA感染症を中心に~
    岩崎博道
    長崎血液内科フォーラム 2017年12月 選考有り
  • リケッチア症診療の手引き作成と進捗報告
    重見博子, 田居克規, 伊藤和広, 岩崎博道
    第24回リケッチア研究会 2017年12月 選考無し
  • 本院におけるエイズ受診患者への投薬の変遷と合併症の現状解析.
    重見博子, 田居克規, 伊藤和広, 五十嵐敏明, 今川美智子, 鈴木仁弥, 此下忠志, 山内高弘, 石塚全, 岩崎博道.
    第31回日本エイズ学会学術集会・総会 2017年11月 選考有り
  • 血液領域における感染対策~真菌感染症およびMRSA感染症を中心に~
    岩崎博道
    姫路クリニカルセミナー 2017年11月 選考有り
  • 2014~2015年に中部地方の医療施設より分離されたインフルエンザ菌の感受性サーベイランス
    田中知暁, 野村伸彦, 満山順一, 浅野裕子, 岩崎博道, 大野智子, 澤村治樹, 柴田尚宏, 末松寛之, 山岡一清, 山本善裕, 山岸由佳, 三鴨廣重.
    第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2017年10月 選考有り
  • 2015~2016年に中部地方の医療施設で分離された肺炎球菌の莢膜血清型分布
    門田卓美, 野村伸彦, 満山順一, 浅野裕子, 岩崎博道, 大野智子, 澤村治樹, 柴田尚宏, 末松寛之, 松川洋子, 松原茂規, 山岡一清, 山本善裕, 山岸由佳, 三鴨廣重.
    第65回日本化学療法学会西日本支部総会 2017年10月 選考有り
  • 院内インフルエンザ感染報告と県内感染状況の関連性の後方視的解析
    重見博子, 伊藤和広, 田居克規, 早稲田優子, 山田健太, 山内高弘, 石塚全, 岩崎博道.
    第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2017年10月 選考有り
  • ダニ媒介感染症における小児治療の後方視的解析
    重見博子, 伊藤和広, 田居克規, 山内高弘, 岩崎博道.
    第65回日本化学療法学会西日本支部総会 2017年10月 選考有り
  • 当院における侵襲性肺炎球菌感染症の後方視的検討
    伊藤和広, 岩崎博道, 田居克規, 重見博子, 森田浩史, 山内高弘.
    第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2017年10月 選考有り
  • ダニ媒介感染症~リケッチア感染症の現状を中心に~
    田居克規, 伊藤和広, 重見博子, 山内高弘, 岩崎博道.
    第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 2017年10月 選考有り
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対すカスポファンギンの有効性と安全性の後方視的検討.
    伊藤和広, 岩崎博道, 田居克規, 重見博子, 上田孝典, 山内高弘.
    第79回日本血液学会学術集会 2017年10月 選考有り
  • 造血器腫瘍患者におけるMRSA菌血症の予後
    田居克規, 伊藤和広, 山内高弘, 岩崎博道.
    第79回日本血液学会学術集会 2017年10月 選考有り
  • 真菌性髄膜炎の治療
    岩崎博道, 重見博子.
    第22回日本神経感染症学会総会・学術大会 2017年10月 選考有り
  • 血液内科病棟で発生したアスペルギルス症診断の後方視的検討
    重見博子, 伊藤和広, 田居克規, 山内高弘, 石塚全, 岩崎博道.
    第61回日本医真菌学会総会・学術集会 2017年10月 選考有り
  • AMR対策とワクチンの重要性
    岩崎博道
    FUKUI VACCINE SEMINAR 2017~高齢者の肺炎予防の為にできること~ 2017年09月 選考有り
  • An Indian male case diagnosed neurocysticercosis in Japan.
    Itoh K, Shigemi H, Tai K, Sakamaki I, Ueda T, Yamauchi T, Iwasaki H.
    6th Annual Bacteriology and Parasitology Meeting. 2017年09月 選考有り
  • 長期療養を多職種のチームで支える一事例
    栗田智未,三嶋一輝,南部千代恵,百田亜紀子,亀井絵理奈,田居克規,岩崎博道
    平成29年度北陸HIV臨床談話会 2017年07月 選考有り
  • 初期治療で解熱したが好中球減少が持続する場合抗菌薬の変更・中止は可能か?
    岩崎博道
    第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 2017年07月 選考有り
  • 最近のダニ媒介感染症
    岩崎博道
    第41回日本小児皮膚科学会学術大会 2017年07月 選考有り
  • Retrospective analysis of tetracycline and new quinolone therapy for Japanese spotted fever
    Kazuhiro Itoh, Hiroko Shigemi, Katsunori Tai, Ippei Sakamaki, Takanori Ueda, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki
    ESCCAR-ASR JOINT MEETING 2017 2017年06月 選考有り
  • A RETROSPECTIVE ANALYSIS OF SPREADING 2014/2015 INFLUENZA AND 2015/2016 INFLUENZA INFECTIONS IN OUR FACILITY
    H.Shigemi, K.Ito, Y.Muroi, K.Tai, Y.Fujitomo, N.Fujita, T.Ueda, T.Yamauchi, H.Iwasaki
    ICPIC 2017 2017年06月 選考有り
  • 心臓外科手術におけるSSI対策
    森岡浩一,腰地孝昭,岩崎博道,室井洋子
    第4回福井感染制御ネットワーク会議 2017年06月 選考無し
  • アウトブレイク事例からの教訓
    岩崎博道
    第15回院内感染対策セミナー 2017年06月 選考無し
  • 輸血製剤の投与中に輸液ルート内にひも状構造物を認めた一症例
    松田安史,坂井晴香,増永志穂,海老田ゆみえ,小林洋子,山内高弘,大岩加奈,大蔵美幸,森田美穂子,浦崎芳正,岩崎博道,鈴木孝二,松原美紀,豊岡重剛
    第65回日本輸血・細胞治療学会総会 輸血・細胞治療の新潮流~世界を見据えて~ 2017年06月 選考有り
  • 当院輸血部におけるアルブミン製剤一元管理後の使用状況
    海老田ゆみえ,坂井晴香,増永志穂,小林洋子,大岩加奈,松田安史,浦崎芳正,岩崎博道,山内高弘
    第65回日本輸血・細胞治療学会総会 輸血・細胞治療の新潮流~世界を見据えて~ 2017年06月 選考有り
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症の診療
    岩崎博道
    第36回県央・県西地区感染症フォーラム 2017年05月 選考有り
  • 日本紅斑熱に対するテトラサイクリンおよびキノロン併用療法の有効性
    伊藤和広,岩崎博道,大岩加奈,藤田慧,大蔵美幸,松田安史,田居克規,細野奈穂子,重見博子,山内高弘
    第114回日本内科学会総会 2017年04月 選考有り
  • 敗血症治療を考える 院内で経験する耐性菌への治療戦略
    岩崎博道
    ICUセミナーin滋賀~早期離床を目指して~ 2017年04月 選考有り
  • 必修化された初期研修を修めた専門医は血液培養複数セット率を上昇させたか?~当院における血液培養検体より(横断研究)~
    森田浩史,塚本仁,岩崎博道
    第91回日本感染症学会総会・学術講演会 2017年04月 選考有り
  • 長期治療を想定した診療が必要であったらせん菌菌血症の経験事例
    伊藤和広,塚崎光,田居克規,重見博子,山内高弘,岩崎博道
    第91回日本感染症学会総会・学術講演会 2017年04月 選考有り
  • 2015~2016年に中部地方の医療施設で分離されたStreptococcus pyogenesの薬剤感受性
    門田卓美,二口直子,野村伸彦,横山純一,浅野裕子,岩崎博道,大野智子,澤村治樹,柴田尚宏,末松寛之,松川洋子,松原茂規,山岡一清,山本善裕,山岸由佳,三鴨廣繁
    第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 2017年04月 選考有り
  • AmpC過剰産生菌の当院における分離状況
    田居克規,伊藤和広,重見博子,山内高弘,岩崎博道
    第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 2017年04月 選考有り
  • 2015~2016年に中部地方の医療施設で分離された肺炎球菌の薬剤感受性
    門田卓美,野村伸彦,満山順一,浅野裕子,岩崎博道,大野智子,澤村治樹,柴田尚宏,末松寛之,松川洋子,松原茂規,山岡一清,山本善裕,山岸由佳,三鴨
    第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 2017年04月 選考有り
  • 日本紅斑熱に対するテトラサイクリン系抗菌薬およびニューキノロン系抗菌薬併用によるサイトカイン産生抑制の意義
    酒巻一平,田居克規,伊藤和広,山本善裕,岩崎博道
    第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 2017年04月 選考有り
  • 感染制御部介入により小児科病棟内Bacillus cereus感染発症を予期し得た事例
    重見博子,伊藤和広,田居克規,山内高弘,岩崎博道
    第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 2017年04月 選考有り
  • 日本紅斑熱に対するテトラサイクリン系抗菌薬およびニューキノロン系抗菌薬によるサイトカイン産生抑制に関する実験モデルによる検証
    酒巻 一平,田居 克規,山本 善裕,岩崎 博道
    第9回日本リケッチア症臨床研究会 2017年01月 選考有り
  • 近年の北陸日本海側で見られつつあるダニ媒介感染症
    高田 伸弘,岩崎 博道,矢野 泰弘,石畝 史,及川 陽三郎,夏秋 優
    第9回日本リケッチア症臨床研究会 2017年01月 選考無し
  • 小児RMSFに対する治療の文献的考察
    重見 博子,伊藤 和広,田居 克規,岩崎 博道
    第9回日本リケッチア症臨床研究会 2017年01月 選考無し
  • 日本紅斑熱の治療に関する検討
    伊藤 和広,岩崎 博道
    第23回リケッチア研究会 2016年12月 選考無し
  • リケッチア症診療の手引き策定に向けて
    伊藤 和広,岩崎 博道
    平成28年度日本医療研究開発機構AMED研究費第二回班会議 2016年12月 選考無し
  • 耐性菌に対してどのように対処していくべきか
    岩崎 博道
    医療環境制御センター研修会 2016年07月 選考無し
  • 頭痛,視野障害を主訴に発見された脳有鉤嚢虫症
    松本 玲奈,伊藤 和広,田居 克規,川尻 智士,北井 隆平,矢野 泰弘,高田 伸弘,山内 高弘,岩崎 博道
    第34回北陸病害動物研究会 2016年07月 選考無し
  • 医科・歯科 医療安全管理対策~これだけは忘れてはならない院内感染対策の基本~
    岩崎 博道
    福井県保険医協会/福井県保険医協同組合 講習会 2017年02月 選考無し
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症の診療
    岩崎 博道
    第3回多摩血液感染症セミナー 2017年02月 選考無し
  • 耐性菌の脅威~多剤耐性菌アウトブレイク対策の実際~
    岩崎 博道
    ICT Symposium 2016 in Osaka 2017年02月 選考無し
  • 好中球減少患者の感染リスクマネジメント
    岩崎 博道
    Infection Control Seminar 2017 2017年02月 選考無し
  • 福井県HIV感染予防薬の配備について
    岩崎 博道
    福井県HIV/AIDSマンパワー研修会 2017年01月 選考無し
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症の診療
    岩崎 博道
    第75回大阪血液疾患談話会・特別講演会 2016年12月 選考無し
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症のマネジメント
    岩崎 博道
    Medical Symposium in FUKUOKA~血液・感染症領域を考える~ 2016年12月 選考無し
  • 我が国の抱える医療関連感染対策の課題
    岩崎 博道
    第8回北陸中材業務・感染対策研究会 2016年12月 選考無し
  • 忍び寄る病原体からあなたの身を守るためには
    岩崎 博道
    平成28年度福井大学公開講座 福井ライフアカデミー連携 HIV講演会 2016年12月 選考無し
  • 真菌症における診断と治療の実際―カスポファンギンの位置づけ―
    岩崎 博道
    感染症インターネット講演会 2016年11月 選考無し
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症の診療
    岩崎 博道
    阿波いちないフォーラム2016 2016年11月 選考無し
  • MRSA感染症のリスクマネジメント
    岩崎 博道
    Meet The Experts in Fukuoka 2016年09月 選考無し
  • 忍び寄る病原体―その身近な感染対策―
    岩崎 博道
    福井県立大学保健管理センター後期オリエンテーション 2016年09月 選考無し
  • 原因菌を想定した発熱性好中球減少症の診療
    岩崎 博道
    千葉県血液疾患講演会 2016年09月 選考無し
  • 感染症診療の盲点―リケッチア感染症,とくに日本紅斑熱について―
    岩崎 博道
    平成28年度第2回愛知県実践感染対策カンファランス 2016年07月 選考無し
  • MRSA感染症のリスクマネジメント
    岩崎 博道
    三重感染症講演会2016~薬剤耐性(AMR)対策とAntimicrobial Stewardship~ 2016年07月 選考無し
  • 血液領域における感染対策~真菌感染症を中心に~
    岩崎 博道
    第3回成田 血液・感染症 学術講演会 2016年02月 選考無し
  • 最近のHIV/AIDS患者の動向
    岩崎 博道
    第3回福井県腎透析フォーラム 2016年01月 選考無し
  • 就労を目標に、当院でリハビリを継続している症例
    亀井 絵理奈,田居 克規,岩崎 博道,南部 千代恵,百田 亜紀子,栗田 智未,三嶋 一輝,嶋田 誠一郎
    平成28年度北陸HIV臨床談話会 2016年08月 選考無し
  • 日本紅斑熱症例報告からみたテトラサイクリンおよびニューキノロン併用療法の有効性の検討
    伊藤 和広,岩崎 博道
    第24回ダニと疾患のインターフェースに関するセミナーSADI2016鹿児島大会 2016年05月 選考無し
  • 忍び寄る病原体―感染症から身を守るためには―
    岩崎 博道
    第91回日本結核病学会総会 石川県民のための公開セミナー 2016年05月 選考無し
  • 血液疾患患者におけるMRSA敗血症の予後
    田居 克規,伊藤 和広,重見 博子,岩崎 博道
    MRSAフォーラム2016 2016年07月 選考無し
  • テトラサイクリン系抗菌薬のサイトカイン産生及びオートファジー誘導による生体防御に与える影響
    重見 博子,酒巻 一平,伊藤 和広,田居 克規,岩崎 博道
    第64回日本化学療法学会総会 2016年06月 選考無し
  • 不規則抗体検査酵素法の検討~フィシン2段法のみ陽性抗E保有患者の輸血後追跡検査から~
    海老田 ゆみえ,浦崎 芳正,小林 洋子,田中 佐知子,増永 志穂,岸 慎治,岩崎 博道
    第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016年04月 選考無し
  • 血液腫瘍内科看護師に対して行なった中心ライン関連血流感染サーベイランスのフィードバックの結果
    西村 一美,松山 千夏,室井 洋子,岩崎 博道
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考無し
  • 院内保育所で発生したアデノウィルス感染のアウトブレイクに関する検証
    室井 洋子,松山 千夏,西村 一美,重見 博子,岩崎 博道
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考無し
  • 心臓血管外科手術における手術室での感染対策
    森岡 浩一,岩崎 博道,室井 洋子
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会 2017年02月 選考無し
  • インド渡航者に発症した神経嚢虫症,第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会
    伊藤 和広,田居 克規,重見 博子,矢野 泰弘,高田 伸弘,山内 高弘,岩崎 博道
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2016年11月 選考無し
  • 本院におけるインフルエンザ院内感染の解析と今後における課題
    重見 博子,伊藤 和広,田居 克規,上田 孝典,山内 高弘,岩崎 博道
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2016年11月 選考無し
  • 造血器腫瘍患者におけるMRSA菌血症の予後
    田居 克規,伊藤 和広,重見 博子,山内 高弘,岩崎 博道
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2016年11月 選考無し
  • Two cases of cryptococcosis with hematological malignancies diagnosed by blood culture
    K.Ito, H.Iwasaki, K.Tai, H.Shigemi, I.Sakamaki, T.Ueda, T.Yamauchi
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考無し
  • Prediction for poor mobilization of PBSC in patients with hematological malignancy
    K.Oiwa, S.Kishi, R.Matsumoto, H.Tsukasaki, Y.Yamamoto, K.Ito, M.Ookura, T.Tasaki, M.Morita, Y.Matsuda, K.Tai, N.Hosono, S.Ikegaya, I.Sakamaki, Y.Urasaki, A.Yoshida, H.Iwasaki, T.Ueda, T.Yamauchi
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考無し
  • Diagnostic value of presepsin for early detection of bacterial infection in hematological diseases
    H.Tsukasaki, K.Ito, K.Tai, Y.Yamamoto, K.Oiwa, Y.Matsuda, N.Hosono, S.Ikegaya, I.Sakamaki, S.Kishi, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Yamauchi
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考無し
  • Comparison of the efficacy of initial recommended antibiotics against febrile neutropenia
    K.Tai, K.Ito, H.Shigemi, T.Yamauchi, H.Iwasaki
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 選考無し
  • 新規テトラサイクリン系チゲサイクリンはカスパーゼ3,9経路とNFkB経路を介して急性白血病HL60細胞株に有効である
    重見 博子,大蔵 美幸,岩崎 博道,山内 高弘
    第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 選考無し
  • 日本紅斑熱症例報告の後方視的解析によるテトラサイクリンおよびニューキノロン併用療法の検討
    伊藤 和広,田居 克規,重見 博子,酒巻 一平,岩崎 博道
    第64回日本化学療法学会総会 2016年06月 選考無し
  • テトラサイクリン系抗菌剤のTHP-1細胞におけるTNF-alfa及びIL-8産生修飾作用とオートファジー修飾作用の検討
    重見 博子,孫 健,伊藤 和広,田居 克規,山内 高弘,岩崎 博道
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考無し
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対する初期推奨抗菌薬3剤の有効性の比較
    田居 克規,伊藤 和広,池ヶ谷 聡史,山内 高弘,岩崎 博道
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考無し
  • 当院ICUにおけるVAPサーベイランスの経時的検討
    松山 千夏,室井 洋子,西村 一美,岩崎 博道
    第31回日本環境感染学会総会・学術集会 2016年02月 選考無し
  • 当院血液腫瘍内科感染症科における過去5年間のCLABSIサーベイランス
    西村 一美,松山 千夏,室井 洋子,岩崎 博道
    第31回日本環境感染学会総会・学術集会 2016年02月 選考無し
  • オートプシー・イメージングに伴うCT検査室の環境調査
    稲井 邦博,飛田 征男,岩崎 博道
    第31回日本環境感染学会総会・学術集会 2016年02月 選考有り
  • 石川県金沢市郊外にみた重症熱性血小板減少症候群SFTSの発生,特にその感染環調査(予報)
    高田 伸弘,藤田 慧,岩崎 博道,矢野 泰弘,及川 陽三郎,石畝 史
    第71回日本衛生動物学会西日本支部大会,第11回日本衛生動物学会西日本支部例会 2016年10月 選考無し
  • 病院感染症医育成のための他施設連携研修プログラムの取り組み
    山本 善裕,河野 雅人,田辺 正樹,和田 泰三,八木 哲也,中村 敦,岩崎 博道,村上 啓雄
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会 2016年04月 選考無し
  • 院内感染抑止のための院内教育―Antimicrobial stewardship programを含めて―
    岩崎 博道
    第2回日本医療安全学会学術総会 2016年03月 選考無し
  • 核酸代謝を標的とした抗微生物薬の発展と現状
    岩崎 博道
    第49回日本痛風・核酸代謝学会総会 2016年02月 選考無し
  • FN診療における抗菌化学療法
    岩崎 博道
    第38回日本造血器細胞移植学会総会 2016年03月 選考無し
  • 地域における感染対策のネットワーク構築
    岩崎 博道
    一般社団法人日本感染症学会平成27年度院内感染対策講習会① 2016年02月 選考無し
  • 発熱性好中球減少症の背景病原体を探る
    岩崎 博道
    血液疾患感染症フォーラムin倉敷 2016年02月 選考有り
  • Tetracyclines modulate cytokine production and induce autophagy in THP-1 cells
    H.Shigemi, K.Itoh,K.Tai, Y.Fujitomo, T.Yamauchi, H.Iwasaki
    International Meeting on Emerging Diseases and Surveillance 2016 2016年11月 選考有り
  • AIDSについての啓蒙
    岩崎 博道
    暁祭ミニオープンキャンパス体験授業 2015年10月 選考有り
  • 忍びよる病原体‐その身近な感染対策‐.
    岩崎 博道
    福井県立大学後期ガイダンス 2015年07月 選考有り
  • 見てわかる感染症
    岩崎 博道
    福井学習会 2015年07月 選考有り
  • 血液関連感染症と感染対策(HIV/AIDSを中心に)
    岩崎 博道
    医療環境制御センター研修会 2015年05月 選考無し
  • サイクリン系抗菌剤のオートファジー修飾作用の検討
    孫 健,重見 博子,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内 高弘
    第20回敗血症研究会 2015年10月 選考有り
  • テトラサイクリン系チゲサイクリンは治療抵抗性白血病の新たな治療戦略となりうる可能性を有する
    重見 博子,孫 健,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内高弘
    第20回敗血症研究会 2015年10月 選考有り
  • 初期抗菌治療無効のFNに対するcaspofunginの有効性
    池ヶ谷 聡史,新家 裕朗,伊藤 和広,森田 美穂子,田居 克規,木下 圭一,山内 高弘,岩崎 博道,上田 孝典
    第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会 2015年10月 選考有り
  • 当院における血液製剤廃棄血削減への取り組みについて
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第63回日本細胞・輸血治療学会総会 2015年05月 選考有り
  • 死因究明時の感染症診断におけるオートプシー・イメージングの有用性
    稲井 邦博, 法木 左近, 岩崎 博道
    第89回日本感染症学会総会・学術講演会 2015年04月 選考有り 0
  • Mycobacterium abcessusによる多発性皮膚感染症の一例
    新家 裕朗, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 岩崎 博道
    第89回日本感染症学会総会 2015年04月 選考有り 0
  • FNに対するLiposomal Amphotericin Bの有効性
    池ヶ谷 諭史, 森田美穂子, 田居 克規, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第89回日本感染症学会総会 2015年04月 選考有り 0
  • 発熱性好中球減少症に対するMCFG 300mgの有用性と安全性の後方視的検討
    森田 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第89回日本感染症学会総会 2015年04月 選考有り 0
  • HIVに伴う進行性多巣性白質脳症の1例
    新家 裕朗, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道
    HIV/AIDS症例検討会 2015年03月 選考有り 北陸HIV臨床談話会
  • 発熱・汎血球減少を契機に診断された高齢者HIV感染症の一例
    松本 玲奈, 新家 裕朗, 田居 克規, 岩崎 博道, 山内 高弘, 上田 孝典
    日本内科学会北陸地方会 2015年03月 選考無し 0
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群に対する有用性に関する単施設前向き臨床試験
    森田美穂子, 山内 高弘, 大蔵美幸, 松田安史, 田居克規, 岸 慎治, 吉田 明, 岩崎博道, 上田孝典
    第48回日本痛風・核酸代謝学会総会 2015年02月 選考有り 大野岩男
  • A病院ICU看護師の患者状況による手指衛生実施の違い
    西村 一美, 室井 洋子, 飛田 征男, 塚本 仁, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史
    第30回日本環境感染学会総会・学術集会 2015年02月 選考有り 感染療養学会
  • 血液疾患に合併したFebrile neutropeniaに対するmeropenem 0.5g1日3会の有効性
    伊藤 和広,池ヶ谷 諭史,田居 克規,岩崎 博道,上田 孝典
    第63回日本化学療法学会総会 2015年06月 選考有り
  • 当院におけるAmpC産生菌の分離状況と臨床的検討
    田居 克規,岩崎 博道,高井 美穂子,池ヶ谷 諭史,上田 孝典
    第63回日本化学療法学会総会 2015年06月 選考有り
  • 2013~2014年に中部地区の医療関連施設より分離されたP.aeruginosa及びAcinetobacter属の薬剤感受性
    角本 愛, 岡出 隼人, 水永 真吾, 野村 伸彦, 満山 順一, 山岡 一清, 浅野 裕子, 松川 洋子, 末松 寛之, 澤村 治樹, 松原 茂規, 柴田 尚宏, 渡邉 邦友, 山岸 由佳, 山本 善裕, 岩崎 博道, 三鴨 廣繁
    第63回日本化学療法学会総会 2015年06月 選考有り
  • 卒後臨床研修必修化は血液培養2セット率の向上に貢献したか~当院における血液培養2セット率の推移より~横断研究.
    森田 浩史, 塚本 仁, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道.
    第63回日本化学療法学会総会 2015年06月 選考有り
  • The estimation of hemoglobin level in auto transfusion of BMT donor
    浦崎 芳正, 田居 克規, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 松田 安史, 森田 美穂子, 多崎 俊樹, 大蔵 美幸, 伊藤 和広, 新家 裕朗, 岸 慎治, 山内 高弘, 上田 孝典, 岩崎 博道
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り
  • A case of successful treatment of hepatosplenic fungal abscesses in a patient with acute myeloid leukemia(急性骨髄性白血病患者における真菌性肝脾膿瘍の治療に成功した一例)
    K.Tai,H.Iwasaki,S.Ikegaya,T.Yamauchi
    第77回日本血液学会総会 2015年10月 選考有り
  • 耐性菌感染症のリスクマネジメント
    岩崎 博道
    第23回日本集中治療医学会東海北陸地方会総会・学術集会 2015年06月 選考有り
  • 市中肺炎初期治療の考え方
    岩崎 博道
    福井呼吸器カンファランス 2015年10月 選考有り
  • 起炎菌を想定したFNのマネジメント
    岩崎 博道
    ゾシン講演会in山梨~FN適応追加講演会~ 2015年11月 選考有り
  • インフルエンザ治療 Up to Date
    岩崎 博道
    Rapid Action Against Influenza 2015年11月 選考有り
  • 原因菌を想定したFN診療
    岩崎 博道
    川崎感染症セミナー 2015年11月 選考有り
  • 血液領域における感染対策~真菌感染症を中心に~
    岩崎 博道
    感染症Up to Date 2015年12月 選考有り
  • テトラサイクリン系チゲサイクリンは治療抵抗性白血病の新たな治療戦略となりうる可能性を有する
    重見 博子,孫 健,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内 高弘
    第63回日本化学療法学会西日本支部総会、第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会、第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2015年10月 選考有り
  • THP-1細胞におけるテトラサイクリン系抗菌剤のオートファジー修飾作用の検討
    孫 健,重見 博子,田居 克規,池ケ谷 諭史,伊藤 和広,岩崎 博道,山内 高弘
    第63回日本化学療法学会西日本支部総会、第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会、第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2015年10月 選考有り
  • 血液疾患に合併したFNに対するCFPMの有効性
    伊藤 和広,池ヶ谷 諭史,田居 克規,岸 愼治,浦﨑 芳正,岩崎 博道,山内 高弘
    第58回日本感染症学会中日本地方会 2015年10月 選考有り
  • 血液培養よりCryptococcus neoformansを分離した血液疾患の2例
    伊藤 和広,田居 克規,重見 博子,酒巻 一平,岩崎 博道
    日本医真菌学会 東海・北陸支部 第1回深在性真菌症部会 2016年02月 選考有り
  • 成人スティル病と診断された不明熱の一例
    新家 裕朗,池ヶ谷 聡史,山内 高弘,岩崎 博道
    第63回北陸臨床免疫・症例検討/研究会 2015年06月 選考有り
  • 職場におけるHIV教育
    岩崎 博道
    福井県医師会産業医研修会 2015年06月 選考無し
  • ニューモシスティス肺炎発症にて判明したAIDS症例
    塚崎 光, 池ヶ谷 聡史, 岩崎 博道
    平成27年度北陸HIV臨床談話会 2015年08月 選考無し
  • THP-1細胞株におけるミノサイクリンのオートファジー作用の検討
    重見 博子,孫 健,田居 克規,伊藤 和広,岩崎 博道
    SADI (Seminar on Acari-Diseases Interface) 研究会 2015年06月 選考有り
  • 日本紅斑熱症例報告の後方視的解析によるテトラサイクリンおよびニューキノロン併用療法の検討
    伊藤 和広,田居 克規,重見 博子,酒巻 一平,岩崎 博道
    日本リケッチア症臨床研究会 2016年01月 選考有り
  • 新規抗菌剤チゲサイクリンのTHP-1細胞におけるサイトカイン・ケモカイン産生とオートファジー修飾作用の検討
    重見 博子,孫 健,田居 克規,伊藤 和広,岩崎 博道
    第8回日本リケッチア症臨床研究会 2016年01月 選考有り
  • アムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)の経験的、先制攻撃的治療の有効性
    伊藤 和広,岸 慎治,岩﨑 博道,山内 高弘,上田 孝典
    第62回北陸造血器腫瘍研究会 2016年03月 選考無し
  • 施設内感染予防の実際~インフルエンザ、感染性胃腸炎等~
    岩崎博道
    感染症予防研修会 2005年12月
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第48回日本感染症学会中日本地方会総会 2005年11月 選考有り
  • Rituximabが著効した抗myelin-associated glycoprotein抗体陽性の原発性マクログロブリン血症
    細野 奈穂子, 河合 泰一, 山村 修, 濱野 忠則, 中川 広人, 栗山 勝, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第44回北陸臨床免疫・症例検討/研究会 2005年11月
  • イマチニブ600mgを使用し分子遺伝学的寛解に到達したインターフェロン不応性慢性骨髄性白血病
    山内 高弘, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 吉田 明, 武村 晴行, 岩崎 博道, 上田 孝典, 今村 信
    CML研究会 2005年11月 選考無し
  • 再発時にネフローゼ症候群をきたしたホジキンリンパ腫
    細野 奈穂子, 河合 泰一, 玉村 宗一, 岩崎 博道, 上田 孝典, 木村 記代, 高橋 直生, 木村 秀樹, 吉田 治義
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • 大腿骨骨折を併発した悪性リンパ腫の1例
    武村晴行, 荒井 肇, 岸 慎治, 山内高弘, 河合泰一, 吉田 明, 岩崎博道, 上田孝典, 佐藤竜一郎
    第197回内科北陸地方会 2005年09月
  • FDG-PET検査が診断に有用であった悪性胸水の一例
    荒井 肇, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 森川 美羽, 出村 芳樹
    第427回福井県内科臨床懇話会 2005年09月 選考無し
  • 急性白血病患者に合併したfebrile neutropeniaに関連する血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 上田 孝典, 中村 徹
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月 選考有り
  • Ara-C耐性造血器悪性腫瘍細胞株の樹立と交叉耐性の検討
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • 同種末梢血幹細胞移植後にPneumatosis cystoides intestinalisを発症した急性骨髄性白血病(AML, M2)の1例(46歳男性)
    荒井 肇, 吉田 明, 根来 英樹, 河合 泰一, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第23回日本血液学会北陸地方会 2005年07月
  • 福井県で見出された紅斑熱をめぐって
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 矢野泰弘, 藤田博己, 岩崎博道
    第23回北陸病害動物研究会 2005年07月
  • 福井県で見出された我国初確認となった欧州共通紅斑熱の疫学的背景
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道
    第57回日本衛生動物学会 2005年06月
  • 血液内科病棟で分離されたCandida菌種の経年的変化
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第9回福井日和見感染症研究会 2005年06月 選考無し
  • 抗リウマチ薬の使い方とその副作用対策
    岩崎博道
    日本リウマチ友の会・福井支部医療講演会 2005年05月
  • 当院職員における麻疹、風疹、水痘、ムンプスウィルス抗体の保有率について
    杉本英弘, 橋本儀一, 旭ななえ, 岩崎博道, 熊切正信, 木村秀樹, 吉田治義
    第58回福井県医学会総会 2005年05月
  • 血液疾患に合併した敗血症におけるマイクロアレイを用いた遺伝子診断の有用性
    根来 英樹, 岩崎 博道, 細野 奈穂子, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 山内 高弘, 河合 泰一, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸, 上田 孝典
    第53回日本化学療法学会総会 2005年05月 選考有り
  • 医療人としての薬剤師業務(58)TDMとICT活動の連携によるMRSA感染症治療への貢献
    矢野良一, 塚本仁, 青野浩直, 有澤恵満子, 山下久美江, 中村敏明, 後藤伸之, 岩崎博道, 政田幹夫
    TDM学会 2005年05月 選考有り
  • 剖検摘出肺からの直接採痰による死戦期の肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 法木 左近, 大越 忠和, 今村 好章, 内木 宏延
    第94回日本病理学会総会 2005年04月 選考有り
  • 中部地方北半部で見出された紅斑熱群、特に我国で初確認の欧州共通R.helvetica感染について
    高田伸弘, 石畝史, 野路善博, 斉藤丈洋, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道, 馬原文彦
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 吉尾 伸之, 中村 徹, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • 血液内科入院中の好中球減少期患者に認めたα-Strptococcus (Streptococcus viridans group)による敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第102回日本内科学会講演会 2005年04月 選考有り
  • 抗真菌剤micafunginによる単球系細胞のTNF-α産生修飾
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • 悪性リンパ腫を併発した重症筋無力症に対してrituximabが有効であった1例
    高木和貴, 吉田明, 岩崎博道, 上田孝典, 井上仁
    第195回日本内科学会北陸地方会 2005年03月
  • 抗生物質薬剤感受性試験結果の解釈と投与方法の問題点
    塚本仁, 中村敏明, 岩崎博道, 政田幹夫
    第3回北陸感染症研究会 2005年03月 選考有り
  • 診断に苦慮した末梢性T細胞リンパ腫
    細野奈穂子, 岸慎治, 西川美都子, 岩崎博道, 上田孝典, 法木左近, 尾山卓, 中村栄男
    第39回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2005年03月
  • 当院職員における麻疹、風疹、水痘、ムンプスウィルス抗体の保有率について
    杉本英弘, 橋本儀一, 旭ななえ, 岩崎博道, 熊切正信, 木村秀樹, 吉田治義
    第44回日本臨床病理学会東海・北陸支部総会 2005年03月
  • インフルエンザA感染症の病棟内発生における院内感染対策
    室井洋子, 山越節子, 伊藤義幸, 中川広人, 杉本英弘, 岩崎博道, 栗山勝, 熊切正信, 上田孝典
    第20回日本環境感染学会総会 2005年02月 選考有り
  • 生着不全後、フサリウム感染症を併発した非血縁者間同種骨髄移植
    西川 美都子, 河合 奏一, 高木 和貴, 岩崎 博道, 長谷川 美紀, 斎藤 敦子, 熊切 正信, 上田 孝典
    第15回福井Compromised Host研究会 2005年02月 選考有り
  • 各施設よりの症例・事例(針刺し含む)検討
    岩崎博道
    平成16年度第2回北陸HIV臨床談話会 2005年01月
  • 高齢者に発症し輸血を必要とせず経過を観察している骨髄異形成症候群(Myelodysplastic syndrome, RAEB)の一例
    根来英樹, 吉田明, 齋藤誠司, 岩崎博道, 上田孝典
    第15回日本老年医学会北陸地方会 2004年11月
  • 2004年夏に中部地方北半部で初めて見出された紅斑熱群の意義
    高田伸弘, 野路善博, 斉藤丈洋, 石畝史, 藤田博己, 矢野泰弘, 岩崎博道, 馬場文彦
    第60回日本寄生虫学会西日本支部大会・第59回日本衛生動物学会西日本支部大会 2004年11月
  • シタラビンによるDNA修復阻害とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法の効果
    山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 慎治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 高木 和貴, 根来 英樹, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会合同開催 2004年09月
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中サイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 広瀬 優子, 上田 孝典, 中村 徹
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株の樹立およびSrcキナーゼインヒビターによる耐性克服の試み
    森永 浩次, 山内 高弘, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 岩崎 博道, 吉田 明, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • 血液疾患に併発した敗血症起炎菌のマイクロアレイを用いた遺伝子診断
    根来 英樹, 岩崎 博道, 荒井 肇, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会同時期開催. 血液感染症の診断と治療 2004年09月 選考有り
  • ATRAによる寛解導入療法施行中に房室ブロックを生じた急性前骨髄球性白血病の一例
    荒井 肇, 山内 高弘, 多賀 雅浩, 岩崎 博道, 浦崎 芳正, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 稲井 邦博, 武村 晴行, 上田 孝典
    第22回日本血液学会北陸地方会 2004年07月 選考有り
  • 二系統の血球減少に引き続き、末梢血中に空胞を有する細胞が出現した原発性胆汁性肝硬変の一例
    田居 克規, 岸 愼治, 河合 泰一, 山内 高弘, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 大野 克
    第416回福井県内科臨床懇話会 2004年07月 選考無し
  • インフルエンザA感染症の病棟内発生における院内感染対策
    室井洋子, 山越節子, 伊藤義幸, 中川広人, 杉本英弘, 岩崎博道, 栗山 勝, 熊切正信, 上田孝典
    第8回福井日和見感染症研究会 2004年06月 選考有り
  • 動物由来感染症と院内感染
    岩崎博道
    第22回北陸病害動物研究会 2004年06月
  • 悪性腫瘍患者における二次性尿酸代謝異常の検討
    高木和貴, 稲井邦博, 吉田 明, 岩崎博道, 津谷 寛, 中村 徹, 上田孝典
    痛風研究会 2004年06月
  • 当院での抗血小板抗体スクリーニング検査経験
    高澤 ゆみえ, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 田中 佐知子, 河合 泰一, 今村 信, 岩崎 博道, 上田 孝典, 田中 國義
    第52回日本輸血学会総会 2004年06月 選考有り
  • インターフェロン不応性となりグリベックを使用した移行期慢性骨髄性白血病の1例
    池田 裕之, 高木 和貴, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 武村 晴行, 上田 孝典, 浦崎 芳正
    第193回日本内科学会北陸地方会 2004年06月 選考有り
  • 原発性胆汁性肝硬変に、Burkitt's Lymphoma白血病化を合併した一例
    田居 克規, 稲井 邦博, 滝本 伸夫, 大野 克, 河合 泰一, 岸 愼治, 山内 高弘, 武村 晴行, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第38回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2004年05月 選考有り
  • 造血器疾患における死戦期の肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • 抗真菌剤ItraconazoleによるIL-12p40産生能増強効果の検討
    井上仁, 岩崎博道, 木下圭一, 上田孝典
    第101回日本内科学会講演会 2004年04月
  • 徳島県に認めたマダニ媒介性日本紅斑熱症例にみる高サイトカイン血症
    岩崎博道, 馬場文彦, 藤田博己, 上田孝典
    第56回日本衛生動物学会大会 2004年04月
  • 高サイトカイン血症を呈した日本紅斑熱の臨床経過
    岩崎博道, 馬場文彦, 藤田博己, 上田孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月
  • 抗真菌剤micafunginがサイトカイン産生能に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • 急性前骨髄球性白血病の分子再発に対する自己末梢血幹細胞移植
    根来 英樹, 河合 泰一, 荒井 肇, 山内 高弘, 岸 愼治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第16回福井造血幹細胞移植研究会 2004年03月 選考無し
  • 剖検摘出肺より検出された死戦期肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 法木 左近, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 内木 宏延
    第2回北陸感染症研究会 2004年02月 選考有り
  • 血小板輸血による重篤なアナフィラキシー反応を引き起こした一例
    小林 洋子, 岩崎 博道, 高木 和貴, 河合 泰一, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 田中 國義
    第22回日本輸血学会北陸支部総会 2004年01月
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正
    第47回日本感染症学会中日本地方会総会 2004年01月 選考有り
  • 重症感染症とDICについて
    岩崎博道
    鳥居薬品講演会 2003年12月
  • 院内感染対策について-各病院の対応-
    岩崎博道
    第1回福井Infection Control Forum 2003年12月
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    第24回日本臨床薬理学会年会 2003年12月 選考有り
  • 重症日本紅斑熱の1自験例
    馬原文彦, 藤田博己, 岩崎博道
    第73回日本感染症学会西日本地方会総会 2003年11月
  • 福井大学でのHIV診療の現状
    岩崎博道
    第1回北陸HIV臨床談話会 2003年11月
  • 好中球減少期患者に発症したα-Strepotcoccusによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第46回日本感染症学会中日本地方会総会 2003年11月 選考有り
  • 急性リンパ性白血病治療経過中に発症し、高βーDグルカン値が遷延した難治性多発肝・脾膿瘍の治療経験
    村上 究, 荒井 肇, 山本 秀二, 木下 圭一, 吉田 明, 河合 泰一, 山内 高弘, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 丸田 みちる, 富士 榮博昭, 津谷 寛
    第191回日本内科学会地方会 2003年09月 選考無し
  • 200匹以上のタカサゴキララマダニ幼虫に寄生されたマダニ刺症の1例
    石田勝英, 塩入有子, 石坂泰三, 岩崎博道, 高田伸弘
    第385回日本皮膚科学会京滋地方会 2003年09月
  • マダニ幼虫の大量同時寄生をみた例-経過と対応の問題点-
    石田勝英, 塩入有子, 石坂泰三, 岩崎博道, 高田伸弘
    第11回SADI(ダニと疾病のインターフェイスに関するセミナー) 2003年09月
  • 血液疾患のfebrile neutropeniaに対する抗生剤のrotation選択治療の成績
    岩崎博道
    第2回大分血液TVカンファレンス 2003年09月
  • 難治性B細胞性リンパ腫に対するリツキシマブを用いた自家末梢血幹細胞移植併用超大量療法
    荒井 肇, 森永浩治, 根来英樹, 木下圭一, 山本秀二, 山内高弘, 河合泰一, 今村 信, 吉田 明, 浦崎芳正, 津谷 寛, 上田孝典, 岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 稲井邦博
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 当科において好中球減少患者に認めたStreptococcus viridans groupによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 池ヶ谷 諭史, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • Fabを抗原としたmyeloma cell lineに対するallogenic CTLの誘導
    酒巻 一平, 河合 泰一, 稲井 邦博, 上田 孝典, 高澤 ゆみえ, 岩崎 博道, 津谷 寛
    日本血液学会 2003年08月 選考有り
  • Fabを抗原としたmyeloma cell lineに対するallogenic CTLの誘導
    酒巻 一平, 上田 孝典, 高澤 ゆみえ, 岩崎 博道, 稲井 邦博, 津谷 寛
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • 特定研究2 喫煙者における臨床検査値の特徴に関する研究: ニコチン刺激T細胞のRANTES産生と転写因子の活性化
    高橋隆幸, 伊保澄子, 高氏留美子, 岩崎博道, 中村紀士子
    第18回平成14年度助成研究発表会(喫煙科学研究) 2003年07月
  • CpG-DNA-induced IFN-? production involves P38 MAPK-dependent STAT1 phosphorylation in human dedritic cell precursors
    Takauji, R., Iho, S., Takatsuka, H., Yamamoto, S., Takahashi, T., Kitagawa, H., Iwasaki, H., Iida, R., Yokochi, T., Matsuki, T.
    US-JAPAN Cooperative Medical Science Program Thirty-Eighth Tuberculosis and Leprosy Research Conference 2003年07月
  • 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月 選考有り
  • Febrile neutropeniaに認めるサイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 池ヶ谷 諭史, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 中村 徹
    第4回日本検査血液学会学術集会 2003年07月 選考有り
  • ? 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月
  • 造血器腫瘍患者の深在性真菌症における血清診断の有用性
    三崎 裕史, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 木下 圭一, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第40回福井癌研究会 2003年07月 選考無し
  • Donor由来の抗白血球抗体が陰性であったtransfusion-related acute lung injury
    木下 圭一, 河合 泰一, 今村 信, 小林 洋子, 岩崎 博道, 北林 廣三郎, 岩崎 洋二, 仁井原 裕美, 嶋田 英子, 上田 孝典
    第51回日本輸血学会総会 2003年05月 選考有り
  • SARSへの対応について
    岩崎 博道
    サーズ対策緊急講演会 2003年05月 選考無し
  • 症例報告
    岩崎博道
    ファンガード発売記念講演会 2003年05月
  • 当院における非溶血性副作用の現状
    小林 洋子, 岩崎 博道, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 上田 孝典
    第51回日本輸血学会総会 2003年05月 選考有り
  • 治療経過中に血中TNF-α値が高値を呈した日本紅斑熱の1例
    岩崎 博道, 馬原 文彦, 藤田 博己, 高田 伸弘, 上田 孝典
    第77回日本感染症学会総会 2003年04月 選考有り
  • Febrile neutropeniaに対する抗生剤のサイクリング療法の成績
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 今村 信, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第77回日本感染症学会総会 2003年04月 選考有り
  • 当院感染症外来において最近経験したジアルジア感染7症例について
    岩崎 博道, 木下圭一, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第1回北陸感染症研究会 2003年02月 選考無し
  • 腫瘍細胞の免疫系監視機構からのエスケープ現象における樹状細胞とMCP-1(monocyte chemoattractant protein-1)の関与について
    小俣合歓子, 安冨素子, 大嶋勇成, 谷澤昭彦, 眞弓光文, 岩崎博道
    第7回血液疾患とサイトカイン研究会 2003年02月
  • 抗菌剤のサイトカイン産生への影響
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 今村 信, 上田 孝典
    第7回血液疾患とサイトカイン研究会 2003年02月 選考無し
  • 医療現場から見た福井県におけるHIV/AIDS患者の現状
    岩崎博道
    平成15年度福井県エイズカウンセリング研修会 2003年01月
  • 輸血部一元管理による貯血式自己血輸血の現状
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し
  • 当病院における輸血照合システムの現状
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し
  • Bacillus cereusによるカテーテル関連血流感染のアウトブレイクとその対応
    山田健太、野村詠史、有賀譲、前田夢吉、津田雅世、巨田元礼、鈴木孝二、岩崎博道、大嶋勇成
    第48回日本小児感染症学会総会学術集会 2016年11月 選考有り
  • 発熱性好中球減少症(FN)の初期マネジメント
    岩崎 博道
    第63回日本化学療法学会総会 2015年06月 選考有り
  • 発熱性好中球減少症に対する抗真菌薬の有効性
    加藤 永一, 伊藤 和広, 森田 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第59回日本医真菌薬学会総会・学術集会 2015年10月
  • The estimation of hemoglobin level in auto transfusion of BMT donor
    浦崎 芳正, 田居 克規, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 松田 安史, 森田 美穂子, 多崎 俊樹, 大蔵 美幸, 伊藤 和広, 新 家裕朗, 岸 慎治, 山内 高弘, 上田 孝典, 岩崎 博道
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り
  • 医師になるまでの道のり,医師になってからの道のり
    岩崎 博道
    平成27年度永平寺中学校教育講演会 2015年11月 選考有り
  • 今我が国で身近な病気となったAIDSのお話
    岩崎 博道
    平成27年度福井大学公開講座 2015年12月 選考無し
  • 発熱性好中球減少症の背景病原体
    岩崎 博道
    第18回中部耐性菌フォーラム世話人会・講演会 2015年12月 選考有り
  • ~これだけは忘れてはならない院内感染対策の基本~
    岩崎 博道
    福井県保険医協会/福井県保険医共同組合講習会 2015年09月 選考有り
  • 急性白血病寛解導入療法後にFNから難治性感染症を発症した一例
    多崎 俊樹,田居 克規,伊藤 和広,重見 博子, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道
    名古屋昇龍道フォーラム 2015年05月
  • 心臓血管外科手術における手術室での感染対策予防
    森岡 浩一、腰地 孝昭、矢野 啓太、川村 祐子、田邉 佐和香、高森 督、山田 就久、岩崎 博道
    第32回日本環境感染学会 2017年02月
  • 心臓血管外科領域におけるSSI対策
    森岡 浩一、腰地 孝昭、矢野 啓太、川村 祐子、田邉 佐和香、高森 督、山田 就久、岩崎 博道、室井 洋子
    第31回心臓血管外科ウインターセミナー 2017年01月

作品

  • DVD 思春期貧血をなおしてもっと元気に!
    森川 浩子,前田 美穂,岩崎 博道,栗山とよ子,吉弘淳一,犬塚 学,幣 憲一郎,天谷祥子, 教材開発 2010年03月
  • DVD Be元気 思春期貧血を見つける・なおす 2009 Fukui
    森川 浩子,岩崎  博道,田居 克規,前田 美穂,牧田  誠史, 教材開発 2009年12月

共同研究

  • 新型焼却滅菌装置の開発 2013年度
  • 子癇前症の早期診断に関連する諸因子に及ぼすHIV感染の影響 2011年度

受託研究

  • 新規結核菌抗原とDNAアジュバントを用いた成人肺結核に対するブースターワクチンの開発 2014年度
  • 熱滅菌型空気清浄化装置の除菌効率改善に向けた実証研究 2009年度
  • 熱滅菌型空気清浄化装置の実用化に向けた実証実験 2008年度
  • マイクロアレイを用いた新しい肺血症診断技術の開発と実用化 2006年度

受賞

  •  日本内科学会 日本内科学会学術奨励賞2014年04月
    国内発症のリケッチア感染症の臨床的研究
  •  北陸感染症研究会 奨励賞「北陸感染症研究会」2009年03月
  •  福井大学医学部附属病院 平成17年度 福井大学病院功労賞2006年06月
    感染制御部の立ち上げと院内感染対策への多大なる貢献
  •  日本感染症学会 第47回日本感染症学会中日本地方会総会学術奨励賞2005年11月
    抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響

科学研究費補助金

  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生抑制の意義基盤研究(C)(一般)
    代表者:酒巻 一平 2014年度
  • 多様化を続ける紅斑熱群の輻輳した病態解析に基づく治療制御法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2014年度
  • 多様化を続ける紅斑熱群の輻輳した病態解析に基づく治療制御法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2013年度
  • 多様化を続ける紅斑熱群の輻輳した病態解析に基づく治療制御法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2012年度
  • 新興リケッチア感染症・日本紅斑熱の重症化機序解明と救命治療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2011年度
  • 新興リケッチア感染症・日本紅斑熱の重症化機序解明と救命治療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2010年度
  • 新興リケッチア感染症・日本紅斑熱の重症化機序解明と救命治療法の確立基盤研究(C)(一般)
    代表者:岩崎 博道 2009年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    代表者:高田 伸弘 2009年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    代表者:高田 伸弘 2008年度
  • 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定基盤研究(B)(海外学術調査)
    代表者:高田 伸弘 2007年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    代表者:高田 伸弘 2006年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    代表者:髙田 伸弘 2005年度
  • CqG-DNAの塩基配列に依存したヒト標的細胞活性化機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:伊保 澄子 2005年度
  • CpG-DNAの塩基配列に依存したヒト標的細胞活性化機構の解明基盤研究(C)一般
    代表者:伊保 澄子 2004年度
  • アジアにおける媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症の拡散経路の解明基盤研究(B)海外学術調査
    代表者:髙田 伸弘 2004年度
  • 東アジアにおける新興・再興感染症拡散に係る媒介動物の分布様式の解明基盤研究(B)
    代表者:髙田 伸弘 2003年度
  • ヒト免疫担当細胞を活性化するCpG-DNAの塩基配列の同定とその作用機構の解明基盤研究(C)
    代表者:伊保 澄子 2003年度
  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生抑制の意義基盤研究(C)
    代表者:酒巻 一平 2015年度
  • 形態学を基盤とする敗血症診断マーカーの探索と診断スコアリングシステム構築基盤研究(C)(一般)
    代表者:稲井 邦博 2016年度
  • 焼却滅菌に着眼した新発想空気清浄化装置による病院環境のリスクマネジメント挑戦的萌芽研究
    代表者:岩崎 博道 2016年度
  • SIRSを本体とする重症感染症に対する抗菌薬のサイトカイン産生制御の意義基盤研究(C)
    代表者:酒巻 一平 2016年度

厚生科研補助金

  • リケッチア感染症の国内実体調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    代表者:岸本 壽男
  • リケッチア感染症の国内実体調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    代表者:岸本 壽男
  • リケッチア感染症の国内実体調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築
    代表者:岸本 壽男
  • リケッチアを中心としたダニ媒介性細菌感染症の総合的対策に関する研究
    代表者:岸本 壽男
  • リケッチアを中心としたダニ媒介性細菌感染症の総合的対策に関する研究
    代表者:岸本 壽男
  • リケッチアを中心としたダニ媒介性細菌感染症の総合的対策に関する研究
    代表者:岸本 壽男
  • ダニ媒介性細菌感染症の診断・治療体制構築とその基盤となる技術・情報の体系化に関する研究
    代表者:安藤 秀二
  • ダニ媒介性細菌感染症の診断・治療体制構築とその基盤となる技術・情報の体系化に関する研究
    代表者:安藤 秀二
  • ダニ媒介性細菌感染症の診断・治療体制構築とその基盤となる技術・情報の体系化に関する研究
    代表者:安藤 秀二

競争的資金(学内競争的資金)

  • 結核菌DNA結合タンパク質によるTLR9活性化の増強機構
    代表者:鈴木 史子,岩崎 博道,
  • 日本紅斑熱患者における重症化機序解明に関する研究
    代表者:岩崎 博道,田居 克規,
  • 日本紅斑熱患者における重症化機序解明に関する研究
    代表者:岩崎 博道,田居克規,
  • 免疫賦活効果を有する成人肺結核症予防ワクチンの開発
    代表者:伊保 澄子,岩崎 博道,
  • マルチプレックスサスペンションアレイによる関節リウマチ患者における標的サイトカインの同定
    代表者:岩崎 博道,池ヶ谷諭史,
  • 国内発生新興リケッチア症における重症患者の救命治療法開発
    代表者:岩崎 博道,高田伸弘,
  • 国内発生新興リケッチア症における重症患者の救命治療法開発
    代表者:岩崎 博道,高田 伸弘,上田 孝典,池ヶ谷 諭史,田居 克規,
  • 血中TNF-α定量による国内発症リケッチア感染症の重症化予測
    代表者:岩崎 博道,上田 孝典,池ヶ谷 諭史,田居 克規,
  • マルチプレックスサスペンションアレイによる関節リウマチ患者における標的サイトカインの同定
    代表者:岩崎 博道,池ヶ谷 諭史,上田 孝典,
  • 血中TNF-α定量による国内発症リケッチ感染症の重症化予測
    代表者:岩崎 博道,上田 孝典,池ヶ谷 諭史,田居 克規,
  • Be 元気 次世代を思春期貧血から開放する産学官連携プロジェクト
    代表者:森川 浩子,岩崎 博道,天谷祥子,
  • 発熱性好中球減少症におけるDNAチップを用いた敗血症診断法の改良
    代表者:医学部/助教授/岩崎 博道,
  • Febrile neutropeniaにおけるマイクロアレイを用いた敗血症診断法の確立
    代表者:医学部/附属病院第1内科/講 師/岩崎博道,

プロジェクト活動

  • ダニ媒介性細菌感染症の予防・診断・治療のための総合的研究
    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:安藤 秀二
  • 新規結核菌抗原とDNAアジュバントを用いた成人肺結核に対するブースターワクチンの開発
    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
    研究期間:2016年04月 - 2017年03月  代表者:山本 三郎
  • ダイニ媒介性細菌感染症の予防・診断・治療のための総合的研究
    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
    研究期間:2015年04月 - 2016年03月  代表者:安藤 秀二
  • 新規結核菌抗原とDNAアジュバントを用いた成人肺結核に対するブースターワクチンの開発
    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
    研究期間:2015年01月 - 2016年03月  代表者:山本 三郎
  • 創薬等ヒューマンサイエンス研究 国際共同研究事業
    研究期間:2001年04月 - 2004年03月  代表者:山本三郎,佐藤由起夫,伊保澄子,高塚尚和,岩崎博道,
    「結核防御粘膜誘導性ワクチンに関する研究」 (SH54212)
  • 創薬等ヒューマンサイエンス研究 国際共同研究事業
    研究期間:2001年04月 - 2004年03月  代表者:山本三郎,佐藤由起夫,伊保澄子,高塚尚和,岩崎博道,
    「結核防御粘膜誘導性ワクチンに関する研究」 (SH54212)
  • 新規結核菌抗原とDNAアジュバントを用いた成人肺結核に対するブースターワクチンの開発
    国立研究開発法人 日本医療研究開発法人:受託研究
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:山本 三郎
  • ダニ媒介性細菌感染症の予防・診断・治療のための総合的研究
    国立研究開発法人 日本医療研究開発法人
    研究期間:2017年04月 - 2018年03月  代表者:安藤 秀二
  • 免疫増強性オリゴCpG DNAG9.1ヒト細胞に及ぼすアジュバント活性に関する研究
    日本ビーシージー製造株式会社:受託研究
    研究期間:2017年06月 - 2018年03月  代表者:岩﨑 博道

その他

  •  院内だより
    感染制御部開設のご挨拶

教育活動情報

担当授業

  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 生体と医動物
  • 感染症
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 医動物制御学特論(博)
  • 内科学特論演習Ⅰ(博)
  • 内科学特論実習Ⅰ(博)
  • 病態生理学(修)
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 生体と医動物
  • 感染症
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 先端応用医学概論(博)
  • 内科学特論演習Ⅰ(博)
  • 内科学特論実習Ⅰ(博)
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 感染症
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • アドバンストコース7
  • 内科学特論演習Ⅰ(博)
  • 内科学特論実習Ⅰ(博)
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 感染症
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • アドバンストコース7
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 感染症
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • アドバンストコース7
  • 医動物制御学特論(博)
  • 内科学特論演習Ⅰ(博)
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 感染症
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • アドバンストコース7
  • 先端応用医学概論(博)
  • 医学入門と医学概論
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 生体と微生物
  • 感染症
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • アドバンストコース9
  • 感染予防医学
  • 医学入門と医学概論
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 入門テュートリアル
  • 感染症
  • 医療リスクマネージメント
  • アドバンストコース9
  • 感染予防医学
  • 病原真菌感染症
  • 臨床実習(内科学1) 感染制御部ICTラウンド
  • 医学入門と医学概論
  • 生体と医動物
  • 生体と微生物
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 感染症
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 医学入門と医学概論
  • 生体と医動物
  • 生体と微生物
  • 疾病論Ⅰ
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 感染症
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 生体と医動物
  • 生体と微生物
  • 疾病論Ⅰ
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 感染症
  • 免疫・アレルギー疾患
  • 症候・病態からのアプローチ
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 実践臨床病態学(内科学1)
  • 健康科学・医科学概論
  • 先端応用医学概論
  • 内科学特論演習Ⅰ
  • 内科学特論実習Ⅰ
  • 病態生理学
  • 内科学特論演習Ⅰ
  • 内科学特論実習Ⅰ
  • 病態生理学
  • 先端応用医学概論
  • 医動物制御学特論
  • 内科学特論演習Ⅰ
  • 内科学特論実習Ⅰ
  • 病態生理学

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • おじゃまっテレ「健康いちばん」2018年12月 福井放送
  • おかえりなさ~い「おかえりホームドクター」2018年10月 福井テレビ
  • おじゃまっテレ2018年03月 福井放送
  • エイズ(HIV)について2017年09月 福井街角放送
  • 加齢による動脈硬化や腎機能低下時 病院、受け入れに課題2015年01月 福井
  • ニュースザウルスふくい2014年12月 NHK総合
  • ニュースザウルスふくい2014年03月 NHK総合
  • FBCニュース2013年12月 福井放送(FBC)
  • インフルエンザ予防法2013年11月 福井
  • 福井スーパーニュースワイドおかえりなさ~い おかえりホームドクター2013年10月 福井テレビ
  • 感染症TODAY2013年06月 ラジオNIKKEI
  • ニュースザウルスふくい2013年04月 NHK総合
  • ダニからうつる病気2013年04月 FM福井
  • ニュースザウルスふくい2013年03月 NHK総合
  • インフルエンザ対策2012年11月 FM福井
  • タイアップコーナー「ぽっど恋音」2012年11月 FM福井
  • 県内インフルエンザ拡大2012年02月 福井新聞
  • 県、インフル警報2012年01月 福井新聞
  • HIV感染・発症防げ 福井若者と医師意見交換2011年12月 福井・中日
  • エイズ予防(12/1は世界エイズデー)2011年11月 FM福井
  • おじゃまっテレワイド&ニュース「健康いちばん」2011年11月 福井放送(FBC)
  • インフルエンザ予防2011年10月 FM福井
  • エイズ予防学習会2010年12月 日刊県民福井
  • エイズ予防2010年12月 FM福井
  • 世界エイズデーふくい2010年12月 日刊県民福井
  • エイズ県内報告最多2010年11月 福井新聞
  • 全国で相次ぐ院内感染 多剤耐性菌に警戒2010年10月 福井新聞
  • インフルエンザ対策2010年10月 FM福井
  • 新型インフル ワクチンが効力切れ2010年07月 福井新聞
  • 福井街角放送 元気バンザイ!2009年11月
  • 思春期貧血の知識広く2009年11月 福井新聞
  • エイズ2009年11月 FM福井
  • 思春期の貧血知って2009年11月 福井新聞
  • 福井街角放送 元気バンザイ!2009年11月
  • 手洗い,うがい続けよう 福井大岩崎准教授に対策聞く2009年09月 福井新聞,県民福井
  • 新型インフルエンザ流行2009年08月 福井新聞
  • 新型インフルエンザについて2009年06月 読売新聞
  • 新型インフル2009年05月 福井新聞
  • 新型インフルエンザの予防について2009年05月 朝日新聞
  • 外科医,写真家・・先輩すごい!明道中3年,体験談に感心2009年05月 福井新聞
  • 新型インフルエンザへの対応 福井大岩崎准教授に聞く2009年05月 朝日新聞、中日新聞、読売新聞
  • 福井大病院 職員対象に説明会2009年05月 中日新聞 日刊県民福井 読売新聞
  • 新型インフルエンザについて2009年04月 日刊県民福井
  • 「いずれ日本にも」冷静な対処求める 福井大・岩崎准教授2009年04月 日刊県民福井
  • エイズ関連2008年12月 FM福井
  • 院内感染対策2008年04月 FM福井
  • 思春期貧血を防ぐ 福井大学公開講座2008年03月 福井新聞
  • インフルエンザの予防と治療2007年10月 福井放送
  • 福井スーパーニュースワイドおかえりなさい2005年01月 福井テレビ
  • トリインフルエンザ対策2004年01月 福井放送
  • HIV患者治療進歩で寿命延びる2015年01月 福井新聞
  • ニュースザウルスふくい2014年12月 NHK総合
  • 情報通信研究開発課題 福井大など県内2件採択 北陸総合通信局 通知書を交付2018年05月 福井
  • 薬剤耐性 知識学ぶ 福井で医療関係者セミナー2018年10月 中日、県民
  • おかえりホームドクター「インフルエンザ対策について」2018年10月 FTV
  • おじゃまっテレ健康いちばん「インフルエンザについて」2018年12月 FBC

管理活動情報

その他所属委員会一覧

  • 2012年04月薬事委員会